ロードバイクなど自転車のハンドルに巻く「バーテープ」。汗や雨による滑りを予防したりハンドルを握りやすくしたり、手の疲れや伝わる振動を軽減したりするのに役立ちます。自転車のカラーリングや好みに合わせることで、愛車を好きなようにカスタマイズできる人気アイテムです。

そこで今回は、おすすめのバーテープをご紹介します。選び方やおすすめアイテムまで解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

バーテープのメリット

By: rakuten.co.jp

バーテープとは、主にロードバイクのハンドルに巻くテープのこと。常に手が触れているハドルにバーテープを巻くことには、大きな意味やメリットがあります。

まずは、グリップ力の向上。ロードバイクのドロップハンドルは手が下に滑りやすい面があるため、バーテープを巻くことで滑りを予防します。また、手汗をかいたり雨が降ったりしても操作性を維持しやすいのがメリットです。

次に、クッション効果。金属製のハンドルを直接握ると、振動がダイレクトに伝わってしまいます。また、タイヤの細いロードバイクは、路面からの衝撃が大きくなりがち。バーテープを巻くことで衝撃を吸収し、手への負担を軽減できます。

最後にファッション性。バーテープは、さまざまな色やデザインのモノが販売されています。比較的取り替えやすいバーテープなら、気軽に愛車の雰囲気や気分を変えられるのが魅力です。

バーテープの選び方

素材をチェック

コルク

By: amazon.co.jp

ワインボトルのキャップに使用されているコルク。滑らかで手触りがよく、衝撃吸収性に優れています。また、巻くとクラシカルな雰囲気に仕上がりやすいのも魅力です。

ただし、水に濡れると劣化が早まりやすいうえ、巻くときにテンションをかけすぎるとちぎれる恐れがあります。ある程度乗り慣れている方におすすめの素材です。

EVA

By: amazon.co.jp

バーテープのなかでは、最も多く使われている素材のひとつです。軽量性・柔軟性・弾力性を併せ持ち、丈夫でちぎれにくいのが魅力。また、低温でも固くなりにくく、柔らかい手触りが特徴です。

高性能ながら、比較的リーズナブルなアイテムが多いのもメリット。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ポリウレタン

By: rakuten.co.jp

しっとりとした柔らかい触り心地が魅力のポリウレタン。薄くても強度に優れているため、巻きやすいのが特徴です。また、高いグリップ力と優れた衝撃吸収性により、自転車の操作性が高まります。

一方、水に濡れると滑りやすいのがデメリット。EVAと同様リーズナブルなアイテムが多いため、小まめに交換したい方におすすめです。

DSP(デュラソフトポリマー)

By: amazon.co.jp

DSPとは、ゴムのように薄くて柔らかい素材のこと。手にピッタリと吸い付き、滑りにくく優れたグリップ性を発揮します。また、衝撃吸収性も高く、手の負担や疲れを軽減。水に濡れても滑りにくいため、雨の日でも安心です。

高い耐久性を有し、長く愛用しやすいのもポイント。ただし、比較的価格が高い傾向にあるのが難点です。

革(レザー)

By: amazon.co.jp

巻くと高級感がプラスされ、クラシックなデザインの自転車に巻くと統一感が出やすいのが特徴。使うほどに手に馴染み、フィット感や味わいが出ます。しかし、価格が高く、お手入れや扱いに手間がかかりやすいのがデメリットです。

また、引っ張りすぎると切れやすく、水に弱いのも難点。見た目にこだわりたい方におすすめです。

その他

By: amazon.co.jp

バーテープに使用される素材は、ほかにも吸汗性に優れたコットンや、滑りにくくグリップ力が高いジェル素材のモノがラインナップ。また、優れた強度と耐摩耗性を有するポリエチレンを採用したバーテープもあります。

さらに、革のように見える合成皮革など、バーテープの素材は多種多様。それぞれの特徴やメリット、好みによって選ぶのがおすすめです。

厚みをチェック

By: amazon.co.jp

バーテープの厚さは、2mm以下の薄いモノから3.5mm以上の厚みのあるタイプまでさまざま。厚さによって操作性や衝撃吸収性能が異なります。

2mm以下の薄いバーテープはグリップ感が増し、直接ハンドルを握っているような感覚で操作性や快適性が高まるのが魅力です。振動がダイレクトに伝わりやすく、路面の状態を掴みやすいのが特徴。ただし、振動や衝撃を吸収しにくいデメリットがあります。レースに出場する方にぴったり。コーナーや凹凸の多い道を走る方や手の小さい方にもおすすめです。

3mm以上の厚手タイプはクッション性に優れ、手への負担を軽減できるのがメリット。一方、巻くとハンドルが太くなって握りにくく、グリップ力は低下します。ロングライドする方や衝撃吸収力を重視する方におすすめです。

また、厚さが2~3mm程度のモノは、操作性と衝撃吸収力のバランスのよさが魅力。通勤や通学などで自転車に乗る方に適しています。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

さまざまなデザインが販売されているバーテープは、愛車をドレスアップしたり個性を発揮したりしやすいアイテムです。ただし、柄やロゴが入っていたり複数の色を使っていたりするバーテープは、巻き方によってはデザインを活かせない可能性があります。

そのため、バーテープを巻き慣れていない初心者は多少ズレても気にならない単色がおすすめ。まずはシンプルなデザインのモノからはじめましょう。デザインにこだわりたいなら、不規則な柄のモノだと少しくらいズレても目立たず、おしゃれに仕上がります。

リーズナブルな価格で、愛車をカスタマイズしたり雰囲気を変えたりできるのがバーテープのメリット。気分を上げるためにも、好みのデザインや色のモノを選ぶのがおすすめです。

バーテープのおすすめ

イーエムピーティー(EMPT) EVA ロード用 バーテープ ES-JHT020

軽量で耐久性に優れたEVAを採用したバーテープ。劣化しにくく長く使えるのが特徴です。適度なクッション性や弾力性もあるため、長時間ロードバイクに乗っていても快適な握り心地が実現します。

バーエンドテープやバーエンドキャップ、日本語図解説明書が付属しているので、初めてバーテープを巻く方も安心。粘着テープがないため、何度も巻きなおしができるのもポイントです。

滑りにくい素材を採用し、裏面は台形カット設計を施しているので、しっかり巻きつければズレる心配が少ないのが魅力。白や赤、ピンクなどカラーバリエーションが豊富なので、愛車をさまざまな色でドレスアップしたい方におすすめです。

TOPCABIN 自転車バーテープ

EVAとシリコンを採用した厚さ3mmのバーテープ。衝撃吸収性に優れてクッション性があり、柔らかい触感で乗り心地が向上します。水や摩耗、熱などに強く耐久性に優れているのもポイント。雨の日や汗をかいても滑りにくく、快適に走りやすいのが魅力です。

重さは60gと軽量で程よい厚みのため、ロングライドにもぴったり。裏には粘着テープが付いているうえ、エンドキャップと仕上げテープも付属しているため、しっかり巻きつけやすいのが特徴です。手に汗をかきやすい方や、雨の日も自転車に乗りたい方はぜひチェックしてみてください。

リザードスキンズ(Lizard Skins) DSP BAR TAPE V2-1.8MM

アメリカ発の人気ブランド「リザードスキンズ」のバーテープです。独自開発したDSPを採用し、柔らかく吸い付くようなグリップ力が魅力。握りやすく滑りにくいため、快適なライドをしやすいのがメリットです。

厚さ1.8mmと薄手のため、路面の状況がダイレクトに伝わるのが特徴。コーナーが多い場所でも操作性が向上します。付属しているエンドキャップはスクリュー式なので、外れにくく保持力がアップするのがポイントです。

青やオレンジなどカラーバリエーションが豊富で、お気に入りを見つけやすいバーテープ。レースに出場するなど本格志向の方にもおすすめです。

チネリ(cinelli) コルクリボン

天然コルクと滑りにくく耐久性のあるEVAをミックスしたバーテープ。軽量でグリップ力に優れているため、本格的なレースやロングライドに適しています。握りやすさに加えて衝撃も吸収するので、快適な乗り心地が味わえるのが魅力です。

ブランドのマークが入ったデザインと豊富なカラーバリエーションが特徴。愛車を好みにカスタマイズしたい方や、機能性に優れたバーテープを探している方におすすめです。

ソルティアイランド(Salty Island) 旅する人のロングライドバーテープ

ポリウレタンとEVAを採用したバーテープです。手触りがよく、優れた耐摩耗性や耐久性を有しているため、丈夫でちぎれにくいのが特徴。伸縮性や通気性も高く、ロングライドしても快適な握り心地が持続しやすいのも魅力です。

3mmと程よい厚さで手への負担を軽減し、高い弾力性と吸汗性でグリップ力を高めます。また、光を反射する素材を使用しているため、夜間などでも使用可能です。

裏には両面テープが施されており、柄も幾何学模様のため多少ズレても気になりにくく初心者も簡単に取り付けられます。

フィジーク(fizik) Vento マイクロテックス タッキー バーテープ

厚さ2mmの薄手のバーテープです。粘着性のある感触なのでグリップ力に優れ、さまざまな状況下においてもロードバイクを操作しやすいのが魅力。また「microtex構造」により、ダイレクトなハンドリングが行いやすいのが特徴です。

シンプルなデザインは初心者でも巻きやすく、豊富なカラーバリエーションで好きなようにドレスアップしやすいのもポイント。ロードサイクリストを念頭に置いて開発したバーテープで、本格的なモノを探している方におすすめです。

ブルックス(BROOKS) LEATHER BAR TAPE

本革を採用したバーテープです。天然由来成分のオイルで馴染ませており、深い味わいを楽しめます。ラバーエンドキャップと固定用テープが付属し、しっかり巻きつけられるのがポイント。パンチング加工が施されているため、通気性に優れて快適なライドが可能です。

高級感溢れる雰囲気を楽しめるうえ、カラーバリエーションが豊富。大切な愛車をクラシカルにドレスアップしたい方におすすめです。

スパカズ(SUPACAZ) SUPER STICKY KUSH CLASSIC

3層構造を採用したバーテープです。上層にはグリップ力と耐久性に優れたポリウレタンを使用し、手汗や雨で滑りにくいのがメリット。中間層には、振動を吸収するコンフォートクッシュフォームを採用し、手への負担を軽減します。

下層はナノシム接着テープを重ねることで、手に吸い付くような握り心地が実現。伸縮性が高いため強く引っ張ってもちぎれにくいうえ、引っ張り具合によって装着時の厚みを変えられるのが魅力です。

アルミ製のバーエンドプラグが付属しており、しっかりフィットしやすいのもポイント。グリップ力の高いバーテープを探している方におすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) バーテープ BT-06

厚さ0.7mmの薄手タイプのバーテープです。素手やグローブを着けていても路面の状況がダイレクトに伝わり、ロードバイクをコントロールしやすいのが魅力。プロライダーからの実戦データを基に作られており、実用的です。

素材やポリエチレンとポリウレタンを使用。引っ張り強度が高く、優れたグリップ力を発揮します。うっすらロゴが施されたシンプルなデザインは、さまざまな自転車に合わせやすいのがポイント。レースにも使える本格タイプやパワーライド重視の方におすすめです。

ビービービー(BBB) バーテープ レースリボン ジェル BHT-05

オランダ発の人気パーツブランド「ビービービー」のバーテープです。衝撃吸収性に優れた合成コルク素材を採用し、滑りにくく手への負担を軽減。天然コルクより耐久性が高いため、過酷な使用環境での耐久性を持っています。

内側にはゲルを施し、厚さは3.5mmと厚手。クッション性があるため、ロングライドも快適に行いやすいのが魅力です。伸縮性が高いうえ、長さ190cmと長いため、大きいハンドルでも巻けます。厚手のバーテープを探している方におすすめです。

ゴリックス(GORIX) ロードバイク バーテープ GX-BARA

振動吸収性に優れたEVAとエコレザーの2層構造を施したバーテープです。触感がモチモチして触り心地がよく、長時間のライドでもストレスを軽減しやすいのが特徴。ジェル層を重ねて振動吸収性能が向上し、滑りにくく優れたグリップ力を発揮します。

厚さは2mmと程よく、コントロール性を維持しながらクッション性もキープ。幾何学模様のため少しズレても分かりにくく、初心者でも巻きやすいのがポイント。スタイリッシュに大人っぽくカスタマイズしたい方におすすめです。

KINGOU 穴あき合成皮革 ロードバイク ハンドルバーテープ

PUレザーを採用したバーテープ。厚さは1.4mmと薄手ながら、高い引っ張り強度と耐久性を有しています。触り心地は柔らかく、滑りにくい性能を持っているため汗や雨でぬれても快適なグリップ力が維持しやすいのが特徴です。

高い機能性を有しながら、見た目はレザーのような高級感をプラスできるのが魅力。ロードレースから街乗りまで使える汎用性が高いバーテープです。

パンサー(PANTHER) 自転車バーテープ

ポリウレタンとEVAを使用したバーテープです。耐摩耗性や耐久性に優れているため、ちぎれたりゆるんだり伸びたりしにくいのが特徴。しっとりした肌触りで水や熱にも適応しやすく、滑りにくく高い通気性を有しています。

2.5mmと使いやすい厚さで215cmと長いため、好みの厚さや幅、周数に合わせてカットできるのが魅力。汎用性が高く、ドロップハンドルやブルホーンバーなどさまざまなタイプに適応します。

光沢感のあるデザインからシンプルなモノまで、デザインやカラーバリエーションが豊富なのがポイント。機能性と見た目を併せ持ったバーテープを探している方におすすめです。

Alien Pros 自転車用炭素繊維ハンドルバーテープ

炭素繊維フォーム素材を採用したバーテープです。滑らかな感触ながら、高い吸汗性で優れたグリップ力を発揮。汗や雨でぬれても滑りにくく、さまざまな天候に対応できるのが魅力です。

3mmと厚手のため、頑丈で手への負担を軽減できるのがポイント。また、柔軟で粘着性のあるジェルバックをバーテープ全体の背面に施しており、簡単に取り付けられます。天候を気にせず使えるモノを探している方におすすめです。

Sharplace ジェネリーク ハンドルバーテープ

軽量で耐久性に優れたバーテープです。素材にコルクを採用しているため衝撃吸収力と吸湿性が高く、手への負担を軽減しながらグリップ力をキープ。摩擦に強くクッション性があるので、快適な握り心地を味わえます。

リーズナブルな価格でシンプルなデザインが特徴。さまざまなロードバイクに合わせやすく、クラシカルな雰囲気をプラスします。小まめにバーテープを取り替えたい方やコストパフォーマンス重視の方におすすめです。

ビバ(VIBA) コットンバーテープ

薄手で滑りにくいコットンを採用したバーテープです。昔からよく使われているコットンは、柔らかく優しい肌触りがポイント。薄手なので路面の状況がダイレクトに伝わり、コントロール性に優れているのが特徴です。

ブラックやブラウンなどの濃い色からベージュ、シルバーなどの淡色、オレンジやパープルなど発色のよい色などのカラーバリエーションを展開。愛車をクラシカルな雰囲気に仕上げたい方や肌触りがよいモノを探している方におすすめです。

popluxy バーテープ

厚さ3mmのバーテープです。滑りにくいEVAを採用し、グリップ力を高めながら衝撃吸収力もキープ。クッション性があるため手が疲れにくく、快適な握り心地が実現します。摩擦や水、熱に強くて耐久性にも優れているので、ちぎれたり伸びたりしにくいのが特徴です。

裏面には特殊台形カットを施し、初心者でも取り付けやすい仕様。幅が30mmあるため、好みの厚さや巻き加減に調節できるのもポイントです。また、汎用性が高く幅広い車種に合わせやすいのがメリット。通勤通学や街乗りをする方におすすめです。

フィジーク(fizik) Tempo マイクロテックス ボンドカッシュ ソフト 3mm厚

ボンドカッシュ構造が施された、厚さ3mmのバーテープです。マイクロテックスの外層に、ミッドパディングポリファーフォームを接着して走行中の振動を吸収。さまざまな路面状況に対応しやすく、優れた耐久性と汎用性を有します。

握り心地はソフトで、スエードのような質感。吸湿性が高くシルキーな触感を味わえます。シンプルなデザインで、車種を選ばず合わせやすいのが魅力。スムーズなコントロールを維持しやすいため、ロングライドする機会が多い方におすすめです。

キザプロダクツ(GIZA PRODUCTS) コルクバーテープ

EVAを採用した、ナチュラルなコルク調のデザインが魅力のバーテープです。本物のコルクよりもクッション性や耐久性に優れ、扱いやすいのが特徴。見た目はクラシカルながら、高い機能性を持っているのがメリットです。

幅3×長さ200cmとたっぷり使えるサイズなので、周回や重ね具合で好みの厚みやグリップ感に調節しやすいのがポイント。見た目と機能性のバランス力を重視する方におすすめです。

ティーエヌアイ(TNI) ダイヤ柄シリコンバーテープ

中に気泡のあるシリコン素材を採用したバーテープ。衝撃耐久性やグリップ力、フィット感に優れ、快適なツーリングを楽しめます。裏に糊やテープがなく、何度でも巻き直しができるので初心者でも安心です。

また、汚れが目立ってきたらすぐに洗って何度でも使用可能。裏返して使うこともできるため、長く愛用しやすくコストパフォーマンスに優れています。発色のよいカラーリングは、愛車のアクセントにぴったり。バーテープの巻き方を練習したい方や、手の負担を軽減したい方におすすめです。

アイリブ(I live) 和柄バーテープ

PET再生繊維を使った和柄モチーフのバーテープです。着物などに用いられる伝統的な柄や紋様が施され、おしゃれでひと味違う雰囲気を愛車にプラス。唐草模様やトンボ、毘沙門亀甲などの紋様には、それぞれ縁起物としての意味が込められています。

エンドキャップとエンドテープにはロゴが描かれ、細かいところまでおしゃれにこだわっているのもポイント。こだわりのカスタマイズをしたい方や周りとの差別化を図りたい方におすすめです。

Bant バーテープ

ステンドグラスのようなスタイリッシュなデザインのバーテープです。メタルな質感と反射グラデーションが魅力で、ひと際目立つ存在感を与えられます。厚さは3mmなので、ソフトな握り心地とグリップ感が特徴です。

ポリウレタンと弾性のあるEVAを使用しているため、路面からの振動や衝撃をしっかり吸収し、ロングライドでも手の負担を軽減。愛車をカラフルに彩りたい方におすすめです。

バーテープの売れ筋ランキングをチェック

バーテープのランキングをチェックしたい方はこちら。