簡単に料理の下ごしらえができる「フードプロセッサー」。開発された当初は、外食産業の業務用ニーズに応えるためにリリースされたモノですが、最近では家庭調理の“時短アイテム”として注目が集まっています。

そこで今回は、フードプロセッサーのおすすめ人気モデルをご紹介。「据え置き」や「ハンディ」などのタイプはもちろん、用途やサイズもアイテムによって異なるので、購入を検討している方は各製品の特徴をしっかりチェックしておきましょう。

フードプロセッサーとミキサーの違い

料理の下ごしらえに活躍するフードプロセッサー

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、調理の下ごしらえをサポートしてくれる家電です。一般的なフードプロセッサーには、数種類の刃が付属しています。刃の形状を料理に合わせて選べば、ニンジンやタマネギなどをみじん切りにしたり、肉をミンチにしてひき肉を作ったりと料理の下ごしらえを簡単にできるのが特徴です。

スムージーや離乳食を作るのに適したミキサー

By: amazon.co.jp

ミキサーは、液体に近い仕上がりまで食材を粉砕してくれる家電です。ジュースやスムージー、スープなどといった料理を作るといった用途に向いています。健康改善を意識して新鮮な野菜ジュースを飲みたい方や赤ちゃんのための離乳食を作りたいという方におすすめです。

フードプロセッサーの選び方

用途に合わせて種類を選ぶ

据え置きタイプのフードプロセッサー

By: amazon.co.jp

据え置きタイプのフードプロセッサーは、基本的にテーブルの上に設置して使用します。刃とモーターの力が大きい分、安定して使えるのが特徴です。

また、人数が多い場合は、大容量タイプがおすすめ。手に持つ必要がないのでラクに仕上げられるのもポイントです。なお、使用後は部品を外して洗う必要がありメンテナンスに少し手間がかるため、留意しておきましょう。

ハンディタイプのハンドブレンダー

By: amazon.co.jp

ハンディタイプは、本体を手で持ちながら使用し、つぶす・混ぜる・泡立てる際に便利なアイテムです。刃が小さい分細かいな場所まで行き渡らせることができ、食材を細かく砕けます。

また、食材が加工される様子を実際に見ながら強弱の加減ができるので、手軽に下ごしらえができるのもポイント。少量の食材を手早く処理することができるので、調理の時短を図りたい方にもおすすめです。

家族構成や作りたい量を考慮してサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーを選ぶ際は、サイズにも注目してみましょう。収納スペースが狭いのに大型の製品を買ってしまうと、保管場所に困ってしまう場合があります。

据え置きタイプの場合は、常にキッチンに出しておくことは考えにくいので、収納スペースに収まるサイズを選ぶことが重要。一方、ハンディタイプの場合は、本体を立て掛けることはできますが、アタッチメントに関しては保管場所や方法を事前に検討しておきましょう。

洗いやすさにも注目

By: amazon.co.jp

フードプロセッサーは、お手入れのしやすさも重要です。使い終わった後のお手入れを怠ると、すぐ劣化してしまので注意しましょう。

据え置きタイプは、各パーツを外す必要があります。なお、急いで分解すると組み立て直す際に混乱しやすいので、注意しましょう。ハンディタイプは比較的簡単で食材を処理した後は、カップなどにお湯と洗剤を入れて動作させるだけ。分解をする必要もなく手軽に後片付けできます。

フードプロセッサーのおすすめメーカー

クイジナート(Cuisinart)

41oVV6zC7zL

By: amazon.co.jp

アメリカでは「フードプロセッサーの代名詞」として知名度が高いブランド。元々アメリカではフードプロセッサー使用率が高く、これまで培ってきた技術とノウハウを活用した高性能なマシンが数多く揃っています。

据え置きタイプでは幅広いサイズのフードプロセッサーをリリースしており、ハンディタイプのラインナップも豊富。いずれの製品も安全に配慮されているだけでなく、お手入れが簡単なのもポイントです。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

テスコムは、ドライヤーなどの生活家電はもちろん、キッチン家電も豊富に取り揃えているメーカーです。見やすいスイッチ配置など、操作性に優れているモデルがラインナップされています。フードプロセッサー初心者におすすめです。

ブラウン(Braun)

311SfXLOkeL

By: amazon.co.jp

シェーバーで有名な「ブラウン」。調理家電においてもそのモーター技術を活かしたハンディタイプ製品をリリースしています。ボタンの握り具合で回転速度を調節できるスマートスピード機能が特徴。直感的操作で自分好みに仕上げたい方におすすめです。

製品によって付属しているアタッチメントの種類は異なるので、購入する際はチェックしておきましょう。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、家電製品を主に通信機器や産業機器を取り扱っている国内大手総合電機メーカーです。

調理家電においてもフードプロセッサーをはじめ、ミキサーやジューサー、ハンドブレンダー、ハンドミキサーなどの製品を販売しています。いずれのジャンルにおいても、使い勝手を考慮した多機能タイプが豊富にラインナップされているのが特徴。日本の生活スタイルに配慮したサイズや性能で使い勝手も良好です。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

取っ手を外せるフライパンや電気ケトルなどで有名なフランスの調理器具ブランド「ティファール」。キッチンをおしゃれに演出してくれるデザイン性の高いアイテムが揃っています。

ティファールのフードプロセッサーやハンドブレンダーは、軽量・コンパクトサイズながらも多くの機能を備えているのが特徴。また、シンプル操作で時間の短縮にもつながります。1台でさまざまな用途に使える汎用性の高い製品を探している方はぜひチェックしておきましょう。

フードプロセッサーのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーL DLC-192J

3〜4人家庭向けの大容量フードプロセッサーです。6つのブレードが付属しており、「きざむ」「こねる・混ぜる」「薄切り」「細切り」「おろし」など多彩な調理が可能。「細切り」は1.5mmと3mmのサイズに対応しています。

また、業務用モデルと同様のインダクションモーターを搭載しているのがポイントです。静音性および耐久性が優れているほか、連続使用可能時間が10分と長いのがメリットです。

クイジナート(Cuisinart) チョッパー&グラインダー ECH-4SJ

ブレードを付け替える必要がないシンプル操作が特徴のフードプロセッサーです。「CHOP」ボタンで、「混ぜる」「きざむ」「ミンチ」などが可能。一度にハンバーグ2個分の肉150gをミンチできます。「GRIND」ボタンを押せば、逆回転して「砕く」「つぶす」作業が可能です。

「ブレードロックシステム」を採用しているため、容器を傾けても刃が外れにくく、スムージーや離乳食などを別容器に移し替える時も安心。2〜3人分の調理用フードプロセッサーを探している方におすすめです。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサーS DLC-052J

重量約1kgで、幅11.0×奥行15.0×高さ20.0cmと軽量かつコンパクトなモデルです。キッチンに設置しておいても邪魔になりにくいのが魅力。毎日の離乳食やドレッシング作り用としておすすめのモデルです。

2種類のアタッチメントが付属しており、「きざむ」「混ぜる」と「おろす」作業が簡単に行なえます。スピード調節は「LOW」と「HIGH」の2段階。食材のみじん切りなら「LOW」、ペースト作りは「HIGH」など用途に応じて選べます。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K61

「混ぜる」「きざむ」「する」「おろす」「こねる」など、多彩な調理ができる、パナソニックのスタンダードなフードプロセッサーです。高機能ながら、リーズナブルなのが魅力。また、サイズは幅15.4×奥行22.5×高さ21.2cmと比較的コンパクトなのがポイントです。

「混ぜる」「きざむ」「する」に使用するのは「ブラックハードチタンカッター」。硬度がチタンの約1.2倍あるのが特徴です。粗くおろせる「鬼おろしカッター」は、食材のシャキシャキ感を楽しめるのがメリットです。

スピード調節は、「高速」「あらびき」「低速」の3段階から選択できます。ふたを離すと止まる安全構造。さらに、過負荷によるモーターの焼き付きを防ぐ「入れすぎストッパー」機能も備えています。

ブラウン(Braun) パワーブレンド 3 JB3060

1250mlと大容量なブラウンの据え置きタイプフードプロセッサー。重量約3.5kgで、幅19×奥行18.5×高さ38.5cmの大型サイズです。

消費電力480Wのモーターを内蔵しており、1分あたりの最大回転数が22100回と高速なのが特徴。そのため、スムージーも滑らかに仕上がるのがメリットです。スピードは5段階と細かく調節可能なのに加えて、高速で回転するターボボタンも搭載しています。

一度に多くの食材の調理ができるパワフルなフードプロセッサーを探している方におすすめです。

フィリップス(Philips) フードプロセッサー マルチチョッパー HR2509/95

本製品は、幅13.5×奥行13.5×高さ26.5cmとコンパクトなサイズのフードプロセッサーです。コンパクトながら、消費電力が500Wのモーターを搭載しており、容量が1.1Lと大きいのがメリットです。「チョップドロップ用」と「フードプロセッサー用」のブレードを使用して、「きざむ」「混ぜる」「ミンチ」の調理ができます。

本モデルの大きな特徴は、食材を均一の大きさできざめる点です。独自形状バスケットとチョップドロップ用ブレードを使って、トマトや玉ねぎなどを同じ大きさに調理できます。さらに、カットした食材に水分が多く残る「ドライピース」を実現しているのもメリット。野菜の栄養分を逃しにくく、シャキシャキとした食感が楽しめます。スープやサラダなどの料理をすることの多い方におすすめのフードプロセッサーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) スマートブレンダー SKQ-A200

据え置き型フードプロセッサーとしても、ハンドブレンダーとしても利用できるタイガー魔法瓶のフードプロセッサーです。カッター・ブレード用カップとブレンダー用のカップがそれぞれ付属しており、使い勝手に優れているのが特徴。また、「きざむ」「こねる」「泡立てる」は据え置きの状態で使用可能です。

食材に合わせて、スピードを5段階で細かく調節できるのもメリット。つり下げフックが付いているので、使わない時は壁に掛けておけばスペースをとりません。解除ボタンと運転ボタンを同時に押さないと作動しないため、安全に使えるのも魅力です。

シロカ(siroca) フードプロセッサー SFP-130

リーズナブルながら「きざむ」「おろす」「こねる」の作業ができるコスパに優れた据え置き型フードプロセッサー。それぞれの調理で使用する「きざみカッター」「おろしプレート」「こね羽根」のアッタチメントは、容器に収納しておけるので、スペースをとりません。

野菜のみじん切りや大根おろし、そしてパイ生地などを時短調理できます。容器はガラス製なので、ニオイやキズが付きにくいのもメリット。最大容量は200mlと少なめなので、2人家族など少人数用のフードプロセッサーとしておすすめです。

フードプロセッサーのおすすめ人気モデル|ハンディタイプ

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500

ブレンダー・チョッパー・ビーターのアタッチメントが付属したフードプロセッサー。「混ぜる」「つぶす」「きざむ」「泡立てる」調理ができます。チョッパー用の容器も大きいので、一度に多くの量を調理できるのもポイント。

また、オン・オフボタンを使ったパルス調理が可能なのも特徴。1秒約1回、断続的にブレードを回転できます。そのため、食材の状態に合わせた柔軟な調理が可能です。さらに、ビーターアタッチメントを使用すれば、生クリームの泡立てが約30秒でできるので、スイーツ作りも捗ります。女性でも負担が少なく調理できるおすすめのフードプロセッサーです。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト ハンドブレンダー HB-200WJ

本体重量0.54kgと軽量なハンディタイプのフードプロセッサー。「混ぜる」「つぶす」機能に絞ったシンプルなモデルです。ブレードの回転数は最大16000回。ダイヤルを回すだけでスピードを簡単に調節できます。

また、スムージーや離乳食が、手早く簡単にできるのがメリット。シンプル操作で、手軽に調理できるブレンダーを探している方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

3つのアタッチメントが付属した、高機能なハンディタイプのフードプロセッサーです。アタッチメントを取り替えることによって1台で「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」作業ができます。

ブレンダーアタッチメントは、スムージー作りやスープの食材をつぶすなどの下ごしらえの時に便利です。チョッパーアタッチメントを使えば、野菜のカットや肉のミンチなどができます。泡立て器アタッチメントは、メレンゲ作りやクリームを泡立てる際に便利です。

また、2段階でスピードを切り替えできる「高速・低速モード」を搭載しているのもメリット。食材の硬さや、用途に応じた使い方が可能です。さらに、チャイルドロックやモーター保護装置を搭載しており、安全機能も充実しています。料理の下ごしらえから、仕上げまで幅広く利用できるおすすめのフードプロセッサーです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S101

「つぶす」「混ぜる」の機能に絞った、パナソニックのシンプルなベーシックモデル。カッターに新開発の4枚刃を採用しているのがポイントです。

食材を切削しながらかくはんする「サブシャープブレード」と、食材を細かく切削する「フィニッシュブレード」で、食材をまんべんなく滑らかに仕上げます。また、ブレードはステンレス製なので、鍋やボウルの中で直接使用できるのもメリットです。

2段階の操作で電源が入る「2アクションスイッチ」に加え、「チャイルドロック」機能も搭載。アタッチメント取り替え時などに、不用意にスイッチが入らない安全設計です。さらに、モーター保護装置も充実。過負荷時に運転を停止する「サーキットブレーカー」と、モーター温度上昇時に止まる「サーモスタット」を備えています。

スムージーや離乳食などを調理される方におすすめのリーズナブルなフードプロセッサーです。

ブラウン(Braun) マルチクイックハンドブレンダー MQ700

人気が高いブラウンのハンディタイプフードプロセッサー。機能を「混ぜる」「つぶす」の2つに絞っているため、リーズナブルに購入できるのがメリットです。

注目の機能は、ボタンの握り具合によってスピードをコントロールできる「スマートスピード」。食材の状態に合わせて柔軟にスピードを変更できるため、より繊細な調理が可能です。グリップは人間工学に基づいたスリムな形状で持ちやすく滑りにくいのがポイント。

使用後は、洗剤とぬるま湯を入れて20秒スイッチを入れるだけなのでお手入れも簡単。機能性とメンテナンス性、価格のバランスがとれたおすすめのフードプロセッサーです。

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フードプロセッサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。