キッチンで魚を焼くときにどうしても気になってしまうのが不快なニオイや煙。「フィッシュロースター」を用いれば、部屋の空気をきれいに保ちつつ、パリッとジューシーに魚を焼くことが可能です。

そこで今回は、人気のフィッシュロースターをご紹介します。旬の魚を家庭で堪能したい方は、ぜひチェックしてみてください。

フィッシュロースターの選び方

サイズをチェック

By: zojirushi.co.jp

フィッシュロースターを選ぶ際は、庫内や焼き網のサイズまでチェックすることをおすすめします。たとえば一人暮らしならサンマを2尾焼けるモノで十分ですが、ファミリーなら4尾程度まで同時に焼けた方が便利です。庫内が大きいモノほど魚料理以外のレシピを作る際にも重宝します。

家族の人数やライフスタイルに合わせることも大事ですが、フィッシュロースターをどこに置いて使うかも考えてサイズを選びましょう。食卓に置いて使うなら、小さめサイズがおすすめです。また、フィッシュロースターを使用するたびに収納する場合は、収納スペースのサイズや出し入れしやすい重さかどうかもチェックしておきましょう。

煙・ニオイ対策機能をチェック

By: rakuten.co.jp

魚を焼く時の悩みとなる、煙やニオイ。フィッシュロースターのなかには、煙やニオイを軽減するフィルターを搭載したモノがあります。特に、触媒フィルターやセラミックフィルターなどの高性能なフィルターを搭載したモノは、煙やニオイを吸収しやすいのでおすすめです。

フィッシュロースターを使うメリットは、煙やニオイを抑えながら魚を焼くことなので、製品を選ぶ際にはこの点を重視してみてください。煙とニオイをやわらげる機能がないモノを選んでしまうと、使うたびにストレスを感じる可能性もあります。美味しい魚を気持ちよく食べるためにも、快適に使えるモノを選びましょう。

洗いやすいモデルを選ぼう

By: rakuten.co.jp

フィッシュロースターで魚や肉を焼くと、網やトレイに脂がこびりつくため、できるだけ洗いやすい構造のモノを選ぶのがおすすめ。本体とヒーター以外のパーツを分解して丸洗いできるモノを選べば、汚れてしまっても洗剤で洗えるので便利です。パーツの分解と組み立てがしやすいかどうかもしっかりチェックしておきましょう。

便利機能をチェック

タイマー機能

By: rakuten.co.jp

タイマー機能が付いたフィッシュロースターは、電源スイッチとタイマーの設定ダイヤルが兼用になっているモノが主流。電源を入れると同時にタイマー設定ができるため、スイッチを切り忘れて食材を焦がすような失敗を軽減できます。また、調理の終了時には音で知らせてくれるので、料理を取り忘れも防げて便利です。

さらに、タイマー機能付きのフィッシュロースターは、メニューに応じた設定時間が取扱説明書に記載されているのもポイント。調理時間に迷うことも少なくなるためおすすめです。

両面焼き機能

By: amazon.co.jp

両面焼き機能とは、加熱用のヒーターを上下に設けて、魚の裏と表の両面を同時に焼きあげる機能のこと。両面焼き機能があれば、身のやわらかい魚を調理中に裏返す必要がないので、身崩れするリスクを減らせます。

また、ヒーターの加熱面積が広いため、焼きムラが少ないのもポイント。両面を均一に焼きあげたい方はチェックしてみてください。

燻製機能

フィッシュロースターのなかには、自宅で簡単に燻製料理を楽しめるモデルもラインナップ。燻製機能が付いているモノを選べば、魚だけでなくウインナーやチーズなどをスモークできるので、ちょっとしたおつまみを作る際にも重宝します。好みの燻製チップを使って調理できるタイプもあるため、燻製料理にも挑戦したい方は燻製機能付きのモデルを選んでみてください。

フィッシュロースターのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

電気機器メーカーとして100年以上の歴史をもつパナソニック。冷蔵庫や電子レンジなどの白物家電を中心に、便利で実用的なアイテムを多数世に送り出しているメーカーです。

同メーカーからは、部屋でも燻製が作れると人気の「けむらん亭」が発売されています。魚肉や野菜、根菜類などを調理できるのもポイント。高性能なフィッシュロースターを探している方は、チェックしてみてください。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

山善は、日用品や家電、キッチン用品など、さまざまなアイテムを展開しています。市場ニーズなどに対応したオリジナル商品の開発にも力を入れており、シンプルなデザインでリーズナブルな製品が多いのも特徴です。

さらに、一人暮らしにぴったりな製品が見つかりやすいのも魅力。両面焼きなどの便利機能を備えたモデルもあるので、コスパと実用性を兼ね備えたモノを探している方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

象印マホービンは、1918年に魔法瓶の中ビン製造からスタートしたメーカー。魔法瓶で培った技術をもとに、炊飯器や電気ポットといった調理家電を幅広く展開し、国内外で人気があります。

同メーカーのフィッシュロースターは、身が長いサンマでも4尾同時に調理できるワイドな庫内が特徴。また、煙やニオイ成分をカットする独自フィルターが搭載されているなど、使い勝手にも配慮されたモデルを探す方におすすめです。

フィッシュロースターのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) スモーク&ロースター けむらん亭 NF-RT1000

姿焼きはもちろん、切り身や干物を焼くメニューを搭載しているフィッシュロースター。途中で裏返す必要がなく、手間をかけずに焼き魚を作りたい方におすすめです。

また、魚が焼けるだけでなく、チーズやウインナーを燻製にできるのがポイント。1台でさまざまなレシピを作れるので、夕飯のおかずやお酒のおつまみも作って楽しめます。燻製を作る場合は、付属の燻製容器に好みの燻製チップを入れるだけで簡単に作れるのも魅力です。

庫内に触媒入りの特殊塗料を塗布しているのもポイント。脂汚れを水と炭酸ガスに分解して汚れにくくするため、使用後の手入れも簡単にできます。さらに、14層の触媒フィルターと強制排気ファンによって煙やニオイを軽減。魚を調理したあとのニオイが気になる方にも適しているモデルです。

山善(YAMAZEN) フィッシュロースター NFR-1100

サンマ4匹を一度に焼けるビックサイズのフィッシュロースター。複数人数分を一度に仕上げたい方におすすめです。本製品は、セラミックフィルターを搭載しており、煙やニオイをやわらげながら魚を焼けるのがポイント。フタの小窓から食材の焼き加減を確認しながら温度調節ができます。

魚だけでなくステーキや焼き鳥を調理することも可能。トウモロコシやさつま芋などの野菜も焼けるので、一年を通して旬の食材を味わえます。熱源となるヒーターと本体以外はすべて取り外しできるため、油汚れもきれいにお手入れ可能です。

温度設定機能はありませんが、過熱を防ぐサーモスタットを搭載しており、安全面にも配慮されています。タイマー設定だけで操作が簡単なので、機械が苦手な方にもぴったりのモデルです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) フィッシュロースター EF-VG40

煙やニオイを約90%カットできると謳われている「プラチナ触媒フィルター」を搭載のフィッシュロースター。魚のニオイと部屋に充満する煙を、できる限り軽減したい方におすすめです。35cmのサンマを一度に4匹焼ける横長ワイド庫内なので、複数人数分の焼き魚を素早く調理したいときにも適しています。

本製品は、付属している水受皿に「こんがり反射板」を浮かべて使用するタイプ。ヒーターからの熱を反射させて熱効率を高めるため、表面はパリパリに、中はふわふわに焼けあげます。焼きあがった魚を崩さずに取り出せる魚取器も付属しており、身崩れの少ない美しい状態で食卓に出せるのもポイントです。

また、上下にヒーターがあり、一度に両面が焼けるので裏返す必要もありません。本体とヒーター以外は分解して丸洗いできるので、清潔に使い続けられます。

東芝(TOSHIBA) フィッシュロースター FG-10B

高温赤熱ワイドヒーターの高火力で、食材をムラなく焼き上げるフィッシュロースター。庫内にあるホーローディンプル反射板が、ヒーターの熱を多方面に反射させるため、大きな魚でもしっかり熱を通して焼き上げます。30分タイマーを搭載しているので、魚の大きさに合わせて焼き時間を変えることが可能です。

また、ブラックシリコーンコートマルチ焼き網を採用しており、魚がこびりつきにくく、きれいに取り出せるのも魅力。網のピッチは10mmと狭く、小さな食材が落ちにくいので、切り身の調理もできます。

さらに、本体とヒーターのパーツは分解して洗えるのがポイント。本製品はフィルター未搭載タイプなので、換気扇の下や庭での使用がおすすめです。

アビテラックス(ABITELAX) フィッシュロースター AFR-1103

本製品は食品の厚さや大きさに合わせて、焼き網の高さを2段階で調節できるのがポイント。通常は両面焼きとして使用できますが、食材によっては網の高さを変えて裏返しながら焼くことも可能です。魚だけでなく焼き鳥やトーストなども調理できるので、1台あると重宝します。焼き網にはフッ素加工が施されており、食材が焦げ付きにくいのも魅力です。

また、遠赤外線効果によって、肉も魚もムラなくふっくら焼き上げることが可能。野菜も素材の味を活かした仕上がりが叶います。さらに、セラミック触媒消臭フィルターを搭載しているため、気になる煙やニオイを軽減しながら使えて便利です。

本体とヒーター以外は取り外して洗えるので、きれいな状態を保ちやすいのも魅力。手軽に扱える人気の製品です。

コイズミ(KOIZUMI) フィッシュロースター KFR-0800

一度に2匹のサンマを焼けるスリムサイズのフィッシュロースター。本体サイズが幅約45×奥行22.5×高さ18.5cmとコンパクトなので、狭いキッチンや一人暮らしのワンルームに適したモノを探している方におすすめ。焼き魚だけでなく、肉や焼き鳥の調理にも使えるので1つ持っていると便利です。

また、消臭フィルターが搭載されているため、ニオイが気になる方にも適しています。両面ヒーターにより食材を裏返す必要がないのも魅力。使用後はフタや網を分解してきれいに丸洗いできます。

新津興器 HOME SWAN フィッシュロースター SFR-70

食卓にそのまま出してもおしゃれなブラックカラーが魅力のフィッシュロースター。サンマ2匹を焼くのにちょうどよいコンパクトサイズなので、1~2人で暮らす方におすすめです。上下にヒーターがあり、魚や肉を裏返さなくても美味しく仕上がるのが特徴。30分タイマーが付いているため、焼きすぎを防ぎます。

焼き網にはフッ素樹脂加工が施されており、魚の切り身や焼き鳥などが焦げ付きにくいのがポイント。気になるニオイを軽減する消臭フィルターも搭載しています。本体は分解できるため、油で汚れてもきれいに洗って片付けることが可能。小さめのフィッシュロースターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

杉山金属 ロースター アミアミ味一II KS-2741

自宅の庭やテラスで、焼き魚や焼き肉を楽しみたい方にぴったりのモデル。フタがないタイプでニオイも煙も出るため、屋内で使用する際は換気扇の下で使うのがおすすめです。本体下部にある水受けが余分な脂をしっかりキャッチするので、楽に後片付けできます。

セットしたアームの上に、省エネ反射板を乗せてヒーターに近づければ、高火力で食材を焼くことが可能です。また、付属の省エネカバーを使用すると、焼き時間を50%カット。短時間で素早く食材を焼き上げられるので、調理時間を短縮したい方にも適しています。

低価格で手軽に購入できるのが魅力。ホームーパーティーでも活躍する、人気のフィッシュロースターです。

ライソン(LITHON) 網焼魚グリル D-STYLIST KK-00382

シンプルな構造で簡単に扱えるフィッシュロースター。本体サイズが幅52×奥行10.5×高さ10.5cmとスリムなので、キッチンにグリルがない一人暮らしの方にもぴったりです。サンマなどの長さがある魚を焼いたり、切り身や焼き鳥を複数並べて焼いたりできるので、メニューの幅が広がります。コンパクトで収納場所も取りにくい仕様です。

食材から出る余分な脂を本体下部の専用トレイがキャッチするため、ヘルシーな料理を楽しめるのもポイント。網と専用トレイは取り外してきれいに洗えます。消臭フィルターなどは搭載されていないため、換気扇の下やベランダなどで使用するのがおすすめ。価格の安さと使いやすさが魅力の製品です。

フィッシュロースターの楽天市場ランキングをチェック

フィッシュロースターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。