子供の入学式や運動会などのイベントはもちろん、ペットの遊ぶ姿やアウトドア、旅行の思い出を残すのにも活躍する「ビデオカメラ」。最近では4Kモデルや防水・防塵に強いモデルなど幅広い機種が展開されているため、どれを購入すればよいか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ビデオカメラのおすすめモデルをご紹介します。選ぶ際にチェックすべきポイントも解説しているので、併せてチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ビデオカメラの種類

ハンディカメラ

By: pixabay.com

ハンディカメラは、片手で持って動画を撮影できる一般的なビデオカメラです。画質はフルHDと4Kが主流。ズーム機能に優れているモデルも多数ラインナップされています。三脚を使用しない場合は手元がブレやすいので、手ブレ補正機能が搭載されているモノがおすすめ。

また、オートフォーカス(AF)機能などが搭載されているモノは、被写体の動きや位置を瞬時に捉えてピントを合わせられるのが魅力です。なお、連続で使用できる時間や内蔵メモリーが製品によって異なるため、しっかり確認しておきましょう。

アクションカメラ

By: amazon.co.jp

GoProをはじめとしたアクションカメラは、スノボやサーフィン、BMXなどの激しいスポーツシーンで活躍します。手ブレ補正に優れているモデルがほとんどなので、激しい動きを補正し鮮明な映像を撮影できるのが特徴です。また、軽量コンパクトなため、ボード、自転車などに装着しても普段通りにスポーツやアクティビティを楽しめます。

一般的に、広角単焦点レンズを搭載しているので、ズーム機能があるモデルでもズーム倍率は3倍ほどと控えめです。そのほか、耐衝撃性や防水性が備わったモノも多数展開されています。臨場感のある映像を撮影したい方におすすめです。

アクションカメラについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ビデオカメラの選び方

よりキレイな映像を撮影したいなら4K対応モデル

By: jvc.com

ビデオカメラの画質はフルHDと4Kが主流ですが、より高画質な映像を撮影したいなら4K対応モデルがおすすめです。フルHDの解像度は1920×1080、4Kの解像度は3840×2160で約4倍も高いのが特徴。細部までくっきりとした高精細映像を撮影できます。

ただし、撮影した4K画質の映像を投影できる4Kテレビやモニターがなければ、元の高画質な映像を映せません。また、動画を編集する際にも4K対応のパソコンが必要です。そのため、購入する前に4K撮影した映像を楽しめる環境が整っているかどうか確認しておきましょう。

重量とサイズをチェック

By: amazon.co.jp

ハンディタイプの場合は片手で操作し続けても苦になりにくいモノを、アクションカメラの場合は体などに装着しても違和感の少ないモノを選ぶのが大切です。そのため、できるだけ軽量でコンパクトなモデルを選んでみてください。

基本的に、重量は400g以下のモノが軽量モデルに分類されます。ただし、軽量モデルはシンプルな機能になる傾向があるので留意しておきましょう。

また、なかには手のひらサイズのハンディカメラもラインナップ。さらに、アクションカメラに関してはこぶしサイズのモノも多く展開されています。

手ブレ補正性能をチェック

鮮明な映像を撮影するうえで手ブレ補正性能も重要です。特に、三脚を使わず手で持って撮影する際は、手元の揺れを補正してキレイな映像を記録できるように、手ブレ補正性能に優れたモデルを選びましょう。

手ブレ補正は、光学式・電子式・ハイブリッド式の3種類。光学式はレンズを上下左右に動かし光の屈折を調節して手ブレを補正します。残像が少なく、ズーム中の手ブレも効果的に軽減できるのがメリット。電子式は、記録されたあとに画像処理で手ブレ要素を排除するのが特徴です。光学式に比べると画質がやや劣りますが、小型化しやすい傾向にあります。

ハイブリッド式は光学式と電子式を組み合わせており、上下・左右・回転軸・縦回転・水平回転の5軸方向のブレを補正するのがポイント。子供が走りまわる姿など激しい動きを撮影したい場合は、光学式やハイブリッド式が適しています。一方、風景画や動きの少ない赤ちゃんの様子を記録したいときは電子式で十分です。

オートフォーカス(AF)性能をチェック

By: panasonic.jp

オートフォーカスはビデオカメラの基本機能でもあり、被写体に自動でピントを合わせます。そのため、運動会などで子供が動く姿や激しいスポーツシーンで、ぼやけた映像になってしまうのを防ぐのがメリットです。

特に4Kビデオカメラに関しては、高画質な分、ピントが少しでもズレるとHD撮影ほどの解像度も得られないといわれているためしっかりとチェックしておきましょう。

ズーム倍率をチェック

遠くの被写体を引き寄せて撮影したいときに便利なズーム機能。ビデオカメラのズームには、光学ズームとデジタルズームの2種類があります。光学ズームは、レンズを動かすことで望遠鏡のように映像を拡大するのが特徴です。画質が低下がしにくく、遠くの被写体も鮮明に記録できます。

一方、デジタルズームは、画像の一部を拡大することで被写体を大きくするのが特徴です。画像処理による編集なので、画質が劣化しやすい傾向にあります。製品の多くは、両方を組み合わせて高倍率のズームが可能です。選ぶ際はトータルの倍率だけでなく、光学ズームのみの倍率を確認すると実力を把握できます。

ズーム倍率はモデルによって幅があるため、撮影シーンにマッチしたモノを選んでみてください。なお、アクションカメラはデジタルズームのみで倍率も低いので留意しておきましょう。

屋外やレジャーで使うなら防水・防塵性能をチェック

By: amazon.co.jp

外でのスポーツシーンやアウトドアシーン、運動会などの屋外イベントでは、防水・防塵機能が搭載されたモデルがおすすめです。製品のなかには、水深5mまで対応できるモノや、細かいホコリの侵入を防ぐモノもラインナップされています。

また、本体自体に防水・防塵性能が備わっているモノだけでなく、ハウジングという専用の防水・防塵ケースが付属しているモノも存在。ケースが別売りの場合もあるため、購入前にしっかり確認しておきましょう。

ビデオカメラのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

白物家電からデジタル機器、美容家電まで幅広いジャンルの製品を展開している総合家電メーカー。ビデオカメラの分野でも日本有数のシェアを誇ります。手ブレ補正機能はハイブリッド式を採用しており、上下・左右・回転軸・縦回転・水平回転の5軸方向のブレを補正するのが特徴です。

また、液晶パネル横のサブカメラとメインカメラで同時に撮影できる「ワイプ撮り」を活用できるのもポイント。被写体と撮影者の表情を記録できるのが魅力です。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

映像や音響機器などを中心にラインナップしている日系電機メーカー。同社のビデオカメラは1985年に登場し、「ハンディカム」というブランド名で展開されています。

メーカー独自の「空間光学手ブレ補正」を搭載したモデルは、従来の光学式よりもしっかり手ブレを補正するのが特徴。そのため、子供やペットを追いかけながら撮影を楽しめます。

また、音質にもこだわっているので、原音に近いクリアな音を録音したり、撮影者の声を小さくして録音したりできるのもポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

ビデオカメラなどの映像機器や、イヤホンなどの音響機器を製造するAV機器メーカーです。ビデオカメラに関してもさまざまな製品をラインナップしていますが、なかでも「Everio R」は、防水・防塵・耐低温・耐衝撃に優れているのが特徴。アウトドアやスポーツシーンで安心して撮影できるのが魅力です。

また、大容量バッテリーを内蔵しているモデルもあり、外出先での長時間撮影を楽しめます。さらに、Wi-Fi接続もできるモノなら、スマホなどにつなげて動画を転送したり、遠くから操作したりできるのもメリットです。

ゴープロ(GoPro)

By: rakuten.co.jp

アクションカメラやカメラアクセサリーを展開するアメリカ発のアクションカムメーカー。主に、スノボやサーフィン、モータースポーツなどの激しいアクティビティの映像を撮影するのに向いています。

4K動画や360°撮影、超広角レンズなど高機能なため、臨場感のある映像をしっかりと撮影可能。防水性は高く、水深10mまで水の侵入を防げるモデルも展開されています。操作は簡単なので、はじめてアクションカメラを使用する方にもおすすめです。

ビデオカメラのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョン ビデオカメラ HC-V360MS

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョン ビデオカメラ HC-V360MS

ハイビジョン画質のまま拡大できる「iAズーム」を搭載したフルHDビデオカメラ。光学50倍ズームを採用しているので、遠くで遊んでいる子供やペットの表情、豊かな風景などをハイズームできめ細かく撮影できるのが特徴です。

液晶パネルの横にはサブカメラが付いており、メインカメラと同時に撮影できる「ワイプ撮り」を活用できるのも魅力。子供の発表会を撮影しながら、観客席側のママやパパの様子も記録できます。

また、「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載しているので、あらゆる角度のブレに強いのもポイント。本体は約213gの軽量設計かつ小型なため、バッグに収納して手軽に持ち歩けます。さらに、価格がリーズナブルなので、はじめてビデオカメラを使う方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョン ビデオカメラ HC-V480MS

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョン ビデオカメラ HC-V480MS

最大90倍の高倍率ズームができるフルHDビデオカメラ。かなり遠くにいる子供の姿や表情も、拡大して鮮明に撮影できるのが特徴です。駆動するレンズ群を3つにする「マルチ アクチュエータ レンズシステム」を採用しており、高倍率ズームを実装しながら小型ボディも実現しています。

本製品は「傾き補正」を搭載。ハイアングルやローアングルなど手元が傾きやすい場面で、水平の映像に自動で補正するのもポイント。また、5軸方向の手ブレを自動補正する機能も備えています。

さらに、顔や風景などを認識してキレイに描写する「おまかせiA」モードといった、便利な機能も活用可能です。使い勝手のよいモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム HDR-CX470

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム HDR-CX470

90通りの組み合わせのなかから、最適な撮影シーンを自動設定するフルHDビデオカメラ。被写体や撮影場所などに合わせて、美しい映像を残せるのが魅力です。光学ズームは30倍、全画素超解像ズームは60倍に対応しているので、ズーム時もなめらかな映像を撮影できます。

「Exmor R CMOSセンサー」を採用しており、暗い場所でもノイズを減らして鮮明に撮れるのがポイントです。また、「ZEISS バリオ テッサーレンズ」を搭載することで、最大広角26.8mmを実現。撮影範囲が広いため、狭い室内で大人数を撮影するときなどに重宝します。

さらに、撮影後には「ハイライトムービーメーカー」で、BGM付きのショートムービーを自動で仕上げるのも魅力のひとつ。ショートムービーはMP4ファイルで保存が可能なので、家族や友人に手軽に共有できます。

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム HDR-CX680

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム HDR-CX680

ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」を搭載したフルHDビデオカメラ。鏡筒にレンズとイメージセンサーを搭載しており、全体を動かすことで手ブレを軽減します。レンズ1枚で補正していた従来の光学式よりも、ブレに強いのが特徴。動いたりズームしたりしながらでも、安定した映像を撮影したい方におすすめです。

オートフォーカス機能は、高速かつ高精度にピントを合わせる「ファストインテリジェントAF」と、体全体にピントを合わせて追尾する「ロックオンAF」が搭載されているのがポイント。活発に動きまわる子供も鮮明に撮れます。

本製品は音質にも優れているのが魅力。声や音をクリアに録音する「アドバンスドサウンドシステム」や、臨場感あふれる音を記録する「5.1chサラウンドサウンドマイクロホン」などが搭載されています。高画質かつ高音質なモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R ハイビジョンメモリームービー GZ-RX680

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R ハイビジョンメモリームービー GZ-RX680

防水性と防塵性に優れたフルHDビデオカメラ。防水はIPX6とIPX8に対応しており、約3mの距離から毎分100Lの水を約3分放水したり、水深5mに約60分放置したりしても浸水を防ぎます。防塵はIP5X相当で、ベビーパウダーのような細かい粉が内部に侵入するのを防ぐのが特徴です。

本製品はWi-Fi接続が可能で、スマホやタブレットとつなげれば離れた場所から操作できます。動画などを簡単に転送したり、大画面で映像をチェックしながら指で手軽に操作したりできるのが魅力です。

本体は軽量小型ながら、64GBの大容量バッテリーを内蔵しています。そのため、連続で約4.5時間の撮影が可能です。キャンプやスポーツなどアウトドアシーンで頑丈なモデルを使いたい方に適してます。

4K対応ビデオカメラのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX992M

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX992M

ハイブリッド式の手ブレ補正機能を採用した4Kビデオカメラ。手元の揺れをジャイロセンサーが検知し、5軸方向の手ブレを補正します。三脚で固定せず片手で持って撮影するときも、なめらかな映像を撮影できるのがポイントです。

また、光学ズームは20倍、iAズームは4Kで25倍、フルHDで40倍までズームできます。運動会や発表会で遠くにいる子供の表情をしっかりと動画に残せるのが特徴です。

さらに、動画共有サービス「IBM Cloud Video(Ustream)」を活用すると、ライブ中継も可能。本体はバッテリーを含まず約355gと軽量設計なので、長時間の撮影も快適です。

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム FDR-AX45

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム FDR-AX45

フルHDよりも4倍の画素数で撮影できる4Kビデオカメラ。高感度センサーと高速画質処理エンジンをもつレンズにより、色にじみが少なく、メリハリの効いた美しい映像を残せるのが魅力です。

また、通常の光学式よりもブレに強い「空間光学手ブレ補正」を搭載しています。そのため、手元の揺れを気にせず撮影に集中できるのがポイントです。

本製品には、5方向から集音する高性能なマイクが搭載されており、原音に近い臨場感あふれるサウンドを録音可能。さらに、撮影者の声を低減して録音する「マイボイスキャンセリング」や、風の音や強さを判別し大幅にカットする「自動風ノイズ低減」などの便利な機能が付いています。

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム FDR-AX60

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム FDR-AX60

撮影の幅を広げる便利な機能が搭載された4Kビデオカメラ。ビューファインダーを活用することで、まぶしい日差しのなかでもフォーカス位置の確認と調節がしやすく、撮影後も映像をしっかりとチェックできます。また、マニュアルレンズリングによりフォーカスやズーム、露出、ホワイトバランスなども簡単に調節可能です。

本製品は、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」を採用しており、子供を追いかけながら撮影するときなどの手ブレを強力に補正します。さらに、「Exmor R CMOSセンサー」を搭載することで、屋外や室内問わず鮮明な映像を記録できるのもポイントです。

内蔵メモリーは大容量64GBで、最長約15時間50分の撮影が可能。価格は高いですが、操作性に優れた高機能なモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム FDR-AX700

ソニー(SONY) デジタルビデオカメラ ハンディカム FDR-AX700

優れたオートフォーカス機能と4K画質で映像美を追求したフラッグシップモデル。オートフォーカス機能には、動きの速い被写体も瞬時に捉える「ファストハイブリッドAF」や、ピントを合わせる範囲を5段階で調節できる「AF追従範囲設定」などが搭載されています。

「1.0型 Exmor RS CMOSセンサー」を採用しており、信号処理速度が格段にアップしているのもポイント。高精細な4K映像はもちろん、美しいボケを表現できたり、暗闇の撮影でもノイズの少ない映像を撮影できたりします。

さらに、スマホからのリモート操作や、幅広いマニュアル撮影機能など操作性が優れているのも魅力。高機能なビデオカメラを使用したい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R 4Kメモリームービー GZ-RY980

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R 4Kメモリームービー GZ-RY980

防水・防塵・耐低温・耐衝撃に優れた4Kビデオカメラです。防水はIPX6とIPX8、防塵はIP5Xに対応。また、-20℃の環境下に24時間放置しても、1.5mの高さから3cm厚の合板に落としても、故障しにくいと謳われています。

本体には大容量バッテリーを内蔵しており、外出先でも長く撮影を楽しむことが可能。万が一、バッテリーが切れそうでもモバイルバッテリーやスマホから充電できる安心設計です。

本製品には、撮影と再生を一定間隔で繰り返す「セルフチェック録再」といった便利な機能もあります。スポーツ時のフォームなどを効率的にチェックできるのが魅力です。

さらに、SDカードを2枚使用できるため、連続で長時間録画したり、1枚を友人に共有したりもできます。スポーツやアウトドアシーンでも活躍するタフボディなモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アクションカメラのおすすめモデル

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black

アクションカメラのなかでも人気が高い4Kモデル。「HyperSmooth 2.0」や「ブースト」などの手ブレ補正により、スノボやモトクロスなどの激しい動きが多いシーンでもなめらかな動画を撮影できます。

また、レンズを狭角・歪みのないリニア・広角・スーパービューの4種類から選択可能。撮影シーンに合わせて適した視野角に設定できます。重さは約126gと軽量なため、体やボードに装着しても違和感を覚えにくいのがポイントです。

さらに、移動しながら撮影してタイムラプス動画を作成する「TimeWarp 2.0」や、夜景を鮮明に撮れる「ナイトラプスビデオ」などの魅力的な機能も搭載されています。

本製品は防水性にも優れており、水深10mまでしっかり水の侵入を防御。ライトやマイクなど専用アクセサリーも幅広く展開されているので、アクティビティに合わせて自由にカスタマイズできるのも魅力です。

ゴープロ(GoPro) GoPro MAX

ゴープロ(GoPro) GoPro MAX

360°で臨場感あふれる6K映像を撮影できるアクションカメラ。「Max HyperSmooth」機能により、激しいスポーツシーンの映像もブレを抑えて記録できます。

「Max TimeWarp」機能は、360°モードとHEROモードを掛け合わせており、非常にスムーズなタイムラプスモーション動画を作成できるのもポイント。本製品は水深5mまで防水するため、サーフィン姿を安心して撮影できます。

また、高画質なだけでなく、音質に優れているのも魅力。本体に内蔵されている6つのマイクが連動して、360°から音を録音します。風の音を低減する効果もあるので、Vlogにもおすすめです。そのほか、専用アプリを活用すれば、再生や編集、共有などがスマホで操作できます。

ソニー(SONY) アクションカム HDR-AS300

ソニー(SONY) アクションカム HDR-AS300

わずか109gと軽量設計のアクションカメラ。形状はスリムなため風圧を受けにくく、頭や自転車などへ装着しても邪魔になりにくいのが特徴です。コンパクトながらも空間光学ユニットを搭載しているので、ブレに強くなめらかな映像を撮影できます。

また、クリアコート加工を施されており、汚れにも強くアウトドアシーンでの使い勝手が良好です。本体のみでは、IPX4相当の防滴に対応。さらに、付属の60m防水ハウジングを使用すれば、防塵性や耐衝撃性、耐低温性も確保できます。

メニュー画面にはわかりやすいアイコンが表示されているので、直感的に操作可能。そのほか、付属のマイクロUSBケーブルを活用して、モバイルバッテリーでの充電ができます。リーズナブルなアクションカメラなため、はじめて使う方にもおすすめです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO Action

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO Action

デュアルスクリーンを搭載したアクションカメラ。バックだけでなくフロントにも画面が付いているため、セルフィーでのアングルを確認しながら撮影できます。また、高精度のブレ補正を備える「ロックステディ(RockSteady)」により、激しいアクティビティやスポーツの映像も安定して撮影できるのがポイントです。

本製品は100Mbpsの4K60fpsに対応しているので、きめ細かくなめらかな映像を記録できます。本体はタフボディな設計で、水深11mや-10℃の極寒の場所など、厳しい環境下でも動作するのも魅力です。

そのほか、「8倍スローモーション」「カスタム露出設定」といった便利な撮影機能も満載。サーフィンの華麗な動きをスローモーションで楽しんだり、夜空の星を撮影したりと、さまざまな場面で活躍します。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO POCKET

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO POCKET

3軸スタビライザーを搭載したハンドヘルドタイプの4Kアクションカメラ。手持ちの撮影でも、被写体を追いながら安定した動画を撮影できます。また、被写体を自動的に追うため、ピントの合った映像を記録可能です。

形状は縦長のスリムなボディなので、カバンの小さなポケットにもすっきり収納できます。さらに、豊富な撮影機能を活用できるのも魅力。例えば、壮大な景色を撮影できる「3×3パノラマ」や、数時間分の映像を数秒で表示する「モーションラプス」、暗いところで自動的に明るくする「ナイトショット」などを使用できます。

そのほか、専用アプリ「DJI Mimo」を利用すれば、豊富な編集ツールやテンプレートなどで撮影した動画を自分好みに加工可能です。撮影から編集まで楽しめるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ビデオカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビデオカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。