「自転車用レインコート(レインウェア)」は、自転車を利用する方の雨対策に便利なアイテム。さまざまなタイプが展開されており、性能や機能はもちろん、安全性などをチェックして選ぶのがポイントです。

そこで今回は、自転車用レインコートの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合った自転車用レインコートを選ぶ参考にしてみてください。

自転車用レインコートの種類

ポンチョタイプ

By: amazon.co.jp

マントを羽織るように手軽に着用できるのが魅力のポンチョタイプ。コンパクトに折り畳めるタイプが多く、携帯性に優れています。急に雨が降ってきた場合でも、バッグなどから取り出してスムーズに着用しやすいのが魅力です。

また、サイズにゆとりがあり、前カゴやリュックまで覆えるモデルも展開されています。荷物を濡らさずに持ち運びたい方にもおすすめです。さらに、通気性もよいため、汗による蒸れをあまり気にせず使えます。

セパレートタイプ

By: amazon.co.jp

文字通り、上下別々に着用するのがセパレートタイプです。ジャケットとパンツが分かれているので身体を動かしやすく、スムーズな運転をサポートするのが魅力。強い雨の日に着用するのにおすすめです。

通気性はあまり高くないものの、足元までカバーし、身体全体が濡れにくいのもメリット。服の上から重ねて着用するタイプなので、サイズはゆとりを持った大きさで選びましょう。

自転車用レインコートの選び方

耐水性をチェック

By: amazon.co.jp

機能面を重視するのであれば、耐水性のチェックも重要です。耐水性とは防水性の指標のひとつで、水の通過や浸透を防ぐ性能のこと。耐水圧の数値が5000mm程度であれば小雨、10000mm以上備わっていれば大雨での走行にも対応します。

また、耐水性の確認と合わせて、撥水加工が施されているかもチェックポイントです。撥水性が低いモノは生地が水を吸収しやすく、レインコートとしての機能を果たしにくいので注意しましょう。

透湿性をチェック

By: amazon.co.jp

快適に着用するには、透湿性もチェックしたいポイント。透湿性とは、水蒸気を出す性能のことです。透湿度の数値は、1m²の生地が24時間でどれくらいの湿気を外に逃がせるかどうかで測られています。

透湿性の目安として、5000〜8000g/m²あれば性能は十分。10000g/m²以上のモノは透湿性が高く、雨の日の快適な自転車走行をサポートします。通勤や通学などで頻繁に使用する方や、長距離を移動する場合にもおすすめです。

安全性をチェック

目立ちやすい色や反射材のついたモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

雨の日は視認性が低くなるため、自動車やバイクを運転している方との衝突や追突といったリスクを軽減する対策が必要。色選びに迷った際は、目立ちやすい色味を選ぶのがおすすめです。明るく目立ちやすい色であれば周囲からも見つけやすく、事故などのリスク軽減に繋がります。

また、反射材がついているタイプであれば、さらに視認性を高めるのに効果的。交通量の多い環境や、夜間走行時にも重宝します。

視界を確保できるかどうかをチェック

By: amazon.co.jp

フードをかぶって走行する場合、十分な視界を確保できるかどうかのチェックも重要です。フードをかぶることによって視界が狭くなってしまうと周囲が見にくくなり、事故の危険性が上がります。

透明なツバが備わっているフードは、頭部を覆っても広い視界を確保しやすいのがメリット。そのほか、アジャスト機能によりフードを絞って調節できるタイプなどもあります。頭部にフィットさせてかぶれるモノであれば、顔が動かしやすく、広い視界も確保できるのでおすすめです。

袖や裾が絞れるかチェック

By: amazon.co.jp

袖と裾が広がっていると、自転車の走行中に円滑なハンドル操作を妨げたり、車輪やチェーンに巻き込まれたりする危険性があります。そのため、袖や裾が絞れるかをチェックするのも安全に運転するうえで重要です。

また、安全性を高めるだけでなく、隙間から雨が侵入しにくくなるのもメリット。何かに引っ掛かって破れたり傷ついたりするリスクも抑えます。

収納性をチェック

By: amazon.co.jp

持ち運びや保管のしやすさで選ぶ場合には、収納性をチェック。付属の収納袋を使ってコンパクトに折り畳んで収納できるタイプであれば、通勤や通学などでの使用にも便利です。学校や勤務先では、リュックなどに入れておけます。

また、使用されている素材によって収納しやすさが変わるのもポイント。しなやかな素材であれば折り畳んでもかさばりにくく、コンパクトに収納できます。

自転車用レインコートのおすすめ|ポンチョタイプ

キウ(KiU) ウォータープルーフ バイシクルポンチョ タイプA K203

携帯性と防水性に優れたレインコート

耐水圧10000mmと高い防水性能を備える自転車用レインコート。素材にはポリエステル100%を採用し、表面には撥水加工、裏面にはTPUラミネート加工が施されています。さらに、止水ファスナーやシームテープを施した縫い目などの防水仕様も魅力です。

また、フードにドローコードを備えており、頭部にフィットするように調節が可能。コート内部に雨が入り込むのを防ぎながら、広い視界も確保します。ベンチレーションが耳部分に設置されているため、音が聞き取りやすいのもポイントです。

ツバの部分には反射材を配置し視認性を高めるなど、安全性に配慮したさまざまな機能がついています。コンパクトに折り畳みもでき、自転車への取りつけも可能なベルトつきの収納袋も付属。携帯性の高さで選びたい方にもおすすめの自転車用レインコートです。

ワールドパーティ(wpc.) CHALLY PON PON cpp-02

大部分を覆えるロングサイズの自転車用レインコート

前丈118cmのロングサイズで、前カゴまで覆える自転車用レインコート。24~27インチの自転車に対応します。フードには側面部分まで透明のツバが備わっており、前方や左右方向にも広い視界を確保しているのが特徴です。

さらに、フードはジッパーで本体と繋がれた特殊な仕様を採用。フードが頭に合わせて動くため、背後の確認がしやすいのも魅力です。首元にはベルクロをつけることでしっかりと固定でき、上半身への雨風の侵入も防げます。

生地の耐水圧は5000mm。防水と撥水加工を施しているため、防水性に優れています。荷物まで雨に濡れるのを防げる自転車用レインコートを探している方におすすめです。

コロンビア(Columbia) スペイパインズポンチョ PM0084

視野を確保しやすいようにつくられたフードが特徴

タイダイ柄のかっこいいデザインがおしゃれな自転車用レインコート。通学・通勤はもちろん、アウトドアなどでもおしゃれに着用したい方に適したモデルです。

生地の素材には、耐久撥水加工が施されたナイロン100%を使用。縫い目には防水テープも施されているため、高い防水性を備えているのも特徴です。また、フードにはフィット感が調節できるドローコードも採用。視界を確保しやすく、顔や首のスムーズな動きもサポートします。

専用の収納バッグも付属しており、コンパクトに持ち運べるのも魅力。雨に備えて普段から携帯したい方にもおすすめの自転車用レインコートです。

Caloics 男女兼用レインコート

ファッショナブルでカラーバリエーションの展開も豊富な自転車用レインコート。雨の日でもおしゃれを楽しみたい方におすすめです。生地の素材には薄型のポリエステル100%を採用しており、質量は290gと軽量。通気性もよく、快適な着心地を実現しています。

また、撥水加工も施されており、防水性に優れているのも特徴。雨が入りにくいダブルジッパーを採用し、隙間から水に濡れてしまう可能性も低減。フードにはフィット感を調節できるコードを備えており、視界もしっかりと確保できます。

東洋ケース(TOYO CASE) Sunny feels サイクルコート WRIS51-APRE

かわいいリンゴ柄のデザインが魅力的な自転車用レインコート。前丈は115cmのロングサイズで、前カゴまで覆って着用できます。素材はナイロンを100%採用しており、裏面にはPUコーティングが施されています。自分自身はもちろん、荷物まで雨で濡れるのをしっかり防ぐのが特徴です。

胸元に通気口を設置しているのもポイント。通気性がよく、蒸れを抑えて快適に着用可能です。フードには視界を確保しやすい透明なツバを採用し、快適な走行をサポートします。

また、持ち運びに便利な収納ポーチも付属。本体と同じくリンゴ柄のかわいいデザインが施されています。おしゃれに携帯したい方にもおすすめの自転車用レインコートです。

サムシング(SOMETHING) ウィズレイン ハイポンチョ Plus ST-300

後着丈が116cmのロングタイプで、足元までをカバーしやすい自転車用レインコート。長さに加え、身幅も162cmとゆとりあるサイズなので、リュックを背負ったままでも着用できます。袖のついたムササビシルエットを採用することで、走行中のバタつきも抑え、ハンドル操作がしやすいのも特徴。

さらに、手甲カバーも備えており、手が雨に濡れて冷えるのも緩和します。素材には「TPU ラミネート加工」を施したポリエステルポンジーを採用。耐水圧5000mmと高い防水性を備えているのもポイントです。反射テープをつけることで、周囲からの視認性も高めています。

カラーやデザインのタイプも豊富に展開。ブルーかつストライプのスタイリッシュなタイプや、白黒のギンガムチェック柄でかわいいタイプなどもラインナップしています。おしゃれに着こなしたい方にもおすすめの自転車用レインコートです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) アクセスポンチョ NP11932

アウトドアから自転車での通勤・通学まで、幅広いシーンでの使用におすすめのポンチョ型レインコート。携帯する際に便利なスタッフサックが付属し、コンパクトに折り畳んで持ち運べます。シンプルなデザインのユニセックスなモデルです。

表面にナイロン100%、裏面にはポリウレタンコーティングを施した、2.5層構造の「ハイベント」素材を採用。優れた防水性と透湿性を備えており、効果的に雨がしのげます。ウェア内の蒸れも軽減し、快適な着心地を維持しやすいのもポイントです。

さらに、裏地の表面には細かい凹凸を設けることで、肌離れのよいドライな着心地のキープ力を高めています。幅広いファッションスタイルに馴染みやすいベーシックなカラー展開も魅力の製品です。

It’s rainy 見えるンチョ

前丈が約125cmのロングサイズで、前カゴもしっかりとカバーできる自転車用レインコート。カゴにかぶせる前方には大きく透明な窓を設置。手元や足元の確認がしやすく、安全な走行をサポートします。

さらに、後丈も約100cmの長さがあるのも特徴。リュックを背負ったまま着用したり、濡れたサドルに敷いたりして使用できます。また、フードには目元までを覆う大きさのツバを採用。顔が濡れるのも防ぎやすいうえ、透明のため視界も確保します。

背中の部分には視認性を高める反射材を配置。夜間や暗い道の走行時に、車側が存在を認識しやすいのがポイントです。そのほか、カラーバリエーションが豊富なのも特徴。おしゃれなデザインかつ安全性にもこだわる方におすすめの自転車用レインコートです。

QIANoutdoor レインコート

雨や雪以外に汚れにも強い自転車用レインコート。素材に「ナイロンオックスフォード」を採用し、優れた防水性と耐摩耗性を備えています。さらに、表面に撥水加工や、縫い目の防水加工を施すことにより、しっかりと水を弾くのが魅力です。

また、フードには透明かつサイズの大きいツバをつけ、広い視界を確保。首元は紐でフィット感の調節ができ、雨の侵入を防げるのもポイントです。背中部分に光を反射するテープをつけ、視認性を高めています。防水性と安全性を重視する方におすすめの自転車用レインコートです。

リーテイカー(Leetaker) レインコート

二重構造でサイズ調節もできる襟元で、雨の侵入をしっかりと防ぐ自転車用レインコート。生地の素材に「ナイロンオックスフォード」を採用しているため、防水性や耐摩耗性に優れています。

さらに、表面には撥水加工、縫い目には防水加工が施されており、非常に高い防水性を備えているのが特徴。フードには広い視界を確保しやすい透明のツバも採用しています。前丈が約120cmのロングサイズで、前カゴまでカバーできるのもポイントです。

おしゃれでかわいいカラーも豊富に展開しています。視認性の高い、目立ちやすい色を選びたい方にもおすすめの自転車用レインコートです。

カミオジャパン(KAMIO JAPAN) chou chou poche HARAINY レインコート

広い視界を確保できる透明で大きなツバがついた自転車用レインコート。素材にポリエステルを採用し、表面に撥水加工、裏面に防水加工が施されているなど、防水性に優れているのが特徴です。二重構造の袖により、袖口からの雨の侵入も防ぎます。

また、自転車を漕ぐ際の捲れ上がりを防ぐため、裾を絞れる仕様を採用しているのもポイント。チェーンや車輪への巻き込みも軽減できます。安全性を考慮し、背中の部分に反射生地を2箇所使用。視認性を高め、自転車走行中のリスクを低減します。

袖や裾の部分に切り替えのデザインを採用しているのもおしゃれ。高い防水性や安全性を備えているのはもちろん、かわいいデザインのレインコートを愛用したい方におすすめのモデルです。

自転車用レインコートのおすすめ|セパレートタイプ

カジメイク(KAJIMEIKU) ドキュメント 3Dブリーズレインスーツ 上下セット

3D立体裁断による仕上げで、身体のスムーズな動きをサポートする自転車用レインウェア。ヒジやヒザの曲げ伸ばしが楽に行えるのが魅力。自転車の運転はもちろん、アウトドアなど幅広いシーンで着用したい方におすすめのモデルです。

生地には、薄手で軽量なナイロン製の透湿防水素材を採用。蒸れによる不快感を軽減します。また、袖口には平ゴムと、ベルクロによって絞れるサイズ調節機能を搭載。手首へのフィット感を高め、ハンドル操作のしやすさを確保できます。

比較的ゆとりのある作りで、さまざまな体型の方も着用可能。自分好みのサイズを選びたい方にもおすすめの自転車用レインコートです。

カジメイク(KAJIMEIKU) ピラルク レインシェイカー

首の動きに連動して動かせる回転式フードを備える自転車用レインウェア。非常に広い視野を確保でき、快適な走行をサポートします。フードはドローコードで後頭部の深さを調節でき、顔まわりはベルクロで調節が可能。フィット感を高め、首が動かしやすく雨の侵入も抑えます。

素材には、裏面にTVCラミネート加工が施されメッシュ仕様となっているポリエステル100%を採用。耐水圧は10000mmと非常に高い防水性を備えています。透湿性は5000g/m²で、蒸れを抑えて快適に着用しやすいのも魅力です。

動きやすさや防水性といった機能面のバランスに優れているのがポイント。コスパが高い自転車用レインコートを求めている方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEX ストームセイバーV レインスーツ A2JG4A01

100回の洗濯にも耐える撥水加工が施された自転車用レインウェア。1本1本の繊維にまで均一にいきわたる繊細な加工を施しているのが特徴です。付着した水が生地表面に飛び散るような、強い撥水性を備えています。

また、透湿性が約16000g/m²と非常に高いのも魅力です。ベンチレーションのポケットも設けられているため、効率のよく湿気を発散し、ウェア内の蒸れを軽減。さらに、ファスナーやポケット口に雨返しとフラップをつけることで、雨の侵入をしっかりと防ぎます。

パンツの裾が絞れるので、チェーンや車輪への巻き込みなどを回避しやすいのもポイント。防水性・快適性・安全性に優れるハイスペックな自転車用レインコートとしておすすめのモデルです。

ロゴス(LOGOS) LIPNER バックパックレインスーツ アディ 28734150

ロゴスが取り扱うブランド「LIPNER」が展開する自転車用レインウェア。クリアフードつきで、360°の広い視界を確保しながらの自転車走行が可能です。

素材にはポリエステル100%を採用しており、高い防水・防風性能も備えているのも特徴。背中には大きく開閉できるファスナーがあり、リュックを背負ったままでの着用も可能です。

また、胸部や背中部分、パンツの裾部分に反射材を配置。夜間や暗い道での視認性を高めています。防水性はもちろん、安全性も備えている自転車用レインコートを愛用したい方におすすめのモデルです。

コロンビア(Columbia) シンプソンサンクチュアリ II レインスーツ PM0126

耐久撥水加工が施された防水透湿素材のナイロンタフタ2.5Lを採用した、自転車用レインウェア。フードにはベルクロを備えており、頭部へのフィット感の調節が可能です。視界の確保や首の動かしやすさをサポートします。

また、袖口と足首部分にもベルクロを採用。フィット感を調節することで、ハンドルの操作もしやすく、チェーンや車輪への巻き込みを防ぎます。ジャケットのポケットは、内側がメッシュ仕様で、通気性に優れているのも特徴です。

そのほか、持ち運びに便利な収納袋も付属。雨に備えて自転車用レインコートを携帯したい方にもおすすめのモデルです。

弘進ゴム(KOHSHIN RUBBER) ジャイアントキリングスーツ GK-118 H0236AU

最大で容量30Lまでのリュックを背負ったまま着用できる自転車用レインウェア。首の動きに合わせて180°回転するフードを採用し、広い視界を確保しやすいのが特徴です。

パンツにはサイドファスナーを配置。足を高く上げずに脱いだり穿いたりしやすい便利な仕様です。素材にはポリエステル100%を採用し、表面には撥水加工が施されています。耐水圧は10000mm以上と、防水性に優れているのも魅力です。

さらに、透湿性は5000g/m²を備え、蒸れを抑えて不快感を軽減するのもポイント。優れた防水性と快適性を兼ね備えた自転車用レインコートを探している方におすすめのモデルです。

ファーストダウン(FIRST DOWN) EXPLORATION GEAR

スリムなシルエットと、洗練されたデザインが魅力の自転車用レインウェア。カラー展開が豊富で、デザインにこだわる方におすすめのモデルです。鮮やかな色から選べるので、安全面を考慮して使いたい方にも適しています。

素材には、裏面にPVCラミネートが施されたポリエステル100%を採用。耐水圧10000mmと非常に高い防水性を備えているのもポイントです。裏地をメッシュ仕様にすることで、通気性も確保。ベタつきや蒸れによる不快感も軽減します。

また、袖部分に配置された伸縮ゴムとベルクロにより、袖を絞ってフィット感の調節も可能。袖口から雨が侵入するのを抑えるうえ、ハンドル操作がしやすいのも魅力です。

MaxWant レインウェア

上下ともに裏地全体がメッシュとなっており、高い通気性で蒸れを抑える自転車用レインウェア。素材にはポリエステルや塩化ビニルを採用。耐水圧は8000~10000mmで高い防水性を備えているのも特徴です。

前面には、ファスナーとボタンで閉じる二重構造を採用。雨や風の侵入も防ぎ、快適な使用感を追求しています。また、袖先部分もゴムギャザー加工による二重構造にすることで、袖の捲り上がりを軽減。さらに、フードに透明かつ大きめのバイザーを備え、広い視野を確保しながら顔が濡れにくい仕様を実現しています。

そのほか、前面やから背面にかけて反射材を採用しているのもポイント。安全性に配慮して作られています。防水性や安全性が高く、快適に着用できるセパレートタイプの自転車用レインコートを探している方におすすめのモデルです。

サギサカ(SAGISAKA) アクセス レイングッズ リュックが背負えるサイクルレイン L 50809

リュックを背負って着用できるセパレートタイプの自転車用レインウェア。通学・通勤時の利用におすすめのモデルです。背中部分が広がる構造で、リュックの上から着用できるのがポイント。リュックなしで使う場合はボタンで閉めておくこともでき、状況に応じて使い分けが可能です。

フードには透明のツバも採用されているため、広い視界を確保して快適な走行をサポート。背中と前面に反射テープを備えることで視認性を高めています。耐水圧は10000mmと、高い防水性を備えているのもメリットです。