本体に装備されたブレード(刃)を回転させて、食材を刻んだり混ぜたりできるブレンダー。離乳食、スムージー、スープなどをつくるときに重宝します。

しかし、ブレンダーとひと口に言っても、据え置きタイプから手に持って片手で使用できるハンドブレンダーまで、ラインナップが豊富。そこで今回は、ブレンダーの基礎知識と用途別おすすめブレンダーをご紹介します。

食事のレパートリーを大幅に増やせる便利な製品なので、ぜひチェックしてみてください。

ブレンダーとは?

By: amazon.co.jp

ブレンダーとは、本体に装備されたブレード(刃)を回転させて、食材をつぶしたり混ぜたりできる調理器具のこと。主に、スティック状になっていて片手で利用できる「ハンドブレンダー」と、調理台に置いて使用する「据え置き型ブレンダー」に分けられます。

ちなみに、「ミキサー」と「据え置き型ブレンダー」は名称が異なるだけで、同じモノを差しています。日本ではミキサーという呼び名が定着していますが、世界的にはブレンダーと呼ぶのが一般的です。

ブレンダーとハンドミキサーの違い

ブレンダーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーの特徴は、何といってもアタッチメントを付け替えることで、多くの調理に対応できるところ。例えば、通常のアタッチメントでは「つぶす」「混ぜる」といった調理ができますが、泡立て用アタッチメントに付け替えれば食材の泡立ても可能で、ハンドミキサーと同様の調理をブレンダーで行えます。

他にも、チョッパーが付属しているブレンダーを購入すれば「切り刻む」などの調理も可能。ただし、どのようなアタッチメントが付属しているかは商品毎に異なります。必ず、購入前に自分が使う機能を認識しておきましょう。

一方、据え置き型ブレンダーは、ハイパワーモデルが多いのが特徴。食材をセットしてスイッチを押せば、自動でブレードが回転して食材を切り刻むので、ハンドブレンダーのように調理につきっきりになる必要がないのが利点です。

ブレンダーがおすすめな方

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、離乳食を作るときなど、量が多くない食材を調理したい人におすすめ。片手で扱えるコンパクトサイズなので、食材をボウルや鍋に入れたまま使用することができます。また、コンパクトなブレンダーを探している方にもおすすめです。

高級ハンドブレンダーの場合、ブレードの回転速度を調整する機能が搭載されていることがほとんど。この機能を使って、食材を自分好みの口当たりに調整しやすいのもハンドブレンダーの利点です。

一方、据え置き型ブレンダーはハイパワーモデルが多いため、大量の食材を時短で調理したい方におすすめ。スムージーを作るときは、据え置き型ブレンダーに食材を投入してスイッチを入れるだけで、数分後には完成します。

ハンドミキサーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーとは、先端の調理部分が丸い金属のワイヤーになっている調理器具。食材に空気を含みながらかき混ぜて使用する製品で、食材を泡立てるときに利用します。ハンドブレンダーのように、固い食材をつぶしたり刻んだりする調理には適していないので、用途は限定されます。

ハンドミキサーがおすすめな方

By: amazon.co.jp

お菓子作りを頻繁に行う方にはハンドミキサーがおすすめ。生クリームや卵白を泡立てるときに、ハンドミキサーを使用すると時短で調理できるほか、仕上がりが滑らかになるのが特徴です。

なお、ハンドブレンダーの中には、ハンドミキサーと同様の作業が行えるように専用のアタッチメントが付属しているモノも。現在ハンドミキサーの購入を検討している方も、本記事で紹介しているハンドブレンダーを参考にして、購入する際の比較対象としてください。

ハンドミキサーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ブレンダーの選び方

①コードの有無をチェック

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置きタイプには、基本的にコードレスモデルは存在しません。ハイパワーで動作させることを目的としている製品が多く、コードで電源に繋いで使用することになります。

「ブレードの回転数」「氷を砕くことができるか」といったパワー面や、「ボトル部分をコップとして利用できるか」などを目安にして購入を決めてください。

コードレスハンドブレンダータイプ

By: braunhousehold.com

ハンドブレンダーの中には、充電式で動作するコードレスのモデルも存在。コードレスタイプの場合、使い場所を選ばなくてよいという利点があります。調理中もコードが邪魔にならず、快適に操作できるのが魅力です。

ただし、フル充電時の最大使用時間を購入前に確認しておかなければ、使用中にバッテリーが切れてしまう可能性があるので注意してください。

②アタッチメント数

By: amazon.co.jp

オーソドックスなブレンダーであれば、「つぶす」「混ぜる」の動作に対応。しかし、追加のアタッチメントが豊富なモデルであれば、生クリームをつくるときに便利な「泡立てる」、食材をカットするのに便利な「刻む」、調理の時短をはかる「こねる」など、多くの役割を果たせます。

本体とセットになっている場合の他に、別売りのアタッチメントが用意されている場合も。使いたい機能をあらかじめ考えておき、対応したアタッチメントを用意することが大切です。

③スピード調整機能

By: amazon.co.jp

食材の仕上がりを細かく調整するために、ブレードの「回転スピードの調整機能」も重要。高級モデルであれば、20段階以上の調整が可能な製品や、無段階でスピードを調整できる製品も存在します。

また、スピード調整の操作方法も、使い勝手を左右する重要なポイント。ダイヤルを回して調整するタイプ、ボタンで操作するタイプ、グリップの握り具合で自動的にスピードが変わるタイプなど複数の操作方法があります。

④熱湯に対応しているか

By: braunhousehold.com

熱湯に対応しているかどうかも大切。特に据え置き型ブレンダーの場合、ボトルが熱湯に対応していれば、スープなどの温かい料理も作れます。

さらに、高性能モデルの中にはブレンダー自体が加熱機能を搭載している製品も。このような据え置き型ブレンダーを使えば、火を使わず安全に調理を行うことができます。

ハンドブレンダーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ブレンダーのおすすめメーカー

バーミックス(bamix)

By: amazon.co.jp

バーミックスは、1954年にスイスで誕生した、老舗のハンディフードプロセッサー企業。モーターから部品まで、製造業の世界で高い評価を受けているスイスの自社工場で行っているのが特徴です。

また、アフターケアが充実している点も魅力。長く使える高品質なブレンダーを探している方におすすめのメーカーです。

ブラウン(Braun)

By: amazon.co.jp

ブラウンは、50年以上ハンドブレンダーを販売し続けているドイツの老舗企業。オーソドックスなモデルから高性能モデルまで取り揃えている、豊富なラインナップが魅力です。

特に、上位機種であれば他社類似製品を上回るアタッチメント数を誇ります。料理のレパートリーを増やしたい方におすすめです。

ブレンダーのおすすめモデル|離乳食向け

バーミックス(bamix) M300 スマートセット

高速(毎分17,500回転)と低速(毎分13,000回転)の2段階でスピードを調整できるハンドブレンダー。「つぶす」「すりおろす」「混ぜ合わせる」「泡立てる」の操作に対応しています。

金属製なので、熱い鍋などの中でも使用可能。さらに、同社従来モデルの「M250」と比べて、回転する力である「トルク」が1.5倍に向上しています。時間のかかる作業もスムーズにこなせる点が魅力です。

使用後は、水かお湯の中で先端を洗い流すだけで手入れ完了。付属のスタンドに立てかけて収納でき、スペースは9.7×9.8cmしか必要としないところもおすすめです。

ブラウン(Braun) マルチクイック MQ5075

21段階でスピード調整ができるハンドブレンダー。取っ手部分のダイヤルを回すことで自由にスピード調整できます。食材をパワフルにつぶすターボスイッチが搭載されているところもポイントです。

「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「刻む」「スライス」「せん切り」「こねる」の7役に対応。付属のフードプロセッサーは1.5Lの大容量で、通常の置き型フードプロセッサーにも引けを取りません。

ブレンダーの回転刃カバーは、飛び散りを防止する独自設計。調理中の鍋にブレンダーを入れて、直接調理することが可能です。使用後も、専用の計量カップに洗剤とぬるま湯を入れて20秒ほどブレンダーを動作させるだけで洗浄が完了します。

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

アボカドを種ごと粉砕できるほどパワフルなハンドブレンダー。業界最大級の500Wのモーターを内蔵しています。

ボタンを握る力を変えるだけでスピードが自由自在に調整できる「スマートスピードテクノロジー」を搭載。他の調整方法と異なり直感的なスピードコントロールで、食材を自分好みの食感に仕上げられます。

他にも、「アクティブブレードテクノロジー」と呼ばれる、かくはん範囲を2.5倍に拡大する機能を実装。これにより、食材を細かく均一に整えることが可能になりました。

ハンドブレンダーのブレードの形も、従来製品にうねりを加えてかくはん範囲を16%向上。随所に使い勝手を向上させるテクノロジーが採用されているところがおすすめです。

シロカ(siroca) ハンドブレンダー SCB-401

離乳食作りに最適なハンドブレンダー。リーズナブルな価格なので、お試しの1台を探している方にもおすすめです。

「混ぜる」「つぶす」機能を搭載したシンプルな設計。ボタンを1つ押すだけの簡単操作で、誰でも気軽に使える点が魅力です。使用後も、水かお湯で簡単に洗い流せます。本体重量は約500gと扱いやすいところも特徴です。

テスコム(TESCOM) PureNatura スティックブレンダー THM311

安くてオーソドックスなハンドブレンダーを探している方には、本製品がおすすめ。先端部分が金属製のため、鍋に直接入れて使用することもできます。ただし、安全のために、鍋を火からおろして食材の熱を冷ましてから使用する必要があることには注意してください。

「つぶす」「混ぜる」の2役をこなせるので離乳食作りにも最適。25ml単位でメモリが刻まれた専用のブレンドカップが付属していて、購入後すぐに使用できます。また、ブレンドカップをそのまま冷蔵庫に保存できるところもおすすめです。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500WJ

女性ユーザーの使いやすさに配慮し、従来のシリーズから250g軽量化した、重量540gのハンドブレンダー。回転スピードはダイヤル式で調整できます。

付属の泡立て用アタッチメントは、ハンドミキサーに引けを取らないダブル仕様。約30秒で8分立てになるので、スイーツ作りにも最適です。また、付属のチョッパーボールでは、玉ねぎを1度に1.5個分みじん切りにできます。

800mlと大容量の専用カップが付属し、ブレンダーを入れて直接調理できるのも魅力。レシピブックも付属しているので、初めてブレンダーを購入する方にもおすすめできます。

テスコム(TESCOM) スティックブレンダー THM430

握り幅が4cmで女性にも持ちやすいのが特徴のハンドブレンダー。「つぶす」「混ぜる」「刻む」「泡立てる」の4役に対応しています。

無段階のスピード調整機能が特徴。スライドレバーを片手で操作して、柔軟に速度を調整できます。また、使用後はブレンダーや泡立てアタッチメントを食器洗い機で洗浄することが可能で、利便性も高いです。

本製品に付属している軽量目盛りがついたカップは、保存のためのフタ付き仕様。調理から保存まで便利に使用可能です。付属のレシピブックには12品目のレシピが掲載されています。

タイガー魔法瓶(TIGER) スマートブレンダー SKQ-G200

誤作動を防ぐ2段階の安全スイッチを搭載したハンドブレンダー。2つのボタンを正しい順番で押さないと作動しない設計なので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使用できます。

「つぶす」「混ぜる」「刻む」「泡立てる」「おろす」の5役に対応。5段階の速度調整ダイヤルを装備していて、料理によって適切な調理が可能です。本体の取っ手部分にはつり下げ式のフックがあり、使用しないときはキッチンにぶら下げておけます。

付属のおろしカッターはステンレス製のため、かたい野菜でも簡単にすりおろすことが可能。さらに、カッター・ブレード専用カップはガラス製で、ニオイが付着しにくいところもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

特徴の異なる4枚刃ブレンダーカッターを採用したハンドブレンダー。食材を捉えやすいブレードと食材を上手に循環させるブレードの力で、食材の口当たりを滑らかにできるところが特徴です。

ロック解除ボタンを押しながら運転スイッチを押す「2アクションスイッチ」機構を採用。不用意にスイッチを入れてしまう心配もありません。さらに、チャイルドロックも装備していて、スイッチをロックすることが可能。調理中の置き台にもなるカッターホルダーまで付属し、カバーとしての役割を果たします。

過負荷時にストップする「サーキットブレーカー」、モーターの温度上昇時にストップする「サーモスタット」など、安全に配慮した機能を搭載。とにかく安全にハンドブレンダーを使用したい方におすすめの商品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー IHB-601

付属のブレンダーカップにすべての器具を収納できるハンドブレンダー。さらに、収納ケースを裏返すと、調理用の容器としても使用できるのが特徴です。容器には50~600mlまでの目盛りが付いています。

「つぶす」「混ぜる」機能を持った本体には、スピード調整レバーを搭載。「ゆっくり」から「はやく」まで、無段階でスピードを調整できます。

チョッパーがセットになったモデルも存在するので、「刻み」を行いたい方はそちらもチェックしてみてください。本モデルはコンパクトに収納できるシンプルなブレンダーを探している方におすすめです。

ビタントニオ(Vitantonio) コードレスハンドブレンダー VHB-100

充電式で動作するコードレスハンドブレンダー。フル充電で最長30分使用できます。ロック解除スイッチを押しながら電源ボタンを押さないとブレードが回転しない設計なので、初心者の方も安心です。

充電台の充電スペースの横に、アタッチメントや計量カップをすっきり収納可能。700mlの軽量カップにはフタがついているので、調理後の食材をそのまま冷蔵庫に保存できます。また、調理中にはフタを計量カップの底に装着して、滑り止めとして使用できる無駄のない設計です。

ティファール(T-fal) ハンドブレンダー インフィニーフォース HB863GJP

独自の4枚刃構造を採用したハンドブレンダー。斜めの2枚刃と水平の2枚刃を組み合わせて、食材を効率的に巻き込んでカットします。仕上がりが均一になる上、時短にも効果的なところが特徴です。

20段階のスピード調整機能に加え、ターボ機能を搭載。どのような料理でも、最適なスピードで調理可能です。また、ブレンダーの先端は飛び散りにくいように工夫した形状になっています。

「つぶす」「混ぜる」「刻む」「ミンチ」「泡立て」の5役に対応。別冊のオリジナルレシピブックには、スープから離乳食まで45品目の料理が掲載されています。

パナソニック(Panasonic) e-PRO ハンドブレンダー MX-SE501

「高速」「間欠」「低速」と3つのモードを搭載した高級ハンドブレンダー。メニューに適した回転速度を選択できます。

高い切削性能を誇る4枚刃ブレンダーカッターを採用。食材を切削しながらかくはんも行う「サブシャープブレード」と、食材を捕えて細かく切削する「フィニッシュブレード」を組み合わせて、食材を滑らかに仕上げます。

泡立て器、おろしカッター、チョッパー、専用カップが付属。誤作動を防ぐチャイルドロックも装備しています。

ブレンダーのおすすめモデル|スムージー向け

ドリテック(DRETEC) ハンドブレンダー HM-803

リーズナブルな価格ながら、スピードを2段階で調整可能なハンドブレンダー。「つぶす」「混ぜる」の2役を果たすことができ、スムージーやドレッシング作りに適しています。使用中に容器を傷つけないためのプラスチックガードも装備しています。

最大容量700mlの専用カップを付属。専用カップの底面は、ゴムがついていて滑りにくい設計になっています。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-31

スムージーを作るのに最適な据え置き型ブレンダー。価格もリーズナブルなので、コスパを意識する方にも最適な1台です。

使い方も簡単。ボトルに野菜やフルーツなどの素材を投入してフタをしたら、そのまま本体にセットして上から押してひねるだけで、自動回転します。約40秒後には自動停止するので、回転中につきっきりになる必要もありません。

完成後は、ドリンク用アタッチメントに付け替えて、ボトルからそのままスムージーを飲むことが可能。保存用キャップも付属していて、冷蔵庫で保存できます。

ブラウン(Braun) パワーブレンド 3 ブレンダー JB3060

熱々のスープから冷たいスムージーまで、多くの料理に対応した据え置き型ブレンダー。180gの氷を砕ける「アイスクラッシュ」仕様なので、ひんやりしたスムージーを作れます。

毎分22,100回転のハイパワー設計に加え「ターボ機能」を搭載しており、最大パワーで瞬時にかくはんが可能。短時間で調理できるので、食材の酸化を防いで風味のよいスムージーが出来上がります。

また、ボトル部分は独自の三角形状で、食材の対流を促す設計。三角形状なので、完成後もコップに注ぎやすいところが特徴です。刃も簡単に取り外せて、ラクラク洗浄できます。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) パワーブレンダー 14072JP

スピード設定を13段階で調整できる据え置き型ブレンダー。多くの料理に活用したい方におすすめします。

家庭用としては最大級である500Wのハイパワーが特徴。氷の粉砕にも対応していて、食材が滑らかになるまで粉砕・かくはんができます。また、カッター台にはカッター軸と軸受けの間の摩擦を軽減する「アップボールベアリングシステム」を採用しているため、耐久性にも不安はありません。

フタに収納できるメジャーキャップには目盛りが付いていて、油や蜂蜜などの食材を投入するのに便利。また、ボトルが本体に正しくセットされない限り、ボタンを押しても動作しない安全装置もついています。使わないときは、本体底面に電源コードを収納可能です。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトブレンダー KC-DF75

容量400mlのコンパクトサイズな据え置き型ブレンダー。1~2人用の製品を探している方におすすめします。

本体前面のスイッチを押している間だけ動作するシンプル設計。完成後はタンブラーとしてそのまま飲めるので、洗い物が増えないのも嬉しいポイントです。ハワイをイメージしたカップ型のデザインがおしゃれで、ハワイアンドリンクのレシピも付いています。

シー・シー・ピー(CCP) コンパクトブレンダー BONABONA BZ-BR65

2種類のカッターが付属した据え置き型ブレンダー。「刻む」「混ぜる」「砕く」「おろす」に対応したクロスタイプカッターと「挽く」「擦る」「泡立てる」に対応したフラットタイプカッターがセットになっています。

使い方は簡単。ボトルに食材を投入し、本体に設置して上から押すだけです。完成後は付属の飲み口リングをセットして、そのまま飲めます。

また、充実した付属品も魅力。600mlのボトルが5個、300mlのボトルが1個に加えて、保存用キャップや穴あきキャップなど、便利なアイテムが付属しています。20品目が掲載されたレシピブックも付いているので、初めてブレンダーを購入する方でも安心です。

オスター(Oster) ボールジャーブレンダー BLSTMM1-BRE-040

氷も砕けるオスター独自の4点式ステンレスブレードを採用した据え置き型ブレンダー。「ピューレ」「挽く」「混ぜる」「乳化」「刻む」「砕く」の動作が可能です。

本体にセットして押すだけでブレードの回転が始まるので、ボタン操作の必要なし。ボトルはグラス型で取っ手も付いていて、完成後はそのまま飲むことができます。付属のキャップとストローを使用したら、さらに飲みやすくおしゃれに使用可能。なお、保存用キャップも付属しています。

クイジナート(Cuisinart) オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ

「スープ」「ソース」「フルーツスムージー」「ベジスムージー」の4種類の自動調理機能を備えた据え置き型ブレンダー。氷を砕く「アイスクラッシュ機能」も実装しています。

常温水で1,750ml、熱湯で1,400mlまで対応している大容量モデル。加熱機能を搭載していて、マニュアル操作で鍋代わりに使用できます。タイマー設定機能や、火を使わないところが安心できるポイントです。

また、「イージークリーニング機能」と呼ばれるヒーター部分の汚れを自動で洗浄する機能を搭載。約3分で自動洗浄でき、日々の掃除の負担を軽減できます。

ブレンダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:ブレンダーのおすすめ人気レシピをご紹介

野菜スープ

野菜を使ったスープは、ブレンダーを購入したら1度は作ってみたいレシピ。有名なスープには「コーンスープ」などがありますが、その他にもさまざまな野菜スープを調理できます。

例えば、「ニンジンスープ」であれば、ニンジンのほのかな甘みを味わうことが可能。口当たりがよい味付けを考えたり、味付けを薄めて離乳食にしたりと、ニンジンが嫌いな子どもにも食べられるような幅広い調理が実現します。

他にも、「ホウレンソウスープ」でビタミンCやカルシウムを摂取すれば、牛乳嫌いでも野菜からたっぷり栄養を吸収できます。

焼き肉のたれ

ブレンダーで調理できるのは、料理だけではありません。オリジナルの調味料を作って、お店では出せない味を追求することもできます。

例えば、玉ねぎやニンニクをふんだんに使って、翌日元気を出したいときに最高の「焼き肉のたれ」をつくることも可能。目的や好みに応じて、自由に食材を組み合わせてください。