大根おろしはさまざまな料理の薬味として欠かせない存在。しかし、食事を作るたびに大根を手でおろすのは面倒なものです。そんなときに活用したいのが「電動おろし器」。スイッチを押すだけであっという間に大根おろしが作れ、大根以外の食材もすりおろせるので料理のレパートリーを増やせます。

そこで今回は、おすすめの電動おろし器をご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

電動おろし器の魅力

By: amazon.co.jp

大根おろしは、さまざまな料理に合わせられる薬味のひとつ。しかし、硬くて重い大根を手ですりおろすのは面倒なため、敬遠してしまいがちです。電動おろし器はあっという間に大根おろしを作れるので、あると便利なアイテムです。

スイッチを押すだけで大根おろしができるため、力が必要ないのもメリット。今まで食事に大根おろしを添えたくても面倒で作らなかった方にもぴったりです。

また、食事の時間に合わせて電動おろし器を使えば、食べる直前に大根をすりおろせるので風味を損なわずにおいしく味わえます。大根おろしが簡単に作れるようになると、食卓が華やぎ料理のレパートリーも増えるのでおすすめです。

電動おろし器の選び方

使用できる食材をチェック

By: recolte-jp.com

電動おろし器を大根以外の食材にも使いたい場合は、どんな食材をすりおろせるのかをチェックしておきましょう。電動おろし器は製品によってすりおろせる食材が異なるため、しっかり確認することが大切です。

ニンジン、リンゴ、山芋、レンコンなどもすりおろせる製品なら、レシピの幅を広げることが可能。特に赤ちゃんや高齢者がいる家庭にとっては、離乳食や柔らかいメニューを作るのに重宝します。一方、大根おろしだけを作りたい場合は、大根をなめらかにすりおろす機能に特化した大根おろし専用タイプを使うのがおすすめです。

本体サイズをチェック

By: recolte-jp.com

電動おろし器を使うたびに出し入れすることを考え、本体サイズや重さもチェックしておきましょう。大きすぎたり重すぎたりすると出し入れがしにくく、徐々に使わなくなる場合もあります。また、あらかじめ決めておいた収納場所にスムーズに収納できるかどうかも確認しておくと安心です。

電動おろし器はサイズが大きいモノほど一度にたくさんの大根おろしが作れます。逆に小さいモノは作れる量が少なくなるので、その点も考慮して選ぶことが大切です。本体サイズと作りたい大根おろしの量をよく考え、自分にとってベストなモノを選びましょう。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

大根おろし器は家庭用の小さなタイプのモノから、業務用の大きなタイプのモノまで容量はさまざま。1人前の目安は約50gなので、4人家族なら200~250gの大根おろしがすりおろせる容量400ml前後の製品を選びましょう。

反対に、大根おろしが好きな方や大人数で食事をする機会が多い方であれば、業務用の容量が大きいタイプが向いています。業務用はパワーがあるため、短時間で大量の大根おろしが完成するのがポイント。ただし、その分本体価格は高くなりがちです。使用用途に合わせた製品を選ぶのがおすすめです。

お手入れのしやすさをチェック

By: recolte-jp.com

大根おろし器を便利に使うには、お手入れしやすいかどうかも重要なポイントです。お手入れがしにくいと使った後が面倒になり、徐々に出番が減ってしまうこともあります。電動おろし器は食材のすりおろしカスが残ると不衛生になるため、お手入れのしやすさについては購入前によく確認しましょう。

パーツを取り外して水洗いできるモノは、お手入れがしやすく衛生的に扱えます。手間を感じることなく使うためには、容器やおろし刃、投入口などが取り外しやすく、分解後の組み立ても簡単なモノを選ぶのがおすすめ。本体構造がシンプルなモノを選ぶとお手入れが楽にできます。

電動おろし器のおすすめモデル

和平フレイズ(Wahei freiz) グリーンスマイル 電動おろし器 GM-9768

おろし器に入るサイズに切り分けて投入するだけで、すりおろしが完了する電動おろし器です。大根以外にも人参やリンゴのすりおろしにも使えるので、離乳食や流動食を作りたい方にもおすすめ。ステンレスのおろしカッターが細かく動いて、なめらかな口当たりに仕上げます。

本体サイズは幅約19.5×奥行12.5×高さ21cm、本体重量約1kgと軽量コンパクト。約1.3mのコードが付属しているため、キッチンの好きな場所で使用できます。なお、本体パーツは外して水洗いできるので、お手入れも簡単。手軽に使えるおろし器を探している方におすすめの製品です。

山善(YAMAZEN) 電動おろし器 YFB-D251

大根おろしとおろし汁を分離させる「汁切りプレート」がついた電動おろし器です。すりおろした大根と汁をきれいに分けられるのが特徴。大根以外にもリンゴのすりおろしなどにも使えるため、離乳食作りにも役立ちます。

本体容量は約250gで4~5人家族分の大根おろしを1度に調理可能。約100gの大根を約10秒、約250gのリンゴを約25秒でおろせるスピードの速さも魅力です。パーツは取り外して洗えるのでお手入れも簡単。コンパクトで手軽に使える大根おろし器を探している方におすすめの製品です。

下村工業 電動おろし器 オロシマスター ACO-40

大根以外に山芋や人参などさまざまな食材のすりおろしが可能な電動おろし器です。本体に食材を入れた後はスイッチを押すだけで、簡単に大根おろしが作れるのが特徴。食べたいときにすぐ使えるので、いつでもできたての大根おろしを味わえます。

本体サイズは約幅18×奥行11×高さ22cm、本体重量は850gと軽量でコンパクトなのも魅力。リーズナブルなので、初心者の方にもおすすめです。

さらに、パーツは取り外して水洗いできるので、お手入れも簡単。投入口がやや小さいため、野菜小さくカットしてから入れる必要がありますが、シンプルで使い勝手のよい製品です。

三ッ谷電機 電動大根おろし器 おろしちゃん楽々 MRO-30R

大根の繊維質を適度に残して、手でおろしたようなほどよい食感が楽しめる大根おろし器です。力仕事だった大根おろしがわずか7秒で完成するのがポイント。できたての大根おろしがいつでも手軽に味わえます。

付属のパーツは全て取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単。本体サイズは幅17×奥行11.5×高さ21cm、本体重量約770gとコンパクトなので収納場所にも困りません。日々の食卓に手軽に大根おろしを添えたい方におすすめの製品です。

イワタニ(IWWATANI) 電動ベジタブルスライサー あっとスライス通 IFP-60A

5種類のプレートが付属した電動のスライサーです。大根以外にもごぼうやキャベツ、リンゴや玉ねぎに対応し、さまざまな調理に使えるのがポイント。すりおろす機能だけでなく、千切り、スライス、みじん切り、いちょう切り、たんざく切りなど、あらゆる野菜のカット方法が選べるアイテムです。

食材の投入口がワイドで、野菜を細かくカットしなくても一度にたくさん投入できるのも特徴。プレート類には抗菌作用が期待できるイオンが配合されており、衛生的に使用できます。なお、容器やパーツは全て取り外して水洗いできるのでお手入れも簡単。氷も削れるため、夏場はかき氷機としても使用できる製品です。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K81

おろす以外にも、粗おろし・刻む・する・混ぜる・こねる・スライス・千切りとマルチに使えるフードプロセッサーです。1台8役こなせる優れもので、大根おろし以外にもさまざまな調理に使いたい方におすすめ。また、鬼おろしの特徴を再現した「鬼おろしカッター」を搭載しているのもポイントで、水分を出さずにしゃきしゃきした食感の大根おろしが楽しめます。

羽には高い硬度を備えたブラックチタンを採用。羽の回転速度は高速・あらびき・低速の3段階から選べます。カボチャやお肉のミンチなど、硬い食材も簡単に調理可能。料理の手間を減らして、日々の料理の時短につながるアイテムです。

ティファール(T-fal) フードプロセッサー MB601GJP

1台で7役をこなすフードプロセッサーです。4つのアタッチメントが付属しており、おろす・潰す・混ぜる・刻む・スライス・千切り・泡立てるの作業が可能。350Wのハイパワーで手早く調理が完了します。大根おろし作り以外にも離乳食など日々の調理に役立てたい方におすすめの製品です。

大根おろしには専用の「おろしディスク」が付属。ティファール独自のディスクとのバランスによって、まるで手でおろしたかのように仕上がります。インテリアにマッチするおしゃれなデザインのおすすめ製品です。

レコルト(recolte) カプセルカッター ボンヌ RCP-3

コンパクトでかわいらしいデザインで人気のアイテムです。大根おろしはもちろん、刻む、混ぜる、潰す、練る、砕く、泡立てるなど1台7役使えるのがポイント。離乳食作りや、スープやペースト作り、生姜のみじん切りなどの薬味作りにも使えるため、料理の下ごしらえにもおすすめの製品です。

カップに食材を投入した後は、ボタンを押すだけと2ステップで簡単に仕上がるのも特徴。市販の氷も砕けるパワーを有しているので、かき氷作りも楽しめます。

本体には料理のレパートリーが広がる、管理栄養士・料理家監修の専用レシピブックも付属。おしゃれなデザインのため、ちょっとしたお祝いやプレゼントにも喜ばれる製品です。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサー DLC-191J

容量1.9Lで、大容量の調理が行えるフードプロセッサーです。5つのプレートを付け替えることで、おろす・切る・刻む・こねる・薄切り・細切りの1台5役をこなせるのが特徴。大根おろし以外にも料理の下ごしらえにも使えるアイテムです。野菜以外にもお肉や魚もカットできるため、料理の時短につながります。

耐久性の高い「インダクションモーター」を採用しており、パワーが強いのがポイント。業務用顔負けのパワーにもかかわらず、動作音が静かなのも特徴です。強いパワーがあるので、パン生地をこねることも可能。容器は食器洗浄機でも洗え、日々のお手入れも簡単です。容量が大きいため、おろし鍋がしたいなど、大容量の大根おろしを作りたい方に向いています。

HadinEEon フードプロセッサー

250Wの純銅モーターを搭載した、パワフルなフードプロセッサーです。上下2枚、合計4枚のカッターが付属しており、刻む・混ぜる・潰す・おろすが手軽に行えます。1Lの大容量にもかかわらず、スリムでスタイリッシュなデザインも人気。野菜に限らず肉や魚の調理にも使えるため、下ごしらえの手間が省けます。

稼働中に本体がずれにくいシリコン製のコースターを採用。安定感があるのが特徴です。また「温度保護装置」も付属しているので、本体温度が高くなりすぎると自動で停止するなど安全性にも配慮されています。

本体部分は透明度が高いプラスチック素材を採用。調理途中でも食材の様子が確認しやすいため、自分の好みの仕上がりを見極めながら調理できます。