家庭で焼き肉を楽しむ際に活躍する「無煙ロースター」。煙やニオイの発生を軽減して調理できるのがメリットです。無煙ロースターには、電気式やガス式といった加熱方式のモノが展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの無煙ロースターをピックアップ。自宅で焼き肉を快適に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

無煙ロースターとは?

By: amazon.co.jp

無煙ロースターとは、肉や魚を焼いたときに発生する煙を抑えて調理できる調理家電のこと。煙が少ないので、服やカーテンにニオイが付きにくいのがメリットです。

無煙ロースターは焼き肉店などで使用する業務用だけでなく、家庭でもプレート料理を楽しめるコンパクトなアイテムが多数発売されています。また、さまざまな大きさや形があり、家族の人数や用途に合わせて選びやすいのもポイントです。

無煙ロースターの仕組み

By: amazon.co.jp

無煙ロースターは、加熱部分と油が接することにより発生する煙を抑えるため、本体の加熱部分と油ができるだけ接しない構造を採用しているのが特徴。加熱部分と食材ができるだけ触れないよう上から加熱をしたり、プレートを傾斜構造にして油を1か所に溜めたりといった工夫がされています。

製品のなかには、煙がほとんど発生しないモノや、多少発生するモノなどさまざまなタイプが存在。また、煙を吸引できるタイプもラインナップされています。

なお、肉を焼いたあとに嫌なニオイが発生するのは、煙のなかに肉の成分が混じっているため。無煙ロースターを使えば、煙を抑えられるので食後のニオイも軽減できます。加えて、火災報知器の反応を気にせずに使用できるのもおすすめポイントです。

家庭用無煙ロースターの選び方

煙の発生を抑えたいならファンの有無をチェック

By: amazon.co.jp

調理時の煙が気になる方は、ファン付きのモデルを選ぶのがおすすめ。ほとんどの無煙ロースターは煙が出にくい構造ですが、完全に抑えることは難しく多少の煙は発生してしまいます。

ファン付きのモデルなら立ち上る煙を内蔵ファンで吸い込むため、ファンの付いていないモデルよりも煙の発生を抑えられるのがポイントです。

煙だけでなく、壁紙や衣類などへのニオイ・油の付着を軽減できるのも嬉しいポイント。煙を気にせず調理したい方は、ファンの有無も忘れずにチェックしましょう。

熱源の種類・加熱方式をチェック

室内で焼き肉をするなら電気式

By: amazon.co.jp

室内で焼き肉をするのに使用する場合は電気式の無煙ロースターがおすすめです。電気式は鉄板の下方に搭載された電気ヒーターを使って食材を加熱するのが特徴。手頃な価格のモデルが多いため、コスパ重視の方にも適しています。

電気式の無煙ロースターは火力が安定しており、温度調節も手軽に行えるのがポイント。加えて、焼き加減が見た目でわかりやすいので、家庭で焼き肉を調理する場合などに重宝します。

ただし、電気式の無煙ロースターは電気ヒーターの密度と配置場所によって火の通りに差が出やすいのが難点。電気ヒーターがバランスよく配置されていないモデルだと、熱ムラができやすくなるため留意しておきましょう。

ジューシーな仕上がりの遠赤外線式

By: amazon.co.jp

お肉をジューシーに焼き上げたい場合は、遠赤外線式の無煙ロースターがおすすめです。本体上部に搭載されたカーボンヒーターから遠赤外線を照射し、食材内部の分子を振動させることで加熱を行うのが特徴。加えて、輻射熱であたためられた鉄板で食材の下側からも加熱できます。

遠赤外線式の無煙ロースターは、遠赤外線を活用することで食材にじっくり火を通せるのがポイント。食材内の水分を保ったまま加熱調理できるため、焼き肉やステーキも肉汁たっぷりのジューシーな状態で仕上げられます。

ただし、遠赤外線式の無煙ロースターは食材が上方から赤く照らされるので、見た目で焼き加減を判別しにくいのがデメリット。また、本体が大きくかさばるため、設置や収納にはやや広めのスペースが必要になります。

屋外でのバーベキューなどで活躍するガス式

アウトドアで使用する場合は、ガス式の無煙ロースターがおすすめです。カセットボンベに封入されたガスを燃料に使用できるのが特徴。コンセントの確保が難しい屋外でも手軽に使用できるため、庭やキャンプ場でバーベキューを行う場合にも重宝します。

ガス式の無煙ロースターはガスを使って火を起こすので、火の立ち上がりが早いのもメリット。また、直火を使用して加熱できるため、お肉をこんがり美味しく焼き上げられます。

ただし、ガス式の無煙ロースターは使用に際してガス漏れに注意する必要があるのが難点。加えて、ガスが切れたらカセットボンベを交換しなければならないので、ほかの加熱方式のモノと比べてランニングコストがかかります。

熱源の高さをチェック

By: amazon.co.jp

無煙ロースターは、製品によって熱源の位置が異なるのが特徴です。大きく分けると、熱源がプレートよりも下にあるタイプと、上にあるタイプの2種類があります。

熱源が下にあるタイプの無煙ロースターは、プレートに油が溜まらないよう、傾斜設計にしたり油受けを用意したりしていることがほとんど。また、ファンを使って煙が広がらないように制御できる製品も存在します。

熱源が上にあるタイプの無煙ロースターは、加熱部分と油が直接触れないため、煙の発生を抑制できるのがメリット。さらに、プレートが高温になりにくいので、食材を焼きすぎてしまうリスクを減らせます。

なお、熱源が上にあるタイプのモノは、本体サイズが大きくなりがち。収納場所や使いやすさなどを考慮して、適した製品を選択してみてください。

プレートの種類や形状をチェック

By: amazon.co.jp

一口に無煙ロースターといっても、採用しているプレートの種類や形状はさまざま。用途に合ったプレートを選択することで、よりスムーズに調理を行えます。

たとえば、油が溜まらないよう凹凸の空洞があるモノや、ムラなく食材を焼けるように丸型を採用したモノなどが存在。空洞のない平面プレートは、もんじゃ焼きやホットケーキも作れるのがメリットです。

また、プレートが複数付属しているモノであれば、さまざまな料理に対応できます。

お手入れしやすいモデルを選ぼう

By: aladdin-aic.com

無煙ロースターを清潔に使い続けるには、プレートに付いた焦げや油を落としたり、油受けを洗浄したりする必要があります。お手入れをできるだけ簡単に済ませたい方は、パーツごとに分解できるかどうかを確かめてみましょう。

製品のなかには、プレートにフッ素加工を採用するなど、使用後の洗いやすさに配慮したモノが展開されています。お手入れしやすさを重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

家庭用無煙ロースターのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

「アラジン」は1919年の設立以来、伝統を守り続けているイギリス生まれのブランド。特許技術である「遠赤グラファイト」を搭載した家電が展開されており、遊び心のあるポップなカラーバリエーションと、優れたデザインセンスが魅力です。

家庭用無煙ロースターにも「遠赤グラファイト」を採用。短時間かつ高温で一気に焼き上げるため、ふっくらと仕上がります。サイズが大きいモノも多いので、大人数で使いたい方におすすめです。

ザイグル(ZAIGLE)

By: amazon.co.jp

「ザイグル」の無煙ロースターは、カーボンヒーターを熱源に利用することで、煙を抑え美味しさを引き出せるのが特徴。煙や油ハネを極限まで抑えて、快適な自宅調理が楽しめます。焼き肉だけでなく、サンマの丸焼きなども煙を気にせず調理可能です。

また、ユーザーの要望を反映し、使いやすさをより追求したモデルもラインナップされています。

エムケー精工

By: amazon.co.jp

「エムケー精工」は調理家電から門型洗車機まで、幅広い製品開発を行っている日本企業です。「美・食・住」を軸に、さまざまな製品やサービスを展開しています。

エムケー精工の無煙ロースターは、火を使わない赤外線で炙って調理することで、おいしく焼き上がるうえ、煙や油はねを軽減できるのがポイント。また、焼き物以外に、ノンフライ調理ができる点も魅力です。

家庭用無煙ロースターのおすすめモデル|電気式

ルームメイト(ROOMMATE) 無煙グリル調理器 ゼロスモーク・スタンダード RM-119TE

煙を出さずに調理できる電気式の家庭用無煙ロースターです。鉄板の周辺部に送風ファンと吸煙口を搭載しているのが特徴。煙が立ち上がらずに吸引される仕組みなので、煙に煩わされずに調理を進めたい方におすすめです。

視認性の高いデジタルディスプレイを搭載しており、温度やタイマーの設定がひと目で確認しやすいのもポイント。また、電気ヒーターの温度は保温の80℃から高温調理の220℃まで20℃単位で調節できるほか、最高250℃の高火力も使用できます。

本体は約幅49.5×奥行32×高さ13.5cmで、2〜3人で使用するのに程よいサイズなのもメリット。加えて、脂を受ける水トレイや鉄板などのプレート類は取り外して中性洗剤で水洗いできるため、使用後のお手入れも楽に行えます。

山善(YAMAZEN) 減煙焼き肉グリル エックスグリル YGMA-X100

比較的リーズナブルな価格で購入できる電気式の家庭用無煙ロースターです。本体サイズは約幅39×奥行25×高さ8.5cmとコンパクト。卓上で1人から使えるサイズのため、一人暮らしで煙を気にせずに焼き肉を楽しみたい方にもおすすめです。

鉄板の裏面に独自のクロスカット加工が施されているのもポイント。また、電源アダプターに温度調節用のダイヤルが搭載されているのもメリットです。保温の80℃から高火力の230℃まで設定でき、鉄板料理をスムーズに美味しく仕上げられます。

山善(YAMAZEN) 煙の少ない焼き肉グリル エックスグリルプレミアム YGMC-FXT130

高性能で扱いやすい電気式の家庭用無煙ロースターです。内蔵の吸煙ファンによって、鉄板側面の吸い込み口から煙を軽減できるのが特徴。加えて、鉄板の上部にエアカーテンを発生させることで、煙を逃しにくいのもメリットです。

鉄板裏面の立体的なX形状により、脂が下に流れやすくなるように設計されているのもポイント。食材から出た余分な脂が落ちやすいため、お店で食べるような本格的な焼き肉が味わえます。

ピーコック魔法瓶(Peacock) 電気焼肉器 WY-D120

煙や油はねを軽減して調理できる電気式の家庭用無煙ロースター。鉄板の裏面に独自の「3次元アーチ構造」を採用しており、鉄板から脂が素早く落ちるのが特徴です。

鉄板の左右に2種類の多目的ゾーンが用意されているのもポイント。左側はタレを絡めながら焼ける平面プレート、右側には余分な脂を流しながら焼ける傾斜プレートを搭載しています。1枚の鉄板で付け合わせも一緒に調理したい方におすすめです。

電源コードと一体になった専用アダプターに温度調節用のダイヤルが搭載されているのも魅力。目盛付きなので設定温度の確認や温度変更が簡単に行えます。

家庭用無煙ロースターのおすすめモデル|遠赤外線式

アラジン(Aladdin) グラファイトグリラー AEG-G13A

スムーズに食材を調理できる遠赤外線式の家庭用無煙ロースターです。速暖性が高く、鉄と比べて約10倍の熱伝導率を持つ特許素材「遠赤グラファイト」をヒーターに採用。予熱が必要ないため、調理時間を短縮したい方におすすめです。

本体上部に搭載された熱源からの高温輻射で焼き上げるので、炭火を使ったようにふっくらと仕上げられるのもポイント。焼き肉や焼き鳥などの焼き物はもちろん、炙り料理・干物・おつまみなどの幅広い料理が楽しめます。

食材から出た脂は鉄板下の水トレイに落ち、煙や油の飛び散りを軽減できるのもメリット。さらに、水トレイは簡単に取り外せるので、お手入れしやすく便利です。

ザイグル(ZAIGLE) 無煙ホットプレート ザイグルプラス

優れた機能性を備えている遠赤外線式の家庭用無煙ロースター。上部に搭載されたカーボンランプから照射される赤外線によって煙を出さずジューシーに焼けるのが特徴です。

カーボンランプの位置を上下することで火力を調節できるのもメリット。下げればこんがり、上げればじっくり焼き上げられます。また、即熱性にも優れており、予熱の待ち時間が不要なため、調理をスムーズに始めたい方にもおすすめです。

中央部分に脂の排出穴を搭載した通常プレートに加えて、穴の空いていないフラットプレートが付属するのも魅力。目玉焼きやオムレツなど食材が流れやすいメニューの調理にも対応できます。

ザイグル(ZAIGLE) 無煙ホットプレート ザイグル炙輪

上下ダブル加熱で素早く調理できる遠赤外線式の家庭用無煙ロースターです。鉄板の下部にシーズヒーターが搭載されているのが特徴。上部のカーボンヒーターと併用することで焼ける速度をより早められるので、調理時間を短縮したい方におすすめです。

鉄板が熱くなりすぎないように温度を調節しながら加熱を行う「おりこう加熱」を搭載しているのもポイント。調理時間を早めつつ、煙や油はねの発生を軽減できます。また、鉄板中央の穴から脂分を排出できるのもメリットです。

本体上部のヒーターは、左右に首振りできる構造を採用しているのも魅力。調理した食材の取り出しやお手入れが簡単に行えます。さらに、上部ヒーターのみでじっくり低温加熱するモードも搭載しており、晩酌などで焼き鳥をじっくり楽しみたい場合にも重宝します。

エムケー精工 無煙ロースター ヘルシーグリル HG-100K

煙を出さずにノンフライ料理ができる遠赤外線式の家庭用無煙ロースターです。上部の赤外線ヒーターと輻射熱であたためられた鉄板の両面加熱で調理が可能。食材自体の脂のみを使ってじっくり焼き上げるので、厚みのあるハンバーグもジューシーに仕上がります。

鉄板には余分な脂を流す傾斜と360°の自動回転機構が搭載されており、ムラなく焼き上げられるのもポイント。熱源のある上部ヘッドは左右45°に回転する構造のため、食材の配置やお手入れなどを行いやすく便利です。

ヘッドを中央に戻さないと加熱が再開されないのも特徴。加えて、鉄板の周囲に火傷防止のシリコンガードが付いているので、安全性を重視する方にもおすすめです。

トフィー(Toffy) スモークレス焼肉ロースター K-SY1

焼き肉の無煙調理がスタイリッシュに楽しめる遠赤外線式の家庭用無煙ロースターです。鉄板下部の中央から外れた位置にヒーターを搭載する「サイドヒーティング方式」を採用。食材から滲み出た脂分がヒーターに触れにくく、煙が発生しにくいのがメリットです。

立ち上がりの早いカーボンヒーターを搭載しているため、予熱の待ち時間不要で調理を始められるのもポイント。また、本格的な焼き肉が楽しめる焼き網のほか、焼きそばやお好み焼きなどの調理に活躍する平面プレートも付属しています。

レトロカラーを採用したシンプルでおしゃれなデザインも魅力。トップカバーと2種のプレートにはフッ素加工が施されており、焦げがこびり付きにくいため、楽にお手入れできます。

家庭用無煙ロースターのおすすめモデル|ガス式

イワタニ(Iwatani) カセットガススモークレス焼肉グリル やきまるII CB-SLG-2

本体サイズが幅30.3×奥行27.8×高さ14.9cmと携帯しやすい、ガス式の家庭用無煙ロースターです。ガスボンベを燃料に使えるため、コンセントのない庭やキャンプ場でも使用できるのが特徴。家族や友人と野外でバーベキューを楽しみたい方におすすめです。

火の立ち上がりが素早く、直火でお肉をこんがりと焼き上げられるのがポイント。また、鉄板の温度を約210〜250℃に制御することで、煙の発生を軽減しています。鉄板表面のスリットや裏面の突起と壁など3つの仕組みによって、食材の脂を水皿へしっかり落とすように設計されているのも魅力です。

家庭用無煙ロースターの楽天市場ランキングをチェック

家庭用無煙ロースターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。