一眼レフカメラの主要メーカーとして国内はもちろん、海外でもユーザーが多いキヤノン。同社の一眼レフはラインナップが豊富で、価格帯もエントリーからミドル、ハイエンドまでしっかり揃っているのが特長です。

そこで今回は、キヤノンのおすすめモデルを初心者・中級者・プロ向けに分けてご紹介。押さえておくべき一眼レフの基本も解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

キヤノン(Canon)が人気の理由と魅力

By: amazon.co.jp

プロ用から初心者向けまでのさまざまな一眼レフカメラを揃えているのがキヤノンの魅力。上位モデルから下位モデルにまで先進的な技術をしっかり搭載しているのもポイントです。人の目に入ったときに美しく見える画づくりをしており、肌の色を鮮やかに表現できるのも特長のひとつ。オートフォーカスの早さにも定評があり、プロのスポーツカメラマンの間でも人気を博しています。

キヤノンの一眼レフがニコンと違うところ

By: amazon.co.jp

キヤノンの一眼レフの写真は鮮やかな色合いが特長で、ニコンに比べると万人受けしやすいのがポイントです。一方、ニコンは色の正確性を重視し、現実に近い写真になるよう調整しています。

キヤノンの一眼レフを選ぶ前に押さえておきたい基礎知識

By: amazon.co.jp

ISO感度とは?

ISO感度とは、一眼レフカメラが光を捉える能力を表した値。これを上げることによって暗い場所でも明るく写し出すことが可能です。シャッタースピードの上昇によって手ぶれが防げるというメリットもあります。

被写界深度とは?

被写界深度とは、ピントが合っているように見える範囲を示します。写真はフォーカスを合わせたポイントの前後にもピントが合っており、その距離が被写界深度です。ピントの合う範囲が狭いことを被写界深度が浅い、逆にピントが広範囲に合っている場合は被写界深度が深いと表現します。

F値とは?

カメラに光を通す穴の大きさを絞りと言い、それを数値化したのがF値です。F値が小さいほどたくさんの光を取り込み、シャッタースピードが速くなります。被写界深度が浅くなるので背景のみをぼかしたときに適した設定です。一方、F値が大きいと被写界深度が深まり、画面全体にピントが合った写真を撮影することができます。

オートフォーカスとは?

オートフォーカスとは、デジタルカメラ本体がピントを自動で調節してくれる仕組みです。高速・高精度のオートフォーカスを搭載しているモデルは動きのある被写体にも強いのが魅力です。

イメージセンサーとは?

イメージセンサーとは、レンズに写った画像をデジタル信号に変換する部分です。イメージセンサーが大きいものほど高画質での撮影が可能。フルサイズ(35mm)のイメージセンサーを搭載した一眼レフは中級者からプロに、APS-Cサイズのものは初心者におすすめです。

目的別一眼レフを選ぶ際に確認したいポイント

一眼レフで子どもを撮る

By: canon.jp

表情の変わりやすい子どものベストショットを捉えるには、連写速度に優れた一眼レフカメラがおすすめです。運動会などの動きのあるシチュエーションでも連写性能に優れていれば決定的瞬間を撮り逃すことがありません。

一眼レフで風景を撮る

By: canon.jp

風景を撮影したい場合は一眼レフカメラの画素数を確認してください。引き伸ばした際にもキレイな高画質なモデルがおすすめ。ファインダーの視野率もチェックしたいポイントです。視野率が100%に近い一眼レフであれば、ファインダー越しでは見えなかったものが写り込むこともありません。

一眼レフで動きのある被写体を撮る

By: canon.jp

野生動物やスポーツといった動きのある被写体を撮影したい場合は連写性能をチェックしてください。1秒に数コマの連写が可能な一眼レフであれば、目では追いきれないような瞬間を捉えてくれます。

野外での撮影は天候の影響を受けやすいので、光量が少ないときに力を発揮してくれるISO感度の性能も重要です。感度を上昇させてもノイズが生じにくい一眼レフをおすすめします。

キヤノンの一眼レフに搭載されていると便利な機能

EOSシーン解析システム

By: canon.jp

被写体の明るさや動き、距離などの情報をもとに撮影シーンを解析する機能です。ピント合わせが高精度になるほか、明るさやホワイトバランスが自動で設定されるのがポイント。人物と解析されたシーンでは、顔の明るさや色合いが適切に調整された美しい写真に仕上がります。

デュアルピクセルCMOS AF

By: canon.jp

液晶モニターで写りを確認しながらのライブビュー撮影の際に、瞬時にピントを合わせることを可能にしたオートフォーカスです。動画撮影時にも高精度で高速なピント合わせが可能になるので、一眼レフカメラで動画を撮りたい方はぜひチェックしてください。

タッチシャッター・タッチパネル

By: canon.jp

タッチシャッターをオンにすると、画面へタッチで部分のピントが合わせられた後に自動でシャッターが切られます。これは、ワンタッチで次々に写真が撮影できる便利な機能です。そのほかにも、明るさの調整や撮影画像の再生などがタッチ操作で簡単に行えます。スマホのように拡大・縮小ができるのも特長です。

ISOオート

By: canon.jp

撮影場所の明るさに合わせて一眼レフカメラがISO感度を設定してくれる便利な機能。ISOオートの上限を低めに設定すればノイズを抑えた繊細な表現が、上限を高めに設定すれば手ブレを抑えた明るい撮影が可能です。

Camera Connect

By: canon.jp

専用アプリであるCamera Connectをスマホにインストールすることで、Wi-Fiによる一眼レフカメラとの無線通信が可能になります。撮影した写真をスマホで鑑賞したり、友人とシェアしたりすることができる便利な機能です。また、Bluetoothでカメラとスマホをペアリングすれば、一眼レフ内の画像チェックやリモート撮影が行えます。

キヤノンの一眼レフ|初心者向け

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9

気軽に持ち運べる重量とサイズにこだわった一眼レフカメラ。コンパクトさに加えてグリップ部の握りやすさを追求し、女性の手にも馴染むフォルムを完成させています。定番のブラックに加えてホワイトとシルバーが展開されているので、一眼レフのハードな雰囲気が苦手な方にもおすすめです。

オートフォーカスは9つの測距点を搭載。被写体が中央からズレていてもピントを合わせることができます。独自のシーン解析システムによって明るさやホワイトバランスも適切に設定できるのもポイントです。一度ピントを合わせることで被写体を追いかけてピントを合わせ続ける機能により、子どもやペットなど動く被写体の撮影もバッチリです。

さらに、高画質を保ったまま1秒間に最高5コマの連写が可能。運動会などのシーンでも活躍します。可動式の液晶モニターの角度を変えることで子どもの視線に合わせたローアングル撮影が可能です。液晶画面を反転させることでライブビュー撮影での自撮りにも対応。画面上に表示される自分撮りボタンをタッチするだけで設定を調整してくれます。

▼撮影イメージ

By: canon.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

ファミリー向けエントリーモデルという位置付けの一眼レフ。45個の測距点オートフォーカスによる精度の高いピント合わせが魅力です。画面の端のほうにいる被写体へのフォーカスもスムーズ。肌色を検知するセンサーによって人物を高精度で見分けられます。一度子どもにピントが合えば、観葉植物などの向こう側に移動してしまっても追い続けるのもポイントです。

1秒に最高6コマを誇る高速連写に加え、ピント精度を高めた低速連続撮影にも対応しています。1秒の3コマの連写が可能です。フルハイビジョン60p動画によって子どもやペットなどの動きがある被写体も滑らかで美しい映像に記録できます。

さらに、ワンプッシュで接続できるWi-Fiボタンを搭載しており、スマホへのデータ転送が簡単です。一眼レフをかばんに入れたままでもスマホの操作でカメラ内の画像チェックが行えます。

▼撮影イメージ

By: canon.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

プレミアムエントリーモデルと銘打たれた一眼レフカメラ。45個の測距点オートフォーカスによって動きのある被写体、小さな被写体を正確に捉えます。暗い場面でも高精度のピント合わせが可能なのも魅力です。予測精度に優れたAIサーボで動き続ける被写体をしっかり追い続けることができます。動き回るペットやスポーツの撮影にピッタリです。

APS-Cサイズのイメージセンサーを内蔵しており、2420万画素という高画素で被写体のディテールを描き出します。100~25600の常用ISO感度に対応。夜景や室内といったシチュエーションを手ブレなしで高画質で撮影できます。映像エンジンの高度なノイズ処理で感度を上げてもノイズが生じにくいのもうれしいポイント。

フルハイビジョン60pでの動画撮影が可能です。高性能オートフォーカスによって動き続ける被写体に自動でピントを合わせ続けることができます。Camera Connectのインストールでスマホへのシェアも簡単。スマホの画面に表示されている映像を確認しながら撮影できるというリモートライブビュー機能にも対応しています。

▼撮影イメージ

By: canon.jp

キヤノンの一眼レフ|中級者向け

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark Ⅱ

35mmのフルサイズイメージセンサーを搭載した一眼レフカメラ。フルサイズの高画質と軽量ボディを両立しているのが魅力です。被写体のディテールやグラデーションを余すことなく写し出す描写力を備えているので、旅先で風景を撮影したい方におすすめします。

45個の測距点オートフォーカスセンサーによって動きのある被写体、小さな被写体を素早く正確に捉えることが可能です。被写体の予測精度に優れたAIの搭載も特長のひとつ。1秒に最高6.5コマの高速連写ができるので、動きのある被写体の決定的瞬間を逃しません。

EOSシリーズのフルサイズモデルとしては初めてだったバリアングル液晶により、さまざまなアングルでの撮影に対応。自由度が高く、直感的な撮影が楽しめます。画面上の被写体にタッチするだけでピントを合わせられる便利な機能も搭載。静止画撮影時にはそのまま自動でシャッターが切られます。

再生画像送りや画像の拡大などをスマホ感覚でタッチ操作できるのもポイントです。Wi-Fi機能によって写真や動画の共有も快適。スマホはもちろん、プリンターやパソコンなどにもワイヤレスでデータを送信することができます。

▼撮影イメージ

By: canon.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark Ⅳ

35mmのフルサイズセンサーを備えたハイスペックな一眼レフカメラです。約3040万画素という高画素の解像度や階調性を活かしたピクチャースタイル・ディテール重視の機種。細部の表現力に優れているのが魅力です。HDRモードでは露出の異なる3枚の画像を合成することで表情豊かな画像を作成できます。

61個の測距点で高密度オートフォーカスを採用。測距エリアが上下に拡大しており、野生動物、鉄道や飛行機、スポーツを遠くからキレイに撮りたい方におすすめです。顔や色を検知することで、予測しにくい被写体の動きを自動追尾できるのもポイント。高い予測精度で動体のピントを合わせ続けることも可能です。

外装カバーにマグネシウム合金を採用したことによって高剛性、高放熱性を獲得。隙間を極力小さくすることで防塵・防滴性能も上昇した、タフなボディに仕上がっています。視野率約100%の新光学ファインダーを内蔵。ありのままの視界を確保することが可能な上、ファインダーをのぞいたまま設定の確認や変更ができるのでシャッターチャンスを逃しません。

Wi-Fi機能でスマホやプリンター、テレビ、パソコンへのデータ転送が簡単です。専用アプリをスマホやタブレットにインストールすればリモート撮影も可能になります。一眼レフで撮った画像をそのまま端末に保存できるのでSNSなどでの共有もスムーズ。

▼撮影イメージ

By: canon.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

高性能ながらもリーズナブルな価格が魅力の一眼レフカメラ。中級者の方はもちろん、どうせならずっと使えるものを入門機に選びたいという初心者の方にもおすすめのモデルです。1秒に最高7コマの高速連写撮影によって動物やアスリートの決定的な瞬間を逃しません。常用ISO感度を100~16000に設定することで、シーンに合わせた撮影が実現しています。

動きのある被写体にピントを合わせ続けるAIサーボオートフォーカスを採用しているので、運動会などのシーンでも活躍すること間違いありません。ライブビューや動画モードの際にも早くてスムーズなオートフォーカスが撮影を助けてくれます。

視野率約100%を誇る光学ファインダーを内蔵しており、見たままの構図づくりができるのが特長です。可動式の液晶ディスプレイによってさまざまなアングルからの撮影が可能になっています。モニターへのタッチでオートフォーカス、シャッター、画像再生などを直感的に行えるのもうれしいポイントです。

被写体やシーンに合わせて10種類の撮影モードで仕上げられます。料理を明るく色鮮やかに撮影できる料理モードが選べるので、SNSで食事シーンを共有する方におすすめです。Camera Connectをインストールしたスマホと連動させることでデータの転送も簡単。スマホやタブレットによる遠隔操作も可能です。

▼撮影イメージ

By: amazon.co.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R

5060万画素という最高峰の解像度を実現した一眼レフカメラ。新開発の35mmフルサイズイメージセンサーが搭載されています。保安部品と言えるローパスフィルターの効果をキャンセルし、解像力を最大限引き出したマニアックなチューニングが施されているのがポイントです。画質にとことんこだわりたいという方におすすめします。

▼撮影イメージ

By: canon.jp

キヤノンの一眼レフ|プロ向け

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II

キヤノンの一眼レフの最上位モデルです。フルサイズのイメージセンサーを搭載。高感度画質や暗部のレタッチ耐性が向上しており、ダイナミックな表現が得意なカメラに仕上がっています。

ファインダー撮影では1秒間に最高約14コマ、ライブビュー撮影時には1秒間最高16コマという驚きの高速連写撮影が可能です。キヤノンの最新技術を投入した61点レティクルオートフォーカスも注目したいポイント。アルゴリズムを進化させたAIサーボAF Ⅲ+との組み合わせはまさにプロ向きの性能です。

4K/60P・フルHD/120Pに対応した動画記録も見逃せません。素材性を重視して記録形式にはMOV、圧縮方法にはMotion JPEGを採用しています。

▼撮影イメージ

By: canon.jp