イベントや家族旅行の思い出を記録するための撮影アイテムとして、根強い人気を持つ「ビデオカメラ」。スマホでは難しい状況の撮影でも快適に楽しめる機能が充実しているのが魅力です。

しかし、ビデオカメラにはさまざまなモデルが発売されているので、何を選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ビデオカメラの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。

ビデオカメラの種類

子供の運動会やイベント撮影に適した「ハンディカメラ」

By: amazon.co.jp

子供の運動会・イベント・家族旅行などを記録する際に重宝するのがハンディタイプのビデオカメラです。録画開始やズームなどの各種操作が片手で完結できるため、初心者でも手軽に動画の撮影を楽しめるのが特徴。手へのフィット感が優れており、長時間の撮影でも腕が疲れにくいのも魅力です。

優れた手ブレ補正機構や高速・高精度なAF性能を備えているのもポイント。手持ち撮影でも安定した見やすい構図の動画が撮影できるほか、動く被写体にも簡単にピントを合わせ続けられます。走り回る子供やペットを追いかけながら撮影する場合にもおすすめです。

スポーツや動きの多い撮影には「アクションカメラ」

スポーツなど動きの激しい条件で撮影する場合にはアクションカメラがおすすめです。GoProが最も一般的ですが、小型・軽量なボディを採用。ウェアラブルカメラとも呼ばれており、自転車のハンドル・ヘルメット・サーフボードなどに装着して使用します。

アクションカメラは防水・防塵・耐衝撃などの優れた耐候性を持つのが特徴です。また、ズーム機能は基本的に非搭載ですが、超広角レンズによって肉眼よりも遥かに広い範囲を撮影できるのもポイント。スポーツやアクティビティなどを楽しんでいる様子を一人称視点で臨場感たっぷりに記録するのに重宝します。

アクションカメラについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ビデオカメラの選び方

画質をチェック

高画質な撮影が可能な「4K画質」

記録する際の画質にこだわりたい方には4K解像度に対応するビデオカメラがおすすめです。記録解像度が3840×2160とフルHDの4倍も高精細なのが特徴。被写体を細部まで克明に描写でき、色乗りも鮮やかになるため、思い出をよりきれいな状態で動画に記録できます。

ただし、4K動画は記録容量が大きく、1時間の記録で約64GBも消費するのが難点。大容量タイプのSDカードが欠かせません。また、撮影した4K動画を再生するには4K出力に対応するテレビやモニターが必要ですが、編集する際にはパソコンも相応のハイスペックが要求されます。

コスパに優れた「フルHD」

画質よりもコスパを重視したい方にはフルHD解像度に対応するビデオカメラがおすすめです。記録解像度は、1920×1080とテレビやYouTube動画でも一般的なスペックが採用されているのが特徴。価格も安いため、初心者が気軽に動画撮影を始める場合にも適しています。

ただし、フルHDは画質では4Kには敵わず、比較して見た場合に細部の描写に粗が目立つのが難点。とはいえ、運動会や家族旅行などの通常使用には十分な画質を備えています。また、フルHD動画は記録容量が少なく、バッテリー消費も少ないため、長時間の撮影に向いているのがポイントです。

手ブレ補正の性能をチェック

By: amazon.co.jp

手ブレ補正の性能もビデオカメラ選びでは重要。腕や体の揺れがカメラに伝わって動画がぼやけたように不鮮明になる現象を手ブレと呼びます。手ブレ補正の性能が充実していれば、観光地など三脚が使えないシーンでも手持ちで安定した見やすい構図の動画が撮影できるのが魅力です。

手ブレ補正には電子式と光学式の2種類があるのがポイント。電子式はデジタル処理で手ブレを修正します。価格を抑えつつ本体を小型化できるのがメリットですが、補正効果が弱く、記録できる画面が狭くなるのがデメリットです。

光学式は本体内の補正ユニットを使って物理的に手ブレを軽減します。本体はやや大きくなり価格も少々高価になりますが、広い画面を維持したまま強力な補正効果を使用可能です。

ズーム倍率をチェック

遠くにいる被写体を拡大して撮影したい場合にはズーム倍率が重要。ズーム倍率が高くなるほど遠くの被写体をより大きく引き寄せて撮影できます。運動会や学芸会などで子供を撮影する場合には20倍以上のズーム倍率を持つビデオカメラがおすすめです。

ズーム機能にも電子式と光学式の2種類があります。電子式は画面クロップによって疑似的にズーム効果を実現しますが、望遠側にズームインするほど画質が劣化しやすくなるのが難点です。

光学式はレンズ内の駆動によって物理的にズーム操作を行うため、ズームインしても画質が劣化しないのが特徴。価格がやや高くなり、本体も少し重くなりますが、高画質を維持しつつ望遠撮影が楽しめます。

オートフォーカス(AF)性能をチェック

By: amazon.co.jp

動きのあるシーンを撮影する場合にはオートフォーカス(AF)の性能が重要。ビデオカメラを向けるだけで、メインの被写体に対して自動でピントを合わせられるのが特徴。AF性能の優れたモデルを使えば、初心者でも高確率でピントの合った動画が撮影できます。

被写体追尾AFを搭載しているモデルならばより便利。子供が動いても顔や体全体を認識してピントを合わせ続けるため、運動会などでも高精度なピント合わせが利用できます。加えて、ビデオカメラを左右に動かしたり、ズーム操作で被写体の大きさが変わったりしても効果は有効なので、汎用性が高いのも魅力です。

本体サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

軽快なフットワークで動画撮影を楽しみたい場合には、本体サイズと重量も重要。ビデオカメラは右手に持って使用するため、快適に動画撮影をするためには自分の手の大きさに合ったサイズのモノを選びましょう。

長時間の手持ち撮影を行う場合には、できるだけ軽量なモデルを選ぶのもポイント。目安として重量が400g以下のモデルであれば、ほとんど重さを感じずに扱えます。ただし、本体が軽量な分、機能が限られるのが難点。多彩な機能を駆使して撮影したい場合は、機能が充実してくる500g以上のモデルを選ぶのがおすすめです。

授業参観などには広角撮影ができるモデルがおすすめ

授業参観や学芸会など室内で行われるイベントを撮影したい場合には、広角撮影のスペックが充実したモデルがおすすめ。レンズは焦点距離の数値が短くなるほど広い範囲を切り取れるので、広角側の焦点距離が短いモデルは教室やホール全体の様子を記録する場合にも重宝します。

広角撮影時は、人間が両目で景色を眺めたときの視野に相当する28mmの焦点距離が基準。スペースの限られた部屋にいて、部屋全体の様子を記録したい場合には、肉眼よりも広い範囲が撮影できる広角端27mm以下の焦点距離が使えるモデルを選びましょう。

スポーツや海辺での撮影は「防水・防塵性能」をチェック

スポーツやアクティビティなどの撮影目的でビデオカメラを使用したい場合には、防水・防塵性能の充実が重要。ビデオカメラも精密機器で水濡れやホコリの侵入には弱いため、特にアウトドアシーンで使用する場合には欠かせないポイントです。

本体の各所に防水シーリングが施されたモデルであれば、登山撮影中の急な雨やマリンスポーツ撮影時の水かぶりなどに遭っても、浸水のリスクを低く抑えられるので安心。また、誤作動や故障の原因となる砂埃が本体内に侵入するのも防げるので、砂塵が舞う運動会や陸上大会などの会場でも気にせず撮影が継続できます。

ビデオカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

ソニーは、東京の港区に本社を構える1946年創業の総合電気機器メーカーです。ミラーレス一眼「α」・有機ELテレビ「BRAVIA」・家庭用ゲーム機「PlayStation」など多彩なジャンルで有名ブランドを展開。日本製ならではの優れた性能と品質の製品は国内外で確固たる人気を築いています。

ソニーは「HANDYCAM」というブランド名で、ハンディタイプのビデオカメラを製造。レンズとイメージセンサーをユニット化することで優れた補正効果を発揮する「空間光学手ブレ補正」を搭載しているのが特徴です。動く子供を追いかけながら撮影しても、高価なスタビライザーを使ったような安定した構図の見やすい動画が撮影できます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪の門真市に本社を置く1917年創業の老舗家電機器メーカーです。洗濯機・冷蔵庫・エアコン・テレビなどの生活家電を幅広く手掛けていることで有名。最近では、ビデオカメラの製造で培った優れた動画機能を備えたミラーレス一眼「LUMIX」が動画クリエイターを中心に支持されています。

パナソニックのビデオカメラは、メインカメラとサブカメラの2つで撮影した映像を同時記録できる「ワイプ撮り」機能を搭載しているのが特徴。小さな別画面に撮影者の様子を収めたり、学芸会で子供とステージ全体の様子を記録したりなど、アイデア次第で多彩な動画撮影が楽しめます。

JVCケンウッド(KENWOOD)

JVCケンウッドは神奈川の横浜市に本社を置く2008年設立のオーディオ機器メーカーです。半世紀以上の歴史を持ち、日本を代表する老舗メーカーだった日本ビクターとケンウッドが合併することで誕生。ビデオカメラ・ドライブレコーダー・イヤホン・ポータブル電源などを製造しています。

JVCケンウッドは「Everio R」というブランド名で、ハンディタイプのビデオカメラを展開。優れた耐候性能「QUAD PROOF」を備えているため、アウトドアシーンでも気兼ねなく使えるのが特徴です。また、内蔵の大容量バッテリーを搭載しているので外出先でも安心して長時間撮影が楽しめます。

4K対応ビデオカメラのおすすめモデル

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー HANDYCAM FDR-AX45

初心者でも手軽に高画質な動画撮影が楽しめるおすすめの4Kビデオカメラです。強力な補正効果が得られる「空間光学手ブレ補正」を内蔵。遊園地でアトラクションに乗りながら撮影する場合でも、揺れを感じさせない滑らかな動画が撮影できます。

広角端26.8mmから始まる光学20倍ズームを搭載。狭い室内などで被写体との距離が十分に取れない場合でも全景を切り取れるので、授業参観や学芸会の撮影にもおすすめです。また、運動会の撮影で重宝する被写体追尾の「ロックオンAF」も備えています。

「トリミング再生」機能を使えば、モニターのタップ操作で見たい部分だけを拡大再生が可能。また、ビデオカメラが撮影した動画を自動で1本のBGM付きショートムービーに仕上げる「ハイライトムービーメーカー」機能も搭載しています。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー HANDYCAM FDR-AX60

便利な機能が充実した人気の4Kビデオカメラです。「空間光学手ブレ補正」や「ロックオンAF」などに加えて、電子ファインダーを搭載しているのが特徴。日差しが強くてモニターが見えにくい場合でもピント位置や構図の確認がストレスなく確実に行えます。

多彩な機能を割り当てられるマニュアルレンズリングの搭載もポイント。手前から奥の被写体にピントを移動させる演出や、ズーム・露出・ホワイトバランスなどの調節が手軽に行えます。自分のイメージが反映された動画撮影を行いたい方におすすめです。

暗闇でもライトを点けずに撮影が可能「ナイトショット」機能も搭載。寝ている子供やナイトサファリの撮影などにも活用できます。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー HANDYCAM FDR-AX100

ワンランク上の高画質で撮影できる4Kビデオカメラです。従来のビデオカメラと比べて面積が4.9倍も大きな1型のイメージセンサーを内蔵。背景ボケを生かした動画やきれいな夜景の動画が手軽に撮影できます。

ドイツの名門レンズメーカー「カールツァイス」と共同開発した光学12倍ズームを搭載。独自の「T*コーティング」によって反射光が抑えられ、逆光下の風景もクリアで鮮明に映せるので、ネイチャー動画の撮影にもおすすめです。

ピント位置とズームが調節できるレンズリングを搭載。さらに、露出などを素早く調節できるマニュアルダイヤルなど、マニュアル撮影をサポートする機能も充実したビデオカメラです。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー HANDYCAM FDR-AX700

本格的な映像制作にも挑戦できるプロ仕様の4Kビデオカメラです。多層構造によって、処理性能を飛躍的に向上させた1型積層型センサーを搭載。4Kに必要な画素数の約1.7倍という豊富な情報量を凝縮して4K動画を記録できるので、高画質に強いこだわりのある方にもおすすめです。

ミラーレス一眼「α」でも使われている「ファストハイブリッドAF」の採用もポイント。高精度なコントラストAFと高速な像面位相差AFを組み合わせることで、スポーツ・動物・電車など動きの速い被写体も瞬時に捕捉できます。

レンズリング・マニュアルダイヤル・内蔵NDフィルターなど、高度なマニュアル撮影には欠かせない機能も充実。また、明暗差のあるシーンでも自然な明るさで撮れるHDR記録や、スロー&クイックモーション動画の撮影にも対応します。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX992M

小型軽量でおしゃれなデザインが人気の4Kビデオカメラです。4K録画に対応しながら重さが約355gと軽いのが特徴。コンパクトで持ち運びしやすいので、運動会・学芸会・授業参観など子供も晴れ舞台を記録したい方におすすめです。

広角端30.8mmから始まる光学20倍ズームを搭載。光学式と電子式を組み合わせた「5軸ハイブリッド手ブレ補正」によって手ブレや傾きが自動で補正されるため、多彩なシーンで安定した見やすい構図の動画が手軽に撮影できます。

専用アプリでスマホと連携すれば、ビデオカメラの遠隔操作も可能。三脚に設置した状態で運動会などを撮影する際に、録画開始/停止やズーム操作をスマホから操れます。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-WX2M

高機能と高性能を備えたおすすめの4Kビデオカメラです。重さ約438gの扱いやすいボディには、ドイツの高級カメラメーカー「ライカ」と共同開発した高画質な光学24倍ズームを採用。広角端25mmから始まるのでパーティーなど室内での集合撮影にも重宝します。

「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載。また、ビデオカメラが撮影者の手ブレ傾向・撮影状況・撮影条件などを解析して自動で最適な補正効果を実現する「アダプティブOIS」も採用しているので、さまざまな状況で見やすい動画が撮影可能です。

「ワイプ撮り」に対応する可動式のサブカメラも完備。撮影者の様子を同時に記録したり、横に座った子供の様子を撮影したりなどのアイデアを動画に取り入れられます。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-WXF1M

こだわりの動画撮影に挑戦できる高性能な4Kビデオカメラです。従来のセンサーと比べて面積が約1.7倍も大きな新開発の1/2.5型センサーを搭載。夕景・夜景・室内など明るさの乏しいシーンでもノイズの少ない高画質な動画が撮影できます。

直感的なマニュアル操作が可能なのもポイント。本体下部のボタンでマニュアルモードに設定すれば、レンズ周りのマニュアルリングでズーム・ピント・絞りなどの微調整が手動で行えます。撮影者のイメージにより近付けた動画表現できるおすすめ製品です。

ライカと共同開発した広角端25mmスタートの光学24倍ズームを搭載。心理的な動きを表現できる「スローズーム」や、被写体の感情を表現できる「ドリーズーム」などシネマライクな表現も手軽に追加できます。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-X1500

本格的な映像制作にも対応できるプロ仕様の4Kビデオカメラです。単体で4K 60fpsのハイフレームレート撮影が可能。スポーツなど動きの速いシーンも、高画質を維持したまま残像感の少ない滑らかな動画として記録できます。

コンパクトながら高度なマニュアル操作が可能な2連リングを採用。ズーム・絞り・AEレベルなどの機能を割り当てることで自分に合わせたカスタマイズが可能です。最長約5時間20分の連続撮影が可能な大容量バッテリーも備えています。

暗所でも高画質な1/2.5型センサーと、ライカと共同開発した広角端25mmスタートの光学24倍ズームを搭載。また、豊富な色情報を持つ4:2:2 10bit記録にも対応するので、撮影後にカラーグレーディングで自分好みの色彩表現を追究したい方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4Kメモリームービー Everio R GZ-RY980

優れた耐候性を備えるアウトドア向けの4Kビデオカメラです。防水・防塵・耐低温・耐衝撃からなる4種の保護性能「QUAD PROOF」と、最長4.5時間の連続録画が可能な大容量バッテリーを搭載。過酷なアウトドアシーンでも故障のリスクを軽減して高画質な動画撮影が楽しめます。

SDカード用のダブルスロットを採用。64GBのSDXCカードを2枚使うことで、4K解像度でも合計で連続3時間半の長時間録画や2枚同時記録が可能です。また、4KタイムラプスやフルHDスローモーションなど多彩な撮影モードも楽しめます。

広角端30mmから始まる光学10倍ズームを搭載。スマホと連携することで、遠隔操作・カット編集・SNS投稿などが手軽に行えるWi-Fi機能も搭載しています。

ビデオカメラのおすすめモデル

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー HANDYCAM HDR-CX470

小型軽量で扱いやすく、低価格なフルHDビデオカメラです。バッテリーを含めた撮影時の重量が、215gと軽いのが特徴。本体自体も小さく、大きさや重さを気にせず長時間の動画撮影が行えるので、日常や家族旅行の記録などにおすすめです。

コンパクトながら32GBの内蔵メモリを搭載。フルHD解像度では合計で最長約3時間25分の録画ができます。ただし、付属バッテリーの連続録画時間は約1時間55分と短めのため、旅行やイベントで使用する際は予備を用意すると安心です。

広角端26.8mmから始まる光学30倍ズームを採用。安い価格ながら光学式手ブレ補正機構を搭載しており、広角側の撮影では特に優れた補正効果を発揮します。

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー HANDYCAM HDR-CX680

優れたコスパで高い人気を有するフルHDビデオカメラです。レンズとセンサーが一体となって強力に働く「空間光学手ブレ補正」を採用。公園などで子供を追いかけながら撮影する場合でも、揺れをほとんど感じさせない安定した動画が記録できます。

ミラーレス一眼「α」で培った高速・高精度な「ファストインテリジェントAF」を採用。被写体の顔や体全体を認識してピントを合わせ続ける「ロックオンAF」も搭載しているので、運動会など動きの激しいシーンでも子供をしっかりと捕捉できます。

高性能な自動シーン認識機能もおすすめポイント。ビデオカメラが撮影状況に最適な設定を合計180通りの組み合わせから自動で選ぶため、初心者でも簡単操作でハイクオリティな動画が撮影可能です。

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョンビデオカメラ HC-W590M

手軽に2画面の同時録画が楽しめるフルHDビデオカメラです。おしゃれでかわいいデザインのボディには、「ワイプ撮り」が可能なサブカメラを搭載。上下左右に動かすことで、撮影者の様子や広角視点からの動画をメインカメラ映像に重ねて記録できます。

光学式と電子式を組み合わせた「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を採用。補正効果の強弱や画面の傾きは自動で調節されるので、人混みの上から運動会を撮影する場合など不安定な体勢でも水平の取れた見やすい動画が撮影できます。

広角端28mmからスタートする光学50倍ズームを搭載。超解像技術を採用したデジタルズーム「iAズーム」を使えば、画質劣化を抑えつつ最高90倍の超高倍率撮影もできます。重さ約309gと軽量コンパクトなのもポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-F270

安い価格ながら長時間録画が楽しめるフルHDビデオカメラです。重さ約296gの小型軽量ボディには、最長で連続4時間40分の連続録画が可能な大容量バッテリーを内蔵。さらに、1.5mの耐衝撃性能と-10℃の耐低温性能を備えるので、キャンプなどの野外撮影でも重宝します。

広角端40.5mmから始まる光学40倍ズームを搭載。広角性能はやや控えめですが、電子式の手ブレ補正機能を備えるため、手持ちでも手ブレを抑えた見やすい動画が簡単に撮影できます。

スポーツの自主練習やフォーム確認に重宝する機能も充実。撮影と再生を一定間隔で自動ループさせる「セルフチェック機能」や、速すぎて見えにくいシーンをスロー再生できる「ワンタッチスロー再生機能」などを搭載しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-R480

水でも洗えるアウトドア向けのフルHDビデオカメラです。防水・防塵・耐衝撃・耐低温からなる4種の保護性能「QUAD PROOF」に対応。急な雨や砂埃のなかでも故障を気にせず使えるので、登山・キャンプ・水辺での撮影などもストレスなく楽しめます。

重さ約304gの軽量コンパクトなボディには、最長約4時間40分の連続撮影が可能な大容量バッテリーを内蔵。また、モバイルバッテリーを使って充電できるので、充電手段の確保が困難なアウトドアシーンでも残量をあまり気にせず使えます。

広角端40.5mmからスタートする光学40倍ズームを採用。また、最高画質で最長約2時間40分の記録が可能な32GBの内蔵メモリを搭載しているほか、市販のSDカードも併用できます。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-RX690

便利な機能が充実したアウトドア向けのフルHDビデオカメラです。4種の保護性能「QUAD PROOF」と、最長約4.5時間の連続撮影が可能な大容量バッテリーを搭載。過酷なアウトドアシーンでも故障を気にせず動画の撮影が楽しめます。

Wi-Fiを内蔵しているのもポイント。スマホと連携することで、専用アプリから遠隔操作が可能なほか、撮影した動画の気に入ったシーンだけをカット編集して、SNSなどへ簡単に共有可能です。また、スポーツ試合のスコアやスマホのGPS情報などを動画に埋み込めます。

液晶モニターを閉じたままでも撮影できるので、アクションカメラのような使い方にも対応。「自動風切り音カット機能」も備えており、野外撮影時でも被写体の音声をクリアに記録できます。

ビデオカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビデオカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。