高画質な写真撮影を楽しみたいけど、一眼レフやミラーレス一眼では重くかさばると困っている方におすすめなのが、APS-Cセンサーを搭載した「コンデジ」。一眼レフカメラと同等の高画質を実現しながら、ポケットやバッグに入れて気軽に持ち歩けるのが魅力です。

今回は、APS-Cセンサーを搭載したコンデジのおすすめの機種をご紹介。選び方についても解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

コンデジとは?

By: amazon.co.jp

コンデジとはコンパクトデジタルカメラの略称。本体の突起部分を極力省いたフラットなデザインを採用したり、電源オフ時に縮んで折りたためる沈胴式のレンズを採用したりするなど、小型・軽量を重視した仕様が特徴です。

一眼レフやミラーレス一眼などとは異なり、レンズ交換には対応していない分、携帯性に特化しているのがポイント。バッグはもちろん、ズボンや上着のポケットにも簡単に収納できるモノもあります。軽快に持ち歩けるので、シーンを選ばずいつでも気軽に撮影が可能です。

APS-Cとは?

By: canon.jp

APS-Cとは、デジタルカメラの中にあるイメージセンサーのサイズを示す規格のひとつ。デジタル画像はレンズから通した被写体(撮影対象)の色や形などの光情報を、イメージセンサー上でデジタル信号化することによって生成されます。

イメージセンサーのサイズが大きくなるほど、一度により多くの光量を取り込めるのが特徴。暗い室内や夜景でもノイズの少ない高画質な写真が撮影できるほか、背景を大きくボケさせた写真も撮影可能です。

APS-Cサイズのイメージセンサーは一眼レフやミラーレス一眼にも採用されており、22×15mm程度の大きさを有しています。一般的なスマホやコンデジに搭載されているイメージセンサーよりも大きく、豊かで高画質な写真表現が楽しめます。

コンデジの魅力

By: fujifilm.jp

コンデジの最大の魅力は、携帯性に優れていること。本体が小型・軽量に設計されているため重くかさばらず、一眼レフやミラーレス一眼などのカメラよりも簡単に持ち運びが可能です。カメラが携帯しやすければ自然と撮影の機会も増えるので、傑作を生み出す決定的瞬間と巡り合える可能性も上がります。

コンデジは画質を最大限引き出せるようにレンズの調節が最適化されているのもポイント。一眼カメラと違ってレンズの交換はできませんが、同じスペックのレンズとイメージセンサーを搭載している場合、コンデジの方がより高画質が期待できます。

コンデジの選び方

焦点距離をチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

焦点距離とは主点(レンズの中心)からイメージセンサーに結像するまでの距離のこと。mmの数値が小さくなるほど広角になってより広い範囲が撮影可能です。数値が大きくなるほど望遠になり、遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影できます。

コンデジを選ぶ際は使いたい焦点距離がカバーされているかが重要。なかには、ズームで焦点距離を変更できない代わりに画質を向上させた単焦点レンズを採用した機種もあるので、撮影したい被写体やジャンルに適した焦点距離が使えるかを事前に確認しておきましょう。

なお、風景やスナップの撮影では21〜35mm、花・料理・雑貨などの撮影では50〜85mmの焦点距離に対応した機種がおすすめです。

F値をチェック

By: amazon.co.jp

レンズは内部にある「絞り」という機構でイメージセンサーへ通す光の量を調節します。F値とは絞りが作る穴の大きさを決める数値のことです。

F値が小さくなるほど絞りが開いて多くの光量を取り込めるので、暗いシーンでも高画質に撮影できるほか、背景を大きくボケさせるのにも効果的。逆に、F値が大きくなるほど絞りが閉じて光量が減りますが、画面の広い範囲にピントが合ったシャープな写真が撮影できます。

単焦点レンズを採用した機種は、ズームができない代わりに設定できる最小のF値(開放F値)が小さいため、夜景撮影やボケを生かした撮影が可能。ワンランク上の高画質を求める方におすすめです。

Wi-Fi対応の有無をチェック

スマホとの連携を考えた場合は、Wi-Fi接続機能に対応した機種がおすすめ。Wi-Fi通信を使ってコンデジとスマホをワイヤレス接続できるので、スマホへの撮影画像の転送が手軽に行えます。

Wi-Fiを介してスマホからコンデジを遠隔で操作する機能に対応したモデルなら、三脚と併用すればシャッター操作時の手ぶれを防ぐことが可能。夜景や集合写真を撮影する際などに重宝します。

コンデジのおすすめメーカー

リコー(RICOH)

By: amazon.co.jp

リコーは1936年創業の事務機器・光学機器メーカーです。コンデジ・一眼レフ・ミラーレスなど多彩な種類のカメラやプリンター、プロジェクターなど映像機器を手広く開発。また、名門カメラブランド「ペンタックス」を2011年に傘下に収めています。初心者向けからプロ機まで豊富なラインナップもリコーの特徴です。

なかでも、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載し、高画質をコンパクトボディに凝縮したのがコンデジ「GR」シリーズ。1996年の初代「GR1」以来、速写性やAFの速さを武器に高い人気と評価を得ています。外装にマグネシウム合金を採用し、高い堅牢性、耐久性、質感を実現しているのも「GR」シリーズの魅力です。

富士フイルム(FUJIFILM)

By: amazon.co.jp

富士フイルムは1934年創業の精密化学メーカー。銀塩フィルムの製造から事業を始め、現在では、日本を代表するカメラメーカーとして知られています。

フィルムに携わり続けて得た知識を活かし、写真の色彩表現にこだわったコンテジをラインナップ。なかでも、「Xシリーズ」はAPS-CサイズのイメージセンサーとF2.8の明るいレンズを搭載したコンパクトな高級コンデジです。本格的な高画質の写真が手軽に撮影できます。

また、カラーフィルター機能が充実しているのもポイント。レトロ感を出す色彩やモノクロカラーなどを設定でき、アートのような写真に仕上がるのも魅力です。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは1937年創業の大手精密機器メーカー。カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンター、複写機をはじめとする事務機器などを手掛けています。レンズ交換式デジタルカメラの世界で高いシェアを占めている、業界トップのカメラメーカーです。

同社のコンテジ「PowerShot」は、2シリーズから構成。おもに遠くの被写体を撮りたい方は高倍率が特徴の「PowerShot SX」シリーズ、細かな部分までクリアに撮りたい方は高画質志向の「PowerShot G」シリーズがおすすめです。

「PowerShot G」シリーズは、APS-Cサイズのイメージセンサーに、高性能な映像エンジンを搭載。夜景などの暗い場所で撮った写真も、高画質で鮮明に撮影することができます。

APS-Cサイズのコンデジおすすめモデル

リコー(RICOH) GRIII

小型・軽量で、いつでもすぐに取り出せる

高画質と携帯性の両立にこだわったAPS-Cコンデジです。本体サイズは、幅109.4×高さ61.9×奥行33.2mm、バッテリーとSDカードを含む総重量が約257gと小型・軽量なのが特徴。いつでもすぐに取り出せる手軽さが魅力の1台です。

新開発レンズ「GRレンズ18.3mm F2.8」を搭載。有効画素数約2424万画素のイメージセンサーとISO 102400の高機能も相まって、さまざまな被写体を鮮明でシャープに写し出します。さらに、画像処理エンジン「GR ENGINE 6」によって、細かい部分の描写や色の再現までしっかりと表現できるのもポイントです。

ほかにも、手ぶれ補正機能や高速オートフォーカスなどを備えており、カメラの初心者でも簡単にキレイな写真が撮れます。液晶モニターとタッチパネル操作により使い勝手も良好です。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) GRII

夜景や薄暗い室内でもキレイに撮影できる

本格派のAPS-Cコンデジです。レンズは5群7枚の構成で、F値は2.8〜16に対応。独自のレンズ構成と配置で歪曲収差や色収差を除去しており、クリアな1枚が撮影可能です。最高ISOは25600。夜景や薄暗い室内でもキレイに撮れます。

多彩なエフェクトモードも魅力のひとつ。HDR調・鮮やか・人物など、シチュエーションに合わせて変えられます。本体側面の操作ボタンで簡単に切り替えられるのもポイントです。また、Wi-Fiを内蔵しているので、カメラのデータをスマホにワイヤレス転送できます。

なお、手ぶれ補正が搭載されていないほか、レンズは単焦点なので、カメラ初心者には慣れが必要となることに留意してください。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X100V

無限遠までクリアでシャープな描写力を実現

富士フイルムのAPS-Cコンデジ「X100」シリーズ第5世代モデルです。有効画素数2610万画素と、最新の画像処理エンジン「X-Processor 4」によって、基本性能を向上させています。

新設計の23mmF2レンズを搭載。クローズアップ時の画質が向上し、最短撮影距離から無限遠まで、クリアでシャープな描写力を実現しています。また、動画撮影時のスペックは4K/30pに対応。高画質の動画撮影にも活躍します。

ほかにも、背面のモニターが固定式から可動できるチルト式を採用。操作もタッチパネルに対応するなど、使い勝手にも優れています。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X100F

フィルムカメラのようにダイヤル式のアナログ操作が楽しめるAPS-Cコンデジです。独自開発のAPS-Cサイズのセンサー「X-Trans CMOS III」と、開放F値2.0の明るいフジノン23mmF2レンズを搭載。高解像度の写真撮影を実現します。

高速シャッターやオートフォーカス機能にも対応。シャッタータイムラグは最速0.01秒と短く、撮りたいシーンを快適に撮影可能です。また、フィルムの色彩にこだわった「フィルムシミュレーション」機能も富士フイルムならではのポイント。モノクロやセピアだけでなく、さまざまな世界観を色で表現する撮影モードを楽しめます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

重量約399gと軽量・コンパクトなAPS-Cコンデジ。24-72mmの広角端かつF値2.8のレンズを搭載。有効画素数約2420万画素の描写力で、美しく強い写真が楽しめるのが魅力です。また、APS-Cサイズ CMOSセンサーを採用し、高い解像感と豊かな階調表現を実現します。

さらに、動画撮影では60pのフルHDに対応しているうえに、5軸手ブレ補正で安定した動画撮影が可能。加えて、防塵・防滴性能を備えているので、運動会やスポーツなどの撮影にもぴったりです。

ほかにも、「タイムプラス動画」や「ショートクリップ動画」「ジオラマ風」など多彩な動画機能も揃っています。写真はもちろん、動画も楽しめるコンデジを求めている方にもおすすめです。

▼撮影イメージ