車の中でドリンクを飲むときに役立つ「車用ドリンクホルダー」。備え付けのドリンクホルダーでは場所が悪かったり、数が足りなかったりしたときに活躍します。製品によって設置場所や機能などが異なるので、用途に合ったモノを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめの車用ドリンクホルダーをご紹介します。選び方もあわせて解説するため、購入の際の参考にしてみてください。

車用ドリンクホルダーの選び方

用途に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

車用ドリンクホルダーを選ぶ際は、入れる飲み物のサイズをチェックしてみてください。特に、自分がよく飲むドリンクに合わせて選ぶことが大切。ペットボトルだけでなく缶や紙パックも飲む方なら、サイズ調節できるタイプがおすすめです。

サイズの目安にも注目。500mlのペットボトルを入れる場合、内径68~70mm以上の車用ドリンクホルダーが適しています。また、紅茶などの500mlの紙パック飲料を入れる場合、71mm以上の幅と奥行きが必要です。ただし、サイズが広すぎても隙間が生まれてしまうので、用途に合った大きさを選ぶようにしましょう。

設置場所をチェック

飲み物が取りやすい「エアコン送風口」

程よい高さに設置できてスムーズに飲み物を取り出しやすいのが、エアコン送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。車内中央のエアコン送風口だけでなく、サイドにも取り付けられるのが魅力。また、エアコンによって飲み物の温度を維持しやすいのもメリットです。

ただし、エアコンの送風口やフィンの形状によっては、適合しないアイテムがあるため注意が必要。なかには、フィンが固定されてしまうモノもあるので事前の確認が大切です。

取り付けやすい「窓下の隙間やシートの横」

窓ガラスとゴムの隙間やシート横に差し込むだけのタイプは、簡単に取り付けられるのが魅力。隙間やスペースがあれば、車種に関係なく対応できるのがメリットです。

なかには、後部座席で使用できるモノもあり、邪魔だと感じたらすぐに取り外せるのも嬉しいポイント。一方、運転中に揺れやすく、安定感に欠けるのがデメリットです。愛車の広さや内装に合わせて、運転の邪魔になりにくいサイズや形状のモノを選んでみてください。

使いやすさを向上させるなら「既存のドリンクホルダー」

By: carmate.co.jp

既存のドリンクホルダーに差し込むタイプなら、ほかのタイプよりも若干高い位置でドリンクを収納できます。アイテムによっては収納本数を増やすことも可能。位置を調節できるモノもあるため、既存のドリンクホルダーに比べて利便性が向上するのが魅力です。

ただし、本数を増やせる車用ドリンクホルダーを購入する場合、車の内装によっては設置できない場合があるので注意しましょう。回転したりスライドしたりするモノなら、内装に触れないよう位置や角度を調節できて便利です。

後部座席で使うなら「ヘッドレスト」

By: carmate.co.jp

後部座席にドリンクホルダーが欲しいなら、ヘッドレストに取り付けるタイプがおすすめ。ヘッドレストを外して装着するモノが多く、スペースを有効活用しながら後部座席の座り心地を邪魔しにくいのがメリットです。

なかには、スマホやティッシュ、小物などが置けるトレイ付きのアイテムもあります。例えば、フック付きならビニール袋やタオルなどを吊り下げられて便利。また、ヘッドレストを外さず取り付けられる簡易タイプだと、着脱をスムーズに行えて手軽に使えます。

あると便利な機能をチェック

保冷・保温機能

By: amazon.co.jp

長時間のドライブやアウトドア、車中泊などを行う場合は、保冷・保温機能付きの車用ドリンクホルダーがおすすめです。シガーソケットから電源を得ることで、簡単に飲み物の温度を保てるのが魅力。エアコンの温度に左右されにくく、最後まで適温で飲みたい方にぴったりです。

LEDライトで保冷か保温のどちらを設定しているのか判別しやすいモノもラインナップ。ただし、内径が小さいモノが多いため、普段飲んでいるドリンクのサイズに対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

スマホホルダー付き

車内でスマホを充電したり地図アプリを活用したりするときは、スマホホルダー付きの車用ドリンクホルダーが便利です。車内だとスマホをどこに置くか困るケースもあるため、スマホの置き場所としても活躍します。

ブレーキを踏んだ際に、スマホが足元に落ちてしまうリスクも軽減できるのもメリット。縦置きのモノや横置きにも対応しているモノがあるので、ぜひチェックしてみてください。

折りたたみ機能

By: seikosangyo.co.jp

折りたたみ機能を搭載したアイテムであれば、使わないときに邪魔になりにくく、すっきりした見た目を維持できるのが魅力。空間が広がり、運転中の圧迫感を軽減できるのもメリットです。

ドリンクホルダーを使用する頻度が少ない方なら、邪魔に感じてもわざわざ取り外す必要がないので便利。ドリンクの持ち運びがスムーズに行えて、大人数でのドライブや旅行の際にも活躍します。また、スペースが限られる軽自動車に乗っている方にもおすすめです。

車用ドリンクホルダーのおすすめ|運転席・助手席用

カーメイト(CARMATE) カップホルダー クワトロX DZ372


摩擦が少なく運転中でもスムーズに収納できる

エアコンの送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダー。縦フィン型・横フィン型・左右回転式丸型エアコンに取り付け可能です。直径70mmの丸形ペットボトルや缶、対角寸法72mmまでの角型ペットボトルなどを収納できます。

フラップ形状を採用しているため、運転中でも収納しやすいのが魅力。さらに、ドリンク容器と接触する部品は摩擦が少ない材質なので、スムーズに出し入れできます。

4点ホールド機構を採用しているため、ドリンクが傾きにくいのもメリット。安定感のある車用ドリンクホルダーを求めている方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) ツインカップホルダークワトロX DZ523


ダブルスライド機構搭載で位置を調節できる

既存のドリンクホルダーに差し込んで設置する、車用ドリンクホルダーです。直径70mmまでの丸型ペットボトルや車用の灰皿、対角寸法72mmまでの角型ペットボトルなどを収納できます。

ダブルスライド機構を搭載しており、位置を調節できるのが特徴。また、車に接する部品には、優れた振動吸収性を備えるエラストマークッションを採用しているのもポイントです。

4方向から容器を支えるので、カップタイプのドリンクが安定するのも魅力。加えて、フラップ形状を採用しており、運転中でもスムーズにドリンクを収納できます。収納性に優れた車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) ダンパー内蔵ドリンクホルダー DZ435


フィンを締め付けるクリップでガタつきを軽減

エアコンの送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。フィンを締め付けるクリップを採用しており、ガタつきを軽減できます。また、直径68mmまでのドリンクを収納可能です。

オイルダンパーを内蔵しており、ワンプッシュでアームとパネルが開くのも特徴。さらに、未使用時にはコンパクトに折りたためるため、邪魔になりにくいのもおすすめポイントです。

カーメイト(CARMATE) ドリンクホルダー スウィングスポット DZ472


エアコンの送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。直径72mmまでのドリンクを収納できるのが特徴。加えて、ツインフラップ構造を搭載しており、さまざまな形状のドリンクをスムーズに出し入れできます。

底面のクッションは緩衝性に優れているので、走行時のドリンクのガタつき音を軽減できるのもポイント。また、メタリック調ヘアライン仕上げが施されているため、見た目を重視する方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) ドリンクホルダー DZ475


エアコンの送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。直径70mm以下のドリンクを収納できるのが特徴。さらに、手帳型ケースに入れたスマホを置けるホルダーを搭載しているのもメリットです。

ホルダーはスライドできるため、開いたときにはドリンクとスマホを同時に収納可能。また、たたんだ時にはスマホホルダーとしてコンパクトに利用できます。スマホホルダー付きの車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) CF-8ドリンクホルダー クワトロ DZ559


エアコンの送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。横フィンタイプ・縦フィンタイプ・丸形エアコンタイプに取り付け可能。加えて、前後スライド構造を搭載しており、直径・対角の長さが52~74mmのドリンクを収納できます。

4方向からドリンクを支えるのが特徴。コンビニコーヒーなど、カップタイプの容器でも安定します。また、ドリンクと接触する部品には滑りがよい「ポリカーボネート樹脂」を採用しているため、スムーズに出し入れしやすいのもポイントです。

セイワ(SEIWA) スライドツインドリンク W364


500ml以下のペットボトルや太缶、紙パックなどを収納できる車用ドリンクホルダー。本体中央に、携帯電話やサングラスなどの小物を置けるスペースを設けているのもメリットです。

前面パーツをスライドすることで、ドリンクを置かないときはコンパクトにできるのもポイント。500mlの紙パック飲料を頻繫に購入する方におすすめの車用ドリンクホルダーです。

セイワ(SEIWA) ツインカップホルダー WA93


2つのドリンクを同時に収納できる車用ドリンクホルダー。既存のドリンクホルダーに差し込んで設置するタイプです。また、4点の固定ブロックにより、回すだけでしっかり固定できます。

回転可動アームを搭載しているのもポイント。可動ホルダーを約135°回転できるうえ、高さも調節できるので、手に取りやすい位置にドリンクを収納できます。可動ホルダーを増設できる車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 車載ドリンクホルダー 200-CAR047


保冷・保温機能を搭載した車用ドリンクホルダーです。シガーソケットから電力供給を行うことで、温度を調節できます。さらに、保冷モードと保温モードでLEDの色が変化するため、判別しやすいのもポイントです。

既存のドリンクホルダーに差し込むタイプで、直径10×高さ16cm以上のスペースが必要。また、直径72mmまでのペットボトルやコンビニコーヒー、缶ジュースなど、さまざまなドリンクを収納できます。温度調節が可能な車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

槌屋ヤック(TSUCHIYA YAC) ダブルドリンク プラストレイ ZE-32


本体を両面テープで固定するタイプの車用ドリンクホルダーです。500ml・600mlのペットボトルやコンビニカップなどを一度に2本まで収納できます。

ドリンクホルダーに加えて、小物などを置けるすべり止め付きのトレイを搭載しているのも魅力。また、トレイは開閉式なので、使わないときはすっきりと格納できます。据え置きタイプの車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

ラマス(Ramasu) 保冷保温ドリンクホルダー RA-ACH

保冷・保温機能を搭載した車用ドリンクホルダーです。シガーソケットからの給電により、温度調節が可能。さらに、LEDの色でモードを判別できるのも嬉しいポイントです。

既存のドリンクホルダーに差し込んで設置するタイプで、ペットボトル・缶・紙容器などを収納できるのも魅力。オールシーズン使える車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

ペルシード(Pellucid) スマートドリンクホルダー BK DK-1610


3点ホールド式を採用しているため、ドリンクをしっかり支えられる車用ドリンクホルダーです。600mlのペットボトルやコンビニコーヒー、太缶などを収納できます。

車内のインテリアに馴染みやすい、シンプルなデザインも魅力。スリムながらドリンクをしっかりホールドする車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

AURAX ドリンクホルダー


シートの隙間に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。ドリンクに加えて、スマホやカードなどの小物を収納できるのが特徴。さらに、5つのスペースに仕切られているため、整理しやすいのもポイントです。

ケーブルホルダーを搭載しており、スマホを縦置きで充電できるのも魅力。ドリンク以外のモノもすっきりと収納できる車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

車用ドリンクホルダーのおすすめ|後部座席用

カーメイト(CARMATE) リア用ポケット CZ340


ヘッドレストのポールに通して設置するタイプの車用ドリンクホルダー。左側は直径70mmまでの500mlペットボトルやふた付ドリンクなど、右側にはスマホやリモコンといった小物を収納できます。

ソフト素材を採用しているため、振動時のガタつき音を軽減できるのがメリット。小物も収納できる車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) 掛型ドリンク ペア SZ13


ヘッドレストやドアサイドに掛けて設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。ドリンク容器のサイズに合わせて、リングを2段階に調節できるのが特徴。細缶や太缶、500mlペットボトルを収納できます。

サイズが高さ170×幅82×奥行20mmと、コンパクトなのも嬉しいポイント。掛型タイプの車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

セイワ(SEIWA) リアシートトレイ W877


ヘッドレストが外れない車種にも取り付けられる車用ドリンクホルダー。500ml以下のペットボトルや紙パック、ボトル缶などを収納できます。

ドリンクを置かないときは小物を置くトレイとして使用できるのが特徴。さらに、コンビニ袋やティッシュボックスを掛けられるフックも付いているのも魅力です。

開閉が可能なうえ、厚さが29mmの薄型設計なのもメリット。さまざまなモノを収納できる車用ドリンクホルダーを求めている方におすすめです。

セイワ(SEIWA) ドアトリムカップホルダー W895


窓枠に差し込んで設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。コンビニコーヒーや500mlペットボトル、細缶などを収納できます。

使わないときはコンパクトに折りたためるのがポイント。また、取り付け金具により、2段階の長さ調節を行えます。取り付けやすいうえ、折りたためる車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

セイワ(SEIWA) シートオーガナイザー WA64


シートサイドに差し込んで設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。分割タイプのベンチシートでも使用可能。600mlのペットボトルやコンビニコーヒーなどを収納できます。

ドリンクのほかに、カード・駐車券・スマートキーなどの小物を入れるスペースも搭載しているのもポイント。また、収納部の底面にはケーブルを通せる穴が開いているので、充電しながらスマホを収納できます。

差し込むだけで簡単に取り付けられる車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

コモライフ(Comolife) ドリンクホルダー 390104


座席の隙間に差し込むタイプの車用ドリンクホルダーです。約1~2cmの隙間幅があれば、取り付けられるのが魅力。左向き・右向きに設置可能で、スマホやサングラスなどの小物も収納できます。

スナック菓子やファストフードを食べて汚れた場合でも、水洗いできるのがメリット。設置しやすい車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

星光産業(EXEA) リアドリンク&トレイ BK EB-191


ヘッドレストに取り付けるタイプの車用ドリンクホルダーです。ドリンクに加えて、スマホやガムなどを同時に収納できます。さらに、左右スライドや折りたたみも可能なのがポイントです。

カップホルダーリングはクロームメッキ仕上げが施されており、高級感のあるデザインも魅力。見た目を重視したい方におすすめの車用ドリンクホルダーです。

ナポレックス(Napolex) ソフトリアトレイワイド Fizz-1097


ヘッドレストステーに取り付けて設置するタイプの製品。マルチバンドを搭載しており、500mlペットボトルや500ml紙パックなどを収納できます。

ドリンクに加えて、ワイドサイズなトレイに多くの小物を置けるのもポイント。また、レジ袋などを掛けられるフックを搭載しています。さまざまなサイズのドリンクを置けるアイテムを求めている方におすすめです。

VORCOOL 車用ドリンクホルダー


ヘッドレストのポールにフックを掛けるタイプの車用ドリンクホルダーです。ドリンクのほかに、携帯電話やスナック菓子なども収納できます。

素材にプラスチックを使用しており、軽量なのが嬉しいポイント。また、コンパクトサイズなので、省スペースで設置できます。小型の車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

OKAHITA 車載ウォーターカップホルダー


ヘッドレストに取り付けるタイプの車用ドリンクホルダーです。さまざまなポケットを搭載しているため、ドリンクはもちろん、小物なども収納できます。

安定機能により、運転中でもテーブルが揺れにくいのが特徴。また、使わないときには折りたためるので、スペースを有効活用できます。省スペースで使える車内ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

TKY ドリンクホルダー

ヘッドレストやドアの窓ガラスの隙間に設置するタイプの車用ドリンクホルダー。ペットボトルや缶のほか、灰皿を収納できます。

ドリンクにフィットするアームを搭載しているのが特徴。また、縦140×横60mmとコンパクトなので、さまざまな位置に取り付けられます。簡単に置き場を増やせる車用ドリンクホルダーが欲しい方におすすめです。

車用ドリンクホルダーの売れ筋ランキングをチェック

車用ドリンクホルダーのランキングをチェックしたい方はこちら。