コンパクトながら機能性に優れた「ミルサー」。コーヒー豆を挽くときやスパイスを作るときなど、乾燥食品をペースト状にするときに活躍します。ミルサーは、製品ごとに種類や容量が異なるので、あらかじめ特徴を把握しておくことが大切です。

今回は、ミルサーのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ミルサーとは?

By: cuisinart.jp

ミルサーとは乾燥食品を粉末状にするためのアイテムです。カッターが高速回転することで、ふりかけ・スパイス・コーヒー豆などの乾燥食品をパウダー状に粉砕できるのが特徴。また、食材をペースト状に粉砕できるため、離乳食作りなどにも便利です。

ミルサーのなかには、乾燥食品だけでなく水や牛乳などに対応したモノも存在。ジュース・ソース・スープ作りも可能です。

食材を入れてスイッチを押すだけのシンプル設計なので、操作に慣れていない方でも簡単に使いこなせます。

ミルサーとミキサーの違い

By: amazon.co.jp

ミルサーとミキサーは、用途や容量が異なります。ミキサーは固形の食材を砕いたり混ぜたりするときに活躍するアイテム。ミルサーよりも大容量の製品が多いので、一度にたくさんの調理をおこなえるのも特徴です。

また、氷を粉砕できるモノもラインナップ。フローズンドリンクやシャーベットなども楽しめます。

ミルサーは、食材をペースト状にするときに役立つアイテム。ミキサーと同様にカッターを搭載しているものの、氷や冷凍食品などの硬い食材には適していません。

また、ミキサー容器より容量が少ないのも特徴。ふりかけやスパイスなどを作るときにおすすめです。

ミルサーの選び方

種類をチェック

ミルタイプ

By: cuisinart.jp

ミルタイプとは、乾燥食品をペースト状にする機能に特化したモデルです。ふりかけ・スパイス・だし粉などを作るときに役立ちます。コーヒーミルとしても活用できるため、自宅でコーヒー豆を挽きたい方にもおすすめです。

ウェットタイプやミルミキサータイプと比べて、コンパクトサイズなのも特徴。ミル機能だけを求めている方や、お手入れのしやすさを重視している方にも適しています。

ウェットタイプ

By: amazon.co.jp

ウェットタイプとは、ミルタイプに加えて水分を含んだ食品にも対応したモデルです。スムージー・スープ・離乳食など、用途に合わせてさまざまなメニューを作れます。ただし、モデルによって粉砕できるものが異なるので、対応している食材をあらかじめチェックしておきましょう。

ウェットタイプのなかには、電子レンジの加熱に対応したアイテムもラインナップ。ホットスムージーやスープを作るなら、耐熱性に優れたモノがおすすめです。

ミルミキサータイプ

By: i-cg.jp

ミルミキサータイプは、ミルタイプとウェットタイプの機能を兼ね備えたモデルです。ミル容器とミキサー容器が付属しているのが特徴。スムージーやスープを作るときはミキサー容器、乾燥食品をペースト状にするときはミル容器など、用途に合わせて使い分けられます。

ミルタイプやウェットタイプと比べて多機能な製品が多く、本体サイズが大きいのもポイント。購入するときは、設置場所や収納スペースなどを事前にチェックしておきましょう。

パワーをチェック

By: rakuten.co.jp

ミルサーを選ぶときは、「ワット数」もチェック。ワット数とは消費電力の単位であり、数値が大きいほどハイパワーで運転をおこなえます。短時間で効率よく食材を砕きたいなら、250W以上の製品がおすすめです。

氷や凍らせた果物など、硬い食材を砕くときはチタンコーティングが施されたカッターも便利。切れ味の鋭いカッターを使用することで、運転時間を短縮できます。

刃が取り外せるとお手入れしやすい

By: zojirushi.co.jp

ミルサーは、カッターやキャップなどの細かい部分に汚れが溜まることも。お手入れのしやすさを重視するなら、カッターなどを取り外して水洗いできる製品がおすすめです。また、衛生面を重視する方は、煮沸消毒に対応したモノを選びましょう。

ミルサーのなかには、カッターに刃がなかったり刃を丸く加工したりと、安全性に配慮した製品も存在。お手入れをする際に、怪我をするリスクを低減できます。

容量をチェック

By: rakuten.co.jp

ミルサーを使ってコーヒー豆を挽いたり、スパイスを作ったりするときは、使いきりやすい容量のモノを選びましょう。消費できない量を作ってしまうと、食材の香りや鮮度が落ちる可能性があります。

使いきりやすさを重視するなら、ミル容器の容量が100ml以下の製品がおすすめです。ミルサーのなかには、保存用のフタを付属した製品もラインナップ。調味料などを冷蔵庫で保管したい方は、ぜひチェックしてみてください。

安全性をチェック

By: iwatani-i-collect.com

ミルサーは鋭い切れ味のよいカッターを搭載しているため、安全性にも配慮しましょう。ミルサーのなかには、本体と容器が正しくセットされていないと運転しないモノや、ロックを解除しないと動かないモノも展開されています。

連続運転ができるミルサーを選ぶときは、「サーモスタット」機能を搭載した製品がおすすめ。モーターに負担がかかると自動で運転を停止します。

カバーを上から押してモーターを動かすモデルなら、本体の底に吸盤がある製品をチェック。調理をする際に本体が滑りにくく、安定した状態でミルサーを使用できるのがポイントです。

ミルサーのおすすめ

イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-800DGM

乾物の粉砕に役立つミクロン容器を付属したミルミキサータイプ。食材がカッターにあたりやすい構造を採用しているので、効率よく粉砕できるのが特徴です。

ステンレス製2枚刃カッターを搭載しており、ふりかけ・粉末だし・すりごまなどの乾物を手軽にすり潰しやすいのもメリット。また、強化ガラス製の容器は水分を含んだ食材にも対応しているので、離乳食やおかゆ作りなどにもおすすめです。

カバースイッチ方式を搭載しており、誤作動を防げるのもポイント。さらに、カッターには刃がついておらず、手が触れても怪我をしにくいのが魅力です。

カッター・容器・フタは取り外して水洗い可能。煮沸消毒にも対応しているので、衛生的に使いやすいミルサーを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

耐久性に優れたステンレス製4枚刃カッターを搭載したウェットタイプのミルサーです。切れ味が鋭く、野菜・果物・氷なども細かく砕けます。容量75mmのため、ふりかけ・きな粉・コーヒー粉などを作るときにおすすめです。

容器は強化ガラス製を採用。また、耐熱性にも優れているので、電子レンジを使って加熱ができます。ホットスープやポタージュなどを作れるのもメリットです。

カッター・フタ・ガラス製の容器は分解して水洗い可能。さらに、煮沸消毒にも対応しているので、清潔な状態を保ちやすいのもポイントです。

イワタニ(Iwatani) サイレントミルサー IFM-S30G

作動音が約55dBのミルサー。低騒音設計のため、早朝や深夜など時間帯でもミルサーを使いやすいのが特徴です。

鋭い切れ味のステンレス4枚刃カッターを搭載。ナッツや凍らせた果物など硬い食材も細かく砕けます。また、水や牛乳などの液体にも対応しているので、スープやスムージー作りにもおすすめです。

容器を本体にセットして、上から押すだけのシンプル設計を採用。ミルサーの操作に不慣れな方でも安心して使用できます。カバーをかけないと運転しないため、誤作動を防ぎやすいのもポイント。性能だけでなく、安全性にも配慮しています。

容器・カッター・フタは取り外し可能。丸洗いはもちろん煮沸消毒にも対応しているので、清潔に使いやすいのもメリットです。

イワタニ(Iwatani) フレッシュミルサー IFM-FR10

ステンレス製のカッターを搭載したミルつきミキサーです。オリジナルブレンドのスパイスやふりかけなどを作るときにもおすすめ。さらに、オリジナルレシピブックを付属しており、ミルサーを活用したレパートリーを増やせるのも魅力です。

ミル容器セット時の本体サイズは、約幅11×奥行き13.3×高さ21cm。コンパクトかつスタイリッシュな設計のため、置き場所を選ばずに使用できます。また、カッターの刃を丸く加工しており、安全性に配慮しているのもポイントです。

容器・カッター・ゴムパッキンなどのパーツは取り外し可能。着脱もスムーズにおこなえるので、お手入れしやすいのもメリットです。

クイジナート(Cuisinart) 粉末ミルグラインダー SG-10BKJ

コンパクト設計ながら機能性に優れたミルタイプのアイテムです。ステンレス製カッターを搭載。コーヒー豆を挽いたり、オリジナルの粉末だしを作ったり、さまざまな用途で活用できます。

連続運転時間は約40秒。容器に材料を入れてからカバーを押すだけで、簡単に食材を粉砕できます。また、モーターに負荷がかかると自動で運転を停止する「サーモスタット」を搭載しているのもメリットです。

ステンレス容器・カバー・フタは取り外して水洗い可能。さらに、食洗機に対応しているのも嬉しいポイントです。

シロカ(siroca) ミルつきミキサー SJM-180G

1台でさまざまな調理をおこなえるミルつきミキサーです。チタンコーティングを施した6枚刃カッターを搭載。250Wのハイパワー運転で、野菜・果物・氷などを細かく砕きます。食材の繊維や氷も砕けるので、スムージーやフローズンドリンク作りにもおすすめです。

ミキシングパターンは、弱・強・クイックの3種類。乾物の硬さや大きさに合わせて、自分好みの仕上がりに調節できます。各種操作は本体前面のダイヤルを回すだけのシンプル設計なので、簡単に扱いやすいのもメリットです。

容器・カッター・フタは取り外し可能。水洗いにも対応しているので、清潔な状態を保ちやすいのもポイントです。

AKYU ミルミキサー ALW-CG10

ステンレス製の4枚刃カッターを搭載したミルミキサーです。350Wのハイパワー運転により、短時間で食材を細かく砕きます。容器は取り外しできるので、保存容器やペーパーフィルターに移し替えるときにも便利です。

両手を解放したまま自動で粉砕できる機能を採用。容器を本体にセットしてから好みの粗さを設定するだけのシンプル設計なので、扱いに不慣れな方でも安心です。

本体底面には、滑り止めに役立つ吸盤を搭載。ミルミキサーとしての性能だけでなく、安全性にも配慮しているのもポイントです。

山善(YAMAZEN) ミルミキサー MR-280

チタンコーティングを施したカッターを搭載したミルミキサー。ミキサー・ミル・お茶挽きなど、用途に応じて使い分けられるのが特徴です。

鋭い切れ味のカッターにより、硬い乾物なども細かく粉砕可能。スイッチを押している間だけ運転する仕組みなので、自分好みに調節しやすいのもメリットです。

ミルの容量は75ml。コーヒー豆を挽いたり、オリジナルブレンドのふりかけを作ったりできます。本体操作はシンプルなので、操作性も良好です。本体サイズは、約幅10×奥行10×高さ24cmのコンパクト設計。置き場所に困らないサイズのため、省スペースでも使用できます。

本体下部にはコードを巻きつける溝を搭載しており、長いコードもすっきり収納可能。また、ミル容器・カッター・フタは取り外してお手入れできるのもポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ミルつきミキサー BM-SS10

独自の「クラッシュ&カット チタンコートブレード」を搭載したミルつきミキサーです。粉砕と切削を兼ね備えたカッターにより、硬い食材などを細かく砕けるのが特徴。さらに、コンパクトサイズのミルが付属しているので、コーヒー豆を挽いたり、ふりかけを作ったりとさまざまな使い方ができます。

運転モードは、LO・HI・FLASHの3種類を用意。FLASHモードは手動で運転するため、食材の硬さや粗さなどを細かく調節できます。

フタロックとハンドルロックのダブルロック構造を採用しており、誤動作を防ぎやすいのもメリット。安全性に配慮しているモノを求めている方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミルつきミキサー SKS-G700

1台でさまざまな調理ができるミルつきミキサーです。ふりかけ・スパイス・粉末緑茶などを作れるほか、水分の含んだ食材にも対応。さらに、カッターを外してフタを取りつければ、保存容器としても活用できるのもメリットです。

運転モードは、LOW・HI・FLASHの3種類。FLASHモードは押している間だけカッターが回転するので、食材の仕上がりを調節できます。ミキサーのカッターは、切れ味の鋭い波形チタンコート6枚刃を搭載。野菜・果物・氷なども細かく砕けるので、スムージーやジュース作りにもおすすめです。

コードを手軽に巻きとれる「コードリール」を搭載しているので、後片づけも簡単。省スペースにも収納しやすいのも便利です。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミルつきミキサー ヘルシーミックス BM-RT08

チタンコーティングを施したカッターを搭載しているミルつきミキサーです。ウェットタイプとドライタイプの兼用モデルとして活用できるのが特徴。スパイスやふりかけなどの粉末だけでなく、トマトソースや離乳食作りなどにもおすすめです。

また、きめ細かい粉抹茶を作れる「お茶ミル容器」を付属。ムラの少ない粉抹茶に仕上がるため、お茶だけでなくスイーツ作りも楽しめます。

本体前面のボタンを押すだけのシンプルな操作を実現。直感的に使いやすいため、操作性も良好です。食材の入れすぎを検知すると自動で運転が停止する機能や、2ヶ所のロックを解除しないと動かない「安全ダブルロック構造」を搭載するなど、安全性にも配慮しています。

ミルサーの売れ筋ランキングをチェック

ミルサーのランキングをチェックしたい方はこちら。