自転車のなかでも街で見かける機会が増えた「クロスバイク」。通勤通学などの日常の移動手段として活用している方やエクササイズ目的で乗りこなしている方も多く、さまざまな用途で利用されています。

そこで今回は、特に人気のビアンキのクロスバイクにフォーカスして、おすすめモデルをご紹介。あわせて特徴や選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ビアンキとは?

By: bianchi.com

「ビアンキ」はイタリアの老舗自転車メーカーです。1885年に小さな自転車店からスタートし、現存する自転車ブラントのなかでは世界最古として知られています。

イタリア語で”青い空”を意味する、淡いライトグリーンの「チェレステ」をイメージカラーとしているのもポイント。クロスバイクのシリーズはハイエンドからエントリークラスまで揃っている「Roma」シリーズと、リーズナブルな「C・Sport」がラインナップされています。

ビアンキの特徴

青空色の「チェレステカラー」

By: bianchi.com

ビアンキを象徴する「チェレステカラー」の起源は諸説あり、「イタリアの青空を表した」といわれているほか、「かつてのイタリア王妃マルゲリータ・ディ・サヴォイアの瞳をイメージした」という説もあります。

淡いライトグリーンは街中で映えるカラーなので、おしゃれなクロスバイクを求めている方に人気です。なお、店舗によっては売り切れになっていることも多いので、気になる方はこまめにチェックしましょう。

なお、チェレステカラーの表記は製品によって異なり、「Matt CK16」や、そのままズバリ「Celeste」と記載されている場合もあります。購入を検討している方は、これらの記載があるかを確認するようにしましょう。

ラインナップが豊富

By: bianchi.com

ビアンキの自転車は大きく分けて、ロード・MTB・スポーツ・シティの4種類です。老舗のブランドだけあって自転車競技との関わりも深いのもポイント。ロードやMTBではプロチームもあり、高性能なモデルもラインナップされています。

クロスバイクはスポーツに分類され、現行機種は全部で5つ。ハイエンドからエントリーまで揃う「Roma」シリーズが4つと、リーズナブルな「C・Sport」があります。

コスパが高い

ビアンキは1台ずつ丁寧に組み立てられているのが特徴。複数人チームのライン作業ではなく、職人一人ひとりがハンドルの取り付けやワイヤー通し、変速ギアの調整、塗装、箱詰めに至るまで、責任を持って担当しています。

価格は量産体制を敷いているメーカー同様、上位モデルは10万円台、エントリーモデルは5万円台で購入できるので、良心的です。品質の高さは折り紙付きなので、長く乗り続けられて、コスパも良好なクロスバイクを求めている方に適したモデルが展開されています。

ビアンキクロスバイクの選び方

シリーズの違いをチェック

中長距離のロングライドにも対応できる「Romaシリーズ」

By: bianchi.com

2019年の「Romaシリーズ」で共通しているのは、フレームに軽量で丈夫な素材のアロイ(アルミ合金)を採用している点、トップチューブがサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様である点、タイヤサイズが「700x28C」である点などが挙げられます。

耐久性を考慮していることや、足がまたぎやすくスムーズに乗り降りができること、より低重心で安定した姿勢を保てることによって街乗りに適しているほか、タイヤの太さが中長距離のロングライドにも乗りやすいタイプを採用しているので、さまざまシーンで活躍してくれます。汎用性が高いクロスバイクを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

街乗りにおすすめの「C・Sportシリーズ」

By: bianchi.com

ビアンキの2019年モデル「C・Sportシリーズ」は1機種のみ。2018年モデル「CAMALEONTE 1(カメレオンテ 1)」の後継機という位置付けですが、ネーミングが変わり、モデルチェンジしています。

フレームには軽量で丈夫な素材のアロイを採用し、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様であることなどは変わりませんが、タイヤのサイズが異なるのがポイントです。従来モデルは「700x28C」でしたが、「C・Sport」は「700x35C」と太くなっており、よりMTB寄りに仕上がっています。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

一般的な自転車は、20インチや26インチなどタイヤの大きさが基準となりますが、クロスバイクの場合はフレームでサイズを選びます。

サイズ表記はブランドによって異なりますが、「46」や「530」などの数字か「XS」や「M」などのアルファベットが一般的。数字の場合はシートチューブの長さを示しており、主にセンチ(cm)やミリ(mm)で表記されています。 アルファベットの場合は、メーカーがシートチューブの長さに合わせて分類しており、なかにはM(53cm)などと表記している場合もあります。

さらに、シートチューブの長さはライダーの身長と関係性があり、例えば「クロスバイクのサイズがM(53cm)であれば、身長は162〜180cmに適応」などと区分けされています。

ビアンキのクロスバイクの場合は43/46/50/54/57などで表記され、対応表が用意されているので、気になる方はしっかりと確認しておくのがおすすめです。

なお、サイズに関わる数字やアルファベットと身長の相関関係はあくまでも目安。同身長であっても足の長さなどによって適したサイズは異なってくるので、その点は留意しておきましょう。

ブレーキシステムをチェック

By: amazon.co.jp

ビアンキのクロスバイクは上位モデルから「Roma 1 Disc」「Roma 2 Disc」「Roma 3 Disc」「Roma 4」「C・Sport 1」があり、語尾にDiscと記載されているモデルはディスクブレーキ仕様、それ以外はVブレーキ仕様となっています。

ディスクブレーキは制動力や安定性が高く、悪天候や悪路でもスムーズに対応できるのが特徴。なお、「Roma 1 Disc」と「Roma 2 Disc」のディスクブレーキはシマノの油圧式ディスクブレーキ「BR-MT200」が、「Roma 3 Disc」にはシマノのメカニカルディスクブレーキが採用されています。

一方、Vブレーキは前後に設置された2本のアームが台座上で固定されるタイプで、少ない力で制動できるのが特徴です。最近の傾向として、ハイエンドモデルにはディスクブレーキが採用されていることが多いので、他メーカーの製品を確認する際もチェックしておきましょう。

コンポーネントをチェック

By: amazon.co.jp

自転車における「コンポーネント」とは、複数の部品をひとまとまりにした呼称。自転車パーツで世界的にシェアの高い国内メーカーの「シマノ」が普及させた言葉として知られており、多くの場合、同社製のモノを指します。なお、同義として「グループセット」も使われることがありますが、こちらはイタリアの自転車パーツメーカー「カンパニョーロ」がネーミングしたと考えられおり、短くして「グループ」と呼ぶ場合もあります。

ビアンキのクロスバイクに採用されているコンポーネントは各モデルによって異なるものの、すべてシマノ製です。上位グレードから並べると「Tiagra(ティアグラ)」「SORA(ソラ)」「Claris(クラリス)」がセットされ、下位モデルにはMTB用のパーツをチョイスしている場合もあります。価格帯に見合ったグレートのコンポーネントが採用されているので、気になる方は車体を比較する際に、コンポネートのグレードも確認しておきましょう。

ビアンキのクロスバイクおすすめ

ビアンキ(Bianchi) Roma 1 Disc 2019年モデル

ビアンキ(Bianchi) Roma 1 Disc 2019年モデル

By: bianchi.com

ビアンキのクロスバイクの「ローマ」シリーズにおけるハイエンドモデル。フレームには軽量で丈夫な素材のアロイ、ブレーキは制動性の高いディスクブレーキ仕様となっています。

コンポーネントはシマノの「Tiagra(ティアグラ)」を採用。Tiagraは街乗り用としては上位モデル、レース用としてはスタンダードクラスに位置付けられるパーツ群で、より本格的なライドを楽しむことができます。

クランクセットは台湾・中国で高性能な自転車パーツを製造しているProwheelの「VICTOR-621C-TT 」、チェーンホイールはシマノの「CS-HG500-10」をチョイス。ギアの変速段数はフロント2×リア10の18段に対応しています。

カラーはチェレステを表す「Matt CK16」と漆黒の「Matt Black」の2種類をラインナップ。満足度の高いクロスバイクを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

ビアンキ(Bianchi) Roma 2 Disc 2019年モデル

ビアンキ(Bianchi) Roma 2 Disc 2019年モデル

ビアンキのクロスバイクのローマシリーズにおけるミドルクラスモデル。ハイエンドモデル同様、フレームには軽量で丈夫な素材のアロイ、ブレーキは制動性の高いディスクブレーキを採用しているほか、ハンドルグリップ・サドル・ペダルなども同じパーツを使用しているのが特徴です。

コンポーネントはシマノの「SORA(ソラ)」をチョイス。なお、このセットは10万円台のクロスバイクに取り付けられることが多いので、価格帯を確認する上でひとつの目安となります。

クランクセットはシマノの「FC-R345」、チェーンホイールも同社の「CS-HG400-9」となっており、ギアの変速段数はフロント2×リア9の18段仕様。カラーはチェレステの「Matt CK16」と藍色の「Metal Look」の2種類をラインナップしています。

ビアンキ(Bianchi) Roma 3 Disc 2019年モデル

ビアンキ(Bianchi) Roma 3 Disc 2019年モデル

ビアンキのクロスバイクの「ローマ」シリーズにおけるスタンダードモデル。上位モデル同様、フレームには軽量で丈夫な素材のアロイを採用し、ブレーキはディスクブレーキシステムを導入しています。

コンポーネントはシマノの「Claris(クラリス)」。グレードが下位な分、価格に還元されており、アンダー10万円で購入できるのが魅力です。

クランクセットはシマノの「FC-RS200」、チェーンホイールも同社の「CS-HG50-8」で、ギアの変速段数はフロント2×リア8の16段仕様。カラーはチェレステカラーを含め、計4色をラインナップしています。街乗りはもちろん、通勤・通学などでクロスバイクを使いたい方にもおすすめです。

ビアンキ(Bianchi) Roma 4 2019年モデル

ビアンキ(Bianchi) Roma 4 2019年モデル

ビアンキのクロスバイクの「ローマ」シリーズにおけるエントリーモデル。本製品は上位モデルとは異なり、Vブレーキ仕様になっているのが特徴です。

「Vブレーキ」とは前後に設置された2本のアームが台座上で固定されるブレーキシステムのことで、少ない力でしっかりと制動できるのがポイント。また、フレームの内部にケーブル類を通す方式を取っているため、見た目もすっきりとしています。

フレームはシリーズ共通でアロイを採用しており、軽量かつ頑丈です。コンポーネントはシマノのMTB用で使われる各種パーツをチョイスしているのもポイント。シフターには「Acera(アセラ)」、フロントディレーラーには「Tourney(ターニー)」、リアディレーラーには「Altus(アルタス)」シリーズが使われています。

クランクセットはシマノの「FC-TY501」、チェーンホイールも同社の「CS-HG200-8」で、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様。カラーは全5色をラインナップしています。デイリーユースで気軽に乗り回せるクロスバイクを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ビアンキ(Bianchi) C・Sport 1 2019年モデル

ビアンキ(Bianchi) C・Sport 1 2019年モデル

By: bianchi.com

ビアンキのクロスバイクシリーズにおけるリーズナブルなモデル。従来までは「カメレオンテ」と呼ばれていましたが、2019年モデルから「C・Sport 1」と名称が変更されています。

ほかの製品との違いはタイヤにやや太めの「700x35C」を採用しているところ。タイヤの溝も深く、グリッピング能力が高いのも特徴です。

ブレーキ・フレーム・コンポーネントは「Roma 4」と同様のモノを採用しています。 クランクセットはシマノの「FC-TY301」、チェーンホイールも同社の「CS-HG200-8」で、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様です。

また、細部のパーツに関してはコストカットを図っており、安価に購入できるのもポイント。カラーはチェレステカラーやブラックのほか、アイボリーもラインナップしています。