「自転車やバイクでキャンプをしながら自由気ままな旅をしたい」と思った際に活躍してくれるのがツーリングテント。軽量かつコンパクトであることはもちろん、設営のしやすさや快適に過ごせるかどうかも重要となるので、持ち運び用途だけでなく、使い勝手をしっかりとチェックするのもポイントです。

そこで今回はツーリングテントのおすすめモデルをご紹介。使用人数別に項目を分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ツーリングテントとは?

By: tent-mark.com

ツーリングテントとは、設営が簡単でコンパクトサイズなテントのこと。ツーリングのあとの疲れた身体を快適に休めることが可能です。最近ではワンタッチで組み立てられるモデルや、耐水性や通気性などテントとしての基本性能が高いモデルもリリースされています。自転車やバイクでのキャンプで重宝するアイテムです。

ツーリングテントと普通のテントって何が違うの?

By: dod.camp

ツーリングテントは、携帯しやすいようにコンパクトに設計されつつも、構造的には普通のテントとほぼ同一です。小型で軽量の登山用テントやオートキャンプ用テントなど小型のモノをツーリングテントとして活用しているケースも多くみられます。逆に、ツーリングテントをトレッキング用に使うことも可能です。

ツーリングキャンプのみに使用するのならば、設営が簡単なワンタッチ式や軽くてコンパクトなテントがおすすめ。一方、ツーリング以外に登山やトレッキングなども楽しみたい方には、軽量でありつつも高機能なテントの方が快適です。

ツーリングテントの選び方

サイズと重さ

By: tent-mark.com

ツーリングでは持ち運びの容量がより制限されるので、収納サイズは必ずチェックしましょう。また、テントの重さも重要です。目安はオートバイであれば、5kg以下。自転車であれば軽いほどよいのですが、3kg以下には抑えたいところです。いずれにせよ、使用人数と機能性を考慮するのがポイント。

快適性

通気性が良好なモデルは居心地のよさに影響するので重要です。また、軽量であることから外張りのないシングルウォールのテントを選ぶ方がいますが、夏は暑く、冬は寒さがダイレクトに伝わるので要注意。

一方、外張りのあるダブルウォールは快適ですが、重量は増えてしまいます。どちらも一長一短なので、ツーリングやキャンプのスタイルに応じて選ぶようにしましょう。

ツーリングテントのおすすめメーカー

By: e-mot.co.jp

コストパフォーマンスを重視している方には「モンベル」や「コールマン」のツーリングテント。登山用としても使いたいという方は基本スペックが高く、耐久性にも優れている「アライテント」や「スノーピーク」がおすすめです。

また、設営が容易なモデルとしては「ディーオーディー」のライダーズシリーズがおすすめ。ワンタッチ機構を採用しているので、簡単にテントを設営できます。いずれにせよ、ユーザーがツーリングテントに求める用途と実際の使用頻度を考慮してアイテムを選ぶのがポイントです。

ツーリングテントのおすすめ|1人用

コールマン(Coleman) ツーリングドームST 170T16400J

コールマン(Coleman) ツーリングドームST 170T16400J

ソロキャンプ用やツーリングキャンプ用としてキャンパーから人気を集めているツーリングテントです。インナーテント背面側のポケットにセンターポールを入れる「ポールポケット式」を採用しているのが特徴。差込口とポールが同じ色なので迷うことなくスムーズに設営できます。

テント上部には通気口であるベンチレーター、前後にはメッシュドアを装備しているため、通気性も良好。前室が広いのも魅力的で、靴や荷物を置くスペースとして活用できます。リーズナブルな価格で購入しやすく初めてのツーリングテントにおすすめです。

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 1型 1122286

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 1型 1122286

設営・撤収が素早く行える定番のツーリングテントです。ショックコードで連結された独自構造の自立式フレームを採用しているのが特徴。フレームを手で支える必要がなく、本体を吊り下げるだけと設営も撤収もスムーズに対応できます。

テント本体とフライシートの間に十分な隙間があるため風が吹いても接触しにくく、結露などによるインナーの濡れを防ぎます。床面四隅にシームテープ処理を施しているため雨が侵入しにくいのもポイント。機能性に優れながら手軽に扱えるおすすめのツーリングテントです。

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1 SSD-730

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1 SSD-730

ダブルウォールでありながら総重量約950gと軽量のツーリングテント。直径約14×33cmとコンパクトに収納できるため、バイクや自転車での持ち運びにおすすめです。

メインフレームはトレッキングポールでも代用でき、その場合は約800gとさらに重量を抑えることが可能。インナーテントとフライシートの2重構造で結露が発生しにくく、快適な居住空間が得られます。引き裂き強度が高い生地を採用しているので、耐久性も良好。長く使えるツーリングテントを求めている方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) ROSY ツーリングドーム 71806004

ロゴス(LOGOS) ROSY ツーリングドーム 71806004

フレーム2本のシンプル構造で簡単設営を可能にした初心者におすすめのツーリングテントです。フレームを通す片側のスリーブが袋状のためリングピンを通す必要がなく、スムーズに組み立てられます。

テント全体を覆わないハーフフライシートにより、通気性も良好。また、入り口ドアの下部に耐水性シートを採用しているほか、テントの縫い目をシームテープで加工しているので、雨の日でも安心して使えます。

価格が1万円以下とリーズナブルなのもポイント。ソロキャンパーにもおすすめのツーリングテントです。

ノースイーグル(North Eagle) ツーリングドーム220 NE1215

ノースイーグル(North Eagle) ツーリングドーム220 NE1215

キャンプビギナーでも手が出しやすいリーズナブルな価格のツーリングテントです。インナーサイズは約100×210×120cmとソロ向けとしては広い設計で、快適に過ごせます。また、テント前後の2面に出入り口を設けているため、通気性も良好です。

フライシートはUVカット素材を採用しているので、日差しが強いキャンプサイトでも安心して使用することが可能。収納時は幅38cmとコンパクトにまとまるので、自転車やバイクに詰めるツーリングテントを探している方にもおすすめです。

ツーリングテントのおすすめ|2人用

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウト ドームテントUV 2人用 UA-26

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウト ドームテントUV2人用 UA-26

キャンプの雰囲気にマッチするカモフラージュ柄のツーリングテント。約1.6畳の広い居住スペースに加え、前後2ヶ所に出入り口を設けているのが特徴です。

スマホや眼鏡など小物の収納に便利なメッシュポケットが付属しているのもポイント。メッシュ仕様の天井とベンチレーターを採用しているので、通気性も良好です。UVカット機能も備えているのも魅力。ツーリングはもちろん、夏キャンプや野外フェスなどにもおすすめのツーリングテントです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンタッチテント T2-275

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンタッチテント T2-275

積載性・収納性を考慮して開発されたバイクツーリング特化モデルです。直径約19×56cmとバイクの積載制限にマッチしやすいコンパクト設計により、携行性は良好。本体重量約3.2kgと軽いので、できるだけ荷物の重量を抑えたい方にもおすすめです。

紐を引き上げるだけのワンタッチ設営に対応しているのも魅力。耐水圧のスペックが充実しているので、荒天時でも安心して使えます。機能性が充実しているものの、価格帯が1万円台なのもポイント。お得感が高いおすすめのツーリングテントです。

アライテント(ARAI TENT) オニドーム2

アライテント(ARAI TENT) オニドーム2

ユニークなフォルムと使いやすさで人気のツーリングテント。前面が「つの」状に張り出しているので、ペグダウンしなくてもフライシートを被せれば、前室を作れるのが特徴です。

設営は2本のフレームをテントのスリーブに通すだけと容易。フライシート入り口のジッパーは逆方向からも開けられるので、入り口を閉めたままでも換気が行えます。

重量約1480gと軽く、直径約14×31cmとコンパクトに収納できるのもポイント。ツーリングや登山など幅広いシーンで活躍するおすすめのテントです。

エムエスアール(MSR) ハバ ツアー2

エムエスアール(MSR) ハバ ツアー2

広々とした前室付きのツーリングテント。荷物や装備品だけでなく、自転車も収納できるのが魅力です。フロアは約2.23×1.47mと2人で使うのに十分な広さがあり、快適な居住空間を整えることができます。

フライシートには湿気・熱・高湿度条件に対して高い耐久性を持つコーティングが施されており、ベタつきにくく長期間使用することが可能。吊り下げ式のため雨天時もインナーを濡らしにくく、スピーディに設営できます。価格としては10万円を超えますが、満足度の高いツーリングテントを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ツーリングテントのおすすめ|3~4人用

オガワ(ogawa) ピスタ 34

オガワ(ogawa) ピスタ 34

設営・撤収が簡単で扱いやすいシンプルなツーリングテントです。クロスしたフレームにインナーテントをフックで固定するだけなので、簡単かつスピーディに組み立てられます。前面・後面のパネルは巻き上げ可能で出入りしやすく、前面は張り出してキャノピーとしても使用できるので雨の日も安心です。

テント上部には大型のベンチレーターを搭載しているため、通気性も良好。熱気がこもりにくく、テント内でも快適に過ごせます。小物の収納に便利なポケットが付属しているのもポイント。トータルバランスに優れたおすすめのテントです。

バンドック(BUNDOK) クイックイージードーム4 UV BDK-77

バンドック(BUNDOK) クイックイージードーム4 UV BDK-77

全面フルクローズ可能ながら通気性に優れたツーリングテントです。天面にベンチレーターを搭載しているため、プライベートを確保しつつ換気を行えるのが魅力。ちょっとした荷物が置ける前室が付いているのに加え、前後に出入り口が設けられているので、使い勝手は良好です。

また、設営するのが容易なのもポイント。クイック構造を採用しており、テントの頂点を持ち上げたのちに広げてロックするだけで対応できます。簡単に組み立てられるツーリングテントを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) LOSI STORM 4P

ニーモ・イクイップメント(NEMO) LOSI STORM 4P

インナーテントに風を遮断する「ウインドブロックナイロン」を採用したツーリングテント。側面が垂直近くまで立ち上がる独自のフレーム構造により、大人4人で過ごすのに十分な居住空間を用意することができます。

前室・後室や大型ドアを備えているのも特徴。ライトポケットや複数のストレージポケットが付属しているため、散乱しがちなテント内をすっきり整理できるのもポイントです。ファミリーキャンプやグループキャンプ用に適したテントを求めている方はぜひ候補として検討してみてください。