忙しくても野菜や果物をしっかりと摂取したい方におすすめなのが「ミキサー」。簡単に新鮮なジュースを作れるのはもちろんのこと、食材をまるごと活用できるため、健康志向の高い方はぜひ取り入れたい調理家電です。

そこで今回は、ミキサーのおすすめモデルをご紹介します。選ぶ際のポイントも解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ミキサーとは?

ミキサーは、手軽に食材をかくはんできる調理家電。専用の容器にフルーツや野菜などの固体や、液状・粉状の食材を入れてスイッチを入れると、容器下部にある刃が回転し、食材を細かく粉砕しながらかくはんします。自家製のジュースやスープ、赤ちゃんの離乳食を簡単に調理できるのが魅力です。氷を砕ける機種を使えば、冷たくておいしいスムージーも作れます。

フードプロセッサー・ブレンダー・ジューサーとの違い

フードプロセッサー

フードプロセッサーは、大きめのカッターが搭載された調理家電。肉や魚、野菜などを切り刻むのに適しています。食材の触感を残した仕上がりになるため、料理の下ごしらえや離乳食づくりに便利です。

食材をなめらかにできる機能付きのモノなら、魚のすり身やトマトペーストなども作れます。また、パン生地をこねる作業や千切りができる機種も便利です。

ブレンダー

By: amazon.co.jp

ブレンダーとは、実はミキサーと同じモノのこと。日本ではミキサーと呼ばれていますが、海外ではブレンダーという呼称が一般的です。容器内の刃を回転させることで渦を起こし、食材や液体をかくはんします。

最近は、手に持って気軽に使えるスティック状の「ハンドブレンダー」も人気。コンパクトなので、ボウルやカップに少量の食材を入れてかくはんするのに便利です。アタッチメントを替えればフードカッターや泡立て器として使えるモデルもあります。さまざまな種類の製品があるため、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

ジューサー

ジューサーは、フルーツや野菜を細かく粉砕する、ジュース専用の調理家電です。果汁と繊維を分離できるので、ミキサーやブレンダーよりもなめらかで口当たりのよいジュースを作れます。好みのフルーツや野菜を使っておいしいジュースを作りたい方や、ヘルシー志向の方におすすめの製品です。

ミキサーを選ぶときのポイント

一度にたくさん作りたい方は「容量」を重視

By: amazon.co.jp

ミキサーの容量は機種によってさまざまなので、人数や作りたい量に応じて選ぶのが重要です。複数人で使う場合は、ラインナップが豊富な1000ml前後の製品からピックアップするのがおすすめ。また、1人用のミキサーを探している場合は400ml程度の機種が適しています。

食感にこだわりたい方は「ワット数」に注目

By: amazon.co.jp

ミキサーには、さまざまなワット数の製品がラインナップされています。ワットの数値が大きいミキサーは粉砕力が強く、食材をなめらかに仕上げやすいのが特徴。ジュースやスムージーを作りたい方におすすめです。

一方、野菜スープなど食感を残したいときは、ワット数の小さいモデルや弱運転が可能なモデルを選びましょう。刃の回転数を切り替えられる製品もあり、好みに合わせて仕上げられます。

スムージーを作りたい方は「氷対応」かどうか確認

ミキサーを活用すれば、野菜や果物の食物繊維まで摂れるスムージーを自宅でも簡単に作れます。なお、スムージーは食材と水だけでも十分ですが、氷を活用することで、より飲みやすく仕上がるのがポイントです。

ただし、すべてのミキサーが氷を粉砕できるとは限らないので要注意。氷入りのスムージーを作るなら、必ず「氷対応」のミキサーを選びましょう。対応していない製品で無理に氷を砕くと、カッターの刃を傷める恐れがあります。氷以外にも硬い食材をミキサーにかける場合は、事前に対応できるかどうかしっかりと確認してみてください。

小さな子供がいる家庭は「安全機能」があると安心

By: amazon.co.jp

ミキサーには、鋭利な刃が付いています。食材を簡単に粉砕できる反面、指のケガには十分に注意が必要。特に小さな子供がいる家庭では、安全機能を備えているミキサーを選ぶと安心です。

フタが開いた状態では刃が回転しないなど、誤って指を切らないためのさまざまな工夫が施されています。大人でもお手入れのときの危険を回避できるので、購入する際は確認しておきましょう。

使用感を左右する「ジャーの素材」も忘れずにチェック

キズに強いガラスジャー

By: amazon.co.jp

ガラスジャーは耐久性があり、食材のニオイ移りも少なく衛生的です。また、食洗器に対応したモデルもあり、使用後のお手入れがラクなのもメリット。ただし、本体重量がやや重くなるので、使用頻度が多い方にとってはストレスを感じることもあります。機能性と本体の重さのバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

軽くて持ち運びが簡単なプラスチックジャー

プラスチックジャーは、取り扱いやすさが魅力です。製品価格も安く、手軽に使用できます。一方、長く使い続けるとジャーの表面に細かいキズが付くこともあるので要注意。食材のニオイ移りの恐れもあるので、メンテナンスは怠らないようにしましょう。

ミキサーのおすすめメーカー

テスコム(TESCOM)

創業50年を超える国産メーカー。「こんな機能があったら便利、うれしい」というユーザー目線を大切にした製品作りを続けています。キッチン家電だけでなく、マッサージ機やリビンググッズ、ビューティーケア用品など、さまざまな製品をラインナップしているのが特徴です。

ミキサーにおいては、シンプルな設計ながら、高性能なモデルがラインナップされているのがポイント。ハンドブレンダータイプも販売されているので、好みや用途にあわせて選べます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、テレビやエアコンなどの大型家電からキッチン家電、インテリア家電まで多岐にわたる電化製品を製造している大手国内メーカーです。ミキサーも豊富な種類があり、安価な単機能モデルから大型で強力なモノまで、用途に合わせてさまざまな製品を揃えています。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、フランスに本社を置く世界的な人気家電ブランド。フライパンやケトルで知られており、調理家電やアイロンなどの生活家電が有名です。

赤と白を基調とした、インテリアと調和するおしゃれな製品が多いのも特徴。簡単な操作にこだわっているため、ミキサーにおいてもボタンの数が少なかったりパーツが分かりやすく色分けされていたりするなど、使いやすい配慮が随所に散りばめられています。

ミキサーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) Pure Natura TM856

大型波刃のブラックチタンカッターを採用したミキサー。冷凍庫で作った角氷をそのまま砕いてクラッシュアイスにできるため、スムージーも簡単に作れるのが魅力です。

たっぷり入る1000mlのボトルには、手入れの簡単なガラスを採用。ミキサーボトルとボトル台は取り外して洗えるため、いつでも清潔に使えます。また、ボトルを逆さにしてボトル台を覆うようにすればコンパクトに収納できるので便利です。

モーターを過剰な負荷から守る「モーター保護装置」を搭載しているのもポイント。材料を詰め込みすぎたり、硬い材料を入れたりしたときに、故障からモーターを守るために自動停止します。長く使える便利なモデルが欲しい方におすすめです。

テスコム(TESCOM) スティックブレンダー THM311

食材を混ぜたりつぶしたりできるスティックタイプのブレンダー。野菜を茹でた小鍋に直接入れて使えるので、料理の下ごしらえも簡単です。ブレンダーは金属製のため熱湯消毒が可能。ニオイや色移りの心配も少なく、衛生面でも安心して使えます。

本体のほか、便利な目盛り付きのブレンドカップも付属。調理に使えるほか、作ったソースなどをそのまま冷蔵庫で保存するときにも重宝します。また、取扱説明書には簡単なレシピも付属しているので便利です。

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X301

繊維質までかくはんできる、パナソニック独自の「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」を搭載したミキサー。のこぎりのような刃先を持つ大型刃で、パワフルな切れ味が特徴です。硬い食材はもちろん氷まで粉砕できるので、かき氷も作れます。

容器の上部に食材を後入れできる「アレンジホール」を搭載しているのもポイント。食感を残したいモノを後入れすれば、よりさまざまな楽しみ方が可能です。

また、ほうれん草などの葉野菜はミキサー内で空回りしがちですが、付属の「スムージーバー」を使えば、フタを閉めたままかき混ぜることが可能。容器内の底に残った食材をかき出すときにも使えて便利です。

パナソニック(Panasonic) タンブラーミキサー MX-XP102

なめらか食感のスムージーが作れるタンブラーミキサー。切削性の高いファイバーカッターを採用しており、チアシードなどのスーパーフードが入ったスムージーも作れるのが魅力です。

タンブラー部分には、手入れの簡単な「トライタンTM樹脂」を採用。食洗器にも対応しており、忙しい朝でも気軽に使用できます。また、タンブラーには専用の蓋も付いているため、短時間であれば持ち運びも可能です。

サイズは12.3×32.7×12.3cmで、容量は約400mlとコンパクト。ミキサーを使ったレシピブックも付属しているので、初めて購入する方にもおすすめです。

ティファール(T-fal) ミキサー ミックス & ドリンク BL1301JP

氷や冷凍フルーツも砕ける、パワフルな300Wのミキサーです。スピードは食材に合わせて2段階調節が可能。料理の下ごしらえから、なめらかな口当たりのスムージーまで幅広いレシピに対応できます。

本体の幅と奥行きはいずれも約10.5cmとコンパクトなので、収納時も場所を取りにくいのもポイント。また、ジャーの重量は約300gと軽いのも魅力です。さらに、カッター部分を取り外してすみずみまで洗えるため、清潔な状態をしっかりと保てます。

ティファール(T-fal) ミックス&ドリンク ネオ BL13AEJP

ティファール独自のPowelix lifeブレードを採用したパーソナルサイズのブレンダー。4枚刃とチタンコーティングで高耐久を実現しています。モーターを冷やすことでパフォーマンスを長続きさせる「エアークーリングシステム」も搭載し、長く使えるのが魅力です。

300Wのハイパワーモデルなのも特徴。氷を砕けるアイスクラッシュ機能を備え、硬い食材でもしっかりとブレンドできます。また、スピードを高速と低速から調節できる2段階スピード設定にも対応。食材に合わせて速度を選べて便利です。

容量は約600ml、サイズは10.5×31.5×10.5cmとコンパクト。ジャー部分は軽量なプラスチックを採用しており、手入れも簡単にできます。コンパクトなハイパワーモデルを探している方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミキサー SKT-N100K

音が気になる方におすすめのミキサーです。従来品より実感音を約45%カット。控えめの運転音で、会話などを妨げにくいのが特徴です。

カッターは、切れ味のよさが長持ちする「ブラックチタンコート」の6枚刃。刃先がのこぎり状なので、アボカドの種やフルーツの皮までしっかりと粉砕します。スムージーやスープがなめらかに仕上がるだけでなく、食材のおいしさと栄養をまるごと摂れる点も魅力です。

使用後はパーツを分解してすみずみまで洗えるため衛生的。また、コードはリール式で、すっきり収納できるのもポイントです。

シロカ(siroca) crossline SJM-180G

氷もまるごと砕けるパワフルなミキサー。後入れ材料を追加投入できるセンターキャップや、ミル機能を搭載。手軽に離乳食作りをしたい方におすすめです。

また、800mlと大容量のガラス製ボトルを採用しているのもポイント。少人数で使用する方から家族で使用する方まで幅広く使用できます。4枚刃のチタンカッター部分だけを取り外せるため、洗浄する際に指を入れてケガをしてしまうリスクを減らせるのも魅力です。

フカイ工業(FUKAI) ジュースミキサー FJM-601

リーズナブルな価格ながら、料理の下ごしらえからスムージー作りまでこなせるミキサーです。ステンレス製4枚刃で、フルーツや野菜の繊維まで細かくカット可能。硬い氷も粉砕できるので、かき氷やフローズンアイスも作れます。

「サーキットプロテクター」を採用しており、回し過ぎによってモーターが加熱されると一度スイッチが切れる仕様なのもポイント。また、幅と奥行きはそれぞれ約17cmで、省スペースに設置できる点も魅力です。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500WJ

ジュースやスープ、離乳食作りに便利なハンドブレンダーです。従来品より約250g軽量化したことで、片手でも持ちやすく疲れにくいのがポイント。付属のブレードは取り換えられるため、さまざまな用途に使えます。

スピードはダイヤル式で、無段階調節が可能。また、電源のオンオフは、本体を握りながらワンタッチで簡単に操作できます。調理に使える目盛り付きの800mlカップのほか、多彩なレシピブック付き。いろいろな料理やデザート、ドリンク作りが楽しめるおすすめアイテムです。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ745

1台で「混ぜる・砕く・つぶす・きざむ・泡立てる」といった作業をこなせるマルチなブレンダーです。スイッチボタンを握る強さでスピードを変えられるので、自由にコントロールできるのが魅力。また、独自のベル型シャフトが食材を内側に巻き込むため、食材が詰まりにくく、混ざり方も均一に仕上がります。

ポタージュやパスタソース、マッシュポテトなどを作る際は、ブレンダーの先端をボウルや鍋に直接入れて調理可能。回転刃カバーが飛び散りを防ぐ設計なので、服や周囲を汚しにくいのもポイントです。

付属の「アイス用カッター」を使えば、氷もあっという間に粉砕可能。スムージーやシェイク、カクテルなどのアイスドリンクも作れます。さらに、アタッチメントはすべて取り外しが可能。食洗器で洗えるので、使用後のお手入れも簡単です。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック1 MQ100

手軽に使いやすいスティックタイプのブレンダー。「つぶす・混ぜる」の作業に特化したシンプルな1台です。人間工学に基づいたデザインなので持ちやすく、ワンタッチで使いやすい大きなスイッチを搭載。また、重さも約565gと軽量のため、長時間使っても疲れにくいのが特徴です。

ブレンダーの先端には、ブラウン独自のベル型シャフトを採用しています。ソースやスープ、ドリンクなどをきめ細やかに仕上げられるだけでなく、周囲への飛び散りも防げるので、キッチンが汚れにくいのもポイント。調理の際は付属のカップを使うほか、食材入りの鍋やボウルにブレンダーを直接入れて使えるため便利です。

日立(HITACHI) VEGEE HX-C2000

手動式の真空ポンプを搭載したパーソナルブレンダー。かくはん時に空気に触れることで起こる食材の変色や酸化を抑えられるのが魅力です。また、真空環境で鮮度をキープする保存ボトルが付いているのも魅力です。

ブレードには非対称チタンコーティング刃を採用。真空環境と合わせ、泡立ちや分離に強いなめらかなスムージーを作れます。

ボトルは約600mlと1~2人分に適した容量。色彩が鮮やかで栄養素がしっかりとれる「ファイトケミカルスムージーレシピBOOK」も付属するため、日々の生活にスムージーを取り入れてみたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー IBB-600

自家製のジュースやスムージーを手軽に作って持ち運べるブレンダーです。付属のドリンクキャップを装着すれば、水筒代わりに携帯して直飲みができます。また、保存容器としてそのまま冷蔵庫にも入れておけるため便利です。

付属のボトルは容量330・600mlの2種類があるので、外出用と自宅用など使い分けも可能。ボトルに好きな食材を入れて本体に装着し、スタートボタンを押すだけであっという間においしいドリンクが完成します。ボトルは軽くて丈夫な素材で、食洗器が使えるのでお手入れもラクです。

カッターはチタンコーティングを施したステンレス製の4枚刃。鋭い切れ味で氷も粉砕できるので、ひんやりとおいしいスムージー作りも可能です。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-50

容量約400mlのボトルに食材を入れて押すだけで、少量のジュースやピューレ、ソース作りができるブレンダー。ボトルにフタをすればそのまま持って出かけたり、冷蔵庫で保存したりできるので便利です。

ボトルを押してひねると自動でロックされてかくはんがスタートし、40秒後に自動停止する仕様。つきっきりになる必要がなく、忙しい朝などにも重宝します。

また、本体サイズが幅12×奥行き12cmとコンパクトなので、狭いキッチンでも置きやすく、収納場所を取りにくいのもポイント。丸みのあるボディデザインもかわいらしいおすすめアイテムです。

番外編:ミキサーのおすすめレシピ

にんじんバナナジュース

By: meijioishiigyunyu.com

用意するのは、にんじん・バナナ・はちみつ・牛乳。すべてミキサーに入れてしっかりと回せば、栄養満点のオリジナルジュースが作れます。ほどよい甘みがポイント。にんじんが苦手な方にもおすすめです。

グリーンスムージー

By: amazon.co.jp

小松菜・バナナ・牛乳をミキサーに入れてかくはんし、小松菜が細かくなったら完成です。食材の繊維質をそのまま摂取できるミキサーの特徴を活かせます。健康のために毎朝飲むのもおすすめ。氷対応のミキサーなら、ひんやりとしてよりおいしく飲めます。

野菜スープ

野菜嫌いな方でもおいしく食べやすいスープ。まずは、にんじん・玉ねぎ・じゃがいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱しましょう。粗熱が取れたら牛乳とコンソメを加え、一緒にミキサーにかけて完成。健康志向の方はもちろん、野菜不足が気になる子供やシニア層にもおすすめです。