レジャーで写真や動画撮影をする際に便利な「防水カメラ」。一般的な一眼レフやミラーレスほどのスペックは備えていないものの、水辺や水中などでも本格的な撮影が楽しめます。

そこで今回は、防水カメラのおすすめモデルをご紹介。アウトドアシーンの写真や映像をしっかりと残したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

防水カメラのメリット

By: ricoh-imaging.co.jp

防水カメラのメリットは何といっても、スマホを防水ケースに入れて撮影するより高画質に撮影できることです。水中は地上よりも暗い場所なため、スマホで撮影した場合は十分な光量が確保できず、暗く不鮮明な写真になりがち。しかし、大半の防水カメラは明るく高画質なレンズを搭載するなど、暗い水中でもきれいな写真が撮れるように作られています。

また、防水カメラに搭載されている「水中ホワイトバランス」機能を使えば、水中でも自然な色合いの写真が撮影できるのもポイント。スマホを防水ケースに入れて使うよりも深い水深まで潜れ、操作性に優れています。

防水カメラの選び方

防水性能の高さで選ぶ

防水・防塵性能を表す「IPX」をチェック

snorkel-1200628_640

防水性能の高さは、「IPX~」という表記で確認可能。なかには、水中で継続的に使用しても浸水を防げる「IPX8」相当の高い防水性能を備えているモノもあります。IPX8の性能を持つ防水カメラであれば、水中での撮影も難なくこなせるためおすすめです。

また、防水性能とは別に、「IP〜X」で表せる防塵性能についても確認しておきましょう。浜辺の砂や登山中の土埃など、カメラの内部にゴミが侵入すると故障の原因にもなりますが、防塵性能を備えているカメラであれば効果的に防げます。ハードな使い方をするのであれば、細かいゴミの侵入防止にも対応する「IP6X」以上の防水カメラがおすすめです。

ちなみに「IP68」と表記があれば、6級の防塵性能と8級の防水性能を備えたモノを表します。防水カメラを選ぶ際は、しっかりとチェックしておきましょう。

対応水深をチェック

同じIPX8等級の製品でもスペックが分かれるのが、対応している「水深」です。防水性能は水中だと水圧が生じるため、どの程度の圧力に耐えられるかもチェックする必要があります。

基本的には、10~15mほどが標準。なかには、50m程度の深さに耐えられるモデルもラインナップされています。カメラを防護するハウジングなどを取り付ければ、より深い場所も対応可能。そのため、周辺機器も含めてチェックするのがおすすめです。

浜辺での水遊びやマリンスポーツ、浅い海でのシュノーケリング程度なら、防水深度が10mほどあれば十分に楽しめます。スキューバダイビングなど、さらに深く潜って撮影したい場合は、防水深度30m以上の防水カメラを選んでみてください。

カメラの性能で選ぶ

画素数をチェック

画素とは、デジタル画像における最小単位です。デジタル画像は何百万、何千万もの画素が集まることで構成されているのが特徴。カメラのスペックにおいては、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する撮像素子上に配置されている画素の数を表しています。

一般的に、画素数が多いほど写真は精細な撮影が可能。1000万画素程度あれば、大きなA4サイズのプリントにも十分に引き伸ばせるので、キレイかつ高精細に写真を撮影・印刷できます。水中の美しい写真を撮りたいと考えている方は、1000万画素以上のなるべく画素数が多い機種を選ぶようにしましょう。

F値をチェック

pexels-photo

F値とは、カメラ本体に搭載されているレンズの明るさを表します。光源が少ない水中で撮影をしたい方には重要な指標です。

水中は基本的に暗いので、F値のスペックが低いレンズで撮影するときは、「ISO感度」の数値を上げて撮影するしかありません。なお、F値が低いほどレンズを通る光量が多くなるため、暗所でも少ない光量で鮮明に撮影可能です。

そのほか、ISO感度を上げるデメリットとして、画質が粗くなることが挙げられます。ISO感度を上げずに撮影する方法もありますが、シャッタースピードが遅くなり、ピンボケする可能性が高くなるので注意が必要です。高画質を維持しつつ明るい写真を撮りたい方は、F値の低いレンズが搭載されている防水カメラを選ぶようにしましょう。

オートフォーカス性能をチェック

pexels-photo (1)

オートフォーカス性能が優れているほど、ピントの合った写真が撮りやすくなります。被写体が動いているときはピントを合わせにくくなるので、とくにカメラ初心者の方は、オートフォーカスの性能が高い防水カメラがおすすめです。

また、オートフォーカス性能については、ファインダーや液晶モニターに表示されるピントを合わせるための目印である「測距点」の数をチェックしておくことが大切。この測距点が多いほど、ピントが合わせやすいことを意味します。水中で動く被写体を撮影したい場合は、測距点の多い防水カメラを検討してみましょう。

搭載された機能で選ぶ

手ブレ補正をチェック

000072601

By: olympus-imaging.jp

手ブレ補正は手持ちの撮影には欠かせない機能で、大きく分けて「電子式」と「光学式」の2種類があります。

電子式は、デジタル処理によって、撮影されたあとの画像に手ブレ補正の効果を加えるのが特徴。カメラ本体を小さく設計でき、安価に手ブレ補正機能を搭載できる反面、光学式と比べるとやや画質が落ちてしまうというデメリットがあります。

一方、光学式はレンズ、またはセンサーが反応して補正ユニットが物理的に動くのが特徴。画像がデータとして残る前に手ブレを防げます。したがって、デジタル処理によって画像を劣化させる必要がないため、光学式よりも高画質で撮影が可能。なお、スペックが高いぶん、光学式手ブレ補正を搭載した防水カメラは高価です。気になる方はぜひ確認しておきましょう。

ズーム機能をチェック

By: olympus-imaging.jp

さまざまな被写体を高画質に撮影したい場合は、ズーム機能の方式をチェック。デジタルカメラのズーム方式には光学ズームとデジタルズームの2種類があります。

光学ズームは、デジタルズームと比べて本体サイズが少し大きくなりますが、カメラ内のレンズを物理的に動かす構造のため画質が劣化しにくいのが特徴です。一方、デジタルズームは画像の一部を切り取って電子的にズーミングする構造なので、本体サイズを小さくできますが、望遠側にズームするほど画質が荒れてしまいます。

画質にこだわるのであれば、光学ズームを搭載した防水カメラがおすすめ。また、光学ズームの倍率が高いモデルの方が、より遠くまで光学ズームで対応できるため、望遠側にズーミングした際にもきれいに撮影できます。

Wi-FiやBluetooth機能をチェック

防水カメラも、ほかのデジタルカメラと同じくWi-Fiを搭載したモデルを多く展開しています。Wi-Fi接続に対応したモデルの場合、その場で撮った写真などを瞬時にスマホへ送れるのが魅力です。

また、画像データの転送時にカメラ本体が故障してしまうリスクを低減できるのもポイント。データ転送のためにわざわざカメラのカードスロットを開放してSDカードを取り出す必要がないので、水辺や悪天候下での撮影中でも安全にデータを転送が可能です。

加えて、防水カメラには、Wi-FiだけではなくBluetooth接続にも対応したモデルもラインナップされています。近距離での接続に限られますが、Wi-Fi接続と異なりバッテリーの消費が少ないのがポイント。1度スマホとペアリングすれば、次回以降は防水カメラを起動するだけで無線接続できるのがメリットです。

ちなみに、なかにはスマホからリモート操作できるモデルもあるため、あわせてチェックしてみてください。

GPSをチェック

By: amazon.co.jp

GPS機能があれば、自分がどこで写真を撮ったのかを記録できます。カメラ内蔵のGPSセンサーによって、人工衛星から撮影場所の緯度や経度、撮影時間を取得し、防水カメラで撮影した画像に紐付けが可能です。

また、旅先での撮影であれば、ロードマップを作成できる機能を有したモデルがおすすめ。防水カメラで撮影した画像の位置情報を参照することで、旅行中に訪れた場所や辿ったルートをGoogle Mapなどの地図上に表示可能です。あとから撮影場所の位置を振り返るときや、まだ訪れていないルートを開拓するときに重宝します。

そのほか、SNSへの投稿でも位置情報を活用すれば、現在地の情報を共有できるので便利です。気になる方はぜひ確認しておきましょう。

自撮りをしたい方はアクションカメラをチェック

By: amazon.co.jp

アウトドアなどで自撮りも楽しみたい場合は、アクションカメラもおすすめ。アクションカメラを装備品や乗り物に搭載することで、ダイビングやスノーボードなど、アクティビティの動画を臨場感たっぷりに撮影が可能です。自撮り機能を持つハンドグリップを本体に装着すれば、歩きながら自撮りもできるので旅行の様子を記録する際にも重宝します。

アクションカメラは通常のデジタルカメラと異なり、ズーム機能が省かれていたり、専用のマウントがないと三脚に搭載できなかったりするのが難点。しかし、ヘルメット・サーフボード・自転車のハンドルバーなどに装着できるマウントや、より深い水深に対応できる防水プロテクターなどのオプションパーツが充実しているため、幅広いシーンの撮影で活躍します。

防水カメラのおすすめモデル|デジタルカメラ

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-5

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-5

水中でも高画質に撮影が楽しめる防水カメラです。オリンパスが手掛ける「Tough TG」は、防水カメラでありながら高画質・高機能であることからダイバーにも人気のあるシリーズ。本製品はその5代目ですが、すでに新機種TG-6が発売されているため、安い価格で購入できるのが魅力です。

レンズは焦点距離25〜100mmの光学4倍ズームで、広角側の開放F値がF2.0と明るいのが特徴。さらに、4K動画の撮影に対応しているのも魅力です。

IP68相当の防塵・防水性能を有しており、水深15mまでの水圧と-10℃までの低温にも対応。GPSを活用した「フィールドセンサーシステム」を使えば、位置情報・気温・水温・水深などのトラッキングデータも記録できます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-6

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-6

オリンパスの人気防水カメラ「Tough TGシリーズ」の最新機種です。画質や耐候性など、防水カメラとしての基本性能は先代のTG-5と共通していますが、水中やマクロでの撮影機能の使い勝手がより向上しています。

TG-5では水中撮影時にシーンに応じて、「水中スナップ」や「水中ワイド」など、撮影モードは4種類に変更できましたが、本機では新搭載の「水中顕微鏡モード」を加えた合計5種類が使用可能。さらに、「水中ホワイトバランス」も水深に応じて3種類の補正具合から選択できます。

陸上でのマクロ撮影機能も強化。昆虫の全身にピントを合わせる際などに重宝する「深度合成」により、撮影開始待ち時間と撮影枚数の設定変更が可能になったので精度の高いマクロ撮影が楽しめます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) WG-60

リコー(RICOH) WG-60

小型・軽量でコストパフォーマンスの優れた防水カメラです。焦点距離28〜140mmの光学5倍ズームを搭載しながらも、重量は約193gと軽いのが特徴。価格も安いので、初めての防水カメラとしてもおすすめです。

IP68相当の防塵・防水性能を有しており、水深14mまでの水圧と低温-10℃の低音に対応。高さ1.6mからの落下にも耐えうるタフさも兼ね備えています。また、液晶モニターの輝度を変えられる「アウトドアモニター」機能を搭載しているのもポイント。晴天の屋外や夜景の撮影でも、構図の確認が快適にできます。

「雅(MIYABI)」「リバーサル」など、ペンタックス一眼レフで人気の画像仕上げが楽しめるのも魅力。東芝製のWi-Fi内蔵SDカード「FlashAir」を使用すれば、スマホへの画像転送も可能です。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) WG-6

リコー(RICOH) WG-6

過酷な環境下でも安心して使用できる本格アウトドア設計の防水カメラです。WG-60の上位機種で、水深20mまでの水圧や-10℃までの低温に対応しており耐久性に優れています。

背面のボタン間隔が広く、アウトドアモニターやグローブを装着した状態で操作しやすいのもポイント。高性能なGPS・電子コンパスでトラッキングデータの記録もできるので、アウトドアシーンで重宝します。

また、高画質なのも特徴。イメージセンサーの有効画素数がWG-60の約1600万画素から約2000万画素に増えているため、より高精細な画像が撮影できます。さらに、内蔵の6灯LEDリングライトにより、陰影や立体感を演出したマクロ撮影を楽しめるのも魅力です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX W300

ニコン(Nikon) COOLPIX W300

強力な防水機能を持つ高画質な防水カメラ。ニコンはオリンパスと同様、防水カメラで大きなシェアを有するメーカーですが、本製品はその主力となっている人気の製品です。

防水プロテクターなしで、水深30mまでの潜水に対応しているのが特徴。素潜りやシュノーケリングはもちろん、本格的なダイビングのお供としても活躍します。また、GPSを活用した「アクティブガイド」機能を使えば位置情報・高度・水圧などの表示ができ、あとから移動ルートの確認も可能です。Bluetoothによるスマホとの常時接続にも対応しています。

レンズは焦点距離24〜120mmの光学5倍ズームで、広角側は開放F値がF2.8と明るめ。さらに、有効約1605万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており、夜景や深海などの暗いシーンもきれいに撮影できます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix XP140

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix XP140

初心者に優しい操作性が魅力のリーズナブルな防水カメラです。約207gの軽量ボディに、防水25m・防塵・耐寒-10℃といった本格的なタフ性能を有しているのが特徴。価格も安いため、キャンプなどに持っていく手頃な防水カメラとしてもおすすめです。

全自動撮影モードが充実しているのも特徴。「アドバンストSRオート」機能を使えば、カメラが自動で被写体・シーンを認識しつつ最適な設定に切り替えてくれるので、シャッターボタンを押すだけで高画質な写真が撮れます。

Bluetoothによる、省電力でのワイヤレス常時接続にも対応。チェキプリント「instax SHARE」と連携すれば、その場で画像をプリントして思い出をシェアできます。

パナソニック(Panasonic) LUMIX FT7

パナソニック(Panasonic) LUMIX FT7

写真も動画も高画質に撮れる、本格アウトドア仕様の防水カメラです。6級相当の防塵性や-10℃の低温にも耐えられる耐久性に加えて、防水プロテクターなしで水深31mまで潜れる高い防水性能を持つのが特徴。また、撮影中は高度・方位を表示できるほか、再生時はスマホから取得した位置情報の表示ができます。

レンズは焦点距離28〜128mmの光学4.6倍ズームで、イメージセンサーは有効2040万画素。本体には電子ファインダーを搭載しているので、雪山やビーチなど液晶モニターが見えにくい明るい屋外でも、快適に構図が確認できます。

さらに、4K動画の撮影にも対応。秒間30コマの連写をした4K動画のなかから800万画素の静止画を切り出す「4K PHOTO」を使えば、鳥が飛び立つ瞬間などの決定的瞬間も逃さず捉えられます。

防水カメラのおすすめモデル|アクションカメラ

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black

防水アクションカメラの分野で高い人気を博しているゴープロの最新機種です。従来機種よりも堅牢性が向上しており、アグレッシブな動きにも対応が可能。また、水深10mまで潜水できる防水性能も備えています。

補正効果を向上させた手ぶれ補正機能「HyperSmooth 2.0」を搭載。サーフィンやモータースポーツなどの激しい動きでも、ぶれのない安定した高画質の4K動画が撮影できます。さらに、本機能をタイムラプス撮影に応用した「TimeWarp 2.0」を使えば、現実離れした迫力のある移動動画が撮影可能です。

超広角から望遠まで、4種類の焦点距離が選べるデジタルズーム機能も搭載。本体には新たに内蔵マウントが採用されているので、自撮りにも使えるハンドグリップなど、30種類を超えるオプションパーツがより使いやすくなっています。

リコー(RICOH) THETA V

リコー(RICOH) THETA V

4Kの高画質で、周囲の風景を360°丸ごと切り取れる全天球カメラです。本体自体は防水性能を持っていませんが、別売りの専用水中ハウジングケースを装着すれば、最大で水深30mまでの潜水にも対応可能。ダイビングで水中の様子を丸ごと記録したい場合にも活躍します。

専用水中ハウジングケースの装着時でも、電源のオンオフや撮影モードの切り替え、レリーズボタンなどの操作が可能。また、傷が付きにくいようにハードコートなどが施されているので、水中以外のアウトドア用途にも使えます。

4基の内蔵マイクによる立体音響の録画にも対応。さらに、4Kでのライブストリーミングにも対応しているため、旅先の様子を高画質・高音質でシェアできます。

ガーミン(GARMIN) VIRB 360

ガーミン(GARMIN) VIRB 360

アウトドア撮影で最高の画質と機能を求める方におすすめな、防水仕様の全天球アクションカメラです。ガーミンはランニングウォッチや産業用GPS機器で有名なメーカーですが、本製品にはそれらの分野で培った高い技術が採用されています。

水深10mまで対応できる防水性能を搭載。GPSなど内蔵の各種センサーにより、移動ルート・速度・標高などトラッキングデータの記録、さらに別売りのセンサーを使用すれば、心拍数や気温の記録も可能です。取得したデータは、「G-Metrixデータオーバーレイ」機能によって再生動画に表示できます。

本体単体では4Kでの360°動画の記録が可能。また、PCでの合成処理が前提となりますが、5.7Kでの360°動画撮影にも対応しています。