デジタルカメラのなかでも手軽さに使える「コンデジ」。スナップ撮影や旅撮りをメインとするライトユーザー向けと思われがちですが、よりクオリティの高い写真が撮れる高級コンデジにも注目が集まっています。

そこで今回は、高級コンデジのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。スマホカメラよりもワンランク上の撮影を楽しみたい方はチェックしてみてください。

コンデジとは?

By: fujifilm-x.com

「コンデジ」とはコンパクトデジタルカメラの略。デジタルカメラには本格的な撮影が可能な「一眼レフ」や「ミラーレス」も含まれますが、それらと比べて軽量かつ小型で、持ち運びに便利なのが特徴です。

また、レンズは備え付けであることが多く、基本的にズーム機能が搭載されているのもポイント。近くのモノはもちろん、遠くのモノも撮影でき、1台でカバーできる範囲が広いのも魅力です。

高級コンデジの魅力

By: ricoh-imaging.co.jp

スマホと比べて格段に高画質な写真や動画が撮影できるのが高級コンデジの魅力です。デジカメの内部には「イメージセンサー」という部品が搭載されています。一般的なスマホのカメラと比較して、高級コンデジには面積が4〜30倍も大きなイメージセンサーが搭載されているのがポイントです。

センサーのサイズが大きくなるほど一度に取り込める光の量が増えるので、薄暗い室内や夜景などのシーンでもノイズの少ないきれいな画像が撮影可能。また、デジタル処理に頼らなくても、背景を大きくボカした自然で美しい描写の写真を簡単に撮れます。

高性能な専用設計のレンズを搭載できるのも魅力。スマホと比べて内部スペースに余裕があるので、開放F2以上の大口径レンズや倍率5倍以上の高倍率ズームレンズも無理なく格納できます。より多彩なシーンの撮影に活躍するのがポイントです。

ミラーレスとの違い

By: canon.jp

「ミラーレス」とはデジタルカメラのひとつ。正確には「ミラーレス一眼カメラ」と呼ばれ、もともと先発の「一眼レフカメラ」からレフ板として働くミラーを省略したタイプを指します。

一眼レフはレンズから取り込んだ光を本体内部のミラーに反射させ、その映像をファインダーで見る仕組みを採用。一方、ミラーレスはそのミラーがなく、液晶モニターで電子的に映像を見る仕様です。

なお、コンデジとの違いはレンズが交換式であること。ミラーレスは標準レンズのほか、望遠や広角、マクロ、単焦点など、さまざまなタイプのレンズと組み合わせて、より趣向性のあるクオリティの高い撮影が可能です。ただ、操作に慣れが必要であったり、コンデジと比べてサイズが大きかったりするので、その点は留意しておきましょう。

高級コンデジの選び方

本体サイズをチェック

By: panasonic.jp

携帯性を重視したい場合は、高級コンデジのサイズが重要。高級コンデジは大きなイメージセンサーや大口径レンズを搭載しているので、通常のコンデジと比べると少々大きく重くなる傾向にあります。日常的に撮影で多用したい場合は、上着のポケットやバッグへ簡単に収納できるコンパクトなモデルを選びましょう。

また、重さも重要なポイント。あまり重すぎると持ち運びが億劫になり撮影で使用する機会が減ってしまいます。普段から積極的に携帯したい場合はできれば300g以下、重くても500g以下のモデルがおすすめです。

望遠機能をチェック

By: amazon.co.jp

望遠撮影を積極的に楽しみたい場合は、高級コンデジの望遠撮影機能に注目。搭載レンズの焦点距離が長くなるほど、遠くにある被写体をより大きく引き寄せて撮影できます。望遠側の焦点距離が撮影したいジャンルに適したモノを選ぶのがおすすめです。

最近の高性能スマホにはトリプルレンズを採用した機種も発売されていますが、望遠側のレンズは50mm前後のモノが主流。しかし、ポートレートをバストアップで撮りたい場合は85mm以上、スポーツ撮影は200mm以上、飛行機や野鳥の撮影では500mm以上が必要となります。

また、光学ズームを採用しているかも重要。ズームインするほど画質が劣化するデジタルズームと違って光学ズームでは画質が劣化しないため、望遠撮影時でも広角撮影時と変わらない高画質を維持できます。

手ブレ補正性能をチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

「手ブレ補正性能」とは、カメラ側で手持ち撮影時のブレを抑える機能のこと。より内部機構が優れている高級コンデジであれば、より安心して思い通りの写真を撮影できます。

補正方式としては光学式と電子式の2種類。光学式はカメラ内部のレンズなどを、機械的に動かすことでブレを打ち消します。画像データとして記録される前に補正できるので、より効果的に手ブレを抑えられるのがポイントです。

一方、電子式は撮影された画像データを補正するタイプ。画質に関しては光学式より劣りますが、カメラ本体がコンパクトな傾向にあります。購入する際は念のためチェックしておきましょう。

オートフォーカス(AF)性能をチェック

By: sony.jp

「オートフォーカス(AF)性能」とは、被写体に対してカメラのピントを自動で合わせる機能のこと。AF性能が優れているほど、動きの激しい被写体であってもより的確に捉えられます。

なお、オートフォーカス性能はファインダーや液晶モニターに表示される「測距点」の数も重要。測距点が多ければ多いほど、より広範囲をカバーできます。

センサーサイズをチェック

By: canon.jp

撮影のクオリティを重要したい方は「センサーサイズ」もチェック。撮像素子サイズやイメージセンサーとも呼ばれる部分で、サイズが大きくなるほど高画質撮影が可能なほか、暗所での撮影も快適に行えます。

コンデジのセンサーサイズは、センサー面積約29mm²の「1/2.3型」が多くラインナップ。そのほか約116mm²の「1型」、234mm²「1.5型」、さらには一眼レフやミラーレスでも採用されている約372mm²の「APS-Cサイズ 」や約864mm²の「フルサイズ」も展開しています。

なお、サイズに比例して価格が高い傾向にあるので注意が必要。購入する際は、予算との兼ね合いを考慮しておきましょう。

その他機能もチェック

夜景や暗い場所での撮影はF値をチェック

By: canon.jp

「F値」はレンズの明るさを示す数値のこと。「F2.8」や「F1.8」などで示され、数字が小さいほど明るいレンズになります。

明るいレンズは大きなボケ味が得られることに加えて、手ブレが起きにくくなるのも魅力。さらに、取り込める光の量が多いため、暗い場所でも満足度の高い撮影が可能です。夜景撮影時の手ブレを抑えたり、フラッシュを使わなくても撮影ができたりするので、気になる方は確認しておきましょう。

接写にはマクロ撮影機能があると便利

By: panasonic.jp

被写体に対してズームで寄らず、カメラマン側から被写体に近づくことを「接写」と呼びますが、その際は「マクロ撮影機能」があると便利。通常の撮影モードではピントが合わない至近距離にある被写体に対しても、この機能を活用すればピントを合わせられます。

例えば、花を撮影する際であれば雄しべや雌しべの先端など細部に至るまで撮影が可能。肉眼では見えにくい部分もしっかりと表現できます。

自撮りをするなら回転式チルトがおすすめ

By: sony.jp

デジタルカメラには画像を確認できる液晶モニターが搭載されていますが、タイプとしては「バリアングル」と「チルト」の2種類。バリアングルは液晶画面を上下左右に移動できるのが特徴で、画面を360°回転させれば自撮りも容易にできます。

一方、チルトは液晶画面を上下に移動できるのが特徴。なお、コンデジの場合は上方向のみであることが多く、自撮りする場合は液晶画面をひっくり返して撮影者側に向けることになります。マストで自撮りがしたい方は、回転式のチルトタイプを検討しましょう。

高級コンデジのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高性能なカメラを続々と展開しているソニー。コンテジにおいては「Cyber-shot」が代表的で、同ラインナップを細分化すると画質を追求した「RXシリーズ」も展開しています。

RXシリーズは大型イメージセンサーを搭載しているモデルもラインナップ。一眼レフやミラーレスカメラに相当する高画質な写真を楽しめるのがメリットです。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ市場を長年牽引しているキヤノン。同社の高級コンテジ「PowerShot」は高倍率と高画質と2シリーズから構成されています。細かな部分まではっきりと高画質で撮りたい方は、「PowerShot G」シリーズがおすすめです。

また、Gシリーズは大きめのイメージセンサーに高性能な映像エンジンを搭載。夜景などの暗い場所で撮った写真も鮮明に撮影できます。

ライカ(LEICA)

By: amazon.co.jp

ライカはドイツのヴェツラーで1914年に創業した老舗の高級カメラメーカーです。プロ・アマ問わず熱狂的なファンが数多くいるレンズ交換式のレンズファインダーカメラ「M」シリーズのほか、最近では高性能なハイエンドミラーレス一眼「SL」シリーズなども人気を集めています。

また、高級コンデジのラインナップも充実。1型センサーを搭載するパナソニックの高級コンデジを元にデザインをリファインしたモデルが主ですが、フルサイズセンサーを採用するライカ独自設計の高級コンデジ「Q」シリーズも手掛けています。

高級コンデジのおすすめモデル

第1位 ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX100VII

小型ボディに驚異のスピード性能を搭載した高性能な高級コンデジです。「RX100」シリーズの第7世代となる最新モデル。ミラーレス一眼の上級モデルにも採用される先進のAF・連写機能に対応するのがポイントです。

AIを活用した被写体追尾AF「リアルタイムトラッキング」と、人物だけではなく動物の瞳にも対応する「リアルタイム瞳AF」を搭載。さらに、最高約20コマ/秒の超高速連写が電子ファインダーのブラックアウトなしで使えるので、連写中でも被写体を見失わずに捉えられます。

重さ約302gのボディには処理性能の優れた1型の積層型センサーをはじめ、高倍率ズームレンズ24-200mm F2.8-4.5や、上方向に180°回転が可能なチルトモニターを搭載。旅行はもちろん、中距離から行う子供やペットの撮影にもおすすめです。

▼撮影イメージ

第2位 キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G5 X Mark II

街歩きや旅行の撮影で活躍する快速仕様の高級コンデジです。倍率5倍の大口径標準ズームレンズ 24-120mm F1.8-2.8を搭載。高画質を維持したまま、望遠側であと一歩の画角が確保できるので、旅先でのスナップやポートレートの撮影にもおすすめです。さらに、最短撮影距離も20cmと短いので花や雑貨の撮影にも重宝します。

独自機能の「RAWバーストモード」も魅力。情報量が豊富でレタッチ耐性にも優れたRAW形式での記録時でも、電子シャッターを活用することで最高約30コマ/秒での超高速連写が可能です。大道芸やスポーツなど動く被写体の撮影で活躍します。

重さ約340gと軽量コンパクトなのも特徴。晴れの日中でも快適な構図確認ができるポップアップ式の電子ファインダーも備えています。

▼撮影イメージ

第3位 キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G1 X Mark III

多彩なシーンで一眼クオリティの撮影が楽しめる高級コンデジです。重さ約399gの小型軽量ボディには、同社のミラーレス一眼にも採用されるAPS-Cセンサーを内蔵。一眼カメラと遜色ない高画質がコンパクトに持ち歩けるので、画質重視の方にもおすすめです。

APS-Cセンサーには、モニター撮影時でも高速AFが可能な「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。画面の80%をカバーする像面位相差AFセンサーで、動く被写体にも素早くピントを合わせられます。また、AF追従で最高約7コマ/秒の高速連写が可能なのも特徴です。

レンズには倍率3倍の大口径標準ズームレンズ 24-72mm F2.8-5.6を採用。本体は防塵・防滴機構を備えているので、天候の厳しいアウトドアシーンでも活躍できます。

▼撮影イメージ

第4位 ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX100III

優れたコスパで根強い人気のある高級コンデジです。ソニーが手掛ける人気シリーズ「RX100」の第3世代モデル。発売から6年が経ちますが、現在でもスマホを凌駕する高画質がリーズナブルな価格で入手できることから、幅広いユーザーに指示され続けています。

一般的なスマホのイメージセンサーと比べて面積が4倍も大きな1型センサーを内蔵。また、大口径標準ズームレンズの24-70mm F1.8-2.8を搭載しているので、広角から中望遠までの全焦点域で背景ボケを活かした撮影やきれいな夜景の撮影が手軽に楽しめます。

重さ約290gと軽量コンパクトなのも魅力。視認性の優れたポップアップ式の電子ビューファインダーを搭載しているので、日射しが強い状況でも快適な構図作りができます。

▼撮影イメージ

第5位 リコー(RICOH) コンパクトデジタルカメラ GR III

ストリートスナップの撮影に特化した人気の高級コンデジです。「究極のスナップシューター」の異名を持ち、プロカメラマンにも根強いマニアが数多くいる「GR」シリーズ。街角でのスナップ撮影に没頭したい方におすすめです。

重さ約257gの小型軽量ボディは、ズボンのポケットにも簡単に収納できるので、街歩きのお供としてぴったり。イメージセンサーには有効約2424万画素数のAPS-Cセンサーを採用しているので、画質面でも一眼カメラと同等以上の性能を備えています。

新設計の広角単焦点レンズ28mm F2.8は、最高4段分の光学手ブレ補正機構を搭載。また、像面位相差AFの採用によって、ピント合わせの速度と精度も向上しています。

▼撮影イメージ

第6位 富士フイルム(FUJIFILM) コンパクトデジタルカメラ X100V

レトロな色彩描写と上質な撮影体験が堪能できる高級コンデジです。クラシックカメラを彷彿とさせるデザインが人気のある「X100」シリーズの第5世代モデル。光学式と電子式のファインダーをシーンに応じて使い分けられる「ハイブリッドビューファインダー」機構を採用しています。

アルミから削り出された重さ約478gの軽量コンパクトなボディには、フルサイズ機に匹敵する画質を持つ独自配列のAPS-Cセンサーを内蔵。加えて、スナップ撮影の常用レンズとしても活躍する大口径広角単焦点レンズ23mm F2も搭載しています。

「フィルムシミュレーション」機能も本機の魅力。往年の銀塩フィルムを再現したモノを含む全17種類の印象的な仕上がりが、フィルムを交換するような感覚で手軽に味わえます。

▼撮影イメージ

第7位 パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX LX100 II

高い次元で画質と機動力を両立した高級コンデジです。同社のミラーレス一眼にも採用されるフォーサーズセンサーを搭載。一眼カメラと同等以上の高画質が、重さ約392gの小型軽量ボディで得られるので、画質と携帯性のどちらにも妥協したくない方にもおすすめです。

レンズにはライカと共同開発した、倍率3.1倍の大口径標準ズームレンズ24-75mm F1.7-2.8を採用。使用頻度の高い画角をカバーしながら、ズーム全域で上質な描写が堪能できます。また、広角端で3cm、望遠端で30cmと最短撮影距離が短く、花や雑貨などのマクロ撮影が得意なのもポイントです。

直感的なマニュアル操作が可能なダイヤルやリングが充実。単に写真を撮るだけではなく、カメラを操作する喜びも味わえます。また、画像の縦横比を変えても画角が変わらない「マルチアスペクト」に対応するのも魅力です。

▼撮影イメージ

第8位 パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX TX2

小型軽量ながら幅広いズーム比を持つ高級コンデジです。重さ約340gのボディには1型センサーと倍率15倍の高倍率ズームレンズ24-360mm F3.3-6.4を搭載。さまざまな被写体やシーンに1台で対応できるので、旅行や運動会にもおすすめです。

同社のミラーレス一眼にも採用される「空間認識AF」を搭載。AF測距点は49点ですが、像面位相差AFが苦手な暗いシーンでも動く被写体に素早くピントを合わせられます。

本格的な4K動画が撮影できるのも魅力。また、4K動画の応用機能として、30コマ/秒の超高速連写で約800万画素の静止画が切り出せる「4K PHOTO」や、撮影後に映画のようなカメラワークを擬似的に付加できる「4Kライブクロップ」も搭載しています。

第9位 ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX10IV

超望遠域での動体撮影に活躍する高級コンデジです。重さ約1095gとやや重量級ですが、1型の積層型センサーと大口径超高倍率ズームレンズ24-600mm F2.4-4を搭載。1台で広角から超望遠まで対応できるので、野外スポーツ・飛行機・野鳥などの本格的な撮影に挑戦したい方にもおすすめです。

優れたスピード性能も魅力。画面の約65%をカバーする315点の像面位相差AFセンサーを搭載しています。さらに、AF・AE追従で最高約24コマ/秒の超高速連写が最大249枚まで継続できるのも特徴。連写中に記録が止まって貴重なシャッターチャンスを逃すリスクを抑えられます。

プロユースの4K動画撮影が可能なのもポイント。また、フルHDでは40倍に相当する最高960fpsのスーパースローモーション動画も撮影できます。

▼撮影イメージ

第10位 ライカ(LEICA) フルサイズコンパクトカメラ Q2

最高クラスの画質と唯一無二の存在感を有するプロ仕様の高級コンデジです。コアなライカファンからも支持されているフルサイズコンデジ「ライカQ」シリーズで、数多くの新機能が搭載されています。

有効約4730万画素の35mm判フルサイズセンサーを内蔵。ハイエンドのミラーレス一眼と同等以上の画質を備えています。また、スナップを中心に多彩なシーンの撮影で活躍する、専用設計の大口径広角単焦点レンズ28mm F1.7を搭載しているのも特徴です。

「Made in Germany」にこだわったエレガントなデザインのボディには、防塵・防滴機構が施されているのもポイント。天候を気にせず撮影に没頭できます。また、ISO 50000の超高感度撮影や4K動画の撮影に対応するのも魅力です。

▼撮影イメージ