映像で思い出や日常を記録する「Vlog」。映像で記録する分、その場の臨場感を鮮明に残せるため、人気が高まっています。しかし、ひと口にカメラといっても一眼レフ・ミラーレス・デジカメなど種類があるため、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、Vlog用カメラのおすすめモデルをご紹介。カメラの選び方のコツや、それぞれの機種のメリットと特徴もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Vlogとは?

By: amazon.co.jp

Vlogとは、思い出や日常を映像で記録するブログのことです。「video blog(ビデオブログ)」の略称とされています。Vlogはもともと海外発祥の文化で、Vlogを撮影しSNSやYouTubeなどに投稿する方を「Vlogger(ブイロガー)」と呼ぶことも。スマホのカメラからでも始められる手軽さで、注目を集めています。

スマホ1台で撮影・編集・投稿の一連の流れをこなせますが、よりきれいな映像やクリアな音声を残したいなら、本格的なカメラの使用がおすすめ。Vlogは、周りの景色を映したり、自撮りしながら話したりするのが基本の撮影方法です。カメラを選ぶときは、画質やマイクの性能に注目しましょう。

Vlog向けカメラの選び方

Vlog向けカメラの種類をチェック

画質重視の「デジタル一眼レフカメラ」

By: amazon.co.jp

画質を重視し、プロが撮ったような映像を撮影したい方には「デジタル一眼レフカメラ」がおすすめです。画質補正により、自動でクリアかつ鮮やかな映像を撮影できる機種もあるため、初心者でも本格的な映像の撮影が可能。4Kや8Kなど、より高画質な映像の撮影に対応できる機種もあります。

また、レンズや付属品を付け替えることで表現の幅が広がる点も、デジタル一眼レフカメラの特徴です。例えば、広角レンズを使うと人間の視野より広い範囲を撮影でき、ダイナミックな映像に。水面は黒く、植物の葉が白く映る赤外線フィルターを使うと、アーティスティックな映像を撮影できます。

ただし、デジタル一眼レフカメラは重くてかさばるのがネックポイント。荷物は極力少なくし、常にカメラを首にかけるなどして、すぐに撮影できるよう工夫が必要です。

軽くてバランスのよい「ミラーレス一眼カメラ」

By: amazon.co.jp

持ち運びのしやすさと、画質のよさを両立しているのが「ミラーレス一眼カメラ」です。デジタル一眼レフカメラに近い画質を保ちながら、手のひらに収まるサイズなのが魅力。また、デジタル一眼レフカメラと同様、レンズの取り外しができます。旅行や街歩き系のVlogの撮影を考えている方におすすめです。

ただし、対応しているレンズのバリエーションが、デジタル一眼レフカメラより少ない点には注意しましょう。気軽に持ち運びができ、かつ本格的な撮影ができるカメラを探している方はチェックしてみてください。

初心者には扱いやすい「コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)」がおすすめ

By: amazon.co.jp

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと違い、レンズと本体が一体化しているのが特徴の「コンデジ」。撮影するシチュエーションに合わせてレンズを付け替える必要がない分、専門知識が少ない初心者にも扱いやすいのが魅力です。

バッグやジャケット、ズボンのポケットに収まりやすいサイズで、持ち運びしやすいのも嬉しいポイント。キーやダイヤルで操作しやすい作りのため、はじめてカメラを使う方も簡単に使用できます。

臨場感のある映像を撮りたいなら「アクションカメラ」

By: rakuten.co.jp

レジャー・スポーツ・アウトドアなど、臨場感のある映像を取りたい方には、「アクションカメラ」がおすすめです。激しい動きをしてもブレにくく、自転車のヘルメットやハンドル、サーフボードの先端などに取り付けられるのが特徴。臨場感のある撮影を楽しみたい方に適しています。

アクションカメラは、比較的耐久性に優れた製品が多いのがポイント。シーカヤックや釣りなど、水辺で使うときは防水機能も確認しましょう。

画質をチェック

By: olympus-imaging.jp

Vlog用カメラを選ぶときは、fps(フレームレート)の数値のほか、フルHDや4Kに対応しているかどうかを確認しましょう。「fps」とは1秒間に撮影できるコマ数のこと。数値が大きいほど滑らかな映像を撮影できます。日常や料理の様子を撮るなら30fps、アウトドアやスポーツのような動きが多い映像なら60fps以上がおすすめです。

フルHDと4Kの大きな違いは、解像度。フルHDは1920×1080、4Kは3840×2160と、サイズが大きいほど繊細な画像を撮影できるのが魅力です。

FHDと4Kのどちらを選ぶか迷ったときは、想定している動画の撮影時間の長さで選びましょう。4Kはきれいな映像を撮影できる分データ量が多くなるため、PCへの読み込みやアップロードに時間がかかるケースがあります。長時間撮影する方は、FHD対応のカメラを検討してみてください。

マイク入力端子の有無をチェック

By: nikon-image.com

Vlogでは自分が話す声や、周囲の音も撮ることがあります。もちろんカメラ本体にもマイクは付いていますが、よりクリアな音声を撮りたいときは、別売りで外付けのマイクが必要。カメラとマイクをつなぐ差し込み口「マイク入力端子」の有無も要チェックです。

マイクを選ぶときは、「指向性」か「無指向性」と「ステレオマイク」か「モノラルマイク」の2点を確認しましょう。指向性は一方向からの音声を拾うため、自分のトークや料理の調理音を撮るときにぴったり。無指向性は360°全方向の音を拾うため、風や波の音がするダイナミックな映像の撮影におすすめです。

ステレオマイクは左右で違う音を拾うため、演奏会やスタジアムなど臨場感のあるシーンの撮影に向いています。モノラルマイクは左右で同じ音を拾うため、インタビューや自撮りで使ってみてください。

Vlog向けカメラのおすすめ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10 EF-S18-55 IS STM

滑らかな動画を楽しみたい方におすすめ

持ち運びのしやすさが魅力の、キヤノン一眼レフシリーズ「Kiss」の小型モデル。重さが約449gと軽量ながら、フルHDと4Kの両方に対応しています。60fpsで撮影できるため、滑らかな動画を楽しみたい方におすすめです。また、被写体の動きに合わせて自動でピントを合わせられる「動画サーボAF」を搭載しています。

バリアングル液晶モニターを搭載しているため、自撮りしながら画面を確認することも可能。きれいな画質でVlogを楽しみたい方はチェックしてみてください。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D5600

設定やピント合わせも画面をタッチするだけ

タッチパネル式のモニターが付いており、初心者でもスマホ感覚で操作できるニコンのデジタル一眼レフカメラ。設定やピント合わせも画面をタッチするだけで簡単に扱えるのが特徴です。動画を撮影できる時間は30分。フルHD対応です。また、マイク入力端子も付いています。

角度を自由に変えられる「バリアングル画像モニター」搭載で、人ごみの頭越しや足元からなど、いつもとは違う角度から撮影できるのもポイント。アーティスティックなVlogを目指している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) デジタル一眼カメラDC-G100V

街歩きや旅行系のVlogにおすすめ

Vlog撮影のための機能を搭載した、パナソニックのミラーレス一眼カメラです。本体に高音質かつ臨場感あふれる音声が撮れる「OZO Audio by NOKIA」を採用しているのがポイント。約412gと片手でも持てる重さかつ、手ブレの補正力を強化しているため、街歩きや旅行系のVlogに適しています。

レンズキットにはカメラ本体に取り付けられるハンドグリップが付いてくるので、自撮りのしやすさも良好。4K・フルHD・HDに対応しており、最大60fpsまで設定できます。

画素数は約2177万画素、ISO感度は最大25600と、高画質の静止画を撮影できる点も魅力。手軽に本格的なVlog撮影を始めたい方におすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-A5シルバー X-A5LK-S

革調のレトロなデザインがかわいらしい、富士フイルムのミラーレス一眼カメラです。厚さは40.4mmと薄めのため、小さなショルダーバッグでもすっぽりと入ります。持ち運びやすいモデルを探している方におすすめです。

動画は最大で30分撮影可能。4K・フルHD・FDの3種類に対応しています。ハイスピード動画も撮影できるため、スローでしか捉えられない一瞬の撮影も楽しめます。

タッチパネル式の液晶モニターは180°回転するため、自撮りしながらでも快適に操作可能。おしゃれなVlog用カメラを探している方はチェックしてみてください。

ニコン(Nikon) ミラーレスカメラ Z50

黒のボディがスタイリッシュな、ニコンのミラーレス一眼カメラ。ニコンのデジタル一眼レフカメラのデザインを踏襲し、グリップ部分が突き出て握りやすいのが特徴です。シャッターボタンやダイヤルを右側に集中させ、すっきりと操作しやすいレイアウトになっています。

重さは約450gとミラーレス一眼カメラにしては重めですが、4KとフルHDに対応。また、スローモーション動画の撮影もできるため、幅広い場面で活躍します。さらに、ブレが目立ちやすい4K UHDも手持ちで撮影できるとされる「電子手ブレ補正」機能が付いているのも魅力です。

街歩き系や旅行系のVlogに興味がある方は特にチェックしてみてください。

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-1G

Vlog撮影に特化した2つの機能を搭載した、ソニーのコンパクトデジカメです。人物が際立つ「背景ぼけ切り替え機能」を搭載。切り替えボタンを押すだけで背景をぼかせます。風景を撮りたい際もワンタッチで切り替えられるので便利です。

「商品レビュー用設定ボタン」を搭載しているのも特徴。顔から商品へ、商品から顔へのピントの切り替えをスムーズに行います。レビュー系のVlogを撮りたい方にぴったりの機能です。

Wi-Fiを使用して、撮影した動画をスマホに簡単に転送できるのもポイント。アプリを使えば簡易編集も可能なので、気軽にSNSへの投稿が可能です。便利な機能が付いたVlog用のカメラを探している方はチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ IXY 650

「こだわりムービー」機能を搭載したキヤノンのコンパクトデジカメ。撮影したいモノにレンズを向けるだけで、被写体との距離に適したズーム・ピント合わせを行います。周囲の明るさや暗さに合わせて自動でカメラの設定が変わるので、簡単にきれいな動画が撮影できます。

本製品は、フルHDとHD、最大30fpsに対応。ワンタッチでムービー撮影ができる「ムービーボタン」を搭載しているほか、ジオラマ風の動画が撮れるなど、さまざまな機能が付いています。気軽に動画撮影できるモデルを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ DC-TZ90

4K画質でクリアな映像を撮影できる、パナソニックのコンパクトデジカメです。動画の始まり・切り替わり・終わりに合わせて音声をフェードイン・フェードアウトできる「フェード」機能を搭載しています。

タッチパネル操作でピント移動させられるのも魅力。フォーカスポイントを変えることで、ストーリー性のあるVlogの撮影ができます。また、人の顔や瞳を認識し、移動に合わせてピントも動く「顔・瞳認識AF&AE」や「追尾AF」という機能も付いており、歩きながらの撮影をしやすいのも魅力です。

4K・FHD・HDに対応。マイク入力端子も付いています。日記風Vlogや、自撮りをしながらのVlogを撮影したい方におすすめです。

ゴープロ(GoPro) HERO9 Black CHDHX-901-FW-SD-DR-DB-ST

アクションカメラの定番「ゴープロ」。ディスプレイが前後両面に付いており、映像を確認しながらの自撮りも、じっくりとピントを確認しながら風景の撮影もできます。

4Kや5Kの映像の撮影に対応し、最大120fpsで撮影可能。躍動感あふれる映像を撮影したい方におすすめです。また、水深10mまでなら耐えられる防水性能も付いています。

タイムラプスも撮影できるため、おしゃれで個性あふれるVlogを作成可能です。アウトドア・レジャー系のVlogに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

AKASO Brave 7 アクションカメラ

アクションカメラとアウトドア用品を扱う「AKASO」のVlog向けカメラ。防水性能に優れており、水深10mに30分間、さらに専用ケースを装着すると水深40mでも使えます。マリンスポーツやウィンタースポーツのVlog撮影におすすめです。

画質は4K、最大30fpsに対応しており、迫力ある鮮やかな映像を撮影できます。サイクリングの、小刻みかつ長時間の振動にも耐えられる手ブレ補正機能も注目ポイントです。

リストバンド式のワイヤレスリモコンが付属するのも魅力。カメラ本体はヘルメットに付け、スカイダイビングをしながらカメラを操作するときなどに使ってみてください。