手軽に撮影ができるコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)。かつては誰にも扱いやすくてリーズナブルなライトモデルが主流でしたが、最近はスマホのカメラ性能の向上により、撮影クオリティの高いハイエンドクラスの製品に注目が集まっています。

そこで今回は、広角レンズ搭載のおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はもちろん、スマホよりもワンランク上の写真を撮りたい方はぜひチェックしてみてください。

コンデジとは?

By: amazon.co.jp

コンデジの特徴

「コンデジ」とはコンパクトなサイズ感のデジタルカメラのこと。レンズ一体型を採用しているので、レンズを交換できる一眼レフやミラーレスとは仕様が異なります。

レンズを交換せず、1台でさまざまなシーンを撮影することになるので、カバーする領域が広いモデルが人気。なお、最近は見た目が一眼レフやミラーレスのようでありながらレンズ一体型のモデルも数多くラインナップしています。

メリット

コンデジのメリットは、レンズ交換する必要がなく、初心者でも気軽に撮影できること。また、倍率50倍以上の高倍率ズームタイプも少なくなく、1台で広角〜超望遠撮影まで対応できます。さらに、リーズナブルなので、初期投資を抑えられるのもポイントです。

デメリット

コンデジのデメリットは、イメージセンサーのサイズが小さい点。デジタル一眼やミラーレス一眼で採用されている、「フルサイズ」「APS-C」などのセンサーより小さい「1/2.3型」「1.0型」といったセンサーが採用されています。そのため、画質ではデジタル一眼に及ばないことは考慮しておいてください。

広角レンズとは?

焦点距離が35mm未満のレンズを「広角レンズ」と言います。メリットは広い範囲を撮影できる点。パーティなどの集合写真で便利なほか、風景撮影などにおいてもワイドに撮影できるのがメリットです。

広角レンズの特徴

写る範囲が広い

By: canon.jp

広角レンズを搭載したコンデジは、広角側の焦点距離24mmほどが主流。なお、製品によっては焦点距離21mmの超広角撮影に対応できるモデルも登場しています。通常のレンズでは難しい広角撮影に対応できるのが特徴。例えば風景をワイド撮影する際でもしっかりとピントを合わせることができます。

遠近感が強調される

By: canon.jp

広角レンズは標準あるいは望遠レンズに比べて、遠近感が強調されます。近くの被写体は大きく、遠くのモノは小さく写るのがポイントです。そのため、立体感と奥行き感のある写真を撮影できます。

例えば、高層ビルやタワーなどを仰ぎ見るように撮影すると、低い場所は大きく、高層階ほど小さく写るので、ダイナミックな画像に仕上がるのが魅力です。

被写界深度が深い

By: canon.jp

被写界深度とはピントが合う範囲を表しています。広角レンズは、望遠レンズに比べて被写界深度が深く、ピントの合う範囲が広いのが特徴。例えば、背景をボカす際に使う単焦点レンズと比べると、広角レンズは被写体の手前から奥までピントを合わせることができます。

なお、F値を絞るとピントの合範囲が広がるのがポイント。広角レンズでも自然なボケを出したい時は、絞りを開くとよいでしょう。

コンデジの選び方

イメージセンサーサイズの大きいものを選ぶ

By: sony.jp

画質を重視する方は、イメージセンサーのサイズをチェックしておきましょう。イメージセンサーは、レンズを通して入って来た光を電気信号に変換して映像情報を作る重要なパーツです。撮影素子とも呼ばれています。サイズが大きいほど、受容できる光が多くなり、高感度撮影でもノイズが発生しにくいのがメリットです。

コンデジのセンサーサイズは、センサー面積約29mm²の「1/2.3型」が一般的。ミドルクラスモデルでは、より大きな面積約116mm²の「1.0型」、234mm²「1.5型」といったサイズのモノもラインナップしています。

また、最近はデジタル一眼で採用されている、332mm²の「APS-Cサイズ 」センサーを搭載したモデルも登場しています。購入の目安としては「1.0型」以上のセンサーを内蔵したモデルがおすすめ。ただし、価格が高い傾向にあるので予算との兼ね合いは考慮しておきましょう。

高倍率ズーム搭載のものを選ぶ

By: amazon.co.jp

コンデジの倍率は20〜60程度が一般的。なかには、焦点距離24〜2000mmの超広角から超望遠域までをカバーした83倍という高倍率モデルも登場しています。集合写真から月面撮影まで、さまざまな被写体に1台で対応できるのがメリットです。

ただし、高倍率ズームモデルはサイズが大きく、重たくなるので持ち運びにはややストレスを感じます。ハイレベルの望遠撮影を用途して考えていない方は倍率10以下のモデルでも十分でしょう。

F値が小さいものを選ぶ

By: amazon.co.jp

「F値」とはレンズの明るさを表す指標。F値が小さいほど明るいレンズを意味しています。なお、ズームレンズの場合は広角側と望遠側ではF値が異なり、広角側のF値のほうが小さくなります。ズームレンズ搭載モデルを選ぶ際は、広角側と望遠側それぞれのF値をチェックしておきましょう。

ズームレンズモデルのF値は約3〜6程度が主流。なかにはF値1.4という明るいレンズを搭載したモデルもラインナップしています。明るいレンズは被写体の周囲が自然にボケるので、ポートレート撮影をしたい方はF値が小さいコンデジがおすすめです。

コンデジのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

デジカメ市場で世界トップシェアのキヤノン。コンデジにおいては高性能な「Power shot」シリーズとコンパクトタイプの「IXY」をラインナップしています。「Power shot」は「APS-C」「1.5型」「1.0型」といった、大きなサイズのイメージセンサーを内蔵したモデルが多いのも特徴。また高倍率ズームモデルの品揃えが充実しているのもポイントです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

コンデジのラインナップが豊富なソニー。「フルサイズ」のイメージセンサー内蔵モデルも登場しています。また、大きめの「1.0型」センサーモデルが、比較的リーズナブルな価格でリリースされているのも魅力。高倍率ズームコンデジは、20〜50倍のモデルが揃っています。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

コンデジの製品数は少ないものの、ズーム倍率83倍や125倍などの超高倍率モデルをラインナップしているニコン。防水性能や耐衝撃性を備えたアウトドア用カメラも取り揃えているので、検討する際は用途を明確にしておきましょう。

広角レンズを搭載したコンデジのおすすめモデル

キヤノン(Canon) 24〜240mm 光学10倍 IXY 210

サイズが幅95.3×高さ56.8×奥行き23.6mm、重量約137gと持ち運びしやすいコンデジ。1/2.3型サイズのCCDセンサーを内蔵しており、有効画素数は約2000万画素。スリムなモデルながら、焦点距離24〜240mmの10倍レンズを搭載しています。

手ブレ補正機能は、補正効果2.5段分の「マルチシーンIS」を採用しており、F値はF3.0-F6.9と性能は良好。起動時間は約1.1秒と短いので、とっさの撮影にも対応できます。ポケットに入れても収まりやすいサイズ感なので、普段使いのスタンダードなコンデジを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) 24〜72mm 光学3倍 PowerShot G1 X Mark III

デジタル一眼で採用されることが多いAPS-Cをセンサーを搭載したコンデジ。画素数は約2420万画素で、F2.8〜F5.6レンズに24〜72mmの光学3倍ズームを搭載しています。高い解像度と幅広いダイナミックレンジをカバーしており、被写体のディテールをしっかり捉えることができるのが特徴です。

AFスピードが約0.09秒と高速なのもメリット。AF固定時には1秒あたり最高約9コマ、AF追従時でも最高約7コマと連写性能は優秀です。ISO感度は最高25600と高いので、光量の少ない場所での撮影にも対応できます。

開放F値がF2.8-5.6と明るめのレンズとともに、約236万画素の高精細有機ELを使用した電子ビューファインダーを搭載。ネットワークはBluetoothおよびWi-Fi機能を内蔵しており、スマホからのリモート撮影もできます。高性能コンデジながら約399gと軽量なので、満足度の高いコンデジを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) 21〜1365mm 光学65倍 PowerShot SX70 HS

超広角21mmから超望遠の1365mmまでをカバーする高倍率65倍のコンデジです。「プログレッシブファインズーム」を使用すれば、画質の劣化を抑えながら、130倍までデジタルズームできます。イメージセンサーは1/2.3型高感度CMOSを採用しており、画素数は2110万画素です。

4K動画を撮影できるのがポイント。4K動画を静止画として抜き出すことも可能です。また、マイク端子を備えているので、外付けマイクを使用した高音質の動画撮影もできます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) 24〜1200mm 光学50倍 Cyber-shot DSC-HX400V

広角24mmから望遠1200mmまで撮影可能な光学50倍のコンデジ。「全画素超解像ズーム」を利用すれば、最大100倍までズームできます。

有効画素数は約2040万画素で、センサーは1/2.3型を搭載。レンズ群には3枚の特殊低分散(ED)ガラスを採用しており、望遠ズーム時に発生しやすい色収差を軽減しているほか、ZEISS社の多層膜コーティングを施してあるので、光の損失が少ないクリアな画像を撮影できます。

秒間10コマの高速連写できる、連写性の高さもメリット。また、暗い場所でもキレイな写真を撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能を搭載しており、最高ISO感度12800での高感度撮影も可能です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) 25〜200mm 光学8倍 Cyber-shot DSC-W830

サイズが幅93.1×高さ52.5×奥行き22.5mm、重量約130gと軽量コンパクトなコンデジ。スマホ撮影からステップアップしたい方におすすめです。焦点距離25〜200mmの撮影ができる8倍ズームレンズを搭載しているので、旅行やイベント、街歩きなど幅広いシーンで利用できるのがメリット。有効画素数は約2010万画素です。

手軽にパノラマ撮影できる「スイングパノラマ」機能を搭載。モニター矢印に合わせてヨコ方向に振るだけで、通常では撮影できない広い視野の写真を撮影できます。また、タテ方向のスイングに対応しているのもポイント。都会の夜景やビルディングなど、高さを強調した撮影ができます。価格が1万円台前半とリーズナブルなので、お手頃価格のコンデジを探している方におすすめです。

ニコン(Nikon) 24〜2000mm 光学83倍 COOLPIX P900

F値が2.8-6.5と明るめのレンズを搭載したモデル。色収差補正能力が高いスーパーEDレンズを使用しています。本製品は光学83倍ズームのほか、焦点距離は24〜2000mmをカバーしているので、超望遠撮影できるのがポイント。有効画素数は1605万画素です。

静止画撮影時の手ブレ補正機能はレンズシフト方式を採用しており、5.0段分と補正効果が高いのもメリット。動画撮影時にはレンズシフト方式に加え、電子式の手ブレ補正機能を併用しています。

超望遠撮影時に見失った被写体を見つけやすい「クイックバックズームボタン」を搭載しているのも魅力。一時的に広角側にズームバックし、その後望遠側に戻ります。なお、グリップ部分はシャッターボタンを傾斜させて握りやすさを向上。望遠撮影がしやすいおすすめのデジタルカメラです。
▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 24〜120mm 光学5倍 COOLPIX W300

アウトドアシーンでも安心して使える広角レンズ搭載コンデジ。水深30mまでカバーできる防水性能の高さが特徴です。さらに、2.4mからの落下試験をクリアしており、耐衝撃性の高さもポイント。GPS機能を搭載しているので、位置情報も表示することが可能です。

さらに、高度計および水深計を内蔵しているので、気圧や水圧にも対応。登山やダイビングなどのアウトドアの活動を記録することも可能です。

レンズは24〜120mmの光学5倍ズームレンズ。F値2.8-4.9と明るいのがメリットです。使い勝手のよいタフなコンデジを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) 24〜72mm 光学3倍レンズ搭載 ルミックス DMC-LX9

老舗のカメラメーカーとして知られるライカ社製のDCレンズを搭載したコンデジ。F値1.4の明るい大口径レンズを採用しているので、写真に自然なボケ感を出せるのが特徴です。

光量が少ない被写体を撮影しやすいのもメリット。非球面レンズを採用することによって、光の輪ができる「輪線」や二重ボケを軽減できるのも魅力です。

有効画素数は2010万画素。従来モデルの1/1.7型センサーに比べて、約3倍の面積がある高感度1.0型センサーを搭載しているのもポイント。4K動画も撮影できるので、汎用性の高い高画質コンデジを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ