車のなかでドリンクを飲むときに役立つ「車用ドリンクホルダー」。備え付けのドリンクホルダーでは場所が悪かったり、数が足りなかったりしたときに活躍します。製品によって設置場所や機能などが異なるので、用途に合ったモノを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめの車用ドリンクホルダーをご紹介します。選び方もあわせて解説するため、購入の際の参考にしてみてください。

車用ドリンクホルダーの選び方

用途に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

車用ドリンクホルダーを選ぶ際は、入れる飲み物のサイズをチェックしてみてください。特に、自分がよく飲むドリンクに合わせて選ぶことが大切。ペットボトルだけでなく缶や紙パックも飲む方なら、サイズ調節できるタイプがおすすめです。

サイズの目安にも注目。500mlのペットボトルを入れる場合、内径68~70mm以上の車用ドリンクホルダーが適しています。また、紅茶などの500mlの紙パック飲料を入れる場合、71mm以上の幅と奥行きが必要です。ただし、サイズが広すぎても隙間が生まれてしまうので、用途に合った大きさを選ぶようにしましょう。

設置場所をチェック

飲み物が取りやすい「エアコン送風口」

By: amazon.co.jp

程よい高さに設置できてスムーズに飲み物を取り出しやすいのが、エアコン送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。車内中央のエアコン送風口だけでなく、サイドにも取り付けられるのが魅力。また、エアコンによって飲み物の温度を維持しやすいのもメリットです。

ただし、エアコンの送風口やフィンの形状によっては、適合しないアイテムがあるため注意が必要。なかには、フィンが固定されてしまうモノもあるので事前の確認が大切です。

取り付けやすい「窓下の隙間やシートの横」

By: amazon.co.jp

窓ガラスとゴムの隙間やシート横に差し込むだけのタイプは、簡単に取り付けられるのが魅力。隙間やスペースがあれば、車種に関係なく対応できるのがメリットです。

なかには、後部座席で使用できるモノもあり、邪魔だと感じたらすぐに取り外せるのもうれしいポイント。一方、運転中に揺れやすく、安定感に欠けるのがデメリットです。愛車の広さや内装に合わせて、運転の邪魔になりにくいサイズや形状のモノを選んでみてください。

使いやすさを向上させるなら「既存のドリンクホルダー」

By: amazon.co.jp

既存のドリンクホルダーに差し込むタイプなら、ほかのタイプよりも若干高い位置でドリンクを収納できます。アイテムによっては収納本数を増やすことも可能。位置を調節できるモノもあるため、既存のドリンクホルダーに比べて利便性が向上するのが魅力です。

ただし、本数を増やせる車用ドリンクホルダーを購入する場合、車の内装によっては設置できない場合があるので注意しましょう。回転したりスライドしたりするモノなら、内装に触れないよう位置や角度を調節できて便利です。

後部座席で使うなら「ヘッドレスト」

By: amazon.co.jp

後部座席にドリンクホルダーが欲しいなら、ヘッドレストに取り付けるタイプがおすすめ。ヘッドレストを外して装着するモノが多く、スペースを有効活用しながら後部座席の座り心地を邪魔しにくいのがメリットです。

なかには、スマホやティッシュ、小物などが置けるトレイ付きのアイテムもあり、フック付きならビニール袋やタオルなどを吊り下げられて便利。また、ヘッドレストを外さず取り付けられる簡易タイプだと、着脱をスムーズに行えて手軽に使えます。

あると便利な機能をチェック

保冷・保温機能

By: amazon.co.jp

長時間のドライブやアウトドア、車中泊などを行う場合は、保冷・保温機能付きの車用ドリンクホルダーがおすすめ。シガーソケットから電源を得ることで、簡単に飲み物の温度を保てるのが魅力。エアコンの温度に左右されにくく、最後まで適温で飲みたい方にぴったりです。

LEDライトで保冷か保温のどちらを設定しているのか判別しやすいモノもラインナップ。ただし、内径が小さいモノが多いため、普段飲んでいるドリンクのサイズに対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

スマホホルダー付き

By: amazon.co.jp

車内でスマホを充電したり地図アプリを活用したりするときは、スマホホルダー付きの車用ドリンクホルダーが便利です。車内だとスマホをどこに置くか困るケースもあるため、スマホの置き場所としても活躍します。

交通ルール内であればすぐにスマホを取り出すことができ、ブレーキを踏んだ際に足元に落ちてしまうリスクも軽減可能。縦置きのモノや横置きにも対応しているモノがあるのでチェックしてみてください。

折りたたみ機能

By: amazon.co.jp

折りたたみ機能を搭載したアイテムであれば、使わないときに邪魔になりにくく、すっきりした見た目を維持できるのが魅力。空間が広がり、運転中の圧迫感を軽減できるのもメリットです。

ドリンクホルダーを使用する頻度が少ない方なら、邪魔に感じてもわざわざ取り外す必要がないので便利。ドリンクの持ち運びがスムーズに行えて、大人数でのドライブや旅行の際にも活躍します。また、スペースが限られる軽自動車に乗っている方にもおすすめです。

車用ドリンクホルダーのおすすめ

カーメイト(CARMATE) カップホルダー クワトロX DZ372

4方向からドリンクを支える構造を採用した車用ドリンクホルダーです。隙間が生まれにくく、運転中にドリンクがこぼれにくいのが特徴。また、R形状に設計し、可変フラップシステムも採用しているので、ドリンクの出し入れがしやすいのも魅力です。

直径70mmまでのカップ・缶・丸型ペットボトルや、対角寸法72mmまでの角型ペットボトルなど、さまざまな形状のドリンクに対応。縦フィン型エアコン・横フィン型エアコン・左右回転式丸型エアコンの服出し口への取り付けが可能です。

スタイリッシュでシンプルなデザインもポイント。安定感のある車用ドリンクホルダーのため、コンビニやカフェでコーヒーをよく購入する方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) ジムニー専用 ドリンクホルダー2 NZ810

ジムニー・ジムニーシエラ専用の車用ドリンクホルダーです。助手席乗降グリップ・ステアリングサイド・運転席側と助手席側のドアグリップの4ヶ所に取り付け可能。ゴムキャップを外してボルトで締め付けるだけなので簡単です。

車両のボルト穴に付属のボルトで固定すれば、走行時も安定したホールド力を発揮。容器に合わせて無段階調節できるスライドウォールを搭載しているため、600ml・角型のペットボトルや細缶など、さまざまなドリンクを収納できます。

耐荷重1kgのコンビニフック付きなので、ビニール袋を引っ掛ければゴミ箱として活躍。ジムニーやジムニーシエラに乗っている方におすすめです。

Engync 車用ドリンクホルダー

既存のドリンクホルダーに取り付けるタイプの車用ドリンクホルダー。ホルダーを2つに増やせます。挿入部分は直径65~93mmに調節できるので、さまざまな車種に対応。飲み物などを入れるホルダー部分も位置を変えられるため、使いやすい位置に調節したり、エアコンの吹き出し口を塞がないようにしたりできて便利です。

4点ホールド設計なので、四方から包み込むように支えられるのもポイント。運転中も飲み物がこぼれにくく、ぶつかったり揺れたりする際に起こる騒音を軽減。最大直径は74mmと広いため、さまざまな形状の飲み物から灰皿、ミニゴミ箱まで使える汎用性の高さも魅力です。

専用テープが2枚付属しており、ダッシュボードにも装着可能。空間を圧迫しにくく、運転に集中しやすいメリットがあります。既存のドリンクホルダーをより効果的に使いたい方におすすめです。

ナポレックス(NAPOLEX) スマートフォンACホルダー Fizz-1018

ドリンクとスマホを一緒に収納できる車用ドリンクホルダーです。スマホ用のポケットは幅110mmまで対応できるため、大型のスマホも収納可能。左右のポケットをガイドレール上で移動させれば、首振りできてスマホの画面を見やすいのも魅力です。

サイズは、250mlの缶コーヒーから500mlの紙パック飲料まで対応。200gまで耐荷重があり、しっかりホールドできます。カーナビ代わりにスマホの地図アプリをよく使用する方にもおすすめです。

槌屋ヤック(TSUCHIYA YAC) ダブルドリンク プラストレイ ZE-32

置き型の車用ドリンクホルダーです。ドリンクホルダーが2つ付いており、開閉式のトレイが付属。小物などを置くのに便利です。使用しないときはすっきり収納でき、トレイには滑り止めを施しています。

コンビニのコーヒーや500ml・600mlのペットボトルをはじめ、太缶や細缶など、さまざまな飲み物を置けるのが特徴。両面テープで簡単に貼り付けられるアイテムながら、優れた安定感を発揮します。

複数の飲み物を飲みたい方や、なるべく省スペースで助手席分の車用ドリンクホルダーも用意したい方におすすめです。

槌屋ヤック(TSUCHIYA YAC) 80系 ノア・ヴォクシー専用 エアコンドリンクホルダー SYNV1

ノア・ヴォクシー専用の、運転席と助手席に対応した2個セットの車用ドリンクホルダーです。専用設計を施しているため、エアコン送風口にぴったりフィットします。取り付け後にフィンの動きを妨げないのも魅力です。

細缶・350ml缶・500~600mlのペットボトルに対応。底面にはクッションを配置し、運転中のガタつきを軽減できます。両面テープで固定するだけで簡単に取り付け可能。黒いツヤ感とシルバーラインを施したデザインは、内装に合わせて一体感を演出します。

ノアやヴォクシーに乗っていて、見た目にこだわりたい方やコスパ重視の方におすすめです。

星光産業 エクセア キルトA/Cホルダー2 EB-175

高さ63×幅83×奥行93mmのスクエアデザインの車用ドリンクホルダー。ペットボトルやカップ、タンブラーなど、さまざまな飲み物を置けるのが魅力です。また、前面にスライドポケットを搭載。幅が最大68mm、奥行が最大25mmまで開口し、スマホやリモコン、タバコなども収納可能です。

充電コードを通せるコードスルーホールを施しているのもポイント。3種類の樹脂クリップにより、さまざまなタイプのエアコン送風口に対応できます。さらに、高級感をプラスするダイアキルトデザインがおしゃれ。内装の雰囲気にこだわりたい方におすすめです。

星光産業 エクセア リアドリンク&トレイ EB-191

ヘッドレスト取り付け専用のトレイ付き車用ドリンクホルダーです。取り付けベースをヘッドレストに差し込むだけで簡単に取り付け可能。折りたたみ機能が使えるのも特徴です。使用しないときには邪魔になりにくく、すっきりとまとめられます。

また、100mmの左右スライドが可能。使いやすい場所に固定しやすく便利です。サイズは、高さ67×幅240×奥行220mm。スリットポケット付きなので、スマホや小物を置きやすいのもメリット。クロームメッキ仕上げのカップホルダーは、高級感が漂いおしゃれにデザインされています。

ドリンクホルダーの内径は70mmで、ペットボトルを入れやすいのもポイント。底面にコースターを施しているため、走行中の音を軽減できます。使い勝手のよい後部座席用の車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

星光産業 エクセア ドアドリンク&トレイ EB-190

フックを窓の隙間に差し込み、ドアに取り付けるタイプの車用ドリンクホルダーです。高さ70×幅240×奥行170mmのスリム設計のため、運転席側のドアに取り付けても邪魔になりにくいのが魅力。ミニバンや軽自動車ハイトワゴンにぴったりです。

ドアフックに加えて両面テープで貼り付ければ安定感がプラス。手軽で簡単な取り付け方法もうれしいポイントです。ドリンクホルダーの内径は70mmなので、ペットボトルや缶、コンビニコーヒーなど、幅広い飲み物に対応しています。

トレイにはクッションマットを施し、小物が傷付きにくい設計。スリットポケットが付いているため、イヤホンなどの細かいモノも綺麗に収納できます。ドア側のスペースを有効活用したい方におすすめの車用ドリンクホルダーです。

Root925 ドリンクホルダー

シートの横に差し込むだけの車用ドリンクホルダーです。センターコンソールとシートの隙間が30mmまでの車に対応可能。座席に取り付けても邪魔になりにくいよう緩やかなラインに設計されています。また、大容量の小物入れも魅力です。

USBのコードを通す穴が施されており、スマホの充電に便利。高強度のABS素材を採用しているため、飲み物をこぼしても拭くだけで簡単にお手入れができます。ドリンク部分は600mlのペットボトルまで収納でき、本体は面ファスナーで固定するので優れた安定感を発揮します。

さらに、スポンジ製のスペーサーが付属しており、隙間が多少広くてもスペーサーでしっかり固定できるのもうれしいポイント。収納力の高い車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 保温保冷 車載ドリンクホルダー 200-CAR085

保温・保冷機能を搭載した車用ドリンクホルダー。シガーソケットから電源を得ることが可能です。保温は最高約65℃・保冷は約-25℃まで底面プレートが変温し、ドリンクの温度を維持しやすいメリットがあります。

保温モードのときはLEDが赤色点灯、保冷モードのときはLEDが青色に光り、温度の状態をひと目で確認可能。また、ボタンひとつで保温と保冷のモード変更が行えて便利です。

内径は75mmと広く、コンビニのコーヒーから容量の多いペットボトルまで入れやすいのもポイント。既存のドリンクホルダーに差し込むだけで使える便利な車用ドリンクホルダーです。

カシムラ(Kashimura) スマートドリンクホルダー AK-206

使わないときはコンパクトに折りたためる車用ドリンクホルダー。付属したパーツと両面テープを使えば、エアコン送風口・ドアサイド・ヘッドレストの3パターンで取り付けられるのが魅力です。

エアコンクリップは3種類の長さから選べて、丸型ルーバーや角型ルーバーまで幅広く対応可能。また、傾き調節ブロックが付属しているため、好みに合わせやすいのもポイントです。ヘッドレストは太さ10mmと13~14mmのパイプに設置できます。

コンビニのコーヒーや太缶、500mlペットボトルを収納可能。折りたためば邪魔になりにくいだけでなく、おしゃれなカーボン調パネルが車内に馴染みます。利便性の高い車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

OKAHITA 多機能カップホルダー

既存のドリンクホルダーに差し込むタイプの車用ドリンクホルダーです。コップ型デザインの下ベースは360°回転でき、回すと4in1タイプとして使用可能。運転席や助手席などで使いやすい向きに設置しやすく、スペースを有効活用できるのが魅力です。

また、ドリンクを置くだけでなく、収納ボックスとしてスマホや鍵、小物などを置けるのもメリット。配線を通す穴が施されているため、スマホの充電がしやすく、縦置きでも横置きでも対応可能です。

底部はシリコンを採用し、既存のドリンクホルダーが傷付くのを軽減します。スマホサポートフレームには滑り止め加工を施し、優れた安定感を発揮。取り付け位置とカップホルダーに隙間が生じた場合は、スポンジパッドで埋めることで振動を低減できます。

置き場所に困る小物類を綺麗に収納したい方におすすめの車用ドリンクホルダーです。

VORCOOL 車用ドリンクホルダー

フックで引っ掛けるタイプの車用ドリンクホルダー。後部座席で使用する場合、ヘッドレストをわざわざ取り外さずに取り付けられるので便利です。また、引っ掛ける部分があれば後部座席以外でも使用可能。軽量のため、持ち運びや携帯に役立ちます。

サイズは高さ100×幅50×奥行50mmとコンパクトな設計なので、空間を圧迫しにくく省スペースで使えるのも魅力です。ドリンク以外にもスマホなどの小物入れとしても活躍。手軽に使える車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

セイワ(SEIWA) リアシートトレイ W877

ヘッドレストが外れない車種でも使用できるリアシート用の車用ドリンクホルダーです。500mlの紙パックやペットボトルなど、さまざまな飲み物に対応。折りたためるほか、厚さが29mmの薄型設計のため、使わないときも邪魔になりにくいのが特徴です。

両サイドにはフックが付属しており、ビニール袋を引っ掛ければゴミ袋として使用可能。さらに、下部にはティッシュボックスを掛けられるフックが付属しています。細かな気配りが施してある、後部座席用の車用ドリンクホルダーです。

THOUSAND Paper Cranes アップグレード版 車用 ドリンクホルダー

既存のドリンクホルダーに差し込み、下部ベースを回すと2in1タイプで使用できる車用ドリンクホルダー。下部ブラケットはシリコンクリップと保護ゴムリングを採用しているため、運転中の摩擦と衝撃を吸収してノイズを軽減できるのが特徴です。

上部は75~150mmの広さに調節できるので、ペットボトルからタンブラーまで幅広く入れられるのも魅力。カップの底は直径66mmのため、さまざまな車種に適応します。

スマホやタブレットホルダーとしても活躍する車用ドリンクホルダー。汎用性を重視して多機能なモノを探している方におすすめです。

車用ドリンクホルダーの売れ筋ランキングをチェック

車用ドリンクホルダーのランキングをチェックしたい方はこちら。