映像で思い出や日常を記録する「Vlog」。映像で記録する分、その場の臨場感を鮮明に残せるため、人気が高まっています。しかし、ひと口にカメラといっても一眼レフ・ミラーレス・デジカメなど種類があるため、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、Vlog用カメラのおすすめモデルをご紹介。カメラの選び方や特徴もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Vlogとは?

By: dji.com

Vlogとは、思い出や日常を映像で記録するブログのことです。「video blog(ビデオブログ)」の略称とされています。Vlogはもともと海外発祥の文化で、Vlogを撮影しSNSやYouTubeなどに投稿する方を「Vlogger(ブイロガー)」と呼ぶことも。スマホのカメラからでも始められる手軽さで、注目を集めています。

スマホ1台で撮影・編集・投稿の一連の流れをこなせますが、よりきれいな映像やクリアな音声を残したいなら、本格的なカメラの使用がおすすめ。Vlogは、周りの景色を映したり、自撮りしながら話したりするのが基本の撮影方法です。カメラを選ぶときは、画質やマイクの性能に注目しましょう。

Vlog向けカメラの選び方

Vlog向けカメラの種類をチェック

臨場感のある映像を撮りたいなら「アクションカメラ」

By: rakuten.co.jp

レジャー・スポーツ・アウトドアなど、臨場感のある映像を取りたい方には、「アクションカメラ」がおすすめです。激しい動きをしてもブレにくく、自転車のヘルメットやハンドル、サーフボードの先端などに取り付けられるのが特徴。臨場感のある撮影を楽しみたい方に適しています。

アクションカメラは、比較的耐久性に優れた製品が多いのがポイント。シーカヤックや釣りなど、水辺で使うときは防水機能も確認しましょう。

初心者には扱いやすい「コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)」がおすすめ

By: amazon.co.jp

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと違い、レンズと本体が一体化しているのが特徴の「コンデジ」。撮影するシチュエーションに合わせてレンズを付け替える必要がない分、専門知識が少ない初心者にも扱いやすいのが魅力です。

バッグやジャケット、ズボンのポケットに収まりやすいサイズで、持ち運びしやすいのも嬉しいポイント。キーやダイヤルで操作しやすい作りのため、はじめてカメラを使う方も簡単に使用できます。

軽くてバランスのよい「ミラーレス一眼カメラ」

By: rakuten.co.jp

持ち運びのしやすさと、画質のよさを両立しているのが「ミラーレス一眼カメラ」です。デジタル一眼レフカメラに近い画質を保ちながら、手のひらに収まるサイズなのが魅力。また、デジタル一眼レフカメラと同様、レンズの取り外しができます。旅行や街歩き系のVlogの撮影を考えている方におすすめです。

ただし、対応しているレンズのバリエーションが、デジタル一眼レフカメラより少ない点には注意しましょう。気軽に持ち運びができ、かつ本格的な撮影ができるカメラを探している方はチェックしてみてください。

画質重視の「デジタル一眼レフカメラ」

By: rakuten.co.jp

画質を重視し、プロが撮ったような映像を撮影したい方には「デジタル一眼レフカメラ」がおすすめです。画質補正により、自動でクリアかつ鮮やかな映像を撮影できる機種もあるため、初心者でも本格的な映像の撮影が可能。4Kや8Kなど、より高画質な映像の撮影に対応できる機種もあります。

また、レンズや付属品を付け替えることで表現の幅が広がる点も、デジタル一眼レフカメラの特徴です。例えば、広角レンズを使うと人間の視野より広い範囲を撮影でき、ダイナミックな映像に。水面は黒く、植物の葉が白く映る赤外線フィルターを使うと、アーティスティックな映像を撮影できます。

ただし、デジタル一眼レフカメラは重くてかさばるのがネックポイント。荷物は極力少なくし、常にカメラを首にかけるなどして、すぐに撮影できるよう工夫が必要です。

画質をチェック

By: amazon.co.jp

Vlog用カメラを選ぶときは、fps(フレームレート)の数値のほか、フルHDや4Kに対応しているかどうかを確認しましょう。「fps」とは1秒間に撮影できるコマ数のこと。数値が大きいほど滑らかな映像を撮影できます。日常や料理の様子を撮るなら30fps、アウトドアやスポーツのような動きが多い映像なら60fps以上がおすすめです。

フルHDと4Kの大きな違いは、解像度。フルHDは1920×1080、4Kは3840×2160と、サイズが大きいほど繊細な画像を撮影できるのが魅力です。

フルHDと4Kのどちらを選ぶか迷ったときは、想定している動画の撮影時間の長さで選びましょう。4Kはきれいな映像を撮影できる分データ量が多くなるため、PCへの読み込みやアップロードに時間がかかるケースがあります。長時間撮影する方は、フルHD対応のカメラを検討してみてください。

マイク入力端子の有無をチェック

By: amazon.co.jp

Vlogでは自分が話す声や、周囲の音も撮ることがあります。もちろんカメラ本体にもマイクは付いていますが、よりクリアな音声を撮りたいときは、別売りで外付けのマイクが必要。カメラとマイクをつなぐ差し込み口である「マイク入力端子」の有無も要チェックです。

マイクを選ぶときは、「指向性」か「無指向性」と「ステレオマイク」か「モノラルマイク」の2点を確認しましょう。指向性は一方向からの音声を拾うため、自分のトークや料理の調理音を撮るときにぴったり。無指向性は360°全方向の音を拾うため、風や波の音がするダイナミックな映像の撮影におすすめです。

ステレオマイクは左右で違う音を拾うため、演奏会やスタジアムなど臨場感のあるシーンの撮影に適しています。モノラルマイクは左右で同じ音を拾うため、インタビューや自撮りで使ってみてください。

機能をチェック

手振れ補正機能

By: gopro.com

Vlogでは日常生活を配信する機会が多く、ときにはスポーツをはじめとした動きの多い映像を記録することもあります。そのため、Vlog用のカメラを選ぶ際、手振れ補正機能が備わっているかを事前にチェックするのがおすすめです。

手振れ補正機能が備わっているモデルで撮影すれば、安定して見やすく、細部までシャープな映像が撮影できます。キレイな映像を配信したい方は、手振れ補正機能に優れたモデルを選ぶのがおすすめです。

顔認識AF機能

By: nikon-image.com

Vlog撮影時には、顔認識AF機能が備わっているモデルもおすすめ。顔認識AFとは、画面に映る人物の顔を認識してピントを合わせる機能のこと。正面を向いた顔だけでなく、横顔にも対応しています。

顔認識AF機能付きのモデルは撮影の度に測距点やAFフレームを選択する必要がなく、自動的にピントが合うため、自由なフレーミングで撮影ができます。自撮りをしながら撮影をする場合や、特定の人物を被写体にする際におすすめの機能です。

Vlog向けカメラのおすすめ|アクションカメラ

ゴープロ(GoPro) HERO10 Black

「GP2プロセッサー」の搭載により、5.3Kのビデオ撮影を可能にしているVlog向けのアクションカメラです。45°のチルトリミットと手ブレ補正が期待できる「HyperSmooth 4.0」を搭載しており、ガタつきの少ない映像が撮影できます。

「Hindsight」を使用すれば、シャッターボタンの押下から最大30秒前まで遡って撮影が可能。大事な瞬間を逃すことなく記録できます。8倍スローモーションの撮影に対応しているのもポイントです。

水深10mまでの防水性が備わっているのも特徴。耐久性も高く、さまざまな環境下で使用できるおすすめのモデルです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Action 2

4つのマイクで構成されたマトリックスステレオ技術が用いられているVlog向けのアクションカメラです。クリアな音声が記録できます。前方を向いたOLEDタッチ画面が採用されているため、撮影中でも動画の構図が確認可能です。

バッテリー駆動時間はフロントタッチ画面モジュール接続時で最大160分。長時間の撮影にも対応できます。さらに、優れた防塵性や耐衝撃性に加えて、最大10mまでの防水性が備わっているのも特徴です。

ウェアラブル仕様で、磁気ストラップやヘッドバンドを使えば頭や胸に装着できるのもポイント。ハンズフリーでも一人称視点の迫力ある映像が記録できるおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS50

ソニー独自の技術が搭載されているVlog向けのアクションカメラです。画質処理エンジンは質感などを繊細に再現できる「BIONZ X」を採用。また、「Exmor R CMOSセンサー」を備えているため、暗所をはじめ、さまざまなシーンでの撮影に適しています。

本製品は、高度な手ブレ補正機能を搭載。自転車やバイクに乗っているときなど、ブレが発生しやすいシーンでも活躍します。電源のオンオフや撮影モードの設定などが行えるライブビューリモコンを付属しているのもおすすめです。

Vlog向けカメラのおすすめ|コンデジ

ニコン(Nikon) コンパクトデジタルカメラ COOLPIX P1000

3840×2160/30pに対応しており、最長約29分の4K UHDムービーが撮影可能なVlog向けのカメラです。被写体の細部まで、鮮明に記録できます。時間の経過を短くまとめるタイムラプス動画が撮影できるのも特徴です。

ステレオマイクを内蔵しているだけでなく、外部マイク端子を装備しているのもポイント。別途用意したマイクを外付けできます。さらに、Bluetooth機能も備わっているため、ワイヤレスマイクとも接続が可能です。

幅広いアングルから確認できる「広視野角3.2型バリアングル画像モニター」を搭載しているのも魅力。撮影の自由度が広がります。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot SX70 HS PSSX70HS

4K動画の撮影に対応しているVlog向けのカメラです。広角から望遠まで、幅広い映像が撮影できます。加えて、長時間のゆっくりとした変化を記録できるタイムラプス動画も4Kで撮影できるのも特徴です。

「5軸手ブレ補正」機能を搭載しているのもポイント。走りながらや、後ろ向きに歩きながらなど、不安定な状態の撮影でもきれいな映像が撮影可能です。さらに、カメラの傾きを補正する「自動水平補正」機能も備わっています。

専用アプリの「Camera Connect」を使用することでスマートフォンをリモコン代わりにできるのも魅力です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ DC-TZ95

3840×2160の4K動画に対応しているVlog向けのカメラです。高精細かつ臨場感あふれる映像が撮影できます。加えて、撮影した動画はMP4形式で保存が可能。パソコンでの編集が容易で、アップロードしやすいのが特徴です。

ハイビジョンで120fpsの撮影を行うことにより、スローモーション動画の作成が可能。スポーツなど身体を動かしているシーンを撮影するのに適しています。さらに、クリエイティブ動画モードに設定すれば、絞りなども設定可能です。

パナソニック独自の「5軸ハイブリッド手ブレ補正」機能を搭載しているのもポイント。不安定な状況下の撮影でもスムーズにきれいな映像が記録できます。

Vlog向けカメラのおすすめ|ミラーレス一眼

キヤノン(Canon) EOS M200

本体重量が約262gと軽量なVlog向けのカメラです。サイズも幅108.2×奥行35.1×高さ67.1mmとコンパクトで、カバンに入れてもかさばることなく携行できます。

きめ細かく臨場感のある4K動画が撮影可能。長時間の変化を短時間にまとめるタイムラプス動画も撮影できます。ほかにも、縦で撮った動画は縦方向の動画ファイルとして保存が可能。変換することなく、そのままSNSに投稿できます。

液晶モニターの角度を上方向に約180°まで調節できるチルト機構を搭載。リアルタイムで自分の姿を確認しながら動画を撮影できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-1

Vlogを撮影するのに特化した機能を複数搭載しているミラーレス一眼カメラです。ワンタッチで背景がぼかせる「背景ぼけ切り換え」機能を搭載しているのが特徴。映したい人物を際立たせることができるため、自撮りにおすすめです。

「商品レビュー用設定ボタン」を押せば、人の顔から商品へ素早くピントが合わせられるのもポイント。HD動画撮影時の手ブレ補正機能も付いているため、歩きながらでもスムーズに撮影できます。

また、密度が高くクリアな録音を実現しているのも魅力。マイク端子付きなので、外付けマイクも装着できます。高画質な動画を簡単に撮影したい方におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) ミラーレスカメラ Z9

8K UHD/30p動画に対応しているVlog向けのカメラです。被写体のディテールまで鮮明に撮影できます。加えて、用途やニーズに合わせて階調モードが選択できるのも特徴です。

4K UHD/120pのハイフレームレート撮影が行えるのもポイント。スローモーション映像も記録できます。

また、4軸のチルト機構を採用しているため、アングルの自由度が高くて便利。ボタンイルミネーションや赤色画面表示などの機能が備わっているので、夜間でもスムーズに使用できます。動く被写体を撮影するのにおすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

Vlog向けカメラのおすすめ|デジタル一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D780

「電子手ブレ補正」機能を備えているVlog向けカメラです。効率的にブレを軽減できるため、動きのある被写体を撮影するのに適しています。さらに、白とびの確認ができる「ハイライト表示」機能を搭載しているのも特徴です。

AF速度とAF追従感度を設定できるのもポイント。AF速度は11段階から選択できます。また、AF追従感度は7段階から調整が可能。思い通りにフォーカシングが変更できます。

また、急に大きな音を拾った際、自動でマイク感度を調整するアッテネーターを搭載。音が歪むのを防ぎます。Bluetooth機能付きで、ワイヤレスマイクと接続が可能。スポーツシーンなどを撮影するのにおすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

バリアングル液晶モニター搭載モデルながら、本体重量約449gの優れた軽量性を実現しているVlog向けのカメラです。サイズは幅122.4×奥行69.8×高さ92.6mmとコンパクトなので、手が小さな方でも手軽に扱えます。

1秒間に約60枚分の画像が記録可能な「フルハイビジョン60p」に対応。動きの多い被写体も滑らかな映像に残せます。加えて、被写体が動いている状態でもピントを自動で合わせる「動画サーボAF」が備わっているのも魅力です。

動画にエフェクトを付けられる「動画クリエイティブフィルター」機能を搭載しているのもポイント。シーンに合わせて、さまざまなフィルター効果が選べます。初めてデジタル一眼レフを購入する方におすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D6

4K UHD動画に対応しているVlog向けカメラです。画像処理エンジン「EXPEED 6」により、質の高い映像を実現しています。また、外部モニターへの表示や、外部レコーダーへの同時記録が行えるのも特徴です。

4つの撮像範囲から選択できる「マルチエリアDムービー」機能を搭載。「FXベースの動画フォーマット」を選択すれば、ボケ味に重点を置いた映像も撮影できます。

本製品はステレオマイクを内蔵しており、臨場感あふれる音声が記録できるのもポイント。加えて、マイク入力端子が付いているため、外付けのマイクも装着できます。さまざまなシーンの撮影におすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

番外編:スマホとジンバルを使えば手軽に撮影できる

By: dji.com

Vlog用に別途カメラを用意するのが難しい場合は、スマホとジンバルで撮影するのがおすすめです。スマホとジンバルを使えば手軽に撮影できます。ジンバルとは、撮影の際に発生しがちな手ブレを低減するアイテムのことです。

ジンバルは、補正できる軸の数に応じて安定性が変わるのが特徴。手振れの少ない映像を撮影する場合は、3軸対応のモデルを選ぶのがおすすめです。また、本体重量が軽いモノを選べば、気軽に持ち運びできます。

番外編:スマホ用ジンバルのおすすめ

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OM 4 SE

マグネットによる着脱式で、スマホが簡単に取り付けられるおすすめのジンバル。素早く撮影が開始できるため、決定的な瞬間を撮り逃しにくいのが魅力です。

ディー・ジェイ・アイ独自の自動トラッキング機能「ActiveTrack 3.0」を搭載。タップするだけで、簡単に被写体をフレーム内に収められます。さらに、3軸対応モデルなので、手ブレの少ない滑らかな映像が残せるのも特徴です。

多くのテンプレートが収録されたストーリーモードを活用することで、簡単に独創的な動画が作成できるのもポイント。編集が苦手な方でも気軽に使用できます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OM 5

タップするだけで簡単に被写体がトラッキングできる「ActiveTrack 4.0」を搭載したスマホ用のジンバルです。ペットや子どもなど、動きが多い動物や人物を撮影するのに役立ちます。シネマティックで滑らかな映像が気軽に記録できるのが魅力です。

215mmの内蔵延長ロッドを使えば、複数人をひとつの画角に収められます。折りたたみ可能で、コンパクトに収納できるのもおすすめポイント。かさばることなくカバンなどに入れられます。