健康意識の高まりによって注目が集まっている自転車。普段使い用のシティサイクルでも走ることはできますが、本格的に乗り回すのならばスピードが速く、デザイン性に優れたスポーツ用自転車がおすすめ。しかし、ひとくちにスポーツ用自転車といってもさまざまな種類があるため、何を買えばよいのか迷ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、スポーツサイクルのなかでも人気の「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の特徴や違いについて紹介します。各自転車のおすすめ製品もピックアップしているので、購入を考えている方はあわせてチェックしてみてください。

クロスバイクとマウンテンバイクの違い

By: trekbikes.com

クロスバイクとマウンテンバイクはどちらもスポーティーなデザインのため、初心者の方は一見しただけだと、ほとんど見分けがつきません。しかし、よく比べてみるとタイヤはもちろん、各部品や形状に至るまで、さまざまな違いがあることに気づきます。

購入する自転車をフィーリングで決めるのは間違いではありませんが、クロスバイクとマウンテンバイクの違いを知っておくことで、今後の自転車ライフがより快適になります。どちらの自転車が自分に合っているのかチェックしてみてください。それでは、各自転車の違いについて比較してみましょう。

クロスバイクの特徴

By: trekbikes.com

クロスバイクとは、自転車レースでも使われている速度重視の「ロードバイク」と、悪路の走行に強い「マウンテンバイク」の中間に位置する自転車。「ハイブリッドバイク」とも呼ばれます。

マウンテンバイクとの最も大きな違いは”タイヤの幅”。一般的なクロスバイクのタイヤはやや細めのデザインを採用しており、スピードが出る一方で、段差は苦手です。どちらかというと、平坦な道に強い自転車と言えるでしょう。

クロスバイクがおすすめの方

普段使いしたい方

By: trekbikes.com

通勤や通学、街乗り、買い物など普段使いできるスポーツ自転車を探している方にはクロスバイクがおすすめです。舗装されている道路ならば、マウンテンバイクよりも速く走れるのが魅力。

ただし、クロスバイクに限らず、スポーツ自転車は泥除けが付いていないことがほとんどなので、雨の日なども乗りたいという場合は別途装着する必要があります。

気軽にサイクリングを楽しみたい方

By: trekbikes.com

クロスバイクは、のんびりとサイクリングしたい方におすすめ。舗装されている道路はもちろん、ちょっとした砂利道ならば特に問題なく走行できます。目的地を決めずに、街中から田舎道まで自由気ままに走りたい場合は、マウンテンバイクの性質を持ちながらスピードも出すことができるクロスバイクが便利です。

安価なスポーツ自転車を探している方

By: trekbikes.com

しっかりとしたマウンテンバイクを探しているのならば少なくとも10万円程度の予算が必要ですが、クロスバイクは5万円程度からエントリーモデルがリリースされています。スポーツ自転車の使用感を確かめてみたい方や、なるべく金額を抑えたいという方はクロスバイクがおすすめです。

クロスバイクについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

マウンテンバイクの特徴

By: trekbikes.com

マウンテンバイクとは、荒野や山岳地帯などの未舗装のルートを走行するための自転車です。フレームが頑丈に作られているため、耐久性が良好。荒れ地でもスムーズに漕げるように、衝撃を吸収するサスペンションなどが装備されているなど、耐衝撃性が高いのも大きな特徴といえます。

また、クロスバイクと比べてタイヤが太いのもポイントです。たくさんの空気が入るので、乗り心地に優れているのが特徴。さらに路面抵抗が大きいので、スピードを出していてもすぐに止まることが可能です。

ただし、マウンテンバイクを購入する場合は「ルック車」に注意しましょう。ルック車とは、見た目だけを模して、性能的には一般的なママチャリと変わらない自転車のこと。フレームに「この自転車は一般道路専用です」などと書いてある場合は要注意。3万円以下の低価格モデルはほぼルック車のため、オフロードを走りたい方は気を付けてください。

マウンテンバイクがおすすめの方

普段使いしたい方

By: chronicles.cannondale.com

クロスバイクと同様に、マウンテンバイクも通勤や通学、街乗り用の自転車として使えます。地面に凹凸があっても大丈夫。また、縁石などの段差も容易に乗り越えられます。どんな道でも快適に走れるのはマウンテンバイクならではの強みといえるでしょう。

オフロードサイクリングを楽しみたい方

By: trekbikes.com

山道や林道といった未舗装のトレイルを走りたい方は、マウンテンバイクがおすすめ。草木が生い茂る自然の中を自転車で走っていると運動になるのはもちろん、気分もリフレッシュ可能です。トレッキングとはまた違った爽快感があります。

レースに参加したい方

By: trekbikes.com

マウンテンバイクは、自転車を本格的なスポーツとして楽しみたい方にもおすすめです。地域やクラブが主催しているような小規模なレースもあれば、全国クラスの大規模レースも行われています。大会は、コースでの安全が確保されているのが魅力。最近は初心者の方も多いので、気軽にエントリーしてみましょう。

マウンテンバイクについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

クロスバイクのおすすめモデル

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

リーズナブルでありながら、高品質な自転車をリリースしているジャイアント。「ESCAPE R3」は同社を代表するロングセラーのクロスバイクです。フレームには軽量のアルミニウムを採用。フロントフォークには振動吸収性に優れたクロモリを使用しており、ロングライドでも疲れにくいように工夫されています。

ギアは、坂道もラクに登れるワイドレンジ24段変速。チェーンガードが付いているので、裾も汚れません。自転車通勤からサイクリングまで、さまざまなシーンに対応可能。初めてのスポーツバイクとしておすすめです。

コルナゴ(COLNAGO) EPOCA

イタリアに本社を置く、老舗自転車ブランドのコルナゴ。「EPOCA」はクロモリのような細身の美しいシルエットでありながら、アルミフレームを採用しているのが特徴です。車体全体が軽く、少ない力で快適に漕げます。

また、前輪~後輪間の距離を伸ばすことで、安定性を向上させているのもポイント。カゴや泥除けを装着するためのダボ穴も設けられており、シティサイクルのような感覚で乗り回せます。サイクリング用としてはもちろん、シティユースとしてもおすすめの自転車です。

ビアンキ(Bianchi) CAMALEONTE1

数ある自転車メーカーのなかで、最も古い歴史を持つビアンキ。クロスバイクの「カメレオンテ1」は同社のロングセラーモデルで、曲線的なフレームデザインが特徴です。体を起こしたアップライトポジションで漕げるため、腰や背中への負担を抑えられます。ゆったりと街乗りを楽しみたい方にピッタリです。

カメレオンテ1の2018年モデルは、一般的なクロスバイクと比べてタイヤ幅がやや太めになっているのもポイント。どちらかというとマウンテンバイクに近く、安定感に優れています。乗り心地を重視している方におすすめのクロスバイクです。

ジオス(GIOS) MISTRAL

1948年にイタリアのトリノで創業したジオス。地中海のような鮮やかなブルーカラーで知られるサイクルブランドです。クロスバイクの「ミストラル」はコスパに優れたモデル。安価ながら、ギア・ブレーキ・ホイールなどに、信頼性の高いシマノ製のパーツを採用しているのが魅力です。

フレームには、アルミニウムを採用することで軽量化を実現しています。フロント3段×リア8段のギアによって、平地はもちろん、アップダウンにも対応可能。気軽にスポーツバイクの爽快感を体験したい方におすすめのモデルです。

フジ(FUJI) PALETTE

1899年に日本で誕生したフジ。海外資本になった現在、競技用自転車のブランドとして世界的な人気を博しています。「パレット」は、同ブランドを代表するクロスバイクシリーズ。スタイリッシュな細身のフレームと、遊び心が感じられる豊富なカラーリングが特徴です。

メインフレームには、軽くて耐久性に優れた「A2-SLアルミニウム」を採用しています。信頼性の高いシマノ製パーツで統一しているのもポイント。オシャレな街乗り用クロスバイクを探している方におすすめです。

マウンテンバイクのおすすめモデル

キャノンデール(CANNONDALE) CUJO 2

1971年にアメリカで誕生したキャノンデール。「クジョー2」は、メインフレームに軽量アルミニウムを採用したマウンテンバイクです。タイヤ規格に27.5プラスを導入しているのが特徴。分厚いタイヤの外周は29インチタイヤ相当であり、ちょっとした段差ならば簡単に乗り越えることができます。

前輪にサスペンションを配置したハードテイルモデル。フロントギアはチェーンが外れにくいシングルタイプを採用しています。トラブルに強く、乗り心地も良好。入門用のマウンテンバイクとしておすすめです。

トレック(TREK) MARLIN 6

フィットネス用からレース用まで、幅広いラインナップを取り揃えているサイクルブランド「トレック」。「MARLIN 6」は、エントリーモデルのマウンテンバイクです。前輪には、衝撃を和らげてくれるサスペンション機能を搭載。舗装路ではサスペンションにロックをかけることによって、スピードを上げることができます。

フレームサイズ15.5には27.5インチのタイヤ、それ以上のモデルには29インチの大型タイヤが採用されているのが特徴。街中のちょっとした段差はもちろん、砂利道や砂道も安定して走ることができるおすすめのマウンテンバイクです。

メリダ(MERIDA) BIG.NINE 20-MD

1972年に台湾で生まれたサイクルブランド「メリダ」。制動性の高いメカニカルディスクブレーキを採用したビッグナインシリーズのエントリーモデルです。29インチの大口径ホイールによって、オフロードでも安定した走行ができます。

メインフレームには、軽量のアルミ素材を採用。前輪にはロック可能なサスペンションを搭載しているので、舗装路でもスピードを出すことが可能です。コスパのよいマウンテンバイクを探している方におすすめです。

ビアンキ(Bianchi) KUMA 27.2

ロードバイクやクロスバイクで有名なビアンキですが、マウンテンバイクも充実しています。「KUMA 27.2」は、オフロードサイクリング楽しめるエントリーモデル。前輪のサスペンションと太めのタイヤによって、未舗装の道でも安定して走行できます。

ブレーキには、シマノの油圧式ディスクブレーキを搭載。ちょっとした力加減で強い制動力を得られます。悪天候の日でもしっかりとブレーキを掛けられるので安心。シティユースにもおすすめのマウンテンバイクです。

コナ(KONA) HONZO AL

アメリカのワシントン州に本社を置くマウンテンバイクブランド「コナ」。「HONZO AL」は、前輪にサスペンションを設けたハードテイルモデルです。29インチの大型タイヤを採用しているのが特徴で、荒れた道でもスムーズに漕げます。

また、衝撃吸収性が高いアルミワイドハンドルを搭載。フロントギアは、チェーントラブルが起きにくいシングルタイプを採用しています。オフロードをメインに走りたい方におすすめのマウンテンバイクです。