固定して使うフードプロセッサーとは違い、手に持って食材を切りきざめる「ハンドブレンダー」。鍋の中に入れて直接食材をかき混ぜたり、カップに少量の食材を投入して下ごしらえをしたりと、便利な使い方ができます。

しかし、ハンドブレンダーとひと言でいっても、リーズナブルな価格のモノから高級品までラインナップはさまざま。そこで今回は、ハンドブレンダーの基礎知識とおすすめハンドブレンダーをご紹介します。

ハンドブレンダーとは?

By: idea-onlineshop.jp

ハンドブレンダーとは、ミキサーやフードプロセッサーと同様、野菜をきざんだり食材をつぶしたりできる機械のこと。使える機能としては同じですが、ハンドブレンダーは手に持って使用できるため、ちょっとした調理にも使えるのが魅力です。

例えば、鍋の中にハンドブレンダーを入れて、食材をかき混ぜるというような使い方ができるのがポイント。また、使用後のお手入れも簡単で、離乳食など少量の食材を調理する場合に使いやすく、コンパクトに収納できるなどメリットも豊富です。

ただし、大量の食材を調理する場合、「きざむ」機能はフードプロセッサーに劣るほか、「つぶす」機能がミキサーに比べて弱いなど、一部デメリットもあります。これらの機能が使えないわけではないので、用途がはっきりしない場合はオールラウンドで使えるハンドブレンダーを選ぶのがおすすめです。

ハンドブレンダーができること

By: braunhousehold.com

ハンドブレンダーでは、ほぼすべての機種で「つぶす」と「まぜる」の機能が搭載されています。これらはブレンダー機能の基本なので、低価格のモデルでも使用できる機能です。

つぶす機能を用いると、離乳食やポタージュスープなど、固形の食材を液状にすることも可能。まぜる機能は、オリジナルドレッシングを作ったり、生ジュースを作ったりするのに役立ちます。

少し高価なモデルでは、より多くの機能を実現するためにチョッパーが付属しているモノが一般的。チョッパーで何ができるかは製品ごとに異なりますが、一例として、スライス・せん切り・こねる・おろすなどの機能が搭載されています。フードプロセッサーやミキサーと同様の作業が、実用的なレベルで使えるので便利です。

なかには、泡立て器が付属しているモデルもあります。キッチンの収納スペースを考慮しながら、製品を購入しましょう。

ハンドブレンダーの選び方

ブレードの素材をチェック

By: amazon.co.jp

高性能モデルになると、刃の数を増やしたり角度を微妙にずらしたりして、仕上がりの質を高めているモノもあります。各メーカーの販売サイトの情報をよく読み、どのような特性があるのかを確認しましょう。

また、一部のリーズナブルなモデルでは、ハンドブレンダーの先端部分に、金属ではなくプラスチックが使われているモデルもあります。このようなモデルは、熱い鍋に直接入れられないことに注意してください。

コードの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーのなかには、コードレスで使用できる充電式のモデルも存在。このような製品を購入すれば、近くのコンセントが埋まっている状況でも、便利に活用できます。フル充電時の最大稼働時間を確認して、用途に合っているかを見極めてください。

アタッチメントの種類をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、機能性を上げるためのアタッチメントが付属しているのが一般的。安価なモデル以外なら、「きざむ」機能が使えるチョッパーが付属しているモデルもあります。

さらに、上位機種ではチョッパー内部の刃を交換して、おろす・細切り・うす切りなどの機能を追加したモデルもあり、さらに調理の幅が広がります。ほかにも、お菓子作りで大活躍する泡立て器が付属するモノもあるので、用途に合わせて選びましょう。

W(ワット)数は200W以上がおすすめ

By: braunhousehold.com

食材によっては、皮や種が付いている場合もありますが、それらの食材をうまく粉砕できるかどうかに関わるのがW数です。基本的にはW数が大きければ大きいほど、ハイパワーと考えておきましょう。

W数が高いと口当たりのよいスープやスムージーなどを簡単に作れます。ただし、W数の高さに応じて価格もあがる傾向があるため、予算と相談しながら選んでください。200W以上のモデルであれば普段使いには十分です。

一度にたくさん作りたいときは連続稼働時間に注目

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、過負荷や温度上昇を避けるために運転時間が決まっています。連続稼働時間が長いほうが便利ですが、パワー次第ではそれほどの稼働時間を必要としない場合もあるため、W数と連続稼働時間のバランスが重要です。

ハンドブレンダーは、基本的に長時間連続使用することを想定して作られているため、1〜2分程度稼働するモデルがほとんどです。

使用目的に合ったモノを選ぶ

ハンドブレンダーをどのような目的で購入するかもポイントです。ハンドブレンダーを購入するきっかけに多いのが赤ちゃんにとって必須の離乳食。離乳食を作るためにハンドブレンダーを購入したという方は多い傾向にあります。

普段はあまり凝った料理はせず、離乳食作りが主な目的であればあまり多くの機能は必要としないため、シンプルなモデルがおすすめ。リーズナブルで手軽に使えるモデルを購入するようにしましょう。

反対にスープにドレッシング、ケーキやおやつにと、たくさん使う予定がある方は、アタッチメントの多いタイプがおすすめです。ハンドブレンダーはアタッチメントの種類を変えるだけで何種類の行程も行えるため、自分の使用目的にあったアタッチメントが付いたモデルを選ぶようにしましょう。

ハンドブレンダーのおすすめメーカー

ブラウン(Braun)

By: amazon.co.jp

ブラウンは、ハンドブレンダーの世界で多くのシェアを持つドイツの電気機器メーカー。リーズナブルな価格のモデルから高級モデルまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

21段階の細かいスピード調整ができるタイプや、握る力を変えるだけで直感的にスピード調整ができるタイプもあり、ハンドブレンダーの利便性を追求しているのが特徴。性能を重視している方はブラウンのハンドブレンダーがおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカー。ハンドブレンダーでは、ロック解除ボタンと運転ボタンを同時に押す必要がある「2アクションスイッチ」や誤作動を防止する「チャイルドロック」を装備するなど、安全性に配慮したモデルを販売しています。

また、ロック解除ボタンを親指で押しながら、引き金をひくように人差し指で運転ボタンを押すモデルがあるのが特徴的。ハンドブレンダーを握る手に力が入りやすい形状です。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカの電気調理機器メーカー。長年フードプロセッサーを販売してきた実績のある企業です。ハンドブレンダーは、価格1万円程度までの購入しやすいモデルを取り揃えているのが特徴。重量約250gの女性向けモデルから、1台7役の多機能モデルまで、製品のバリエーションも豊富です。

ハンドブレンダーのおすすめ人気モデル

ブラウン(Braun) マルチクイック ハンドブレンダー MQ535

ブラウン(Braun) マルチクイック ハンドブレンダー MQ535

軽くて持ちやすく、誰でも手軽に扱える1台4役のスタンダードモデルです。ブレンダー・チョッパー・泡立器を1本に集約した製品で、普段よく使用する「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」を簡単に使いこなせます。

ステンレス製ブレードをそれぞれ逆方向に設置することで、混ぜ方を統一。さらに、独自のベル型シャフトにすることで食材の詰まりや偏りをなくし、よりきめ細やかで滑らかな状態に仕上げられます。ほかにも、操作がしやすく大きいスピード調整機能ボタンを搭載しており、片手でスピードの調整が可能。調理を中断することなく、好みの仕上がりに近づけます。

アタッチメントは食器洗い機で洗えるため、毎日のお手入れも簡単。握りやすく疲れにくい全面ソフトグリップを採用しているため、ハイパワーでの使用時も滑らず快適に扱えます。アタッチメントの付け替えもボタン1つでできるため、初めての方でも安心して使えるモデルです。

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

握る力を変えるだけでスピード調整ができるブラウンのハイパワーモデル。世界3大デザイン賞の1つであるiFデザイン賞を受賞した、デザイン性に優れた製品です。

世界初のアクティブブレードテクノロジーを搭載しており、シャフトが上下に伸縮することで、固い食材もあっという間に撹拌。コーヒー豆やエビの殻などの硬い食材も簡単に粉けるため、料理の幅が広がります。

ベル型シャフトをミルブレードにすることで、撹拌範囲を従来のモデルから約16%も拡大。刃の中心に溜まりがちな食材も逃がさず混ぜて、より均一で滑らかな状態に仕上げられます。

ハンドブレンダーの命ともいえるモーターは、ドイツ品質の500Wのハイパワー設計を採用。業界初のスマートスピードテクノロジーによって、本体を握る力を変えるだけでスピード調整ができ、自分の手の感覚で食感を決められます。固いものから柔らかいものまで、料理の仕上がりにこだわりたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

チャイルドロックと2アクションスイッチを搭載した安心・安全に考慮したモデル。本体重量約780gと軽量コンパクトにもかかわらず、「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」の基本動作をこなせます。離乳食作りやスープ作りなど、シンプルな機能を求める方におすすめです。

独自の4枚刃で切削性能を向上。食材を捕えやすいフィニッシュブレードと、食材を切削して撹拌するサブシャープブレードでまんべんなく混ぜることで、滑らかな食感に仕上がります。

また、調理中の置き台にもなるカッターホルダーが付属しているため、調理中に手を離したい時でも困りません。ほかにも温度が上がりすぎた時や、固すぎる食材などを使用した時に自動停止するダブルモーター保護装置もついているなど、安心・安全性にこだわった製品です。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S101

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S101

「つぶす」「まぜる」の1台2役こなす、ハンドブレンダーの基本性能のみを搭載した使い勝手に優れたモデルです。

上位機種と同様の新4枚刃ブレンドカッターで、食材をムラなく滑らかな状態に仕上げます。安全性と操作性を両立した安心のチャイルドロック&2アクションスイッチも採用。使わない時や、アタッチメントの取り付け取り外し時の誤作動を防いでくれます。

ステンレス製のブレンダーカッターで、加熱後の鍋やボウルの中でも直接調理ができるため時短料理に繋がります。手軽にハンドブレンダーを使ってみたい方におすすめです。

クイジナート(Cuisinart) スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

クイジナート(Cuisinart) スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

フードプロセッサーにも劣らない多機能タイプのハンドブレンダー。「こねる」「つぶす」「まぜる」「切る」「きざむ」「泡立てる」「おろす」の1台7役をこなします。1台7役をこなしながらも本体サイズは、幅139×奥行153×高さ370mmとコンパクト設計なところもポイントです。

ピザやパンの生地を作ったり、サラダの野菜を切ったりできるなど、使用方法は多岐に渡ります。人気のおろし機能では時間や手間のかかる大根おろしがボタン1つであっという間に完了。野菜のスライスには便利なリバーシブルディスクを採用しているため、薄切りと細切りを簡単に使い分けられます。

本体には誤作動防止2段スイッチがついているので、ロックボタンを押しながらでないとスイッチが押せない構造。安全性にこだわりたい方にもおすすめできます。キッチンで便利な機能が勢ぞろいした製品です。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト ハンドブレンダー HB-200WJ

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト ハンドブレンダー HB-200WJ

軽量と速さにこだわり、ブレンダー機能のみに特化したシンプルで使いやすい製品です。専用の計量カップに食材を入れて混ぜるだけでスムージーやジュース、スープや離乳食が簡単に作れます。

本体重量約250gと軽く、設置場所を取らないところも魅力。ブレンダーブレードの回転数は約1万6000回まであがるため、「つぶす」「まぜる」の基本機能に十分なパワーがあります。

使用方法も簡単で、オンオフのスイッチを押すだけの楽々操作。ダイヤル式のスピード調節を採用しており、低速から高速まで思い通りのスピードで調理が行えます。

テスコム(TESCOM) PureNatura スティックブレンダー THM430

テスコム(TESCOM) PureNatura スティックブレンダー THM430

日本女性の手にしっかりフィットする握り幅4cmの極細ボディを採用した製品です。本体重量も580gと軽量タイプ。細くて軽いため腕が疲れることなく、毎日気軽に使用できます。

料理の基本動作である「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」の4つのアタッチメントを搭載。チョッパーボトルを使用すれば面倒なみじん切りや、ミンチ作りも簡単に行えます。

電源ボタンのすぐそばに、低速から高速まで無段階で調節できるスピード調節レバーが付属しているため、片手で簡単に操作可能。アタッチメント部分は食器洗い機にも対応しているため、使った後のお手入れも簡単です。

材料を入れすぎたりモーターに負荷がかかり過ぎたりした時には、モーター保護装置が働き自動で電源が止まるなど、安全性にもこだわった製品です。

テスコム(TESCOM) PureNatura スティックブレンダー THM311

テスコム(TESCOM) PureNatura スティックブレンダー THM311

リーズナブルで使い勝手のいいハンドブレンダー。「つぶす」「まぜる」の1台2役で、離乳食作りなど初めてのハンドブレンダーを探している方におすすめの製品です。

価格を抑えながらも熱に強い金属製の素材を採用しているため、鍋に直接入れることが可能。熱湯消毒もできるので、離乳食の衛生管理にこだわりたい方でも安心です。

潰したい食材の分量を計りながらブレンドできる専用のブレンドカップも付属しており、使用後はそのまま冷蔵庫で保存もできます。連続使用時間は1分あるため、シンプルながら使い勝手は良好です。

デロンギ(DeLonghi) トライブレードプレミアムセットハンドブレンダー DHB721-RN

デロンギ(DeLonghi) トライブレードプレミアムセットハンドブレンダー DHB721-RN

多彩なアタッチメントが人気のハンドブレンダー。「つぶす」「まぜる」「泡立てる」「きざむ」「おろす」「押しつぶす」の1台6役と、750mlという大きな容量も魅力の製品です。

ブレンダー本体にはデロンギ独自の3枚刃構造を採用。刃の角度がそれぞれ異なるため、あらゆる角度から食材を効率的になおかつ滑らかに刻むことが可能です。さらに独自の6つの突起がついたフット形状により、食材の回流がスムーズになることで、飛び散りを防止します。

濡れた手や片手でも滑りにくいラバー素材で、スイッチもボタンを押すだけの簡単操作。スピードは6段階から調節できるため、自分好みの食感が作り出せます。

ツインバード工業(TWINBIRD) チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4833W

ツインバード工業(TWINBIRD) チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4833W

連続使用時間1分30秒の長時間駆動タイプのハンドブレンダー。「つぶす」「まぜる」「ねる」「きざむ」の1台4役で毎日のお料理の下ごしらえを簡単にしてくれます。

本体の刃は色やニオイがうつりにくいステンレス製で、スピードは2段階に切り替え可能。負荷がかかり過ぎた時には自動で停止するモーター保護装置を搭載しているため、安全性も抜群です。

毎日の使いやすさも重視しており、アタッチメントの取り外しが簡単。ボタン式の着脱構造を採用しているため、ボタン1つでアタッチメントを交換できます。専用の計量カップや計量カップ用のフタが付属しているため、食材をそのまま保存できる点も魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー HBL-200

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー HBL-200

キッチンのちょっとしたスペースにすっきり収納できる、専用の収納スタンド付きのハンドブレンダーです。「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」の4つの機能が1台で行えます。

本体上部のレバーを左右に動かすことで自由にスピード調整が可能。アタッチメントの付け替えは、ボタンを押すだけで簡単に行えます。

付属のカップは目盛り付きで、細かい分量調整が必要な方にも最適。チョッパーやカップのフタはシリコン製で、滑り止めとしても使用できます。調理したものをそのまま冷蔵庫で保存することもできるため、お料理の下ごしらえにもおすすめです。

XProject ハンドブレンダー HB-2075

XProject ハンドブレンダー HB-2075

氷も撹拌できる800Wにフルパワータイプのハンドブレンダー。連続使用時間2分まで耐えられる低騒音モーターを搭載しており、パワフル・スピーディーに調理が可能です。

独自形状の4枚刃が食材をしっかり捕えて細かく切刻。ブレンダーが円型になっているため、食材が飛び散りません。ダイヤル目盛りによってスピードが変化する6段階スピード調整機能がついており、ターボ機能を使用すれば固い食材もしっかり撹拌できます。

ブレンダー部分は金属製のため、熱湯消毒できてニオイや色うつりしません。鍋に直接入れて使うこともできるためスープなど、熱い料理の調理も簡単です。

アタッチメントは食器洗い機での洗浄はできませんが、計量カップに中性洗剤を入れて運転させると簡単に汚れが落ちるためお手入れも簡単。収納スタンド付きのため、キッチンのちょっとした隙間にコンパクトに収納できる製品です。

バーミックス(bamix) M300 コンプリートセット

バーミックス(bamix) M300 コンプリートセット

モーターから部品までスイスの自社工場で製造した最高品質のハンドブレンダー。最速1万7500回転と、低速1万3000回転の2段階切り替えができて、連続使用時間5分のハイパワーモデルです。

手の延長のように使えるハンドル形状で、潰し加減を自在に調節できて自分好みの食感に仕上げられます。ガードカバーやシャフトは金属製で、鍋の中で直接使用することが可能。熱湯消毒もできるため、離乳食にも安心して使えます。

コンプリートセットには、バーミックス本体にセットして使える「バーミックス・スライシー」が付属。野菜のみじん切りやひき肉、魚介のすり身などにも活用できます。ディスクセットを使用すれば、野菜の細切りやスライスもできるため、とことん料理にこだわりたい方におすすめです。

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。