子供の運動会や発表会だけでなく、旅行やアウトドアの思い出を残す際に重宝する「ビデオカメラ」。動画撮影に特化しているので、スマホでは難しい場面でも簡単に撮影できます。

しかし、4Kモデルやサブカメラ搭載モデルなど、さまざまな機種が発売されているので、どれを買えばいいのか難しいもの。そこで今回は、ビデオカメラの選び方を踏まえたうえで、おすすめの機種をご紹介します。

さっそくおすすめ商品を見る

ビデオカメラの種類

ハンディタイプ

一般向けビデオカメラで主流なのがハンディタイプ。エントリークラスからハイエンドモデルまでラインナップが豊富なので、ニーズや予算に合わせて選べるのがメリットです。

解像度はフルHDと4Kのモデルがラインナップされており、レンズは広角端28mm程度のモノが一般的です。ズーム機能を搭載しており、光学ズームによって30倍ほどズームできます。子供の運動会など広い場所でのイベントも簡単に撮影可能。さらに、デジタルズームを使えば300倍以上ズームできるモデルもあります。

映像の質や使い勝手に直結する「手ブレ補正機構」や「AF(オートフォーカス)機能」なども、各社が独自に機能開発をしているのも魅力のひとつ。上位機種ほど高性能ですが、ニーズに合わせて確認しておきましょう。

音響面では、多くのモデルが高音質ステレオマイクを搭載。さらに、撮影者の声や風切り音などを軽減して録音するモデルもラインナップされています。

アクションカメラ

アクションカメラは、スノボ・登山・サイクリングなど、厳しい状況下での撮影に使われることの多いカメラです。基本的には、自転車のハンドル・ヘルメット・自撮り棒などに装着して使用するため、80〜120gと軽量なのが特徴。

アウトドアでの使用が前提となるため、防水性・耐寒性・耐衝撃性が高いのが魅力です。カメラ本体が保護機能を備えているモノが主流ですが、ハウジングと呼ばれる防水ケースなどで対応しているモデルもあるので、チェックしておきましょう。

レンズは単焦点の広角レンズが一般的。ズーム機能を搭載したカメラでもズーム倍率は3倍程度と控えめです。動きながら撮影するので、手ブレ補正に優れているモデルが多いのもポイント。アクティブなシーンで使えるビデオカメラを探している方はチェックしておきましょう。

アクションカメラについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ビデオカメラの選び方

本体サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

ハンディタイプは名前の通り、手持ち撮影できる機動性の高さがポイント。最近は軽量・コンパクト化が進んでいますが、撮影のしやすさにつながるのでサイズと重量はチェックしておきましょう。

エントリーモデルのサイズは幅・高さが60mmほど、長さは130mm前後です。ハイエンドモデルでは、それぞれが2倍近くになります。重量はエントリーモデルで300gほどですが、ハイエンドモデルになると800〜1000g。重いモデルは撮影中に腕が疲れやすいため、長時間撮影が多い方はなるべく軽量なモデルがおすすめです。

対応画質をチェック

4K

By: rakuten.co.jp

4K画質でのテレビ放送や動画配信の開始に伴い、テレビなどのビジュアル家電では4K対応モデルが普及してきています。ビデオカメラを購入するなら4K録画できるモデルが長く愛用できて安心です。

4Kモデルのメリットは、なんといってもフルHDの4倍に相当する画素数。高精細な画質で映像を楽しむことが可能です。さらに、ハイダイナミックレンジに対応しているので、明暗の差が大きい映像も自然に記録・再現できます。

フルHD

By: amazon.co.jp

高精細な4K画質が注目されていますが、1920×1080画素のフルHDも高画質です。旅行やホームパーティなどのイベント撮影や、子供の運動会といったファミリーユースでは、フルHDでも十分といえます。

ビデオカメラはもちろん、テレビやパソコンモニターでもフルHDモデルはコスパに優れているため、まだまだ高い人気を有しています。高性能のズーム機能や手ブレ補正機構を備えたモデルでも、3〜6万円程度で入手できるのは大きな魅力です。

4K対応ビデオカメラは、リーズナブルなモノでもフルHDの1.5〜2倍程度の価格になるため、コストを抑えたい方は、フルHDモデルをチェックしておきましょう。

手ブレ補正の性能をチェック

初心者が動画撮影をする際、失敗の主な原因となるのが手ブレ。撮影時に腕や手首の振動がカメラに伝わることで、動画全体が不鮮明になってしまう現象です。ビデオカメラには手ブレを効果的に補正する機能が搭載されていますが、補正方式には光学式と電子式の2種類が存在します。

光学式は、手ブレをリアルタイムで補正できるので残像が少なく、ズーム中でも効果的に手ブレを抑えられるのがメリット。一方、電子式は光学式より補正機能が高くありませんが、デジタル処理で補正するのでボディをコンパクトにできるのが特徴です。

激しい動きの撮影が多い方は光学式を、長距離移動など持ち運びが多い方は電子式を選ぶのがおすすめです。

ズーム性能をチェック

運動会で活躍している子供やドッグランを駆け回るペットなど、遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影したいときに重宝するのがズーム機能です。ビデオカメラのズーム機能には光学ズームとデジタルズームの2種類が存在します。

光学ズームはビデオカメラのレンズ内に専用のズーム機構を搭載する必要があるため、ボディが大きく高価になるのがデメリット。しかし、ズームによる画質劣化が起こらないので、遠くの被写体もキレイに撮影できるのが魅力です。

一方、デジタルズームはズーム機能をデジタル処理で再現するため、ズームにするほど画質が劣化してしまいます。しかし、専用のズーム機構を持つ必要がないため、ボディを小型で安価にできるのが特徴です。

最近では30倍を超える光学ズームやデジタルズームとの併用で90倍を実現した高倍率モデルも登場。しかし、運動会や家族旅行など一般的な用途では20倍の光学ズームがあれば遠くの被写体もキレイに撮影できます。

オートフォーカス(AF)性能をチェック

被写体にピントを自動で合わせるAF機能は、ビデオカメラ選びの際にチェックしたいポイント。フォーカスレンズを細かく駆動することによって追従性能を高めて、ピントを合わせ続ける「ロックオンAF機能」を多くのビデオカメラが搭載しています。運動会など、動く被写体を撮影するときに便利です。

そのほかの機能をチェック

顔認証機能

運動会や発表会で子供の顔だけにピントを合わせるのはなかなか難しいもの。顔認証機能が搭載されたビデオカメラであれば、液晶モニターに表示された複数の顔のなかから子供の顔をタッチするだけで、簡単にピントが合わせられます。ピントだけではなく肌のトーンなどの明るさを自動で調節してくれるのも魅力です。

なかには、特定の個人を登録して顔認証機能が使用できる機種も販売されています。家族や友人など頻繁に撮影する人物の顔と名前を事前登録しておくことで、ビデオカメラがその人物を自動的に認識してピントを合わせてくれるのが魅力。より便利に撮影したい方はチェックしておきましょう。

高性能マイクとマイボイスキャンセリング

ソニーのビデオカメラには、高性能マイクを搭載しているモデルがラインナップされています。動画では音質も重要な要素ですが、高性能マイクを搭載した機種は5方向から音声を集音してノイズも抑えてくれるので、原音に近い音質でステレオ録音が可能です。

また、ソニーの一部機種に搭載されている「マイボイスキャンセリング」もポイント。運動会で子供を撮影していると、つい大声で応援してしまい、動画に記録された自分の声に恥ずかしくなることがあります。しかし、マイボイスキャンセリング対応ビデオカメラであれば、カメラ本体の左後方にいる撮影者の声を抑えてくれるので、自分の声を気にせず撮影を楽しむことが可能です。

防水機能

キャンプなどのアウトドアシーンでビデオカメラを使う方は、防水機能をチェックしておきましょう。特に、スノボやサイクリングなどのアクティビティ時に使用するアクションカメラでは必須の機能です。

そのため、ほとんどのアクションカメラでは高い防水機能を搭載。水深3m程度まで使用できるモノから、水深50mを超える本格的な水中撮影に対応したモデルまでラインナップされています。

なお、従来のハンディタイプビデオカメラには防水対応していないモノもあるので、注意が必要です。

ビデオカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本を代表する映像・音響機器の総合メーカーです。最近はフルサイズミラーレス一眼の「α7」シリーズが人気ですが、ビデオカメラメーカーとしても大きなシェアを有しています。同社のビデオカメラは1985年の登場以来「ハンディカム(Handycam)」というブランド名で展開され、動画文化を一般家庭へ普及させました。

ハンディカムは強力な手ブレ補正機能が特徴。レンズとイメージセンサーが一体化したユニットで補正を行う「空間光学手ブレ補正」は、不安定な体勢で撮影していても手ブレを滑らかに補正します。

また、動画の画質だけでなく音質にもこだわっているのがハンディカムの魅力。5方向から集音可能な高性能マイクや、撮影者の声援をカットできるマイボイスキャンセリング機能など、高音質での録音をサポートする機能が充実しています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

白物家電から最新デジタル家電まで、幅広い家電をラインナップしている日本を代表する総合家電メーカー。ビデオカメラの分野でも1985年以来ソニーと共に市場を牽引しており、二大巨頭として製品を開発しています。

パナソニックのビデオカメラは「ワイプ撮り」機能が特徴。メインカメラとは別にサブカメラでも撮影ができ、撮影者とは別の視点からも録画が楽しめるので、子供の記録動画に自分も写りたい親や、多彩なアングルで撮影をしたい方に人気があります。

また、「あとから補正」も同社のビデオカメラを代表する機能のひとつ。撮影した4K動画を基にパンやズーム、顔認証トラッキングなどの効果を編集で疑似的に加えられます。単に高画質な4K動画を撮るだけではなく、あとから補正を活用した動画を楽しめるのが魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: rakuten.co.jp

JVCケンウッドは、ヘッドホンなどの音響機器や家庭用の高画質プロジェクターを主に販売するAV機器メーカー。ビデオカメラは「Everio(エブリオ)」というブランド名でラインナップしています。

なかでも「エブリオR」はアウトドアにぴったりなタフネス性能を持っているのが特徴。防水・防塵・耐衝撃・耐低温という4つの保護性能を備えており、ハードな使い方が予想されるアウトドアやスポーツなどでも気兼ねなく撮影が楽しめます。

高い防水性能を維持するためにバッテリー内蔵型で、交換はできません。しかし、バッテリー容量が大きいため、長時間撮影でも残量を気にすることなく楽しめます。

ビデオカメラのおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX45 4K

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX45 4K

手持ち撮影やズームでもブレにくい「空間光学手ブレ補正」機能が特徴のビデオカメラ。高画質な映像を楽しめる4K撮影に対応しています。最大広角は26.8mと広く、運動会などで横に広い映像を撮りたいときはもちろん、被写体との距離が近く狭い室内での撮影時にも活躍します。

また、デジタルカメラの「サイバーショット」にも採用されているフォーカス機能が付いているのもポイント。従来のAF速度よりも早く被写体を捉えるため、ズームやカメラの向きを変えた際もスムーズに撮影ができます。

さらに、高画質動画とMP4動画の同時記録ができる機能も魅力。より美しい動画を残すのは「XAVC S 4K/HD動画」、スマホ再生や手軽に動画共有をするのは「MP4動画」というように、用途に合ったファイルの使い分けが可能です。

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー Handycam HDR-CX680

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー Handycam HDR-CX680

ソニーハンディカムのフルHD高画質モデルです。ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」を搭載しているのが特徴。レンズだけで手ブレ補正を行う通常の補正機構とは異なり、レンズ・イメージセンサーなどのユニット全体を動かすことで手ブレを補正します。そのため、ユニット全体が宙に浮かんだ状態となり、補正効果が高いのがメリットです。

レンズはソニー独自の「Gレンズ」で最大広角距離26.8mm、光学30倍ズーム機能を有しています。デジタルズームを使用すれば350倍までズームアップ可能。

マイクは臨場感のある録音が可能な5.1chサラウンドタイプ。「自動風ノイズ低減」「マイボイスキャンセリング」機能を搭載しています。Wi-FiおよびNFCを内蔵しており、パソコンやスマホへのデータ送信も簡単です。

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー Handycam HDR-CX470

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー Handycam HDR-CX470

幅54×長さ128×高さ60mmとコンパクトな、フルHDハンディカムエントリーモデル。バッテリー込みで約215gと軽量なので、長時間撮影でも疲れにくいのがメリットです。前モデルに比べて約14%軽量化されています。

イメージセンサーは「1/5.8型 Exmor R CMOSセンサー」。レンズは、最大広角26.8mmの「ZEISS バリオ テッサーレンズ」を採用しています。光学ズームは30倍に加え、60倍の「全画素超解像ズーム」機能を搭載しており、高精細な映像を撮影可能です。

シーンを見分けて自動で撮影する「おまかせオート」や、笑顔の写真が自動で撮れる「スマイルシャッター」など、便利な機能も充実。さらに、自動でBGM付きのショートムービーを作成する「ハイライトムービーメーカー」も搭載しています。初心者におすすめのリーズナブルなビデオカメラです。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX60

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX60

4Kハンディカムのミドルクラスモデル。イメージセンサーは、4K映像撮影用に開発された「1/2.5型 Exmor R CMOSセンサー」を採用しています。装着された「ZEISS バリオゾナーT*」レンズの最大広角距離が26.8mmと広め。4K映像は30倍、HDなら40倍という高倍率ズーム撮影が可能です。

4K・HD映像とMP4動画の同時記録に対応しているのがポイント。ファイルサイズが小さいMP4ファイルで送れば、友人とのシェアも簡単です。さらに、「新・ハイライトムービーメーカー」機能を搭載。MP4動画の指定したポイントから場面を自動抽出するとともに、切り替え効果・BGMなどを追加します。

集音性が高いマイクには、撮影者の声や風の音を抑えられる「マイボイスキャンセリング」「自動風ノイズ低減」機能を搭載。高機能でバランスがとれた、おすすめのビデオカメラです。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX100

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX100

4K撮影に対応したハンディカムのハイグレードモデルです。イメージセンサーには、従来モデルの約4.9倍もの受光面積を備える、「1.0型 Exmor R CMOSセンサー」を搭載。高解像度であることに加え、暗いシーンでのノイズを低減しています。さらに、自然なボケ味を活かした撮影も可能です。

レンズは、高精細な4K撮影のために開発した「ZEISS バリオゾナーT*」を採用。ソニー独自開発の薄型非球面レンズを組み込んだことにより、周辺部での描写性能を高めるとともに、大幅なスリム化が図られています。広角端焦点距離は29.0mm。4K映像なら18倍、HD映像は24倍のズーム撮影が可能です。

「光学式手ブレ補正」機能を搭載。新画像処理エンジン「BIONZ X」が、手ブレ発生前後の映像を解析することにより、広角撮影時は約10倍ブレない手ブレ補正を実現しています。

ビデオカメラのおすすめモデル|パナソニック

パナソニック(Panasonic) HDビデオカメラ V480MS

パナソニック(Panasonic) HDビデオカメラ V480MS

光学ズーム50倍、iAズーム90倍の高倍率ズームを実現したビデオカメラ。スポーツに熱中している子供の姿など、離れた場所にいる人もハイズームでキレイに撮れます。

また、カメラ本体が傾いたときに自動で撮影映像を水平にする「傾き補正」機能が搭載されているのが魅力。腕を高くあげて撮影するようなシーンで便利なので、運動会や発表会などを撮るのにおすすめです。

手ブレ補正機能には、5軸方向の手ブレを自動で補正する「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を採用。歩行時などの撮影をサポートします。レンズには、広い範囲を画面内に収められる広角28mmレンズが使われています。

本体重量はバッテリーパック含め、わずか約256g。軽量設計なので、持ち運びやすさでもおすすめのビデオカメラです。

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョンビデオカメラ W590M

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョンビデオカメラ W590M

手ブレ補正効果が高い5軸ハイブリッド式を採用した、フルHDビデオカメラ。補正用レンズが素早く補正して、望遠ズーム時に発生しやすい手ブレを軽減します。さらに、「手振れロック」機能を備えているのが魅力。手ブレが発生しやすいシーンを自動で判定すると、手ブレ精度をアップさせます。

サイズは幅60×長さ129×高さ62mmとコンパクトで、使用時重量は309gです。長時間の撮影で快適に使えるモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 4K ビデオカメラ HC-VX1M

パナソニック(Panasonic) 4K ビデオカメラ  HC-VX1M

レンズの名門ライカカメラ社と共同開発のレンズが採用されたビデオカメラ。ワイド端時のF値1.8の明るい撮影が可能です。手ブレ補正機能には、5軸方向の手ブレを自動で補正する「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を採用。動きながらの撮影はもちろん、ズームや長時間の手持ち撮影時にもブレの少ない撮影ができます。

また、画素の面積が広い新センサーが採用されているのもポイント。暗い場所でもノイズの少ない美しい撮影を楽しめます。そのほか、撮影シーンに応じた画質設定を自動で設定する「インテリジェントコントラスト機能」も特徴。逆光時の白とびや黒つぶれなどを防ぎ、キレイな撮影ができるおすすめのビデオカメラです。

ビデオカメラのおすすめモデル|JVC

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-RX680

JVCケンウッド(KENWOOD) ビデオカメラ GZ-RX680

爽やかなブルーカラーが魅力的なJCVのビデオカメラ。防水・防塵・耐衝撃・耐低温の保護性能「QUAD PROOF」が搭載されており、「洗えるビデオカメラ」として注目の製品です。

また、約4.5時間の連続撮影ができるところも特徴。アウトドアなど、充電できない環境下にあると便利です。

なお、別売りの専用ケーブルを使えば、ビデオカメラの内蔵バッテリーからスマホへの給電も可能。キャンプやスノボなどが趣味の方におすすめしたいビデオカメラです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4Kメモリームービー Everio R GZ-RY980

JVCケンウッド(KENWOOD) ビデオカメラ  GZ-RY980

4Kモードでの連続撮影が約4.5時間可能なビデオカメラ。HDモードでの連続撮影は約5.5時間と、大容量バッテリーを搭載しているハイスペックモデルです。SDカードには、片方のカードが満容量になると自動的にもうひとつのカードに切り替わる「ダブルSDカードスロット」を採用。SDカード2枚で、最大約28時間の長時間撮影が可能です。

また、シンプルで落ち着きのあるブルーカラーも魅力。機能とデザイン性を両立したおすすめのビデオカメラです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-R480

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-R480

「洗えるビデオ」エブリオRのフルHD対応スタンダードモデルです。高い保護性能の「QUAD PROOF」に対応しており、防水・防塵・耐衝撃・耐低温構造を採用しているのが特徴。ハンディタイプながら、アウトドアなどでの利用シーンが広がるビデオカメラです。

約4時間40分連続使用可能という、強力なバッテリー性能が本モデルの大きな魅力。旅行や子供の運動会などで、バッテリー交換する手間を減らせます。また、モバイルバッテリーからの給電に対応しており、予備バッテリーを準備する必要がないのもポイントです。さらに、専用ケーブルを使用すれば、本機からスマホなどへ充電もできます。

そのほか「ズームポジションメモリー」機能を搭載。お気に入りのズーム倍率にワンタッチで戻せるので、狙った被写体を思い通りの画角で撮影できます。また、液晶メニューは「デカ文字表示」を採用しており、幅広い年代の方が使いやすいのも魅力です。

ビデオカメラのおすすめモデル|アクションカメラ

ゴープロ(GoPro) 4K60アクションカメラ HERO7 Black CHDHX-701-FW

ゴープロ(GoPro) 4K60アクションカメラ HERO7 Black CHDHX-701-FW

HERO7シリーズの4K対応ハイエンドモデルです。60fpsという高フレームレートに対応しているため、滑らかな映像を撮影できるのがポイント。ビデオ安定化機能(手ブレ補正)に高精度のHyperSmoothを搭載しています。カメラがユーザーの動きを予測して補正することにより、ブレの少ない映像を記録することが可能です。

また、「タイムワープビデオ」機能を備えているのがポイント。静止画を合成して動画を作成するタイムラプス撮影では、撮影者が動くと映像がカクカクと不自然になります。しかし、タイムワープビデオは高速再生することにより、滑らかな映像で再現が可能です。

Wi-Fi・Bluetoothのほか、HDMI出力・マイク入力端子を備えており、他機器との接続や拡張性も良好。画像を自動で編集してくれる「QuickStories」にも対応しているので、編集することなく手軽にSNSなどでシェアできます。

ソニー(SONY) デジタルフルHDビデオカメラレコーダー Actioncam HDR-AS50R

ソニー(SONY) デジタルフルHDビデオカメラレコーダー Actioncam HDR-AS50R

フルHD撮影に対応した、アクションカムのエントリーモデルです。暗いシーンでも、ノイズの少ない映像を撮れる「Exmor R CMOSセンサー」を内蔵。レンズは高解像度の「ZEISS テッサーレンズ」を装着しています。

小型の「ライブビューリモコン」が付属しているのも魅力のひとつ。カメラから離れていても、電源ON・OFFや画角の確認などが可能です。本体は防水構造なのに加え、水深60mまで使用できる防水ケースも付属しています。「水中撮影モード」を搭載しており、難しい水中撮影もイメージ通りの映像が撮れるのが魅力です。

Wi-Fi機能を内蔵しており、スマホへのデータ転送が容易。最大165分の連続撮影が可能なうえに価格がリーズナブルなので、初めてアクションカメラを購入する方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Actioncam FDR-X3000R

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Actioncam FDR-X3000R

ソニーの4Kアクションカムフラッグシップモデルです。ハンディカムで採用されている補正技術「空間高額手ブレ補正」をアクションカム用に新たに開発。補正能力が向上し、スノボなどのアクティビティ時でもブレの少ない映像を撮影できます。

レンズは最大広角距離17mmの「ZEISS テッサーレンズ」を採用。周辺部の歪みが少ないレンズです。また、Wi-FiやGPS機能を内蔵するなど、機能が充実しています。

さらに、多様な撮影が可能なのも魅力です。一定時間記録し続ける「ループ録画」やフルHD画質での「ハイスピード撮影」ができ、独創的な映像制作が可能。

防滴構造のボディなので、水しぶきがかかっても安心です。さらに、付属の防水ケースを使用すれば、水深60mまでの水中撮影もできるので、海や川など水場でのアウトドアが多い方におすすめのモデルです。

リコー(RICOH) 204超広角ムービー WG-M2

リコー(RICOH) 204超広角ムービー WG-M2

Wideモード時、204°という超広角での動画撮影が可能なリコーのアクションカメラ。Narrowモードでも151°の広画角での撮影ができます。さらに、4K撮影に対応しているため、圧倒的スケールの景色を高精細で記録可能。そのほか、フルHD・HD撮影にも対応しているので、保存できる容量が少ないときに簡単に切り替えられます。

アクションカメラに求められるタフさも優秀。10m防水および-10℃の耐寒性に加えて、2mの高さからの落下に耐えうる耐衝撃性を備えています。海や山など広大な自然のなかでのアクティビティを記録するのにおすすめのアクションカメラです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) 4K60fps対応アクションカメラ OSMO ACTION

ディー・ジェイ・アイ(DJI) 4K60fps対応アクションカメラ OSMO ACTION

カメラのフロント・バック両面にモニターを搭載した、デュアルスクリーン仕様のアクションカメラです。前面の風景だけでなく、セルフィー映像を確認しながら撮影できるのがメリット。電子式映像ブレ補正とアルゴリズムを組み合わせることによって、ブレ補正の精度が高いモデルです。

映像は高精細で滑らかな4K画質で撮影可能。ハイダイナミックレンジに対応しており、明暗差の大きなアウトドアで失われがちなディテールを鮮明に記録できます。

そのほか、「8倍スローモーション」機能を搭載しているので、素早い動きも明瞭に撮影可能。耐久性が高く、水深11mまで対応できる防水性を備えているほか、-10℃でも使用できる耐寒性を備えているのもポイント。過酷な環境のアウトドアで気兼ねなく撮影できる、おすすめのアクションカメラです。

Insta360 超コンパクトアクションカメラ Insta360 GO CINGOXX/A

nsta360 超コンパクトアクションカメラ Insta360 GO CINGOXX/A

世界最小クラスの手ブレ補正機能が搭載されたアクションカメラです。本体重量はわずか18.3gと軽量。衣類などに付けられるため、ほかのカメラではできないアングルでの撮影が可能です。

ブレの少ない滑らかな映像撮影ができる「FlowState手ブレ補正機能」も魅力。運動中や揺れの多い移動中など、動きのあるシーンもキレイに残せます。防水機能には、水しぶきや雨のなかでの撮影ができるIPX4に対応。雨天時の撮影にも便利です。

撮影機能としては、プロのような映像表現を簡単に楽しめる「ハイパーラプス撮影機能」が魅力。一度タップするのみの操作で、6倍速最長30分のハイパープラス撮影が可能です。そのほか、ポケットにスッポリ収まるサイズの充電ケースもポイント。その場ですぐに充電できるため、長時間の利用にも便利です。

ビデオカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビデオカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。