固定して使うフードプロセッサーとは異なり、手に持って食材をきざんだり混ぜたりできる「ハンドブレンダー」。鍋の中で直接食材をかき混ぜたり、カップに少量の食材を入れて下ごしらえをしたりと、幅広い用途に使えます。

ハンドブレンダーはリーズナブルな価格のモノから高価なモノまで、ラインナップはさまざま。そこで今回は、ハンドブレンダーの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

ハンドブレンダーとは?

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーとは、食材をきざんだりつぶしたりできる機械のこと。機能としてはミキサーやフードプロセッサーと同じですが、ハンドブレンダーは自由に鍋の中に入れて使えるため、ちょっとした調理にも効率よく使えるのがポイントです。

離乳食など、少量の食材を調理する場合にも使いやすく、お手入れも簡単。また、コンパクトに収納できる点もメリットです。なお、大量の食材を調理する場合、「きざむ」機能がフードプロセッサーに劣るほか、「つぶす」機能がミキサーに比べて弱いというデメリットもあるので留意しておきましょう。

ハンドブレンダーでできること

ハンドブレンダーには、ほぼすべての機種に「つぶす」「混ぜる」機能が搭載されています。つぶす機能は離乳食やポタージュスープなど、固形の食材を液状にすることが可能。混ぜる機能は、オリジナルドレッシングやお菓子作りに役立ちます。

少し高価なモデルは、より多くの機能を実現するアタッチメントを備えているのが一般的。アタッチメントでできることは製品ごとに異なりますが、一例として「スライス」「せん切り」「泡立てる」「こねる」「おろす」などの調理が可能です。

フードプロセッサーやミキサーと同様の作業ができるので便利。用途に合わせて必要な機能が搭載されているモノを選ぶようにしましょう。

ハンドブレンダーの選び方

ブレードの素材をチェック

By: amazon.co.jp

硬い食材にハンドブレンダーを使いたい場合は、ステンレス製のモノがおすすめ。傷や変形に強く、耐久性に優れています。また、鍋やフライパンに入れてそのまま使えるのも魅力です。

一部のリーズナブルなモデルでは、ハンドブレンダーの先端部分に金属ではなくプラスチックが使われていることもあります。プラスチック製のモノは熱に弱く、熱い鍋に直接入れられないので注意しておきましょう。

ブレードのスピード調節機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ブレードのスピード調節機能も要チェックです。スピードを細かくコントロールできるモデルを選べば、仕上がり具合を調節しやすいので便利。離乳食を作る場合、子供の成長に合わせて食感を変えることも可能で、幅広い用途に使用可能です。

スピードの調節方法は、スイッチ切り替え式やダイヤル回転式など製品によって異なります。特におすすめなのがスイッチ部を握る強さで調節できるタイプ。感覚的な操作でよりきめ細やかに調節できるため、簡単に自分好みの仕上がりを叶えられます。

アタッチメントの種類をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、機能性を上げるためのアタッチメントが付属しているのが一般的。安価なモデル以外なら、「きざむ」機能が使えるチョッパーが付属しているモデルもあります。

さらに、「おろす」「細切り」「うす切り」などに使える交換用替刃がセットになったモデルであれば、調理の幅がより広がるのでおすすめ。ほかにも、お菓子作りで大活躍する泡立て器が付属しているモノもあるので、用途に合わせて選んでみてください。

一度にたくさん作りたいときは連続稼働時間に注目

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、過負荷や温度上昇を避けるために運転時間が決まっています。基本的に短時間使用を想定して作られているので、1〜2分程度稼働するモデルがほとんどです。

連続稼働時間が長いほうが便利ですが、パワー次第ではそれほどの稼働時間を必要としない場合があるため、ワット数と連続稼働時間のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

使用目的に合ったモノを選ぶ

ハンドブレンダーは、アタッチメントの種類を変えるだけで幅広い調理を行えるのが魅力。ただし、機能性の高いモノほど価格も高くなる傾向にあるので、自分の使用目的をあらかじめはっきりさせておくことが大切です。

離乳食作りのみで使用したい場合は、余計な機能が付いていないシンプルなモデルがぴったり。スープやスムージー、ケーキなど、お菓子や凝った料理を作る機会が多い方は、アタッチメントの多いタイプがおすすめです。

コードの長さをチェック

ハンドブレンダーを快適に活用するためには、コードの長さも忘れずにチェックしておきましょう。コードが長めのモデルなら、コンセント位置が多少離れていても、キッチンでの動きに制限がかかりにくく便利です。

なお、なかにはコードが付いていない充電式タイプも存在しています。充電式は電池が切れそうになるとパワーが落ちる点がネックですが、コードの絡まりや引っ掛かりを気にせずに使用したい方は検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは食材を扱う調理家電なので、メンテナンスのしやすさも重要なポイント。ラクにお手入れできるモデルなら衛生的に愛用できるうえ、ちょっとした下ごしらえでも気軽に使えます。

特に、食材と接するアタッチメント部分が取り外しやすく、丸洗いできるモデルがおすすめ。なかには食洗機での洗浄に対応しているモデルも存在し、より簡単に使用後のお手入れを行えます。ハンドブレンダーの使用頻度が高い方は、ぜひチェックしてみてください。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは鋭いブレードを搭載しているアイテムなので、安全性に配慮した設計のモデルを選ぶのがおすすめ。使用時やお手入れ時の誤操作による事故を予防できます。例えば、チャイルドロック機能を搭載したモデルなら、アタッチメントを付け替えるときや子供が誤って触ったときでもブレードが作動しないため安心です。

また、モーターの温度上昇や過負荷を検知し、運転を自動停止する機能を備えたモデルも存在します。特に小さな子供と一緒に料理を行う場合は、しっかりと安全機能が付いたモデルを選ぶようにしましょう。

ハンドブレンダーのおすすめメーカー

ブラウン(Braun)

By: braunhousehold.com

ブラウンは、世界で多くのシェアを持つドイツの電気機器メーカー。ハンドブレンダーもリーズナブルなモノから高級なモノまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

同社のハンドブレンダーには、独自の飛び散り防止設計が施されているのもポイント。握る力を変えるだけで直感的にスピード調節ができる上位機種は、操作性に優れています。ハンドブレンダーの性能を重視している方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカー。ハンドブレンダーでは、ロック解除ボタンと運転ボタンを同時に押す必要がある「2アクションスイッチ」や、誤作動を防ぐ「チャイルドロック」など、安全性に配慮されたモデルを販売しています。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカの電気調理機器メーカー。長年フードプロセッサーを販売してきた実績のある企業です。ハンドブレンダーは、1万円程度の購入しやすいモデルを取り揃えているのが特徴。重量約250gの軽くて扱いやすいモデルから、1台7役の多機能モデルまで、製品のバリエーションも豊富です。

ハンドブレンダーのおすすめモデル

ティファール(T-fal) ハンドブレンダー ベビーマルチ HB65H8JP

ティファール(T-fal) ハンドブレンダー ベビーマルチ HB65H8JP

離乳食作り用のアタッチメントが付属しているハンドブレンダーです。食材を50ml程度の少量からかくはんできるので、離乳食の初期から完了期まで活用可能。離乳食のレシピブックも付属しているため、初めて離乳食を作る方にもおすすめです。

アタッチメントはほかに「つぶす」と「混ぜる」の標準ブレードや「切る」と「きざむ」のチョッパー、「泡立てる」ホイッパーが付属。スピード調節はダイヤル回転式で、瞬時に高速回転へ切り替えるターボボタンも搭載しています。離乳食作りのためにハンドブレンダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

▼少量でも使いやすい離乳食ハンドブレンダー!ティファール(T-fal)のベビーマルチ

ブラウン(Braun) マルチクイック5 ハンドブレンダー MQ500

ブラウン(Braun) マルチクイック5 ハンドブレンダー MQ500

手軽で扱いやすいブラウンのエントリーモデルです。「つぶす」「混ぜる」に対応した基本のアタッチメントが付属しており、離乳食やスムージー、ポタージュなどを手軽に作れます。

ブレードのスピードは2段階に調節でき、ボタン操作が片手で行えるのもポイント。「ターボモード」によって、硬い食材でもラクに調理可能です。食材の飛び散りを防ぐ「スプラッシュコントロールテクノロジー」や、食材をよりなめらかにかくはんする「パワーベルテクノロジー」を搭載しており、料理の幅を広げられます。

滑りにくいソフトグリップを採用した持ち手と、洗いやすいシンプル構造も魅力。本体価格も安いので、初めてのブレンダーや出産祝い、結婚祝いにもおすすめの製品です。

ブラウン(Braun) マルチクイック7 ハンドブレンダー MQ735

ブラウン(Braun) マルチクイック7 ハンドブレンダー MQ735

1台で「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」の4つが使いこなせるスタンダードモデルです。アタッチメントの交換に「イージークリックシステム」を採用しており、ワンタッチで交換できるのも魅力。洗う際はそれぞれ分解し、食洗器で洗浄できるのがポイントです。

独自の「スマートスピードテクノロジー」は、スイッチを握る力の強さでスピードを自在に変えられるのがポイント。簡単に好みの食感へ仕上げられます。専用軽量カップや専用スパチュラも付いているので、残った食材をまとめるのが簡単です。

料理からお菓子まで、さまざまなジャンルのオリジナルのレシピブックが付属しているのもポイント。ハンドブレンダーを使って作れる料理の幅が広がります。

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9075X

ブラウンの最上位モデルで、「こね」機能も搭載した1台7役の製品です。「こね」以外にも、「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「きざむ」「スライス」「せん切り」が可能。1.5Lの大容量で、置き型のフードプロセッサーに匹敵する機能の多さとパワーが魅力です。

500Wのハイパワーモーターを搭載しており、かくはん力を向上させる「アクティブブレードテクノロジー」と「パワーベルテクノロジープラス」がポイント。食材をより細かく均一に仕上げられます。

ブラウンの特徴でもある「スマートスピードテクノロジー」を採用し、スイッチ部の握る力で簡単にブレードのスピードを調節できます。本格的な料理に使いたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

パナソニック(Panasonic) ハンドブレンダー MX-S301

「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」の4つができるシンプルなハンドブレンダーです。下ごしらえから仕上げ、離乳食作りやお菓子作りまで幅広い使い方ができます。

安全機能が充実しているのもポイントです。独自の「チャイルドロック&2アクションスイッチ」によって、運転を簡単にロックして誤作動を防ぐことが可能。また、過負荷時や温度上昇時は運転を自動で停止する「ダブルモーター保護装置」も搭載しています。

ブレードには「新4枚刃ブレンダーカッター」を採用しており、食材をムラなくなめらかな食感に仕上げられるのが魅力。野菜のみじん切りが行える「チョッパーアタッチメント」を使えば苦手な野菜も小さくきざめるため、小さな子供がいる家庭にもおすすめの製品です。

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500

クイジナート(Cuisinart) スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500

「つぶす」「混ぜる」「切る」「きざむ」「泡立てる」ができる、使い勝手のよいハンドブレンダーです。ブレード本体はスリムなデザインで、本体重量約500gと軽量。電源コードも約1.2mと長めに設計されているため、キッチンでの取り回しがしやすいのも魅力です。

ブレンダーは約1.6倍、チョッパーは約2.3倍と、従来品よりもブレードの回転数をアップしており、スピード調理が可能。生クリームは約30秒で8分立てまで泡立てられます。料理だけでなく、お菓子作りにも幅広く使える製品です。

バランスよく機能を搭載したコスパの高いモデルなので、初めてハンドブレンダーを使う方にもおすすめの製品です。

クイジナート(Cuisinart) スマートスティックハンドブレンダ― CSB-80JBS

クイジナート(Cuisinart) スマートスティックハンドブレンダ― CSB-80JBS

フードプロセッサーとしても使える、1台7役のクイジナートのハイエンドモデルです。「つぶす」「きざむ」「泡立てる」「こねる」「おろす」「細切り」「うす切り」の調理が行えて、大根おろしや離乳食作り、お菓子作りまで幅広い調理が行えます。

400Wのパワフルな出力を備えているのもポイント。多機能ながらもブレンダーの本体サイズが幅60×奥行67×高さ388mm、チョッパーの本体サイズが幅139×奥行153×高さ370mmとコンパクトなので、省スペースで収納できます。1台あれば多くの料理に使える汎用性の高い製品です。

ブルーノ(BRUNO) マルチスティックブレンダー

ブルーノ(BRUNO) マルチスティックブレンダー

カラーバリエーションが豊富でデザイン性に優れたおしゃれなハンドブレンダー。本体重量約570gと軽量なほか、基本ブレードを装着した場合でも本体サイズが約幅63×奥行68×高さ365mmとコンパクトな設計です。

「混ぜる」「つぶす」「泡立てる」「きざむ」「砕く」の5つの調理がこなせる製品。チタンコートの刃を搭載したチョッパーで氷を砕くことも可能。フローズンドリンクなども手軽に作れます。

見た目がかわいいため、プレゼントにもおすすめ。料理家監修のレシピリーフレットが同梱されているので、料理の幅が広がります。

テスコム(TESCOM) Pure Natura スティックブレンダー THM332

テスコム(TESCOM) Pure Natura スティックブレンダー THM332

コストパフォーマンスに優れたハンドブレンダーです。「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「おろす」「泡立てる」の5役をこなせる製品で、幅広い料理に活用できます。

チョッパーボトルを使えば、みじん切りがあっという間に完了。底に滑り止めが付いているので、使いやすいのも嬉しいポイントです。また、粗めと細かめが使えるリバーシブルのおろし刃が付いています。ざくざくした鬼おろしと細かなおろし、とろろなど、仕上がりが選べる点も魅力です。

安全装置として「高機能モーター保護装置」を内蔵しているのもポイント。長時間の使用などでモーターが高温になったときに、エラーランプで知らせます。コストを抑えて多機能モデルを購入したい方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー IHB-602

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドブレンダー IHB-602

安い価格で入手できるハンドブレンダーです。離乳食用などに、シンプルな製品を探している方におすすめ。基本のブレードとチョッパーアタッチメントが付いており、「混ぜる」「つぶす」「きざむ」の3役が行えます。ダイヤル回転式のスピード調節は、無段階に設定することが可能です。

電源コードが約1.7mと長く、取り回しがしやすいのもポイント。使わないときは本体と2つのアタッチメント、かくはん容器を付属のスタンドに入れることで、コンパクトに収納できます。初めてハンドブレンダーを使う方にもおすすめの製品です。

シロカ(siroca) ハンドブレンダー SCB-401

シロカ(siroca) ハンドブレンダー SCB-401

コンパクトで使い勝手のよいハンドブレンダーです。「混ぜる」「つぶす」の2役が使えるモデルで、普段の料理で手軽に使いたい方や、離乳食用に探している方におすすめ。価格が安いので、使う頻度が低い方でも気軽に購入できます。

本体重量は約500gと軽量かつ握りやすいグリップ形状で、腕が疲れにくいのも魅力。コードの長さも1.2mあるため、キッチンでの取り回しもスムーズに行えます。手軽にハンドブレンダーを使い始めたい方におすすめの製品です。

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ハンドブレンダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。