一眼カメラの中でもトップクラスのスペックを誇る「フルサイズ」。ここ数年の間でも続々と新機種がリリースされており、どのモデルを選べばよいか迷ってしまう方も多いことでしょう。

そこで今回は、APS-Cサイズとの違いやフルサイズを使うことのメリット、おすすめの機種などをご紹介。ステップアップを目指すカメラマンはもちろん、長らくカメラを趣味としてきた方もぜひ体感してみてください。

フルサイズ一眼レフとは?

デジタル一眼レフにおける撮影素子の役割は?

デジタル一眼レフの心臓部ともいえる重要なパーツが「撮影素子」です。「イメージセンサー」ともいいます。

撮影素子はレンズを通して入ってきた光を受容して、光の明るさや色を電気信号に変換する「撮像」という処理を行うのが主な役割。さらに、その信号をメモリーカードなどへ送り記録します。銀塩フィルムカメラは、フィルムの化学的反応を利用して撮像を行いますが、デジタルカメラは電気的反応を用いて撮影素子が行っているのが特徴です。

デジタル一眼レフの撮影素子サイズは3タイプ

銀塩フィルム一眼レフは35mm判フィルムが主流です。1コマの大きさはタテ24×ヨコ36mm。デジタル一眼レフの「フルサイズ」とは、撮影素子が35mm判フィルムと同じ大きさのモノをいいます。すなわちタテ24×ヨコ36mmの撮影素子を搭載した一眼レフです。

フルサイズの他に主流の規格が「APS-C」。サイズはカメラメーカーによって多少のバラつきがあります。キヤノンはタテ14.8×ヨコ22.2mm。面積はフルサイズの2分の1弱です。

オリンパスやパナソニック、そしてライカが採用しているのが「フォーサーズ」。タテ13.0×ヨコ17.3mmの撮影素子で、面積はフルサイズの4分の1強です。なお、ニコンではフルサイズのことをFXフォーマット、APS-CをDXフォーマットと表記しています。

フルサイズ一眼レフの最大のメリットは高画質

フルサイズはAPS-C、フォーサーズに比べて撮影素子が大きいのがポイント。同じ画素数の場合、画素1つ当たりに入ってくる光の量が多いので、より多くの情報量の信号を得ることが可能です。

その結果、感度が高くダイナミックレンジが広がって階調表現が豊かになります。画素の面積が小さい場合は情報量が少なく、電気的に増幅する必要があるのでノイズが発生しやすくなることも。フルサイズならそのような心配も少ないのがメリットです。

フルサイズ一眼レフのメリット

By: amazon.co.jp

フルサイズの一眼カメラは映像素子が大きく、画質がキレイなことがメリットとして挙げられます。APS-Cサイズの一眼カメラと同じ画素数で比較した場合でも1画素あたりの光を受ける面積は2倍以上で、より多くの光を取り込んだノイズの少ない写真が撮影できます。

また、フルサイズの一眼カメラは画角が広いということもメリットのひとつ。同じレンズを装着して撮影しても、APS-Cサイズに比べてフルサイズの一眼カメラは画面におさまる広さが大きくなります。

さらに、使用するレンズによっても変わってはきますが、一般的にはAPS-Cサイズよりもフルサイズの一眼カメラの方がボケ感も強いと言われています。被写体を強調して前景や後景をぼかしたいという方にはフルサイズの一眼カメラがおすすめです。

APS-Cサイズとフルサイズはそんなに違う?

By: ricoh-imaging.co.jp

APS-Cサイズの一眼カメラに比べて、フルサイズの方が有効画素数も多いのでトリミング時にもノイズ感の少ないキレイな写真に仕上がります。また、A2サイズに大きく引き伸ばしたプリントがしたいという場合にもおすすめです。

また、高価な分、防塵防滴仕様のタフなモデルが多いのも魅力。メーカーごとに搭載されているスペックは違いますが、より高画質で表現力が豊かな写真を撮りたいのであれば、フルサイズ機が適しています。

フルサイズ一眼レフの選び方

有効画素数をチェック

画像の精細さを表す解像度に大きく影響するのが有効画素数。フルサイズのデジタル一眼レフは2000万画素以上のモデルが主流です。なかには5000万画素を超えるハイスペックなモデルもあります。ただし、このようなモデルは高価なのがデメリットです。

A3のような大きな写真紙にプリントする際も、有効画素数が2000万画素程度あれば充分に高精細で美しい写真を印刷可能。予算に応じて選ぶのがおすすめです。

AF性能と連写性能をチェック

フルサイズデジタル一眼の連写速度は最高5〜14コマ/秒程度と幅広いのが特徴。スポーツや野鳥観察などで動体撮影をする機会が多い方はAF性能と連写性能を確認しておくことをおすすめします。

オートフォーカス時のフォーカス速度と精度に直結するのがフォーカスポイントの数と質です。タテ・ヨコの動きを捉えやすい高機能な「クロスセンサー」の数が多いモデルがおすすめ。被写体の動きを高速かつ正確に捉えます。

重量と堅牢性

フルサイズデジタル一眼のボディ重量は800〜1000gが主流です。コンパクトデジカメ、および500g前後が一般的なデジタル一眼エントリーモデルなどと比べると重いのが特徴。初心者の方は軽量モデルがおすすめです。さまざまなシーンで手軽に撮影できます。

また、フルサイズモデルは各メーカーのミドル〜ハイエンドモデルに位置しているので高価。長く愛用するためにも堅牢性もチェックしておきましょう。特にアウトドアで使用することが多い方には「防滴・防塵加工」が施されたモデルをおすすめします。風が強い時や急な雨でも安心です。

フルサイズの一眼レフのおすすめメーカー

キヤノン

By: biccamera.com

キヤノンのフルサイズ一眼カメラは比較的軽量なモデルが多いのが特徴です。フルサイズでは内部構造の複雑化によって、重さが1kg近いモデルもあるなか、キヤノンは1kgを切る機種も多数ラインナップしています。

また、キヤノンは入門機からプロ用まで幅広い一眼カメラを作っているため、フルサイズ一眼カメラでも操作しやすいのも魅力と言えます。操作性を重視する方にはキヤノンがおすすめです。

ニコン

By: nikon-image.com

連写性能やオートフォーカスの精度が高い点が魅力。D850モデルであれば1秒間に約9コマの高速連写と瞬時に対応してくれるオートフォーカスで、動き回る動物や激しいスポーツも被写体をしっかりと捉えられます。さらに、高密度なオートフォーカスポイントで広い範囲をカバーしてくれるのもポイントです。

キヤノンと同じように操作性も優れているので、初心者から卒業したい方やもう一段階ステップアップを考えているという方におすすめです。

ペンタックス

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスのフルサイズ一眼カメラはコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。軽量かつ堅牢性に優れ、防塵・防滴性能も兼ね揃えているため、アウトドアなど屋外での撮影がメインの方におすすめです。フルサイズの一眼カメラにしては比較的価格も控えめなのでコスパを重視する方に適しています。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) EOS 6D MarkII

フルサイズの一眼カメラとしては比較的リーズナブルな入門機種です。本体質量は約765gと軽量で、APS-Cサイズの一眼レフと変わらない携帯性が魅力です。有効画素数は約2620万画素で、ISO感度は最高40000まで対応しています。

タテ・ヨコからフォーカスできるオールクロス45点オートフォーカスセンサーを搭載。最高で1秒あたり約6.5コマの高速連写が可能です。スポーツや動物などの動きの早い被写体の撮影にも適しています。

液晶ディスプレイはバリアングルを採用し、低い位置や高い位置からの撮影をラクに行えるのもポイント。モニターへのタッチ操作で、スマホのような直感的な操作も可能です。ライブビュー撮影時には、タッチして素早くピントを合わせられるため動画の撮影時にも役立ちます。

フルサイズの一眼カメラとしてはスペックがやや抑えめな印象ですが、その分価格もリーズナブルのが魅力です。コスパに優れたモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

▼撮影イメージ


キヤノン(Canon) EOS 5Ds

有効画素数約5060万画素を有し、映像エンジンに「Dual DIGIC6」を搭載したフルサイズ一眼カメラ。高い解像度が求められる撮影に最適です。ハイスペックなミラー振動制御システムを採用し、ミラー駆動時の振動ブレを制御してくれます。

オートフォーカスポイントは61点で、構図とAFフレーム選択の自由度を高める高密度なレティクルオートフォーカスも搭載。被写体の微少な動きも素早く追ってくれます。

スマホでも人気の早送りさせたような動画が撮れる「タイムラプス」機能も搭載。シャッター間隔は1秒から選択でき、撮影回数も最大3600回まで設定可能なのでコンデジやスマホでは出せない高画質なタイムラプス撮影が楽しめます。

キヤノン(Canon) EOS 5Ds R

フルサイズデジタル一眼でも特に高い有効画素数有したキヤノンのハイスペックデジタル一眼です。最大のポイントは5060万画素を活かした解像度の高い画像。ボディ重量は約930gです。

高解像度イメージセンサーのメリットを最大限引き出すため「ミラー振動制御システム」を装備。ミラー駆動時のカメラ振動ブレを軽減したクリアな画像と静かな動作音がメリットです。

さらに、「タイムラプス動画」機能も搭載してるので、静止画をつないで動画として記録可能。試し撮りの際の構図や露出などの確認に便利です。

41点のクロスセンサーを含んでフォーカスポイントは最大61点。精度の高いピント合わせを高速で行います。常用ISO感度は100〜6400、連続撮影は約5コマ/秒。最高の解像度を追求したい方におすすめのフルサイズカメラです。

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark IV

キヤノンEOSシリーズの高性能モデル。有効画素数約3040万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載しており、ボディ質量約890gです。

画像処理エンジンは「DIGIC 6+」。ノイズ処理アルゴリズムを改良して、高画素化と感度向上が図られています。そのため解像力の高い画像がメリット。商業用途に使う大判プリントにも対応しています。

常用ISO感度は100〜32000を実現。拡張時最大ISOの102400超高感度撮影も可能です。フォーカスポイントは最大61点。正確で高速のフォーカシングがメリットです。

Wi-Fiを装備して、スマホやパソコン、そしてプリンターに画像を送るのもラクラク。さらにEOS 5Dシリーズとして初めてGPSを内蔵しているのもポイントです。カメラだけで撮影位置情報を記録できるので、撮影した画像の管理もしやすいカメラです。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) D750

グリップ部分のホールド感に優れた一眼カメラ。ボディは大型の骨格部材を無くした「モノコック構造」を採用し、小型で軽量かつ高い剛性も確保しています。上下に動かせる稼働式の液晶ディスプレイを搭載しているので、低い位置からの撮影時にも便利です。

オートフォーカスポイントは高密度な51点で広い範囲をカバー。低輝度時の真っ暗な状態でもピントが合いやすいので夜間の撮影時も快適です。また、オートフォーカスのモードにグループエリアAFと呼ばれる被写体を面で捉えるモードも追加されています。不規則な動きでも確実に被写体を捉えられるので、スポーツや動物撮影の際にも便利です。

有効画素数は2432万画素、ISO感度は最大で12800。連写性能も高く最高で1秒間に6.5コマ、最大100コマまで連写が可能です。さらに、Wi-Fi機能を内蔵しているので、タブレット端末と連携させて効率的に写真を取り込めます。

▼撮影イメージ


ニコン(Nikon) D850

有効画素数4575万画素で、ISOは最大25600まで対応しています。画像処理エンジンには「EXPEED5」を採用。大量の光を取り込める「裏面照射型CMOSセンサー」も搭載しているので、高感度でもノイズ感を抑えた高画質を楽しめます。

最高で1秒間に約9コマの高速連写が可能で、動きが激しい被写体もしっかりと捉えてくれます。さらに4K UHDの高精細な動画や8Kのタイムラプス撮影にも対応しており、超高画質で多様な映像を撮影可能。動画もキレイに撮りたいと考えている方にはうれしいポイントです。

その他にも、自然光撮影時に最適なホワイトバランスにしてくれる「自然光オート」、照明の明滅により一部分がボーダー模様のように暗くなるのを防ぐ「フリッカー軽減機能」なども搭載。あらゆるシチュエーションでの撮影に合わせられます。

Wi-FiとBluetoothを内蔵しており、データの取り込みもラクラク。液晶ディスプレイはタッチパネルのチルト式を採用し、直感的な操作ができます。

▼撮影イメージ


ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810

有効画素数3635万画素と高解像のフルサイズ一眼レフ。1080/60p動画への対応が可能な画像処理エンジン「EXPEED 4」が採用されています。EXPEED 4は、ノイズ低減処理の高さも魅力。髪の毛のようなコントラストが低い被写体でもできるだけ精細さを残したままノイズを抑えた撮影が可能です。

また、被写体などに応じた画像や映像の画づくりが容易にできる「ピクチャーコントロールシステム」も搭載。高画質な撮影をサポートするおすすめのフルサイズ一眼レフです。

▼撮影イメージ


ニコン(Nikon) D610

わかりやすい操作性とリーズナブルな価格で初心者におすすめのニコンFXフォーマット一眼レフ。スペックは有効画素数2426万画素・ISO感度100〜6400・連続撮影約6コマ/秒とミドルクラス程度の性能を有しています。ボディ重量も約850gと軽量です。

光学ファインダーには高品質のガラスペンタプリズムを採用して視野率100%を実現しています。広い視野のフレーミングが正確にできるのもメリット。「静音撮影モード」も備えているので、子供の寝顔や発表会でも撮影しやすいおすすめのフルサイズデジタル一眼レフです。

フルサイズの一眼レフおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) K-1

回転ブレなどにも対応可能な5軸補正を行ってくれる、高性能な手ブレ補正機能「SRII」を内蔵。手持ち撮影時もブレの心配なく撮影が可能です。有効画素数は約3640万画素、細かなディテールを再現した迫力のある写真が撮影でき、トリミングにも対応可能です。

液晶ディスプレイは「フレキシブルチルト式モニター」を採用。チルト式は一般的に上下に動かせるだけですが、液晶を斜めに傾けられます。さらに、屋外での液晶の見づらさを軽減するアウトドアモニター機能も搭載。晴天時や夜空の撮影時でもワンプッシュで液晶の輝度を最適なものに変更することが可能です。

画像処理エンジンには「PRIME IV」を搭載し、高画質の処理やノイズ低減を実現しています。また、ISO感度は最大204800まで対応。高感度設定でもノイズを抑えた描写が可能で、暗所での撮影も問題ありません。

▼撮影イメージ


ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II

過酷な条件のアウトドアユースに最適のペンタックスフルサイズデジタル一眼レフです。ボディ87ヶ所にシーリングを施し、水やホコリなどの侵入を防ぐ防塵・防滴構造がメリット。さらに防滴構造のAW・WRレンズを装着すればカメラとレンズ一体となって悪天候に対する優れた耐性を発揮します。氷点下10℃以下での耐久テストも実施済。厳寒時でも精度の高い安定した動作ができる点もポイントです。

有効画素数は3640万画素。最新画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載しているのもメリットです。「PRIME Ⅲ」に比べ約150%高速化。ノイズ処理アルゴリズムも改良して高感度の描写力がアップしています。

手ブレ補正機構は角度ぶれ、回転ぶれ、シフトぶれに対応する5軸補正を採用。シャッター速度換算5段階相当の高い補正効果を実現しています。 4ヶ所にLED照明と装備して暗い場所での操作性も高いフルサイズ一眼レフです。

K-1 Mark IIの作例画像レビュー記事はこちら▼