カメラジャンルのひとつとして確立した「アクションカメラ」。なかでも「GoPro」はアウトドアやスポーツシーンなど激しい動きが伴う撮影をスムーズにできるため、迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。ただし、製品ラインナップが複数あり、何を選べばよいか悩んでしまいがち。購入する際は機能の違いと価格差を確認することが重要です。

そこで今回は、業界を牽引しているとも言えるGoProのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

GoProとは?

By: amazon.co.jp

GoProは激しいスポーツやアクティビティ、マリンスポーツの撮影を得意としているアクションカメラです。いわゆるデジタルビデオカメラの一種で、カメラ本体の小ささ以外にも、耐久性の高さや防水・防塵に優れている特徴があります。

また、一般的なビデオカメラでは撮影が難しい場所に取り付けられるのがポイント。例えばサーフボードの上、野生動物の巣穴などに設置して、これまでとは異なるアングルで非日常な映像を撮影できます。

ヘルメットや自転車・バイクなどに固定することも可能で、自分が見ている景色や体験しているアクティビティを一人称視点で撮影。臨場感たっぷりの映像を記録できます。

通常のビデオカメラでは撮影が難しい過酷な環境や、激しい動きに対応できるのも魅力。撮影領域を大きく広げてくれるため、アクティブなユーザーにおすすめです。

GoProでできること

水中撮影

By: gopro.com

GoProのアクションカメラは高い防水性能を備えているのが特徴で、10mまでの水深に対応可能です。手首にカメラを固定できるストラップやハンドグリップなどのアクセサリーも充実しているので、海辺でシュノーケリングを楽しみながら、その様子を撮影することもできます。

また、専用の防水ハウジングを装着すれば、最大水深60mまで潜れるようになるので、本格的なスキューバダイビングの撮影にも対応可能。GoProがあれば自分が体験したマリンスポーツの楽しさや、水中の美しい風景を撮影できるのも魅力です。

スポーツ撮影

By: amazon.co.jp

GoProには吸盤でカメラを固定できるマウントが用意されているのもポイント。例えばサーフボードやスノーボード、スケートボードにも取り付けることが可能なため、さまざまなスポーツシーンの撮影ができます。

また、頭部にカメラを固定できるヘルメットマウントや胸部に固定できるチェストハーネスも用意されているので、よりプレイヤーの目線に近いアングルからの撮影も可能。迫力が伝わる映像を手軽に撮れるのもポイントです。

ハイエンドクラスのモデルであれば手ブレ補正機能も優秀。激しく動きながら撮影しても、滑らかで美しい動画を撮影できます。

旅行撮影

By: gopro.com

GoProはコンパクトなので収納時もかさばらず、アウトドアやスポーツ以外にも、旅行中に撮影するのもおすすめです。撮りたいと思った時にもすぐに取り出して気軽に撮影ができます。

頭や胸部に装着するマウントやザックのハーネスに取り付けることが可能なので、旅行を楽しみながら手ぶらで撮影できるのも魅力です。

また、GoProはドローンと組み合わせて使える機種もあります。迫力ある空撮にも対応できるので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

自撮り撮影

By: gopro.com

SNSなどの普及によって、撮影方法のひとつとして確立した「自撮り」。GoProはコンパクトかつ、自撮り棒と同じように伸びるハンドグリップがアクセサリーとして用意されているので、スムーズに自撮り撮影が行えます。

GoProのHERO7シリーズは、手で操作しなくてもユーザーの呼びかけで操作ができる、ボイスコントロールコマンドを搭載。手を離したままの状態でも、ビデオの録画や写真の撮影など自動で操作してくれます。

音声コマンドは14~16種類あり、7か国語の言語・アクセントを認識してくれるため、さまざまなユーザーに対応することも可能です。

車載撮影

By: gopro.com

GoProがあればバイクなど乗り物に乗りながらの撮影も可能。カメラを頭部に固定するヘルメットマウントはもちろん、ハンドルバーやシートに固定できる車載用のアクセサリーも充実しているので、走行中の様子を迫力のあるアングルから撮影できます。

カメラ単体でも高い防水性能を備えているため、悪天候にも対応可能。防塵機能も充実しているので、雨や砂埃を気にすることなく、スピード感と迫力のある映像を撮影できます。

ペット視点撮影

By: gopro.com

犬や猫を飼っていると、ペットがどんな視点で世界を見ているのか飼い主は気になるところ。そんな動物目線の撮影もGoProであれはスムーズに対応できます。

純正アクセサリーのラインナップのなかには犬用のハーネスもあり、胸部または背中にアクションカメラを固定して、犬の視点で映像を撮影可能。なお、サードパーティ製であれば猫にも対応するモデルもあるので、気になる方はチェックしておきましょう。

タイムラプス撮影

By: gopro.com

時間の流れを一定間隔で撮り収めた動画のことをタイムラプス動画と言います。従来のアイテムであれば撮影した何百枚もの画像を合成することが多いですが、GoProのアクションカメラであれば撮影後に自動合成してくれるため、簡単にタイムラプス動画の作成が可能です。

上位モデルの「HERO7 Black」にはTimeWarp ビデオ機能が搭載されており、滑らかで安定感のあるタイムラプス動画撮影ができます。また2~8倍のスローモーション撮影にも対応しており、最高の瞬間を高画質で記録することが可能です。

空撮

By: gopro.com

GoProには空撮ができるドローン「Karma」もラインナップされています。当然カメラが必要となるので、同ブランドのアクションカメラを組み合わせることで、快適な空撮に対応できます。

価格はやや高価ですが、ゲーム感覚でコントロールできる操作性やコントローラー追跡機能など、初心者でも比較的容易に扱えるのが特徴です。

全天球撮影

By: gopro.com

全天球撮影とは自分を中心として風景を360°の全方位から撮影するもので、吸い込まれるような映像美が特徴。GoProの現行モデルでは「GoPro Fusion」が対応しており、魅力的な景色を撮影できます。

4Kを上回る高画質に対応できるほか、カメラ本体に4つのマイクを搭載することによって360°音声をカバー。現場の空気をよりリアルに楽しめる、ハイクオリティな動画に仕上がります。

GoProの選び方

画質で選ぶ

By: gopro.com

GoProのアクションカメラで撮影できる動画はどれも高画質なのですが、機種によって解像度に差があります。エントリー機の「HERO 7 White」ではフルHD画質の動画が撮れますが、上位機種となる「HERO7 Black」や「HERO7 Silver」では高画質の4K撮影に対応可能。

また、同じ4K動画でも「HERO7 Black」はフレームレートが「HERO7 Silver」の倍となる60fps。動きをより滑らかに記録できるので、激しい動きのあるスポーツを撮影したい方におすすめです。

静止画に関しては、「HERO7 Silver」と「HERO7 White」が1000万画素に対して、「HERO7 Black」は1200万画素と高い画素数を備えています。搭載している画像処理エンジンにも違いがあるため、撮影目的に合わせた画質のモデルを選びましょう。

機能で選ぶ

By: gopro.com

GoProのアクションカメラには声で撮影開始などを指示できるボイスコントロールコマンドや、タッチディスプレイが搭載されており使い勝手は良好。専用ドローン「Karma」との合体機構にも対応しているため、幅広い撮影が可能です。

また、SNSとの共有が簡単になるショートクリップ動画や、リアルタイムで動画を共有できるストリーミング機能など、今の時代に合わせた機能も充実しています。

「GoPro Fusion」は360°の全天球撮影と立体音響によって、大迫力なVR動画が撮影できるのもポイント。好みのアングルでベストショットを抜き出すオーバーキャプチャー機能も備えているため、思ったままの動画を作り出せます。

快適に使用するためにも、購入を検討する際は搭載されている機能と撮りたい映像を考慮して機種を選ぶようにしましょう。

用途で選ぶ

By: gopro.com

各機種ともに基本性能が高いため、さまざまな用途で活用できます。とはいえ、それぞれスペックは異なるのでしっかりと確認しておきましょう。

GoProはビデオカメラの一種なので、4K対応かフルハイビジョン対応かを確認することが重要。撮影用途が激しいシーンが多い場合には、より高性能な手ブレ補正機能が付いているものがおすすめです。また、マリンスポーツをされる方は水深何mまで対応しているかもチェックしておきましょう。

GoProのおすすめモデル

ゴープロ(GoPro) HERO7 Black

GoProシリーズにおける上位モデル。ジンバル並みのスタビライザーが内蔵されており、手ブレが起きにくく滑らかな映像で撮影できます。優れた耐久性と水深10mまでの防水性能を搭載しているため、マリンスポーツやキャンプなど、海や川の近くで撮影する際におすすめです。

撮影画素数は1200万画素で、ハイダイナミックレンジやローカルトーンマッピング、ノイズ軽減機能を搭載。暗い場所や明るい場所で、美しく撮影できます。動画性能も高く、4K60fps動画はもちろん、高フレームレートの1080p240で最大8倍のスローモーション撮影も可能。動きに合わせた安定感抜群のタイムラプスビデオも撮影できるため、少し凝った動画撮影をしたい方にもおすすめです。

また、ボイスコントロールコマンドも搭載。手がふさがっている時でも、16種類のコマンドでカメラに触れず撮影できます。なお、本製品はHERO7シリーズのなかでステータススクリーンが付いているモデルのため、バッテリー残量や撮影状況が一目で確認できるところも魅力です。

GoProアプリを入れておけば、見逃せない場面が発生した瞬間にFacebookLiveやYouTube Liveなどでストリーミング可能。撮影した画像や動画をすぐにシェアしたい方にもおすすめのモデルです。

ゴープロ(GoPro) HERO7 Silver

滑らかでくっきりした4K動画が撮影できる、HERO7シリーズのベーシックモデルです。水や衝撃に強い耐久性と防水性で、水深10mまで潜ることが可能。初心者でも使いやすいタッチスクリーンを搭載しているため、マリンスポーツの撮影におすすめです。

撮影画素数は1000万画素で、ワイドダイナミックレンジを備えており、細部まで自然な写真を撮影できるのがポイント。手ブレ補正機能や、タッチズーム機能搭載で、動きながらでもここぞという瞬間を逃しません。動画撮影は広角視野レンズで30fpsの4K動画の撮影が可能。フルHD撮影では1440p/1080pの動画が撮影できます。保存形式は共有に便利なMP4なので、スマホやSNSにすぐシェアできるのも魅力です。

GPSパフォーマンスステッカー機能により、撮影者の動く速度・距離・高度を追跡し、GoProアプリでビデオにステッカーを追加することも可能。撮影時の情報を一緒に残せるため、記録としても役立ちます。

30点以上のアクセサリーに対応しており、延長・充電・マウンド・スタビライザーなど豊富なラインナップも魅力。お気に入りのアイテムと組み合わせることで、最高の瞬間を快適に美しく撮影できます。

ゴープロ(GoPro) HERO7 White

HERO7シリーズのなかではエントリーモデルとなる製品。簡単に設定できるタッチスクリーンを搭載しており、初心者の方でも手軽に扱えるモデルです。撮影画素数は1000万画素で連写モードがあるため、アクティブに動き回るシーンでも、シャッターチャンスを逃しません。

また、タッチするだけで写真やビデオを完璧にフレームに収められるタッチズーム機能や、自撮りに欠かせない写真タイマー機能も搭載。すべてのショットを的確に撮影できます。動画撮影は1440p60のフルHDやタイムラプスビデオに対応。縦向きに撮影もできるため、アプリから直接Instagramに投稿可能です。

2倍スローモーション撮影と、5秒もしくは、30秒の短いビデオクリップの撮影ができるショートクリップ動画機能も搭載されており、簡単に動画を撮影できます。

上位シリーズ同様に7ヶ国語対応のボイスコントロールコマンドを搭載。14種類のコマンドで、カメラに触れることなく撮影可能です。本体重量92.4gとシリーズ最軽量なところや、シリーズ初の白色というカラーバリエーションにも注目が集まっています。

ゴープロ(GoPro) Fusion

GoProシリーズにおける全天球360°アクションカメラ。両面に搭載された魚眼レンズにより、周囲の風景を丸ごと撮影できるモデルです。撮影画素数は1800万画素で、手ブレ補正機能搭載。まるでジンバルを使ったかのような滑らかな映像を残せます。

動画撮影も4Kの画質を超える5.2K/30fpsの高画質撮影が可能で、高精細な映像美を楽しめます。オーバーキャプチャー機能搭載で、撮影した動画から好みのアングルやベストショットを抜き出して、通常の動画として編集も可能です。

画質だけでなく、音声にもこだわりがあり、360°立体音響の録音にも対応。風の音をカットするウィンドカット機能も搭載されており、高性能な録音機能が全方向の音を逃さずキャッチしてくれます。

観光地で360°パノラマをバックにした自撮りをしたり、パーティーなどのイベント会場に設置して、イベントの様子を記録したりすることも可能。本製品では、撮影した画像を後で編集することを前提としているため、撮影中だけでなく、撮影後も楽しめるところも人気があります。そのほか、水深5mまでの防水に対応できるのもポイント。アクションカメラの楽しさを最大限に引き出してくれる製品です。

GoProにおすすめの純正アクセサリー

ゴープロ(GoPro) 3-Way AFAEM-001

ゴープロ(GoPro) 3-Way AFAEM-001

三脚・カメラグリップ・延長アームの3通りの使い方ができるGoPro純正アクセサリーです。延長アームは折りたたみ式なので、自撮り撮影時にマウント部が移り込まないよう角度調節が可能。アームを折りたためば、カメラグリップとしても使えます。

内部には軽量のミニ三脚が収納されており、固定撮影に対応。グリップやアームと組み合わせて高さの調節ができます。

長さは最大50.8cmまで延長でき、19cmまで折りたたみ可能。コンパクトなサイズで持ち運べるだけでなく、自撮り棒として充分な長さを備えています。1台3役のオールインワンタイプなので、初めて購入するGoProアクセサリーとしておすすめです。

ゴープロ(GoPro) デュアル バッテリー充電器 + バッテリー AADBD-001-AS

ゴープロ(GoPro) デュアル バッテリー充電器 + バッテリー AADBD-001-AS

GoProのバッテリーを2台同時充電できる実用的な充電器。本体上部にバッテリー差込口が2つあり、付属のUSB Type-Cポートを使って充電します。本体サイズは約3.8×6.6×4.5cmとコンパクトなので、頻繁に持ち運ぶ方に最適です。GoProに付属しているバッテリーは、連続撮影時間が1時間ほど。外出して撮影する際に携帯しておけば、バッテリー切れしてもすぐ充電できます。

また、同梱されている1220mAhバッテリーを予備として持ち歩けば、充電待ちの時間を省略でき便利です。撮影後はバッテリー2台を本体に差し込み、USB Type-Cケーブルを接続するだけで簡単に充電可能。バッテリーの節約を考えず、自由に撮影したい方におすすめです。

ゴープロ(GoPro) Casey ABSSC-001

ゴープロ(GoPro) Casey ABSSC-001

GoPro本体やアクセサリー類をまとめて収納できるコンパクトケース。ケース外寸は約21.5×15×8.5cmとカバンに収まるサイズです。内部の仕切りはベルクロで取り外しできるので、収納するアクセサリーに応じてレイアウトを変更できます。外装は全天候型の半硬質シェルを採用。クッション性のある内装とあわせて、GoProをしっかりと保護できます。

プルアウトポーチが付属しているため、バッテリーやmicroSDカードなど、細かいアクセサリーを収納する際に便利。ポーチ内部はファスナー付きの袋で3つに仕切られており、細かいアクセサリーを小分けにできます。携帯時は、ケースの蓋裏にあるメッシュポケットに入れることが可能。GoPro本体とアクセサリー類をひとつのケースにまとめたい方におすすめです。

ゴープロ(GoPro) 保護ハウジング AADIV-001

ゴープロ(GoPro) 保護ハウジング AADIV-001

耐久性に加えて防水性も備えたGoPro保護ケースです。泥や砂、小石などからGoPro本体をしっかりと守ってくれるので、アウトドアでの撮影に最適。水深40mまでの防水性能を備えているので、ダイビングでの撮影にもおすすめです。同梱の「スケルトンバックドア」を使えば、タッチスクリーン操作が可能。本体を傷つけないため、普段から保護ハウジングを利用したい方におすすめです。

GoPro純正のケースだけあって密閉性が高く、安心して使えます。ケースをつけたままでもクリアな映像を撮影できるほか、録音する音声の劣化も心配する必要がありません。GoProのカメラ性能を存分に発揮できるおすすめのアクセサリーです。

ゴープロ(GoPro) ヘルメット フロント + サイド マウント AHFSM-001

ゴープロ(GoPro) ヘルメット フロント + サイド マウント AHFSM-001

GoProをヘルメットにマウントするための純正アクセサリーです。ヘルメットのフロントやサイドに自由に取り付けできます。

スイベル式のマウントなので撮影アングルの調節ができ、自転車やバイクの運転時はもちろん、スキー・スノーボードを楽しむ際にも最適。自分の目線に近い映像を残せるほか、運転中・エクストリームスポーツ中の撮影にもおすすめです。