簡単に料理の下ごしらえができる「フードプロセッサー」。もともとは、外食産業の業務用ニーズに応えるために発売された調理器具でしたが、最近では家庭調理の時短アイテムとして注目が集まっています。

そこで今回は、フードプロセッサーのおすすめ人気モデルをご紹介。「据え置き」や「ハンディ」などのタイプはもちろん、用途やサイズもアイテムによって異なるので、購入を検討している方はしっかりチェックしましょう。

フードプロセッサー・ミキサー・ブレンダーの違い

フードプロセッサーとは?

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーとは、カッターを高速回転させることで食材を切り刻むための料理器具です。ミキサー・ブレンダーのように液体状に「かくはんする」よりも、固形物を「刻む」ことが主な役割。英語で「小さく切る」という意味で「チョッパー」とも呼ばれています。

野菜のみじん切り、肉や魚のミンチなどを作れるのが魅力。料理の下ごしらえの手間を軽減できるのがメリットです。みじん切りに加え、千切り・おろし・ホイップなども作れるアタッチメントを付属したフードプロセッサーも人気があります。

大容量の据え置きタイプが主流ですが、ハンドブレンダーの本体にアタッチメントを取り付けることで使用できるハンディタイプも存在。離乳食など少量の食材を扱う場合は、コンパクトなハンディタイプもおすすめです。省スペースで使用・収納しやすく一人暮らしの方にも適しています。

ミキサーとは?

ミキサーもフードプロセッサーのように底面のカッターを高速回転させることで食材を細かくします。フードプロセッサーとの違いは、一定の大きさに「切る」のではなく「粉砕」するところ。繊維質な肉や魚には向きませんが、氷などを細かく砕くのが得意です。

水や牛乳など適度な水分を加える必要があるのも相違点。ミキサーで粉砕された食材は水分と混ざり合い、しっかりとかくはんされます。野菜や果物のスムージーやスープの下地を作るのに適した調理器具です。

また、ハンドミキサーは据え置きタイプのミキサーと大きく異なり、「混ぜる」「泡立てる」が主な役割。カッターではなく、泡立て器のような形状のビーターを高速回転させ、白卵や生クリームなどをホイップします。ケーキやメレンゲなどお菓子を作りたい方に人気です。

ミキサーについて詳しく知りたい方はこちら

ブレンダーとは?

海外では、据え置きタイプのミキサーをブレンダーと呼ぶのが一般的。日本においてブレンダーとは、主に「ハンドブレンダー」を指します。フードプロセッサーと同様に、先端に可動式カッターを搭載。食材を「刻む」「すり潰す」「ペーストにする」などが主な役割です。

フードプロセッサーとの違いは、カッターのサイズが小さいこと。繊維質な肉や魚のミンチは作れませんが、フードプロセッサーが苦手とするスムージー・フレッシュジュースなどを作れるところも相違点としてあげられます。

1度に扱える量は少なめで、ドレッシング・ソース・ペーストなどを作るのに便利。離乳食などを作りたい方にもおすすめの調理器具です。

泡立て器、フードプロセッサーとしても使える専用アタッチメントを付属したハンドブレンダーも人気。一台で幅広く活用できます。

ブレンダーについて詳しく知りたい方はこちら

フードプロセッサーの選び方

本体サイズと容量をチェック

By: cuisinart.jp

下ごしらえに便利なフードプロセッサーですが、本体サイズや容量は製品によってさまざまです。大きなモノほど一度に多くの食材を調理できますが、その分広い設置・収納スペースが必要。サイズ的に使いにくいモノを選んでしまうと、フードプロセッサーの手軽さが台無しになってしまいます。

ハンバーグのミンチや離乳食用のみじん切りなど、1度の調理に必要な容量に合わせてフードプロセッサーの容量を選ぶのがポイントです。ハンバーグのたねなら、1人あたり約120〜150gが目安。3〜4人家族なら500g程度の容量が適しています。

離乳食なら100g前後でも十分。キッチンが狭い方や手軽さを重視する方は、よりコンパクトなフードプロセッサーがおすすめです。

アタッチメントの種類をチェック

By: cuisinart.jp

フードプロセッサーは、製品によって付属するアタッチメントの種類が異なります。「刻む」以外に、「おろす」「スライスする」「泡立てる」「こねる」用などのアタッチメントが存在。用途に合わせて、必要なアタッチメントを付属したフードプロセッサーを選ぶのがポイントです。

なお、据え置きタイプは、アタッチメントの数が増えるほど本体サイズも大きくなる傾向があるので注意。一度にたくさんの食材を扱う方には便利ですが、少量で十分な方はハンディタイプのフードプロセッサーが設置・収納しやすくおすすめです。

ハンディタイプのフードプロセッサーのなかにも、みじん切り以外にスライスや千切りに対応できるモノもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

洗いやすさをチェック

By: recolte-jp.com

フードプロセッサーのお手入れのしやすさも要チェックです。特に、最も汚れやすい容器・カッター部分の洗いやすさは重要。洗いにくいモノは、食材の臭いが残ったり雑菌が繁殖したりとトラブルが発生しやすくなります。

軽さや耐久性を重視するなら、ステンレス製容器を搭載したフードプロセッサーがおすすめです。万が一の落下でも割れないので、安心してお手入れできます。臭い残りが気になる方にもぴったりです。

ガラス製も人気。重くて衝撃に弱いものの、汚れを落としやすく臭い残りも予防できます。落下には十分注意しましょう。臭い残りをそこまで気にしない方は、樹脂製やプラスチック製のフードプロセッサーも検討してみてください。

また、カッター部分の洗いやすさもチェック。パーツがシンプルなほど、お手入れも簡単です。また、食器洗浄機に対応できると、より手軽に洗えるうえ手の怪我も予防できます。

回転速度の調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーでは、カッターを回す時間を長くすることで食材をより細かく刻めます。回転速度が速いほど、より短時間で細かいみじん切りを仕上げることが可能です。

料理に合わせて細かく粒度を調節したい方は、カッターの回転速度を調節できるフードプロセッサーがおすすめ。

野菜スープを作る際は粗めのみじん切りに仕上げたり、ミンチなどは細〜粗挽きに調節したり、ドレッシングやソースなら高速でピューレ状にしたりと便利に使い分けられます。

安全機能をチェック

By: tescom-japan.co.jp

高速回転するカッターを使用するフードプロセッサー。モーターに過剰な負担がかかった際に自動停止する機能はもちろん、誤作動を予防できる安全機能など、安全性に配慮した製品を多く展開しています。

フタが開いた状態や、食材を詰め込み過ぎた状態では運転を開始しない機能があれば、フードプロセッサーを使い慣れていない初心者の方でも安心です。小さな子供がいる方も、しっかりとした安全機能を搭載したモノを選んでみてください。

フードプロセッサーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、家電製品をはじめ、通信機器や産業機器も取り扱っている国内大手総合電機メーカーです。調理家電においても、フードプロセッサーをはじめ、ミキサーやジューサー、ハンドブレンダー、ハンドミキサーなどの製品を展開しています。

いずれのジャンルにおいても、多機能タイプが豊富にラインナップされているのが特徴。日本の生活スタイルに配慮した性能を有しているモノも多く、使い勝手も良好です。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

アメリカでは「フードプロセッサーの代名詞」として知名度が高いブランド。長年のノウハウを活用した高性能なマシンを数多く揃えています。

据え置きタイプでは幅広いサイズのフードプロセッサーを展開しており、ハンディタイプのラインナップも豊富。いずれの製品も安全に配慮されているだけでなく、お手入れが簡単なのもポイントです。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

テスコムはドライヤーなどの生活家電はもちろん、キッチン家電も豊富に取り揃えているメーカーです。見やすいスイッチ配置など、操作性に優れたモデルがラインナップされています。フードプロセッサー初心者におすすめです。

フードプロセッサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K81

3段階に回転速度を切り替えられ、ピューレ・みじん切り・ミンチなど料理に合わせて食材を適度な大きさに刻めるフードプロセッサーです。ふたを押さえる間のみカッターが回転する仕組み。運転時間を調節することで、粗〜細挽きまで好みの粒度に仕上げられます。

豊富なアタッチメントが付属。肉や魚をミンチにしたり、野菜や果物のみじん切り・おろし・千切り・輪切りを作ったりできるだけでなく、パン生地などを「こねる」ことも可能です。乾物や粘り気のある食材は使えませんが、幅広い食材に対応できます。

茹で野菜やチーズなどを使って、なめらかなペーストを作ったりすることもできるので、ディップを作りたい方にもおすすめのフードプロセッサーです。

容器は、3〜4人分にぴったりなサイズ感。ハンバーグのたねなら一度に最大約500gまで対応できます。「入れすぎストッパー」付きなので、初心者の方でも安心です。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S302

付属のチョッパーアタッチメントを取り付ければ、ハンディタイプのフードプロセッサーとしても使える製品。少量の食材を刻むのに適したサイズなので、離乳食を作りたい方などにもおすすめです。

カッター部には、野菜や果物の繊維をしっかりカットできる4枚刃を採用。「スピード調整ダイヤル」を搭載し、料理や素材に合わせて回転速度を切り替えられます。

ブレンダーや泡立て器アタッチメントも付属。使い分ければ、フレッシュジュース・スムージー・ホイップクリームなど多彩な料理を楽しめるのもメリットです。

ロックを解除しなければ電源をオンにできない「ダブルアクションスイッチ」、食材を入れすぎた際に運転を自動で停止する「モーター保護装置」など、誤作動を予防する安全機能も充実。小さな子供のいる家庭でも安心して使えます。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーL DLC-192J

業務用機器と同レベルのパワフルで耐久性の高いモーターを搭載したフードプロセッサー。6種類のブレードを付属。みじん切り・ミンチ・ペースト・千切り・おろし・生地こねなど幅広く対応できます。

容器は大容量で、3〜4人分の下ごしらえに適したサイズ感。ミンチなら約400g、みじん切りなら大サイズの玉ねぎ約2個分、パン生地なら約300gまで一度に作れます。

容器は、耐衝撃性の高いポリカーボネート製。長く使用すると傷が付きやすいのが難点ですが、ガラス製容器に比べると軽量で割れにくく手軽にお手入れできるのもメリットです。

クイジナート(Cuisinart) ミニプレッププロセッサ― DLC-1J

1〜2人分の下ごしらえにぴったりなサイズのフードプロセッサー。野菜のみじん切り、肉や魚のミンチ、ドレッシングなどを作れます。別売の「おろしディスク」を取り付ければ、大根やりんごなども手早くおろせます。一人暮らしの方はもちろん、離乳食を作りたい方にもおすすめです。

低・高速と回転速度を選べるスイッチを搭載。固形物のみの場合は低速、ドレッシングやたれなど液体を混ぜる際は高速と便利に使い分けられます。

約幅11×奥行15×高20cmとコンパクトで、狭いキッチンでも使いやすいのもメリット。電源コードは底面に巻きつけられ、すっきり収納できるのもおすすめのポイントです。

クイジナート(Cuisinart) 4カップチョッパー&グラインダー CGC-4WJ

刃の回転方向を切り替えることで、「刻む」「砕く」の2役をこなせるフードプロセッサー。みじん切り・ペースト・ミンチなどを作れるのはもちろん、コーヒー豆・煮干し・ナッツなどを含む乾物の粉末加工も可能です。

「Chop」「Grind」の2つのボタンを搭載し、選んで押すだけの簡単操作。長く運転するほど、より細かな粒度に仕上げられます。本体は約幅13.5×奥行19×高23.6cmと比較的コンパクトで、省スペースで使用したい方にもおすすめ。さらに、約1.2kgと軽量なので、食卓の上など好きな場所に持ち運んで使用できます。

容器が透明で、中身を確認しながら運転できるのもメリット。刻み・挽き具合を調節しやすく、初心者の方でも使いやすいフードプロセッサーです。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500J

スティック状の本体に、チョッパーアタッチメントを取り付けて使用するハンディタイプのフードプロセッサーです。本体には、3段階に切り替えられる「スピード調節ダイヤル」を搭載。スイッチを押す間だけ稼働する仕組みで、好みに合わせて刻み具合を調節できます。

一度に作れる量は、ミンチなら最大約250g、玉ねぎのみじん切りなら最大約300g。コンパクトながら、2〜3人分の下ごしらえを作ることが可能です。

スムージーやフレッシュジュースなども作れるブレンダーに加え、生クリームなどを泡立てられるビーターアタッチメントも付属。1台で多彩な料理に活用できます。

本体や接続部、ふた以外のチョッパー・ビーターアタッチメントは、食器洗浄機に対応。お手入れしやすいフードプロセッサーを探している方にもおすすめです。

テスコム(TESCOM) スティックブレンダー THM332

1〜2人分にぴったりな容量のハンディタイプのフードプロセッサー。玉ねぎやにんじんのみじん切りなら最大約200g、ミンチなら最大約100〜150g、パン粉なら6枚切り1枚に対応できます。付属のおろし刃を使えば、りんごなどのすりおろしも作ることが可能。離乳食を作りたい方にもおすすめです。

ハンドブレンダーのスティック状の本体に、付属のチョッパーとボトルを取り付けて使用する仕組み。ボトルの底面には滑り止めが付いており、安定しやすくより安全に使用できます。

付属のブレンダー・ビーターアタッチメントを取り付ければ、スムージーやメレンゲなど幅広い料理に対応できるのも魅力です。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK2000

メタリックでおしゃれなデザインのフードプロセッサーです。「みじん切りカッター」「両面おろし刃」「バター&ホイップ」の3種類のアタッチメントを付属。使い分けることで、野菜のみじん切り、肉や魚のミンチや大根のおろし、ホイップクリームなどを作れます。

最大容量は約300mlと2人分にぴったりのコンパクトサイズ。全てのアタッチメントを容器に入れて、省スペースで収納できるのもおすすめポイントです。ステンレス製の容器は、食器洗浄機に対応しお手入れのしやすさも良好。汚れを落としやすく、臭い移りも予防できます。

ロック解除スイッチを搭載し、誤作動を予防できるのもメリット。初心者の方や、子供のいる方でも使いやすいフードプロセッサーです。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK441

多彩なアタッチメントを付属し「刻む」「混ぜる」「おろす」「泡立てる」など幅広い料理の下ごしらえに対応できるフードプロセッサー。価格も比較的安いので、初心者の方にもおすすめです。

容器のふたには水切りを搭載し、容器を傾けるだけで余分な水分を簡単に取り除けるのもメリット。容器には傷が付きにくいガラスを使用。洗いやすいうえ、臭いも残りにくく衛生的に使えます。

容量は比較的大きく、ハンバーグのたねなら約500gまで対応できます。3〜4人分をまとめて作りたい方にもおすすめのフードプロセッサーです。

ブラウン(Braun) マルチクイック 5 ヴァリオ ハンドブレンダー MQ5075

玉ねぎなど目にしみやすい食材や、ブレンダーが苦手とする角切り肉も細かく刻めるハンディタイプのフードプロセッサー。ハンドブレンダーの本体に、フードプロセッサーアタッチメントを取り付けて使用します。

食材に合わせて21段階にスピードを調節可能。本体の上部に搭載したダイヤルを回すだけなので、親指でラクに操作できるのも人気ポイントです。

スライサーに加え、薄め・厚めの2種類の千切り用ツールも付属。野菜の下ごしらえを簡単かつ時短で仕上げられます。また、付属の「こねベラ」を使えば、生地をこねることも可能です。さらに、別売の「ビッグチョッパー」を取り付ければ、氷の粉砕にも対応できます。

ブレンダーはもちろん、泡立て器アタッチメントも付属。ディップソースやスムージー、ホイップクリームなど幅広く対応でき、デザートはもちろん離乳食を作りたい方にもおすすめです。

山本電気(YAMAMOTO) MICHIBA KITCHEN PRODUCT マルチスピードミキサー Master Cut MB-MM56

回転速度を細かく制御できる独自の高性能DCモーターを搭載したフードプロセッサー。低〜高速まで無段階にスピードを調節できます。高速に設定すれば、氷・ナッツ・コーヒー豆などを砕いて細かくできるのも人気ポイントです。

スピードと運転時間を調節することで、「砕く」以外にも「刻む」「ミンチにする」「すり潰す」などが可能。付属のグレーターを取り付ければ、「すりおろす」に対応できるのも魅力です。

衝撃や温度変化にも強いステンレス製の容器を採用。使用後は、食材を入れたまま容器を取り外して調理用ボウルとして使用できます。調理方法が豊富で、使い勝手のよいフードプロセッサーを探している方はチェックしてみてください。

山本電気(YAMAMOTO) マルチスピードミキサー Master Cut YE-MM41

自動的に回転のオン・オフを繰り返す断続運転機能を搭載し、より手軽にみじん切り・ミンチを作れるフードプロセッサー。刻み具合を粗めに調節したい際に、本体の運転スイッチを頻繁に押したり離したりする手間を省けるのがメリットです。連続運転に切り替えることも可能。ペースト・ホイップ・すりおろしなどが簡単に仕上げられます。

独自のパワフルなDCモーターを搭載。フードプロセッサーながらミキサーのように氷や液体などを粉砕・かくはんでき、冷たいスムージー・野菜ジュースなどを作れるのも魅力です。

耐熱性の高いステンレス製の容器を採用し、茹でたて野菜も冷まさず使えるのもメリット。調理時間を短縮したい方はチェックしてみてください。

レコルト(recolte) カプセルカッター ボンヌ RCP-3

約幅12.4×奥行11.7×高さ23.4cmとコンパクトでおしゃれなアイテム。2種類のプレートを使い分けることで「刻む」「潰す」「練る」「砕く」「おろす」「泡立てる」を1台でこなせるフードプロセッサーです。

野菜のみじん切りや魚や肉のミンチはもちろん、茹で野菜のペーストやかき氷、生クリームや白卵のホイップなども作れます。離乳食やデザート作りにもおすすめです。

容器に食材を入れてふたを閉め、プッシュボタンを押すだけのシンプル操作。初心者の方でも簡単に使えます。ブレード・容器は簡単に分解でき、お手入れも簡単です。

レコルト(recolte) カプセルカッター キャトル RCP-2

パワフルな4枚刃を採用し、アタッチメントを付け替えなくても「刻む」「混ぜる」「練る」「潰す」「砕く」に対応できるフードプロセッサー。みじん切り・ミンチ・クラッシュアイス・ペーストなどに対応しています。

パーツが少なく洗いやすく、初心者の方にもおすすめ。約幅11.6×奥行11.6×高さ23.3cmと小型で、一人暮らしの方にも適したフードプロセッサーです。丸みのあるおしゃれなデザインはキッチンにも合わせやすく人気があります。

フィリップス(Philips) Viva Collection マルチチョッパー HR2507/05

独自の「チョップドロップテクノロジー」により、生野菜はもちろん、茹で卵・チーズ・アボカド・ナッツなども均一の大きさに刻めるフードプロセッサー。速度を調節する必要もなく上から押すだけなので、初心者の方でも簡単に粒度の揃った粗めのみじん切りを作れます。

細かいみじん切りや肉や魚のミンチに加え、ソース・ペースト・スムージーまで作れるブレードも付属。500Wのパワフルなモーターを搭載し、ナッツやドライフルーツ、パルメザンチーズなど硬めの食材も短時間で細かく刻めるのも人気ポイントです。

さらに、フローズンフードと氷用のブレードも付属し、デザート作りも楽しめます。本体以外のパーツは食器洗浄機に対応。洗いやすいので、お手入れも簡単です。

ティファール(T-fal) ミニプロ MB601GJP

取っ手付きの約215gと軽量なクッキングボウルを搭載し、着脱・お手入れもラクにできるフードプロセッサーです。約幅27×奥行15×高さ25.5cmとキッチンに置きやすいサイズ。おしゃれなデザインも人気があります。

4種類のアタッチメントを付属。使い分けることで、「刻む」「潰す」「おろす」「混ぜる」「泡立てる」「スライスする」「千切りにする」などが可能です。ミキサーのようにスープやスムージーなども作れます。

肉のミンチなら最大200g。スープなら最大約600mLまで対応し、2〜3人分の下ごしらえにおすすめのフードプロセッサーです。また、誤作動を防止する2段階の安全機能が付いています。

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。