かつて”コンデジ”と言えば、扱いやすくリーズナブルな価格帯が魅力で、ライトユーザー向きのアイテムが多数を占めていましたが、最近はスマホカメラの向上により写真のクオリティを追求したハイエンドモデルもリリースされています。

そこで今回は、高級コンデジの選び方とおすすめ人気モデルをご紹介。持ち運びに便利でありながら、画質に関しても一眼レフやミラーレスと遜色ない製品をピックアップしたので、カメラの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

高級コンデジとは?

By: cweb.canon.jp

高級コンデジとは、コンパクトデジカメの中でもハイスペックで高価なモデルのことを指します。エントリークラスのコンデジは数千円程度で買えるモノもありますが、高級コンデジはデジタル一眼レフのミドルクラスほどの価格です。

また、高級コンデジは普通のコンデジよりも大型サイズのAPS-Cまたはフルサイズなどのイメージセンサーを採用しているのが特徴。レンズもF2.8などの明るいレンズが主流です。

高級コンデジの選び方

イメージセンサーはフルサイズまたはAPS-C

By: sony.jp

イメージセンサーとはレンズを通して入ってきた光を受け止めて電気信号に変換するパーツのことです。イメージセンサーには「CMOS」と「CCD」の2種類があり、サイズによって画質や感度に違いが出てきます。

高級コンデジの場合は、普通のコンデジより大型サイズの「フルサイズ」または「APS-C」サイズのイメージセンサーが採用されているのが特徴です。フルサイズはAPS-Cよりもサイズが大きく画質も優れているのがポイント。デジタルカメラでもごく一部のハイエンドモデルしか採用されておらず、プロ向きと言われています。

明るいレンズを選ぼう

By: cweb.canon.jp

F値はレンズの明るさを示す数値で、数字が小さいほど明るいレンズになります。明るいレンズはボケ味が自然な感じになる他、手ブレも起きにくくなるのが魅力で、F1.8あるいはF2.8のモノを選んでおくと安心です。

また、焦点距離が変えられるズームレンズか焦点距離が変えられない単焦点レンズかもチェックしておきましょう。旅行などさまざまなシーンで利用する場合はズームレンズが便利です。コンデジのミドルモデルには倍率30倍などの高倍率ズームもラインナップしています。明るいレンズで画質を重視したいという場合いは単焦点レンズを選ぶのがベストです。

カメラ本体のサイズと画質のバランスを重視しよう

By: cweb.canon.jp

コンパクトデジタルカメラの名の通り、コンパクトで持ち運びに便利であることが特徴です。高級コンデジではサイズと画質・機能のバランスが図られていますが、小さすぎるコンデジは手ブレなどが発生しやすくなるとともに、イメージセンサーが小さくなるため画質も落ちてしまうので注意しましょう。

高級コンデジ・ミラーレス・一眼レフはどれを買えばよい?

とにかく画質や連写性能が優れているカメラが欲しいという方には、デジタル一眼レフがおすすめです。また、マクロや魚眼などさまざまなレンズが利用できる拡張性が高いのも一眼レフのメリット。ただし、サイズが大きく重いので持ち歩きにくいのがデメリットです。

ミラーレスは、大きくて重いというデジタル一眼レフのデメリットを解消したカメラです。コンデジやスマホよりも高画質な写真を撮影したいという方におすすめ。レンズを付け替えることもできますが、装着できるレンズの種類が少ないこともあり拡張性は一眼レフより劣ります。

レンズを交換するタイプのカメラは、カメラ本体の性能をフルに発揮するために相応なレンズを選ぶことが重要です。一方高級コンデジは、レンズ、センサー、画像処理エンジンが最適化された状態で一体化しているためレンズを選ばずとも高画質を実現しているのが魅力。レンズを買う予算がもったいないという方や気軽にスナップ写真を撮りたい方は高級コンデジがおすすめです。

高級コンデジのおすすめ人気ランキング

第1位 キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

多機能で高性能な画像エンジン「DIGIC 7」を採用した高級コンデジの定番モデルです。ズーム全域を明るく描写するF1.8-F2.8レンズを搭載。4段分の補正効果を実現したモデルで、手の震えはもちろん、呼吸した際の身体の揺れによるブレにも対応します。また、静止画をつないで表現する動画機能も特徴。動画撮影にもおすすめの高級コンデジです。

▼撮影イメージ

第2位 ソニー(SONY) Cyber-Shot RX DSC-RX100M5

世界最多クラスのAFセンサーと世界最速クラスのAF速度の実現した高級コンデジです。ピントを合わるのが困難な小さな被写体、動きのある被写体なども、広い範囲で精度の高い撮影を楽しめます。

解像感の高い4K動画撮影機能もポイント。低ノイズで解像度の高い4K映像を最大で約5分まで記録できます。スポーツシーンなどでも活躍するおすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

第3位 ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX10M4

高速AF速度が0.03秒という世界最速クラスの速度を実現した高級コンデジです。AFのカバー範囲の広さとセンサーが高密度に配置されていることにより、小さな被写体はもちろん、動く被写体もキレイに捉えることが可能。

画像処理エンジンには静止画と動画の解像度を高め、低ノイズを実現する「BIONZ X」を採用。被写体の質感をリアルに描写できるおすすめのコンデジです。

▼撮影イメージ

第4位 キヤノン(CANON) パワーショット(PowerShot) G1X MarkIII

撮影素子にAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載した、有効画素数約2420万画素の高級デジカメです。解像度が高く緻密な表現できるのはもちろん、ハイライトからシャドーまでカバーするダイナミックレンジが広い店も魅力。明暗差の激しい屋外撮影でも、白トビや黒つぶれの発生を抑えてくれます。

焦点距離は24〜72mm、F2.8の明るいレンズで最短撮影距離は10cm、自然なボケ感を出した写真が撮りたいという方におすすめです。また、デジタルカメラの頭脳ともいえる映像エンジンには「DIGIC 7」を搭載。高画質なのはもちろん、強力なブレ補正・低ノイズ化など多彩で先進的な画像処理が魅力です。

オートフォーカスには、高速で高精度に瞬間を捉えることができる「デュアルピクセルCMOS AF」を採用。動的な被写体もなめらかにピントを合わせられ、室内など光量が少ない場所でもしっかりと撮影できます。

タッチパネル式の液晶モニターは、角度を自在に変えられる「バリアングル液晶」を搭載しているため低い位置からの撮影も快適です。スマホとの連携もWi-Fi、NFC、Bluetoothからスムーズに接続でき、スマホを使ったリモート撮影も可能。クラシカルなデザインも大きな魅力、キヤノン渾身のフラッグシップモデルです。

▼撮影イメージ

第5位 ソニー(SONY) サイバーショッ デジタルスチルカメラ DSC-RX1R

世界初の35mmフルサイズコンデジとして登場した「DSC-RX1」のローパスフィルターレスモデル。コンデジでありながら、撮影素子は35mmフルサイズの「Exmor CMOS」センサーを採用しており、有効画素数は約2430万画素とです。

レンズは高い描写性能を有するカール・ツァイスの「ゾナーT」を搭載。焦点距離35mmの単焦点で絞り値がF2の明るい大口径レンズです。シャープな解像感と高コントラストを実現しているのでポートレートや風景撮影などのシーンで活躍します。最短撮影距離20cm、最大撮影倍率0.26倍でマクロ撮影も可能。

起動時間は約1.0秒、撮影タイムラグは0.2秒と作動スピードが速いのも魅力です。常用感度領域がISO100〜25600と幅広く、最大でISO102400の超高感度撮影もできます。

サイズは113.3×65.4×69.6mmで重さは約482gと持ち運びにも便利。SONYらしく機能的でシンプルなデザインも魅力な高画質にこだわる方におすすめのフルサイズコンデジです。

▼撮影イメージ

第6位 ライカ(LEICA) ライカQ Typ116

高級コンデジの代名詞ライカのおすすめモデルです。有効画素2420万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しており、レンズとの相性もしっかりと考慮されているため高感度撮影時もノイズを抑えた高画質な撮影が可能です。

さらに絞り値がF1.7の明るく高性能な「ライカ ズミルックスレンズ」を採用しており、室内、夜景とさまざまなシーンにしっかりと対応してくれます。また、ファインダー部分には被写体を映して撮影できる「EVF」も内蔵。368万ドットの視認性の高い液晶を採用しているのもポイント。

価格は50万円超えと高めですが、ボディにマグネシウム合金を採用した耐久性が高いモデルのため長く愛用できる1台です。

▼撮影イメージ