料理の基本的な動作といえば、食材を「切る」という作業。料理に合わせたさまざまな食材の切り方がありますが、その中でも食材を細かく切るみじん切りは手間がかかって面倒な作業なのでできるだけ避けたいものです。

そんな方におすすめなのがマルチチョッパー。野菜のスライスやみじん切りが簡単にできるので、調理がの時短も可能です。今回は、マルチチョッパーの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

マルチチョッパーの選び方

電動タイプか手動タイプかをチェック

By: amazon.co.jp

マルチチョッパーを選ぶ際に、まずチェックすべきは電動タイプか手動タイプかという点です。電動か手動によって器具のサイズや食材の切り方に差が出てきます。それぞれの特徴を把握した上で目的やキッチン事情に合ったマルチチョッパー選びをしましょう。

電動タイプのマルチチョッパー

電動タイプのマルチチョッパーは、簡単にみじん切りができるのが魅力です。手動タイプの商品は押す・引くなどの動作が必要になりますが、電動タイプであれば食材を入れて後は放置しておくだけ。切り終わるスピードもあっという間なので全体の調理時間の短縮にも役立ちます。

また、電動タイプは切るパワーが常に一定なので、手動タイプよりもキレイに食材が切れるという利点もあります。最近はチョップドサラダなど見た目がおしゃれな料理も流行っているので、そういった料理を作りたいという方にはおすすめです。

しかし、使用するには電源が必要であることと、サイズが大きいのでキッチンの場所を取ってしまうのが電動タイプのデメリット。キッチンは炊飯器や湯沸かし器など電化製品が多い場所でもあるので、コンセントの空きがないという家庭も存在します。

また、狭いキッチンであれば調理中は食材や料理道具でいっぱいになって新しい器具を置く余裕がない場合も。キッチンの設備に余裕があって、楽にキレイなみじん切りが作りたい方は電動タイプの購入を視野に入れましょう。

手動タイプのマルチチョッパー

手動タイプのマルチチョッパーは、押すタイプや引っ張るタイプ・回すタイプといった種類があります。人の力を使うため食材の大きさや硬さによってある程度力を入れる必要はありますが、その分食材の細かさなどの加減を自分で調整できるのが魅力です。

どのくらいの細かさにするかといった微調整が効くため、思ったとおりの大きさに切りやすく、電動タイプのマルチチョッパーよりも包丁で切ったときのカットに近い出来栄えになります。手作り感を重視する方におすすめです。

電動タイプと大きく異なる点は使いやすさです。コンセントに繋いだり、充電したりという手間がかからず、取り出したら即使えるという扱いやすさは、電源がいらない手動タイプならではの特徴。

キッチンスペースをほとんど圧迫しないので、マルチチョッパーをとにかく手軽に使いたいという方は手動タイプの購入を検討しましょう。

給電方法をチェック

電動タイプのマルチチョッパーの購入を検討している方は給電方法にも注目しましょう。給電方法は大きく分けて、電源をつないで給電する据え置きのタイプとあらかじめバッテリーを充電しておくハンディタイプの2種類があります。

それぞれの違いは利便性や使いやすさに現れます。実際にキッチンで使うときのことを想像しながら、自分のスタイルに合ったタイプを選びましょう。

電源から給電する「据え置きタイプ」

据え置きタイプのマルチチョッパーは基本的に高性能・多機能なのが特徴。ほとんどの場合サイズも大きく場所を取るので、キッチンスペースに余裕がある家庭におすすめです。

据え置きであれば毎回出し入れする手間も省けます。容量も大きいので一度に大量の食材を切ることも可能。容器に入った細かい食材は隅っこに食材がくっついて取り出しにくいことがよくありますが、据え置きタイプはへらなどのキッチンツールも中に入れやすいのでキレイに食材を取り出せます。

多機能でスピーディーな製品が多い据え置きタイプは、多くの料理のシーンで役立つのが魅力です。

バッテリー充電の「ハンディタイプ」

ハンディタイプは手に持って使うため形状が細長くコンパクトなのが特徴。そのため、キッチンのスペースを取らずに使える点が大きなメリットです。調理中はさまざまな道具や食材でスペースが取りにくいキッチン。そんな状況でもハンディタイプであれば場所を取らずに使用することが可能です。

バッテリー充電式なので、あらかじめ準備さえしておけばわざわざコンセントにつなぐといった手間も省けます。キッチンのコンセントに余裕がないご家庭でも使用が可能です。

ただ、使った後の置き場所に困ってしまったり、使用後すぐに洗わないとキッチンを汚してしまったりしてしまうので、その点は注意しましょう。

刃の形状をチェック

By: amazon.co.jp

刃の形状もチェックしておきたいポイントです。使用した後は刃の部分に食材がこびりついてしまい、洗浄が面倒になって使用頻度が減ってしまうケースもあります。

面倒ではありますが、衛生的に使用するためには毎回の洗浄は欠かせません。そこで、刃の部分が洗いやすいデザインになっているかをチェックしておきましょう。購入時は刃の形状まで気が回らないこともありますが、長く使うためには重要です。

刃が分解しやすく、洗いやすい構造をしているモノがおすすめ。刃に限らず、蓋などさまざまな場所に食材がくっつくので、分解して丸洗いできるデザインのモノを優先して選びましょう。

マルチチョッパーのおすすめ人気モデル

フィリップス(PHILIPS) マルチチョッパー HR2509/95

電動タイプのマルチチョッパーの中でも人気の製品。食材の鮮度を保ちながら切れるのが本製品最大の特徴です。フィリップスが独自に開発した「Chop Dropテクノロジー」によって、食材の栄養素や水分を逃さずにカット。みずみずしさが大切な野菜のカットに最適です。

また、切り刻まれた食材は大きさが同じ穴を通って受け皿に落ちるデザインを採用しており、大きさや硬さが異なる食材を同時に切り刻んでも全て均一な大きさに揃います。チョップドサラダを作りたい方におすすめの製品です。

レコルト(recolte) キャトル カプセルカッター RCP-2W

比較的コンパクトなサイズで人気の据え置きタイプマルチチョッパー。コンパクトながらパワフルで、4枚の刃が硬い食材や氷などもみじん切りからペースト状まで細かく切り刻みます。

また、食材を切るだけでなく液体を混ぜるのにも使えるのが利点。パーツもシンプルで分解しやすく使用後も簡単に戦場できます。電動タイプで据え置きの場所を取らないマルチチョッパーを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K48P

日本を代表する電化製品メーカーのマルチチョッパー。傷がつきにくいガラス製の容器で、長期間キレイに使えます。刃は食材を切り刻むナイフカッターの他におろし・とろろカッターという刃が同梱されており、付け替えることで大根おろしやとろろなどのすりおろしにも対応可能です。

安定感のあるデザインなので、使用時に器具が振動も抑えられ安全に使用できます。下ごしらえから仕上げまでマルチに使える機能が多いので、調理も捗るおすすめの製品です。

ティファール(T-fal) ミニプロ MB601GJP

据え置きタイプの電動マルチチョッパー。大きさが縦長のコンパクトなデザインで収納しやすい形です。機能も多彩で、4つのアタッチメントを使用することで、つぶす・混ぜる・きざむ・スライス・せん切り・泡立てる・おろすという7つの作業が行えます。アタッチメントもすべてボウルの中に収納できる省スペース設計です。

また、85℃まで耐える耐熱設計なので食器洗い機での洗浄が可能。手洗いの場合、小さい残りかすなどをキレイに取り除くのに手間がかかりますが、そのまま食器洗い機で洗えば時短にもなります。据え置きタイプでコンパクトかつ高機能なモノが欲しいという方におすすめです。

K&A みじん切り器 ぶんぶんチョッパー BBC-01

手動タイプのマルチチョッパー。持ち手を引っ張るタイプで、食材を容器に入れて約8秒引っ張るだけで硬い食材も簡単にみじん切りにできます。パーツも容器・刃・蓋の3つのみ。それぞれ簡単に取り外して丸洗いができるので、使用後の洗浄が簡単にできるのも人気のポイントです。

手動タイプならではのコンパクトさと手軽さに加えて、片付けの容易さと刻む力のパワフルさに定評がます。

ティファール(T-fal) ハンディチョッパー K09306

2枚の刃が使われている手動タイプのマルチチョッパーです。2枚のうち固定されているのは下の刃のみ。それぞれの刃が別々に動き、上の刃が下の刃よりも高速で動くことで刃に食材が引っかかりにくく、余計な力を使わずスムーズかつスピーディーにカットできます。

容量も約900mlと大容量。使う前に刃の向きを揃えておけば多くの食材が入るので、一度にたくさんの食材を切れるのもうれしいポイントです。

エムワン プレカット チョッパー H0005

コンパクトな手動タイプの中でも直径約6cmと特にコンパクトさが際立つマルチチョッパー。本製品は、まな板の上に置いて本体の上部を何回か押すことで食材をみじん切りにします。

キッチンの空きスペースやまな板の上に置いていても場所を取らないので手軽に使用できる点が魅力。容量が小さいため、にんにくやパセリ・しょうがなどの薬味を作る際に役立ちます。

KONSTAR マルチチョッパー

本製品の最大の魅力は機能の多さ。アタッチメントが多彩で、みじん切り以外にもアイスカッター・卵セパレーター・厚切り・薄切り・泡立て・かき混ぜなどの機能を備えています。

容量も約1800mlと大容量なので、一度にたくさんの食材を調理可能。みじん切りだけにとどまらず料理のさまざまなシーンで役立ちます。

貝印 Colle-ii 楽な回転式調理器 DH-6183

レバーを回すことで3枚の刃が素早く回転し食材を細かく刻みむマルチチョッパー。お肉のミンチも簡単に作れます。刃以外にもプラスチックの水切りかごとかくはん羽が付属しており、付け替えることで野菜の水切りや卵などのかくはんも可能です。

フタ部分には卵セパレーターも付いているので、蓋で卵白と卵黄を分けて、そのまま混ぜてしまえば簡単にメレンゲも作れます。コンパクトなサイズですが機能も充実しているので、ハンバーグや餃子などの肉料理や卵を使った料理などに適した製品です。