食材を長くおいしく保存できる「真空パック器」。真空保存することで食材の酸化を防ぎ、鮮度を長く持続させるだけでなく、栄養分が失われるのを防ぐ効果も期待できます。また、菌の増殖も抑えられるため、長期保存の衛生面も安心です。

真空パック器はバリエーションが豊富で、選ぶのに悩んでしまうことも。そこで今回は、おすすめの真空パック器をご紹介します。機能や選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

真空パック器を使うと食材はどれくらいもつ?

真空パック器は、食材の酸化などの劣化現象を遅らせることで、長期の冷蔵保存を可能とします。また、真空状態で冷凍した場合、冷凍にかかる時間が短くなり、水分と一緒に旨みが出てしまう現象を防止可能。食材の鮮度や料理のおいしさが長持ちするので、作り置きを多くする方におすすめです。

生肉・生魚は通常の冷蔵保存では3日程度の保存期間ですが、真空パックすることで5日程度までおいしい状態で保存できます。真空状態で冷凍保存すると、生肉は1年程度、生魚は2年程度保存できるといわれています。

野菜は真空パックすることで2~3週間程度の冷蔵保存が可能です。また、調理済みのスープなどは、真空パックすることで1週間程度まで鮮度を維持できます。

真空パック器とフードシーラーの違い

By: amazon.co.jp

フードシーラ―も真空パック器と同様に食材を密封保存する機械ですが、袋の中の空気を抜いて真空状態にする機能がないことがほとんど。パッキングには便利ですが、鮮度を長持ちさせる効果は期待できません。

フードシーラーでも「真空パック」や「真空保存」の表記がある製品は、真空パック機能を有している製品です。真空パック機能を有するフードシーラーであれば、真空パック器と同様に使うことができます。すべてのフードシーラーに付いている機能ではないため、購入する際は真空パック機能が付いていることを忘れずに確認しましょう。

真空パック器の種類

ハンディタイプ

By: piccola-usb.com

ハンディタイプはシーンを選ばずに使える手軽さが魅力です。充電式のコードレスタイプが多いのが特徴。家の中のさまざまな場所に持ち運べるので、リビングで布団などを真空密封したい場合にも便利です。

コンパクトな形状もメリット。キッチンに置いても場所を取らず、引き出しに収納することも可能です。携帯に便利な製品も多いため、旅行先でタオルなどを圧縮して荷物を減らしたい場合にも活躍します。

一方で、卓上タイプと比べると製品の選択肢が少ないことがデメリットです。

卓上タイプ

卓上タイプは高い脱気能力で鮮度を長く維持できるのがメリットです。家庭用としては脱気力が50~60kPaの製品が一般的ですが、70~80kPaの製品もあり、鮮度をより長く持続できます。長期間の保存を考えている方におすすめです。

また、製品の種類が多く、豊富なバリエーションから機能を選べるのもポイントです。ライフスタイルにぴったりの製品を選ぶことで、食材や料理の保存が捗ります。

ハンディタイプと比べるとサイズが大きく、収納に場所を取ってしまうのはデメリット。また、使用時にはコンセントが必要です。収納スペースと使用スペースの条件を確認してから購入するようにしてみてください。

真空パック器の選び方

汁物など液体に対応しているかチェック

By: foodsaverjapan.com

スープやカレーなどの液体を真空パックで保存したい場合は、キャニスターを使用できる製品がおすすめです。キャニスターに液体を入れ、ホースで脱気することで、液体も真空保存できます。汁物対応可能な製品でもキャニスターが別売りのケースも多いので、購入する際には注意してみてください。

また、液体の保存は考えていないが煮物などの汁気の多い料理では使いたいという方には、モード調節機能が付いている製品がおすすめです。吸引の強弱の変更や自動モードと手動モードの切り替えができれば、汁気の多い料理では脱気力を弱め、液体が空気と一緒に吸引されてしまうことを避けられます。

専用袋不要かチェック

真空パック器は専用袋を使用する製品が一般的ですが、なかには市販の袋を使用できる製品もあります。専用袋は、市販の袋と比べて高いケースが多いため、市販袋を使用できる製品であればランニングコストを抑えられます。

ただし、専用袋不要の製品でも、使用できる袋の条件には注意が必要です。製品の機能によって使用できる袋の素材やサイズが決まっているため、必ず製品の仕様を確認してから袋を購入するようにしましょう。

また、操作が比較的難しいことにも注意。専用袋を使用する製品に比べ、袋をうまくセットして真空パックするのに慣れが必要なケースもあるため、機械の扱いが得意な方におすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

真空パック器を選ぶときは、サイズにも注目しましょう。常にキッチンに置いておく方も、使わないときは収納する方も、スペースに適したサイズの真空パック器を選択することで、日常での使いやすさが向上します。

ハンディタイプのコンパクトな製品は、作業スペースも収納スペースも小さく済みます。キッチンのスペースに困っている場合は、検討してみてください。

ロールカッターの有無をチェック

By: amazon.co.jp

真空パック器の袋はロールタイプと個別タイプがあります。ロールタイプの場合は、使用する度にロールを切ってシールする手間がかかります。

ロールカッターが内蔵されている製品であれば、はさみを使わずに簡単にカットできて便利。使用頻度が高い方や、手軽さを重視する方におすすめです。

真空パックが完了する時間をチェック

By: amazon.co.jp

真空パックに必要な時間は製品によって異なります。1分以上かかる製品もあれば、数十秒で完了するスピード重視の製品もあります。

また、連続して使用する場合は、短い間隔で繰り返し使える製品を使うことでさらに時間を短縮可能。短時間で手軽に真空保存をしたい方や、待つのがストレスになってしまう方は、スピード面もチェックしてみてください。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

一般的な真空パック器は空気を吸引する際に大きな音がします。小さな子どもが寝ている時間に使用する場合や、集合住宅で夜間に使用する場合など、大きな音が問題となる環境では気軽に真空パック器を使えなくなってしまいます。

空気を吸引する大きな音が気になる方には、静音タイプの製品がおすすめです。静音設計により静かに真空パックできるため、時間帯にかかわらず安心して使用できます。

真空パック器のおすすめ|ハンディタイプ

ツヴィリング(Zwilling) FRESH & SAVE 36801-000-0

手軽に使えるUSB充電式のコードレスタイプ

強力で静かな吸引が魅力のハンディタイプの真空パック器です。真空保存することで、通常と比べて鮮度が最大5倍長持ちすると謳われています。数秒で静かに真空パックできるので、音が気になる方や、テキパキと料理をしたい方におすすめです。

簡単なワンプッシュ操作もうれしいポイント。スイッチを入れるとスタートし、真空パックが終わると自動的に停止します。USB充電式のコードレスタイプなので、場所にかかわらず手軽に使えるのも魅力。スタイリッシュでコンパクトなデザインは、キッチンに出していても美しく、引き出しに収納していても場所を取りません。

同シリーズ専用の袋やコンテナにはQRコードが付いており、専用アプリと連携することで保存している食材を管理できます。賞味期限が近い食材を通知で知らせてくれるので食材を有効活用するのに便利です。

ワイドシステム(WIDE SYSTEM) 真空パックんコードレス 67140

ちょっとしたモノを真空保存するのにぴったり

片手のシンプルな操作で扱えるハンディタイプの真空パック器。手のひらサイズで使いやすい形状がポイントです。野菜・チーズ・茶葉などのちょっとしたモノを真空保存するのに便利。コードレスなので場所を選ばず気軽に使えます。

専用袋とキャニスターは吸引口がわかりやすく、扱いやすいのが魅力です。専用袋はジッパータイプで、付属のクリップを使って簡単に密封できます。また、厚みがあり丈夫なので、洗浄することで繰り返し使用可能。ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

ピッコラ(Piccola) コードレス真空パック器 JW-PCL-001

外出先でも手軽に使えるコンパクトサイズ

手のひらサイズでかわいらしい、ハンディタイプの真空パック器です。コンパクトなので鞄に入れやすく、外出時も手軽に使えます。釣った魚を持ち帰りたいときや、旅行先の荷物を圧縮したいときなど、さまざまなシーンで活躍します。

食材の保存はもちろん、真空低温調理にも活用可能。専用袋は100℃の耐熱仕様なので、真空低温調理した料理を真空のままあたためられるのもポイントです。食材に熱が伝わりやすく、時間を節約できます。

約2時間の充電で約100分間持続するリチウムイオン電池のバッテリーも魅力です。自宅でも外出先でもバッテリー切れの心配が少なく安心。もし外出先で電源が切れても、USB接続で簡単に充電できます。

フードセーバー(FoodSaver) ポータブル FS1190

軽量で小型なのが魅力の、ハンディタイプの真空パック器です。独自の技術を採用しており、酸素や雑菌、湿気などが侵入するのをしっかりと防げると謳っています。充電は付属の充電ドックにセットするだけなので、キッチンに置いておけば充電を忘れる心配もありません。

真空コンテナを使えば液体ややわらかい食材も保存できます。また、別売りのボトルストッパーを使うことで、ワインやオリーブオイルの酸化を防げるので、豊かな風味を長く楽しみたい方におすすめです。

VHaruko 真空パック器 A239

軽量でコンパクトなハンディタイプの真空パック器です。場所を取らず、デザインがかわいらしいのでキッチンに置きやすいのも魅力です。

操作はワンタッチでシンプル。専用の袋に本製品をセットし、ボタンをひとつ押すだけで真空パックが完了するため、機械や複雑な操作が苦手な方でも簡単に真空保存できます。

重量は287gなので、外出先に携帯するときもほとんど重さが気になりません。旅行先で荷物を圧縮したり、シルバーアクセサリーの黒ずみを防いだりと、多用途に活躍します。さまざまなシーンで手軽に真空パック器を使いたい方におすすめです。

真空パック器のおすすめ|卓上タイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 真空保存フードシーラー VPF-385T

シンプルな操作で真空保存ができる卓上タイプの真空パック器です。自動ボタンを押すだけで真空パックできるため、機械や複雑な操作が苦手な方にもおすすめです。専用袋をセットする部分には袋固定クリップが付いており、簡単にまっすぐシールできます。

専用ロールは耐熱仕様なので、真空パックして保存した食材や料理をそのままお湯であたためられます。真空状態であたためると熱が通りやすいため、時短調理が可能。真空低温調理もできるので、料理の幅が広がるのがうれしいポイントです。

ジェネテック(Genetech) フードシールド 業務用真空パック器 JP290

家庭でも使いやすい業務用真空パック器です。80kPaの強力な脱気による真空パックで鮮度をより長く維持できます。業務用の性能はそのままに、奥行き寸法がコンパクトなデザインを実現。家庭のキッチンにも置きやすいのがうれしいポイントです。

水分分離容器を搭載しているため、煮物などの汁物も真空保存が可能です。粉物に対応しているのもメリットで、さまざまな食材を真空保存できます。操作ボタンは4つのみで、業務用ながらわかりやすい設計も魅力です。

専用袋不要で、業務用真空ナイロンポリ袋に対応しているため、ランニングコストを抑えられます。費用を気にせず大量に真空保存したい方におすすめです。

キッチンボス(kitchenboss) 真空パック器 G200

約15秒で真空密封できる卓上タイプの真空パック器です。操作方法はシンプルで、食材を入れた袋を真空パック器のフタで挟みこみ、ボタンをひとつ押すだけ。簡単な操作であっという間に真空保存ができるため、ちょっとしたモノにも気軽に使えます。

30cm幅の特大シールも魅力です。大きな袋に対応できるだけでなく、合計が30cm以下であれば複数の袋を一回の作業でシールできます。短時間で大量に真空パックしたい方におすすめです。

手動モードも搭載しており、やわらかい食材や壊れやすい食材は型崩れしない程度に調整しながら真空保存できます。空気抜き用のホースを使うことで、キャニスターやボトルストッパーにも対応可能。液体の香りや風味を維持できます。

朝日産業(ASAHI Industry) 真空パック器 DUCKY ダッキー 4 562133 584278

専用袋不要の本格家庭用真空パック器です。市販で手に入る真空パック用のナイロンポリ袋を使用可能。コストを抑えて真空保存できます。業務用真空パック器と同様の脱気シーラーなので、市販の袋でもしっかりと密封します。

汁物を簡単に真空保存できるのもポイント。付属の集水タンクを繋げば袋の中の水分を吸い取るため、煮物や漬物も水分を分離した状態で真空保存できます。使用後はお湯を吸わせることで掃除ができるので、お手入れの手間が少ないのも魅力です。

作業効率の目安は1分あたり1~2袋で、連続使用は30~50袋まで可能。作り置きした料理をまとめておいしく保存したい方におすすめです。

ワイドシステム(WIDE SYSTEM) 真空パックんPREMIUM(プレミアム) 77947-11

強力な脱気力と簡単な操作が魅力の卓上型真空パック器です。最大89.9kPaの脱気力で高い真空度を実現し、鮮度を長く保ちます。自動モードはノーマルとソフトの圧力を選択可能。食材の硬さによって適切に真空パックできます。パルスボタンを使えば手動でのコントロールもできるため、やわらかい食材や脆い食材は様子を見ながら調整可能です。

キャニスターを使用したマリネ機能を使えば、短時間で味を染み込ませられます。料理の幅を広げるのにも役立つのが魅力。真空室は取り外して丸洗いでき、清潔に使えるのもポイントです。

また、ロールカッターを搭載しており、カッターをスライドするだけでロール袋をカットできます。本体のフタで挟みこむだけでロール袋をロックできるので、固いロックの扱いが不安な方にもおすすめです。

真空パック器の売れ筋ランキングをチェック

真空パック器のランキングをチェックしたい方はこちら。