SNSの普及によって、より身近になった写真撮影。最近はスマホのカメラ性能が向上したことによって、手軽かつキレイに撮影できるようになりましたが、シーン別の対応能力においては、まだまだデジタルカメラに軍配が上がります。特に夜景撮影においてはその差が大きく、感度の違いがポイントとなります。

そこで今回は夜景に強いデジタルカメラをピックアップ。コンデジ・ミラーレス・一眼レフに分けて、それぞれおすすめ製品をご紹介するので、購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

夜景撮影に強いデジタルカメラの特徴

写真を撮るには明るさが必要です。室内なら暗くてもフラッシュで明るさを補えばキレイに撮影ができます。しかし、夜景を撮影する場合は被写体までの距離があるので、フラッシュの効果がありません。フラッシュの光では明るくできる範囲が限られています。

夜景撮影に強いデジタルカメラは、光を捉える能力が高いという特徴があります。カメラの「ISO感度」と呼ばれる数値が高く、暗いシーンでもキレイに写すことが可能です。

夜景を撮影するなら、レンズの性能にも着目しましょう。「F値」で表される明るさを示す指標があり、値が小さいほどレンズは明るく、夜景の撮影に適しています。

夜景撮影に強いデジタルカメラの選び方

ISO感度が高い

一般的にデジタルカメラのオートモードでスナップ写真を撮るときのISO感度は100~400が目安になります。この値は被写体の明るさによって変化し、暗い場所を撮影するときの値は大きくなります。

機種によって設定できるISOの最大値は決められていて、デジタル一眼レフカメラの高級機になればISO感度を25600以上にすることも可能。夜景を撮影するならば、ISO感度が高く設定できるデジタルカメラを選びましょう。

レンズが明るい

夜景撮影ではレンズの性能も重要です。レンズが明るければ速いシャッタースピードに設定でき、三脚を使用できない場所での撮影でも手ブレを減らせます。レンズ交換式のデジタルカメラを選ぶ際には、できるだけF値が小さくて明るいレンズを組み合わせたいところ。なお、コンデジの場合はレンズ一体型なので、搭載されているレンズのF値を確認しておくことをおすすめします。

マニュアル操作が可能

デジタルカメラの撮影ではオート設定するのがもっとも手軽ですが、その状態で夜景と撮影すると、やや不満が残る写真に仕上がることが多々あります。その場合はマニュアル操作をチェック。例えば、手ブレがひどい場合はとりあえずISO感度を上げてみるのがおすすめです。

ほかにも、シャッタースピードを変えたり、レンズのF値を変えたりするだけでも写真に変化があらわれるので、写真撮影自体に慣れてきたら、いろいろと設定変更にもトライしてみましょう。

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|コンデジ

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G7 X Mark II

高感度で撮影しても解像感が落ちない映像エンジン「DIGIC 7」を搭載したデジタルカメラ。ノイズリダクション処理により、被写体のエッジ部周辺のノイズをしっかりと低減させることができるのが特徴です。

さらに、手ブレの量を画像情報から判断して、高精度な光学手ブレ補正を行うのもポイント。夜景の撮影ではシャッタースピードを落とすことがありますが、手持ちで撮影をしても比較的安心して対応することができます。

レンズは広角から望遠までカバーする、24-100mmの光学4.2倍ズームを搭載。F値は1.8〜2.8と大口径で明るく、夜景の撮影の手助けとなります。ISOの上限は12800と暗い被写体も十分カバー。サイズは約10.5×6.1×4.2cmと持ち運びにも便利なおすすめのデジタルカメラです。

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G9 X Mark II

約206g、薄さも約3.1cmのデジタルカメラ。カバンに入れてもストレスにならないボディサイズが特徴です。薄くても焦点距離が28-84mmの光学3倍ズームを搭載し、F値が2-4.9の大口径レンズなので、光の量が少ない室内や夜景の撮影に適しています。

ISO感度の上限は12800。暗いシーンでも余裕を持ったシャッタースピードの設定が可能です。被写体は大きな液晶パネルで確認が容易にできるほか、各種の操作もタッチパネル方式で直感的にでき、スマホの操作と同じように2本指を使ったマルチタッチ操作にも対応。液晶パネルでピント合わせからそのままシャッターも切れて便利です。

また、カメラ自体の起動が約1.1秒とスピーディなのもポイント。夜景はもちろん、あらゆるシーンにストレスなく対応できるデジタルカメラを探している方におすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルカメラ X100F

色調や階調が異なるパターンを全部で15種類用意した「フィルムシミュレーション」が特徴のデジタルカメラ。鮮やかに原色を再現する「ビビッド」やウォーム調にレトロな雰囲気を出す「セピア」などが揃っており、写真撮影で表現方法を広げたいという方におすすめの機能です。

撮影感度はISOの上限が標準で12800、拡張モードで51200と夜景の撮影にも適しています。35mmの単焦点レンズは開放F値がF2と明るい大口径で、暗い場所での撮影にも効果を発揮。ズーム機能はありませんが、デジタルテレコンバーターを設定すれば50mmと70mmに相当する画角での撮影ができます。夜景のシーンでさまざまな表現をしたいという方におすすめのデジタルカメラです。

オリンパス(OLYMPUS) デジタルカメラ Tough TG-5

防水、防塵、耐衝撃の機能を備えたデジタルカメラ。気兼ねなく使えるタフなモデルを求めている方におすすめです。

レンズには使い勝手のよい焦点距離が25-100mmの光学4倍ズームを搭載。F2の明るい大口径レンズなので、夜景の撮影もしっかりカバーできます。レンズの能力を最大限に引き出すために、高速で高感度なCMOSイメージセンサーと、フラッグシップモデルのミラーレス一眼カメラと同じ画像処理エンジンTruePic VIIIを搭載しているのも魅力です。

デジタルカメラで星の撮影ができるライブコンポジット機能を搭載しているのもポイント。被写体の明るい部分だけを抽出して1枚の画像に合成する機能で、三脚を用いれば星の光跡などもしっかり撮影することができます。

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M5

高性能コンデジとして定評のあるデジタルカメラ。0.05秒と高速なオートフォーカスに対応できるのが特徴で、使い勝手が良好なモデルです。

撮像エリアの範囲に315点のAFセンサーを配置。小さな被写体でもしっかりとピントを合わせることができます。搭載されたレンズは24-70mmの広角ズームで、明るさはF1.8-2.8の大口径。ISO感度の上限は12800で、あらゆるシーンにしっかり対応できます。

撮影シーンに合わせて13種類の設定ができる「クリエイティブスタイル」の機能があり、「夜景」モードも搭載。1度シャッターボタンを押すと最大で6枚を連続で撮影して、写真を1枚に重ね合わせて手ブレやノイズを低減して鮮明に撮影できます。昼間は動く被写体の撮影をして、夜は夜景やイルミネーションを撮りたいという方におすすめ。ハイエンドなコンパクトデジタルカメラです。

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

Cyber-shotシリーズで25倍の光学ズームを搭載したデジタルカメラです。F値は2.4〜4.0で、焦点距離が24-600mmという超高倍率で広角から望遠まで幅広い撮影範囲をカバー。レンズ交換はできませんが、これ1台でさまざまなシーンに対応できます。

ISO感度の上限は12800で暗い被写体にも対応。シーンセレクション機能では「夜景」や「手持ち夜景」、「夜景ポートレート」を設定できるので、夜景だけでもさまざまな表現方法が楽しめるのもポイントです。

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX B700

広角から超望遠までカバーしたいという方におすすめのデジタルカメラ。重さは約570gと軽量で、普段の持ち歩きや旅行時に携帯したりする際におすすめのデジタルカメラです。

焦点距離が24-1440mmと60倍の光学ズームを搭載しているのもポイント。夜景の撮影には「夜撮りキレイテクノロジー」の機能を搭載しています。夜景をキレイに描写できる「高感度CMOSセンサー」により、最高感度のISO3200でもノイズは低め。「夜景」モードに設定するだけで、手ブレやノイズを自動連写合成で低減して鮮明な写真を撮影できます。

夜景をバックに人物を撮影するときは「夜景ポートレート」モードが便利。高機能でありながら価格は4万円前後と比較的リーズナブルなので、コスパ良好のデジタルカメラを探している方におすすめです。

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|ミラーレス

ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ α7 III ILCE-7M3K 28-70mmズームレンズキット

人気のミラーレス一眼カメラ。本製品はレンズキット仕様で、28-70mmの標準レンズが付属したタイプです。ISO感度の上限は51200と超高感度まで用意されていて、夜景撮影の表現方法も広がります。

手ブレの補正には高精度なユニットとジャイロセンサーを搭載。縦方向と横方向の角度ブレ、上下と左右のシフトブレ、そして回転ブレの5軸でブレを検出して補正します。

撮影した画像はWi-Fi接続によってワンタッチでガジェットに転送が可能。キレイな夜景が撮れたらすぐにSNSに公開できます。使い勝手のよいミラーレス一眼カメラを求めている方におすすめの1台です。

ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ α6000 ILCE-6000L 16-50mmズームレンズキット

ミラーレス一眼カメラのロングセラーモデル。本体重量は約285gで、レンズを合わせても約400gと軽量コンパクトなのが特徴です。

ISO感度の上限は25600と高感度。光量の少ない夜景でも、ノイズを少なくしてエッジや輪郭部のシャープさを保ちます。高速シャッターにも対応できるので、手持ち撮影しても手ブレの影響を最小限にすることが可能。気軽に使えるミラーレス一眼カメラを探している方におすすめです。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS Kiss M 15-45mmズームレンズキット

人気のEOS Kissシリーズのミラーレス一眼カメラです。普段から肩にかけて気軽な写真撮影に向いています。ISO感度は最大で25600まであり、夜景撮影にも適した高感度です。

「手持ち夜景」モードもあり、初めて夜景を撮る方でも安心。専用アプリ「Camera Connect」を使えば、撮影した写真をWi-Fiで自動送信できます。高機能でありながら操作方法がわかりやすく、使い勝手も良好。ミラーレスに限らず、初めてデジタルカメラの購入を検討している方におすすめです。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ M100 15-45mmズームレンズキット

コンパクトなボディのミラーレス一眼カメラ。サイズは約10.8×6.7×3.5cmと小さく、重さも本体が約302gで、15-45mmの標準ズームレンズを合わせても約430gと軽量。カバンに入れて持ち歩けるミラーレス一眼カメラを探している方におすすめです。

ボディは小さいですが、ISO感度の上限が25600なので夜景撮影にも十分に対応することが可能。本製品は液晶画面のタッチ操作に対応しており、画面に触れればピントが合ってそのままシャッターが切れます。予算が5万円前後であれば候補として挙がる、おすすめ機種です。

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500 18-140mm ズームレンズキット

夜景撮影に定評があるニコンのデジタル一眼レフカメラ。なかでも本製品は中級者向けとして位置付けられるモデルです。ボディが強度や剛性を保ちながら軽量化され、本体が約720gと一眼レフカメラとしては持ち歩きやすくなっています。

ISO感度は100~51200と広い範囲をカバーし、日中のスナップショットから夜景までさまざまなシーンをキレイに撮影できます。一般的に高感度域では写真にノイズが出やすくなりますが、高性能な画像処理エンジン「EXPEED 5」と「CMOSセンサー」の採用によって仕上がりはシャープ。夜景や星空も鮮明に撮影できるおすすめの1台です。

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ K-70 DA18-135mm ズームレンズキット

夜景に適したお手頃価格のデジタル一眼レフカメラ。レンズキットでも10万円以下で購入できるのが魅力の製品です。リーズナブルな価格帯ですが、ISO感度の上限が102400と超高感度。ボディは防塵と防滴構造がされて耐久性も良好です。

「バルブタイマー機能」を搭載しているので、天体や花火の撮影にも便利。アクティブなシーンにもしっかり対応できるデジタルカメラを求めている方におすすめです。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D 18-135mmズームレンズキット

初心者から中級者まで幅広い層に人気があるデジタル一眼レフカメラ。多機能ですが、操作はタッチパネル式の3.0型液晶パネルで行えるのは便利なポイントです。

ISO感度は最大で25600あり、暗いシーンまで対応。「夜景ポートレート」と「手持ち夜景」のモードが設定できるので、カメラに詳しくない方でも簡単にキレイな夜景が撮影できます。

本製品に付属するレンズは18-135mmと7.5倍のズームで、広角から中望遠まで便利に使えます。汎用性の高いデジタルカメラを求めている方におすすめのロングセラーモデルです。