クロスバイクとロードバイクは、スタイリッシュな外観と優れた走行性能で人気のスポーツ自転車です。一見すると似ているため、どちらを購入したらよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クロスバイクとロードバイクの違いや、それぞれに適した用途などについて解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

クロスバイクとロードバイクの違い

ハンドルの形状

By: amazon.co.jp

クロスバイクはフラットバータイプのハンドルを採用しています。適度な前傾姿勢がとれるのが特徴。気軽にスポーツ走行を楽しみたい方におすすめの形状です。また、ハンドル幅が広めなので、比較的安定して走行できます。

一方のロードバイクはドロップハンドルを採用。前傾姿勢がとりやすく空気抵抗が小さくなるため、高速走行に適しています。握る場所によって姿勢を変えられるのも特徴です。

タイヤ幅(太さ)

By: amazon.co.jp

クロスバイクの多くは28C以上の太めのタイヤを装着しています。グリップ力が高く安定性に優れているため、多少の段差なら乗り越えることが可能。ただし、タイヤが太いほど路面抵抗が大きくなるので、スピードは出しにくいのが特徴です。

一方、ロードバイクは25C前後の細いタイヤを装着しています。抵抗が小さいため高速走行が可能です。ただし、路面からの衝撃が伝わりやすい点と、ちょっとした段差にも引っかかりやすい点には留意しておきましょう。

クロスバイクの特徴

By: bianchi.com

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間的な特徴を持つ自転車です。フラットなハンドルと太いタイヤを装備しているのが特徴。舗装路であれば比較的速いペースで走行できます。また、多少荒れた未舗装路でも走れるなど、対応するフィールドの広さが魅力です。

LEDライトや泥除けを標準装備しているモデルなら、届いた日から通勤・通学用としても活躍します。ロードバイクと比べて、安い価格帯のモデルが多く販売されているのもクロスバイクの特徴。気軽にスポーツバイクを楽しみたい方をはじめ、ママチャリではデザインや性能面で満足できない方におすすめの自転車です。

ロードバイクの特徴

By: amazon.co.jp

ロードバイクは舗装路を、快適かつ速く走るための自転車です。ドロップハンドルを含め、前傾姿勢の取りやすいジオメトリ(フレーム各部の寸法や角度)を採用しているのが特徴。軽量ボディや細身のタイヤと相まって、高速走行を可能にしています。

ただし、カジュアルな服装で乗りづらかったり、カゴやキャリアが取り付けにくかったりするため、普段使いには向きません。どちらかというと、競技や長距離ライドなど、本格的に走りたい方におすすめの自転車です。

クロスバイクとロードバイクそれぞれに適した用途

クロスバイクがおすすめの人

普段使いのママチャリからステップアップしたい

By: louisgarneausports.com

クロスバイクはママチャリからステップアップしたい、と考えている方におすすめの自転車です。比較的スピードが速いので、行動範囲が大きく広がります。気になっていた隣町のショップなど、今まで行かなかった場所まで足を伸ばすことが可能です。

さらに、スポーティでスタイリッシュな外観もクロスバイクの魅力。街中をおしゃれな自転車で走りたい方にピッタリです。

舗装路だけでなく未舗装路も走りたい

By: bianchi.com

クロスバイクは舗装路だけでなく、たまには未舗装路も走ってみたいと考えている方におすすめの自転車です。幅広のタイヤを装着しており、路面が多少荒れていても走れるので安心。近距離のサイクリングでも、いつもと少し違う景色を楽しめます。

そのほか、事前にルートを決めず気分に任せて走りたい方にもピッタリです。走行中、突然未舗装の道に出くわしても慌てる心配はありません。少しだけ冒険ができるのもクロスバイクの魅力のひとつです。

短~中距離の通勤・通学で使いたい

By: bscycle.co.jp

街中を軽快に走れるクロスバイクは、短〜中距離の通勤や通学といった用途にも向いています。渋滞を気にせず快適に移動ができるため、朝の忙しい時間でも余裕を持って動けるのが魅力。基本的に多段の変速ギアを搭載しているので、上り坂があるルートも軽いベダリングで走り抜けられます。

また、LEDライトや泥除けが標準装備されていれば、帰宅が夜になったり雨が降ったりしても安心です。オプションで専用のスタンドやカゴを準備しているモデルなどもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ロードバイクがおすすめの人

長距離のツーリングを楽しみたい

By: bianchi.com

ロードバイクは長距離ツーリングを楽しみたい方にピッタリです。高速走行を得意とするため、1日で長い距離を移動することが可能。限られたスケジュールのなかで、多くの場所を訪れられます。

ただし、装着している細いタイヤは抵抗が少なくスピードが出しやすい反面、パンクしやすいといったデメリットもあるため注意が必要。長距離ライドに出かける際は、パンク修理キットも忘れず携帯しましょう。

決まった舗装路だけをしっかり走りたい

By: bscycle.co.jp

決まった舗装路を、しっかりと走り込みたい方にもロードバイクが向いています。近くの公園や堤防沿いなど、お気に入りのサイクリングコースがある方におすすめ。高速で風を切りながら移り変わる風景が楽しめます。

よく知っているルートのため、気軽に走れるのも嬉しいポイントです。気分転換にもピッタリなので、ぜひ試してみてください。

競技レースに出たい・興味がある

By: nestobikes.com

ロードバイクは元々タイムを競うレースや長距離走行を目的に開発されました。ボディの軽量化をはじめドロップハンドルの採用など、安定した高速走行を実現させるためのさまざまな工夫が施されています。ロードレースやヒルクライムといった競技に、参加してみたい方や興味のある方におすすめの自転車です。

競技用の自転車を選ぶ際には、ロードバイクの種類も確認しておきましょう。スピード重視の「レーシング」や、ロングライド向けの「エンデュランス」など、種類によって自転車の特性は異なります。自分の出たい競技に合ったモデルを選択しましょう。

クロスバイクのおすすめモデル

ブリヂストン(BRIDGESTONE) クロスバイク TB1

パンクに強いタイヤで安心。普段使いにおすすめ

アルミ製のフレームを採用したクロスバイクです。泥除けやサイドスタンドを標準装備しているのが特徴。購入後すぐに街乗りで使用できます。通勤や通学といった毎日利用する用途におすすめのモデルです。

オートライト「点灯虫」を搭載しているのも本モデルの特徴。暗くなると自動で点灯するため点け忘れの心配がありません。ハブダイナモ式の発電機を採用しているので、電池交換は不要です。

パンクに強いタイヤを装着しているのもポイント。パンクプロテクターやチューブガード構造を採用しているため、毎日安心して乗ることが可能です。価格も手頃なので気になる方はチェックしてみてください。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) クロスバイク オルディナ F8B

優れた性質で、スポーティな走り心地

カーボンベルトドライブを採用したクロスバイクです。チェーンのように錆びたり外れたりしないと謳われているのが特徴。注油が不要なのでメンテナンスの手間が省けます。また、ズボンの裾が油で汚れる心配もありません。ワンランク上の使いやすさを求める方におすすめのモデルです。

内装8段ギアを搭載しているのも本モデルの特徴。停車中でも操作ができるなど、使い勝手のよい変速システムです。スポーティな走りが気軽に楽しめます。

ボルト式のシートクランプを採用しているのもポイント。サドルの盗難リスクが軽減できるので、長時間停めておく場合も安心です。フレームをはじめハンドル・シートポストなどにアルミ素材を採用しており、軽量に仕上げられています。

ジオス(GIOS) クロスバイク MISTRAL

おしゃれなデザインで、コスパ良好

シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴のクロスバイクです。アルミ製のフレームを採用しており、重さは10.8kgと非常に軽量。強度と振動吸収性に優れたクロモリ製のフォークを組み合わせています。手頃な価格で購入できる、取り回しのしやすいバイクが欲しい方におすすめのモデルです。

クロスバイクとしてはやや細身の700×28Cタイヤを装着。軽快に走れるうえ、平坦路なら高速走行が楽しめます。さらに、24段変速ギアを搭載しており、さまざまなシチュエーションに対応できるモデルです。

ビアンキ(Bianchi) クロスバイク C-SPORT 1

個性的でおしゃれなクロスバイク

イタリアの老舗自転車メーカー「ビアンキ」が販売するクロスバイクです。ブランドの代名詞ともいえる鮮やかなチェレステカラーが特徴。個性的でおしゃれなクロスバイクを求める方におすすめのモデルです。軽量なアルミフレームを採用しています。

700×38Cタイヤを装着しているのも本モデルの特徴。程よく太さがあるので、安定感のあるモデルを探している方におすすめです。街乗りをはじめ、気軽にスポーツライディングを楽しみたいといった方はチェックしてみてください。

オオトモ(OTOMO) クロスバイク LIG MOVE

気軽に購入できる価格が魅力のモデル

気軽に購入できる安い価格が魅力の製品。初めてのクロスバイクを検討している、初心者の方におすすめのモデルです。低価格ながらアルミ製のフレームを採用しており、12kgと軽量なため、楽に取り回すことが可能。また、700×28Cと細身のタイヤを装着しているので、走行抵抗の少ない軽快な走りが楽しめます。

シマノの7段変速ギアとサムシフターを搭載しているのもポイント。現在のギアポジションがひと目で分かるなど、変速機付き自転車に不慣れな方でも安心して操作できます。

さらに、カラーバリエーションが豊富なのも特徴。ブラック×ゴールド・ホワイト×ゴールドなど全5色をラインナップしています。好みに合わせたカラーを選びやすいのが魅力です。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) MULTIWAY27

耐パンクタイヤで、多少路面が荒れていても安心

クロスバイクのようなフォルムを採用したおすすめの自転車です。泥除けをはじめ、チェーンケース・フロントキャリア・リング錠を標準装備しているのが特徴。届いた日から、通勤・通学といった用途で活躍します。また、オプションで専用のバスケットや両立スタンドが準備されているのも嬉しいポイントです。

耐パンクタイヤを装着しているのも本モデルの特徴。異物を踏んでも容易に貫通しないので、多少路面が荒れているような場所でも安心です。シマノの7段変速ギアを搭載しており、街中を軽快に走り抜けられます。いきなり本格的なクロスバイクに乗るのは不安な方におすすめのモデルです。

クロスバイクの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら

ロードバイクのおすすめモデル

コーダーブルーム(KhodaaBloom) ロードバイク FARNA CLARIS

初めてでも楽しみやすい

日本のスポーツバイクブランド「コーダーブルーム」が販売する、日本人の体型に適したロードバイクです。カバー付きのギアクランクを採用するなど、カジュアルなファッションでも乗れるように設計されているのもポイント。初心者や気軽にスポーツバイクを楽しみたい方におすすめです。

溶接部分を手作業で研磨し厚みをコントロールすることで、軽さと強度を両立しているのも特徴。本体重量が9.5kgと軽量なため、軽快に走行できます。複数のパーツに「SHIMANO CLARIS」を採用しており、コストと性能のバランスに優れているのも魅力です。

ビアンキ(Bianchi) ロードバイク NIRONE 7

長距離にもぴったりな優れたバランス性

内装ケーブルを採用した、スタイリッシュなフレームのモデルです。チェレステカラーのペインティングが施されたおしゃれなデザインもポイント。エンデュランスジオメトリで設計されており、長距離ツーリングにおすすめのモデルです。安定感があり、オールマイティーに使えます。

ケブラー入りのカーボンフォークを搭載しているのが特徴。路面から伝わる振動を柔軟に吸収します。また、路面との高い接地感も魅力です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ロードバイク ANCHOR RL8D 105 MODEL

グラデーションの色使いがおしゃれ

カーボン製のフレームとフォークを組み合わせた、軽量なロードバイクです。ペダルを除く完成車重量が8.6kg(480mm)と非常に軽いのが特徴。コスパに優れた「SHIMANO 105」コンポーネントを採用しています。長距離サイクリングなどの用途におすすめのモデルです。

油圧ディスクブレーキを搭載しているのも本モデルの特徴。天候に左右されにくく、安定した制動力が得られます。初めて購入するカーボンロードにピッタリなので、一度チェックしてみてください。

グランディール(Grandir) ロードバイク Grandir Sensitive

安い価格が特徴の購入しやすい自転車です。ロードバイクを試してみたいと考えている、初心者の方におすすめのモデル。安価な製品ながらシマノの21段変速ギアを搭載しているため、長く続く下り坂から急な上り坂までさまざまな道が軽快に走れます。また、700×28Cタイヤを装着しているので、平坦路であれば高速走行が可能です。

フレームにはスチール素材を採用。本体重量は14.6kgと軽くはないので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。気軽にスポーティな走りを楽しみたい方にピッタリです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) アーバンバイク MULTIWAY 700

通勤・通学といった日常使いにも活用できるロードバイクを探している方におすすめのモデルです。ドロップハンドルを採用したスポーティな見た目ですが、アルミ製の泥除けや常時点灯式のLEDランプを標準装備しています。また、700×35Cサイズのタイヤを装着しているのも特徴。耐パンク機能を備えているので、未舗装の道も走れます。

さらに、オプション装備が充実しているのも本モデルの魅力。サイドスタンド・リアキャリア・チェーンガードなど、街中をより快適に走るためのアイテムが揃っています。「本格的なロードバイクに乗るのは怖い」という方にもおすすめです。

ロードバイクの選び方やおすすめモデルを知りたい方はこちら