スポーツ用自転車のひとつに数えられる「ピストバイク」。もともとはトラックレース用の自転車でしたが、ファッション性が高いことからストリートカルチャーの世界で大ヒットしました。現在は、ロードバイクやクロスバイクと並んで、街乗り用自転車として注目されています。

そこで、今回はおすすめのピストバイクをピックアップ。さらに、自転車の選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ピストバイクとは?

By: rakuten.co.jp

ピスト(piste)とは、フランス語で”レーストラック”を表す言葉です。いわゆる競輪のような自転車競技に用いられるスポーツ用自転車を指します。ピストバイクは「ノーブレーキ」なのが特徴。自転車競技では急に止まると接触事故につながるので、基本的にブレーキを搭載していません。

しかし、これは競技用ピストバイクの場合です。日本では、道路交通法によって前輪と後輪にブレーキを備えていない自転車は公道を走れないと定められているため、街乗り用としてブレーキ機能を搭載したピストバイクも数多く販売されています。

海外ブランド品にはノーブレーキピストもありますが、別売りのブレーキを装着すれば公道を走ることが可能。通勤・通学はもちろん、ちょっと遠出したいときにもピッタリなスポーツ用自転車です。

ピストバイクのメリット・デメリット

ピストバイクのメリット

By: rakuten.co.jp

ピストバイクのメリットはリーズナブルなところ。もともとトラックレース用としてデザインされたピストバイクは、少しでもスピードを出せるように、極限まで装飾やパーツを減らしています。

また、スタイリッシュでおしゃれなアイテムが多くラインナップされているのもポイント。おしゃれに街乗りをしたい方もぜひチェックしてみてください。

ピストバイクのデメリット

By: rakuten.co.jp

ピストバイクは最低限のパーツしか搭載されていないので、用途によっては自分でカスタマイズする必要があります。泥水や砂利を防ぐ「泥除け」や、荷物を載せる「カゴ」、自転車を自立させられる「スタンド」などは基本的に備えていないため注意しておきましょう。

ピストバイクの選び方

用途で選ぶ

街乗り

By: fujibikes.jp

街乗り用のモデルとしてはトップチューブがサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様がおすすめ。足をまたぎやすいので、スムーズな乗り降りが可能です。

また、入り組んだ道を走る際はハンドルがストレートバーに近い仕様のモノが適しています。曲がりやすく、小回りが効きやすいためチェックしてみてください。

曲乗り

By: fujibikes.jp

曲乗りとは、固定ギアをいかした、いわゆる”魅せる”乗り方のこと。ピストバイクでは、強制的にペダリングを止めて後輪を滑らせる「スキッド」や、足を付かずに自転車を停める「スタンディング」など、スタイリッシュな曲乗りにチャレンジ可能です。

曲乗りにおすすめのモデルは、テクニックによって異なります。たとえば、スキッドがしやすいタイプは、トップチューブをヘッドチューブに向けてやや前下がりにした「パシュートジオメトリー」仕様のピストバイク。前傾姿勢がとりやすいので、より後輪を滑りやすくできます。

一方、スタンディングしやすいタイプは、トップチューブはサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様のモデル。より低重心で、安定した姿勢を保てます。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

サイズで選ぶ

By: fujibikes.jp

サイズ表記はブランドによって異なりますが、数字かアルファベットが一般的です。数字の場合はシートチューブの長さを示しており、主にセンチ(cm)やミリ(mm)で表記。アルファベットの場合はメーカーがシートチューブの長さに合わせて分類しており、なかにはM(53cm)と双方表記している場合もあります。

なお、サイズに関わる数字やアルファベットと身長の相関関係はあくまでも目安。同身長であっても足の長さなどによって適したサイズは異なるので、その点は留意しておきましょう。

ピストバイクのおすすめメーカー・ブランド

リーダーバイク(LEADER BIKES)

By: rakuten.co.jp

リーダーバイクは、アメリカ最大のピストバイクブランドです。トラックレース用のモデルだけではなく、通勤や通学などにも使える街乗り用ピストバイクの生産にも力を入れています。ピストの本質であるシンプルさを大切にしながら、デザイン性にも優れているところが魅力。幅広い方から人気を集めているブランドです。

チネリ(Cinelli)

By: cinelli-iwaishokai.com

チネリは、1948年に創業したイタリアの自転車メーカー。ハイエンドモデルのスポーツ自転車を展開しており、世界中で人気を集めています。チネリのピストバイクは軽く、スピードが出やすいのが魅力。アーバンライド向けのマシンを探している方におすすめです。

フジ(Fuji)

By: fujibikes.jp

フジは、100年以上の歴史を誇るバイクブランド。競技用バイクの推進に力を入れており、元F1ドライバーの片山右京氏が代表を務める「Team UKYO」に機材を提供していることでも有名です。

フジのピストバイクは価格・デザイン・機能性のバランスがよいのが特徴。また、クロモリにこだわっており、シンプルな作りになのもポイントです。

ピストバイクのおすすめモデル

リーダーバイク(LEADER BIKES) 721TR

XS(50cm)からXL(58cm)まで、5種類のサイズが用意されているピストバイクです。小柄な方から大柄な方まで幅広い方に対応しているのが特徴。ヘッドパーツとフロントフォークには、それぞれ上級モデルに用いられるパーツを採用しているのもポイントです。

フレームにはバテッドパイプを搭載。踏み込みや捻じれに強く、効率よく推進力を生み出す仕様なのも魅力です。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 725TR

空力を意識してフレームが薄く作られているピストバイクです。フロントフォークには1806TRフルカーボンフォークを採用。軽量で高い振動吸収性が高く、段差などで身体に負荷がかかりにくいのが魅力です。

サイズはXXS〜XLまで6種類をラインナップ。また、スリムな見た目で、デュアルコントロールレバーの操作も簡単に行えます。街乗りがメインの方におすすめのスタンダードモデルです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 735TR

固定ギアを採用しているピストバイク。スキッドやスタンディングなどのトリックを行うのにおすすめです。また、ペダルを踏みこんだときの反応がよく、ダイレクトに加速します。

強度が必要な箇所は厚く、それ以外の部分を薄くしたバテッド処理が施されたパイプが組み込まれているのもポイント。堅牢性を保ちながら、軽量化を実現しています。

サイズはX-smallからXLまで5種類をラインナップ。曲乗りだけでなく、街乗りにも適したおすすめのハイエンドモデルです。

チネリ(Cinelli) Tipo Pista ’20

ボディにイタリア・コロンバス社のアルミフレームを採用したピストバイク。軽量かつ剛性に優れており、さまざまなシーンで活躍します。本格的な競技レースはもちろん、街乗りにもおすすめです。

リアブレーキケーブルがフレーム内蔵式になっているのもポイント。ケーブルに泥などの汚れなどが付着しにくく、見た目がスッキリとしているのが魅力です。コストパフォーマンスに優れたピストバイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フジ(Fuji) TRACK ARCV

トップチューブがヘッドチューブに向かって傾いたパシュートジオメトリーを採用しているピストバイク。低重心かつ前傾姿勢をとりやすいので、スキッドなどがスムーズに行えます。

メインフレームには大径のチューブを用いたA2-SLアルミフレームを採用。強度が必要な所を太く、それ以外の所は薄くすることで、軽量性と耐久性を両立しています。

ブレーキが搭載されているのもポイント。また、スムースウェルド工法により、滑らかなフォルムに仕上げられているのも魅力です。サイズは49〜56cmまで4種類を展開しています。

フジ(Fuji) STROLL

メタリックなパーツで統一された、ブレーキを搭載したピストバイクです。ヨーロピアンテイストの見た目が特徴。ギアには固定ギアを採用しています。シングルギアを搭載しており、街乗りに適したモデルです。

また、メインフレームには細身のクロモリボディを採用。しなやかで弾性に優れており、高い耐衝撃性を備えています。

パイプにはダブルバテッドを採用。両端を厚くし中央部を薄くすることで、耐久性を損なうことなく軽量化を実現しています。リーズナブルな価格で、初めてピストバイクを購入する方にもおすすめのモデルです。

フジ(Fuji) FEATHER

シンプルなデザインが特徴的な、ブレーキが搭載されたピストバイク。余計な装飾が施されておらず、パーツを加えたり交換したりすることで自分なりにカスタマイズできます。また、シングルスピード仕様でダイレクトな加速が体感可能です。

メインフレームやフォークなどに厳しい品質基準をパスしたクロモリ鋼を採用。高い剛性を誇り、しなやかにしなるのが特徴です。また、トリックの衝撃を受け止める高い耐久性も兼ね備えています。

ダブルバテッド仕様のパイプが採用されており、強度を保ちながら軽量化も実現。街乗りと曲乗りの両方に適したおすすめのモデルです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) rue

ハンドルにクロスバイクに用いられることが多いライザーハンドルバーを標準搭載しているピストバイク。グリップ部が取り付け部よりも高くなっているので、脇を大きく開くハンドルポジションをとりやすいのが特徴です。

メインフレームにはクロモリフレームを採用。小柄な方でも乗りやすいように設計されているのも特徴のひとつです。また、チューブがサドル側に向かって下がっており、低重心を意識して作られています。

ボディカラー全体をマットブラックで統一しており、光沢感があるのも魅力。また、ブレーキが搭載されているのもポイントです。価格が比較的安く、コストパフォーマンスに優れたピストバイクを探している方におすすめです。

State Bicycle Co. 4130 ARMY GREEN

チューブが地面と平行になっているホリゾンタルフレームを採用したピストバイク。振動吸収性が高く、長時間の使用におすすめです。アーミーグリーンのボディカラーがクラシカルな雰囲気を演出しています。

メインフレームにはダブルバテッド仕様のクロモリスチールフレームを採用。負荷がかかりやすい箇所を太く、あまり負荷がかからない箇所を薄く作ることで、耐久性と軽量性の両立を実現しています。

ブレーキワイヤーがトップチューブに内蔵されているのもポイント。チューブとブレーキワイヤーの間に泥やゴミが挟まりにくいので、お手入れが楽に行えます。

State Bicycle Co. UNDEFEATED II BLACK PRISM EDITION

メインフレームに7005アルミニウムチューブが搭載されているピストバイク。ダブルバテッド仕様で、軽さと頑丈さを同時に実現しています。また、フォークにフルカーボンファイバーフォークが搭載されているのもポイントです。

全体をブラックカラーで統一したシックなデザインもポイント。虹色に彩られたブランドロゴがワンポイントとして映えています。スタイリッシュなピストバイクを探している方におすすめです。

シュウィン(Schwinn) CUTTER

トップチューブがシートチューブに向かって下がるように傾斜した、スローピングフレームを採用しているピストバイクです。アームの間隔を引き絞ることで減速するキャリパーブレーキを搭載しているのが特徴。ホリゾンタルフレームと比較して乗り降りしやすく、初めての方にもおすすめです。

メインフレームにはシュウィン独自のスチールフレームを搭載。耐久性が高く壊れにくいので、できるだけ長く愛用したい方にも適しています。価格が安く、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

マジィ(MASI) Sesto Single Speed

鮮やかなイエローカーキカラーが特徴的な、ブレーキを搭載したピストバイクです。ハンドルには街乗りに適したNR-AL-16ハンドルバーを搭載。また、前後輪にフェンダーが標準装備されているので、雨の日でも快適に走行できます。

メインフレームにはクロモリのハイテンスチールフレームを採用しており、頑丈かつ軽量なのが魅力。また、トップチューブがシートチューブに向かって下がっており、重心がやや低めに設計されているのもポイントです。

ジオス(GIOS) VINTAGE PISTA

鮮やかなブルーカラーが目を引くピストバイク。ホワイトのドロップハンドルとシートを合わせており、スポーティーかつ爽やかな雰囲気が演出できます。また、メインフレームにジオス独自のクロモリフレームを採用しているのが特徴です。

トップチューブが地面と水平なホリゾンタル仕様。また、ブレーキが搭載されているのもポイントです。ギア比は44T×16Tで、扱いやすいのピストバイクを探している方はチェックしてみてください。

ピストバイクの楽天市場ランキングをチェック

ピストバイクの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。