Wi-Fi対応の一眼レフならば、撮ったばかりの写真をすぐにスマホやタブレットに転送することが可能です。メーカーによっては、リモート撮影機能やプリンター連携機能などの便利機能を有しているカメラもあります。写真撮影をより楽しみたい方におすすめです。今回は、Wi-Fi対応のおすすめ一眼レフをピックアップ。Wi-Fi機能のメリットも合わせてご紹介します。

Wi-Fi対応一眼レフのメリット

綺麗な写真をSNSにすぐアップロードできる

By: canon.jp

Wi-Fi対応の一眼レフは、撮影データをすぐにスマホやタブレットへ転送できます。転送後は、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSに、一眼レフで撮影した綺麗な写真を簡単にアップロードできるのが特長です。

バックアップを簡単に取れるので万が一も安心

一眼レフでWi-Fi対応の機種を使っていれば、撮影した画像データのバックアップもスムーズにできます。一眼レフのデータが破損してしまった場合でも安心です。貴重な瞬間を捉えた写真は、そう簡単に撮り直すことができません。そういった意味においても、データ管理が手軽に行えるWi-Fi機能付きの一眼レフは重宝します。

タブレットの大きな画面で写真をチェックできる

一眼レフで撮影した写真は液晶モニターでも確認することができますが、細かい部分のブレや微妙な色彩までを現場でチェックするのは容易なことではありません。

Wi-Fi対応の一眼レフならば、撮影データを転送することがスムーズなので、より確認しやすい大きなモニタで見ることが手間なくできます。

デバイスにデータを保存して、SDカードの空容量を確保できる

連写を必要とする撮影や、旅行先での撮影は写真の枚数が膨大になるため、あっという間にSDカードの容量がいっぱいになってしまうことも珍しくありません。Wi-Fi対応一眼レフならば、デバイス側に必要なデータを保存して、SDカードのデータを整理することで空き容量を確保できます。

Wi-Fi対応一眼レフのおすすめ機種

キヤノン(Canon) EOS Kiss X9 ダブルズームキット

キヤノンで人気のWi-Fi対応一眼レフです。エントリーモデルですが、有効画素数2420万画素の高画質CMOSセンサーを搭載。微妙な光加減や、繊細な色彩もしっかりと表現できます。本製品の場合は標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本がセットになっているのもポイント。購入後、すぐに一眼レフを満喫したい方におすすめです。

また、Wi-Fi機能を使えば、スマートフォンからリモート撮影することができます。シャッター速度やISO感度の設定変更も可能。シャッターボタンに直接触れずに撮影できるため、少しの振動で失敗写真になってしまう「夜景撮影」や「望遠撮影」に便利です。

重さは約520gと、一眼レフでは軽量クラス。カメラに興味を持ち始め、なんとなくキヤノンの一眼レフを試してみたいという方にぴったりのWi-Fi対応一眼レフです。

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II ボディ

高画質撮影対応したフルサイズの一眼レフ。約2620万画素のCMOSセンサーを採用しており、APS-Cサイズと比べて、より高精細の写真を撮ることができます。本格撮影に対応したハイスペックモデルありながら、本体の重さは約685gと軽量。Wi-Fi対応しており、利便性を重視する方におすすめです。

なお、本製品は同シリーズで初めて「バリアングル液晶モニター」を搭載したモデル。前方向180度、後ろ方向90度、水平方向175度まで稼働するため、さまざまなアングルでの撮影ができます。

また、カメラが撮りたいシーンを自動解析する「新EOSシーン解析システム」を採用しており、明るさや動き、コントラストなどの情報を読み取って、より美しい写真が撮れるように調整してくれるのもポイントです。

ニコン(Nikon) D7500 18-140VR レンズキット

画像処理エンジン「EXPEED5」を採用した高性能一眼レフ。高速連続撮影や4K UHD動画にも対応しています。また、CMOSセンサーとの連携により、高感度でもノイズが少ない、高画質な写真を撮影することができるのが特長です。

本体にWi-Fi機能を内蔵しており、一眼レフで撮影した写真をスマホやタブレットに自動転送してくれるのもポイント。これで、ベストショットの写真をすぐにSNSにアップできるのはもちろん、バックアップとしてデータ管理できるのは大きなメリットです。

液晶モニターにはタッチパネルを採用。メニュー設定をはじめ、タッチシャッター、オートフォーカス、文字入力などの操作が容易にできます。カメラ初心者からのレベルアップして、より本格的な撮影を楽しみたい方におすすめの一眼レフです。

ニコン(Nikon)D750 ボディ

可動式の液晶モニターをはじめ、Wi-Fi対応、高い動画機能など、プロフェッショナルモデルに迫るスペックのデジタル一眼レフカメラです。ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載しているため、日中や夜景などの撮影シーンに左右されずに、クリアーな写真を撮ることができます。

一眼レフD750は、35mmフィルムのサイズ「FXフォーマット」に対応しているのがポイント。光学ファインダーが見やすいため、画角にこだわりたい方におすすめ。また、暗所での撮影にも強いので、光が少ないところでもより鮮やかに撮影することが可能です。

また、グリップが深めに作られており、ボディをしっかりとホールドできるのも特長。安定感が増すので手ブレが少なくなるのはもちろん、突然のシャッターチャンスにもスムーズに対応できるおすすめの一眼レフです。

ペンタックス(PENTAX) K-S2 ダブルズームキット

本製品は焦点距離18-50mmの標準ズームレンズと50-200mmの望遠ズームレンズのセットになったお得なモデル。本体はWi-Fi対応の一眼レフで、撮像素子はAPS-C、有効画素数2012万画素、ISO51200とスペックも充実しています。

また、Wi-Fi対応を活用して大事なデータのバックアップやSNSへのスピーディな投稿などを行うことも可能。さらにリモート撮影にも対応しているので使い勝手も良好です。

なお、液晶モニターの角度を自由に調整できる「バリアングルモニター」を採用しているのもポイント。高所から撮るハイアングル撮影や地面スレスレのところから撮影するローアングル撮影など、バリエーションが増えるので撮影する楽しみも広がります。一眼レフのモニターを180度回転すれば、簡単に自撮りできるのも魅力です。