Bluetoothの普及により、音楽はワイヤレスで送受信して聴く機会も増えてきています。とはいえ、少し前のカーステレオや古いラジカセなどでは、Bluetoothによる接続ができません。

そこで活躍するのが、音源をワイヤレス化できる「FMトランスミッター」。Bluetooth対応機なら、ペアリングで気軽に音楽を楽しめるのがポイントです。そこで今回は、FMトランスミッターのおすすめ機をランキング形式でご紹介します。

FMトランスミッターとは?

By: amazon.co.jp

FMトランスミッターとは、入力された音源をFMラジオの周波数を利用して送信する機器です。電波が届く範囲にあるFMラジオ受信機で簡単に音楽を楽しめます。製品のほとんどが手の平に収まる小型サイズで携帯にも便利。FMはAMに比べ周波数帯域が広く、ノイズも少ないのが特徴です。

FMトランスミッターは、Bluetooth接続によるワイヤレス方式が普及する以前から製品化されています。技術的にも完成されているため安定性が高く、さらに比較的低コストでワイヤレス環境を構築できるのも魅力です。

FMトランスミッターの選び方

対応電源で選ぶ

By: amazon.co.jp

FMトランスミッターの多くは自動車内での使用を想定しています。そのため、シガーソケットから電源を取るタイプがほとんどです。

自動車用電源は普通乗用車でDC12Vですが、トラックはDC24V。FMトランスミッターの中には24V入力に非対応の機種もあるので、トラックで使いたい方はスペックを必ず確認しておきましょう。

対応入力で選ぶ

By: elecom.co.jp

FMトランスミッターへの音声入力はBluetoothとアナログ入力が主流。Bluetoothの普及と低価格化もあり、購入しやすいのが魅力です。カセットテープのような旧来の記録媒体とは有線のアナログ(AUX)入力でなければ直接入力できないので、使いたい場合はアナログ入力の有無をチェックしてみてください。

Bluetooth入力機では対応コーデックも重要です。Bluetoothはコーデックにより音質が変わります。できるだけ高音質なコーデックで入力できた方がFM送信する際にも有利です。

標準のSBCに加えて、AACがあればiOS機から、aptXがあればAndroidやPCから高音質な伝送が可能。さらに、SDカードやUSBメモリからの入力に対応する機種もあります。

ハンズフリー通話機能などの便利機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

Bluetooth入力対応機のなかには、マイクを内蔵することで、スマホでのハンズフリー通話が可能な機種もあります。自動車内での使用時には便利な機能です。

また、USBポートを装備し、外部USB機器への充電が可能な機種もあります。USBポートを2つ、なかには3つ以上備える機種もあり、同時に多くのUSB機器を充電したい方には便利です。

最近のFMトランスミッターは単に音楽を入力してFM送信するだけでなく、多くの便利機能が追加されているモノが増えています。音楽ソースへの入力対応も多様で、自動車用の小型音楽プレイヤーとして活用できるアイテムです。

周波数をチェック

By: amazon.co.jp

FMトランスミッターは、音楽をFM電波に変換してカーオーディオに送信するアイテムです。そのため、既存のラジオ局周波数に近い場合や近くで同じ周波数のFM電波が利用されている場合には、混戦してノイズが発生する可能性があります。

混戦によるノイズを防ぐには、利用しているFM周波数の切り替えが有効。ラジオ局や周囲で使われていないFM周波数を選択すれば、混戦を避けられます。FMトランスミッターを購入する際は、選択できる周波数が複数あるモデルがおすすめ。混戦した際に別の周波数に切り替えて、クリアなサウンドで音楽を楽しめます。

FMトランスミッターのおすすめランキング

第1位 アンカー(ANKER) Roav FM Transmitter F0

アンカー(ANKER) Roav FM Transmitter F0

急速充電対応のUSBポートを2基搭載したFMトランスミッターです。スマホやデジタルオーディオプレイヤー(DAP)とは、Bluetoothを利用して接続。音楽を楽しみながら、曲を再生するデバイスをUSB充電できます。

スマホを接続して利用する場合は、FMトランスミッターのボタンを押すだけで着信に応答可能。本体にノイズキャンセリングマイクを搭載しているので、運転中にハンズフリー通話を行いたい方におすすめです。

音質面では、強化されたFM信号とノイズキャンセリングテクノロジーによって、クリアなサウンドを実現。FM周波数は、78~90MHzの間で自由に切り替えられます。再生・停止・曲送りを操作するボタンが搭載されているので、スマホやDAPをいちいち取り出す必要がない点もおすすめです。

第2位 ジャパンアベニュー(JAPAN AVE.) FMトランスミッター JA996

ジャパンアベニュー(JAPAN AVE.) FMトランスミッター JA996

カーチャージャーやドライブレコーダーやなどを製造するメーカーが、音質にこだわって開発したFMトランスミッターです。独自の高性能ATSチップを採用しており、CDに迫るほどの高音質サウンドを実現しています。

また、独自ノイズリダクション技術によって、ノイズを大幅に低減。Bluetooth4.2による接続のほか、付属のAUXケーブルを使ったアナログ接続やUSBメモリの利用にも対応しています。

ジャパンアベニューが無償提供するiPhone・Android専用音楽アプリを使えば、周波数の切り替えや音楽操作も簡単。SpotifyやAmazon Musicなどの音楽再生アプリとも連携させられます。

周波数の切り替えは76~90MHzまで自由に設定可能。周囲のFM電波と干渉しにくく、クリアな音質が楽しめます。音質・機能共に充実しているFMトランスミッターを求める方におすすめです。

第3位 エレコム(ELECOM) 2.4A 4ch BluetoothFMトランスミッター EC-FM02

エレコム(ELECOM) 2.4A 4ch BluetoothFMトランスミッター EC-FM02

パワフルな低音再生が可能な重低音モードを搭載したFMトランスミッターです。BASSボタンを押すだけで通常モードと切り替えできるので、曲にあわせてモードを使い分けられます。

接続方式はBluetoothによるワイヤレスで、FM周波数は88.1・88.3・88.5・88.7MHzの4種類に対応。音楽・動画音声を聴く以外に、コンテンツ保護規格である「SCMS-T」に対応しているので、ワンセグ音声も聴けます。

日本国内の大手メーカーらしく、わかりやすい説明書が付属している点もメリット。初めてFMトランスミッターを購入した方でも簡単に接続できます。最大8台までのマルチペアリングに対応しているので、スマホやタブレット、DAPなど複数の機器を使って音楽を楽しむ方におすすめです。

第4位 Ewin FMトランスミッター EW-020-01

Ewin FMトランスミッター EW-020-01

12・24Vの電圧に対応しており、さまざまな車種で使えるFMトランスミッターです。一般的なFMトランスミッターのシガーソケットは約50mmの長さですが、本製品は62mm。乗用車だけでなく、トラックやマイクロバスでも使用できます。

Bluetoothによるワイヤレス接続に加え、アナログAUX入力にも対応。microSDカードスロットも装備しているので、さまざまなデバイスから音楽を楽しめます。

本体のほかにLightning・micro USB・USB Type-C兼用の充電ケーブルが付属。急速充電対応のUSBポートを2基搭載しているので、スマホやiPhoneでの利用におすすめです。

第5位 TC FMトランスミッター FM01

TC FMトランスミッター FM01

1.5インチの大型ディスプレイを搭載したFMトランスミッターです。スマホの着信・車のバッテリー電圧・音量・FM周波数・曲名といった情報を表示。上下90°範囲でディスプレイ角度を変えられるので、運転席から見やすいアングルに調節できます。

本体には、再生・停止・曲送りなどの操作が行えるリモコンが付属。大型ディスプレイに表示される曲名・曲数が見やすいので、リモコンを使えば後部座席からでも操作できます。

接続方式はBluetoothによるワイヤレス接続のほか、USBフラッシュメモリーや3.5mmオーディオケーブルを使用したアナログ接続、microSDカードに対応。

豊富な接続方式や大型ディスプレイ・リモコンを採用した快適な操作性など、高い機能を備えているにも関わらず、リーズナブルな価格で購入できるのが魅力のモデルです。

第6位 ベステック(BESTEK) FMtransmitter BTBC06S

ベステック(BESTEK) FMtransmitter BTBC06S

多機能ながらリーズナブルな価格で購入できるFMトランスミッターです。接続方式はBluetoothによるワイヤレス接続のほか、USBフラッシュメモリーを使用可能。FM電波による送信以外にAUX出力に対応しているので、アナログ入力ができるカーオーディオとの接続に便利です。

FM周波数は76~90MHz内で幅広く設定できるので、電波干渉によるノイズを抑えたい方におすすめ。本体にはUSBポートを2基装備しており、音楽再生している端末を充電しながら使えます。

また、スマホと接続すれば、内蔵マイクによってハンズフリー通話も可能。コストパフォーマンスに優れたFMトランスミッターなので、初心者にもおすすめです。

第7位 オーディオテクニカ(audio-technica) FMトランスミッター AT-FMT900

オーディオテクニカ(audio-technica) FMトランスミッター AT-FMT900

3.5mmステレオミニプラグを使用したアナログ入力専用FMトランスミッターです。ケーブルを挿すだけで音楽再生用端末と接続できるので、Bluetooth対応デバイスを所有していない方におすすめです。

走行中の騒音に埋もれてしまいがちな小さな音を持ち上げ、クリアな再生を可能にする2種類のモードを搭載。シンプルな入力方式ながら、高音質再生を可能にしている点が特徴です。また、液晶画面にはバックライトを搭載しているので、暗い車内や夜間でもFM周波数を簡単に確認できます。

ノイズの少ない周波数を自動でスキャンして表示する機能が搭載されているのもポイント。電波干渉を避けてクリアな音質で再生できるので、高音質で音楽を楽しみたい方におすすめです。

第8位 オーキー(Aukey) FMトランスミッター BT-C4

オーキー(Aukey) FMトランスミッター BT-C4

リーズナブルな価格で購入できるシンプルな機能のFMトランスミッターです。有線接続専用のFMトランスミッターなので、3.5mmステレオミニジャックを持つ端末であれば、ケーブルを差し込むだけで簡単に接続できます。

FM周波数は88.1~107.9MHzと幅広い範囲に対応。電波干渉を受けにくく、混線した場合でも違う周波数に切り替えやすいのが特徴です。

12Vと24Vの両方に対応しているので、車種を選ばず使用できるのもポイント。シンプルながら必要な機能はしっかり搭載しているので、コスト重視でFMトランスミッターを探している方におすすめです。

第9位 ジェイフォース(J-Force) ブルートゥースFMトランスミッター JF-BTFM2K

ジェイフォース(J-Force) ブルートゥースFMトランスミッター JF-BTFM2K

幅広いBluetoothコーデックに対応しているFMトランスミッターです。標準のSBCに加えて、AACやaptXなど高音質音声データ伝送に対応。低遅延でクオリティの高いサウンドを求める方におすすめです。

接続はBluetoothによるワイヤレス接続のみに対応。2mまでの範囲で接続できるので、後部座席に乗車していても使えます。FM電波は、6帯域の周波数をボタンを押すだけで簡単に切り替え可能。ワンセグ音声が聴けるコンテンツ保護規格「SCMS-T」に対応しているのもポイントです。

シンプルなデザインながら、充電用のUSBポートを搭載しているので、ケーブルさえ用意すればスマホやDAPを充電しながら使えます。本体の操作部は可動式なので、見やすい角度に調節できるのもおすすめポイントです。

第10位 ACTOPP FMトランスミッター F10

ACTOPP FMトランスミッター F10

スタイリッシュなデザインと快適な操作性が魅力のFMトランスミッターです。アルミ合金仕様で高級感のあるダイヤルボタンを本体上部に搭載。周波数の切り替えや音楽操作が簡単に行えます。

Bluetoothによるワイヤレス接続のほか、USBフラッシュメモリーやmicroSDカードにも対応。MP3・WMA・WAV・FLACなど、幅広い音源ファイルの再生ができます。

FM周波数は76~108MHzの間で自由に設定可能。電波干渉時にノイズの少ない周波数に簡単に切り替えできます。本体側面にUSBポートを3基搭載しているので、スマホやタブレット、DAPなど複数の端末を同時に充電できるのも魅力のモデルです。