スポーツ用自転車のひとつである「ピストバイク」。もともとはトラックレース用の自転車でしたが、ファッション性が高いことからストリートカルチャーの世界で大ヒットしました。現在は、ロードバイクやクロスバイクと並んで、街乗り用自転車として注目されています。

そこで今回は、おすすめのピストバイクをピックアップ。さらに、自転車の選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ピストバイクとは?

「ピスト」は、フランス語で「レーストラック」を表す言葉です。そしてピストバイクとは、いわゆる競輪のような自転車競技に用いられるスポーツ用自転車を指します。特徴は、「ノーブレーキ」であること。自転車競技では急に止まると接触事故につながるので、基本的にブレーキを搭載していません。

ただし、街乗り用のピストバイクには、基本的にブレーキが取り付けられています。日本では、道路交通法によって前輪と後輪にブレーキを備えていない自転車は公道を走れないと定められているため、街乗り用としてブレーキ機能を搭載したピストバイクが販売されています。

海外ブランド品にはノーブレーキピストもありますが、別売りのブレーキを装着すれば公道を走ることが可能。通勤・通学はもちろん、少し遠出したいときにもピッタリなスポーツ用自転車です。

ピストバイクのメリット・デメリット

ピストバイクのメリット

By: fujibikes.jp

ピストバイクのメリットは、リーズナブルに購入できるところ。10万円以下で購入できるモデルも販売されています。

また、もともとトラックレース用としてデザインされたピストバイクは、少しでもスピードを出せるように、極限まで装飾やパーツを減らしているのも特徴。スタイリッシュなアイテムが多くラインナップされています。おしゃれに街乗りをしたい方もぜひチェックしてみてください。

ピストバイクのデメリット

By: amazon.co.jp

ピストバイクは最低限のパーツしか搭載されていないので、用途によっては自分でカスタマイズする必要があります。泥水や砂利を防ぐ「泥除け」や、荷物を載せる「カゴ」、自転車を自立させる「スタンド」などは基本的に備えていないため注意しておきましょう。

また、変速できないのもデメリット。走行時の状況や場所に合わせてギアを変更できないため、長距離の走行にはやや不向きです。スピードを調節したい場合は、フリーギアを採用しているモデルを検討してみてください。

ピストバイクの選び方

用途で選ぶ

街乗り

By: fujibikes.jp

街乗り用なら、トップチューブがサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様のモデルがおすすめ。足をまたぎやすいので、スムーズな乗り降りが可能です。

また、入り組んだ道を走る際はハンドルがストレートバーに近い仕様のモノが適しています。曲がりやすく、小回りが効きやすいため快適な走行が可能です。

曲乗り

By: fujibikes.jp

曲乗りとは、固定ギアをいかした、いわゆる魅せる乗り方のこと。ピストバイクでは、強制的にペダリングを止めて後輪を滑らせる「スキッド」や、足を付かずに自転車を停める「スタンディング」など、スタイリッシュな曲乗りにチャレンジ可能です。

曲乗りにおすすめのモデルは、テクニックによって異なります。例えば、スキッドがしやすいタイプは、トップチューブをヘッドチューブに向けてやや前下がりにした「パシュートジオメトリー」のピストバイク。前傾姿勢がとりやすいので、より後輪を滑りやすくできます。

一方、スタンディングしやすいタイプは、トップチューブがサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様のモデル。より低重心で、安定した姿勢を保てます。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

フレームの素材で選ぶ

ピストバイクを購入する際は、フレームの素材をチェックするのがおすすめです。使用されている素材は主にアルミ・クロモリ・カーボンの3種類。アルミは一般的な自転車に採用されることが多く、コストを抑えたい方におすすめです。

クロモリは多くのピストバイクに採用されている素材であり、高い耐久性を備えているのが特徴。カーボンは軽さに優れているうえ、高い振動吸収性も備わっています。

ギアのタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

ピストバイクを購入する際、ギアの種類を確認するのも重要です。ピストバイクに採用されるギアには固定ギアとフリーギアの2種類があります。固定ギアはスキッドやスタンディングなどのトリックを行いやすいのが特徴です。

一方、フリーギアは一般的な自転車にも採用されています。ペダルを漕がなくても前進する仕様のため、街乗りにおすすめです。また、固定とフリーが切り替えられる兼用ギアもあります。

サイズで選ぶ

By: fujibikes.jp

サイズ表記はブランドによって異なりますが、数字かアルファベットが一般的です。数字の場合はシートチューブの長さを示しており、主にcmやmmで表記。アルファベットの場合はメーカーがシートチューブの長さに合わせて分類しています。

なお、サイズに関わる数字やアルファベットと身長の対応に関する表記はあくまでも目安。同身長であっても足の長さなどによって適したサイズが異なる点は留意しておきましょう。

ピストバイクのおすすめメーカー・ブランド

リーダーバイク(LEADER BIKES)

By: amazon.co.jp

リーダーバイクは、アメリカのピストバイクブランドです。トラックレース用のモデルだけではなく、通勤や通学などにも使える街乗り用ピストバイクも生産しています。ピストの本質であるシンプルさを大切にしながら、デザイン性にも優れているところが魅力。幅広い方から人気を集めているブランドです。

チネリ(Cinelli)

By: cinelli-iwaishokai.com

チネリは、元プロロードレーサーにより創業されたイタリアの自転車メーカー。ハイエンドモデルのスポーツ自転車を展開しており、世界中で人気を集めています。チネリのピストバイクは軽く、スピードを出しやすいのが魅力。アーバンライド向けのマシンを探している方におすすめです。

フジ(Fuji)

By: fujibikes.jp

フジは、長い歴史を有しているバイクブランド。競技用バイクの推進に力を入れており、ロードレースのプロチームに機材を提供していることでも有名です。フジのピストバイクは価格・デザイン・機能性のバランスに優れているのが特徴。また、シンプルな作りなのもポイントです。

ピストバイクのおすすめモデル

リーダーバイク(LEADER BIKES) Angelino PTG Complete Bike

優れたハンドリングと高い耐久性

トップチューブがサドルからハンドル方向に向かって下がっている、パシュートフレームが採用されたピストバイク。前傾ポジションが取りやすく、スムーズにペダルへ力が伝えられます。また、漕ぎ出しが軽いのも魅力です。

ヘッドチューブのボトムを1.5インチ規格に設定しているのが特徴。優れたハンドリングと高い耐久性を兼ね揃えています。また、ハンドルにはライザーバーハンドルを採用しているのもポイントです。

カラーは、トランスロー・グロスブラック・ゴールドと3色をラインナップ。ボディには「ANGELINO」の文字が刻まれており、デザイン性にも優れています。前後にブレーキが付属しているため、街乗りにおすすめです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) THE CURE Complete Bike

高いパフォーマンスが発揮できるピストバイク

フリーギアと固定ギアから選べるピストバイク。フリーギアなら曲乗り、固定ギアなら街乗りや通勤通学におすすめです。ハンドルバーにはライザーバーを搭載しています。

フレームにダブルバテッドチューブを採用することで、軽量化を実現。さらに、ヘッドチューブのボトムを1.5インチ規格にし、高いハンドリングと耐久性を実現しているのもポイントです。

カラーはブラックとブルーの2種類を展開。7層にわたる塗装が施されているので傷が付きにくく、高級感があります。高いパフォーマンスが発揮できる、エントリーモデルとしてもおすすめのアイテムです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 721TR Complete Bike

耐久性がありながら、総重量8.4kgを実現

フレームにトップチューブが地面と平行なホリゾンタルフレームを採用したピストバイクです。部分的に厚みが異なるダブルバテッドチューブを採用。耐久性がありながら、総重量8.4kgを実現しています。

長く綺麗に使い続けられるよう、7層にもわたる塗装が施されているのもポイント。街乗りから山や海へのサイクリングまで、幅広いシチュエーションにおすすめのアイテムです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 725TR Complete Bike

フレームにエアロ形状を採用したピストバイク。アルミフレーム特有の溶接部を滑らかにすることで、カーボンフレームのような流線的なシルエットに仕上げています。

ヘッドチューブのボトムは、1.5インチ規格に設定。高い耐久性と優れたハンドリングが備わっています。また、ダブルバテッドチューブを採用することで、軽量化を実現しているのも特徴です。

フォークにはフルカーボンを使用しており、振動吸収性に優れているのもポイント。ボディには高級感が楽しめる7層の塗装が施されています。ピストバイクながらロングライドにもおすすめのアイテムです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 735TR Complete Bike

シートポストに専用のエアロ形状が用いられているピストバイクです。フレームの素材には、軽量性に優れたアルミを採用しています。

シートチューブには、リーダーバイクが独自に開発した「3Dハイドロフォーム」を搭載。また、シートポストとフォークの素材にはカーボンを採用しており、振動吸収性に優れています。

ドロップハンドルが採用されているので、上半身への負担が少ないのもポイント。長時間の使用にも適しています。ストリートライドにおすすめのアイテムです。

チネリ(Cinelli) Tutto

エントリーモデルとしておすすめのピストバイクです。チューブにコロンバス クロモリ、フォークにコロンバス スチールを採用しています。また、制動力に優れたVブレーキを搭載しているのも特徴です。

ギアは17Tの固定と、18Tのフリーに対応可能。曲乗りを楽しむなら固定ギア、街乗りを楽しむならフリーギアがおすすめです。さらに、ハンドルにライザーバーを採用しているのもポイント。カラーはダイアモンド&ラストとノットグレーを展開しています。

フジ(Fuji) FEATHER

By: fujibikes.jp

マットブラック・マットカーキ・サーモンピンク・シルバーと4カラーがラインナップされているピストバイク。スタイリッシュかつシンプルなデザインが魅力です。

メインフレームの素材にはクロモリを使用。高い耐久性が備わっており、しなるのが特徴です。加えてフォークの素材にもクロモリを用いており、ダイレクトかつ滑らかな乗り心地を楽しめます。また、傾斜の少ないトップチューブを採用しているのもポイントです。

フジ(Fuji) STROLL

By: fujibikes.jp

バテッドクロモリフレームにシングルギアを組み合わせたピストバイク。ダイレクトな乗り心地を体感できます。

ハンドルには「フジアロイフラットバー」を搭載しており、視界を広く確保できるのもポイント。加えて、高い振動吸収性が備わっているベントフォークを採用しているのも特徴です。

カラーはギャラクシーブラック・スモーキーカーキ・ホワイトを展開。ヨーロピアンテイストなデザインに仕上げられています。トップチューブとダウンチューブにロゴがあしらわれているのも魅力です。

フジ(Fuji) TRACK ARCV

By: fujibikes.jp

パシュートジオメトリー仕様のフレームが採用されているピストバイク。トップチューブがサドルからハンドル方向に向かって下がっており、スムーズにペダルへ力が伝えられます。漕ぎ出しが軽いのも特徴です。

大径チューブが搭載されたA2-SL軽量アルミフレームを採用。また、フォークの素材に、振動吸収性に優れたカーボンが用いられているのもポイントです。

ケーブル内装仕様で、スタイリッシュなデザインに仕上げられているのも魅力。ストップアンドゴーの多い街乗りにおすすめのアイテムです。

ステイトバイシクル(STATEBICYCLE) Undefeated2 Black Prism Edition

7005ダブルバテッドアルミニウムチューブが採用されているピストバイク。総重量が抑えられており、スピード感のあるライドを実感できます。

フォークの素材には、振動吸収性に優れたカーボンを採用。さらに、全体がブラックで統一された、シックかつスタイリッシュな見た目もポイントです。シートチューブやダウンチューブにはワンポイントが施されていておしゃれ。機能性とデザインを兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ステイトバイシクル(STATEBICYCLE) 4130 THE MATTE BLACK

フレームの素材にクロモリが採用されているピストバイクです。ダブルバテッド4130のクロモリにより、弾力があり強度に優れているのが特徴。また、トップチューブは傾斜が少ない仕様なのもポイントです。

また、ボディ全体がマットブラックで統一されており、デザイン性も良好。耐久性があり、見た目もおしゃれなモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ステイトバイシクル(STATEBICYCLE) 6061 BLACK LABEL V2 Army Green

Essor USAフルカーボンフォークが採用されているピストバイク。振動吸収性に優れているのが特徴です。ヘッドチューブには、テーパードモデルを搭載しています。フレームの素材にはダブルバテッド6061アルミニウムを採用。軽量で扱いやすいのも魅力です。

また、ボディ全体をアーミーグリーンで統一したデザインもポイント。シートチューブにはおしゃれな文字があしらわれています。街乗りにおすすめのアイテムです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) AVENUE MATTE WHITE

By: cartelbike.com

トップチューブに1インチのホリゾンタルパイプが採用されているピストバイク。素材にクロモリを採用することで、優しい乗り心地を実現しています。初めてピストバイクに乗る方にもおすすめです。また、ギアにはフリーギアと固定ギアの兼用モデルを搭載しているので、街乗りにも適しています。

さらに、フレームのカラーがマットホワイトで統一されており、デザイン性にも優れています。ストリートに特化したエントリーモデルです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) AVENUE LO MATTE BLACK

素材にクロモリが採用されているピストバイク。高い耐久性が備わっていることや、柔軟性があることが特徴です。トップチューブが前傾しているパシュートジオメトリー仕様で、スムーズにペダルへ力が伝えられます。

固定ギアとフリーギアから選べるのもポイント。スキッドなどのトリックが楽しめます。また、ハンドルにブルホーンバーを採用。前傾姿勢が取りやすく、ポジションにバリエーションを持たせられます。

さらに、ボディ全体がマットブラックで統一されているのも魅力。デザイン性にも優れています。街乗りに適したモデルを探している方におすすめのアイテムです。

レインボー(RAINBOW) T STREET 700c

クランクやハブ、シートポストの素材をアルミニウムで統一したピストバイク。傾斜の少ないトップチューブを採用しているのが特徴です。

ハンドルには、ストレートに近いオールラウンダーバーを採用。また、トップチューブに「T STREET」の文字があしらわれているなど、細部にまでこだわりが見られます。価格が安く、初めてピストバイクを購入する方にもおすすめです。

ピストバイクの楽天市場ランキングをチェック

ピストバイクの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

カスタムがピストバイクの醍醐味

By: fujibikes.jp

ピストバイクは最低限のパーツしか搭載されていないモデルが多く、用途に応じて自分なりにカスタマイズできるのが魅力です。

具体的には、走行する道やシチュエーションに合わせてホイールの太さを変えたり、街乗り重視か曲乗り重視かに応じてハンドルバーを取り替えたりすることが可能。また、トップチューブやダウンチューブにステッカーを貼れば個性も演出できます。