通勤・通学などで多くの方が使用しているスマホや携帯音楽プレーヤー。移動中の使用ではイヤホン・ヘッドホンが欠かせませんが、高価な製品を屋外で使用して故障してしまうのは避けたいものです。

最近は、低価格でも音質にこだわったイヤホンが多数登場しています。今回は、2000円以下で買えるおすすめのイヤホンをご紹介。用途や特性に分けてピックアップしているので、自分に合ったイヤホンを見つけてみてください。

2000円以下のイヤホンが充実

By: amazon.co.jp

スマホの普及もあり、携帯音楽プレーヤー(DAP)に限らず音楽鑑賞の方法は豊富。そのため、イヤホンを使って外で音楽を聴く方が増えています。一方、スマホなどの付属イヤホンでは音質的に物足りないと思う方も多いようです。

とはいえ、いきなりイヤホンに高額なお金は出せない、という方もいるでしょう。あるいは、高価でなくとも、ちょっと音の雰囲気や気分を変えたいという要望もあります。

そんな方たちにおすすめなのが2000円以下のイヤホン。単体のイヤホンとしては安価なクラスですが、製品は豊富で、選択肢も幅広いです。競争も激しく、音質のよさと性能面でも十分満足できる製品ばかり。2000円以下のイヤホンは現在とても充実しており、おすすめできます。

低価格イヤホンの選び方のポイント

聴きたいジャンルや音域とマッチした音質のイヤホンを選ぶ

51pLgknZtTL

By: amazon.co.jp

この価格帯のイヤホンは高価なモノに比べ、幅広い音域で過不足のない高音質を実現するのは困難です。そのため、限られたコストのなかで、できるだけよい音質の実現を図っています。つまり、特定の音域の高音質化に集中させるのです。

2000円以下のイヤホンでは、いわゆる「カマボコ」と「ドンシャリ」が多く見られます。カマボコとは中音域を得意とするタイプ、ドンシャリとは低音域と高音域を得意とするタイプです。

すべての音域を満遍なく得意とする「フラット」は少数。聴く音楽がボーカル中心ならカマボコタイプ、ロックならドンシャリタイプから選ぶのが効果的です。クラシックなどのアコースティック系では、カマボコタイプをおすすめします。

用途に合わせて選ぶ

身軽に音楽を楽しめるBluetooth対応モデル

By: amazon.co.jp

アップルのiPhone 7、iPhone 7 Plus以降、イヤホンジャックのないスマホが増えています。iPhoneの場合はLightning接続型イヤホンを、Androidの場合はUSB Type-C接続のイヤホンを用いての有線対応ですが、製品数は2000円以下となるとごく少数です。

そこで、イヤホンジャックなしのスマホにおすすめなのが、Bluetoothワイヤレス接続対応イヤホン。コードなしの身軽さで音楽を楽しめます。スマホならその多くが接続でき、ほとんどのモノで通話対応のマイクと音楽、通話操作対応のリモコンが付属しているので便利です。

防滴・防水タイプならスポーツ時も安心

By: amazon.co.jp

スポーツ時のお供にイヤホンで音楽を聴くのもおすすめ。その場合、汗でイヤホンが壊れないように防滴・防水対応された「スポーツ向け」を謳うイヤホンがよりおすすめです。

防水性はIP規格で明示され、IPXXのIPに続く二桁の数字のうち、右側が防水性能を表します。汗に濡れる程度であればIPX2でも十分ですが、屋外で雨に当たっても平気というならIPX4、できればIPX5が欲しいところです。

風呂場や水泳にも耐えられるほどの防水性は2000円以下では難しいのが現実ですが、屋外のランニングには十分対応できます。

スポーツ用イヤホンの特徴は、汗や雨でもずれにくい素材で、装着しやすいところです。長時間着用時の快適性にも関わるので、自分の耳に合うかどうか、試聴して確かめることをおすすめします。

シンプル機能の製品がおすすめ

By: amazon.co.jp

限られたコストのなかで作られる、2000円以下のイヤホン。当然、付属機能を追加すればするほど、高音質化にかけられるコストは減少します。音質のよさを追求するのであれば、スマホの操作機能や通話機能といった付属機能のない機種がおすすめです。自分の求める高音質と、使い勝手のバランスを考えて選んでください。

コードの長さをチェック

41JsaO0fbBL

By: amazon.co.jp

安価なイヤホンでは、高額機のように付属品が充実していない場合があるのも事実。そのため、本体から直接出ているコードが短くても、延長コードが付属しない機種もあります。延長コードを別途購入すると、かえってお金がかかってしまうことも。

自分に必要なコードの長さと、購入予定のイヤホンのコードの長さ、延長コードの有無を確認しましょう。

イヤーピース交換も効果的

By: amazon.co.jp

音漏れの軽減や装着感の面だけでなく、音質面でもイヤーピースは重要です。イヤーピースの大きさや種類によって、音質が少なからず変化。密着度・密閉度を高めるようなイヤーピースでは低音域が強まる傾向にあり、逆に密閉度を弱めると、高音域が強まる傾向があります。

これを利用して、自分の好きな音質傾向に調整することも可能です。しかし、イヤホン自体の基本的な音質傾向を変えてしまうほどではありません。装着感との兼ね合いもあるので、無理なく行うのが効果的です。

音漏れしにくい形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

高額・高機能でなくとも音漏れしにくいイヤホンを選ぶことが大切です。音漏れしにくい形状の代表はカナル型。耳栓(カナル)型のイヤーピースを耳穴に密着するように付ける方式のため、遮音性が高く音漏れが少ないためです。

逆に音漏れが多いのは、インナーイヤー型と呼ばれる、耳穴に引っ掛けるように装着して聴くタイプ。iPhone付属イヤホンがこのタイプということもあり、多く使われています。現在インナーイヤー型を使っている方は、音漏れ防止を重視するならカナル型に変更するのがおすすめです。

低価格イヤホンのおすすめメーカー

ソニーやオーディオテクニカなどの有名大手メーカー

51H3mpPZ6rL._SL1200_

By: amazon.co.jp

2000円以下のイヤホンを選ぶのに、おすすめのメーカーは2種類あります。ひとつは、有名大手メーカーです。具体的にはソニーやパナソニック、オーディオテクニカ、海外のフィリップスなどが挙げられます。

大手メーカーは日本だけでなく、世界市場向けに製品を大量に生産・販売しているため製造コストが下がり、相対的にコスパが上昇するのでおすすめ。また、大手メーカーは高級な上位機も豊富です。そこで得られたノウハウを低価格品に投入する技術力の面でも有利。

さらに、音作りにおいても、有名大手メーカーは幅広いユーザーにアピールできる万能的な音質傾向を持っています。

シャオミを代表とする新興の中国系メーカー

By: amazon.co.jp

コスパの高い低価格帯イヤホンでは、新興の中国系メーカーも要注目です。イヤホンブームを受けて、世界中のさまざまなメーカーがイヤホン市場に参入。中国系の比較的新しいメーカーの中でも、そのコスパの高さで注目されるところがあります。

特に「シャオミ」と「KZ」は、低価格と高品位、高音質を兼ね備えていると市場で評価される人気ブランドです。いずれも2000円以下とは思えないような、コスパの高いモデルを送り出しています。

シャオミは、数千円台のハイコスパモデルを世界的に売り出しており、とても勢いがあるブランド。その価格帯においては、他のメーカーでは使用が難しい素材を採用しています。それによる圧倒的なコスパの高さが魅力。スマホメーカーとしても世界的に話題の成長企業で、今後ますます注目のブランドです。

一方、KZも価格を超えた素材の高級さと、高音質で人気を集めているブランド。低価格で高音質なイヤホンを探す際は、中国系メーカーにも注目することをおすすめします。

2000円以下のおすすめBluetooth対応イヤホン

SoundPEATS(サウンドピーツ) apt-X対応Bluetoothイヤホン QY8

2000円以下のBluetooth対応イヤホンの中でコスパが魅力的なめモデル。サウンドピーツは低価格ながら高音質と機能性を満たしたBluetoothイヤホンを多数発売している人気メーカーです。

本モデルはブランドのエントリークラスながらも内容が充実しています。この価格のBluetoothイヤホンでは対応が珍しいaptXコーデックに対応。標準コーデックのSBCに比べて低遅延で高音質を楽しめます。

また、「CVC6.0ノイズキャンセリング技術」搭載のマイクでクリアな音声でのハンズフリー通話も可能。IPX4防水とIP5X防塵性能を備えるので、アウトドアでの使用にも対応できます。1回約2時間の充電で約5時間の連続使用なバッテリー性能も優秀です。聴きやすくメリハリのあるサウンドでもおすすめします。

Charlemain 高品質マイク付き Bluetoothイヤホン

インナーイヤー型のBluetooth対応イヤホン。カナル型に比べて軽快な装着感と開放的なサウンドが楽しめます。大口径14mmダイナミック型ユニットの採用による重低音の充実したサウンドも魅力です。

少々の雨には平気なIPX4防水性を備えるので、屋外でも安心して使えます。リモコン部には多彩な再生操作が可能な3ボタンと、ハンズフリー通話可能なマイクも装備。2台のスマホに同時接続できるのも便利です。

カナル型よりは音漏れがしやすいので、人前での大音量再生には注意しましょう。

2000円以下のおすすめランニングイヤホン

ソニー(SONY) イヤホン MDR-AS210

ソニーのランニングイヤホンです。耳の形状に合わせて調整できる「ループハンガー機構」により、しっかりフィットするのでおすすめします。また、耳への負担が少ない「エラストマー樹脂」を採用。ずれにくさだけでなく、痛みや疲労感を感じにくいのも嬉しいポイントです。

「落ちないけれど耳が痛い」「違和感がある」といった従来のスポーツイヤホンの欠点を克服しています。防滴仕様や絡みにくいケーブルなど、便利な機能も充実。13.5mm径のドーム型ドライバーによる高音質も見逃せません。

適度に周囲の音が聴こえるオープン構造なので、安全を重視する方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) イヤホン 耳掛け式 防滴仕様 HA-EB75

ロングセラーの定番ランニングイヤホンです。ランニング中にもずれにくく、フィット感もよい「スライドイヤーフック」が特徴。適度に外音が取り込めるので、事故の危険性が減らせるオープン型構造も魅力です。

水しぶきや汗に強いIPX2の防滴仕様で、雨の中でのランニングにも対応。肝心のサウンドも、独自の「バスブーストイヤーピース」の採用により、迫力を備えた高音質を聴かせます。位置調整が可能なフックで微調整できるのも嬉しいポイント。全体のバランスのよさでおすすめのイヤホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン 防水仕様 HA-ETX30

非常に高い防水性が特徴のランニングイヤホンです。IPX5/7相当の防水性能を備え、どしゃ降りの雨でも全く心配ありません。水洗いも可能なので、常に清潔に保てるのもおすすめできるポイント。発汗量の多い方にもおすすめです。

また、新開発の「ピボットモーションサポート」を搭載。サポート部を回転させることで、耳の形状の個人差に関わらず、安定した装着感を得られます。高磁力ネオジウムドライバーユニットによる、パワフルな高音質も魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型イヤホン SONICSPORT ATH-SPORT1

装着性を徹底的に追求した、おすすめのイヤホンです。可動式の「3Dスイングイヤーハンガー」による、立体的な構造を採用。スポーツ時の激しい動きに対しても、ずれたり落ちたりせず、安定したフィット性が持続します。

イヤーピースは、密着性を重視した「ファインフィット」と、適度に外音を取り込める「アクティブフィット」の2種類が付属。シーンに応じて使い分けられます。動きの大きい方に特におすすめのランニングイヤホンです。

2000円以下のおすすめ重低音イヤホン

KZ(Knowledge Zenith) ハイブリッドドライバーイヤホン ZST

人気の中国メーカー「KZ」によるカナル型イヤホンです。迫力のある重低音再生が得意なダイナミック型と、繊細な高域再生が得意なバランスド・アーマチュア型を両方使用したハイブリッド構成。これにより、ワイドレンジで音の密度感が高いサウンドを楽しめます。

安いイヤホンで重低音が得意となると、低音ばかりが目立ちやすいことを防いでいるので、幅広いジャンルの音楽を楽しめるイヤホンとしておすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ダイナミック密閉型カナルイヤホン XXシリーズ HA-FX101M

 

重低音イヤホンシリーズの定番「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズのエントリー機。シンプルなデザインと、圧倒的な重低音で人気です。独自構造の「エクストリームディープバスポート」により、豊かな量感と深みを備えたバスサウンドを鳴らします。

力で押すだけでなく、自然さも表現できるので、幅広い音楽ジャンルの低音にマッチするのが魅力です。マイク付きリモコンも備えるなど、ハイコスパが嬉しい1台。衝撃に強いタフ設計なので、長持ちするのもおすすめポイントです。

2000円以下のおすすめマイク付きイヤホン

ソフトバンクC&S(SoftBank SELECTION) music piece SE-1000

ソフトバンクによるマイク付きイヤホン。携帯電話キャリアのブランドで企画・開発しただけあり、スマートフォンでの通話品質やリモコン操作の互換性に注意を払っています。

特にiPhoneとの親和性は高く、Siriの起動はじめ、通話、再生関連の基本操作は完璧。Androidスマホにおいても機種ごとの動作対応表を載せているので、互換性を確認してから購入できます。

この価格でアルミニウムハウジングを使用したボディは美麗。不要な共振を排除したクリアなサウンドを楽しめます。からみにくいフラットケーブルなのもおすすめポイントです。

エレコム(ELECOM) マイク付きカナル型イヤホン EHP-CB100M

リーズナブルなマイク付きイヤホンです。エレコムは、PC周辺機器に実績のある国内大手メーカーなので安価でも品質は確か。遮音性を高めた「デプスフィットイヤーキャップ」により、屋外の雑踏の中でもクリアに受話できます。

独自の「外磁型ダイナミックドライバー」と「チタンコートPETフィルム」による、解像度の高い高音質も魅力です。

ジェイビーエル(JBL) カナル型イヤホン T210

世界的スピーカーメーカー「JBL」による、マイク付きイヤホンです。大型スピーカーでお馴染みのJBLは、イヤホンにも積極的。イメージ通りの鮮烈で迫力のあるサウンドが大きな魅力です。

本機は独自開発の8.7mm径ダイナミックドライバーを採用。それにより、この価格にして高品位な音を実現しました。コンパクトなハウジングに収めているのも印象的。スタイリッシュなデザインも魅力で、女性にもおすすめのマイク付きイヤホンです。

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJC260

耳へのフィット感の高さが特徴的なマイク付きイヤホンです。幅広いユーザーの耳にフィットする「ラウンドキャップ」を開発・採用。個人差による違和感のない、快適な装着感が魅力です。ロングポートとロングイヤーピースからなる「DEEP FIT STYLE」も採用し、相乗効果を発揮しています。

新開発の9mm径ドライバーユニットを搭載しているのも、おすすめしたい点。バランスのよい穏やかな再現性は見逃せません。

また、専用アプリ「Music Live Powered by DTS Headphone:X」を使えば、サラウンド音声も楽しめます。ポップなデザインと豊富なカラーは、幅広いユーザーにマッチ。装着性に優れているので、女性や子ども用にもおすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) イヤホン スマートフォン用 ATH-C505iS

カナル型が主流のマイク付きイヤホンでは珍しい、インナーイヤー型の製品。この方式ならではの、爽快感のある開放的なナチュラルサウンドが楽しめます。

新設計の「ベースディメンションエキサイター」により、豊かな低音を聴かせるのも魅力です。コード巻き取りホルダーが付属するので、コードに煩わされないのもグッド。インナーイヤー型にこだわる方におすすめのマイク付きイヤホンです。

2000円以下のおすすめ高音質イヤホン

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJE150

できるだけ安く、かつ高音質なイヤホンを探している方におすすめの定番機。国内一流メーカー製ながら、格安で購入することができます。装着感と気密性を向上させる、楕円形状ポートを採用。結果的に低音の豊かさを増強しているので、ワイドレンジサウンドをしっかり楽しめます。

リーズナブルながら音がよく、最もコスパに優れていると言える1台。9色展開というカラーバリエーションの豊富さも魅力です。イヤホン初心者、子ども用にもおすすめします。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CK330M

オーソドックスな音作りが特徴の高音質イヤホンです。オーディオテクニカは、イヤホンブーム以前から多くの製品を送り出してきた国内随一の老舗。後発他社とは一線を画す音質設計に定評があり、コスト的制約の多い低価格機では、その違いが大きく現れます。

その技術を活かした本機では、直径10mmドライバーを採用し、全てにおいてバランスのよい音が魅力。個々の要素で他社に劣るところはあっても、全体のまとまりに優れています。この価格では難しい自然な音が楽しめる、おすすめの高音質イヤホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン HA-FX26

優れた遮音性と高音質を両立したイヤホンです。安価なイヤホンでは凝った工夫が難しいため、快適な装着性にもつながる、高遮音性の実現は難しいもの。その点、本機はクラスを超えた遮音性の高さが魅力です。

ハウジング部にはインナーボディとアウターボディの2重構造を採用。騒音の遮断による、細部の表現に優れた高音質が楽しめます。バランスのよい音作りも加わって、心地よい音楽鑑賞をもたらす高音質イヤホンです。

クリエイティブ(Creative) インナーイヤーイヤフォン EP-630

1000円台の高音質イヤホンの定番ロングセラー機。9mmネオジウムマグネットドライバー搭載ドライバーによる、重低音の効いたメリハリサウンドが特徴です。

映画・ゲーム用途も意識した音質設計は、リアリティーよりもエンターテイメント的な演出性を重視。聴いていて楽しい音が魅力です。音楽鑑賞以外にも、幅広い用途に向いているイヤホンを求める方におすすめします。

ソフトで遮音性に優れた、シリコン製イヤーピースの快適さも嬉しいポイント。初心者にもぴったりな高音質イヤホンです。

音漏れしにくい2000円以下のイヤホンおすすめ

オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型イヤホン ATH-CK350M

完成度の高いカナル型イヤホンです。オーディオテクニカは、長年のイヤホン製造の知見から、用途やタイプによる特徴を活かした設計が得意。本機はカナル型の特徴である遮音性の高さと低音の充実を備えます。

快適さと密着度を考えた角度、形状を持つノズルデザインにより、フィット感がよく音漏れの少ない装着が可能。また、個人の耳に合うように、4サイズのイヤーピースが付属するので、自分に合ったサイズを選べます。

密閉度の高さゆえに起きる音のこもりが少なく、クリアなサウンドを聴かせるのもおすすめポイントです。

JVCケンウッド(JVC) ダイナミック密閉型カナルイヤホン HA-FX14

カラバリが豊富な小型イヤホン。コンパクトな筐体を採用することで、音漏れを防いでいます。小さくてもパワフルな音を再生できるネオジウムマグネット採用ドライバーを搭載しているので、迫力のあるサウンドを楽しめます。

上品な質感のメタリック仕上げもポイント。見た目のよさと軽快な雰囲気は女性やお子さんにもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) IPX5防水イヤホン ENDURANCE RUN

スポーツ使用にも適した音漏れの少ないカナル型イヤホンです。耳から抜け落ちにくい独自のイヤーピース構造「ツイストロックテクノロジー」に加え、人間工学に基づいた形状と素材を採用した「フレックスソフト」イヤーピースを採用。密着性の高い装着感と、運動時のずれにくさを実現しています。

防水性能IPX5を備えているので、汗や雨にも対応。また、Siri起動にも対応したマイク付きリモコンも装備しています。密着・防水性の高さにより音漏れの少ないイヤホン。スポーツ用以外にもおすすめです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-EX155

リーズナブルながら、ソニーの誇る音漏れ防止技術が光るイヤホンです。装着時のフィット性を高め、遮音性向上と音漏れ低減に有効な「イヤーフィットブッシング」や、音を聴こえやすくし音量の上げすぎを防ぐ「アングルドイヤーピース構造」を採用。外出時でも音漏れを気にせず音楽が楽しめます。

また、スマホ用マイク付きリモコンも装備し、使い勝手も良好。肝心の音質もクリアでバランスに優れたモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン HA-FX46

重低音再生能力に優れたカナル型イヤホンです。高精細な音を鳴らす「高磁力ネオジウムドライバーユニット」と、低音域の量感を高めるバスポートを採用。ややドンシャリ傾向のワイドレンジサウンドを聴かせます。

アルミ切削の高剛性メタルボディは価格を超えた上質感が魅力。耳への装着感を高める「フィットサポート」により、音漏れ防止性も高めています。4サイズものイヤーピースが付属するのもおすすめポイントです。

フィリップス(Philips) カナル型イヤホン マイク付 SHE3805

リーズナブルで音漏れの少ないカナル型イヤホンです。大手メーカー製で音漏れの少なさを謳うイヤホンとしては驚きの低価格が魅力。サブ機や複数台使用にもおすすめです。

密閉度の高い軽量・小型のハウジングが音漏れ防止に役立っています。人間工学に基づいてデザインされた楕円形のサウンドチューブにより、音量を上げなくても音楽が聴き取りやすいのも特徴。本体が小さく、目立たないので耳の小さい女性にもおすすめです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) 高音質カナル型イヤホン B10

総合的な完成度に優れた音漏れの少ないイヤホンです。耳の奥まで収まりつつ快適な装着感を実現する本体デザインを採用。また、音の出口が鼓膜に近づくことでダイレクトに音を届ける「ロングポート」も装備し、この相乗効果で音漏れを防止します。

音漏れしにくいイヤホンの弱点であるコードの「タッチノイズ」も、柔らかい素材をコードに使うことで改善。軽量・コンパクト・シンプルなデザインに好バランスのサウンドが魅力で、人気の高さも納得のおすすめモデルです。

シャオミ(Xiaomi) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01

中国の新興メーカーであるシャオミの低価格カナル型イヤホンです。人体工学に基づいて、外れにくく疲れにくいフィット感を追求。イヤーピースの密着度も高いので音漏れしにくいです。

軽くて傷の付きにくいアルミニウム合金を採用した本体は美しく、5色のカラバリもおしゃれで、女性にもおすすめ。付属のイヤーピースは2種類の大きさのみですが、手持ちのイヤーピースと交換することで音漏れをより防ぐ余地はあります。シャオミらしいハイコスパぶりが魅力のイヤホンです。

KZ(Knowledge Zenith) 高音質カナル型イヤホン ZSE

人気の「KZ」が送り出す高性能な低価格イヤホンです。ダイナミック型ユニット2基を採用した密閉カナル型。人間工学に基づいた高遮音性設計で、音量を上げなくても聴きやすいのが特徴です。音量を抑えることにより、音漏れも少なくて済みます。

すでに定評あるメーカーなだけに、音質も素晴らしいもの。遮音性の高いイヤホンにありがちな低音のこもりが少ない点も魅力のイヤホンです。

NABOLANG 2ドライバー搭載高音質イヤホン F910

新興中国メーカーによる格安イヤホンです。リーズナブルながら、ダイナミック型ユニット2基を採用する豪華仕様。解像度が高く、音場も広いワイドレンジサウンドを聴かせます。

また、人間工学に基づくデザインにより高度な遮音性を実現。音漏れも少ないので、屋外で音量を上げて楽しむこともできます。Android/iPhone両対応のマイク付きリモコンも装備。透明な本体もおしゃれです。

“シュア掛け”と呼ばれる耳掛け装着により、遮音性の高いイヤホンで起きがちなコードの「タッチノイズ」を防げるのも快適。コスパに優れたおすすめのイヤホンです。