スムージーやジュースを作るのに便利な「ミキサー」。離乳食やスープ作り、料理の下ごしらえなどにも活用できます。素材だけでもガラス・トライタン・プラスチックと種類があり、コードレスタイプ・タンブラータイプなど容量や機能もさまざまです。

そこで今回は、おすすめのミキサーをご紹介。フードプロセッサー・ブレンダー・ジューサーとの違いや選び方などについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ミキサーとは?

By: amazon.co.jp

ミキサーとは、容器内のカッターを高速回転させて食材を切削・かくはんし、ペースト状や液状にできる調理家電のこと。野菜や果物が手軽に摂取できるドリンクを作れるうえ、食材の繊維を残したりビタミンの損失を抑えたりできるのが魅力です。

栄養価の高いジュースやスムージーなどのドリンク類が作れるほか、ポタージュや離乳食作り、料理の下ごしらえなどにも活用可能。なかには、種や氷など硬いモノが砕けるパワフルなモデルもラインナップされています。ミル付きのミキサーであればコーヒー豆を挽いたりふりかけを作ったりできます。

フードプロセッサー・ブレンダー・ジューサーとの違い

フードプロセッサー

フードプロセッサーの主な役割は調理の下ごしらえ。刃が容器のほぼ全体に届くため、水分の少ない食材や粘り気のある食材の調理が可能です。食材を粗く刻むのが得意で、野菜のみじん切りや肉のミンチ、魚肉のすり身などを作るときに活躍します。

刃の交換が可能で、千切りやおろしなどができるモデルもラインナップ。刃の大きさや形状によってはドリンクも作れますが、食材が細かくしきれず食感が残りやすいので、ミキサーのように滑らかに仕上げるのは困難です。

フードプロセッサーについて詳しく知りたい方はこちら

ブレンダー

ブレンダーは英語圏でいうミキサーのことで同じモノを意味していますが、日本では一般的に手持ちタイプの「ハンドブレンダー」を指しています。スティック状の本体の先端にブレードを搭載しており、食材を潰したり混ぜたりできるのが特徴です。

多くはアタッチメントの交換が可能で、泡立て・刻み・スライス・粉砕などができるモデルも存在します。ボウルの中だけでなく、火から下ろした鍋の中でも使用できるので使い勝手は良好です。

ミキサーよりコンパクトで取り回しやすく、省スペースに収納できる利点もあります。ただし、氷の粉砕に対応していないモノが多いので、スムージーやシェイクなど冷たいドリンクを楽しみたい方にはミキサーがおすすめです。

ブレンダーについて詳しく知りたい方はこちら

ジューサー

ジューサーは、野菜エキスや果汁100%のジュースが作れる調理家電です。食材をまるごと調理して繊維を残すミキサーとは異なり、繊維を取り除いてジュースをしぼり出すため、口当たりがサラッとしているのが特徴。水や牛乳などの水分を加えなくても野菜や果物だけでジュースが作れます。

また、「高速ジューサー」と「低速ジューサー」の2種類がラインナップ。高速ジューサーは時短調理が可能です。一方、低速ジューサーは摩擦熱が発生しにくく栄養素を破壊しにくいのが魅力。ただし、ジューサーは繊維が残らないので、食物繊維を摂りたい方にはミキサーがおすすめです。

ジューサーについて詳しく知りたい方はこちら

ミキサーの選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーは人数や一度に作る量に応じて、適した容量を選ぶのが重要なポイント。スムージーなどのドリンクを作るのがメインなら、コップ1杯200mlを目安に選んでみてください。1~2人なら400ml程度、3~4人なら800ml以上のファミリータイプのモデルがおすすめです。

1000ml前後の大容量タイプのミキサーなら、スープ作りや料理の下ごしらえなどでも活躍します。ただし、容量が大きくなるほど本体サイズが大きくなるので、設置スペースや収納スペースも考慮して選びましょう。

刃の形状と素材をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーはモデルによって刃の形状や素材が異なります。刃の形状は主に平刃・波刃・のこぎり刃の3種類。平刃は、野菜など柔らかい食材を細かく刻んだりかくはんしたりするのに適しています。波刃は繊維の多い肉や、氷などの硬い食材を細かく粉砕するのが得意です。

のこぎり刃は、硬い食材はもちろん繊維の多い野菜や果物を砕いてペースト状にするのが得意なため、スムージーやポタージュなどを作るのに向いています。

刃の素材はステンレスが一般的で、ニオイ移りしにくくサビに強いのが特徴。高耐久ですが、より耐久性を求めるならチタンコーティングが施されたミキサーがおすすめです。

刃の回転数(W数)をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーを選ぶうえで重視したいのがW数。W数は消費電力を示す単位のことで、W数が大きいほど刃の回転数が多くなります。回転数が多くなると粉砕力が強くなり、短時間で食材を滑らかに仕上げることが可能です。

野菜スープなど食感を残した料理を作るなら200W以下のモデルがおすすめ。スムージーやジュース作りがメインなら、氷などの硬い食材や繊維の多い野菜も粉砕できるW数の大きいミキサーがおすすめです。

容器の素材をチェック

ガラス製

By: amazon.co.jp

ガラス製のミキサーは食材のニオイが残りにくく、耐久性に優れているのが特徴です。油分のある食材を使用しても汚れが落としやすくお手入れも簡単。耐熱ガラスを採用しているモデルであれば、熱いスープが作れるだけでなく、食洗機の使用も可能です。

ただし、他素材に比べて重く、落下や衝撃で割れる恐れがあるので扱いには注意が必要。使用頻度が高い方や力の弱い方はあらかじめ留意しておきましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

軽くて扱いやすいのがプラスチック製。主に容器をタンブラーとして使えるモデルが多く、そのまま直接飲んだり携帯したりできるのが魅力です。ただし、食材のニオイが移りやすく、細かい傷が付きやすいのが難点。傷に汚れが蓄積し、雑菌が繁殖する恐れがある点に留意しておきましょう。

一方で、安価なモデルが多く購入しやすいのもメリット。試しにミキサーを使ってみたい方やコスパ重視の方におすすめです。

トライタン製

By: amazon.co.jp

トライタンとは、医療用器具を製造しているアメリカの化学メーカー「イーストマンケミカル」が開発したコポリエステル樹脂。高耐久で衝撃に強く、耐冷・耐熱性に優れているのに加え、ガラスのように透明で、プラスチックのように軽いのが特徴です。

また、環境ホルモンを含む化学物質不使用のため、人体や環境に優しく使用できます。ガラス製やプラスチック製のミキサーが主流ですが、最近ではトライタン製のミキサーも増えてきているので、気になる方は検討してみてください。

洗いやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーを清潔に使い続けるには、洗いやすくお手入れが簡単なモノを選ぶのがおすすめ。容器や刃などのパーツを分解して個別に洗浄できるモノや、凹凸が少ないシンプルなモノだと、隙間に入り込んだ汚れも落としやすく細かい部分までキレイに洗えます。

パーツが多いモノはお手入れに手間が掛かるので、パーツの数もチェックしておきましょう。また、耐熱ガラスやトライタン製などの食洗機に対応しているモデルだと、お手入れもより簡単です。

安全機能をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーは鋭利な刃を高速回転させて食材を粉砕するため、使い方を誤ると怪我をする恐れがあります。怪我や事故を防ぐためにも、ミキサーを選ぶ際は安全機能が付いているかもしっかりチェックしておきましょう。

本体と容器が正しくセットされていないと作動しない誤作動防止機能や、食材の詰め込みすぎなど過剰な負荷が掛かった際に自動停止する保護装置などが搭載されていると安心。故障も防げるので安全に長く使い続けられます。

静音性をチェック

ミキサーの運転音が気になる方は静音性もチェックしておきましょう。特に集合住宅住まいで近隣への騒音が気になる方や、睡眠中の赤ちゃんを起こしたくない方は運転音の静かなモデルがおすすめです。

ミキサーはW数が高く回転数が多いほど粉砕力が強くなりますが、W数に比例して運転音が大きくなる傾向があります。消費電力が低いモノであれば音も抑えられますが、パワーも落ちてしまうのが難点です。

最近では、パワフルながらも静音性に優れたモデルが増えつつあるので、運転音が気になる方はチェックしてみてください。

その他の機能や付属品をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーのなかには、刃の回転速度が調節できるモデルもあります。滑らかに仕上げたり食感を残したり、食材やレシピに合わせてアレンジできるのが魅力。低速回転では食材の栄養素をできるだけ壊さずに調理できるので、健康や美容を意識した栄養価の高いドリンクが作れます。

また、コーヒー豆を挽いたりふりかけを作ったりできるミル付きのモノや、食材の追加が可能なキャップが付いているモノなど、購入時に付属品も合わせてチェックしておくと便利です。

ミキサーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

100年以上の歴史を有する日本の大手電機メーカー「パナソニック」。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電をはじめ、AV機器や美容家電、カーナビ、住宅設備など幅広く手掛けています。

パナソニックのミキサーは、タンブラーミキサーやアレンジが楽しめるファイバーミキサー、大容量タイプの業務用ミキサーなどバリエーションが豊富。なかには、ミルなどの付属品が充実したモデルもあるので、さまざまな料理に活用したい方におすすめです。

ティファール(T-fal)

By: t-fal.co.jp

ティファールは、フッ素樹脂加工を施した「こびりつかない」フライパンや、電気ケトルを開発したフランスのメーカー。フライパンや鍋を主軸に、調理家電やキッチン用品、アイロンなどを展開しています。

ティファールのミキサーは、硬い食材が容易に砕ける300W以上のパワフルなモデルを豊富にラインナップ。刃の回転速度が調節できるので、食感を残したり滑らかに仕上げたり好みに合わせてアレンジできます。プラスチック製の容器を採用しているのも特徴。軽くて扱いやすいため使用頻度が高い方にもおすすめです。

ブルーノ(BRUNO)

By: amazon.co.jp

デザイン性に優れた製品を展開し、人気を集めているブランド「ブルーノ」。ホットプレートやトースターなどのキッチン家電をはじめ、時計や照明などのインテリア雑貨、チェアやサンシェードなどのアウトドア用品を取り扱っています。

ブルーノのミキサーは、コードレスタイプやミニボトルタイプなど、省スペースに設置できる小型タイプのモデルを多く取り揃えているのが特徴です。レトロな印象を与える色合いとスタイリッシュなデザインも魅力。デザイン性重視でおしゃれなミキサーを求めている方におすすめです。

テスコム(TESCOM)

By: tescom-japan.co.jp

テスコムは東京都に本社を置く小型家電メーカーです。ドライヤー・ヘアアイロンなどのビューティー家電や、トースター・コーヒーメーカーなどのキッチン家電のほか、リラクゼーション製品やリビング製品を展開しています。

テスコムのミキサーはコードレスタイプから大容量タイプまで、バリエーション豊富なラインナップが特徴。コンパクトなモデルが多く、大容量タイプでも容器を逆さにしてコンパクトに収納できるので、収納や設置スペースの確保が難しい方にもおすすめです。

ミキサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X701

切削性の高い「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」を採用し、繊維質まで細かく滑らかに仕上げられるミキサーです。のこぎり形状の刃先により、鋭い切れ味を実現。氷の粉砕ができるので、かき氷やフローズンドリンクも作れます。

高速・低速の2モードに加え、フラッシュ機能も搭載し、多彩なレシピが楽しめるのもおすすめポイントです。食材をあとから追加すれば、ゴロゴロ食感のスムージーを作ることが可能。また、約1000mlと容量が大きいため、家族分をまとめて調理できます。

容量約400mlの「タンブラーミキサー」も付属し、1人分のドリンクを手軽に作ることが可能。さらに、容量約200mlのミルも付いており、ふりかけや離乳食などを作りたいときに活躍します。料理の幅が広がるおすすめのミキサーです。

パナソニック(Panasonic) タンブラーミキサー MX-XP102

シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力のミキサー。約幅12.3×奥行12.3×高さ32.7cmのコンパクトサイズで、省スペースで使用できます。容量が約400mlなので、1~2人分のドリンク作りに便利。一人暮らしや二人暮らしの方におすすめです。

小型ながら約260Wのハイパワーで、パワフルにかくはんします。切削性が高いため、スムージーやジュースを滑らかな食感に仕上げられるのもメリット。プリンやスープを作りたい方にもおすすめです。

「トライタンTM樹脂製タンブラー」を採用し、軽量で扱いやすいのも特徴。作ったドリンクをそのまま飲んだり、付属のフタを取り付けたりできます。また、フタとタンブラーは食洗機に対応。お手入れの手間を軽減したい方にもおすすめのミキサーです。

ティファール(T-fal) ブレンドフォース ネオ BL4201JP

プラスチック製の容器を採用し、大容量ながら軽い力で扱えるミキサー。容量1.25Lなので、4~6人分のドリンクを作れます。また、容器に持ち手と注ぎ口が付いているため、ドリンクを注ぎやすいのもおすすめポイントです。

350Wのハイパワーにより、滑らかなスムージーに仕上げられます。食材に合わせて2段階に回転速度を調節できるのもメリット。パルス機能も搭載されており、クラッシュアイスを作るときなどに便利です。

モーターを冷やす「エアークーリングシステム」搭載で、パフォーマンスが長続きすると謳われています。さらに、底面に吸盤が付いており、運転時の安定性が高められているのも魅力。快適に使用できます。

ティファール(T-fal) ミックスアンドドリンク ネオ BL13C5JP

幅10.5×奥行10.5×高さ31.5cmとコンパクトながら、機能が充実したミキサー。300Wのハイパワーで、ジュースはもちろんクラッシュアイスも作れます。また、2段階に回転速度を調節できるので、食材に合わせて使えるのもポイントです。

ティファール独自の「パウエリックスライフブレード」が採用されているのも特徴。チタンコーティングが施され、耐久性が高められています。切れ味が長持ちしやすいため、ミキサーの使用頻度が高い方や長く使いたい方におすすめです。

容量600mlなので、2~3人分のドリンク作りに便利。プラスチック製で軽いため、ラクに扱えます。さらに、付属のミルユニットを取り付ければ、コーヒー粉やふりかけなどを作ることも可能。幅広く活用できるおすすめのミキサーです。

ブルーノ(BRUNO) コンパクトブレンダー BOE023

食材に合わせて、2段階に回転速度を調節できるミキサーです。氷だけの粉砕にも対応できる250Wのパワフル設計。フレッシュジュースやフローズンドリンク、ドレッシングなど多彩なレシピを楽しめます。

容量400mlなので、1~2人分のドリンクを作るのにおすすめ。100mlごとに目盛が付いているため、手軽に分量を測れます。また、フタに着脱式の「メジャーキャップ」を搭載し、フタを開けずに調味料を追加可能です。

容器は取り外しができます。軽量なPCTG樹脂製で、軽い力で扱えるのがおすすめポイント。持ち手と注ぎ口が付いているため、スムーズにドリンクを注げるのもメリットです。

さらに、レトロテイストのおしゃれなデザインも魅力的。キッチンのインテリアとしても楽しめるおすすめのミキサーです。

ブルーノ(BRUNO) ミニボトルブレンダー BOE073

フタが付属し、容器に入れたままドリンクを持ち歩ける容量280mlのミキサー。容器の素材にトライタンが使用しています。軽量でラクに持ち運び可能です。

本体にカッターと容器をセットし、上から押すと刃が回転します。ステンレス製の4枚刃が採用されているのもポイント。スムージーの材料と氷を2~3個入れて一緒に粉砕できると謳われており、夏場に冷たいスムージーを楽しみたい方におすすめです。

レトロな色合いとシンプルですっきりとした形状を組み合わせたおしゃれなデザインも魅力的。一人暮らしを始める方などへのプレゼントとしてもおすすめのミキサーです。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー TM8300

メタル調のスタイリッシュなデザインが魅力のミキサー。キッチンをおしゃれに演出したい方におすすめです。また、容器を逆さにして本体に重ねられるので、使わないときは高さを抑えて収納できます。

容量1000mlで、一度にたっぷり調理できるのも特徴。240Wの出力と「大型波刃チタンカッター」により、食物繊維まで飲みやすい滑らかなスムージーに仕上げられます。氷の粉砕が可能で、クラッシュアイスやフローズンドリンクが作れるのも魅力です。

ドライとウェットに対応したミルが付いているのもメリット。容量200mlで、少量のふりかけやコーヒー粉、離乳食などを作りたいときに活躍します。さらに、価格が比較的安いのもうれしいポイント。コスパを重視する方にもおすすめのミキサーです。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー TML162

ミル付きで、1台で2役こなせるミキサー。容量400mlの「ミキサーボトル」に加え、大さじ1杯分の茶葉を粉末にできる「お茶カップ」と、容量75mlの「ミルカップ」が付いています。ミルはドライとウェットに対応し、ふりかけや離乳食作りに便利です。

ミキサーボトルは、ジュースやスムージー作りに活躍。切削性の高い「波刃チタンカッター」が採用されており、氷と一緒にかくはんすれば、冷たいフローズンドリンクを楽しめます。耐久性が高く、切れ味が長持ちしやすいのもおすすめポイントです。

高さ30×幅10×奥行10cmとコンパクトで、省スペースで使えるのも魅力。一人暮らしや二人暮らしの方におすすめのミキサーです。

テスコム(TESCOM) コードレス タンブラーミキサー TMCX400

コードレスで使えるミキサーです。370gと軽いため、持ち運びに便利。キャンプなどのアウトドアやジム、仕事の休憩時間など幅広いシーンで活躍します。また、USB充電に対応しており、パソコンやモバイルバッテリーから手軽に充電できるのも魅力です。

容量300mlなので、1人分のドリンクを作りたい方に適しています。作り方も簡単です。材料を入れてフタをし、スイッチを長押し。運転が始まったら本体を下に向けて、40秒間振りながら待つだけでスムージーが完成します。

さらに、容器だけではなく、本体までまる洗いすることが可能。お手入れのしやすさを求める方にもおすすめのミキサーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミキサー SKR-V250

約幅11.9×奥行14.1×高さ30.4cmのコンパクト設計で、省スペースで使いたい方におすすめのミキサー。容量250mlなので、一度に1人分のジュースやスムージーを作れます。一人暮らしの方にぴったりのモデルです。

ガラス製の容器が採用されているのも特徴。油汚れやニオイをきれいに落としやすいため、ドレッシングやスープを作りたい方にも向いています。また、容器・台座・パッキンは煮沸消毒ができるので、離乳食作りに活用したい方にもおすすめです。

「上部スイッチ式」を採用し、本体にカップカバーを取り付けないと作動しない安全設計。誤作動を予防できます。さらに、「良い音設計」により、比較的静かに運転できるのも魅力。小型ながら使いやすさが充実したおすすめのミキサーです。

山善(YAMAZEN) ジュースミキサー MJA-G100

お手頃ながら、使いやすさが充実した容量1000mlのミキサー。耐久性の高いチタンコートが施された4枚刃を採用し、切れ味が長持ちします。また、氷の粉砕に対応し、スムージーはもちろんクラッシュアイスやフローズンドリンクも作ることが可能です。

容器に注ぎ口と持ち手が付いているため、ドリンクをスムーズに注げます。容器の素材にガラスが採用されているのも特徴。きれいな状態を長く保ちたい方に適しています。

容器は逆さにすれば本体に重ねられるので、コンパクトにして収納できるのもおすすめポイントです。

山善(YAMAZEN) ボトルミキサー YMF-280

台座からカッターを取り外せるため、隅々まで洗いやすいミキサー。お手入れしやすいので、使う頻度が高い方にもおすすめです。容量280mlで、1人分のスムージー作りにぴったり。また、フタが付属し、容器に入れたままドリンクを持ち歩けます。

本体の側面にあるボタンを押せば刃が回転。本体がスリムなため、本体を掴みながら親指でボタンを押しやすいのがポイントです。さらに、本体に容器をしっかりセットしなければ、運転しない安全設計。誤作動を予防できます。

おしゃれな色合いのシンプルなデザインも魅力。キッチンのインテリアになじみやすいおすすめのミキサーです。

レコルト(recolte) ソロブレンダーソラン RSB-3

「トライタン製ボトル」と「ガラスジャー」の2種の容器が付属するミキサーです。容量400mlのトライタン製ボトルは、軽量で手軽に使えるのがメリット。また、付属の「ドリンクキャップ」を取り付ければ、容器に入れたままスムージーなどを持ち歩けます。

ガラスジャーの容量は容量300ml。ドレッシングやスープ作りにおすすめです。カントリー調のおしゃれなデザインも魅力。ストローをさせる「メタルキャップ」が付属し、作ったドリンクをカフェ気分で楽しめます。

ステンレス製の刃を採用し、氷と液体を一緒にかくはんできると謳われているのもポイント。フローズンドリンクを作りたい方にもおすすめのミキサーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー PBB-330

チタンコーティングのステンレス製刃が採用されたミキサー。強度があり切れ味がよいため、果物や野菜を細かく粉砕できるのが魅力です。また、スムージーやジュースの材料に氷を加えて一緒に粉砕することも可能。フローズンドリンク作りを楽しめます。

容量330mlなので、1人分のドリンクを作りたい方や一人暮らしの方におすすめです。さらに、容器の素材に、丈夫で軽量なトライタンが採用されているのもメリット。フタが付属しているため、容器に入れたままドリンクを持ち歩けます。

ミルキーカラーが採用されたかわいいデザインも魅力です。価格が比較的安いのもうれしいポイント。コスパのよいおすすめのミキサーです。

レコルト(recolte) ガラスブレンダー リコ RGB-1

耐熱ガラス製で、加熱調理した食材やお湯を入れてホットスムージーやスープが作れるミキサー。冷たい食材の調理にも対応しています。250Wでパワフルに刃が回転するため、氷のかくはんも可能。フローズンドリンクを楽しみたい方にもおすすめです。

フタに着脱式の「センターキャップ」を搭載し、食材や調味料をあとから追加したい場合に便利。フタを開ける手間を省けます。また、ホットなら最大400ml、コールドなら最大600mlまで調理可能。2~3人分のドリンクを作りたい場合におすすめです。

フタにロック機能が付いているので、安全に使えるのもメリット。さらに、ガラスは汚れやニオイをすっきり落としやすいため、清潔に使いたい方にもおすすめのミキサーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ミキサー BM-SA10

光沢感を抑えたマット調のシンプルなデザインで、インテリアになじみやすい容量1000mlのミキサーです。出しっぱなしにしたい方などにおすすめ。また、幅15×奥行15×高さ36.5cmと比較的コンパクトで、置き場所に困りにくいのもポイントです。

象印独自の「クラッシュ&カット チタンコートブレード」を採用し、スムージーを滑らかに仕上げられます。氷の粉砕に対応しているため、かき氷やフローズンドリンクを楽しみたい方にもおすすめです。

「HI」「LO」「FLASH」の3モードが付いており、用途に合わせて使えるのもメリット。LOモードは比較的静かに運転できるため、音が気になる場合に便利です。

容器やブレード部は分解してお手入れ可能。コポリエステル樹脂製で軽いため、ラクに扱えます。さらに、ブレード周りに囲いがないので、洗いやすいのも魅力です。

ビタントニオ(Vitantonio) スムージーブレンダー グリーンウィズ VBL-700

付属のカバーをかぶせることにより、音を抑えられる容量1000mlのミキサー。早朝にスムージーを作る機会が多い方などにおすすめです。回転速度を1〜10で調節できるのも特徴。速度をひかえめに設定すれば、より静かに運転できます。

「スムージーボタン」が付いているのもポイント。ひと押しするだけで、回転速度を自動で設定し1分間かくはんします。手軽にスムージーを作りたい場合に便利です。

620Wの高出力と直径8.4cmの大型ブレードにより、野菜や果物の皮・種・芯まで細かく粉砕すると謳われているのも特徴。また、食材が対流しやすい構造を採用し、効率よくかくはんします。滑らかで口当たりのよいスムージーを作りたい方におすすめです。

ミル付きで、ナッツやコーヒー豆を粉砕可能。ドライだけではなくウェットにも対応し、ディップやマヨネーズなども作れます。幅広い料理を楽しめるおすすめのミキサーです。

バイタミックス(Vitamix) バイタミックス E310

耐久性の高い「レーザーカットブレード」を採用し、アボカドの種やロックアイスまで粉砕できると謳われる容量1400mlのミキサー。900Wのハイパワーにより、滑らかな口当たりのスムージーに仕上げられます。

「スピードダイヤル」を搭載し、回転速度を10段階に調節可能。回転速度と食材を組み合わせれば、スムージー・フローズンドリンク・スープ・ディップなど多彩なレシピを楽しめます。野菜のみじん切りも可能で、料理の下ごしらえに活用できるのも魅力です。

軽量なコポリエステル樹脂製の容器なので、軽い力で扱えるのもおすすめポイント。また、持ち手と注ぎ口が付いているため、ドリンクをスムーズに注げます。

さらに、水と少量の洗剤が入った容器を本体にセットし回転させるだけで、きれいに洗浄可能。分解して洗う手間が省けます。機能と使いやすさが充実したおすすめのミキサーです。

クイジナート(Cuisinart) パワーブレンダー SPB-650J

「スムージー」と「アイスクラッシュ」のオートプログラム調理機能が搭載された容量1500mlのミキサー。ボタンを押すだけで、簡単に氷を細かく粉砕したり、スムージーを作ったりできます。自動停止するので便利です。

500Wの高出力で、時短で滑らかに仕上げられるのもポイント。葉野菜も細かく粉砕するため、繊維たっぷりのスムージー作りを楽しみたい方におすすめです。また、マニュアル調理では回転速度を2段階に調節できるので、スープやシェイクなども作れます。

容器の素材に軽量なトライタンを採用しており、軽い力で扱えるのもメリット。大容量で使いやすいミキサーを探している方は、チェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 業務用ミキサー プラスチックコップタイプ MX-153P

コックレバーが付いているミキサー。容器を取り外さなくても楽に注げるのが特徴です。約1800mlと容量が大きく、一度に10人分のドリンクが作れます。ホームパーティーで作りたてのジュースやスムージーをふるまいたい方などにおすすめです。

また、容器の素材に軽量なプラスチックを採用し、大容量ながらラクにお手入れできます。

ミキサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ミキサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。