スポーツサイクルとして人気の高いクロスバイクとマウンテンバイク。どちらも、高い走行性能とスタイリッシュな外観を備えています。しかし、両者の違いがよく分からず、どちらを購入すべきか悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、クロスバイクとマウンテンバイクの違いについて詳しく解説します。おすすめモデルもご紹介するので、ママチャリに物足りなさを感じている方はぜひ参考にしてみてください。

クロスバイクとマウンテンバイクの違い

クロスバイクの特徴

By: trekbikes.com

高い走行性能とスタイリッシュな外観を兼ね備えるほか、実用性も有しているのがクロスバイクの特徴です。イメージ的には、マウンテンバイクとロードバイクの中間的な存在。細すぎず太すぎないタイヤを装着しているため、未舗装路でも安定して走れるほか、平坦な舗装道路であればある程度の高速走行が可能です。道路上に引かれた白線やちょっとした段差でバランスを崩すこともありません。

通勤や通学といった普段使いにしっかりと対応でき、その気になれば軽いスポーツ走行もこなせます。街中を軽快に走れるおしゃれな自転車を探している方にピッタリです。

マウンテンバイクの特徴

By: trekbikes.com

オフロードにおける走破性を重視した、パーツアッセンブリを施しているのがマウンテンバイクの特徴です。タイヤはブロックパターンを採用した幅広のモノを装着。転がり抵抗が大きくクロスバイクのように軽快な走りはできないものの、荒れた路面をしっかりとグリップすることが可能です。

多くのモデルがフロントにサスペンションフォークを搭載。路面からの衝撃を吸収し、ライダーの疲労を軽減する重要なパーツです。体の上下動が抑えられるため、悪路でも車体のコントロールや変速操作に集中できます。未舗装路を走る機会が多い方にピッタリの自転車です。

フロントとリヤにサスペンションを備えたダブルサス仕様のモデルなどもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

クロスバイクはこんな人におすすめ

街乗りや通勤で舗装路しか走らない

By: giant.co.jp

クロスバイクがもっとも得意とするフィールドは舗装された道路です。ロードバイクほどの速度はでないものの、比較的細身のタイヤを装着していることもあり、平坦な道であれば軽快に飛ばすことが可能。また、ロードバイクと比較してタイヤのエアボリュームが大きい分、クッション性に優れているので乗り心地は良好です。

21段や24段といった変速ギアを搭載しているモデルが多く、多少のアップダウンがあっても一定の漕ぎ力で走れるため、必要以上に体力を消費しません。クロスバイクは通勤や通学などで、主に舗装路を走る方におすすめの自転車です。

普段使いできる自転車が欲しい

By: giant.co.jp

普段使いの自転車にいわゆるママチャリの購入を考えている方は、クロスバイクにも注目してみてください。ママチャリと比較して、枚数の多いギアや径の大きなタイヤを採用しているのがクロスバイクの特徴。平坦路がより高速で走れるほか、上り坂も楽に登れるなど走行性能の面で優れています。

スポーティーでスタイリッシュな外観を備えているのもクロスバイクの魅力。普段使いとはいえ、おしゃれに乗れる自転車を求める方は、チェックしてみてください。

できるだけ安く購入したい

競技への参加を前提としたパーツ選定がされていないこともあり、販売されている製品の価格帯が比較的手頃なのもクロスバイクの特徴です。軽さを追求するロードバイクや強靭なフレームとフルサスを搭載するマウンテンバイクのように、驚くほど高額なモデルはほとんど存在しません。

有名なブランドにこだわらなければ非常に安いモデルも販売されています。できるだけ安く購入したい方は、クロスバイクをぜひチェックしてみてください。

クロスバイクについて詳しく知りたい方はこちら

マウンテンバイクはこんな人におすすめ

山道や未舗装路を走ることが多い

By: trekbikes.com

マウンテンバイクがもっとも真価を発揮するのは未舗装路の走行シーンです。クロスバイクと比較してより太いブロックパターンのタイヤを装着しているため、砂利道やぬかるんだ道でも路面をしっかりグリップし前進することが可能。多段変速ギアを搭載しているので、刻一刻と変化する地形に応じて適切なギアが選択できます。

山道や未舗装路を走る機会の多い方におすすめの自転車です。また、クロスバイクよりトップチューブの傾斜が大きく足つき性がよいので、走行中急に大きな岩や窪みに遭遇しても停止できます。

オフロードサイクリングを楽しみたい

マインテンバイクは、オフロードサイクリングを気軽に楽しみたい方にもおすすめです。多くのモデルがフロントにサスペンションフォークを採用しているため、凸凹道が長く続くようなシチュエーションでも体の負担を最小限に抑えて走ることが可能。また、クロスバイクより太いタイヤを装着しているので、乗り心地がよいのはもちろん、容易にパンクする心配もありません。

なかには、折りたたみ機構を備えた製品も販売されています。車への積み込みが容易でキャンプなどに持って行きやすいため、テントサイト周辺のオフロードを自転車で散策するといった使い方が可能です。

ヒルクライムなどの競技に参加したい

ヒルクライム競技は何もロードバイクだけのものではありません。上り坂のオフロードコースで戦う、マウンテンバイク向けのヒルクライムレースなども開催されています。ブロックタイヤに多段変速ギアを備えたマウンテンバイクにピッタリです。

ヒルクライム競技に参加するのであれば、リアにサスペンションを搭載していないハードテイルモデルがおすすめ。フルサス仕様と比較して軽量なほか、ペダリングロスが発生しないため効率的に登坂することが可能です。

マウンテンバイクについて詳しく知りたい方はこちら

クロスバイクのおすすめモデル

ビアンキ(Bianchi) C-SPORT1 YRB53C

By: bianchi.com

比較的リーズナブルな価格帯ながら、クロスバイクに求められる機能をしっかり搭載した人気のシリーズ。イタリアブランドらしいおしゃれなフォルムは、スポーツシーンはもちろんカジュアルな街乗りにもマッチします。

変速機などのコンポーネントは、SHIMANOの製品を採用。フロント3段、リア8段変速で低速での走行にも向いているため、通勤・通学での使いやすさも魅力です。

また、38Cの太めのタイヤを採用しているのもポイント。安定性の高い走りを求める方にもピッタリです。ブレーキなどのワイヤー類は、フレーム内装タイプ。見た目がすっきりするほか、ワイヤー類の汚れを防ぐ効果が期待できます。

カラーは、ビアンキのブランドカラーであるチェレステをはじめ、シックなブラックや爽やかなホワイトをラインナップ。クロスバイク初心者の方にもおすすめのモデルです。

ジオス(GIOS) 23 MISTRAL

ホイール・変速機・ブレーキなどのコンポーネントを、SHIMANOの製品でまとめたクロスバイク。安定した操作性が期待でき、クロスバイクにこれから挑戦したい方にもおすすめの製品です。

軽量なアルミフレームを採用しているのもポイント。取り回しがしやすく、日常使いにぴったりです。軽量で車に積みやすいため、遠方でサイクリングを楽しみたい方にも向いています。

ギアは、フロント3段、リア8段の24段変速。坂道や混雑した駅周辺など、さまざまなシチュエーションに対応可能です。カラーは4色をラインナップ。普段使いに重宝するほか、スポーツバイクの軽快な走りも楽しめるモデルです。

トレック(TREK) FX 3 Disc

気軽に乗れるクロスバイクの特徴を生かしながら、より快適でスポーティな走りを実現したモデル。カーボン製のフロントフォークを採用し、軽量化や乗り心地のよさを追求しています。

また、油圧式ディスクブレーキを搭載。一般的なバイクや車などのブレーキとほぼ同じ構造で、雨などの路面状況が悪い際にも高い制動力を期待できるのが魅力です。信号でのストップが多い街乗りにも向いています。

さらに、1段のみのシンプルなフロントギアと、10段のリアギアを搭載。初心者にも分かりやすく、直感的な操作が可能です。Mサイズで総重量11.38 kgの軽さを実現。通勤・通学はもちろん、スポーツとしてのサイクリングも楽しめるおすすめの製品です。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

台湾発祥のメーカー「ジャイアント」の人気クロスバイク。同メーカーは材料から一貫生産できる自社工場を保有しており、高機能なモデルでもコスパに優れているのが特徴です。

本製品は、独自開発したやや幅広の30Cサイズのタイヤを採用し、快適性と安定性を追求。手のひらに優しくフィットするエルゴグリップやクッション性の高いサドルを使用し、長時間ライディングでの心地よさにつなげています。

SHIMANOのコンポーネントを採用した、フロント3段、リア8段の24段変速。フロントフォークの素材はクロモリで、細身でスタイリッシュなシルエットが魅力です。

カラーはキャンディレッド・ティール・ブラックトーン・ホワイト・ブルートーンの5色をラインナップ。好みの色でサイクリングを楽しんでみてください。

キャノンデール(CANNONDALE) QUICK 5

車体に反射ペイントを施し、夜間の視認性を考慮したクロスバイク。荷物を乗せるためのラックや、泥除けのフェンダーも取りつけ可能なため、普段使いにもおすすめの製品です。

さらに、SAVEマイクロサスペンションを搭載。地面からの衝撃を緩和し、より快適な走りを可能にします。SHIMANOのコンポーネントはフロント2段、リア7段の14段変速。プロマックスのメカニカルディスクブレーキを採用し、悪天候下でも高い制動力が期待できます。

35Cサイズのやや太めなタイヤで、安定性にも優れたモデルです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) SETTER9.0 DISC

By: louisgarneausports.com

街乗りだけでなく、スポーツとしてのクロスバイクも楽しみたい方にピッタリのモデルです。軽量アルミフレームを採用し、フレームサイズ420mmで11.7kgの軽さを実現。取り回しがしやすく、車載して遠方へサイクリングに出かけるのにも向いています。

日常使いのしやすさも考慮し、スタンドや泥除けが後づけ可能なフレームを採用。24段階変速と油圧ディスクブレーキで、坂道や信号待ちの多い街乗りでもスムーズに走行できます。

カラーは4色展開。フレームサイズは、370・420・470・520mmの4種類をラインナップし、150〜195cmの身長に対応。幅広い年代の方におすすめの製品です。

マウンテンバイクのおすすめモデル

トレック(TREK) X-Caliber 8

山道や林道などの未舗装路を、スピーディに長く楽しみたい方にピッタリのマウンテンバイクです。軽量なアルミフレームにSHIMANOのコンポーネントを搭載。シンプルなリアのみ変速式の12段変速で、初心者もスムーズに操作しやすいのが魅力です。

油圧ディスクを使用しており、悪天候下での制動力に優れているのもポイント。信号待ちの多い街乗りはもちろん、オフロードでの操作性の高さにもつながります。マウンテンバイク初心者からクロスカントリーのレーサーまで、幅広い方におすすめのモデルです。

スコット(SCOTT) ASPECT 770

大自然をゆっくり楽しみたい方におすすめのマウンテンバイク。ボリュームのあるブロックタイヤを採用し、砂利や泥道といったオフロードでの高い走破性が期待できます。

ディスクブレーキを使用しているのもポイント。悪天候下でも制動力を発揮し、安定した走りにつなげます。平日は通勤や通学、休日は林道をアクティブに走るのにおすすめです。

コナ(KONA) CINDER CONE

By: konaworld.jp

街乗りからトレイルまで幅広く楽しめる、バランスのよさが魅力のマウンテンバイクです。27.5インチホイールを採用しており、取り回しのしやすさもポイント。オフロード以外のツーリングにもピッタリです。

TEKTROの油圧ディスクブレーキを搭載。林道を楽しく乗りこなしたい方にも向いています。メインのコンポーネントはSHIMANOの製品。リアのみの11段変速で、初心者にも扱いやすいおすすめのマウンテンバイクです。

ジーティー(GT) AGGRESSOR SPORT

オフロードに負けない頑丈さを求める方におすすめのマウンテンバイク。6061-T1アルミフレームを採用したタフな構造と快適な乗り心地で、オフロードから街乗りまで幅広く楽しめます。

また、シートステーとシートチューブの溶接をしていないのもポイント。しなりの高さを生み出し、リアタイヤのトラクションのよさにつなげます。

トップチューブをしなやかにカーブさせているため、足つきがよいのも魅力。前後ディスクブレーキを採用し、悪路での制動力の高さや低速の快適なコントロールを可能にします。さまざまなシーンで楽しめるおすすめの製品です。

メリダ(MERIDA) BIG.NINE 100-3x

SHIMANOのフロント3段、リア9段の27段変速ギアが魅力のマウンテンバイク。さまざまな路面にフレキシブルに対応でき、坂道走行が多い街乗りにもおすすめの製品です。

さらに、MERIDA独自製法のTFSアルミニウムフレームを採用。軽量かつ衝撃に強いフレームを求める方に向いています。油圧ディスクブレーキを使用しているのもポイント。コンディションの悪い路面でも、しっかりした制動力を発揮します。

ワイヤー類をフレームに内装しているのも特徴。スッキリとしたデザインで、ワイヤー類の泥汚れを防ぎたい方にもピッタリのモデルです。