一眼レフカメラのなかでも高いスペックを備えている「フルサイズ機」。以前は機種が限られましたが、最近はラインナップが増え、価格帯にも幅が出てきています。

購入するにあたって選択肢が増えたことは有益なことですが、ユーザーにとってどれがベストなのか悩んでしまうことも多いはず。そこで今回はフルサイズ一眼レフのおすすめモデルをご紹介します。メーカー別に製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

フルサイズ一眼レフとは?

デジタル一眼レフにおける撮影素子の役割は?

デジタル一眼レフの心臓部ともいえる重要なパーツが「撮影素子」。イメージセンサーとも呼ばれることが多く、レンズを通して入ってきた光を受容して、光の明るさや色を電気信号に変換する「撮像」という処理を行うのが主な役割です。

さらに、その信号をメモリーカードなどへ送って記録します。銀塩フィルムカメラは、フィルムの化学的反応を利用して撮像を行いますが、デジタルカメラは電気的反応を用いて撮影素子が行っているのが特徴です。

デジタル一眼レフの撮影素子サイズは3タイプ

銀塩フィルム一眼レフは35mm判フィルムが主流です。1コマの大きさはタテ24×ヨコ36mm。デジタル一眼レフの「フルサイズ」とは、撮影素子が35mm判フィルムと同じ大きさのモノをいいます。すなわちタテ24×ヨコ36mmの撮影素子を搭載した一眼レフです。

フルサイズのほかに主流の規格が「APS-C」。サイズはカメラメーカーによって多少のバラつきがあります。キヤノンはタテ14.8×ヨコ22.2mm。面積はフルサイズの2分の1弱です。

オリンパスやパナソニック、そしてライカが採用しているのが「フォーサーズ」。タテ13.0×ヨコ17.3mmの撮影素子で、面積はフルサイズの4分の1強です。なお、ニコンではフルサイズのことをFXフォーマット、APS-CをDXフォーマットと表記しています。

フルサイズ一眼レフのメリット

By: amazon.co.jp

フルサイズの一眼カメラは映像素子が大きく、画質がキレイなことがメリットとして挙げられます。APS-Cサイズの一眼カメラと同じ画素数で比較した場合でも1画素あたりの光を受ける面積は2倍以上で、より多くの光を取り込んだノイズの少ない写真が撮影できます。

また、フルサイズの一眼カメラは画角が広いということもメリットのひとつ。同じレンズを装着して撮影しても、APS-Cサイズに比べてフルサイズの一眼カメラは画面におさまる広さが大きくなります。

さらに、使用するレンズによっても変わってはきますが、一般的にはAPS-Cサイズよりもフルサイズの一眼カメラの方がボケ感も強いと言われています。被写体を強調して前景や後景をぼかしたいという方にはフルサイズの一眼カメラがおすすめです。

APS-Cサイズとフルサイズはそんなに違う?

By: ricoh-imaging.co.jp

APS-Cサイズの一眼カメラに比べて、フルサイズの方が有効画素数も多いのでトリミング時にもノイズ感の少ないキレイな写真に仕上がります。また、A2サイズに大きく引き伸ばしたプリントがしたいという場合にもおすすめです。

また、高価な分、「防滴・防塵加工」のタフなモデルが多いのも魅力。メーカーごとに搭載されているスペックは違いますが、より高画質で表現力が豊かな写真を撮りたいのであれば、フルサイズ機が適しています。

フルサイズ一眼レフの選び方

有効画素数をチェック

解像度に大きく影響するのが有効画素数。フルサイズのデジタル一眼レフは、2000万画素以上のモデルが主流です。なかには5000万画素を超えるハイスペックなモデルもあります。ただし、このようなモデルは高価なのがデメリットです。

A3のような大きな写真紙にプリントする際も、有効画素数が2000万画素程度あれば充分に高精細で美しい写真を印刷可能。予算に応じて選ぶのがおすすめです。

AF性能と連写性能をチェック

フルサイズデジタル一眼の連写速度は最高5〜14コマ/秒程度と幅広いのが特徴。スポーツや野鳥観察などで動体撮影をする機会が多い方はAF性能と連写性能を確認しておくことをおすすめします。

オートフォーカス時のフォーカス速度と精度に直結するのがフォーカスポイントの数と質です。タテ・ヨコの動きを捉えやすい高機能な「クロスセンサー」の数が多いモデルがおすすめ。被写体の動きを高速かつ正確に捉えます。

重量と堅牢性

フルサイズデジタル一眼の重量は800〜1000gが主流です。コンパクトデジカメ、および500g前後が一般的なデジタル一眼エントリーモデルなどと比べると重いのが特徴。初心者の方は軽量モデルがおすすめです。さまざまなシーンで手軽に撮影できます。

また、フルサイズモデルは各メーカーのミドル〜ハイエンドモデルに位置しているので高価。長く愛用するために堅牢性もチェックしておきましょう。特にアウトドアで使用することが多い方には「防滴・防塵加工」が施されたモデルをおすすめします。風が強い時や急な雨でも安心です。

フルサイズの一眼レフのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: biccamera.com

キヤノンのフルサイズ一眼カメラは比較的軽量なモデルが多いのが特徴です。フルサイズでは内部構造の複雑化によって、重さが1kg近いモデルもあるなか、キヤノンは1kgを切る機種も多数ラインナップしています。

また、キヤノンは入門機からプロ用まで幅広い一眼カメラを作っているため、フルサイズ一眼カメラでも操作しやすいのも魅力と言えます。操作性を重視する方にはキヤノンがおすすめです。

ニコン(Nikon)

By: nikon-image.com

連写性能やオートフォーカスの精度が高い点が魅力。D850モデルであれば1秒間に約9コマの高速連写と瞬時に対応してくれるオートフォーカスで、被写体をしっかりと捉えられます。さらに、高密度なオートフォーカスポイントで広い範囲をカバーしてくれるのも特徴です。

キヤノンと同じように操作性も優れているので、初心者から卒業したい方やもう一段階ステップアップを考えているという方におすすめです。

ペンタックス(PENTAX)

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスのフルサイズ一眼カメラはコストパフォーマンスに優れているのが特徴。軽量かつ堅牢性に優れ、「防滴・防塵加工」も兼ね揃えているため、アウトドアなど屋外での撮影がメインの方におすすめです。フルサイズの一眼カメラにしては比較的価格も控えめなのでコスパを重視する方に適しています。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II
有効画素数が約2620万画素のデジタル一眼レフカメラです。撮影するシーンに合わせて最適な設定を自動で行う「モードダイヤル」を搭載。難しい設定を気にせず高画質の写真が撮れるので、フルサイズ一眼レフ初心者の方にもおすすめです。

液晶モニターは角度調節が自在に行えるため、ロー・ハイなど自由なアングルでの撮影ができます。また、タッチ機能も搭載しており、指で触れてピント合わせができるなど、感覚的な操作が可能な扱いやすいモデルです。

本体重量は約765gと、フルサイズの一眼レフカメラとしては軽量。「防滴・防塵加工」を備えており、アウトドアへでも気軽に持ち出せます。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV
本製品は高解像度と高感度を両立した、フルサイズCMOSセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラです。有効画素数は約3040万画素で、常用ISO感度は32,000。室内や夕暮れ時にシャッタースピードが必要な場面でも、感度を上げて高画質の写真を撮ることが可能です。

最大61点の高密度フォーカスポイント(内クロス21点)を備えているのもポイント。スポーツシーンや野生動物など激しい動きをする被写体でも、素早く正確に捉えてくれます。

キヤノン独自の高速映像エンジン「DIGIC 6+」を搭載しており、撮影した4K動画の1フレームを約880万画素の静止画として切り取り保存が可能。高画質写真素材として商業利用もできるなど、プロユースとしておすすめのモデルです。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds
有効画素数が5060万画素と、超高解像度のデジタル一眼レフカメラです。高解像度を生かすためキヤノン独自の「ミラー振動制御システム」を採用。各パーツやボディー剛性を見直すことにより、ミラー駆動時の微小振動を徹底的に抑え込んでいます。

また、映像エンジン「DIGIC 6」を2個搭載しているのもポイント。超高解像度の大容量データを高速で並列処理できるため、1秒間に約5コマの連写にも対応できます。高い解像度を保ったまま、動く被写体を連続撮影したい方におすすめの一眼レフです。

クイック設定画面のカスタマイズが可能で、必要な機能とサイズを好みの位置に表示することができます。使用頻度の高い設定項目を優先的に配置するなど、自分の撮影スタイルに合った設定画面が作れて便利です。また、主なボタンやダイヤル類にも任意の機能割り当てができるなど、さらに操作しやすいカメラに仕上げることもできます。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II

本製品はキヤノン独自の映像エンジン「DIGIC 6+」を2基搭載した、EOSシリーズのフラッグシップモデルです。映像の高速並列処理ができるため、1秒間に最高約16コマの高速連続撮影が可能。モータースポーツなど動きの激しい被写体の撮影におすすめです。

有効画素数2020万画素のフルサイズCOMSセンサーを搭載。常用ISO51,200、拡張ISO409,600と高感度のため、室内や曇天など光量が少ない場面でも画質を落とさず綺麗な写真が撮影できます。

ファインダーには透過型液晶を採用。被写体から眼を離すことなく設定状況の確認や変更ができるので、大切なシャッターチャンスを逃しません。また、本体のモニターはタッチ機能に対応しており、画面を見ながら直感的にピントを合わせたい位置の選択ができて便利です。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D750

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D750

有効画素数が2432万画素のデジタル一眼レフカメラ。スマホやコンデジからステップアップを考えている、一眼レフ初心者にもおすすめのモデルです。

51点のフォーカスポイント(内クロスセンサー15点)を備えており、高速で動く被写体も素早く捉えられるため、運動会や野鳥撮影などでも活躍します。また、チルト機構を採用した可動式の液晶モニターを搭載しており、今までと違った自由なアングルでの撮影が可能です。

Wi-Fi機能を搭載しているのもポイント。スマートデバイスとの画像共有が簡単にできるほか、スマホの画面をモニター代わりに離れた場所からシャッターを切ることもできます。野生動物の観察など、タイミングを見ながら撮影できるので便利です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ Df

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ Df
昔のフィルムカメラのようなデザインが印象的な、1625万画素のデジタル一眼レフカメラです。ボタンやタッチパネルではなく、メカニカルダイヤルを主体にした操作方法を採用しているのが特徴。精密機械の持つ感触や、操作自体を楽しむのに最適です。

静止画撮影に特化したモデルとなっています。シンプルな操作方法を実現しており、カメラに任せるのではなく、自分の感性に従い操りながら撮影したい方におすすめです。

また、操作系だけでなくフルサイズのCMOSセンサーと、同社のパワフルな画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載するなど、基本スペックが充実しているのも本モデルの魅力。約765gととても軽量なボディーのため、気軽に持って出かけられます。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810
有効画素数が3635万画素のデジタル一眼レフカメラです。高解像度モデルでありながら、同社の高速画像処理エンジン「EXPEED 4」を搭載しているため、FXフォーマット(フルサイズ)でも、秒間5コマの高速連続撮影が可能。

DXフォーマット(APS-C相当)なら、秒間最大7コマの連写をすることができるので、スポーツなど動きの速い被写体を撮影するシーンで活躍します。さらに、1920×1080でフレームレート60pのフルHD動画撮影も可能など、プロフェッショナルユースにおすすめのモデルです。

本体重量は約980gと、高機能でありながら軽量なのも魅力。レンズなど他の撮影機材と一緒に、現場へ持ち運ぶのも楽です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D850

演算能力に優れた画像処理エンジン「EXPEED 5」を採用し、最高約9コマ/秒の連写と4k動画の撮影が可能なデジタル一眼レフカメラです。有効画素数が4575万画素、ISO25,600のCMOSセンサーを搭載しています。

超高解像度を最大限に生かすため、153点のフォーカスポイント(内クロスセンサー99点)を備えているのが特徴。小さなフォーカスポイントから移動する被写体まで、あらゆる対象に素早くピント合わせができるので、構図やシャッターチャンスに集中できます。

XQDカードとUHS-II規格対応SDカードの2スロットを搭載。順次記録のほかバックアップ記録も選択できるため、大切な撮影データを扱うプロフェッショナルユースにおすすめです。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ K-1

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ K-1
ペンタックス製フルサイズ一眼レフカメラのフラッグシップモデルです。有効画素数3640万画素の高解像度CMOSセンサーを採用しています。5軸・5段手ぶれ補正機構を搭載。手持ち撮影時でも、ブレを抑えたクリアな写真が撮れます。

また、動く被写体を追いかける「流し撮り」にも自動で対応しており、いちいち切り替え操作をする必要がなく便利。フルサイズ一眼レフの入門者におすすめです。

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ K-1 Mark II

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフカメラ K-1 Mark II

ペンタックス製フルサイズ一眼レフ「K-1」の後継機種です。有効画素数は約3640万画素と変わらないものの、自社開発アクセラレーターユニットを新規に搭載しイメージセンサー出力の信号処理方法が改善されています。

最高ISO感度819,200という超高感度を実現したことで、画素数を超えた高画質の写真が撮ることが可能。最高の画質を求めるプロフェッショナルユースにおすすめのモデルです。

フレキシブルチルト機構付き3.2型液晶モニターを搭載しており、自由なアングルでの撮影が可能。「防滴・防塵加工」のため、過酷なフィールドへも安心して持って行けます。