自転車やバイクでキャンプをしながら気ままな旅をする際に活躍する「ツーリングテント」。軽量かつコンパクトであることはもちろん、設営のしやすさや快適に過ごせるかどうかも重要となるので、持ち運び用途だけでなく、使い勝手をしっかりとチェックするのもポイントです。

そこで今回はツーリングテントのおすすめモデルをご紹介。使用人数別に項目を分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ツーリングテントとは?

By: coleman.co.jp

ツーリングテントとは、設営が簡単でコンパクトサイズなテントのこと。ツーリングのあとの疲れた身体を快適に休めることが可能です。最近ではワンタッチで組み立てられるモデルや、耐水性や通気性などテントとしての基本性能が高いモデルも発売されています。自転車やバイクでのキャンプで重宝するモデルです。

ツーリングテントと普通のテントの違い

By: dod.camp

ツーリングテントは、携帯しやすいようにコンパクトに設計されつつも、構造的には普通のテントとほぼ同一です。小型で軽量の登山用テントやオートキャンプ用テントなど、小型のモノをツーリングテントとして活用しているケースも多くみられます。逆に、ツーリングテントをトレッキング用に使うことも可能です。

ツーリングキャンプのみに使用するのならば、設営が簡単なワンタッチ式や軽くてコンパクトなテントがおすすめ。一方、ツーリング以外に登山やトレッキングなども楽しみたい方には、軽量でありつつも高機能なテントの方が快適です。

ツーリングテントの選び方

サイズと重さ

By: tent-mark.com

ツーリングでは持ち運びの容量がより制限されるので、収納サイズは要チェック。また、テントの重さも重要です。目安はオートバイであれば、5kg以下。自転車であれば軽いほどよいのですが、3kg以下には抑えたいところです。いずれにせよ、使用人数と機能性を考慮して選びましょう。

快適性

通気性が良好なモデルは、居心地のよさに影響するので重要です。また、軽量であることから外張りのないシングルウォールのテントを選ぶ方がいますが、夏は暑く、冬は寒さがダイレクトに伝わるので要注意。

一方、外張りのあるダブルウォールは快適ですが、重量は増えてしまいます。どちらも一長一短なので、ツーリングやキャンプのスタイルに応じて選びましょう。

ツーリングテントのおすすめメーカー

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

“誰もが気軽にアウトドアを楽しむこと”をテーマに、使いやすさと安全性を両立させながら、常に新しいアウトドアグッズを発信しているブランドです。

同ブランドのツーリングテントは、リーズナブルな価格ながら、テントとしての基本性能が高いことが特徴。簡単に設置できるタイプも多く、ソロキャンプ初心者におすすめのブランドです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

高品質なアウトドアグッズを幅広く取り揃えているアウトドア総合ブランド。良心的な価格で、使い勝手にこだわったツーリングテントを提供しています。軽量コンパクトなモノも多いので、荷物の積載量を減らしたい方はチェックしておきたいブランドです。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

おしゃれで機能的なアウトドアグッズを幅広く展開しており、キャンパーから根強い人気のあるブランドです。同ブランドのツーリングテントは、ひとりでも簡単に設営ができる「ポールポケット式」を採用したモデルが人気。テントの設営、撤収に時間をかけたくない方は要チェックのブランドです。

ツーリングテントのおすすめ|1人用

ロゴス(LOGOS) ROSY ツーリングドーム1人用

ロゴス(LOGOS) ROSY ツーリングドーム1人用

フレーム2本のシンプル構造で、1人でも簡単に設営できるツーリングテント。テントの前面を覆わないハーフフライシート仕様と大きめのベンチレーションがついているため、通気性のよさが特徴です。

リーズナブルな価格にも関わらず、フライシートは耐水圧1000mmを有しているのもポイント。少々の悪天候でも慌てず対応できます。また、入口ドアの下側に耐水性シートを採用しているので、雨の侵入をブロック。

重さは約2.4kgと軽く、収納時のサイズは約52×12×12cm。手頃な価格なので、はじめてのツーリングテントにおすすめです。

コールマン(Coleman)ツーリングドームST 1~2人用

コールマン(Coleman)ツーリングドームST 1~2人用

1人でも簡単に設営できる「ポールポケット式」を採用したツーリングテント。インナーテントのポケットにポールを通して立ち上げ、フライシートを被せるだけで設営ができるので、ソロキャンプ初心者におすすめです。

前室が高く、解放感があるのも魅力。また、ベンチレーションと前後にメッシュドアがついているため、通気性も良好です。UVカット機能のほか、約1500mmと高い耐水圧を備え、急な雨でも落ち着いて対応できます。

収納サイズは直径23×54cm、重さは約4.4kg。コンパクトにまとまり、設営が簡単なおすすめのツーリングテントです。

バンドック(BUNDOK) ソロベース BDK-79TC パップテント

バンドック(BUNDOK) ソロベース BDK-79TC パップテント

ワイルドな雰囲気で人気の高いパップテント。パップテントとは軍が使うことを前提としているので、コンパクトに収納でき、なおかつ設営が簡単なのが特徴です。生地には撥水加工が施されたポリエステルとコットンの混紡生地を採用。濡れや汚れに強いほか、通気性にも優れており快適に過ごせます。

ジッパーを広げてポールを立てれば、広い前室が作れるのもポイント。日除けスペースを作って、テーブルとチェアを置いてゆっくり過ごせます。また、寝就時や着替えたいときは、フルクローズでプライベートを確保できるのも魅力。取り付けが簡単なインナーはメッシュ生地なので、虫対策としても使えます。

収納時サイズは幅40×奥行20×高さ20cm、重さは約4.4kgで、バイクの荷台にも載せられるコンパクトさ。人気のパップテントをこの機会にぜひチェックしてみてください。

バンドック(BUNDOK) ソロドーム 1BDK-08

バンドック(BUNDOK) ソロドーム 1BDK-08

高性能にもかかわらず、リーズナブルな価格で人気の1人用テントです。フライシートはUVカット機能を有しているほか、シーム加工が施されているため耐水圧性が約3000mmと高く、雨が降っても安心なのがポイント。テント内の空気を循環させるベンチレーションもついているうえ、オールメッシュ仕様のインナーテントで、快適な空間を確保できます。

テント内にはランタン用フックや小物収納に便利なポケットも付属しており使い勝手も良好。インナーテントとの隙間スペースには前室としても使え、ちょっとした荷物が置けて便利です。

重さは約1.88kg、収納時サイズは幅38×奥行15×高さ15cm。軽量でコンパクトなツーリングテントを探している方におすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント

バイクへの積載性を考慮して作られた、2ルーム構造のワンポールテント。荷台に載せやすい直径14×長さ50cmのコンパクトサイズのうえ、重量も2.6kgと軽く、携帯性に優れたツーリングテントです。

設営時には広々と寝られる寝室と、テーブルやチェアなどが置ける大きな前室がポイント。オプションのポールを購入すればさらに前室を拡張でき、料理をしたり、ゆっくりコーヒーを飲んだりと、充実したソロキャンプを楽しめます。

設営が簡単なワンポールテントなので、ツーリング後の疲れた体でもストレスなく設営できるのも魅力。バイクでソロキャンプによく行く方におすすめの製品です。

エムエスアール(MSR) エリクサー

エムエスアール(MSR) エリクサー

簡単が設営で、快適な住居空間が確保できるツーリングテント。2本のポールを交差させ、天井部に短いポールを1本追加することで、箱型に近い空間を作っています。設営方法は吊り下げフック式を採用しているため、1人での設営が不安な方でもストレスなくテントを張ることが可能です。

前室が広いのも特徴で、靴や荷物を置けるので便利。テント内には小物を収納できるポケットがついており、使い勝手も良好です。また、フロア素材の耐水圧は3000mmと高いほか、厚手の生地で作られているため耐久性に優れており、長く愛用できるのもポイント。

重さは2.16kgと軽く、収納時は48×15cmとコンパクトにまとまります。設営のしやすさから、ソロキャンプビギナーの方におすすめのツーリングテントです。

Azarxis 1~2人用ツーリングテント

Azarxis 1~2人用ツーリングテント

高品質にも関わらず、リーズナブルな価格が嬉しいツーリングテント。防水コーティング加工が施されているほか、強度の高いアルミフレームを採用しているため耐風性も優れ、小雨や急な天候の変化にも慌てず対応できます。

テント前後の2面に入口があり、使いやすく、通気性に優れているのも特徴。インナーテントはハーフメッシュ仕様で虫よけ対策もでき、快適に過ごせます。また、テント内には小物を収納できるポケットもあるほか、インナーテントとの間のスペースは、荷物やブーツなどを置けるので使い勝手も良好。コストパフォーマンス重視の方におすすめのツーリングテントです。

ギアトップ(GEERTOP) 超軽量テント 1人用

ギアトップ(GEERTOP) 超軽量テント 1人用

重さ約950g、収納時サイズが11×11×40cmと、軽量コンパクトさが特徴のツーリングテント。フライシートとインナーテントの一体型で、簡単スピーディーにテントの設営が可能です。

フライシートは防水加工が施されており、耐水圧3000mmの高い防水性能もポイント。さらにフロアシートには耐水圧5000mmのナイロン生地を採用しているので、下からの雨の侵入を防ぎます。

2つのベンチレーションがあるので通気性もよく、テント内にはポケットやランタン用フックも備えているため使い勝手も良好。側面には前室代わりとなる、ちょっとした荷物が置けるスペースも設けられます。

軽量コンパクトなモノが欲しい方や、シンプルで使い勝手のよいツーリングテントを探している方におすすめです。

ツーリングテントのおすすめ|2~3人用

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロ ツーリングテント M-3119

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロ ツーリングテント M-3119

重さ約3.1kg、収納時サイズ40×16×16cmで、軽量コンパクトさが特徴のツーリングテント。ベンチレーションを備えているほか、フライシートとインナーの間に8cmの間隔を確保しているので、結露しにくく、通気性がよいのが特徴です。また、紫外線をカットする生地を採用しているので、日差しの強いキャンプ場でも安心して使えます。

フライシートの前後に、荷物が置けるスペースがあるのも便利。テント内部には小物が収納できるポケットもあり、使い勝手に優れたツーリングテントです。コンパクトで使いやすい2人用テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ツーリングドーム LX 2~3人用

コールマン(Coleman) ツーリングドーム LX 2~3人用

1人で簡単に設営できる「ポールポケット式」を採用したツーリングテント。収納時サイズが直径24×60cmほどとコンパクトでありながら、フロアサイズは約210×180cmと、大人2~3人がゆっくりと過ごせる広々とした設計です。

上部に設置されたベンチレーションと、テントの前後に設けられたメッシュドアで通気性も良好。また、別売りのキャノピーポールを揃えれば前室がさらに拡張でき、タープ代わりにもなります。ナチュラル感の溢れるデザインは、キャンプ場でも目をひくので、おしゃれなツーリングテントを探している方は、要チェックのモデルです。

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型 1122286

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型 1122286

その名の通り、月明りの下でもスピーディーに設営できるツーリングテント。キャンプ場への到着が遅れて、暗くなってしまったときなどにも重宝します。

フライシートは耐水圧1500mmを備えているほか、難燃加工が施されているため、火の粉が散っても穴が開きにくいのがポイント。通気性にも優れており、雨や湿気の多い日本の気候にマッチしたツーリングテントです。また、雨除けのひさしや荷物スペースとして活用できる前室があるのも魅力のひとつ。

バイクや自転車ツーリング、カヌーツーリングなど、幅広いアウトドアシーンに対応し、春から秋にかけて使えます。汎用性の高いツーリングテントを探している方におすすめの製品です。

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント

ロープを引くだけで設営できるワンタッチ式のツーリングテントです。片付けも簡単で、テントを折り畳み傘のように畳んで丸めるだけで撤収が完了します。

設営時は約幅230×奥行150×高さ117cmと、大人2人がゆっくり横になれる広々としたサイズも魅力。天井には大型ベンチレーションメッシュを配置しているほか、ドアと背面の窓は内側からフルメッシュに切り替えが可能で、通気性も良好です。

入口は大きく開くD型仕様なため、出入りや荷物の運び入れがしやすいのもポイント。また、付属している収納袋にはコンプレッションベルトが縫い付けてあり、さらにコンパクトに収納できます。ワンタッチで設営できるのでツーリングで疲れているときにも重宝する、おすすめのモデルです。

DOD(ディーオーディー) ライダーズタンデムテントT3-485-TN 2-3人用

DOD(ディーオーディー) ライダーズタンデムテントT3-485-TN 2-3人用

寝室サイズが210×210cmで、大人2人でもゆっくり過ごせるワンタッチテント。広々としたスペースを確保しながらも、収納サイズは直径23×65cmで、バイクに積みやすいコンパクトサイズが特徴です。

広い前室もあり、別途タープを用意しなくても荷物置き場として利用したり、テーブルやチェアを置いてリビングスペースとして活用したり、ツーリングキャンプを存分に楽しめます。

アウターテントとインナーテントの「ダブルウォール構造」のため、結露に強いのも魅力。アウターテントは耐水圧3000mm、フロアシートには耐水圧5000mmの生地を採用し、雨の侵入をブロックします。また、大型の窓も設けているので、通気性も良好です。

コンプレッションバッグと、バックル式のグランドシートが付属しているのも嬉しいポイント。タンデムツーリングによく行く方は、ぜひチェックしてみてください。

ネイチャーハイク(Naturehike) CloudUp2 2020年版 テント2人用

ネイチャーハイク(Naturehike) CloudUp2 2020年版 テント2人用

初心者でも簡単に設営できる2人用のツーリングテント。重さは約2kg、収納時サイズは、長さ40×幅13×高さ13cmと、軽量でコンパクトなのもポイントです。

高い防水性・撥水性のほか、ポールには強度のあるアルミ合金を採用しているため、防風性も備えています。急な雨や風にも落ち着いて対応でき、少々の悪天候でも安心して使えるタフな仕様が魅力です。

リーズナブルな価格ながらも、4シーズンに対応できると謳われています。コスパの高いツーリングテントを探している方におすすめです。

ギアトップ(GEERTOP) テント 2人用

ギアトップ(GEERTOP) テント 2人用

簡単に設営できる、4シーズン対応のツーリングテントです。フライシートに「スノースカート」がついており、風や冷気がテント内に入るのをブロック。優れた防寒性と保温性を備えているため、季節を問わずに使用できます。

フライシートにベンチレーションを2つ設けているほか、インナーテントには前後にメッシュ窓があり、通気性がよいのもポイント。また、フライシート、フロアシートともに高い耐水性と撥水性を備え、雨風からテントを守ります。

重さは約3kg、収納サイズは16×16×46cmと軽量コンパクトなのも魅力。比較的リーズナブルな価格ながら、登山やキャンプで重宝するモデルです。

ESNBIA 4シーズンテント

ESNBIA 4シーズンテント

フライシート、インナーテントともに4000mmの高い耐水圧を備えているほか、航空アルミ製のポールを採用し、雨風に強いのが特徴。スノースカートがついているため冷気の流入を防ぎ、気温の下がった季節でも使用できます。

入り口はD型ドア仕様で開口部が大きく、出入りがしやすいのもポイント。また、メッシュの窓があるため通気性がよく、テント内で快適に過ごせます。ビギナーでも簡単に設営できる手軽さも魅力。軽くてコンパクトにまとまるので、ツーリングや登山など、さまざまなアウトドアシーンで利用できるおすすめのモデルです。