柱や木に設置し、人や動物の動きを赤外線センサーで感知して自動撮影する「トレイルカメラ」。野生動物の観察や監視で役立つほか、自宅の防犯カメラとしても活躍します。しかし、さまざまなモデルが販売されているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのトレイルカメラをご紹介。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

トレイルカメラとは?

By: amazon.co.jp

トレイルカメラとは赤外線センサーを搭載し、人や動物などの熱を感知して自動撮影するカメラです。

赤外線センサーの感知エリア内に生物が侵入すると、外気と体温の温度差を感知してシャッターが作動。野生動物の観察や侵入をモニタリングするほか、不法投棄の監視や防犯カメラとしても活躍するのが特徴です。熱に反応するため車を感知したり、風に揺れる葉っぱに反応したりする場合もあります。

多くのモデルが乾電池で駆動するため、配線の手間を省けるのもポイント。防水・防塵性能に優れたモデルなら、悪天候下でも設置できます。ガラス越しではセンサーが働かない製品もあるため留意しておきましょう。

トレイルカメラの選び方

センサーの有効範囲をチェック

トレイルカメラを選ぶ際は、センサーの有効範囲をよくチェックしておきましょう。有効範囲が小さいと、被写体の動きをしっかりと感知できず、撮りたいシーンを逃してしまう可能性があります。

多くのトレイルカメラが搭載しているセンサーの有効範囲は約20mほど。距離だけではなく角度が記載されているモデルもあるので、併せてチェックしてみてください。

照射ランプの種類をチェック

不可視ランプ

不可視ランプとは、名前の通り目では見えない赤外線ランプのこと。人間はもちろん、犬や猫、野鳥などの動物の目でも確認できない場合が多く、トレイルカメラで撮影していると気付かれたくない場合におすすめのタイプです。

可視ランプやLEDランプと比較するとやや暗めな映像に仕上がる場合があります。夜間の駐車場や庭のイタズラ防止に使用したり、珍しい野生動物を観察したりなど、用途に合わせてチェックしてみてください。

可視ランプ

By: sanwa.co.jp

わずかに赤い光を発するタイプのランプが、可視ランプ。控えめではあるものの光を発して撮影するため、ある程度明るい映像や画像を残せる点がメリットです。一方で、光を警戒する野生動物は逃げてしまうので、動物の観察は難しい場合があります。

イタズラ防止や防犯として、顔をしっかりと映したい方におすすめです。

LEDランプ

明るく撮影できるタイプが、LEDランプを搭載したトレイルカメラ。センサーが人や動物の動きを検知すると、LEDを点灯させて画像や映像を撮影します。街灯もないような真っ暗な環境でも、明るく鮮明に撮影できる点がメリットです。

ライトがしっかりと周囲を照らすため、野生動物の撮影には不向き。一方で、ライトによって撮影しているとアピールできるので、高い防犯効果が期待できます。

設置方法をチェック

By: sanwa.co.jp

トレイルカメラの設置方法は、主に直置き・壁付け・ベルトによる固定の3種類です。3パターンすべてに対応している製品は、使用環境に合わせて設置方法を変更できます。

直置きに対応した製品は、手軽に設置可能。また、壁付けやベルトによる固定を採用した製品は、外壁や木に取り付けられるのが魅力です。人だけでなく、動物や植物などの撮影もおこなえます。

設置方法によって専用工具が必要な場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

トリガースピードをチェック

トリガースピードとは、赤外線センサーが人や動物の熱を感知してから撮影するまでの時間のこと。トリガースピード1秒以下の速いモデルや、0.2秒の高性能なモノも販売されています。

トリガースピードが遅すぎると、シャッターを切ったときには被写体がすでにフレームアウトしている恐れがあるので、動きの速い動物などを撮影したい方はチェックしておきましょう。

画角(F.O.V)をチェック

By: sanwa.co.jp

一般的に画角は40~60°のタイプが主流で、モデルによっては100°以上の広角タイプもあります。画角が広いほど広い範囲の撮影が可能。とくに、動物の動きを観察したい場合には撮り逃しを防げます。

夜間撮影時に広い範囲を撮影するためには、赤外線センサーや照射ライトが多く必要になる点にも留意しておきましょう。価格も高くなるため、必要以上に広角なタイプを選択するよりは、実用性と価格のバランスを考慮することが重要です。

待機・撮影可能時間をチェック

トレイルカメラの待機・撮影可能時間はモデルによってさまざま。待機時間は1枚も撮影することなく電池がどれくらいもつかを表しています。防犯用として設置するなら、待機時間の長いモデルがおすすめです。ただし、動物観察などで頻繁にシャッターが切られる場合には、実用的な数字ではない点に留意しておきましょう。

撮影可能時間は静止画であれば1~10枚、動画なら3~120秒程度が一般的。なかには、数分から10分ほど動画撮影できるタイプもあります。そのため、長く撮影するほどデータ量が増え、電力消費量も多くなるため注意が必要です。また、夜間はフラッシュを照射しながら撮影するため、昼間の撮影より電力を多く消費します。

防水・防塵性能をチェック

By: sanwa.co.jp

トレイルカメラが故障する最大の原因が水没。大きな建物の軒下など雨風にさらされない場所に設置する場合以外は、防水・防塵性能のチェックが重要です。多くのモデルが防水対応であるものの、完全防水ではない点にも注意。

雨にさらされる場所に設置する場合は、防水・防塵規格を取得しているモデルを選びましょう。ただし、IPコードによっては水没の危険性はゼロにならないので、取り扱いには十分な注意が必要です。

Wi-Fi接続可能かチェック

トレイルカメラに搭載されていると便利な機能のひとつに、Wi-Fi接続があります。Wi-Fi接続に対応していると、スマホと接続してトレイルカメラ本体の設定をカスタマイズしたり、撮影した画像や映像をスマホから確認したりといった操作が可能です。

トレイルカメラをスマホと連携させたい方は、Wi-Fi接続に対応したモデルを選んでみてください。

ソーラーパネルから給電できるモデルも

By: amazon.co.jp

トレイルカメラのなかには、ソーラーパネルから給電できる製品が存在します。ソーラーパネルは、光エネルギーを電力に変換する仕組みを採用。また、乾電池式とは異なり、電池を取り替える手間やコストがかからないのもポイントです。

ソーラーパネルに充電式バッテリーを内蔵した製品も存在。太陽光だけでなく、モバイルバッテリーやパソコンに繋いで充電できるタイプもあるため、悪天候が続く日もバッテリー切れの心配がありません。

ソーラーパネル・乾電池・ACアダプタなど複数の給電に対応した製品は、設置場所に応じて使い分けられます。

その他機能をチェック

By: sanwa.co.jp

トレイルカメラは、製品ごとに機能性が異なります。使いやすさを重視するなら、モデルごとの特徴をチェックしておきましょう。

限定した時間のみ監視したいときは「指定時間録画機能」がおすすめ。あらかじめ指定した時間になると、自動で録画を開始します。野生動物の観察だけでなく、防犯カメラとしても使用可能です。

長時間記録するときは「自動上書き録画機能」を搭載した製品を選びましょう。Micro SDカードの容量が限界になると、古いデータを削除して容量を確保します。常に最新の映像を記録できるのが魅力です。

トレイルカメラのおすすめモデル

ハンファ(Hanwha) トレイルカメラ DVR-Z4-SD-C

手軽な使用感が魅力のトレイルカメラ。電源に単三乾電池を採用しているため、設置工事不要ですぐに使い始められます。専用のベルトやスタンドなど設置用の付属品も充実しており、初心者でも簡単に取り付け可能です。

500万画素のイメージセンサーを搭載。レンズの画角は約70°なので、広範囲を撮影できます。赤外線の可視ランプも搭載しており、ナイトモードにも対応。周囲が暗くなると自動でモードが切り替わり、夜間もハッキリとした映像を撮影可能です。

本体には、1.9インチのTFTモニターを搭載。設定や撮影データの再生を単体で行えます。また、防水防塵設計も魅力のひとつ。雨にあたりやすい屋外やホコリが舞う倉庫など、過酷な環境でも故障しにくく安心して使用可能です。

撮影できる映像は、1920×1080と非常に高画質。動体検知によるセンサー撮影のほか、一定間隔によるインターバル撮影にも対応しています。

ハンファ(Hanwha) トレイルカメラ DVR-Z3-C

高画質な撮影ができるトレイルカメラです。4Kの動画撮影に対応している点が魅力のひとつ。暗くなると自動で赤外線撮影に切り替えられるので、夜間でも映像を撮影できます。

単三乾電池8本で動作するため、電源が確保しにくい場所でも使用可能です。IP66に準拠した防水防塵に対応しており、雨やホコリによる故障が発生しにくく、駐車場など屋外にも設置できます。

画角が約110°と広いため、一度に広範囲を撮影できる点も特徴。センサーの有効範囲も約120°と広いので、早い段階から被写体の動きを追いかけられます。映像の撮影時間は、3秒~10分の間で自由にカスタマイズして使用可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 防犯カメラ トレイルカメラ 400-CAM061

設置工事不要で気軽に使えるトレイルカメラ。単三乾電池4本または8本で動作するため、工事や配線不要で使用可能です。本体は単体で自立できるほか、柱に巻き付けられるベルトや固定用の金具も付属します。

最大120°の広範囲の動きを検知できる、人感センサーを搭載。動きを検知した場合のみ撮影ができるので、電池の消耗を抑えながら効率的な撮影が可能です。また、検知から撮影までの時間が最短約0.2秒と短いため、撮り逃しの心配を軽減できます。

赤外線LEDも搭載しており、夜間の撮影にも対応。照射している赤外線が目に見えないうえ、暗い環境でも最大20m先までしっかりと撮影できます。IP54に準拠した防水防塵にも対応するため、室内だけではなく屋外でも使用可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) トレイルカメラ 400-CAM091

高画質で撮影できるトレイルカメラです。最大4Kの高画質で撮影できる点が魅力のひとつ。きめ細かな映像を残せるので、遠くに映った人やモノ、文字なども拡大して鮮明な状態で確認可能です。また、動画や静止画はもちろん、タイムラプス撮影にも対応しています。

本体の内側にモニターが搭載されており、撮影したデータをその場で確認可能です。Micro SDカードにデータを保存できるのもポイント。データ容量がいっぱいになっても、Micro SDカードを取り換えるだけで削除する必要がありません。

最大110°の広範囲の動きを検知できる、人感センサーも搭載。センサーが反応する位置をテストできるモードも搭載されているため、適切な場所に設置可能です。壁や柱に設置する際に便利な、専用の金具やベルトも付属しています。

IP66に準拠した防水防塵にも対応。屋内・屋外問わず、自由な場所に設置して使用可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) トレイルカメラ 400-CAM098

4Kの高画質撮影を実現したトレイルカメラです。最大約12mまでの暗視モードを搭載しています。昼夜モードを自動で切り替えるため、時間帯に応じてカメラの設定を変更する必要はありません。

本体前面には最大60°の範囲をカバーする人感センサーを搭載しており、人の動きを検知すると自動で撮影を始めます。IP66相当の防水防塵規格に対応。屋外にも設置可能です。

設置方法は、直置き・壁付け・ベルトの3種類。外壁に取り付けたり木に巻きつけたり、さまざまなシーンで使用できます。また、別売りのACアダプターを繋げると給電しながら撮影可能です。ダイヤル南京錠を取り付けられるため、イタズラ対策や盗難防止できます。

SecuSTATION トレイルカメラ SC-ML62

夜間でも使いやすいトレイルカメラ。赤外線LEDが赤く光らない不可視ランプを搭載しているため、動物などに気付かれにくく撮影が可能です。夜間撮影に対応しており、周囲に全く光がない真っ暗な環境でも見やすい映像を撮影できます。

本体には2.4インチの液晶モニターを搭載。撮影だけではなく、撮影した映像の確認までパソコンなしで行えます。搭載されているセンサーは最大120°で、約20mまでの動きを検知可能です。

電源はACアダプターからの供給や乾電池のほか、別売のソーラーパネルにも対応。屋外で電池切れの心配をせずに使用できます。また、IP56に準拠した防水防塵にも対応しているため、屋外・屋内を問わずさまざまな場所に設置して使用可能です。

対応している解像度は、映像の場合フルHD、静止画の場合は1600万画素。撮影したデータは、SDカードに記録されます。

SecuSTATION トレイルカメラ SC-ML63

存在感や威圧感の少ないコンパクトサイズのトレイルカメラです。直置き・壁付け・ベルト固定の設置方法にも対応しています。静止画モードの画素数は2000万画素を実現。小型ながらカメラ性能に優れているのも魅力です。

温度と日付を同時記録できる「タイムスタンプ機能」により、撮影場所のデータを細かく管理できます。また、あらかじめ指定した時間に合わせて録画を開始する「指定時間録画機能」を搭載。1分単位で時間指定できるため、深夜帯を監視する防犯カメラとしても役立ちます。

撮影モードは、静止画モード・動画モード・静止画&動画モードの3種類。動画モードでは、最大4Kの高画質撮影をおこなえます。インターバル撮影にも対応しており、定点カメラとしても使用可能です。Micro SDカードの容量が上限に達すると、過去のデータを自動的に消去する「自動上書き録画機能」を搭載。容量を気にせず撮影できます。

CAMPARKCAM トレイルカメラ

機能的で便利なトレイルカメラ。最大約120°の広範囲に対応したセンサーを搭載し、人や動物の動きに反応して自動で撮影が可能です。トリガースピードも約0.3秒と短く、撮りたい瞬間を逃すリスクを軽減できます。

スマートフォン向けの専用アプリが用意されている点も魅力のひとつ。Wi-Fiに対応しており、アプリをインストールしたスマートフォンから設定を行ったり、映像をスマートフォンから確認したりといった機能を利用できます。

肉眼では確認できない赤外線LEDも搭載しており、明かりのない夜間でも映像を撮影可能。IP66に準拠した防水防塵にも対応しているので、玄関前や駐車場、倉庫などさまざま場所に設置して防犯グッズとして活用できます。

FL-Products トレイルカメラ 9999-511306

防犯グッズとしても活用できるトレイルカメラ。電源は、ACアダプターと単三乾電池の両方に対応しています。固定用の金具やベルト、取り付け用の工具のほか、Micro SDカードも同梱されているので、購入後すぐに使用できる点が魅力です。

最大で4K解像度の動画を撮影できる高画質も特徴。連続撮影枚数は1~10枚、動画の撮影可能時間は3秒~10分です。赤外線LEDも搭載し、暗所でも鮮明な撮影が可能。センサーが動きを検知した場合のみ撮影されるため、省電力性能も優れています。

本体を開いた内側には、2.31インチのモニターも搭載。パソコンに接続しなくても本体だけで撮影データを確認可能です。

データの上書き機能にも対応。撮影中にMicro SDカードの容量が上限に達してしまっても、自動で古いデータから上書きできるため、撮り逃すリスクを軽減可能です。

VANBAR トレイルカメラ D500

3つの撮影モードを搭載したトレイルカメラ。IP66の防水防塵に対応しているため、屋内はもちろん雨の当たる屋外にも設置しやすいのが特徴です。電源は乾電池なので設置工事や配線の手間がかからず、置くだけで使用できます。

搭載されている人感センサーの有効範囲は、約120°かつ20m以内。動画と静止画を個別に撮影できるのはもちろん、動画と静止画を同時に撮影できるモードも搭載されているため、防犯用や野生動物の観察など用途に合わせた使い方ができます。

K&F Concept JPKF35.006

迷彩塗装が施されたトレイルカメラ。IP56相当の防水防塵に対応しているので、室内だけではなく屋外でも故障しにくく使用可能です。専用のストラップを使用すれば、木に巻き付けて固定するような使い方もできます。

電源は、コンセントから給電するほか単三乾電池4本による駆動にも対応。本体内側には2インチのモニターも搭載されており、撮影した画像や動画を現場ですぐに確認可能です。さまざまな設定も、モニターを見ながら調節できます。

静止画の場合は1600万画素、動画の場合はフルHDの高画質で撮影可能。トリガースピードが約0.4秒と短いため、動きの素早い野生の動物を撮り逃すリスクを軽減できます。また、夜間でも赤外線を利用し鮮明な映像が撮れるのもポイントです。

Topnaca トレイルカメラ 422402

野生動物の観察におすすめの高性能なトレイルカメラ。景色に溶け込みやすい迷彩柄を採用しており、屋外でも違和感なく使用可能です。IP66に準拠した防水防塵に対応しているので、雨や砂ぼこりが舞うような環境でも故障しにくく使用できます。

約120°の広範囲の動きを検知できる高性能なセンサーを搭載。約20m先の動きもキャッチし、約0.2秒の高速なトリガースピードで撮りたい瞬間を逃しません。最大4K解像度の動画撮影が可能なため、鮮明な映像を残せます。

タイムラプス撮影に対応している点も魅力のひとつ。また、専用のストラップが付属しており、木や柱に固定して使用できます。付属のミニ三脚を使用すれば、木や柱がない場所でも撮影が可能です。

Folgtek トレイルカメラ FT280-JP

約0.1秒の素早いトリガースピードが魅力のトレイルカメラ。人や動物の動きを検知できるセンサーは、約120°の広範囲に対応しているので、決定的な瞬間を逃すリスクを軽減しながら撮影可能です。もちろん、夜間の赤外線撮影も可能なため、さまざまなシーンで活用できます。

本体サイズが142×106×72mmとコンパクトで重量も軽量なので、扱いやすい点が特徴です。単三乾電池8本で動作するため、電源が確保できない屋外でも安心して使用できます。

内側には2.4インチの液晶モニターを搭載。撮影からデータの確認までを1台で行えます。トリガースピードの速さを重視する方におすすめのトレイルカメラです。

Cococam トレイルカメラ PH770-5S

4Kでの高画質な動画撮影に対応したトレイルカメラ。遠くの人の顔や車のナンバープレートの数字など、細かい部分までくっきり映像に残せると謳われています。動画と静止画の両方をデータに残せる機能も特徴です。

約0.2秒の高速なトリガースピードに対応しており、野鳥のような素早い動物の動きを逃すリスクを軽減できます。乾電池で駆動するため、屋外でも使用可能。また、IP66の防水防塵に対応し、屋外でも故障の心配を減らしつつ使用できます。

HAPIMP トレイルカメラ 02B-997C-760JP

4Kの高画質撮影を実現する、おすすめのトレイルカメラです。本体前面には、熱と動きを感知する人感センサーを搭載しており、最大120°の広範囲を監視できます。最短0.2秒で撮影を開始するのも特徴です。

給電方法は、乾電池と別売のACアダプターの2通り。電源を確保しにくい場所は乾電池式を採用するなど、設置環境に応じて給電方法を切り替えられます。IP66相当の防塵防滴性能を搭載。天候を気にせず屋外にも設置できます。

一定の間隔で撮影した静止画をつなぎ合わせる「インターバル撮影」を搭載。植物が育つ過程や花がひらく瞬間を見守る定点カメラとしても活用できます。また、Micro SDカードの容量が上限に達すると、古いデータを自動的に削除する機能も便利です。

WTW塚本無線 トレイルカメラ WTW-TRC2932+WTW-TRC2532-SOR

乾電池のほか、バッテリー付きソーラーパネルに対応した、おすすめのトレイルカメラです。電源の場所を気にすることなく使用できます。

赤外線LEDを搭載しているのがポイント。夜間でも鮮明な映像を記録できます。また、目立たないカラーなので、不審者や動物などに気づかれにくいのも魅力です。

設置方法は、直置き・壁付け・固定・三脚による設置の4通り。外壁や木など、さまざまな場所に設置できます。

トレイルカメラのAmazonランキングをチェック

トレイルカメラのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。