持ち運びがしやすくてリーズナブルな”コンデジ”こと「コンパクトデジタルカメラ」。カメラを初めて購入する方はもちろん、サブカメラが欲しい方にもおすすめのアイテムです。

とはいえ、手ブレ補正・連写・高倍率ズーム・Wi-Fi対応など製品によって機能はさまざまで、悩んでしまう方も多いはず。そこで今回は、おすすめのコンデジをご紹介します。選ぶときの比較ポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コンデジとは?

“コンデジ”は「コンパクトデジタルカメラ」の略称。コンデジとデジカメは混同されやすいですが、コンデジはあくまでデジカメの種類のひとつということです。ちなみに、デジカメの種類はコンデジ・ミラーレス一眼・デジタル一眼レフの3つに大別できます。

最近のコンデジは、各メーカーの技術革新に伴って高級モデルが多数リリースされているのが特徴。性能面・品質面共に、数年前のミラーレス一眼やデジタル一眼レフとの差があまりなくなってきています。

コンデジの魅力

コンデジのメリット

コンデジは、その名の通りボディサイズがコンパクトかつ軽量で持ち運びやすいのが特徴。そのため、旅行など屋外で手軽に写真を撮りたい場合は使い勝手がよいです。

スマホカメラの性能が年々向上してきているとはいえ、コンデジは撮影に特化したモノなので、ニーズに合わせたアイテムとしては軍配が上がります。

また、デジタル一眼レフのようにレンズ交換がないため扱いやすいのも魅力で、カメラ初心者の方でも簡単に操作することが可能。カメラを使い始めてみたいという方には特におすすめです。

コンデジのデメリット

コンデジのデメリットは、レンズを交換できない点です。手軽に使えるため汎用性は高いですが、より満足度の高い撮影をするには限界があります。

ミラーレス一眼とデジタル一眼レフはレンズを交換することで柔軟に対応できますが、コンデジに関してはどうしても妥協せざるを得ない部分があるので、その点は留意しておきましょう。

コンデジを選ぶときの比較ポイント

撮像素子で選ぶ

コンデジを選ぶ上でチェックすべき点は、きれいな写真を撮影できるか否かが決まるといっても過言ではない「映像素子(イメージセンサー)」。現在、もっとも性能が高いのは撮像素子の大きい「フルサイズ」、次いで「APS-C」です。

きれいな写真を撮りたいのであれば、撮像素子の大きいモノを選ぶのが有利。その反面、性能の高いコンデジになればなるほど価格も上がる傾向にあるので、予算をしっかり考慮しながら選びましょう。

機能で選ぶ

コンデジは、手ブレ補正や夜景モードなど、モデルによってさまざまな機能が搭載されているため、自分がどんなシチュエーションで撮影するのかを吟味してから選ぶようにしましょう。たとえば水辺で撮影する機会が多い方であれば、防水機能が付いているモノや水中撮影が可能なモノがおすすめです。

また、撮影のシチュエーションにあまりこだわりがない方でも、Wi-Fiでデータを飛ばせる「ワイヤレス機能」は欲しいところ。撮った写真をスマホやタブレットにすぐ送れるため、SNSへもスムーズにアップできます。

レンズの焦点距離で選ぶ

ミラーレス一眼や一眼レフと異なり、コンデジはレンズが交換できないので、搭載されているレンズの焦点距離を確認するのが大切。28〜50mm程度のモノが標準的ですが、この値が小さければ小さいほど広い視野角で撮影ができるため、風景を撮りたいときや室内で撮りたいときに適しています。

一方、400mm以上の望遠レンズであれば、より被写体にズームした撮影が可能です。スポーツの試合を観戦する場合や、野鳥を撮りたい場合は、遠距離撮影ができる望遠レンズ対応のコンデジを選んでみてください。

ISO感度やF値の数値で選ぶ

夜間や暗い室内での撮影を想定している場合は、「ISO感度」にも注目しましょう。この数値が高いコンデジであれば、写真をより明るく撮れます。ただし、ISO感度の数値が高いモノは写真が粗くなってしまう傾向にあるので、選ぶときは注意が必要です。

また、「F値」と呼ばれる数値もポイント。F値が小さいと光の量が多くなり、ボケ感のある柔らかい印象の1枚に仕上がります。シャープな写真が撮りたい場合は、F値が大きいコンデジを選んでみてください。

コンデジのおすすめメーカー

キヤノン

By: amazon.co.jp

「キヤノン」のコンデジは、高性能なモデルを揃えているのはもちろん、手軽に入手できるリーズナブルなモデルも多いため、初心者を中心に人気があります。

低価格でありながら、機能性が高いモノを揃えているのがキヤノンの特徴。安い機種でも有効画素数の高さやズーム機能などが優れているので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめのメーカーです。

ニコン

By: amazon.co.jp

「ニコン」のコンデジは、防水性・耐衝撃性に優れているタフなモデルや、ズーム機能に特化したモデルなどを揃えており、撮影シチュエーションが定まっている方におすすめです。

価格に関してはキヤノンと同じく低価格帯のラインナップが豊富なので、初心者~中級者に最適。もちろん高性能な上位モデルも数多く展開されています。

カシオ

By: amazon.co.jp

「カシオ」は、コンパクトでスタイリッシュなコンデジが特徴のメーカーです。スペックは初心者~中級者向けのモノが多く、価格も比較的リーズナブル。旅行などで手軽に持ち運べるコンデジを探している方に適しています。

ソニー

By: amazon.co.jp

「ソニー」は高性能なコンデジが魅力のメーカーです。ハイエンドモデルでは、一眼レフに劣らないオートフォーカス性能を備えていたり、高画質で撮影できたりと機能性に優れているので、本格派におすすめ。もちろん手軽に入手できるリーズナブルなモデルも揃えています。

パナソニック

By: amazon.co.jp

「パナソニック」は、使いやすいモデルが多くラインナップされているメーカー。回転式の液晶ディスプレイを採用していたり、タッチディスプレイを採用していたりと、カメラを始めたばかりの人でも直感的に操作できるモデルが揃っています。

コンデジのおすすめ人気モデル|初心者〜中級者向け

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ IXY200

1万円強で購入できる初心者におすすめのコンデジ。有効画素数は約2000万画素で十分な画質ですが、ISO感度は最大で1600のため、暗い場所で撮影をしたいと考えている場合は注意しましょう。

光学8倍ズームとプログレッシブファインズーム16倍が装備されており、遠くの被写体をしっかり捉えることが可能。また、カメラが被写体サイズを自動認識して最適なズーム倍率にするオートズーム機能も便利です。カメラが自動でシーンを認識・調整してくれる「こだわりオート機能」のほか、おしゃれな画像に加工できる多彩な撮影モードが搭載されていて満足のいく1枚が撮れます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX W100

リーズナブルな価格でありながら、IPX8規格の10m防水性能・1.8mの耐衝撃性・-10℃の耐寒性を備えているコンデジ。多少乱雑に扱っても壊れないように作られているタフなモデルです。

大人だけではなく子どもの使用も考慮して設計されているため、親子で使えるコンデジを探している方に適しています。

有効画素数が1317万画素なので、高画質での撮影が可能。ISO感度は1600ほどですが、夜ではなく日中メインで使用するのであればそれほど問題ありません。また、光学3倍ズームとダイナミックファインズーム6倍が搭載されているので、遠くの被写体を撮影したい場合にもおすすめです。

頑強な上に高画質で撮影できるため、海水浴やプールなどで活用できます。防水性能に優れているコンデジを探しているけれど、価格は抑えたいという方に最適です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX B500

超望遠の撮影に対応している本格派コンデジ。焦点距離900mm相当の光学40倍ズームが搭載されています。ダイナミックファインズームを活用すれば、約1800mm相当の超望遠撮影も可能。有効画素数が1602万画素、ISOが最大6400でコンデジとしては高いスペックです。

「レンズシフト方式」の手ブレ補正機能により、ズームを使用しているときも効果的にブレを抑え、きれいな1枚が撮影できます。また、オートフォーカスの素早さも魅力。ピントが合うまでの時間が広角側で約0.17秒と非常に早く、シャッターチャンスを逃しません。

構図を大きく変えたときや、手ブレを感知するたびに自動でピントを合わせ直してくれる「プリオートフォーカス」も便利。単3乾電池で動くため、もし外出先で電池が切れてしまってもすぐに交換できるのがメリットです。

▼撮影イメージ

カシオ(CASIO) デジタルカメラ EXILIM EX-ZR3100

光学12倍ズームを搭載しているコンデジ。有効画素数は1210万画素です。手ブレ補正機能が搭載されているので、撮影にあまり慣れていない方でもきれいな1枚が撮影できます。

また、「顔検出」や「タイムラプス」などの多彩な機能で撮影をサポートしてくれるのが特徴。「エクシリムオートトランスファー機能」を活用すれば、カメラで撮った写真をスマホに自動転送してくれて便利です。撮影したらすぐSNSにアップしたいという方に適しています。チルト式の液晶を採用しているので、自撮りしたいときにもおすすめのコンデジです。

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-WX500

光学30倍ズームを搭載している有効画素数1820万画素のコンデジ。高性能ながら本体が非常にコンパクトで、持ち運びに適しています。軽量なので片手の撮影もラクラク。液晶ディスプレイは180°可動するチルト式が採用されているので、自撮りも簡単に行えます。

ZEISS社のバリオ・ゾナーTレンズを搭載していて、広角24mmから望遠720mmまでをカバーしているのがポイント。また、高倍率ズーム時に起こりやすい手ブレを高精度に検出・補正してくれるため、常に手ブレのないきれいな画質で撮影可能です。

さらに、「Exmor R CMOSセンサー」を搭載しており、ISOが最大12800と高感度なのもメリット。ノイズの少ない鮮明な写真を撮影できます。

最速0.09秒のファストインテリジェントオートフォーカスにより、どんなシャッターチャンスも逃さず一瞬を的確に捉えられます。ピントを予測して半押しと同時に合わせられるのも特徴。Wi-Fi機能に対応しているので、スマホなどのデバイスにデータを転送したいときにも便利です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス DC-TZ90

遠くの被写体を撮影する性能に優れたコンデジ。光学30倍ズームができる他、焦点距離が24〜720mmまでの幅広い範囲に対応しており、さまざまなシチュエーションで撮影ができます。

また、ハイスペックな高速連写性能も魅力。1秒間に30枚の高速連写ができるので、決定的な瞬間をしっかりと捉えたい方におすすめです。

液晶ディスプレイはタッチパネル式となっており、オートフォーカスやシャッターなどの操作がタッチで簡単に行えます。180°フレキシブルに動くチルト式の液晶ディスプレイなので、高い位置・低い位置の撮影はもちろん自撮りをしたいときにも便利です。

さらに、ワイヤレス機能が搭載されているので、スマホやタブレットと連携させて簡単にデータをやり取りできるのもポイント。旅行先で写真を友だちとシェアしたり、撮影したその場ですぐにSNSにアップしたりできます。有効画素数は2030万画素、ISO感度は3200でスナップ写真には十分すぎるスペック。コストパフォーマンスを重視する方におすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルカメラ XP120 FX-XP120

富士フイルムのタフスペックコンデジ。20mの防水性能をはじめ、1.75mの耐衝撃性・-10℃の耐寒性・防塵構造で頑丈に作られているのが魅力です。

片手で握っても滑りにくいグリップを採用しているほか、電池フタがダブルロック機構となっており、ハードなレジャーシーンでも使用できます。堅牢性に優れているので、少々乱暴に扱ってしまったり思わず落としてしまったりしても安心です。

有効画素数は1640万画素で、1/2.3型の裏面照射CMOSセンサーを採用しており高画質で撮影可能。光学式の手ブレ補正も搭載されているため、きれいな1枚が撮れます。

さらに、専用アプリと連携させて写真の転送やチェキプリントを手軽に行うことができるのも本機種ならでは。その他にも多彩なモードが搭載されていて、さまざまな楽しみ方ができます。アウトドアシーンで使えるコンデジを探している方におすすめの1台です。

オリンパス(OLYMPUS) デジタルカメラ Tough TG-5

アウトドアにおすすめのハイスペックコンデジ。F値2.0の非常に明るい高性能レンズが搭載されており、幅広い撮影に対応します。CMOSセンサーにはHi-speed裏面照射型が採用されていて、「TruePic VIII」という画像処理エンジンとの組み合わせで高い性能を実現。ノイズを抑えたきれいな写真撮影が可能です。

水深15mの防水性能・2.1mの耐落下衝撃性能・100kgfの耐荷重性能・-10℃までの耐低温性能・耐結露性能など、過酷な環境での使用にも耐えられるタフネスなスペックも魅力。さらに、GPSセンサーや温度計、気圧センサーなどのフィールドセンサーも搭載されているため、登山・トレッキング・釣りなどあらゆるアウトドアシーンで重宝します。

また、4K動画の撮影に対応しているほか、「水中モード」や「プロキャプチャーモード」など、撮影モードが豊富に用意されているのもポイント。有効画素数は1200万画素、ISO感度は12800で中級者も納得のスペックです。

▼撮影イメージ

コンデジのおすすめ人気モデル|上級者向け

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

新しい映像エンジン「DIGIC 7」を搭載し、高画質・多機能さを特徴とするコンデジです。手ブレ補正や低ノイズ性能に優れている点も魅力。スポーツシーンなどで、被写体の躍動感を表現できる「流し撮りモード」も採用されています。

また、優れた描写力を保持する大口径レンズを採用しており、ズーム全域を明るく撮ることが可能です。その他、タッチパネル液晶や撮った写真をすぐに共有できるWi-Fi機能なども搭載。コンパクトなボディに高い機能が詰まったおすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G3X

広角から望遠まで、幅広い撮影領域を高画質で撮影できるコンデジです。美しいボケ感の表現に優れているのも特徴。レンズには、幅広い領域の撮影を実現する「光学25倍ズームレンズ」が搭載されています。

また、防塵・防滴性能を備えているのも魅力。山や森などのアウトドアシーンにおいても活躍するおすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX100V DSC-RX100M5

豊富な機能を搭載しているソニーのハイエンドコンデジ。1.0型のExmor RS CMOSセンサーを搭載しており、信号処理の速さを向上させて高性能を実現しています。「BIONZ X」と呼ばれる高速画像処理エンジンを搭載することで、ノイズの少ない撮影ができるのも特徴です。有効画素数は約2010万画素で、高画質な1枚が撮れます。

装備されているレンズの焦点距離は24~70mm。F値は最小1.8なので、ボケ感のある写真を撮影したいときにおすすめです。

また、315点のオートフォーカスセンサーにより、小さなモノや激しい動きのあるモノなどのピント合わせが難しい被写体でもしっかり捉えられます。スポーツシーンで写真を撮りたい場合に最適です。最高約24コマ/秒の高速連写ができるのも魅力。データを一時的に溜められるバッファーメモリーの容量が大きいため、約150枚までの連続撮影ができます。

さらに、高画質なディスプレイも特徴のひとつ。約122.9万ドットの高精細3.0型エクストラファイン液晶を搭載しており、ハイコントラストで深みのある1枚が撮影可能です。液晶ディスプレイはチルト式を採用しているので、自撮りをしたい方にもおすすめします。

「XGA OLED Tru-Finder」内蔵により、外光の映り込みを減らして高い視認性を実現しているのもポイント。多彩な機能で一眼レフに劣らない写真撮影を楽しめる1台です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 DMC-TX1

高感度な大型1.0型CMOSセンサーを搭載している上級者向けコンデジ。ノイズを抑えて鮮明かつ美しい1枚を撮れるのが魅力です。有効画素数は2010万画素、ISO感度は最大25600で暗い場所の撮影にも最適。レンズは10群12枚で構成されています。

コンパクトな本体でありながら、高画質な写真を撮れるのが特徴。光学10倍ズームを搭載しているのもポイントです。

液晶ディスプレイにはタッチパネルが採用されており、ラクに操作できます。さらに、4K画質の動画撮影に対応しているので、鮮明な映像を撮りたい方にもベスト。連写した写真を合成して幻想的な1枚を作れる「比較明合成」もおすすめ機能のひとつです。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) デジタルカメラ GRII

APS-Cサイズの撮像素子を搭載しているコンデジ。画像処理エンジンに「GR ENGINE V」を採用しており、ノイズを効果的に減らした滑らかな階調表現を実現しています。オートホワイトバランスのアルゴリズムを一新して、蛍光灯やLEDなどの人工光源の下でも調整の精度を向上させているのがポイントです。

また、高品質なGR LENSを装備しており、F値が2.8と明るいのが特徴。独自のレンズ構成に加えて、高屈折率低分散ガラス・高精度ガラスモールド非球面レンズを最適配置し、高い解像度を作り出しています。

「HDR調」「クロスプロセス」「レトロ」「ハイコントラスト白黒」「ブリーチバイパス」など、多彩なエフェクトを搭載。表現の幅が広く、さまざまな雰囲気の写真に仕上げることが可能です。

さらに、「クロップモード」と呼ばれる機能も特徴のひとつ。このモードを活用すれば、35mm相当と47mm相当ふたつの焦点距離に切り替えて撮影可能です。これにより、同じ景色でも異なる印象の写真が撮れます。

Wi-Fiが内蔵されていて、専用アプリを使えばデータの転送ができるのはもちろん、スマホを使っての遠隔操作もできて非常に便利です。三脚を使っての集合写真などもラクに行えます。

▼撮影イメージ

コンデジのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コンデジのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。