エンジンを良好な状態でキープするのに欠かせない「エンジンオイル」。種類が豊富なため、車に乗る機会が多い方でも、どれを選んだらよいか迷うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのエンジンオイルをご紹介します。選び方のポイントや交換時期の目安もあわせてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

エンジンオイルとは?

エンジンオイルとは、エンジン内を循環するオイルです。人間でいう心臓がエンジンだとしたら、エンジンオイルは血液のような役割を果たします。エンジン下部にある「オイルパン」に入っており、「オイルポンプ」によって汲み上げられ各所に送られる仕組みです。

主な役割は、金属同士の摩耗などを軽減する「潤滑作用」、ピストンとシリンダーの隙間を密閉してガス抜けを防ぐ「密封作用」、熱を吸収してオーバーヒートを防ぐ「冷却作用」、エンジン内部をきれいに保つ「洗浄分散作用」、錆を防ぐ「防錆作用」の5つ。

エンジンオイルを定期的に交換することで、よいコンディションを保てるため、エンジンを長持ちさせる効果が期待できます。

エンジンオイルの選び方

車種にあった適性規格をチェック

より長く快適に車に乗るには、自分の車種にあったエンジンオイルを選ぶのも大切です。車種にあった適正規格は、付属の取り扱い説明書だけでなく、カー用品店やインターネットで調べられる「オイル適合表」を参考にしてみてください。

車検証に記載してある「車両型式」を元に、適正規格のエンジンオイルを確認できます。車種と同じメーカーのモノを選ぶのが安心ですが、コスト面で他メーカーのモノを使用したい場合に便利です。

種類をチェック

By: amazon.co.jp

4ストロークエンジン用

4ストロークエンジン用は、ガソリンエンジンオイルやディーゼルエンジンオイル、ユニバーサルオイルが展開されています。ガソリンエンジンオイルは、ガソリンエンジンを搭載した自動車やバイクなどに使うのが特徴です。

ディーゼルエンジンオイルは、ガソリンエンジンオイルに比べて酸を中和させるアルカリ成分が添加剤に多く含まれています。なぜなら、ディーゼル車の燃料になる硫黄を含んだ軽油は、燃焼すると硫黄酸化物になりエンジン内部を腐食させる原因になるため、中和させる必要があるからです。

そのため、ガソリン車にはディーゼルエンジンオイルを使用できますが、ディーゼル車にガソリンエンジンオイルを使うのはおすすめできません。ガソリン車とディーゼル車兼用でエンジンオイルを使用したい場合は、ユニバーサルオイルが適しています。

2ストロークエンジン用

2ストロークエンジンが搭載された一部のオートバイなどには、2ストロークエンジンオイルを使用します。4ストロークエンジンのように、エンジンオイルを一度抜いてから新しいオイルに入れ換える手間がありません。

現在は、オートバイも4ストロークエンジンを搭載している車種がほとんどです。しかし、2ストロークエンジンを搭載したオートバイもあるので、エンジンオイルを購入する前に確認しておきましょう。

ベースオイルをチェック

By: amazon.co.jp

鉱物油

鉱物油は、原油から不純物を取り除いたオーソドックスなベースオイル。価格は、ほかのモノに比べて安いのが特徴。ただし、酸化しやすく劣化も早いため、こまめなオイル交換が必要です。

短距離の通勤やちょっとした買い物、週末だけに乗るだけなど、走行距離が少ない方に適しています。品質より価格を重視したい場合は、ぜひチェックしてみてください。

部分合成油

部分合成油は、鉱物油に化学合成油または水素化精製油を20~30%混ぜあわせたベースオイル。鉱物油の弱点を混合した成分で補うように精製されているのが特徴です。価格はそこまで高くなく、基本的な性能も備えていますが、化学合成油に比べると耐熱性に劣ります。

長距離の通勤や高速道路を頻繁に利用するなど、走行距離が比較的長い方におすすめです。品質と性能面のバランスが取れているモノを探している方は、確認してみましょう。

化学合成油

化学合成油は、潤滑に最適なオイルを分子化し、エンジン内の洗浄と環境によい添加剤を化学合成させた高性能なベースオイル。劣化しにくくオイルの減りも遅いので、交換頻度が少ないのが特徴です。

レーシングカーにも使われるほどで、輸入車やスポーツカーに乗っている方に適しています。価格はほかのモノに比べ高い傾向にありますが、エンジンの摩耗を防ぎ、スムーズな走行と車の環境を整えます。

粘度をチェック

By: amazon.co.jp

エンジンオイルの推奨粘度は、車種や気温、走行条件などによって異なります。付属の取り扱い説明書に外気温によって最適な粘度を記載してあるので、参考にしてみてください。

製品の容器には「5W-30」「0W-20」などの数字が記載されていて、Wの前にある数字は低温時の粘度の低さを表し、数字が小さいほどオイルは柔らかく、寒い地域に適しています。ハイフンの右の数字は高温時の粘度の高さを表し、数字が大きいほどオイルは硬く、暑い地域や夏場の走行時に向いているのが特徴。

日本車では、5W-20や5W-30のオイルを多く指定される傾向があります。また、エコカーには低粘度のオイルがおすすめです。

品質規格をチェック

By: amazon.co.jp

エンジンオイルには、API規格とILSAC規格などの品質規格があり、それぞれランク付けされています。API規格は、米国石油協会(API)やアメリカ自動車技術者協会(SAE)、アメリカ材料試験協会(ASTM)が定める規格です。

ガソリンエンジン用オイルはグレードに分類され、アルファベットが進むにつれてグレードが上がっていきます。また、ILSAC規格は国際潤滑油標準化認定委員会(ILSAC)が定めた規格。API規格の「SH」以上のグレードを元に省燃費性能を加えています。

使い切れる容量かチェック

By: takumi-motoroil.co.jp

エンジンオイルは一度で使い切りやすい4L缶や、数回に分けて使用する20L缶など幅広い容量で展開されています。酸素や熱で劣化して無駄にしないよう、使用期限までに使い切れる容量のモノを選びましょう。

使用期限が記載されていない場合は、2年以内に使い切れるモノを購入するのがおすすめ。また、開封すると酸化しやすくなるため、密閉度が高い状態で保管するのも重要です。

エンジンオイルのおすすめメーカー

カストロール(Castrol)

By: amazon.co.jp

イギリス王室で使用されたり、モータースポーツのスポンサーで活動したりと世界的に知名度の高いオイルメーカー「カストロール」。1899年にイギリスで創業し、自動車やオートバイのエンジンオイルだけでなく、船舶用潤滑油まで幅広く展開しています。

また、合成油や部分合成油、化学合成油、燃費性に優れた省燃費オイルやディーゼルオイルなどエンジンオイルのタイプも豊富です。そのため、自分の車に適切なモノを見つけやすいのがポイント。なかでも、化学合成油は高性能だと評判です。

モービル(Mobil)

By: amazon.co.jp

過酷な環境下でもエンジンを保護し、優れたオイル性能を発揮する合成油を取り扱う「モービル」。F1などのモータースポーツで蓄積された技術を活かしています。

グローバルスタンダードなエンジンオイルとして、ポルシェやメルセデス・ベンツ、トヨタ、ホンダなど、55社以上の自動車メーカーで使用されているのも特徴。市販仕様からプロ仕様まで、さまざまなニーズに応えています。

ILSAC規格のGF-5を有するハイグレードなモノも展開されているため、省燃費性能を向上させたい方にもおすすめです。

ワコーズ(WAKO’S)

ワコーズ(WAKO'S) PRO-S40 プロステージS 10W40

By: rakuten.co.jp

エンジンオイルや添加剤、カーメンテナンス製品を製造している日本のメーカー「ワコーズ」。現場の情報を収集し、自社内の研究開発設備で分析や開発を行った後、現場へフィードバックしています。

ワコーズの製品は、街乗りや一般道を多く走行する方向けの「PRO-S プロステージS」や、国産車だけでなく輸入車の規格にも対応した「4CT-S フォーシーティーS」など、幅広いユーザーに適しているのが魅力です。

エンジンオイルのおすすめ

カストロール(Castrol) エンジンオイル GTX DC-TURBO 10W-30

カストロール(Castrol) エンジンオイル GTX DC-TURBO 10W-30

20年以上にわたるロングセラーのエンジンオイル「GTX DC-TURBO」。ベースオイルは鉱物油、粘度は10W-30です。API規格は、SM/CFとハイグレードなのが特徴。

4輪のガソリン車とディーゼルエンジン車の両方に使えます。 また、耐熱性能に優れているため、DOHC(ツインカム)やターボチャージャーなどを搭載した高出力・高性能エンジンにも安心して利用可能です。

エンジン内各部の金属の摩擦抵抗を軽減したり、エンジン内のススなどの発生を抑制したりするのもメリット。街中などでのストップ&ゴーが頻繁で、エンジンにホコリが溜まりやすい場合に、故障を引き起こす原因を減らせます。

カストロール(Castrol)エンジンオイル EDGE 5W-30

カストロール(Castrol)エンジンオイル EDGE 5W-30

「EDGE」シリーズは、カストロール独自の技術「チタンFST(チタン油膜強化技術)」を採用しています。強靭なオイル皮膜を形成するため、エンジン内部の金属パーツの摩耗を抑制し、保護するのが特徴です。

粘度は5W-30で、低温下では始動性がよく、高温下では耐熱性に優れています。ガソリンエンジン用オイルのAPI規格はトップクラスのSNグレードで、ディーゼルエンジン用オイルは中間のCFです。

本製品は省燃費性能が高く、エンジンの保護性能も良好なため、高いエンジンパフォーマンスを長期間発揮させる効果が期待できます。高速走行や長距離走行だけでなく街乗りなど、幅広いドライビングに適しているのも魅力です。

モービル(Mobil) エンジンオイル モービル1 5W-30

モービル(Mobil) エンジンオイル モービル1 5W-30

粘度5W-30の化学合成エンジンオイル。省燃費規格ILSACのGF-5グレードに適合しているので、燃費を抑え、二酸化炭素の排出も軽減します。低摩擦特性にも優れており、エンジンの摩耗を防ぐのが特徴です。

ターボ車などの燃費を向上させたい方におすすめ。また、さまざまなタイプの4サイクルガソリン車やディーゼルエンジン車にも使用できます。

モービル(Mobil) エンジンオイル モービル1 0W-20

モービル(Mobil) エンジンオイル モービル1 0W-20

ガソリン車とディーゼルエンジン車用のエンジンオイル。省燃費性能や保護性能、低摩擦特性に優れ、燃費よく走行できるうえにエンジンの劣化も防いでくれるのが特徴です。API規格はSN/CFでグレードが高いのもポイント。

粘度は0W-20と低めなので、寒い地域で走行する方に適しています。また、ハイブリッド車などのエコカーにもおすすめです。

ワコーズ(WAKO’S) PRO-S40 プロステージS 10W40

ワコーズ(WAKO'S) PRO-S40 プロステージS 10W40

小排気量から大排気量エンジン、ターボ車まで幅広く使用できる4ストロークエンジンオイル。次世代のベースオイル技術「3Dテクノロジー」と、独自技術の「リキッドセラミックステクノロジー(LCT)」をあわせることで、元来相反するレスポンス性能と耐熱ダレ性能を両立させています。

本製品は4輪車だけでなく、JASO規格にも適合しているため、2輪車でも利用できるのがポイント。粘度は10W-40です。「PRO-S」シリーズは、渋滞時のストップ&ゴーや、アイドリングが多い街乗りなどをする方に適しています。

ワコーズ(WAKO’S) 4CT-S40 フォーシーティーS 5W40

ワコーズ(WAKO'S) 4CT-S40 フォーシーティーS 5W40

APIやACEA(欧州自動車工業会)をはじめとする各種規格に適応しているエンジンオイルです。粘度は5W40。フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツ、BMWなどのカーメーカーの認証も得ているため、国産車だけでなく、欧州車にも対応しています。

また、2輪車と4輪車のどちらにも使用できるのもポイント。車だけでなく、バイクに乗っている方も、チェックしてみてください。

日産自動車(NISSAN) 日産純正エンジンオイル SNスペシャル 5W-30

日産自動車(NISSAN) 日産純正エンジンオイル SNスペシャル 5W-30

20L大容量タイプのガソリン車用エンジンオイル。複数の車を所有している家庭に適しています。ただし、量が多いので、酸化しないよう保管には注意しましょう。

ベースオイルは部分合成油です。API規格はSNグレードのため、省燃費性に優れ、厳しい環境基準を満たしています。粘度は比較的低めの5W-30で、エンジン内の抵抗は少なく低燃費を持続できるのもポイントです。

TAKUMIモーターオイル エンジンオイル 5W-30

TAKUMIモーターオイル エンジンオイル 5W-30

HIVIベースオイルテクノロジーを採用した「HIGH QUALITY」シリーズのエンジンオイル。従来のベースオイルと異なり、高度水素分解精製で生成されており、圧倒的に不純物が少ないのが特徴です。そのため、潤滑性能や冷却性能、密封性能などエンジンオイルの基本性能をバランスよく向上させています。

また、エンジン内の汚れを浄化する性能にも優れており、エンジンオイルが長持ちしやすいのもポイント。約10000km以上の走行でオイルを交換しましょう。コスパのよいモノを探している方におすすめです。

モチュール(Motul) 300V FACTORY LINE ROAD RACING 10W40

モチュール(Motul) 300V FACTORY LINE ROAD RACING 10W40

モチュール独自の技術によって作りだされたバイク用エンジンオイルです。エステル・コア テクノロジーとは、MotoGPなどの世界的コンペティションで培ったノウハウから誕生した革新的なベースオイルの配合技術です。

本製品は、従来の「300V 4T Factory Line」と比較して馬力は約1.3%、トルクは約2.5%向上しました。また、耐摩耗性と保護性能に優れ、オンロード用バイクやオフロード用バイクを快適に乗車できるのもポイント。

粘度は10W40で、中~大排気量のバイクや、高トルク型の高性能バイクやスポーツバイクに乗っている方におすすめです。サーキット走行からストリート走行まで幅広いシーンで活躍します。

アッシュ(A.S.H.) FSE E-Spec 5W-30

アッシュ(A.S.H.) FSE E-Spec 5W-30

エンジン内の汚れの原因を抑えるために、ポリマーを使用していないエンジンオイル。オイル自体も劣化しにくいため、ベストな状態を長く保ちやすいのが特徴です。そのため、交換サイクルは10000〜15000kmに十分対応できます。

本製品は、磁石のような物理吸着エネルギーを持つエステル化学合成油を100%使用しているのもポイント。モータースポーツや厳しい環境下での走行を楽しみたい方におすすめです。

トヨタ(TOYOTA) キャッスル 5W30

トヨタ(TOYOTA) キャッスル 5W30

API規格SN/CFや、ILSAC規格GF-5の厳しい審査基準をクリアしたハイグレードなエンジンオイルです。4ストロークのガゾリン車やディーゼル車、ターボ車などに使用できます。また、マルチバルブDOHCなどの高性能なエンジンを搭載している車にも最適。

容量は20Lなので、複数の車をメンテナンスする場合に便利です。ベースオイルはスタンダードな鉱物油ですが、高温時のオイル循環性能や、高速運転時の安定性に優れています。

ホンダ(Honda) ULTRA SUPER FINE

ホンダ(Honda) ULTRA SUPER FINE

ホンダの2ストローク用エンジンオイルです。エンジンオイルを抜かずに追加できるため、オイル交換の手間が少ないのが特徴。JASO規格はFCグレードで、排気系の閉塞性に優れています。そのため、排気煙が少なくクリーンです。

容量は1Lと比較的少なめなので、そこまでの距離を走行しない方におすすめ。また、スムーズにスクーターを乗車したい方に適しています。

番外編:エンジンオイルの交換時期は?

By: amazon.co.jp

エンジンオイルの交換時期は車種によってさまざまです。走行距離を目安にする場合、ガソリン車なら3000〜15000km、ディーゼル車なら5000〜20000km、ターボ車なら5000km程度で交換しましょう。

また、期間を目安にする場合は、前回の交換時から半年〜1年に1回交換するのがおすすめです。ガソリンと同様に少しずつ燃焼していくので、可能ならばエンジンオイルの減り具合をレベルゲージなどで確認してみてください。

手間はかかりますが、エンジンを良好な状態で維持することで、愛車を長く乗り続けられます。