スポーツ用自転車のひとつに数えられる「ピストバイク」。元々はトラックレース用の自転車でしたが、ファッション性が高いことからストリートカルチャーの世界で大ヒット。現在は、ロードバイクやクロスバイクと並んで、街乗り用自転車として注目されています。

そこで、今回はおすすめのピストバイクをピックアップ。さらに自転車の選び方をはじめ、人気ブランド・メーカーの紹介やシングルスピードとの違いなど、基礎知識についても紹介します。初心者の方もぜひチェックしてみてください。

ピストバイクとは?

By: amazon.co.jp

ピスト(piste)とは、フランス語で”レーストラック”を表す言葉です。いわゆる競輪のような自転車競技に用いられるスポーツ用自転車を指します。ピストバイクの特徴は「ノーブレーキ」というところ。自転車競技では急に止まると接触事故につながるので、基本的にブレーキを搭載していません。

しかし、これは競技用ピストバイクの場合です。日本では、道路交通法によって前輪と後輪にブレーキを備えていない自転車は公道を走れないと定められているため、街乗り用としてブレーキ機能を搭載したピストバイクも数多く販売されています。

海外ブランド品にはノーブレーキピストもありますが、別売りのブレーキを装着すれば公道を走ることが可能。通勤・通学はもちろん、ちょっと遠出したいときにもピッタリなスポーツ用自転車です。

ピストバイクのメリット・デメリット

ピストバイクのメリット

By: amazon.co.jp

ピストバイクのメリットは「リーズナブル」なところです。元々トラックレース用としてデザインされたピストバイクは、少しでもスピードを出せるようにと、極限まで装飾やパーツを減らしています。ロードバイクやクロスバイクと比べてシンプルに作られており、そのぶん価格も安価です。

ピストバイクのデメリット

By: amazon.co.jp

ピストバイクは最低限のパーツしか搭載されていないので、用途によっては自分でカスタマイズする必要があります。泥水や砂利を防いでくれる「泥除け」、荷物を載せる「カゴ」、自転車を自立させられる「スタンド」などは基本的に備えていないので注意しましょう。これらのパーツを必要としない方や、自分好みにカスタマイズをしたいという方にとってはメリットと言えるかもしれません。

ピストバイクとシングルスピードの違い

ピストバイクと似た自転車として、シングルスピードというものがあります。両者は「変速機を持たない」という点で共通していますが、基本的には別の自転車です。これらの違いについて解説します。

ピストバイクの特徴

By: amazon.co.jp

ピストバイクは「固定ギア」を搭載しているモデルがほとんど。その名の通り、後輪とギアが固定された機構のことです。例えば、普通の自転車だと漕ぐのをやめてもタイヤは回り続けますが、固定ギアを搭載したピストバイクの場合は、ペダルを止めるとタイヤも止まります。

逆を言えば、タイヤが動いているときはペダルも動くということ。固定ギアのピストバイクで坂を下るとペダルも勝手に回ります。また、逆回転に漕ぐとバックできるのも固定ギアならではのポイント。いわゆるシティサイクルとはまったく操作感が異なるので初めは戸惑うかもしれません。

ピストバイクがおすすめの方

By: amazon.co.jp

ピストバイク最大の魅力は、「自転車との一体感」が得られるところです。固定ギアはペダルに力を込めただけ前に進み、力を抜けばそれだけスピードも落ちます。自分の力がダイレクトにスピードに反映される感覚は、ピストバイクならではの醍醐味と言えるでしょう。

また、固定ギアの特性を生かして「曲乗り」できるのもポイント。ペダルを止めると後輪がストップするのを利用してドリフトをしたり、逆向きに漕いでバック走をしたり、前輪を浮かしながらウィリーしたりと、さまざまなトリックを決められます。カッコよく自転車を乗りこなしたいという方にもおすすめです。

シングルスピードの特徴

By: amazon.co.jp

シングルスピードとは、変速機を搭載していないスポーツ車全般のこと。ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクのような車種とは関係なく、ギアチェンジできないモデルを「シングルスピード」と呼びます。平地であろうと坂道であろうと、同じギアで走るのが特徴です。

また、一般的な自転車にも採用されている「フリーギア」を搭載しているのもポイント。固定ギアのように後輪とギアが固定されていないので、急にペダルを漕ぐのをやめてもそのまま走り続けます。坂道で足を止めて休むことも可能です。

シングルスピードがおすすめの方

シングルスピードの魅力は、「メンテナンスが簡単」という点です。ピストバイクと同様にギア部分の機構がシンプルなので、お手入れに手間がかかりません。トラブルがあった際も比較的簡単に復旧することができます。タフな自転車が欲しいという方にもおすすめです。

また、「気軽に乗れる」のも魅力。ピストバイクは操作性にクセがあるので、慣れるまでに時間がかかります。一方、シングルスピードはフリーギアを採用しているので、普通の自転車と同じような感覚で乗ることが可能。「ピストバイクに乗りたいけれど固定ギアは難しそう」と悩んでいる方は、ピストバイクフレームにフリーギアを搭載したシングルスピードがおすすめです。

ピストバイクの選び方

街乗りに使いたい場合

街乗り用として探している場合、おすすめなのは「固定ギア」と「フリーギア」を両方搭載しているタイプです。固定ギアが難しいと思ったらフリーギアに変えることができます。もちろん、その逆も可能。1台で2種類の漕ぎ方が楽しめます。

曲乗りを楽しみたい場合

ドリフトやウィリーといった曲乗りは、通常の走行と比べて車体に大きな負荷がかかります。安全に乗るためにも、フレームに頑丈なクロモリ素材を使っているタイプを選びましょう。また、小回りが利きやすいように26インチ程度の小さめなタイヤを搭載したピストバイクがおすすめです。

ピストバイクのおすすめメーカー・ブランド

チネリ(Cinelli)

By: amazon.co.jp

Cinelliは、1948年に創業したイタリアの自転車メーカー。ハイエンドモデルのスポーツ自転車をリリースしており、自転車ファンの間では知らない人がいないほど有名です。Cinelliのピストバイクは軽く、スピードが出やすいのが魅力。アーバンライド向けのマシンを探している方におすすめです。

リーダーバイク(LEADER BIKES)

By: leaderbikes.jp

LEADER BIKESは、アメリカ最大のピストバイクブランドです。トラックレース用のモデルだけではなく、通勤や通学などにも使える街乗り用ピストバイクの生産にも力を入れています。ピストの本質である「シンプルさ」を大切にしながら、デザイン性にも優れているところが魅力。プロから初心者まで人気のブランドです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES)

By: diner-tokyo.com

CARTEL BIKESは、東京・西麻布にあるピストバイク専門ショップ「ダイナー」のプライベートブランド。クラシックデザインのホリゾンタルフレームや、前傾姿勢でスピードを出しやすいパシュートフレームなど、さまざまなラインナップを取り揃えています。女性向けのピストバイクを販売しているのもポイントです。

ピストバイクのおすすめモデル

チネリ(Cinelli) GAZZETTA

イタリアで最も有名なスポーツ新聞のひとつ、”ガゼッタ・デロ・スポルト”にちなんで名づけられた「ガゼッタ」。クラシックなホリゾンタル設計に、シンプルなロゴマークなど、落ち着いたデザインが特徴的なハイエンドピストバイクです。

フレームには、老舗フレームパイプメーカー・コロンバスのクロモリダブルバテッドを採用しています。クロモリは耐久性と衝撃吸収性に優れているのが特徴。ハンドリング性能が高いライザーバーと合わさって、快適に走れます。

後輪には、固定ギアとフリーギアを両方搭載。好みや気分によって走り方を変えることが可能です。いつでも一般的な自転車と同じフリーギアに変更できるので、気軽に自転車に乗りたい方はもちろん、これから初めて固定ギアにチャレンジする方にもおすすめです。

チネリ(Cinelli) ブートレッグ MYSTIC

チネリから派生したブランド、ブートレッグによるピストバイク「ミスティック」。フレームには、軽くて頑丈なアルミ素材のアロイ・カスタム 6061 T6を採用しており、完成車でありながら8.4kgという軽量化を実現しています。

後輪には片側にフリーギア、もう片側に固定ギアを搭載。ペダルに足をしっかりとホールドしてくれる「キンクス・ストラップ」が付属しているので、固定ギア装着時にはバック走行も楽しめます。

マットブラックをベースに、アルマイトレッドのパーツを散りばめた、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのもポイント。反射グラフィックのおかげで夜道も安全に走れます。街中をメインに走りたい方におすすめのピストバイクです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 721TR

リーバーバイクのエントリーモデル「721TR」。業界最先端の”テーパーヘッドチューブ”を採用しているのが特徴です。フレーム前面に位置するヘッドチューブのボトム部分を太くすることにより、耐久性とハンドリング性能を高めています。

また、フレームには部位によって厚みが異なる”ダブルバテッド管”を採用。耐久性を維持しつつ、完成車体でありながら重量8.4kgという軽量化を実現しています。後輪を滑らせるスキッドや、前輪を浮かせながら走るウィリーなど、派手なトリックにもチャレンジ可能です。

固定ギアだけではなく、フリーギアを搭載しているのもポイント。普段は扱いやすいシングルスピード車として使い、休日には固定ギアに切り替えてトリックの練習といった活用もできます。初めてピストバイクを購入する方におすすめです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 735TR

リーダーバイクのハイエンドピストバイク「735TR」。最大の特徴は、水圧によって加工されたハイドロフォームシートチューブです。後輪の形に合わせてチューブを成形することで、タイヤの間隔を縮めることに成功。従来のモデルと比べて機動性が向上し、より街乗りに適したモデルへと進化しました。

また、ダウンチューブの幅を広くして強度を高めているのもポイント。通常なら車体が重くなってしまうところですが、素材を薄くすることによって軽量化も実現しています。シートポストやフォークにカーボンを採用しているので、完成車でも8.75kgという軽さです。

街乗りにはピッタリのモデルですが、曲乗りをしたい場合は耐久性にやや難があります。スキッドやウィリーといったトリックを楽しみたい場合は、フォーク部分をクロモリ製に変更しましょう。街乗りメインでピストバイクを楽しみたい方におすすめのモデルです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) AVENUE

「アベニュー」は、カーテルバイクがリリースしている入門用ピストバイクです。クラシックなホリゾンタル設計を採用しており、大きく下に曲がったドロップハンドルも相まって、ロードバイクのような見た目をしています。

1インチの細身フレームで軽量化を実現。頑丈なクロモリ素材を使うことで、同時に耐久性も確保しています。クロモリは衝撃吸収性にも優れているので、ロングライドにピッタリ。ツーリングを楽しみたい方にもおすすめです。

また、安価なところもアベニューの魅力。ピストバイクとしての機能をしっかりと備えつつ、リーズナブルな価格に設定されています。固定ギアとフリーギアが両方搭載されているのも嬉しいポイント。コスパのよい完成車を探している方におすすめのピストバイクです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) AVENUE LO

トップチューブが前方に下がっている「アベニューロー」。いわゆるパシュートと呼ばれるデザインで、自然と前傾姿勢になることからスピードを出しやすいのが魅力です。また、スキッドやウィリーといったトリックをやりやすいという利点もあります。

フレームには、衝撃吸収性と耐久性が高いクロモリ素材を採用。細身にすることで9.8kgという軽量化に成功しています。ホイールはクロスバイクにも使用されている700cを採用。ストリートライドはもちろん、ロングライドにも対応できます。

国産の有名ブランドでありながら完成品で10万円を切るのは魅力。ミラーのように輝くクロームカラーのほか、シックなブラックカラーも用意されています。これから初めてピストバイクにチャレンジする方におすすめのエントリーモデルです。

フジ(FUJI) FEATHER

ロードバイクで有名な自転車ブランド・フジ。「フェザー」はシングルスピードタイプのスポーツバイクで、”フリーギア”を搭載しているのが特徴です。普通の自転車と同じように漕げるため、気軽に乗り回したい方におすすめです。

別売りの固定ギアに変えればピストバイクとして使うことも可能。固定ギアは1,000円程度と安いため、気軽にチャレンジできます。もちろん、いつでもフリーギアに戻すことができるので、初ピストだから不安という方も安心です。

フレームには、耐久性の高いクロモリ鋼を採用。パイプ中央部分を薄くした「ダブルバテッド構造」にすることで、強度を落とさずに軽量化を実現しています。タウンユースだけではなく、トリックなどのハードな使い方もできるおすすめの自転車です。

フジ(FUJI) TRACK ARCV

フジのフェザーが入門用だとすれば、TRACK ARCVは本気で固定ギアで乗り回したい方におすすめの自転車です。フレームの素材には軽量アルミニウムを使用しており、本体重量8.1kgを実現。負荷がかかる場所にはパイプを厚くすることで強度を高めています。

また、前下がりのパシュートデザインを採用。自然と前傾姿勢になることで空気抵抗が減り、スピードを出しやすい設計になっています。ストリートを颯爽と走り抜けたい方にピッタリです。

固定ギアを採用していますが、もちろんフリーギアにカスタムすることも可能。通常の自転車として乗り回すこともできるおすすめのピストバイクです。

エイトバー(8bar Bikes) FHAIN V2

ベルリンに本拠地を置くピストブランド・エイトバー。レースや競技に力を入れているのが特徴で、「FHAIN V2」もスピードが出しやすいようにデザインされています。ドロップハンドルが搭載されているので一見するとロードバイクのようですが、正真正銘のピストバイクです。

最大のポイントは、クランク軸の位置を高くしているところ。コーナリング時もペダルが漕ぎやすいように設計されています。また、タイヤの間隔を若干広くすることで、つま先がフロントホイールと接触しにくいようにしているのもポイントです。

フレームには、軽量のアルミニウム素材を採用。太めのダウンチューブで強度を確保する一方、トップチューブやシートチューブなどは細めにして極限まで軽量化を図っています。軽い力でグングンとスピードに乗れるのが魅力。街乗りを楽しみたい方におすすめのピストバイクです。

ステイトバイシクル(STATE BICYCLE) TROOPER 4.0

「ステイトバイシクル」は、高いスペックでありながら低コストの自転車をリリースしているアメリカの自転車ブランドです。ピストバイクのニューモデルTROOPER 4.0は、フレーム素材に柔軟性と耐久性に富んだクロモリを使用。それでいて本体重量は約10kgに抑えているのが魅力です。

前方に突き出たブルホーンハンドルは攻撃的な見た目でありながら、軽量で取り回しやすいのが特徴。気軽に街乗りしたいという方にピッタリです。また、リムにはアメリカで人気の「deep V」を使用しているのもポイント。剛性と耐久性が高いだけでなく、デザイン性にも優れています。

海外メーカーだけあって大型サイズも充実。身長が高くてなかなか体格に合った自転車が見つからないという方にもおすすめのピストバイクです。