発表会や運動会など子供との思い出だけではなく、旅行やアウトドアでも映像として記録を残す際に重宝するのが「ビデオカメラ」。動画の撮影がしやすい設計のため、スマホでは難しい場面でも簡単な操作で記録できるのが魅力です。

しかし、4Kモデルやサブカメラ搭載モデルなど、ビデオカメラには多種多様な機種が発売されているため、どれを買えばいいのか迷ってしまいがち。そこで今回は、ビデオカメラの選び方を踏まえた上でおすすめ機種をご紹介します。

ビデオカメラの選び方

ハンディタイプかアクションタイプをチェック

ハンディタイプ

ビデオカメラといえばこの形状を思い浮かべる方が多いであろう最も一般的なタイプ。一眼レフやミラーレス一眼と違って動画の撮影に特化して設計されています。片手だけで気軽に動画撮影が楽しめるよう、各種ボタンがビデオカメラを保持した状態から指で届く位置にあるのが特徴。初心者でも操作がしやすく、長時間の撮影でも疲れにくいのが魅力です。

また、スマホでは対応できない撮影も可能。スマホでの動画撮影では遠距離の被写体を大きく引き寄せる高倍率のズーム機能が搭載されておらず、加えて不安定な体勢で撮影するため手ぶれの影響を受けやすいのも難点です。しかし、ハンディタイプのビデオカメラには高倍率ズームと強力な手ぶれ補正機能が充実しているので、家族旅行や運動会など大事な場面での撮影でも安心して使用できます。

最近はハンディタイプのビデオカメラから派生した機種も多く登場。自撮り棒のような形状に電動スタビライザーを搭載した機種や、360°の全天球撮影が可能な機種もあります。

アクションカメラ

小さな箱型のボディに広角レンズを搭載したタイプ。防塵・防水・耐衝撃などのタフネス性能を備えており、水やホコリの侵入を防止し大きな衝撃にも耐えられるのが特徴です。そのため、アウトドアやスポーツ、ロケなどのハードな使い方が予想される用途でも故障の心配がなく、安定した撮影ができます。

アクションカメラは別名「ウェアラブルカメラ」とも呼びますが、バッグのハーネスやヘルメット、ボードなどにカメラを装着できるのも特徴。実際にアウトドアやスポーツの体験をしている人からの視点で動画を記録できるので、臨場感たっぷりの動画が楽しめます。

拡張性も優れており、各種アクセサリーによってさまざまなスポーツに対応できるのもポイント。代表的な製品には「GoPro」などがあります。

アクションカメラについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ズーム性能をチェック

運動会で活躍している子供やドッグランを駆け回るペットなど、遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影したいときに重宝するのがズーム機能です。ビデオカメラのズーム機能には光学ズームとデジタルズームの2種類が存在します。

光学ズームはビデオカメラのレンズ内に専用のズーム機構を搭載する必要があるため、ボディが大きく高価になってしまうのが難点です。しかし、デジタルズームと違ってズームによる画質劣化が起こらないので、遠くの被写体もきれいに撮影できるのが特徴です。

一方、デジタルズームはズーム機能をデジタル処理で再現するためボディを小型で安価にできるのが特徴。ただし、ズームする度に画面の一部を切り取って行うので、望遠側にズームするほど画質が劣化してしまうデメリットもあります。

最近では30倍を超える光学ズームやデジタルズームとの併用で90倍を実現した高倍率モデルも登場。しかし、運動会や家族旅行など一般的な用途では20倍の光学ズームがあれば十分に事足ります。

手ぶれ補正の性能をチェック

初心者がビデオカメラを使用して撮影する際、失敗の主な原因となるのが手ぶれ。撮影時に腕や手首の微細な振動がカメラに伝わることで、動画全体がぼやけて不鮮明になってしまう現象です。ビデオカメラにはこの手ぶれを効果的に補正できる機能が搭載されていますが、補正方式には光学式と電子式の2種類が存在します。

光学式はズームと同様に専用の手ぶれ補正機構を搭載する必要がありますが、手ぶれをリアルタイムで補正できるので残像がなく、ズーム中でも効果的に手ぶれを抑えられるのがメリット。一方、電子式は補正をデジタル処理で行うのでボディをコンパクトにできますが、補正性能では光学式には敵いません。

以上のことを踏まえると、多少高価で本体が若干大きくなっても光学式の手ぶれ補正に対応しているビデオカメラを選ぶとよいでしょう。特に、ソニーでは「空間光学手ぶれ補正」、パナソニックでは「新ハイブリッド手ぶれ補正」に対応した機種がおすすめです。

4KかフルHDかをチェック

動画の画質を決めるのが解像度で、ビデオカメラにはフルHD仕様の通常モデルと4Kに対応した高画質モデルの主に2種類が存在します。フルHD(1920×1080)は一般的な解像度で広く利用されており、YouTubeの高画質配信でも主流となっているものです。記録に必要なデータ容量があまり多くなく、動画の閲覧に専用の対応機器が必要ないのもポイント。

一方、4K(3840×2160)はフルHDの4倍となる解像度を持つ超高画質が特徴です。植物の葉脈や人肌のトーンまできめ細かく描写でき、色彩も濃厚かつ鮮やかに表現できます。ただし、データ容量がとても多いので長時間の撮影には向かないほか、動画の閲覧には4Kテレビなどの対応機器が別途必要です。

将来的に高画質テレビの導入に備えて少しでも高画質で記録を残しておきたい場合や本格的な動画作品を制作したい場合は4Kモデルが向いています。しかし、一般的な用途では現在でもフルHDモデルで十分に事足ります。

その他の機能をチェック

ワイプ撮り

ワイプ撮りは、パナソニックが発売する一部のビデオカメラに採用されている特殊撮影機能。液晶モニターの端に搭載された広角のサブカメラを使用することで、メインカメラとは別に動画を記録した動画をメインカメラで撮影した動画の隅に重ねて表示できます。

主に3つの用途に活用が可能。メインカメラで子供を撮影しつつ撮影者である自分の様子も同時に記録、運動会や発表会で子供をメインカメラで大きく写しつつ全体の雰囲気をサブカメラで記録、水族館のイルカショーでパフォーマンスをメインカメラで写しつつサブカメラで横で楽しむ子供の様子を記録などがあります。

また、本体内蔵のサブカメラだけではなく、複数台のスマホともWi-Fiを介して連携できるのもポイント。サブカメラでは難しいアングルからでもサブ動画を記録できます。

顔認証機能

運動会や発表会で子供の顔だけにピントを合わせるのは至難の技。顔認証機能が搭載されたビデオカメラであれば、液晶モニターに検出表示された複数の顔のなかから子供の顔をタッチするだけで簡単にピントが合わせられます。ピントだけではなく肌のトーンなどの明るさも自動で調整してくれるのも魅力です。

最近では大半の機種に標準搭載されている機能ですが、JVCケンウッドのビデオカメラには特定の個人を登録して顔認証機能が使用できる機種も登場。子供や友人など頻繁に撮影する人物の顔と名前を事前登録しておくことで、ビデオカメラがその人物を自動的に認識して表示しピントを合わせてくれます。

内蔵プロジェクター

内蔵プロジェクターは、ソニーが発売する一部のビデオカメラに採用されている機能。液晶モニターの裏側に搭載された内蔵プロジェクターを使用することで、壁や天井をスクリーン代わりにして撮影した動画を表示できます。出力可能なサイズは10〜100インチ。スマホやタブレットはもちろん、テレビよりもさらに大きな画面で大迫力に動画を楽しめます。

また、一般的なプロジェクターのようにテレビやパソコンに接続しなくてもビデオカメラ単体で動画の投影ができるのもポイント。自宅のリビングはもちろん、宿泊するホテルの室内でも気軽に上映会が楽しめるので、旅先でその日に撮影した動画を家族や友人と観る用途にもおすすめです。

高性能マイクとマイボイスキャンセリング

ソニーのビデオカメラには、高性能マイクを搭載しているモデルがラインナップされています。動画では音質も重要な要素ですが、高性能マイクを搭載した機種は5方向から音声を集音してノイズも抑えてくれるので、原音に近い音質のステレオ録音が可能です。

また、ソニーの一部機種に搭載されている「マイボイスキャンセリング」も魅力。運動会で子供を撮影をしていると、つい熱くなって大声で応援した音声が動画に記録されてしまうことがあります。しかし、マイボイスキャンセリング対応ビデオカメラであれば、カメラ本体の左後方にいる撮影者の声援は音量を小さく抑えてくれるので、自分の声を遠慮することなく撮影が楽しめるのが魅力です。

電子ファインダー

一部のハイエンドモデルにのみ搭載されている便利な機能。電子ファインダーとは覗き窓を通して小さな液晶モニターを見られる機構で、周囲の光に関係なく構図をしっかりと確認できるのがメリットです。

通常ビデオカメラの撮影では液晶モニターで構図を確認しながら行いますが、晴天時など太陽の光が強い場合は液晶が見えにくいのが難点。しかし、ビデオカメラに電子ファインダーが搭載された機種であれば、どんな状況でも関係なく構図確認に集中して撮影が進められます。

また、撮影時はビデオカメラを片手だけではなく顔でも支えられるので、手ぶれをより効果的に抑えられるのもポイント。人混みで安定した撮影姿勢が取れないなど厳しい条件での撮影にもおすすめです。

あとから補正

パナソニックの4Kビデオカメラに搭載されている編集機能で、4K解像度で撮影した動画を素材にして多彩な効果を後から編集で擬似的に適用が可能。画面内の子供をタップして顔認識で自動追尾させたり、さらに大きくズームしたりパンしたり、手ぶれの影響を軽減するなどの効果が使用できます。また、4K動画から800万画素の静止画を切り出すことも可能です。

「あとから補正」機能の効果を適用した動画はフルHD解像度での記録となりますが、撮影後にも意図通りの動画に仕上げられるチャンスを得られるのが魅力。ビデオカメラの操作や撮影に慣れていない初心者でも満足できるクオリティの動画が楽しめます。

ビデオカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本を代表する映像・音響機器の総合メーカーです。ここ数年はフルサイズミラーレスカメラの「α7シリーズ」が人気を博していますが、ビデオカメラのメーカーとしても大きなシェアを保有。同社のビデオカメラは1985年の登場以来「ハンディカム(Handycam)」というブランド名で展開され、動画文化を一般の家族層へ普及させてきました。

ソニーのハンディカムは強力な手ぶれ補正機能が特徴。レンズとイメージセンサーが一体化したユニット全体で補正を行う「空間光学手ぶれ補正」は、不安定な体勢で撮影していても即座に手ぶれを滑らかに補正してくれます。

また、動画の画質だけではなく音質にもこだわっているのもハンディカムの特徴。5方向からの集音が可能な高性能マイクや撮影者の声援をカットできるマイボイスキャンセリング機能など、高音質での録音をサポートする機能が充実しています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

洗濯機や冷蔵庫などの白物家電からテレビ、ミラーレスカメラなどの最新デジタル家電まで数多くの分野の家電を発売している、日本を代表する総合家電メーカー。ビデオカメラの分野でも1985年以来ソニーと共に市場を牽引しており、二大巨頭の片方として魅力的な製品を開発し続けています。

パナソニックのビデオカメラは「ワイプ撮り」機能が特徴的。メインカメラからの撮影動画とは別にサブカメラでも撮影ができ、撮影者とは別の視点からも録画が楽しめるので、子供の記録動画に自分も写りたい親や多彩なアングルからの撮影をしたい方に人気があります。

また、「あとから補正」も同社のビデオカメラを代表する機能のひとつ。撮影した4K動画を元にパンやズーム、顔認証トラッキングなどの効果を後編集で擬似的に加えられます。単に高画質な4K動画を撮るだけではなく、それを活用した表現を気軽に使用できるのが魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

ヘッドホンやオーディオコンポなどの音響機器や家庭用の高画質プロジェクターを主に発売するAV機器メーカー。「Everio R(エヴェリオR)」というブランド名でビデオカメラも取り扱っており、ソニーとパナソニックに次ぐ3番目の市場シェアを持っています。

JVCケンウッドの「エヴェリオR」は強力なタフネス性能を持っているのが特徴。雨に強い「防水」、細かな砂ぼこりも安心な「防塵」、落下に強い「耐衝撃」、-10℃でも使える「耐低温」という4つの保護性能を備えており、ハードな使い方が予想されるアウトドアやスポーツなどの用途でも気兼ねなく撮影が楽しめます。

高い防水性能を維持するためにバッテリーは内蔵型を採用しており、交換はできません。しかし、バッテリー容量が大きいため、長時間の使用でも残量を気にすることなく撮影が楽しめるのもポイントです。

ビデオカメラのおすすめ|ソニー

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー Handycam HDR-PJ680

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー Handycam HDR-PJ680

豊富な機能が魅力のフルHDビデオカメラ。空間光学手ぶれ補正機能を搭載しているため、子供やペットを追いかけながらの撮影はもちろん、明るさの乏しい室内での発表会でも、手ぶれを滑らかに補正した高精細な動画が撮影できます。

ズーム倍率は光学30倍、内蔵メモリは64GBを搭載し、バッテリーの連続撮影時間は約2時間40分。本体重量も約375gと軽いので、長時間の撮影でも手首や腕が疲れにくいのもポイントです。

また、本機は内蔵プロジェクターを搭載しているのも特徴。テレビやパソコンに接続しなくても、ビデオカメラ単体で最大100インチ相当のサイズまで撮影した動画を壁や天井に投影できるので、観光やイベント後の上演会がすぐに楽しめます。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX45

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX45

エントリーモデルの4Kビデオカメラ。4K動画はフルHDよりも高解像な分手ぶれの影響が強く現れてしまうのが難点ですが、本機では空間光学手ぶれ補正の強力な補正効果で初心者でも高画質な4K動画が気軽に撮影できます。

ズーム倍率は光学20倍、内蔵メモリは64GBを搭載し、バッテリーの連続撮影時間は4K録画で約2時間40分。高性能マイクやマイボイスキャンセリング機能にも対応しており、動画だけではなく音声も高品質なのも本機の魅力です。

4KビデオカメラはフルHDモデルと比べて高価なのが難点。しかし、赤ちゃんのときから4Kで撮影しておけば子供が成長したときにより高画質な動画で思い出を振り返れるので、家族の記録におすすめです。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX700

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX700

ワンランク上の高画質と高速AF性能を備えたソニーが誇る4Kハンディカムのフラグシップモデル。高級コンパクトカメラにも使用される大型の1インチ積層型イメージセンサーを搭載しているので、高精細なだけではなく美しいボケ味とノイズの少ないきれいな低照度撮影が楽しめます。

また、ミラーレスカメラのαシリーズにも採用される「ファストハイブリッドAF」に対応しているのも特徴。高速で動き回る子供やペットでも的確に捉えて撮影できるので、運動会やスポーツ大会の撮影にもおすすめです。

ズーム倍率は光学12倍、バッテリーの連続撮影時間は4K録画で約3時間10分で、内蔵メモリは非搭載なので録画には別売のSDカードが必須。電子ファインダーのほか、より広いダイナミックレンジの映像を記録できる4K HDR撮影にも対応しています。

ビデオカメラのおすすめ|パナソニック

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョンビデオカメラ W585M

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョンビデオカメラ W585M

4万円前後で購入できるリーズナブルなフルHDビデオカメラ。安い価格にも関わらず、強力な補正効果を持つ5軸ハイブリッド手ぶれ補正や逆光でもきれいに撮影できるHDR動画機能などを備えたコスパの高さが魅力です。

本機はパナソニック独自のワイプ撮り機能に対応。サブカメラで撮影した動画をメインカメラ動画に組み合わせることで、撮影者の視点だけに限られない多彩なアングルからの動画表現が楽しめます。また、スマホとも連携が可能で、ワイプ撮りの子画面にスマホの映像を表示するといった使い方もできます。

ズーム倍率は光学50倍、内蔵メモリは64GBを搭載し、バッテリーの連続撮影時間は約1時間55分。本体重量も約266gと軽いので、発表会など長丁場の撮影でも疲労を感じにくいのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX990M

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX990M

コスパに優れた4Kビデオカメラのスタンダードモデル。4Kの超高画質撮影に対応しているにも関わらず、5万円台という安い価格で購入できるのが魅力です。

イメージセンサーにはフルHDモデルよりも大型の1/2.3型センサーを搭載。逆光に強いだけではなく低照度環境にも有効なので、暗い室内で寝ている赤ちゃんなどもきれいに撮影できます。

ズーム倍率は光学20倍、内蔵メモリは64GBを搭載し、バッテリーの連続撮影時間は4K録画で約1時間25分。ワイプ撮りには非対応ですが、「あとから補正」機能に対応しているので、撮影した4K素材を加工することで初心者でも簡単に多彩な動画表現を楽しめます。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-WXF1M

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-WXF1M

パナソニック4Kビデオカメラのフラグシップモデル。イメージセンサーには1/2.5型の裏面照射型高感度センサーが搭載されているので、光量の乏しい室内や夜間でもノイズの少ない高画質な動画が撮影できます。

便利な機能を数多く搭載しているのも特徴。新ハイブリッド手ぶれ補正は使用する度に撮影者の癖をAIが学習して状況に最適な補正をしてくれるので、より確実に手ぶれを抑えた撮影が可能です。ワイプ撮りやHDR動画、あとから補正などの機能も搭載しています。

ズーム倍率は光学24倍、内蔵メモリは64GBを搭載し、バッテリーの連続撮影時間は4K録画で約2時間25分。マニュアルリングやシネマライク機能など、本格的な映像表現をサポートする機能も搭載されています。

ビデオカメラのおすすめ|JVCケンウッド

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-RX680

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイビジョンメモリームービー Everio R GZ-RX680

4万円台と安い価格で購入できる耐久性に優れたフルHDビデオカメラ。防水・防塵・耐衝撃・-10℃耐低温という4種の保護性能を持つ「QUAD PROOF」に対応しているため、アウトドアやマリンスポーツなどのハードな用途にもおすすめです。

ズーム倍率は光学40倍、内蔵メモリは64GBを搭載。保護性能を維持するためバッテリー交換には非対応ですが、大容量バッテリーを搭載しているので最大約4時間20分の長時間撮影ができます。

Wi-Fiを介してスマホやタブレットに複数の動画を同時転送が可能。また、比較再生に対応しているのもポイントで、専用のタブレットアプリを使用することで2つの動画の並列比較やミラー再生が可能なので、ダンスなどの練習動画を確認する際にも活躍します。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4Kメモリームービー Everio R GZ-RY980

JVCケンウッド(KENWOOD) 4Kメモリームービー Everio R GZ-RY980

高い耐久性と高画質な4K撮影機能を搭載しているにも関わらず、5万円台という安さが魅力のコスパに優れた4Kビデオカメラ。防水・防塵・耐衝撃・-10℃耐低温の「QUAD PROOF」に対応しています。

高画質画像処理エンジンと高解像レンズによって高精細な4K撮影が可能。また、4Kタイムラプス撮影にも対応しているので、街の往来や雲の動きなど長い時間をかけてゆっくりと移り変わる場面を印象的に表現ができます。

ズーム倍率は光学10倍、録画には別売のSDカードを使用。4K録画で最大4時間20分の撮影が可能な大容量バッテリーはUSB給電にも対応しているので、モバイルバッテリーで充電しながらの撮影もできます。

ビデオカメラのおすすめ|その他

リコー(RICOH) 360度全天球カメラ THETA V

リコー(RICOH) 360度全天球カメラ THETA V

高画質な全天球動画の撮影が楽しめる4Kビデオカメラ。本機では周囲の景色を上下・左右360°丸ごと取り込んだ写真や動画が撮影できます。4Kの超高画質記録にも対応しているので、旅行やイベントで周囲の風景すべてを背景に記念撮影するのにもおすすめです。

4K解像度でのライブストリーミングにも対応。YouTubeから旅先の様子などを世界中に配信できます。また、立体音響での高音質録音に対応しているのもポイント。動画だけではなく音声も360°仕様で記録できるので、自然なステレオ音声の動画が楽しめます。

スマホの専用アプリが充実しているのもポイント。動画の取り込みやシェアのほか、動画の加工も簡単操作でできるので、初心者でも気軽にVR動画の制作や投稿が楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) 4K3軸ジンバルカメラ OSMO POCKET

ディー・ジェイ・アイ(DJI) 4K3軸ジンバルカメラ OSMO POCKET

3軸スタビライザーを備えたポケットサイズの4Kビデオカメラ。手のひらに収まる約116gの軽量ボディなので、いつでも気軽に高品質な動画撮影が楽しめます。

4K解像度で60fpsのハイフレームレート撮影に対応。運動会やペットなど動きの激しい被写体が対象でも滑らかな表示の動画が記録できます。また、強力な手ぶれ補正機能を備えているため、走る子供を追いかけながら撮影する場面でも十分に対応が可能です。

本体は1インチの液晶モニターを備えるほか、付属のアダプターでスマホを接続してタッチモニターとしても使用が可能。顔認証機能を応用し被写体の自動追尾が可能なアクティブトラックや、撮影者の目線に合わせた迫力のあるアクション撮影が可能なFPVモードなど、多彩な撮影機能を搭載しているのも魅力です。

ビデオカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビデオカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。