「ベビーシート」は新生児~1歳前後の赤ちゃんを守るのに欠かせないアイテム。大切な赤ちゃんの柔らかい頭や未発達な体を車の振動や衝撃守るためには、安全性が高くて使いやすいモノを選ぶことが大切です。

出産を機にベビーシートを購入しようと思うと、メーカーや種類が多く何を選んだらよいのか悩むもの。そこで今回はベビーシートの選び方とおすすめの製品をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ベビーシートが必要なのはいつまで?

By: maxicosi.jp

ベビーシートは寝ている時間が長い新生児から1歳頃までの赤ちゃんに便利な製品。着脱式の軽量タイプを選べば、寝ている赤ちゃんを乗せたまま移動できるので便利です。着脱式ではないモノのなかには、ヘッドレストや肩ベルトを調節することで4歳頃まで使用できる製品もあります。移動のしやすいモノと長く使えるモノのどちらが自分に合っているかよく考えて選びましょう。

チャイルドシートの多くは標準的な体格であれば3~4歳頃まで使用できます。その後は4~10歳対応のジュニアシートに切り替えるのが一般的です。道路交通法では6歳未満の子供にチャイルドシートまたはジュニアシートの使用が義務付けられています。また、6歳以上でも身長が140cm未満の場合には、ジュニアシートを使用しないとシートベルトが正しく装着できないことも覚えておきましょう。

ベビーシートの選び方

固定方式をチェック

シートベルト固定式

By: leaman.co.jp

シートベルト固定式はベビーシートの裏面にシートベルトを通して座席に固定するタイプ。固定する部分の設計がシンプルなため、価格が手頃なのがメリットです。できるだけ安いベビーシートを購入したい方に適しています。

デメリットは、シートベルト装着時にベビーシートがぐらつきやすく寝ている赤ちゃんが起きてしまう可能性があること。赤ちゃんを寝かせたまま移動することを最優先にしたい場合は、簡単に着脱できるISOFIX固定式の方がおすすめです。

ISOFIX固定式

By: amazon.co.jp

ISOFIX固定式は車に設置した専用のベースに赤ちゃんを乗せたベビーシートを固定して使用します。ベビーシートを毎回シートベルトで固定するのが苦手な方に適しています。

デメリットはシートベルト固定式と比べるとやや価格が高くなる点です。また、車自体がISOFIXに適合していないと装着できないため、事前に車の仕様を確認する必要があります。

必ず「Eマーク」を取得したモデルを選ぼう

By: katoji-onlineshop.com

ベビーシートには国交省の安全基準を満たしている証として、少し前のモノには「自マーク」、最近のモノには「Eマーク」が貼られています。Eマークには対象となる体重範囲やチャイルドシートの種類、認可した国番号などが記載されており、日本で認可された製品には「43」と記載されています。

「R129」はヨーロッパにおける安全性の高いチャイルドシートの新しい安全規格。側面衝突試験が加わり、ドアからの衝撃からも守れるよう、より安全性を高めた製品に付与されるので、チェックしてみてください。

選んだベビーシートの安全基準がわからない方は、国土交通省のホームページに掲載されている「チャイルドシートアセスメント」で各製品の安全基準の試験結果を確認しましょう。

そのままベビーカーに移動できる「トラベルシステム」

By: recaro-kids.jp

ベビーシートにはシート部分をベビーカーとドッキングして使用できる「トラベルシステム」タイプがあります。メリットは、ベビーシートで寝てしまった赤ちゃんを起こさずにベビーカーから車へ、車からベビーカーへ移動できる点です。

トラベルシステムのベビーシートは、適合できるベビーカーの種類が決まっているため、できるだけ同メーカーの製品を選ぶのがおすすめ。ほかメーカー同士の製品でも適合するモノがありますが、別売のアタブターなどが必要になることもあります。合わないモノ同士を無理に組み合わせると危険なので、事前によく確認して使用しましょう。

各種機能もチェック

リクライニング

By: combi.co.jp

月齢が低い赤ちゃんにはベビーシートの角度が負担になることがあります。赤ちゃんが眠りやすく、乗り降りもしやすくするためには、角度を細かくリクライニングできるモノを選ぶのがおすすめです。
乗り降りさせやすい45°の角度にワンタッチで調節できるモノもあるため、赤ちゃんと自分にとって使いやすいリクライニング機能を備えたモノを選びましょう。

回転機能

By: recaro-kids.jp

ベビーシートやチャイルドシートは赤ちゃんの顔が後ろ向きになるように設置しますが、後ろ向きのまま抱っこして乗り降りさせるのは案外大変なもの。この問題を解消するのがベビーシートの回転機能です。ベビーシートを正面に回転させて自分と向き合うようにして赤ちゃんを乗せ、ベルトを締めてから回転できるので便利です。

回転機能があると寝ている赤ちゃんの向きを変えずに車に乗せられるので、途中で起きてしまうことが少なくなります。また、シートベルト固定式は回転機能があると楽な位置でベルトの固定ができるのでおすすめです。

ベビーシートのおすすめブランド

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

コンビは哺乳瓶やおもちゃなども扱うベビー用品メーカー。社名は「母と子というコンビを応援する」という意味から名付けられており、現在はアメリカ市場にも進出しています。ベビーシートは赤ちゃんの頭をしっかり守りつつ、苦しくない寝姿勢を保てるのが特徴。使いやすさと心地よさを重視し、コンパクトカーにも設置しやすい小型サイズに設計されているので人気があります。

ジョイー(joie)

By: amazon.co.jp

ジョイーはベビー用品メーカーである「カトージ」のブランド。ベビーシートはさまざまな種類があり、トラベルシステムとして使えるモノも多数あります。どの製品もデザインとカラーがシンプルで車種を選ばずに設置できるのが魅力。ベビーカーとベビーシートとベースがセットになった製品も扱っており、初めての購入でも悩まずに選べます。

アップリカ(Aprica)

By: aprica.jp

アップリカはベビーカーで有名な育児用品販売メーカー。ハイ&ローベッドや抱っこ紐も機能性とデザイン性が高いため人気があります。ベビーシートは軽量設計で、赤ちゃんを乗せても楽に移動できるのが魅力のひとつ。別売の専用ベースと組み合わせればISOFIX固定ができる製品も取り扱っています。トラベルシステム対応ベビーカーと組み合わせることで、幅広いシーンで便利に活用できるのが魅力です。

ベビーシートのおすすめモデル

コンビ(Combi) クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JN-570

軽自動車やコンパクトカーに設置しても車内が狭くならない小型設計のベビーシート。簡単に360°回転できるため、赤ちゃんを抱っこしたままでも座席の向きを調節可能。リクライニングもラクに3段階で調節できます。

頭部には衝撃吸収素材を採用した「エッグショック」を搭載しているのもポイント。座面にも赤ちゃんを優しく包み込むクッションがあり、揺れや衝撃から守ります。メッシュシートと通気孔によるエアゲート構造で通気性が高いのも魅力。R44に適合したおすすめの製品です。

コンビ(Combi) ウィゴー グランデ サイドプロテクション エッグショック DK

シートを3層構造にした「サイドプロテクションα」により、側面衝突などによる横からの衝撃からも赤ちゃんを守るベビーシート。衝撃吸収素材の「エッグショック」が柔らかい新生児の頭を包み込む形状になっているのもポイント。ベルトキーパーにシートベルトを引っかけられるため、シートベルトが邪魔にならずラクに赤ちゃんの乗せ降ろしができます。

取り外しが可能なメッシュほろは、車外からの強力な日差しから赤ちゃんを守ることが可能。また、本体に通気孔を設けたエアゲートと3Dメッシュシートにより、汗っかきな赤ちゃんの不快を軽減します。肩ベルトとヘッドレストが7段階に調節できるため、4歳頃まで使用できるのも魅力。価格も手頃で人気があるおすすめの製品です。

コンビ(Combi) チャイルドシート THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750

新安全基準の「R129」に適合したプレミアムモデルのベビーシート。幅44cmとコンパクトで、軽自動車でも後ろ向きのベッド型に設置できます。ママが後部座席に座ると赤ちゃんと向き合えるため、顔を見ながらドライブを楽しむことが可能です。

衝撃から赤ちゃんを守る「トラス構造」と「クラッシャブル構造」により、安全性能が高いのが魅力。柔らかい頭を包み込んで守る「エッグショック」も搭載されています。簡単に360°の回転と5段階リクライニングができるのもポイント。シートもカバーも外して丸洗いできるため、清潔を保ちやすいのも魅力です。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート フラディア グロウ 360°セーフティー プレミアム AB 2107

ドア側からの衝撃から赤ちゃんを守る機能を強化したベビーシート。本体両サイドには頑丈なプロテクター、内部には頭から足先までを守る「全身マモールクッション」が採用されているため、万が一のときにも赤ちゃんの未熟な体を守ります。

本体を進行方向に対して横向きに取り付けて、背もたれがフラットなベッド型として使用することも可能。小型設計でコンパクトカーの後部座席に設置しても隣に座れます。ISOFIX固定式でR129にも適合した人気の製品です。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート クルリラ AD 2122

シートベルト固定式とISOFIX固定式のどちらにも対応するベビーシートです。幅広い車種に対応できるため、里帰り時は実家の車にシートベルトで設置し、帰宅後は自分の車にISOFIX固定で設置するなどの使い分けが可能。背中とお尻の部分に通気性・クッション性・体圧分散性がある「シルキーエアー」を採用しており、長時間のドライブも快適に過ごせます。

赤ちゃんの首やお腹に負担がかかりにくい内角130°の姿勢で乗せられるのも特徴。衝撃吸収素材の「マシュマロGキャッチ」が赤ちゃんの頭をしっかりと守ります。機能性に優れたおすすめ製品です。

ジョイー(joie) チャイルドシート アイ・アーク360° 380

子供も親も、快適に使える機能を搭載したおすすめの製品。片手ワンタッチで360°回転ができるため、赤ちゃんの乗せ降ろしがラクにできます。シートにはメッシュ素材を採用し、背中と側面下に風の流れを生み出すエアホールがあるので、通気性がよく赤ちゃんが快適に過ごすことが可能です。

ドア側からの衝撃に備えた本体シェルとヘッドレストに加え、「ガードサラウンドセーフティパネル」が頭部への衝撃を最小限に抑えます。「R129」に適合しており、安全性能の高さが魅力です。

ジョイー(joie) チャイルドシート チルト 38111

価格の安さとコンパクト設計が魅力のベビーシート。本体の幅が44cm、重さが5.7kgと軽いため、車への設置もラクにできます。シートベルトでの固定も簡単でスムーズに使えるのがポイント。シートのデザインもおしゃれで車内が明るくなります。

柔らかいクッションシートが搭載されており、赤ちゃんの未熟な体を揺れや衝撃から守れるのがポイント。リクライニングは4段階から調節でき、新生児から4歳頃まで長く愛用できるおすすめ製品です。

カーメイト(CARMATE) チャイルドシート エールベベ クルット6i プレミアム BF941

安全性と快適性を追求した設計が特徴のベビーシート。5cm厚の2層衝撃吸収クッションと4cm厚の衝撃吸収材を組み合わせ、赤ちゃんの体をしっかりと包み込みます。

日差しに合わせて角度調節ができるフレキシブルサンシェードはUVカット率が99%と高く、刺激に弱い赤ちゃんの肌を紫外線からガードできるのが魅力。本体は片手で360°回転できるため、乗せ降ろしもラクにできます。肩ベルトを外さずに着脱できるシートは洗濯機で洗えるので、汚れても安心です。

日本育児 スマートキャリー ISOFIXベースセット

車で寝てしまった赤ちゃんをシートごとラクに運べるモノを探している方におすすめのベビーシート。ISOFIX固定式でベビーシートの着脱が簡単にでき、移動に便利なハンドルが付いています。ベースがセットになっており、購入してすぐに使えるのもポイントです。

車から取り外すとゆらゆら揺れるロッキングチェアとして使うことも可能。家の中で赤ちゃんを眠らせてから車で外出できるので、ぐずると運転に集中できない方にもおすすめです。

リーマン(LEAMAN) チャイルドシート ネディアップキャノピーα

本体サイドに「ベルトキーパー」が付いたベビーシートです。ベルトキーパーによってスペースが確保されるため、回転しなくてもスムーズに乗せ下ろしできるのがうれしいポイント。また、赤ちゃんを頭から包むキャノピーが光やエアコンの風を適度に遮り、快適に過ごせます。

肩ベルトとヘッドレストを同時に調節できるワンタッチ構造も便利。さらに、カバーは本体を車に取り付けたまま取り外せるので、こまめに洗濯できます。「R44」の安全性能も満たしており安心してドライブを楽しめるのも魅力の製品です。

ベビーシートのおすすめモデル|トラベルシステム付き

ジョイー(joie) ベビーシート i-Snug 38005

トラベルシステム付きのおすすめベビーシートです。同メーカーのベビーカー4機種に適合。自宅から車、車からベビーカーへの移動がラクにできるため、セットで購入しておくと便利です。撥水加工とUV加工が施されたキャノピーが搭載されており、ベビーカーで移動中に天候が変わっても雨や日差しから赤ちゃんをしっかりと守れます。

3層構造で頭を守る「トリプロテクトヘッドレスト」と新生児の体をしっかり支える「インテリフィットフォーム」により、未熟な赤ちゃんの体をしっかりと守れるのも魅力。「R129」にも対応し安全性能が高いので、安心して使える品質を備えたモノを探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica) ベビーシート スムーヴ TS インファント カーシート 2079

5WAYで活躍するおすすめのベビーシート。家の中ではゆらゆら揺れるロッキングチェアとして使えるので、家事をしている横に置いておけます。トラベルシステム対応でベビーカーにも取り付けられるため、買い物や上の子供のお迎えなど、一日を通して便利に使うことが可能です。

重さが2.6kgと軽量なのもうれしいポイント。シートの内角は首やお腹に負担をかけにくい130°でゆったり眠れます。シートベルト固定式ですが、別売のベースを購入すればISOFIX固定も可能。「R44」に適合しており、安全性能が高いのも魅力です。

マキシコシ(MAXI-COSI) ぺブル プロ アイサイズ エッセンシャルグラファイト QNY8799750120

軽自動車やコンパクトカーにおすすめのコンパクトサイズのベビーシートです。幅44×奥行67×高さ37.5cmとスリムなのが特徴。家事をする際に赤ちゃんを近くに寝させたり、レストランの座席に置いたりできるので便利です。

車側面の衝突から赤ちゃんを守る衝撃吸収素材を採用し、「R129」に適合しているのもポイント。シートベルト固定式ですが、別売りのベースを購入すればISOFIX固定式としても使用できます。

ブライタックス・レーマー(britaxromer) ベビーシート ベビーセーフプラスSHR II BRX25658

「ブリタックス・レーマー」は」イギリスとドイツのチャイルドシートメーカーが合併して生まれたブランド。本製品は、側面衝突時の衝撃を和らげる「D-SIP」を搭載しており、ヨーロッパの高い安全基準を満たしています。別売のベースを購入すれば、ISOFIX固定式としても使えるのがポイントです。

トラベルシステムとして使用する際は、ハンドルのボタン操作ひとつでベビーカーから着脱できるため、赤ちゃんを抱っこしていてもラクに扱えます。ヘッドレストとハーネスの高さ調節がワンタッチでできるのも便利です。

レカロ(Recaro) チャイルドシート サリアエリート

「R129」に適合したおすすめのベビーシート。安全性能の高さに加えて、さまざまな高機能を備えているのが魅力です。チャイルドシートにベビーキャリアがセットされた構造で、ベビーキャリアを外すことで、ベビーカーとドッキングして使用できます。

専用のベースに設置するとシートが360°回転するため、ラクに赤ちゃんを乗せ降ろしすることが可能。「側面保護機能」が搭載されており、万が一の場合に赤ちゃんへのダメージを軽減できます。特許を取得している「HEROハーネスシステム」により、ヘッドサポートと肩ベルトの高さをワンタッチ調節できるのもうれしいポイントです。