柱や木に設置し、人や動物の動きを赤外線センサーで感知して自動撮影する「トレイルカメラ」。野生動物の観察や監視で役立つほか、自宅の防犯カメラとしても活躍します。しかし、さまざまなモデルが販売されているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのトレイルカメラをピックアップしてご紹介。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

トレイルカメラとは?

トレイルカメラとは赤外線センサーを搭載し、人や動物などの熱を感知して自動撮影するカメラです。赤外線センサーの感知エリア内に生物が侵入すると、外気と体温の温度差を感知してシャッターが作動。熱に反応するため車を感知してしまったり、風に揺れる葉っぱに反応したりする場合もあります。

野生動物の観察や侵入をモニタリングするほか、不法投棄の監視や防犯カメラとしても活躍。画像とともに音声も記録できるモデルや、日時や温度などを記録できるタイムスタンプ機能を搭載したモデルも販売されています。

多くのモデルが乾電池で駆動するため、配線の手間を省けるのもポイント。防水・防塵性能に優れたモデルなら、過酷な環境下でも設置できます。ただし、ガラス越しではセンサーが働かない場合もあるため注意が必要です。

トレイルカメラの選び方

センサーの有効範囲をチェック

By: amazon.co.jp

トレイルカメラはセンサーの有効範囲内に入らないと作動しません。有効範囲はモデルによって15~25mほどとさまざま。狭いタイプは肝心なシャッターチャンスを逃す可能性がありますが、広すぎると余計なモノまで撮影してしまう場合もあります。用途や対象物を考慮して選ぶことが重要です。

センサー反応距離の最大値は、カメラを対象物の正面に設置した場合の数値である点にも留意しておきましょう。高い場所に設置して角度がつくほどセンサーの有効範囲が短くなるため注意しなければなりません。

赤外線の感度調節機能も要チェックです。冬場は外気温と生物の温度差が大きいため、感度を低めに設定しても問題ありません。高く設定すると、風で舞っている葉っぱにも反応してしまうので注意が必要です。一方、夏場は外気温と生物の体温の温度差が少なく、感度を高く設定しないと感知しない可能性があります。

トリガースピードをチェック

トリガースピードとは、赤外線センサーが人や動物の熱を感知してからシャッターを切るまでの時間のこと。とくに、動きの速い動物を対象にしている場合は、トリガースピードの短いモデルを選ぶと撮り逃す可能性が低くなります。

トリガースピード1秒以下の速いモデルがある一方、なかには2秒ほどと遅いモデルもあるため注意が必要。トリガースピードが遅すぎると、動物を感知してシャッターを切った瞬間にフレームアウトしている可能性があります。

画角(F.O.V)をチェック

By: amazon.co.jp

一般的に画角は55~60°のタイプが主流で、モデルによっては100°以上の広角タイプもあります。画角が広いほど広い範囲の撮影が可能。とくに、動物の動きを観察したい場合には撮り逃しを防げます。

夜間撮影時に広い範囲を撮影するためには、赤外線センサーや照射ライトが多く必要になる点にも留意しておきましょう。価格も高くなるため、必要以上に広角なタイプを選択するよりは、実用性と価格のバランスを考慮することが重要です。

待機・撮影可能時間をチェック

トレイルカメラの待機・撮影可能時間はモデルによってさまざま。待機時間は1枚も撮影することなく電池がどれくらいもつかを表しています。防犯用として用心のために設置するなら、待機時間の長いモデルがおすすめです。だだし、動物観察などで頻繁にシャッターが切られる場合には、実用的な数字ではない点に留意しておきましょう。

撮影可能時間は静止画であれば1~10枚、動画なら5~120秒程度が一般的。なかには、数分から10分間動画撮影できるタイプもあります。ただし、長く撮影するほどデータ量が増え、電力消費量も多くなるため注意が必要です。また、夜間はフラッシュを照射しながら撮影するため、昼間の撮影より電力を多く消費します。

寒冷地などで数ヶ月電池を交換しないような場合には、電池の種類も要チェック。乾電池は気温の低い場所では消耗が早いため、長持ちするリチウム電池で駆動するモデルがおすすめです。自宅の防犯目的など頻繁に電池交換できる場合は、乾電池使用のモデルでも問題ありません。

防水・防塵性能をチェック

By: amazon.co.jp

トレイルカメラが故障する最大の原因が水没。大きな建物の軒下など雨風にさらされない場所に設置する以外は、防水・防塵性能のチェックが重要です。多くのモデルが防水対応であるものの、完全防水ではない点にも注意。とくに、生活防水レベルのIPX3やIPX4では故障のリスクが高まります。

雨にさらされる場所に設置する場合は、IP54以上の防水・防塵規格を取得しているモデルがおすすめ。それでも水没の危険性はゼロにならないので、取り扱いには十分な注意が必要です。

その他機能をチェック

ソーラー充電に対応したトレイルカメラもあります。電池交換の手間とランニングコストを抑えられるだけではなく、突然の電池切れが心配な方にも最適。乾電池駆動にも対応するW電源方式を採用したモデルなら、悪天候が続いてソーラー充電できない状況でも安心です。

モニター内蔵ですぐ映像をチェックできるタイプもあるほか、スマホと連携して遠隔操作できるモデルも要チェック。専用アプリをダウンロードすればスマホで映像を確認でき、その都度パソコンを用意する必要がなく便利です。

トレイルカメラのおすすめモデル

ハンファ(Hanwha) トレイルカメラ DVR-Z0

太陽光で充電できるトレイルカメラ。突然の電池切れが心配な方や、電池交換の手間とランニングコストを減らしたい方におすすめのモデルです。乾電池駆動にも対応したW電源方式で、悪天候が続いている状況でも安心。単3形アルカリ乾電池を8本使用して、最大18ヶ月の待機が可能です。

多彩な撮影機能を搭載しているのも魅力。動体検知によるセンサー撮影のほか、一定間隔でシャッターを切るインターバル撮影にも対応しています。動画の撮影時間は3秒から10分の範囲で設定可能。120°の広角撮影を可能にしており、撮り逃しを減らせます。

ハンファ(Hanwha) トレイルカメラ DVR-Z4

ソーラー充電と乾電池駆動に対応したトレイルカメラです。別売りのACアダプターを購入すれば、ACコンセントからの給電も可能。1.9インチTFTモニターを搭載し、パソコンを用意せずとも映像を確認できるおすすめモデルです。

CMOSセンサーを搭載した、500万画素もの高画質も魅力。鮮明な映像を記録したい場合に活躍します。静止画像は100万~1200万画素の5段階から選択できるほか、動画撮影は3秒から10分の範囲で設定可能です。

匠ブランド トレイルカメラ Radiant40

検知範囲約42°、検知最大距離15mのトレイルカメラ。センサーの精度を3段階で調節でき、あらゆる環境下で映像を記録できるおすすめモデルです。上部19個、下部21個、合計40個の赤外線LEDを搭載。夜間撮影でも鮮明な映像記録を可能にします。

特定の時間だけ検知撮影する「タイマー録画」機能を搭載しているほか、特定の時間間隔で撮影する「インターバル撮影」も可能。風景が季節の移り変わりで変化する様子を映像に収めたい場合にも適しています。モニター内蔵でパソコンを使用せずに映像確認できるのも便利です。

ABASK トレイルカメラ

最大IP66の防水・防塵性能を発揮するトレイルカメラです。防水性にこだわって開発されており、屋外設置で安心して使いたい方におすすめ。ベルトで柱や木に取り付けるほか、壁やコンクリートに固定できる金具も付属しています。

高感度な人感センサーの搭載により、最大20m離れた人や動物の撮影が可能。最大90°の広角モデルで撮り逃しを防ぎます。SDカードに記録するタイプで、容量がいっぱいになると古いデータを消去して自動で上書きする機能も便利です。

乾電池式ですが、雨に晒されず電源を確保できる環境ならば、ACコンセントからも給電できます。

Campark トレイルカメラ

Wi-Fi接続に対応しているトレイルカメラです。スマホに専用アプリをダウンロードすれば、スマホの画面で再生や設定が可能。遠隔操作でオンオフできるリモコンも付属しているなど、使い勝手に優れたモデルを求めている方におすすめです。

IP66の防水・防塵性能により、屋外の設置でも安心。最大20mの範囲に対応するほか、120°の広角撮影で撮り逃しを防ぎます。36個の赤外線LEDを搭載しているのもポイント。夜間の撮影能力を重視したい場合にも適しています。

Enlleo トレイルカメラ

手のひらに乗せられるほどコンパクトな小型トレイルカメラ。なるべく目立たないように設置したい方におすすめのモデルです。単3形乾電池4本で駆動するタイプで、配線工事も不要。畑など電源の確保が困難な場所で動物を監視したい場合にも役立ちます。

トリガースピードは最速0.45秒と、すばやく動く動物にも対応。20m先まで撮影でき、最大70°の画角で撮り逃しを防止します。IP66の防水・防塵性能により、黄砂やゲリラ雷雨など突然の悪天候にも対応可能です。

RONHAN トレイルカメラ

4KフルHDで撮影できるトレイルカメラ。昼間のカラー映像と夜間の白黒映像を高画質で記録します。連写機能で一度に10枚撮影できるため、貴重なシーンを確実に記録したい方におすすめのモデルです。

トリガースピードは最速0.3秒ですばやい動きの動物にも対応しているほか、高・中・低の3段階で感度を調節可能。撮影する季節にあわせて感度を設定すれば、対象物以外の葉っぱなどを感知してシャッターを切る回数を減らせます。IP66の防水・防塵性能により、過酷な環境下への設置でも安心です。

Sukia トレイルカメラ

CMOSセンサー搭載で1600万画素もの高画質を実現しているトレイルカメラです。ビデオ解像度はフルHDモードをはじめ、5段階から選択可能。2.36インチのカラーTFTモニターを搭載しているため、現場ですぐ映像を確認したい方におすすめのモデルです。

優れた防水・防塵仕様により、雨や雪の悪天候時も正常に動作。単3形乾電池4本または8本で作動します。待機時間は3本で最長3ヶ月、8本時で最長6ヶ月です。トリガースピードは約0.6秒と高速なので貴重なシャッターチャンスを逃しません。

VEAMA トレイルカメラ WTwisdom Together

トリガースピード0.5~1秒のトレイルカメラ。すばやい動物の動きなどを撮り逃したくない方におすすめのモデルです。最大画角60°で、赤外線照射による夜間撮影にも対応。動物観察のほか防犯や不法投棄監視にも役立ちます。

2.4インチの液晶モニターを搭載し、すぐに画像をチェックできるのも便利。付属のケーブルでパソコンと接続できるため、大きな画面で確認したい場合に重宝します。単3形乾電池8本で稼働しますが、4本でも使用可能。乾電池代を節約できるのもおすすめポイントです。

Welove トレイルカメラ WIFI810

Wi-Fi接続で操作できるリモコンが付属しているトレイルカメラ。離れた位置からオンオフしたい場合に便利なおすすめモデルです。

専用アプリを用いればスマホとも連携でき、画像をその場で確認可能。付属のUSBケーブルでパソコンやテレビと接続しても映像をチェックできます。

IP65の防水・防塵性能により、あらゆる環境下に対応。タイマー機能を備えており、監視を強化したい時間に合わせて設定できるため便利です。

CNSUNTEK トレイルカメラ HC-801LI

リチウム電池を使用するトレイルカメラです。乾電池より寒さに強く、冬場や寒冷地などで頻繁な電池交換が難しい場合におすすめ。待機時間1年間と長持ちするのも魅力です。64GBのSDカードまで対応できるため、長時間の記録をしたい場合にも適しています。

設置は付属の固定ベルトで柱や木に取り付けできるほか、壁やコンクリートに固定できる金具も付属。日本語の取扱説明書も同梱されるので、扱いが不安な方でも安心です。

GOODEYES オリジナル トレイルカメラ

乾電池で使用できるほか、電気用品安全法に適合したACアダプターも付属しているトレイルカメラ。ACコンセントを確保できる場所で安心して使えるモデルを探している方におすすめです。盗難を防止するダイヤルロックが付属しているのもポイント。イタズラ防止に有効です。

800万画素のHD画質で撮影すると同時に音声も記録。動体検知での自動録画やタイマー録画、フル録画など多彩な記録機能を搭載しています。ストラップベルト・専用プラケット・USBケーブル・RCAケーブル・microSDカード・変換アダプターなど、必要なモノがすべて揃っているのも魅力です。

BlazeVideoトレイルカメラ

高感度センサーを搭載したトレイルカメラです。ナイトビジョンモードでは20m先の対象物を感知可能。動物観察のほか、自宅や駐車場などの防犯にもおすすめのモデルです。

単3形乾電池4本または8本で稼働し、待機時間は最大6ヶ月。タイムスタンプ機能を備えており、撮影時の気温・日付・時間を記録できるのも便利です。

3連写機能とタイムラプス機能も搭載。2.4インチのLCDディスプレイにより、パソコン不要で映像のチェックが可能です。