作り置きしたおかずや、食べかけのお菓子の袋などを密封できる「フードシーラー」。袋の口をきっちり閉めることで、食材の劣化や乾燥を防げるのが特徴です。

そこで今回は、おすすめのフードシーラーをご紹介。どのような製品を選べばいいのか、フードシーラーの選び方のポイントもあわせてチェックしてみてください。

フードシーラーの選び方

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用のフードシーラーは、ハンディタイプと卓上タイプの2種類に分けられます。

ハンディタイプは、サイズが小さいため片手で操作できるのが特徴。袋を挟んでスライドさせるだけで密封できます。乾電池などで使用できる製品も多く、コードレスで使える手軽さも人気。密封力はあまり高くないため、食べかけのお菓子や調味料など保存期間の短い食材におすすめです。

卓上タイプは、機能が充実しているのが特徴。多くの製品が真空パック機能を搭載しており、専用の袋を使用することで空気を抜いた状態で保存できます。冷凍保存など長期保存したい食材におすすめです。

対応する素材や厚さ

By: amazon.co.jp

フードシーラーは袋の素材や幅、厚みに制限があります。お菓子の袋など薄いものであればハンディでも簡単に密封できますが、厚みのある袋の場合は、卓上タイプでないと密封できない場合があります。

密封する大きさもそれぞれフードシーラーによって異なるため、自分がよく使うサイズに合わせた製品を選ぶようにしましょう。また、プラスチックの袋であればほとんど使用可能ですが、それ以外の素材は製品によって使えない場合もあるため、注意が必要です。

真空パック機能付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

真空パック機能付きのフードシーラーならば、酸化による味の変化を軽減する効果が期待できます。また、作り置きなどを保存する場合は、真空パックすることでかさを減らせるため、冷蔵庫内の整頓にもおすすめです。

ただし、JIS日本工業規格においては「大気圧より低い圧力で満たされた空間」を真空と表せるため、ほとんどの卓上シーラーが真空パック機能付きとして販売されています。真空パック機能付きのものを選ぶ場合は、真空度もチェックするようにしましょう。

水気のある食材に対応しているかどうか

By: foodsaverjapan.com

水分のある食材を液体ごと密封したい場合は、水気に対応しているかどうかの確認が大切です。特に真空パック機の場合は、空気と一緒に水分も吸い込んでしまうため、故障の原因にもなります。幅広く使用したい場合は、水気のある食材も密封できるタイプを選ぶようにしましょう。

ランニングコストもチェック

By: foodsaverjapan.com

真空タイプのフードシーラーを使う場合、専用の袋が必要な製品もあります。エンボス加工したものなど、真空専用の袋は1枚1枚のコストが高い傾向にあります。本体の価格はもちろん、専用袋の価格もチェックしておきましょう。

静音性

ハンディタイプは静音性が高いのでそこまで大きな音は出ませんが、卓上タイプは動作音の大きい製品があります。特に真空パックをするときは、音が発生しやすいため注意しましょう。小さなお子さんがいる方や、夜に作り置きをすることが多い方などは、静音性に優れた製品がおすすめです。

フードシーラーのおすすめ

レック(LEC) ヒートシーラー KK-195

持ち運びをしたい場合にも便利

コンパクトタイプのフードシーラーです。袋を挟んでスライドするだけで、手軽に密封できます。安価ながら安全カバーが搭載されているのが特徴。使わないときの誤作動を予防可能です。

袋を閉じる際に便利な「ガイドライン」が付いているのがポイント。食べかけのスナック菓子などの保存が、スマートに行えます。単3形アルカリ乾電池2本で稼働するため、持ち運びをしたい場合にも便利です。

丸みのあるコロンとしたデザインで、シンプルに使えるのも魅力。リーズナブルなフードシーラーを探している方はぜひチェックしてみてください。

Andtoday ママシーラー

機能性と安全性に優れたフードシーラー

使いやすさと手軽さが魅力のフードシーラーです。コンパクトな電池式ながらハイパワー。ヒーター部分が広いので、効率よく作業できるのも特徴です。

密封することで防臭効果も期待でき、食品だけでなく生ゴミや使用済みオムツの処理などにも便利。そのほか、ラッピングやシャンプーの小分けなどさまざまな使い方ができます。

また、2~3分で自動的に電源が切れるので、万が一の切り忘れ時も安心。電源スイッチは背面のくぼみに配置されており、子供による誤作動なども防げます。機能性と安全性に優れたフードシーラーを探している方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 真空保存フードシーラー VPF-385T

購入後の使い勝手やランニングコストも魅力

脱気力約50mmHGの真空フードシーラー。通常の保存よりも雑菌の増殖を5分の1まで抑えて、食材の美味しさを保てます。

専用ロールと専用パウチ付きで、使いたい時にすぐに使える簡単設計。自動ボタンを押すだけで、食材に合わせた状態で真空パックできます。シール機能も搭載しているため、食べかけのお菓子や食材の保存も簡単です。

日本の大手メーカーのため、専用ロールの追加購入が手軽なのも人気のポイント。購入後の使い勝手やランニングコストも魅力な製品です。

▼【神アイテム】アイリスオーヤマの真空保存フードシーラーが便利で楽しい

フードセーバー(FoodSaver) 真空パック器 V2240

保存だけでなく、調理や整理にも便利なフードシーラーです。真空パック機能を搭載しており、水分を含む食材にも対応。低温調理や冷蔵庫内の整理など、さまざまな用途で活用できます。

レバーを回すだけで袋をロックできる「簡単ロックレバー」を採用。セットしたあとはボタンを押すだけで、空気の吸引を行えます。ハイスペックなフードシーラーを探している方におすすめのモデルです。

ソリス(Solis) 真空パック器 SK576

強力なポンプが内蔵されているフードシーラーです。操作は「真空&シール」「シール」「停止」の3つのボタンで簡単。全自動でパックできるほか、手動で微調整しながら真空処理を行うこともできるので、柔らかい食材の真空処理にも便利です。

また、「フィルムバック」「フィルムロール」「蓋付きキャニスター」など、専用のアクセサリーが豊富なのも特徴。食材だけでなく、調理済みのメニューも保存できます。

本体には、付属の吸引ホースやフィルムロール、電源コードを収納可能。キッチンのスペースを取らずに保管できるため、コンパクトに使いたい方におすすめの製品です。

マクロス バキュームシーラー MEK-59

スリムなデザインが特徴のフードシーラー。高さ6cmのフラットな設計で、棚の隙間などちょっとしたスペースにも収納可能です。「種類選択ボタン」を搭載しており、乾いたモノはもちろん、水分のあるモノも密封できます。「脱気密閉ボタン」では真空する内容物に合わせて、自動脱気密閉と手動脱気を選択できるのも魅力です。

また、脱気せずに袋を閉じたい場合に便利な「シール」機能を搭載。食品などの袋を、熱によって接着できます。さらに、約20×25cmの保存バッグが付属されているのもポイント。付属の保存バッグを使い切った後は市販の脱気密封用袋を使用できます。ランニングコストの面でも優れたフードシーラーです。

フードシールド(FoodShield) 真空パック器 JP290

操作性に優れているフードシーラー。必要なボタンは4つのみなので、難しい操作が苦手な方も簡単に扱えます。業務用真空ナイロンポリ袋に対応しており、専用の袋は不要。ランニングコストを抑えられるのがメリットです。

また、水分分離容器が搭載されており、乾湿両方で使えるのも特徴。水物に対応できるため、幅広いメニューを保存できます。コンパクトかつ軽量設計なため、場所を選ばずに収納可能。高性能なフードシーラーを探している方におすすめの製品です。

ワイドシステム 真空パックん プレミアム 77947-11

最大675mmHgで食材をしっかりとパックできるフードシーラー。脱気圧力は、ノーマルとソフトを選択可能。押している間だけ脱気する「パルスボタン」を使えば、食材などの状態を確認しながら真空度合いを調節できます。

シール時間は「短め」「普通」「長め」の3段階で調節可能。乾物や生鮮食品、水分を含む食材など、用途に合わせて密封できます。本体上部の「ステータス」で、どの動作をしているか確認できるのも魅力です。

また、本体にはロールを収納可能。カッターも内蔵されているため、省スペースでスムーズに作業できます。ステンレスボディでサビに強く、耐久性に優れているのもメリット。コスパに優れたおすすめのフードシーラーです。