「GoPro」は、アクションカメラのなかでもアウトドアやスポーツシーンなど激しい動きが伴う撮影をスムーズにできるため、迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。ただし、製品ラインナップが複数あり、何を選べばよいか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、業界を牽引しているともいえるGoProのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

GoProとは?

By: amazon.co.jp

GoProは激しいスポーツやアクティビティ、マリンスポーツの撮影を得意としているアクションカメラです。いわゆるデジタルビデオカメラの一種で、カメラ本体の小ささ以外にも、耐久性の高さや防水防塵性能に優れている特徴があります。

また、一般的なビデオカメラでは撮影が難しい場所に取り付けられるのがポイント。例えばサーフボードの上や、野生動物の巣穴などに設置すれば、これまでとは異なるアングルで非日常な映像を撮影できます。

ヘルメットや自転車、バイクなどに固定することで、自分が見ている景色や体験しているアクティビティを一人称視点で撮影することも可能。臨場感たっぷりの映像を記録できます。

さまざまなシチュエーションで撮影領域を大きく広げてくれるため、アクティブなユーザーにおすすめです。

GoProでできること

水中撮影

By: amazon.co.jp

GoProのアクションカメラは高い防水性能を備えているのが特徴で、10mまでの水深に対応可能です。手首にカメラを固定できるストラップやハンドグリップなどのアクセサリーも充実しているので、海辺でシュノーケリングを楽しみながら、海中を撮影することもできます。

また、専用の防水ハウジングを装着すれば、最大水深60mまで潜れるようになるので、本格的なスキューバダイビングの撮影にも対応可能。GoProがあれば自分が体験したマリンスポーツの楽しさや、水中の美しい風景を撮影できるのも魅力です。

スポーツ撮影

By: amazon.co.jp

GoProには吸盤でカメラを固定できるマウントが用意されているのもポイント。サーフボードやスノーボード、スケートボードにも取り付けることが可能なため、さまざまなスポーツシーンの撮影ができます。

また、頭部にカメラを固定できるヘルメットマウントや胸部に固定できるチェストハーネスも用意されているので、よりプレイヤーの目線に近いアングルからの撮影も可能。迫力が伝わる映像を手軽に撮れるのもポイントです。

ハイエンドクラスのモデルであれば手ブレ補正機能も良好。激しく動きながら撮影しても、滑らかで美しい動画を撮影できます。

旅行撮影

By: amazon.co.jp

GoProはコンパクトなので収納時もかさばらず、アウトドアやスポーツ以外にも、旅行中に撮影するのもおすすめです。撮りたいと思ったときにもすぐに取り出して気軽に撮影ができます。

頭や胸部に装着するマウントやザックのハーネスに取り付けることが可能なので、旅行を楽しみながら手ぶらで撮影できるのも魅力です。

また、GoProはドローンと組み合わせて使える機種もあります。迫力ある空撮にも対応できるので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

自撮り撮影

By: gopro.com

SNSなどの普及によって、撮影方法のひとつとして確立した「自撮り」。GoProはコンパクトかつ、自撮り棒と同じように伸びるハンドグリップがアクセサリーとして用意されているので、スムーズに自撮り撮影が行えます。

また、ボイスコントロールコマンドを搭載したモデルであれば、手で操作しなくてもユーザーの呼びかけで操作できるので便利。手を離したままの状態でも、ビデオの録画や写真の撮影など遠隔操作できます。

音声コマンドは14~16種類あり、7か国語の言語やアクセントを認識するため、さまざまなユーザーに対応することも可能です。

車載撮影

By: amazon.co.jp

GoProがあれば、バイクなど乗り物に乗りながらの撮影も可能です。カメラを頭部に固定するヘルメットマウントはもちろん、ハンドルバーやシートに固定できる車載用のアクセサリーも充実しているので、走行中の様子を迫力のあるアングルから撮影できます。

カメラ単体でも高い防水性能を備えているため、悪天候にも対応可能。防塵機能も充実しているので、雨や砂埃を気にすることなく、スピード感と迫力のある映像を撮影できます。

ペット視点撮影

犬や猫を飼っていると、ペットがどんな視点で世界を見ているのか飼い主は気になるところ。動物目線の撮影もGoProであればスムーズに対応できます。

純正アクセサリーのラインナップのなかには犬用のハーネスもあり、胸部または背中にアクションカメラを固定して、犬の視点で映像を撮影可能。なお、サードパーティ製のなかには猫にも対応するアイテムもあるので、気になる方はチェックしておきましょう。

タイムラプス撮影

By: gopro.com

タイムラプス動画は、時間の流れを一定間隔で撮り収めた動画のことを指します。従来のモデルであれば撮影した何百枚もの画像を合成することが多いですが、GoProのアクションカメラであれば撮影後に自動合成するため、簡単にタイムラプス動画の作成が可能です。

また、上位モデルのなかにはTimeWarpビデオ機能が搭載されており、滑らかで安定感のあるタイムラプス動画撮影ができます。さらに、2~8倍のスローモーション撮影にも対応しており、ベストショットを高画質で記録することが可能です。

空撮

By: amazon.co.jp

GoProには、別途カメラを組み合わせることで空撮ができるドローン「Karma」もラインナップされています。同ブランドのアクションカメラを組み合わせることで、快適な空撮が可能です。

価格はやや高価ですが、ゲーム感覚でコントロールできる操作性やコントローラー追跡機能など、初心者でも比較的容易に扱えるのが特徴です。

全天球撮影

By: amazon.co.jp

全天球撮影とは、カメラを中心として風景を360°の全方位から撮影するもので、吸い込まれるような映像美が特徴。GoProの現行モデルでは「GoPro Fusion」が対応しており、魅力的な景色を撮影できます。

4Kを上回る高画質に対応できるほか、カメラ本体に4つのマイクを搭載することで360°音声をカバーしているのがポイント。現場の空気をよりリアルに楽しめる、ハイクオリティな動画に仕上がります。

GoProの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

GoProを購入する際は、利用用途に合った機能や性能を選択することが大切です。例えば、スキーやマウンテンバイクを楽しみたい方は、「HyperSmooth 2.0」や「Max HyperSmooth」など水平維持機構を搭載した機種を選ぶことで、滑らかな映像を撮影できます。

また、マリンスポーツをする方であれば、ハウジングを必要としない防水性能を有したモデルを選ぶのがおすすめ。VR動画を作りたい方は、360°カメラを搭載したモデルを選ぶのがベストです。

アクティビティの決定的な瞬間を押さえたい方はスローモーション機能の有無を、移動中に一人称視点で撮影したいときは「TimeWarp」の機能が搭載されているかどうかをチェックしましょう。

画質で選ぶ

きれいな映像を撮影したいと思っている方は、GoProの対応画質をチェックしましょう。上位機種であればあるほど画質が高く、例えば「HERO7 Black/Silver」や「HERO8 Black」のモデルであれば、4K画質に対応しています。

また、表現できる明るさの幅を広げられるHDR(ダイナミックハイレンジ)に対応していれば、夜景をよりきれいに撮影できるのがメリットです。

その他機能をチェック

By: gopro.com

GoProの機種によっては、撮影の幅を広げたり撮影後の共有をスムーズに行えたりする機能を搭載しているモデルもあります。旅行中に撮った写真や動画を頻繁にSNSへ投稿する方は、スマホへの自動取り込み機能やアプリとの連携機能があると非常に便利です。

また、自撮り棒やマウントによって撮影するときは、音声コントロールができるモデルを選ぶことでGoProを快適に操作できます。さらに、ライブストリーミング機能が付いている機種では、YouTubeなどの動画プラットフォームへリアルタイムに配信できるのが魅力です。

GoProのおすすめモデル

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black CHDHX-801-FW

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black

アクティビティ撮影をライフワークとするユーザーから絶大な人気を誇る、GoPro HEROシリーズのモデルです。「HyperSmooth 2.0」機能の搭載によって前機種HERO7よりブレ補正性能がさらに向上。悪路でのモータースポーツやスノーボードでも滑らかで安定した映像が撮影できます。

タイムラプス機能も進化。「ナイトラプス」機能を使えば光量の少ないシーンでもきれいなタイムラプス映像が撮れるので、夜景や星空の動画を鮮明に記録が可能です。また、移動しながらタイムラプス撮影を行う「TimeWarp 2.0」では、旅先の風景も現実離れした迫力のある映像で撮影できます。

そのほか、ビルトインマウントを搭載しているのでアクセサリーとの接続もスムーズ。モジュラーシステムの採用によって、自撮り用のフリップスクリーン・動画撮影用のLEDライト・ショットガンマイクを追加することで、カスタマイズできます。アウトドアシーンで本格的なアクティビティ動画を制作したい方にもおすすめです。

ゴープロ(GoPro) MAX CHDHZ-201-FW

ゴープロ(GoPro) MAX

多彩な撮影スタイルが楽しめるGoPro新シリーズの全天球360°アクションカメラです。3つのカメラを1台のボディにまとめて搭載。通常のHEROスタイルでの撮影に加えて、2基の魚眼レンズを使って周囲の風景を丸ごと記録する全天球撮影も楽しめます。

「Max HyperSmooth」による強力なブレ補正効果で安定して見やすい360°動画を実現。「Max TimeWarp」機能を使えば、周囲を360°丸ごと収めた迫力のモーションタイムラプスも撮影が可能です。また、6基のマイクを内蔵しており、360°動画に相応しい臨場感の立体音響が録画できます。

背面にタッチスクリーンを搭載しているのもポイント。セルフィー(自撮り)撮影時の構図確認用としても使えます。360°動画の解像度は6K(ステッチ合成後は5.6K)。専用のスマホアプリを使えば、通常の動画や写真へも簡単に変換可能です。旅先での感動を映像で伝えるビデオブログの撮影にも重宝します。

ゴープロ(GoPro) HERO7 Black CHDHX-701-FW

ゴープロ(GoPro) HERO7 Black

高画質な4Kアクションムービーが撮影できる高性能なアクションカメラです。本製品は、発売以来高く評価されてきたGoPro HEROシリーズのハイクラスモデルですが、後継モデルの発売によって価格がより入手しやすくなっています。

本製品の魅力は4K録画に対応している点。特に、4K60pのハイフレームレート撮影が可能なので、動きの速いスポーツ動画も残像感の少ない滑らかな描写で記録できます。「HyperSmooth」機能が搭載されているため、ブレ補正効果が高いのも魅力です。ジンバルを使用したときのような安定した4K動画が撮影できます。

HD解像度でのライブストリーミングも可能。さらに、モーションタイムラプス撮影機能の「TimeWarp」も搭載しているので、旅先の感動をフォロワーと印象的な映像で共有できます。

「音声コントロール」に対応するのもポイント。アクティビティ中で両手が塞がっているような場合でも電源オンや撮影開始などの操作が音声で行えます。

ゴープロ(GoPro) HERO7 Silver

ゴープロ(GoPro) HERO7 Silver

GoPro HERO7シリーズのミドルクラス4Kアクションカメラです。現行機種のなかでも安い価格で購入できるので、これからアクティビティ動画の撮影を始めたい方に適しています。

上位モデルと比較すると、強力なブレ補正機能「HyperSmooth」やモーションタイムラプス撮影機能「TimeWarp」、情報確認用のフロントディスプレイなどが省略。4K動画撮影時のフレームレートは最大で30pまでですが、よほど高速なシーンを撮影しないかぎりは十分に滑らかな動画を記録できます。

また、ボディ単体で水深10mまでの防水性能を備えているので、サーフィンやシュノーケリングでも使用が可能。スマホ閲覧に適した縦向き動画の撮影にも対応しており、専用アプリからはInstagramなどSNSへの投稿もスムーズに行えます。

ゴープロ(GoPro) HERO Session CHDHS-102-JP

ゴープロ(GoPro) HERO Session CHDHS-102-JP

GoPro Sessionシリーズのおすすめエントリーモデルです。本モデルは防水ハウジングを必要とせず、水中で気軽に撮影を行えるのが嬉しいポイント。解像度は1440p30・1080p60・720p10と良好です。

また、デュアルマイクシステムを採用。撮影中の風切音やノイズを自動的に感知して除去することで、よりクリアなサウンドで楽しめます。搭載されるSuperViewモードによって、旅先の風景を臨場感あふれるワイドアングルで撮影できるのが魅力です。

さらに、0.5~60秒間隔で行えるタイムラプス撮影機能や、1秒あたり最大10フレームで行えるバースト撮影機能を搭載しています。そのほか、撮影時のみに電力を使用するため、バッテリー寿命が長持ちするのもポイント。旅行やアクティビティで活躍する、おすすめのGoProです。

ゴープロ(GoPro) HERO CHDHB-501-RW

ゴープロ(GoPro) HERO CHDHB-501-RW

操作性や連携機能に優れた、おすすめのGoProです。背面に搭載されている2インチのタッチスクリーンを使って、フレーミングや映像チェック、撮影モードの切り替えなどを簡単に行えます。

また、音声コントロール機能を搭載しているのもポイント。「GoPro ビデオ スタート」「GoPro 写真」のように声をかけるだけで、簡単に撮影を始められるのが特徴です。

さらに、GoProアプリと連携することが可能。連携したスマホを使って遠隔操作や画像のシェアなどをすぐに行えます。スマホへの自動取り込み機能によって、撮影したデータをそのままアプリへ転送し、SNSへすぐにシェアできるのも魅力です。

本モデルはGoPro Plusのサービスに対応し、登録することでクラウド上へ写真やビデオを自動でバックアップできます。マリンスポーツや登山など、幅広いアウトドアで活躍する、おすすめのGoProです。

ゴープロ(GoPro) Fusion CHDHZ-103-FW

ゴープロ(GoPro) Fusion CHDHZ-103-FW

5.2Kの高画質に対応した、おすすめのGoProです。360°の撮影機能やサウンド機能を有し、臨場感あふれるVR映像を作成できるのが魅力。「OVERCAPTURE」機能によって、360°で撮影した動画や写真をビデオに変換して素早く共有できます。

また、ジンバルを別途用意しなくとも、ブレが少なく滑らかな映像を撮影できるのが特徴。音声コントロール機能を利用すれば、友人や家族とシームレスに撮影できます。アクティビティをより大胆に、きれいに撮影したい方におすすめです。

GoProにおすすめの純正アクセサリー

ゴープロ(GoPro) KARMA GRIP Ver2.0 AGIMB-004-JK

ゴープロ(GoPro) KARMA GRIP(Ver2.0) AGIMB-004-JK

GoProの手振れを抑えられる専用アクセサリー。HERO4 SilverとHERO4/5/6/7 Blackに対応し、本製品に装着することで、激しいアクティビティでも滑らかな映像を撮影できるのが魅力です。

充電時は、GoProカメラをセットしたまま一緒に行えるのがポイント。バッテリーは一回の充電で最大2時間使用できるのが嬉しい点です。別売のGoPro Superchargerを購入すれば、最大70%も高速に充電できます。

さらに、Karmaドローンに装着することで、安定した空撮を行うことが可能。ドローンの飛行中にスイッチの切り替えや撮影、モード変更といった操作を自在に行えます。撮影直後は、カメラ接続を切断する必要なくそのまま保存場所へ取り込めるのも魅力です。

サンディスク(SanDisk) Extreme microSDXC カード 128GB

サンディスク(SanDisk) Extreme microSDXC カード 128GB

GoProで撮った動画をたくさん保存しておくために必要な、おすすめのSDカード。本製品はフルHD画質だけでなく、4K画質の動画を保存できるのが魅力です。

また、防水、耐衝撃、耐温度、耐X線の設計が施され、海でのサーフィンなど激しいアクティビティにも耐えられます。規格はUHS Speed class U3、Video Speed class V30に対応。万一の容量不足が心配な方におすすめのアクセサリーです。

ゴープロ(GoPro) チェストマウント ハーネス Ver.2.0 AGCHM-001

ゴープロ(GoPro) チェストマウント ハーネス(Ver.2.0) AGCHM-001

胸部からダイナミックな映像を撮影したい方におすすめのチェストマウント。本製品はクッション性や通気性に優れ、自転車やバイクなどのアクティビティでも使いやすいのが魅力です。

また、特殊設計の「クイックリリースバックル」を採用。手袋を付けた状態でも簡単に着脱可能です。チェストマウントを活用することで、普段とは違った視点から決定的な瞬間を捉えられます。

ゴープロ(GoPro) ザ・ストラップ Ver.2.0 AHWBM-002

ゴープロ(GoPro) ザ・ストラップ (Ver.2.0) AHWBM-002

手や手首に装着して使用できるおすすめのマウントです。ハンドストラップ、リストストラップ、回転式マウントの3つが付属。スキーやダイビング、乗り物などの撮影において、さまざまなアングルでPOV動画を撮影できます。

また、360°回転させ、最適な撮影角度を自由に模索することが可能。付属のリストは調節範囲が広いため、どのような体型でもマッチします。個性あふれる動画を撮影、共有したい方におすすめのマウントです。

ゴープロ(GoPro) SEEKER Ver.2.0 AWOPB-002

ゴープロ(GoPro) SEEKER(Ver.2.0) AWOPB-002

GoPro専用のおすすめデイパック。容量18Lで、マウントやノートパソコンなどを気軽に収納できます。上部にあるコンパートメントには、最大5台までのGoProカメラ、microSD、バッテリーなどを入れられるのが魅力です。

また、チェストマウントやショルダーマウントを付属し、本製品一つでさまざまな角度の撮影を行えます。サイズは508×292×229mm。マウントや専用アクセサリーをたくさん収納できる、おすすめのデイパックです。

ゴープロ(GoPro) グリップ/アーム/三脚 3-Way AFAEM-001

ゴープロ(GoPro) グリップ/アーム/三脚 3-Way

GoProユーザーから高い人気を集めている多機能なアクセサリーマウントです。1台でカメラグリップ・延長アーム・三脚という3種類の使い方ができるのが特徴。延長アームは最長で56cmまで伸ばせるので、ハイアングルから自撮りをする際にも役立ちます。

アームを折り畳めばカメラグリップに早変わり。歩行中や乗り物の乗車中でもブレを抑えて構図の安定した動画が撮影できます。さらに、グリップの底部にはミニ三脚が収納されているのもポイント。地面などに自立させた状態で置けるので、夜景や星空のタイムラプス撮影を行うときなどに重宝します。

ゴープロ(GoPro) ミニ延長ポール+三脚 Shorty AFTTM-001

ゴープロ(GoPro) ミニ延長ポール + 三脚 Shorty

アクティブな女性を中心に人気の小型カメラグリップです。重量が64gと軽く、折り畳み時の長さが11.7cmとコンパクトなのが特徴。ポケットに入れて簡単に持ち運べるので、アウトドアや旅行のお供におすすめです。

伸長時は最大22.7cmまで伸ばせるため、自撮りやグループショット、撮りにくいアングルからの撮影も自由自在に楽しめます。さらに、グリップ部分を展開すればミニ三脚としても使えるのが特徴。地面に置いてローアングルからの撮影やタイムラプス撮影も楽しめます。

ゴープロ(GoPro) ヘッド ストラップ+QuickClip ACHOM-001

ゴープロ(GoPro) ヘッド ストラップ + QuickClip

GoProをウェアラブルカメラとして活用できる2種類のセットマウントです。ヘッドストラップはヘルメットやニット帽などを介してGoProを頭部に装着できるのが特徴。両手が自由になるので、目の前のアクティビティに没頭しつつ臨場感の高い動画が自然に撮影できます。

QuickClipは帽子やバッグのストラップにGoProを装着できるアクセサリー。ザックのショルダーストラップなど、口から近い位置に装着すれば音声もはっきりと録音できるので、街歩きやハイキングの様子を伝えるレポート動画の撮影にもおすすめです。

ゴープロ(GoPro) デュアルバッテリーチャージャー+バッテリー AJDBD-001-AS

ゴープロ(GoPro) デュアルバッテリーチャージャー+バッテリー

GoPro HEROシリーズのバッテリーを2台同時に急速充電ができる充電器と予備バッテリーのセットです。TimeWarpやスーパーフォトなど多彩な撮影が楽しめるGoProですが、バッテリーの持ち時間が気になる場合があります。

しかし、本アクセサリーを使えば2台のバッテリーを同時に急速充電できるので、ヘビーユーザーの方も安心。各バッテリーの充電状態はLEDインジケーターで確認もできます。また、同じく周辺機器として展開されているSuperchargerと併用すれば、充電時間をさらに最大38%まで高速化できるのも魅力です。

ゴープロ(GoPro) 国際デュアルポート充電器 Supercharger AWALC-002-AS

ゴープロ(GoPro) 国際デュアルポート充電器 Supercharger

GoProを高速充電できる27.5Wの高速充電器です。USB Type-CとUSB Type-A、2種類のポートを搭載しているため、2台のGoPro本体を同時に充電できます。USB Type-Cポートでは従来の充電器と比べ、充電時間を20〜70%短縮可能です。

また、充電しながら撮影ができるのもポイント。電源コンセントの確保が必要ですが、タイムラプス撮影など撮影が長時間に及ぶ場合などに重宝します。さらに、アメリカやヨーロッパ、中国、オーストラリアなど、各国のコンセント形状に対応するアダプターも同梱されており、世界の広い範囲で使用できるのもポイントです。

ゴープロ(GoPro) ダイブハウジング HERO8 Black用 AJDIV-001

ゴープロ(GoPro) ダイブハウジング HERO8 Black用

本格的なダイビング撮影にも対応できるGoPro HERO8 Black専用の防水ハウジングです。HERO8 Blackは本体単体でも水深10mまでの防水性能を備えていますが、本製品を装着することで水深60mまでの潜水に対応するのが特徴。水中深くでのダイビング撮影に挑戦したい方におすすめです。

前面に搭載した平面ガラスレンズが水中と陸上の両方で高画質を実現。頑丈なハウジングで、飛んでくる泥やゴミなどから本体を保護できるので、ラフティングやモータースポーツなどのハードな条件の撮影にも適しています。

ゴープロ(GoPro) カメラ/マウント/アクセサリーケース Casey

ゴープロ(GoPro) カメラ/マウント/アクセサリーケース Casey

GoProをアクセサリーごと収納できる持ち運び用ケースです。ケース本体にはGoPro HEROが2台とダイブハウジング・Shorty・USBケーブル・SDカードなどが収納可能。内部の仕切りは取り外し可能なマジックテープ式のため、収納する機材に応じて柔軟にカスタマイズできます。

ケース本体のサイズはA5サイズ程度なので、A4ファイルが入るバッグなら収納が可能。また、表面は耐水性のある半硬化シェル素材を採用しているので、雨や雪からも機材をしっかりと保護できるうえ、衝撃に強いのもポイントです。