SNSの普及によって、より身近になった写真撮影。最近はスマホのカメラ性能が向上しているため、手軽かつキレイに撮影できるようになりましたが、シーン別の対応能力においては、デジタルカメラの方がワンランク上の撮影が可能です。特に夜景撮影においてその差は大きく、感度の違いがポイントになります。

そこで今回は、夜景に強いデジタルカメラをピックアップ。コンデジ・ミラーレス・一眼レフに分けて、それぞれおすすめ製品をご紹介するので、購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

夜景撮影に強いデジタルカメラの特徴

写真を撮るには明るさが必要です。室内なら暗くてもフラッシュで明るさを補えばきれいに撮影ができます。しかし、夜景を撮影する場合は被写体までの距離があるので、フラッシュの効果がありません。フラッシュの光では明るくできる範囲が限られています。

夜景撮影に強いデジタルカメラは、光を捉える能力が高いという特徴があります。カメラの「ISO感度」と呼ばれる数値が高く、暗いシーンでもきれいに写すことが可能です。

夜景を撮影するなら、レンズの性能にも着目しましょう。「F値」で表される明るさを示す指標があり、値が小さいほどレンズは明るく、夜景の撮影に適しています。

夜景撮影に強いデジタルカメラの選び方

ISO感度が高い

一般的にデジタルカメラのオートモードでスナップ写真を撮るときのISO感度は、100~400が目安になります。この値は被写体の明るさによって変化し、暗い場所を撮影するときの値は大きくなります。

機種によって設定できるISOの最大値は決められており、デジタル一眼レフカメラの高級機になると通常のISO感度を25600以上に設定可能。夜景を撮影するなら、ISO感度が高く設定できるデジタルカメラを選びましょう。

レンズが明るい

夜景撮影ではレンズの性能も重要です。レンズが明るければ速いシャッタースピードに設定でき、三脚を使用できない場所での撮影でも手ブレを減らせます。レンズ交換式のデジタルカメラを選ぶ際には、できるだけF値が小さくて明るいレンズを組み合わせるのがおすすめ。なお、コンデジの場合はレンズ一体型なので、搭載されているレンズのF値を確認しておきましょう。

マニュアル操作が可能

デジタルカメラの撮影ではオート設定するのが最も手軽ですが、その状態で夜景を撮影すると、きれいな写真が撮れないことがあります。その場合はマニュアル操作をチェック。例えば、手ブレがひどい場合はとりあえずISO感度を上げてみるのがおすすめです。

ほかにも、シャッタースピードを変えたり、レンズのF値を変えたりするだけでも写真に変化があらわれるので、写真撮影自体に慣れてきたら、さまざまな設定変更にもトライしてみましょう。

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|コンデジ

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M5A

暗いシーンでも高画質な写真が撮影ができる、ポケットサイズの高級コンデジです。重さ約299gの軽量ボディには、スマホカメラと比べて4倍も大きな1型のイメージセンサーを搭載。メモリ一体型の積層構造を採用することで、優れた高速処理性能を持つので、最高感度のISO 12800でもノイズの少ない美しい夜景を撮影できます。

ドイツの老舗レンズメーカー「カールツァイス」と共同開発した、24-70mm F1.8-2.8の大口径標準ズームレンズを搭載。広角から中望遠まで全域で明るい開放F値が得られるので、夕方や夜間の撮影でも重宝します。

動く被写体への対応力も優秀。画面の広い範囲をカバーする高速な像面位相差AFと最高約24コマ/秒の超高速連写で、夜間のスポーツなどもしっかり切り取れます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G5 X Mark II

幅広いカバー画角で、旅行の撮影にも重宝する高級コンデジです。重さ約340gの軽量コンパクトなボディには、積層構造を採用する1型のイメージセンサーを搭載。進化した高速処理性能によって最高感度のISO 12800でも鮮明で美しい写真を撮影できます。

ポップアップ式の電子ファインダーを搭載するので、ナイトクラブなど光が乱反射するシーンでも簡単に構図の確認が可能。また、高精度な手ブレ補正機能の「デュアルセンシングIS」も搭載しているため、暗闇でも安定した撮影ができます。

5倍のズーム倍率を持つ24-120mm F1.8-2.8の大口径高倍率ズームレンズを搭載。広角から中望遠まで幅広い画角をカバーし、優れたマクロ撮影機能も備えているので、旅先で出会うさまざまな被写体にも柔軟に対応できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

一眼カメラと同等以上の夜景撮影が楽しめる高級コンデジです。重さ約399gの軽量ボディには、ミラーレス一眼にも採用される大型のAPS-Cセンサーを搭載。一般的なコンデジとは別格の暗所耐性を持ち、常用感度も最高ISO 25600まで使用できるので、本格的な夜景写真の作品撮りにも対応できます。

高感度センサーと画像処理エンジンが連携する「HS SYSTEM」によって、高感度撮影時のノイズも効果的に低減。また、「デュアルピクセルCMOS AF」により、暗いシーンでも高速・高精度なピント合わせができるのも特徴です。

使用頻度の高い画角をカバーする24-72mm F2.8-5.6の標準ズームレンズを搭載。広角端の24mmで開放F2.8の明るさが得られるので、目の前に広がる夜景を高画質で丸ごと切り取れます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-6

暗い深海でも高画質な写真が撮影できる、防水コンパクトデジタルカメラです。防塵、防水15m、落下耐性2.1m、耐低温-10℃などの強力なタフネス性能を搭載。加えて、専用の防水プロテクターを装着すれば水深45mまで潜れるので、川辺でのアウトドアはもちろん本格的なダイビングでも撮影が楽しめます。

裏面照射型センサーを採用することで小さいながらもISO 12800の好感度を実現。また、25-100mm F2-4.9の4倍ズームを搭載しており、広角側で明るい開放F値が得られるので、通常の夜景撮影でも十分にきれいな写真が撮れます。

水中撮影機能が充実しているのも特徴。ホワイトバランスが水中特有の青かぶりを最適に補正してくれるほか、「水中マクロ」や「水中ワイド」などの簡単に水中写真が楽しめる専用撮影モードが搭載されています。

▼撮影イメージ

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|ミラーレス

キヤノン(Canon) EOS Kiss M

手頃な価格で初心者やファミリー層から人気のミラーレス一眼カメラです。スマホカメラに採用されているイメージセンサーと比較して、約13倍も大きなAPS-Cセンサーを搭載。高性能な画像処理エンジンとの組み合わせで、ノイズの少ないクリアで高精細な夜景が撮れます。

初心者に優しい操作性も特徴。オートモードが充実しているほか、各撮影モードの効果を作例写真やイラストで視覚的に表示できる「ビジュアルガイド」や、モニターのスライド操作で背景ボケ・明るさ・鮮やかさを直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」などの機能も搭載しています。

AF(オートフォーカス)の性能も優秀。高速・高精度な「デュアルピクセルCMOS AF」を使えば、夜間のスナップ撮影も確実なピントで楽しめます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) Z 50

小型・軽量ながら優れた暗所撮影性能を備えたミラーレス一眼カメラです。簡単に持ち運べる重さ約450gのボディに新開発のAPS-Cセンサーを搭載。ハイエンドモデルにも搭載される最新の画像処理エンジンと連携させることで、最高でISO 51200の常用感度を実現しています。

暗闇にも強いAF性能も特徴。「ローライトAF」を搭載するので、夜間で星明かりしかないような状況でもAFの使用が可能です。また、AFシステムに「ハイブリッドAF」を採用しているので、動く被写体も高い確率で捕捉できます。

写真や動画に特殊効果を付加できる「スペシャルエフェクトモード」も搭載。「ナイトビジョン」を使えば、暗闇でも暗視カメラのように動物など被写体の形をしっかりと記録できます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X-A7

夜景の撮影で活躍する、おしゃれなミラーレス一眼カメラです。シンプルでかわいらしいデザインが女性を中心に人気。重さ約320gの軽量コンパクトなボディには自由に動かせるバリアングルモニターも搭載しているので、自撮りも手軽に楽しめます。

APS-Cセンサーに電気抵抗の少ない銅配線を採用したことで、常用最高感度のISO 12800でもノイズの少ない夜景撮影が可能。また、暗いシーンでも正確にピント合わせができるほか、「スーパーiフラッシュ」を使えば暗いパーティー会場でも料理や記念写真が程よい明るさで撮影できます。

スマホに近い直感的な操作性も魅力。専門的なカメラ操作の知識がなくても、色合いや明るさ、背景ボケなどがモニター上でのタッチ・スライド操作で簡単に調節できます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M5 Mark III

手持ちでも本格的な夜景写真が撮影できる、ミラーレス一眼カメラです。最大約5.5段分の補正効果が得られる強力な5軸ボディ内手ブレ補正機能を搭載。夜間でも1秒を超える超低速シャッターが手持ちでほとんどブレずに使えるので、三脚に頼らなくても鮮明で高画質な夜景が撮影できます。

高度な夜景撮影のテクニックが手軽に使えるサポート機能も搭載。「ライブコンポジット 」を使えば、モニターで露光状況を見ながらバランスの取れた明るさで暗所撮影ができます。三脚の使用が推奨ですが、車や船の光跡・星空・花火を簡単に撮影可能です。

重さ約414gの軽量コンパクトなボディには、スマホカメラと比べて約8倍の面積を持つフォーサーズセンサーを搭載。加えて、防塵・防滴・耐低温に優れたタフネス性能を有しているので、アウトドアシーンでの使用にもおすすめです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α6400

夜景の写真も動画も高画質に撮影できるミラーレス一眼カメラです。重さ約403gの小型・軽量ボディには銅配線を採用した新型のAPS-Cセンサーを搭載。また、暗いシーンでも十分な光量が確保できるように設計されており、常用で最高ISO 32000の好感度が使用できます。

被写体を追いかけて確実にピントを合わせ続ける「リアルトラッキング」機能もポイント。月明かりの下でもAFが使用できるので、夜間スナップの撮影でも活躍します。また、「リアルタイム瞳AF」では、構図を変えても人物や動物の瞳にピントを合わせ続けるため、動く子供やペットの撮影にもおすすめです。

上方向に180°回転できるチルトモニターを搭載しているので自撮りも簡単。加えて、プロユースの4K HDR動画が撮影できるのも魅力です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7S II

最高クラスの暗所撮影性能を誇る、ミラーレス一眼カメラです。重さ約627gのボディには、スマホカメラの約30倍にもなる巨大なフルサイズセンサーを搭載。高感度性能重視の設計のため、画素数は約1220万と控えめですが、他を圧倒する優れた高感度画質を持っています。

常用時の最高感度ISO 102400はもちろん、拡張時の最高感度ISO 409600でも実用に足りる暗所画質が得られるのが特徴。夜景のほか、夜間スナップや祭り、星空撮影でも余裕で活躍します。

最高4.5段分の補正効果が得られる、5軸ボディ内手ブレ補正機能も搭載。高感度性能と組み合わせることで、肉眼では被写体を完璧に視認できないような暗闇のなかでも撮影に挑戦できます。また、本格的な4K動画の撮影も可能です。

▼撮影イメージ

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|一眼レフ

ニコン(Nikon) D7500

本格的な夜景の作品撮りが軽快に楽しめる、一眼レフカメラです。取り回しにやすい重さ約720gのボディには、フラッグシップモデルのD500にも採用された、高画質なAPS-Cセンサーと画像処理エンジンを搭載。常用感度が最高ISO 51200まで使えるので、暗い場所でも撮影に挑戦できます。

暗闇をものともしないAF性能も特徴。画面の広範囲をカバーする「51点AFシステム」は、おぼろ月夜程度の明るさしかない状況でも駆動するので、室内スポーツや夜間スナップの撮影でも快速なAF撮影が楽しめます。

「ナイトビジョン」などを含む特殊効果付加機能の「スペシャルエフェクトモード」も搭載。また、本格的な4K動画の撮影も可能です。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) PENTAX K-70

夜キャンプや星空の撮影を楽しみたい方におすすめの一眼レフカメラです。重さ約628gの軽量ボディは防塵・防滴・耐低温に優れたタフネス性能を完備。水辺を移動したり、急な雨に見舞われたりすることもあるアウトドアシーンの撮影で重宝します。

暗所耐性に余裕のあるAPS-Cセンサーを内蔵。さらに、アクセラレーターユニットによって高感度性能が大幅に向上しているので、安いエントリーモデルにも関わらずISO 102400の超高感度が使用できます。ランタンの明かりだけしかないような状況でも高画質な撮影が可能です。

最高4.5段分の補正効果が得られる、ボディ内手ブレ補正機能も搭載。また、別売のGPSユニットを装着すれば、高価な赤道儀がなくても、星などの軌跡を描く天体追尾撮影が手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ