家庭で焼肉を楽しむ際に悩ましいのが、煙。ホットプレートを活用する際は、波状や穴あきのプレートを用意して対応するなどいくつか方法はありますが、手軽な解決方法が「無煙ロースター」を用意することです。

そこで今回は、おすすめの無煙ロースターをピックアップ。自宅で焼肉を快適に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

無煙ロースターとは?

By: amazon.co.jp

無煙ロースターとは、肉や魚を焼いたときに発生する煙を抑えて調理できる調理家電のこと。焼肉店などで使用する業務用だけでなく、家庭でもプレート料理を楽しめるコンパクトなアイテムが多数販売されています。煙が出にくいので、服やカーテンににおいが付きにくいのが魅力です。

無煙ロースターにはさまざまな大きさや形のモノがあり、家族の人数や用途に合わせて選べます。ダイニングで手軽に焼き肉を楽しんだり、ベランダや庭のテラスでバーベキューを楽しんだりなど、使い方に合うモノを選んでみましょう。

無煙ロースターの仕組み

By: rakuten.co.jp

無煙ロースターは、加熱部分と油が接してしまうと煙が発生してしまうため、油と本体の加熱部分ができるだけ接しない構造を採用しているのが特徴。加熱部分と食材ができるだけ触れないよう上から加熱をしたり、プレートを傾斜構造にして油を1か所に溜めたりといった工夫がされています。

製品のなかには、煙がほとんど発生しないモノや、少し発生するモノなどさまざまなタイプが存在。また、煙を吸引できるタイプのモノもラインナップされています。

なお、肉を焼いた後に嫌なニオイが発生するのは、煙の中に肉の成分が混じっているため。無煙ロースターを使えば、煙を抑えられるので食後のニオイも軽減できます。加えて、火災報知器の反応を気にせずに使用できるのもおすすめポイントです。

家庭用無煙ロースターの選び方

熱源の種類・加熱方式をチェック

電気タイプ

By: amazon.co.jp

電気タイプの無煙ロースターは、コンセントから電源を供給して駆動させるのが特徴。ガスタイプで起こりがちな、ガス切れやガス漏れなどを心配することなく利用できます。また、安定した電力で伝導熱を発生させられるため、火力のムラが少ないのがメリットです。

とくに、家族団らんやホームパーティーを室内で行いたい方におすすめ。屋外での使用予定がなければ、電気タイプの無煙ロースターを選択するのが無難です。

遠赤外線タイプ

By: amazon.co.jp

遠赤外線タイプの無煙ロースターは、輻射熱で食材に熱を伝えられるのが特徴。肉表面へ余計な熱が伝わりにくいため、ふっくらとした仕上がりを期待できるのが魅力です。

遠赤外線タイプは、電気タイプのようにコンセントから電源を供給するのが通常。室内で肉をよりおいしく味わいたいと考える方は、遠赤外線タイプの無煙ロースターをチェックしてみてください。

ガスタイプ

By: rakuten.co.jp

コンセントのない庭やキャンプ場などで使用したいと考える方は、ガスタイプの無煙ロースターがおすすめです。電気タイプと比較して、火力が強いのが特徴。また、カセットガスボンベをセットすれば駆動するので、場所を気にせずに利用できます。

なお、ガスタイプの無煙ロースターを使う際は、カセットガスボンベの扱いに注意。長期保管をしていると、ガス漏れが発生する可能性があるため留意しておきましょう。

熱源の高さをチェック

By: aladdin-aic.com

無煙ロースターは、製品によって熱源の位置が異なるのが特徴です。具体的には、熱源がプレートよりも下にあるタイプと、上にあるタイプの2種類があります。

熱源が下にあるタイプの無煙ロースターは、プレートに油が溜まらないよう、傾斜設計を採用したり油受けを用意したりしていることがほとんど。また、ファンを使って煙が広がらないように制御できる製品も存在します。

熱源が上にあるタイプの無煙ロースターは、加熱部分と油が直接触れないため、煙の発生を抑制できるのがメリット。さらに、プレートが高温になりにくいので、食材を焼きすぎてしまうリスクを減らせます。

なお、熱源が上にあるタイプのモノは、本体サイズが大きくなりがち。収納場所や使いやすさなどを考慮して、適した製品を選択してみてください。

ファンの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ファンが搭載された無煙ロースターは、ニオイの元となる油煙を吸引口へ送り込めるのが魅力です。ファン搭載の無煙ロースターを使うことで、発生した煙が室内に充満することなく、快適に食事を楽しめます。煙の発生をできるだけ抑えたい方は、ファンの有無をぜひチェックしてみてください。

プレートの種類や形状をチェック

By: aladdin-aic.com

一口に無煙ロースターといっても、採用しているプレートの種類や形状はさまざま。用途に合ったプレートを選択することで、よりスムーズに調理を行えます。

たとえば、油が溜まらないよう凹凸の空洞を採用しているモノや、ムラなく食材を焼けるように丸型を採用したモノなどがあります。空洞のない平面プレートであれば、もんじゃ焼きやホットケーキも作れるのがメリットです。

また、製品によってはプレートがいくつか付属しているモノもラインナップ。さまざまな料理に対応できるのでおすすめです。

お手入れしやすいモデルを選ぼう

By: aladdin-aic.com

無煙ロースターを清潔に使い続けるには、プレートに付いた焦げや油を落としたり、油受けを洗浄したりする必要があります。できるだけお手入れを簡単に済ませたい方は、それぞれの部品を分解できるかどうかを確かめてみましょう。

製品のなかには、プレートにフッ素加工を採用するなど、使用後の洗いやすさに配慮したモノがあります。そのほか、数は少ないものの、食洗機での洗浄に対応したモノもあるので、気になる方は確認してみてください。

家庭用無煙ロースターのおすすめモデル

アラジン(Aladdin) グラファイトグリラー CAG-G13B

予熱不要で、すぐに使い始められる家庭用無煙ロースター。熱伝導率に優れた株式会社千石の特許技術「遠赤グラファイト」を搭載し、電源を入れるとわずか0.2秒で発熱します。

高温輻射で素早く加熱するため、炭火で焼いたような仕上がりで食材の旨みを逃しにくいのがポイント。また、熱源が上部のみに設置されており、食材の油が火に触れることなく下のトレイに落ちるので、煙が発生しにくいのがメリットです。

なお、トレイは取り外して丸洗いできるため、お手入れが簡単。付属の「マジックプレート」を使えば、ソースやタレなどの液体を用いた調理にも対応できます。

本体のほか、ヘルシーネット・トング・本体カバー・収納バッグが付属。おしゃれなデザインで、出しっぱなしにしていてもインテリアの雰囲気を損いにくいのでおすすめです。

イワタニ(Iwatani) カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

焼肉に特化したカセットガス式の人気家庭用無煙ロースターです。バーナーと焼き面の間に熱がこもる構造を採用し、プレート温度を約210~250℃にキープ。直火によりお肉をこんがり焼き上げます。

プレートが高温になりにくく、表面に施された溝がスリットとつながって油を効率的に落とすため、煙の発生を低減。プレートにはフッ素コーティングが施されており、お手入れもスムーズです。

また、カセットボンベを使うので、コンセントのない場所や野外でのバーベキューでも活躍します。さらに、取っ手付きで持ち運びにも便利。本体サイズは幅30.3×奥行27.8×高さ14.9cmとコンパクトで設置場所を選びません。一人暮らしの方にもおすすめのリーズナブルな卓上無煙ロースターです。

エムケー精工 ヘルシーグリル HG-100K

上下2方向から食材を加熱する家庭用無煙ロースター。上部の赤外線カーボンヒーターとプレートによる両面加熱で、厚みのある食材でもジューシーに仕上がります。油を使わずに、ヘルシーなから揚げを作れるのも魅力です。

ワンタッチでプレートが360°回転するので、食材をムラなく焼き上げます。プレートには傾斜が付いているため、余分な油をカットし、煙だけでなく油ハネも低減。フッ素樹脂加工が施されているのでお手入れも簡単です。

左右45°に回転するスライドヘッドを本体上部に搭載しており、食材を乗せる際に便利。さらに、ヒーター部には冷却ファンが付いており、安全性にも配慮されています。タッチパネルを採用した、使い勝手のよいおすすめの無煙ロースターです。

シナジートレーディング(Synergy Trading) スーパー吸煙グリル スモークリーンIII DSK2002

本体内部に煙や油を吸い込むファンを搭載した家庭用無煙ロースター。吸い込まれた煙や油は液体になって本体下部に溜まるので、フィルターは必要ありません。本体上部にエアカーテンと呼ばれる空気の流れを形成し、空気中に油煙が放出されるのを低減します。

プレートに凹凸が付いているのもポイント。余分な油が油受けに落ち、遠赤外線ヒーターによって食材を効率よく焼き上げます。

パーツは簡単に取り外せて、ファンも含めて水洗いできるのでお手入れも簡単。別売りの「フライパンプレート」を購入すれば、焼きそばやお好み焼きなども調理できます。煙や油ハネを気にせず、家庭で焼肉を楽しみたい方におすすめの無煙ロースターです。

ザイグル(ZAIGLE) ザイグルプラス JAPAN-ZAIGLE PLUS

煙を気にせずに炭火焼きの美味しさが味わえる家庭用無煙ロースターです。上部のカーボンヒーターに加えて、下からも加熱するので、両面焼きを実現。焼肉はもちろん、ハンバーグやローストチキンなど厚みのある食材でもしっかりと火が通せます。

煙が発生する温度に達しなくても調理できるのがポイント。プレートには傾斜が付いており、余分な油が落ちるので油ハネも低減します。プレートにはフッ素樹脂加工が施されており焦げ付きにくく、取り外して2分割できるためお手入れも簡単です。なお、油受け皿も丸洗いに対応しています。

フラットプレートも付属し、目玉焼きやチーズなど流れやすい食材も調理可能。調理マニュアル付きで、幅広い料理に対応するおすすめの無煙ロースターです。

ザイグル(ZAIGLE) 炙輪 ワイドプレート付きセット

上部のカーボンヒーターと下部のシーズヒーターを搭載した、おすすめの家庭用無煙ロースター。Wヒーター搭載により、スピーディーに調理できます。なお、じっくり焼きたいときは、上部だけの加熱も可能です。

標準プレートには傾斜と穴付きで油が落ちるため、煙の発生や油ハネを低減。大人数の集まりにも対応できるワイドプレートも付属しています。上部のヒーターは首振り機能を搭載しており、料理の取り出しやお手入れもスムーズ。プレートや油受け皿は取り外して丸洗いできるので、清潔に使えます。

さまざまなシーンに合わせて使い分けられる、汎用性の高い無煙ロースターです。

ザイグル(ZAIGLE) ザイグルボーイ2

本体上部に赤外線を出すカーボンヒーターを搭載した無煙ロースター。熱源が上にあり油に触れないため、煙の発生を抑制できるのが特徴です。

食材をのせるプレートの中央に穴があり、肉や魚から出る余分な油を落としながら調理できます。油を使わないノンフライ唐揚げも作れるので、ヘルシーな料理を楽しみたい方にもおすすめです。魚は裏返さなくてもパリッと焼けるため、見た目もきれいに仕上がります。

また、プレートには凹面と凸面があり、メニューに合わせてリバーシブルで使えるのもポイントです。

杉山金属 消煙グリラーヘルシートーク KS-2310

1200Wのハイパワーで加熱する家庭用無煙ロースター。複数の穴が空いたプレートを採用し、食材から出た余分な油が水受け皿に落ちる構造で煙の発生を低減します。余分な油を落としてヘルシーな仕上がりになるのも魅力。温度調節はサーモスタットを採用しています。

プレートには、焦げ付きにくくお手入れも簡単なフッ素樹脂加工を採用。本体サイズは直径約31cmとコンパクトで、設置場所や収納スペースに困りません。重量はわずか1.9kgで、持ち運びもスムーズ。安いので、初めての無煙ロースターにもおすすめです。

ニチネン(NITINEN) 遠赤無煙グリル UFO CCM-102

セラミックバーナーによる遠赤外線でじっくり加熱する、コンパクトな家庭用無煙ロースター。バーナーが本体上部にあるため、加熱部に油が落ちにくいのが特徴です。油ハネを抑え、煙の発生を低減します。

本体サイズは幅27.8×奥行19.2×高さ20cmとコンパクトで、テーブルに置いても場所を取りません。重量は約2kgと軽く、出し入れや持ち運びスムーズ。カセットボンベ式なので、コンセントを気にせず使えて便利です。

また、グリルプレートには焦げ付きが気になりにくいフッ素加工を採用。一人暮らしの方にもおすすめの小型サイズの無煙ロースターです。

山善(YAMAZEN) 焼き肉グリル YGMA-X100

独自のカット構造により、煙と油ハネを大幅に低減できるおすすめの家庭用無煙ロースター。プレートの裏面に立体的なクロスカット形状を採用することで、効率的に油を落とします。従来のホットプレートに比べて煙の発生を約70%抑え、油ハネも約85%低減できると謳われています。

温度調節はバイメタル式サーモスタットを採用し、80~230℃まで幅広く対応可能。なお、調理の過程で落ちた余分な油を受ける水トレイは、取り外して丸洗いできます。

プレートサイズは幅30×奥行20cmと長方形で使いやすく、ステーキのような大きめのお肉が焼きやすいのもポイント。本体サイズは幅39×奥行25×高さ8.5cmとコンパクトで、設置場所や収納スペースに困りません。重量は1.8kgと軽く、持ち運びもスムーズ。リーズナブルな無煙ロースターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

家庭用無煙ロースターの楽天市場ランキングをチェック

家庭用無煙ロースターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。