電動アシスト自転車が登場した当初は、子ども乗せ用の主婦向けモデルが主流でした。一方最近では、スタイリッシュな通勤・通学用、走行性能が高いスポーツ用、安定感があって乗りやすい高齢者向けモデルなどラインナップも充実しています。今回は、そんな電動アシスト自転車の選び方と用途別のおすすめモデルをご紹介します。

電動自転車と電動アシスト自転車の違い

電動自転車は、法律上では原付きまたは自動二輪として扱われる

電動自転車は、ペダルをこがなくてもモーターの動力だけで走行できる自転車のことです。しかし道路交通法上では自転車ではなく、原動機付自転車または自動二輪に分類されます。

そのため、運転する時は運転免許および自賠責保険への加入が必要です。当然ヘルメットを着用しなくてはならず、歩道を走行できません。電動アシスト自転車と区別するため、フル電動自転車と呼ばれることもあります。なお、日本ではあまり流通しておりません。

電動アシスト自転車は、法律上では普通の自転車と一緒

電動アシスト自転車は、ペダルをこがなければモーターが作動しない自転車のことです。時速24km以上になると電動モーターによるアシストができなくなります。

また、「駆動補助付自転車」とも呼ばれており、規定の車両基準を満たした製品だけが型式認定を受けることが可能です。道路交通法上では普通の自転車と同様に扱われます。

電動アシスト自転車の選び方

電動アシスト自転車であることを確認する

By: cycle.panasonic.jp

上に述べたように”電動アシスト自転車”は、法律上は普通の自転車扱い、”電動自転車”は、法律上原付きまたは自動二輪扱いです。したがって、電動アシスト自転車であることをしっかりと確認します。

また、輸入品の場合は、日本の型式認定を取得していない電動自転車が販売されていることもあります。自転車とはみなされず、原付きまたは自動二輪扱いとなるので、公道上で運転すると道路交通法の処罰の対象になるので注意が必要です。

ヤマハやブリヂストン、パナソニックなどは電動自転車を販売していないので安心して購入できます。迷った時はこれらのメーカーからリリースされている日本製品を選ぶとよいでしょう。

電動アシスト自転車の形状や車両タイプを選ぶ

By: yamaha-motor.co.jp

自転車は形状によって乗り心地や使い勝手が大きく違ってきます。そのため用途に応じて、電動アシスト自転車の形状を選ぶと安心です。

電動アシスト自転車の形状はシティサイクルや軽快車、いわゆる”ママチャリ”タイプが多いのが特徴です。最近では、スポーティーなマウンテンバイクやクロスバイクタイプもラインナップされています。

さらに、折りたたみ式電動アシスト自転車や、高齢者や足腰が弱い人向けの3輪車タイプも登場しているのでチェックしてみてください。

子どもを乗せる場合の電動アシスト自転車の選び方と注意点

By: yamaha-motor.co.jp

電動アシスト自転車に子どもを乗せる方は、最初からチャイルドシートが装備されたモデルを選ぶとリーズナブルかつ安心して使えます。理由として、子どもを乗せることを前提に設計されているので、アシスト力が高めで重心を低くするなどの工夫がされているからです。

チャイルドシートは、車体の前か後ろに取り付けられます。標準装備では、いずれか一方に取り付けられているのが一般的です。ちなみに、前方のチャイルドシートは4歳未満で体重15kg以下身長100cm以下の子どもが乗せられ、後方のチャイルドシートは6歳未満で体重22kg以下身長115cm以下の子どもが乗せられるという規定があります。

タイヤに関しては、安定感があり乗せたり降ろしたりするのがラクな20インチのタイヤがおすすめ。高身長で、距離が大きく進む方がよいという方は26インチのタイヤがベストです。

バッテリー性能

By: amazon.co.jp

電動アシスト自転車のバッテリー容量は10〜16Ahほどが一般的です。目安として1回の充電で走行できる距離を表す「補助走行距離」あるいは「一充電走行距離」が記載されているのでチェックしましょう。ちなみに、搭載されているバッテリーはエネルギー密度が高い「リチウムイオン充電池」が主流です。

電動アシスト自転車のバッテリー容量は用途や走行距離に応じて選ぶと安心です。たとえば、通勤通学で使用する場合は平日5日間の走行距離が補助走行距離内におさまっていると週1回の充電で済むので手間がかかりません。

充電時間に関しては、約3〜5時間かかります。一方、30分の充電でバッテリーの約25%の充電ができるといった「急速充電」に対応したモノや、ブレーキをかけた時の抵抗を電気に変えて充電できる電動アシスト自転車も登場しています。

ギアシフト段数

By: amazon.co.jp

電動アシスト自転車であっても、電動アシストをOFFにした時の使い勝手に差がでるので、普通自転車と同様にギアシフト段数を確認しておきましょう。

軽快車タイプは内装3〜5段が主流。スポーツタイプの電動アシスト自転車は外装7~22段など、バリエーションが豊富です。用途に応じて選ぶとよいでしょう。

車両重量

By: yamaha-motor.co.jp

電動アシスト自転車は、バッテリーや電動アシスト装置があるので、普通の自転車に比べて重くなります。特に子ども乗せタイプは、太めのタイヤを装備するなど安全性を重視しているため、30kgを超えるモノがほとんど。その代わり、電動アシスト力を高めているのが特徴です。

軽快車タイプはだいたい20kg台。スポーツタイプの電動アシスト自転車は、バッテリー容量を小さくして10kg台というモデルもあります。

全輪駆動モデルも

By: yamaha-motor.co.jp

電動アシスト自転車のほとんどは、電動アシストの動力とペダルをこぐ人間の力も後輪のリアタイヤに伝わります。つまり自動車でいう後輪駆動(FR)が主流です。

しかし、最近では電動アシストの力が前輪に、人の力が後輪に伝わる全輪駆動タイプの電動アシスト自転車もラインナップされています。自動車の全輪駆動(AWD)と同様の駆動方式で、スリップしにくいのがメリットです。

ちなみみに、全輪駆動タイプは、ブリヂストンやイタリアの老舗自転車ブランド「ビアンキ」などからリリースされています。走行性能を重視される方におすすめです。

サポート体制とパーツの入手のしやすさ

By: panasonic.jp

電動アシスト自転車は高価で、日常的に使用するモノなので、故障などの際のサポート体制も確認しておきましょう。また、電動アシスト自転車はバッテリーをはじめパーツの交換が必要になることもあるので、各種パーツが入手しやすいこともチェックしておきたいポイントです。

日本のメーカーは全国に販売網があるので安心といえます。輸入電動アシスト自転車の場合は日本国内、できれば自宅の近くに支店や代理店があるか、あるいは日本メーカーと提携しているかなどを確認しておくと安心です。

電動アシスト自転車のおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

“電動アシスト自転車”という、新たな乗り物ジャンルを開拓したのがヤマハです。1993年に世界初の電動アシスト自転車「ヤマハPAS」をリリースしました。

ペダルを踏む力を感知する「トルクセンサー」ペダルを回す速さを感知する「クランク回転センサー」そして速度を計る「スピードセンサー」からなる、「トリプルセンサー」を搭載した自然なアシスト感覚にこだわっています。

また、ラインナップも充実しており、ベーシックモデルからスポーツモデルまで基本性能が高いモノが揃っています。自然な乗り心地にこだわる方はもちろん、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

By: amazon.co.jp

ブリヂストンは、高品質で使いやすい自転車やタイヤをリリースしていることで定評があるメーカーです。ブリヂストンがリリースする電動アシスト自転車は、全輪駆動の「デュアルドライブ」モデルが充実しています。負荷がかかりやすいリアタイヤやベルトの負担を減らして、電動アシスト自転車の耐久性を高めています。

錆びない、外れない、オイル差しも不要で走行音も静かという、金属チェーンの欠点を解決したベルトドライブを採用しているのも魅力。自転車を知り尽くしたブリヂストンならではの技術を詰め込んだ製品をリリースしています。自転車としての基本性能が高い電動アシスト自転車を探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、製品のラインナップが充実しているのが特徴。子ども乗せ電動アシスト自転車の「ギュット」シリーズ、ショッピング用のスタンダードな「ビビ」シリーズ、通勤・通学用の「ティモ」シリーズがあります。

電動アシストのおすすめ|子どもを乗せる方向け

ヤマハ(YAMAHA) 20インチ電動アシスト自転車 PAS Babby un PA20BXLR

後輪にチャイルドシートを搭載した、子ども乗せ用電動アシスト自転車です。タイヤサイズは前後ともに20インチの小径タイヤ。重心が低く、乗せ降ろしする際の安定感が高いのがメリットです。変速は3段階から選択可能で、坂道など道の状態に合わせた調整が可能です。

バッテリー容量は12.3Ah。補助走行距離は標準モードで50km、省エネ型のオートエコモードプラスでは58kmです。充電時間は約3.5時間かかります。

フロントバスケットがしっかりした作りで、重い荷物を入れても安心です。車両重量30.7kgと重めですが、アシスト力が強いのでそれほど心配する必要はないといえます。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 26インチ電動アシスト自転車リヤチャイルドシート装備 HYDEE.Ⅱ HL6C37

タイヤサイズが26インチと大きめの、子ども乗せ用電動アシスト自転車です。後ろ側にチャイルドシートが標準で装備されています。幼児2人同乗基準適合車なので、別売りのフロントチャイルドシートを取り付けて子ども2人を乗せることも可能です。

本製品は、チャイルドシートの機能性が高いため使いやすいのが特徴。ヘッドガードとフットレストの位置が調整できるので、子どもの成長に合わせることが可能です。5点ベルトで子どもをチャイルドシートにしっかりと固定します。

さらに、便利な機能も充実しています。デジタルメーター付きメインスイッチには、バッテリー残量にくわえて、アシスト走行できる残りの目安距離が表示されます。駐輪時のハンドルのぐらつきを防止する、ハンドルロックも手元でできてラクラクです。照明は、暗くなると自動で明かりが灯るオートライト機能を搭載しています。

バッテリー容量は12.3Ahで、補助走行距離は標準モードで54km、オートエコモードプラスなら62kmです。タイヤサイズが大きめな、子ども乗せ用電動アシスト自転車を探している方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) 20インチ電動アシスト自転車 ギュット・ミニ・KD BE-ELM032

パナソニックのフロントチャイルドシートが装備された子ども乗せ用の電動アシスト自転車です。前後20インチのタイヤを装備して安定性を重視したモデル。

特徴は、バッテリー容量が16Ahと大きい点です。1回フル充電すれば、アシスト力が大きな「パワーモード」でも50kmの走行ができ、省エネ重視の「ロングモード」なら80kmの走行ができます。充電する手間が少なくてすむので、子育てに忙しい方には大きなメリットです。

ハンドルの回転軸上にチャイルドシートが装着されているのでふらつきにくいのも魅力。クルマと同様な巻取り式のシートベルトを採用しているので、ベルトの引出しと巻取りがラクラクです。しかも、自動ロック式のため子どもが飛び出す心配がなく、急ブレーキをかけた時でも安心。

さらに、フロントチャイルドシートには5段階の角度調整ができるリクライニング機能も備えています。4歳未満の子どもがいて、毎日の走行距離が多めの方におすすめの電動アシスト自転車です。

電動アシストのおすすめ|通勤・通学向け

ヤマハ(YAMAHA) 26インチ電動アシスト自転車 PAS minä PA26M

ナチュラルモダンの北欧デザインを採用したヤマハの電動アシスト自転車です。26インチの太めのタイヤで自然な乗り心地。デザイン性が高く乗りやすいので毎日使う通勤・通学向けとしておすすめのモデルです。

バッテリーは12.3Ahリチウムイオンバッテリーを搭載。補助走行距離は標準モード時58km、オートエコモードプラスなら83kmと長距離を走行できるのがメリットです。さらに注目のポイントは、短時間充電ができる点。30分で約25%の急速充電が可能です。

メーターは、バッテリー残量や速度のほか、アシストできる残りの走行可能距離や時計を表示できます。乗りやすさ、バッテリー性能、デザイン性の高い、通勤・通学向けとしておすすめな電動アシスト自転車です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)27インチ電動アシスト自転車 アルベルト e L型 AL7B48

ブリヂストンが通学向け電動アシスト自転車としてリリースした、スタンダードモデルです。前輪がモーターの力で動き、後輪で動く「デュアルドライブ」方式を搭載しているのが特徴です。登り坂なども安定した走行ができるのが魅力。

また、錆びやすかったり外れやすかったりといった金属チェーンの欠点を克服した「ベルトドライブ」を採用しているのもポイント。毎日使う通勤・通学向けとしておすすめの電動アシスト自転車です。

ビアンキ(Bianchi) 電動アシスト自転車 Eバイク CAMALEONTE-E

イタリアの老舗自転車ブランドのビアンキが日本市場に投入した電動アシスト自転車。ビアンキがリリースするクロスバイクの「カメレオンテ」がベースです。

特徴は、電動モーターがフロントに配置されている点です。モーターによるアシスト動力は前輪(フロントタイヤ)に伝わり、人力は後輪(リアタイヤ)に伝わる全輪駆動。スリップが少ないのがポイントです。

バッテリー容量は4.3Ahと少なめですが、平坦モード33km、エコモードでは40kmの補助走行距離を実現しています。車体重量17.3kgと軽量で、デザイン性が高いのが魅力。通勤・通学向け電動アシスト自転車としておすすめのモデルです。

電動アシストのおすすめ|スポーツ向け

ヤマハ(YAMAHA) 電動アシストロードバイク YPJ-R

ヤマハのロードバイク型の電動アシスト自転車。前傾姿勢を取りやすく、スピードを出しやすい「ドロップハンドル」仕様です。ブレーキバーで変速ができる「デュアルコントロールレバー」を採用しています。ハンドルから手を話さずに変速操作ができるので便利です。

コンパクトで軽量な2.4Ahリチウムイオンバッテリーは、約1時間で充電できます。補助走行距離はSTDモードで22km、ECOモードなら48kmです。2.4Ahという容量としては、走行距離が長いのがメリット。

フレームは軽くて丈夫なアルミ製です。車両重量15kgで、電動アシスト自転車としてはかなりの軽量モデルといえます。変速方式はシマノ製の外装22段を搭載し、地形に合わせて細かく調整可能。電動アシスト自転車でも本格的なサイクリングを楽しみたいという方におすすめのクロスオーバーバイクです。

パナソニック(Panasonic) 26インチ電動アシスト自転車 ハリヤ ELH242A

パナソニックのマウンテンバイクタイプの電動アシスト自転車です。複雑な断面形状に成型し、剛性を高めて軽量化を実現した「オリジナルアルミフォーミングフレーム」を採用しています。

また、段差などの衝撃を吸収する「フロントサスペンション」も搭載。タイヤは街なかでも快適に走れる、26インチの「セミスリックタイヤ」を採用しています。

変速方式は、多様な地形に対応できる外装7段。バッテリー容量は12.0Ahで、補助走行距離はオートマチックモードで約57km、ロングモードなら約73kmという長い走行距離を実現しています。サイクリングや街乗り、通勤などさまざまなシーンで利用できるスポーツタイプの電動アシスト自転車です。

電動アシストのおすすめ|高齢者向け

フランスベッド(FRANCEBED) 電動アシスト三輪自転車 Reha tech ASU-3WT3

病院や療養施設の介護ベッドを手がける「フランスベッド」からリリースされている電動アシスト自転車です。3輪なので安定感があるのが魅力。走っている時はもちろん、信号での停止時なども足腰への負担が少なくなります。

前後に荷物を入れるバスケットを装備しているのも大きなメリット。後輪タイヤは大型のため、お米や飲料などの、かさばって重くなりがちな荷物をのせられて便利です。安定感があるので、荷物の出し入れもラクラク。

夜間照明のオートライト、施錠・解錠しやすいリング錠なども搭載しています。プレゼントとして贈るのにもぴったりな1台です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 26インチ電動アシスト自転車 アシスタベーシック A6BD18

標準的な26インチタイヤで乗りやすく、リーズナブルな価格が魅力。これまで普通の自転車を使っていたけれど、脚力が弱くなった、あるいは坂道が多いところで生活しているという高齢者の方におすすめのモデルです。

リチウムバッテリー容量は6.6Ah。補助走行距離は、標準モードで28km、オートエコモードプラスは41kmです。買い物に便利なバスケットと荷台も搭載。施錠すると同時にハンドルロックされる便利な機能も備えています。

また、ピッキング対策を強化したディンプルキーを採用しているため、3年間の盗難補償も付いています。お買い物などで出かけることの多い、アクティブな高齢者の方に活用していただきたい電動アシスト自転車です。