2008年に登場して以降、軽量コンパクトかつ高性能なモデルが続々とリリースされている「ミラーレス一眼」。ハイエンド化が進んでいる一方、コンデジやスマホからのグレードアップを考えている方も多く、リーズナブルな価格帯の製品も人気を集めています。

そこで今回は5万円以下のミラーレス一眼のおすすめモデルをピックアップ。選び方についてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

5万円以下のミラーレス一眼の選び方

センサーサイズをチェック

By: nikon-image.com

ミラーレス一眼カメラを選ぶ際に重視したいのが「イメージセンサー」のサイズ。レンズから取り込んだ光を電気信号に変換する部品で、画質の決め手となる部分です。

センサーサイズが大きいほど多くの光を取り込めダイナミックレンジ(明暗差の幅)が広がり、写真の白とびや黒つぶれを抑えることが可能。階調豊かな色彩表現が可能となります。

センサーサイズの種類としてはハイエンド機に搭載されている大型の「フルサイズ」、従来から普及している「APS-C」、パナソニックとオリンパス製品に採用されている「マイクロフォーサーズ」などがあります。

なお、フルサイズは高画質で魅力的ですが価格帯が高額なため、初心者の方や低価格重視でミラーレス一眼を選ぶのであれば「APS-C」か「マイクロフォーサーズ」がおすすめです。

手ブレ補正機構とISO感度をチェック

By: olympus-imaging.jp

軽量コンパクトで持ち運びしやすいのが、ミラーレス一眼の魅力です。しかし、軽量であることから手ブレしやすいというデメリットもあります。手ブレが気になる方は、手ブレ補正機構を搭載したモデルを選ぶと安心です。

また、ISO感度を高く設定するとシャッター速度を上げることができるので、手ブレ防止につながります。設定できるISO感度も確認しておきましょう。

Wi-Fi機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

Wi-Fi機能が搭載されているミラーレス一眼は、スマホやパソコンとの連携が容易なのがメリット。メモリーカードやUSB接続でもデータ転送は可能ですが、Wi-Fiを使った方が手間がかかりません。

コンパクトなミラーレス一眼を使ってインスタグラムなどのSNSに投稿したいと考えている方は、Wi-Fi機能搭載モデルを選ぶと便利です。

レンズ付きか、ミラーレス一眼本体のみかで選ぶ

By: fujifilm.jp

予算が5万円以下でミラーレス一眼を探す場合、レンズ付きか、本体のみかを確認しておきましょう。製品ラインナップには、レンズひとつが付属する「レンズキット」や標準レンズと望遠レンズがセットになった「ダブルレンズキット」、本体のみの「ボディ」に分かれるので、購入する際は注意が必要です。

なお、予算5万円以下の条件では、そもそもの発売価格が5万円以下の製品と、発売から年月が経過して価格が下がった製品(型落ちモデル)とが購入候補になります。後者は機能が充実しつつも、お手頃価格で購入できる場合もあるので、発売時期はしっかりとチェックしておきましょう。

交換レンズのラインナップをチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

ミラーレス一眼は一眼レフ同様に、レンズを交換できるのが魅力です。標準レンズはもちろん、望遠、広角、マクロ、単焦点、魚眼などさまざまなタイプのレンズがラインナップされているので、うまく活用して撮影の楽しみを広げていきましょう。

なお、検討する際はカメラ本体とレンズの接合部分である「マウント」が一致していることが重要。同メーカーでも一眼レフとミラーレス一眼とではマウントが異なる場合もあるので注意が必要です。

なお、カメラ本体とレンズのマウントが異なる場合でも、それぞれの規格に準拠した専用の互換アダプターを使うことで対応することは可能。マウントが同じなら別メーカーのレンズでも使うことができます。

5万円以下のおすすめミラーレス一眼

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS M100 ボディ

キヤノンのミラーレス一眼エントリーモデルです。有効画素数は約2420万画素、常用ISO感度は100〜25600、連続撮影速度は最高約6.1コマ/秒と機能としては十分です。

BluetoothやWi-Fiにも対応しているので、スマホやパソコンとの連携も容易。スマホへの画像転送やリモート操作はもちろん、スマホのGPS機能を利用すれば、撮影画像に位置情報を付加するのも簡単です。

サイズは幅108.2×高さ67.1×奥行35.1mm、本体重量約266gと、ミラーレス一眼らしくコンパクトで軽量。モニターは約104万ドット3.0型液晶を搭載しているので、各種操作や設定がしやすいのがメリットです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) ミラーレス一眼 Q10 ダブルズームキット

ダブルズームキットでありながら、リーズナブルな価格が魅力のミラーレス一眼です。標準ズームレンズは、焦点距離27.5〜83.0mm。風景撮影や集合写真に適した広角域から、ポートレート撮影に最適な中望遠域までカバーしています。

また、望遠ズームレンズは83〜249mmなので、本格的な望遠撮影にも対応。なお、レンズのF値は2.8という明るいのもポイントです。シャッタースピードもなかなかなので、手ブレが気になる望遠撮影もスムーズ。有効画素数は約1240万画素、常用ISO感度は100~6400です。

本体重量180g、幅102.0×高さ58.0×33.5mmと軽量コンパクトで、街歩きでも旅行にも気軽に持って行けるのがメリット。「とにかく安価なミラーレス一眼がほしい」という方におすすめです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ α5100 ボディ

タッチパネル式3.0型ワイド液晶を採用したことにより、ピント合わせやシャッター操作が簡単なミラーレス一眼。瞬時にピントが合って、スムーズにシャッターが切れるのが特徴です。

180°チルト可動式なので、画面を確認しながら自撮りできるのもポイント。APS-CサイズのCMOSセンサーは有効画素数約2430万画素、ISO感度は最高25600と高感度です。

暗い場所での撮影に強いのもポイント。オートフォーカス速度は約0.07秒と高速です。連写性能も高く、最高約6コマ/秒の連続撮影ができます。ポートレート撮影する時に便利な機能が「瞳AF」。顔が斜めを向いている時でも瞳にピントを合わせて、わずかなズレも修正することが可能です。

明暗差が大きいシーンでも、明るいところと暗いところをキレイに写せる「オートハイダイナミックレンジ」機能も搭載。ロングセラーモデルながら満足度の高いおすすめの製品です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ α6000 ボディ

約0.06秒という高速なAF速度が魅力のミラーレス一眼カメラ。追従性に優れた高速な位相差AFと、高精度なコントラストAFを搭載したファストハイブリッドAFにより、被写体をしっかり捉えることができるのが特徴です。

有効画素数は約2430万画素で、センサーはAPS-Cを採用。また、処理速度を高めた画像処理エンジン「BIONZ X」によって、最高約11コマ/秒と連写性能も良好です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX 標準ズームレンズキット DMC-GX7MK2KK

フラットなデザインで軽快に持ち運べるミラーレス一眼。ダイヤルによる直感的操作とタッチパネルによる操作を両立しているほか、ミドルクラスに近い機能性を要し、写真も動画撮影も楽しめるのが特徴です。

有効画素数1600万画素で、ISO感度は最高25600。5軸ボディ内手ブレ補正と2軸レンズ内手ブレ補正の組み合わせによる手ブレ補正システム「Dual I.S.」を搭載し、手ブレをしっかり抑えられるのもポイントです。

また、撮影後にピントが合ったフォーカスポイントを変更できる「フォーカスセレクト」モードが用意されているのも魅力。5万円以下の価格帯ながらに満足感の高い製品です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX DMC-GF6 ボディ

Live MOSセンサーを搭載した有効画素数約1600万画素のミラーレス一眼。クロスフィルター、ソフトフォーカスそしてセピアやジオラマなど、画像にさまざまな効果を施す19種類のクリエイティブコントロールを備えているので、さまざまな撮影が楽しめるモデルです。

オートフォーカスのポイントはローライトAF。ピント合わせしにくい光量の少ない場面でも、正確なフォーカシングができるのがメリットです。常用ISO感度は160〜12800。感度を拡張すれば、ISOは最大25600まで対応。高感度な撮影もできます。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼カメラ E-PL8 ボディ

スタイリッシュなフォルムで人気のミラーレス一眼。有効画素数は約1605万画素、ISO感度は200~25600と高感度撮影に対応しており、暗所でもスムーズに撮影できるのが特徴です。

「タッチセルフィー」機能を搭載しているのもポイント。液晶を下開きにして画面をタッチするだけで、簡単に自撮りすることができます。また、手ブレ補正が搭載されているので、片手で操作する際も安心。ファッション性の高いモデルなので、女性にもおすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M10 MarkⅡ ボディ

視野率100%、そして236万ドットの高精細電子ビューファインダーを搭載したミラーレス一眼カメラ。明るさや色合いなどの撮影効果を事前に確認しながら撮影できるのがメリットです。

また、5軸手ブレ補正機構を搭載しているのも特徴。角度ブレや回転ブレなど、片手持ち撮影で発生しやすい手ブレを効果的に補正します。有効画素数1605万画素、常用ISO感度は200〜25600、そして連続撮影速度最高約8.5コマ/秒と基本性能も充実。1920×1080のフルハイビジョン動画撮影も可能です。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 X-A5 ボディ

ダイヤルや上部カバー、フロントプレート部にアルミ素材を使用し、質感の高さとレトロなデザインが魅力のミラーレス一眼。センサーはAPS-Cで、有効画素数は2424万画素、常用ISO感度は200~12800。感度拡張すれば、さらなる高感度での撮影も可能です。

上方180°のチルトが可能なタッチパネルを搭載しており、自撮りにも対応。15コマ/秒の4K連写機能やハイスピード動画撮影機能なども便利です。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-M1 ボディ

APS-CサイズのX-Trans CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ。ノイズが少ないクリアな画像を撮影できるのがメリットです。

有効画素数1630万画素、常用ISO感度は200~6400。拡張設定すればさらなる高感度撮影も可能です。操作ボタンやダイヤルが背面右側にまとまっているので、露出やシャッタスピードそして絞りを親指で素早く設定できる操作性の高さもポイントです。