スポーツ用自転車のひとつに数えられる「ピストバイク」。もともとはトラックレース用の自転車でしたが、ファッション性が高いことからストリートカルチャーの世界で大ヒット。現在は、ロードバイクやクロスバイクと並んで、街乗り用自転車として注目されています。

そこで、今回はおすすめのピストバイクをピックアップ。さらに自転車の選び方をはじめ、人気ブランド・メーカーの紹介やシングルスピードとの違いなど、基礎知識についても紹介します。初心者の方もぜひチェックしてみてください。

ピストバイクとは?

By: .amazon.co.jp

ピスト(piste)とは、フランス語で”レーストラック”を表す言葉です。いわゆる競輪のような自転車競技に用いられるスポーツ用自転車を指します。ピストバイクは「ノーブレーキ」なのが特徴。自転車競技では急に止まると接触事故につながるので、基本的にブレーキを搭載していません。

しかし、これは競技用ピストバイクの場合です。日本では、道路交通法によって前輪と後輪にブレーキを備えていない自転車は公道を走れないと定められているため、街乗り用としてブレーキ機能を搭載したピストバイクも数多く販売されています。

海外ブランド品にはノーブレーキピストもありますが、別売りのブレーキを装着すれば公道を走ることが可能。通勤・通学はもちろん、ちょっと遠出したいときにもピッタリなスポーツ用自転車です。

ピストバイクのメリット・デメリット

ピストバイクのメリット

By: amazon.co.jp

ピストバイクのメリットは「リーズナブル」なところです。もともとトラックレース用としてデザインされたピストバイクは、少しでもスピードを出せるようにと、極限まで装飾やパーツを減らしています。ロードバイクやクロスバイクと比べてシンプルに作られており、そのぶん価格も安価です。

ピストバイクのデメリット

By: amazon.co.jp

ピストバイクは最低限のパーツしか搭載されていないので、用途によっては自分でカスタマイズする必要があります。泥水や砂利を防いでくれる「泥除け」、荷物を載せる「カゴ」、自転車を自立させられる「スタンド」などは基本的に備えていないので注意しましょう。これらのパーツを必要としない方や、自分好みにカスタマイズをしたいという方にとってはメリットといえます。

ピストバイクの選び方

用途で選ぶ

街乗り

By: fujibikes.jp

ピストバイクはもともと自転車のトラック競技で使われているタイプ。高速走行を目的としているため、変速ギアがないほか、軽量かつシンプルな構造を採用しています。そのため、壊れにくく、メンテナンスがしやすいのが魅力です。

街乗り用のモデルとしてはトップチューブがサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様がおすすめ。足がまたぎやすいので、スムーズに乗り降りができます。また、入り組んだ道を走る際はハンドルがストレートバーに近い仕様のほうが曲がりやすく、小回りが効きます。

曲乗り

By: fujibikes.jp

曲乗りとは、固定ギアをいかした、いわゆる”魅せる”乗り方のこと。ピストバイクでは、強制的にペダリングを止めて後輪を滑らせる「スキッド」や、足を付かずに自転車を停める「スタンディング」など、スタイリッシュな曲乗りにチャレンジできます。

曲乗りにおすすめのモデルは、テクニックによって異なります。たとえば、スキッドがしやすいタイプは、トップチューブをヘッドチューブに向けてやや湾曲させた「パシュートジオメトリー」仕様のピストバイク。前傾姿勢がとりやすいので、より後輪を滑りやすくできます。

一方、スタンディングしやすいタイプは、トップチューブはサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様のモデル。より低重心で、安定した姿勢を保てます。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

サイズで選ぶ

By: fujibikes.jp

サイズ表記はブランドによって異なりますが、数字かアルファベットが一般的。数字の場合はシートチューブの長さを示しており、主にセンチ(cm)やミリ(mm)で表記されています。 アルファベットの場合はメーカーがシートチューブの長さに合わせて分類しており、なかにはM(53cm)と双方表記している場合もあります。

なお、サイズに関わる数字やアルファベットと身長の相関関係はあくまでも目安。同身長であっても足の長さなどによって適したサイズは異なってくるので、その点は留意しておきましょう。

ピストバイクのおすすめメーカー・ブランド

チネリ(Cinelli)

By: rakuten.co.jp

チネリは、1948年に創業したイタリアの自転車メーカー。ハイエンドモデルのスポーツ自転車をリリースしており、自転車ファンの間では知らない人がいないほど有名です。チネリのピストバイクは軽く、スピードが出やすいのが魅力。アーバンライド向けのマシンを探している方におすすめです。

リーダーバイク(LEADER BIKES)

By: rakuten.co.jp

リーダーバイクは、アメリカ最大のピストバイクブランドです。トラックレース用のモデルだけではなく、通勤や通学などにも使える街乗り用ピストバイクの生産にも力を入れています。ピストの本質である「シンプルさ」を大切にしながら、デザイン性にも優れているところが魅力。初心者からプロまで人気のブランドです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES)

By: rakuten.co.jp

カーテルバイクは、東京・西麻布にあるピストバイク専門ショップ「ダイナー」のプライベートブランド。クラシックデザインのホリゾンタルフレームや、前傾姿勢でスピードを出しやすいパシュートフレームなど、さまざまなラインナップを取り揃えています。女性向けのピストバイクを販売しているのもポイントです。

ピストバイクのおすすめモデル

チネリ(Cinelli) Tipo Pista

アルミフレームとカーボンフォークを組み合わせたピストバイク。本格的なトラックレースからアーバンライドまで、幅広く活躍する汎用性の高いモデルです。

アームの間隔を引き絞ることで減速するキャリパーブレーキを搭載しており、操作性も良好。リアブレーキケーブルがフレーム内蔵式になったことで、スッキリとした見た目に仕上がっています。

また、フラット部分が長いドロップハンドルを備えているのもポイント。ロングライドを意識したおすすめのピストバイクです。

チネリ(Cinelli) Gazzetta

イタリアの大手スポーツ新聞「ガゼッタ・デロ・スポルト」が名称の由来となっているピストバイク。同紙は著名な自転車ロードレース「ジロ・デ・イタリア」を主催していることでも知られており、イタリアでは馴染み深いネーミングです。

チューブとフォークには耐久性と耐衝撃性に優れているクロモリを採用。サイズはXSからLまで4タイプをラインナップしており、Mサイズの重さは10kgを下回っています。

ブレーキには軽い操作で十分な制動が得られるキャリパーブレーキを採用。ハンドルはストレートバーに近くハンドリングがしやすいライザーバー仕様となっているので、街乗り用のピストバイクを探している方におすすめです。

チネリ(Cinelli) Mystic

漆黒のボディをベースにイタリアンレッドが配色されたピストバイク。チューブの素材はアロイ、フォークの素材はアルミとカーボンを採用するなど、軽さと耐久性のバランスに配慮しているのが特徴です。

サイズはXSからXXLまでの6タイプをラインナップ。ブレーキにはコントロールしやすいキャリパーブレーキを採用しており、初めてピストバイクを乗る方にとっても扱いやすいモデルです。トータルバランスに優れたモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 721TR

トップチューブを短めに設定することにより、よりコントルール性を意識した街乗り仕様のピストバイク。サイズはXSからXXLまで6タイプあり、重さは約8kgと快適に高速走行できるのが特徴です。

チューブやフォークには軽量で耐久性の高いアルミを採用しているものの、本モデルはさらにパイプ中央部の肉厚を薄くしたダブルバテッドチュービングを施しており、かなり軽量化を意識しています。

ハンドルはドロップ部分が短いピストバーを採用し、ロングライドにも対応。軽さにとことんこだわったおすすめのピストバイクです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) KAGERO

トップチューブがヘッドチューブに向けてやや傾斜しているピストバイク。この設計は「パシュートジオメトリー」と呼ばれるもので、1990年代に好まれたややクラシックなテイストに仕上がっているのが特徴です。

チューブにアルミ、フォークにカーボンを採用することで、軽さを追求。ハンドルはドロップ部分が短いピストバーを採用しており、ロングライドにもしっかりと対応できます。

サイズはXSからXLまで5種類をラインナップ。オリンピックにおける自転車競技のパシュートを意識したモデルなので、よりスピード感のある走りを求めている方はぜひチェックしてみてください。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 735TR COMPLETE BIKE

全体的にフレームが太く、よりレーシングを意識したデザインに仕上がっているピストバイク。チューブにはアルミ、フォークにはカーボン素材を採用しており、軽さと耐久性の高さを両立しているのが特徴です。

サドル下のシートポストは専用のエアロ形状を採用しており、走行時の空気抵抗に配慮。さらにその下のシートチューブには立体的なデザインを意識した「ハイドロフォーミング」を採用しており、より街乗りにおける機動性をアップさせています。

ハンドルはドロップ部分が短いピストバーを採用しており、サイズはXSからXLまで5種類をラインナップ。ハイエンドクラスのピストバイクを求めている方におすすめです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) 725TR COMPLETE BIKE

同ブランドの代名詞ともいえるストリートエアロフレーム「725TR」を採用したピストバイク。フレームにはアルミ素材を採用しつつも、溶接部分をシームレスにしており、フォルムのスマート化を図っているのが特徴です。

全体的に肉厚ながら、重さは約9kgと軽量なのもポイント。設計は初速を重視したオリジナルのトラックジオメトリーを採用しており、ストップアンドゴーが容易なほか、ピストバイクならではトリックにチャレンジできるのも魅力です。

サドルにはイタリア製、クランクには日本の老舗ブランドのパーツを採用しており、細部にまで配慮。ハンドルはドロップ部分が短いピストバーを採用しており、サイズはXXSからXLまで6種類をラインナップしています。走行性能に優れたおすすめのピストバイクです。

リーダーバイク(LEADER BIKES) THE CURE COMPLETE BIKE

トップチューブをヘッドチューブに向けてやや湾曲させることによって、走行時の空気抵抗を抑えられるピストバイク。いわゆる「パシュートジオメトリー」と呼ばれるフレーム設計を採用しており、スムーズに高速走行できるのが特徴です。

ハンドルはストレートバーに近くライザーバー仕様で、ハンドリングしやすいのもポイント。チューブにはアルミ、フォークにはカーボンを採用しており、軽さと耐久性を両立しているのも魅力です。

サイズはXSからXLまでの5種類をラインナップ。トータルバランスに優れたピストバイクを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) AVENUE

トップチューブが水平になったホリゾンタルスタイルのエントリーモデル。しなやかで剛性に優れた1インチのクロモリパイプを使用しており、スリムながら快適な乗り心地が魅力です。

ロードバイクの形状に近いドロップハンドルを採用。上半身への負担が少なく、長時間の走行にも対応できます。クラシックな雰囲気を好む方におすすめのピストバイクです。

カーテルバイク(CARTEL BIKES) Cartel by Cartel Bikes rue

女性も乗りやすいようダウンサイジング化を図ったピストバイク。トップチューブはサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様で、低重心を意識しているのも特徴です。

チューブとフォークには耐衝撃に優れたクロモリを採用しています。サイズはSからXLの4種類をラインナップしており、体格に合わせてサイズを選びやすいのも魅力。価格帯も良心的なので、ピストバイクに初めて挑戦したいと考えている方はぜひ候補して検討してみてください。

フジ(FUJI) TRACK ARCV

トップチューブの前方が下がっている「パシュートジオメトリー」仕様のピストバイク。採用されているドロップハンドルと相まって前傾姿勢がとりやすく、より高速走行しやすいのが特徴です。

フレームにはアルミ合金、フォークにはカーボン素材を採用。サイズは4種類あり、重さは約8kgといずれも軽量に仕上がっています。本格志向ながら価格が10万円以下なのもポイント。コスパ良好のおすすめモデルです。

フジ(FUJI) FEATHER

フレーム素材に耐久性が高いクロモリを採用したピストバイク。トップチューブが水平になっているホリゾンタルフレームを採用することによって、フレームの内角の三角形が大きく、ロングライドでも疲れにくいのが特徴です。

サイズは6種類あり、重さは約9kg。パイプ中央部の肉厚を薄くしたダブルバテッド仕様となっているので、強度が高いクロモリ素材を採用したモデルのなかでは比較的軽量に作られています。ピストバイクとしては安価なモデルなので、価格重視で選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ジオス(GIOS) VINTAGE PISTA

1948年に創業されたイタリア発の自転車メーカー「ジオス」が手掛けるピストバイク。ブランドを象徴する鮮やかなブルーを基調としたおしゃれなデザインが魅力の一台です。

ロードバイクの人気車種「VINTAGE」ベースにデザイン。スリムな見た目ですが、フレーム素材にはクロモリを採用しており、乗り心地に優れています。ギヤ比は44×16Tと扱いやすく、街中でもストレスなく乗れるおすすめのモデルです。