デジタルカメラのなかでも持ち運びに便利な機種が揃っている「コンデジ」。最近はスマホのカメラも向上していますが、その現状に対抗すべく高倍率ズームやイメージセンサーの大型化に対応した機種がリリースされています。

そこで今回は、コンデジのおすすめモデルをご紹介。手軽にキレイな写真が撮れる製品をピックアップしたので、街歩き撮影を楽しみたい方やSNS映えする写真を撮りたい方はぜひチェックしてみてください。

コンデジとは?

By: ricoh-imaging.co.jp

コンデジとは「コンパクトデジタルカメラ」の略称。同じデジタルカメラの一眼レフカメラやミラーレスカメラと比べて、サイズがコンパクトなところが特徴です。

以前は誰にでも扱いやすくて低価格なライトモデルが主流でしたが、スマホの普及によりユーザーのニーズが変化。最近は写りのよさを追求したミドルクラスやハイエンドクラスも展開されています。

コンデジとミラーレス一眼の違い

By: panasonic.jp

デジタルカメラには、コンデジのほかにデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラも含まれますが、それらとの大きな違いはレンズの交換ができるかどうか。一眼カメラやミラーレスはレンズの交換が可能なので、撮影シーンに合わせて、標準・広角・望遠・マクロ・魚眼レンズなどから最適なモノを選び、付け替えられます。

一方、コンデジはレンズ一体型のためレンズ交換する手間がないのがメリット。1台でさまざまな撮影シーンをカバーできる汎用性の高さが魅力です。なお、最近はレンズ一体型であってもデジタル一眼レフカメラと同等サイズで、超望遠ズームに対応できる、いわゆる「ネオ一眼」と呼ばれるモデルも登場しています。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ミラーレス一眼について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コンデジの選び方

イメージセンサーをチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

デジカルカメラの画質クオリティを左右するのが「イメージセンサー」のサイズ。イメージセンサーとはレンズを通して入ってきた光を受け止めて電気信号に変換するパーツのことで、サイズが大きいほど高画質になり、価格もそれに比例して高くなります。

なお、イメージセンサーのサイズはデジタルカメラ共通となっており、総合して大きさ順に並べると、「フルサイズ」「APS-C」「マイクロフォーサーズ」までは一眼レフやミラーレスと同様。コンデジの場合にはさらに1.0型や1/1.7型、1/2.3型があり、小さくなるにつれて価格は安くなります。

撮影したいものに合わせて搭載レンズをチェック

By: panasonic.jp

コンデジのスペックをチェックするうえで、重要となるのが焦点距離。例えば「焦点距離24~200mm」と記載されている部分がそれに該当します。なお、「焦点距離28mm」とあれば、その機種は単焦点レンズを搭載したモデルであることを示しているので、違いを把握しておきましょう。

見方としては、数値の小さいほうが広い範囲を撮影できる「広角」を示し、数字の大きいほうが遠くの被写体を大きく写す「望遠」を表記しています。なお、この焦点距離の幅は光学ズームの倍率と関わっている部分なので、併せて確認しておくのがおすすめです。

広角レンズ

By: ricoh-imaging.co.jp

デジタルカメラで使用される標準レンズは焦点距離が50mm前後ですが、それよりも画角が広い焦点距離35mm以下のモノを「広角レンズ」と呼びます。風景など広がりのあるシーンを撮影する際に有効です。

広角はピントの合う範囲が広く、被写界深度が深いので、大勢の人物を写す集合写真などの撮影にも便利。また、接写する際はカメラに近いモノは大きく、遠いモノは小さく写り、遠近感が強調されるのもポイントです。

望遠レンズ

By: nikon-image.com

「望遠レンズ」とはカメラレンズのひとつで、望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体を大きく撮影したりするときに使うモノです。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体を強調した撮影ができます。

また、ピントの合う範囲「被写界深度」が浅いため、被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりも望遠レンズの方がボケやすいのもポイント。ただし、被写体の拡大率が高くなるにつれ、写真がブレやすくなる点には注意が必要です。

なお、コンデジの焦点距離のMAXは1000mm以下がほとんどですが、一眼レフと同等サイズのレンズ一体型モデルでは超望遠ズームを搭載していることが多く、1000mmオーバーの望遠に対応できる機種もあります。

防水機能や手ブレ補正機能もチェック

By: nikon-image.com

コンデジをアウトドアや水辺のレジャーで使う場合は、「防水機能」を要チェック。また、水中での撮影も楽しみたい場合は水深何メートルまで対応できるかも確認しておきましょう。

手ブレ補正はピントの合ったキレイな画像を撮るのに欠かせない機能。種類としては大きく分けて電子式と光学式の2種類があり、光学式は電子式より高価なものの、高い効果が期待できます。一方、価格的には電子式のほうが安価なので、コストを抑えたい方はチェックしておきましょう。

初心者向け!3万以下で買えるコンデジおすすめモデル

キヤノン(CANON) PowerShot SX720 HS

キヤノン(CANON) PowerShot SX720 HS

広角24mmから超望遠960mmまでを撮影可能な光学40倍ズームレンズを搭載した、キヤノンの人気コンデジです。水平回転軸や縦回転軸の手ブレにも対応した、光学式および電子機併用の5軸手ブレ補正機構を内蔵。後ろ歩きで動画を撮影する際などの手ブレを軽減しています。

1/2.3型イメージセンサーを採用しており、有効画素数は2030万画素。Wi-FiやBluetooth、そして近距離通信のNFCに対応しており、パソコンやスマホなどとの連携も容易です。ボディは奥行き35.7mmとスリム。高倍率カメラとしては約270gと軽量なのもメリットです。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) IXY650

キヤノン(CANON) IXY650

本体重量147gの軽量モデルながら、光学12倍ズームを搭載したキヤノンのコンデジです。焦点距離25〜300mmと広角から超望遠までをカバー。「プログレッシブファインズーム」を利用すれば、さらに2倍の600mmまで撮影できます。街歩きのスナップ用としてはもちろん、旅行用としても対応力が広いのが魅力です。

高感度時のノイズ発生を抑えた1/2.3型のCMOSセンサーを搭載しており、有効画素数約2020万と高解像度。最高ISO3200の高感度で撮影できるため、夜景や光量の少ない家の中などでも使いやすいモデルです。

注目の機能は「オートズーム」機能。被写体の人数をカメラが判別して、自動でズームします。複数の人を適切な構図で撮影するので、初心者でも失敗が少ないのがメリット。スマホカメラからのステップアップとして最適な1台です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-W830

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-W830

120gの軽量ボディに光学8倍ズームレンズを搭載した、サイバーショットのエントリーモデルです。焦点距離は25〜200mm。1/2.3型CCDセンサーを使用しており、有効画素数2010万画素と解像度も良好です。

ソフトハイキーやポップカラーなど、4つのモードから選べる「ピクチャーエフェクト」を搭載。静止画だけでなく動画撮影でも利用できるのがポイントです。「光学式手ブレ補正」および「おまかせオート」撮影モードも備えており、初心者でも簡単にキレイな写真を撮影できます。

ニコン(NIKON) COOLPIX B500

ニコン(NIKON) COOLPIX B500

光学40倍ズームレンズを搭載した、有効画素数1602万画素のリーズナブルなコンデジです。焦点距離は22.5〜900mm、22.5mmで超広角撮影できるのがポイント。デジタルの「ダイナミックファインズーム」を用いれば、さらに2倍の1800mm相当の超望遠撮影も可能です。

Wi-FiおよびBluetoothとNFC機能を内蔵しており、クラウドサービス「NIKON IMAGE SPACE」を利用できます。SNSなど任意の場所への自動アップロードも可能。旅先でも入手しやすい単3形電池4本を使用して、約600コマ撮影できます。

広角側でのピント合わせが約0.17秒という高速AFを搭載。シャッターを押してから実際に撮影できるまでの時間が、広角側約0.2秒、望遠側で約0.54秒とタイムラグが小さいのもメリットです。星空観察やバードウォッチングで気軽に使えるカメラを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX DMC-TZ85

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX DMC-TZ85

奥行約38mmのスリムボディに、光学30倍ズームのライカDCレンズを採用したコンパクトデジカメです。焦点距離24〜720mmで、超望遠撮影が可能。3インチの液晶モニターに加え、電子式ファインダーを備えています。

リーズナブルモデルながら、4K30pの動画を撮影できるほか、30コマ/秒で長時間連写できる「4K PHOTO」機能を搭載。1/2.3型イメージセンサーの有効画素数は約1810万。最高シャッタースピードは1/16000秒、最高ISO拡張感度6400と基本性能も良好です。安くて高機能なコンデジを探している方におすすめします。

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix XP140

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix XP140

25mの防水および1.8m耐衝撃構造を採用した、アウトドアで使いやすい防塵仕様のコンパクトデジカメです。28~140mmの5倍光学ズームを搭載しており、有効画素数は1635万画素。手のひらサイズボディの重量は、バッテリーとメモリカード込みでも約207gと軽量です。

被写体を自動で認識する「主要被写体認識」機能や、瞳にピントを合わせる「瞳AF」機能などオート機能が豊富。そのほかにも、笑顔の瞬間を捉える「スマイルシャッター」や顔が正面を向いたタイミングで撮影する「フェイスオートシャッター」などを備えています。

4K動画撮影が可能なうえに、HD動画を最高4倍のフレームレートで撮影できる「HDハイスピード動画」機能を搭載しており、滑らかなスローモーションで撮影できるのがポイント。アウトドアでも、簡単操作でキレイな写真を撮影したい方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

中~上級者向け!最強スペックの高級コンデジおすすめモデル

リコー(RICOH) RICOH GR III

リコー(RICOH) RICOH GR III

新開発の単焦点レンズ「GR LENS18.3mm」を搭載した、リコーのコンパクトカメラハイエンドモデルです。 F2.8と明るいレンズなのがメリット。デジタル一眼レフで一般的な、APS-CサイズCMOSセンサーを採用しており、有効画素数約2424万と高精細です。

画像処理エンジンも新たに開発された「GR ENGINE 6」を搭載。3軸の手ブレ補正機構を内蔵して、シャッター速度換算4段分の補正効果を有しています。Wi-Fiに対応しており、パソコンやスマホとのデータのやりとりも簡単。単焦点カメラでじっくり画作りしたい方におすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot G5 X Mark II

キヤノン(CANON) PowerShot G5 X Mark II

キヤノン初の「1.0型 積層型 CMOSセンサー」を搭載した、解像度2010万画素のハイスペックコンデジ。画素と回路領域を、それぞれ独立したチップとして形成できるため、高画質化と高速化、そしてコンパクト化を同時に実現しています。

焦点距離24〜120mmの光学5倍ズームレンズを搭載。F1.8〜2.8の大口径レンズです。約236万ドットの有機EL電子式ファインダーを備えており、忠実な色再現と高いコントラストで本格的な撮影ができます。Gシリーズとして初めて4K動画撮影を実現したのもポイント。4K動画からフレームを切り出して静止画とすることもできます。

注目の機能が「プリ撮影」。シャッターを押す最大約0.5秒前から最高約30.0コマ/秒で連続撮影できます。ペットや自然など、動きを予測しにくい被写体を撮影するときに便利です。高機能のコンデジを探している方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot G7 X Mark II

キヤノン(CANON) PowerShot G7 X Mark II

F1.8〜2.8と明るい、焦点距離24〜100mmの光学4.2倍ズームレンズを搭載したキヤノンコンデジのミドルクラスモデルです。イメージセンサーも1.0型と大きめなのがポイント。最速シャッタースピードは1/2000秒、ISO感度は125~12800です。

画像処理エンジンとして「DIGIC 7」を採用。従来モデルに比べて、約14倍のノイズ判別情報を用いたノイズリダクションを実現しており、感度ISO1600撮影時においてもISO800と同等レベルのノイズに抑制しています。

光学手ブレ補正機能は「デュアルセンシングIS」。ジャイロセンサーのみによる処理に加え、センサー情報から画像のブレを検知することによって、4段という高い補正効果を実現しています。

デジタル一眼EOS同等のピクチャースタイルを採用したことにより、EOSシリーズとの操作の親和性も向上。EOSのサブカメラとしてもおすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(NIKON) COOLPIX P1000

ニコン(NIKON) COOLPIX P1000

光学125倍という圧倒的な高倍率を誇る、ニコンのハイスペックコンデジです。焦点距離24~3000mmの撮影が可能。月面などの拡大写真も簡単に撮れます。マクロ撮影にも対応しており、「マクロAF」を利用すれば最短約1cmの距離にある被写体も撮影可能です。

最高シャッタースピード1/4000秒、最高拡張ISO感度6400と基本性能が高く、さまざまな被写体に対応可能。連続撮影速度7コマ/秒と連写性能も良好です。デュアル検知光学VRを搭載して補正効果5段と手ブレにも強いのがポイント。動画は4Kでの撮影に対応。ステレオ音声付きの高精細なムービー撮影ができます。

ポートレートや風景、打ち上げ花火など、25種の多彩なシーンモードを内蔵しており、細かい設定をする必要がないので、初心者も安心。前モデルP900から買い替える方も多い高機能なコンデジです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX1

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX1

自社開発した「35mmフルサイズ“Exmor”CMOSセンサー」を搭載した、サイバーショットの高性能モデルです。有効画素数は約2430万。フルサイズセンサーならではの広いダイナミックレンジと優れた高感度性能により、ノイズの少ない緻密な画質で撮影できるのがメリットです。

レンズは単焦点35mmのツァイス「ゾナーT*」を採用。F2.0と明るい大口径レンズです。9枚羽根の絞りを採用しているのがポイント。常用域でほぼ円形になるよう設計されており、美しいボケ味を発揮します。

フォーカスモードはオートフォーカスとマニュアルフォーカスのほか、ダイレクトマニュアルフォーカスを搭載。オートフォーカスでピントを合わせてから手動でピントの調節ができます。ボディの材質はマグネシウム合金。無駄な装飾を排した操作しやすいデザインを採用しており、質感が高いのもメリットです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M7

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M7

新開発の1.0型積層型CMOSイメージセンサーと画像処理エンジン「BIONZ X」を採用した、サイバーショットRXシリーズ最速のプレミアムカメラ。連続撮影最高20コマ/秒は、ソニーのフルサイズミラーレス一眼「α9」同等の性能です。

さらに、像面位相差検出AF方式と、コントラスト検出AF方式を併用する「ファストハイブリッドAFシステム」を搭載したことにより、前モデルからオートフォーカスの検出精度を大幅に向上。世界最速クラス0.02秒の高速AFを実現しています。

レンズは焦点距離24〜200mm、F2.8〜4.5の光学8倍「ツァイス バリオ・ゾナーT*」を搭載。広角から望遠までカバーしており、旅行をはじめ、さまざまなシーンで使いやすいのがポイントです。また、カラーフィルターを一新、色再現性が向上しており、自然な色合いで撮影できます。メインカメラとして使えるコンデジを探している方におすすめします。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) プレミアムコンパクトカメラ LUMIX DC-TX2-K

パナソニック(Panasonic) プレミアムコンパクトカメラ LUMIX DC-TX2-K

本体重量298gと軽量ながら、光学15倍の「ライカDCレンズ」を搭載した高倍率コンパクトカメラです。色収差を効果的に補正するEDレンズおよび非球面レンズを採用しており、ズーム全域で色にじみの少ないシャープな画質で撮影できます。また、広角端で最短3cmまで近接してマクロ撮影できるのもメリットです。

イメージセンサーは1.0型と大型、有効画素数は2010万画素。4K動画撮影に対応しているため、リアルな映像を記録可能です。フルHD画質でテレビに出力しても、通常のフルHD動画より高い解像度で再生されるので、4K対応テレビでなくてもきめ細かな映像を楽しめます。

また、「軌跡合成」機能を搭載しているのもポイント。30コマ連写された複数のカットを選択して、カメラ内部で1枚に合成できます。パソコンの編集ソフトを使わずに済むので、旅行先でも対応できて便利です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) フィールドズームコンパクト LUMIX DC-FZ1000M2

パナソニック(Panasonic) フィールドズームコンパクト LUMIX DC-FZ1000M2

焦点距離25〜400mmの光学16倍ズームライカレンズを備えた、ルミックスの上位機種。1.0型の高感度MOSセンサーを内蔵しており、有効画素数は2010万画素です。3インチモニターに加えて、約236万ドットのファインダーを搭載。応答速度が速く、高コントラストの有機ELモニターを採用しているため、被写体をしっかり確認しながらピント合わせやフレーミングができます。

「フォーカスセレクト&フォーカス合成」機能を備えているのがポイント。撮影後にフォーカスポイントを選べるので、ピントがずれた場合でも安心です。さらに、「ズームバック機能」も便利な機能。見失った被写体をズームアウトして素早く探せます。

秒間30コマ連写でシャッターチャンスを逃さない「4Kフォト」のほか、レンズシフト式手ブレ補正機構やBluetooth機能も搭載。高機能かつ高倍率のコンデジを探している方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

富士フィルム(FUJIFILM) デジタルカメラ XF10

富士フィルム(FUJIFILM) デジタルカメラ XF10

焦点距離28mmのF値2.8と明るい単焦点広角フジノンレンズを搭載したコンパクトカメラです。デジタル一眼レフで主流の大型APS-Cサイズセンサーを内蔵しており、有効画素数は約2424万画素。感度はISO200~12,800で、拡張感度を用いれば、最大51200の高感度撮影もできます。

単焦点カメラながら、デジタルズーム機能を搭載。28〜50mmの焦点距離で撮影が可能です。また、動画は4K画質で撮影できることに加えて、ハイスピード動画も記録できます。スワイプするだけで、Instagramにマッチした1:1のアスペクトに簡単に切り替えられる「スクエアモード」も搭載。画質重視の方におすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

ライカ(LEICA) C-LUX

ライカ(LEICA) C-LUX

1.0型という大きめのMOSセンサーを採用した、ライカのコンパクトデジカメです。有効画素数は2010万画素。光学15倍のライカDCバリオエルマレンズを搭載しており、焦点距離は24~360mmです。AFマクロおよび動画撮影時には最短3cmの距離で近接撮影できます。

ISO感度は25600まで設定可能。シャッタースピードはメカニカルシャッター時最高1/2000秒、電子シャッターでは1/16000秒の撮影ができます。連写可能枚数は最大10コマ/秒と連写性も優秀です。

約233万ドットで視野率約100%の0.21型電子式ファインダーを内蔵しており、ピントや構図を決めやすいのがポイント。RAW撮影にも対応した高機能なコンデジです。

高級コンデジについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。