高速で走行することを想定してデザインされている「ロードバイク」。前傾姿勢を取れるドロップハンドルや細いタイヤ、軽いフレーム素材を採用しているのが特徴です。

最近ではレース用以外にも、通勤やツーリングに使用する人が増えています。一方で、ロードバイクにはさまざまなモデルがあるため、初心者ほど選ぶのに苦労することも。そこで、この記事ではロードバイクの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

ロードバイクとは?

By: bianchi.com

ロードバイクは、もともと自転車レースのために作られた自転車。舗装路を高速で走ることを想定してデザインされているのが特徴です。なかには時速30km以上で走れるモデルも存在しています。

また、ロードバイクは、前傾姿勢になることで空気抵抗を減らせるよう、「ドロップハンドル」を採用しているのも特徴。ハンドルを握る位置によって姿勢を変えることが可能です。

なお、最近では競技用としてだけでなく、中~長距離のツーリング・通勤・通学など、さまざまなシーンで使用されています。

ロードバイクの魅力

By: amazon.co.jp

ロードバイクの魅力は、高速で走行できることにあります。一般的なシティサイクルのタイヤが35mm前後なのに対して、ロードバイクのタイヤは25mmが主流。タイヤが細いと地面との摩擦を抑えられ、軽い力で漕げるので、少ない力でスムーズに走行できるのが魅力です。

また、フレームにアルミやカーボンなど軽い素材を使用しているのも魅力のひとつ。軽量化することで、よりスピードを出すことが可能です。

ロードバイクの選び方

「適応身長」をチェック

By: e-otomo.co.jp

ロードバイクを選ぶ際は、自分の体にあったサイズのモデルを探しましょう。サイズが合わないロードバイクに乗ると、マシン本来の走行性能を発揮できないうえに、肩や腰などに負担がかかったり、転倒しやすくなったりもするため、注意が必要です。

ロードバイクのサイズを購入する際は、メーカーサイト・カタログ・販売サイトに掲載されている、適応身長を必ずチェックしておきましょう。

フレームの素材と特徴をチェック

アルミ

By: giant.co.jp

アルミは軽量かつコストが低いのが特徴の素材です。エントリーモデルからミドルエンドモデルまで、幅広く使用されています。クロモリやカーボンと比較すると、やや振動吸収性に劣りますが、通勤・通学などの短距離であれば快適に走行可能です。

また、錆びにくいのもアルミの特徴のひとつ。メンテナンスの手間も省くことが可能です。特に、これからロードバイクをはじめる方は、アルミ素材が使われているロードバイクをチェックしてみてください。

クロモリ

By: rakuten.co.jp

クロモリとは、クロムモリブデン鋼の略で、鉄に少量のクロムやモリブデンなどを混ぜた合金のことをいいます。ロードバイクにおいては伝統的な素材で、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広く採用されているのが特徴です。

アルミやカーボンと比べると、重たいのがデメリットですが、振動吸収性が高いのがメリット。ロングライドに向いています。また、割れやヒビが入ったときに溶接で修理できるのも特徴。長く乗り続けたい方にもおすすめです。

カーボン

By: gbn.co.jp

カーボンは、アルミやクロモリと比較するとコストがかかりますが、軽さ・衝撃吸収性・耐久性の全てを兼ね備えているのが特徴です。ミドルグレードからハイエンドモデルまで、高級ロードバイクに使われています。

予算に余裕があり、使い勝手を重視したいロードバイク中〜上級者の方におすすめの素材です。

コンポーネントをチェック

By: yamaha-motor.co.jp

コンポーネントとは、ロードバイクに使われている構成パーツを総称した呼び名です。具体的には、クランクなどの駆動系や、ブレーキなどの制動系を合わせたパーツ類のことを指します。

コンポーネントは、メーカーごとに、独自のグレードが定められているのが特徴です。同じフレームでもコンポーネントのグレードが違えば、性能も異なります。

なお、コンポーネントのシェアは「シマノ」「カンパニョーロ」「スラム」の3社によってほとんどが占められています。グレードは、105・ソラ・クラリス・デュラエース・ティアグラなどがあり、なかでもソラ・クラリス・ティアグラは価格が安いうえに走行性が高いので初心者におすすめです。

タイヤ・ホイールをチェック

By: cannondale.com

ロードバイクを購入する際は、タイヤ・ホイール幅もチェックしておきましょう。ロードバイクのホイール幅は、加速性を保ちつつ、耐パンク性能も兼ね備えている25mmが主流です。

ほかにも、未舗装路の走行も視野に入れた、28mm・32mmのモデルや、40mmなど少し太めのタイヤを装着したモデルも存在しています。

予算に合ったモデルを選ぼう

By: rakuten.co.jp

ロードバイクを選ぶ際は、予算に合ったモデルを選ぶのもポイントです。なかには10万円以下で購入できるモデルもあり、高価なモデルに比べると走行性能は劣りますが、日常的な移動手段や5km以下の通勤・通学用におすすめです。

また、10〜20万円の予算がある場合には、走行性能が高い有名メーカーのエントリーモデルの購入が検討できます。5km以上の通勤・通学や移動手段として使用できるうえに、ロードバイクに必要な体の使い方を身に付けることも可能なので、初心者にぴったりです。

なお、本格的なロングライドやレースの出場を考えている場合には、より走行性能に優れた20万円以上のロードバイクをチェックしましょう。

ロードバイクのおすすめメーカー

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

「ジャイアント」は、1972年に台湾で設立された自転車ブランドです。プロのロードレースにも用いられており、世界的に有名なブランドのひとつ。買い求めやすい価格設定がされているうえに、ワンランク上のロードバイクを発売しているのが特徴です。

プロユースから街乗りまで、幅広いシーンで使用できるロードバイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ビアンキ(Bianchi)

By: bianchi.com

「ビアンキ」は、130年以上の歴史をもつイタリアの自転車メーカーです。現存する自転車ブランドで最も歴史が古いとされ、ロードバイクの世界では名門ブランドのひとつ。また、ビアンキのロードバイクは、イタリア語で青空を意味するチェレステカラーが使用されているのも特徴です。

ミラノの職人が空の色を見てカラーを調合するといわれており、毎年微妙に色合いが異なります。性能はもちろん、デザインも重視したい方は、ビアンキのロードバイクがおすすめです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

By: bscycle.co.jp

ブリヂストンは、埼玉県上尾市に本社をおく自転車の製造・販売を行う会社。ブリヂストンのロードバイクは、価格が数万円のモデルから、70万円を超えるハイグレードのモデルまで幅広く展開されているのが特徴です。

本格派モデルから街乗りモデルまでラインナップが幅広い「アンカー」シリーズをはじめ、目的に応じたモデルを見つけられます。

ジオス(GIOS)

By: rakuten.co.jp

イタリアのトリノを拠点とする伝統ある自転車ブランド「ジオス」。創業は1948年と歴史があり、イタリア国内に「ジオスブルー」というカラーが存在するほど、鮮やかなブルーカラーで知られています。

製品のクオリティに強いこだわりを持っており、徹底的にこだわった精度の高いフレームもジオスの特徴。ロードバイクの品質の高さを重要視したい方におすすめです。

ロードバイクのおすすめモデル|10万円以下

ブリヂストン(BRIDGESTONE) アンカー RL3DROP CLARIS MODEL

By: bscycle.co.jp

コストパフォーマンスが高く初心者にもおすすめ

ツーリングから通勤・通学まで、シーンを問わず使用できる「ブリヂストン」のロードバイクです。タイヤ幅は25mm、ホイールの外径は700mm。コンポーネントは走行性が高いシマノのクラリスを採用しており、初心者に向いているモデルです。

また、フォーク部分にはすべてカーボンを採用しています。ブリヂストンの上位モデルと同じフレーム素材を使用しているのもおすすめポイント。低価格ながら本格的なロングライドにも対応しているため、コストパフォーマンスが高いのも人気の理由です。カラーはストーングレーやフォレストカーキなど、4種類から選べます。

ジオス(GIOS) VINTAGE

デザイン性に優れたクラシックな見た目が魅力

デザイン性に優れたロードバイクを探している方におすすめのモデルです。トップチューブが水平な「ホリゾンタルデザイン」を採用しており、クラシックな見た目が特徴。フレームには伝統的なクロモリ素材が使用されています。

また、タイヤ幅は主流の25mm。ホイールの外径は700mmです。さらに、ブレーキには安価な「テクトロ」を採用しており、コストダウンを図っているのも魅力のひとつ。コストパフォーマンスにも優れています。価格を抑えつつ、有名メーカーのロードバイクを購入したい方にぴったりです。

なお、サイズは4種類がラインナップされています。カラーはジオスブルー・ホワイト・イタリアンの3色展開です。

パンサー(PANTHER) ロードバイク ZEUS

本格的なレースからロングライド・通勤・通学にも

スポーツ自転車専門メーカー「パンサー」のロードバイクです。軽量な6061アルミフレームを採用しており、トライアングル形状によって、剛性・加速性を高めているのが特徴。ライダーのパワーをそのまま推進力に変えることが可能です。

また、人間工学によってデザインされたサドルは長距離のツーリングでも疲れを感じにくいのもおすすめポイント。コンポーネントにはシマノのモデルを採用しています。本格的なレースからロングライド・通勤・通学まで、さまざまなシーンで使用可能です。

さらに、タイヤにはアクセントカラーのラインが入っており、見た目にこだわりたい方にもおすすめのモデルです。なお、サイズはM・L・XLの3種類が用意されており、カラーも数種類から選べます。

ミヤタサイクル Freedom Plus

快適な乗り心地を実現するクロモリフレーム採用

神奈川県に本店を置き、自転車販売事業を展開するミヤタサイクルのロードバイクです。振動吸収性が高く、乗り心地がよいクロモリをフレーム素材に採用しています。

また、タイヤ幅が45mmと比較的太いのも特徴です。荒れた路面でもチェーン落ちを防げるナローワイドチェーンリングを採用しているため、オフロードでも走行可能。さまざまなシーンで使用できます。

さらに、メカニカルディスクブレーキとセンターロック式ディスクローターを採用しているのもおすすめポイント。雨の日でも優れた制動力を発揮します。なお、サイズは2種類用意されており、適応身長は155cm〜です。カラーはクリアブラック・カーキから選べます。

カノーバー(CANOVER) CAR-015-CC UARNOS

優れた操作性で初めての方も扱いやすい

初心者におすすめの「カノーバー」のロードバイクです。フレームの素材には軽くて錆びにくいアルミを使用。ハンドルには、操作性やポジションの変更が簡単に行えるオールラウンドタイプを採用しており、コントロールとブレーキングのしやすさが魅力です。

また、シマノの変速機シフターを搭載しているので、指一本で瞬時に変速できるのもおすすめポイント。21段変速のため、さまざまなシーンで最適なギア比を選択できます。ロングツーリングはもちろん、街乗り・通勤・通学にもぴったりです。

さらに、ライディングポジションを簡単に調節できるよう、サドルシートはボルト一本で前後を調節できる仕様になっています。なお、適応身長は160cm以上。カラーは、マットブラック・ホワイトの2色から選択可能です。

トレック(TREK) Domane AL 2

軽量モデルで安定した漕ぎ心地を実現

最先端を行くカーボン成型技術で超軽量モデルを展開する「トレック」のロードバイク。当モデルは、トレックのなかでも低価格かつ安定性に優れているのが特徴です。コストパフォーマンスに優れているため、これからロードバイクをはじめる方にぴったり。フレームの素材には軽量で錆びにくいアルミを使用しています。

また、フェンダー用マウントとカーボンフォークを搭載しているのもおすすめポイント。カーボンフォークは、ドロップアウトへ向かって曲がっている設計なので、路面の振動を吸収し、腕の疲れを軽減します。なお、サイズは6種類がラインナップされており、カラーは2種類から選択可能です。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) MULTIWAY700

カナダに拠点を置くスポーツ用品メーカー「ルイガノ」のロードバイクです。ダートを走行することを想定して設計されるグラベルバイクの走破性を持っており、長距離のツーリングや通勤・通学など、幅広いシーンで使用できます。

また、コンポーネントは、スムースで確実に変速できるシマノの「ソラ」を採用。ロードバイク初心者に適しています。さらに、ディスクブレーキを採用しているので、雨天時や荒れた路面でもスピードをコントロールしやすいのもおすすめポイントです。

そのほか、耐パンク機能が付いているスモールブロックタイヤを採用しているのも魅力のひとつ。アスファルトから未舗装路まで幅広いシーンに対応します。なお、サイズは3種類用意されており、適応身長は165〜185cmです。

ロードバイクのおすすめモデル|10万~20万円

ジャイアント(GIANT) CONTEND 1

エントリーオールラウンドロード「コンテンド」シリーズのモデルです。一般的に、ロードバイクは前傾姿勢で乗るのが主流ですが、当モデルは上体を起こしたアップライトな姿勢で漕げるのが特徴。加速性と安定性に優れているので、これからロードバイクをはじめる方におすすめのモデルです。

フレームの素材には、軽量で錆びにくいアルミを採用しています。また、ケーブルを内装化しており、28mm幅までのタイヤに対応可能。快適性と安定性に優れた、エルゴノミック形状のサドルを採用しているのもおすすめポイントです。

さらに、コンポーネントには、上位モデルの操作性とスペックながらもリーズナブルな「ソラ」を採用しています。なお、サイズはXS・S・M・MLの4種類が用意されており、適応身長は155〜190cmです。

SAVANE Carbon ROAD 700C

軽量かつ高強度なカーボン仕様の製品を展開する「SAVANE」のロードバイク。ヨーロッパのEN規格に合格しており、安全性が高いのが特徴です。

フレーム・フォーク・シートポスト、全てにカーボンを使用しており、軽さ・衝撃吸収性・耐久性があります。低価格を実現しているので、コストパフォーマンスに優れたモデルを探している方にぴったりです。

重量は約9.7kgと軽量で、コンポーネントにはシマノの「ソラ」を採用。ロードバイク初心者でも楽に扱えます。また、ケーブル類がフレーム内部に収納されているので、見た目がスタイリッシュなのもおすすめのポイントです。

キャノンデール(cannondale) Topstone 4

アルミフレームの性能が非常に高く、耐久性に優れたモデルを世に送り出す「キャノンデール」のロードバイク。「SmartForm C2アルミフレーム」を採用しており、軽量かつ、優れた剛性・敏捷性を兼ね備えているのが特徴です。

また、テーパードステアラーと12mmスルーアクスルを備えたフルカーボンフォークによって、快適で正確なステアリングを実現できるのもおすすめポイント。ハンドルの位置をライダーに近づけているため、より俊敏なハンドリングも可能にしています。

さらに、直進安定性と悪路での安定性を高めるため、フロントホイール位置をより遠くへ伸ばしているのも魅力のひとつ。ホイールの外径は、700mmと一般的なサイズです。サイズは4種類用意されており、身長152〜193cmまで対応しています。

ロードバイクのおすすめモデル|20万~30万円

ジャイアント(GIANT) TCR ADVANCED 1 SE

フレーム剛性を維持しつつ、チューブ形状を極限まで削ぎ落とし、軽量化と快適性を両立させたロードバイクです。フレームにはカーボン素材を使用。安全性とデザイン性を高めるリフレクティブデカルを採用しています。

また、優れた振動吸収性と、エアロ性能を併せ持つ形状のシートピラーを採用しているのもおすすめポイントです。フォーク部分には、独自規格のオーバードライブフォークを採用しており、ステアリング性能を向上させています。

さらに、軽量かつ高い走行効率と耐パンク性に優れるチューブレスレディタイヤを採用しているのも人気の理由。なお、サイズはXS・S・M・MLの4種類がラインナップされています。

ビアンキ(Bianchi) Oltre XR4

ビアンキが開発した、画期的な振動除去機能を持つ「カウンターヴェイル」を採用したロードバイクです。高い剛性・コントロール性・エアロダイナミクス性に優れたフレームの採用により、アグレッシブなエアロポジションを保ちやすいのが特徴。加速性能に優れたモデルです。

また、コンポーネントには、シマノが誇る最高峰モデル「デュラエース」を採用。優れた変速性能や操作性があるうえに、軽量で剛性に優れているのが魅力です。フレームにはカーボンを使用しており、サイズは7種類ラインナップされています。

ヤマハ(YAMAHA) YPJ-R

当モデルは、電動アシストが付いているロードバイクです。「PW」ドライブユニットを搭載しているので、スムーズな発進や坂道での走行をサポートします。フレームの素材にはアルミを使用。オリジナリティを追求したYPJ専用のデザインが採用されているのもおすすめポイントです。

また、液晶マルチファンクションディスプレイが付いているのも魅力のひとつ。速度やペダリングパワー・消費カロリーなどの情報を表示できます。タイヤ幅は25mm。ホイールの外径は一般的な700mmです。

なお、コンポーネントには、シマノの「105」を採用しているので、本格なロードバイクを探している方におすすめ。サイズはM・XSの2つから選択でき、カラーはソリッドブラック/ダークグレー・ピュアパールホワイトの2色展開です。

ピナレロ(PiNARELLO) GAN Carbon T600

積極的に新たなフレームの開発に取り組み、独特形状のフォーク開発をはじめ、デザイン性にも優れた「ピナレロ」のロードバイク。優れた空力特性・軽量さ・剛性・強度を持つ、トータルバランスに優れたモデルです。

メイン素材には高強度系のハイストレングスT600カーボンを使用しており、ジャガーと共同開発した「DOGMA F8」によって、最高の整流効果を得られます。また、「フラットバックチューブデザイン」や「ピナレロハンドリング」を採用しているため、ハイエンドモデルに引けを取らないスタイリングと性能を持っているのもおすすめポイントです。

さらに、コンポーネントには、レースに対応できるシマノの「105」を採用。サイズは8種類を用意しており、カラーは、ダークネイビー・ブラックマット・レッドの3種類から選択可能です。

SPECIALIZED TARMAC SL6 SPORT DISC

先進技術を駆使したサイクリング機材を提案するアメリカの自転車ブランド、SPECIALIZEDのロードバイクです。最先端の航空宇宙用複合素材最適化ソフトウェアを使って設計されているのが特徴。フレーム素材にはカーボンを採用しています。

また、新しいフォーク形状やエアロチューブを使ったドロップドシートステー、D型のシートポストとシートチューブを採用しているのも魅力のひとつ。加速性に優れたモデルを探している方にぴったりです。

さらに、制動力に優れた油圧式ディスクブレーキ・丈夫なホイールなど、信頼性の高いスペックを採用しているのもおすすめポイント。なお、サイズは7種類用意されており、カラーは6種類から選べます。

FUJI SL1.1 DISC

By: fujibikes.jp

世界最軽量のバイクを作るというコンセプトを基に開発された「FUJI」のロードバイク。メインの素材にはカーボンを採用しています。ケーブルストッパーなどのスモールパーツに軽量素材を使用することで、1gの無駄も省いているのが特徴です。

また、軽量化と、カーボンの高弾性を高めるために、フレームのジョイント部分を従来の8箇所から4箇所に減らしているのもおすすめポイント。独自開発の八角形断面ダウンチューブによって、各チューブ側面の剛性を最大限に高めているのも人気の理由です。

さらに、荒れた舗装路での走行でも振動吸収性が高い、楕円断面の極細シートステーを採用しているので、快適な乗り心地を得られます。なお、サイズは5種類ラインナップされており、カラーはパールブルーとレッドオレンジの2色展開です。

ロードバイクのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ロードバイクのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。