デジタル一眼レフカメラはスマホでは撮れない高画質で多彩な表現の写真が撮影できますが、撮影した画像をパソコンに接続せずスマホやタブレットへ直接転送したいという方も多いはず。そんなときに役立つのがカメラのWi-Fi機能です。

そこで今回は、Wi-Fi機能のメリットを解説した上で、Wi-Fiに対応したデジタル一眼レフカメラをピックアップ。カメラ生活をもっと快適に楽しめるWi-Fi対応一眼レフの魅力をご紹介します。

Wi-Fi対応一眼レフのメリット

すぐにSNSやスマホに転送できる

By: canon.jp

Wi-Fiなどネットワーク機能に対応した一眼レフのメリットとして、スマホやタブレットへ直接転送できることが挙げられます。一眼レフにスマホなどを無線接続することで撮影した画像を簡単に転送できるため、別途パソコンやカードリーダーが不要です。

スマホのアプリ側で転送する画像のサイズが自由に選べるのもポイント。すぐにSNSへシェアしたい場合はサイズを小さくした画像を選んだり、タブレットなどでしっかりとレタッチした上で保存したい場合は、最大サイズのオリジナル画像を選んだりするというような使い分けができます。

ただし、より自由度の高いレタッチに対応できるRAW画像に関しては、容量が大きすぎるためWi-Fiでの転送には対応していません。スマホやタブレットを有効活用しつつ、写真のシェアを快適に楽しみたい方におすすめです。

スマホからシャッターを切ることができる

By: canon.jp

Wi-Fi対応一眼レフは、無線接続したスマホやタブレットをリモコン代りに使用できることもメリットです。アプリによる遠隔操作でシャッターが切れるので、集合写真などで自分の位置から離れた場所にカメラを置いて撮影したい場合や、夜景やテーブルフォトの撮影などで手ぶれを抑えたい場合などに重宝します。

単にシャッターを切るだけではなく、高度なシャッター操作も可能。ボタンを押し続けている間シャッターを開け続ける長時間露光や、一定の間隔で継続して撮影を行うインターバル撮影にも対応するので、花火や星空の撮影にも活用できます。

また、シャッター操作以外にも、露出・ピント位置・ホワイトバランスなど各項目の設定に対応しているのもポイント。スマホの画面を一眼レフの液晶モニターと同じ感覚で利用しつつ、画像の仕上がりをリアルタイムで確認しながら撮影できます。

Wi-Fi対応一眼レフのおすすめモデル

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10

初心者に優しいシンプルな操作性が魅力のAPS-C小型一眼レフカメラです。ネットワーク機能としてはWi-Fiのほか、Bluetoothによる連携も可能。スマホと一度ペアリングすれば常時接続されるので、カメラの電源をオフにした状態でもスマホでSDカード内に保存した画像が確認・削除ができます。

バリアングルモニターを搭載しながら重量が約449gとミラーレス一眼並みに軽いため、持ち運びしやすいのも魅力です。また、各撮影モードを作例写真やイラストでわかりやすく表示してくれる「ビジュアルガイド」や、背景のボケ具合・明るさ・色合いをスライド操作で直感的に調整できる「クリエイティブアシスト」機能が搭載されているのも特徴。カメラの操作に不慣れな方でも簡単操作でイメージに合う写真が撮れます。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

中級機並みのAF性能と本格的な操作性を搭載したAPS-C一眼レフカメラです。Wi-Fi連携によるスマホへの画像転送や遠隔操作が可能。NFCにも対応しているので、NFC機能を搭載したAndroid端末をNFCマークにかざすだけでWi-Fi接続が簡単にできます。加えて、Bluetoothによる低電力での常時接続も可能です。

Kiss X10の9点を大きく上回る45点オールクロス仕様のAFシステムが搭載されているので、動く子どもやペットもしっかりと捕捉できます。また、Kiss X10には省略されていた豊富なボタンやダイヤルが搭載されているのも特徴。ある程度カメラの扱いに慣れた後、マニュアル操作で各項目を細かくカスタマイズしながら撮影したい場合に重宝します。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

高速連写と防塵・防滴性能で撮影シーンを選ばず活躍できるAPS-C一眼レフカメラです。Wi-Fi機能が搭載されており、スマホへの画像転送やカメラのリモート操作が可能。加えて、同じキヤノン製のWi-Fi内蔵カメラ間で画像を送受信したり、アプリから専用オンラインアルバムへ画像をアップロード・保管したりもできます。

連写速度はファインダー撮影時で最高約7コマ/秒、モニター撮影時で最高約5コマ/秒。入門機を上回る高速連写ができるので、鉄道や動物など動く被写体を有利に撮影できます。

ボディの各所にゴムシーリングが施されているのも特徴。雨や砂埃がカメラの内部に侵入しないように設計されているため、旅行先で急な悪天候に見舞われても故障を心配せず撮影が続けられます。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

フルサイズ入門機としてもおすすめの一眼レフカメラです。ネットワーク機能として、Wi-FiとBluetoothの両方に対応。Wi-Fi内蔵プリンターを使えば、撮影した画像をワイヤレス転送してプリントも楽しめます。

約765gの軽量ボディに35mm判フルサイズのイメージセンサーを搭載しているのも魅力です。APS-Cセンサーと比べて2倍以上の面積があり、より多くの光量を取り込めるので、大きな背景ボケで人物を強調したポートレート写真やノイズの少ない高画質な夜景写真が撮影できます。

また、バリアングルモニターを搭載しているのもポイント。運動会などで人混みの上から狙うハイアングル撮影や、地面すれすれから狙うローアングル撮影が無理なく行えます。さらに、モニターを回転させれば、自撮りが簡単に楽しめるのも魅力です。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

あらゆるシーンで活躍できるオールラウンダー型のフルサイズ一眼レフカメラ。ネットワーク機能として、Wi-Fi通信が使用可能です。また、スマホの専用アプリ「Camera Connect」を使えば、受信した画像をSNSへスムーズにシェアできます。

加えて、有効画素数3040万画素のフルサイズセンサーを搭載しているほか、常用感度が最大でISO32000まで使えるので、夜景など光量の少ないシーンでも高画質での撮影が可能です。

そのほか、AF性能と連写性能も優秀。フラッグシップ機1DX Mark IIにも採用される高速・高精度なAFシステム「61点高密度レティクルAF II」を搭載しています。最高約7コマ/秒の高速連写が使えるので、鉄道・動物などの動体撮影にも対応が可能です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

多彩なアングルからの撮影に挑戦できる小型のAPS-C一眼レフカメラです。Bluetooth接続でスマホと常時連携できる「SnapBridge」に対応。一度ペアリングすれば、撮影した画像を連携したスマホへ自動転送できます。加えて、Wi-Fiによる直接接続にも対応しており、オリジナル画像の高速転送やカメラのリモート操作が可能です。

約465gの軽量ボディにバリアングル式の液晶モニターを搭載。いつもと違った新しい視点での撮影が気軽に楽しめます。また、モニターはタッチ操作に対応しているのもポイントです。

さらに、39点AFシステムは画面の広範囲をカバーしており、高い精度でのピント合わせができます。加えて、最高約5コマ/秒の高速連写が可能なので、運動会で子どもを撮影する際も逃しません。動く被写体の撮影も得意なおすすめ一眼レフです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500

上位機並みの性能を小型・軽量ボディに凝縮したAPS-C一眼レフカメラです。ネットワーク機能「SnapBridge」に対応しているのがポイント。撮影の度に200万画素のJPEGサムネイル画像をペアリングしたスマホへ自動転送でき、そのまま専用のオンラインアルバムへも無制限にアップロード・保管できます。

フラッグシップ機「D500」と同じ有効画素数2088万画素数のイメージセンサーと、最新の画像処理エンジンを搭載し、常用感度も最大でISO51200まで使用可能。約720gの軽量ボディで同等の画質を実現しています。

JPEG記録時は最高約8コマ/秒で100コマまでの連続撮影が可能。APS-Cの機動力と1.5倍の望遠効果を最大限活かしつつ、軽快な動体撮影が楽しめます。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

高速かつ不規則に動く被写体に対して無類の強さをもつAPS-C一眼レフカメラです。Bluetooth連携機能として、「SnapBridge」アプリに対応。連携したスマホを介して写真に撮影地点の位置情報を付与できるので、旅行などで移動したルートを確認する際などに重宝します。

高レベルのAF性能を持つ153点AFシステムを搭載しているのもポイント。AFポイントが画面のほぼ全域をカバーしているので、動体撮影時も自由な構図で高精度のピント合わせができます。

また、最高約10コマ/秒で最高200コマまでの超高速連写も可能。連写画像の記録中に処理落ちで撮影が中断されにくいのが魅力です。加えて、中央付近にある15点のAFポイントは合成F値が8になる場合でも有効なので、テレコンバーターを使用した野鳥や飛行機の超望遠撮影にもおすすめです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

超高解像と高速連写を両立させたフルサイズ一眼レフカメラです。Bluetooth連携機能「SnapBridge」に対応しているほか、Wi-Fi連携時はフル画素のJPEGオリジナル画像も高速転送できます。

有効画素数4575万画素を持つフルサイズ規格の裏面照射型センサーを搭載。葉の1枚1枚や人肌の質感まで克明に描写する高い解像感が得られるので、風景やポートレートを解像感重視で撮影したい方におすすめです。

高感度に強いのも特徴で、常用感度で最大ISO25600が使用可能。さらに、ボディ単体で最高約7コマ/秒、別売りの縦位置グリップを装着すれば最高約9コマ/秒の高速連写が使用できます。月明かりしかないような状況でも、高い解像感を維持したまま動物などの動く被写体が捕捉できるので、夜間撮影も得意なモデルです。

リコー(Ricoh) デジタル一眼レフカメラ PENTAX KP

リコー(Ricoh) デジタル一眼レフカメラ PENTAX KP

高い耐環境性能を持つ小型・軽量のAPS-C一眼レフカメラです。Wi-Fiによってスマホとの連携に対応しているほか、専用アプリと併用することで、画像転送やカメラの遠隔操作などの機能が使用できます。

また、ボディの外装には、耐久性に優れたマグネシウム合金を使用しているため、重量は約703gと軽量です。さらに、防塵・防滴仕様なので、豪雨や砂塵などの厳しい環境下でも、気にせず撮影に集中できます。グリップは交換によるカスタマイズが可能。3種類のサイズが用意されており、使用するレンズの大きさに合わせて使い分けられます。

さらに、アクセラレーターユニットを搭載しており、ISO81900までの超高感度で撮影できるのも特徴。シャッター速度換算で5段分の補正効果を持つボディ内手ぶれ補正機構と組み合わせれば、使用レンズに関係なくノイズやぶれの少ない高画質な夜景撮影が楽しめます。

リコー(Ricoh) デジタル一眼レフカメラ PENTAX K-1 II

リコー(Ricoh) デジタル一眼レフカメラ PENTAX K-1 II

アウトドア撮影で重宝する高画質なフルサイズ一眼レフカメラです。Wi-Fi機能を用いることでスマホとの連携が可能。専用アプリ「Image Sync」と併用することで、カメラを固定したまま遠隔操作でイメージセンサーの位置をずらして、構図を微調整できる機能も使用できます。

また、有効画素数3640万画素のフルサイズセンサーを搭載。加えて、手持ちで連続撮影した4枚の画像を合成して超高解像画像を得る「リアル・レゾリューション・システムII」を搭載しているので、風景撮影で細部表現にこだわりたいときに重宝します。

そのほか、周囲の明るさに応じてモニターの輝度を素早く調整できる「アウトドアモニター」や、暗所での撮影準備を助けるLEDの「アシストライト」なども搭載しているのもポイント。赤道儀なしでも星を流さずに点像のまま撮影できる「アストロトレーサー」も内蔵しているので、星景や天体の撮影にも重宝します。