動画撮影に特化し、きれいな映像で撮影できる「ビデオカメラ」。主に、ズーム撮影が得意なハンディカメラと、コンパクトで軽いアクションカメラの2種類が展開されています。メーカーやモデルによって画質や撮影機能はさまざまで、どれを選べばよいか迷う場合もあります。

そこで今回は、選び方のポイントとおすすめのビデオカメラをご紹介。人気の4K対応モデルもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ビデオカメラの種類

子供の運動会やイベント撮影に適した「ハンディカメラ」

By: amazon.co.jp

片手で持ちながら撮影できるタイプの「ハンディカメラ」。ズーム機能の性能の高いモノや、長時間の撮影に対応したモノが多いため、子供の運動会やイベント撮の撮影などに適しています。

また、ハンディカメラは、手ブレ補正機能やオートフォーカス機能などの性能が強化しているのも特徴。離れた場所で走る子供をくっきり鮮明に撮影したい方などにおすすめです。

スポーツや動きの多い撮影には「アクションカメラ」

By: amazon.co.jp

手で持って撮影するだけではなく、服やヘルメットなどに取りつけての撮影も可能な「アクションカメラ」。軽量かつコンパクトでスポーツをしながらも撮影できるため、スピード感や臨場感のある動画撮影を楽しめます。

また、防水性や耐久性に優れたモノが多く、マリンスポーツやツーリングなど、さまざまな環境に対応できるのも特徴。さらに、手ブレ補正機能が充実しており、振動や動きの多い撮影でもくっきりとしたきれいな動画を撮影できます。

なお、アクションカメラは広角撮影に特化したモノが主流。ズーム撮影に対応しないモノが多い点には留意しておきましょう。

アクションカメラについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ビデオカメラの選び方

手ブレ補正の性能が高いモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

ビデオカメラは本体を動かしながら撮影するため、手ブレ補正の性能が低いと映像が揺れてぼやけてしまいます。三脚や一脚を使えばブレを抑えられますが、撮影範囲が狭くなるのが難点。移動しながら撮影するなら、手ブレ補正の機能が高いモノがおすすめです。

また、手ブレ補正には光学式と電子式が存在。光学式はレンズを動かしてブレを抑えながら撮影するのに対し、電子式は撮影後に映像のブレを電子的に補正します。画質を求める方は光学式や、光学式と電子式のハイブリッド式を検討してみてください。

ズーム機能の性能をチェック

運動会や発表会などで遠くにいる子供を撮影すると、小さくて物足りなさを感じてしまう場合があります。ズーム機能があれば、遠くの被写体を大きく撮れるので便利。子供の表情や小さなしぐさまできれいに撮りたい方は、ズーム倍率の高いビデオカメラを選びましょう。

また、ズーム機能にも光学式と電子式があります。電子的に処理して映像を拡大する電子式は、画質が劣化しやすいのが難点。高画質にこだわるなら、レンズを調節して拡大する光学式ズームを搭載したビデオカメラがおすすめです。

オートフォーカス(AF)機能をチェック

By: amazon.co.jp

オートフォーカスは、ビデオカメラが自動的にピントを合わせる便利な機能です。オートフォーカス機能を搭載しているモノなら、ピントが合わせやすく、ピンボケの少ないきれいな動画を撮影できます。

また、ひと口にオートフォーカス機能といっても、メーカーやモデルによって機能はさまざま。被写体の顔だけではなく、体全体を認識してピントを合わせられる機能もあります。

よく動く子供や、スポーツシーンを撮影したい方は、オートフォーカス機能が充実したビデオカメラをチェックしてみてください。

本体のサイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

持ち運びやすさを求める方や、撮影時の手にかかる負担を減らしたい方は、なるべく軽いビデオカメラがおすすめです。アクションカメラは、ハンディカメラに比べると、コンパクトで軽いため、常に携帯したい方に適しています。

一方で、ハンディカメラはコンパクトサイズで250~400g程度です。本体が大きく重量があるモノはズーム機能などの性能が高かったり、バッテリー容量が大きかったりと機能面が充実している傾向にあります。

持ち運びやすさと機能面のバランスを考慮して、ぴったりのビデオカメラを探してみてください。

高画質で撮影できる「4K対応」のモデルが人気

By: amazon.co.jp

4K対応のビデオカメラは、高画質な動画を残したい方におすすめです。4K対応のテレビなどにつなげれば、細部までくっきりとした臨場感あふれる動画を映し出すことが可能。よりリアルに近い映像で思い出を振り返れます。

また、フルHDの画素数は1920×1080であるのに対し、4Kは3840×2160。4倍の画質で鮮明な動画を残せるのが魅力です。

防水・防塵性能をチェック

屋外でビデオカメラを使用する場合は、雨に耐えられる防水性能があると安心。また、ハンディカメラやアクションカメラのなかには防水性能にこだわったモデルもあり、マリンスポーツや水中で動画の撮影を楽しみたい方におすすめです。

さらに、砂やほこりをかぶりやすい運動場やビーチでの撮影なら、防塵性能の高さもチェックしておきたいポイント。内部に砂やほこりが入り込んでビデオカメラが故障してしまう心配を減らせます。

広角撮影ができるモデルがおすすめ

広角撮影ができるビデオカメラは、より広い範囲をワンシーンに収められるのがメリット。ビデオカメラを固定した状態でも部屋全体を撮影しやすいため、子供の誕生日会などを残したい方におすすめです。

被写体に接近した状態で、より広い範囲を撮影できるのもポイント。狭い場所で被写体だけでなく背景も一緒に撮りたい場合に役立ちます。また、アクションカメラはハンディカメラよりも画角が広いモノが多いので、広大な風景を撮影したい方はチェックしてみてください。

ビデオカメラのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、生活家電や美容家電など幅広く手掛ける日本の大手総合電機メーカーです。ビデオカメラでは、手ブレ補正の性能や高画質にこだわったモデルを豊富に展開しています。

液晶パネㇽに付いているサブカメラを使って「ワイプ撮影」ができるモデルも人気。運動会で走る子供と応援する家族を同時に撮影できます。また、「高速オートフォーカス」搭載モデルで撮影すれば、撮りたい瞬間に素早くピントを合わせられるので便利です。

ソニー(SONY)

ソニーは、オーディオ機器をはじめカメラや映像機器などを展開する日本の大手電機メーカーです。ビデオカメラのシリーズ「ハンディカム」では、4KだけでなくHDRにも対応したモデルもラインナップ。画質にこだわりたい方はチェックしてみてください。

独自の「空間光学手ブレ補正」は、動きながらでも揺れを抑えることが可能。安定したきれいな映像を撮影できます。また、動く被写体にピントを合わせ続けられる「ロックオンAF」も便利。運動会で走る子供をしっかり撮りたい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

JVCケンウッドは、2008年に日本ビクターとケンウッドの経営統合により創立された日本の電機メーカー。現在はJVC・KENWOOD・Victorの3ブランドを取り扱っており、ビデオカメラやドライブレコーダー、オーディオ機器などを展開しています。

ビデオカメラでは、防水・防塵・耐衝撃・耐低温の保護性能を有する「QUAD PROOF」仕様のハンディカメラが人気です。子供の運動会はもちろん、シュノーケリングや登山などでも撮影したい方はチェックしてみてください。

ビデオカメラのおすすめモデル

ソニー(SONY) ハンディカム デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-CX680

狭い場所での思い出シーンを残したい方にぴったり

「空間光学手ブレ補正」と30倍の光学ズームを搭載し、遠くの子供をアップにしてきれいに撮りたい方におすすめのハンディカメラ。また、狙った被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」付きで、走る子供をくっきり撮影したいときに便利です。

薄暗いシーンのノイズを低減する「Exmor R CMOSセンサー」を採用し、暗い場所での撮影もよりきれいにビデオに残せます。

さらに、室内でも広い範囲を撮りやすい最大広角26.8mmに対応しており、狭い場所での思い出シーンを残したい方にもぴったりのビデオカメラです。

ソニー(SONY) ハンディカム デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-CX470

初心者でも使いやすいおすすめのビデオカメラ

撮影時の重量が約215gと非常に軽いハンディカメラ。本体もコンパクトなので、持ち運びしやすいビデオカメラを探している方におすすめです。また、手にかかる負担を軽減できるため、長時間撮影したい方にも適しています。

高い光学特性を有する「ZEISS バリオ テッサーレンズ」を搭載し、高コントラストでよりリアルに近い色合いで撮影しやすいのがメリット。さらに、「Exmor R CMOSセンサー」により、うす暗いシーンもノイズを抑えてきれいに撮影できます。

シーンに合わせて自動的に設定を最適化する「おまかせオート」が付いているため、複雑な設定を省いてさまざまなシーンを美しく撮れるのもポイント。初心者でも使いやすいおすすめのビデオカメラです。

パナソニック(Panasonic) デジタルビデオカメラ HC-V480MS

旅行の思い出をビデオに残したい方におすすめ

撮影時の重量が約256gと軽いにもかかわらず、ズーム機能と手ブレ補正機能の性能が高いハンディカメラ。光学50倍ズームレンズとiA90倍の高倍率ズームを採用しており、遠くにいる子供の表情までしっかり撮影したい方にぴったりです。

また、光学式と電子式を組み合わせた「ハイブリッド手ブレ補正」により、上下左右のブレを軽減。歩きながらの撮影でも、安定感のあるきれいな映像を記録します。旅行の思い出をビデオに残したい方などにもおすすめです。

広角28mmレンズを採用し、広い範囲を撮影できます。子供の発表会や誕生日会などで、部屋全体の雰囲気を撮影したい場合にも活躍するビデオカメラです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ビデオカメラ ハイビジョンメモリームービー GZ-RX690

防水・防塵・耐衝撃・耐低温の保護性能も有する「QUAD PROOF」仕様で、水中の動画撮影も楽しめるハンディカメラ。水深5m以内で1時間までの撮影に対応していると謳われています。また、ビーチや山などの環境での撮影も可能です。

光学ズーム40倍とデジタルズーム200倍を使用すれば、遠くの被写体をアップにして撮ることが可能。電子式手振れ補正を採用しており、揺れやブレの少ない映像を撮れます。

さらに、約4時間20分の連続使用時間に対応した大容量バッテリーを搭載し、長く撮影したい方にもぴったり。予備バッテリーと交換する頻度を低減できるため、撮り逃す心配も減らせます。

Wi-Fi接続に対応し、スマートフォンやタブレットと連携できるのも特徴。アプリを使ってビデオカメラを遠隔操作できるほか、動画をワイヤレスで転送して手軽に楽しめます。

Insta360 Insta360 GO 2

付属のアクセサリーを使って身に着けられる、ハンズフリーで撮影できるアクションカメラ。シャツの胸元や帽子に固定して、撮影者の視点から見える風景などを手軽に撮影できます。また、非常に軽いので、楽に持ち運べるのも魅力です。

付属の充電ケースにはコンパクトな三脚が付いており、卓上での撮影に便利。持ち手としても使えるため、自撮りも手軽に楽しめます。充電ケースはリモコン機能付きで、固定したビデオカメラを遠隔操作できるのもメリットです。

水深4mに対応した防水仕様なので、水中の撮影も可能。ウォータースポーツを撮りたい方にもおすすめです。手ブレ補正により、安定感のあるきれいな動画を撮影できます。さらに、HDRモードを設定すれば、うす暗いシーンもきれいに撮ることが可能です。

ビデオカメラのおすすめモデル|4K対応

ソニー(SONY) ハンディカム デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AX700

高速かつ高精度な「ファストハイブリッドAF」システムを搭載し、すばやく動く被写体にもサッとピントを合わせられる4K対応ハンディカメラ。フォーカスエリアを4種類から選択することにより、不要なピント合わせを防げるのがポイントです。

また、アイリス・ゲイン/ISO・シャッタースピードなどを調節できるマニュアルダイヤルも付いているため、こだわりの動画撮影が楽しめます。

大口径の「ZEISS バリオ・ゾナーT」レンズを採用し、高精細で高コントラストな美しい動画を撮影できるのも魅力。さらに、信号伝達速度の速い「1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサー」と「BIONZ X」の画像処理により、4K映像をさらに高画質化します。

「4K HDR」撮影にも対応しているため、高画質にこだわりたい方におすすめのビデオカメラです。

ソニー(SONY) ハンディカム デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AX45

「5.1chサラウンドサウンドマイクロホン」を搭載し、映像だけでなく音声の臨場感にもこだわった動画を撮影できる4K対応のハンディカメラ。対応デバイスに接続して再生すれば、子供の運動会などの思い出シーンをより鮮明に振り返られます。

高感度センサーと高速画質処理エンジンに加え、「ZEISS バリオ・ゾナーTレンズ」を採用し、4Kならではの高精細で美しい画質を実現できるのも魅力です。また、「空間光学手ブレ補正」により、動きの多い撮影でも映像のブレをしっかり抑えられます。

すばやくピントを合わせられる「ファストインテリジェントAF」や、ピントを合わせ続けられる「ロックオンAF」も付いており、運動会で走る子供を高画質な動画で残したい方などにおすすめのビデオカメラです。

パナソニック(Panasonic) デジタルビデオカメラ 4K AIR HC-VX992M

持ち運びしやすい4K対応ハンディカメラ。また、撮影時の重量が約403gと軽いため、手軽に撮影を楽しめます。連続撮影時間は約1時間40分です。

光学式と電子式を組み合わせたハイブリッド手ブレ補正を搭載し、歩きながらでも揺れの少ないきれいな動画を撮れるのもポイント。さらに、傾きも自動的に補正されます。

4K画質で、1秒間に30フレームの撮影が可能。きれいな映像をしっかりと残せます。初心者でもきれいに撮りやすいビデオカメラを探している方は、チェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ 4K PREMIUM HC-WX2M

メインカメラと液晶パネルのサブカメラを使って「ワイプ撮り」を楽しめる4Kハンディカメラ。同時に2方向を撮影できるため、運動会で走る子供と応援する家族の様子をひとつの動画に収められます。

光学ズーム24倍に加え、高い高解像度を保ったままズームできる独自のiAズームも搭載しており、32倍ズームで4K画質を撮影することが可能。手ブレ補正の性能も高く、さまざまなシーンで活躍するビデオカメラです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ビデオカメラ 4Kメモリームービー GZ-RY980

防水・防塵・耐衝撃・耐低温の「QUAD PROOF」仕様で、さまざまな環境で撮影を楽しめる4K対応ハンディカメラ。水際のアウトドアシーンを撮りたい方などにもおすすめです。

また、4Kタイムラプス撮影やフルHDスローモーション撮影など印象的な動画撮影を楽しめるのも魅力。広角29.9mmの「4K GTレンズ」を採用しており、風景などを広く撮りたい方にもぴったりです。

ダブルSDカードスロットを搭載し、2枚のSDカードに連続記録できるのもポイント。64GBのSDカードを2枚セットしておけば、合計約3時間30分と長時間の4K動画を保存できます。

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO9 CHDHX-901-FW

最大5Kの動画撮影に対応しており、きれいな映像を楽しめるおすすめのアクションカメラ。大切なシーンをより鮮明な動画で残したい方におすすめです。

水深10mに耐えられる防水仕様で、水中やマリンスポーツでの撮影にも対応。雨に濡れやすいアウトドアでも安心して使えるビデオカメラを探している方に適しています。

また、不必要なブレを抑える「HyperSmooth 3.0」により、振動が激しい環境でも安定感のあるスムーズな動画を撮れるのもメリット。揺れる乗り物に乗りながら撮影したい場合に便利です。

さらに、コンパクトながら背面タッチスクリーンを搭載し、直感的に操作できるのも魅力。フロントスクリーンも付いており、セルフィー撮影のときに理想的な画角に調節しながら撮影できます。

ビデオカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビデオカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|あると便利なビデオカメラ用アクセサリー

サンディスク(SanDisk) SDカード Extreme 64GB SDSDXV6-064G-GHENN

UHSスピードクラス3とClass10に対応し、フルHDだけでなく、4K対応のビデオカメラでも使えるSDカード。転送速度が速いため、データ量の多い4K動画でもスムーズに録画可能です。

また、耐衝撃性・防水性・耐X線性が高いのもうれしいポイント。さまざまな環境に配慮しており、高熱になりやすい車の中や水がかかりやすい水際などにうっかりビデオカメラを放置してしまっても、記録されたデータの破損を防ぎます。

トランセンド(Transcend) SDカード 256GB TS256GSDC300S

256GBの大容量で、フルHD動画はもちろん4K動画もたっぷり保存できるSDカード。長時間の動画を撮影したい方や、思い出の動画を撮りためたい方などにおすすめです。また、耐水性や耐衝撃性などが高く、万が一の落下や水没時にデータの破損を防ぎます。

UHSスピードクラス3とビデオスピードクラスV30に対応しており、ビデオカメラで撮影したフルHD動画や4K動画もスムーズに録画することが可能です。

使い勝手のよいSDカードを探している方はチェックしてみてください。

ベルボン(Velbon) 小型ファミリービデオ三脚 4段 EX-447

ビデオカメラを固定して撮影したいときに活躍するビデオ三脚。長時間イベントなどをビデオに収めたい方におすすめです。

また、雲台に粘性のある特殊なグリスを採用し、なめらかな動きを実現。被写体を一定の速度で追いやすく、安定感のある動画撮影を楽しめます。

さらに、4段階に高さを変えられる伸縮脚が付いており、撮影シーンに合わせて使い分けられるのもポイント。ロックレバー式なので、初心者の方でも簡単に調節できます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 一脚 スタンドポッド GX-N

コンパクトな自立脚を搭載し、狭い場所でも設置しやすい一脚です。狭いスペースで撮影する場合に活躍します。ビデオカメラを固定して手で支えるだけなので、長時間でも楽に撮影できるのがメリットです。

最大高さ187.3cmまで調節できるため、ハイアングルでの撮影に対応できるのもポイント。ビデオカメラと被写体の間に人がたくさんいる場合でも、ハイアングルなら被写体をしっかり撮影できます。

山善(YAMAZEN) DVD-R 50枚 QDVDR-D50SP

高精度スタンパーを採用し、エラーを抑えながらディスクの外周部までムラなく録画できるデータ用DVD-R。ビデオカメラで録画した動画をダビングしてコレクションしたり、プレゼントしたりする場合におすすめです。

ホワイトプリントレーベルを採用しているのもポイント。インクジェットプリンターを使えば、好きな絵柄や写真を印刷したり、手書きで動画の内容をメモしたりすることが可能です。

50枚入りなので、ビデオカメラに保存された動画をたっぷりダビングできます。