料理好きの方から根強い人気がある「ミキサー」。食材を潰してかくはんすることで液状に加工できるため、ジュース・スープ・離乳食などの調理に活躍します。しかし、さまざまな特徴のモデルが発売されているため、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ミキサーのおすすめ製品をご紹介。選び方もあわせて解説するため、参考にしてみてください。

ミキサーとは?

By: amazon.co.jp

ミキサーとは、食材を細かく切り潰してかくはんするために使用する調理器具のこと。調理容器(ジャー)の底に搭載されたカッターが高速回転することで、野菜・果物・豆腐など、固形の食材を形がなくなるまで混ぜて液状に加工できるのが特徴です。

手動では手間と時間のかかるかくはん作業が短時間で簡単にできるのがポイント。多忙で調理時間にあまり時間を取れない方にもおすすめです。

繊維を残したジュースやスープのほか、離乳食などペースト状のメニューを調理する際にも便利。また、回転数の多いモデルのなかには氷が砕けるモノも発売されているため、冷たいスムージーを作る際にも重宝します。

フードプロセッサー・ブレンダー・ジューサーとの違い

フードプロセッサー

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、ミキサーと同じようにジャーの底部に搭載されたカッターの高速回転によって食材を加工できる調理器具です。ただし、食材の形をなくして液状に加工できるミキサーとは異なり、フードプロセッサーでは食材の形をある程度残しつつ細かく切り刻みます。

手間のかかる野菜のみじん切りが簡単にできるため、ハンバーグや餃子などのメニューを調理する際にも便利。また、おでんなどの鍋物に使う魚のすり身やミンチを作る際にも活躍します。料理の下ごしらえを効率よく進めたい方におすすめです。

ブレンダー

By: amazon.co.jp

ブレンダーは、ミキサーをハンディサイズにしたスティック状の調理器具。本体の先端に高速回転するカッターを搭載しているのが特徴です。ブレンダーはミキサーと違って小型軽量のため、手に持って自由に使用できるのがポイント。据え置き型のミキサーほどパワーはない場合が多いですが、下ごしらえ用のボールや煮込み用の鍋に食材を入れたまま加工作業をおこなえるのがメリットです。

ジューサー

By: amazon.co.jp

ジューサーは、果物や野菜からフレッシュジュースを作るために使用する調理器具。投入した食材を細かく切り潰すのではなく、強い力で絞ることで果汁(水分)と繊維に分けられるのが特徴です。

ミキサーで作るジュースやスムージーと違って、ジューサーで作るジュースは繊維がほとんど残らないのがポイント。口当たりのさらっとした飲みやすいジュースが手軽に作れます。自宅でフレッシュジュースを飲みたい方におすすめです。

ミキサーを選ぶときのポイント

容量をチェック

By: entresquare.com

ミキサーを購入する際は、一度に調理したい量や家族の人数に適した容量のモデルを選びましょう。2人暮らしの世帯におすすめなのが、400ml前後と容量が少なめのモデル。コップ1杯200mlとした場合、約2杯分のスムージーが作れます。

家族が多くいる世帯や、料理の下ごしらえに使用したい方には1000ml以上の大容量モデルがおすすめ。一度にまとまった量のスムージーやペーストが作れます。

刃の形状や素材をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーで使われている刃(カッター)には波型・平型・のこぎり型の3種類があり、それぞれ得意とする食材が異なるのがポイント。波型はさまざまな食材に対応できるバランスの取れた刃で、料理の下ごしらえや氷を入れたスムージーを作る際にも広く活躍します。

平型は、豆腐など柔らかい食材や繊維の少ない果物を混ぜたい場合におすすめ。また、のこぎり型は繊維の多い野菜や硬いナッツ類などを細かく砕くのに活躍します。

容器部分の素材もチェック

By: amazon.co.jp

プラスチック製の容器は、軽く持ち運びしやすいのがメリット。ただし、容器に傷やにおいが付きやすく、雑菌が増殖する恐れがあるため、細かなお手入れが必要です。一方、ガラス製の容器は、傷やにおいが付きにくく、清潔に使いやすいのが特徴。しかし、重量があるのが懸念点です。

トライタン樹脂を採用したミキサーもおすすめ。ガラスのような光沢のあるクリアなボディは耐久性と耐熱性に優れているため、お手入れしやすいのが特徴。また、プラスチックのように軽いので携帯性にも優れています。

洗いやすさをチェック

By: zojirushi.co.jp

ミキサーは、使用する度に食材の残りカスで汚れやすいため、お手入れのしやすさも重要。お手入れにかかる労力を少なく抑えたい場合は、容器部分と台座部分の取り外しが簡単にできるかを確認しましょう。

また、食洗機がある家庭では使用したいミキサーが食洗機に対応しているかもポイント。プラスチック製の容器は洗浄時の高熱に対応しきれない場合が多いので、食洗機でお手入れしたい場合は耐熱性のあるガラス製容器を採用したモデルがおすすめです。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

ミキサーは、カッターが高速回転する仕様の調理器具のため、誤作動による事故を起こさせないために安全対策がしっかり施されているかを確認しましょう。

電源プラグがコンセントに繋がっている場合でも、容器が正しくセットされていないと動作しないなどの安全対策が施されたモデルがおすすめ。また、材料の入れすぎや連続使用などでモーターが高温になった場合、保護装置が働いて自動で停止するモデルもあるため、チェックしてみてください。

ミキサーのおすすめメーカー

テスコム(TESCOM)

By: tescom-japan.co.jp

テスコムは、東京の品川区に本社を置く1965年創業の家電メーカーです。業務用のヘアードライヤーやヘアーアイロンなどを製造するブランド「Nobby」のほか、コーヒーメーカー・ミキサー・グリル鍋などの調理家電も幅広く製造しています。

テスコムのミキサーは、高機能ながらコスパに優れた製品が多いのが特徴。また、製品のラインナップの豊富さも人気のメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、大阪の門真市に本社を構える総合家電メーカーです。調理家電以外にもAV機器・カメラ・ノートパソコン・生活家電・住宅設備など、幅広い分野の製品を開発・製造しています。優れた品質の製品は海外でも人気です。

パナソニックのミキサーは、機能性が優れているのが特徴。作ったジュースをそのまま飲めるタンブラー型容器や、ふりかけなどが手軽に作れるミル型容器が付属しているモデルもラインナップしています。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、フランスのリヨン近郊に本社を置く老舗メーカーです。取っ手が取り外せる収納に便利なフライパンや鍋などの調理器具のほか、電気圧力鍋・電気ケトル・ミキサーなどの調理家電も製造しています。

ティファールのミキサーはコンパクトなモデルが多く、キッチンでの置き場所に困らないのが魅力。また、パワフルに回転する独自設計のブレードを搭載しているため、大容量の食材も短時間でかくはんできます。安全対策にも配慮しており、2段階のロックシステムなどが採用されているのもポイントです。

ミキサーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) ミキサー Pure Natura TM856

リーズナブルな価格が魅力のミキサー。チタンコートの施された大型波刃によって、家庭用製氷機の角氷を10個まで同時に砕ける1000mlの大容量ミキサーなので、家族分のスムージーを作るのにおすすめです。

スイッチを押している間だけカッターが回転する「フラッシュスイッチ」を搭載。少しかくはんしたいときや混ぜ具合を調節したいときなどに便利です。安全設計も充実しており、容器と容器台を正しくセットしないと動作しないほか、内部に過剰な負荷がかかると運転を停止するモーター保護装置も搭載しています。

ガラス製の容器と容器台は取り外しが可能なので洗いやすいのもポイント。容器は逆さまにしてコンパクトに収納できます。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー Pure Natura TML162

用途に応じて容器を使い分けられるミキサーです。1〜2人分のスムージーなどを作るのに適した400mlのプラスチック製のミキサーボトルは、耐久性に優れているのが特徴。鋭い切れ味のある波刃カッターによって、滑らかなジュースや氷入りのドリンクが作れます。上部のセンターキャップを取り外して食材の追加ができるほか、大さじ1杯の計量カップとして使えるのも便利です。

さらに2種類のミルが付属するのもうれしいポイント。1つ目が、乾物を使ったふりかけのほか、ドレッシングや離乳食も作れる「ウェット&ドライ対応ミル」です。乾蓋付きなので、かくはん後にそのまま保存できます。

2つ目は、茶葉を粉末状にできる「お茶カップ」。茶葉を粉末状にすることで、カテキンをより効率よく摂取できます。さまざまな用途にミキサーを使いたい方におすすめです。

テスコム(TESCOM) ミキサー TM9000NP

おしゃれで機能的なデザインを採用したおすすめのミキサーです。スタイリッシュな容器台とガラス製のボトル容器が特徴。お手入れが簡単にできるほか、容量も1000mlと大きめなので家族が多い家庭におすすめです。容器台にはブラックチタンコートが施された大型波刃カッターを搭載。安定したパワーでスムージーも滑らかな口当たりで作れます。

さらに、「ウェット&ドライ対応ミル」を同梱。マヨネーズや離乳食などの水分を含むモノから、ふりかけや出汁用の粉末までさまざまな調理に活躍します。また、誤作動を防ぐ安全設計やモーター保護装置も完備。ボトル容器は容器台へ逆さにして置くことでコンパクトに収納できるほか、電源コードも付属のクイックコードバンドですっきりまとめられます。

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X701

食感まで楽しむ「噛めるスムージー」が作れるおすすめのミキサーです。上部の蓋を取り外すことで、調理途中でも簡単に食材の追加ができる「アレンジホール」を採用。食感を残したい食材を後入れすることで、ゴロゴロとした食感を楽しめるスムージーが作れます。

容器はお手入れのしやすいガラス製で、容量も1000mlと大容量。刃先がのこぎり状の「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」により、野菜の繊維や氷も細かく切削できます。また、付属のスムージーバーを使えば、空回りしやすい葉野菜を簡単にかくはんできるのも魅力です。

1人分の量を手軽に作れる400mlのタンブラーミキサーや、ふりかけやマヨネーズが作れる小型ミルコップも同梱。レシピブックも付属するため、はじめてミキサーを使う方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) タンブラーミキサー MX-XP102

小型ながら高い切削性で滑らかな食感のスムージーが作れるミキサーです。設置面積を抑えたスタイリッシュなデザインが特徴。限られたスペースの調理台でも手軽に使用できるほか、使い終わったらキッチンの隅へ省スペースで収納できます。

容器の素材には軽量性と耐久性を両立した新素材のトライタン樹脂を採用。タンブラー型なので、スムージーを作ったあとそのまま飲めます。また、耐熱性に優れているため、食洗機にも対応可能。お手入れが楽にできるおすすめのミキサーです。

ティファール(T-fal) ミキサー Mix & drink neo BL13

コンパクトながらパワフルに活躍するスムージー用のミキサーです。独自設計のチタンコート4枚刃「Powelix lifeブレード」を搭載。従来モデルと比較して耐久性が2倍に向上しており、毎日使っても鋭い切れ味が長持ちしやすいのが魅力です。300Wと大出力なので、硬い食材や氷も簡単に砕けます。

幅約10.5×奥行10.5cmとコンパクトなため、キッチン棚などへの収納も楽々。600mlのタンブラー容器はプラスチック製で、上部には食材を後入れできるキャップも搭載しており便利です。自家製のふりかけやスパイス、コーヒー豆などが挽ける小型のミルカップも付属します。安心の2段階ロックシステムで安心に使えるおすすめのミキサーです。

ティファール(T-fal) ミキサー Blendforce neo BL42

350Wとハイパワーが魅力のファミリーサイズのミキサーです。ティファール独自の6枚刃「Powelixブレード」を搭載。従来モデルと比較してかくはんスピードが1.3倍に向上しているので、家族分のスムージーも短時間で用意できます。

軽量で洗いやすい1250mlのプラスチック製容器を採用。上部のキャップを外せば、蓋をしたまま食材の追加が可能です。また、2段階のスピード切り替えができるほか、ダイヤルをセットしている間だけかくはんできる「パルス機能」も備えているのも特徴。料理の下ごしらえにも重宝するおすすめのミキサーです。

ブルーノ(BRUNO) コンパクトブレンダー BOE023

レトロな風合いを感じさせる色合いとデザインがおしゃれなミキサーです。また、幅15.4×高さ30.6cmとコンパクトサイズなので、キッチン内の移動も手軽にできます。

ボタンで高速モード(HIGH)と低速モード(LOW)を選ぶだけで使えるので、はじめてミキサーを扱う方でも操作が簡単。においが付きにくく耐久性に優れたステンレス刃を搭載し、かつ250Wとハイパワーなため、氷や凍ったフルーツも粉砕できます。容量は400mlと、忙しい朝でも2人分のスムージーがすばやく作れるおすすめのミキサーです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ミキサー ヘルシーミックス BM-RF08

使いやすさが人気のミキサーです。丈夫で切れ味の鋭い「Wフィンチタンコートカッター」を搭載。Wフィンが食材をしっかりと捉え、のこぎり刃が繊維質の食材も細かく滑らかにカットします。ペーストやポタージュもほとんど粒を残さずに調理できるのがうれしいポイントです。

容量750mlのガラス製容器を採用しており、容器台は取り外して水洗いができます。さらに、手では洗いにくい刃まわりを洗浄できる「クリーニングボタン」を搭載。面倒な油汚れもすっきりと落とします。機能性に優れたミキサーを探している方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミキサー SKT-A100

静音設計が魅力の大容量ミキサーです。静音モードの「Comfort」を使用すれば、運転時の騒音レベルを約66dBに抑えられるのが特徴。家族のだんらんの時間などにも使いやすいのがうれしいポイントです。

ステンレス製の平刃とのこぎり刃を組み合わせた「ブラックチタンコートカッター」を6枚搭載。高出力モードの「Powerful」を使えば、アボカドを皮や種ごと切削できるので、ゴミも少なく、滑らかなスムージーを楽しめます。

素材には軽くて丈夫なトライタン樹脂を採用。注ぐときやお手入れする際の負担を軽減できます。片付けが面倒な電源コードをコードリールですっきり収納できるのもおすすめポイントです。

山本電気(YAMAMOTO) ブレンダー POWERMIX YE-BL18B

コンパクトながらなめらかな口当たりのフレッシュドリンクが作れるミキサーです。置き場所に困らないおしゃれなデザインのボディに、280Wの高出力モーターを搭載。冷蔵庫の角氷を粉砕できるので、フローズンカクテルなどの調理にもおすすめです。

素材にトライタン樹脂を採用した400mlのボトル容器のほか、1人分のスムージーを作るのに適した200mlの小型ボトルも付属します。同梱の専用ドリンクリッドを装着すれば、作り立てのドリンクをボトルに入れたまま味わえるのも特徴です。

かくはんモードは低速と高速の2種類に対応。食材や好みに応じて速度の使い分けができるおすすめのミキサーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ボトルブレンダー IBB-600

家で作ったジュースをそのまま持ち運べるミキサーです。トライタン製の600mlボトル容器のほか、330mlの小型タンブラーも付属するのが特徴。同梱の専用ドリンクキャップを取り付ければ、完成したジュースをオフィスやピクニックで楽しめます。

チタンコートが施されたステンレス素材のカッターを4枚搭載。優れた強度で、フルーツや野菜はもちろん、角氷も細かく砕けます。スムージーはもちろん、フローズンドリンクの調理にも活躍するのが魅力です。

ボトル・ボトルキャップ・チタンカッターは取り外して丸洗いできるのでお手入れも簡単。リーズナブルなため、ミキサーを気軽に使い始めたい方にもおすすめです。

日立(HITACHI) パーソナルブレンダー VEGEE HX-C2000

真空設計が特徴のおすすめミキサーです。付属の真空ポンプで真空状態を作り出してから食材をかくはんすることで、酸化による変色を防止しやすいのが特徴。色鮮やかで鮮度のいいスムージーが楽しめると謳っています。

真空環境ではスムージーの内部に空気が入りにくいので、泡立ちを抑えて滑らかな口当たりが楽しめるのがポイント。また、スムージーの成分が分離しにくいため、少し時間が経っても味にムラが生じにくいのもメリットです。

かくはん用ボトルの容量は600ml。また、作ったスムージーを外出先へ丸ごと持ち運べる保存用ボトルと飲み口付きキャップなども付属します。15種類のドリンクメニューが記載されたレシピブックが同梱するのも魅力です。

シャープ(SHARP) 真空ブレンダー HEALSiO EM-SB1A

さまざまな料理で真空かくはんが活用できるファミリーサイズのミキサーです。ミキサー本体に真空ポンプを内蔵しているのが特徴。容器の中を真空状態にでき、食材の酸化を防げるので、スムージーも料理の下ごしらえも鮮度を保ったまま作れると謳っています。

容量が1500mlと大容量なのもポイント。家族全員分のスムージーはもちろん、料理の下ごしらえをする際にも重宝します。また、大(1400ml)・中(800ml)・小(500ml)の保存容器が付属するのもおすすめポイントです。

バイタミックス(Vitamix) Explorian Series Vitamix E310

豊富な機能でさまざまなメニューに対応できる大容量ミキサーです。容器は大容量の1400ml。高さを抑えて設計されているのでキッチンスペースに置きやすいのが特徴です。レーザーカットによって作られた硬化ステンレス製の4枚刃カッターは、アボカドを種ごと切削できるのはもちろん、市販のロックアイスも粉砕できます。

スイッチを押している間だけかくはんできる「パルス機能」に加えて、10段階のスピード調節機能も搭載。設定した回転数で食材を好みの粗さに砕けるのもおすすめポイントです。

ミキサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ミキサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。