簡単に料理の下ごしらえができる「フードプロセッサー」。開発された当初は、外食産業の業務用ニーズに応えるために発売されたモノですが、最近では家庭調理の“時短アイテム”として注目が集まっています。

そこで今回は、フードプロセッサーのおすすめ人気モデルをご紹介。「据え置き」や「ハンディ」などのタイプはもちろん、用途やサイズもアイテムによって異なるので、購入を検討している方は各製品の特徴をしっかりチェックしておきましょう。

フードプロセッサーとミキサーの違い

料理の下ごしらえに活躍するフードプロセッサー

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、調理の下ごしらえをサポートしてくれる家電です。一般的なフードプロセッサーには、数種類の刃が付属しています。ニンジンやタマネギなどをみじん切りにしたり、肉をミンチにしてひき肉を作ったりと、料理の下ごしらえを簡単にできるのが特徴です。

スムージーや離乳食を作るのに適したミキサー

By: amazon.co.jp

ミキサーは、液体に近い仕上がりまで食材を粉砕してくれる家電です。ジュースやスムージー、スープなどを作るといった用途に向いています。健康を意識して新鮮な野菜ジュースを飲みたい方や、赤ちゃんのための離乳食を作りたいという方におすすめです。

ミキサーとの違いについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

フードプロセッサーの選び方

用途に合わせて種類を選ぶ

据え置きタイプのフードプロセッサー

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプのフードプロセッサーは、基本的にテーブルの上に設置して使用します。刃とモーターの力が大きい分、安定して使えるのが特徴です。

また、人数が多い場合は、大容量タイプがおすすめ。手に持つ必要がないのでラクに仕上げられるのもポイントです。なお、使用後は部品を外して洗う必要があり、メンテナンスに少し手間がかかるため注意しておきましょう。

ハンディタイプのハンドブレンダー

By: amazon.co.jp

ハンディタイプは、本体を手で持ちながら使用し、潰す・混ぜる・泡立てる際に便利なアイテムです。刃が小さい分細かな場所まで行き渡らせることが可能で、食材を細かく砕けます。

また、食材が加工される様子を実際に見ながら強弱の加減ができるので、手軽に下ごしらえができるのもポイント。少量の食材を手早く処理できるため、調理の時短を図りたい方にもおすすめです。

家族構成や作りたい量を考慮してサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

フードプロセッサーを選ぶ際は、サイズにも注目してみましょう。収納スペースが狭いのに大型の製品を買ってしまうと、収納場所に困ってしまう場合があります。

据え置きタイプの場合は、常にキッチンに出しておくことは考えにくいので、収納スペースに収まるサイズを選ぶことが重要。一方、ハンディタイプの場合、本体を立て掛けておけますが、アタッチメントに関しては収納場所や方法を事前に検討しておきましょう。

洗いやすさにも注目

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、お手入れのしやすさも重要。使い終わった後のお手入れを怠ると、すぐに劣化してしまう場合もあるので注意が必要です。

据え置きタイプは、各パーツを外す必要があります。一度分解すると、組み立て直す際に混乱しやすいため留意しておきましょう。一方、ハンディタイプは比較的簡単で、食材を処理した後はカップなどにお湯と洗剤を入れて動作させるだけ。分解をする必要もなく、手軽に後片付けができます。

フードプロセッサーのおすすめメーカー

クイジナート(Cuisinart)

41oVV6zC7zL

By: amazon.co.jp

アメリカでは「フードプロセッサーの代名詞」として知名度が高いブランド。長年のノウハウを活用した高性能なマシンを数多く揃えています。

据え置きタイプでは幅広いサイズのフードプロセッサーを展開しており、ハンディタイプのラインナップも豊富。いずれの製品も安全に配慮されているだけでなく、お手入れが簡単なのもポイントです。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

テスコムはドライヤーなどの生活家電はもちろん、キッチン家電も豊富に取り揃えているメーカーです。見やすいスイッチ配置など、操作性に優れたモデルがラインナップされています。フードプロセッサー初心者におすすめです。

ブラウン(Braun)

311SfXLOkeL

By: amazon.co.jp

シェーバーで有名なブランド。調理家電においてもそのモーター技術を活かしたハンディタイプの製品を展開しています。

ボタンの握り具合で回転速度を調節できるスマートスピード機能が特徴。直感的な操作で、自分好みに仕上げたい方におすすめです。なお、製品によって付属しているアタッチメントの種類は異なるので、購入する際はチェックしておきましょう。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、家電製品をはじめ、通信機器や産業機器も取り扱っている国内大手総合電機メーカーです。調理家電においても、フードプロセッサーをはじめ、ミキサー・ジューサー・ハンドブレンダー・ハンドミキサーなどの製品を展開しています。

いずれのジャンルにおいても、使い勝手を考慮した多機能タイプが豊富にラインナップされているのが特徴。日本の生活スタイルに配慮した性能を有しているモノも多く、使い勝手も良好です。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

取っ手を外せるフライパンや、電気ケトルなどで有名なフランスの調理器具ブランド「ティファール」。キッチンをおしゃれに演出してくれるデザイン性の高いアイテムを揃えています。

ティファールのフードプロセッサーやハンドブレンダーは、軽量かつコンパクトながらも多くの機能を備えているのが特徴。また、シンプル操作で時間の短縮にもつながります。1台でさまざまな用途に使える汎用性の高い製品を探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

フードプロセッサーのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーL DLC-192J

3〜4人分の下ごしらえを簡単に行える人気のフードプロセッサーです。6種類のブレードが付属しており、刻む・こねる・薄切り・細切り・おろしなどの幅広い調理を手軽に行えます。

容量が大きく、一度に大量の食材を投入できるのもメリット。400g分のミンチ肉や、みじん切りなどをまとめて作れるので、家族の人数が多い家庭にもおすすめです。

本体サイズは幅17.7×奥行24.8×高さ35cmで、収納も容易に行えます。業務用と同じ強力なモーターを搭載しているため、安定して大量の食材を調理できるのもポイントです。ファミリー向けのフードプロセッサーを探している方はチェックしてみてください。

クイジナート(Cuisinart) ミニプレッププロセッサー DLC-1JR

一人暮らしの方におすすめのフードプロセッサーです。ステンレスブレードを搭載しており、切る・刻む・混ぜるといった調理が可能。容量は0.5Lで一度に80gのひき肉や、150gのみじん切りなどを作れます。

スピードを2段階に調節できるのもポイント。みじん切りなど固形の食材はLOW、ペーストなど液体の食材はHIGHというように調理する食材に合わせて調節できます。

サイズは幅11×奥行15×高さ20cmのコンパクトながら力強いパワーを備えており、ディップやペーストなどをなめらかに仕上げられるのも魅力。重量も約1kgと軽いので、収納スペースへの出し入れも容易です。

また、別売りのアタッチメントを使うとおろし調理にも対応。大根やリンゴなどをすりおろせます。1〜2人分の料理に役立つおすすめの製品です。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK212

リーズナブルで使い勝手のよいフードプロセッサーです。幅18.4×奥行15.9×高さ21.6cmとコンパクトなサイズのため、収納が容易でキッチンに常時設置したい方にもおすすめ。みじん切りカッターと両面おろし刃の2種類を使いわけることで、さまざまな食材の調理を手軽に行えます。

みじん切りカッターでは刻み調理や混ぜ調理に対応。ニンニクのみじん切りなど少量の食材から、ハンバーグのタネ作りなど多量の食材まで幅広く加工が可能です。液漏れしにくく設計されているので、スープやソースも作れます。

両面おろし刃は表と裏でおろし目の粗さが異なり、ザクザクとした大根おろしやなめらかなとろろなど、食材に合わせておろし面を使いわけられるのもメリット。すべてのパーツは容器の中に収まるため、すっきりと収納できます。

また、ロック解除スイッチを押さないと動作しない安全設計なのもポイント。料理のレパートリーを増やせるレシピブックも付属しています。フードプロセッサーのエントリーモデルとしておすすめの製品です。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK441

アタッチメントを豊富に付属した大容量のフードプロセッサーです。一度にハンバーグのタネ500gを作れる容量を備えているので、人数が多い家庭にもおすすめ。基本のみじん切りカッターは刻み調理と混ぜ調理を行え、さまざまな料理の下ごしらえに活躍します。

表と裏で粗さの異なる両面おろし刃は、150gの大根を約30秒でおろせる優れた性能を持ち、食材に合わせておろし目の粗さを使いわけることが可能。また、大根おろしを作った後にボトルを傾けて簡単に水切りができるのもメリットです。

バター&ホイップアタッチメントも付属しており、生クリームや卵白の泡立てと自家製バターを作ることが可能。わずか30秒で100mlの生クリームから約60gの自家製バターを作れるため便利です。

すべてのアタッチメントは本体に収納可能。電源コードは底面に巻きつけてすっきりとしまえます。ハイスペックなフードプロセッサーとしておすすめです。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

コストパフォーマンスに優れた人気のフードプロセッサーです。ナイフカッターとおろし・とろろカッターの2種類を使いわけられ、刻む・混ぜる・擦る・おろすといった調理を行えます。

一度に最大で魚のすり身300g分やハンバーグのタネ500g分、大根や長芋のおろし250g分などを手軽に作れるので便利です。本体サイズは15.4×22.5×19cmで、重量は約2.6kg。収納スペースへの出し入れも容易に行えます。

傷やニオイのつきにくいガラス製容器を採用しているのもポイント。料理に役立つレシピブックも付属しています。また、別売りのオプションパーツを用意すれば、スライスやせん切り、パンの生地ごねなども可能。フードプロセッサーのエントリーモデルとしてもおすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K81

3種類のカッターと「パンの羽根」アタッチメントが付属している、汎用性の高いフードプロセッサーです。基本のカッターはチタンの約1.2倍に相当する硬度を持つ「ブラックハードチタンカッター」で、刻む・擦る・混ぜるといった調理を快適に行えます。

素材のシャキシャキとした食感を残せる鬼おろしカッターが付属しているのもポイント。一般的なおろし器より粗くおろせるので、料理の幅が広がります。パンの羽根アタッチメントでは、パンやうどん、パスタなどの生地をこねることが可能です。

さらに、おろし・とろろカッターやスライス・せん切りカッターが付属。豊富なアタッチメントを活用することで、幅広い調理を素早く簡単に行えて便利です。また、回転速度は食材に合わせて3段階に調節できます。

本体サイズは15.4×22.5×21.2cmと比較的コンパクトで、収納しやすいのもメリット。1台で多彩な調理や下ごしらえを行える、おすすめのフードプロセッサーです。

ティファール(T-fal) ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP

1台7役の使いやすいフードプロセッサーです。幅27×奥行15×高さ25.5cmのコンパクトなサイズで、重量が約1.7kgと軽いため、気軽に収納場所から取り出して使えます。キッチンに常設できるフードプロセッサーを探している方にもおすすめです。

基本のカッター以外にスライス・せん切りディスクやおろしディスク、泡立てディスクが付属。潰す・混ぜる・刻む・スライス・せん切り・泡立て・おろすといった7通りの調理を行えるのが魅力です。

透明容器はプラスチック製で重さがわずか215gと軽いので、調理やお手入れを行いやすいのもポイント。85℃までの耐熱性能を備えており、食洗機で手軽に洗えて便利です。また、熱した食材も粗熱を取らずに投入できるため、料理をスムーズに行えます。

2段階の安全装置を搭載。誤作動を防止し、安全に使えるのもメリットです。さらに、専用のレシピブックも付属しています。多機能でデザイン性に優れたフードプロセッサーを探している方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンフードプロセッサー SKF-G100

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンフードプロセッサー SKF-G100

4人分のハンバーグや餃子32個のたねが一度に作れる、容量650gのフードプロセッサー。軽くて丈夫なステンレス製のワークボウルにはディンプル加工が施されており、食材がへばりつきにくいのが魅力です。

「みじん・ミンチ」「おろし・スープ」「ホイップ」「パンこね」といった4つの調理コースをレザー操作で簡単に切り替え可能。カッターやブレードといったアタッチメントは、付属の収納プレートを用いれば本体と一体化させてスマートに収納できます。

ワークボウルをセッティングしないとスイッチが入らなかったり、または蓋をしっかり閉めないと回転しなかったりと、安全性に配慮されているのもポイント。小さな子供のいる家庭でも安心して使用できるフードプロセッサーです。

山本電気(YAMAMOTO) MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット MB-MM56

山本電気(YAMAMOTO) MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット MB-MM56

つまみをひねることで、毎分800~3000回転までのスピード調節が可能なフードプロセッサー。モーターとカッターを直結させるシステムを搭載しており、氷までしっかり砕けるパワフルさはもちろん、静音性に優れているのが特徴です。

軽量でプラスチックよりも耐久性に優れたステンレス製のワークボウルを採用。お手入れがしやすく、いつでも清潔に使用できます。刻む・混ぜるといった基本動作のほかにも、生クリームの泡立てやコーヒー豆の粉砕までこなせるマルチなアイテムです。

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー ミニチョッパー YFD-400

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー ミニチョッパー YFD-400

最大調理容量200gのコンパクトなフードプロセッサー。縦長のスリムなフォルムのため、限られたキッチンスペースに問題なく設置できます。価格もリーズナブルで、はじめてフードプロセッサーを購入する方にもおすすめです。

1台で刻む・混ぜるの2役をこなせます。また、蓋がしっかりと取り付けられていない限り運転が始まらない仕様なのもポイント。安全性にも配慮されているおすすめアイテムです。

レコルト(recolte) カプセルカッター ボンヌ RCP-3

レコルト(recolte) カプセルカッター ボンヌ RCP-3

コンパクトタイプのフードプロセッサー。ブレード部分は4枚刃とスマートな形状ながらも、しっかりと使えるのが特徴です。

用途としては刻む・混ぜる・潰す・砕く・練るが可能。さらに、泡立てやすりおろしに関しては専用プレートが付属しているので、別途付け替えることで対応できます。

使用方法としては食材をセットし、あとは本体上部のボタンを押すだけ。プッシュし続ければ連続回転してくれるため、オンオフの切り替えも容易です。

電源はコンセント接続によるAC対応で、コードの長さは約1m。小型かつ使い勝手も良好なので、一人暮らしの方はもちろん、ちょっとしたときに使えるサブ用のフードプロセッサーを探している方にもおすすめです。

フードプロセッサーのおすすめ人気モデル|ハンディタイプ

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500WJ

多彩なアタッチメントが付属する便利なフードプロセッサーです。ハンドブレンダーのほかに、泡立て調理のビーターや切り刻み調理のチョッパーとして使える利便性の高さが魅力。1台3役の多機能モデルとしておすすめです。

回転スピードは3段階に調節できるので、食材に合わせて効率よく調理を行えます。ブレンダーは容量800mlの専用カップとともに使用し、食材をスムージーやソース、スープなどへと手軽に加工することが可能。幅広い料理の下ごしらえに活躍するおすすめアイテムです。

テスコム(TESCOM) スティックブレンダー THM430

使いやすさに優れた多機能ハンドブレンダー。握り幅が4cmと細く、ブレンダーアタッチメントをつけた際の重量が580gと軽いのが特徴です。腕が疲れにくく、気軽に使えるのが魅力。毎日のスムージーや離乳食作りにおすすめです。

無段階の速度調節機能を搭載しており、低速から高速まで用途に応じて調節できます。金属製ブレンダーは潰す・混ぜるといった調理が可能で、熱に強く鍋の中で使えるのもメリット。スープやソースなどの料理を短時間で手早く作れて便利です。

チョッパーは刻み調理に対応しており、野菜のみじん切りや肉のミンチ、魚のすり身などを作れます。ビーターでは生クリームと卵白の泡立てが可能。ブレンダーとビーターのアタッチメント部分は食洗機対応で、お手入れしやすいのもポイントです。

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

スタイリッシュで高性能なフードプロセッサーです。複数のデザイン賞に輝いた洗練されたデザインと、多機能でパワフルなかくはん性能が特徴。世界初の「アクティブブレードテクノロジー」を採用しており、回転に加えて上下にも伸縮することで食材をよりなめらかに刻めます。

基本のカッターのほかに、こねベラ・泡立て器・スライサー・せん切りといった多様なアタッチメントに対応しているのもポイント。みじん切り以外にも、パン生地作りやホイップクリーム作りなどの幅広い調理を手早く行えるので便利です。

アタッチメントはリリースボタンで簡単に交換できるため、スムーズに料理を進められます。また、回転スピードはスイッチを握る力の強さで自在に調節でき、直感的な操作が可能です。使い勝手のよいハイスペックなフードプロセッサーを探している方は、チェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

独自形状の4枚刃ブレンダーカッターを搭載したフードプロセッサー。野菜や果物の繊維までをしっかりと断ち切れるため、なめらかな食感に仕上がります。食材の硬さに合わせて、高速・低速モードの切り替えも可能です。

スムージーの具材を混ぜたい場合に便利なブレンダーカップや、野菜のカットや肉のミンチ用にピッタリのチョッパーカップが付属。ハンディタイプなので、鍋やボウルを用いての直接調理にも対応しています。また、ロック解除ボタンを押したまま運転スイッチを入れないと作動しない機構を採用するなど、安全性への配慮も魅力です。

ティファール(T-fal) ハンドブレンダーベビーマルチ HB65H8JP

ティファール(T-fal) ハンドブレンダーベビーマルチ HB65H8JP

通常のブレンダーのほか、離乳食用のブレンダーも用意されている2WAY仕様のアイテム。潰す・混ぜる・切る・刻む・泡立てるが手持ちでできるハンドブレンダータイプですが、離乳食用に付け替えれば、よりなめらかにかくはんできるのが特徴です。

本製品の上段にはスピードダイヤルが用意されており、回転数を柔軟に調節することが可能。低速から高速まで対応できるので、食材や用途に合わせてセッティングができます。なお、電源ボタンの下にターボボタンがあるのもポイント。スピードダイヤルよりも高速回転が可能なため、瞬間的に回転数を上げたい際に有効です。

離乳食はもちろん、消化を気にしたい方や高齢者向けの介護食を作りたい方にも便利なアイテムなので、気になる方はチェックしておきましょう。

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。