一眼レフカメラの主要メーカーとして国内はもちろん、海外でもユーザーが多い「キヤノン」。同社の一眼レフはラインナップが豊富で、価格帯もエントリーからミドル、ハイエンドまで揃っているのが特徴です。

そこで今回は、キヤノンのおすすめモデルを初心者向けと、中・上級者向けに分けてご紹介。おさえておくべき一眼レフの基本についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

キヤノンの一眼レフの特徴

初心者からプロまで充実したラインナップ

By: amazon.co.jp

キヤノンの一眼レフは、ラインナップが充実しているのが特徴です。カメラ初心者やファミリー層をターゲットとしたエントリーモデル、取り回しのよさが前面に押し出されたミドルクラスモデル、連写や高性能AFなどに対応するハイアマチュアモデル、高画質かつ高精細なプロフェッショナルモデルなど、幅広いユーザー向けのモデルが展開されています。

また、レンズの種類が豊富なのもポイント。標準、広角、望遠、マクロ、単焦点、魚眼などさまざまなレンズが揃っているのも魅力です。

世界シェアNo.1の安心感

キヤノンは、長年一眼レフのシェア世界トップクラスを維持している業界トップのカメラメーカー。国内だけでなく、海外からも信頼の高いメーカーとして知られています。

明確なクラス分けによるラインナップ展開がされているので、購入しやすいのもポイント。ユーザーのカメラ技術向上によってスムーズにステップアップできるのも魅力です。

鮮やかな色彩

By: canon.jp

キヤノンの一眼レフは、写真が色鮮やかに仕上がるのが特徴です。人物をより魅力的に映す技術に長けているといわれています。特に人肌などの色合いや美しい色調の表現を得意とし、実物よりもさらに明るい映像を再現することが可能。ポートレートで「人」を中心に撮影したいユーザーから支持されています。

キヤノンの一眼レフの選び方

イメージセンサーをチェック

By: canon.jp

「イメージセンサー」とは、レンズから入ってきた光を電気信号に変える電子部品のことです。フィルムカメラのフィルムと同じ役割を果たしています。

イメージセンサーの大きさにはさまざまな種類があり、統一された規格がある訳ではありません。一般的に一眼レフには「APS-Cサイズ」と「フルサイズ」の2種類が用いられます。

APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したモデルはコンパクトで携行性に優れ、価格が安く設定されているモノが多いのがポイント。一方のフルサイズを搭載したモデルでは細かな階調表現が可能です。

画素数をチェック

By: canon.jp

「画素数」は、1つのイメージセンサーにどれだけの画素が並んでいるかを表しています。例えば1000万画素であれば、1つのイメージセンサーに画素が1000万枚並んでおり、それぞれが独立して光を取り込んでいるということです。

パネルの数が多いほど色や光の情報を細分化して記録できるため、画素数が大きいほどキメの細かい写真が撮影できます。なかには3000万画素を超えるモデルも登場しているので、一眼レフカメラを選ぶ際には画素数もチェックしておきましょう。

本体サイズと重量をチェック

By: canon.jp

一眼レフカメラを選ぶ際には、本体のサイズと重量にも着目しましょう。フルサイズのイメージセンサーを搭載したモデルは細かい階調表現が可能な一方で、本体のサイズや重量が大きくなってしまいます。ストラップを使い首に掛けて撮影する際、肩や首に負荷がかかりやすくなってしまうので注意が必要です。

一方で本体のサイズや重量が小さいモデルであれば肩や首に負荷がかかりにくく、持ち運ぶ際にもカバンの中に入れて簡単に携行できます。ニーズやシチュエーションに応じてサイズや重量を選ぶのがおすすめです。

キヤノンの一眼レフおすすめモデル|初心者向け

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型軽量の一眼レフカメラ。タイムラグなしで瞬時に被写体へピントが合わせられます。また、高速でのオートフォーカスが可能なライブビュー撮影機能を使えば、動いている被写体もキレイに撮影することが可能です。

本体には角度を自由に変更できるバリアングル液晶モニターを搭載。光学ファインダーでは難しいハイアングルやローアングルからでも撮影できます。運動会やライブなど、人が多い場所での撮影に便利です。

メニュー画面には直感的な操作でホワイトバランスの設定や編集が行えるビジュアルガイドを搭載。初心者でも安心してカスタマイズができます。操作性に優れるアイテムです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X8i

キヤノン(Canon) EOS Kiss X8i

7560画素のRGBとIR測光センサーを搭載している一眼レフ。被写体やシーンに合わせて適切な明るさへ自動で調節します。また、「フリッカーレス撮影」機能が搭載されており、適切な明るさで写真を連写できるのが魅力です。

シャッターを押すだけで、シーンに合った設定で撮れる「シーンインテリジェントオート」を搭載。そのほかピントの調節が直感的な操作で行える「クリエイティブオート」など、さまざまな機能を備えています。

Wi-Fi対応モデルなので、プリンターで直接プリントアウトしたりメディアプレイヤーで閲覧したりと、幅広い機器と接続可能。スマートフォンと連動させれば、スマートフォンでシャッターを切ることもできます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X9i

キヤノン(Canon) EOS Kiss X9i

光学ファインダーと高速オートフォーカス性能の組み合わせで、シャッターチャンスを逃すことなくピントを合わせられる一眼レフ。走り回る子供たちやスポーツの場面など、見逃せないシーンの一瞬を捕捉できます。

液晶モニターを見ながら撮影できるライブビュー撮影を搭載しており、画面のタッチしたところへ瞬時にピントを合わせられるのが魅力。そのままシャッターを切れるので、初めての方でも簡単に使い始められます。

専用のアプリをスマホにダウンロードすることで、撮った写真をスマートフォンへ転送可能。Bluetoothでペアリング設定をしておくことで次回以降の設定を省略でき、カメラの電源を入れるだけでスマホと接続できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X90

キヤノン(Canon) EOS Kiss X90

ダイヤルを回すだけで、シーンに応じた撮影モードが選択できる一眼レフ。カメラが自動でシーンに適したモードに切り替えるシーンインテリジェントオートも搭載されており、初めて一眼レフを使う方にもおすすめのモデルです。

被写体の明るさや動き、距離などの情報を分析する「EOSシーン解析システム」を搭載。明るさを適切に制御する、メリハリをつけるなどの調節を自動で行います。簡単にキレイな写真を残せるのが魅力です。

アプリをスマホに入れることで、スマートフォンでライブビューを確認可能。シャッター速度や感度の設定変更ができるほか、シャッターを切ることもできます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 9000D

キヤノン(Canon) EOS 9000D

中・上級者向けのモデルにも採用されている「オールクロス45点AFセンサー」を搭載した一眼レフカメラ。光学ファインダーを覗き込んでの撮影はもちろん、ライブビュー撮影でも被写体が持つありのままの魅力を逃さず撮影できます。

本体重量は約493g。グリップが深めに施された小型軽量モデルで、手の小さい方でもフィットします。夫婦やカップル兼用のアイテムとしておすすめです。

本体上部に小型の液晶パネルやダイヤルなど複数の機能を備えているのが特徴。直感的な操作で撮影できるのはもちろん、本格的な操作も楽しめます。

▼撮影イメージ

キヤノンの一眼レフおすすめモデル|中・上級者向け

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark IV

キヤノン(Canon) EOS 5D Mark IV

約3040万の有効画素数と、35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載している一眼レフカメラ。高い画素数と広い撮影領域を同時に実現しています。また、1秒間に7枚の写真を撮影する高速連写モードも搭載されているのが特徴です。

また、CMOSセンサーから送信されるデータを高速処理して高画質に変換する映像エンジン「DIGIC 6+」を搭載しているのもポイント。ナチュラルかつ滑らかな表現ができる、14bitの信号処理機能も備わっています。

躍動感のある被写体もしっかり捉える「EOS iTR AF」を搭載も搭載しており、動きだけでなく表情や色も追尾可能。動物を撮影する場合でも、シャッターチャンスを逃しにくいのが魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

高性能のオートフォーカス機能を搭載したフルサイズの一眼レフカメラ。ファインダーを覗き込んで撮ったかのような撮影をライブビューや動画でも実現しています。タッチパネルを搭載しており、ワンタッチでピントが合わせられるので、直感的な操作で写真を収められるのが魅力です。

「スムーズゾーンAF」を含む3種類のオートフォーカス方式を搭載しているのもポイント。動画撮影時に動く被写体を滑らかに記録可能です。スポーツ観戦やレース観戦などに威力を発揮します。

そのほか、「ファイナルイメージシミュレーション」機能を使えば、ライブビューの状態からホワイトバランスの調節が可能。歪曲収差補正や色収差補正の確認も行えます。決定的な瞬間を感覚的な操作で残せるのが魅力のアイテムです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 7D Mark II

キヤノン(Canon) EOS 7D Mark II

最大65ものクロス測距点を持つオートフォーカス機能を搭載した一眼レフカメラ。被写体を素早く捉えてピントを合わせ、思い通りの構図で撮影が行えます。鳥などの動物を写すのに適しています。

レースシーンやスポーツシーン、静止している被写体を写す場合など、被写体や構図に合わせて7つの測距モードを搭載しているのがポイント。本体右上に搭載された選択レバーを倒すだけで簡単にモードが切り替えられます。

オートフォーカスの光学系を最適化することで、測距を多点化しながらもユニットの小型化を実現。本体サイズ幅148.6×奥行78.2×高さ112.4mm、重量約820gのコンパクトサイズに仕上げられています。機能性と携行性の両面を併せ持つアイテムです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 80D

キヤノン(Canon) EOS 80D

最大45点クロス測距のオートフォーカスセンサーを搭載したAPS-Cサイズの一眼レフカメラ。動きの激しい被写体や小さな被写体など、さまざまなヒトやモノを思い通りの構図で捉えられます。1秒間で最大7コマの高速連写に対応しているのもポイントです。

手前に被写体がある場合でも、奥の人物にピントを合わせる「色検知オートフォーカス」機能を搭載。肌の色を鮮明に映し出し、ボケ感も楽しめます。子供が遊んでいる様子を撮影する際などに便利な機能です。

そのほか、多彩なシーンに合わせてオートフォーカスを調節する4種類の測距エリア選択モードを搭載。スポーツシーンを撮影する場合や風景を残す場合など、あらゆるシーンに対応しているのが魅力のアイテムです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 90D

キヤノン(Canon) EOS 90D

約3250万画素のCMOSセンサーを搭載した中・上級者向けのAPS-C一眼レフカメラ。スポーツやレースなどの激しい場面から風景などの動きのない場面まで、幅広いシーンを繊細に描写します。また、被写体が持つ質感などの魅力を引き出したり、ボケ感を出したりできるのも魅力です。

視野率約100%で倍率約0.95倍のインテリジェントビューファインダーを採用。シャッタースピードや電子水準器などが表示され、被写体を見ながら設定の確認ができるため、撮影に集中できます。また、1秒間に最高10コマの高速連写が可能で、決定的瞬間を逃しません。

ボディに搭載されている液晶ディスプレイを駆使すれば、ハイアングルやローアングルなど幅広い角度から撮影が可能。タッチパネル仕様でオートフォーカスからシャッターまであらゆる操作が直感的に行えます。機能性と利便性の両方を併せ持つアイテムです。

▼撮影イメージ