デジタルカメラのなかでも手軽さに使える「コンデジ」。スナップ撮影や旅撮りをメインとするライトユーザー向けと思われがちですが、よりクオリティの高い写真が撮れる高級コンデジにも注目が集まっています。

そこで今回は、高級コンデジのおすすめモデルをご紹介。スマホカメラよりもワンランク上の撮影を楽しみたい方はチェックしてみてください。

コンデジとは?

By: ricoh-imaging.co.jp

「コンデジ」とはコンパクトデジタルカメラの略。デジタルカメラには本格的な撮影が可能な「一眼レフ」や「ミラーレス」も含まれますが、それらと比べて軽量かつ小型で、持ち運びに便利なのが特徴です。

また、レンズは備え付けであることが多く、基本的にズーム機能が搭載されているのもポイント。近くのモノはもちろん、遠くのモノも撮影でき、1台でカバーできる範囲が広いのも魅力です。

ミラーレスとの違い

By: amazon.co.jp

「ミラーレス」とはデジタルカメラのひとつ。正確には「ミラーレス一眼カメラ」と呼ばれ、もともと先発の「一眼レフカメラ」からレフ板のミラーを外しているタイプを指します。

一眼レフはレンズから取り込んだ光を本体内部のミラーに反射させ、その映像をファインダーで見る仕組みを採用。一方、ミラーレスはそのミラーがなく、液晶モニターで電子的に映像を見る仕様です。

なお、コンデジとの違いはレンズが交換式であること。ミラーレスは標準レンズのほか、望遠や広角、マクロ、単焦点など、さまざまなタイプのレンズと組み合わせて、より趣向性のあるクオリティの高い撮影が可能です。ただ、操作に慣れが必要であったり、コンデジと比べてサイズが大きかったりするので、その点は留意しておきましょう。

高級コンデジの選び方

本体サイズをチェック

By: panasonic.jp

携帯性を重視したい場合は、高級コンデジのサイズが重要。高級コンデジは大きなイメージセンサーや大口径レンズを搭載しているので、通常のコンデジと比べると少々大きく重くなる傾向にあります。日常的に撮影で多用したい場合は、上着のポケットやバッグへ簡単に収納できるコンパクトなモデルを選びましょう。

また、重さも重要なポイント。あまり重すぎると持ち運びが億劫になり撮影で使用する機会が減ってしまいます。普段から積極的に携帯したい場合はできれば300g以下、重くても500g以下のモデルがおすすめです。

シーンに合ったレンズで選ぶ

By: canon.jp

コンデジはレンズが備え付けられているので、どれほどズームできるかといった焦点距離があらかじめ決まっています。製品スペックには「焦点距離5~40mm」などと表記されているため、購入する際は確認しておきましょう。ちなみに、左側の数値が小さければ小さいほど広角撮影が可能。右側の数値が大きければ大きいほど、より遠くの被写体を捉えられます。

なお、コンデジによっては「焦点距離23mm」といったように数値の幅がないタイプもラインナップ。そうしたモデルはズームができない単焦点レンズを採用しており、撮影する際は自ら被写体に寄るか離れるかして対応することになります。

旅先などでの撮影であれば遠くの被写体でも簡単に撮影できる焦点距離の幅が広い製品を、SNSなどにお気に入りの写真をアップしたい場合は被写体をより強調して撮れる単焦点タイプを選んでみてください。

遠くの被写体を撮影できる「望遠レンズ」

By: canon.jp

「望遠レンズ」とはズーム機能によって遠くある被写体を撮影できたり、近くにある被写体を大きく撮影できたりするのが特徴。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体が強調されるのもポイントです。

一方、望遠で撮影すると写真がブレやすくなるため、その点は注意が必要。なお、高級コンデジのなかには一眼レフやミレーレス並に強固な手ブレ補正機構を備えているモデルもあるので、気になる方はチェックしておきましょう。

景色や風景の撮影に適した「広角レンズ」

By: canon.jp

「広角レンズ」とは広い画角で撮影できるのが特徴。景色や風景をひとつの写真のなかに収められるので、集合写真を撮る際などにも便利です。

また、遠い被写体ほど小さく写るためピンボケが目立ちにくくなるほか、手ブレが抑えられるのもポイント。さらに、被写体により近づいて撮影をすれば、奥行きや立体感をより強調できます。

一方、焦点距離が短くなればなるほど画角の四隅が歪みやすくなるので、その点は注意。なお、高級コンデジのなかには画像が歪む「歪曲収差」に配慮しているモデルもあるため、よりクリアな写真撮影を求める方は確認しておきましょう。

手ブレ補正性能をチェック

By: panasonic.jp

「手ブレ補正性能」とは、カメラ側で手持ち撮影時のブレを抑える機能のこと。より内部機構が優れている高級コンデジであれば、より安心して思い通りの写真を撮影できます。

補正方式としては光学式と電子式の2種類。光学式はカメラ内部のレンズなどを、機械的に動かすことでブレを打ち消します。方式画像データとして残る前に補正できるので、より効果的に手ブレを抑えられるのがポイントです。

一方、電子式は撮影された画像データを補正するタイプ。画質に関しては光学式より劣りますが、カメラ本体がコンパクトな傾向にあります。購入する際は念のためチェックしておきましょう。

オートフォーカス(AF)性能をチェック

By: sony.jp

「オートフォーカス(AF)性能」とは、被写体に対してカメラのピントを自動で合わせる機能のこと。この性能が優れていればいるほど、動きの激しい被写体であってもより的確に捉えられます。

なお、オートフォーカス性能はファインダーや液晶モニターに表示される「測距点」の数も重要。測距点が多ければ多いほど、より広範囲をカバーできます。

センサーサイズをチェック

By: canon.jp

撮影のクオリティを重要したい方は「センサーサイズ」もチェック。撮像素子サイズやイメージセンサーとも呼ばれる部分で、サイズが大きくなればなるほど高画質撮影が可能なほか、暗所での撮影も快適に行えます。

コンデジのセンサーサイズは、センサー面積約29mm²の「1/2.3型」が多くラインナップ。そのほか約116mm²の「1型」、234mm²「1.5型」、さらには一眼レフやミラーレスでも採用されている約372mm²の「APS-Cサイズ 」や約864mm²の「フルサイズ」も展開しています。

なお、サイズに比例して価格が高い傾向にあるので注意が必要。購入する際は、予算との兼ね合いを考慮しておきましょう。

その他機能もチェック

夜景や暗い場所での撮影はF値をチェック

By: canon.jp

「F値」はレンズの明るさを示す数値のこと。「F2.8」や「F1.8」などで示され、数字が小さいほど明るいレンズになります。

明るいレンズはボケ味が自然な感じになるほか、手ブレが起きにくくなるのも魅力。さらに、取り込める光の量が多いため、暗い場所でも満足度の高い撮影が可能です。夜景撮影時の手ブレを抑えたり、フラッシュを使わずとも撮影ができたりするので、気になる方は確認しておきましょう。

接写にはマクロ撮影機能があると便利

By: panasonic.jp

被写体に対してズームで寄らず、カメラマン側から被写体に近づくことを「接写」と呼びますが、その際は「マクロ撮影機能」があると便利。通常の撮影モードではピントが合わない距離にある被写体に対しても、この機能を活用すればピントを合わせられます。

例えば、花を撮影する際であれば雄しべや雌しべの先端など細部に至るまで撮影が可能。肉眼では見えにくい部分もしっかりと表現できます。

自撮りをするなら回転式チルトがおすすめ

By: sony.jp

デジタルカメラには画像を確認できる液晶モニターが搭載されていますが、タイプとしては「バリアングル」と「チルト」の2種類。バリアングルは液晶画面を上下左右に移動できるのが特徴で、画面を360°回転させれば自撮りも容易にできます。

一方、チルトは液晶画面を上下に移動できるのが特徴。なお、コンデジの場合は上方向のみであることが多く、自撮りする場合は液晶画面をひっくり返して撮影者側に向けることになります。マストで自撮りがしたい方は、回転式のチルトタイプを検討しましょう。

高級コンデジのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

高性能なカメラを続々と展開しているソニー。コンテジにおいては「Cyber-shot」が代表的で、同ラインナップを細分化すると画質を追求した「RXシリーズ」も展開しています。

RXシリーズは大型イメージセンサーを搭載しているモデルもラインナップ。一眼レフやミラーレスカメラに相当する高画質な写真を楽しめるのがメリットです。

ライカ(Leica)

By: amazon.co.jp

ライカはドイツのヴェツラーで1914年に創業した老舗の高級カメラメーカーです。プロ・アマ問わず熱狂的なファンが数多くいるレンズ交換式のレンズファインダーカメラ「M」シリーズのほか、最近では高性能なハイエンドミラーレス一眼「SL」シリーズなども人気を集めています。

また、高級コンデジのラインナップも充実。1型センサーを搭載するパナソニックの高級コンデジを元にデザインをリファインしたモデルが主ですが、フルサイズセンサーを採用するライカ独自設計の高級コンデジ「Q」シリーズも手掛けています。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ市場を長年牽引しているキヤノン。同社の高級コンテジ「PowerShot」は高倍率と高画質と2シリーズから構成されています。細かな部分まではっきりと高画質で撮りたい方は、「PowerShot G」シリーズがおすすめです。

また、Gシリーズは大きめのイメージセンサーに高性能な映像エンジンを搭載。夜景などの暗い場所で撮った写真も鮮明に撮影できます。

高級コンデジのおすすめモデル

第1位 ソニー(SONY) コンパクトデジタルカメラ Cyber-shot RX100VII

圧倒的なスピード性能と高画質をポケットサイズに凝縮した高級コンデジです。高級コンデジ市場を開拓したRX100シリーズの最新モデル。重さ約302gの軽量コンパクトなボディに有効約2010万画素の1型センサーと、旅行などでも重宝する24-200mm F2.8-4.5の高倍率ズームレンズを搭載しています。

高い高速性能も特徴。AIを活用した自動追随AF「リアルタイムトラッキング」や、人物だけではなく動物にも対応する「リアルタイム瞳AF」、そして最高20コマ/秒の超高速連写が、あらゆるシーンで快速な撮影体験を実現します。

プロ仕様の4K動画撮影機能を備えているのもポイント。多彩な撮影モードや細かな設定が選べるので、VlogやYouTubeの動画制作にもおすすめです。

▼撮影イメージ

第2位 キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G1 X Mark III

一眼レフに匹敵する高画質が幅広いシーンで楽しめる高級コンデジです。キヤノンが手掛けるフラッグシップモデルの3代目で、初めて有効約2420万画素のAPS-Cセンサーを搭載。一眼レフと比べても遜色ない画質が得られることから、一眼ユーザーのサブ機としても人気があります。

汎用性に優れた24-72mm F2.8-5.6の標準ズームレンズを搭載。暗いシーンでも鮮明な画像が撮影できるほか、広角側はレンズ先端から10cmまで近づいて撮影できるので、花や昆虫、雑貨などの撮影にも重宝します。

大型センサーとEVFを搭載しながら重さ約399gと軽量コンパクトなのも特徴。さらに、多彩な構図の撮影が快適に楽しめるバリアングルモニターや、アウトドアでも活躍できる防塵・防滴構造も採用しています。

▼撮影イメージ

第3位 リコー(RICOH) コンパクトデジタルカメラ GR III

「究極のスナップシューター」の異名を持つ高級コンデジです。20年以上もファンから熱烈に愛されているGRシリーズの最新モデルで、重さ約257gのポケットサイズボディに有効約2424万画素のAPS-Cセンサーを搭載。一眼レフと同等以上の高画質で軽快にストリートスナップが楽しめます。

また、伝統のスペックである28mm F2.8の広角レンズを採用。新規で開発を進めたことで歴代のGRを凌ぐ高画質を達成しつつ、シャッター速度換算で最高4段分の補正効果を持つ光学式手ブレ補正機構の搭載を実現しています。薄暗い室内や夜間でも鮮明な画像が撮影可能です。

さらに、2種類のAF方式を組み合わせたハイブリッドAFによってピント合わせも快速。明るいシーンでも背景ボケを活かした写真が白飛びせず撮影できる、NDフィルターを内蔵しているのもポイントです。

▼撮影イメージ

第4位 富士フイルム(FUJIFILM) コンパクトデジタルカメラ X100V

長く記憶に残る豊かで美しい色彩で撮影できる高級コンデジです。クラシックカメラを彷彿とさせる優美なデザインと唯一無二の撮影体験が楽しめることで人気。重さ約478gのボディには独自の画素配列を持つ有効約2610万画素のAPS-Cセンサーを搭載しており、フルサイズに匹敵する高画質が気軽に持ち歩けます。

汎用性に優れた35mm F2の広角レンズを搭載。さらに、「ハイブリッドビューファインダー」の採用によって、見たままの光景を視認しながら撮影したい場合はOVF、仕上がりを確認しながら撮影したい場合はEVFという使い分けができます。

また、「フィルムシミュレーション」の搭載もポイント。富士フイルムが80年以上におよぶフィルム製造で培ってきた、全17種類の色彩表現がフィルムを交換するように手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

第5位 オリンパス(OLYMPUS) コンパクトデジタルカメラ Tough TG-6

アウトドアシーンでも高画質な撮影が楽しめる防水仕様の高級コンデジです。重さ約253gの軽量コンパクトボディには、防水15mや防塵、落下耐性2.1mや耐低温-10℃などの強力なタフネス性能を搭載。過酷な状況でもしっかりと動作するので、登山やマリンスポーツなどにもおすすめです。

25-100mm F2-4.9の標準ズームレンズを搭載。明るい開放F値を活かせば暗い海の中でも高画質な撮影ができます。また、レタッチ耐性に優れたRAW形式での画像記録や高画質な4K動画の記録に対応しているのも魅力です。

優れた水中撮影機能や顕微鏡並みのマクロ撮影機能も充実。別売の防水プロテクターを装着すれば水深45mまで潜れるようになるので、本格的なダイビング撮影でも活躍します。

▼撮影イメージ

第6位 パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ LUMIX FZ300

広角から超望遠まで一定の明るさで撮影できる、高倍率仕様の高級コンデジです。重さ約691gのボディには25-600mmの高倍率ズームを搭載しており、全焦点域で開放F値がF2.8通しなのが特徴。超望遠撮影でも高速なシャッター速度で被写体の動きをしっかりと止められるので、運動会やスポーツ大会の撮影にも重宝します。

人混みの上からのハイアングル撮影や自撮りも簡単にできるバリアングルモニターを搭載。タッチ操作に対応するので初心者でもスマホのような直感的な操作で簡単に扱えます。また、同社のミラーレス一眼にも搭載されている「空間認識AF」の採用によって、動く被写体もしっかりと捉えられるのもポイントです。

さらに、4K撮影機能も充実。高級コンデジながら価格がリーズナブルなので、コスパ重視の方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

第7位 ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1RII

目前の光景を圧倒的な高画質で記録できる高級コンデジです。重さ約507gの手のひらサイズボディには、有効約4360万画素のフルサイズセンサーを搭載。同社フルサイズミラーレスの高解像モデルと同等クラスの高画質を気軽に持ち歩けるので、画質にこだわりのある本格派の方にもおすすめです。

街角スナップから人物撮影までマルチに使える35mm F2の広角レンズを搭載。高速と高精度を両立する「ファストハイブリッドAF」によって、とっさのピント合わせもスムーズに行えます。

さらに、ローパスフィルター効果の有無を可変的に切り替えられるのもポイント。人物や建築物の撮影時は効果をオンにして余計な模様の写り込みを抑え、風景撮影のときはオフにして解像感をさらに高めるなど、シーンに応じて使い分けができます。

▼撮影イメージ

第8位 ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX10IV

超望遠域の動体撮影もストレスなく楽しめる高倍率仕様の高級コンデジです。重さ約1095gのボディには、有効約2010万画素の1型センサーと24-600mm F2.4-4の大口径高倍率ズームレンズを搭載。広角の風景写真からスポーツや野鳥、飛行機などの超望遠撮影まで、幅広いシーンを1台で撮影できます。

画面の約65%をカバーする315点の像面位相差AFによって広範囲で高速・高精度なピント合わせが可能。AF・AE追随で最高約24コマ/秒の超高速連写と組み合わせることで、遠くで高速かつ不規則に動く野鳥も逃さず捕捉できます。

プロユースの映像作品も制作できる4K撮影機能も充実。さらに、フルHDで最大40倍のスーパースローモーション撮影が可能なのも魅力です。

▼撮影イメージ

第9位 ニコン(Nikon) コンパクトデジタルカメラ COOLPIX P1000

肉眼を遥かに超えた遠くの世界を切り取れる、超高倍率仕様の高級コンデジです。重さ約1415gの重量級ボディには、最高3000mm相当の超望遠撮影が可能な光学125倍ズームレンズを搭載。遠くにいる野鳥を大きく切り取れるのはもちろん、月のクレーターも目前に迫るような臨場感で撮影できます。

モードダイヤルには月と野鳥の撮影に最適化した設定へ瞬時に変更できる専用のシーンモードを搭載。さらに、レンズ横の「クイックバックズームボタン」を押せば、超望遠撮影で被写体を見失っても一時的に広角側へシフトして被写体の位置を再確認できるので、経験の少ない初心者の方でも超望遠撮影がストレスなく楽しめます。

RAW形式での画像記録ができるので、本格的な作品作りにもおすすめ。また、ステレオ音声付きの4K動画も記録できます。

▼撮影イメージ

第10位 ライカ(Leica) コンパクトデジタルカメラ Q2

空気感まで写し止められるプロ仕様の高級コンデジです。フルサイズコンパクトカメラ「ライカQ」の次世代モデルで、重さ約718gのボディには有効約4730万画素のフルサイズセンサーを搭載。高解像なだけではなく暗所性能も高いので、光量の乏しいシーンでも細部まで鮮明な静止画や4K動画が撮影できます。

スナップ撮影に重宝される28mm F1.7の大口径広角レンズを搭載しており、クロップによって35・50・75mmでの撮影も可能。高精細な有機ELファインダーには各焦点距離の画角が視認できるブライトフレームを表示できるので、構図確認が高精度に行えます。

0.15秒未満の高速AFによってピント合わせもスムーズ。また、特殊な保護シーリングによる防塵・防滴加工が施されているので、急な雨や砂塵に遭っても気にせず撮影に没頭できます。

▼撮影イメージ