事故やトラブル時の状況や車のナンバーなど証拠映像を記録できる「ドライブレコーダー」。なかでも、ユピテルのモデルは高性能で品質にも優れているとして人気です。とはいえ、シンプルなタイプからハイグレードシリーズまで豊富にラインナップしており、どれを選べばよいの悩むことも。

そこで今回は、ユピテルのドライブレコーダーに的を絞っておすすめモデルをピックアップ。選び方も解説するので購入を検討している方は参考にしてみてください。

ユピテルとは?

By: yupiteru.co.jp

ユピテルは、1970年に生まれた無線通信機器メーカーです。ドライブレコーダーをはじめ、レーダー探知機やエンジンスターター、ポータブルカーナビなど、カーライフを豊かにする便利な製品を多数手がけています。最大の魅力が品質の高さ。クオリティの高い製品はさまざまな賞を獲得するなど、高く評価されています。

ドライブレコーダーにおいてはシンプルなタイプや液晶モニター一体型など、さまざまなモデルをラインナップ。フロント専用やリア専用のほか、車両前後の映像を記録できるモデルもあります。また、水平と垂直方向の全方位に対応したハイグレードモデルも販売しているなど、選択肢の広さも魅力です。バイク用のドライブレコーダーも販売しています。

ユピテルのドライブレコーダーの選び方

取り付けやすさで選ぶ

By: yupiteru.co.jp

ドライブレコーダーは各メーカーから多数のモデルが販売されており、取り付け方法も異なります。ユピテルのドライブレコーダーは、ほとんどがフロントやリアガラスにテープで固定するタイプ。ブラケットに貼付け部があらかじめセットされており簡単です。電源をシガーソケットから取れるモデルなら誰でも簡単に設置できます。

全方位モデルなど一部の機種には、車内のアクセサリーから直接電源をとるタイプもあるため注意が必要。車の内部に配線を取り回すには、ある程度の知識が必要になります。駐車中に一定時間記録をおこなう駐車記録用オプションを取り付ける場合も、車内のアクセサリーから電源をとらなければなりません。

前後撮影ができるかどうかをチェック

By: amazon.co.jp

ユピテルのドライブレコーダーにはフロント専用とリア専用のほか、2カメラで前後を撮影できるタイプも販売されています。フロントとリアのガラスに別々のカメラユニットを設置し、前後同時に高画質で記録できるのが特徴です。

他メーカーの低価格モデルには前後を撮影できるものの、画像が荒い場合もあるため注意が必要。ナンバーがぼやけてしまうと、トラブル時の証拠にならないケースもあるので注意してみてください。

画素数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

記録した画像の鮮明さはメーカーやモデルによってさまざまです。画素数が多いほど高画質な映像を記録できるため、トラブル時にナンバーが読み取れないなど不具合を防げます。ユピテルの現行モデルでは、ほとんどのモデルで200万画素フルHDを採用。さらに、フルHDを超える約350万画素のQUAD HDを採用した「ハイグレードプレミアムシリーズ」もラインナップしています。

フロントはもちろん、一部を除いてリアカメラにも200万画素フルHDを採用しているモデルもあるなど、高画質に徹底的にこだわっているのが特徴です。

レンズの画角で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドライブレコーダーは視野角が大きいモデルほどより広い範囲を撮影できるため、選ぶ際は数値を確認しておきましょう。視野角が狭いと、トラブル時に肝心な部分が映像に収められていない場合もありえるため注意が必要です。

一般的に視野角100°以上が必要とされますが、ユピテルのフロント用カメラの場合は、もっとも視野角の狭いモデルでも対角130°と十分なスペック。もっとも広いタイプで対角174°と死角の少ない画像記録を実現しています。リアカメラは対角95~157°とモデルによって異なるため、チェックしてみてください。

さらに、天球型のカメラを搭載した業界初の全方位タイプにも注目。車両の前後・上下・左右の「360°+360°=720°」を1台のカメラで撮影でき、まったく死角のない映像記録が可能です。

HDRやWDRに対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

HDR・WDRは、幅広いダイナミックレンジで画像を表現できる技術。明るさの異なる写真を合成することにより、逆光や暗所でも鮮明な画像の記録が可能です。ユピテルの旧モデルではWDRを採用していましたが、すべての現行モデルにWDRより優れたダイナミックレンジを表現できるHDRを搭載しています。

逆光やトンネルの出入り口、夜間撮影時の黒つぶれや白飛びを抑えたクリアな映像を記録。他メーカーのHDR・WDR未搭載モデルの場合、トラブル時に前の車のナンバーが写っていなかったという事態が起こり得るため注意が必要です。

フレームレートをチェック

By: yupiteru.co.jp

動画の1秒間のコマ数を表すフレームレートもチェックしておきましょう。フレームレートは「fps」で表され、数値が高いモデルほど高精細で滑らかな映像を撮影できます。一般的にフレームレート30fps前後が高性能なドライブレコーダーの目安。低価格でフレームレートが低いモデルの場合、トラブル時に肝心な部分を撮影できな場合もあるため注意が必要です。

ユピテルのドライブレコーダーではモデルによって異なりますが、すべてのモデルが30fps前後をクリアしています。

データの保存方法をチェック

By: yupiteru.co.jp

ドライブレコーダーで撮影した映像や位置情報は、SDカードやスマホに保存します。使用する記録メディアはメーカーやモデルによって異なりますが、ユピテルではほとんどの現行モデルでmicroSDカードを採用。バイク用のドライブレコーダーにはSDHCカードを採用しているほか、付属の専用SDカード以外使用できないモデルも一部あります。

8GBのSDカードを使ってフルHD画質で撮影した場合、約30分の録画が可能です。画質を切り替えできるモデルなら、画質を下げるほどより長い時間録画できます。容量が心配な場合は付属のメディアより大きいタイプに買い換えることも可能です。ユピテルのドライブレコーダーの場合、8GBか16GBの記録メディアが付属しています。

その他機能で選ぶ

By: yupiteru.co.jp

ドライブレコーダーを選択する際は、GPS機能を搭載したモデルがおすすめです。トラブル時に画像を録画すると同時に、位置情報や車の速度、日時などを記録。事故やトラブル時の証拠としてより信ぴょう性の高い記録保存が可能です。ユピテルのドライブレコーダーでは、無料のPCビューアソフト使って走行軌跡も確認できます。

トラブル発生時の現場ですぐ映像を確認したい場合には、液晶モニター一体型が便利。ただし、ユピテルの液晶モニターなしモデルは無線LAN内蔵で、スマホやタブレットを使って記録した映像を確認できるのでチェックしてみてください。

エンジンのオン・オフに連動しているかも要チェック。エンジンを始動すると同時に自動で記録を開始するモデルなら、うっかり撮り忘れてしまう事態を防げます。ユピテルの現行モデルにはすべて搭載されており、容量がいっぱいになれば古い映像に上書きしながら記録を続けるため便利です。上書きしない設定もできるので、ドライブの思い出として映像を記録しておきたい場合に重宝します。

ユピテルのドライブレコーダーおすすめモデル|車用

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー RA-DT500WGc

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー RA-DT500WGc

前後の映像を記録できる2カメラタイプのドライブレコーダーです。フロントカメラユニットには液晶モニターを搭載しています。取り付けはテープが添付されたブラケットをフロントガラスとリアガラスに取り付けるだけ。電源は付属のシガープラグに差し込むだけと特別な知識は必要ありません。

フロントの視野角は最大153°と広く、リアは最大95°と十分なスペック。フロントカメラユニットは200万画素フルHDで鮮明な画像の記録が可能です。リアカメラユニットは100万画素でコストを抑えており、リーズナブルなエントリーモデルを探している方におすすめです。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-TW9100d

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-TW9100d

フロント・リアのそれぞれにカメラユニットを設置する2カメラタイプのドライブレコーダーです。液晶モニターを搭載していないため、すっきりと設置できるのが特徴。フロントガラスの視界を妨げたくない方におすすめのモデルです。無線LANを内蔵しており、スマホやタブレットをWi-Fiで接続すれば画像を転送できます。

フロントカメラユニットの視野角最大151°、リアカメラユニットは最大157°と前後とも広い範囲を撮影可能で、あおり運転対策としても最適です。リアカメラユニットには映像感度を調節できるCMOSセンサー「STARVIS」を搭載。夜間でも人や車を鮮明な画像で記録できます。

ユピテル(YUPITERU) リア専用 ドライブレコーダー SN-R11

ユピテル(YUPITERU) リア専用 ドライブレコーダー SN-R11

リアガラスに設置するリア専用ドライブレコーダー。すでにフロント用にドライブレコーダーを設置している方や、あおり運転対策をしたい方におすすめのモデルです。ソニーのCMOSセンサー「STARVIS」により、プライバシーガラスやスモークフィルムを貼っている場合でも映像を鮮明に記録できます。

無線LANを内蔵しており、スマホに専用アプリをインストールすれば映像の確認が可能。7mのロングシガープラグコードの付属で設置も簡単です。オプションのスイッチを活用すれば、スイッチを押したときの映像を手動記録フォルダに保存できるのも便利。あおり運転の記録を撮り逃しません。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー SN-ST50c

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー SN-ST50c

2.0インチフルカラーTFT液晶モニターを搭載したフロントのみのドライブレコーダーです。リーズナブルなエントリーモデルながら、200万画素フルHDで鮮明に画像を記録可能。白とびや黒つぶれを抑えて鮮明な映像を記録できる「HDR」も搭載しているななど、コスパに優れたおすすめモデルです。

エンジンのオン・オフに連動して記録を開始・停止するため操作も簡単。うっかり撮り忘れる事態も防げます。映像と同時に音声も記録できるため、トラブル時の状況をより詳しく記録できるのもおすすめポイントです。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダーSN-SV70vc

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダーSN-SV70vc

横長のスマートなフォルムに1.5インチ液晶モニターを搭載しているドライブレコーダー。夜の映像を鮮明に記録できる「SUPER NIGHT」シリーズのモデルで、昼夜問わず感度を自動調節してきれいな映像を記録します。フレームレート30fpsにより、滑らかな録画が可能です。

174°の超広視野角レンズを搭載しており、死角の少ない撮影が可能なのもポイント。トラブル時に有効な証拠を残せる確率が高まるなど、撮り逃しを最小限に抑えたい方におすすめです。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-ST7000P

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-ST7000P

フルHDを超える高画質の「QUAD HD」録画できるドライブレコーダー。約350万画素もの超高解像度を実現しており、高画質にこだわりたい方におすすめのモデルです。取り付けは本体をフロントガラスに貼り付けて、付属のシガープラグコードを差し込むだけと簡単。16GBの大容量microSDカードが付属しており、長時間の録画にも対応します。

前方の車に接近しすぎた場合や、車線からのはみ出しを検知すると表示とブザー音で知らせるのも便利。GPSの搭載で映像と同時に位置や日時、速度情報なども記録できるため、トラブル時に状況の詳しい記録が可能です。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-ST1100C

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-ST1100C

ユピテルのドライブレコーダーのなかでは最安値クラスのモデル。200万画素フルHDや白とびや黒つぶれを防ぐHDRなどを搭載しているなど、コスパに優れています。GPSも搭載しており、映像と一緒に日時や位置情報なども記録可能。低価格ながら鮮明な画像で詳しい状況を記録できるおすすめモデルです。

エンジンのオン・オフに連動しており、自動で記録の開始・停止をおこなって撮り忘れを防止。古い映像を上書きしながら記録するので、大事な場面を撮りそこねることもありません。

ユピテル(YUPITERU) 全方位ドライブレコーダー Q-01dP

ユピテル(YUPITERU) 全方位ドライブレコーダー Q-01dP

天球型のカメラを搭載しているドライブレコーダー。前後・上下・左右と1台のカメラで「360°+360°=720°」の広範囲を記録できる、死角のない全方位モデルです。フロントのみのタイプでは困難な、側面や後方から衝突された事故の映像もしっかりと記録できます。1台で最大限の範囲を記録できる、安心感の高いモデルを探している方におすすめです。

GPSの搭載で映像とともに日時や位置情報、速度情報も記録可能。専用のPCビューアソフトを活用すれば、さまざまな情報を表示しながら走行軌跡や映像を確認できます。付属の電源直結コードを使用して車のアクセサリーから電源をとる必要があるほか、専用SDカードしか使用できないため注意してみてください。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー SN-TW80d

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー SN-TW80d

フロントとリアにカメラユニットを設置する2カメラタイプのドライブレコーダー。前方に加えて後方の映像も記録できるため、あおり運転にあった際に証拠として残せます。リアカメラユニットは画質が劣化しないデジタル伝送を採用しているほか、後方の視野角も最大157°と死角の少ない映像記録が可能です。

無線LAN内蔵でWi-Fi接続でき、記録した映像をスマホやタブレットで確認できるのも便利。アプリで本体をリモート操作して動画や静止画を撮影することも可能です。

ユピテルのドライブレコーダーおすすめモデル|バイク用

ユピテル(YUPITERU) バイク専用ドライブレコーダー BDR-2 WiFi

ユピテル(YUPITERU) バイク専用ドライブレコーダー BDR-2 WiFi

ユピテルの現行モデルでは唯一のバイク専用ドライブレコーダーです。IP55相当の防水・防塵性能を備えているため、雨に日でも安心して使用可能。バイクから電源をとるため電池切れの心配もありません。配線の取り回しを考慮してコンバーターを内蔵しているなど、バイクに取り付けしやすいモデルを探している方におすすめです。

常時録画機能でトラブル時の撮り逃がしがないほか、録画ボタンを押したときの前後のみを記録するイベント記録にも対応。200万画素フルHDの高画質により、鮮明な映像の録画が可能です。無線LAN内蔵で、録画した画像はスマホを使って確認できます。