キッチンで魚を焼くときにどうしても気になってしまうのが不快なニオイや煙。とはいえ、日本人たるもの焼き魚は食べたくなるものです。そこで便利なのが「フィッシュロースター」。部屋の空気をキレイに保ちつつ、パリッとジューシーに魚を焼くことができる優れモノです。

今回は人気のフィッシュロースターをピックアップし、スペックや便利機能などを比較しながら、おすすめの製品をご紹介します。特に旬の魚を家庭で堪能したい方はしっかりとチェックしてください。

フィッシュロースターのメリット

フィッシュロースターを導入する最大のメリットは、簡単に魚を焼けることです。特に、一人暮らし用のキッチンには魚焼き器が設置されていないケースがあります。魚はフライパンでも焼くことができますが、フィッシュロースターを買うことで、より簡単に、よりおいしく調理することが可能です。

すでに魚焼き器付きのコンロを使っているという方にもおすすめ。魚を焼くことに特化したフィッシュロースターを使えば、魚臭さを抑えることができます。また、魚料理だけではなく、ローストビーフ・焼き鳥・焼き豚などの肉料理、さらに、パンやピザを作ることも可能。料理のレパートリーを広げたい方にもおすすめです。

フィッシュロースターの手入れ方法

71taf6xvlwl-_sl1352_

By: amazon.co.jp

キッチン備え付けのグリルで魚を焼いた場合、後始末が大変です。網などは取り外して洗えますが、グリル内部にこびりついた汚れを取るにはひと苦労。しかし、フィッシュロースターは網だけではなく、フタやヒーターなどをすべて分解できるタイプがほとんどです。いつも清潔につかえるのはフィッシュロースターの魅力といえるでしょう。

また、魚を焼く前に網に油を塗ってから予熱しておくと、魚がくっつきにくくなりお手入れが簡単になります。ほかにも、受け皿に緑茶を入れて加熱するとニオイが除去できるなど、裏ワザを使うことでもっとお手入れが簡単になります。

フィッシュロースターのおすすめメーカー

71euzhr4jl-_sl1151_

By: amazon.co.jp

パナソニック(Panasonic)

人気シリーズ「けむらん亭」を展開しているパナソニック。業界初となる、部屋でも燻製が作れるスモーク機能付きのモデルを展開しています。触媒フィルターと強制排気ファンで煙を約90%カットすると謳っており、魚を焼いたときの独特のニオイを大幅に軽減することが可能です。ほかにも肉類・野菜類・根菜類なども料理できるのがポイント。高性能なフィッシュロースターを探している方におすすめのメーカーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印マホービンのフィッシュロースターは1種類のみの展開。プラチナ触媒を混ぜ込んだフィルターを採用しているのが特長で、魚を焼いたときの気になるニオイや煙を大幅にカットしてくれます。魚料理は好きだけど部屋に匂いが残るのはイヤ、という場合にピッタリ。サンマ4匹を1度に調理できるほど、庫内のキャパシティが大きいところもポイント。ファミリー用のフィッシュロースターを探している方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

生活家電・寝具・インテリア・日用品・園芸用品など、さまざまな製品をリリースしているメーカー。アイリスオーヤマのフィッシュロースターは、デザインや機能がシンプルで、効率的においしく魚を焼くことを重視しています。コストパフォーマンスを重視している方におすすめのメーカーです。

フィッシュロースターを選ぶときの注意点

By: amazon.co.jp

フィッシュロースターを選ぶときのポイントは「サイズ」です。コンパクトサイズのモデルだと、魚が入りきらないことがあります。サンマを斜めにしたり、ホッケの開きを分割したりすれば焼くことはできますが、あらかじめ余裕を持っておくとスムーズに焼けます。

また、忘れてはならないのが「掃除のしやすさ」です。分解できるタイプの方がキレイに保つことができます。ニオイや煙を抑えたい方は「フィルターの性能」もチェックしてみてください。

フィッシュロースターのおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) NF-RT1000

業界初の燻製が作れるフィッシュロースター。付属の燻製容器を使うことで、ミックスナッツ・チーズ・うずらなどの燻製を短時間で作ることができます。もちろん、焼き魚用の機能も充実。「切身」メニュー搭載しており、小さな切身でも水分を逃さずにこんがりと焼くことができます。

ワンボタンで庫内のお手入れができる「オートクリーン」モードを搭載。頑固な脂汚れを水と炭酸ガスに分解してくれるので、日々のお手入れが簡単です。脂汚れを細かく分解してくれるので、汚れにくく掃除も拭くだけで簡単です。燻製をはじめ、あらゆる調理ができる1台。料理のレパートリーを増やしたい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) EF-VG40

35cmのサンマも一気に4匹焼けるという大容量フィッシュロースター。象印独自の「プラチナ触媒フィルター」搭載しているのが特長で、煙やニオイの成分を約90%もカットします。ボティは、ふた・反射板・焼き網・水受皿などに細かく分解することが可能。ヒーター以外は水で丸洗いできるので、いつでもクリーンに保つことができます。はじめてフィッシュロースターを購入する方におすすめの1台です。

最大の特長は「こんがり反射板」。水受皿に張った水の上に浮かべることで、下ヒーターの熱を反射。熱効率が高まるだけでなく、水の蒸発量も減るので、魚をおいしくパリッと焼き上げることができます。さらに、焼いた魚をくずさずに取りだせる「魚取器」つき。網の間隔と魚取器のツメの幅が同じなので、魚をキズつけることなく、スッと取り出せます。

アビテラックス(Abitelax) AFR-1103

吉井電気がリリースしている家電ブランド「アビテラックス」のフィッシュロースター。サンマが4匹も焼けるワイドタイプで、裏返す手間のない両面焼きを採用。焼き網の表面にはフッ素加工が施されているので、魚がくっつきにくくなっているのがポイントです。

遠赤外線で中までふっくら。魚はもちろん、パン・焼き鳥・焼き芋など、さまざまな料理を作ることができます。煙やニオイを抑えるセラミック触媒消臭フィルターつき。また、上フタを開けるとヒーターの電源が切れる安全スイッチ機能が採用されているので、お子さんや高齢者がいる家庭でも安心して使うことができます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) EMT-1101

上下のヒーターでこんがりと焼き上げるマルチフィッシュロースター。一度に4匹のサンマをまるごと焼くことができるサイドサイズが魅力です。上フタには大きな窓がついているので、細かく焼き加減をチェックできるのがポイント。

焼き網は、2段階に高さを調節することが可能。さらに食材がくっつきにくいフッ素加工済みのため、魚料理はもちろん、肉やパンを焼くときにも大活躍します。脱臭効果のある「セラミックフィルター」が採用されているので、ニオイを気にせずに調理したい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) FG-20SB

焼き魚だけではなく、さまざまなグリル料理に対応できるフィッシュロースター。高温赤熱ワイドヒーターによって、魚を上下から一気にこんがりと焼き上げます。焼きムラが抑えられる上に、裏返す手間も不要。簡単に美味しく焼き魚を作りたい方におすすめです。

焼き網には、食材がくっつきにくいブラックシリコーンコーディングを採用。また、従来の焼き網と比べて幅を狭くすることで魚の重みを分散。食い込みによるこびりつきも抑えています。魚料理は好きだけれど後始末が苦手、という方におすすめの製品です。

タイガー魔法瓶(TIGER) KFA-H130

ハイパワー1300Wの高火力が特長のフィッシュロースター。ワイド型なので焼きムラが少なく、魚を中までふっくらと焼き上げます。庫内に黒色塗装を施すことで、熱伝導率を向上させているのもポイント。煙やニオイを分解する触媒フィルターつきでニオイも気になりません。

焼き網には耐熱性・耐久性に優れたシリコン加工を施して、魚のこびりつきを抑えています。焼き網・フタ・受け皿などは外して丸洗いすることが可能。メンテナンスが簡単なフィッシュロースターを探している方にもおすすめです。

ユアサプライムス(YUASA PRIMUS) PNR-603P

置き場所を選ばないコンパクトサイズのフィッシュロースター。魚はもちろん、食パンやおにぎりなども火を使わずにこんがりと焼くことができます。煙とニオイを軽減するセラミックフィルター付きなので、ニオイを気にせずに使えるのもポイント。一人暮らしの方に丁度いいサイズの製品です。

ベルソス(VERSOS) VS-KE12

サンマを4匹同時に焼くことができるワイドサイズのフィッシュロースター。上下のヒーターによって表面を一気にパリッと焼き上げることで、中のうまみを逃しません。魚はもちろん、肉料理もジューシーに仕上がるのでおすすめです。ほかにも串焼きや焼き芋など、さまざまな料理が楽しめます。

ボディはフタ・反射板・水皿をパーツごとに分解することが可能。本体・ヒーター以外は丸洗いできるので、お手入れも簡単です。安全装置の「サーモスタット」や電源スイッチ兼用の「タイムスイッチ」といった便利機能も充実しています。

杉山金属 アミアミ味一Ⅱ KS-2741

コスパ良好なキッチンウェアをリリースしている杉山金属のフィッシュロースター。野菜や魚などの焼き物に最適な「省エネ反射板」が付いているのが特長です。水受け皿に水を張ってから、アームの上に省エネ反射板を乗せるだけで火力が約20%アップ。外はパリッと、中はふんわりとジューシーに焼きあがります。

また、「省エネカバー50%」を使用すると焼き時間を半分以上も短縮することが可能。気軽に焼き魚を食べたい方はもちろん、調理時間の時短を考えている方にもおすすめです。

フィッシュロースターの楽天市場ランキングをチェック

フィッシュロースターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。