1台あると料理やお菓子作りに重宝する「ブレンダー」。手軽に使えるハンドブレンダーとパワフルな据え置きタイプが存在し、それぞれ多彩なモデルが販売されています。付属のアタッチメントを付け替えることで、つぶす・混ぜる・泡立て・切り刻むといった多様な調理に対応可能です。

そこで今回は、ブレンダーのおすすめモデルをご紹介。スムージーや離乳食の調理にも役立つブレンダーを手に入れて、日々の調理をより快適に行いましょう。

ブレンダーとは?

By: rakuten.co.jp

ブレンダーとは、回転するブレードで食材を潰したり混ぜたりする調理器具のことです。片手で使えるスティック状のハンドブレンダーと、台に置いて使う据え置きタイプが存在します。食材を手軽に加工できるため、1台あると料理の幅を広げられるのが魅力です。

日本では据え置きタイプのブレンダーをミキサーと呼ぶ場合もあります。しかし、海外ではブレンダーと呼ぶのが一般的なため、名称にとらわれすぎず機能でチェックしてみてください。

ブレンダーとハンドミキサーの違い

By: amazon.co.jp

ブレンダーとハンドミキサーはよく似た機能を備えていますが、両者はそれぞれ得意な調理が異なります。ハンドミキサーは金属製の泡立て器を自動で回転させ、食材に空気を含みながらかき混ぜる調理器具。食材の泡立てやかくはんが主な用途で、硬い食材を潰したり刻んだりする調理には適していません。

ハンドブレンダーは食材を潰したり混ぜたりする調理を得意とし、アタッチメントを付け替えることで食材の泡立てを行えるモデルも存在します。据え置きタイプのブレンダーは、パワフルなかくはん力で大量の食材を素早く切り刻めるのが魅力です。

そのため、お菓子作りで生クリームを泡立てたりやわらかい生地を混ぜたりと、やわらかい食材を主に使う調理にはハンドミキサーがおすすめ。それに対し、お菓子作りを含めた幅広い調理に活用したい場合はハンドブレンダーがおすすめです。

ハンドミキサーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ブレンダーの種類

ハンドブレンダー

By: braunhousehold.com

ハンドブレンダーの大きな利点は、アタッチメントを付け替えることでさまざまな調理に対応できる点。ベーシックなモデルでは「つぶす」「混ぜる」調理に適したブレンダーアタッチメントが付属していますが、さらに「泡立て」「切り刻む」調理などのアタッチメントが付属しているモデルも存在します。

そのため、1台でハンドミキサーやチョッパーといった調理器具の役割も兼ねられるのが魅力。また、ハンドブレンダーは食材を専用のかくはん容器ではなくボウルや鍋などの容器に入れた状態でも使えるため、調理中に手早く使えるうえ、かくはん容器を洗う手間も不要です。

食材が少量の場合でもしっかりとかくはんできるので、量の少ない離乳食作りにもおすすめ。さらに、ハンドブレンダーは本体がコンパクトなため、収納が容易なのもメリットです。汎用性が高く使い勝手のよいアイテムを探している方は、ぜひハンドブレンダーをチェックしてみてください。

ハンドブレンダーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置きタイプのブレンダーはハイパワーなモデルが豊富に製造されており、大量の食材を短時間で切り刻めるのが魅力。野菜や果物を投入してスイッチを入れるだけで、繊維質をたっぷり含んだ新鮮なジュースやスムージーを作れます。

ハンドブレンダーと異なり、ボタンを押すだけの自動調理に対応したモデルが多いのもメリット。つきっきりになる必要がないため、運転中にほかの調理を進められます。時短調理に役立つアイテムとして、ぜひ検討してみてください。

ブレンダーの選び方

用途で選ぶ

スムージー作り

By: amazon.co.jp

スムージー作りには、パワフルな据え置きタイプのブレンダーがおすすめ。野菜や果物を牛乳・豆乳・水などの液体と共に投入すると、スイッチを入れて数分で手軽においしいスムージーが作れます。

また、氷の粉砕に対応しているモデルなら、食材と氷を投入するだけで夏でも飲みやすいひんやりとしたスムージーを作ることが可能。さまざまなスムージー作りにチャレンジしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

さらに、据え置きタイプのブレンダーは、かくはん容器をそのままボトルとして活用できるモデルも存在します。付属のドリンク用キャップをはめるだけで手軽にスムージーを携行できるので、学校や職場へスムージーを持っていきたい方にもおすすめです。

離乳食作り

By: amazon.co.jp

離乳食作りにはハンドブレンダーが人気です。少量の食材も調理しやすいので、量が少ない離乳食も手軽に作れます。離乳食作りのためにハンドブレンダーを使う場合は、基本の「つぶす」「混ぜる」機能だけで十分なことが多いため余分なアタッチメントは不要です。

反対に、お菓子作りやさまざまな調理に活用したい場合は、アタッチメントが豊富に付属したモデルをチェックしてみてください。また、ブレードのスピード調節機能を搭載したモデルもおすすめ。離乳食のなめらかさを自在に調節できるので、あわせて検討してみましょう。

コードの長さをチェック

By: amazon.co.jp

ブレンダーの電源方式はハンドブレンダーと据え置きタイプの種類を問わず、現在ではコンセントから電力を供給するコード式タイプのモノが主流。そのため、キッチンのコンセントから調理台までの距離よりもコードが長いかどうか、しっかりと購入前に確認するのがおすすめです。

コードの長さは1〜1.5m程度の製品がほとんど。コンセントが離れた位置にあるキッチンでは、わずかな長さの違いが使い勝手に大きく影響する場合もあるので、ぜひコードが長めのモデルをチェックしてみてください。

アタッチメントや付属品をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは製品ごとにさまざまなアタッチメントを付属しています。スタンダードなモデルなら「つぶす」「混ぜる」の調理用アタッチメントを同梱していますが、多機能モデルなら「泡立て」「切り刻む」「こねる」「スライス」などのアタッチメントも付属しており幅広い調理に対応可能です。

そのため、必要な機能を明確にしてから付属のアタッチメントをチェックするのがおすすめ。据え置きタイプの場合は、付属品としてかくはん容器に取り付ける保存用キャップが同梱されている場合もあります。作ったジュースやスープなどを手軽に保存したり持ち歩いたりできるので便利です。

また、食材を粉砕できるミルアタッチメントが付属しているモデルも存在。ナッツや煮干しなどの乾物を粉末状に加工できるため、ふりかけ作りなどさまざまな料理に活用できます。

スピード調節機能をチェック

By: braunhousehold.com

ブレードの回転スピードを調節できるブレンダーなら、食材の舌触りや食感などを簡単に好みの状態へと仕上げられるため便利です。ハイスペックなブレンダーのなかには、20段階以上のスピード調節や無段階でのスピード調節に対応しているモデルも存在します。

また、ハンドブレンダーの場合はスピード調節の操作方法もポイント。ダイヤルやボタンで操作するタイプや、グリップ部分の握り具合で操作するタイプなどモデルによってさまざまなので、自身にとって使いやすいモノを選びましょう。

熱湯に対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

熱湯に対応しているモデルだと、調理の幅が広がり便利です。特に、据え置きタイプのモデルは、熱湯と野菜などの食材を一緒に投入することであたたかいスープを手軽に作れます。

また、熱湯対応モデルは熱湯消毒が可能なのもメリット。簡単に消毒と洗浄を行えるので、衛生的に長く愛用できます。使い勝手のよいブレンダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

安全性をチェック

By: rakuten.co.jp

ブレンダーは鋭利なブレードを搭載した調理器具なので、安全性の高い製品を選ぶことが大切。誤作動防止機能を内蔵したモデルなら、アタッチメントの付け替えや使用後のお手入れも安全に行えるうえ、小さな子供がいる場合にも安心です。

誤作動防止機能の内容や名称はメーカーによってさまざま。予期しない事故を防ぐためにも、安全機能はしっかりと確認しておきましょう。

ブレンダーのおすすめメーカー

クイジナート(Cuisinart)

By: rakuten.co.jp

クイジナートはアメリカで設立されたキッチン用品メーカーです。パワフルなブレンダーが人気で、短時間で食材をムラなくなめらかに加工できるのが特徴。特に、ハンドブレンダーはグリップ部分がスリムにデザインされているため握りやすく、軽量で取り回ししやすいのが魅力です。

また、高性能でありながら価格が比較的お手頃なのもポイント。さまざまな調理の時短に役立つハンドブレンダーを探している方におすすめです。

ブラウン(Braun)

By: amazon.co.jp

ブラウンはドイツの小型電気器具メーカーです。ブレンダーはドイツ品質のパワフルなモーターを搭載しているため、素早く均一に食材をかくはんできるのが魅力。特に、ハンドブレンダーは豊富なラインナップを備えており、用途に応じて最適なモデルを見つけられます。

付属のアタッチメントも充実しているので、離乳食作りやお菓子作りなどさまざまな調理に活用できるのもポイント。汎用性の高いハイスペックなブレンダーを探している方におすすめのメーカーです。

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

デロンギはイタリアの家電メーカーです。イタリアならではのおしゃれなデザインと優れた機能性を備えた家電が人気で、ブレンダーは多機能なハイスペックモデルを製造しています。

また、全体的にかくはん容器の容量が大きく、まとめて大量の食材を調理したい方や家族の人数が多い方にもおすすめ。ハイグレードなブレンダーを探している方におすすめのメーカーです。

ブレンダーのおすすめモデル|ハンドブレンダー

クイジナート(Cuisinart) コードレスハンドブレンダー ボルト CSB-38XJ

便利な充電式コードレスタイプのハンドブレンダーです。10.8Vのパワフルなバッテリーを搭載しており、約20分間の連続運転が可能。場所を選ばず使用したい方におすすめです。また、ブレードの回転スピードを5段階で調節できるのもメリット。本体のLEDランプでスピードを確認しながら、好みや調理に合わせた食感に仕上げられます。

さらに、モーターには温度を一定に保つための保護装置が付いているほか、ダブルスイッチ仕様で誤作動による事故を防ぎます。そのほか、耐久性と静音性に優れた「ブラシレスDCモーター」を採用しているため、使用時の音も気になりません。やや値段は張りますが、実用性に優れたおすすめのアイテムです。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ535

毎日便利に愛用できる、ブラウンの人気モデルです。ブレンダー・泡立て器・チョッパーの3つのアタッチメントが付属しており、「つぶす・混ぜる」のほか、「泡立てる」「刻む」などの調理に活用できます。

ブレンダーは100℃の熱湯まで対応しているため、熱い鍋やボウルの中で使うことが可能。ブレンダーの回転刃と回転刃カバーに、時短調理を叶える独自技術「パワーベルテクノロジー」が搭載されているのも特徴です。回転刃の角度をそれぞれ逆方向に傾けることにより、食材を細かく均一にかくはん可能。

チューリップ型の回転刃カバーを採用することで、食材が回転刃の方へ押しやられるため、スピーティーかつ滑らかに仕上がります。さらに、チューリップ型のカバーは食材の飛び散り防止にも役立つので、キッチンや衣服が汚れにくいのも魅力です。

そのほか、ブレードの回転スピードはボタンで2段階の調節ができるうえに、よりスピードアップする「ターボ機能」も搭載しています。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ5045

1台で「つぶす・混ぜる」「刻む」「泡立てる」「砕く」など、5通りの調理ができるハンドブレンダーです。ブレンダーに加えてビッグチョッパー・泡立て器・アイス用カッターが付属しており、アタッチメントは全てワンタッチで交換可能。調理の下ごしらえやソース作り、お菓子作り、氷入りのひんやりとしたスムージー作りと、多彩な用途で活用できます。

また、ブレードの回転スピードは21段階で調節可能。親指でダイヤルを操作するだけで、食材や好みに合わせて食感を変えられます。さらに、パワフルにかくはんできる「ターボ機能」が付いているのも魅力です。

そのほか、ブレンダーには独自の「パワーベルテクノロジー」を搭載。回転刃の角度と回転刃カバーに工夫を施すことで、スピーディーに滑らかな仕上がりを実現しながら、食材の飛び散りを防ぎます。コードの長さは、約1.2m。汎用性に優れたハンドブレンダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ775

「つぶす・混ぜる」「泡立てる」「刻む」「スライス」「せん切り」「こねる」に対応する、1台7役のハイスペックモデルです。ブレンダーに加えて、泡立て器・フードプロセッサー・こねベラが付属。調理の下ごしらえからお菓子作り、パン生地作りまで幅広く活躍します。

ブレードの回転スピードは、スイッチ部の握り具合で直感的に調節可能。弱めに握ると食感をやや残した仕上がりに、強めに握ると滑らかな仕上がりになります。また、ブレンダーには独自の「パワーベルテクノロジー」を搭載。特殊な回転刃と回転刃カバーが、食材を素早く滑らかにかくはんしながら、食材の飛び散りを予防します。

さらに、安全性にも配慮された「チャイルドセーフティロック」機能も搭載。本体モーター部と接続部、フタ以外は食洗機で洗えるので、お手入れも簡単です。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ738

ブレンダー・泡立て器・チョッパーに加えて、スパイスグラインダーが付属したモデルです。「スパイスグラインダー」を使えば、コーヒー豆やホールスパイス、ナッツ、煮干しなどの固い食材もスピーディーに粉砕可能。挽きたてのコーヒーや、お手製ふりかけを楽しみたい方におすすめです。

ブレンダーには独自の「パワーベルテクノロジー」を搭載しており、特殊な回転刃と回転刃カバーが素早く滑らかな仕上がりを実現。食材の飛び散りを防げるため、キッチンや衣服を清潔に保てます。さらに、ブレードの回転スピードは、スイッチ部の握り具合でコントロール可能。細やかにスピードを操作しながら、好みの食感へと仕上げられます。

さらに、「チャイルドセーフティロック機能」を搭載しているため、安心して使えるのもポイント。グリップは人間工学に基づいたスリム形状を採用しているので、すっと手に馴染んで扱いやすいモデルです。

ブラウン(Braun) ハンドブレンダー マルチクイック1 MQ100

シンプルな機能で直感的に使えるモデルです。付属アタッチメントは、ブレンダーのみ。本体の大きなスイッチを押すだけで「つぶす・混ぜる」が素早くでき、離乳食やスムージー作りなどに活用できます。

ブレンダー装着時でも約565gの軽量タイプ、かつ人間工学に基づいた握りやすいデザインで、使いやすいのもポイント。また、約幅75×奥行340mmのコンパクト設計で、収納場所にも困りません。さらに、独自の「パワーベルテクノロジー」を搭載した回転刃と回転刃カバーが、食材を素早く滑らかにかくはんしながら、食材の飛び散りを防ぎます。

アタッチメントは食洗機で洗えるため、お手入れも簡単。そのほか、「ml」と「floz」の目盛りが付いた、容量600mlの計量カップも付属しています。安い価格帯でありながら便利に使える、人気のハンドブレンダーです。

デロンギ(DeLonghi) ケーミックス トライブレード ハンドブレンダー(kMix TRIBLADE Hand Blender) DHB891

1台で「つぶす・混ぜる」「泡立てる」「刻む」「スライス」「中細切り」ができるアイテムです。本製品は、直径が異なる2種類のブレンダー・泡立て器・1Lの大容量フードプロセッサーが付属。また、フードプロセッサーには通常のカッターのほか「中細切りカッター」と「スライスカッター」が付属しており、調理に応じて便利に使い分けられます。

ブレンダーには、独自の3枚刃構造を採用。刃の枚数が多いのに加え、刃の角度はそれぞれ異なるため、よりスピーディーにムラなく作業を行えます。また、フット部を凹型形状にしたことで食材の回流がスムーズになり、食材の飛び散りを防げるのもポイントです。さらに、ブレードの回転スピードは、「スピード調整ダイヤル」を回すことで5段階で調節可能。

全アタッチメントがきっちりと収まる「収納ベース」が付属しており、整理整頓にも手間が掛かりません。そのほか、ボディは高級感溢れるメタリック仕様なので、さり気なく設置するだけでおしゃれなキッチンを演出できます。まとめて大量の食材を調理したい方におすすめの、ハイグレードなハンドブレンダーです。

BRUNO マルチスティックブレンダー BOE034

ブレンダー・泡立て器・チョッパーの3種類のアタッチメントが付属したモデルです。チョッパーはミンチやみじん切りのほか氷も砕けるので、これ1台で「つぶす・混ぜる」「泡立てる」「刻む」「砕く」などの幅広い調理ができます。

また、デザイン性に優れているのも特徴。アイボリー・グリーン・ピンク・ブルーグレーの計4色から、キッチンに馴染みやすいカラーを選択できます。さらに、スリム設計で握りやすく、取り扱いやすいのも魅力です。

そのほか、容量500mlのブレンダーカップや、便利なレシピブックも付属。さまざまな機能を備えながらも比較的リーズナブルに購入できる、おしゃれなハンドブレンダーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー HBL-200

省スペースに収納できる、便利なハンドブレンダーです。専用の「収納ホルダー」が付属しており、アタッチメントやカップを収納ホルダーに掛けることで、全てのパーツをひとまとめにしてコンパクトに収納できます。

アタッチメントは、ブレンダー・泡立て器・チョッパーの3種類が付属。「つぶす・混ぜる」にくわえて「泡立てる」「刻む」にも対応でき、離乳食からお菓子作りまで活躍します。また、ブレードの回転スピードは、本体の「スピード調節レバー」をスライドさせるだけで調節可能。好みの食感に仕上げられます。

付属のカップとチョッパー用ボウルには目盛りが付いており、調理しやすいのも魅力。さらに、カップとボウルはそれぞれ専用カバー付きなので、そのまま冷蔵庫へ保存可能です。カラーは、ホワイト・アイボリー・グリーン・ピンクの4色展開。キッチンのスペースを有効活用したい方におすすめのハンドブレンダーです。

ブレンダーのおすすめモデル|据え置きタイプ

クイジナート(Cuisinart) オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ

食材に熱を加えてからかくはんできる、便利な加熱機能付きのブレンダーです。本製品を鍋替わりに使用して、火を使わずにカレーや熱々のポタージュなどを調理できます。また、常温水であれば1.75L、熱湯であれば1.4L入れられる大容量ボトルも魅力。日常的に作り置きをしておきたい方にもおすすめです。

さらに、4種類の自動調理メニューを搭載。材料を入れてボタンを押すだけで、スープ・ソース・フルーツスムージー・ベジスムージーが自動で作れます。そのほか、「アイスクラッシュ」や「イージークリーニング」機能が付いているのもポイント。ボタンひとつで、クラッシュアイス作りやボトル内の簡易クリーニングが行えます。

日立(HITACHI) パーソナルブレンダー HX-C1000 T

スイッチ1つで手軽にスムージーが作れる、人気のブレンダーです。シンプルな仕様でありながら、食材のかくはん力は良好。チタンコーティングが施された波形形状の4枚刃を採用しており、素早く滑らかに仕上げます。

また、大・小ふたつのボトルと、飲み口アリ・ナシの2種類のキャップが付属しているのもポイントです。ボトルを本体から取り外して飲み口付きキャップをはめれば、ボトルからそのまま飲むことが可能。ボトルを携行して、出先でスムージーを楽しみたい方におすすめです。

さらに、回転中のブレードには触れられない設計が施されているため、安心して使用できるのも魅力。なお、同シリーズには、ブレンダー内に真空環境を作れる「真空ポンプ搭載」タイプもラインナップしています。気になる方は、併せてチェックしてみてください。

モットル(mottole) コードレスブレンダー MTL-K002

便利なコードレスタイプのブレンダーです。4時間の充電で、1回40秒使用した場合、15~20回ほど使用できます。本体は高さ131mmのコンパクトサイズに折りたためるため、持ち運びにも苦労しません。また、スムージーやジュースを作ったあとは、ボトルを本体から取り外してそのまま携行できるのもポイントです。

さらに、ボタンを押すだけの簡単操作で、初心者の方でも手軽に取り扱い可能。ボタンは2度押し仕様なので、誤作動による事故も防げます。そのほか、安い価格帯で気軽に購入できるのも魅力。出張先や旅行先に携帯したい方におすすめのブレンダーです。

ブレンダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。