健康志向の高まりにより、「忙しくても野菜や果物はしっかりと摂取したい」というユーザーが増えています。そんな悩みを解決してくれる家電はいくつかありますが、なかでも便利なのが調理家電の「ミキサー」です。

ただ、いざ購入しようと思うと、どの製品も似たり寄ったりでイマイチ違いがわからないもの。そこで今回は、ミキサーのおすすめモデルをご紹介します。誰でも簡単に新鮮なジュースを作れるのはもちろんのこと、食材を丸ごと活用することもできるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ミキサー・ジューサー・フードプロセッサーなどの違い

ミキサー(ブレンダー)

By: amazon.co.jp

ミキサーとは “野菜や果物をブレードで細かく切り刻む”機能に特化した家電です。海外ではブレンダーと呼ばれることもあります。素材を撹拌(かくはん)してジュースにするため、繊維質がそのまま残りドロッとした仕上がりになるのが特徴。スムージーを作りたいときにもおすすめです。

ジューサー

By: amazon.co.jp

野菜や果物などの素材から水分を搾り出すモノがジューサーです。繊維質を取り除くことができるので、さらりとした飲み口のジュースに仕上がります。

なお、念入りなお手入れが必要ですが、分離した搾りかすを活用することで、より栄養価を意識した料理が可能。また、素材を無駄なく使い切りたい方にもおすすめです。

フードプロセッサー

By: amazon.co.jp

料理の下ごしらえに用いられるのがフードプロセッサーです。刻む・混ぜる・スライスする・おろすなどさまざまな作業ができます。固形素材を細かくすることがメインの用途です。

ミル

By: amazon.co.jp

乾燥した食材を粉末にできるのがミル。煮干しなどの食材を細かく粉砕して、自家製ふりかけ作りになどに使用できます。手動式と電動式があり、一度に処理できる容量が少ないのが特徴です。

一般的なミルの他に、用途を特化したコーヒーミルやフードミルもあります。コーヒーミルはコーヒー豆に対応するので、自宅でも挽きたてのコーヒーを楽しめるのが魅力。フードミルは食材をペースト状にできるので、オリジナルのソースやマヨネーズなども作れます。

ミキサーを選ぶときのポイント

一度にたくさん作りたい方は「容量」を重視

By: amazon.co.jp

ミキサーの容量は機種によってさまざまなので、人数や作りたい量に応じて選ぶのが重要です。なお、複数人で使う場合はラインナップが豊富な1L前後の製品からピックアップするのがおすすめ。なお、一人用のミキサーを探している場合は400ml程度の機種で十分です。

食感にこだわりたい方は「ワット数」に注目

By: amazon.co.jp

ミキサーにはさまざまなワット数の製品が販売されています。ワットの数値が大きいミキサーは粉砕力が強く、食材を滑らかに仕上げられる傾向にあります。ジュースやスムージーを作りたいという方におすすめです。

一方、野菜スープなど食感を残したいときは、ワット数の小さいタイプを選びましょう。刃の回転数を切り替えられる製品もあり、食材を好みに合わせて仕上げられます。

スムージーを作りたい方は「氷対応」かどうか確認

By: amazon.co.jp

野菜や果物の食物繊維まで摂れることで注目されているスムージーは、ミキサーを活用すれば自宅でも簡単に作れます。なお、スムージーは食材と水だけでも十分ですが、氷を活用することで、より飲みやすく仕上がるのがポイントです。

ただし、すべてのミキサーが氷を粉砕できるとは限りません。氷入りのスムージーを作るなら、必ず「氷対応」のミキサーを選びましょう。対応していない製品で無理に氷を砕くと、カッターの刃を傷める恐れがあります。氷以外にも硬い食材をミキサーにかける場合は、事前に対応できるかどうかしっかとと確認しておきましょう。

小さなお子さんがいる家庭は「安全機能」があると安心

By: amazon.co.jp

ミキサーには、鋭利な刃が付いています。食材を簡単に粉砕する反面、指のケガには十分に注意が必要です。特に小さなお子さんがいる家庭では、調理の手伝いをしている最中に思わぬ事故に遭う危険があります。

しかし「安全機能」が備わっているミキサーなら安心。フタが開いた状態では刃が回転しないなど、誤って指を切らないためのさまざまな工夫が施されています。大人でもお手入れのときの危険を回避できるので、購入する際は確認しておきましょう。

使用感を左右する「ジャーの素材」も忘れずにチェック

キズに強いガラスジャー

By: amazon.co.jp

ガラスジャーは耐久性があり、食材のニオイ移りも少なく衛生面も安心です。また、食洗器に対応したモデルもあり、使用後のお手入れがラクなのもメリット。ただし、少し本体重量が重くなるので、使用頻度が多い方にとってはストレスを感じることもあります。機能性と本体の重さのバランスを考慮して選びましょう。

軽くて持ち運びが簡単なプラスチックジャー

By: amazon.co.jp

取り扱いやすいのがプラスチックジャー。製品価格も安く、手軽に使用できるのがメリットです。一方、長く使い続けるとジャーの表面に細かいキズが付くことがあります。食材のニオイ移りの恐れもあるので、メンテナンスは怠らないようにしましょう。

ミキサーのおすすめメーカー

ビタントニオ(Vitantonio)

By: rakuten.co.jp

1999年に誕生した調理家電ブランド。「日々のいい時間を、暮らしに寄り添う道具から。」というコンセプトのもと、さまざまなキッチン用品をリリースしています。アイテムはポップで爽やかなデザインが多く、キッチンのインテリアとしても活躍してくれるのが特徴です。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーの代名詞とも言えるアメリカ生まれのメーカー「クイジナート」。ブレンダーに関してはホット&コールドに対応する機能が付いていたり、自動調理プログラムを搭載していたりと、使い勝手のよさが魅力です。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

創業50年を超える国産メーカー。「こんな機能があったら便利、うれしい」というユーザー目線を大切にした製品作りを続けています。ラインナップはキッチン家電だけでなく、マッサージ機やリビンググッズ、ビューティーケア用品などを取り扱っており、女性を意識したアイテムを数多くリリースしているのも特徴です。

ミキサーのおすすめ製品

ティファール(T-fal) ミックス&ドリンク ホワイト BL1301JP

ティファール(T-fal) ミックス&ドリンク ホワイト BL1301JP

幅約10cmとスリムサイズなのでわずかなスペースにも収納できるミキサーです。容量は600mlなので1~2人におすすめ。300Wとハイパワーで、氷や冷凍フルーツなども滑らかな食感にできます。

スピードは2段階あり、食材に合わせて調節可能。70℃までの耐熱容器でホットな飲み物の調理にもおすすめです。ジャーはプラスチック素材で約300gと軽量なので簡単に扱えます。

使用前にロックをかけなければ回転しない2段階ロックシステムを採用しており、安全面も優秀。カッター部分を取り外せるのでお手入れも簡単です。

テスコム(TESCOM) ミキサー TM855

テスコム(TESCOM) ミキサー TM855

フラッシュスイッチを採用しているミキサーです。スイッチを押している間だけカッターが回転するため、大きな具材を少し小さくしたい時などに便利。スムージーなどを作る方におすすめです。

190Wと粉砕力はそこまで高くありませんが、大型波刃のブラックチタンカッターを採用しているため氷も砕けます。フローズンシェイクやクラッシュアイスを作りたい方にもおすすめです。

ミキサーとボトル台は取り外して洗えます。ジャーはガラス素材でニオイ移りしにくく、耐久性にも優れているため長期間使用できるのも魅力です。

容量は複数人で使用するのに適した1L。大容量ですが3,000円前後と安いため、初めてミキサーを購入する方にもおすすめです。

ビタントニオ(Vitantonio) MY BOTTLE BLENDER VBL-50

ビタントニオ(Vitantonio) MY BOTTLE BLENDER VBL-50

ジャーをそのままボトルとして使用できるミキサーです。作ったボトルから直接飲めるため、準備や片付けの手間を省きたい方におすすめ。朝の忙しい時間でも手軽にスムージーが作れます。

容量は1人用に適した400ml、本体は12×12×31cmのコンパクトサイズで、わずかなスペースにも収納可能です。キャップを使えば持ち運びや保存もでき、底部にかけて細くなっているため持った時も安定感があります。

ボトルを本体にセットした後はロックして自動で稼働。約40秒後に自動で停止するため、スイッチを押した後は放っておくだけででき上がります。回りっぱなしになることもなく安全に使用できる製品です。

また、220Wで4枚刃を採用しているため、強力に粉砕できます。氷にも対応しており、暑い日もフローズンシェイクやアイススムージーを楽しめるのが魅力です。

テスコム(TESCOM) ミキサー TM8200

テスコム(TESCOM) ミキサー TM8200

チタンコーティングされた大型波刃カッターを採用しているミキサーです。240Wとハイパワーで粉砕力が高く、氷を砕いてクラッシュアイスにできます。フローズンジュースの調理にも便利です。

ボトルを逆さにしてコンパクトに収納できるので、中にほこりも入らず清潔に保てます。電源コードを束ねるバンドも付属する省スペース設計です。

フタの中心には一回り口の小さいセンターキャップを装備しており、調理の途中でフタをとらずに材料を追加できます。スイッチはダイヤル式でフラッシュ操作できるので、食材を足したい時やもう少し混ぜたい時などにも便利です。

容量1Lのガラス製ジャーで複数人分作れます。ジャーは、ボトル台にセットした後稼働するため安全性も優秀。ジャーとボトル台は取り外して水洗いでき、いつも清潔に使用できます。

フカイ工業(FUKAI) ガラスボトルミキサー FJM-601

フカイ工業(FUKAI) ガラスボトルミキサー FJM-601

2~3人分作るのに便利な容量750mlのミキサーです。氷には対応していませんが、ステンレス製4枚刃を採用しており200Wとハイパワーで滑らかな食感に仕上げられます。フラッシュにも対応しており、もう少し混ぜたい時などにも便利です。

回しすぎなどによってモーターが加熱すると自動で停止。モーター故障を防ぎ、安全に配慮した設計です。スイッチを「切」に戻してから使用すればすぐに再び使用できます。

ジャーはガラス製で、傷や汚れが目立ちにくく手入れがしやすいことに加え、ガラスとボトル台、パッキンも外して洗えるため清潔です。ただ、耐熱ガラスではないのが難点。シンプルな機能を備えたリーズナブルなモデルです。

レコルト(rècolte) Solo Blender Solen RSB-3

レコルト(rècolte) Solo Blender Solen RSB-3

ジャーからそのまま飲めるミキサーです。カッターを取り付けた後本体にセットするだけで稼働し、ボトルからカッターを外してキャップに付け替えるだけで飲めます。

ジャーは2種類から使用シーンに合わせて選択可能です。手入れのしやすい300mlのガラス製ジャーと持ち運びに便利な400mlのトライタン性ボトルが付属します。どちらにも飲み口付きのドリンクキャップが付属しており、持ち運びや保存に便利です。

そのほか、本体以外のすべてのパーツを取り外せるウォッシャブル設計も魅力。カッターのパッキンも付属のパッキン用スティックで手軽に取り外せて隅々まで清潔にできます。

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X301

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X301

繊維質も攪拌できる「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」を採用しているミキサーです。刃先がのこぎり状の大型刃で切れ味がよく、滑らかな食感に仕上がります。氷も粉砕でき、かき氷の調理にもおすすめです。

容量は約1Lで2〜3人分を作るのに適しています。高速と低速モードの切り替えができ、フラッシュボタンもあるため少し混ぜたい時も便利です。

フタの中心にアレンジホールを装備しており、フタを開けずに食材の後入れができます。アレンジホールから水を加えられるため、調理の途中でとろみをつけたり味を変えたりしたい時や食材の食感を残したい時も便利です。

そのほか、「スムージーバー」が付属するため、空回りしやすい葉野菜もフタを開けずに攪拌できます。機能性に優れたミキサーを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) ミルミキサー 400ml MR-280

山善(YAMAZEN) ミルミキサー 400ml MR-280

1台でミキサー、ジューサー、ミルとして使用できる製品です。チタンカッターで硬いコーヒー豆などもしっかり粉砕します。ふりかけ口がついた保存用のフタが付属するため、作ったふりかけなどを使う時も便利です。

容量はミキサー400ml、ミル75ml、お茶挽き3g。1分使用した後は30分以上休ませなければならないのが難点ですが、温度ヒューズや電流ヒューズを装備しており、本体をセットするとロックがかかるため安全に使用できます。

ツインバード工業(TWINBIRD) パワフルミキサーKC-4859R

ツインバード工業(TWINBIRD) パワフルミキサーKC-4859R

6枚刃カッターを採用しているミキサーです。大きな具材もパワフルにカットでき、滑らかな食感が楽しめます。速度は3段階から調節でき、好みの食感への調節も可能です。

本製品は、1.2Lの大容量で3~4人分作るのに便利なことに加え、特製レシピブックが付いているので、レパートリーを増やしたい方にもおすすめです。

ジャーはガラスより軽く、プラスチックよりも強度が高く透明感があるコポリエステル素材を採用しているため、割れる心配がなく安全に使用できます。また、クリーニング機能を搭載しているのも魅力。低速で間欠運転し、洗いにくいカッター部分の汚れもキレイに落とせます。

そのほか、フタをしないと通電しないロック機構を採用しているため、間違って手を切る心配がありません。止め忘れを防ぐオートストップ機能も搭載しており、安全に使用できます。

クイジナート(Cuisinart) オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ

クイジナート(Cuisinart) オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ

マニュアル調理に対応しているミキサーです。スープ・ソース・フルーツスムージー・ベジスムージーが作れます。タイマー設定もできるため、火を使わない鍋のように使用可能です。容量は1.75Lと大容量で4~5人分作れます。1.4Lまでの熱湯にも対応しているため、温かいスープなどの調理にもおすすめです。

ワット数は、最大1000Wとハイパワーで大きな具材も滑らかに仕上げられます。アイスクラッシュ機能も搭載しており、冷凍果物の攪拌やかき氷を作り時に便利です。

また、イージークリーニング機能も魅力。約3分でヒーター部分にこびりついた汚れを浮き上がらせられるため、汚れを落とす手間が省けます。

岩谷産業(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

岩谷産業(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

容量260ccの大容器と容量75ccの小容器を使い分けられるミキサーです。消費電力は210Wで氷や冷凍食品など硬い食品の粉砕にも対応しており、シャーベットやフローズンドリンクの調理もできます。

小容器は乾燥食品をパウダー化するのに便利。きな粉やふりかけ、粉緑茶の調理にも対応しており、離乳食や介護食も作れます。レンジ加熱にも対応しており、攪拌後の野菜スープなどを温めるのにもおすすめです。

ジャーは耐久性が高く手入れしやすいガラス製。カッターのエッジ部分は丸く加工されているため、指を切る心配がなく安全です。また、カッターとガラス容器は煮沸消毒に対応しており、小さな子どものいる家庭でも清潔に使用できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー IBB-600

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー IBB-600

チタンコートカッターを採用しているミキサーです。丈夫で切れ味がよく、氷も砕けるためフローズンドリンクの調理もできます。付属のボトル専用のドリンクキャップを使えばそのまま持ち運び可能です。シリコン付きでカバンの中に入れてもこぼれにくく、洗い物も増えません。

ボトルは330mlと600mlの2種類付属し、長時間持ち歩く場合や朝食で飲む場合など、シーンに合わせて使い分けられます。中心部分が細くなっているため持ちやすいのも特徴です。

ボトルはガラスのような透明度と優れた耐久性・耐熱性を持つトライタン素材。ニオイ移りが少なく、手入れも簡単なことに加え、カッターやボトルは取り外しでき、食洗器にも対応しています。シンプルで取り扱いやすい製品ですが、リーズナブルな価格なのでミキサーのエントリーモデルとしてもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミキサー SKS-H700

タイガー魔法瓶(TIGER) ミキサー SKS-H700

食材をより効率的に拡販できる5本リブ構造のジャーを採用したミキサーです。700mlと1~2人分作るのにおすすめのサイズ。カッターは6枚刃で波形チタンコートを施しており、野菜や果物の繊維を細かくカットし攪拌できます。

高速回転と低速回転とが選択でき、好みの食感に調節できるのもポイント。押している間だけ回転するフラッシュスイッチがあるため、少しだけ混ぜたい時も便利です。スムージースティックが付属するため空回りしやすい葉野菜もフタを開けずにかき混ぜられます。底に溜まったスムージーもかきだしやすく、無駄がありません。

カッターやパッキンは取り外し可能。付属のヘラつきブラシを使えば細かい部分の汚れも取り除けます。コードがすっきりと仕舞えるコードリールつきなので、すっきりと収納できるのも魅力です。

ティファール(T-fal) クリックアンドテイスト ルビーレッド BL143GJP

ティファール(T-fal) クリックアンドテイスト ルビーレッド BL143GJP

わずかなスペースにも収納できる幅約9.5cmのスリムなミキサーです。容量は600mlで1~2人分作るのに適しています。2段階のスピード調節ができるため、好みの食感にしたい時に便利です。

200Wとハイパワーで氷の粉砕にも対応。ジャーは85℃までの耐熱性能を備えているため温かなスープなどを作りたい方にもおすすめです。本体の上にアタッチメントを置いた後、カチッという音の確認をすればすぐに使えます。カッターはワンタッチで取り外しできるため手入れも簡単です。

番外編:ミキサーのおすすめレシピ

にんじんバナナジュース

By: meijioishiigyunyu.com

用意するのは、にんじん、バナナ、はちみつと牛乳。すべてミキサーに入れてしっかりと回せば、栄養満点のオリジナルジュースが作れます。甘みがあって、にんじんが苦手な方にもおすすめです。

グリーンスムージー

By: amazon.co.jp

小松菜、バナナ、牛乳をミキサーに入れてかくはんし、小松菜が細かくなったら完成です。食材の繊維質をそのまま摂取できるというミキサーの特徴を活かしながら、健康のために毎朝でもラクに続けられます。氷対応のミキサーなら、より美味しく飲めるのでおすすめです。

野菜スープ

野菜嫌いな方でもおいしく食べられるスープ。にんじんや玉ねぎ、じゃがいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。粗熱がとれたら、牛乳とコンソメを加えて一緒にミキサーにかけたら出来上がり。健康志向の方はもちろん、野菜不足が気になる子どもやシニア層にもおすすめです。