スポーツサイクルとして人気の高いクロスバイクとマウンテンバイク。どちらも、高い走行性能とスタイリッシュな外観を備えています。しかし、両者の違いがよく分からず、どちらを購入すべきか悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、クロスバイクとマウンテンバイクの違いについて詳しく解説します。おすすめモデルもご紹介するので、ママチャリに物足りなさを感じている方はぜひ参考にしてみてください。

クロスバイクとマウンテンバイクの違い

クロスバイクの特徴

By: bscycle.co.jp

高い走行性能とスタイリッシュな外観を兼ね備えているにもかかわらず、実用性も有しているのがクロスバイクの特徴です。イメージ的にはマウンテンバイクとロードバイクの中間的な存在。細すぎず太すぎないタイヤを装着しているため、未浦走路でも安定して走れるほか平坦な舗装道路であればある程度の高速走行が可能です。道路上に引かれた白線やちょっとした段差でバランスを崩すこともありません。

通勤や通学といった普段使いにしっかりと対応でき、その気になれば軽いスポーツ走行がこなせます。街中を軽快に走れるおしゃれな自転車を探している方にピッタリなのがクロスバイクです。

マウンテンバイクの特徴

By: riteway-jp.com

オフロードにおける走破性を重視した、パーツアッセンブリを施されているのがマウンテンバイクの特徴です。タイヤはブロックパターンを採用した幅広のモノを装着。転がり抵抗が大きくクロスバイクのように軽快な走りはできないものの、荒れた路面をしっかりとグリップすることが可能です。

多くのモデルがフロントにサスペンションフォークを搭載しています。路面からの衝撃を吸収しライダーの疲労を軽減する重要なパーツ。体の上下動が抑えられるため、悪路でも車体のコントロールや変速操作に集中できます。未舗装路を走る機会が多い方にピッタリの自転車です。

フロントとリヤにサスペンションを備えたダブルサス仕様のモデルなどもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

クロスバイクはこんな人におすすめ

街乗りや通勤で舗装路しか走らない

By: louisgarneausports.com

クロスバイクがもっとも得意とするフィールドは舗装された道路です。ロードバイクほどの速度はでないものの、比較的細身のタイヤを装着していることもあり平坦な道であれば軽快に飛ばすことが可能。また、ロードバイクと比較してタイヤのエアボリュームが大きい分、クッション性に優れているなど乗り心地は良好です。

21段や24段といった変速ギアを搭載しているモデルが多く、多少のアップダウンがあっても一定の漕ぎ力で走れるため必要以上に体力を消費しません。クロスバイクは通勤や通学などで、ほとんど舗装路しか走らないといった方におすすめの自転車です。

普段使いできる自転車が欲しい

By: amazon.co.jp

普段使いの自転車にいわゆるママチャリの購入を考えている方は、クロスバイクにも注目してみてください。ママチャリと比較して枚数の多いギアを搭載していたり、径の大きなタイヤを装着しているのがクロスバイクの特徴。平坦路がより高速で走れるほか、きつい上り坂も楽に登れるなど走行性能の面で優れています。

さらに、スポーティーでスタイリッシュな外観を備えているのもクロスバイクの魅力です。普段使いとはいえ、おしゃれに乗れる自転車を求める方なら高い満足感が得られます。

できるだけ安く購入したい

競技への参加を前提としたパーツ選定がされていないこともあり、販売されている製品の価格帯が比較的手頃なのもクロスバイクの特徴です。軽さを追求するロードバイクや強靭なフレームとフルサスを搭載するマウンテンバイクのように、驚くほど高額なモデルはほとんど存在しません。

有名なブランドにこだわらなければ非常に安いモデルも販売されています。できるだけ安く購入したい方は、クロスバイクをぜひチェックしてみてください。

クロスバイクについて詳しく知りたい方はこちら

マウンテンバイクはこんな人におすすめ

山道や未舗装路を走ることが多い

By: bianchi.com

マウンテンバイクがもっとも真価を発揮するのは未舗装路の走行シーンです。クロスバイクと比較してより太いブロックパターンのタイヤを装着しているため、砂利道やぬかるんだ道でも路面をしっかりグリップし前進することが可能。多段変速ギアを搭載しているので、刻一刻と変化する地形に応じて適切なギアが選択できます。

山道や未舗装路を走る機会の多い方におすすめの自転車です。また、クロスバイクよりトップチューブの傾斜が大きく足付き性がよいので、走行中急に大きな岩や窪みに遭遇しても停止できます。

オフロードサイクリングを楽しみたい

マインテンバイクはオフロードサイクリングを気軽に楽しみたい方にもおすすめです。多くのモデルがフロントにサスペンションフォークを採用しているため、凸凹道が長く続くようなシチュエーションでも体の負担を最小限に抑えて走ることが可能。また、クロスバイクより太いタイヤを装着しているので、乗り心地がよいのはもちろん容易にパンクする心配もありません。

なかには折りたたみ機構を備えた製品も販売されています。車に積み込みやすくキャンプなどに持って行きやすいため、テントサイト周辺のオフロードを自転車で散策するといった使い方が可能です。

ヒルクライムなどの競技に参加したい

ヒルクライム競技は何もロードバイクだけのものではありません。上り坂のオフロードコースで戦う、マウンテンバイク向けのヒルクライムレースなども開催されています。ブロックタイヤに多段変速ギアを備えたマウンテンバイクにピッタリです。

ヒルクライム競技に参加するのであれば、リアにサスペンションを搭載していないハードテイルモデルがおすすめ。フルサス仕様と比較して軽量で上りに有利なのはもちろん、ペダリングロスが発生しないため効率的に登坂することが可能です。

マウンテンバイクについて詳しく知りたい方はこちら

クロスバイクのおすすめモデル

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) CITYROAM 9.0

カナダに本部を構えるサイクルブランド「LOUIS GARNEAU」が展開するクロスバイクです。泥除けを標準装備しているのが特徴。天気に関係なく利用できるなど、街乗りや普段使いにおすすめのモデルです。チェーンガードを装着しているため、スボンの裾が汚れる心配もありません。

サスペンションフォークを採用しているのも本モデルの特徴。路面から伝わる細かな衝撃を吸収するので、手首や体の疲労が軽減できます。長時間快適に走れるため、たまの休日に出かける長距離サイクリングなどにもピッタリです。

フレーム素材には丈夫で軽量な6061アルミを採用。サスペンション搭載モデルでありながら、重さは14.4kg(420mm)と比較的軽量です。角度調節ができるステムを採用しているため、自分に合ったポジションが容易に設定できます。フロントバスケット・スタンド・シートポストラックなど、オプションパーツも豊富なので一度チェックしてみてください。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA F24 LF2444

430mmサイズのアルミフレームを採用した、身長151〜163cmの方に適したクロスバイクです。ハンドルやシートポストといったパーツ類にもアルミ素材を使用しているのが特徴。重さが11.6kgと非常に軽量なため体力に自信のない方でも容易に取り回せます。スポーツサイクル初心者の方にもピッタリのクロスバイクです。

ワイヤー錠をはじめ、ライトやスタンドを標準装備しているのも本モデルの特徴。購入後すぐに通勤や通学といった用途で利用することが可能です。街乗りで必要なアイテムを別途購入する手間はかかりません。パンクガード付きの「リベルクタイヤ」を装着しているのもポイント。パンクに強いので毎日安心して使用できます。

ビアンキ(Bianchi) C-SPORT 1

By: japan.bianchi.com

イタリアの老舗自転車ブランド「Bianchi」が販売するおしゃれなクロスバイクです。鮮やかなチェレステカラーが印象的なイタリアンデザインのバイク。人とはちょっと違った外観の、クロスバイクが欲しい方におすすめのモデルです。丈夫で軽量なアルミフレームを採用しており、初心者の方でも取り扱いが楽におこなえます。

通勤・通学はもちろん、軽いスポーツ走行などにもピッタリ。リラックスした乗車ポジションが取りやすいので、長時間走行にともなう疲労が軽減できます。シマノの24段変速ギアを搭載しているため、アップダウンが続くようなシチュエーションを最小限の力で走り抜けることが可能です。

アラヤ(ARAYA) MFX Muddy Fox Xross

By: araya-rinkai.jp

日本人の体格や日本の地形に合ったスポーツ自転車を作り続ける国内ブランド「アラヤ」のクロスバイクです。アルミ製のフレームとフォークを採用しており、11.6kg(420mm)と軽量に仕上がっています。ハンドルバーの中央部に、角度表示付きのセンターマークを設けているのが特徴。ステムへ組み込む際に微調整がしやすいので重宝します。さらに、リバースタイプのステムを採用するなど、体格や好みに応じて細かな設定が可能なクロスバイクです。

前後にディスクブレーキを装備しているのも本モデルの特徴。天候の影響を受けにくく、水に濡れた状態でもしっかりとした制動力が確保できます。また、油圧式を採用しているためコントロール性は良好です。フロント3段、リア8段の24段変速装置を搭載。平坦路はもちろん上り坂の多い道でも快適に走行できます。

ダウンチューブ内蔵型のシフトケーブルを採用するなど、スタイリッシュなデザインも魅力のモデルです。

ネクスタイル(Nextyle) NX-7021

フレームにスチール素材を採用した価格の安い自転車です。気軽に購入できるクロスバイクを探している方におすすめのモデル。安価な製品ながらシマノの21段変速ギアを搭載しており、アップダウンのある道を快適に走行できます。700×28Cと細身のタイヤを装着しているため、平坦な舗装路であれば高速走行が可能です。

フロントタイヤにクイックリリースを採用しているのが特徴。車の荷室やルーフへの積載が容易なため、旅行先の街を自転車で散策できるなど楽しみ方の幅が広がります。泥除けを標準搭載しているので、雨上がりの道で泥や水ハネを心配する必要はありません。

ブラックをはじめイエロー・スカイブルー・レッドといった、豊富なカラーバリエーションを展開しています。さらに、フレーム色にマッチしたカラータイヤを装着しているなど、おしゃれなバイクを求める方にもピッタリです。

リグ(LIG) LIG MOVE

手頃な価格が魅力のクロスバイクです。スポーツタイプの自転車を初めて購入する、初心者の方におすすめのモデル。440mmサイズのフレームを採用しており身長155cm以上の方に適しています。アルミ素材を使用しているため重さは12kgと軽量です。

フレームに施されたホワイトのカラーリングが鮮やか。全5色がラインナップされているので好みのカラーが選べます。また、前後で異なる色のカラーリムを採用するなど、ファッショナブルなクロスバイクを求める方にもピッタリのモデルです。シマノの7段変速ギアを装備しているので街中を軽快に走り抜けられます。

マウンテンバイクのおすすめモデル

ビアンキ(Bianchi) MAGMA 7.2

By: bianchi.com

チェレステカラーが施されたおしゃれなモデルです。リアにサスペンション機構を持たない、ハードテイルフレームを採用しているのが特徴。フルサス仕様に比べ軽量なため、ヒルクライム競技への参加を考えている方におすすめです。ペダリング時のロスも発生しないので、体力の消耗を最小限に抑えながらゴールまで登り切れます。

フロントにはサスペンションフォークを搭載。路面から伝わる衝撃をしっかり吸収するため、長距離ライドはもちろんダウンヒルも快適にこなせます。さらに、フロント2枚ギアを採用した、18段変速システムを搭載しているのもポイントです。フロントギアの変速機会を減らすことでチェーントラブルが軽減できます。刻一刻と変化する地形に対して、素早いシフト操作を駆使しながら走行することが可能です。

オフロードサイクリングから競技まで幅広いシーンで活躍するため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シュウィン(SCHWINN) MOAB3

アメリカの老舗サイクルブランド「SCHWINN」が販売するマウンテンバイクです。前後に160mmのローターを備える油圧式のディスクブレーキを採用しているのが特徴。長い下り坂の続くようなシチュエーションでも、安定した制動力を発揮します。初心者でもコントロールしやすいようセッティングされているため、安心してブレーキ操作をおこなうことが可能です。

フロントにはサスペンションフォークを装備。トラベル量は100mmと本格的なダウンヒル向きではありませんが、山道など未舗装の道路を走る機会が多い方にピッタリです。フレームをはじめ主要なパーツにアルミ素材を採用しており、サス付きモデルながら約15kgと軽量に仕上がっています。

ジーティー(GT) AVALANCHE COMP V2

比較的手頃な価格で購入できる、高性能なマウンテンバイクを探している方におすすめのモデルです。フローティングステー構造を採用しているのが特徴。シートステーとシートチューブの溶接を無くすことで、しなやかに動くフレームを実現しています。リヤサスレスモデルにもかかわらず、リヤタイヤの路面への追従性は良好です。

フロントがシングルギアの10段変速システムを採用。変速操作がシンプルなためバイクコントロールに集中できます。また、ギアチェンジにともなうトラブルが最小限に抑えられるなど、過酷な路面状況でも安定した高速走行が可能です。休日のオフロードサイクリングをはじめ、ヒルクライム競技やダウンヒルといった幅広いシーンで活躍します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファルシオンFDB2618

アウトドア用品の販売で人気のメーカー「キャプテンスタッグ」が取り扱うモデルです。折りたたみ式構造を採用しているのが特徴。コンパクトに収納でき車のトランク内で邪魔になりにくいので、容易に持ち運べます。キャンプ場での移動手段などにピッタリのモデルです。

泥除けを標準装備しているため、泥ハネで服が汚れる心配はありません。前後にサスペンションを搭載しており、テントサイト周辺の荒れた道を快適に移動することが可能です。管理棟へ買い物に行ったり付近を冒険したりと楽しく使えます。

ただし、スチール製のパーツを採用しているため本体重量は約18.4kgと重めです。軽快なスポーツ走行を楽しむような用途には不向きなので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

カノーバー(CANOVER) CAMT-043-DD ATLAS

極太のダウンチューブがタフな印象を与えるマウンテンバイクです。26×1.95インチのブロックタイヤを装着しており、未舗装路でも安定した走りを楽しむことが可能。オフロードサイクリングなどにおすすめのモデルです。シマノの24段変速ギアを搭載しているため、平坦路が高速で走れるのはもちろん、きつい上り坂も楽に登れます。

フロントとリヤにメカニカルディスクブレーキを装備しているのが特徴。天候に左右されず安定した制動力を発揮します。ウェットコンディションでもしっかりと止まれるので安心です。価格が手頃で気軽に購入しやすいため、スポーツサイクル初心者の方も一度チェックしてみてください。