キッチンで魚を焼くときにどうしても気になってしまうのが不快なニオイや煙。「フィッシュロースター」を用いれば、部屋の空気をきれいに保ちつつ、パリッとジューシーに魚を焼くことが可能です。

そこで今回は、人気のフィッシュロースターをご紹介します。旬の魚を家庭で堪能したい方は、ぜひチェックしてみてください。

フィッシュロースターの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

フィッシュロースターを選ぶ際は、庫内や焼き網のサイズまでチェックすることをおすすめします。たとえば一人暮らしならサンマを2尾焼けるモノで十分ですが、ファミリーなら4尾まで同時に焼けた方が便利です。庫内が大きいモノほど魚料理以外のレシピを作る際にも重宝します。

家族の人数やライフスタイルに合わせることも大事ですが、フィッシュロースターをどこに置いて使うかも考えてサイズを選びましょう。食卓に置いて使うなら、小さめサイズがおすすめです。また、フィッシュロースターを使用するたびに収納する場合は、収納スペースのサイズや、出し入れしやすい重さかどうかもチェックしておきましょう。

煙・ニオイ対策をチェック

By: amazon.co.jp

家で魚を焼くと煙が部屋に充満したり、衣類やカーテン、インテリアなどに焼き魚のニオイがしみついたりしてしまう可能性があります。そんな不安を解消するのが、セラミックフィルターや触媒フィルターを搭載した無煙・無臭タイプのフィッシュロースター。

セラミックフィルターは、活性炭と同じように多孔質で、ニオイや煙の粒子を吸着する性質があります。しかも熱に強く、お手入れも簡単で、定期的に交換する必要もありません。

一方、触媒フィルターは、セラミックフィルターの表面にプラチナなどの触媒をコーティングしたモノ。触媒フィルターが搭載されたモデルは、煙やニオイのもととなる分子を分解する効果が期待できます。価格はやや高くなりますが、除煙や脱臭には触媒フィルターがおすすめです。

煙やニオイが気になる方は、除煙や脱臭ができるフィルターの有無や種類をチェックして選ぶようにしましょう。

掃除のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

フィッシュロースターは汚れやすい調理家電です。魚を焼くときに発生する煙や油は粘着性が高いので、掃除せずに使い続けていると内部に汚れがこびりついてしまい、洗っても簡単には汚れが落ちなくなります。

フィッシュロースターをきれいに保つには、調理後のお手入れが欠かせません。特に汚れやすいのは、調理スペースの受け皿や焼き網・電熱ヒーター・上ぶたの内側など。お手入れの際、汚れやすいパーツが簡単に分解できるかどうかも、チェックポイントのひとつです。

便利機能をチェック

タイマー機能

By: amazon.co.jp

タイマー機能が付いたフィッシュロースターは、ほとんどの場合、電源スイッチとタイマーの設定ダイヤルが兼用になっているのが特徴。調理するときは必ずタイマーを設定するため、スイッチを切り忘れて食材を焦がすような失敗は少なくなります。また、調理の終了を音で知らせてくれるので、料理を取り忘れることもありません。

さらに、タイマー機能付きのフィッシュロースターの場合、メニューに応じた設定時間が取扱説明書に記載されているのもポイント。調理時間に迷うことも少なくなるためおすすめです。

両面焼き機能

By: amazon.co.jp

フィッシュロースターの両面焼きは、加熱用のヒーターを上下に設けて、魚の裏と表の両面を同時に焼きあげる機能です。両面焼き機能があれば、身のやわらかい魚を調理中に裏返す必要がないので、身崩れするリスクを軽減できます。

また、ヒーターの加熱面積が広いため、焼きムラが少ないのもポイント。おいしくきれいに焼きあげたい方はチェックしてみてください。

オートメニュー機能

By: amazon.co.jp

フィッシュロースターは、魚を焼く以外にも、さまざまな調理に対応したモノがあります。野菜やステーキをはじめ、トーストやグラタン、ピザなど、工夫次第でさまざまな料理づくりに活用可能です。

燻製機能

調理家電のなかには、自宅で簡単に燻製料理を楽しめるモデルもラインナップされています。燻製料理専門の製品やオーブントースターに燻製機能が付いた製品もありますが、燻製機能を搭載したロースターもあるので、ぜひチェックしてみてください。

フィッシュロースターのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

人気シリーズ「けむらん亭」を展開しているパナソニック。部屋でも燻製が作れるスモーク機能付きのモデルがラインナップされています。

触媒フィルターと強制排気ファンで煙を約90%カットすると謳っており、魚を焼いたときの独特のニオイを軽減することが可能です。そのほか、肉や野菜、根菜類などを調理できるのもポイント。高性能なフィッシュロースターを探している方におすすめのメーカーです。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

大手専門商社として、日用品や家電、キッチン用品など、さまざまなアイテムを展開しています。また、市場ニーズなどに対応したオリジナル商品の開発にも力を入れており、リーズナブルでシンプルなデザインの製品が多いのも特徴です。

さらに、一人暮らしにぴったりな製品が見つかりやすいのも魅力。リーズナブルなモノがほしい方はチェックしてみてください。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンは、1918年にガラス製魔法瓶の中ビン製造からスタートしたメーカー。魔法瓶で培った技術をもとに、炊飯器や電気ポットといった調理器具を幅広く展開し、国内外で人気があります。

象印マホービンのフィッシュロースターは、長いサンマを4尾同時調理できるワイドな庫内が特徴。また、煙やニオイ成分をカットする独自フィルターや分解丸洗いできる設計など、使い勝手にも配慮された仕様が魅力です。

フィッシュロースターのおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) ロースター けむらん亭 NF-RT800

パナソニック(Panasonic) ロースター けむらん亭 NF-RT800

パナソニック独自の「14層触媒フィルター」と「強制排気ファン」によって、魚を焼くときに出るニオイを軽減できるフィッシュロースター。イヤな煙も約90%カットできます。

庫内サイズは幅約32.8×奥行き22.3cm。同時にサンマ4尾を調理可能です。水なし両面焼きタイプのため焼き魚を裏返す必要がない点も魅力。また、6つの自動メニューを搭載しているので、生魚や干物、鶏肉のほか焼きナスや焼きいもも簡単においしく仕上げられます。1~30分までのタイマー機能付きです。

山善(YAMAZEN) ワイドグリル フィッシュロースター NFR-1100

山善(YAMAZEN) ワイドグリル フィッシュロースター NFR-1100

4人以上のファミリーや作り置きをよくする方におすすめのフィッシュロースター。パワフルな1100Wの両面焼きグリルで、焼き魚をはじめステーキやチキン、グラタンなどさまざまな焼き物料理が作れます。焼き網は幅約31.5×奥行き20.5cmとワイドなので、大きなサンマもまるごと4尾入れることが可能です。

本製品にはセラミックフィルターを搭載しているため、ニオイや煙が気になって魚料理が楽しめなかった方にもおすすめです。また、本体とヒーター以外は分解して丸洗いでき、使用後のお手入れも簡単。さらに、過熱防止用のサーモスタット付きなので、うっかり消し忘れても安心です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) フィッシュロースター EF-VG40

象印マホービン(ZOJIRUSHI) フィッシュロースター EF-VG40

焼き魚を簡単においしく作りたい方におすすめのフィッシュロースター。独自の「こんがり反射板」によって、皮はパリッと、身はふんわりと焼きあげられます。付属の「魚取器」を使えば、焼いた魚の身を崩さずに取り出すことが可能です。

庫内はワイドなので、35cm程度のサンマを4尾同時に調理できます。焼き魚のほか、ジューシーな焼き鳥や焼き豚、焼きナス、ローストチキンなどを楽しめるのもうれしいポイント。また、本製品は「プラチナ触媒フィルター」を搭載している点も特徴。調理中に気になる煙やニオイ成分を低減できます。本体・ヒーター以外は分解して丸洗い可能です。

東芝(TOSHIBA) 脱臭・脱煙フィッシュロースター FG-20SB(NE)

東芝(TOSHIBA) 脱臭・脱煙フィッシュロースター FG-20SB(NE)

「高温赤熱ワイドヒーター」を搭載した東芝のフィッシュロースター。上下のヒーターで魚の両面を強火で一気に焼きあげます。熱が庫内に行き渡り、食材をムラなく加熱できるので、こんがりと焼きあがります。両面焼きなので裏返す手間もかかりません。

焼き網は魚がひっつきにくい「ブラックシリコンコートマルチ焼網」。取り出すときに身崩れしにくい点も魅力です。焼き網のサイズは一度にサンマ4尾を乗せられる大きさがありますが、網の間隔は10mmピッチと狭いので、小さな食材が落ちにくく、いろいろな食材の調理に対応できます。

また、本製品は「脱臭・脱煙プラチナ触媒」によってニオイや煙が二酸化炭素に分解されるので、ニオイを気にせず料理を楽しむことが可能。使用後はパーツを分解して丸洗いできます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチロースター EMT-1101

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチロースター EMT-1101

焼き魚はもちろん、焼き鳥やローストチキンもおいしく作れるマルチなフィッシュロースター。本体の幅は約35cmもあるので、大きめのサンマも4尾同時に調理できます。

セラミックフィルターによって、調理中の煙やニオイを低減することが可能。また、食材の裏返しが不要な両面焼きタイプで、食材のかさに合わせて焼き網の高さを2段階調節できるのもうれしいポイントです。

焼き網にはフッ素加工が施されているため、食材がこびりつきにくくお手入れが簡単。さらに、フタ・受け皿を分解して丸洗いできるので、すみずみまできれいにできます。使いやすさにこだわって作られた仕様ながら、手頃な価格も魅力です。

タイガー魔法瓶(TIGER) フィッシュロースター KFA-H130-TR

タイガー魔法瓶(TIGER) フィッシュロースター KFA-H130-TR

ハイパワーな1300Wで魚を一気に焼きあげるフィッシュロースター。タイガー独自の「クロスワイドヒーター」は、ヒーターの方向が上下で異なるため、焼きムラが少ないのが特徴です。両面焼きなので魚を裏返さなくてもおいしく仕上がります。

焼き網は幅約33.5×奥行き24.5cmのワイド設計で、サンマ4尾の同時調理が可能。また、耐久性に優れたシリコン加工済みの焼き網のため、魚の皮や身がこびりつきにくいのもうれしいポイントです。そのほか、煙やニオイを分解する「触媒フィルター」や、安心な「過熱防止サーモスタット」も搭載しています。

ユアサプライムス コンパクトロースター PNR-603P

ユアサプライムス コンパクトロースター PNR-603P

一人暮らしの方におすすめのコンパクトなフィッシュロースター。本体サイズは幅約36.7×奥行き22.3×高さ18cmと小さいため、食卓に置いて使うのにも最適です。上下にヒーターを搭載した両面焼きタイプなので、裏返す手間もなくおいしい焼き魚を作れます。

小型ながら煙とニオイを低減する「セラミックフィルター」を搭載。焼き網は幅約22.4cm×奥行き13.4cmで、魚の切り身を焼くには十分です。また、30分のタイマー機能付きなので、焼きいもや焼き野菜、1人分のグラタンなどいろいろなレシピを楽しめます。

コイズミ(Koizumi) フィッシュロースター KFR-0750

コイズミ(Koizumi) フィッシュロースター KFR-0750

フィッシュロースターはお手入れが面倒だと思っている方におすすめなのが、ヒーター以外をすべて分解して水洗いできるタイプ。すみずみまで清潔にできるだけでなく、コンパクトに収納できる点も魅力です。

本体は幅約45×奥行き21cmと小さめですが、サンマならまるごと2尾を入れることが可能。両面焼きタイプなので魚や肉をひっくり返さずに調理できるほか、フライのあたため直しもおいしく仕上げられます。

フィッシュロースターとしては比較的リーズナブルなモデルですが、消臭フィルター付きや30分タイマーなど便利な機能を搭載している点も魅力です。

フィッシュロースターの楽天市場ランキングをチェック

フィッシュロースターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。