一眼レフカメラの主要メーカーとして国内はもちろん、海外でもユーザーが多いキヤノン。同社の一眼レフはラインナップが豊富で、価格帯もエントリーからミドル、ハイエンドまで揃っているのが特徴です。

そこで今回は、キヤノンのおすすめモデルを初心者向けと、中・上級者向けに分けてご紹介。おさえておくべき一眼レフの基本についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

キヤノンの一眼レフの特徴

初心者からプロまで充実したラインナップ

By: amazon.co.jp

キヤノンの一眼レフは、カメラ初心者やファミリー層をターゲットとしたエントリーモデル、取り回しのよさが前面に押し出されたスタンダードクラス、連写や高性能AFなどに対応するミドルクラス、高画質かつ高精細なハイエンドモデルなど、ラインナップが充実しているのが特徴です。

また、レンズの種類が豊富なのもポイント。70種類以上のレンズがラインナップされており、標準・広角・望遠・マクロ・単焦点・魚眼などさまざまなレンズが取り揃っているのも魅力です。

世界シェアNo.1の安心感

By: amazon.co.jp

キヤノンは、10年以上に渡り一眼レフのシェア世界No.1を維持してきた業界トップのカメラメーカー。国内だけでなく、海外からも信頼の高いメーカーとして知られています。

前述の通り、明確なクラス分けによるラインナップ展開がされているので、購入しやすいのもポイント。ユーザーのカメラ技術向上によってスムーズにステップアップできるのも魅力です。

鮮やかな色彩

By: amazon.co.jp

キヤノンの一眼レフは、写真が色鮮やかに仕上がるのが特徴。人物をより魅力的に映す技術に長けていると言われています。特に人肌などの色合いや美しい色調の表現を得意とし、実物よりもさらに明るい映像を再現することが可能。ポートレートなど「人」を中心に撮影したいユーザーから支持されています。

キヤノンの一眼レフおすすめモデル|初心者向け

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10

手軽に一眼レフの画質を楽しみたい初心者におすすめなエントリークラスのAPS-C機です。重量は約449gで、バリアングル液晶モニターを搭載した一眼レフとしては軽量クラス。ミラーレスカメラと変わらないサイズ感なので、軽快に撮影が楽しめます。

シンプルで初心者に優しい操作性も特徴です。被写体やシーンに応じてカメラが最適な設定で撮影してくれる全自動のシーンモードが充実しているほか、作例写真や図でモードをガイドしてくれる機能も搭載。さらに、「クリエイティブアシスト」機能を使えば、明るさや色合い、背景ボケの度合いをタッチパネルによって操作できます。

ネットワーク機能が充実しているのもポイント。Wi-FiやBluetoothを使ってスマホと連携すれば、画像転送や遠隔操作が手軽に利用できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

初心者やファミリー層に人気のEOS KissシリーズのAPS-C一眼レフカメラ。標準・望遠2種類のズームレンズが付属するダブルズームキットを安い価格で購入できるため、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

中級機並みの画質や性能を持ちながらも、操作が簡単なので初心者でも使いやすいのもポイント。また、全自動のオートモードやタッチパネルによる操作機能が充実しているのも魅力です。

高速なAF(オートフォーカス)も優秀。中級機にも採用されている「オールクロス45点AFセンサー」が搭載されているので、動く子どもやペットも高い精度で捉えられます。また、「デュアルピクセルCMOS AF」によって、モニターを見ながらの写真・動画の撮影でも高速なピント合わせが利用できるのも便利な点です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

カメラ初心者から中級者へのステップアップを図りたい方におすすめのAPS-C一眼レフカメラ。画質や機能などの基本性能は「EOS Kiss X9i」とほぼ同じですが、操作性が大きく異なります。「EOS Kiss X9i」はフルオートで撮影するのが前提の造りだったのに対し、本機はマニュアルでも快適に使えるように操作性が充実しているのが特徴です。

本機では、上面液晶やダイヤル、ボタン類を用意。撮影中でも露出や設定内容を一目で確認できるほか、各種設定の変更などの操作が効率的にできます。ある程度カメラに慣れたユーザーにとっては便利な部分が多いので、作画意図を反映させた写真を撮影したい方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

キヤノンの一眼レフおすすめモデル|中・上級者向け

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS  80D

本格的な撮影が楽しめるミドルクラスのAPS-C一眼レフカメラ。上級機並みの性能を持ちつつも、バリアングル液晶モニターやWi-Fi通信などの便利な機能が多く搭載されているため、手を取りやすいのが魅力です。

イメージセンサーの有効画素数は約2420万。2016年発売とやや古い機種ですが、現役として十分に使える高画質が得られます。

AF性能も優秀。「オールクロス45点AFセンサー」がAFシステムに採用されているため、高速に動く乗り物や動物も高い精度でピントを合わせられます。また、動画撮影に最適化されたAFも搭載されており、スムーズに動画が撮影できるのもポイントです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

APS-C機からのステップアップにおすすめなフルサイズ一眼レフカメラです。本体重量は約765gで、キヤノンのフルサイズ一眼レフでは軽量なため、小型のレンズを装着すれば軽快なフットワークで高画質な撮影が楽しめます。

最大の特徴は35mmフルサイズ規格のイメージセンサーを搭載している点。センサーサイズがAPS-Cの2倍以上もあるので、夜間など少ない光量のシーンでもよりノイズの少ない高画質な写真が撮れます。また、背景を大きくボケさせられるので被写体をより強く強調できるのも魅力です。

バリアングル液晶モニターを搭載しているのもポイント。人混みの上からのハイアングルや地面すれすれのローアングルからの写真が楽な姿勢で撮影できるほか、モニターを回転させれば自撮りも手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II

動く被写体を的確に捉えることができるハイエンドクラスのAPS-C一眼レフカメラです。2014年に発売された機種ではありますが、プロレベルの優秀なAF性能と連写性能を持っているため、動物・乗り物・スポーツなどでクオリティの高い動体撮影を求める上級者から高い人気があります。

AFシステムには「オールクロス65点AFセンサー」を採用。野鳥のような不規則かつ高速に動き回る被写体でも高精度にピントが合わせられます。また、「AFカスタム設定ガイド機能」を使えば、あらかじめ用意された6つのケースを選ぶだけで最適なAF制御が行えるのも魅力です。

連写速度は最高約10コマ/秒。最大画素数の約2020万を維持したまま、JPEGで最大1090枚、RAWでも最大310枚も連写が続けられます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

多彩なジャンルで活躍できるオールラウンド型のフルサイズ一眼レフカメラです。画質・AF性能・機動性・価格の面で、バランスが整っているのが特徴。中級者はもちろん、プロカメラマンにもユーザーが多くいます。

イメージセンサーの有効画素数は約3040万。プロユースにも通用できる高解像が得られることに加えて、常用ISO感度がISO32000まで使えるので、暗所でもノイズの少ない鮮明な画像が記録できます。

AFシステムにはフラッグシップ機である「EOS 1DX Mark II」にも採用されている「61点高密度レティクルAF II」を搭載。極めて高い動体捕捉力を持っているので、最高約7コマ/秒の高速連写と組み合わせれば、動物や乗り物などの動く被写体も逃さず撮り切れます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R

風景や芸術品の撮影におすすめな超高解像型のフルサイズ一眼レフカメラです。有効画素数は、約5060万画素のフルサイズセンサーを搭載しているのが特徴。風景のなかにある葉の1枚1枚や芸術品の質感など、被写体を細部まで緻密に描写できるため、リアル感の高い画像が得られます。

高解像撮影の大敵となるメカショックを最小限に抑えているのも特徴。高画素になるほど画像にブレがより顕著に現れやすくなるのが難点ですが、本機にはミラー振動制御システムや低振動撮影機能などが搭載されているので、ブレの原因であるメカショックを効果的に防げます。

ローパスフィルター効果がキャンセルされているのもポイント。衣装など被写体によっては偽色やモアレが発生しやすくなるので、場合によっては後処理が必要となりますが、通常の高画素機よりもさらに高いレベルの解像感が得られます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 1DX Mark II

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 1DX Mark II

困難な条件下でも狙った被写体を逃さないフルサイズ一眼レフカメラのプロフェッショナルモデルです。キヤノンの一眼レフのなかでもハイスペックな機種で、圧倒的なAF・連写性能と最高レベルの耐久性を備えているのが特徴。スポーツや報道のプロカメラマンからも高い人気があります。

AFシステムには最高レベルの被写体捕捉力を持つ「61点レティクルAF II」を採用。最高約14コマ/秒(ライブビュー撮影時は最高約16コマ/秒)の超高速連写機能と組み合わせれば、俊敏に動く被写体も的確に撮り収められます。

常用感度は最高でISO51200まで使用が可能。暗い夜の森で動き回る小動物も高画質で撮影できます。また、動画の撮影機能も充実しており、最高で約60fpsの4K動画も記録が可能です。

▼撮影イメージ