簡単に料理の下ごしらえができる「フードプロセッサー」。元々は、外食産業の業務用ニーズに応えるために発売された調理器具でしたが、最近では家庭調理の“時短アイテム”として注目が集まっています。

そこで今回は、フードプロセッサーのおすすめ人気モデルをご紹介。「据え置き」や「ハンディ」などのタイプはもちろん、用途やサイズもアイテムによって異なるので、購入を検討している方は各製品の特徴をしっかりチェックしておきましょう。

フードプロセッサーとミキサーの違い

料理の下ごしらえに活躍するフードプロセッサー

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、調理の下ごしらえをサポートする家電です。一般的なフードプロセッサーには、数種類の刃が付属しています。ニンジンやタマネギなどをみじん切りにしたり、肉をミンチにしてひき肉を作ったりと、料理の下ごしらえを簡単にできるのが特徴です。

スムージーや離乳食を作るのに適したミキサー

By: amazon.co.jp

ミキサーは、液体に近い仕上がりまで食材を粉砕する家電です。ジュースやスムージー、スープなどを作るといった用途に向いています。健康を意識して新鮮な野菜ジュースを飲みたい方や、赤ちゃんのための離乳食を作りたい方におすすめです。

ミキサーとの違いについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

フードプロセッサーの選び方

用途に合わせて種類を選ぶ

据え置きタイプのフードプロセッサー

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプのフードプロセッサーは、基本的にテーブルの上に設置して使用します。刃とモーターの力が大きい分、安定して使えるのが特徴です。

また、人数が多い場合は、大容量タイプがおすすめ。手に持つ必要がないのでラクに仕上げられるのもポイントです。なお、使用後は部品を外して洗う必要があり、メンテナンスに少し手間がかかるため注意しておきましょう。

ハンディタイプのハンドブレンダー

By: amazon.co.jp

ハンディタイプは、本体を手で持ちながら使用し、つぶす・混ぜる・泡立てる際に便利なアイテムです。刃が小さい分細かな場所まで行きわたらせることが可能で、食材を細かく砕けます。

また、食材が加工される様子を実際に見ながら強弱の加減ができるので、手軽に下ごしらえができるのもポイント。少量の食材を手早く処理できるため、調理の時短を図りたい方にもおすすめです。

家族構成や作りたい量を考慮してサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

フードプロセッサーを選ぶ際は、サイズにも注目してみましょう。収納スペースが狭いのに大型の製品を買ってしまうと、収納場所に困ってしまう場合があります。

据え置きタイプの場合は、常にキッチンに出しておくことは考えにくいので、収納スペースに収まるサイズを選ぶことが重要。一方、ハンディタイプの場合、本体を立て掛けておけますが、アタッチメントに関しては収納場所や方法を事前に検討しておきましょう。

安全機能が搭載されているかチェック

By: tescom-japan.co.jp

フードプロセッサーには食材を細かくするための刃が数種類搭載されているため、誤って触れたり間違った使い方をしたりするとケガをしてしまうことがあります。そのため、フードプロセッサーを選ぶ際には安全機能が搭載されているかもチェックしておきましょう。

モデルによっては部品が正しくセットされていないと運転を開始しないモノもあり、誤作動を防げるのが魅力。本体の温度が上昇すると動作が停止する機能や、モーターに大きな負荷がかかるとストップする機能を備えているモデルもあります。

洗いやすさにも注目

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、お手入れのしやすさも重要。使い終わった後のお手入れを怠ると、すぐに劣化してしまう場合もあるので注意が必要です。

据え置きタイプは、各パーツを外す必要があります。一度分解すると、組み立て直す際に混乱しやすいため留意しておきましょう。一方、ハンディタイプは比較的簡単で、食材を処理した後はカップなどにお湯と洗剤を入れて動作させるだけ。分解をする必要もなく、手軽に後片付けができます。

フードプロセッサーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、家電製品をはじめ、通信機器や産業機器も取り扱っている国内大手総合電機メーカーです。調理家電においても、フードプロセッサーをはじめ、ミキサー・ジューサー・ハンドブレンダー・ハンドミキサーなどの製品を展開しています。

いずれのジャンルにおいても、使い勝手を考慮した多機能タイプが豊富にラインナップされているのが特徴。日本の生活スタイルに配慮した性能を有しているモノも多く、使い勝手も良好です。

クイジナート(Cuisinart)

41oVV6zC7zL

By: amazon.co.jp

アメリカでは「フードプロセッサーの代名詞」として知名度が高いブランド。長年のノウハウを活用した高性能なマシンを数多く揃えています。

据え置きタイプでは幅広いサイズのフードプロセッサーを展開しており、ハンディタイプのラインナップも豊富。いずれの製品も安全に配慮されているだけでなく、お手入れが簡単なのもポイントです。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

テスコムはドライヤーなどの生活家電はもちろん、キッチン家電も豊富に取り揃えているメーカーです。見やすいスイッチ配置など、操作性に優れたモデルがラインナップされています。フードプロセッサー初心者におすすめです。

ブラウン(Braun)

311SfXLOkeL

By: amazon.co.jp

シェーバーで有名なブランド。調理家電においてもモーター技術を活かしたハンディタイプの製品を展開しています。

ボタンの握り具合で回転速度を調節できるスマートスピード機能が特徴。直感的な操作で、自分好みに仕上げたい方におすすめです。なお、製品によって付属しているアタッチメントの種類は異なるので、購入する際はチェックしておきましょう。

フードプロセッサーのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

きざむ・する・混ぜる・おろすの行程が1台でできるフードプロセッサー。4役を担う優れモノです。下ごしらえが簡単かつ素早く行えるので、料理にかかる時間を短縮できます。

ハンバーグのたねを最大500g投入できるなど容量も十分。魚のすり身は最小100gから扱えるので、1人分の料理も対応できます。大容量ながらも、幅15.4×奥行22.5×高さ19cmとコンパクトサイズで、置き場所にも困りません。

具材の入れすぎを防ぐ機能が備わっているなど、安全面も十分。容器には傷が付きにくく、清潔な状態が長く続くガラスを採用しています。シンプルで使い勝手のよいアイテムです。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K61

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K61

鬼おろしの特性を忠実に再現した「鬼おろしカッター」を搭載しているフードプロセッサー。素材を細かく刻んでも水分が出にくい仕様なので、素材の味を生かした料理の下ごしらえに活躍します。

鬼おろしカッター以外にもチタンの約1.2倍の硬度を誇る「ブラックハードチタンカッター」やとろろカッターが付属しているのが魅力。刻む・する・混ぜる・こねるなどの行程が可能なので、料理に合わせた使い方ができます。

ボディには「高速」「あらびき」「低速」と食材に合わせた調理法が選択できるボタンが付いているので、料理が苦手な方でもワンタッチで簡単に扱えるのがポイント。料理の種類に幅を持たせられるアイテムです。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K81

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K81

野菜を千切りにしたりスライスしたりできるカッターセットが付属しているので、野菜の盛り付けにも活躍するフードプロセッサーです。こねる行程が行える「パンの羽根」も付いているので、うどんやパスタも作れます。

チタンと比べて硬度が約1.2倍の「ブラックハードチタンカッター」を採用。耐久性が高く、硬い食材も安心して刻むことができます。また、食材に合わせて3つのコースが用意されており、ワンタッチで調理できるのも魅力です。

本体サイズは幅15.4×奥行22.5×高さ21.2cm、本体重量は約2.8kgとコンパクトながらも、ハンバーグのたねが最大で500g入れられるほどの容量なのもポイント。傷が付きにくいガラスを採用しているほか、「入れすぎストッパー」が備わっているなど、安全性にも優れます。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK212

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK212

幅18.4×奥行15.9×高さ21.6cmとコンパクトサイズなので、置き場所に困らず使用できるフードプロセッサー。キッチンに出しっぱなしにしておいても邪魔にならず、調理したいときにすぐ用意して使えるのがポイントです。

軸とボトルが一体化しているのが特徴。フタはパッキン付きなので調理の際に液漏れが少なく、ソースやスープなども作れます。ボトルはガラス製で傷やニオイが付きにくく、油汚れも落としやすいのが魅力です。

付属品にはリバーシブルタイプの両面おろし刃とみじん切りカッターがあるので、野菜のみじん切りやおろしなど、さまざまな調理が行えます。メインスイッチはロック解除ボタンを押しながらでないと動作しないようになっているので、安全面も良好です。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK441

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK441

みじん切り用のチタンカッターが備わっており、料理の下ごしらえや生地の調理が簡単に行えるフードプロセッサー。リバーシブル仕様のおろし刃を使用すれば、鬼おろしやとろろなども作れます。

ホイップクリームやメレンゲなども、1台で調理できるのがポイント。子供と一緒にお菓子作りを楽しめます。また、生クリーム100mlで約60gのバターを作ることも可能。自分だけのオリジナルバターが楽しめます。

フタにはパッキンと水きり用の穴が付いており、本体を傾けるだけで脱水が簡単に行えるのもポイント。調理後は付属品を本体の中に入れればスッキリ収納できます。また、コードは本体に巻き付け可能です。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK700

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK700

耐熱温度差120℃を誇るガラスボトルを採用し、電子レンジであたためられることが特徴のフードプロセッサー。熱い食材も冷ますことなく、そのまま扱えます。調理後は食洗機にかけることも可能です。

本体スイッチはプッシュ式で、誤作動が起こりにくいのが魅力。操作性も高く、簡単に操作が行えます。また、スピードダイヤルを使えば、料理に合わせて作業時間の調節が可能。細かく仕上げたり、食感を残したりできます。

本体サイズは幅30.5×奥行16.4×高さ28.8cm。すべての付属品が本体内部に収納できるので、使用後はコンパクトに片づけられるのもポイント。収納場所に困りません。機能性と利便性を併せ持つアイテムです。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーL DLC-192J

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーL DLC-192J

3〜4人分の材料を一度に調理できるフードプロセッサー。肉のミンチを400g、パン生地であれば300gを一度に扱えるのが特徴です。料理にかかる時間を大幅に短縮できます。

6つのプレートが付属しており、1台で切る・刻む・こねる・混ぜるなどの幅広い作業が行えるのもポイント。また、具材を細く切ることも可能で、厚さを1.5mmと3mmの2種類から選ぶこともできます。

静音かつ耐久性に優れた「インダクションモーター」を搭載しており、最大で10分間の連続使用が可能。長く使えるので、モーター冷却のために作業を中断することが少ないのが魅力です。

ティファール(T-fal) ミニプロ ルビーレッドプラス MB601GJP

ティファール(T-fal) ミニプロ ルビーレッドプラス MB601GJP

正しくセットしないと動作が開始しないなど、2段階の誤作動防止機能が備わっているフードプロセッサー。子供と一緒に料理をする際も安全に楽しめます。クッキングボウルの重量はわずか215gで、使いやすいのも魅力です。

耐熱温度は85℃、電子レンジに入れてあたためられるのも特徴です。熱い食材も細かくできるので、冷ます時間を短縮できるほか、食洗機にかけられるので、洗う手間が省けるのもポイントです。

本体サイズは幅27×奥行15×高さ25.5cmと、キッチンにちょうどよいコンパクトサイズ。小さいながらも、つぶす、混ぜるなど7種類の下ごしらえが行えます。スイッチを押すだけのシンプルな操作なので、直感的に使用できるアイテムです。

フードプロセッサーのおすすめ人気モデル|ハンディタイプ

ブラウン(Braun) マルチクイック1 ハンドブレンダー MQ100

ブラウン(Braun) マルチクイック1 ハンドブレンダー MQ100

つぶす・混ぜるといった行程がワンタッチでできるハンドブレンダー。大きなボタンで誤作動が防げるほか、長く使用しても疲れないよう、配置に工夫がなされています。

本体サイズは幅7.5×奥行7.5×高さ34cm。人間工学に基づいた設計で、滑らずにしっかりと保持できます。消費電力は300W。パワフルながらも音が気になりにくいこともポイントです。

専用のアタッチメントを付ければ、卵の泡立てはもちろん、メレンゲやソース作りも行えます。また、飛び散りを防止する機能が備わっており、安全面も良好です。モーター部と接続部、フタ以外は食洗機にかけられるなど、お手入れも簡単。エントリーモデルとしておすすめのアイテムです。

ブラウン(Braun) マルチクイック5 ハンドブレンダー MQ500

ブラウン(Braun) マルチクイック5 ハンドブレンダー MQ500

ステンレス製ブレードとブラウン独自のベル型シャフトが組み合わさることで、パワフルなかくはん力を発揮するフードプロセッサー。飛び散りを防ぎながら、キメの細かい仕上がりにするのが魅力です。

消費電力は350Wのパワフル仕様。2段階のスピード調節機能が備わっているので、食材の固さに応じて操作し分けられます。調節ボタンは本体に大きく施されており、片手で調節が可能。使い勝手がよいのもポイントです。

すべてのアタッチメントが取り外し可能で、食洗機にも手洗いにも対応しています。価格が安く、コストパフォーマンスに優れるアイテムです。

ブラウン(Braun) マルチクイック7 ハンドブレンダー MQ735

ブラウン(Braun) マルチクイック7 ハンドブレンダー MQ735

「German Design Award Special 2016」や、「レッドドット・デザイン賞2014」を受賞しているフードプロセッサー。メタリックかつスタイリッシュなデザインが世界的な評価を受けています。

ホイップクリームやオリジナルソースはもちろん、野菜のスライスも1台で行えるなど、デザイン面だけでなく機能性にも優れるのがポイント。ブレードにはブラウンが独自に開発したステンレス製のモノを採用しており、食材が詰まりにくくなっています。

本体上部にはセーフティロックが備わっているので、子供が誤って触ることで起こる事故を未然に防げるのも魅力。また。持ち手には握りやすいソフトグリップハンドルを採用しているので、操作しやすく設計されています。

ブラウン(Braun) マルチクイック 9 ハンドブレンダー MQ9075X

ブラウン(Braun) マルチクイック 9 ハンドブレンダー MQ9075X

テクノロジーやデザイン性で世界的な評価を受けているアイテム。ブラウン史上もっともパワフルといわれるハンドブレンダーです。業界最大級の500Wモーターを搭載しているので、かぼちゃやコーヒー豆などの固い食材もあっという間に細かくできます。

シャフトが上下に伸縮する世界初の技術「アクティブブレードテクノロジー」を搭載しているのもポイント。かくはん範囲が広く、均一に混ぜられます。また、ホイップクリームやソースなどが従来よりもなめらかな仕上がりになるのも魅力です。

握る力を変えるだけでスピードの調節が可能な「スマートスピードテクノロジー」を搭載。食材の固さや好みの仕上がり具合に応じて、直感的にコントロールできます。また、飛び散りを防止する機能も備わっているため、衣服を汚す心配もありません。

ティファール(T-fal) クリック&ミックスプラス HB865GJP

ティファール(T-fal) クリック&ミックスプラス HB865GJP

混ぜる・つぶす・泡立てる・砕くが1台で行えるハンディタイプのフードプロセッサー。アタッチメントは食材をイメージしたイラストとカラーで識別できるので、直感的に使い分けられます。

刃に直接触れることなく着脱できる、ティファール独自の「クリック&ミックスシステム」を搭載。誤って手を切ってしまいにくく、安全性にも優れます。

アタッチメントはプラスチック製のモノを採用。丸みを帯びているので、容器を傷つけにくいのもポイントです。また、アタッチメントはカップの中に収納可能。コンパクトにまとめられるので、置き場所に困らないのも魅力です。

チェリーテラス(CHERRY TERRACE) ハンドブレンダー bamix M300

チェリーテラス(CHERRY TERRACE) ハンドブレンダー bamix M300

つぶす・混ぜる・泡立てる・砕くなどが行える、多機能なハンドブレンダー。ミキサーやコーヒーミルなど、さまざまな役割がこなせる優れモノです。また、スライサーと組み合わせることで、生地もこねられます。

最大17500回転のモーターを搭載。低速13000回転と2段階でスピードが調節できるので、食材の固さや仕上がりの好みに合わせて使い分けられます。また、連続使用時間が最大5分と長く、料理の時間を短縮できるのも魅力です。

カラーはブラック・レッド・ホワイトの3色がラインナップ。普段使いとしてももちろんのこと、贈り物としても喜ばれるアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー IHB-601

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー IHB-601

つぶす・混ぜるが1台でこなせるフードプロセッサー。オリジナルのミックスジュースやドレッシングが作れるほか、鍋やボウルの中に入れて、スープやポテトサラダなどをかくはんできます。料理の幅を広げられるのが魅力です。

電源ボタンを押しっぱなしにしないと運転しないので、誤作動を防げるのもポイント。また、本体上部にはスピード調節用のグリップが備わっており、低速から高速まで、無段階に変更できます。

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。