ロードバイクやマウンテンバイク、ミニベロなどを扱う「ビアンキ」はクロスバイクの人気メーカーのひとつです。自転車メーカーのなかでも歴史が古く、世界中にファンがいます。

しかし、モデルによって特徴や価格が異なり、初心者ほどどのモデルを選ぶべきか迷ってしまうことも。そこで本記事では、ビアンキのクロスバイクの選び方からおすすめのモデルまでをご紹介します。

ビアンキ(Bianchi)とは?

By: bianchi.com

ビアンキとは、イタリアの総合自転車メーカー。クロスバイクのほかに、ロードバイク・マウンテンバイク・ミニベロなどをラインナップしています。設立は1885年。爽やかなブルーのチェレステカラーと呼ばれるボディが特徴です。

クロスバイクでは、定番モデルでファンから長く愛される「ROMA」や乗り心地のよい「C-SPORT」をはじめ、幅広いモデルを取り扱っています。価格も幅広く、初心者から上級者までおすすめの自転車メーカーです。

ビアンキのクロスバイク人気シリーズ

ROMA

By: bianchi.com

ROMAは、ビアンキのクロスバイクのなかでも、人気の定番モデルです。特に、スピードを重視したい方に向いており、ロードバイク寄りの設計を採用しています。ギア周り・タイヤ幅・フレーム・サドルなどの各部品に、SHIMANOのモノを採用しているのが特徴です。

また、街乗り用としても使用可能。数種類の製品を展開しており、それぞれディスクブレーキが採用されています。制動力に優れているため、雨で濡れた路面でもスリップすることなく止まることが可能です。

C-SPORT

By: bianchi.com

C-SPORTはROMAと同様、ビアンキの人気モデルです。快適な乗り心地を追求したクロスバイクで、マウンテンバイク寄りの設計を採用。街乗りに適したモデルを探している方に向いています。フレームには軽いアルミを採用。太めのタイヤで安定感があるのが人気の理由です。

さらに、スマートな見た目もおすすめポイント。価格はROMAに比べて多少安いため、コストパフォーマンスを重視する方にもぴったりです。

ビアンキのクロスバイクの選び方

身長に合わせたフレームサイズを選ぼう

By: bianchi.com

ビアンキのクロスバイクを選ぶ際は、身長に合うフレームサイズのモデルを選びましょう。サイズの合わないモデルを使用してしまうと、無理な姿勢を続けなくてはならないため、思わぬ怪我につながる恐れがあります。

メーカーによってはサイズの目安を表示していることも。しかし、足の長さによって適したフレームサイズは異なります。より確実にフィットするモデルを選びたい場合には、実際に足の裏から股までの長さを計測してから購入するのがおすすめです。

フレームの素材と特徴

By: bianchi.com

強度が高く耐久性に優れた「クロモリ」

クロモリとは、炭素鋼にクロムとモリブデンを加えた合金のことをいいます。クロムモリブデン鋼とも呼ばれ、錆びにくいのが魅力です。また、耐久性に優れているため、長く使用し続けやすいのも特徴。さらに、弾性があり加工しやすいので、自転車のフレームの素材として重宝されています。

振動吸収性が高いのもおすすめポイント。街乗り用のモデルを探している方はチェックしてみてください。ただし、ビアンキのROMAやC-SPORTはほとんどがアルミフレームである点は留意しておきましょう。

軽量性に優れた「カーボン」

カーボンは軽量性に優れているのが特徴です。レース用のクロスバイクによく用いられています。

鉄とは異なり加工がしやすいので、エアロ効果に優れた形状のモデルが多いのもメリット。また、振動吸収性に優れているのもおすすめポイントです。荒れた路面も走行しやすくく、ハンドルが取られることも少ないので、快適にクロスバイクを楽しめます。

ただし、価格はほかの素材に比べてやや高め。本格的なクロスバイクを探している方に向いています。さらに、ビアンキのROMAやC-SPORTではカーボンを使ったモデルは取り扱いがない点も留意しておきましょう。

扱いやすく価格も安い「アルミ」

アルミはほかの素材と比較して価格が安いため、クロスバイク初心者に向いている素材です。エントリーモデルに多く採用されています。また、軽量かつ種類によっては硬いモノがあるのも特徴です。

扱いやすい素材で、メーカーによってはハイグレードモデルにアルミを採用することもあります。ただし、衝撃をそのまま伝えやすいのはデメリット。安価で街乗りに適したモデルを探している方はチェックしてみてください。

よく走る道に合わせてタイヤの太さをチェック

By: rakuten.co.jp

クロスバイクを購入する際は、よく走る道に合わせてタイヤの太さをチェックしておくのも重要です。一般的に、タイヤの幅が細いほどスピードを出しやすく、太いほど安定性に優れているといわれています。

凸凹した道ではなく、舗装された道をスピードを出して走りたい場合には、細いタイヤがおすすめです。一方で、オフロードや段差の多い街を走る際は、タイヤの太いモデルが適しています。

コンポーネントにも注目

By: bianchi.com

クロスバイクを選ぶ際は、コンポーネントも確認しておきましょう。コンポーネントとは、タイヤ・フレーム・ハンドル・サドル・フォーク・ホイール以外の総合的なパーツのことを指します。コンポーネントによって価格が決まるともいわれており、クロスバイクを選ぶ際にチェックしてみてください。

初級なら4〜6万円、中級なら10万円前後、上級は20〜30万円前後のモデルが一般的。初心者の場合には、初級レベルのモデルを選ぶのがおすすめです。メンテナンス方法を覚えてから、中・上級のモデルを購入しましょう。

ビアンキのクロスバイクおすすめモデル|ROMAシリーズ

ビアンキ(Bianchi) 2021年モデル ROMA3

By: bianchi.com

体格に合わせてサイズを選べる、ROMAシリーズのエントリーモデルです。43・46・50・54・57と5種類のフレームサイズが用意されています。タイヤの幅が28mmと細めで、スピードを出せるモデルを探している方にぴったり。フレーム素材には合金を採用しています。

また、制動性に優れたディスクブレーキを採用しているのもメリット。そのほか、カラーはビアンキを象徴するCK16をはじめ、ブルーフォレスト・ブラックの3種類がラインナップされています。

ビアンキ(Bianchi) 2021年モデル ROMA2

By: bianchi.com

細身のタイヤを搭載し、街乗りから長距離移動まで幅広い用途に向いているクロスバイクです。ホイールにはALEX RXD3を、コンポーネントにはSHIMANOのモノを採用しているのが特徴。また、濡れた路面でも優れた制動力を発揮するディスクブレーキを搭載しているのもおすすめポイントです。

フロントフォークにはROMAのロゴがあしらわれており、おしゃれな見た目を演出しています。カラーは、定番のチェレステカラーであるCK16とブラックの2色展開です。フレームサイズは46・50・54cmから選べます。

ビアンキのクロスバイクおすすめモデル|C-SPORTシリーズ

ビアンキ(Bianchi) クロスバイク C-SPORT1

By: bianchi.com

初心者におすすめのクロスバイクです。ビアンキのなかでもリーズナブルなモデル。従来までは「カメレオンテ」と呼ばれていましたが、現在は「C-Sport 1」に名称が変更されています。

素材にはアルミを採用しており、軽量なのがおすすめポイント。ハンドルはフラットバーのような形状で、前傾の姿勢を取りやすいのが特徴です。

また、多くのクロスバイク搭載されているVブレーキを採用しているのもポイント。そのほか、フレームサイズは、43・47・51・55cmから選択可能です。カラーは3種類がラインナップされています。

ビアンキ(Bianchi) クロスバイク C-SPORT2 DISC

By: bianchi.com

C-SPORT2はALU DISC FRAMEを採用したモデルです。38mmと太めのタイヤにより、存在感があります。特に、街乗り用や通勤・通学用として使える製品を探している方におすすめです。

コンポーネントはSHIMANOを中心に採用。サイズは43・47・51・55cmが用意されているので、体格に合わせて選択可能です。カラーは、定番のCK16に加え、Rocks Sand・White Sandの3種類がラインナップされています。