スポーツ系の自転車のなかでも人気の高い「ロードバイク」。舗装路で走ることを想定した自転車で、ツール・ド・フランスなどの自転車レースでも用いられています。一般的なシティサイクルと比べて重量が軽いモデルが多く、少ない力で漕げるのもポイント。通勤・通学用の自転車としても注目されています。

そこで、今回は初心者におすすめのロードバイクをご紹介。基礎知識はもちろん、自転車の選び方や有名ブランドについても解説しています。初めて購入する方はもちろん、本格的にロードバイクにチャレンジしたい方はぜひチェックしてみてください。

ロードバイクとは?

ロードバイクとは、舗装路を高速走行することを想定してデザインされた自転車です。レースでも用いられるように、速さを重視しているのがポイントで、なかには時速30km以上のスピードを出せるようなモデルも存在します。

見た目の特徴としては、下方向に曲がっている「ドロップハンドル」を搭載している点が挙げられます。ハンドルの下側を握ると自然と前傾姿勢になって、スピードを出すことが可能。一方、上側を握ると上半身が起きたアップライトな姿勢となって、リラックスして漕ぐことができます。このように、ハンドルを握る位置によって姿勢を変えられるのが魅力です。

また、もうひとつの特徴として「タイヤの細さ」が挙げられます。ロードバイクのタイヤは20mm前後。対して一般的なシティサイクルは35mm前後のため、ロードバイクは15mmほどタイヤが細い計算になります。タイヤが細いと軽い力で漕ぐことが可能。少ない力でスイスイと進みたい方にピッタリです。

元々レース用として用いられてきたロードバイクですが、最近は競技用としてはもちろん、中~長距離のツーリング、通勤・通学など、さまざまなシーンで用いられています。快適な自転車ライフを楽しみたい方には、ロードバイクがおすすめです。

ロードバイクの種類

レーシングロード

By: giant.co.jp

レース用にカスタマイズされたロードバイクです。スピードを出すことに特化しており、一般的なシティサイクルに搭載されているようなカゴ・泥除け・スタンドといった不要な部品は搭載していません。平地や坂道など、あらゆる舗装路に対応できる汎用性の高さが魅力。一台でさまざまなレースに参加したい方におすすめです。

エアロロード

By: rakuten.co.jp

エアロロードとは、ロードバイクのなかでも平地を走ることに特化したタイプです。空気抵抗を減らすために、フレームが平べったい形状をしているほか、タイヤも空力性能が高い「ディープリムホイール」を使用しています。平地メインで走る方はもちろん、風を切って走りたい方におすすめです。

エンデュランスロード

By: giant.co.jp

エンデュランス(endurance)とは、「持久力」や「耐久性」といった意味。身体にかかる負担を抑えることを重視しているのが特徴で、主に悪路走行やロングライド向けのロードバイクとなっています。フィットネスやヘルスケア、ホビー目的として乗る方におすすめです。

ロードバイクの選び方

用途や走行距離で選ぶ

20km程度の通勤・通学

通勤・通学など、近距離での走行を想定する場合は、重量や衝撃吸収性をそこまで重視する必要はありません。予算に余裕があれば、軽くて乗り心地もよいカーボン素材がベストですが、出費を押さえたいときはコストパフォーマンスに優れたアルミ素材もおすすめです。

ロードバイクはスピード性を重視しているため、基本的にカゴ・泥除け・スタンドなどは搭載していないので要注意。ただし、通勤・通学用としてはいずれも需要の高いパーツなので、なかにはオプションとして追加できるモデルもあります。日常的に乗り回したい方は拡張性もチェックしましょう。

50km以上の長距離

長距離を走る場合、注目したいのが「振動吸収性」です。長い距離を走っていると、地面からのちょっとした衝撃によって身体に疲労が蓄積してしまいます。少しでもダメージを減らすためにも、フレームまたはフォーク部分にカーボン素材を使用したロードバイクがおすすめです。

また、制動力の高い「ディスクブレーキ」を搭載したモデルもおすすめ。長い坂を下るときには常に軽くブレーキを掛ける必要があるため、手が疲れてしまいます。一方、ディスクブレーキならば軽い力でブレーキを掛けられるので、負担を抑えることが可能。スタミナを温存するためにも、ディスクブレーキを搭載したモデルがおすすめです。

本格的なレース

ロードバイクのレースといっても、コースはさまざまです。たとえば、平地が多いコースならば空気抵抗が少ないロードバイク、坂道が多いヒルクライムレースならば軽量タイプのロードバイクなど、コースによって求められる要素が変わります。はじめはオールラウンドに対応できるレーシングロードを選び、徐々に各種レース向けにカスタマイズしていくのがおすすめです。

注意したいのは車体の重量。アマチュアのレースならば重量制限のない大会もありますが、UCI(国際自転車競技連合)公認レースでは車体重量は最低でも6.8kgまでと定められています。軽すぎると大会に参加できなくなってしまうので注意しましょう。

フレーム素材で選ぶ

アルミ

By: rakuten.co.jp

アルミニウムは、軽量でありながら価格が安いのがポイント。エントリーモデルからミドルエンドモデルまで、幅広く用いられる素材です。クロモリやカーボンと比べるとやや振動吸収性に劣りますが、通勤・通学などの短距離ならば快適に走ることができます。これから初めてロードバイクに乗る方には、コストパフォーマンスに優れたアルミフレームがおすすめです。

クロモリ

By: rakuten.co.jp

クロモリとは、クロムモリブデン鋼の略で、鉄にわずかなクロムやモリブデンなどを混ぜた合金のことです。伝統的な素材であり、エントリーモデルからハイエンドモデルまで採用されています。アルミやカーボンと比べると重い一方、振動吸収性に優れているのでロングライドにおすすめです。

カーボン

By: giant.co.jp

「軽さ」「衝撃吸収性」「耐久性」のすべてに優れたカーボン。アルミやクロモリのよいところだけを集めたような万能素材です。主にミドルグレードからハイエンドモデルまで、高級ロードバイクを中心に使われています。やや高価なのがデメリットですが、予算に余裕があればカーボンがおすすめです。

自分の体格に合ったサイズを選ぶ

ロードバイクを快適に乗るには自分の体に合ったサイズを選ぶことが重要です。サイズの合っていないロードバイクに乗ると肩や腰などに負担が大きくかかってしまうだけではなく、マシン本来の性能を引き出せない可能性があります。

シートチューブやトップチューブから適正身長を割り出す方法もありますが、フレームデザインによって前後するので、あくまで目安でしかありません。メーカーのWEBサイトやカタログ、販売サイトなどに、それぞれ適正身長が掲載されているので、必ずチェックするようにしましょう。

ブレーキやギアなどのコンポーネントもチェック

「コンポーネント」とは、クランクなどの駆動系や、ブレーキなどの制動系を合わせたパーツ類のことです。コンポーネントのシェアは「シマノ」「カンパニョーロ」「スラム」の3社によってほとんどが占められています。

メーカーごとに、独自のグレードが定められているのが特徴で、同じフレームでもコンポーネントのグレードが異なると性能が異なるのはもちろん、価格が大きく変わってくるので注意しましょう。

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.com

シマノは、1940年に設立された日本の自転車部品メーカーです。頑丈で故障が少なく、性能に対して価格が安いといった点が高く評価されています。また、自転車ショップでも取り扱っているところが多く、パーツ交換などのメンテナンスがしやすいのも魅力です。

シマノのコンポーネントのグレードは、上から順にデュラエース・アルテグラ・105・ティアグラ・ソラ・クラリスなどとなっています。最初の1台として選ぶならば「ティアグラ」または「ソラ」、レース用ならば「105」以上のグレードがおすすめです。

カンパニョーロ(Campagnolo)

By: campagnolo.com

カンパニョーロは、1933年にイタリアで設立された自転車部品の老舗メーカーです。性能や品質が高く、特にブレーキのコントロール性が高いことで有名。三大コンポーネントメーカーのなかでは最も高価ですが、洗練されたデザインに魅せられるサイクリストは少なくありません。

カンパニョーロのコンポーネントのグレードは、上から順にスーパーレコード・レコード・コーラス・ポテンツァ・ケンタウル。入門用としては「ケンタウル」、レースに参戦するならば「ポテンツァ」以上のグレードがおすすめです。

スラム(SRAM)

By: intermax.co.jp

スラムは、1987年にアメリカで誕生した比較的新しい自転車部品メーカーです。メカメカしいデザインが特徴。ひとつのレバーでシフトアップとシフトダウンを行う「ダブルタップレバー」、無線通信でギアチェンジする「イータップ」を開発するなど、高い技術力が魅力です。

スラムのコンポーネントのグレードは、上から順にレッド イータップ・レッド・フォース・ライバル・エイペックス。初心者ならば「エイペックス」、レースに参加するならば「ライバル」以上のグレードがおすすめです。

ロードバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: amazon.co.jp

130年以上の歴史をもつイタリアの自転車メーカー「ビアンキ」。現存する自転車ブランドで最も古く、ロードバイクを語る上では欠かせない名門ブランドです。ビアンキのロードバイクは、イタリア語で”青空”を意味するチェレステカラーが特徴。ミラノの職人が空の色を見て調合すると言われており、毎年微妙に色合いが異なります。性能はもちろん、デザインも魅力的なブランドです。

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

1972年に台湾で設立された自転車ブランド「ジャイアント」。プロのロードレースにもマシンが用いられるなど、世界的に有名なブランドのひとつです。リーズナブルな価格設定でありながら、ワンランク上のロードバイクをリリースしているのが特徴。プロユースから街乗りまで、幅広いシーンにおすすめのブランドです。

メリダ(MERIDA)

By: rakuten.co.jp

1972年に台湾で創業された自転車メーカー「メリダ」。高い技術力を持っているのが特徴で、加工が難しいカーボンやアルミニウムフレームの生産を得意としています。レース用のハイエンドモデルから、コスパに優れたエントリーモデルまでラインナップが豊富。初めてロードバイクを購入する方にもおすすめのメーカーです。

ロードバイクのおすすめモデル|レーシングロード

ジャイアント(GIANT) TCR ADVANCED 1 SE

ジャイアント(GIANT) TCR ADVANCED 1 SE

レースバイクを想定してデザインされたジャイアントの戦略的特別モデルです。上位グレードの「アドバンスドプロ」と同じ軽量性と剛性をもつカーボンフレームを採用。フォーク部分には、独自規格のオーバードライブフォークを採用することで、ステアリング性能を向上させています。

プロレーサー御用達の「パワーメーター」を搭載。別売りのサイクルコンピューターを装着すれば、漕ぐパワーを数値化できます。日々のトレーニングはもちろん、ロングライド時のペース配分にも役立つのが魅力。性能とコスパを両立したおすすめのレーシングロードです。

スペシャライズド(Specialized) S-WORKS TARMAC SL6 DISC RED ETAP

スペシャライズド(Specialized) S-WORKS TARMAC SL6 DISC RED ETAP

スペシャライズドのプロフェッショナル向け最高級モデルです。フレームには最高等級のカーボン素材を使用。製造工程を見直して、形状や積層などを最適化することで、従来のモデルと比べて重量を20%近く削減することに成功しています。

コンポーネントには、SRAMの新型「RED eTAP AXS」を採用。無線通信でシフトチェンジできるイータップを搭載しているほか、新たにリア12速に対応しているのが特徴です。ギアの選択肢が広がったことで、今まで以上に細やかな変速に対応できるようなりました。スピードを追求するレース志向の方はもちろん、足の負担を少しでも減らしたいロングライド志向の方にもおすすめです。

フェルト(FELT) FR30

フェルト(FELT) FR30

オールラウンド型ロードレーサー「FRシリーズ」の日本限定モデルです。フレームにはアルミ素材を使用。解析とテストを繰り返すことで振動吸収性を向上させています。価格はリーズナブルでありながら、カーボン並みに軽量性・柔軟性・加速性などに優れているのが特徴です。

ホイール幅は、現在ロードバイクでは主流の25mmを採用。加速性を保ちつつ、耐パンク性能も向上している万能サイズです。28mm幅のホイールが装着できるのもポイント。砂利道などを走行するグラベルロードとしても使うことができます。平地でのレースはもちろん、ヒルクライムレースにも対応できるおすすめのロードレーサーです。

ロードバイクのおすすめモデル|エアロロード

ビアンキ(Bianchi) Oltre XR4

ビアンキ(Bianchi) Oltre XR4

エアロロードマシンのフラッグシップモデル「Oltre XR4」。ビアンキが新たに開発した振動吸収素材・カウンターヴェイルを採用しているのが特徴です。フレームとフォークの強度を向上させつつ、最大80%の振動を抑えることに成功。アグレッシブなエアロポジションを保ちやすいため、加速性能の高いモデルとなっています。

コンポーネントには、カンパニョーロの最上級グレード「スーパーレコード」を採用。制動力と空力性能の高いダイレクトマウントブレーキ、ケーブル内蔵、シートポストの固定方法に臼式を採用している点など、エアロロードの流行をしっかりと押さえています。登りにも対応できるオールラウンドなエアロロードバイクです。

サーベロ(cervelo) S3 Disc Ultegra R8020

サーベロ(cervelo) S3 Disc Ultegra R8020

トライアスロン用ロードバイクで有名なサーベロの「S3 Disc Ultegra R8020」。空力性能を重視したSシリーズのひとつで、ハンドル周りのケーブルを完全内装化しているのが特徴です。ブレーキやシフトなどのケーブルをフレーム内に収めることによって、空気の流れを乱さずに高速走行できます。

コンポーネントは、シマノの上位グレード「アルテグラ」を採用。高い油圧ディスクブレーキを搭載しており、軽い力でもしっかりとブレーキを掛けられます。雨天でも制動力が落ちづらいので、レースはもちろん、ロングライドも安心です。

上位モデルの「S5」はハンドル部分もエアロ仕様にした本格派ロードバイク。ただし、取り回しには若干の癖があるため、これからエアロロードにチャレンジする入門者には、オールラウンドタイプの本モデルがおすすめです。

メリダ(MERIDA) REACTO 400

メリダ(MERIDA) REACTO 400

エアロロードの入門者用バイクとしておすすめの「REACTO 400」。フレーム素材にはアルミニウムを使用しているのが特徴です。カーボン製ロードバイクのようなスタイリッシュなデザインでありつつ、高い空力性能を実現しています。

コンポーネントにはシマノの「105」を採用。重量は9.3kgとロードバイクにしてはやや重めですが、平坦路をメインに走る分にはほとんど気になりません。価格も15万円前後と、エアロロードとしては価格も安め。低価格帯の本格派エアロロードを探している方におすすめです。

ロードバイクのおすすめモデル|エンデュランスロード

ビアンキ(Bianchi) Via Nirone 7

ビアンキ(Bianchi) Via Nirone 7

ビアンキが初めて店舗を構えた”ニローネ通り7番地”の名前を冠したロングセラーロードバイクです。フレーム素材には、軽量のアルミニウムを使用。2019年モデルからケーブルを内蔵化しているのが特徴で、ビアンキらしいオシャレなシルエットが目立つデザインとなっています。

コンポーネントは、シマノの「ソラ」を採用。価格も10万円前後とロードバイクにしては安く抑えられており、入門用として選ばれています。日々の通勤・通学はもちろん、街乗り、フィットネスなどの用途にもおすすめのエンデュランスロードです。

ジャイアント(GIANT) CONTEND 1

ジャイアント(GIANT) CONTEND 1

レース向けモデルのTCRと、ロングライド向けモデルのDEFYを融合させたシリーズ。加速性と快適性をあわせ持ったオールラウンドタイプのアルミロードバイクとなっています。ロードバイクは前傾姿勢で乗るのが一般的ですが、「CONTEND 1」は上体を起こしたアップライトな姿勢で漕げるのが特徴。初めてロードバイクに乗る方におすすめです。

ホイール幅は、25mmサイズを採用。2019年モデルからは新たに28mm幅にも対応できるようになりました。タイヤを太くすれば、パンクする確率が低下するので、通勤・通学用にピッタリ。街乗りでちょっとした段差などを乗り越えたり、未舗装路も走ったりしたい方も安心のロードバイクです。

アンカー(anchor) RNC3 EX

アンカー(anchor) RNC3 EX

By: anchor-bikes.com

ブリヂストンのスポーツバイクブランド・アンカー。「RNC3 EX」は、独自の”ネオコットフレーム”を採用したエントリーモデルです。ネオコットは、クロモリ素材のしなやかさを引き出したフレームで、高い耐久性と剛性を持ちながら、重量を抑えているのが特徴です。

コンポーネントは、シマノの「ソラ」。ホイールは23mm幅に対応しており、軽快な走りを楽しめます。また、トップチューブが水平の「ホリゾンタルデザイン」を採用。衝撃吸収性が高いのが特徴で、ロングライドでも疲れにくいのが魅力です。街乗りからツーリングまで対応できるおすすめのロードバイクです。

マジィ(MASI) INIZIO

マジィ(MASI) INIZIO

スタイリッシュなデザインが魅力の老舗ロードブランド「マジィ」。イタリア語でスタートという意味のINIZIOの名前を冠したエントリーモデルです。上位モデルのフレームデザインを活かしつつ、コンポーネントをシマノの「クラリス」にすることでコストダウンすることに成功しています。

フレームには、軽くて頑丈なアルミニウム素材を使用。ロードバイクにしては低価格でありながら、衝撃吸収性が高いカーボンフォークを用いているのか特徴で、快適に走行することができます。通勤や通学をはじめ、街乗りなどの利用におすすめの初心者向けロードバイクです。

ジオス(GIOS) VINTAGE

ジオス(GIOS) VINTAGE

伝統的なクロモリフレームを使用したロードバイク。トップチューブが水平な「ホリゾンタルデザイン」を採用するなど、ヴィンテージの名の通り、クラシックスタイルを再現しています。レトロな見た目でありながら、タイヤは現在ロードで主流の25mm幅を採用。懐かしさのなかに新しさがある人気モデルとなっています。

コンポーネントはシマノの「ティアグラ」。ブレーキを安価なテクトロに変えることで、コストダウンを図っているのがポイントです。なるべく価格を抑えつつ、有名ブランドのロードバイクを手に入れたい方にもおすすめです。