肉や魚が安くてまとめ買いをしたり野菜が食べきれなくて余ったりした時に、鮮度を保ったまま保存したいと思うものです。肉などは冷凍保存ができますが、解凍後に鮮度が落ちてしまい冷凍焼けすることもあるのが難点。生野菜は冷凍保存ができず、温野菜にして冷凍しても解凍すると味と食感が悪くなってしまいます。

そこで今回は、生鮮食品を新鮮なまま保存できる「真空パック器」をご紹介します。真空パック器の選び方も解説するので、最適な1台を探してみてください。

真空パック器とフードシーラーの違い

By: amazon.co.jp

真空パック器を探してみると「フードシーラー」という商品を目にしますが、この2つは似ているようで全く違う製品なので、それぞれの特徴をよく把握しておきましょう。

真空パック器とは、食品を入れた袋の中の空気を抜いて大気圧より低い「真空」の状態で密封保存するもの。食品が空気に触れる面積を大幅に減らせるので、雑菌の繁殖や酸化を抑えられます。食品をラップに包んで保存するのに比べると、鮮度だけでなく栄養価も保てる優れものです。

一方、フードシーラーは袋の封をする機器。袋の上部に熱を当ててしっかり閉じることはできますが、中の空気を抜く機能がないのが真空パック器との大きな違いです。フードシーラーは袋の中に空気が入ってしまうため、食品の酸化や雑菌の増殖を防げないのが弱点。一度開けた袋の封や空気を抜く必要のない食品の保存に適した製品です。

真空パック器とフードシーラーは袋の封をするという行程が同じなので、機器の外見が似ているものがあります。間違えてフードシーラーを購入してしまうと食品を真空パックにできないので、購入前にしっかり機能をチェックしておきましょう。

真空パック器の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

真空パック器を選ぶ際には、何を保存したいのかをよく考えておくのがポイント。大きな魚やステーキ肉を真空パックしたいなら、横幅の広い大型サイズのモノを使うとしっかり密閉できます。バラ肉やカット野菜などの小さめな食品がメインなら、標準サイズやコンパクトな真空パック器でも十分です。

真空パック器のサイズを考える際には、置き場所や収納場所についても事前に確認しておくことが大事。キッチンに置いたままにして毎日のように使うなら、真空パック器を置くスペースを確保する必要があります。使う時だけ出して普段は収納しておくなら、出し入れしやすいサイズのモノを選ぶのがおすすめです。

水分が多い食材に対応しているものを選ぶ

真空パック器には、空気と一緒に食品の水分も抜く機能を持つモノがあります。肉や魚を真空パックする際には、ドリップと呼ばれる赤い汁を抜いて保存したほうが鮮度を保てるため、水分も抜けるモノを使うのがおすすめ。下茹でした野菜を真空パックするときも、水分を適度に抜いたほうがおいしさを保てます。

水分が多めな食材を保存したい方は、「空気だけを抜くモード」と「空気と水分を抜くモード」に切り替えられる真空パック器を使うのがおすすめ。価格はやや高めになりますが、食品の状態に合わせて真空パックできるので使い勝手がよく、活用の幅も広がります。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

真空パック器には、ロール(袋)をカットする機能や袋の封(シール)だけをする機能を搭載しているモノがあります。ロールカット機能がないと、密閉保存した後にハサミで切らなければいけないので意外に面倒。袋の封だけをする機能があると、食べ残したお菓子や乾物の袋に封ができるので便利です。

また、使う時だけ真空パック器を収納場所から出す場合は、電気コードが本体裏面に格納できるかどうかもチェック。コードが巻き取り式になっているモノや、コードを収納する穴があるモノを選ぶと見た目にもすっきり収納できます。

もう1つ重要なのが保存に必要な袋となるロールや専用バッグの価格。真空パック器は袋がないと食品保存ができませんが、袋が高いとコストがかかって徐々に使わなくなる可能性があります。大抵のモデルは専用のロールやバッグを使用するため、1回あたりのコストを計算して使い続けることが可能か確認しておきましょう。

真空パック器のおすすめ

暮らしの幸便 真空パック器 真空パックんplus

暮らしの幸便 真空パック器 真空パックんplus

真空パック器初心者でも簡単に使えるのが特徴の製品。フタを開けてから閉めるまでの行程でロールのカットと片側のシールができるので、時間をかけずに食材を真空パックにできます。6mのロールを10本セットで購入すると、1本あたり約679円と安いのも魅力的です。

また、付属のマリネボタンキャニスターに食材を入れ、ホースで脱気と空気を入れる作業を繰り返すと約6分でおいしいマリネが作れる機能も便利。脱気はノーマルとソフトから好きなモードを選べるので、柔らかい食材や割れやすい素材を傷めずに真空パックにすることが可能です。水気を抜く機能はないため、水っぽくない食材の保存に適しています。

さらに、ロールを本体に入れたまま収納できるため、汚れやほこりが付きにくいのもポイント。スリム設計なので出し入れや収納も苦になりません。操作ボタンの文字は大きくてはっきりしているので、操作ミスをすることなく快適に使えます。操作性がよく楽に使いこなせる真空パック器です。

フードシールド(FoodShield) 真空パック器 JP290

フードシールド(FoodShield) 真空パック器 JP290

大容量集水カップを使用して食品の水を抜きながら真空パックできる製品。集水カップには170mlの水分が入るため、真空パック作業中の面倒な排水作業が減らせます。ドリップが出ている肉や水気の多い総菜などの水分を抜いて、おいしく保存したい方におすすめです。

本機は専用の袋が不要で経済的なのもポイント。市販の厚めのナイロンポリ袋でも真空パックができるため、消耗品のコストをカットが可能。毎日のように食品を真空パックしたい方でも安心して使えます。シール機能のみでも使用でき、1分間に3回稼働できるので複数の袋を短時間で封をすることが可能です。

本体はやや大きめなので、出し入れして使うよりもキッチンの一角に設置して使うのに向いています。キャニスター接続用ホースが付属しているため、別売のキャニスターに接続して脱気することも可能。食材の水気を抜いて真空パックにしたい方におすすめの製品です。

ショップジャパン(Shop Japan) 真空パック器 フードシーラーピタント SFS-AM01

ショップジャパン(Shop Japan) 真空パック器 フードシーラーピタント SFS-AM01

特殊なメッシュ構造で耐熱性の高い専用バッグで保存できる製品。真空パックした食品を冷凍保存できるだけでなく、そのまま電子レンジで加熱もできるので時短調理に便利です。食品のニオイもしっかりカットできるため、干物やキムチなどの保存に最適。さまざまな食材を保存したい方におすすめです。

付属のロールカッターで使う分だけロールをカットして専用バッグを作るため、ロールを無駄にせずに使えるのがポイント。水気を抜く機能は搭載されていませんが脱気能力が高いので、凹凸がある食材でもしっかり真空にすることが可能です。

シールのみの機能もあるため、 食べかけのお菓子の袋にしっかり封ができます。付属のキャニスターにホースを接続して脱気できるので、作り置きした総菜などの保存に便利です。電源コードは本体裏面に巻き取って収納できます。食品保存だけでなく時短調理にも活用できる真空パック器です。

シー・シー・ピー(CCP) 真空パック器 BONABONAシリーズ BZ-V34

シー・シー・ピー(CCP) 真空パック器 BONABONAシリーズ BZ-V34

ロールカッター付きで袋の長さを自由に調整できる便利な製品。小さな食材は小サイズの袋に真空パックできるので、ロールが無駄にならず経済的です。袋の中央を縦にシールすることもできるため、魚などを細長い袋に保存することも可能。大小さまざまな食材の保存をしたい方におすすめです。

水分を抜く機能はないため、水気のない食材を真空パックするのに適しています。袋をシールする機能には3段階の温度調整があり、お菓子の袋や薄いポリ袋などの素材に合わせて密封できるため、乾物やせんべいなどを大袋で購入したときに便利です。

また、独自の特許技術により空気を抜くときの作動音を抑えた静音設計になっているのもポイント。夜間に使用しても音を気にせずに安心して使えます。本体はやや大きめですが、裏面にコード巻取り口があるので収納時に邪魔になりません。ロールを節約しながら使える真空パック器を探している方におすすめの製品です。

KitchenBoss 真空パック器 KG200AJP

KitchenBoss 真空パック器 KG200AJP

幅38x奥行12x高さ6.8cmのスリムでコンパクトなサイズが特徴。キッチンのちょっとした隙間に収納できるので、使いたいときにすぐ取り出せて便利です。商用真空ポンプと高効率モーターを搭載しており、強力な吸引能力で食材を素早く真空パックにします。 操作はフタを開けて密閉バッグをセットし、フタを閉めてボタンを押すだけで簡単です。

自動真空モード・手動真空モード・シールモードを搭載しており、食材に合わせて最適な状態で真空パックが可能。水を抜く機能はないため、水気のない食材を真空パックにするのに適しています。シールモードを使えば、空気を抜かずに袋に入れて保存したい食材をパックすることが可能です。

ホースが付属しているため、別売の真空キャニスターに接続して空気を抜くこともできます。30cm幅までの真空密封バッグであれば専用品でなくても使えるので、消耗品のコストを下げたい方におすすめです。グリーンのカラーも個性的でおしゃれ。十分な機能で価格が1万円以下と安いのも魅力です。

スリーアップ(three-up) 家庭用真空パック器 グルメセーバー TU-880

スリーアップ(three-up) 家庭用真空パック器 グルメセーバー TU-880

ロールカッターやキャニスターの脱気などを搭載していないシンプルさが特徴の製品。本体裏面には電源コードの巻き取り口があり、コンパクトで軽いのでキッチンの棚や隙間へ収納するのに便利です。操作ボタンは見やすくシンプルなので、真空パック器初心者の方でも楽に使えます。

また、袋のシール機能があるため、食べかけのスナックに封をすることも可能。本体にロールを入れて使うタイプではなく、専用のカット袋を使用するタイプのため、本体の奥行きが14㎝と薄くキッチンの調理台に置いても邪魔になりません。袋の脱気だけの機能で十分な方におすすめの真空パック器です。

AKZIM 真空パック器

AKZIM 真空パック器

幅30cmのシーラー部分に収まる小袋を複数同時に真空パックできる製品。ミニトマトやナッツなどの小さな食材を小分けにして保存できます。1回の調理に使う量に分けて保存ができるため、食材を無駄にせず食費をカットしたい方におすすめ。操作もシンプルなので、初めて真空パック器を使う方でも楽に扱えます。

要件を満たしたバッグであれば、専用品以外でも使用できるのもポイント。手動吸引機能を使えば、柔らかい食材や割れやすい食材も形を崩さずに真空パックできます。付属の真空ホースを別売のキャニスターに接続して脱気ができるので、マリネや漬物を作る際に便利です。

食材の水分を抜く機能はないため、水気のないものを保存するのに適しています。ロールカット機能はありませんが、シーラー機能があるので自分でカットした袋にお菓子や乾物を入れて封をするといった使い方も可能。6000円前後と安いにも関わらず十分な機能を備えたコスパのよい真空パック器です。

EIVOTOR 真空パック器

EIVOTOR 真空パック器

超コンパクトの真空パック器。ラップの箱を一回り大きくした程度のサイズなので、キッチンに設置しても邪魔になりません。水分の吸引やロールカッターなどの機能はありませんが、その分だけ本体が小さいのでコンパクトなモノを探している方におすすめです。

食材をバッグに入れて本体にセットし、スイッチを押すだけで簡単に真空パックにできます。真空パック袋が15枚付属しているので、購入してすぐに大量の食品を真空パックにして保存したい方におすすめ。真空パックの動作が完了するとLEDランプが点灯するため、取り外しのタイミングが一目で分かり便利です。

コンパクトでもシールのみの機能を搭載しているため、さまざまな袋の封をすることが可能。必要最低限の機能を備えているにも関わらずリーズナブルなので、初めて真空パックを使う方でも気兼ねなく購入できます。機能がシンプルで置き場所に困らない真空パック器です。

Jasonwell 真空パック器 JSJP-VPM-QH02

Jasonwell 真空パック器 JSJP-VPM-QH02

幅35.5x奥行8.2x高さ5.5cmのコンパクトなボディに真空保存容器の脱気機能を搭載したモデル。袋だけでなく保存容器でも食材を新鮮に保存したい方におすすめです。ボタン1つを押すだけの簡単操作で自動的に脱気ができるため、調理中の忙しい時間でも楽に扱えます。

本体の底部に磁石が装着されているため、冷蔵庫に貼り付けて収納することが可能。狭いキッチンで真空パック器の収納場所がない方におすすめです。冷蔵庫に傷をつけないようにシリコンパッドが付いているのも安心。薄型設計なので冷蔵庫と食器棚の隙間にもすっきり収納できます。

ソフトモードを使えば、柔らかい食材の形を崩すことなく真空パックにできます。水気を吸う機能やロールカットは搭載されていないため、シンプル機能の真空パック器を探している方におすすめ。リーズナブルで使い勝手のよい真空パック器です。

ruishunda 真空パック器

ruishunda 真空パック器

専用バッグの穴から空気を脱気するタイプの真空パック器。食品を入れた袋のシールクリップを手で引いて閉じ、本体の真空ノズルを穴にあててボタンを押すだけなので簡単に扱えます。本体がコンパクトなのでキッチンに置いても邪魔にならないのがポイント。ストラップが付いているのでフックにかけて収納もできます。

充電式のコードレスタイプなので、いろいろな場所に持ち運んで使える便利さが魅力。本体重量は220gと軽量のため、カバンに入れて携帯しても負担になりません。USB電源コードを採用しており、パソコンやモバイルバッテリーからも充電できます。自宅以外の場所でも真空パックをしたい方におすすめです。

また、袋を本体にはさんで真空パックにするのが面倒な方でもストレスなく使える手軽さが魅力。大小の袋が5枚ずつ付属されており、食品だけでなく衣類の圧縮にも使えます。狭いキッチンに置いても邪魔にならず、気づいたときにさっと使える真空パック器です。