一眼レフカメラのなかでも高いスペックを備えている、フルサイズ機。以前は機種が限られましたが、最近はラインナップが増え、価格帯にも幅が出てきています。

購入の選択肢が増えたことは有益ですが、自分にとってどれがベストなのか悩んでしまうことも多いはず。そこで今回は「フルサイズ一眼レフ」のおすすめモデルをご紹介します。メーカー別に製品をピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

フルサイズ一眼レフとは?

デジタル一眼レフにおける撮像素子の役割

「撮像素子」はデジタル一眼レフの心臓部といえる重要なパーツで、「イメージセンサー」と呼ばれることも多くあります。主な役割は、レンズを通して入ってきた光を取り込み、光の明るさや色を電気信号に変換する「撮像」という処理を行うことです。

さらに、その信号をメモリーカードなどへ送って記録するのも撮像素子の役割。いわゆる「フィルムカメラ」と呼ばれる銀塩カメラは、フィルムの化学的反応を利用して撮像を行います。一方、デジタル一眼レフカメラは、電気的反応を利用して撮像素子で撮像を行うのが特徴です。

デジタル一眼レフの撮像素子サイズは3タイプ

銀塩の一眼レフでは35mm判フィルムを使用するのが主流で、1コマの大きさはタテ24×ヨコ36mmです。また、デジタル一眼レフの「フルサイズ」とは、撮像素子が35mm判フィルムと同じ大きさのモノを指します。すなわち、フルサイズのデジタル一眼レフカメラとは、タテ24×ヨコ36mmの撮像素子が搭載された製品のことです。

フルサイズのほかに主流なのが「APS-C」と呼ばれる規格。APS-Cサイズの大きさは、カメラメーカーによって多少のバラつきがあります。キヤノンの場合は、タテ14.8×ヨコ22.2mm。面積はフルサイズの2分の1弱です。なお、ニコンではフルサイズのことを「FXフォーマット」、APS-Cを「DXフォーマット」と表記しています。

また、オリンパスやパナソニック、そしてライカなどのメーカーが採用しているのが「フォーサーズ」と呼ばれる規格。タテ13.0×ヨコ17.3mmの撮像素子で、面積はフルサイズの4分の1強です。

フルサイズ一眼レフのメリット

By: amazon.co.jp

フルサイズの一眼レフは撮像素子が大きく、画質がキレイなことがメリットです。APS-Cサイズの一眼レフと同じ画素数で比較した場合でも、1画素あたりの光を受ける面積が2倍以上で、より多くの光を取り込んだノイズの少ない写真が撮影できます。

また、フルサイズの一眼レフは、APS-Cサイズに比べて画角が広いこともポイント。同じレンズを装着して撮影しても、フルサイズの方が、より広い範囲を画面に収めることが可能です。

さらに、使用するレンズにもよりますが、一般的にフルサイズはAPS-Cサイズより「ボケ感」が強いと言われています。被写体を強調して前景や後景をぼかしたい方には、フルサイズの一眼レフがおすすめです。

APS-Cサイズとフルサイズはそんなに違う?

By: rakuten.co.jp

フルサイズの一眼レフは、APS-Cサイズに比べて有効画素数が多いので、トリミング時にもノイズ感の少ないキレイな写真に仕上がります。また、大きく引き伸ばしてA2サイズなどにプリントしたい場合にもおすすめです。さらに、防滴・防塵加工されたモデルが多いのも魅力。

メーカーごとに搭載されているスペックは違いますが、より高画質で表現力豊かな写真を撮りたい方には、フルサイズの一眼レフが適しています。

フルサイズ一眼レフの選び方

有効画素数をチェック

解像度に大きく影響するのが「有効画素数」です。フルサイズのデジタル一眼レフカメラは、2000万画素以上のモデルが主流。なかには5000万画素を超えるハイスペックなモデルもありますが、高価なのが難点です。

A3のような大きな写真紙にプリントする際も、有効画素数が2000万画素程度あれば、充分に高精細な美しい写真を印刷可能。予算に応じて選ぶのがおすすめです。

AF性能と連写性能をチェック

スポーツや野鳥観察などで動体撮影をする機会が多い方は、AF性能と連写性能を確認しておくことをおすすめします。フルサイズ一眼レフの連写速度は、製品によって異なり、1秒間に5〜14コマと幅広いのが特徴です。

また、オートフォーカス時のフォーカス速度や精度に直結するのが、ピントを合わせるための「フォーカスポイント」の数と質。なかでも、タテ・ヨコの動きを捉えやすい高機能な「クロスセンサー」の数が多いモデルがおすすめです。被写体の動きを高速でしっかり捉えます。

重量と堅牢性をチェック

フルサイズ一眼レフの重量は、800〜1000gが主流。コンパクトデジカメや、エントリーモデルのデジタル一眼と比べると、やや重いのが特徴です。初心者には、さまざまなシーンで手軽に撮影できる軽量モデルをおすすめします。

また、フルサイズのデジタル一眼レフは、各メーカーのミドル〜ハイエンドモデルに位置しており、高価になりがちです。長く愛用するために、堅牢性もチェックしておきましょう。特に、アウトドアで使用することが多い方には「防滴・防塵加工」が施されたモデルがおすすめ。風が強いときや、急な雨でも安心です。

フルサイズの一眼レフのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: biccamera.com

キヤノンのフルサイズのデジタル一眼レフカメラには、比較的軽量なモノが多いのが特徴です。フルサイズの一眼レフは内部構造が複雑で、重さが1000g近いモノが多いなか、キヤノンは700g以下のモデルを複数ラインナップしています。

また、キヤノンは入門機からプロ用まで幅広い一眼レフカメラを製造しており、フルサイズでも操作しやすいモデルが多いのが魅力。操作性を重視する方には、キヤノンがおすすめです。

ニコン(Nikon)

By: nikon-image.com

ニコンのフルサイズ一眼レフは、連写性能やオートフォーカスの精度が高い点が魅力です。「D850」モデルの場合、1秒間に約9コマの高速連写と瞬時に対応するオートフォーカスで、被写体をしっかり補足可能。さらに、高密度なオートフォーカスポイントで、撮影範囲を広くカバーできます。

操作性にも優れているので、初心者から卒業したい方や、撮影技術をもう一段階ステップアップさせたい方におすすめです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、コニカミノルタから受け継いだ「Aマウント」のマウント規格が搭載されたフルサイズ一眼レフを取り扱っています。

現在のラインナップは「α99 II」の1台のみで、独自構造の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を採用しているのが特徴です。通常の一眼レフと違って、イメージセンサーの受光時にミラーを動かす必要がなく、高速連写中でも常にAF駆動が可能。動く被写体に対する、高い捕捉力があります。

また、ミラーレスカメラと同様、反射鏡による振動がないので、風景や夜景の撮影でブレを抑えられるのもポイント。加えて、動画の撮影性能が良好なのも魅力です。

ペンタックス(PENTAX)

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスのフルサイズ一眼レフは、コストパフォーマンスに優れているのが特徴。また、軽量かつ堅牢性に優れ、防滴・防塵加工も兼ね揃えているため、アウトドアなど屋外撮影がメインの方におすすめです。

フルサイズの一眼レフカメラにしては比較的価格も控えめなので、コスパを重視する方に適しています。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

今から本格的に写真を始める方におすすめの、コスパに優れたフルサイズ一眼レフです。約765gの小型軽量ボディに、約2620万画素のフルサイズセンサーを搭載。キヤノンのフルサイズ一眼レフのなかで最安のモデルで、フルサイズの高画質を体感してみたい初心者にもおすすめです。

また、バリアングル液晶モニターを搭載しているのも特徴。地面すれすれのローアングルや人混みの上からのハイアングルなど、多彩な視点からの撮影に加えて、自撮りも無理のない姿勢で楽しめます。タッチ操作にも対応しており、カメラの操作に不慣れな方も、スマホ感覚で直感的に扱えるのがポイントです。

AFシステムには、動く被写体の撮影にも十分に対応できる「オールクロス45点AFセンサー」を採用。また、独自の像面位相差AF技術「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載しており、モニターを見ながらのライブビュー撮影時や動画撮影時も、高速かつ滑らかなピント合わせができます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark IV

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark IV

画質・機動力・機能性の3拍子が整った、人気のフルサイズ一眼レフです。性能のバランスが高い次元で取れており、フルサイズ機としては価格がリーズナブルなのも特徴。重量も約890gと比較的軽く、さまざまなジャンルで活躍するプロカメラマンが愛用していることでも知られています。

さらに、有効画素数が約3040万画素のフルサイズセンサーを搭載。明暗差を広く捉えられ、豊かなボケ味が得られるので、人物や雑貨の撮影でも高画質が期待できます。また、常用ISO感度は100〜32000を実現しているのもポイント。暗い室内や夜景の撮影でも、高い性能を発揮します。

AFシステムには「61点高密度レティクルAF II」を採用。最大41点のクロス測距が可能で、使用頻度の多い中央付近は2種類のクロス測距を組み合わせたデュアルクロス仕様です。鉄道や野生動物など、高速で動く被写体にも捕捉力を発揮します。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 5Ds R

キヤノン(Canon) EOS 5Ds R

肉眼で見るほどの高い解像力で記録できる、高画質なフルサイズ一眼レフです。有効画素数が約5060万画素のフルサイズセンサーを搭載。さらに、解像力をわずかに低下させる「ローパスフィルター効果」をキャンセルするため、風景・建築・芸術品・人物など、極めて高い解像感を求める撮影で重宝します。

ただし、着物の柄や格子状の構造物など、特定のパターンが連続する被写体の場合、実際には存在しない色(偽色)や模様(モアレ)が現れるリスクがあるので注意。該当する被写体を撮影する場合は、パソコンでのレタッチがほぼ必須ですが、多少の手間がかかっても高解像を追究したい方におすすめです。

また、「ミラー振動制御システム」も搭載されています。高画素機は、低画素機よりも手ブレやカメラブレの影響が顕著に現れるもの。しかし、本機では、カメラ内部の構造による振動が最大限抑えられています。

手持ち撮影でも解像感の高い画像を得られるため、屋外での広告撮影など、フットワークを生かした撮影にも活躍が可能です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 1D X Mark II

キヤノン(Canon) EOS 1D X Mark II

動く被写体の撮影に優れた、フルサイズ一眼レフのフラッグシップモデルです。本体は1530g程と重めですが、極めて高い信頼性を持つのが特徴。狙った瞬間を高確率で捉えられるため、スポーツ・航空機・野生動物・野鳥など、難易度の高い撮影を生業にするプロカメラマンから支持を得ています。

AF機能には、キヤノンの最新AF技術「61点高密度レティクルAF II」を採用。AF設定が細かくカスタマイズできるので、鉄道から動物まで多彩な被写体に対応できます。

また、高レベルな連写性能も魅力。AF・AE追従でファインダー撮影時は1秒間に約14コマ、ライブビュー撮影時は1秒間に約16コマの高速連写が可能です。

さらに、有効画素数が約2020万画素のフルサイズセンサーを搭載。常用ISO感度は100〜51200で、超高感度時でもノイズの少ない画像が得られるため、ナイトサファリなどの撮影でも重宝します。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) D750

ニコン(Nikon) D750

プロフェッショナルモデルに迫る高性能が、手頃な価格で楽しめるフルサイズ一眼レフです。約840gの軽量ボディには、丈夫なカーボンファイバー複合素材を活用した、独自のモノコック構造を採用。深めのグリップは握りやすく、安定したホールド性を得られるので、不意のシャッターチャンスにも迅速に対応できます。

また、有効画素数が約2432万画素のフルサイズセンサーを搭載。常用ISO感度は100〜12800とやや控え目ですが、プロユースに足る高品位な画質が得られます。AF機能には「高密度51点AFシステム」を採用し、1秒間に最大約6.5コマの高速連写が可能なため、動く被写体相手でも高い精度で撮影可能です。

さらに、充実したサポート機能も魅力。上下チルト式液晶モニターと内蔵Wi-Fiを搭載しており、撮影前後の利便性を向上させています。フルサイズ一眼レフのなかでは価格が安く、初心者でも導入しやすいのもポイントです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D850

ニコン(Nikon) D850

高解像度と高速性能を両立させた、フルサイズ一眼レフです。ニコンにおけるフルサイズ一眼レフの完成形として、プロ・アマを問わず多くのカメラマンから絶大な人気のあるモデル。風景から人物・鉄道・映像制作に至るまで、多彩なジャンルの撮影で重宝されています。

また、有効画素数が約4575万画素のフルサイズセンサーを搭載。常用ISO感度は64〜25600ですが、暗所に強い「裏面照射型構造」を採用しているため、高感度での撮影時でも優れた画質を実現しています。

さらに、同社のフラッグシップ機と同じ「高速・高精度153点AFシステム」を搭載。フル画素記録時でも、1秒間に最大約7コマの高速連写が可能で、静止物以外の被写体にも対応できます。

加えて、シャッター音なしのサイレント撮影にも対応。結婚式や美術館など、静粛性が求められるシーンに重宝します。動画の撮影性能も高く、4K動画や8Kのタイムラプスムービー用素材の記録も可能です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) Df

ニコン(Nikon) Df

「精密機械の感触」と「操る愉しみ」が堪能できる、唯一無二のコンセプトを持つフルサイズ一眼レフです。クラシックカメラを彷彿とさせるデザインのボディに、シャッター速度・ISO感度・露出補正の専用ダイヤルが割り当てられているのが特徴。電源オフ時でも設定が目視で確認できるほか、撮影の度に「自分でカメラを操っている」という実感を堪能できます。

発売から6年以上経つロングセラーモデルですが、かつてのフラッグシップ機である「D4」と同等の高画質を備えているのも特徴。約1625万画素のフルサイズセンサーに、常用ISO感度が100〜12800など、スペックはやや控え目ですが、豊かな階調を持つ高品位な画質が得られます。

重量は、ニコンのフルサイズ一眼レフのなかで最小かつ最軽量の約765g。フルサイズ機とは思えない軽快なフットワークで撮影が進められるので、スナップ撮影にもおすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D5

ニコン(Nikon) D5

さまざまな状況下で決定的瞬間を逃さない、フルサイズ一眼レフのフラッグシップモデルです。高画質・高速連写・高感度・信頼性という、プロの現場で求められる一眼レフの条件が備わっています。野生動物や野鳥などの動体撮影で人気のモデルですが、競技大会や報道機関で活躍するプロカメラマンに愛用されていることでも有名です。

動く被写体に対して極めて高い追従性を持つ、高速・高精度の153点AFシステムを搭載。AFの追従特性や効き方が細かくカスタマイズできるので、多彩なジャンルの動体撮影に対応できます。また、AF・AE追従で1秒間に約12コマの高速連写が、最大200コマまで続けられるのもポイントです。

さらに、約2082万画素のフルサイズセンサーを搭載しているうえ、常用ISO感度が最大で102400。撮影が難しい暗闇でも、鮮やかな色彩と高い解像感を期待できます。

▼撮影イメージ

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) α99 II

ソニー(SONY) α99 II

スピードと解像感を追究した、Aマウントの完成形と呼べるフルサイズ一眼レフです。裏面照射型の構造を採用した、約4240万画素のフルサイズセンサーを搭載。高解像ながら、ISO 100〜25600の幅広い常用感度を実現しているので、光量の少ない状況でも低ノイズで質感描写に優れた画像が期待できます。

トランスルーセントミラーの特性を最大限に活かした、高速性能もポイントです。79点の位相差AFセンサーと399点の像面位相差AFセンサーを組み合わせた「ハイブリッド位相差検出AFシステム」に加えて、AF・AE追従で1秒間に最大約12コマの超高速連写を実装。動く被写体にも対応できます。

また、高精度ジャイロセンサーが細かいブレを検出・補正する「5軸ボディ内手ブレ補正機構」が搭載されているのも特徴。コニカミノルタ時代の製品を含む、全てのAマウントレンズで補正効果を与えられるので、三脚に頼らず手軽に高解像撮影を楽しめます。さらに、4K動画記録に対応するのも魅力です。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II

ペンタックス(PENTAX)  K-1 Mark II

ネイチャー撮影に特化した、高画質なフルサイズ一眼レフです。重量は1010g程で、防滴・防塵・耐低温(-10℃)などの高い耐候性を持つため、悪天候に見舞われがちなアウトドアでの撮影におすすめ。画面の輝度を素早く設定できる「アウトドアモニター」や、暗所でも操作しやすくなる「アシストライト」などのサポート機能も充実しています。

有効画素数が約3640万画素のフルサイズセンサーを搭載しながら、暗所での高感度撮影に優れているのも特徴。「アクセラレーターユニット」を搭載することで最大感度ISO 819200を実現しており、ISO 51200を超える超高感度でも、高画質な画像が期待できます。

また、画素数以上の超高解像な画像を合成できる、ペンタックス独自の「リアル・レゾリューション・システム II」の搭載もポイント。従来機には三脚が必須でしたが、本機は新たに手持ちモードにも対応しており、より気軽に超高解像撮影を楽しめます。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-1

ペンタックス(PENTAX)  K-1 Mark II

リーズナブルな価格で高画質なアウトドア撮影を楽しめる、フルサイズ一眼レフです。「K-1 Mark II」の前モデルに当たる機種。K-1 Mark IIと比較して価格が安いため、フルサイズの描写を気軽に楽しみたい方にもおすすめです。

新モデルとの機能的な違いは、「アクセラレーターユニット」と「リアル・レゾリューション・システム」での手持ちモードが搭載されていないこと。記録画素数・耐候性・撮影サポート機能など、基本的な撮影性能は両機種とも共通なので、機能よりもコスパを重視したい方は本機種を選ぶのがおすすめです。

また、K-1 Mark IIと同じ「フレキシブルチルト式液晶モニター」を搭載。縦位置構図と横位置構図の両方で、レンズの光軸からずれずに構図の確認ができます。

さらに、天体の追尾撮影が手軽に楽しめる「アストロトレーサー」を内蔵しているのもポイント。高価な赤道儀がなくても、動く星を点のまま流さずに撮影できるため、星景撮影に挑戦したい方にも適しています。

▼撮影イメージ