手軽に写真や動画の撮影を楽しみたい方におすすめのカメラが「コンデジ」です。一眼レフやミラーレス一眼と比べてコンパクトなボディで、スマホよりも高倍率・高画質な撮影ができることから注目を集めています。

ただし、各メーカーから魅力的なモノが発売されているため、初心者の方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、コンデジの特徴や選び方、おすすめのモデルをご紹介します。

コンデジとは?

By: amazon.co.jp

コンデジとは、「コンパクトデジタルカメラ」の略称です。名前のとおり本体自体が小さく軽いのはもちろん、使わないときはレンズを短く収納できるのが特徴。上着やズボンのポケットなどに入れて簡単に携帯できるため、いつでも軽快に撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

以前は単に小さく軽いだけのコンデジが主流でしたが、最近はスマホ流行の影響を受けて高級路線にシフトしているのもポイント。コンパクトボディはそのままに、大型センサーや大口径レンズを搭載することで、スマホ以上の高画質を実現した「高級コンデジ」が人気です。

コンデジと一眼レフ・ミラーレスの違い

By: sony.jp

コンデジと一眼レフ・ミラーレス一眼との主な違いはレンズの構造にあります。一眼レフやミラーレス一眼では撮影目的に応じて柔軟に装着するレンズを交換できますが、コンデジでは固定式のレンズ構造を採用しているためレンズ交換が基本的には不可能です。

コンデジにはカメラ本体に合わせて、高度にチューニングされた専用設計のレンズが採用されているのがポイント。カメラとレンズの組み合わせや撮影時の条件によっては一眼カメラを上回る画質が得られるので、画質にこだわりのある方にもおすすめです。

コンデジのレンズは電源OFFにすると短く縮まる構造を採用しているモノが多いのも特徴。交換レンズを装着した一眼レフやミラーレス一眼と違って、レンズ部分の出っ張りがあまりないため、ポケットやバッグへの収納も簡単に行えます。

コンデジの選び方

撮りたい写真に合わせたレンズで選ぶ

子供の運動会や遠くの被写体を撮るなら「ズームレンズ(望遠レンズ)」

By: nikon-image.com

離れた場所にある被写体を大きく引き寄せて撮影したい場合は「ズームレンズ(望遠レンズ)」を搭載したコンデジがおすすめです。ズーム倍率を大きくするほど遠くの被写体との距離感を縮められるので、運動会のワンシーンも間近で見ているような迫力で記録できます。

ズームレンズを搭載したコンデジを購入する際は、撮影したい被写体の種類に適したズーム倍率をカバーできるモデルを選ぶのがポイント。日常の記録や旅行撮影では10倍程度の倍率があればほぼ事足りますが、スポーツ・動物・鉄道の撮影では20倍以上、野鳥・飛行機の撮影では30倍以上のモノが重宝します。

なお、ズーム倍率の表記には光学ズームとデジタルズームの2種類があるので注意。望遠側にズームしても画質を劣化させたくない場合は、光学ズームを使用した場合の倍率を参考にして選びましょう。

景色や風景を撮るなら「広角レンズ」

By: canon.jp

風景を撮影したい場合は焦点距離35mm以下の「広角レンズ」を搭載したコンデジがおすすめです。肉眼を超えた広い範囲を切り取れるうえ、遠近感の誇張によって手前のモノを大きく、奥のモノを小さく写せるのが特徴。旅行先での絶景も実物よりさらにダイナミックに記録できます。

広角レンズは焦点距離の数値が小さくなるほど切り取れる範囲が広くなり、遠近感の誇張効果も強くなるのがポイント。スナップ撮影には片目で見た範囲が写る35mmや両目で見渡した範囲が写る28mmの焦点距離が多用されますが、広大な風景をダイナミックに切り取りたい場合は24mm以下の超広角域が使えると重宝します。

初心者には「単焦点レンズ」もおすすめ

By: amazon.co.jp

気軽に写真撮影を楽しみたい初心者には「単焦点レンズ」を搭載したコンデジもおすすめです。単焦点レンズとはズーム機能を省略したレンズのことで、使える焦点距離が1種類に固定されているのが特徴。ズームレンズを搭載したコンデジと比べてもより軽量コンパクトなので、外出先へも重量や大きさを気にせず軽快に持ち出せます。

単焦点レンズは撮影スキルを上達させるのにも効果的。ズームレンズと違って焦点距離の変更ができない分、フットワークを駆使したり、アングルを工夫したりしながら撮影を進めるため、撮れば撮るほど撮影スキルが磨かれていきます。多少の慣れは必要ですが、写真撮影の醍醐味をさらに深く味わえるのが魅力です。

夜景など暗所での撮影は「F値が小さいレンズ」を

By: ricoh-imaging.co.jp

暗所でも綺麗に撮影したい方にはF値が小さい「大口径レンズ」を搭載したコンデジがおすすめです。レンズには開き具合によって取り込む光の量を調節する絞り機能が搭載されており、絞りの開き具合はF値で表されています。レンズのF値が小さくなるほど絞りが大きく開くので、一度に多くの光を取り込めます。

夜間や薄暗い室内でも積極的に撮影を楽しみたい場合は、F値がF2.8以下のレンズを搭載したコンデジが便利。暗いシーンでも光量が得られやすく、夜景にも適しています。加えて、高速シャッターによって手ブレを防げるため、手持ちでも手軽に夜景撮影が楽しめるのも魅力です。

イメージセンサーの仕様をチェック

画像のきめ細かさを決める「画素数」

By: sony.jp

イメージセンサーとは、カメラの心臓部ともいえる重要な部品のこと。レンズを通して取り入れた光から色や形などの被写体に関する情報を分析し、デジタル画像を生成する働きがあります。

イメージセンサーの表面には光を受ける微小な装置が無数に搭載されており、その数を画素数と呼びます。画素数が多くなるほど細部まで解像された高精細な画像が撮影できますが、比例して1枚当たりのデータ量が重くなるのが難点です。

最近のコンデジには1600〜2000万画素以上のイメージセンサーが搭載されています。撮影後にトリミングで画像の一部分を切り抜くことが多い場合は、画素数に少し余裕を持って2000万画素以上のモデルを選ぶのがおすすめです。

画質やボケ味を決める「センサーサイズ」

By: ricoh-imaging.co.jp

イメージセンサーは、面積が大きくなるほど一度に多くの光を取り込めるので、同じ画素数を備えていてもより高画質になるのが特徴。光量の乏しい暗所でもノイズの少ない鮮明な画像を撮影できるほか、背景や前景を大きくぼかした撮影も手軽に楽しめます。

高画質を求めるのであれば、1インチセンサーなどの大型センサーを備える高級コンデジがおすすめ。さらに画質にこだわりたい方には、より大きなAPS-Cサイズやフルサイズのイメージセンサーを搭載するモノを選びましょう。センサーサイズが大きくなるほど価格も上がりますが、メインカメラとして本格的な作品撮りにも対応可能です。

オートフォーカス(AF)機能をチェック

By: canon.jp

快適な撮影に欠かせないのがオートフォーカス(AF)機能です。被写体にカメラを向けたり、シャッターボタンを半押ししたりするだけで自動的にピントを合わせられるのが特徴。撮影時は構図やシャッターチャンスに注意を向けられるので、初心者でも簡単に撮影が楽しめます。

ポートレート写真を撮る機会が多い方には「顔・瞳認識AF」があると便利。レンズを向けるだけで顔や瞳にピンポイントで合焦できるため、構図の変更にも迅速に対応できます。

また、乗り物や動物など高速で動く被写体を撮影したい方には、高速な「像面位相差AF」や被写体追尾の「トラッキングAF」を備えたコンデジがおすすめです。

手ブレ補正機構をチェック

By: nikon-image.com

撮影時の失敗を防ぐのに効果的なのが手ブレ補正機構です。手ブレとは、シャッターを切る際に腕や体の微細な揺れがカメラを通して画像に反映され、画像全体がぼやけたようになる現象のこと。手ブレ補正機構があれば手ブレの影響を軽減できるため、初心者でも手持ちで綺麗な夜景写真などが簡単に撮影できます。

手ブレ補正機構には電子式と光学式の2種類があるのがポイント。電子式は安価なコンデジに搭載されていますが、撮影時に周辺がクロップされるため画角が狭くなります。光学式はコストがやや高くなりますが、補正効果が高く、周辺部もクロップされないため、画質と利便性を両立したい方におすすめです。

その他の機能にも注目

海やアウトドアでの撮影に便利な「防水機能」

By: olympus-imaging.jp

アウトドアシーンでも積極的に活用したい方には、防水機能を備えたコンデジがおすすめです。ボディの各部にシーリングが施されているなど、浸水を防ぐ加工が施されているのが特徴。海辺でのレジャーやマリンスポーツの最中にも存分に撮影を楽しめます。突然の雨に見舞われた場合も故障の心配が少なく、安心して使用しやすいのがメリットです。

防水対応のコンデジには「防水15m」や「水深30mまで対応可能」と表記されています。記載された水深よりも深い場所に潜ると浸水のリスクが高まるので、忘れずに確認しておきましょう。

スマホやPCとワイヤレスで接続できる「WI-Fi機能」

By: sony.jp

撮影後にあると便利なのがWi-Fi機能です。コンデジとスマホやPCをワイヤレスで接続できるので、撮影した画像を手軽に転送できるのが特徴。撮影画像をアプリで加工したり、家族や友人と共有したりするのがスムーズに行えます。

また、スマホやPCをリモコン代わりに使えるのもポイント。カメラに手を触れずに離れた位置からシャッターが切れるため、集合写真や夜景の撮影をする場合などにも重宝します。

より高い利便性を求める方にはBluetooth機能との併用もおすすめ。一度スマホとペアリングしたらカメラの電源をOFFにするまで低電力モードで常時接続できるので、連携時の手間を緩和できます。

コンデジのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京都の港区に本社を置く1946年創業の総合電機メーカーです。最近はカメラ部門にも注力しており、コンデジの「Cyber-shot」やミラーレス一眼の「α」などのブランドを展開。コンデジでは特に1インチ以上のセンサーを搭載する高級コンデジが人気を集めています。

ソニーのコンデジはスピード性能と動画性能の高さが特徴。自社製造したイメージセンサーに像面位相差AFやAIを活用したトラッキングAFなどを搭載しています。小型ながらプロユースの動画撮影に対応できるのも魅力です。また、フルサイズセンサーを搭載した高級コンデジも手掛けています。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは東京都の大田区に本社を置く1937年創業の映像機器メーカーです。国内外を問わず知名度が高く、コンデジと一眼レフでトップクラスのシェアを保有。コンデジでは低価格な「IXY」と高性能な「PowerShot」をシリーズ展開しており、最近は大型センサーを搭載した高級シリーズ「PowerShot G」が特に人気を集めています。

キヤノンのコンデジはラインナップが豊富なのが特徴。1インチセンサーを搭載した高級コンデジでもレンズのスペックが異なるモデルが複数発売されており、予算や目的に応じたモデルを選択可能です。また、一眼レフと同等以上の画質で作品撮りが楽しめるAPS-Cセンサー搭載モデルも発売されています。

ニコン(Nikon)

ニコンは東京都の港区に本社を置く1917年創業の光学機器メーカーです。「COOLPIX」というブランド名で高倍率ズーム搭載コンデジや防水コンデジを中心に展開。特定用途に特化した機能がファンから根強く支持されています。

ニコンのコンデジは耐久性に優れているのが特徴。防水プロテクターなしで水深30mまで潜れるモデルも発売されており、川遊びから本格的なダイビングまで1台で対応できます。また、最長で3000mm相当の超望遠撮影ができるモデルも手掛けているので、野鳥や天体の撮影を趣味にする方にもおすすめです。

コンデジのおすすめモデル|高級コンデジ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ RX100VII DSC-RX100M7


スピード性能に優れた高級コンデジです。「ワンショット連続撮影」機能を使えば、最高約90コマ/秒の速度で連続撮影が可能。動きが速い被写体も高確率で捉えて撮影できます。また、オートフォーカスを使用した場合でも、1秒間に最高約20コマの撮影が可能です。

収納式の有機ELファインダーを搭載しているのも魅力。「Tコーティング」により外光の映り込みを抑制しており、視認性にも優れています。

本体の大きさは幅101.6×高さ58.1×奥行42.8mm、重さは約302gと小型・軽量なのも特徴。頻繁に持ち運んで撮影したい方におすすめです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ RX1RII DSC-RX1RM2


単焦点レンズを搭載した高級コンデジです。焦点距離は35mmで、自然な遠近感を得やすいのが特徴。開放絞り値はF2と明るいため、ポートレートやマクロ撮影など、さまざまなシーンを印象的に切り取ります。

レンズには不要な反射光を抑えるコーティングが施されており、描写力が高いのもポイント。絞りは「9枚羽根円形絞り」を採用。F2~11の範囲でほぼ円形を保つため、ボケ感の表現力に優れています。

センサーは35mmフルサイズを搭載。有効約4240万画素でレンズの能力を最大限に引き出します。処理速度の速さも魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G1 X Mark III


小型の一眼レフのような外観の高級コンデジです。レンズ周りのスムーズリングには、シーンや好みに合わせて機能を割り当てることが可能。また、EVFが光軸の鉛直線上に配置されているのもポイントです。自然な姿勢で撮影できます。

APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載しており、約2420万の高精細画像の撮影に対応。また、ダイナミックレンジが広く、白トビ・黒つぶれが起きにくいのも魅力です。

防塵・防滴構造なので、ホコリや水滴に強いのもメリット。別売りの「ウォータープルーフケース WP-DC56」を使用すれば、水深40mまでの撮影が可能です。ダイビングやシュノーケリング時の光景を高画質で切り取れます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX P950


ズーム機能に優れた高級コンデジです。超望遠2000mm相当の光学83倍ズームを搭載しており、月などもくっきりと捉えます。電子ズームと併用すれば最大で332倍のズームに対応。オートフォーカスの速さも魅力で、超望遠時にもブレにくくシャープな写真を撮影可能です。

望遠での撮影をサポートする機能も充実。「月モード」を使えばコマンドダイヤルを使って色合い調節が可能です。「鳥モード」では最大画像サイズで1秒間に約7コマを連写。羽ばたく瞬間など、動きのある被写体もしっかりと捉えます。

開放F値は2.8と明るく、暗所での撮影にも便利です。「夜景モード」を使用すれば、自動で連写・合成し、手ブレやノイズを低減。イルミネーションなどもくっきりと撮影できます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) デジタルカメラ GR IIIx

高精細・高コントラストが魅力の高級コンデジです。レンズは焦点距離26.1mm、5群7枚の単焦点レンズを搭載。光学ディストーションや色収差を抑え、シャープな画像を捉えます。また、APS-Cサイズの大型イメージセンサーもポイント。高い解像度でレンズの能力を最大限に引き出します。

電源をオンにしてから0.8秒で立ち上がるなど、起動時間の短さも特徴。また、メモリーカードの容量不足や破損時に備え、2GBのメモリーを内蔵しています。決定的な瞬間を逃しにくいコンデジです。

大きさは幅約109.4×高さ約61.9×厚さ35.2mmとコンパクト。ボディの素材には、堅牢性と耐久性に優れたマグネシウム合金製を採用しており、気軽に持ち歩けます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ DMC-LX9


ライカレンズを搭載した高級コンデジです。大口径のレンズはF値1.4と明るく、ボケ感を活かした味わい深い写真を撮影できます。

また、高感度なセンサーとの組み合わせにより、夜景など光が少ないシーンでもノイズが少なく、シャープな撮影が可能です。レンズが明るいため、高速のシャッタースピードで撮影できることも魅力。動物など動きのある被写体の一瞬の動きを捉えます。

3倍の光学ズームを搭載しているのも特徴。また、「超解像iAズーム」を使えば画質の劣化を抑えつつ、最大6倍までのズームに対応しています。

豊富な撮影アシスト機能もポイント。「インテリジェントDレンジコントロール」機能を使えば、明暗差が激しいシーンでも白トビ・黒つぶれを防軽減します。夕焼けや逆光時などでもコントラストを適切に表現した美しい写真を撮影可能です。

▼撮影イメージ

コンデジのおすすめモデル|コスパモデル

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ DSC-W830


小型・軽量なコンデジです。大きさは幅93.1×高さ52.5×奥行22.5mm、重さは約120gと持ち運び用カメラにおすすめ。コンパクトながら8倍の光学ズームを搭載しており、遠くの被写体も撮影可能です。有効画素数は約2010万で、高精細な写真撮影に対応。細かなディティールまで捉えます。

周囲360°を撮影できる「スイングパノラマ」機能や、トイカメラ風写真などが撮れる4つのモードも魅力。印象的な写真を簡単に撮影できます。

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ IXY 650


豊富な撮影アシスト機能が魅力のコンデジです。「こだわりオート」では人物や風景、青空や逆光などを自動で判断。32種類のパターンからぴったりの設定で撮影します。また、子供や動物など動き回る被写体を撮影する際には、カメラが自動的に主体をフォーカス。ピントと露出をあわせ続けるため、撮りたい瞬間に撮影できるのが特徴です。

「クリエイティブショット」機能を使えば、オリジナルの写真に加え、構図や色を変化させた5種類の写真を自動で撮影。個性的な写真が簡単に撮れます。

12倍の光学ズームや高速のオートフォーカスなど、基本性能の高さもポイント。そのほか、WI-Fiに対応しており、スマホやプリンターとの連携も簡単です。

▼撮影イメージ

パナソニック コンパクトカメラ DC-TZ95


ズーム性能に優れたコンデジです。幅約112.0×高さ約68.8×奥行約41.6mmのコンパクトなボディながら光学30倍のズームを搭載。「超解像iAズーム」を併用すれば、画質の劣化を抑えつつ、最大60倍のズームが可能です。また、マクロ撮影にも対応しており、商品撮影など、細かなディテールを捉えたい際にも便利です。

レンズは「LEICA DC VARIO-ELMAR」を搭載。レンズ中心部はもちろん、周辺部に至るまで歪みを抑えた高い解像感を実現しています。

画像処理性能に優れているのもポイントです。4CUPの「ヴィーナスエンジン」が緻密な画質チューニングを実現。自然な色づかいやグラデーションで、被写体の質感をより正確に描写します。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot ZOOM


「撮れる望遠鏡」がコンセプトのコンデジです。焦点距離は100mm・400mm・800mmの3段階で、切り替えは手元のボタンで簡単に行えます。スポーツ観戦などでは、気になるシーンで簡単にズームアップして写真や動画の撮影が可能。子供の試合を撮影する際にも便利です。また、ズーム性能が高いため、野鳥などの観察・撮影にも活用できます。

WI-Fi・Bluetoothでの通信に対応しているのもポイント。専用のスマホアプリ「Camera Connect」を使えば、スマホで撮影した写真や動画を確認できます。また、スマホを使ってのリモートライブビュー撮影も可能です。

重さは約145g、大きさは長さ約103.2×高さ約50.8×幅約33.4mmと軽量・コンパクト。ポケットに入れて気軽に持ち運べます。

コダック(Kodak) コンパクトデジタルカメラ FRIENDLY シリーズ FZ43


トイカメラのような外観が目を惹くコンデジです。幅約93.0×高さ約60.2×奥行約28.7mmとコンパクトなので、持ち歩きやすいほか、子供でも簡単に撮影できます。

広角27mmレンズを搭載しており、画角が広いのがポイント。家族や友人との集合写真を撮る際にも便利です。また、コンパクトなボディながら4倍の光学ズームを搭載。遠くの被写体も撮影可能です。電子式手ブレ補正機能を備えているのも魅力です。

単3電池2個で駆動するのも特徴のひとつ。海外旅行先でも活躍します。

コンデジのおすすめモデル|防水

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトデジタルカメラ Tough TG-6


衝撃に強い防水仕様のコンデジです。高さ2.1mの落下テストをクリアしており、アウトドアシーンにもおすすめ。防水は15mまで対応しているので、シュノーケリングなどのマリンスポーツでも使用可能です。水中マクロや水中顕微鏡など、5種類の水中専用モードも備えています。

F値2.0の明るいレンズを搭載しているのもポイント。高速のシャッタースピードに対応できるため、動き回る被写体もシャープに捉えます。IP6Xの防塵性能で、砂やホコリに強いのも魅力。汚れたら水洗い可能です。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) コンパクトカメラ WG-80


光学5倍ズームを搭載した防水仕様のコンデジです。マクロ撮影に便利なリングライトを搭載してるのが特徴。被写体を照らすことで立体感を生み、表現の幅が広がります。また、リングライトを使うことで6.6倍ズームが可能な「デジタル顕微鏡モード」にも対応。植物などの観察にもおすすめです。

防水機能は14mで、水中撮影も可能。「マーメードモード」を使えば水中での青色かぶりを抑え、色彩をくっきりと捉えます。また、1回のシャッター操作で「フラッシュOFF/ON連続2枚撮り」の設定も可能。操作の手間を軽減できます。

豊富なフィルターも魅力。トイカメラ風や、フィッシュアイなど、さまざまな雰囲気の写真を簡単に撮影できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ RX0 II DSC-RX0M2


最大200kgfに耐えられると謳う、耐荷重性に優れたコンデジです。小型ながら10mの防水性能や2.0mの落下耐性も備えており、ハードな状況でも気軽に使えます。

レンズには歪みの少ない「ツァイス テッサーT」を使用するなど、画質のよさもポイント。メモリー一体型センサー「Exmor RS」は感度が高いうえ、ダイナミックレンジも広いため、光が少ないシーンでもノイズを抑えた撮影が可能です。さらに、処理速度が速いため、1秒あたり最大16コマの連続撮影や、最大40倍のスーパースローモーション撮影にも対応しています。

大きさは幅59.0×高さ40.5×奥行35.0mmとコンパクトで重量は約132gと軽量なため、持ち歩きも容易。また、別売りのレリーズケーブル「VMC-MM2」を使用すれば、デュアルカメラでの同時撮影も可能。撮影の幅を広げられます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) 防水カメラ XP140


25mの防水性能を備えたコンデジです。1.8mの耐衝撃機能や-10℃までの耐寒機能など、頑強な作りなのが特徴。さまざまなシーンで活用できます。

センサーは裏面照射型で、水中などの光が届きにくいシーンでも明るい写真の撮影が可能。また、光学式手ブレ補正が撮影をサポートします。レンズは広角28mmで、5倍の光学ズームを搭載。超解像ズームを併用すれば、最大10倍のズームに対応しています。

4K動画の撮影も可能。最大約4倍のスローモーションができるハイスピード動画撮影やタイムラプス動画撮影など、多彩な機能も魅力です。

▼撮影イメージ

コンデジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コンデジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。