作り置きしたおかずや、食べかけのお菓子の袋などを密封できる「フードシーラー」。袋の口をきっちり閉めることで、食材の劣化や乾燥を防いでくれるのが特徴です。フードシーラーには、ハンディタイプや卓上タイプ、真空タイプなど種類も豊富に販売されています。

そこで今回は、おすすめのフードシーラーをご紹介。どんな製品を選べばいいのか、フードシーラーの選び方のポイントもあわせてチェックしてみましょう。

フードシーラーの選び方

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用のフードシーラーは、ハンディタイプと卓上タイプの2種類に分けられます。

ハンディタイプは、サイズが小さいため片手で操作できるのが特徴。袋を挟んでスライドさせるだけで密封できます。乾電池などで使用できる製品も多く、コードレスで使える手軽さも人気。密封力はあまり高くないため、食べかけのお菓子や調味料など保存期間の短い食材におすすめです。

卓上タイプは、密封したい食材ごとフードシーラーに挟んで密封できるのが特徴。ほとんどの製品が真空パック機能を搭載しており、専用の袋を使用することで空気を抜いた状態で保存できます。冷凍保存など長期保存したい食材におすすめです。

ただし、卓上タイプはハンディに比べるとサイズが大きいため、キッチンでの収納場所を考えてから選ぶようにしましょう。

対応する素材や厚さ

By: amazon.co.jp

フードシーラーは袋の素材や幅、厚みに制限があります。お菓子の袋など薄いものであればハンディでも簡単に密封できますが、厚みのある袋の場合は、卓上タイプでないと密封できない場合があります。

密封する大きさもそれぞれフードシーラーによって異なるため、自分がよく使うサイズに合わせた製品を選ぶようにしましょう。また、プラスチックの袋であればほとんど使用可能ですが、それ以外の素材は製品によって使えない場合もあるため、注意が必要です。

真空パック機能付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

食材を真空状態にすると酸化や細菌、カビの繁殖を防げるメリットがあります。また、作り置きなどを保存する場合は、真空パックすることでかさを減らせるため、冷蔵庫内の整頓にもおすすめです。

ただし、JIS日本工業規格においては「大気圧より低い圧力で満たされた空間」のことを真空と表せるため、ほとんどの卓上シーラーが真空パック機能付きとして販売されています。

食品工場などで広く普及している真空包装機の真空度は約99.9%ですが、家庭用は約70%前後が一般的。真空パック機能付きのものを選ぶ場合は、真空度もチェックするようにしましょう。

水気のある食材に対応しているかどうか

By: amazon.co.jp

水分のある食材を液体ごと密封したい場合は、水気に対応しているかどうかの確認が大切です。特に真空パック機の場合は、空気と一緒に水分も吸い込んでしまうため、故障の原因にもなります。

幅広く使用したい場合は、水気のある食材も密封できるタイプを選ぶようにしましょう。

ランニングコストもチェック

By: amazon.co.jp

真空タイプのフードシーラーを使う場合、専用の袋が必要な製品もあります。エンボス加工したものなど、真空専用の袋はジップロックなどに比べると、1枚1枚のコストが高い傾向にあります。専用袋の価格や購入先、サードパーティ製が使えるかどうかもチェックしておきましょう。

わざわざ真空機能を購入して食材の無駄を減らしても、ランニングコストが高くかかっては意味がありません。そのため、長く使い続けられるかどうかもチェックしておきましょう。

静音性

ハンディシーラーは静音性が高く、そこまで大きな音は出ませんが、卓上タイプは動作音の大きい製品があります。特に真空タイプは空気を吸引する時に、音が発生しやすいため注意が必要です。

小さなお子さんがいる家庭や、夜に作り置きをすることが多い方などは、静音性に優れた製品を選ぶようにしましょう。

フードシーラーのおすすめ

メルティーオーシャン(meriT Ocean) ヒートシーラー

メルティーオーシャン(meriT Ocean) ヒートシーラー

カラフルなデザインが魅力のフードシーラーです。本体収納ボックスが付属しているので、使いたい時にすぐに見つけだすことができます。

電源を入れるだけのワンタッチ式で、約40秒間の余熱でスタート可能。コード式のため加熱不足に悩まされることがありません。外装には耐熱性のプラスチックを使用することで、やけども防止してくれます。

PVCビニール袋対応で、お菓子や使いかけの食材の保存などにもおすすめの製品です。

カラーゴー(ColorGo) ハンディシーラー

カラーゴー(ColorGo) ハンディシーラー

密封と開封の2つが1台でできるUSB充電のハンディフードシーラーです。インテリジェント調温回路板を内蔵しており、超薄型・通常・超厚型の3つのモードから密封する袋の厚みが選べます。

セラミックヒーターシートを採用しており、余熱をせずスイッチを入れたらすぐ密封が可能。使いたい時にすぐ使える点が魅力です。二重シール構造で、シール幅は2~3mmのため、空気を漏らさずしっかり密封してくれます。

充電には800mAhのリチウム電池を採用しており、通常モードで1日1回の使用した場合、約5~6ヶ月の使用が可能。USBケーブルに対応しているため、PC・モバイル電源・カーソケットからも充電でき、どこでも手軽に使える製品です。

Rytaki ヒートシーラーポータブル

Rytaki ヒートシーラーポータブル

密封と開封2つの機能が付いているハンディタイプのフードシーラー。密封と同時に不要なビニール部分を切断できるカッターも搭載しており、手軽に食材を密封できます。

単3電池2本で使えるコードレスタイプで、使いたい時にすぐに使用可能。高性能な加熱チップを採用しているため、余熱する必要がありません。

空気が漏れにくいダブルライン構造で、しっかり密封してくれるため、乾燥を防ぎたい食材におすすめ。使わない時は裏面に付属した磁石で冷蔵庫などに張り付けておけるため、使い勝手も良好です。

富士インパルス ポリシーラーP200

富士インパルス ポリシーラーP200

卓上式のコンパクトなフードシーラーです。レバーを上から軽く抑えるだけでしっかり密封。さらにカッター機能を搭載しており、余分な袋端を整袋加工できます。

袋の種類や厚みに合わせて、調整つまみを回してセットするだけで加熱時間を自動調整。シール完了後は音で密封を知らせてくれるため、加熱のしすぎを予防できます。

食材以外にも日用品や雑貨など、さまざまな製品のシールにおすすめ。初心者の方や一人暮らしの方にも使いやすいアイテムです。

Tenswall 真空パック器

Tenswall 真空パック器

空気を抜いてしっかり密封できる真空パック機能と、食べかけのお菓子や食材の保存に便利なシール機能の両方を搭載した多機能モデルです。卓上タイプの中では非常にコンパクトなタイプで、キッチンでの収納場所にも困りません。

専用の抗菌ビニール袋に食材を入れて、シーラーのスイッチを入れるだけで、真空密封が完了。液体や粉末の食材は使用できませんが、ワンタッチの簡単操作で使用できるため、初めて購入する方でも簡単に扱えるアイテムです。

ジョリジョイ(JokrJoy) 真空パック機

ジョリジョイ(JokrJoy) 真空パック機

味付けをしたお肉や魚など、作り置き食材の真空におすすめの製品。卓上シーラーの中でも価格が安く、本体サイズ横26×縦16×高さ5cmとスリムでコンパクトなデザインも人気です。

エンボス加工が施された専用フィルムに食材を入れて、シーラーに挟んだ後は真空ボタンを押すだけで使えるのも人気のポイント。自動的に空気を引き出して真空状態にしてくれるため、初心者の方でも簡単に使用できます。

エンボス加工が施されたものであれば、サードパーティ製の袋も使用可能。ただしサードパーティ製の袋を使用する場合は連続使用できないため、少し間をあけて使用するようにしましょう。

真空パックん+Plus

真空パックん+Plus

累計販売台数80,000台を突破したロングセラー製品。最大約84kPaの強力な脱気力で、食材をしっかり真空保存してくれます。

使いたい時にすぐに使える、ロール収納とカッター内蔵タイプで、本体内側に密封に必要なアイテムを全て搭載。パックしたい食材に合わせて袋の長さを調整できるため、無駄なく使用できます。

専用のロールは独特のエンボス加工と、アメリカ食品薬品局でも認められた原材料を使用した7層構造のフィルムで、新鮮かつ清潔に食材を保存可能です。

さらに専用のキャニスターを使用することで、煮物やカレーなど水気のある食材の真空パックもできます。また、キャニスター内で脱気と空気の注入を自動的に繰り返すことで、浸透圧を生みだすマリネ機能も搭載。この機能を使えばボタン1つで、美味しいマリネを作ることができます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 真空保存フードシーラー VPF-385T

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 真空保存フードシーラー VPF-385T

脱気力約50mmHGの真空フードシーラー。通常の保存よりも雑菌の増殖を5分の1まで抑えて、食材の美味しさを保ってくれます。

専用ロールと専用パウチ付きで、使いたい時にすぐに使える簡単設計。自動ボタンを押すだけで、食材に合わせた状態で真空パックしてくれます。シール機能も搭載しているため、食べかけのお菓子や食材の保存も簡単です。

日本の大手メーカーのため、専用ロールの追加購入が手軽なのも人気のポイント。購入後の使い勝手やランニングコストも魅力な製品です。

Jasonwell 真空パック器

Jasonwell 真空パック器

自動真空とシールの2つの機能を搭載したフードシーラーです。冷蔵庫などの鉄表面に張り付けられる磁石付きで、コンパクトで場所をとらないところもポイント。本体重量570gと卓上タイプの中でも軽量な製品です。

真空パック、密封パック、シール機能以外にも、真空引き配管を真空パック器につなげると、缶やボトルの脱気も可能。食材以外にも衣類の圧縮にも利用できます。

また、袋の厚みに応じて、必要な温度で密封できるのも魅力。吸引力60kpaで乾燥した食材や柔らかい食材、粉末状の食材まで食材に応じた力で真空可能な製品です。

パナソニック(Panasonic) 密封パック器ハイシールBH-951P

パナソニック(Panasonic) 密封パック器ハイシールBH-951P

パックする食材に合わせて、強脱気と弱脱気の2モードが選べる製品。シール機能のみの使用も可能なため、食材に合わせた保存が可能です。

最大シール幅が300mmとサイズが大きいため、大きな食材も手軽に密封可能。加熱時間も約8秒と非常に短く、短時間で多くの食材を真空パックできるため、料理の時短にも役立ちます。

専用袋の耐熱温度はマイナス30℃となっているため、冷凍保存したい食材の密封にもおすすめの製品です。

DELITECH 真空パック機

DELITECH 真空パック機

乾物から水分を含む食材まで、幅広い食材の密封に対応できる製品です。食材を密封することで、鮮度を維持し、食材の酸化や雑菌の侵入を防止してくれます。

パンやナッツなどを密封するドライモードと、お肉や魚、野菜などを密封するウェットモードの2種類を搭載。専用のホースと真空保存容器を使用すれば、ビン詰めの密封も可能です。

収納が簡単なコンパクト設計で、キッチンでも場所をとらないのがポイント。真空パックの幅は最大約28cmまで対応できるため、大きな食材の保存にもおすすめです。

KitchenBoss 真空パック機

KitchenBoss 真空パック機

商用真空ポンプと高効率モーターを使用することで、約60kPaの高い真空度で密封できる製品です。アメリカで開発された温度制御機能を備えたCPUを採用しており、食材に合わせたシーリングが可能です。

自動真空機能以外にも、パンやフルーツなど柔らかい食材におすすめの手動真空機能、食べかけのお菓子などを保存するシール機能、真空キャニスターやコンテナ・ジャーにホースを接続して吸引するエアインテーク機能を搭載。

最大約30cm幅までの真空パックに対応しているため、さまざまな食材の密封が可能です。機能性に優れたフードシーラーを探している方におすすめのアイテムです。