持ち運びしやすくリーズナブルな“コンデジ”こと、コンパクトデジタルカメラ。カメラを初めて購入してみたいと思っている方はもちろん、サブカメラが欲しい方にもコンデジはおすすめです。

とはいえ、手ブレ補正や連写、高倍率ズーム、Wi-Fiなど、製品よって機能はさまざまで、悩んでしまう方も多いはず。そこで今回は、おすすめのコンデジをご紹介します。選ぶときの比較ポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コンデジとは

“コンデジ”は、コンパクトデジタルカメラの略称で、デジタルカメラのひとつです。デジタルカメラの主な種類は、コンパクトデジタルカメラ・ミラーレス一眼・デジタル一眼レフの3つ。コンデジとデジカメは混同されやすいですが、コンデジはあくまでデジカメの種類のひとつです。

近年コンデジは各メーカーの技術革新に伴い高級モデルが多数リリースされ、性能的にも写真クオリティ的にも数年前のミラーレス一眼やデジタル一眼レフとの差はあまりなくなってきています。

コンデジの魅力

コンデジのメリット

コンデジは、その名の通りボディサイズがコンパクトかつ軽量で、持ち運びしやすいのが特長。そのため、旅行の際には使い勝手のよいカメラです。スマホのカメラ性能も年々向上していますが、それはコンデジも同様。とはいえ、撮影に特化した製品なので、ユーザーのニーズに合わせたアイテムとしては軍配が上がります。

また、デジタル一眼レフのようにレンズ交換などがないため、扱いやすいのも魅力。カメラ初心者の方でも、簡単にピントを合わせることができます。気軽にカメラ撮影を挑戦してみたいという方におすすめです。

コンデジのデメリット

コンデジのデメリットはレンズ交換ができない点。汎用性は高いものの、より満足度の高い撮影には限界があります。ミラーレス一眼とデジタル一眼レフはレンズを交換することでより柔軟にカバーできますが、コンデジにおいては妥協せざるを得ない部分があるので、その点は留意しておきましょう。

コンデジを選ぶときの比較ポイント

スペックで選ぶ

コンデジを選ぶ上でチェックすべき点は、綺麗な写真が撮れるか否かが決まると言っても過言ではない「映像素子」。現在、もっとも性能が高いのが「フルサイズ」、次に「APS-C」が続きます。

綺麗な写真が撮りたいのであればハイスペック機種の方が有利であることは当然ですが、高性能なコンデジになればなるほど、価格も跳ね上がるので、特に新製品であれば懐事情を考慮して検討に踏み切りましょう。

また、夜間や暗い室内での撮影を想定されている場合は、ISO感度にも注目。暗所での撮影に特化したモデルが欲しい方は、この数値がより高い製品を選ぶのがおすすめです。

機能で選ぶ

コンデジには手ブレ補正や夜景モードなど、さまざまな機能があります。自分がどのようなシーンで写真を撮るかを吟味してから選ぶようにしましょう。例えば、水辺での撮影もカバーしたいのであれば、防水機能付きや水中撮影が可能なモデルがおすすめです。

撮影シーンにこだわりがない方でも、できればWi-FiやBluetooth機能は欲しいところ。撮った写真をすぐにスマホやタブレットに送ることができるため、SNSにアップするのもスムーズで便利です。

レンズの性能で選ぶ

コンデジは搭載されているレンズの性能によって焦点距離が変わってくるので、確認すべき点です。広角に関しては、値が小さいほど広い視野角で撮影できるので、風景や室内での撮影に適しています。28mmが一般的なスペックなので、より広角に対応したい場合はそれ以下のモデルを選ぶとよいでしょう。

望遠に関しては、高ければ高いほど被写体に対してズームアップして撮影できます。一般的に400mm以上の製品が望遠の目安で、ズーム性能が高いモデルです。スポーツの試合や野鳥など、遠距離撮影をカバーしたい方はチェックしてみてください。

コンデジのおすすめモデル

ソニー(Sony) Cyber-shot DSC-WX350

25~500mmの20倍光学ズームを搭載したエントリーモデルのコンデジです。ソニーのラインナップの中では比較的リーズナブルな価格で、最大ズーム500mmの望遠撮影も魅力。子どものスポーツシーンを写真に収めるのにもおすすめです。

また、ズームや夜景など、ブレが生じやすい写真でも綺麗に撮影ができる「プレミアムおまかせオート」を搭載。難しい設定も必要ないので、手ブレが心配な初心者の方にもおすすめです。高速オートフォーカス機能もポイント。被写体が動いてもカメラ側が勝手にピントを合わせ続けてくれるので使い勝手は良好です。

Wi-Fi機能も搭載しており、スマホやタブレットにも簡単に写真を送れるのもメリット。1度の充電で約470枚の撮影に使用できる長時間バッテリーを採用しており、旅行などで1日中使い続けたい方にも安心です。充実した性能を備えながら、実勢価格は2万円台中盤とリーズナブル。初めてのコンデジにおすすめの1台です。

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M5

ソニーの本格派コンデジ。特筆すべきは315点の像面位相差AFセンサーによるオートフォーカスのカバー範囲と、0.05秒の超高速オートフォーカスです。150枚の連続連写枚数と1秒あたり24コマの高速連写により、あらゆる瞬間を捉えることができます。

4K画質による動画撮影も可能で、高性能が凝縮されているハイエンドモデル。最大で40倍のスーパースローモション撮影も可能で、クオティの高い映像を誰でも手軽に楽しめるのが魅力です。

実勢価格は10万円台とコンデジの中ではかなり高価な部類ですが、これ1台であらゆる用途をカバーできます。ハイエンド向けのコンデジを求めている方は、まず購入候補に挙げておきたいモデルです。

ニコン(Nikon) COOLPIX W300

2017年6月発売のコンデジ。特長は防水性能で、最大水深30mまで撮影可能です。耐衝撃性や対寒性、防塵性も非常に高く、あらゆるハードなアウトドアシーンにも安心して持ち歩ける1台。もちろん撮影における性能も高く、光学ズーム5倍、有効画素数は1605万と十分です。

4K UHD画質の動画撮影に対応しているのもポイント。実勢価格も3万台中盤なので、水没や破損などを恐れずレジャーシーンで写真をたくさん撮りたいという方におすすめのコンデジです。

ニコン(Nikon) COOLPIX A900

有効画素数2029万、光学35倍ズームを搭載したハイスペックコンデジ。液晶モニターは最大180度まで自由に角度を変えられる3型チルト式を採用しており、地面ギリギリから見上げるような写真の撮影や自撮りなどにも活用できます。

SnapBidgeアプリに対応し、スマホやタブレットと常時接続して撮影した写真を自動転送可能。素早いオートフォーカスや高速連写も本製品の魅力で、動画も4K画質に対応します。実勢価格2万円台ながら、ボディは高級感のあるデザイン。コスパ良好なおすすめのハイスペックコンデジです。

ニコン(Nikon) COOLPIX B700

ニコンの高機能コンデジです。広角24mmから望遠の1440mmと、幅広い画角をカバーするレンズを搭載。しかも、本体重量535gと軽いため気軽に持ち運べます。

3型のバリアングルを搭載し、あらゆる角度から写りを確認しながらの撮影ができるのも特長。さらに、VRアルゴリズムによる高精度の手ブレ補正機能も搭載しており、ISO感度を上げても比較的ノイズを抑制。シャッタースピードが遅くなる夕方や室内でも、ブレを抑え鮮明な写真が撮影できます。

Wi-Fi&Bluetooth機能も付いているので、データの移行作業もラクラク。動画は4K UHDに対応しています。実勢価格はこれだけの機能が詰まって3万円台中盤とお得感があります。

キヤノン(Canon) PowerShot SX730 HS

2017年5月発売のコンデジ。有効画素数は約2030万、ISO感度80~3200、フルHD対応とスペックは十分です。光学40倍のズーム機能に加え、最先端のディタルズーム機能であるプログレッシブファインズームを使えば、最大80倍まで鮮明に撮影可能。ズーム撮影中は少しの手ブレも命取りですが、フレーミングアシスト機能を使えば、一度被写体の顔を検出するだけで顔が一定の大きさに保たれるよう自動で倍率を調整してくれます。

Wi-Fi&Bluetooth機能も搭載しており、自動でスマホやタブレットとデータを共有可能。さらに、スマホ側からカメラのシャッターを切るリモート撮影ができるのも本製品の特長です。スマホ側のGPSをオンにしてBluetooth接続すれば、写真に位置情報を組み込めます。旅行先の思い出を記録するのにもピッタリです。

自動でシーンにあった設定をしてくれる「こだわりオート」機能は、58パターンの中からベストな条件を選択してくれるのもポイント。実勢価格は3万円台中盤と、リーズナブルな価格から幅広い層に人気なおすすめモデルです。

キヤノン(Canon) PowerShot PSG9X MARKII

2017年2月発売のコンデジ。革独特のムラ感を表現した樹脂製のグリップは、スリムなボディに高級感をプラスしています。専用ソフトケースも付属するため、持ち運びにも便利。ケースを装着したままでも素早く撮影できます。

F値2.0の大口径レンズを搭載しながらも、本体重量約206gと軽量です。適切な明るさとコントラストに自動で調整してくれる「オートライティングオプティマイザ」は、逆光時なども違和感のない鮮明な写真を演出してくれる便利な機能。また、搭載された流し撮りモードは、被写体のブレを抑えつつ、背景はしっかりと流れているような躍動感のある写真を撮影することができます。

スポーツ撮影や野鳥など、素早く動く被写体の撮影におすすめのハイスペックコンデジ。ISO感度はMAX12800と高く、夜の撮影などの光量の少ない撮影でも高画質で撮影できます。なお、シャッターを押したままにできるバルブ撮影にも対応しているのも本モデルの特長。夜景や花火を本格的な写真で楽しめます。

Wi-Fi&Bluetoothでのスマホ連携も可能で、データ移行や印刷なども簡単に行えます。実勢価格は5万円程度。とはいえ、価格以上の魅力が詰まった人気のコンデジです。

富士フイルム(FUJIFILM) Fine Pix XP120 FX-XP120

レジャーシーンにぴったりなコンデジ。水深20mまでの防水性能を始め、1.75mの高さからの落下にも耐える耐衝撃性、-10℃までの耐寒性、砂やホコリにも強い防塵性の4つを兼ね揃えたタフなモデルです。

レジャーでの使用を前提にした小型軽量設計で、マリンスポーツやフィッシング、雪山などでの撮影にもおすすめです。もちろん撮影性能も十分で、有効画素数は1640万、光学5倍ズームやISO6400と十分なスペックを備えています。

最大で5秒間の動画を撮影し、画面の中から動かしたい部分を指定することで、画面の一部だけが動く特殊な動画が撮影できる「シネマグラフモード」を搭載。ひとつの画面で動きがある部分とない部分が生まれることで、遊びのある映像に仕上げることができます。

コンデジの主流機能であるWi-Fi連携も搭載されているので、撮影後は簡単にデータを転送・共有可能。スマホによる遠隔操作も可能なので、集合写真などを撮るのにも便利です。

富士フイルム(FUJIFILM) X100F

2017年2月発売のコンデジです。有効画素数は驚異の2430万、ISO感度は最大51200というハイスペック。F値2.0の単焦点レンズが搭載されています。

シャッタースピードダイヤルにISO調整ダイヤルを内蔵しているほか、AFポイントを素早く変更できるフォーカスレバーなど、本格派ユーザーの要望に応える高い操作性が魅力です。

光学ファインダーの画面右下に電子ビューファインダーを設置して同時に表示する「エレクトロニックレンジファインダー」を採用。これにより、露出やホワイトバランスなどの設定がより実際の写真に近い形でモニターに表示できます。また、より高い精度でのピント確認が可能なのもポイント。近距離撮影時の範囲のズレを自動で調整してくれる「リアルタイム・パララックス補正」も搭載しています。

フィルムカメラのように細かい色調や階調を選択できる「フィルムシミュレーション」機能も搭載。また、「ACROS」が追加され、従来のモノクロモード以上の美しく引き締まった表現にも対応できます。

なお、別売りではありますが、標準時35mm相当の画角を28mmに広げる「ワイドコンバージョンレンズ」と、倍率約1.4倍となる50mm相当の画角に伸ばす「テレコンバージョンレンズ」もラインナップ。そのため、F値を変えることなく異なる画角での明るく鮮明な写真撮影ができるのも、他のコンデジにはない本製品の魅力です。

ワイヤレス機能も搭載しており、スマホやタブレット間でのデータのやりとりもスムーズに行うことが可能なのもおすすめポイントです。実勢価格は13万円台と高価ですが、長く使い続けられるおすすめコンデジです。

リコー(RICOH) GR Ⅱ

画質を追求したリコーのGRシリーズモデル。GRレンズとGR ENGINE Vにより、高画質な写真が撮影できます。APS-Cサイズ相当のCMOSイメージセンサーを搭載し、ISO感度25600での高感度撮影が可能。3.0型の123万ドット液晶モニターは視認性も良好で、保護カバーも付属しています。

内部に電子水準器を搭載しており、画面の傾きを確認しながらの撮影も可能。光沢コントロールや雅(MIYABI)、ハイコントラスト白黒など、さまざまなエフェクトモードを用意しており、側面のボタンで簡単に操作できます。

スマホやタブレットとの連携も可能で、専用アプリ「GR Remote」を使えば、データの転送のほか遠隔操作や細かな設定も行えるのは非常に便利です。実勢価格は約6万円。デザインも洗練されているスタイリッシュなコンデジです。

パナソニック(Panasonic) Lumix DC-TZ90

パナソニックの本製品は、小型で軽量なボディに人気のライカレンズを搭載したモデル。光学30倍ズームに加え、EX光学ズームを使えば最大なんと237倍まで撮影が可能になります。

24~720mmのレンズを採用し、狭い空間でも大人数での集合写真などの広い画角から遠距離の撮影まで幅広く対応。光学式手ブレ補正も精度が高く、夕暮れ時や室内での撮影でも手ブレをしっかりと抑えてくれます。

高感度MOSセンサーとヴィーナスエンジンを搭載することで、高感度撮影時のノイズを軽減し高画質を維持してくれるのもポイント。インテリジェントDレンジコントロール機能では、逆光や夜景などの明暗が激しい状況下でも、なめらかな階調に自動で調整してくれます。

RAW形式で撮影したデータをJPEG形式として現像できる「RAW現像」を搭載しているのも本製品の特長。これまでパソコンで変換が必要だったRAW形式データもより対応しやすくなっています。

写真・動画ともに4Kに対応し、連写やハイスピード撮影など、十分すぎるほどの高いレベルで撮影を楽しめます。他機器とのワイヤレス連携も簡単で、データ転送やプリント、テレビ鑑賞などもラクラクです。実勢価格は4万円台半ば。コスパも重視しつつも充実したスペックも欲しいという方におすすめです。

コンデジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コンデジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

コンデジのおすすめメーカー

キヤノン

By: amazon.co.jp

コンデジはもちろん、一眼レフとミラーレス一眼でも人気のメーカー。元々は映像機器メーカーとして創業したという背景もあってか、人物撮影と得意としています。性能面ではオートフォーカスの速さが魅力。操作性もよく、初心者から上級者まで広くおすすめできるメーカーです。

ソニー

By: amazon.co.jp

ソニーのコンデジはその軽量性が大きな特徴です。サイズもコンパクトながら、ハイスペックなモデルを数多くリリースしています。また、機能としては手ブレ補正機能が強く、初心者にも扱いやすいメーカーです。

ニコン

By: amazon.co.jp

業務用から家庭用まで幅広く映像機器を取り扱っているメーカー。一眼レフのシェアはキヤノンと並びトップクラス。コンデジの質もまず間違いないでしょう。元々は軍事用光学機器を製造していたという背景もあってか、耐久性の高さと高精度なオートフォーカスが魅力です。

大きな特徴は、目で見ている風景を高い精度で再現できる点。風景や建物、観光物をメインに撮っていきたい方におすすめのメーカーです。

富士フイルム

By: amazon.co.jp

富士フイルムは長年カメラを製造し続けてきた老舗メーカー。コンデジのデザインもレトロ感のあるモデルが多く、ファンからも根強い人気を集めています。フィルム時代からの知識と経験を生かし、色彩表現豊かなコンデジを数多くリリース。比較的軽量なものが多く、持ち運びにも適しています。価格に対して性能も十分なので、コスパ良好なおすすめメーカーです。

ペンタックス

By: amazon.co.jp

コンパクトサイズにこだわったカメラを数多くリリースしているメーカー。コンデジの特徴は、防水・防塵性能が高い点です。また、カラバリが豊富なのも特徴のひとつ。アウトドアにコンデジを持っていきたい方におすすめのメーカーです。

パナソニック

By: amazon.co.jp

「LUMIX」シリーズが人気のメーカー。パナソニックの特徴は動画撮影に強いところです。ドイツのレンズメーカー「ライカ」と提携し、高品質なレンズを搭載している点も魅力。おしゃれなデザインのコンデジが多いため、女性へのプレゼントとしてもおすすめのメーカーです。