これまで「ハイスピードカメラ」といえば、人間の目では捉えられない現象を撮影するビデオカメラのことを指すのが一般的でした。しかし、最近では動きのある被写体を撮影するのに適したデジタルカメラもハイスピードカメラと呼ばれています。

そこで今回は、ハイスピードカメラのおすすめモデルをご紹介。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ハイスピードカメラとは?

By: sony.jp

ハイスピードカメラとは、1秒間に30コマ以上の連写性能、もしくは120fps以上の動画撮影が可能な性能を備えたカメラのことを指すのが一般的。動く被写体を撮影するのに適しており、子供の運動会やスポーツシーンで活躍する高機能アイテムです。

ちなみに、シャッタースピードが速いカメラは「ハイスピードシャッターカメラ」と呼ばれます。こちらは連写性能とは直接関係がないため、ハイスピードカメラとは別物として考えておきましょう。

ハイスピードカメラの選び方

連続撮影速度をチェック

By: olympus-imaging.jp

スポーツをしているシーンなど、動きのある被写体をハイスピード撮影したい場合は「連続撮影速度」をチェックしておきましょう。連続撮影速度とは1秒間に何コマの静止画を撮影できるかを指します。ハイスピードカメラと呼ばれるモデルは、30コマ/秒以上の撮影ができるモノが基準です。

また、連写には「AF/AE固定連写」と「AF/AE追従連写」の2種類があるので要チェック。AF/AE固定連写はシャッターを切る前にピントと露出を固定するため、連続撮影中に被写体が動き位置が変わるとピントがズレてしまいます。対して、AF/AE追従連写は、連続撮影の間もピントを合わせたまま動いている被写体を追い続けられる便利な機能です。

カメラのタイプによって速度は異なりますが、連写速度はAF/AE追従連写よりもAF/AE固定連写の方が高く、AF/AE追従連写が秒間約18コマ、AF/AE固定連写は秒間約60コマを可能にしているモデルもあります。

フレームレートをチェック

By: olympus-imaging.jp

「フレームレート」とは動画の滑らかさを表す指標のひとつ。厳密には1秒間に何枚の静止画を撮影できるのかを表しており、「fps」の単位で判断します。つまり、1fpsとは1秒間に1枚撮影ができるという意味です。fps数値が高いほど再生時の動作が滑らかになり、低いほどカクつきます。

一般的にテレビは30fps、映画は24fpsに対し、ハイスピードカメラと呼ばれるのは120fps以上です。最低でも60fpsあればスローモーション撮影できますが、滑らかさにはやや欠けます。なかには1000fpsを搭載しているカメラもあり、滑らかなスロー映像を体感することが可能です。

数値が高いほど一瞬を捉える性能が上がりますが、高ければよいというわけではありません。動画のデータ容量も大きくなるので、転送先や保存容量など周辺機器に合わせて最適なハイスピードカメラを選ぶようにしましょう。

センサーサイズで選ぶ

By: sony.jp

「イメージセンサー」は光の明暗を電気信号に変える半導体素子のことで、画質を左右する重要な部分。センサーサイズが大きいほど光を多く取り込むことが可能です。

メーカーによってサイズに多少の違いがありますが、デジタルカメラは一般的にフルサイズ・APS-C・フォーサーズ・1型・1/2.3型に分けられます。高級機に採用されているフルサイズが一番大きく、スマホやコンデジはもっとも小さい1/2.3型です。

ちなみに、最近ではAPS-Cのコンデジも増えつつあり、一眼レフ並の高画質を実現している製品もあります。一眼レフに比べると購入しやすい価格で手軽に撮影を楽しめるのが魅力です。

焦点距離をチェック

By: sony.jp

ハイスピードカメラにおすすめのレンズは、焦点距離を変えることが可能な「ズームレンズ」です。広範囲からクローズアップまでカバーでき、表現力に富んだ映像を撮影できます。

一眼レフとミラーレス一眼は、被写体に合わせたレンズ選びが可能です。コンデジは携帯性に優れており、すぐにカメラを構えて撮影できます。焦点距離の幅が広いレンズを搭載しているモノを選ぶと、よりシャッターチャンスに強くなり、多彩なハイスピード撮影を楽しめるのでおすすめです。

ハイスピードカメラのおすすめモデル|一眼レフ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

有効画素数約3040万画素で、臨場感や空気感をもつまびらかに描写するCMOSセンサー搭載の35mmフルサイズ一眼レフカメラ。新規微細プロセス・新規フォトダイオード構造・新カラーフィルターを採用しており、約7コマ/秒の高速連続撮影が可能です。また、動画撮影時には最高120fpsのハイフレームレートを選択できます。

映像エンジンには、高画質で高感度の「DIGIC 6+」を搭載。さらに、新しいノイズ低減処理アルゴリズムに基づいた最高32000のISO感度が特徴で、厳しい光源の状況下でも手ブレ・被写体ブレを軽減します。

顔検知と色追尾機能により、自動選択AF時におけるAFの精度が向上しているのもポイント。動物や子供など、動き回る被写体にピントを合わせる際に重宝します。

本体の表面はマグネシウム合金製、内部にはアルミを採用しており、堅牢ながらも軽量化を実現。手軽にフルサイズの高画質で動きの速い被写体を撮りたい方におすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

有効画素数4575万画素と、最大9コマ/秒の連写撮影が可能なニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ。大容量データの高速読み出しを可能にしたCMOSセンサーと情報を高速処理する画像処理エンジンの「EXPEED 5」、新設計のシャッター駆動によって高速撮影を実現したハイスピードカメラです。

153点AFシステムがサポートすることで、素早く動く被写体も確実に撮影できます。また、連続撮影に欠かせないマルチパワーバッテリーパックを採用しているため、長時間の撮影にも対応。センサー感度とフォトダイオードに蓄積する光の情報量を最適化することで、白飛びや黒つぶれのない撮影も簡単にできるのもポイントです。

スローモーションで撮影する場合はフルHDになりますが、120pのフレームレートで読み出した画像を、30pの動画として記録可能。さらに、本体は、マグネシウム合金ボディーで作られているので、運動会など砂ぼこりが舞いやすいような環境でも高い防塵・防滴性能を発揮します。使い勝手に優れたハイスピードカメラを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

ハイスピードカメラのおすすめモデル|ミラーレス一眼

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼レフカメラ EOS R

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼レフカメラ EOS R

キヤノンの光学技術を最大限に発揮できる、35mmのフルサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼レフ。大口径マウントとショートバックフォーカスを採用することで、約3030万画素の高画質を実現したハイスピードカメラです。

12ピンの電子接点を搭載しているため、連続撮影やフォーカス、手ブレ補正などの情報を瞬時にカメラ側へ伝達できるのが魅力。また、レンズのぼけや歪みを補正するデジタルレンズオプティマイザ機能によって、連写時も快適さを損なわず写真本来の美しさを表現します。

0.05秒という高速AFによって、被写体の一瞬の動きも逃がさずキャッチし、暗いシーンでも高精度なピント調節が可能。機能性に優れた幅広いシーンで使えるハイスピードカメラを探している方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ストリートフォト一眼レフ ルミックス DC-GX7MK3

パナソニック(Panasonic) ストリートフォト一眼レフ ルミックス DC-GX7MK3

こだわりの撮影を実現する多彩なアシスト機能を搭載したストリートフォト一眼レフ。従来品と同様に、パナソニック独自の4K技術を写真撮影に応用した4Kフォトモードを使用することで、1秒間に30コマの写真を連写で撮影可能です。

オートマーキング機能は、秒間30コマで連写している間、被写体の動きや人物の顔を自動で調節します。動きまわる子供などを追いかけながら撮影できるのが魅力です。

また、連写時におけるAF性能も優れており、写体の前を障害物が遮った場合やAF枠から被写体が外れてしまった場合でも、即座にフォーカスを合わせます。動きの激しい写真を撮りたい方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M1 Mark II

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M1 Mark II

小型で軽量なボディながら高性能なミラーレス一眼。AF/AE追従機能だと最高18コマ/秒、固定機能だと最高60コマ/秒の高速連写撮影ができます。最高フレームレートが120fps、タイムラグ0.005秒と滑らかで遅れのないファインダーにより、動く被写体を逃がさず狙った瞬間を映し出せるのが魅力です。

また、高速AFを活かすためのオールターゲット・シングルターゲット・スモールAFターゲット・5点グループターゲット・9点グループターゲット機能を搭載。最小限の操作でAFターゲットが変更できるため、瞬時に被写体に合わせたモードで撮影できます。タイムラグのない快適に使えるモデルを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7 Ⅲ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7 Ⅲ

有効画素数約2420万画素で、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載したミラーレス一眼カメラ。最高約10コマ/秒高速連写が可能で、動画撮影時には最高120fpsのハイフレームレートを選択できます。

また、撮影した画像はグループごとにインデックス表示されるなど、利便性に優れているのもポイント。撮影した場所で、すぐに写真の判別や削除ができます。

さらに、無音で無振動の電子シャッターを使用したサイレント撮影に対応しているのも魅力。高解像度の作品作りはもちろん、音に敏感な動物を撮りたい場合などで重宝します。本格的なミラーレス一眼レフカメラを求めている方におすすめです。

▼撮影イメージ

ハイスピードカメラのおすすめモデル|コンデジ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

高速性と追随性に優れた像面位相差AF方式と、高精度なコントラストAF方式を併用したファストハイブリッドAFを搭載したハイスピードカメラです。0.03秒の高速AFを実現しているのが特徴。望遠撮影のときでも動く被写体の決定的な瞬間を撮影できます。

また、画像処理エンジン「BIONZ X」と、それをサポートする「フロントエンドLSI」により、1秒間に約24コマの高速連写を実現。バッファメモリの大容量化によって、最大249枚まで連続撮影が可能です。

イメージセンサーは、撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差AFセンサーを配置することで、ピントを合わせるのが難しい小さな被写体や、素早く動く被写体にも広範囲でピントを調節できます。決定的な瞬間をより確実に捉えたい方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

最高約90コマ/秒で撮影できる超ハイスピードコンデジです。最大60回/秒のAF/AE演算処理により、動きが俊敏で複雑な被写体にも高精度な追随が可能。大切なシャッターチャンスを逃すことなく撮影できます。

新開発の積層型CMOSセンサーと、画像処理エンジンにBIONZ Xの搭載により高解像度と低ノイズを両立。また、広角から望遠までさまざまな撮影をカバーするツァイス バリオ・ゾナーTを採用しているのもポイントです。

さらに、小型なので鞄だけでなく、ポケットに入れて持ち運べるのも魅力。価格はやや高めながらも、多くの方から支持を集める1台です。

▼撮影イメージ

カシオ(CASIO) デジタルカメラ EXILIM EX-100F

カシオ(CASIO) デジタルカメラ EXILIM EX-100F

ワンシャッターで最高60枚/秒で高速連写ができるハイスピードコンデジです。画像処理エンジンには高速でデジタル処理が可能な「EXILIMエンジンHS Ver.3 ADVANCE」を搭載。低ノイズかつ高画質の画像が撮影できます。

本体背面には、チルト式の高精細3.5型大画面の液晶モニターを採用。液晶画面が見やすく画面が大きいため、各種パラメーターを確認しながらの操作も可能です。

また1000fpsのハイスピード動画撮影をしたり、フラッシュを使用せずに綺麗な夜景を手軽に撮影したりと、便利な機能も搭載されています。ハイスピードコンデジでの撮影を気軽に始めてみたい方におすすめの1台です。

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ LUMIX DC-TZ95

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ LUMIX DC-TZ95

最高30コマ/秒で高速連写撮影が可能なハイスピードコンデジです。動き回る被写体に対しても、決定的なチャンスを逃すことなく高画質撮影が可能。撮影した画像は、A3相当サイズまで引き伸ばせます。

4Kプリ連写機能を使うとシャッターを押した前後約1秒を連写撮影し、全60コマのなかからベストな1枚を選択できるのも魅力。また、被写体の動きや顔を自動的に検知し、ファイルにマーキングを施すオートマーキング機能も手間が省けて便利です。

連写した複数の画像を1つの画像として合成するといった珍しい機能を搭載しているのもポイント。コンパクトながらさまざまな機能が盛り沢山の1台です。

▼撮影イメージ