手軽に持ち運んで綺麗な写真を撮影できる「コンデジ」。アウトドアで使いやすいタフネスタイプや高画質な高級コンデジなど、さまざまなモデルがラインナップされています。

しかし、種類が豊富なので、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのコンデジをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コンデジの魅力とは?

By: ricoh-imaging.co.jp

コンデジの魅力は、コンパクトかつ軽量なモデルが多い点。洋服のポケットに収納できるほど小型なモデルも多いので、気軽に持ち出して撮影を行えます。また、小型ながらズームやマクロなどに対応しているモデルも多く、ワンランク上の撮影を楽しめるのもメリットです。

最近では、高級コンデジと呼ばれる高性能なコンデジも人気。1インチやAPS-Cサイズの大型センサーを搭載しており、柔らかく自然なボケや豊かな階調表現を楽しめます。

コンデジと一眼レフ・ミラーレスの違い

By: sony.jp

コンデジと一眼レフ・ミラーレスの違いは、主にレンズを交換できるかという点です。一眼レフとミラーレスがレンズ交換に対応しているのに対して、コンデジはレンズ交換ができません。多くのコンデジはレンズ交換に対応していない分、本体サイズが小さく、軽量に設計されているのがポイントです。

なお、コンデジとはコンパクトデジタルカメラの略称であり、デジタルカメラという括りではデジタル一眼レフやミラーレスと共通している点は留意しておきましょう。

コンデジの選び方

撮りたい写真に合わせたレンズで選ぶ

子供の運動会や遠くの被写体を撮るなら「ズームレンズ(望遠レンズ)」

By: nikon-image.com

ズームレンズは、必要に応じて焦点距離を調節できるタイプ。遠くの被写体を大きく写せるので、運動会などを撮影したいときにおすすめです。なお、倍率が高くないモデルでも余計な背景を切り取るような使い方ができます。

モデルによっては、月を大きく写せるほどの高倍率に対応しているのもポイント。また、天体を美しく撮影するための専用モードも用意されています。

景色や風景を撮るなら「広角レンズ」

By: canon.jp

広角レンズとは、名前の通り広い範囲を写せるタイプのレンズのこと。景色や風景など広い被写体を撮影した場合に、広角レンズがおすすめです。

広角レンズは望遠レンズと比較して、遠近感が強調されるのもポイント。近くの被写体は大きく、遠くのモノは小さく写ります。より立体感のある写真を撮影できるのも広角レンズのメリットです。

初心者には「単焦点レンズ」もおすすめ

By: amazon.co.jp

初心者には単焦点レンズを搭載したコンデジもおすすめ。単焦点レンズとは、焦点距離が固定されており、光学ズームができないレンズのこと。明るいレンズが多いので、簡単にボケを楽しめます。

また、レンズが明るいと動いている被写体を捉えやすく、暗い環境でも明るく撮影可能。遠くの被写体を狙う機会が少なく、スナップ写真のような使い方が多い場合は、特に単焦点レンズが適しています。

夜景など暗所での撮影は「F値が小さいレンズ」を

By: ricoh-imaging.co.jp

コンデジに搭載されているレンズによって、F値は大きく異なります。F値は絞り値とも呼ばれ、取り込める光の量を数値化した値です。F値が小さいほどより多くの光を取り込みやすく、レンズの羽根を絞ると光量が少なくなるのがポイント。反対にF値は大きくなります。

F値が小さいと、より大きいボケ味を得やすい点が特徴。また、夜景や室内など暗い場所での撮影が多い場合も、F値が小さいとノイズを抑えて明るく撮影できます。

イメージセンサーの仕様をチェック

画像のきめ細かさを決める「画素数」

By: ricoh-imaging.co.jp

コンデジを選ぶ際は、画素数にも注目しましょう。画素とは、写真を構成する最小単位の点のこと。画素数が多いと細部まできめ細かく撮影できるため、写真を撮影する際に細部の再現性の高さを重視する方には高画素なモデルがおすすめです。

また、撮影後にクロップしやすい点も高画素の魅力。撮影後に一定の範囲を切り取って構図を決めたい場合にも、高画素なコンデジが適しています。

画質やボケ味を決める「センサーサイズ」

By: ricoh-imaging.co.jp

コンデジによって、イメージセンサーのサイズはさまざま。一般的に、センサーサイズが大きい方がより多く光を取り込めるので画質がよく、大きなボケ味を得られます。暗い場所でノイズを抑えて明るく写しやすい点も、大型センサーの魅力です。

コンデジに搭載されているセンサーの多くは、1インチ以下。高級コンデジと呼ばれるモデルには1インチのセンサーが搭載されている場合が多く、数は多くないもののAPS-Cサイズのセンサーを搭載したモデルもあります。

オートフォーカス(AF)機能をチェック

By: sony.jp

多くのコンデジは、オートフォーカス機能を搭載しています。ほとんどのモデルは、シャッターボタンを半押しすると自動的にピントが合う仕様。人の顔を認識したり、動く被写体を追いかけたりできるモデルもあります。

また、モデルによっては顔認識だけではなく、瞳を認識する「瞳AF」も利用可能。ポートレートを撮影する機会が多い方は、顔認識や「瞳AF」に対応したモデルをチェックしてみてください。

手ブレ補正機構をチェック

By: amazon.co.jp

コンデジによっては、手ぶれ補正が搭載されている場合があります。手ぶれ補正とは、名前の通り撮影時の揺れを軽減してブレの少ない写真撮影をサポートする機能のこと。主に、電子式手ぶれ補正と光学式手ぶれ補正の2種類が展開されています。

手ぶれ補正に対応しているとスナップ撮影のほか、望遠撮影や暗所での撮影も三脚を使わず手持ちで対応しやすいのがメリットです。

その他の機能にも注目

海やアウトドアでの撮影に便利な「防水機能」

By: omsystem.com

防水機能も、コンデジに搭載されていると便利な機能のひとつ。雨に濡れてしまっても故障の心配をせずに使えるモデルであれば、天候を気にせず屋外に持ち出して撮影を楽しめます。また、モデルによっては水中での撮影も可能です。

「IPX8」のように表記されている場合は、最後の数字が大きいほどより高い防水性能を有しています。モデルによっては、「水深15mまで」のように具体的な数値で表現されている場合もあるので、チェックしてみてください。

スマホ転送やPCとワイヤレスで接続できる「WI-Fi機能」

By: sony.jp

コンデジのなかには、Wi-Fiに対応しているモデルも展開されています。Wi-Fiに対応しているコンデジなら、撮影した写真や動画などのデータを素早くスマホやパソコンに転送可能。ワイヤレスで作業できるので、ケーブルを持ち歩く必要がないのもメリットです。

モデルによっては、メーカー独自のスマホアプリが用意されている場合もあります。スマホやパソコンとの連携を重視する方は、Wi-Fiに対応したモデルを選んでみてください。

コンデジのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーはデジタルカメラや音楽プレーヤー、スマホのXperiaシリーズなどを展開する大手メーカー。カメラはミラーレス一眼のαシリーズを手掛けており、高い性能を有していることで人気を集めています。

コンデジを豊富に取り扱っている点も特徴。1インチのイメージセンサーを搭載した、高級コンデジのRX100シリーズもラインナップしています。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、カメラのほかプリンター・コピー機・スキャナーなどを取り扱うメーカーです。カメラにおいては一眼レフやミラーレス一眼のEOSシリーズを展開しており、プロ向けの本格的なモデルからエントリー機まで幅広くラインナップしています。

コンデジでは、PowerShotシリーズやIXYシリーズなどを展開。シンプルなモデルやAPS-Cセンサーを搭載したモデルもあるので、豊富な選択肢から自分に合ったコンデジを選びやすいのがメリットです。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンは、カメラや双眼鏡などを取り扱う日本の光学機器メーカーです。一眼レフカメラやミラーレスカメラのほか、各種カメラ用のレンズも取り扱っています。カメラ用のケースやストラップ、リモコンなどアクセサリーが充実している点が魅力です。

また、コンデジながら大型のレンズを搭載しており、野鳥や天体などを撮影できるほどの高倍率ズームを実現しているのが魅力です。

コンデジのおすすめモデル|高級コンデジ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ RX100V DSC-RX100M5A

一眼カメラのような操作性を再現可能

素早くピントを合わせやすい、おすすめのコンデジです。高精度かつ高速な「ファストハイブリッドAF」を搭載しており、約0.05秒でピントを合わせられます。さらに、1秒間に最高約24コマの高速連写にも対応しているため、AFのカバー範囲が広いのも魅力です。

収納式の有機ELのファインダーを搭載しているのもポイント。必要なときだけ引き出せる仕組みなので、持ち運びの際に邪魔になりにくいのもメリットです。また、レンズの根本にはコントロールリングも搭載。カスタマイズにより、一眼カメラのような操作性を再現できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ RX100VII DSC-RX100M7

コンパクトながら様々な表現を楽しめる

1インチのイメージセンサーを搭載しているコンデジです。コンパクトながら繊細な表現や豊かなぼけを楽しめるのが魅力。加えて、優れたAF性能を有しており、動く被写体にもピントを合わせやすいので、シーンを選ばずに使えます。

24~200mmまでをカバーするレンズを搭載。コンデジながら1台で広角から望遠までカバーできるため、風景やスナップ、ポートレートなどさまざまな撮影に活用できます。また、最大で4段分の補正効果を得られる光学式手ぶれ補正に対応しているのもメリットです。

被写体を追い続ける「リアルタイムトラッキング」や「リアルタイム瞳AF」を備えているのもポイント。簡単な操作で美しい動画を撮影したい方におすすめです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark PSG1XMARK

屋外に持ち運ぶ頻度の多い方におすすめのコンデジ

一眼レフ風のデザインがおしゃれなコンデジです。約2420万画素かつ、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載しているのが魅力。高精細なうえダイナミックレンジも広く、階調豊かなグラデーションや自然な背景ぼけなどを表現できます。

焦点距離は24~72mm。広角から望遠までカバーできるため、風景の撮影やポートレートなど幅広い用途で活用できます。また、広角側の最短撮影距離が10cmと短いのも特徴です。

バリアングルモニターの採用もポイント。モニターの角度を細かく調節できるので、ハイアングルやローアングル、自撮りなど多彩なスタイルに対応できます。加えて、ボディには防塵防滴構造を採用しているため、屋外に持ち運ぶ頻度の多い方におすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

ブレを軽減しシャープに撮影できる

コンデジで大胆な望遠撮影を楽しみたい方におすすめの1台。35mm判換算で24~3000mm相当の望遠撮影に対応しています。

5段分の補正効果を得られる手ぶれ補正にも対応。加えて、望遠レンズの被写体として定番の月や野鳥を撮るのに適した「月モード」や「鳥モード」なども備えており、手持ちでもぶれを軽減しながらシャープに撮影できます。

望遠撮影をサポートする機能も搭載。「クイックバックズームボタン」を押すと画角を広角側に戻せるので、望遠撮影中に被写体を見失ってしまったときに活用できます。また、使用頻度の高い焦点距離に素早く合わせられる、「ズームメモリー」機能の搭載も魅力です。

▼撮影イメージ

シグマ(SIGMA) dp1 Quattro 930585

大型のイメージセンサーを搭載したコンデジです。APS-Cサイズのイメージセンサーを採用。光を多く確保しやすいので明るく撮影でき、豊かなぼけを楽しめる点が魅力です。

F2.8の明るい広角レンズを搭載。風景の撮影やスナップなど幅広い用途に活用できます。さらに、マクロ・ポートレート・風景・カスタムから選択できる、LIMITモードを搭載しているのもメリットです。

横に長いユニークなデザインがおしゃれ。前方ではなく手前側に張り出したグリップを採用しており、快適な握り心地と優れたホールド感を両立しています。機能性とデザイン性を兼ね備えたコンデジを探している方におすすめです。

リコー(RICOH) GR IIIx

APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載した、おすすめのコンデジです。有効画素数も約2424万画素と高解像度なので、高精細な写真を撮影できます。また、ISO感度も最高102400と高く、暗い環境でも明るく撮影可能です。

手ぶれ補正に対応している点も魅力のひとつ。角度ぶれと回転ぶれを含む3軸方向で4段分の補正効果を期待できます。スナップ写真を気軽に取りやすいのはもちろん、シャッタースピードを稼ぎやすいため夜景撮影にもおすすめです。

スマホとの連携に対応しているのも嬉しいポイント。BluetoothとWi-Fiの両方をサポートしています。

▼撮影イメージ

コンデジのおすすめモデル|コスパモデル

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ DSC-W830

比較的安い価格で購入できる、おすすめのコンデジです。有効約2010万画素の独自センサーを搭載しており、高精細かつ豊かな階調表現を実現。また、光学8倍までのズームにも対応しているため、広角側で広い風景を撮れるほか、ズームで遠くの被写体も狙えます。

「ピクチャーエフェクト」に対応している点も特徴のひとつ。トイカメラ・パートカラー・ソフトハイキー・ポップカラーの4種類が用意されており、好みの印象の写真を手軽に撮影できます。

「スイングパノラマ」機能も搭載。カメラを上下または左右に動かすと、簡単にパノラマ写真を撮影できます。加えて、周囲の風景を360°写真に収められる「360スイングパノラマ」にも対応。広い風景を大迫力のまま切り取れます。

ソニー(SONY) コンパクトデジタルカメラ DSC-WX350

コスパに優れたおすすめのコンデジです。「プレミアムおまかせオート」を備えており、暗いシーンでもブレやノイズを軽減できるのが特徴。動き回る被写体や動きながらの撮影を行う頻度の多い方におすすめです。

Wi-Fi接続に対応しているため、離れた位置から撮影しやすいのもメリット。さらに、撮影した写真をすぐにPCなどへ保存できるのも嬉しいポイントです。

ソニー(SONY) コンパクトデジタルカメラ DSC-HX99

本格的な撮影を気軽に楽しめるおすすめのコンデジです。35mm判換算で24~720mmまでの光学ズームに対応しているので、小型ながら遠くの被写体も大きく写せます。さらに、光学式手ぶれ補正を備えており、望遠撮影時の手ぶれを抑え、シャープな写真を撮影できます。

一眼カメラの技術を応用した「ファストインテリジェントAF」も搭載。「瞳AF」にも対応しているため、ポートレート撮影にもおすすめです。また、連写は秒間最大10コマまで対応。高性能なAFとの組み合わせにより、動体もスムーズに捉えられます。

コンパクトなコンデジながら、格納式のファインダーも搭載。ファインダーには約63.8万ドットの有機ELパネルが使われており、優れた視認性を実現しています。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタルカメラ IXY200

コスパに優れたおすすめのコンデジです。被写体や周囲の明るさを認識して自動的に適用する、「こだわりオート」機能を搭載。初心者でも簡単に綺麗な写真を撮影できます。

広角28mmから8倍までの光学ズームに対応。遠くの被写体を大きく写せるのはもちろん、不要な背景を切り取りたい場合にも活用できます。

写真だけではなく動画の撮影にも対応。ハイビジョン動画の撮影に対応しており、動画撮影中のズームも可能です。また、写真と同様に、被写体や明るさなどを認識して適切な設定を自動的に適用する機能も搭載されています。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ95D

高倍率ズームに対応した、おすすめのコンデジです。35mm判換算で24~720mmまでの焦点距離をカバーしているので、幅広いシーンで活用できます。

レンズシフト式の手ぶれ補正にも対応。室内のような薄暗い環境でも手ぶれしにくく、キレのある写真を撮影できます。さらに、望遠時の手ぶれも軽減しやすいため、動物の撮影や子供の運動会などで使うカメラとしてもおすすめです。

背面のモニターは、180°展開するチルト式。ローアングルを撮影しやすいほか、自分撮りもしっかりと構図を確認しながら行えます。また、豊富なフィルターを適用できる「自分撮りモード」も備えており、モニターを回転させるだけで適用可能です。

▼撮影イメージ

コンデジのおすすめモデル|防水

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX W300

ハウジングなしで水深30mまで対応できるコンデジです。暗い場所でも手元を照らせるLEDライトを搭載しているのも特徴。アウトドアシーンで活躍する本格的な防水仕様のモノを探している方におすすめです。

風景をダイナミックに撮影しやすい、広角24mm相当のレンズを備えているのもメリット。さらに、広角端開放F値2.8の明るいレンズと、光を効率的に取り込める裏面照射型CMOSセンサーにより、水中でもクリアな撮影を行えます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-6

登山のようなアウトドアにおすすめのコンデジです。水深15mの防水や2.1mからの耐衝撃、100kgの耐荷重や-10℃までの耐低温などに対応。加えて、防塵仕様でもあるので汚れを気にせずに使いやすく、汚れても水道水で水洗い可能です。

裏面照射型CMOSイメージセンサーの搭載による高画質も魅力。レンズの絞り値もF2と明るく、暗い環境でもノイズを抑えて撮影できます。また、光学4倍ズームにも対応。デジタルテレコンを利用すると、最大で8倍までズームできます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) 本格防水カメラ WG-6

天候に関係なく使いやすいおすすめのコンデジです。水中でも使えるほどの防水性能を有しているほか、耐寒性にも優れているので、雨天や雪が降る環境でも使用可能。また、各種ボタンやダイヤルは、グローブを装着した状態でも使いやすいように設計されています。

タフネスモデルながら、有効約2000万画素の高精細な写真を撮影できる点が特徴。ディティールを損ないにくく、撮影後にトリミングしたい方にもおすすめです。

マクロモードや顕微鏡モードなどにも対応。レンズを囲むように6灯のLEDライトが搭載されているため、影を消したり陰影を強調したりなどさまざまな撮影スタイルを楽しめます。

写真だけではなく動画の撮影も可能。高精細な4K動画の撮影に対応しています。フルHDでの動画撮影時には、強力な手ぶれ補正も利用できます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) 本格防水デジタルカメラ WG-80

過酷な環境でも安心して使いやすい、おすすめのコンデジです。水深14mで2時間の撮影に耐えられる防水性や-10°までの耐寒性、1.6mからの耐衝撃性などを有しています。登山やキャンプなどのアウトドアで使うコンデジとしておすすめです。

背面のモニターもアウトドア仕様。明るさをプラス側・マイナス側両方に2段階まで調節できるため、直射日光が当たるような眩しい環境や夜間のようなモニターが見えにくい環境でも快適にプレビューを確認できます。

多彩な撮影モードに対応している点も魅力。水中でも正確な色で撮影できる「マーメードモード」や木や空を鮮やかに表現できる「風景」、動体をしっかりと捉えられる「スポーツ」などを備えています。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) G900

現場で活用できる耐久性に優れたおすすめのコンデジです。ボディの要所にはプロテクター、レンズの前面には強化ガラスを搭載。2.1mの落下テストにも耐えられるほどの優れた耐久性を実現しています。

さらに、IPX8相当の防水性能を有しているのもメリット。過酷な環境下でタフに使用したい方におすすめです。

光学5倍ズームに対応しており、28〜140mmまで焦点距離を変更できるのも魅力。また、背面には3インチの見やすいモニターを搭載しているので、画角をチェックしながら撮影できます。

コンデジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コンデジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。