健康志向の高まりにより、「忙しくても野菜や果物はしっかりと摂取したい」というユーザーが増えています。そんな悩みを解決してくれる家電はいくつかありますが、なかでも便利なのが調理家電の「ミキサー」です。

そこで今回は、ミキサーのおすすめモデルをご紹介します。誰でも簡単に新鮮なジュースを作れるのはもちろんのこと、食材を丸ごと活用することもできるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ミキサー・ジューサー・フードプロセッサーなどの違い

ミキサー(ブレンダー)

By: amazon.co.jp

ミキサーとは、野菜や果物をブレードで細かく切り刻む機能に特化した家電です。海外では「ブレンダー」と呼ばれることもあります。素材を撹拌(かくはん)してジュースにするため、繊維質がそのまま残りドロッとした仕上がりになるのが特徴。スムージーを作りたいときにもおすすめです。

ジューサー

By: amazon.co.jp

野菜や果物などの素材から水分を搾り出すモノがジューサーです。繊維質を取り除くことが可能で、さらりとした飲み口のジュースに仕上がります。

なお、念入りなお手入れが必要ですが、分離した搾りカスを活用することで、より栄養価を意識した料理が可能。また、素材を無駄なく使い切りたい方にもおすすめです。

フードプロセッサー

By: amazon.co.jp

料理の下ごしらえに用いられるのがフードプロセッサーです。刻む・混ぜる・スライスする・おろすなど、さまざまな作業ができます。固形素材を細かくすることがメインの用途です。

ミル

By: rakuten.co.jp

乾燥した食材を粉末にできるのがミル。煮干しなどの食材を細かく粉砕して、自家製ふりかけ作りになどに使用できるのが特徴です。

また、一般的なミルのほかに、用途を特化したコーヒーミルやフードミルもあります。コーヒーミルはコーヒー豆に対応しているので、自宅でも挽きたてのコーヒーを楽しめるのが魅力。フードミルは食材をペースト状にできるため、オリジナルのソースやマヨネーズなども作れます。

ミキサーを選ぶときのポイント

一度にたくさん作りたい方は「容量」を重視

By: amazon.co.jp

ミキサーの容量は機種によってさまざまなので、人数や作りたい量に応じて選ぶのが重要です。なお、複数人で使う場合はラインナップが豊富な1000ml前後の製品からピックアップするのがおすすめ。なお、1人用のミキサーを探している場合は400ml程度の機種で十分です。

食感にこだわりたい方は「ワット数」に注目

By: amazon.co.jp

ミキサーには、さまざまなワット数の製品がラインナップされています。ワットの数値が大きいミキサーは粉砕力が強く、食材を滑らかに仕上げやすいのが特徴。ジュースやスムージーを作りたい方におすすめです。

一方、野菜スープなど食感を残したいときは、ワット数の小さいタイプを選びましょう。刃の回転数を切り替えられる製品もあり、食材を好みに合わせて仕上げられます。

スムージーを作りたい方は「氷対応」かどうか確認

By: amazon.co.jp

野菜や果物の食物繊維まで摂れることで注目されているスムージーは、ミキサーを活用すれば自宅でも簡単に作れます。なお、スムージーは食材と水だけでも十分ですが、氷を活用することで、より飲みやすく仕上がるのがポイント。

ただし、すべてのミキサーが氷を粉砕できるとは限らないので注意が必要です。氷入りのスムージーを作るなら、必ず「氷対応」のミキサーを選びましょう。対応していない製品で無理に氷を砕くと、カッターの刃を傷める恐れがあります。氷以外にも硬い食材をミキサーにかける場合は、事前に対応できるかどうかしっかりと確認しておきましょう。

小さな子どもがいる家庭は「安全機能」があると安心

By: amazon.co.jp

ミキサーには、鋭利な刃が付いています。食材を簡単に粉砕する反面、指のケガには十分に注意が必要です。特に小さな子どもがいる家庭では、調理の手伝いをしている最中に思わぬ事故に遭う危険性があります。

しかし、「安全機能」が備わっているミキサーなら安心。フタが開いた状態では刃が回転しないなど、誤って指を切らないためのさまざまな工夫が施されています。大人でもお手入れのときの危険を回避できるので、購入する際は確認しておきましょう。

使用感を左右する「ジャーの素材」も忘れずにチェック

キズに強いガラスジャー

By: amazon.co.jp

ガラスジャーは耐久性があり、食材のニオイ移りも少なく衛生的です。また、食洗器に対応したモデルもあり、使用後のお手入れがラクなのもメリット。ただし、少し本体重量が重くなるので、使用頻度が多い方にとってはストレスを感じることもあります。機能性と本体の重さのバランスを考慮して選びましょう。

軽くて持ち運びが簡単なプラスチックジャー

By: amazon.co.jp

取り扱いやすいのが特徴のプラスチックジャー。製品価格も安く、手軽に使用できるのがメリットです。一方、長く使い続けるとジャーの表面に細かいキズが付くこともあります。食材のニオイ移りの恐れもあるので、メンテナンスは怠らないようにしましょう。

ミキサーのおすすめメーカー

ビタントニオ(Vitantonio)

By: rakuten.co.jp

1999年に誕生した調理家電ブランド。「日々のいい時間を、暮らしに寄り添う道具から。」というコンセプトのもと、さまざまなキッチン用品を展開しています。アイテムはポップで爽やかなデザインが多く、キッチンのインテリアとしても活躍してくれるのが特徴です。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーの代名詞ともいえる、アメリカのメーカー「クイジナート」。ミキサーに関しては、ホット&コールドに対応する機能が付いていたり、自動調理プログラムを搭載していたりと、使い勝手のよさが魅力です。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

創業50年を超える国産メーカー。「こんな機能があったら便利、うれしい」というユーザー目線を大切にした製品作りを続けています。キッチン家電だけでなく、マッサージ機やリビンググッズ、ビューティーケア用品など、さまざまな製品をラインナップしているのが特徴。女性を意識したアイテムを数多く展開しているのも特徴です。

ミキサーのおすすめモデル

ティファール(T-fal) ミックス&ドリンク ホワイト BL1301JP

ティファール(T-fal) ミックス&ドリンク ホワイト BL1301JP

約幅105×奥行105×高さ315mmのコンパクト設計にも関わらず、氷も砕けるほどのハイパワーなミキサーです。回転スピードを高速・低速の2段階に調整できるのが特徴。滑らかなスムージーをスピーディーに作りたいときは高速回転を使うなど、食材に合わせて調節できます。

安全性の高い「2段階ロックシステム」を採用しているので、誤作動してケガをするリスクが少なく済みます。また、300gの軽量なプラスチックジャーなため、飲み物を注ぐときや洗うときにお手入れしやすいのもポイント。軽くて毎日の取り回しが楽なのも魅力です。

キッチンに置いても場所をとらないコンパクトボディのほか、カッターの部分は本体から取り外して洗えるため衛生的。軽量でお手入れも簡単、パワフルさも兼ね備えたおすすめのミキサーです。

クイジナート(Cuisinart) オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ

クイジナート(Cuisinart) オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ

4~5人分が一気に作れる1750mlの大容量ミキサーです。自動調理プログラムを搭載しているのが特徴。「スープ」「ソース」「フルーツスムージ」「ベジスムージ」の4種類と、「アイスクラッシュ」が作れます。ボタンひとつで栄養価の高いヘルシー調理が可能です。また、1400mlまでの熱湯も使用できるため、温かいスープなども作れます。

「イージークリーニング機能」が搭載されているのも嬉しいポイント。ヒーター部分にこびりついた汚れを浮き上がらせるので、お手入れも簡単です。

ワット数は最大1000Wとハイパワーなため、食材をスピーディーに粉砕できます。毎日たくさんの調理をする方におすすめのミキサーです。

テスコム(TESCOM) ミキサー TM8200

テスコム(TESCOM) ミキサー TM8200

大型の波刃チタンカッタを採用しているミキサー。冷蔵庫の角氷10個をそのまま砕いてクラッシュアイスにできます。お手入れが簡単なガラス製のほか、ミキサーボトルとボトル台が分離できるため、細かいところまで掃除が可能です。

また、誤作動を防ぐ安全設計になっているので、子どもでも安心して使えます。邪魔なコードもすっきり収納できるコンパクト設計で、どんな場所にもフィットしやすいおすすめのミキサーです。

オスター(Oster) アーバンブレンダーミキサー450W

オスター(Oster) アーバンブレンダーミキサー450W シルバー

1924年にアメリカで創業したオスター社が展開している、クラシックなデザインが特徴のアイテムです。強靭なステンレスカッターを採用しており、野菜はもちろん、氷もスピーディーに粉砕できるのが特徴。3段階のスピード調整機能付きで、料理に応じた使い分けもできます。

ジャーと土台の接合部分は、耐久性を追求した独自の「オール・メタル・ドライブシステム」を採用。できるだけ長く使いたい方への配慮がされているのもポイントです。ジャーはお手入れが簡単なガラス製で、食洗器にも対応しています。

カラーバリエーションは、シルバー・ブルー・レッドの3種類をラインナップ。自分好みの1台を見つけやすい、おすすめのミキサーです。

ミキサーのおすすめモデル|スムージー・ジュース向け

ホームグリーク(homgeek) ミキサー

ホームグリーク(homgeek) ミキサー

ボトルに食材を入れて、ワンプッシュでジュース・スムージーが作れるミキサーです。立体的な4枚刃を採用しているのが特徴。30秒ほど撹拌させれば、さらりとした口当たりのよいジュースが作れます。

容量は1人分にぴったりな400ml。できあがった飲み物は、そのままボトルとして持ち歩けるのも嬉しいポイントです。携帯しやすいように取っ手のついたフタと、滑らかな口当たりにするフィルタが付属しているのも魅力。

さらに、ブレードやゴムパッキンも本体から取り外しでき、隅々まで洗いやすいのもポイント。約幅90×奥行98×高さ310mmのコンパクト設計で、キッチンに置いても邪魔にならないおすすめのミキサーです。

フカイ工業(FUKAI) ガラスボトルミキサー FJM-601

フカイ工業(FUKAI) ガラスボトルミキサー FJM-601

2~3人分の飲み物を作るのに最適な、容量750mlのミキサー。ニオイや汚れが付きにくいガラス製のほか、ガラスボトルとボトル台が取り外せるため、隅々まで洗えていつでも衛生的に使用できます。

回しすぎなどによってモーターが過熱すると、自動で停止する仕様なので安心。氷も粉砕できるため、ジュースだけでなくスムージーも作れます。シンプルな機能だけを搭載しており、リーズナブルな価格も大きな魅力です。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-31

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー レモン VBL-31-LE

ポップなデザインが人気のミキサーです。容量は1人分にぴったりの400ml。235Wのハイパワーと毎分23,500回の高速回転によって、氷も簡単に粉砕できます。ドリンク用キャップと保存用キャップが付いているのも嬉しいポイント。作ったボトルをそのまま持ち歩けます。

ボトルに食材を入れて押したままひねると、ロックがかかり自動回転するのも魅力。約40秒後に自動停止するので調理中にかかりきりにならず、忙しい朝にも重宝します。

カラーはレモン・カシス・オレンジの3色をラインナップ。コンパクト設計のうえ、キッチンのインテリアとしても活躍するおすすめアイテムです。

ビタントニオ(Vitantonio) ミニボトルブレンダー VBL-3

ビタントニオ(Vitantonio) ミニボトルブレンダー ラズベリー VBL-3-RB

飲み切りサイズの280mlで、手軽さが魅力のミキサーです。ボトルに食材をセットしてプッシュするだけなので、ミキサーを使い慣れていない方でも安心して使えます。持ち運びや保存に便利なパッキン付きのフタが付いているため、携帯・保存性にも優れたアイテムです。

また、新素材「トライタン」を採用しているのもポイント。万が一床に落としても割れにくく、耐久性にも優れています。各パーツは取り外せて洗えるので、お手入れも簡単です。

約幅76×奥行76×高さ257mmのスリムボディーなため、キッチンの狭いスペースにも収納可能。ポップなカラーで見た目もおしゃれなので、一人暮らしをしている方へのプレゼントとしてもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー IBB-600

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー IBB-600

チタンコーティングされた4枚カッターのミキサー。強度・耐久性に優れており、フルーツ・野菜・氷なども細かく粉砕できるのが特徴です。食材をボトルに入れてワンプッシュするだけで、おいしいジュースやスムージーが作れます。

330・600mlのボトル2本が付属しているため、用途に合った使い分けができるのも嬉しいポイント。できあがったドリンクはキャップをつけて、そのまま持ち運び可能です。

素材は丈夫なトライタンを採用しており、万が一落としても割れにくい仕様なのも魅力。パーツはそれぞれ取り外しができるので、いつまでも衛生的に使えます。自宅やオフィス、ピクニックなど、1台あれば重宝するおすすめのミキサーです。

パナソニック(Panasonic) ミキサー MX-X301

パナソニック(Panasonic) ミキサー グリーン MX-X301-G

「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」を搭載したミキサー。食材の繊維質を細かく撹拌でき、滑らかな口当たりのよいスムージーが作れるのが特徴です。パワフルで氷も粉砕でき、自宅でかき氷も楽しめます。

また、フタの中央に「アレンジホール」を搭載しているのもポイント。とろみの少ないときは、あとから水を入れたり、歯ごたえが欲しいときは食材を追加したりと、こだわりのスムージーを自宅で手軽に作れます。

さらに、アレンジホールからかき回せる「スムージーバー」が付属しているのも嬉しいポイント。作り終わったスムージーをかき出したいときも便利です。容量は1000mlで、グリーン・レッドの2色をラインナップ。ぜひ好みのカラーをチョイスしてみてください。

ミキサーのおすすめモデル|離乳食向け

イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

独自の4枚刃カッターを搭載し、氷や冷凍食品も粉砕できるミキサー。容量は、1人分の260ccとミル専用の75cc。どちらの容器もガラス製なので、レンジ加熱できるのが特徴です。

ミキサーで砕いた食材をそのままレンジで温められるため、離乳食を作る際に重宝します。また、小容器を使うと食材をパウダー状にできるので、手作りのふりかけや出汁など、栄養価の高い離乳食を作るときも便利です。

また、本体とカッターは煮沸消毒も可能。いつでも衛生的に使えるのも嬉しいポイントです。約幅106×奥行131×高さ273mmのコンパクト設計で、キッチンの狭いスペースにも収まります。

イワタニ(Iwatani) サイレントミルサー おろしカッターセット IFM-S30G-SET

イワタニ(Iwatani) サイレントミルサー おろしカッターセット IFM-S30G-SET

赤ちゃんのお昼寝のときでも安心して使える、低騒音設計のミキサー。野菜や果物を手軽にすりおろしできる「おろしカッター」がセットになっており、離乳食作りに大活躍するアイテムです。

本体のガラス容器は、電子レンジにも対応。野菜を粉砕してそのままレンジで温められるので、スピーディーに野菜スープができあがります。カッターと一緒に煮沸消毒できるため、衛生的に使用できるのもポイントです。

75・260ccの2つの容器が付属されているので、調理内容に合わせて使い分けができるのも魅力。新開発の4枚刃カッターを搭載しており、冷凍食品はもちろん、氷やナッツ類なども粉砕できます。離乳食から普段の料理シーンまで、幅広く活用できるおすすめのミキサーです。

ホチナル USB充電式ミキサー

ホチナル USB充電式ミキサー

容量350mlの、USB充電式ミキサーです。コンセントを必要としないので煩わしさがなく、携帯性に優れているのが特徴。出先で離乳食を作りたいときにも重宝します。

ハイパワーモーターとパワフルな6枚刃を搭載しているのも魅力。滑らかな口当たりのよい離乳食が時間をかけずに作れます。漏れ防止設計のボトルにはフタも付いてくるため、作ったあとにそのまま持ち歩けるのも嬉しいポイントです。

150℃の耐熱素材でできているガラス製のボトルは、熱湯消毒も可能。また、ボタンひとつできれいにしてくれる「自動清潔機能」も搭載しています。

さらに、外出先でスマホの電池が切れたときにもモバイルバッテリーとして利用できる優れモノ。機能性にこだわったミキサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シロカ(siroca) ミル付きミキサー SJM-180G

シロカ(siroca) ミル付きミキサー SJM-180G

チタンコーティングの4枚刃で、氷も粉砕できるパワフルなミル付きミキサー。容量は800mlと大容量で、一度に大量の離乳食を作って冷凍保存もできるため便利です。

また、フタを開けないセンターキャップ仕様なのもポイント。あとから調味料をサッと入れられるので、使い勝手も良好です。カッターなどの各パーツはそれぞれ取り外しができるため、いつでも衛生的に使用できます。さらに、本体に正しく設置されていないと作動しない安全設計なので、不注意によるケガの心配もありません。

本製品は、800・1500mlの2モデルをラインナップ。利用シーンや人数に合ったタイプを選んでみてください。

コイズミ(Koizumi) 小型ミルミキサー KMZ-0401

コイズミ(Koizumi) 小型ミルミキサー グリーン KMZ-0401/G

リーズナブルな価格が特徴のミルミキサー。容量は1人分にちょうどよい400mlで、気軽に扱えるのが魅力です。ミキサーではドリンクやスープ、ミルではふりかけやソース、離乳食のペーストが作れます。幅広いシーンで活躍するので、1台持っていると重宝するアイテムです。

また、ボトルを正しくセットしないと作動しない設計で、誤作動によるケガの危険性が少ないのもポイント。約幅138×奥行115×高さ280mmのコンパクトサイズのほか、コードもすっきり収納できるため収納場所にも困りません。コストパフォーマンスに優れたミキサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

番外編:ミキサーのおすすめレシピ

にんじんバナナジュース

By: meijioishiigyunyu.com

用意するのは、にんじん、バナナ、はちみつ、牛乳。すべてミキサーに入れてしっかりと回せば、栄養満点のオリジナルジュースが作れます。甘みがあるのがポイント。にんじんが苦手な方にもおすすめです。

グリーンスムージー

By: amazon.co.jp

小松菜、バナナ、牛乳をミキサーに入れて攪拌し、小松菜が細かくなったら完成です。食材の繊維質をそのまま摂取できるというミキサーの特徴を活かせます。健康のために毎朝飲み続けるのもおすすめ。氷対応のミキサーなら、ひんやりとしてよりおいしく飲めます。

野菜スープ

野菜嫌いな方でもおいしく食べられるスープ。にんじんや玉ねぎ、じゃがいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱しましょう。粗熱がとれたら、牛乳とコンソメを加えて一緒にミキサーにかけたらできあがり。健康志向の方はもちろん、野菜不足が気になる子どもやシニア層にもおすすめです。