高速道路をはじめとする有料道路の料金をキャッシュレスで支払える便利なシステム「ETC車載器」。設置方法や搭載されている機能などが異なる幅広いタイプが展開されているため、それぞれの特徴をチェックして選ぶのがポイントです。

そこで今回は、ETC車載器の選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分や愛車に合ったETC車載器を選ぶための参考にしてみてください。

ETC車載器とは?

By: amazon.co.jp

ETCカードの挿入により、高速道路などの料金所にあるアンテナとの無線通信で料金収受ができる装置がETC車載器です。自動で料金が支払えるため、ノンストップで料金所を通過できます。

また、タイプによって設置方法や価格帯などがさまざまなので、ニーズに応じて選ぶのが重要。現在では料金収受だけではなく、カーナビとの連動など多機能を搭載した「ETC2.0」という最新規格のモデルも需要を高めています。

なお、ETC車載器自体には通行料金清算の機能は備わっていないため、キャッシュレスで有料道路を利用する場合にはETCカード挿入が必須。料金精算はETCカードを契約している名義人の扱いとなります。

ETC車載器の選び方

タイプをチェック

2ピースタイプ(アンテナ一体型)

By: rakuten.co.jp

本体とETCカードで構成されているのが2ピースタイプのETC車載器です。アンテナと本体が一体になっており、ダッシュボード上やフロントガラスなどアンテナが電波を受信しやすい場所に設置します。ほかのタイプと比べて、リーズナブルな価格のモデルも多いのが特徴です。

本体を外から見えやすい場所に設置するため、車を離れる際にはETCカードを抜いておくのがおすすめ。とくに抜き忘れを警告する機能を搭載したモデルが便利です。ETCカードはほかの車のETC車載器でも使用できるため、盗難の被害に遭わないよう注意しておきましょう。

3ピースタイプ(アンテナ分離型)

By: kenwood.com

本体とアンテナが分離しているのが3ピースタイプのETC車載器です。本体を好みの位置に設置できるのが特徴。運転席の足下周りやコンソールボックス内に隠すような状態で取り付けられます。アンテナの小さいモデルなら目立ちにくく、車の内装をすっきりさせたい場合におすすめです。

アンテナにLEDライトが内蔵されており、カード挿入の有無を確認できるモデルは、運転席から見えづらい場所にも設置が可能。ただし、本体とアンテナをつなぐコードを取り回して配線する必要があります。

ビルトインタイプ

車のダッシュボードなどに組み込んで設置するのがビルトインタイプのETC車載器。車を購入する際にオプションで取り付けてもらうのが一般的です。

もっとも目立たないタイプで防犯性に優れています。車の内装の雰囲気を損なわずに設置したい場合にもぴったり。ただし、取り付けをカーショップやディーラーに依頼する場合は、取り付け料金がかかります。また、後付けする場合は車種に適合しているかをチェックしておきましょう。

音声機能をチェック

By: amazon.co.jp

ETC車載器にはカードの挿し忘れや抜き忘れを防ぐために、音声機能を搭載しているモデルがあります。ブザーで知らせるタイプや人の声で知らせるタイプなど、モデルによってさまざま。なかには、利用料金やカードの有効期限を音声で知らせるタイプも販売されています。

ETCカードを差し忘れたままや有効期限が切れたままで料金所を通過しようとするのは危険です。とくにはじめて購入する場合には、音声機能の有無をしっかりとチェックしておきましょう。

ETC2.0をチェック

2016年に運用を開始した最新規格がETC2.0です。従来型のETCが料金収受に特化した規格だったのに対して、さまざまな用途やサービスにも使えるのが特徴。全国約1700カ所の「ITSスポット」に対応しており、カーナビと連動して回避ルート検索を行えるモデルも販売されています。広域の渋滞情報を受信し、リアルタイムで情報を表示できて便利です。

合流地点や急カーブなどを事前に知らせるサービスも提供。落下物や事故、規制などのリアルタイムな情報も通知します。高速道路走行中に、道の駅へ立ち寄りたい場合にも活躍。一時的に高速道路を退出しても、追加料金がかからないのでおすすめです。

新セキュリテイ対応モデルもおすすめ

料金収受に関わるETCのシステムを安全に使用するためには、セキュリティの高さをチェックするのが非常に重量。国土交通省は2030年頃までにセキュリティ面の向上を目的にセキュリティ規格の変更を予定しています。

セキュリティ規格の変更後は旧式のモデルが使えなくなるため、今後ETC車載器を購入する場合には新セキュリティ対応のモデルを選ぶのがおすすめ。19桁の車載器管理番号1桁目が1の場合は新セキュリティ対応、0であれば旧式と識別できます。ETCマークの下に「●●●」のマークがある機種も新セキュリティ対応モデルです。

価格をチェック

ETC車載器の価格は、タイプや機能によってさまざまです。数千円から数万円まで幅広く販売されています。取り付け料金がかかる場合やオプションを購入したい場合は、本体の料金だけでなくトータルの金額も重要です。

高機能なモデルほど高価格になる傾向があります。必要な機能と価格のバランスを比較して、自分の用途にあったモノを選んでみてください。

ETC車載器のおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ETC2.0車載器 CY-ET2010D

本体とアンテナが分かれている3ピースタイプのETC車載器です。最新規格ETC2.0に対応しており、さまざまなサービスを受けられるのが特徴。高速道路での安全運転支援や渋滞回避、道の駅への一時退出などの多機能でドライブをサポートするおすすめモデルです。

国土交通省が将来予定している新セキュリティ規格にも対応。変更後も安心して使用できるのがポイントです。

また、万一の事故時にドライバーや同乗者を傷つけないよう、保安基準に準拠した部品形状を採用しています。運転席の足元やコンソールボックス内など、外から見えないように取り付けできるセキュリティの高さも魅力。見た目もスマートで、邪魔になりにくいETC車載器です。

第2位 パナソニック(Panasonic) ETC車載器 CY-ET2505VD

ダッシュボードに置くタイプのアンテナが付属しているETC車載器です。アンテナをフロントガラスの近くなど、目に入りやすい場所に置きたい方におすすめ。本体は運転席足元やコンソールボックス内などに設置できます。

ETC2.0により、高速道路での安全運転支援や割引を受けられるのが魅力。将来実施される予定のセキュリティ規格にも対応しています。

同社のカーナビ「ストラーダカーナビステーション」と連携して使えるのも便利。利用料金や履歴などをカーナビ画面に表示して知らせるほか、カーナビ側から音声を出力するので、より安全な走行が可能です。

第3位 パイオニア(Pioneer) ETC2.0ユニット ND-ETCS2

本体とアンテナが分かれているETC車載器です。アンテナと本体にLEDを内蔵しており、カードの挿入状態をひと目でチェック可能。読み込みエラー通知機能も搭載しているので、不具合にも気づきやすいのが特徴です。

約1700カ所ものITSスポットを活用するETC2.0に対応。渋滞情報・安全運転支援・災害時支援などのサービスによって、高速道路での安全な運転をサポートします。

第4位 日立(HITACHI) ETC車載器 HF-EV715

光と音声でさまざまな情報を確認できるETC車載器。利用料金や履歴を日本語音声とメロディで案内するのが特徴です。また、本体とアンテナにはLEDを内蔵。イルミネーションの色で、カードの挿入状態も確認できるなど、挿し忘れや抜き忘れを予防できるおすすめモデルです。

分離されたアンテナは、アタッチメント不要でフロントガラスやダッシュボードに貼り付け可能。動作電圧DC12Vと24Vに対応しており、乗用車以外の四輪車にも取り付けできます。

第5位 パイオニア(Pioneer) ETC車載器 ND-ETCS10

小型アンテナと本体が分離しているETC車載器です。本体が小型なので、運転席の足元やコンソールボックス内に設置可能。すっきりと取り付けたい方におすすめのモデルです。

アンテナに内蔵したLEDのイルミネーションによって、カード挿入の有無を確認できるのがポイント。エラーが発生した場合はひと目で認識可能です。

ETC2.0対応でさまざまなサービスを受けられるのも魅力。ITSスポットを通じて受信した情報を本体内蔵のスピーカーから出力します。交通情報に加え、安全運転支援や災害時支援の情報も受け取れる便利なETC車載器です。

第6位 三菱電機(MITSUBISHI) ETC車載器 EP-6319EXRK

幅30.2×奥行き30.2mmのコンパクトなアンテナを付属しているETC車載器。本体を運転席の足元やコンソールボックス内に設置して、セキュリティを高めたい方におすすめです。

ブザー、LEDの点灯でさまざまな情報を通知。加えて、ETCカードの有効期限を音声で案内するなど安全な料金所通行をサポートします。機能性が高く、スマートに設置できるモデルです。

第7位 JVCケンウッド(KENWOOD) カーナビ連動型ETC2.0車載器 ETC-N3000

同社のカーナビ「彩速ナビ」と連動するETC車載器です。渋滞回避や安全運転支援情報をカーナビ画面に表示できるおすすめモデル。道路交通情報や走行履歴、経路情報のデータを利用したサービスにも対応予定です。ETC2.0の新サービスにも対応予定なので、より安全かつ快適な運転のサポートが期待できます。

また、ETCカードの挿し忘れや抜き忘れを防ぐ警告機能を搭載。音声案内やブザー音、LEDランプなどで情報を確認しやすいのが魅力です。

第8位 JVCケンウッド(KENWOOD) カーナビ連動型 高度化光ビーコン対応 ETC2.0車載器 ETC-N7000

「高度化光ビーコン」対応のETC車載器です。「ケンウッド カーナビゲーションシステム 彩速ナビ」と連携することで、通常の光ビーコン情報だけでなく、交差点の信号情報も受信するのがポイント。アイコンと音声で信号の情報を知らせます。

ITSスポットを活用して渋滞回避や安全運転を支援するETC2.0に対応。ETCカードの挿し忘れ・抜き忘れの警告や利用履歴の確認ができるなど、機能性の高さが魅力です。

第9位 フルノ(Furuno) GPS付き発話型ETC2.0車載機 FNK-M100

GPSを内蔵しているETC車載器です。本体単独でETC2.0に対応し、カーナビがない車にもおすすめ。渋滞回避支援や安全運転支援などの情報を音声で通知し、ドライバーの安全かつ快適な運転をサポートするモデルです。ほかにも、視認性に優れた大型LEDを採用しています。

ETC利用履歴やエラー履歴などの確認が可能。ETCカードの有効期限通知にも対応しており、カードが有効期限切れの状態で料金所に侵入してしまうリスクを軽減できます。

第10位 三菱電機(MITSUBISHI) ETC車載器 アンテナ・スピーカー一体型 EP-5312BD

アンテナと本体が一体のETC車載器です。幅70×高さ16×奥行き80mmのコンパクトサイズで、付属の設置用スタンドを使ってダッシュボード上にすっきりと設置できます。

カード抜き忘れ警告機能を搭載しており、セキュリティの高さも特徴。ほかにも、ETCカード有効期限案内により、期限切れに気づかないで料金所に侵入する危険を回避できるのもポイントです。

第11位 デンソー(DENSO) 音声タイプETC車載器 DIU-9500

本体とアンテナが分離しているETC車載器です。付属の小型アンテナは約幅28×高さ29×奥行き9mmで、フロントガラスに設置できます。

ETCカードの挿し忘れや抜き忘れを警告する機能を搭載。また、有効期限の通知など、安全な料金所通過をサポートします。

ETCカードの読み書きエラーを対策できる「クリーニングカード使用通知機能」も便利。高速道路でのゲート通過不可を予防できます。

第12位 アルパイン(Alpine) ETC2.0車載器 HCE-B120

2020年以降の「アルパインカーナビNXシリーズ」に対応しているETC車載器です。ETC2.0に対応しており、交通情報をリアルタイムで受信可能。また、渋滞情報や地震などの災害情報などを提供することで、より安全な運転を支援します。

同社のカーナビと接続して、画面に利用料金を表示しながら音声案内する機能も便利。運転時でも前方から目線を外すことなく、情報を確認できるのが魅力のアイテムです。

第13位 パナソニック(Panasonic) ETC2.0車載器 CY-ET2620GD

準天頂衛星システム「みちびき」を経由し、防災機関からの危機管理情報を受信できるETC車載器。地震・津波・気象などに関わるさまざまな災害情報を音声によって知らせるのが特徴です。また、ETCカードの挿入・未挿入・抜き忘れや、有効期限・利用料金・利用履歴なども音声で案内します。

本体のサイズが幅7×高さ1.9×奥行き9.6cmとコンパクトなのも魅力。運転席の足元やコンソールBOXなど、幅広い箇所に設置しやすい製品です。

なお、新セキュリティにも対応しているので、セキュリティ規格変更後も使用できます。また、電源電圧は12Vと24Vに対応しており、普通車だけではなく大型車への設置にもおすすめのETC車載器です。

第14位 フルノ(Furuno) ETC車載器 アンテナ分離型 FNK-M16

シンプルな設定で、価格が比較的安いのが特徴のETC車載器。有料道路を利用する機会が少ない方や、必要最低限の機能に絞り、コストを抑えて選びたい方などにおすすめのモデルです。LEDランプにより、ETCカード挿入状態などを一目で確認できる機能を搭載しています。

本体のサイズは幅7.2×高さ1.75×奥行き9.48cmとコンパクト。アンテナ分離型で、車内の目立ちにくい場所に設置しやすいのも魅力です。アンテナはダッシュボード上やフロントガラスといった電波を受信しやすい箇所に設置できます。

さらに、利用履歴は100件まで確認可能。また、新セキュリティ対応モデルなので、規格変更後まで長く使えるのもポイントです。

第15位 デンソー(DENSO) GPS付発話型 ETC2.0対応車載器 DIU-A010

ETC2.0に対応したETC車載器。渋滞情報・危険状況・災害発生などを音声で知らせます。GPSを内蔵した小型ETCアンテナを採用し、フロントガラスなどにも設置しやすいのが特徴です。

また、ETCカードの挿し忘れや抜き忘れなどの場合に警告する機能も備わっています。そのほか、利用履歴の確認も可能です。

さらに、デジタルタコグラフと連携しており、ETCの利用情報を加えた車両の運行データも記録できます。トラックなど、業務用車両の運行を管理するのにもおすすめのETC車載器です。

第16位 パイオニア(Pioneer) ETCユニット ND-ETC40

単独でスマートに使用できるスタンドアローンタイプのETC車載器です。カーナビと連動する必要がないため、さまざまな車で使用可能。本体のサイズは幅7×高さ1.7×奥行き10.5cmとコンパクトなので、省スペースで設置しやすいのも特徴です。

さらに、小型アンテナを採用しているので、ルームミラーの裏など目立ちにくい場所に設置できるのもポイント。また、スピーカーも内蔵されており、音声で利用料金・履歴・累積料金をはじめ、ETCカードの有効期限や未挿入も案内します。

使いやすく多機能なうえ、価格が比較的安いのも魅力。コスパの高さにこだわる方にもおすすめのETC車載器です。

ETC車載器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ETC車載器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。