車の中でドリンクを飲むときに役立つ「車用ドリンクホルダー」。備え付けのドリンクホルダーでは場所が悪かったり、数が足りなかったりしたときに活躍します。製品によって設置場所や機能などが異なるので、用途に合ったモノを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめの車用ドリンクホルダーをご紹介します。選び方もあわせて解説するため、購入の際の参考にしてみてください。

車用ドリンクホルダーの選び方

用途に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

車用ドリンクホルダーを選ぶ際は、入れる飲み物のサイズをチェックしてみてください。特に、自分がよく飲むドリンクに合わせて選ぶことが大切。ペットボトルだけでなく缶や紙パックも飲む方なら、サイズ調節できるタイプがおすすめです。

サイズの目安にも注目。500mlのペットボトルを入れる場合、内径68~70mm以上の車用ドリンクホルダーが適しています。また、紅茶などの500mlの紙パック飲料を入れる場合、71mm以上の幅と奥行きが必要です。ただし、サイズが広すぎても隙間が生まれてしまうので、用途に合った大きさを選ぶようにしましょう。

設置場所をチェック

飲み物が取りやすい「エアコン送風口」

By: amazon.co.jp

程よい高さに設置できてスムーズに飲み物を取り出しやすいのが、エアコン送風口に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。車内中央のエアコン送風口だけでなく、サイドにも取り付けられるのが魅力。また、エアコンによって飲み物の温度を維持しやすいのもメリットです。

ただし、エアコンの送風口やフィンの形状によっては、適合しないアイテムがあるため注意が必要。なかには、フィンが固定されてしまうモノもあるので事前の確認が大切です。

取り付けやすい「窓下の隙間やシートの横」

By: amazon.co.jp

窓ガラスとゴムの隙間やシート横に差し込むだけのタイプは、簡単に取り付けられるのが魅力。隙間やスペースがあれば、車種に関係なく対応できるのがメリットです。

なかには、後部座席で使用できるモノもあり、邪魔だと感じたらすぐに取り外せるのもうれしいポイント。一方、運転中に揺れやすく、安定感に欠けるのがデメリットです。愛車の広さや内装に合わせて、運転の邪魔になりにくいサイズや形状のモノを選んでみてください。

使いやすさを向上させるなら「既存のドリンクホルダー」

By: carmate.co.jp

既存のドリンクホルダーに差し込むタイプなら、ほかのタイプよりも若干高い位置でドリンクを収納できます。アイテムによっては収納本数を増やすことも可能。位置を調節できるモノもあるため、既存のドリンクホルダーに比べて利便性が向上するのが魅力です。

ただし、本数を増やせる車用ドリンクホルダーを購入する場合、車の内装によっては設置できない場合があるので注意しましょう。回転したりスライドしたりするモノなら、内装に触れないよう位置や角度を調節できて便利です。

後部座席で使うなら「ヘッドレスト」

By: amazon.co.jp

後部座席にドリンクホルダーが欲しいなら、ヘッドレストに取り付けるタイプがおすすめ。ヘッドレストを外して装着するモノが多く、スペースを有効活用しながら後部座席の座り心地を邪魔しにくいのがメリットです。

なかには、スマホやティッシュ、小物などが置けるトレイ付きのアイテムもあります。たとえば、フック付きならビニール袋やタオルなどを吊り下げられて便利。また、ヘッドレストを外さず取り付けられる簡易タイプだと、着脱をスムーズに行えて手軽に使えます。

あると便利な機能をチェック

保冷・保温機能

By: amazon.co.jp

長時間のドライブやアウトドア、車中泊などを行う場合は、保冷・保温機能付きの車用ドリンクホルダーがおすすめです。シガーソケットから電源を得ることで、簡単に飲み物の温度を保てるのが魅力。エアコンの温度に左右されにくく、最後まで適温で飲みたい方にぴったりです。

LEDライトで保冷か保温のどちらを設定しているのか判別しやすいモノもラインナップ。ただし、内径が小さいモノが多いため、普段飲んでいるドリンクのサイズに対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

スマホホルダー付き

By: rakuten.co.jp

車内でスマホを充電したり地図アプリを活用したりするときは、スマホホルダー付きの車用ドリンクホルダーが便利です。車内だとスマホをどこに置くか困るケースもあるため、スマホの置き場所としても活躍します。

交通ルール内であればすぐにスマホを取り出すことができ、ブレーキを踏んだ際に足元に落ちてしまうリスクも軽減可能。縦置きのモノや横置きにも対応しているモノがあるのでチェックしてみてください。

折りたたみ機能

By: amazon.co.jp

折りたたみ機能を搭載したアイテムであれば、使わないときに邪魔になりにくく、すっきりした見た目を維持できるのが魅力。空間が広がり、運転中の圧迫感を軽減できるのもメリットです。

ドリンクホルダーを使用する頻度が少ない方なら、邪魔に感じてもわざわざ取り外す必要がないので便利。ドリンクの持ち運びがスムーズに行えて、大人数でのドライブや旅行の際にも活躍します。また、スペースが限られる軽自動車に乗っている方にもおすすめです。

車用ドリンクホルダーのおすすめ|運転席・助手席用

カーメイト(CARMATE) ツインカップホルダー クワトロX DZ523

人気メーカー「カーメイト」の、ホルダーが2つ付属した車用ドリンクホルダーです。純正ドリンクホルダーに差し込むだけで、ドリンク容器の置き場所を増やせるのが特徴。振動吸収性のあるエラストマークッションを採用し、優れたフィット感と安定感を有しています。

また、フラップ形状を採用し、運転中でも容器をスムーズに出し入れやすいのがメリットです。ダブルスライド機構を採用し、縦方向に105mm、横方向に30mmスライド可能。使いやすい位置に調節できて便利です。

4方向から包み込むように支える構造を施し、コンビニコーヒーなどのカップタイプもしっかりホールド。直径70mmまでの丸形ペットボトルや缶、対角寸法72mmまでの角型ペットボトルを収納できます。使い勝手のよいモノを探している方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) ドリンクホルダー 折りたたみタイプSP DZ530

折りたたみ式の車用ドリンクホルダー。使用しないときはスリムに収納でき、乗り降りの邪魔になりにくいのが特徴です。エアコン送風口に取り付けるタイプで、締め付けて固定するクリップが付属。さまざまな奥行きのフィンに対応できる、優れた汎用性が魅力です。

直径50~74mmの容器に対応可能。缶コーヒーや、重さ650g以下のペットボトル容器を入れられます。また、ホルダー内側にフラップを施しているため、細缶でもしっかりホールドできるのがポイントです。

底面にはEVA素材のクッションを搭載。走行中のガタつきを抑え、缶がカタカタ鳴る音を軽減できます。使い勝手に優れたモノを探している方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) ドリンクホルダー スマホタッチ 手帳ケース対応 DZ475

ドリンクとスマホを同時にホールドできる車用ドリンクホルダーです。手帳型ケースに入れたスマホにも対応しており、ケースから取り出さなくても設置できるのが特徴。引き出したときはドリンクとスマホの両方、折りたたんだときはスマホのみをホールドできます。

また、ホルダーはスライド可能なため、スマホのサイズに合わせやすいのがメリットです。エアコン送風口に取り付けるタイプで、直径70mm以下のペットボトルや缶、1辺が65mm以下の紙パック容器を収納できます。

内装の雰囲気に合わせやすい、黒とシルバーを基調としたスタイリッシュなデザインも魅力です。

カーメイト(CARMATE) 丸型専用ドリンクホルダー2 DZ539

丸型エアコンに乗っている方におすすめの車用ドリンクホルダーです。直径50~68mmのドリンクが収納できます。底面には緩衝性に優れたソフト素材を採用し、干渉音の軽減や滑り止め効果も発揮。スリムに折りたためるため、使わないときも邪魔になりにくいのが特徴です。

また、折りたたんだ際、正面がエアコンフィンのようなルーバーデザインなのもポイント。車内に馴染みやすいのが魅力です。エアコンフィンに締め付ける取付クリップが付属しているため、さまざまなフィン形状に対応できます。

セイワ(SEIWA) エアコンドリンク8ペア W351

エアコンに取り付ける2個入りの車用ドリンクホルダーです。風を通しやすい設計のため、エアコンの送風で保温や保冷が可能。オートフラップを採用し、細缶や太缶、500mlペットボトル、250ml紙パックを入れられます。

安定感に優れ、走行中も飲み物をしっかりホールドするのが魅力です。サイズは高さ89×幅87×奥行54mm。シンプルで使いやすい車用ホルダーを探している方におすすめです。

セイワ(SEIWA) スライドツインドリンク W364

ダッシュボードの上に設置するタイプの車用ドリンクホルダーです。高さ53×幅160×奥行78mmのコンパクトサイズながら大容量。ドリンクホルダーは2つ搭載し、前面パーツがスライドするので、細缶から500ml紙パックまで収納できます。

また、中央には小物スペースがあり、スマホやタバコなどを入れられて便利です。価格が安いため、気軽に購入しやすいのがポイント。車内にもう少し収納スペースが欲しいという方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 保温保冷 車載ドリンクホルダー 12V車専用 200-CAR047BK

保温保冷性能を備えた、12V車専用の車用ドリンクホルダーです。シガーソケットからの給電により、内側のプレートが変温。あたたかい飲み物も冷たいドリンクも、飲み頃温度を保って美味しく飲めるのが魅力です。

ボタンひとつでモードを選択でき、停止するのも簡単。LEDを搭載し、目視で保温モードと保冷モードを確認できて便利です。既存のドリンクホルダーに差し込むタイプで、直径10×高さ16cm以上のスペースがあれば設置できます。

内径は72mmなので、缶やペットボトル、コンビニコーヒーなどさまざまな容器に対応可能。夏も冬も美味しくドリンクを飲みたい方におすすめです。

ジェットイノウエ(JET INOUE) アシストグリップ固定式ホルダー カップタイプ 592011

車内のアシストグリップに取り付ける車用ドリンクホルダーです。約20~25mmのアシストグリップに対応可能で、がっちり固定できるため走行中も安定感があるのが魅力。また、角度を変えられるので、使いやすいように調節できるのがポイントです。

内径も調節でき、直径約55~70mmの飲み物だけでなく、灰皿も収納できます。スペースを有効活用して設置できる車用ドリンクホルダー。アシストグリップがある車に乗っている方におすすめです。

槌屋ヤック(TSUCHIYA YAC) Wドリンクイン PZ739

2本のドリンクを入れられる車用ドリンクホルダーです。トレイタイプや穴タイプ、引き出しタイプと、さまざまな純正ドリンクホルダーに差し込んで使用できます。特殊ローラーを採用しているため、飲み物の出し入れがスムーズなのが特徴です。

ドリンクサイズに合わせて、ホールド部分がスライド可能。500mlや600mlのペットボトル、350ml缶、細缶、500ml紙パック、コンビニコーヒーなど、幅広い容器を収納できます。

また、厚みに関係なく、幅が約90mmまでのスマホも収納可能。ドリンク2本を同時に入れるだけでなく、ドリンク+スマホ、ドリンク+小物類など、入れたいモノに合わせてカスタマイズしやすいのが魅力です。

AURAXドリンクホルダー

シートの隙間に差し込むタイプの車用ドリンクホルダーです。隙間に小物などが落下するのを予防しながら、綺麗にすっきりまとめられるのが魅力。スペースを有効活用でき、スマホや鍵、小銭など、置き場所に困る小物を収納できます。

ドリンクホルダーは、600mlのペットボトルまで対応可能。ポケット部分との一体化構造を施し、ドリンクを置かない場合に収納容量が増えるのが特徴です。スマホの専用収納スペースを搭載しているほか、ケーブルホルダー付き。ケーブルホールも付属し、縦置き充電が可能です。

強度に優れたABS素材を採用し、飲み物をこぼしてもさっと拭くだけで綺麗に保ちやすいのがポイント。小物類の保管場所に困っている方におすすめの車用ドリンクホルダーです。

ペルシード(Pellucid) スマートドリンクホルダー DK-1610

エアコン送風口に取り付ける車用ドリンクホルダーです。さまざまなエアコンフィンに対応できるので、使いやすいのが特徴。細缶や太缶、600ml以下のペットボトル、コンビニコーヒーを収納できます。

3点ホールド式を採用し、ドリンクをしっかり支えるのがポイント。シンプルでスリムなデザインが、車内インテリアに馴染みやすい車用ドリンクホルダーです。

車用ドリンクホルダーのおすすめ|後部座席用

セイワ(SEIWA) リアシートトレイ W877

ヘッドレストを外さなくても設置できる車用ドリンクホルダーです。ペットボトルやボトル缶をはじめ、500mlの紙パックや太缶もホールド可能。トレイが付属しているため、食べ物や小物置きとして活躍します。

使用しないときは邪魔にならないよう、折りたためるのがポイント。厚さ29mmのスリム設計なので、すっきりまとまります。本体両側にはフックを搭載。ビニール袋などを引っ掛けると、ゴミ箱として使えます。また、ティッシュボックスを掛けられるフックも付属しており便利です。

セイワ(SEIWA) ドアトリムカップホルダー W895

ドア掛けタイプの車用ドリンクホルダーです。コンビニコーヒーや細缶、太缶、ボトル缶などの缶類、500ml以下のペットボトルが収納可能。取り付け金具により2段階の長さ調節ができるので、使いやすい高さに設置できます。

取り付けステーの入る隙間があれば、後部座席だけでなく運転席や助手席でも使える優れた汎用性が魅力。使用しないときは、折りたためてすっきり収納できるのがポイントです。サイズは高さ102×幅86×奥行20mm。コンビニコーヒーをよく飲む方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) リア用ポケット ソフトタイプ CZ340

エラストマーを採用した車用ドリンクホルダーです。ソフト素材のため、走行中のガタつき音を軽減できるのが魅力。ヘッドレストポールに通すだけなので、取り付けが簡単です。

ドリンク収納部分は内径が70mmあるため、500mlのペットボトルやフタ付きドリンクを入れられます。収納ポケットも付属しているため、スマホからゲーム機、おもちゃ、お菓子まで収納できて便利です。

子供も安心して使いやすい、柔らかい素材の車用ドリンクホルダー。家族でお出かけするときに活躍するモノを探している方におすすめです。

コモライフ(Comolife) 差し込み式車載ホルダー

座席の隙間に差し込むタイプの車用ドリンクホルダーです。左右どちら向きでも使え、飲み物などの置き場所に困る後部座席で活躍します。ドリンクホルダーや携帯・小物ホルダー、ペンホルダーを搭載し、さまざまな小物をすっきり収納できるのが魅力です。

差し込む場所があればどこでも設置できるため、運転席や助手席、リビングのソファでも使える優れた汎用性を有しています。取り付け可能な隙間幅は約1~2cm、本体サイズは約高さ205×幅275×奥行100mm。持ち運ぶ小物が多い方におすすめの車用ドリンクホルダーです。

星光産業(SEIKOSANGYO) EXEA リアドリンク&トレイ EB-191

ヘッドレスト取り付け専用の車用ドリンクホルダーです。取り付けベースをヘッドレストに差し込むだけで、簡単に取り付けられます。使用しないときはコンパクトに折りたためるため、邪魔にならずすっきりまとめられるのが魅力です。

100mmの左右スライドが可能なので、使いやすい場所に固定できます。ドリンクホルダーは内径70mm、トレイは約幅220×奥行130mm。トレイ部分にはクッションマットを施しているため、スマホを置いても傷が付くのを予防できます。

また、スリットポケットを搭載。ちょっとした小物を入れられて便利です。ドリンクホルダーは、飲み物を置いたときに走行中の音を軽減できる仕様。クロームメッキ仕上げのカップホルダーは高級感があり、車内をおしゃれに彩ります。多機能な車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

ナポレックス(NAPOLEX) ソフトリアトレイワイド Fizz-1097

ヘッドレストステーにベルトで取り付ける車用ドリンクホルダーです。幅200mmのワイドサイズで、小物などがたっぷり置けるのが特徴。また、ドリンクホルダーはバンドタイプです。細缶から500mlペットボトル、500ml紙パックまで、さまざまなサイズの飲み物をホールドできます。

トレイ部分にはフチを設け、振動で小物が落ちるのを予防。ベルトでトレイの角度を調節できるため、使いやすいよう設置できます。さらに、ビニール袋を引っ掛けられるフックが付属し、ゴミ箱として使えて便利です。

折りたたみタイプで、使わないときはすっきり収められるのがポイント。使いやすい車用ドリンクホルダーを探している方におすすめです。

VORCOOL 車用ドリンクホルダー

フックで引っ掛けるタイプの車用ドリンクホルダーです。ヘッドレストを取り外すことなく、手軽に使用できるのがメリット。引っ掛ける部分があれば、後部座席以外でも使用できて便利です。

サイズは約高さ100×幅50mmとコンパクト設計。飲み物がこぼれないようしっかり収められ、スマホや小物なども入れられます。空間を圧迫せず、省スペースで利用できる車用ドリンクホルダーです。

OKAHITA 車載ウォーターカップホルダー

ベルトをヘッドレストに通すだけで装着できる車用カップホルダーです。安定感に優れ、走行中でも揺れを軽減。折りたたみタイプのため、スペースを有効活用しやすいのが魅力です。

ドリンクホルダーに加えてトレイが付属しているのもポイント。飲み物やスマホ、小物などが置けます。また、トレイにはスマホを立てられるアクセサリーを搭載し、映画や動画が観やすいのが特徴。子供を後部座席に乗せる機会が多い方におすすめです。

SeaHome 車トレー 折りたたみ式

ヘッドレストにベルトを掛けて取り付ける車用ドリンクホルダーです。優れた収納力を有し、ドリンクホルダーに加えてトレイも付属。スマホや小物類の収納だけでなく、簡易テーブルのように使って食事などが行えます。

ABS素材を採用した頑丈な作りもポイント。耐圧性にも優れ、変形しにくいのがメリットです。コンパクトに折りたため、使わないときはすっきりさせられます。

グレーストリム(GRACE TRIM) シート差込タイプ コンソールボックス CZ-CSLA

シートの隙間に差し込む車用ドリンクホルダー。差し込み位置を3段階で調節できるため、使いやすい場所に置けて便利です。また、マジックベルトでアームレストにも設置可能。幅広い車種に対応しています。

内径や深さが異なる3つのドリンクホルダーを搭載。ペットボトルや紙パック、コンビニコーヒー、持ち手付きのマグカップまで、さまざまな飲み物を入れられます。ポケットもあるので、幅75mmまでの大型スマホや電子タバコなども収納できるのが魅力です。

コンソールボックスの横でも使える車用ドリンクホルダー。大人数で車に乗る機会が多い方におすすめです。

車用ドリンクホルダーの売れ筋ランキングをチェック

車用ドリンクホルダーのランキングをチェックしたい方はこちら。