一眼レフカメラのなかでも高いスペックを備えている「フルサイズ機」。以前は機種が限られましたが、最近はラインナップが増え、価格帯にも幅が出てきています。

購入するにあたって選択肢が増えたことは有益なことですが、ユーザーにとってどれがベストなのか悩んでしまうことも多いはず。そこで今回はフルサイズ一眼レフのおすすめモデルをご紹介します。メーカー別に製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

フルサイズ一眼レフとは?

デジタル一眼レフにおける撮影素子の役割は?

デジタル一眼レフの心臓部ともいえる重要なパーツが「撮影素子」。イメージセンサーとも呼ばれることが多く、レンズを通して入ってきた光を受容して、光の明るさや色を電気信号に変換する「撮像」という処理を行うのが主な役割です。

さらに、その信号をメモリーカードなどへ送り記録します。銀塩フィルムカメラは、フィルムの化学的反応を利用して撮像を行いますが、デジタルカメラは電気的反応を用いて撮影素子が行っているのが特徴です。

デジタル一眼レフの撮影素子サイズは3タイプ

銀塩フィルム一眼レフは35mm判フィルムが主流です。1コマの大きさはタテ24×ヨコ36mm。デジタル一眼レフの「フルサイズ」とは、撮影素子が35mm判フィルムと同じ大きさのモノをいいます。すなわちタテ24×ヨコ36mmの撮影素子を搭載した一眼レフです。

フルサイズのほかに主流の規格が「APS-C」。サイズはカメラメーカーによって多少のバラつきがあります。キヤノンはタテ14.8×ヨコ22.2mm。面積はフルサイズの2分の1弱です。

オリンパスやパナソニック、そしてライカが採用しているのが「フォーサーズ」。タテ13.0×ヨコ17.3mmの撮影素子で、面積はフルサイズの4分の1強です。なお、ニコンではフルサイズのことをFXフォーマット、APS-CをDXフォーマットと表記しています。

フルサイズ一眼レフのメリット

By: amazon.co.jp

フルサイズの一眼カメラは映像素子が大きく、画質がキレイなことがメリットとして挙げられます。APS-Cサイズの一眼カメラと同じ画素数で比較した場合でも1画素あたりの光を受ける面積は2倍以上で、より多くの光を取り込んだノイズの少ない写真が撮影できます。

また、フルサイズの一眼カメラは画角が広いということもメリットのひとつ。同じレンズを装着して撮影しても、APS-Cサイズに比べてフルサイズの一眼カメラは画面におさまる広さが大きくなります。

さらに、使用するレンズによっても変わってはきますが、一般的にはAPS-Cサイズよりもフルサイズの一眼カメラの方がボケ感も強いと言われています。被写体を強調して前景や後景をぼかしたいという方にはフルサイズの一眼カメラがおすすめです。

APS-Cサイズとフルサイズはそんなに違う?

By: ricoh-imaging.co.jp

APS-Cサイズの一眼カメラに比べて、フルサイズの方が有効画素数も多いのでトリミング時にもノイズ感の少ないキレイな写真に仕上がります。また、A2サイズに大きく引き伸ばしたプリントがしたいという場合にもおすすめです。

また、高価な分、防塵防滴仕様のタフなモデルが多いのも魅力。メーカーごとに搭載されているスペックは違いますが、より高画質で表現力が豊かな写真を撮りたいのであれば、フルサイズ機が適しています。

フルサイズ一眼レフの選び方

有効画素数をチェック

画像の精細さを表す解像度に大きく影響するのが有効画素数。フルサイズのデジタル一眼レフは2000万画素以上のモデルが主流です。なかには5000万画素を超えるハイスペックなモデルもあります。ただし、このようなモデルは高価なのがデメリットです。

A3のような大きな写真紙にプリントする際も、有効画素数が2000万画素程度あれば充分に高精細で美しい写真を印刷可能。予算に応じて選ぶのがおすすめです。

AF性能と連写性能をチェック

フルサイズデジタル一眼の連写速度は最高5〜14コマ/秒程度と幅広いのが特徴。スポーツや野鳥観察などで動体撮影をする機会が多い方はAF性能と連写性能を確認しておくことをおすすめします。

オートフォーカス時のフォーカス速度と精度に直結するのがフォーカスポイントの数と質です。タテ・ヨコの動きを捉えやすい高機能な「クロスセンサー」の数が多いモデルがおすすめ。被写体の動きを高速かつ正確に捉えます。

重量と堅牢性

フルサイズデジタル一眼のボディ重量は800〜1000gが主流です。コンパクトデジカメ、および500g前後が一般的なデジタル一眼エントリーモデルなどと比べると重いのが特徴。初心者の方は軽量モデルがおすすめです。さまざまなシーンで手軽に撮影できます。

また、フルサイズモデルは各メーカーのミドル〜ハイエンドモデルに位置しているので高価。長く愛用するためにも堅牢性もチェックしておきましょう。特にアウトドアで使用することが多い方には「防滴・防塵加工」が施されたモデルをおすすめします。風が強い時や急な雨でも安心です。

フルサイズの一眼レフのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: biccamera.com

キヤノンのフルサイズ一眼カメラは比較的軽量なモデルが多いのが特徴です。フルサイズでは内部構造の複雑化によって、重さが1kg近いモデルもあるなか、キヤノンは1kgを切る機種も多数ラインナップしています。

また、キヤノンは入門機からプロ用まで幅広い一眼カメラを作っているため、フルサイズ一眼カメラでも操作しやすいのも魅力と言えます。操作性を重視する方にはキヤノンがおすすめです。

ニコン(Nikon)

By: nikon-image.com

連写性能やオートフォーカスの精度が高い点が魅力。D850モデルであれば1秒間に約9コマの高速連写と瞬時に対応してくれるオートフォーカスで、動き回る動物や激しいスポーツも被写体をしっかりと捉えられます。さらに、高密度なオートフォーカスポイントで広い範囲をカバーしてくれるのも特徴です。

キヤノンと同じように操作性も優れているので、初心者から卒業したい方やもう一段階ステップアップを考えているという方におすすめです。

ペンタックス(PENTAX)

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスのフルサイズ一眼カメラはコストパフォーマンスに優れているのが特徴。軽量かつ堅牢性に優れ、防塵・防滴性能も兼ね揃えているため、アウトドアなど屋外での撮影がメインの方におすすめです。フルサイズの一眼カメラにしては比較的価格も控えめなのでコスパを重視する方に適しています。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) EOS 6D MarkⅡ

キヤノン(Canon) EOS 6D MarkⅡ

小型軽量なボディと直感的な操作性が魅力のフルサイズ一眼レフカメラ。本体重量が約765gと軽く、携帯性に優れています。価格も約15万円と比較的安価なので、フルサイズの入門機としておすすめです。

有効画素数は約2620万画素、常用感度はISO100〜40000。画像処理エンジンは「DIGIC 7」を搭載しており、高感度撮影時でもノイズを抑えたより鮮明な撮影が可能です。

AFシステムには45点のオールクロスセンサーを採用。被写体の俊敏な動きにもしっかりとピントを合わせられるほか、最高約6.5コマ/秒の高速連写で的確に捉えることができます。また、「デュアルピクセルCMOS AF」の採用により、ライブビュー撮影や動画撮影でもファインダー撮影時と変わらない快速なAFが使えるのもポイントです。

本機は可動式のバリアングル液晶モニターを搭載。ローアングルもハイアングルも楽な姿勢で撮影できます。また、シャッターや画像確認がタッチパネル操作で簡単に対応できるのも魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark Ⅳ

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark Ⅳ

高解像・高感度・高機動と3拍子揃った、優れた性能バランスが魅力のフルサイズ一眼レフカメラ。被写体やシーンを問わずそつなく撮影できることから、多くのカメラマンから支持されています。

有効画素数は約3040万画素で、常用感度はISO100〜32000。高感度時でもノイズが少ないので、動体撮影でシャッター速度がほしいときにも積極的に感度を上げられます。

AF性能が秀逸なのも特徴。「61点高密度レティクルAF Ⅱ」を採用しているので、野生動物やスポーツなどの動きの素早い被写体でも的確に捉えられます。また、被写体の顔・色を検知する「EOS iTR AF」と被写体にピントを合わせ続ける「AIサーボAF III」により、追従性も良好。動きが予測できない被写体にもしっかり対応できます。

本体重量は約890gと標準的。しかし、頑丈なボディと防塵防滴構造によって高い信頼性を持つので、過酷なシーンでの撮影にも使えます。動画性能が充実しているのもポイント。4K30Pの高解像動画やフルFD120のハイフレームレート撮影にも対応しています。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 5Ds R

キヤノン(Canon) EOS 5Ds R

フルサイズ一眼レフなかでもハイエンドな高精細・高画質モデル。約5060万画素というフルサイズ一眼ではかなり高い有効画素数を有しており、被写体を細部まで克明に描写できます。風景やポートレートを始め、芸術作品の記録など高い解像性能を要する撮影におすすめです。

本機はローパスフィルター効果がキャンセルされているのも特徴。パターン柄の服や建築物などでは、実際の被写体にはない色が写ってしまう「偽色」や、まだら模様の「モアレ」が生じる可能性があるので、RAW現像時にはそれらを除去する手間がかかるのが難点ですが、その代わりに被写体の細部をより高解像に描写できるので、迫力のある写真を撮影できます。

ミラー制御に低振動メカ機構を採用しているのもポイント。高解像機ではミラー駆動時のわずかな振動でもブレの影響が出やすいのが懸念点ですが、本製品は手持ち撮影時でも5060万画素の高解像をフルに生かした撮影が可能です。

また、三脚使用時はミラーアップと電子先幕シャッターによる超低振動撮影が可能な「LV静音撮影モード」が使えるので、より効果的にブレを抑えた撮影が楽しめます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 1DX Mark Ⅱ

キヤノン(Canon) EOS 1DX Mark Ⅱ

キヤノンのフルサイズ一眼レフカメラにおけるフラッグシップモデル。過酷な環境でも確実に動作する堅牢なボディと最速クラスのAF性能・高速連写が特徴で、第一線で活躍するプロカメラマンから支持されています。

有効画素数は約2020万画素で、常用感度はISO100〜51200。豊かなダイナミックレンジと暗闇での撮影も可能にする優れた高感度性能を有しているので、あらゆるジャンルの撮影に対応できます。

AFシステムには「61点高密度レティクルAF Ⅱ」を採用。優秀な高性能AFによって、野生動物や野鳥など不規則かつ高速に動く被写体でも確実に捕捉できます。また、合成F値がF8になっても全測距点でAFが使えるので、交換レンズとカメラ本体に装着することで焦点距離が伸ばせる「テレコンバーター」を使用した超望遠撮影も快適。-3EVの低輝度AFにも対応します。

連写性能はAF/AE追従で、フルサイズ一眼レフでは高速の最高約14コマ/秒、さらにライブビュー撮影時は最高約16コマ/秒をカバー。 また、動画性能も充実しており、シネマ規格4K(4096×2160)・60fpsを内部記録で撮影できるほか、音声も非圧縮のリニアPCMでの収録が可能です。

▼撮影イメージ

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) D750

ニコン(Nikon) D750

高い機動力と上位機譲りの高性能が特徴のフルサイズ一眼レフカメラ。本機種は発売から4年以上経ちますが、小型軽量で扱いやすく、価格も約14万円と落ち着いており、現在はフルサイズ一眼レフの入門機として人気があります。

チルト式の可動液晶モニターや内蔵Wi-Fiなどが搭載されているのも特徴。FXフォーマットで初めて炭素繊維複合素材を活用したモノコック構造を採用しているほか、剛性の高いボディと深く握りやすいグリップを備えているのもポイントです。

有効画素数は2432万画素、常用ISO感度はISO100〜12800。画像処理エンジン「EXPEED 4」の高い処理能力もあることで、フルサイズならではの豊かなダイナミックレンジと暗所にも強い画質を体感できます。

連続撮影は最高約6.5コマ/秒。51点の測距点とグループエリアAFの採用により、不規則で動く被写体でも確実に捉えられるAF性能の高さも魅力です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D850

ニコン(Nikon) D850

高解像と高速連写を両立したフルサイズ一眼レフカメラ。有効画素数は4575万画素でニコンのフルサイズ一眼レフ中でハイレベルの画素数を有しています。森の木々や野生動物の毛並みに至るまで被写体の細部を精緻に描写できるので、風景や野生動物などの撮影におすすめです。

イメージセンサーに裏面照射型構造を採用したのも特徴。常用ISOは64〜25600で、暗所での撮影もしっかりカバーできます。

連続撮影はボディ単体で最高約7コマ/秒で、別売の縦位置グリップを装着することで最高約9コマ/秒まで加速が可能。153点のAFシステムを採用しているので、被写体を的確に捕捉できるAF性能の高さも魅力です。

動画機能が充実しているのもポイント。フルサイズセンサーの豊かなボケ味やダイナミックレンジをいかした4K動画や、フルHD120pのスローモーション撮影にも対応しています。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D5

ニコン(Nikon) D5

ニコンのフルサイズ一眼レフカメラにおけるフラッグシップモデル。剛性に優れた堅牢なボディと比類ないAF性能・高速連写を有しているのが特徴です。過酷なシーンでも確実に撮影できる性能の高さから、野生動物やスポーツシーンで活躍するプロカメラマンから支持されています。

有効画素数は約2082万画素。画像処理エンジン「EXPEED 5」の採用により常用ISOは100〜102400で、暗闇でも高画質撮影が可能です。

被写体検出力に優れた広域・高密度の153点AFシステムを搭載。その内99点は横方向だけではなく、縦方向の動きにも強いクロスセンサーを採用しているので、不規則に激しく動く被写体でも確実に捉えられます。また、AF/AE追従で約12コマ/秒の高速連写を最大200コマまで可能なのもポイントです。

本体構成は使用する記録メディアに応じてXQDタイプまたはCFタイプのいずれかを選択することが可能。重量1.2kg超えはやや難点ですが、撮影満足度は確かなものです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) Df

ニコン(Nikon) Df

静止画撮影に特化した機動力とシンプルな使いやすさが特徴のフルサイズ一眼レフカメラ。本機は発売から5年以上経っているので性能的にやや古さを感じるのは否めませんが、写真の撮影を追求するのに必要十分な性能と独特な操作感が味わえることから、現在でもロングセラーモデルとして人気があります。

有効画素数は約1625万画素。フルサイズ機としてスペックは低めですが、低画素な分画素同士の間隔に余裕があるため、低感度から高感度まで豊かなダイナミックレンジで撮影することができます。

本機ではダイヤル操作を主とした操作を採用しているのもポイント。シャッター速度やISO感度など露出に関する設定を電源オフ状態でもひと目で確認できるので、カメラを操る愉しさを実感できるのも魅力です。

本体重量は約765gと、FXフォーマットのなかでは軽量。堅牢な防塵防滴性能も確保しているので、過酷な状況でも対応できる汎用性の高さも注目点です。

▼撮影イメージ

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) K-1

ペンタックス(PENTAX) K-1

ペンタックスのフルサイズの一眼レフ。回転ブレなどにも対応可能な5軸補正のほか、高性能な手ブレ補正機能「SRII」を内蔵しているのが特徴です。

有効画素数は約3640万画素。細かなディテールを再現した迫力のある写真が撮影でき、トリミングにも対応することが可能です。

液晶ディスプレイは「フレキシブルチルト式モニター」を採用。チルト式は一般的に上下に動かせるだけですが、液晶を斜めに傾けられます。さらに、屋外での液晶の見づらさを軽減するアウトドアモニター機能も搭載。晴天時や夜空の撮影時でもワンプッシュで液晶の輝度を最適なものに変更することが可能です。

画像処理エンジンには「PRIME IV」を搭載し、高画質の処理やノイズの低減に寄与。また、ISO感度は最大204800まで対応しています。高感度設定でもノイズを抑えた描写が可能で、暗所での撮影もしっかりカバーできます。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II

過酷な条件のアウトドアユースに適したペンタックスのフルサイズデジタル一眼レフ。ボディ87ヶ所にシーリングを施し、水やホコリなどの侵入を防ぐ防塵・防滴構造がメリットです。-10℃以下での耐久テストも実施済。厳寒時でも精度の高い安定した動作ができるのもポイントです。

有効画素数は約3640万画素。「アクセラレーターユニット」により高感度画質が向上しており、最高ISOは819200と超高感度です。

感度全域で記憶色に近い印象的な色合いと滑らかな階調の描写が可能。連続撮影した4枚の画像を合成することで超高精細な画像が取得できる「リアル・レゾリューション撮影」が強化されたのもポイントです。

本機は多方向からの手ブレを強力に抑える5軸・5段のボディ内手ブレ補正や、周囲の明るさに応じて輝度表示を調整できる「アウトドアモニター」を採用しているのも魅力。タフな一眼レフを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

K-1 Mark IIの作例画像レビュー記事はこちら▼