調理の際の時短アイテムとして人気の「フードプロセッサー」と「ミキサー」。なんとなく“同じような用途で使うモノ”と思われがちですが、実は調理後の仕上がりが異なったり、それぞれ向き不向きの食材があるなど、違いがあります。

そこで今回は、フードプロセッサーとミキサーの違いを解説したのち、それぞれのおすすめモデルをご紹介。どちらかの購入を検討している方は、ぜひご一読ください。

フードプロセッサーとミキサーの違い

By: /amazon.jp

フードプロセッサーとミキサーの違いは、食材をペースト状などの個体に変化させるのか、それとも食材から液状に近い形にまで変化させるかにあります。

フードプロセッサーは、お肉をひき肉にしたり玉ねぎをみじん切りにしたい時など主に料理の下ごしらえをサポートしてくれる調理家電です。一方ミキサーは食材を細かく刻むことができ、水や牛乳などの水分と混ぜて液状に近い形にできる調理家電となります。

フードプロセッサーの特長

By: amazon.jp

フードプロセッサーの特長は、上述した通り料理の下ごしらえをする際に活躍します。お肉、お魚などをペースト状にしたり、刃を交換して野菜のみじん切りやスライスをすることも可能。

フードプロセッサーが向いている料理

フードプロセッサーは食材を細かくしてペースト状にできるので、お肉をミンチにしてハンバーグを作る際などに向いています。小さなお子さんがいる家庭では、離乳食作りにも役立つアイテムです。また、刃を交換することで大根おろしや野菜の千切りができるモデルもあります。

フードプロセッサーについてもっと知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ミキサーの特長

By: amazon.jp

ミキサーはフードプロセッサーとは違い、食材を細かく粉砕できます。食材と一緒に水分を混ぜることでジュースなどの液状に近い形にできるのが特長です。海外では「ブレンダー」とも呼ばれています。小さなお子さんがいる家庭では、離乳食を作る際の裏ごしなどで役立つおすすめアイテムです。

ミキサーが向いている料理

ミキサーは食材を水分と混ぜることで液状に近い形にできるので、ジュースやスムージー、スープ作りなどに向いています。食材の繊維質が残るのでドロっとした口当たりです。

ミキサーについてもっと知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

フードプロセッサーはミキサーとして代用可能?

By: amazon.jp

フードプロセッサーはミキサーとして代用可能です。ただし、ミキサーの場合であれば食材をしっかりと粉砕して液状に変えられますが、フードプロセッサーを使う場合は食材の食感が強い粗い仕上がりになります。

フードプロセッサーかミキサーかで購入を迷っているという方は、フードプロセッサーを購入しておくとお肉をミンチにしたり野菜を千切りにできるモデルがあるのでおすすめです。

フードプロセッサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P-W

ナイフカッターを搭載しており、「刻む」「する」「混ぜる」の調理が可能です。また「おろし・とろろカッター」も付属で付いているので、大根おろしを作ったりとろろも簡単にすれます。別途部品を購入することでスライス、千切りにも対応可能です。

食材を入れる器はキズが付きにくいガラス製。「入れすぎストッパー」機能で食材がこぼれ落ちてしまうなどのトラブルも回避できます。刻む、混ぜるなどの基本的な機能はしっかりと備えており、価格も比較的リーズナブルなコスパの高いアイテムです

パナソニック(Panasonic) フードプロッセッサー MK-K81-W

食材を粗くおろせる「鬼おろしカッター」を搭載したフードプロセッサーです。食材の水分が出にくいため、シャキシャキとした食感を楽しめるのが魅力。さらに、パン生地を練れる「パン羽根」、硬度が高いブラックチタンを採用した切れ味抜群の「ブラックハードチタンカッター」も付属しています。

また、機能面も充実しているのがポイント。混ぜ合わる時の速度は「高速」「あらびき」「低速」の3段階から調節が可能。混ぜ合わせる速度を変化させられるので、料理の幅を広げられさまざまな料理をサポートしてくれます。食材を入れ過ぎてしまった場合には「入れすぎストッパー」によって回転を停止させてくれるので安心して使うことが可能です。

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー YFA-200

本体サイズが18×10.5×13cmのコンパクトなサイズ感で、少量の食材を扱うのに便利なモデルです。基本的によく使われる「きざむ」「まぜる」機能だけが付いたシンプル操作です。玉ねぎを刻んで、ミンチと一緒に混ぜてハンバーグのタネを作ったりできます。

安全面もしっかりと考慮されており、本体に容器がしっかりとはまっていないと動かない仕組みです。価格もコンパクトな仕様なので収納がしやすく、一人暮らしの方や初めて使うという方にもおすすめの1台です。

ミキサーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) MetalLine ジュースミキサー TM8100

氷を入れたスムージーが手軽に作れる、大型のチタンカッターを搭載したミキサーです。強度のあるチタンカッターで、冷蔵庫で作った角氷もしっかりと砕けます。押している間だけ動く「フラッシュスイッチ」が付いているため、混ぜる量を自分好みで調節できるのも便利なポイントです。

ボトルの容量は1Lで、大量のジュースやスムージーを作ることが可能。調理中でもフタを取り外さずに食材を追加できる「センターキャップ」を搭載している他、ボトルはガラス製かつボトル台と分離できるのでお手入れも楽にできます。

ビタントニオ(Vitantonio) コードレスハンドブレンダー VHB-100

コードレスタイプのハンドブレンダーで、付属のカップまたは食材を入れているボウルや鍋の中でそのまま調理できます。機能は「つぶす」「混ぜる」「砕く」の3つが備わっており、スムージーや離乳食など多様な料理に対応。

フル充電時で約30分間使用でき、使わない時は充電台に立ててコンパクトに収納可能です。また、お肉のミンチができる「チョッパーアタッチメント」とホイップクリームの泡立てに使う「バルーンウィスク」も別途購入することで対応可能です。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-31

4枚のノコギリのようなギザギザの刃で食材をよりなめらかに粉砕します。毎分23500回の高速回転で氷を砕くこともでき、ボトルを本体にセットしたら自動的に回転がスタートして約40秒後に自動停止してくれるのも魅力です。

ジュースやスムージーなどを作った後は、ボトルのまま飲めるので洗い物も減らせます。また、保存用のキャップを付ければカバンなどに入れて持ち運ぶことも可能。見た目もポップでおしゃれなデザインなので、プレゼントにもぴったりなブレンダーです。

レコルト(recolte) ソロブレンダーサンテ RSB-2

容量300mlの1人分に丁度良いサイズのブレンダーです。撹拌したボトルをコップ代わりにできるので、出来立てのスムージーなどをそのまま飲めるのが魅力。専用の回転式ロータリーキャップも付属しており、食材の繊維感を気にしないで飲みたい場合はメッシュ側、食感を楽しみたい場合はオープン側など飲み方を選ぶことも可能です。

スイッチを押している間だけ動く簡単操作で、ボトルのパーツは外すことができ本体以外は丸洗いできます。こし器代わりにすれば離乳食を作る際にも役立つので小さなお子さんがいる家庭にもおすすめです。