固定して使うフードプロセッサーとは異なり、手に持って食材をきざんだり混ぜたりできる「ハンドブレンダー」。鍋の中で直接食材をかき混ぜたり、カップに少量の食材を入れて下ごしらえをしたりと、幅広い用途に使えます。

ハンドブレンダーはリーズナブルな価格のモノから高価なモノまで、ラインナップはさまざま。そこで今回は、ハンドブレンダーの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

ハンドブレンダーとは?

By: panasonic.jp

ハンドブレンダーとは、食材をきざんだりつぶしたりできる機械のこと。機能としてはミキサーやフードプロセッサーと同じですが、ハンドブレンダーは鍋などの中に入れられるため、ちょっとした調理にも効率よく使えるのがポイントです。

離乳食など、少量の食材を調理する場合にも使いやすく、お手入れも簡単。また、コンパクトに収納できる点もメリットです。なお、大量の食材を調理する場合、「きざむ」機能がフードプロセッサーに劣るほか、「つぶす」機能がミキサーに比べて弱いというデメリットもあるので留意しておきましょう。

フードプロセッサーやミキサーとの違い

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは容器に入った食材の上からブレードを差し込み、手で支えながらかくはんする調理器具。これに対してフードプロセッサーやミキサーはブレードや刃が容器の底にあり、スイッチを押すだけで食材をかくはんすることが可能です。フードプロセッサーやミキサーは、食材の量が多い場合や繊維と果汁を分離させたジュースを作るのに適しています。

ハンドブレンダーのメリットは、ボウルや鍋に入った食材を素早くかくはんできる点です。また、ミキサーなどにある専用容器を使わなくても下ごしらえができるので、調理後の片付けも楽にできます。本体がコンパクトで扱いやすく、収納場所を取らないのも魅力。フードプロセッサーやミキサーを置く場所がなかったり、出し入れするのが面倒だったりする場合にもハンドブレンダーがおすすめです。

ミキサーやフードプロセッサーについて詳しくはこちら


ハンドブレンダーの選び方

ブレードの素材をチェック

硬い食材にハンドブレンダーを使いたい場合は、ステンレス製のモノがおすすめ。傷や変形に強く、耐久性に優れています。また、鍋やフライパンに入れてそのまま使えるのも魅力です。

一部のリーズナブルなモデルでは、ハンドブレンダーのガードに金属ではなくプラスチックが使われていることもあります。プラスチック製のモノは熱に弱く、熱い鍋に直接入れられないので注意しておきましょう。

ブレードのスピード調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

ブレードのスピード調節機能も要チェックです。スピードを細かくコントロールできるモデルを選べば、仕上がり具合を調節しやすく便利。離乳食を作る場合、子供の成長に合わせて食感を変えられるので、幅広い用途に使用可能です。

スピードの調節方法は、スイッチ切り替え式やダイヤル回転式など製品によって異なります。特におすすめなのがスイッチ部を握る強さで調節できるタイプ。感覚的な操作でよりきめ細やかに調節できるため、簡単に自分好みの仕上がりが叶えられます。

連続稼働時間をチェック

By: amazon.co.jp

多くのハンドブレンダーは、過負荷や温度上昇を避けるために1回の運転時間が決められています。基本的に短時間の使用を想定して作られているため、1〜2分程度稼働するモデルがほとんど。連続稼働時間は、長くても5分程度です。

連続稼働時間が長いほうが便利ですが、パワフルなモデルなら、それほどの稼働時間を必要としない場合もあります。W数と連続稼働時間のバランスもチェックして選んでみてください。

アタッチメントの種類をチェック

By: idea-in.com

ハンドブレンダーは、機能性を上げるためのアタッチメントが付属しているのが一般的。安価なモデル以外なら、「きざむ」機能が使えるチョッパーが付属しているモデルもあります。

さらに、「おろす」「細切り」「うす切り」などに使える交換用替刃がセットになったモデルであれば、調理の幅がより広がるのでおすすめ。ほかにも、お菓子作りで大活躍する泡立て器が付属しているモノもあるため、用途に合わせて選んでみてください。

グリップの握りやすさをチェック

By: cuisinart.jp

ハンドブレンダーを使って食材をつぶしたり混ぜたりする際、本体をうまくコントロールするには、グリップの握りやすさが重要。手の大きさは人によって異なるので、自分の手に合うグリップを備えたモデルを選びましょう。

また、操作ボタンの押しやすさも要チェック。操作が簡単なモノなら、食材を処理しながらスピードを細かくコントロールでき、より思い通りの仕上がりに近づけられます。

コードの有無チェック

コード付きはコードの長さをチェック

By: amazon.co.jp

コード付きのハンドブレンダーを購入する際は、コードの長さを事前にチェックしておくのがおすすめです。コードが長いモデルは、コンセントから離れたところでも使用可能。キッチンのさまざまな場所で活躍します。

反対にコードの長さが短いモデルの場合、操作がしにくい可能性があるので注意しましょう。調理スペースの広さとコンセントの位置を考慮して、余裕のある長さのモノを選ぶのがおすすめです。

コードレスはバッテリーの残量が確認できるモデルを

By: cuisinart.jp

コードレスのハンドブレンダーを購入する際には、バッテリーの持ちや、残量が確認できるかを事前にチェックしておきましょう。残量が確認できるモデルであれば、急なバッテリー切れの心配を軽減できます。

なかには、LEDランプでバッテリーの残量を表示するモデルも存在。充電のタイミングが一目で視認できるのが魅力です。

お手入れのしやすさをチェック

By: cuisinart.jp

ハンドブレンダーは食材を扱う調理家電なので、メンテナンスのしやすさも重要なポイント。楽にお手入れできるモデルなら衛生的に利用できるうえ、ちょっとした下ごしらえでも気軽に使えます。

特に、食材と接するアタッチメント部分が取り外しやすく、丸洗いできるモデルがおすすめ。なかには食洗機での洗浄に対応しているモデルも存在し、より簡単に使用後のお手入れを行えます。ハンドブレンダーの使用頻度が高い方は、ぜひチェックしてみてください。

安全性をチェック

ハンドブレンダーは鋭いブレードを搭載しているので、安全性に配慮した設計のモデルを選ぶのがおすすめ。使用時やお手入れ時の誤操作による事故を予防できます。例えば、チャイルドロック機能を搭載したモデルなら、アタッチメントを付け替えるときや子供が誤って触ったときでもブレードが作動しないため安心です。

また、モーターの温度上昇や過負荷を検知し、運転を自動停止する機能を備えたモデルも存在します。特に小さな子供と一緒に料理を行う場合は、しっかりと安全機能が付いたモデルを選ぶようにしましょう。

ハンドブレンダーのおすすめメーカー

ブラウン(Braun)

By: amazon.co.jp

ブラウンはシェーバーやカミソリなどの高いシェアを持つドイツの小型家電メーカー。ハンドブレンダーも有名で、リーズナブルなモノから高級なモノまで豊富なラインナップを取り揃えています。

同社のハンドブレンダーには、独自の飛び散り防止設計が施されているのもポイント。握る力を変えるだけで直感的にスピード調節ができる上位機種は、操作性に優れています。ハンドブレンダーの性能を重視している方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカー。ハンドブレンダーでは、ロック解除ボタンと運転ボタンを同時に押す必要がある「2アクションスイッチ」や、誤作動を防ぐ「チャイルドロック」など、安全性に配慮されたモデルを販売しています。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカの電気調理機器メーカー。長年フードプロセッサーを販売してきた実績のある企業です。ハンドブレンダーは、1万円程度の購入しやすいモデルを取り揃えているのが特徴。軽くて扱いやすいモデルから、1台7役の多機能モデルまで、製品のバリエーションも豊富です。

ハンドブレンダーのおすすめモデル

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

つぶす・混ぜる・泡立てるなど、1台で7役をこなすハンドブレンダーです。ワンタッチでアタッチメントが交換できます。こねる機能も搭載しており、幅広い料理で役立つアイテムです。

シャフトが上下に伸縮する「アクティブブレードテクノロジー」を搭載しているのが特徴。固い食材も素早くかくはんできます。また、食材に合わせてスピードを変えられる「スマートスピードテクノロジー」も搭載。繊細な調理も直感的に行えます。

食材が飛び散りにくい「スプラッシュコントロール」機能を採用しているのも魅力です。また、本体・泡立て器接続部・ふた・専用スパチュラ以外はすべて食洗機で洗えるのもポイント。ハイエンドモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ブラウン(Braun) マルチクイック7 ハンドブレンダー MQ7030XG

400Wのハイパワーなモーターを搭載しているハンドブレンダー。ブレンダー装着の連続稼働時間は60秒です。刃の中心に溜まりやすい食材もパワフルにかくはんするのが特徴。加えて、「スプラッシュコントロール」機能付きで、食材が飛び散りにくいのも魅力です。

シャフトが手の動きに合わせて上下に伸縮する「アクティブブレードテクノロジー」を搭載。固い食材も素早くかき混ぜられます。また、かくはん範囲が広いため、食材を細かく均一にかくはんして滑らかに仕上げられるのも便利です。

握る力でスピードが変えられる「イージースマートスピードテクノロジー」を搭載しているのもポイント。食感を残したり滑らかにしたりと、好みに応じて調節できます。優れた機能を複数搭載しているおすすめのアイテムです。

ブラウン(Braun) マルチクイック5 ハンドブレンダー MQ535

混ぜる・つぶす・刻む・泡立てると、1台で4役をこなすハンドブレンダー。果物を使ってスムージーを作ったり、クリームや卵を泡立てたりと、さまざまな場面で活躍します。また、離乳食作りにも使えるので、赤ちゃんがいる家庭にもおすすめです。

ブラウン独自のパワフルモーターとベル型のシャフトを搭載。食材をしっかりと巻き込み、均一に仕上げます。加えて、ボディにはサイズの大きなスピード調節ボタンを搭載。片手で速度を切り替えられるのも特徴です。

アタッチメントは簡単に交換ができ、食洗器で洗えるのもポイント。また、本体重量はブレンダー装着時で約720gと軽いため、気軽に使用できます。扱いやすく利便性に優れたハンドブレンダーを探している方におすすめのアイテムです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S302

4枚の刃が付いたブレンダーカッターを搭載しているハンドブレンダー。サブブレードが食材をしっかりとかき混ぜ、ストレートブレードが野菜や果物を細かくカットしつつかくはんします。加熱後の鍋やボウルにも使用できるのが特徴です。

パナソニック独自の「ダブルアクションスイッチ」機能を搭載しているのもポイント。ロック解除ボタンを押している間だけスイッチが入れられる仕様なので、誤ってボタンを押し、怪我をする心配を軽減できます。

スピード調整ダイヤルが付いており、高速から低速までスムーズに切り替えが可能。素材に適した調理方法が素早く選択できます。また、ブレンダーや専用カップなどが食器洗い乾燥機入れられるため、お手入れしやすいのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S102

混ぜる・つぶすの2アクションが行えるハンドブレンダー。下ごしらえから仕上げまで使用でき、スムージーやスープなどの料理を作るのに役立ちます。加えて、離乳食作りにも活躍するので、小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

4枚刃付きのブレンダーカッターを搭載しているのが特徴。サブブレードが食材をかき混ぜ、ストレートブレードが食材を細かく刻みながらかくはんします。また、加熱後の鍋やボウルのなかに直接入れて調理できるのも魅力です。

ロック解除ボタンを押している間のみ運転スイッチが押せる「ダブルアクションスイッチ」機能を搭載。モーターの温度上昇を検知して自動で停止する「モーター保護装置」も搭載しており、安全性に配慮されているのもポイントです。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー おろしディスク付 HB-704WJ

つぶす・混ぜる・泡立てるなど、1台で6役をこなすハンドブレンダー。面倒な下ごしらえも短い時間で簡単に行えます。離乳食作りに役立つのもポイント。子供の成長に合わせて幅広く活躍します。

ボディにはラバーグリップを搭載。滑りにくく、しっかりとホールドできるので、スムーズに作業が行えます。さらに、本体重量はブレンダー使用時でわずか550g。長時間使いやすいのも魅力です。

本体上部に搭載したスピード調節ダイヤルから簡単にかくはん速度を変更可能。食材に合わせてスピードを調節できます。また、ブレンダーシャフトが丸洗いできるなど、お手入れが楽に行えるのも特徴です。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-504KJ

ブレンダー使用時の重さがわずか560gと軽量なハンドブレンダー。取り回しがよく、手軽に使い続けられます。さらに、電源コードの長さは約1.5mあり、コンセントから離れた所でも使用可能です。

ビーターアタッチメントの回転数は1分間に約1550回転。生クリームや卵白が素早く泡立てられます。また、チョッパーアタッチメントの回転数は1分間に約3750回転。手間になりがちな調理の下ごしらえも短い時間で簡単に行えます。

ブレードガードには穴があいており、食材が混ざりやすいのもポイントです。加えて、かくはんスピードが調節できるダイヤルを搭載するなど、機能性も良好。コストパフォーマンスに優れたおすすめのアイテムです。

クイジナート(Cuisinart) コードレス充電式ハンドブレンダー RHB-100J

コードレスタイプのハンドブレンダー。コンセントの位置を気にせず幅広い場所で使用できるのが特徴。1回のフル充電で、パワーを落とすことなく3分間の使用を4回繰り返せます。バッテリーの残量は3段階のLEDランプから視認可能です。

グリップ付きハンドルを採用しているため、握りやすいのも魅力。滑りにくく、安定して使用できます。また、ロック解除スイッチと運転スイッチの2つを搭載したダブルロック構造で誤作動を防ぐのもポイントです。

USBケーブルによる充電が可能なので、コンセントがなくてもバッテリーをチャージできます。スムージーやスープなど幅広い調理に使用でき、使い勝手のよいおすすめのアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー IHB-SC502

1台で刻む・つぶす・混ぜる・泡立てるの4役をこなすハンドブレンダー。玉ねぎをみじん切りしたり、ホイップクリームを作ったりと、さまざまな場面で役立ちます。加えて、手間のかかる離乳食も作れるので、赤ちゃんのいる家庭にもおすすめです。

2アクションスイッチを採用しており、ボタン2つを同時に押さないと作動しない仕様。誤って動かしてしまう可能性を低減できます。また、刃の部分が簡単に取り外しでき、隅々まで洗えるのも魅力。衛生的に使えるおすすめのアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー HBL-200

鍋やボウルに直接入れて調理できるハンドブレンダー。洗い物が増えないため、家事の時短につながります。また、刻む・つぶす・混ぜる・泡立てると、4役をこなすのも特徴。離乳食作りにも役立ちます。

本体上部にはスピード調節レバーを搭載。動作中でも速度を変更できます。また、アタッチメントをまとめてコンパクトに収納できることも魅力。普段の食事作りはもちろん、お菓子作りなど、さまざまなシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

テスコム(TESCOM) コードレススティックブレンダー THMX600

つぶす・まぜる・きざむ・おろす・泡立てると、1台で5役をこなすハンドブレンダーです。コードレス仕様で、1回のフル充電で約40分使用できるのがポイント。コンセントがない場所でも活躍するのが魅力です。

材料の入れ過ぎなどをランプで知らせる保護装置を搭載。過負荷による故障を防げます。また、ダブルロック構造を採用しており、安全性に配慮されているのもポイント。取り回しがよく、機能性に優れたおすすめのアイテムです。

テスコム(TESCOM) スティックブレンダー THM332

両面おろし刃付きで、大根おろしも簡単に作れるハンドブレンダー。鬼おろしや細かなおろしなど、仕上がり具合も調節可能です。チョッパーやピーターも付属しているので、野菜をみじん切りしたりクリームを泡立てたりと、さまざまな場面で活躍します。

ブレンダーは金属製のため、鍋に直接入れられるのもポイント。スープも気軽に作れます。臭いや色移りの心配が少なく、衛生的に使い続けられるのも魅力。マルチに活躍するおすすめのアイテムです。

ティファール(T-fal) ハンドブレンダー ベビーマルチ HB65H8JP

400Wの消費電力に耐える強力なモーターを搭載したハンドブレンダーです。硬い食材もパワフルに砕いてかくはんします。加えて、高速回転から低速回転まで対応したスピード調整ダイヤル付き。食材に合わせて回転数を変更できます。

ブレンダーやチョッパー、ウィスクなどの付属品があり、1台で6役を担うのが特徴。つぶす・混ぜる・切るなど、さまざまな調理方法が選択可能です。さらに、離乳食用のブレンダー付きで、小さな子供がいる家庭でも役立ちます。

電源スイッチを押したり離したりするだけで、簡単に使用できるのもポイント。シンプルな操作で楽に調理が行えます。また、持ち手は人間工学に基づいたソフトグリップ付きで、持ちやすいのも魅力です。

▼少量でも使いやすい離乳食ハンドブレンダー!ティファール(T-fal)のベビーマルチ

ブルーノ(BRUNO) マルチスティックブレンダー BOE034

混ぜる・つぶす・刻む・砕く・泡立てると、1台で5役を担うハンドブレンダーです。氷を砕くほどのパワーがあり、幅広い料理に使用できます。加えて、本体重量が570gと軽量なので、片手で気軽に使用可能です。

ブレンダーを装着すれば離乳食やスムージーを滑らかに仕上げられます。お鍋やボウルに直接入れて使うことも可能です。また、チョッパーを装着すれば野菜のみじん切りができ、ホイッパーを付ければ生クリームやメレンゲが泡立てられます。

付属のクリーニングブラシを使えば、細かい部分の汚れまで簡単にお手入れできるのもポイント。普段の食事作りからお菓子作りまで、さまざまなシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

ドリテック(DRETEC) ブラン・ハンドブレンダー HM-805

つぶすと混ぜるの2役をこなすハンドブレンダーです。スムージーやスープ、離乳食など、幅広い料理に使用できます。また、本体重量が500gと軽量で、手軽に扱えるのも魅力です。

専用カップとぬるま湯、中性洗剤で簡単にお手入れができるのもポイント。衛生的に使い続けられます。価格が安く、コストパフォーマンスに優れているため、初めてハンドブレンダーを購入する方にもおすすめのアイテムです。

バーミックス(bamix) M300 スマートセット

力強いモーターでパワフルに調理を進められるハンドブレンダー。毎分17500回転の高速運転と13000回転の低速運転を、用途に応じて切り替えながら使い分けられるのが特徴です。抵抗力の強い仕事もスムーズに行えます。

ミンサー・ウィスク・ビーターの3種類のアタッチメントを使用可能。主に潰す・すりおろす・潰し混ぜる・液状の材料を混ぜ合わせる・泡立てるの5通りの方法で使えます。離乳食やお菓子などを作りたい場合にも便利です。

簡単操作で扱いやすいのも魅力。指でオン・オフを切り替えて、片手で持って操作できます。直接容器の中に差し込んで使えるスリムボディで、いつでも手軽に使えるおすすめの製品です。

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェック

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ハンドブレンダーで作れるおすすめ人気レシピ

スムージー

By: panasonic.jp

野菜や果物を手軽に摂取できるスムージーは、食材を絞ったりつぶしたりする必要があります。ハンドブレンダーでは、この工程を含んだ調理が可能です。好きな食材を大きめにカットし、ブレンダーの「つぶす」機能を使うだけ。食材を絞ったり、つぶしたりする手間が省けるので、非常に便利です。

モデルによっては氷も同時に粉砕できるモノもあるため、冷たいスムージーも簡単。ただし、すべてのモデルで氷を砕けるわけではないので、機能をしっかりチェックしておきましょう。

ポタージュ

By: panasonic.jp

ポタージュは、野菜をつぶし丁寧に裏ごしして作るのが一般的。単品としてだけでなく、グラタンやドリアなど、アレンジが利くメニューとしても知られています。

やや手間のかかりそうなポタージュも、ハンドブレンダーで食材をつぶせば、後は裏ごしするだけで手軽に完成。本格的なポタージュを簡単に作りたい方にも、ハンドブレンダーはおすすめです。

マッシュポテト

By: idea-onlineshop.jp

マッシュポテトを作る際、蒸したじゃがいもをなめらかになるまでつぶすのは少々面倒。ハンドブレンダーを使えば、手に力を加えずにじゃがいもを簡単につぶせるうえ、調理時間の短縮にも繋がります。

使い方は、蒸したじゃがいもを調理容器に入れてハンドブレンダーをゆっくり上下に動かすだけ。一見手間のかかりそうなメニューも、ハンドブレンダーで簡単に調理できます。

離乳食

By: panasonic.jp

赤ちゃんが乳離れをしてから訪れる離乳食期には、硬いモノが食べられない赤ちゃんのために食材をよくすりつぶさなければなりません。ハンドブレンダーでは、食材を簡単に「きざむ」「つぶす」機能が搭載されているモデルが多数。育児の合間にもスムーズにでき、離乳食作りの時間を短縮できます。

一度に食べさせる量は少ないとはいえ、何種類も作ったり、大量に作ったりする際には労力が必要。ハンドブレンダーがあれば、食材を自力でペースト状になるまですりつぶす必要がないのでおすすめです。