固定して使うフードプロセッサーとは違い、手に持って食材を切りきざめるハンドブレンダー。鍋の中に入れて直接食材をかき混ぜたり、カップに少量の食材を投入して下ごしらえをしたりと、便利な使い方ができます。

しかし、ハンドブレンダーとひと言でいっても、リーズナブルな価格のモノから高級品までラインナップはさまざま。そこで今回は、ハンドブレンダーの基礎知識と、おすすめハンドブレンダーをご紹介します。

ハンドブレンダーとは?

By: idea-onlineshop.jp

ハンドブレンダーとは、ミキサーやフードプロセッサーと同様、野菜をきざんだり食材をつぶしたりできる機械のこと。使える機能としては同じですが、ハンドブレンダーは手に持って使えるため、機動性が優れています。

例えば、鍋の中にハンドブレンダーを入れて、食材をかき混ぜるというような使い方ができるのがポイント。また、使用後のお手入れも簡単で、離乳食など少量の食材を調理する場合に使いやすく、コンパクトに収納できるなど多くのメリットがあります。

一方、大量の食材を調理する場合、「きざむ」機能はフードプロセッサーに劣るほか、「つぶす」機能がミキサーに比べて貧弱になるなど、一部デメリットも。ただし、これらの機能が使えないわけではないので、用途がはっきりしないならオールラウンドで使えるハンドブレンダーがおすすめです。

ハンドブレンダーができること

By: braunhousehold.com

ハンドブレンダーでは、ほぼすべての機種で「つぶす」と「まぜる」の機能が搭載。これは、ブレンダー機能の基本なので、低価格のモデルでも使用できる機能です。

つぶす機能を用いると、離乳食やポタージュスープなど、固形の食材を液状にすることも可能。まぜる機能は、オリジナルドレッシングを作ったり、生ジュースを作ったりするのに役立ちます。

少し高価なモデルでは、より多くの機能を実現するためにチョッパーが付属しているモノが一般的。チョッパーで何ができるかは製品ごとに異なりますが、一例として、スライス・せん切り・こねる・おろすなどの機能が搭載されています。チョッパーがあれば、フードプロセッサーやミキサーと同様の作業が、実用的なレベルで使えるので便利です。

ほかに、泡立て器が付属しているモデルもあり、お菓子作りでホイップクリームが必要になったとき、専用の泡立て器がなくてもハンドブレンダーで事足ります。使用する機会があるなら、キッチンの収納スペースのことを考えて、多くのアタッチメントが付属した製品を購入しましょう。

ハンドブレンダーの選び方

ハンドブレンダーの目的をチェック

離乳食

赤ちゃんにとって必須の離乳食も、ハンドブレンダーがあれば簡単に作れます。ハンドブレンダーの「つぶす」機能を用いて作れるため、リーズナブルなモデルでも調理可能。計量目盛り付きのカップも付属しているモデルであれば、細かい分量調整をしながら作業できます。

スムージー

By: idea-onlineshop.jp

スムージー作りも、ハンドブレンダーの基本機能である「つぶす・まぜる」で調理可能。コップ一杯分を手軽に作ってその場で飲めるのは、ハンドブレンダーの利点です。後片付けも簡単なので、スムージーを楽しむ敷居が下がります。

なお、ミキサーと比較すると、どうしてもパワーが劣ってしまうのがデメリット。スムージー作りに活用したい場合、できるだけハイパワーモデルなモデルの方が使い勝手は良好です。食材の固い皮や種をあらかじめ取り除いておくと、さらに作りやすくなります。

お菓子作り

By: amazon.co.jp

ケーキなどのお菓子作りに重要なホイップクリームも、ハンドブレンダーがあれば完成させられます。泡立て器のアタッチメントが付属しているモデルを購入すれば、専用の泡立て器とほぼ同等の機能で使用可能。ホイップクリームやメレンゲを活用する機会が多い方に最適です。

料理の下ごしらえ

By: amazon.co.jp

玉ねぎのみじん切り・挽肉作り・野菜のうす切りなど、時間のかかる料理の下ごしらえでもハンドブレンダーならラクラク。チョッパーが付属しているモデルであれば、ハンバーグの前準備やサラダ用野菜を用意するのに役立ちます。

性能

By: braunhousehold.com

ハンドブレンダーで重要なポイントは、W(ワット)数。基本的にはW数が大きければ大きいほど、ハイパワーだと考えてください。食材によっては、皮や種が付いている場合もありますが、それらの食材をうまく粉砕できるかどうかに関わるのがW数です。

2つめのポイントは、連続稼働時間。ハンドブレンダーは、過負荷や温度上昇を避けるために、運転時間が決まっています。連続稼働時間は長いほうが使い勝手もよいですが、パワー次第ではそれほどの稼働時間を必要としない場合もあり、W数と連続稼働時間のバランスが重要です。

3つめのポイントは、刃の形状。高性能モデルになると、刃の数を増やしたり角度を微妙にずらしたりして、仕上がりの質を高めているモノもあります。各メーカーの販売サイトの情報をよく読み、どのような特性があるのかを確認しましょう。

また、一部のリーズナブルなモデルでは、ハンドブレンダーの先端部分に、金属ではなくプラスチックが使われているモデルもあります。このようなモデルは、熱い鍋に直接入れられないことに注意してください。

コードの有無

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーの中には、コードレスで使用できる充電式のモデルも存在。このような製品を購入すれば、近くのコンセントが埋まっている状況でも、便利に活用できます。フル充電時の最大稼働時間を確認して、用途に合っているかを見極めてください。

アタッチメントの種類

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、機能性を上げるためのアタッチメントが付属しているのが一般的。安価なモデル以外なら、「きざむ」機能が使えるチョッパーが付属しているモデルもあります。

さらに、上位機種ではチョッパー内部の刃を交換して、おろす・細切り・うす切りなどの機能を追加したモデルもあり、利便性が高いです。

ほかにも、忘れてはいけないのが泡立て器。お菓子作りで大活躍するアタッチメントなので、専用の泡立て器を購入するより泡立て器アタッチメントを付属したハンドブレンダーを購入するのがよいでしょう。

安全性に配慮されているか

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、ミキサーやフードプロセッサーのようにフタを閉じて使用するのではなく、ガードの下から刃に指が届く構造になっています。誤って動作してしまった場合、高速で回転する刃で大事故につながる可能性があるので注意が必要です。

少しでも不安があるなら、安全性に配慮されたモデルを購入するのがおすすめ。よくある安全装置に「ロック解除ボタン」があります。これは、ロック解除ボタンを押しながら運転ボタンを押さないと、刃が動作しない装置です。これなら、不意に運転ボタンに触れてしまったときでも安心できます。

また、小さなお子さんがいる家庭であれば「チャイルドロック」搭載のモデルがおすすめ。ロック解除ボタンとの2重ロックで危険を防止します。

ハンドブレンダーのおすすめメーカー

ブラウン(Braun)

By: amazon.co.jp

ブラウンは、ハンドブレンダーの世界で多くのシェアを持つドイツの電気機器メーカー。リーズナブルな価格のモデルから高級モデルまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

21段階の細かいスピード調整ができるタイプや、握る力を変えるだけで直感的にスピード調整ができるタイプもあり、ハンドブレンダーの利便性を追求しているのが特徴。購入後に失敗したくない方は、ブラウンのハンドブレンダーをおすすめします。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカー。ハンドブレンダーでは、ロック解除ボタンと運転ボタンを同時に押す必要がある「2アクションスイッチ」や誤作動を防止する「チャイルドロック」を装備するなど、安全性に配慮したモデルを販売しています。

また、ロック解除ボタンを親指で押しながら、引き金をひくように人差し指で運転ボタンを押すモデルがあるのが特徴的。ハンドブレンダーを握る手に力が入りやすい形状です。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカの電気調理機器メーカー。長年フードプロセッサーを販売してきた実績のある企業です。ハンドブレンダーは、価格1万円程度までの購入しやすいモデルを取り揃えているのが特徴。重量約250gの女性向けモデルから、1台7役の多機能モデルまで、用途が明確なハンドブレンダーを販売しています。

ハンドブレンダーのおすすめ人気モデル

テスコム(TESCOM) PureNatura スティックブレンダー THM311

リーズナブルな価格のハンドブレンダー。つぶす・まぜるの2役をこなせるため、はじめてハンドブレンダーの購入を考えている方におすすめです。価格は安くても、熱に強い金属製の素材を使用していて、鍋に直接入れられます。熱湯消毒なども簡単で、取り扱いもラクラクです。

さらに、使いやすい専用のブレンドカップも付属。つぶした素材をそのまま冷蔵庫で保存できるところもポイントです。

ツインバード工業(TWINBIRD) チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4833W

ボタン式の着脱構造を採用して、アタッチメントの取り外しを簡単にしたハンドブレンダー。連続使用時間も1分30秒と長時間駆動で、過負荷になったら即座に運転が停止する装置も備えているので安心して使用できます。

「きざむ」の動作が行えるチョッパーが付属。つぶす・ねる・まぜると合わせて1台で4役をこなせます。専用の計量カップや計量カップ用のフタが付属して、使い勝手を向上。本体は、色やニオイが移りにくいステンレス製で、長期間使用したい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー HBL-200

本体上部のレバーを左右に動かして直感的にスピード調整ができるハンドブレンダー。収納ホルダーが付属していて、パーツをコンパクトまとめて収納できるのでおすすめです。

泡立て器とチョッパーが付属しているので、つぶす・まぜる・きざむ・泡立てるの4役をこなせる設計。アタッチメントの付け替えは、ボタンを押すだけで簡単に行えます。

付属のカップは目盛り付きで、細かい分量調整が必要な方にも最適。チョッパーやカップのフタはシリコン製で、滑り止めとしても有効です。

ブラウン(Braun) マルチクイック ハンドブレンダー MQ5075

21段階の細かいスピード調整に対応したハンドブレンダー。本体上部のダイヤルを回すだけで、自由自在にスピードを調整できます。食材をパワフルに粉砕できるターボスイッチを搭載しているのもおすすめです。

本製品に付属しているチョッパーは、スライス・せん切り・こねるなどの調理が可能。容量も1.5Lと大容量で、一度に大量の食材を下ごしらえできます。

回転刃カバーは、飛び散りを防止する独自の設計を採用。使用後も専用計量カップに洗剤とぬるま湯を入れて、10~20秒ほどスイッチを押せば洗浄完了です。

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

握る力を変えるだけでスピード調整ができるハンドブレンダー。より直感的な操作が可能です。シャフトが上下に伸縮するテクノロジーを採用して、食材を効率的に撹拌できます。500Wのハイパワーモデルで、コーヒー豆からエビの殻まで固い食材でもあっという間に粉砕できます。

さらに、独自のベル型シャフトにミルブレードを搭載して、撹拌範囲を従来のモデルから約16%も拡大。刃の中心に溜まりがちな食材も撹拌できる構造で、均一に仕上げられるところもおすすめです。

ドリテック(DRETEC) ハンドブレンダー HM-803

シンプルな形状のハンドブレンダー。ボタンを押している間のみ動作する設計で、操作も簡単です。つぶす・まぜるの2役をこなせる仕様。先端部分が金属ではないため、スムージーや離乳食を作りたい方におすすめです。

低価格ながら、最大容量700mlの専用カップを付属。底にゴムがついていて、滑りにくくなっているところも特徴です。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

チャイルドロックと2アクションスイッチを搭載したハンドブレンダー。特に、ロック解除ボタンを押しながら運転スイッチを押す2アクションスイッチの安全性は高く、小さなお子さんがいる方にもおすすめです。

独自の4枚刃で切削性能を向上させたことにより、ムラがない滑らかな仕上がりがポイント。食材を切削して撹拌する刃・食材の飛び散りを抑える刃・食材を整える刃が別々になっていて、仕上がりの品質を高めます。

また、調理中や未使用時に使えるカッターホルダーを付属。温度上昇時や過負荷時に緊急停止する「ダブルモーター保護装置」を備えているので、安心して使用できます。

パナソニック(Panasonic) e-PRO ハンドブレンダー MX-SE501

高速・間欠・低速と3種類のモードを搭載したハンドブレンダー。特に、間欠モードはスイッチのON/OFFを自動で繰り返すため、食材の食感を細かく調整したいときに重宝します。

引き金をひくようなトリガーアクションで、手前のロック解除ボタンを親指で押しながら人差し指や中指で対角のトリガーを押すだけなので操作性も良好です。

さらに、30ものメニューが掲載されたレシピブックを付属。今までハンドブレンダーを使用した経験がない初心者の方でも購入しやすい1台です。

クイジナート(Cuisinart) スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

フードプロセッサーにも劣らない多機能ハンドブレンダー。生地こね・つぶす・まぜる・切る・刻む・泡立て・おろす・細切り・うす切りの作業が行えます。

特に、「おろし」はハンドブレンダーでは珍しい機能。チョッパーにおろしディスクを装着してスイッチを押すだけで、面倒な大根おろしなども簡単に作れます。2段スイッチを採用して、ロックボタンを押しながらでないと動作しない安全設計。誤動作が不安な方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) スマートブレンダー SKQ-G200

ダイヤル式で5段階に速度を調節できるハンドブレンダー。オーソドックスな形状ながら、本体上部につり下げ式のフックを備えていて、日常の利便性に配慮されています。おろし用のカッターはステンレス製で強度が高く、にんじんなどの固い食材でも簡単にすりおろせます。

本製品はお手入れのためのヘラつきブラシも付属。使用後にブレードに絡みついた食材も簡単に清浄できます。50種類のメニューが掲載されたレシピブックが付属しているところもおすすめです。

ブルーノ(BRUNO) マルチスティックブレンダー

重さが約570gで女性の手にも馴染みやすいサイズのハンドブレンダー。インテリアにもよく馴染むやさしいデザインで、ブレンダースティック装着時はスタンド不要で立てられ、使い勝手も良好です。

本体の連続稼働時間は3分の長時間設計。通常のハンドブレンダーが1~2分しか使えないことを考えると、利便性が高いといえます。付属のチョッパーを使えば、製氷機の氷を砕けるほどパワフル。ブレンダーを活用できるレシピブックも付属していて、初心者にも購入しやすいところがおすすめです。

バーミックス(bamix) M300 コンプリートセット

高級ハンドブレンダーなら本製品がおすすめ。モーターから部品までスイスの自社工場で製造し、製品の品質を高めています。高級モデルである本製品には、フードプロセッサーとして使えるスライシーが付属。野菜のみじん切りや挽肉のすり身などにも活用できます。

付属のスタンドは付属品をまとめて収納できる設計。付属品はすべてハンドブレンダースタンドの後部に収納できるため、使用していないときでもキッチンの景観も損ないません。

貝印 SELECT 100 マルチブレンダー DK-5043

長年販売され続けているハンドブレンダー。使いやすい道具はシンプルで美しく、手に馴染むという思想で製造された1台です。用途に合わせて使える6種類のアタッチメントを付属。混ぜる・つぶす・きざむ・砕く・混ぜ合わせる・泡立てるの作業が行えます。

簡単に作れてキレイをサポートする「キレイレシピ」と「簡単レシピ」を付属。離乳食作りからマヨネーズ作りまで、多くの用途に使用できるのでおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) トライブレード プレミアムセット ハンドブレンダー DHB721RN

独自のトライブレードシステムを採用したハンドブレンダー。それぞれ角度の異なる3枚刃と食材が当たりやすくなる刃周辺の6つの突起、回転をスムーズにする凹型形状で仕上がりの品質を高めています。

本製品の特徴は、押しつぶしに使えるマッシャーのアタッチメントが付属しているところ。穴から食材を押し出す構造で、粘りの出ないホクホクした食感を残せます。

濡れた手でも滑りにくいラバー素材を採用。片手で操作できるうえに、ボタンを押している間だけスイッチが入る仕様なので安全に使用できます。

ボッシュ(BOSCH) コードレスハンディブレンダー MSM6A60WH

コードレスで使える充電式のハンドブレンダー。使用時間は最長20分なので、途中で充電が途切れる心配も少ないです。充電中はLEDインジケーターが点灯して、電池残量も確認できます。

充電スタンドと収納スタンドが一体型になった仕様。使用後は、スタンドに設置するだけで、次回に使用するための充電が行えます。ブレンダージャグやユニバーサルカッターのカップは、冷蔵・冷凍が可能。作った食材を長期間保存したい方におすすめです。

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。