固定して使うフードプロセッサーとは異なり、手に持って食材をきざんだり混ぜたりできる「ハンドブレンダー」。鍋の中で直接食材をかき混ぜたり、カップに少量の食材を入れて下ごしらえをしたりと、幅広い用途に使えます。

ハンドブレンダーはリーズナブルな価格のモノから高価なモノまで、ラインナップはさまざま。そこで今回は、ハンドブレンダーの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

ハンドブレンダーとは?

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーとは、食材をきざんだりつぶしたりできる機械のこと。機能としてはミキサーやフードプロセッサーと同じですが、ハンドブレンダーは鍋などの中に入れて使えるため、ちょっとした調理にも効率よく使えるのがポイントです。

離乳食など、少量の食材を調理する場合にも使いやすく、お手入れも簡単。また、コンパクトに収納できる点もメリットです。なお、大量の食材を調理する場合、「きざむ」機能がフードプロセッサーに劣るほか、「つぶす」機能がミキサーに比べて弱いというデメリットもあるので留意しておきましょう。

ハンドブレンダーでできること

ハンドブレンダーには、ほぼすべての機種に「つぶす」「混ぜる」機能が搭載されています。つぶす機能は離乳食やポタージュスープなど、固形の食材を液状にすることが可能。混ぜる機能は、オリジナルドレッシングやお菓子作りに役立ちます。

少し高価なモデルは、より多くの機能を実現するアタッチメントを備えているのが一般的。アタッチメントでできることは製品ごとに異なりますが、一例として「スライス」「せん切り」「泡立てる」「こねる」「おろす」などの調理が可能です。

フードプロセッサーやミキサーと同様の作業ができるので便利。用途に合わせて必要な機能が搭載されているモノを選ぶようにしましょう。

ハンドブレンダーの選び方

ブレードの素材をチェック

By: amazon.co.jp

硬い食材にハンドブレンダーを使いたい場合は、ステンレス製のモノがおすすめ。傷や変形に強く、耐久性に優れています。また、鍋やフライパンに入れてそのまま使えるのも魅力です。

一部のリーズナブルなモデルでは、ハンドブレンダーのカードに金属ではなくプラスチックが使われていることもあります。プラスチック製のモノは熱に弱く、熱い鍋に直接入れられないので注意しておきましょう。

ブレードのスピード調節機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ブレードのスピード調節機能も要チェックです。スピードを細かくコントロールできるモデルを選べば、仕上がり具合を調節しやすいので便利。離乳食を作る場合、子供の成長に合わせて食感を変えることもできるので、幅広い用途に使用可能です。

スピードの調節方法は、スイッチ切り替え式やダイヤル回転式など製品によって異なります。特におすすめなのがスイッチ部を握る強さで調節できるタイプ。感覚的な操作でよりきめ細やかに調節できるため、簡単に自分好みの仕上がりを叶えられます。

アタッチメントの種類をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、機能性を上げるためのアタッチメントが付属しているのが一般的。安価なモデル以外なら、「きざむ」機能が使えるチョッパーが付属しているモデルもあります。

さらに、「おろす」「細切り」「うす切り」などに使える交換用替刃がセットになったモデルであれば、調理の幅がより広がるのでおすすめ。ほかにも、お菓子作りで大活躍する泡立て器が付属しているモノもあるので、用途に合わせて選んでみてください。

コードの長さをチェック

ハンドブレンダーを快適に活用するためには、コードの長さも忘れずにチェックしておきましょう。コードが長めのモデルなら、コンセント位置が多少離れていても、キッチンでの動きに制限がかかりにくく便利です。

なお、なかにはコードが付いていない充電式タイプも存在しています。充電式は電池が切れそうになるとパワーが落ちる点がネックですが、コードの絡まりや引っ掛かりを気にせずに使用したい方は検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは食材を扱う調理家電なので、メンテナンスのしやすさも重要なポイント。ラクにお手入れできるモデルなら衛生的に愛用できるうえ、ちょっとした下ごしらえでも気軽に使えます。

特に、食材と接するアタッチメント部分が取り外しやすく、丸洗いできるモデルがおすすめ。なかには食洗機での洗浄に対応しているモデルも存在し、より簡単に使用後のお手入れを行えます。ハンドブレンダーの使用頻度が高い方は、ぜひチェックしてみてください。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは鋭いブレードを搭載しているアイテムなので、安全性に配慮した設計のモデルを選ぶのがおすすめ。使用時やお手入れ時の誤操作による事故を予防できます。例えば、チャイルドロック機能を搭載したモデルなら、アタッチメントを付け替えるときや子供が誤って触ったときでもブレードが作動しないため安心です。

また、モーターの温度上昇や過負荷を検知し、運転を自動停止する機能を備えたモデルも存在します。特に小さな子供と一緒に料理を行う場合は、しっかりと安全機能が付いたモデルを選ぶようにしましょう。

ハンドブレンダーのおすすめメーカー

ブラウン(Braun)

By: braunhousehold.com

ブラウンは、世界で高いシェアを持つドイツの電気機器メーカー。ハンドブレンダーもリーズナブルなモノから高級なモノまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

同社のハンドブレンダーには、独自の飛び散り防止設計が施されているのもポイント。握る力を変えるだけで直感的にスピード調節ができる上位機種は、操作性に優れています。ハンドブレンダーの性能を重視している方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカー。ハンドブレンダーでは、ロック解除ボタンと運転ボタンを同時に押す必要がある「2アクションスイッチ」や、誤作動を防ぐ「チャイルドロック」など、安全性に配慮されたモデルを販売しています。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカの電気調理機器メーカー。長年フードプロセッサーを販売してきた実績のある企業です。ハンドブレンダーは、1万円程度の購入しやすいモデルを取り揃えているのが特徴。軽くて扱いやすいモデルから、1台7役の多機能モデルまで、製品のバリエーションも豊富です。

ハンドブレンダーのおすすめモデル

ブラウン(Braun) マルチクイック5 MQ500

1台2役のシンプルで使いやすいハンドブレンダーです。「つぶす」「混ぜる」ができるアタッチメントが付属しており、初心者でも手軽にスムージーやスープなどが作れます。

スピードは、「スピード調節ボタン」を使って2段階で調節可能。片手で手早く切り替えができるため、調理の妨げになりません。

また、ステンレス製のブレードがそれぞれ逆の方向に傾いていることで混ざり方が均一になり、食材がブレードに詰まりにくいのも特徴。さらに、400Wのハイパワーモーターと独自の「ベル型シャフト」で、刃の中心部に残りがちな食材までしっかりとかくはんします。

そのほか、手にフィットして持ちやすい「全面ソフトグリップ」や、食材の飛び散りを予防する「スプラッシュコントロールテクノロジー」も魅力。ブレンダーを初めて使う方や、お手入れしやすいモデルを探している方におすすめです。

ブラウン(Braun) マルチクイック7 ヴァリオ MQ778

1台で8役をこなす、汎用性が高いハンドブレンダーです。「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」「せん切り」「スライス」「こねる」「挽く」ができるので、毎日のおかず作りはもちろん、お菓子の生地作りなどにも役立ちます。

グリップは、強く握っても滑りにくいソフトグリップ仕様。ハイパワーで、安定してかくはんできるのが魅力です。また、「スパイスグラインダー」を使用すれば、挽きたてのコーヒー豆やスパイス作りなどが楽しめます。

握る力を変えるとスピードを自由に調節できる「スマートスピードテクノロジー」が採用されているのもポイント。ハンドブレンダーをマルチに使いこなしたい方におすすめのモデルです。

ブラウン(Braun) マルチクイック7 MQ735

握る力を変えるだけで、簡単にスピード調節ができるハンドブレンダーです。「スマートスピードテクノロジー」が搭載されており、自分の手の感覚でスピードを自在にコントロールできます。

付属のアタッチメントは、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」の4種類。みじん切りもできるので、料理の下ごしらえも手軽に完了します。また、「イージークリックシステム」で、アタッチメントの交換がワンタッチで行えるのポイント。アタッチメントは分解して食洗機で洗浄できるため、お手入れも簡単です。

なお、「チャイルドセーフティロック機能」で、誤操作からの事故を予防できるのもメリット。専用のレシピブックも付属しているので、あらゆるメニューを作ってみたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S102

「4枚刃ブレンダーカッター」が搭載されたハンドブレンダーです。「サブブレ―ド」でかき混ぜながら、「ストレートブレード」で食材の繊維質を細かくカットしてかくはんします。ブレードは熱に強い仕様のため、加熱後の鍋などに直接入れて調理も可能です。

安全面では、ロック解除ボタンを押している間のみ運転ボタンを入れられる「ダブルアクションスイッチ」を採用。加えて、材料の入れすぎや負荷がかかりすぎた際に、モーターの温度上昇を検知して自動停止する「モーター保護装置」を搭載しており、誤作動によるケガを防ぎます。

「混ぜる」「つぶす」の基本的な2役を、シンプルに使いこなしたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

食材をムラなくなめらかに仕上げるハンドブレンダーです。独自形状の「新4枚刃ブレンダーカッター」が採用されており、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」のシンプルな機能が手軽に使えます。

「チョッパーアタッチメント」が備わっているため、野菜などの食材を均一に細かくカット。下ごしらえが苦手な方でも、簡単にみじん切りができます。

さらに、運転の切り替えが手軽なうえに、運転の誤作動を防ぐ「チャイルドロック」「2アクションスイッチ」が搭載されているのも魅力。小さな子供がいる家庭でも、安心して使えます。

離乳食やお菓子作りなど、幅広く使えるハンドブレンダーです。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500

1台3役の多機能なハンドブレンダーです。「つぶす」「混ぜる」「切る」「きざむ」「泡立てる」ができ、あらゆるメニューに活用できます。

従来品と比較して、ブレンダーは約1.6倍、チョッパーは約2.3倍回転数がアップ。それぞれの機能でスピーディーに調理でき時短にもなるため、忙しい時間にも便利です。

また、付属のビーターを使用すれば、生クリームは200mlを約30秒で8分立てに。専用カップも付いており、料理からスイーツ作りまで幅広く使えます。

また、電源コードが約1.2mと長めなので、省スペースでも取り回しがしやすいのもポイント。使いやすさにこだわりたい方におすすめのモデルです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスハンディブレンダー MSM6A60JP

コードレスタイプで、さまざまな場所で使えるハンドブレンダー。ブレンダーを装着した状態でも重量約640gと軽量なほか、人間工学に基づいた疲れにくいデザインなので、使いやすいのも特徴です。

また、氷も砕けるハイパワーなので、フローズンデザート作りなどにもぴったり。ブレンダーの先端はドーム状になっているので、液体の材料を混ぜ合わせる際も飛び散りを防げます。スマートにハンドブレンダーを使いたい方におすすめのモデルです。

ティファール(T-fal) ハンドブレンダー ベビーマルチ HB65H8JP

離乳食作り用のアタッチメントが付属しているハンドブレンダーです。食材を50ml程度の少量からかくはんできるので、離乳食の初期から完了期まで活用可能。離乳食のレシピブックも付属しているため、初めて離乳食を作る方にもおすすめです。

アタッチメントはほかに「つぶす」と「混ぜる」の標準ブレードや「切る」と「きざむ」のチョッパー、「泡立てる」ホイッパーが付属。スピード調節はダイヤル回転式で、瞬時に高速回転へ切り替えるターボボタンも搭載しています。離乳食作りのためにハンドブレンダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

▼少量でも使いやすい離乳食ハンドブレンダー!ティファール(T-fal)のベビーマルチ

ティファール(T-fal) インフィニーフォース HB863GJP

パワフルかつスピーディーなハンドブレンダー。4枚刃構造の「アクティブフローテクノロジー」が搭載されており、食材をしっかりキャッチしながら効率よく調理が可能です。

スピード調節は、20段階+ターボの全21段階。スープ作りやソース作りなど、指先だけで食材とメニューに合わせた速さに調節できます。

また、付属のアタッチメントは3種類で、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「ミンチ」「泡立てる」が可能。毎日の料理はもちろん、離乳食や幼児食作りにも便利です。

なお、アタッチメントはひねるだけで手軽に取り外せるので、お手入れも簡単。静音性にも優れているため、夜間に料理の下ごしらえをしたい方にもおすすめのモデルです。

ブルーノ(BRUNO) マルチスティックブレンダー BOE034

おしゃれでスタイリッシュなハンドブレンダーです。カラーバリエーションが豊富で、キッチンに置いてあるだけで華やかさを演出します。「混ぜる」「つぶす」「きざむ」「砕く」「泡立てる」の5つができ、幅広い調理が効率よく行えます。

また、チョッパーにはチタンコートの刃が採用されており、連続稼働3分で氷を砕くことも可能。ハイパワーながら、本体サイズは約幅63×奥行68×高さ365mmとコンパクト設計なので、収納にも場所を取りません。

お手入れ用のブラシが付いてくるので、メンテナンスも簡単に行えます。自宅用としてはもちろん、プレゼント用としてもぴったりのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー HBL-200

機能性が充実していながら、リーズナブルなハンドブレンダーです。「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」の4役ができ、肉類や野菜のみじん切りはもちろん、ホイップクリームや離乳食など、手のかかる料理も時短で作れます。

また、鍋やボウルに直接入れられるので、よりスピーディーな調理が可能。調理器具を洗う手間も省けます。各アタッチメントはボタンを押すだけで取り付けができ、スムーズに調理に取りかかかれるのも魅力です。

なお、回転スピードは、スピード調節レバーをスライドさせるだけで動作中でも調節が可能。チョッパーの刃は簡単に取り外して細部まで洗えるので、衛生面も安心です。

電源コードは約1.5mと、使いやすいのも魅力。スマートにハンドブレンダーを使いたい方におすすめのモデルです。

テスコム(TESCOM) コードレス スティックブレンダー THMX600

コードレスタイプのハンドブレンダーです。キッチンだけでなくリビングなどでも使用できるので、小さな子供の様子を見ながら調理したいときにも重宝します。本製品は、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」「おろす」の5役をこなせるのも魅力です。「おろす」機能では、粗目と細か目の刃を選べるので、自分好みの食感を楽しめます。

本体側面には、転がりを防ぐ脚が付いているのが特徴。また、ブレンダーがテーブルに触れない仕様なので、調理中に横に置きたい際にも便利です。さらに、材料を入れすぎた場合などに過負荷を検知すると、動作が止まる保護装置が搭載されています。

そのほか、メインスイッチとロック解除スイッチを分けることで、誤って動作するのを防ぐのも嬉しいポイントです。充実した機能と安全性を兼ね備えるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ハンドブレンダーで作れるおすすめ人気レシピ

スムージー

By: panasonic.jp

野菜や果物を手軽に摂取できるスムージーは、通常、食材を絞ったりつぶしたりする必要があります。ハンドブレンダーでは、この工程を含んだ調理が可能です。好きな食材を大きめにカットし、ブレンダーの「つぶす」機能を使うだけ。食材を絞ったり、つぶしたりする手間が省けるので、非常に便利です。

モデルによっては氷も同時に粉砕できるモノもあるので、冷たいスムージーも簡単。ただし、すべてのモデルで氷を砕けるわけではないので、機能をしっかりチェックしておきましょう。

ポタージュ

By: panasonic.jp

ポタージュは、野菜をつぶし丁寧に裏ごしして作るのが一般的。単品としてだけでなく、グラタンやドリアなど、アレンジが利くメニューとしても知られています。

やや手間のかかりそうなポタージュも、ハンドブレンダーで食材をつぶせば、あとは裏ごしするだけで手軽に完成。本格的なポタージュを簡単に作りたい方にも、ハンドブレンダーはおすすめです。

マッシュポテト

By: amazon.co.jp

マッシュポテトを作る際、蒸したじゃがいもをなめらかになるまでつぶすのは少々面倒。ハンドブレンダーを使えば、手に力を加えずにじゃがいもを簡単につぶせるうえ、調理時間の短縮にも繋がります。

使い方は、蒸したじゃがいもを調理容器に入れてハンドブレンダーをゆっくり上下に動かすだけ。一見手間のかかりそうなメニューも、ハンドブレンダーで簡単に調理できるのです。

離乳食

By: panasonic.jp

赤ちゃんが乳離れをしてから訪れる離乳食期には、硬いモノが食べられない赤ちゃんのために食材をよくすりつぶさなければなりません。ハンドブレンダーでは、食材を簡単に「きざむ」「つぶす」機能が搭載されているモデルが多数。育児の合間にもスムーズにでき、離乳食作りの時間を短縮できます。

一度に食べさせる量は少ないとはいえ、何種類も作ったり、大量に作ったりする際には労力が必要になります。ハンドブレンダーがあれば、食材を自力でペースト状になるまですりつぶす必要がないのでおすすめです。