下ごしらえの手間を軽減できる「フードプロセッサー」。野菜をあっという間にみじん切りにできるほか、小間切れやブロック肉から手軽にミンチを作れます。しかし、さまざまな製品があるため、どれを選ぶべきか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、フードプロセッサーのおすすめモデルをご紹介。選び方を参考に、ぴったりなモノを探してみてください。

フードプロセッサーとは?

By: tiger.jp

フードプロセッサーは、刻んで混ぜるために役立つ調理器具です。横長の大ぶりなカッターを搭載しているのが特徴で、比較的低速で回転しながら固形の食材を細かくカット。生野菜のみじん切りや生肉のミンチを簡単に作れます。

さらに、茹でピーナッツをペーストにできるほか、食パンからパン粉を作ったり、クッキー生地に混ぜるオートミールを刻んだりと使い道はさまざま。包丁だと手間のかかる下ごしらえがほんの数分で完了するため、料理が楽になるのがメリットです。また、製品によっては付属のアタッチメントを使い分けることで、おろし・スライス・こね・泡立てなども可能。1台で多くの調理に対応できるようになります。

なお、硬い食材や粘り気の強い食材は、基本的に使用できないため注意。液体も容器から漏れやすいので、スムージーなどを作りたい方は、液体調理対応のモノを探してみてください。

ミキサー・ブレンダー・ジューサーとの違い

ミキサーとは?

ミキサーは、スムージーやスープを作りたいときに便利な調理器具です。背の高い容器に、小さなカッターが付いているのが特徴。蓋にパッキンが付いており、液体が漏れにくい構造になっています。

フードプロセッサーとの大きな違いは、固形の食材だけでなく、水や牛乳などの水分を投入する必要がある点。小さなカッターが高速で回転し、食材を粉砕して液体状にできる点も異なります。

食材がまるごと入った飲みごたえのあるスムージーやスープを簡単に作れるため、栄養をたっぷり摂取したい朝食にぴったり。健康志向の方にも人気があります。

ミキサーについて詳しく知りたい方はこちら

ブレンダーとは?

ブレンダーとは、回転するブレードで食材を潰したり混ぜたりする調理器具のことです。据え置きタイプとスティック状のハンドブレンダーがあります。

特にハンドブレンダーは、アタッチメントが豊富で、汎用性が高いのが特徴。潰し・かくはん・泡立て・刻みなどが可能です。

なお、英語圏では、ミキサーをブレンダーと呼びます。海外メーカーのミキサーを探している方は、ブレンダーにも注目してみてください。

ブレンダーについて詳しく知りたい方はこちら

ジューサーとは?

ジューサーとは、生しぼりジュースを作れる調理器具。野菜や果物の液体のみを抽出するため、サラサラの飲みやすいフレッシュジュースを楽しめます。

栄養たっぷりで、子供でも飲みやすいため、朝食時やおやつタイムにもぴったり。健康に気をつけたい方はもちろん、苦手な野菜や果物をシューズにして克服したい方にもおすすめです。

ジューサーについて詳しく知りたい方はこちら

フードプロセッサーの選び方

タイプをチェック

据え置きタイプ

据え置きタイプは、専用容器を本体にセットして使用します。本体が大きく重めなので、定位置に置いておくのが一般的。キッチンのスペースを取るため、毎日のように頻繁に使用する方におすすめのタイプです。

大きなモーターを搭載しており、刻む力はパワフル。短時間で細かく刻めます。また、容量が大きいモノが多いので、作り置きをする方や人数が多い家庭にぴったりです。

また、アタッチメントが充実した多機能モデルが多いのも特徴。おろし・スライス・泡立て・こねなどに対応し、アタッチメントを使い分けるだけで料理の幅がぐんと広がります。

なかには、持ち運んで使えるコンパクトモデルもあるので、一人暮らしでキッチンスペースが狭い方や、少量で十分という方は小型の製品もチェックしてみてください。

ハンディタイプ

By: amazon.co.jp

ハンディタイプは、ハンドブレンダーに付属しているチョッパーアタッチメントを使用します。本体がスティック状でコンパクト。軽量で持ち運びやすく、コンセントが届く場所ならどこでも使えるので便利です。また、省スペースで収納できるため、キッチンをすっきり片付けたい方や一人暮らしの方に適しています。

さらに、ハンドブレンダーは刻むだけでなく、潰しや泡立てができるさまざまなアタッチメントを付属しており、幅広く使用できるのもメリット。マルチに使えるフードプロセッサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハンドブレンダーについて詳しく知りたい方はこちら

容量をチェック

By: tiger.jp

フードプロセッサーは、食材によって調理容量が異なります。普段よく調理する食材に合わせて、ちょうどよい容量を選ぶのがおすすめです。

例えば、ハンバーグに使うミンチを作る場合は人数に対して量が倍増するため、忘れずに容量を確認しておきましょう。3~4人家族の場合は500g程度が目安です。

一方で、主に薬味や離乳食の下ごしらえを作るのであれば、小量で十分。容器に無駄なスペースがなく、食材をムラなく刻むことが可能です。

容器の素材をチェック

ガラス

By: russellhobbs.jp

ガラス製の容器は、油汚れやニオイをすっきり洗い落とせるのが大きなメリット。さまざまな食材を扱う方におすすめです。また、表面に傷が付きにくいため、雑菌が繁殖しにくいのも魅力。清潔に使いたい方にぴったりです。

なお、ガラスは温度差に弱いので、茹でたての熱い食材を入れると割れる可能性があります。また、キッチンの角にぶつけたり、落下させたりすることも割れる原因です。熱い食材は冷ましてから投入し、お手入れのときはしっかり支えましょう。

プラスチック

By: tiger.jp

容器の持ち運びやすさを重視する方は、プラスチック製がおすすめです。軽いため片手でも持ち上げやすく、楽に洗えます。また、手が滑って深いシンクに落下しても割れにくく、気軽にお手入れできるのが魅力です。

透明なプラスチックを採用しているので、中身を確認しながら調理できる点もメリット。ただし、プラスチックは傷が付きやすいという難点があります。長く使っていると中身が見えにくくなる場合があるので、留意しておきましょう。

ステンレス

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさと耐久性を求める方は、ステンレス製の容器がおすすめ。丈夫なので、落としてもほとんど割れません。また、熱に強いため、お湯で油汚れを落とせます。また、茹でたピーナッツなど熱い食材を投入できる点もメリット。冷ます時間を省けるため、料理の時短につながります。

なお、ステンレス製は中を確認しにくいのがデメリット。蓋が透明であればある程度チェックはできますが、全体の仕上がりまではなかなか把握しにくいので、注意しておきましょう。

アタッチメントの種類をチェック

By: amazon.co.jp

多彩なアタッチメントを付属したフードプロセッサーは、使い道が一気に広がるので便利。アタッチメントを付け替えることにより、刻むだけでなく、おろす・こねる・泡立てるなども対応できます。同梱されているアタッチメントは製品によって異なるので、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

なお、泡立てのアタッチメントを選ぶ際は定格時間も重要。メレンゲを作りたい方は定格時間3分以上のモノを探してみてください。

アタッチメントの種類がわかったら、どう収納されているかも念のため確認。使用前の状態に戻せるよう、手順も把握しておけると安心です。

回転速度の調節機能をチェック

By: panasonic.jp

カッターの回転速度は、仕上がりの粒の細かさに影響します。毎分2000~5000回転するモノが多いですが、なかには毎分20000回転以上とミキサー並みに速いモノも存在。回転速度が速いほど細かく刻めるため、ペーストに近いみじん切りにすることが可能です。

回転速度を調節できるモノであれば、理想的な粒の大きさに仕上げられるので便利。低速に設定すれば、チョップドサラダやサルサなどに適した大きなみじん切りを作れます。また、高速でなめらかに刻んだ野菜は、離乳食の下ごしらえにぴったりです。

なお、少量モデルや、機能がシンプルなモデルは回転速度を調節できない場合が多いため、あらかじめ確認しておきましょう。

手入れのしやすさをチェック

By: tescom-japan.co.jp

お手入れのしやすさは、長く使うための大切なポイントです。洗いにくいと汚れが残り、不衛生になってしまいます。また、お手入れに時間がかかると、使うのが億劫になりがち。毎日使うモノなので、簡単に洗えるかどうかを確認して選ぶのがおすすめです。

蓋と容器は、凹凸がなくシンプルな形状であれば楽に洗えます。カッターやアタッチメント、パッキンの取り外しやすさや、洗いやすさも重要です。食器洗浄機で洗えるかどうかも合わせてチェックしておきましょう。

安全機能をチェック

By: tescom-japan.co.jp

安全機能が備わっていると、誤操作を予防できます。例えば、蓋がしっかり閉まっていないと運転を開始しない機能や、食材の入れすぎ時にカッターの回転を自動停止できる機能などはあると安心です。

特に小さい子供がいる家庭やシニア層が使う場合は要確認。トラブルを未然に防げるよう、使い方なども事前にしっかりとチェックしておきましょう。

フードプロセッサーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、1918年に創業し、白物家電から黒物家電まで幅広く手掛ける大手電気機器メーカーです。これまで培ってきた技術を駆使し、便利で使いやすい家電を数多く展開しています。

フードプロセッサーでは、容量が大きい据え置きタイプと、省スペースで使えるハンディタイプをラインナップ。「おろし・とろろカッター」搭載モデルでは、とろろもあっという間にできあがります。手のかゆみが気になる方は、チェックしてみてください。

レコルト(recolte)

By: amazon.co.jp

レコルトは、2009年に誕生した日本のキッチン家電ブランドです。コンパクトなデザインの製品が多く、省スペースで使える製品を展開しています。かわいらしくおしゃれなデザインを取り揃えているため、インテリア性を重視する方におすすめのブランドです。

フードプロセッサーでは、みじん切りだけでなく、ペーストやかき氷まで作れるパワフルな据え置き型モデルを展開。フローズンデザートや離乳食を時短で作りたい方はチェックしてみてください。

クイジナート(Cuisinart)

By: cuisinart.jp

クイジナートは、フードプロセッサーをはじめ、さまざまな調理家電を展開するアメリカのブランドです。スタイリッシュでさまざまなキッチンに合わせやすい製品を取り揃えています。

据え置きタイプは、大家族に便利な大容量モデルから一人暮らしに便利な小容量モデルまで豊富にラインナップ。みじん切りのほかに、千切りやスライスにも対応したモデルが便利です。また、コンパクトで収納しやすいハンディタイプも人気があります。

フードプロセッサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

シンプルで操作性に優れているフードプロセッサーです。玉ねぎなどのみじん切りなどがしやすい「ナイフカッター」と、大根やとろろなどのすりおろしに便利な「おろし・とろろカッター」の2種類が付属。料理の下ごしらえがスピーディに行えます。

アタッチメントはステンレス製で錆びに強く、耐久性に優れているのが特徴。専用容器はガラス製で、傷が付きにくいのが魅力です。また、ニオイ移りが少ないため、お手入れも簡単にできます。

容量は、例えばハンバーグのたねだと最大500gが目安。「入れすぎストッパー」が備わっており、食材の入れすぎも防げます。フードプロセッサー初心者でも扱いやすいモデルです。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K81

多彩なメニューに活躍するフードプロセッサー。チタンと比較して硬度約1.2倍のブラックハードチタンカッターを採用しています。

粗おろし・きざむ・する・混ぜる・おろす・こねる・スライス・千切りと、料理に合わせてさまざまな調理ができるのがポイント。鬼おろしの特徴を再現した「鬼おろしカッター」は、水分が出にくいため、食材の食感を活かしたい場合におすすめです。

スイッチは、高速・あらびき・低速の3段階で切り替え可能。食材に合わせた調理が可能なため、メニューの幅を広げたい方におすすめです。

食材を入れすぎた際に便利な「入れすぎストッパー」や、コードの収納がしやすい「コードリール」が備わっているのもポイント。フードプロセッサーをよく使用する方におすすめの製品です。

レコルト(recolte) カプセルカッター ボンヌ RCP-3

付け替え可能な3つのブレードとプレートが付属している、おすすめのフードプロセッサー。きざむ・混ぜる・練る・つぶす・砕く・おろす・泡立てる作業が1台で完了します。

4枚刃ブレード・おろしプレート・泡立てプレートが付いており、みじん切りやペーストなど料理の下ごしらえだけではなく、大根おろしやメレンゲなども調理可能。カップには、割れにくい「トライタン」が使用されています。

また、本体が正しくセットされていないと動作しない安心設計もポイント。また、本体以外は丸洗いできるため、衛生面も保てます。

さらに、カップにフィットする形状のオリジナルスパチュラが付いており、使い勝手がよいのもメリット。キッチンの省スペースに置ける、コンパクトなフードプロセッサーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンフードプロセッサー SKF-H100

カップが軽量で使いやすいフードプロセッサー。軽くて手軽に持てるステンレス製を採用しており、耐久性にも優れています。「ディンプル加工」が施されているため、食材が周囲に張り付きにくいのが特徴です。

アタッチメントは、おろしカッター・パンこねブレード・チョッパーカッターの3種類。ステンレス製のカッターにはブラックチタンがコーティングがされており、切れ味を保ったまま長く使用できます。

容量は650gサイズで、4人分を一度に調理できるのもメリット。下ごしらえが一気にでき、時短で調理できます。コードリールを採用しているため、コードをすっきり収納できるのも特徴。使用時もすばやくセッティング可能です。

スープや液体なども調理でき、メニューバリエーションを広げたい方にも便利。付属品を本体と一体にして収納できる「収納プレート」が付いているので、コンパクトにまとめて管理したい方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) フードプロセッサー SKU-A100

運転音の大きさに配慮したフードプロセッサー。モーターの振動や食材同士の衝突音など、各所の動作音を抑える仕組みが施されています。

付属のアタッチメントは、チタンコートチョッパーカッターとおろしカッターの2種類。ミンチ・ペースト・おろし・生地・ホイップなど、1台で5役の下ごしらえが可能です。

本体が正しくセットされていないと動作しない安全構造も魅力。カップの蓋を上から押すだけで調理できる、直感的で使いやすい操作性もポイントです。

アタッチメントは、カップ内にまるごと収納可能。使いやすいおすすめのフードプロセッサーです。

テスコム(TASCOM) コードレス フードプロセッサー TKX500

コードレスタイプのフードプロセッサー。充電式でコンセントが不要なため、場所を選ばずに食材の下ごしらえができます。

みじん切りカッター・バター&ホイップ・両面おろし刃の3種類のアタッチメントが付属。きざむ・まぜる・おろす・泡立てる作業が手軽にでき、料理の幅が広がります。

食材を入れすぎた際は動作が停止する保護装置や、傾けた際の動きを防ぐ転倒センサーの搭載など、安全性に優れているのもポイント。持ち運びやすい取っ手付きで、片付けがスムーズにできるのもメリットです。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK5000NP

汎用性の高いフードプロセッサー。アタッチメントは、みじん切りカッター・バター&ホイップ・両面おろし刃で、両面おろし刃は「粗め」と「細かめ」の2種類が付属されています。

メレンゲやホイップクリームはもちろん、自家製バターが手作りできるのが特徴。メニューバリエーションを増やせるのもメリットです。

ニオイが付きにくいガラス容器を採用。ハンバーグの場合、容量500gとたっぷり使えます。カッターはブラックチタンコートが施されており、切れ味が長持ちするのも特徴です。

調理後は水切りが簡単にできる仕様のほか、蓋にはパッキンが備わっているため、粉の飛び散りや液体の漏れを防げるのもメリット。さらに、モーターの高温時に作動する「温度エラーランプ」が搭載しており、安全性にも優れています。

テスコム(TESCOM) フードプロセッサー TK213

充実した機能を搭載している、おすすめのフードプロセッサー。みじん切りカッター・両面おろし刃・バター&ホイップの3種類のアタッチメントが付属しており、肉のミンチや野菜のみじん切りはもちろん、とろろやバター作りなどにも活躍します。

216×184×159mmのコンパクト設計で、すっきりと収納できるのも特徴。アタッチメントは容器の中にまとめて収納できるため、キッチンに出しっぱなしでも場所を取りにくいのもポイントです。

ボトルはガラス製でニオイや傷が付きにくく、油汚れを落としやすいのも魅力。軸とボトルが一体構造になっているため液漏れしにくく、ドレッシングやスープ作りにもぴったりです。

メインスイッチは手のひらで押しやすく、「ロック解除スイッチ」が搭載されているのもメリット。コンパクト設計ながら、安全設計もしっかり施されているフードプロセッサーです。

ラドンナ(LADONNA) Toffy マルチハンディチョッパー K-HC7

用途に応じて7通りの調理ができる、おすすめのフードプロセッサー。「5枚カッター」では食材を好みの粗さに刻めるため、メニューによって食感を残すなどのアレンジを楽しめます。また、ブレンダーを使用すれば、食材を泡立てたり混ぜ合わせたりと、効率よく調理できるのが特徴です。

さらに、薄切り・薄千切り・つま切り・千切り・おろしができる5種類のカッターも付属。多彩なカットができるため、メニューの幅が広がります。

使い方は、容器にパーツをセットして食材を入れ、ハンドルを引くだけと簡単。初めてフードプロセッサーを使う方でも、楽に扱えます。

内蓋と保存蓋が付いており、保存にも便利。液漏れしにくいため、お手入れをスピーディーに済ませたい方にもおすすめです。

ティファール(T-fal) ミニプロ フードプロセッサー MB601GJP

1台7役のフードプロセッサー。混ぜる・つぶす・きざむ・スライス・せん切り・おろす・泡立てるがスピーディに完了でき、手早く料理が作れます。

本体は215gと軽量なのが特徴。プラスチック製なため軽くて使いやすく、洗いやすい仕様です。また、食材が見える状態で操作できるため、仕上がりを確認しながら調理できるのもポイントです。

耐熱温度は85℃。熱した食材も冷まさず入れられるため、調理時間の短縮に繋がります。また、食洗機に対応しているので、お手入れを手早くしたい方にもおすすめです。

さらに、正しくセットをしないとスイッチが入らない構造を採用。2段階の安全設計で、子供との使用にも適しています。コンパクトながら機能性にも優れている製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー YFD-400

料理が苦手な方でも簡単に使用できるフードプロセッサー。食材を入れたらスイッチを押すだけのシンプルな操作性が特徴です。ミンチ・みじん切り・すり身が簡単に調理できるため、餃子やつみれ汁など、さまざまなメニューに対応します。

また、すっきりとコンパクトなデザインで置き場所に困らないのも魅力。容器はクリアなため、食材の様子を確認しながら作業ができます。

さらに、蓋が取り付けられていないと運転しない、安全スイッチが搭載されているのもポイント。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインを採用している、おすすめのフードプロセッサーです。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーL DLC-192J

1台6役の便利なフードプロセッサー。6つのブレードが付属しており、切る・きざむ・こねる・薄切り・おろしなどができます。細切りは1.5mmと3mmの2種類が可能なため、より幅広い調理に対応できるのが特徴です。

また、3~4人用の調理が可能な大容量サイズなのも魅力。例えばハンバーグであれば3~4個、玉ねぎのみじん切りであれば400g、生地こねであれば300gが一度にできます。調理の作業時間を大幅にカットしながら下ごしらえが可能です。

モーターには、業務用と同機種の「インダクションモーター」を採用。耐久性があり、強力なパワーで食材を調理します。さらに、静音性にも配慮されており、使い勝手に優れているのもおすすめのポイントです。

ラッセルホブス 4ブレードミニチョッパー 7820JP

切る・きざむ・混ぜるが手早くできる、おすすめのフードプロセッサー。300Wのパワフルモーターを採用しており、野菜のみじん切りやミンチが数秒で仕上がります。本体上部のスイッチを押すだけで簡単に操作できるため、フードプロセッサー初心者でも安心です。

スピードは、硬めの食材を粉砕できる「高速」と、柔らかい食材を粉砕できる「低速」の2段階で調節可能。ナッツ・フルーツ・肉・卵など、硬さの異なる食材もスムーズに調理できます。

カッター刃はステンレス製を採用しているため錆びにくく、お手入れしやすいのがポイント。保護カバーが付いているため、取り外しの際も安心です。

軽量かつコンパクトながら、容量は500mlと使い勝手のよいサイズなのも魅力。シンプルでスタイリッシュなフードプロセッサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山本電気 キッチンプロ フェラーノ FP31

1台10役のフードプロセッサー。ブレンダー・フードプロセッサー・ミルの3つのボトルが付いており、多彩な調理が楽しめます。
スライス・千切り・おろす・こねる・カットする・泡立てる・擦りしぼる・しぼる・混ぜる・砕くの10種類の調理が可能なアタッチメントは、使い勝手に優れているのが魅力。さまざまな用途に使えます。

スピードは無段階で調節可能で、パルス運転ができるのがポイント。ボトルのカバーとキャップをセットしないと運転しない安全設計も特徴です。

ボトル・カバー・キャップは簡単に取り外しできる仕様。衛生的に使用したい方にもおすすめです。

イッティ Smack8pro FP-SMP-01

1台で8役の機能がおこなえるおすすめのフードプロセッサー。きざむ・千切り・スライス・おろす・混ぜる・砕く・練る・挽く作業が手軽にできます。

ミキサーの蓋を閉めたまま一部が開けられる「後入れホール」を搭載しているのが特徴。食感を残したい食材の仕上げ前の投入や、シロップを追加で入れたい場合に便利です。

本体以外は食洗機に対応しており、お手入れも簡単。刃にはチタンを採用しているため、丈夫で長持ちしやすいのも魅力です。

また、低速回転・高速回転の2段階調節が可能。おしゃれかつスタイリッシュなデザインで、インテリア性にも優れているアイテムです。

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。