肉や魚が安くてまとめ買いをしたり、野菜が食べきれなくて余ったりしたときに役立つのが「真空パック器」。食材を真空状態で密封することで、鮮度を保ったまま保存できる優れモノです。

そこで今回は、おすすめの真空パック器をご紹介。真空パック器の選び方もあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

真空パック器とフードシーラーの違い

By: amazon.co.jp

真空パック器は、食品を入れた袋の中の空気を抜いて大気圧より低い「真空」の状態で密封保存できるモノ。食品が空気に触れる面積を大幅に減らせるので、雑菌の繁殖や酸化を抑える効果が期待できます。

一方、フードシーラーは袋の封をする機器。袋の上部に熱を当ててしっかり閉じられますが、空気を抜く機能を有していないのが真空パック器との大きな違い。一度開けた袋の封や、空気を抜く必要のない食品の保存に適した製品です。

真空パック器とフードシーラーは袋の封をする行程が同じなので、機器の見た目が似ている場合があります。間違えてフードシーラーを購入してしまうと食品を真空パックにできないため、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

真空パック器の種類

ハンディタイプ

By: piccola-usb.com

ハンディタイプの真空パック器は、片手で操作できるのが特徴です。ホッチキスのように真空パック器の入り口にかませることで、簡単に真空状態にできます。

また、小型で軽量なモノが多いのもポイント。収納もコンパクトにできるうえ、持ち運びがしやすいのも魅力です。使い勝手に優れたタイプを探している方はぜひチェックしてみてください。

卓上タイプ

By: amazon.co.jp

袋を真空パック器にかませるだけで一気に密封するタイプ。使える袋の種類が豊富で、サイズの大きなモノも簡単にパックしやすいのが特徴です。

また、優れた吸引力で真空パックできるのもポイント。鮮度をできるだけ長く保ちたい方におすすめです。さらに、製品のラインナップが豊富なのも魅力。好みのデザインのモノを見つけやすいタイプです。

真空パック器の選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

真空パック器を選ぶ際には、何を保存したいのかをよく考えておくのがポイント。大きな魚やステーキ肉を真空パックしたいなら、横幅の広い大型サイズのモノを使うとしっかりと密閉できます。バラ肉やカット野菜などの小さめな食品がメインなら、標準サイズやコンパクトな真空パック器でも十分です。

真空パック器のサイズを考える際には、置き場所や収納場所についても事前に確認しておくことが大切。キッチンに置いたままにして毎日のように使うなら、真空パック器を置くスペースを確保する必要があります。使うときだけ出して普段は収納しておくなら、出し入れしやすいサイズのモノを選ぶのがおすすめです。

水分が多い食材に対応しているかチェック

真空パック器には、空気と一緒に食品の水分を抜ける機能を備えたモノもラインナップされています。肉や魚を真空パックする際などには、ドリップと呼ばれる赤い汁を抜いて保存したほうが鮮度を保てるので要チェックです。

なお、吸い込んだ水分は集水タンクなどに貯まります。タンク内の水分を放置していると不快なニオイが発生することもあるため、使うたびに掃除するなど衛生面には留意しておきましょう。

ロールカッターの有無をチェック

By: amazon.co.jp

パックロールに対応した真空パック器を選ぶ際は、ロールカッターを搭載したモノがおすすめ。ロールから袋を作る際は、食品のサイズ・量に合わせて適度な長さを切り取る必要があります。

ロールカッターがあれば、ハサミを使わなくても簡単にロールをカットできるため便利。ハサミで切り取る手間と時間もカットできます。家事の負担を少しでも減らしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

真空パック器は、空気を吸い出すことで袋の中を真空状態にします。脱気時の作動音は大きなモノが多く、長時間使用すると音が気になりやすいのが難点。小さな子供のいる家庭や、集合住宅で音が気になる方などは、静音性もチェックして選ぶのも重要です。

真空パックが完了する時間をチェック

By: amazon.co.jp

小分けにして食品をパックしたり、毎日頻繁に使用したりする場合は、1回の真空パックに必要な時間をチェックするのも重要です。時短で完了できるモノなら、家事の時間を節約でき、余った時間を有効に活用できます。

なお、数秒程度で完了するモノから1分程度かかるモノまでラインナップ。製品によって完了時間は大きく異なるので、選ぶ際は注意しておきましょう。

ランニングコストをチェック

By: amazon.co.jp

真空パック器を選ぶ際は、ランニングコストも要チェック。専用袋を採用しているタイプはしっかりと密封できますが、ランニングコストがかかりやすいので注意が必要です。

ランニングコストをできる限り安く抑えたい方や、頻繁に真空パック器を使用する方は市販袋に対応したモノがおすすめ。別途専用袋を用意する必要もなく、使い勝手に優れています。

真空パック器のおすすめ

フードセーバー(FoodSaver) ポータブルバキュームマシーン FS1196

-30~100℃まで対応可能なジッパーバッグが付属している、ハンディタイプの真空パック器です。冷たい食材やあたたかい食材だけでなく、水分の多い料理やサラダなども真空状態で保存できます。

また、約218gと軽量で持ち運びしやすいうえ、充電ドックと本体を合わせても5.9×5.7×12cmとコンパクト。充電式を採用しており、屋内はもちろん、コンセントのないキャンプや旅行先でも使いたい方におすすめです。

暮らしの幸便 真空パックんコードレス

素早くパックできる、ハンディタイプの真空パック器です。使い方は、バルブに本体の吸込口をあててスイッチを押すだけ。ワンプッシュで操作でき、真空パックを初めて使う方でも簡単に扱えます。

付属の専用袋は、-40〜110℃と幅広い温度に対応できる仕様。冷凍室での保存に加え、ジッパーを開けば湯煎の際にも活躍します。

ジェイワールド(J-World) Piccola ポータブル真空パック器 JW-PCL-001

By: piccola-usb.com

さまざまな用途で使える、ハンディタイプの真空パック器。USB充電に対応しているのが特徴。USBで手軽に充電でき、使い勝手に優れています。

また、本体に800mAhのバッテリーが搭載されており、2時間のフル充電で約100分間使用可能。屋内だけでなく、アウトドアなど屋外での使用を考えている方にもおすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) 密封パック器 BH-951P

好みの脱気モードを選択できる、卓上タイプの真空パック器。パックする食品に合わせて「強脱気」と「弱脱気」の2種類のモードを選べるのが特徴です。専用袋を使用すれば、約8秒で脱気が完了します。

使用適温温度は、0~40℃。湯煎などはできないものの、シール機能のみでの使用もできるため使い勝手は良好です。シンプルな操作で真空パック器を使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 真空パック VPF-385T

真空パックがスピーディーに完了する、卓上タイプの真空パック器です。脱気からシールまで約11秒で完了できるので、真空調理などをスムーズに楽しめます。

また、幅28cm×長さ3mの専用ロール1本と、幅20×長さ30cmの専用パウチが3枚付属しているのもポイント。ともに、-30〜100℃に対応しているため、湯煎はもちろん、袋に切り込みを入れれば電子レンジでの加熱もできるおすすめアイテムです。

オーム電機(OHM) 密封パック器 COK-E-SL01

リーズナブルで使い勝手のよさが人気の、卓上タイプの真空パック器です。脱気ボタンとシールボタンが搭載されており、シールボタンを押せば脱気せずに袋を密封可能。低価格ながら、真空パック機能のほかにシール機能を備えているのも魅力です。

また、脱気をしない場合は、厚み0.02〜0.06mmのポリエチレン袋も使用可能。専用袋・専用ロールはもちろん、市販のモノも使えて便利です。

さらに、幅28cm×長さ3mの専用ロール袋が1本付属。0~40℃に対応しており、さまざまな使い方ができるおすすめアイテムです。

フードセーバー(FoodSaver) 真空パック機 V2240

食品の形をそのままにパックできる、卓上タイプの真空パック器です。「吸引コントロール機能」が搭載されており、果物やサラダなど、やわらかい食品も形を崩さずに保存できます。

また、横20cm×縦28cmの小サイズ専用バッグ10枚、幅28cm×長さ3mの大サイズ専用パックロール1本が付属。どちらも-30〜100℃に対応しており、冷凍保存に限らず、100℃以下のお湯で加熱や調理が可能です。

さらに、水分の多い食品の真空保存にぴったりな、中サイズのキャニスターも付属。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

暮らしの幸便 真空パックんPREMIUM 77947-11

ロールカッターが搭載された、卓上タイプの真空パックです。ハサミを使わずにロールをカットできるので、使用の際の手間を省けます。

大・小サイズの専用ロールが付属。密閉性が高く、食品の鮮度をより長く保てます。また、-40〜100℃に対応しており、5分以内の湯煎も可能。800W以下で5分以内であれば電子レンジでも使えるため、用途の幅が広がります。

さらに、袋には空気の通り道となるエンボス加工が施されており、袋内をまんべんなく脱気することで空気残りを防ぐのも魅力。真空調理を楽しみたい方などにもおすすめのモデルです。

フードシールド(FoodShield) JP290

卓上タイプの真空パック器です。約5mmの厚いシール幅で、空気の浸入を防ぎます。パックには、業務用真空ナイロン袋が使用可能。ランニングコストをなるべく抑えたい方におすすめです。

また、作動音が65dB以下で静音性に配慮されているのもポイント。さらに、奥行き14×高さ8cmほどのコンパクト設計で、省スペースでも使用できます。

水分の多い食品の保存に便利な水分分離容器を搭載。煮物やスープなども、手軽に真空パックできます。普段の生活のなかで、真空パックを使うことの多い方はぜひチェックしてみてください。

ソリス(Solis) ソリスバッククイック576 SK576

お手入れが簡単な、卓上タイプの真空パック器です。搭載されている「ドリップトレイ」に、脱気で袋から漏れた水分が溜まる仕組み。トレイは取り外して丸洗いできるので、衛生面も安心です。

また、別売りの専用フィルムロールとフィルムバッグの使い分けができるのもポイント。フィルムバッグは切らずにパックできるため、ハサミを使う手間がかかりません。袋は冷凍・湯煎・電子レンジの使用に対応しており、食品の冷凍保存や真空調理までさまざまな使い方ができます。

さらに、約1.3kgと軽量なうえ、37×14.5×7cmと比較的コンパクトなのも魅力。省スペースの作業台で使用する際にも便利なモデルです。

ココカラ(Kocokara) 真空パック器 f-k001

優れた吸引力が魅力の、卓上タイプの真空パック器です。最大脱気力85kPaの吸引力で、食材の鮮度をキープしたまま保存できます。真空状態にするまでにかかる時間は、わずか20秒。効率よく作業を進めたい方におすすめです。

また、食品を専用の袋に入れた状態で、湯煎やレンジでの加熱が可能。さらに、作動音は65dbと静音性に配慮されているのも魅力です。

ボンセンキッチン(Bonsenkitchen) 真空パック器 VS3900

ホース付きで使い勝手に優れた、卓上タイプの真空パック器。専用の密封容器に使用できる容器ホースと、真空用のボトルストッパーに使えるホースがセットになっているモデルです。

使い方は、専用袋に食材を入れた後、本製品にセットしてスイッチを押すだけ。ホースで吸引する場合に関しても、ホースをさしてスイッチをオンにすれば使えます。難しい操作がないので、真空パック器を使い慣れていない方でも安心です。

野菜・鮮魚・精肉以外に、小分けにしたお菓子や飲みかけの飲み物なども真空状態にできるのが魅力。リーズナブルで機能性に優れた真空パック器を探している方におすすめです。

チャミ 真空パック器 B0744BQFWC

ボタン1つで簡単に使える真空パック器です。真空作業時とシール時にはランプの点滅によってお知らせ。作業段階が分かりやすい仕様なのが特徴です。

また、本体の底面には磁石が付いており、冷蔵庫に貼り付けられるのもポイント。ラップと同等なサイズなので、置き場所にも困りません。省スペース性に優れた真空パック器を探している方におすすめのモデルです。

朝日産業 真空パック器 DUCKY B077RVMF2Y

集水タンクを搭載した真空パック器。肉や魚など、水分を含んだ食品に使えるアイテムです。また、市販の袋を使えるのも魅力。ランニングコストをなるべく抑えたい方におすすめです。

本体サイズは34.5×16.5×9cm。さらに、2種類のチューブのほか、ノズル清掃器具など、付属品が豊富で使い勝手にも優れています。