家庭調理の手間を減らしたい、栄養バランスのとれた食事をしたいというニーズに応えてくれる「フードプロセッサー」と「ミキサー」。最近では性能も上がり、両者の間の差も少なくなってきています。

そこで今回は、フードプロセッサーとミキサーの違いや、それぞれに向いている料理などをご紹介。おすすめのアイテムもピックアップしていくので、どちらかの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フードプロセッサーとは?

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーとは、食材を細かく切って、野菜をみじん切りや千切りにしたり、お肉をミンチにしたりと、主に料理の下ごしらえとして使用するアイテムです。

刃を交換することで、さまざまな調理方法に対応できるのが魅力。ハンバーグなどの家庭料理から、離乳食作りまで幅広く利用できます。最近では、パン生地をこねる機能を装備しているタイプも人気です。

ミキサーとは?

By: amazon.co.jp

ミキサーとは、果物や野菜を細かく切り刻み、かき回して、ジュースやスムージー、スープを作るアイテムです。食材を丸ごと活用できるミキサーは、健康志向の強い方に根強い人気があります。

ミキサーは刃の交換ができず、混ぜて液体にするという、ひとつの機能に特化したアイテムです。「ブレンダー」と呼ばれる製品も、機能としてはミキサーと変わりません。

フードプロセッサーとミキサーの違い

フードプロセッサーの特徴

フードプロセッサーの特徴は、固体を切り刻んで、さらに細かい固体にすることです。主な役割は料理の下ごしらえで、食材をみじん切りにしたり、スライスにしたりと、家庭調理の時短アイテムとして重宝します。

刃を交換して千切りやすりおろし、ペーストなど、さまざまな調理に対応できるのも大きな特徴です。

フードプロセッサーについてもっと知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ミキサーの特徴

食材を細かく切るところまではフードプロセッサーと一緒ですが、ミキサーの場合は、粉砕した食材を撹拌して、ジュースやスムージーなどの滑らかな液体に仕上げます。

フードプロセッサーは「固体からさらに小さい固体」へ調理するのに対し、ミキサーは「固体から液体」へ調理する点が大きな違い。刃が交換できないので、料理よりもジュースやスムージー作りをしたい方にぴったりです。

ミキサーについてもっと知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

フードプロセッサーはミキサーとして代用できる?

By: amazon.co.jp

両方揃えるのはコストや収納スペースの問題で難しい場合もあります。フードプロセッサーは、カッターを交換することで、さまざまな調理ができる汎用性の高いアイテム。どちらを購入しようか迷っている方は、代用の利くフードプロセッサーの購入がおすすめです。

ただし、フードプロセッサーで食材をカットした場合は、ミキサーよりも荒くなるので、口当たりが変わることを留意しておきましょう。

フードプロセッサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

「ナイフカッター」と「おろし・とろろカッター」で、スタンダードな「きざむ」「する」「まぜる」「おろす」が可能なフードプロセッサーです。オプション部品を揃えれば、スライス・千切り・パン生地練りにも対応できます。

食材を入れる容器はガラス製で傷が付きにくいのも嬉しいポイント。また、「入れすぎストッパー」機能で、回している際に食材が溢れてしまうトラブルもありません。

フードプロセッサーの基本的な機能を押さえながらも、リーズナブルな価格設定も魅力。コスパのよい製品を求めている方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) フードプロッセッサー「鬼おろしカッター」搭載 MK-K81-W

パナソニック(Panasonic) フードプロッセッサー「鬼おろしカッター」搭載 MK-K81-W

「鬼おろし」の特徴を再現した「鬼おろしカッター」が付属したアイテム。粗くおろすことで水分が出にくく、シャキシャキした食感を生かせるのが魅力です。

「きざむ」「まぜる」「する」「おろす」「スライス・せん切り」「パン生地練り」といった、幅広い調理方法に対応。混ぜ合わせる速度は、高速・あらびき・低速の3段に切り替えが可能なほか、「入れすぎストッパー」機能も装備しています。

カッターは耐久性の高いブラックチタンを採用。ふたを押すと回転、離すと止まる構造のため、安全面にも配慮されています。一通りの機能が備わっているので、初めてのフードプロセッサーにおすすめです。

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー 350ml コンパクト グレー YFA-201

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー 350ml コンパクト グレー YFA-201

「きざむ」「まぜる」のシンプルな機能のみを搭載したアイテム。W18×D10.5×H13cmのコンパクトサイズで、キッチンの狭いスペースにも収納できます。お肉の場合、最大調理容量は200gなので、1~2人分の調理に最適です。

ワンプッシュでスタートできる簡単操作のほか、安全スイッチが備わっているため安心して使えます。価格帯としても安いので、一度フードプロセッサーを試してみたい方や、一人暮らしの方におすすめです。

テスコム(TESCOM) PureNatura フードプロセッサー TK440-W

テスコム(TESCOM) PureNatura フードプロセッサー TK440-W

「みじん切り」「おろし」のほか、お菓子作りのホイップクリームやメレンゲに対応する「ホイップ」機能を搭載したアイテム。すべての付属品が容器の中に収納できるオールインワン収納で、電源コードも本体下に巻きつけてすっきり収納可能です。

シリコンパッキン付きの蓋で、食材の飛び散りや漏れを防止します。ワンプッシュの簡単操作で、使い勝手も良好。お菓子をよく作る方や、コンパクトに収納できるフードプロセッサーを探している方におすすめのアイテムです。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサー 1.0リットル (2~3人分向き) DLC-101J

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサー 1.0リットル (2~3人分向き) DLC-101J

1台で、「切る・刻む」「こねる」「薄切り」「細切り」「おろし」の5役をこなすフードプロセッサー。W14×D21.5×H32.5cmと、収納にも困らないコンパクトサイズで、2~3人分の調理に最適なアイテムです。

ハンバーグ用の肉ミンチなら250g、玉ねぎのみじん切りな1玉を一度に作れるパフォーマンス。手でこねると30分かかるパン生地も、本アイテムなら約3分で完成します。

業務用にも採用している耐久性の高いインダクションモーターを採用。3段階安全構造で、安全面にもしっかりと配慮しています。また、容器は食洗器で洗えるのでお手入れも簡単です。

同ブランドのフードプロセッサーは、プロの料理人からも信頼の厚く安心。長い間愛用できる1台を探している方におすすめです。

ミキサーのおすすめモデル

ブラウン(Braun Household) ブレンダー パワーブレンド3 1.25ℓ JB3060BK

ブラウン(Braun Household) ブレンダー パワーブレンド3 1.25ℓ JB3060BK

ホットもアイスも対応した、1250mlの大容量ミキサー。氷を一瞬で砕けるハイパワー仕様で、忙しい朝の時間でもスムージーやジュースを素早く調理します。

「サーモレジストガラス」を採用しているため、熱いスープも調理可能です。対流を促す独自の「トライアングルジャグ」構造により、スピーディーかつ均一に食材を撹拌し、滑らかな口当たりに仕上げます。また、三角形の容器は注ぎやすく、使い勝手も良好です。

大容量にも関わらず、W19×D18.5×H38.5cmとコンパクトサイズなのも嬉しいポイント。パワーがありつつも、コンパクトなモデルを探している方はチェックしてみてください。

テスコム(Tescom) ミキサー TM8200

テスコム(Tescom) ミキサー TM8200

シンプルでスタイリッシュなデザインのミキサー。チタンコーディングの大型波刃を採用しているので、冷蔵庫の角氷もそのまま砕いてクラッシュアイスにできます。

大容量の1000mlで、素早くスムージーやジュースが調理可能。撹拌している途中でも、蓋を開けずに材料を追加できる「センターキャップ」が付いているのも使いやすいと人気です。

ミキサーボトルはガラス製で、台から外せるので洗いやすくお手入れも簡単。ボトルを逆さにして収納できるため、コンパクトにまとまるうえ、ホコリも入らず、いつでも清潔な状態で使用できます。

モーターに過剰な負荷がかかった場合には自動的に停止するなど、安全面も万全。価格も比較的安いので、コスパの高いおすすめのアイテムです。

Homgeek ミキサー

Homgeek ミキサー

容量が600mlで、2~3人分にぴったりなミキサー。300Wのハイパワーモーターと4枚波刃カッターで、スピーディーに食材を粉砕し、美味しいジュースやスムージーを作れます。冷蔵庫で作った2cm以下の氷ならクラッシュ可能です。

ボトルを外して、そのままドリンクホルダーとして持ち歩けるのも大きな魅力。漏れにくい構造のほか、キャップ付きなので飲み残しも冷蔵庫などに保管できます。

好きな食材を入れて、ボトルをセットして回すだけの簡単操作。ロック機能も付いているので、誤操作のリスクもありません。また、W10.5×D10.5×H36.4cmのコンパクトサイズも魅力。パーツは分解して隅々まで洗えるので、いつでも清潔に使用できます。

作った飲み物をそのまま持ち歩けるため、毎日の通勤やウォーキング、ピクニックなどにもおすすめです。

ティファール(T-fal) ミキサー ミックス&ドリンク BL1301JP

ティファール(T-fal) ミキサー ミックス&ドリンク BL1301JP

W10.5×D10.5×H31.5cmのコンパクトサイズにも関わらず、氷や冷凍フルーツなども粉砕できるハイパワーのミキサー。注ぐときや洗うときにも重さを感じさせないプラスチック製のジャーは、毎日の取り回しにストレスがありません。

2段階ロックシステムで、安全面もしっかり配慮。スピードも2段階に調節ができるので、食材に応じた使い方ができます。また、カッター部分は本体から取り外せるため、刃に付いた食材をきれいに落とせるのもポイント。コンパクトなミキサーが欲しい方におすすめのアイテムです。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-50

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-50

容量は400mlで、1人分にちょうどよいサイズのブレンダー。食材を入れてワンプッシュするだけのシンプル操作のほか、できた飲み物をそのままドリンクホルダーとして持ち歩けるのも嬉しいポイントです。また、キャップも付属なので飲み残しも保存できます。

サイズはW12×D12×H31cmで、キッチンに置いても邪魔にならないコンパクトサイズ。ロック機能も装備しているうえ、稼働してから約40秒後に自動で停止するので、忙しい朝の時間帯でもかかりきりにならず、手軽にスムージーを作ることができます。角氷は約3cm以下のものを粉砕可能です。

ポップなデザインもおしゃれ。毎朝手軽にスムージーを作りたい方や、おしゃれな友人へのプレゼントにも喜ばれるアイテムです。カラーは全4色がラインナップされています。

パナソニック(Panasonic) ミキサー MX-X301

パナソニック(Panasonic) ミキサー MX-X301

独自の「ブラックハードチタンコート ファイバーカッター」の搭載により、繊維をより細かく切ることで、なめらかな口当たりに仕上がるミキサー。氷も粉砕できるパワフルさで、かき氷も自宅で楽しめます。

ふたを開けなくても、途中で材料を追加できる「アレンジホール」が付いているのも便利。アレンジホールからかき混ぜられるブレンドバーも付属です。途中で水やはちみつなどを追加できるので、好みに合ったドリンクが作れます。

1000mlの大容量で、カラーはグリーンとレッドの2色をラインナップ。こだわりのスムージーを自宅でつくりたい方におすすめです。