一眼レフカメラのなかでも高いスペックを備えているフルサイズ機。最近はラインナップが増え、価格帯にも幅が出てきているため、どれを選べばよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フルサイズ一眼レフのおすすめモデルをご紹介します。メーカー別に製品をピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

フルサイズ一眼レフとは?

デジタル一眼レフにおける撮像素子の役割

By: canon.jp

「撮像素子」は、デジタル一眼レフの心臓部といえる重要なパーツ。「イメージセンサー」と呼ばれることも多くあります。主な役割は、レンズを通して入ってきた光を取り込み、光の明るさや色を電気信号に変換する「撮像」という処理を行うことです。

さらに、その信号をメモリカードなどへ送って記録するのも撮像素子の役割。いわゆる「フィルムカメラ」と呼ばれる銀塩カメラは、フィルムの化学的反応を利用して撮像を行います。一方、デジタル一眼レフは、電気的反応を利用して撮像素子で撮像を行うのが特徴です。

デジタル一眼レフの撮像素子サイズは3タイプ

銀塩の一眼レフでは、35mm判フィルムを使用するのが主流で、1コマの大きさはタテ24×ヨコ36mmです。また、デジタル一眼レフの「フルサイズ」とは、撮像素子が35mm判フィルムと同じ大きさのモノを指します。すなわち、フルサイズのデジタル一眼レフとは、タテ24×ヨコ36mmの撮像素子が搭載された製品のことです。

フルサイズのほかに主流なのが「APS-C」と呼ばれる規格。APS-Cサイズの大きさは、カメラメーカーによって多少のバラつきがあります。キヤノンの場合は、タテ14.8×ヨコ22.2mm。面積はフルサイズの2分の1弱です。なお、ニコンではフルサイズのことを「FXフォーマット」、APS-Cを「DXフォーマット」と表記しています。

オリンパスやパナソニック、そしてライカなどのメーカーが採用しているのが「フォーサーズ」と呼ばれる規格。タテ13.0×ヨコ17.3mmの撮像素子で、面積はフルサイズの4分の1強です。

フルサイズ一眼レフのメリット

By: amazon.co.jp

フルサイズの一眼レフは撮像素子が大きく、画質のキレイさが魅力です。APS-Cサイズの一眼レフと同じ画素数で比較した場合でも、1画素あたりの光を受ける面積が2倍以上で、より多くの光を取り込んだノイズの少ない写真が撮影できます。

また、フルサイズの一眼レフは、APS-Cサイズに比べて画角が広いこともポイント。同じレンズを装着して撮影しても、フルサイズの方がより広い範囲を画面に収めることが可能です。

さらに、使用するレンズにもよりますが、一般的にフルサイズはAPS-Cサイズより「ボケ感」が強いといわれています。被写体を強調して前景や後景をぼかしたい方には、フルサイズの一眼レフがおすすめです。

APS-Cサイズとフルサイズはそんなに違う?

By: ricoh-imaging.co.jp

フルサイズの一眼レフは、APS-Cサイズに比べて有効画素数が多いので、トリミング時にもノイズ感の少ないキレイな写真に仕上がります。大きく引き伸ばしてA2サイズなどにプリントしたい場合にもおすすめ。防滴・防塵加工を施したモデルが多いのも魅力です。

メーカーごとに搭載されているスペックは違いますが、より高画質で表現力豊かな写真を撮りたい方には、フルサイズの一眼レフが適しています。

フルサイズ一眼レフの選び方

有効画素数をチェック

By: sony.jp

解像度に大きく影響するのが「有効画素数」です。フルサイズのデジタル一眼レフは、2000万画素以上のモデルが主流。なかには5000万画素を超えるハイスペックなモデルもありますが、高価なのが難点です。

A3のような大きな写真紙にプリントする際も、有効画素数が2000万画素程度あれば、充分に高精細な美しい写真を印刷可能。予算に応じて選ぶのがおすすめです。

AF性能と連写性能をチェック

スポーツや野鳥観察などで動体撮影をする機会が多い方は、AF性能と連写性能を確認しておくことをおすすめします。フルサイズ一眼レフの連写速度は、製品によって異なり、1秒間に5〜14コマと幅広いのが特徴です。

また、オートフォーカス時のフォーカス速度や精度に直結するのが、ピントを合わせるための「フォーカスポイント」の数と質。なかでも、タテ・ヨコの動きを捉えやすい高機能な「クロスセンサー」の数が多いモデルがおすすめです。被写体の動きを高速でしっかり捉えます。

重量と堅牢性をチェック

By: amazon.co.jp

フルサイズ一眼レフの重量は、800〜1000gが主流。デジカメやエントリーモデルのデジタル一眼レフと比べると、やや重いのが特徴です。初心者には、さまざまなシーンで手軽に撮影できる軽量モデルを選んでみてください。

また、フルサイズのデジタル一眼レフは、各メーカーのミドルレンジまたはハイエンドモデルに位置しており、価格が高い傾向にあります。長く愛用するためにも、堅牢性をチェックしておきましょう。特に、アウトドアで使用することが多い方には防滴・防塵加工を施したモデルがおすすめです。

フルサイズの一眼レフのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: rakuten.co.jp

キヤノンは、フルサイズセンサーを搭載した一眼レフとミラーレス一眼の両方を取り扱っています。一眼レフもミラーレス一眼も種類が豊富で、プロ向けの本格的なモデルから初心者でも扱いやすいモデルまで、幅広くラインナップしているの点が特徴です。

バリアングル液晶モニターを採用したモデルが多い点もメリット。モニターの向きや角度を自由に調節できるので、構図の幅を手軽に広げられます。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンのフルサイズ一眼レフは、プロの現場でも活用できる本格的な仕様が魅力。優れた高速連続撮影機能やサイレント撮影機能を備えており、スポーツや美術館などシーンを選ばずに使いやすい点が特徴です。

Wi-FiやBluetooth機能を内蔵しているモデルが多いのもポイント。撮影したデータをスマートフォンなどに転送し、すぐにシェアできます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、ミラーレスタイプのフルサイズ一眼レフを中心にラインナップしています。種類が多いほか、高感度耐性に優れたモデルや高解像度なモデルなど特徴ごとにシリーズが分けられているため、用途に合ったモデルを選びやすい点も特徴です。

コンパクトかつ軽量なモデルが多いのもポイント。持ち運びやすさを重視する方におすすめのメーカーです。

ペンタックス(PENTAX)

By: rakuten.co.jp

ペンタックスのフルサイズ一眼レフは、耐環境性の高さが特徴。ボディのさまざまな場所にシーリングが施されているので、水滴やホコリの侵入を防止できるほか、寒冷地でも安定して動作可能です。

暗い環境でも操作しやすいように、本体にLEDを搭載している点も魅力。暗い室内やアウトドアなど、幅広いシーンで撮影を楽しみたい方におすすめのメーカーです。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) EOS-1D X Mark III EOS-1DXMK3

本格的な撮影を楽しみたい方におすすめのフルサイズ一眼レフです。有効画素数約2010万画素のフルサイズセンサーを採用しているほか、独自のローパスフィルターも搭載。偽色や輝度モアレなどを抑制し、解像感の高い美しい画作りをサポートします。

1秒間に約16コマの高速連続撮影に対応している点も特徴のひとつ。ファインダー像の消失時間も短縮されているため、スポーツや動物など、動きの早い被写体もリアルタイムで視認しながら撮影可能です。

4K動画の撮影もサポート。クロップせずに59.94fpsの4K動画を撮影できるので、広角レンズを装着した際に広い画角を無駄なく活かせます。ハイフレームレート撮影にも対応。スローモーション動画を撮りたい方にもぴったりです。

Wi-Fi通信機能も搭載。スマートフォンやタブレットとワイヤレスで連携できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark IV EF24-70L IS USM レンズキット EOS5DM4-2470ISLK

趣味でカメラを楽しむアマチュアからプロの写真家まで、幅広い層に人気のフルサイズ一眼レフ。約3040万画素のフルサイズセンサーを有しており、自然な背景ぼけや美しい階調などを楽しめます。高感度耐性にも優れており、暗い場所でもノイズを抑えて撮りやすい点も魅力です。

独自のAFセンサーを採用。「EOS iTR AF」にも対応しており、被写体の顔や色を検知して粘り強く追いかけられます。AIを活用し、障害物がある環境でも優れたAF精度を実現しているため、ポートレートはもちろん、動物の撮影にもおすすめです。

視野率約100%の光学ファインダーも搭載。ファインダー内には透過型液晶も搭載されており、光学ファインダーながら水準器やグリッド、撮影モードや記録画質などを表示できます。ファインダーを覗いたまま各種設定を確認可能です。

GPSユニットも内蔵。本体だけで写真に位置情報を付加できます。

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II EF24-105 IS STM レンズキット EOS6DMK2-24105ISSTMLK

高性能ながらコンパクトサイズで取り回しやすい、おすすめのフルサイズ一眼レフです。常用ISO感度は最高40000でISO102400相当までの拡張も可能。高性能エンジンも搭載されているので、暗い環境でもノイズの少ないキレイな写真を撮影できます。

多彩な撮影モードも搭載。多重露出撮影やHDRモードのほか、さまざまな効果を選んで適用できる「クリエイティブオート」にも対応しています。料理や風景、スポーツなど、シーンに合わせた「スペシャルシーン」機能も利用可能です。

背面には3インチのバリアングル式液晶モニターを搭載。前方に約180°、後方に約90°、水平方向約175°に可動するため、ローアングルからハイアングルまでさまざまな状況に対応できます。タッチ操作も可能。触れるだけでシャッターを切れます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS R5 EOSR5

高性能ながら使いやすい、フルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼。約4500万画素のフルサイズセンサーを備えており、被写体の細部まで丁寧に描写できます。豊かな階調表現を実現する、広いダイナミックレンジもポイントです。

ボディ内に5軸手ブレ補正機構を搭載。レンズの種類を問わず手ブレの少ない写真を撮影できます。また、一部のRFレンズとの協調制御もサポート。最大で実質8段分の手ブレ補正効果を体験できます。

動画機能が充実している点も魅力のひとつ。4K動画はもちろん、8K動画も撮影可能です。4Kは120pまでのフレームレートに対応。8Kタイムラプスも楽しめるほか、8K動画のなかから静止画を切り出す機能も用意しています。

高精細なカラー電子ビューファインダーの採用もポイント。一眼レフの光学ファインダーのように覗きながら撮影できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS R6 RF24-105 IS STM レンズキット EOSR6-24105ISSTMLK

手ブレを抑えて撮影しやすい、おすすめのフルサイズミラーレス一眼。電子シャッターを使用すると、1秒間に最高約20コマの連続撮影を行えます。メカシャッター使用時は、1秒間に最高約12コマ。動く被写体も追従して撮影できます。

高速かつ高精度なAFも魅力。映像表示範囲のほぼ100%がAFエリアのため、自由な構図で撮影を楽しめます。瞳・顔・頭部検出機能にも対応。横向きの顔や後頭部なども捉えやすいので、快適にポートレート撮影を行えます。

ボディ内5軸手ブレ補正も搭載。対応RFレンズとの組み合わせで最大8段分の手ブレ補正を実現します。暗い場所での撮影や望遠レンズでの撮影など、さまざまシーンで三脚を使わずに手ブレを軽減可能です。

Wi-FiやBluetooth機能も内蔵。スマートフォンやタブレットに撮影した画像を自動送信できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS RP RF24-105 IS STM レンズキット EOSRP-24105ISSTMLK

初心者におすすめのフルサイズミラーレス一眼。コンパクトサイズなうえ重量も約485gと軽いので、気軽に持ち歩いて撮影できます。背面のバリアングル液晶モニターはタッチ操作に対応。スマートフォンのように直感的に操作できます。

「デュアルピクセルCMOS AF」と呼ばれる独自のAFシステムを搭載。暗いシーンでも素早く正確にピントを合わせられます。瞳AFに対応しているのもポイント。ポートレート撮影をより手軽に楽しめます。

4K動画撮影も可能。4K動画から写真を切り出す機能も用意されています。

▼撮影イメージ

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D6

プロの現場でも活用できる高性能なフルサイズ一眼レフカメラ。有効画素数2082万画素のフルサイズセンサーには、105点の「クロスセンサー」が搭載されており、正確で素早いAFを実現します。

高速連続撮影に対応しているのもポイント。1秒間に約14コマ、最大約200コマの連続撮影をサポートしているため、動きの早い被写体も捉えられます。サイレント撮影時にも1秒間に約10.5コマの連続撮影が可能です。

ISO感度の幅が100~102400と広いのも魅力のひとつ。独自の画像処理エンジンである「EXPEED 6」の採用により、高感度撮影時のノイズも軽減されています。

色味や雰囲気を手軽に補正できる「Creative Picture Control」機能にも対応。静止画・動画を問わずさまざまな表現を楽しめるおすすめモデルです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

裏面照射型構造を採用したおすすめのフルサイズ一眼レフ。有効画素数が4575万画素と非常に高く、高精細な写真を撮影できます。高画素ながらISO25600を達成しているのもポイント。暗い場所でもノイズを抑えて明るい写真を楽しめます。

電子シャッターを利用したサイレント撮影にも対応。スポーツや発表会のような音を抑えたい環境で活躍するのはもちろん、超望遠レンズを利用した風景や天体の撮影など、シャッターによるわずかなブレも排除したい場合に活用できます。

動画性能が優れている点も魅力のひとつ。フルフレームで4Kかつ30pの動画を撮影できるため、レンズの特性を活かした動画作りを楽しめます。また、フルHDであれば4倍や5倍のスローモーション動画もカメラ任せで撮影可能です。

チルト式の3.2インチ背面モニターは、タッチで直感的に操作できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D780

オートフォーカスの性能に優れたおすすめのフルサイズ一眼レフです。高性能な画像処理エンジンのほか、フラッグシップモデル同等のアルゴリズムなどを採用。コントラストの低い被写体や薄暗い環境であっても、素早く正確にピントを合わせられます。

20種類の「Creative Picture Control」にも対応。彩度やコントラストなどのパラメーターを調節し、仕上がりをモニターで確認しながら自由な画作りを楽しめます。

「スペシャルエフェクトモード」もサポート。写真にさまざまなエフェクトを適用して楽しめるほか、極彩色・ポップ・フォトイラスト・トイカメラ風・ミニチュア効果・セレクトカラーの6種類はRAWデータで保存もできます。

SDカードを2枚セットできるダブルスロットも搭載。バックアップをしたりRAWとJPEGデータを分けたりなど、自由な使い方ができます。

▼撮影イメージ

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) α7R IV ILCE-7RM4A

細部までしっかりと描写できるおすすめのフルサイズミラーレス一眼。有効約6100万画素の高解像度センサーを搭載しており、優れた解像性能を実現しています。裏面照射構造の採用も特徴。ノイズ処理性能も高く、暗所でも滑らかな写真を撮影できます。

高解像度ながら、1秒間に約10コマのAF・AE追随高速連写に対応。不規則に動き回る被写体もしっかりと捉えられます。ライブビュー方式でも1秒間に最高約8コマの撮影が可能。モニターへの表示ラグも軽減されています。

背面のモニターはタッチ操作可能。ピント位置選択などを直感的に行えます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7S III ズームレンズセット ILCE-7SM3

動画も写真も美しく撮影できるフルサイズミラーレス一眼。有効約1210万画素の裏面照射型センサーを搭載しています。ダイナミックレンジが広く高感度かつ低ノイズなので、暗所での撮影におすすめです。

光学式の5軸ボディ内手ブレ補正機能に対応。動画専用の「アクティブモード」も用意されており、4Kを含む各種動画撮影時により強力な手ブレ補正効果を体験できます。

また、ウェブカメラとして利用できる点も特徴のひとつ。本体をパソコンに接続すれば、瞳AFや美しい背景ぼけなどを活かしながらオンライン会議やライブ配信に利用できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7 III ズームレンズキット ILCE-7M3K

フルサイズセンサー搭載ながら価格を抑えたおすすめのミラーレス一眼。常用ISO感度は100~51200、拡張ISO感度は50~204800と優れており、暗所でも明るく撮影できます。ノイズも抑え、夜景も細部まで丁寧に描写可能です。

「4Dフォーカス」に対応している点も特徴のひとつ。AI技術を活用した「リアルタイム瞳AF」もサポートしており、シャッターボタンを半押しするだけで被写体の瞳を高精度に追随できるため、ポートレート撮影をスムーズに行えます。

背面の液晶モニターはチルト可動式。上方向に約107°、下方向には約41°まで角度を調節できるので、ローアングルからハイアングルまでさまざまな撮影シーンに対応できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7C ズームレンズキット ILCE-7CL

重さ約509gと軽量で気軽に持ち出せるおすすめのミラーレス一眼。フルサイズセンサー搭載ながらAPS-C機並みに小型なのも特徴です。キットレンズもコンパクトで機動力を活かした撮影を楽しめます。

AFも非常に高性能。「リアルタイムトラッキング」に対応しているため、被写体選択後はシャッターボタンを半押しするだけで自動でピントを合わせ続けます。

バリアングル液晶モニターの採用も魅力のひとつ。ハイアングルでもローポジションでも、見やすい位置にモニターの角度を調節できます。また、被写体をモニター上でタッチすれば簡単にピント合わせも可能です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7 IV ズームレンズキット ILCE-7M4K

高画質で人気の高いおすすめのミラーレス一眼。有効約3300万画素の裏面照射型フルサイズセンサーを搭載しています。画像処理エンジンには「BIONZ XR」を採用。処理性能が高く、動画も写真もスムーズに撮影できます。

美しい写真を撮影できるのはもちろん、動画機能も高性能。独自の放熱構造を採用しており、撮影中の温度上昇を抑制できるため、4Kのような負荷のかかる動画も長時間撮影できます。

軽量ながら堅牢性に優れたマグネシウム合金製のボディも魅力。ボディは防塵・防滴に配慮した設計で、屋外でも安心して使用できます。

▼撮影イメージ

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II 28-105WR レンズキット 16007

過酷な環境でも使いやすいおすすめのフルサイズ一眼レフ。有効約3640万画素のフルサイズセンサーを採用しており、ディティールまで丁寧に捉えて描写できます。

感度の高さも魅力。独自のアクセラレーターユニットの採用により、最高ISO819200を実現しています。ノイズも抑え、光量の足りない環境でも明るく高精細な写真を撮影可能です。

柔軟に動くフレキシブルチルト式液晶モニターの採用もポイント。上下だけではなく左右にも可動する仕組みで、ローアングルやウエストレベルなどさまざまな状況で使いやすい角度に調節できます。

優れた耐環境性が確保されている点も特徴。ボディのさまざまな場所に防塵・防滴のためのシーリングが施されています。また、-10℃以下での動作試験もクリア済み。ボディの素材には、頑丈かつ軽量なマグネシウム合金を採用しています。

▼撮影イメージ