SNSの普及によって、より身近になった写真撮影。最近はスマホのカメラ性能が向上しているため、手軽かつキレイに撮影できるようになりましたが、シーン別の対応能力においては、デジタルカメラの方がワンランク上の撮影が可能です。特に夜景撮影においてその差は大きく、感度の違いがポイントになります。

そこで今回は、夜景に強いデジタルカメラをピックアップ。コンデジ・ミラーレス・一眼レフに分けて、それぞれおすすめ製品をご紹介するので、購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

夜景撮影に強いデジタルカメラの特徴

写真を撮るには明るさが必要です。室内なら暗くてもフラッシュで明るさを補えばきれいに撮影ができます。しかし、夜景を撮影する場合は被写体までの距離があるので、フラッシュの効果がありません。フラッシュの光では明るくできる範囲が限られています。

夜景撮影に強いデジタルカメラは、光を捉える能力が高いという特徴があります。カメラの「ISO感度」と呼ばれる数値が高く、暗いシーンでもきれいに写すことが可能です。

夜景を撮影するなら、レンズの性能にも着目しましょう。「F値」で表される明るさを示す指標があり、値が小さいほどレンズは明るく、夜景の撮影に適しています。

夜景撮影に強いデジタルカメラの選び方

ISO感度が高い

一般的にデジタルカメラのオートモードでスナップ写真を撮るときのISO感度は100~400が目安になります。この値は被写体の明るさによって変化し、暗い場所を撮影するときの値は大きくなります。

機種によって設定できるISOの最大値は決められていて、デジタル一眼レフカメラの高級機になると通常のISO感度を25600以上にすることも可能。夜景を撮影するならば、ISO感度が高く設定できるデジタルカメラを選びましょう。

レンズが明るい

夜景撮影ではレンズの性能も重要です。レンズが明るければ速いシャッタースピードに設定でき、三脚を使用できない場所での撮影でも手ブレを減らせます。レンズ交換式のデジタルカメラを選ぶ際には、できるだけF値が小さくて明るいレンズを組み合わせるのがおすすめ。なお、コンデジの場合はレンズ一体型なので、搭載されているレンズのF値を確認しておくことをおすすめします。

マニュアル操作が可能

デジタルカメラの撮影ではオート設定するのがもっとも手軽ですが、その状態で夜景を撮影すると、きれいな写真が撮れないことがあります。その場合はマニュアル操作をチェック。例えば、手ブレがひどい場合はとりあえずISO感度を上げてみるのがおすすめです。

ほかにも、シャッタースピードを変えたり、レンズのF値を変えたりするだけでも写真に変化があらわれるので、写真撮影自体に慣れてきたら、いろいろな設定変更にもトライしてみましょう。

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|コンデジ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-RX100M6

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-RX100M6

人気のコンパクトデジタルカメラ。RX100シリーズは高画質コンデジを代表するモデルですが、本製品の「M6」はコンパクトながら高性能と評判のアイテムです。

コンデジのセンサーサイズとしては大きめの1型CMOSを採用。レンズの焦点距離は24~200mm、F値は2.8~4.5、光学ズームは8倍と、広角から望遠までしっかりカバーできます。

有効画素数は2010万、通常のISO感度は最大12800。夜景シーンの撮影にもしっかり対応できます。動く被写体を捉えるAFにはミラーレス一眼で培った技術を投入しており、連写も最高約24コマ/秒とかなり高速です。撮影満足度の高いコンデジを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) GR Ⅲ

リコー(RICOH) GR Ⅲ

シンプル仕様のコンパクトデジタルカメラ。小型かつ軽量でありながら、イメージセンサーに一眼レフやミラーレスに搭載されるAPS-Cを採用したモデルです。

本機「GR Ⅲ」は2015年発売の「GR II」から約4年ぶりに登場する後継機で、有効画素数、ISO感度が向上。有効画素数は2424万、通常のISO感度は最大102400と、夜景シーンの撮影にも十分対応できます。

レンズの焦点距離は18.3mm(35mm判換算で28mm相当)の単焦点レンズを搭載しており、開放F値は2.8。撮影距離範囲が短くなったのもポイントで、標準は約10cmから、マクロモードは約6mmからと、被写体に寄った撮影も可能です。液晶モニターがタッチパネル対応になり、使い勝手も向上。スマホカメラよりもレベルの高い撮影をしたい方におすすめのアイテムです。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) XF10

富士フイルム(FUJIFILM) XF10

コンパクトデジタルカメラでありながら、イメージセンサーに一眼レフやミラーレスに搭載されるAPS-Cを採用したモデル。レンズの焦点距離は18.5mm(35mm判換算で28mm相当)の単焦点レンズを搭載しており、F値は2.8です。

有効画素数は2424万、通常のISO感度は最大12800。シンプルなボタン配置とダイヤルによる操作で、オールドカメラのようなアナログの使用感を楽しめます。

そのほか、色調や階調のコントロールを行う「フィルムシミュレーション」機能を搭載。いくつかモードがあり、そのなかでも「Velvia」は黒の締まりがしっかり感じられる夜景撮影ができます。また、「セピア」は写真全体が茶色になり、レトロな雰囲気に仕上がります。手軽に持ち歩けるAPS-C機を探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-LX100M2

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-LX100M2

イメージセンサーにマイクロフォーサーズ規格を採用したコンパクトデジタルカメラ。レンズの焦点距離は24~75mmで、光学3.1倍ズームに対応しており、F値は1.7〜2.8。明るい大口径レンズを採用しているので、夜景撮影においても、高速シャッターで被写体の動きを捉え、手ブレを抑えた撮影ができます。

有効画素数は1700万、通常のISO感度は最大25600。4K/30pの動画撮影が可能なほか、秒間30コマ連写で決定的瞬間を約800万画素の写真に残すことができる「4Kフォト」モードにも対応しています。

同社のミラーレス一眼カメラで採用されている、ローパスフィルターレスの4/3型の高感度MOSセンサーを搭載。デジタル一眼カメラと同等の高画質撮影をコンデジでも楽しめるおすすめの1台です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ1000M2

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ1000M2

一眼レフのようなコンパクトな見た目のレンズ一体型のデジタルカメラ。センサーサイズは1型MOSで、有効画素数は2010万画素、通常のISO感度は最大12800と、高画質かつ高感度な撮影ができます。

それでありながら、レンズの焦点距離は25~400で、F値は2.8~4。光学ズームは16倍に対応と、レンズ交換せずともしっかりと望遠撮影ができるのが特徴です。

なお、望遠撮影で被写体を見失った際は、ワンボタンでズームアウトして被写体を素早く見つけられる「ズームバック機能」が便利。特に夜景での撮影では被写体を探す手間が省けるので、重宝します。

また、モニターはフリーアングルタッチパネル液晶に対応しています。スマホ感覚で操作できるうえ、ハイアングルからローアングル、自撮りに至るまでスムーズにモニターの角度を調節できます。一眼レフやミラーレス並の画質クオリティながら、レンズ交換不要で望遠撮影ができるおすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|ミラーレス

ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ α7 III 28-70mmズームレンズキット ILCE-7M3K

ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ α7 III 28-70mmズームレンズキット ILCE-7M3K

ミラーレス市場を牽引するソニーのフルサイズ機。αシリーズとしては3代目となるモデルで、有効画素数は約2420万、通常のISO感度は最大51200となっています。

本機は充実したAF性能に加えて、人物写真においては瞳にピントを合わせ続けて撮影できる「瞳AF」が便利。フルサイズ機全体で見ても家族撮影やポートレートにおすすめの機種です。

さらに、被写体を追従する機能も優れているため、スポーツシーンでも活躍。高感度なので、夜景などでもポテンシャルを損なうことなく高画質な撮影ができます。完成度の高いデジタル一眼カメラを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX 標準ズームSレンズキット DC-S1

パナソニック(Panasonic) LUMIX 標準ズームSレンズキット DC-S1

パナソニック初のフルサイズミラーレス一眼として注目されている「DC-S1」。有効画素数は約2420万、通常のISO感度は最大51200と高いスペックを有しているほか、4K/60pの動画撮影に対応しているのが特徴です。

高画素イメージセンサーとそれに対応する高性能エンジンを搭載しており、撮影クオリティはハイレベル。被写体に合わせて適切な画像処理を行う「インテリジェントディテール処理」や、細かい模様などが写り込んでしまう色モアレを除去する「色モアレ抑圧処理性能」なども備わっています。

手ブレ補正機能も優れており、夜景を撮影する際などで起こりうるスローシャッターの状態でもきれいな撮影が可能。動画撮影に関しても従来よりもなめらかで高精細な映像美を記録できます。機能性に優れた、動画撮影もできるモデルを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼 カメラ EOS RP RF35 MACRO IS STM レンズキット

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼 カメラ EOS RP RF35 MACRO IS STM レンズキット

キヤノンのフルサイズミラーレス機「EOS R」に続く、第2弾モデルとして注目されている「EOS RP」。同ジャンルの製品においては、小型かつ軽量のほか、比較的低価格帯でリリースされているのが特徴です。

有効画素数は約2620万、通常のISO感度は最大4000とスペックは十分。シャッタースピードが遅くなる暗部の撮影にもしっかり対応できます。4K動画の撮影も快適で、ISO感度は最大12800に設定することが可能。夜景をクリアかつ高画質で撮影することが可能です。

液晶モニターはバリアングル仕様で、ハイアングルからローアングルまでスムーズに対応できるほか、自撮りも容易。また、タッチパネルに対応しているので、画面上で被写体のピント合わせを調整できたり、画像を確認する際は拡大・縮小したりできるなど、使い勝手も良好です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼 Z6 24-70mm レンズキット

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼 Z6 24-70mm レンズキット

ニコンのフルサイズミラーレス一眼。見た目や操作性は従来の一眼レフと同様の設計を採用しているので、これまで長く一眼レフを使っていた方でもスムーズにミラーレスへ乗り換えることができます。

有効画素数は約2450万、通常のISO感度は最大51200と高感度。夜景シーンでも満足度の高い撮影ができます。大容量データの高速読み出しが可能な裏面照射型CMOSセンサーと、膨大な情報を高速で対応する画像処理エンジン「EXPEED 6」により、連写性能が最高12コマ/秒と優れているのも特徴です。

ボティ内手ブレ補正を搭載しているほか、ファインダーの見映えも良好で快適に使えます。ニコンのデジタルカメラ製品全体を通して見れば中級機に位置してはいますが、それ以上のポテンシャルが感じられるおすすめの1台です。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 ズームレンズXF55-200mmF3.5-4.8セット X-T30

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 ズームレンズXF55-200mmF3.5-4.8セット X-T30

軽量コンパクトなミラーレス一眼カメラ。富士フイルムのデジタルカメラ製品に多く見られるマニュアル操作系のダイヤルを備えており、クラシックなフォルムに仕上がっているのが特徴です。

センサーサイズはAPS-Cで、有効画素数は約2610万、通常のISO感度は最大51200と、小型ながらスペックは高め。気軽に持ち歩いて夜景撮影を楽しみたい方におすすめです。

4K動画撮影も可能。高品質なハイレゾデジタル音質での録音ができるのもポイントです。また、色調表現や階調表現をモード設定で簡単に切り替えられる「フィルムシミュレーション」を従来モデルから継承しつつも、本製品から「ETERNA」が追加。落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが感じられる撮影を静止画や動画で楽しめます。

▼撮影イメージ

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ|一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500 18-140mm ズームレンズキット

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500 18-140mm ズームレンズキット

ニコン一眼レフカメラにおける中級モデル。センサーサイズはAPS-Cで、有効画素数は約2088万、通常のISO感度は最大51200と、夜景を撮影するには十分なスペックを備えています。

4K動画も撮影できるので、旅行時のナイトスポットやアフターパーティーなど、夜のイベントや光量の少ないシーンで動画を撮りたい場合にも便利です。

上下に動くチルト式の液晶モニターを搭載しており、ローアングルやハイアングルからの撮影も可能。トータルバランスに優れたおすすめのデジタルカメラです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ K-1 Mark II 28-105mm ズームレンズキット

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ K-1 Mark II 28-105mm ズームレンズキット

アウトドアシーンで真価を発揮するフルサイズのデジタル一眼レフカメラ。ペンタックス製品に共通する優秀な防塵防滴性能に加え、従来モデルよりも高画質化し、AFの動体追従性が向上しているのが特徴です。

有効画素数は約3640万、通常のISO感度は最大で819200とハイスペック。明部や暗部の階調性も高く、昼夜を問わず、高画質撮影が可能です。

本製品は「リアル・レゾリューション・システムII」を採用しているのもポイント。手持ち撮影時の微小な揺れを利用する技術で、暗いシーンや三脚がないときでも繊細な写真を撮ることができます。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ KP 18-135mm ズームレンズキット

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ KP 18-135mm ズームレンズキット

小型かつ軽量のデジタル一眼レフカメラ。センサーサイズはAPS-Cで、ペンタックスのなかではミドルクラスのモデルです。

有効画素数は約2432万。通常のISO感度は最大で819200とかなり高いスペックを備えているので、しっかりと夜景を撮影できます。特徴としては5軸のボディ内手ぶれ補正機構を採用しているところ。装着したすべてのレンズで手ブレを抑えられるのがポイントです。

グリップ部分には薄型で比較的浅めの「グリップS」が標準装備されていますが、中型の「グリップM」と大型の「グリップL」も別途ラインナップされており、カスタマイズが可能なのも魅力。また、別売りのGPSユニット「O-GPS1」を装着すれば、天体追尾撮影も可能です。価格はレンズセットで10万円台とお手頃。コスパ重視でデジタルカメラを選びたい方にもおすすめの1台です。

▼撮影イメージ