デジタルカメラのなかでも持ち運びに便利な機種が揃っている「コンデジ」。最近はスマホのカメラも向上していますが、その現状に対抗すべく高倍率ズームやイメージセンサーの大型化に対応した機種がリリースされています。

そこで今回は、コンデジのおすすめモデルをご紹介。手軽にキレイな写真を撮れる製品をピックアップしたので、街歩き撮影を楽しみたい方やSNS映えする写真を撮りたい方はぜひチェックしてみてください。

コンデジとは?

By: ricoh-imaging.co.jp

コンデジとは「コンパクトデジタルカメラ」の略称。同じデジタルカメラの一眼レフカメラやミラーレスカメラと比べて、サイズがコンパクトなところが特徴です。

以前は誰にでも扱いやすくて低価格のライトモデルが主流でしたが、スマホの普及によりユーザーのニーズが変化。最近は写りのよさを追求したミドル〜ハイエンドクラスも展開されています。

コンデジとミラーレス一眼の違い

By: panasonic.jp

デジタルカメラには、コンデジのほかにデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラも含まれますが、それらとの大きな違いはレンズの交換ができるかどうか。一眼カメラやミラーレスはレンズの交換が可能なので、撮影シーンに合わせて、標準・広角・望遠・マクロ・魚眼レンズなどから最適なモノを選び、付け替えることができます。

一方、コンデジはレンズ一体型のためレンズ交換する手間がないのがメリット。1台でさまざまな撮影シーンをカバーできる汎用性の高さが魅力です。なお、最近はレンズ一体型であってもデジタル一眼レフカメラと同等サイズで、超望遠ズームに対応できる、いわゆる「ネオ一眼」と呼ばれるモデルも登場しています。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ミラーレス一眼について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コンデジの選び方

イメージセンサーをチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

デジカルカメラの画質クオリティを左右するのが「イメージセンサー」のサイズ。イメージセンサーとはレンズを通して入ってきた光を受け止めて電気信号に変換するパーツのことで、サイズが大きいほど高画質になり、価格もそれに比例して高くなります。

なお、イメージセンサーのサイズはデジタルカメラ共通となっており、総合して大きさ順に並べると、「フルサイズ」「APS-C」「マイクロフォーサーズ」までは一眼レフやミラーレスと同様。コンデジの場合にはさらに1.0型や1/1.7型、1/2.3型があり、小さくなるにつれて価格は安くなります。

撮影したいものに合わせて搭載レンズをチェック

By: panasonic.jp

コンデジのスペックをチェックするうえで、重要となるのが焦点距離。例えば「焦点距離24~200mm」と記載されている部分がそれに該当します。なお、「焦点距離28mm」とあれば、その機種は単焦点レンズを搭載したモデルであることを示しているので、違いを把握しておきましょう。

見方としては、数値の小さいほうが広い範囲を撮影できる「広角」を示し、数字の大きいほうが遠くの被写体を大きく写す「望遠」を表記しています。なお、この焦点距離の幅は光学ズームの倍率と関わっている部分なので、併せて確認しておくのがおすすめです。

広角レンズ

By: ricoh-imaging.co.jp

デジタルカメラで使用される標準レンズは焦点距離が50mm前後ですが、それよりも画角が広い焦点距離35mm以下のモノを「広角レンズ」と呼びます。風景など広がりのあるシーンを撮影したい際に有効です。

広角はピントの合う範囲が広く、被写界深度が深いので、大勢の人物を写す集合写真などの撮影にも便利。また、接写する際はカメラに近いモノは大きく、遠いモノは小さく写り、遠近感が強調されるのもポイントです。

望遠レンズ

By: nikon-image.com

「望遠レンズ」とはカメラレンズのひとつで、望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体を大きく撮影したりするときに使うモノです。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体を強調した撮影ができます。

また、ピントの合う範囲「被写界深度」が浅いため、被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりも望遠レンズの方がボケやすいのもポイント。ただし、被写体の拡大率が高くなるにつれ、写真がブレやすくなる点には注意が必要です。

なお、コンデジの焦点距離のMAXは1000mm以下がほとんどですが、一眼レフと同等サイズのレンズ一体型モデルでは超望遠ズームを搭載していることが多く、1000mmオーバーの望遠に対応できる機種もあります。

防水機能や手ぶれ補正機能もチェック

By: nikon-image.com

コンデジをアウトドアや水辺のレジャーで使う場合は、「防水機能」を要チェック。また、水中での撮影も楽しみたい場合は水深何メートルまで対応できるかも確認しておきましょう。

手ぶれ補正はピントの合ったキレイな画像を撮るのに欠かせない機能。種類としては大きく分けて電子式と光学式の2種類があり、光学式は電子式より高価なものの、高い効果が期待できます。一方、価格的には電子式のほうが安価なので、コストを抑えたい方はチェックしておきましょう。

初心者向け!3万以下で買えるコンデジおすすめモデル

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix XP140

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix XP140

防水防塵レベルはIP68相当で、水深25mまでの防水に対応できるコンデジ。サイズは109.6×71×27.8mmで、重さは約207gと小型かつ軽量ながら、有効画素数は1635万画素、光学ズームは5倍、ISO感度は最大12800と、充実したスペックを有しているのが特徴です。

高さ1.8mから落としても耐えうる耐衝撃構造や、-10℃までカバーする耐寒性能を有しているのもポイント。カメラ機能としては、被写体を自動で認識して追従する「主要被写体認識」や人間の瞳に自動でピントを合わせる「瞳AF」などが用意されているほか、笑顔の瞬間を撮影する「スマイルシャッター」や、顔が正面を向いた瞬間を撮影する「フェイスオートシャッター」なども便利です。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) RICOH WG-60

リコー(RICOH) RICOH WG-60

防水防滴レベルはIP68程度で、水深は14mまでカバーするコンデジ。本製品は122.5×61.5×29.5mmと横長ワイドな形状を採用しているのが特徴で、重さは約193gと軽量です。

1.6mからの落下に対応できる耐衝撃性や、-10℃の極寒地でも撮影できる構造を採用しているのもポイント。有効画素数は1600万、光学ズームは5倍、ISO感度は最大6400までと普段使いの撮影にも十分対応できます。タフに使えるコンデジを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) IXY650

キヤノン(Canon) IXY650

スリムなデザインのコンデジ。重さは147gで、有効画素数2020万画素、焦点距離は25〜300mmで、光学ズームは12倍です。

シーンに応じて手ぶれを防ぐ「レンズシフト式手ブレ補正機構」や、SNS用の写真を撮る際に便利な「顔認識機能」など、カメラ初心者でも使いやすい機能を搭載しているのが特徴。Wi-Fi接続にも対応しているので、スマホとの連携もスムーズにできます。価格が1万円台と比較的安価なのも魅力。価格重視でコンデジを選びたい方におすすめです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot SX720 HS

キヤノン(Canon) PowerShot SX720 HS

焦点距離24~960mmで、光学40倍ズームに対応するコンデジ。光学式と電子式を併用した、上下・左右・回転軸・水平回転軸・縦回転軸の5軸の手ぶれ補正機能を搭載しており、安心して撮影できるのが特徴です。

静止画だけでなく、動画撮影がスムーズにできるのも魅力。特に人物やシーンの明るさを21パターンのなかから自動で判別・設定をしてくれる「こだわりムービー」は便利で、カメラ初心者でも簡単にきれいな動画を撮影できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX350

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX350

重さ164gと軽量なコンデジ。焦点距離25~500mmの光学20倍ズームと光学式手ぶれ補正に対応しており、高倍率ズーム時も安定した撮影ができるのが特徴です。

10コマ/秒の高速連写に対応できるメカニカルシャッターによって、動きの速い被写体でもしっかり捉えることが可能。また、「プレミアムおまかせオート」ではISO最大12800に対応しているため、暗い場所でも手ぶれを抑えた写真が撮影できます。

バッテリー容量が充実しており、1回の充電で約470枚撮影できるのもポイント。ちょっとした旅行などで使いやすいおすすめモデルです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX W100

ニコン(Nikon) COOLPIX W100

水深10mまでの防水性能と高さ1.8mからの落下にも耐えられる仕様のコンデジです。メニューにはひらがな表記を設けたり、わかりやすいアイコンで表示するなど、子どもの使用を想定しているのも特徴。写真をスタンプでデコレーションしたり、マンガ風の加工ができたり、写真にフレームを付けたりと、さまざまな編集ができるのもポイントです。

有効画素数は1317万画素、光学ズームは3倍、ISO感度は1600。価格が1万円台と安価なのも魅力なので、自身で使うのはもちろん、子どもに持たせるコンデジを探している方にもおすすめです。

▼撮影イメージ

上級者向け!最強スペックの高級コンデジおすすめモデル

リコー(RICOH) GR Ⅲ

リコー(RICOH) GR Ⅲ

ハイエンドモデルの単焦点コンデジ。小型かつ軽量でありながら、イメージセンサーに一眼レフやミラーレスに搭載されるAPS-Cを採用しているのが特徴です。

有効画素数は2424万画素、ISO感度は最大102400と夜景でのシーンでもクオリティの高い撮影が可能。レンズの焦点距離は28mm相当となっています。

レンズのF値は2.8。撮影可能距離が従来モデルよりも短くなっており、標準は約10cmから、マクロモードは約6mmからと、被写体に寄った接写にもしっかりと対応できます。液晶モニターはタッチパネル対応なので、使い勝手も良好。スマホカメラよりもレベルの高い撮影を手軽にしたい方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

ライカ(LEICA) LEICA Q2

ライカ(LEICA) LEICA Q2

イメージセンサーがフルサイズの高級コンデジ。有効画素数4730万画素で、ISO感度は最小50・最大50000とハイスペック仕様となっているのが特徴です。

焦点距離は28mm相当で、単焦点レンズを採用しているのもポイント。従来モデルからメニューの見直しを図り操作性を向上させているほか、ボディが防塵防滴仕様になっているのも魅力です。

本機は4年ぶりのモデルチェンジした意欲作であることはもちろん、コンデジとしてはかなりの高額であるのも話題。ライカファンはもちろん、圧倒的な所有感のあるデジタルカメラを求めている方はぜひ購入を検討してみてください。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-RX100M6

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-RX100M6

コンパクトながら高性能と評判の人気モデル。イメージセンサーには1型CMOSを採用し、レンズの焦点距離は24~200mm、F値は2.8~4.5、光学ズームは8倍と、広角から望遠まで対応できるのが特徴です。

有効画素数は2010万、通常のISO感度は最大12800とハイスペック。オートフォーカス機能には同社のミラーレス一眼で培った技術を投入しており、連写も最高約24コマ/秒とかなり高速です。満足度の高いコンデジを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-RX1RM2

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-RX1RM2

手に収まる小型サイズながら、イメージセンサーがフルサイズとハイエンドモデルのコンデジ。有効画素数4240万画素で、ISO感度は通常時で100〜25600と高いスペックを有しているのが特徴です。

焦点距離は35mm相当の単焦点レンズを採用しており、しっかりとしたボケ感のある写真が撮影できるのもポイント。オートフォーカスのカバー領域が広く、追随性も含めて使い勝手が向上しているのも魅力です。コンデジでの高画質撮影にこだわりたい方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X100F

富士フイルム(FUJIFILM) X100F

クラシックカメラを彷彿とさせるレトロなデザインの単焦点コンデジ。小型ながらイメージセンサーにAPS-Cを搭載しており、有効画素数は2430万画素、ISOは最大51200とハイスペック仕様になっているのが特徴です。

レンズにはフルサイズ換算で35mm、F値2.0の大口径準広角レンズを搭載しており、人間の視野角に近い画角で撮影することが可能。特にスナップ撮影を楽しみたい方におすすめです。

絞りやシャッター速度などの露出に関する設定はダイヤル調整するなど、操作系がアナログ仕様になっているのもポイント。街歩きに適したコンデジを探している方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark Ⅲ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark Ⅲ

イメージセンサーにAPS-Cを搭載したコンデジ。有効画素数は約2420万画素で、レンズのF値は2.8〜5.6、焦点距離は24〜72mmの光学3倍ズームを搭載しており、高い解像度と幅広いダイナミックレンジで被写体のディテールをしっかり捉えることができるのが特徴です。

オートフィーカス(AF)のスピードが約0.09秒と高速なのもポイント。AF固定時は1秒あたり最高約9コマ、AF追従時でも最高約7コマと連写性能が充実しているのも魅力です。ISO感度は最高25600と充実しているので、光量の少ない場所でもしっかり撮影することが可能。トータルバランスに優れたおすすめモデルです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-TX2

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-TX2

焦点距離24〜360mmのレンズを搭載したコンデジ。手ぶれ補正機能を搭載しているほか、広角から望遠まで幅広くカバーしているので、風景やスナップ撮影はもちろん、鉄道や野鳥などの動物を撮影する際にも便利です。

また、3次元色コントロール機能を搭載しているので、夕景などの繊細なグラデーションも忠実に撮影できるのも魅力。コンパクトなサイズ感と優れた望遠機能、撮影クオリティの高さを兼ね備えたおすすめモデルです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-LX100M2

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-LX100M2

イメージセンサーにマイクロフォーサーズ規格を採用したコンデジ。レンズの焦点距離は24~75mmで、光学3.1倍ズームに対応しており、F値は1.7〜2.8と明るい大口径レンズを採用しているのが特徴です。

有効画素数は1700万、通常のISO感度は最大25600。夜景撮影においても、高速シャッターで被写体の動きを捉え、手ぶれを抑えた撮影が可能なのもポイントです。

4K/30pの動画撮影が可能なほか、秒間30コマ連写で決定的瞬間を約800万画素の写真に残すことができる「4Kフォト」モードにも対応しているのも魅力。本格派のコンデジを求めている方におすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC-LX9

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC-LX9

老舗のカメラメーカーとして知られる「ライカ」のDCレンズを搭載したコンデジ。F値1.4〜2.8の明るい大口径レンズを採用しているのが特徴で、写真にしっかりとボケ感を出せるのが魅力のモデルです。

光量が少ない被写体を撮影しやすいのもメリット。非球面レンズを採用することによって、光の輪ができる「輪線」や二重ボケを軽減できるのもポイントです。

有効画素数は2010万画素で、焦点距離は24~72mm。イメージセンサーは1.0型を採用しています。コンデジのなかでも特に明るいレンズを搭載しているモデルを探している方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

高級コンデジについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

番外編:超望遠!高倍率モードのコンデジおすすめモデル

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

焦点距離が24~3000mm相当と超望遠撮影が可能なモデル。望遠撮影時でも安心して撮影できるように高精度な手ぶれ補正機能が搭載されているのも特徴で、遠くの被写体もしっかりと捉えることができます。

なお、超望遠で撮影する際は被写体を見失いがちですが、本モデルは一時的に広角側にズームを戻す「クイックバックズーム」機能が用意されているのもポイント。レンズ一体型のデジタルカメラのなかで超望遠撮影に対応できるおすすめモデルです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX B600

ニコン(Nikon) COOLPIX B600

重さ500gと軽量ながら1440mm相当の望遠撮影が可能なモデル。補正効果3.0段の「レンズシフト方式手ブレ補正」を搭載しているため、望遠撮影時でも手ぶれを抑えた写真撮影が可能なのが特徴です。

「裏面照射型CMOSセンサー」と「高性能画像処理エンジンEXPEED」の連携により、高感度撮影時でも高い解像度のままノイズを抑制できるのもポイント。カメラまかせで撮影できるシーンモードは19種類で、「料理」や「ペット」などはもちろん、「打ち上げ花火」や「夜景」など、暗い場面での撮影も手軽に行えます。充実したスペックを有しながら価格が比較的安いのもポイント。コスパ重視でデジタルカメラを選びたい方にもおすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot SX70 HS

キヤノン(Canon) PowerShot SX70 HS

焦点距離21〜1365mm、光学ズーム65倍と高倍率のデジタルカメラ。有効画素数は約2030万画素とスペックは高めなので、広角から望遠まで高精細な写真を撮影することができます。

オートフォーカスのスピードが約0.16秒と高速なのもポイント。連写性能も毎秒約10.0コマと優秀です。また、Bluetoothでリモート撮影できる「ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1」が付属しているのも魅力。カメラ設置距離5m圏内であればリモートで撮影できるので、自撮りはもちろん、集合写真を撮る際にも便利です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ85

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ85

焦点距離20〜1200mm、光学ズーム60倍と広角から望遠まで幅広い撮影シーンをカバーできるデジタルカメラ。有効画素数は約1810万画素、F値は2.8~F5.9、ISO感度は80~3200となっています。

本モデルは高速、高精度でピントが合わせられる「空間認識AF」に対応しているのが特徴。遠くの被写体であってもしっかりとオートフィーカスできるのが魅力です。望遠撮影の対応できるモデルながら比較的リーズナブル価格帯であることもポイント。コスパ良好のおすすめモデルです。

▼撮影イメージ