スマホや携帯音楽プレーヤーを使用するときに必要となるのが「イヤホン」。最近は、低価格帯でもデザインや音質にこだわったイヤホンが多数登場しています。

そこで今回は、2000円以下で買えるおすすめのイヤホンをご紹介。用途や特性に分けてピックアップしているので、自分にあったイヤホンを見つけてみてください。

2000円以下のイヤホンが充実

By: amazon.co.jp

スマホの普及もあり、携帯音楽プレーヤー(DAP)に限らず音楽鑑賞の方法は豊富。イヤホンを使って外で音楽を聴く方も増えていますが、スマホなどの付属イヤホンでは、音質的に物足りないと思う方も少なくありません。

そんな方におすすめなのが2000円以下のイヤホン。単体のイヤホンとしては安価なクラスですが、製品の種類は豊富。選択肢も幅広いのが特徴です。

低価格イヤホンの選び方のポイント

聴きたいジャンルや音域とマッチした音質のイヤホンを選ぶ

51pLgknZtTL

By: amazon.co.jp

2000円以下のイヤホンでは、「カマボコ」と「ドンシャリ」が多いのが特徴。カマボコとは中音域を得意とするタイプ、ドンシャリとは低音域と高音域を得意とするタイプです。

すべての音域を満遍なく得意とする「フラット」は少数。聴く音楽がボーカル中心ならカマボコタイプ、ロックならドンシャリタイプのモノを選んでみてください。クラシックなどのアコースティック系では、カマボコタイプがおすすめです。

用途にあわせて選ぶ

身軽に音楽を楽しめるBluetooth対応モデル

By: amazon.co.jp

アップルのiPhone 7やiPhone 7 Plus以降、イヤホンジャックのないスマホが増えています。iPhoneの場合はLightning接続型イヤホンを、Androidの場合はUSB Type-C接続のイヤホンを用いての有線対応ですが、製品数は2000円以下となるとごく少数です。

そこで、イヤホンジャックなしのスマホにおすすめなのがBluetoothワイヤレス接続対応イヤホン。コードを必要とせず、身軽に音楽を楽しめます。また、通話対応のマイクと音楽・通話操作対応のリモコンが付属しているモノも多いので便利です。

防滴・防水タイプならスポーツ時も安心

By: amazon.co.jp

スポーツ時のお供にイヤホンで音楽を聴くのもおすすめ。その場合、汗でイヤホンが壊れないよう、防滴・防水機能を備えた「スポーツ向け」を謳うイヤホンをチェックしてみましょう。

防水性はIP規格で明示され、IPXXのIPに続く2桁の数字のうち、右側が防水性能を表します。汗に濡れる程度であればIPX2でも十分ですが、屋外で雨に当たっても使えるモノだと、IPX4もしくはIPX5相当の防水性能を備えたモノがおすすめです。

シンプル機能の製品がおすすめ

By: amazon.co.jp

2000円以下のイヤホンは限られたコストのなかで作られているため、付属機能を追加すればするほど、高音質化にかけられるコストは減少します。音質のよさを追求するのであれば、スマホの操作機能や通話機能など、付属機能のない機種がおすすめです。自分の求める音質と、使い勝手のバランスを考えて選んでみてください。

コードの長さをチェック

By: amazon.co.jp

2000円以下の安価なイヤホンの場合、高額機のように付属品が充実していない場合があるのも事実。なかには、本体から直接出ているコードが短いモノや、延長コードが付属していないモノもラインナップされています。

自分に必要なコードの長さをしっかりと把握したうえで、イヤホンのコードの長さ、さらには延長コードの有無を確認しておきましょう。

イヤーピース交換も効果的

By: amazon.co.jp

音漏れの軽減や装着感の面だけでなく、音質面でもイヤーピースは重要です。密着度・密閉度を高めるようなイヤーピースでは低音域が強まる傾向に、反対に密閉度を弱めると、高音域が強まる傾向にあります。

イヤーピースを交換することで、自分の好きな音質傾向に調節することも可能。しかし、イヤホン自体の基本的な音質傾向を変えてしまうほどではないので、無理なく行うのが効果的です。

音漏れしにくい形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

高額で高機能なモノでなくとも、音漏れしにくいイヤホンを選ぶことが大切です。音漏れしにくい形状の代表はカナル型。耳栓(カナル)型のイヤーピースを耳穴に密着するようにつける方式で、遮音性が高く音漏れしにくいのが特徴です。

一方、音漏れが多いのは、耳穴に引っ掛けるように装着して聴くインナーイヤー型。iPhoneの付属イヤホンが該当しており、さまざまな製品に採用されています。現在インナーイヤー型を使っている方は、音漏れ防止を重視するならカナル型に変更するのがおすすめです。

低価格イヤホンのおすすめメーカー

ソニーやオーディオテクニカなどの有名大手メーカー

51H3mpPZ6rL._SL1200_

By: amazon.co.jp

ソニー・パナソニック・オーディオテクニカといった大手メーカーは、日本だけでなく、世界市場向けに製品を大量に生産・販売しているのが特徴です。そのため製造コストが下がり、相対的にコスパに優れているのでおすすめです。

シャオミを代表とする新興の中国系メーカー

By: amazon.co.jp

イヤホンブームを受けて、世界中のさまざまなメーカーがイヤホン市場に参入しています。とくに「シャオミ」と「KZ」などの中国系メーカーは、低価格ながら高音質と評価される人気ブランドです。

シャオミは、数千円台のハイコスパモデルを世界的に売り出しており、勢いがあるメーカー。ほかのメーカーでは使用が難しい素材を採用しており、コスパの高さが魅力です。

一方、KZも素材のよさと高音質で人気を集めているメーカー。低価格で高音質なイヤホンを探す際は、中国系メーカーもあわせてチェックしてみてください。

2000円以下のイヤホンおすすめモデル|Bluetooth

アイフェル(AiFer) 完全ワイヤレスイヤホン

アイフェル(AiFer) 完全ワイヤレスイヤホン

人間工学に基づいたデザインで、片耳約4gの超軽量タイプのワイヤレスイヤホン。耳への負担を最小限にすることで、長時間つけても疲れにくく、動いても落ちにくいのがポイントです。全分離型Bluetoothにより、両耳はもちろん、単独での使用も可能。家族や友達と音楽をシェアできます。

Bluetooth 5.0に対応。また、データレートが2Mbpsと高速なため、安定かつ途切れないサウンドが楽しめます。付属の充電ケースはモバイルバッテリーとしても使用できるので、いざというときにも便利です。

ビューティフル(beautiful) 自動ペアリング ワイヤレスイヤホン

ビューティフル(beautiful) 自動ペアリング ワイヤレスイヤホン

ケースに入れたときのサイズが約49×59mmと、コンパクトなワイヤレスイヤホン。イヤホンの重さは約3gと超小型・軽量設計で、どこにでも持ち運びが可能です。IPX5相当の防水機能が搭載されており、雨や汗からしっかりと守ります。

Bluetooth 5.0に対応しているほか、電力消費が低く、長時間使用できるのもポイントです。人間工学に基づいたデザインで耳が疲れにくいおすすめの製品です。

Havit i39

Havit i39

スポーツなどのアクティブなシーンでも安心して使えるカナル型のワイヤレスイヤホン。防水レベルはIPX5で、汗はもちろん、雨までカバーできるのが特徴です。

また、イヤホンの背面がマグネット仕様なので、首から下げられるのもポイント。重さが15gと軽量なのも魅力です。普段使いはもちろん、ランニング用やサイクリング用など、スポーツ向けのイヤホンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

Semiro Bluetooth イヤホン M2

Semiro Bluetooth イヤホン

Bluetooth4.1に対応しているワイヤレスイヤホン。一度ペアリングすれば、2回目以降は自動でデバイスに接続されるため快適です。apt-XやAACなどの高音質コーデックにも対応しており、質の高い音楽が楽しめます。

耳にフィットしやすいイヤーフックタイプになっているため、運動中も落ちたり取れたりしにくいところが魅力。マグネットが内蔵されており、使用後は磁石で左右をくっつけてまとめておけば、持ち運びにも便利です。

2000円以下のイヤホンおすすめモデル|スポーツ向け

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HS200-K

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HS200-K

新形態のサイドマウントスピーカーによって、汗が耳に入りにくい防滴仕様を採用したイヤホンです。耳に引っ掛けるハンガースタイルで、スポーツに最適なアイテム。また、コードは耳の後ろ回りに配置されるため、こすれ音を低減できるのが魅力です。

イヤーピースは全部で3種類付属。耳の形にあわせてぴったりのサイズを選べます。大口径12.4mmのドライバーユニットを横向きに配置することにより、スポーツをしながら安定した音楽が楽しめるおすすめの製品です。

ジェイビーエル(JBL) IPX5防水イヤホン ENDURANCE RUN

ジェイビーエル(JBL) IPX5防水イヤホン ENDURANCE RUN

耳から抜け落ちにくい独自構造「ツイストロックテクノロジー」に加えて、人間工学に基づいたイヤーピースを採用した製品。音漏れの少ないカナル型で密着性が高く、適度な圧迫感でずれにくいのが特徴です。

IPX5の防水性能を備えているので、運動中に汗をかいたときや、雨が降ったときでも安心。また、Siriの起動にも対応したマイクつきのリモコンが付属しており、曲の操作や通話が簡単に行えます。4色のカラフルなカラーバリエーションで、お気に入りのひとつを見つけやすいおすすめの製品です。

ソニー(SONY) イヤホン MDR-AS210

ソニー(SONY) イヤホン MDR-AS210

耳の形状にあわせて調節できるループハンガー機構により、フィット感に優れたソニーのランニングイヤホンです。耳への負担が少ないエラストマー樹脂を採用。ずれにくさだけでなく、長時間使用しても痛みや疲労を感じにくいのが特徴です。

また、IPX5の防水機能を備えているのもポイント。汗をかいたときでも安心して使えます。適度に周囲の音が聴こえるオープン構造なので、周囲の安全性を重視する方にもおすすめ。13.5mmのドーム型ドライバーを搭載しているため、装着感だけでなく音質の高さも魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD) イヤホン 耳掛け式 防滴仕様 HA-EB75

JVCケンウッド(KENWOOD) イヤホン 耳掛け式 防滴仕様 HA-EB75

ケンウッドのロングセラーアイテムです。走ったり動いたりしてもずれにくい、スライドイヤーフックを採用しているのが特徴。適度に外の音が聞こえるので、街中をランニングする際の危険や事故を予防します。

また、独自のバスブーストイヤーピースを採用しており、迫力のあるサウンドを楽しめるのもポイントです。さらに、自分で好みの位置に設定できる位置調節可能なフックつき。自分の耳にあった位置で使用できるため、長時間使用しても疲れにくいのも魅力です。

パイオニア(pioneer) イヤホン SE-E3

パイオニア(pioneer) イヤホン SE-E3

大型のスピーカーユニットを採用しており、音域バランスのよいサウンドを楽しめるパイオニアのイヤホン。柔らかい素材で作られたイヤーフックによって、多少の動作でも外れにくいように作られているので、運動中でも快適に使えます。防水保護等級は「IPX2」と、汗や水しぶきなどの水滴を防げる防滴仕様になっているところも魅力のひとつです。

Havit スポーツイヤホン

Havit スポーツイヤホン

しなやかなシリコンゲルを採用したスポーツイヤホンです。人間工学に基づいて作られており、耳にぴったりフィットするのが特徴。また、イヤホン部分にマグネットを内蔵しているので、使用しないときはネックレスのように首にかけられます。

120mAhのバッテリーを採用しており、1回の充電で約10時間使えるのもポイント。さらに、Bluetooth 4.2に対応していため、運動中でも安定感のあるサウンドが楽しめるおすすめアイテムです。

FunCee Bluetoothイヤホン 31C

一度設定しておけば、2回目からは自動でペアリングされる便利なBluetooth対応イヤホン。CVC6.0規格搭載で、通話時における環境音を低減させるノイズキャンセリング機能がついています。ネックレス型で首にかけられるうえ、IPX5の防水性能があるため、汗をかく運動時にぴったりです。

また、耳にフィットする人間工学に基づいたデザインで、長時間つけていても痛みが出にくいのも魅力。充電時間は1.5~2時間と短く、最大で8.5時間連続して使用できます。スポーツやアウトドアなどのアクティブシーンで使えるBluetooth対応イヤホンを探している方に、特におすすめのイヤホンです。

HIEMAO Bluetoothイヤホン

低遅延が魅力のBluetooth5.0規格を搭載しているワイヤレスイヤホンです。高感度マイクも内蔵されており、通話相手にクリアな音声を届けることができるので、ハンズフリーで快適に通話可能。着信があるとネックバンドが振動する仕組みで、電話に気付きやすいのが魅力です。

また、ネックバンドは柔らかくシームレスなシリコン製で、長時間首にかけていても疲れにくい設計。IPX5の防水性能によって、汗をかくトレーニングや急に降り出した雨のなかでのランニングでも安心できます。iPhoneやiPadからイヤホンのバッテリー残量を確認することもできる、便利な製品です。

Charlemain Bluetoothイヤホン

Charlemain Bluetoothイヤホン

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンです。軽量でシンプルなデザインで、持ち運びしやすいのが特徴。カナル型よりも圧迫感が少ないため、街中でランニングするときなどにもおすすめです。

また、リモコン部分にはボタンが3つしかないので操作も簡単。マイクが内蔵しているため、ハンズフリー通話も楽しめます。さらに、2台のスマホに同時接続できるのも魅力。携帯の2台持ちをしている方にも向いています。

スパーブ(SUP-B) 防水重低音イヤホン GorillaBassBluetooth SUP-201EP-K

スパーブ(SUP-B) 防水重低音イヤホン GorillaBassBluetooth SUP-201EP-K

IPX7の防水性能を備えたワイヤレスイヤホンです。あらゆる角度からの水の侵入を防ぐので、汗や雨などを気にすることなく使用できます。イヤホン本体の比重やコードの長さなど、身体を動かしても外れにくい仕様を追求。イヤーチップとイヤーフックをあわせて使うことで、より安定感を高めています。

Bluetooth 4.1に対応。イヤーチップはS・M・Lの3種類が付属しているため、最適なサイズのモノが選べるのもポイントです。

Dudios Bluetooth イヤホン

Dudios Bluetooth イヤホン

運動中にかいた汗や小雨などに耐えられるIPX5の防滴性能を持つイヤホン。Bluetooth4.1に対応しています。

耳栓のようにしっかりと耳の穴に入り込んで密着し、運動中の動作でも落ちにくいカナル型を採用。8時間連続での再生が可能な長持ちタイプのバッテリーで、長時間音楽を楽しめるところも魅力です。

2000円以下のイヤホンおすすめモデル|高音質

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJE150

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJE150

大手メーカーのパナソニックが展開しているイヤホンです。楕円形状のポートを採用しているのが特徴。気密性が高く、音漏れを軽減します。イヤーピースは、耳の小さい方でも安心のXSサイズ、さらにはS・M・Lの4種類が付属。装着感にこだわりたい方に最適です。

リーズナブルながら音質に優れており、国内のメーカーのなかでもとくにコスパに優れている製品。カラーバリエーションが豊富で、全部で9色のなかから選べます。自分好みのひとつが見つかりやすいおすすめアイテムです。

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJC260

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJC260

幅広いユーザーの耳にフィットするラウンドキャップを採用したモデルです。耳の奥までしっかりと収まる「DEEP FIT STYLE」を採用しているのが特徴。装着感に優れたアイテムを探している方におすすめです。

また、9mmのドライバーユニットを搭載しており、バランスのよい穏やかなサウンドも魅力。専用アプリの「Music Live Powered by DTS Headphone:X」を使えば、自分好みのサラウンドへの切り替えが楽しめます。ポップなデザインかつ、カラーバリエーションも豊富です。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-EX155

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-EX155

音漏れ防止技術を採用したイヤホン。空気の通気量を調節する孔を小さくすることで、外部への音の放出を軽減しているのが特徴です。また、耳の奥まで装着することで高い遮音性を実現する「アングルドイヤーピース構造」を採用しているのもポイント。周囲の音を気にすることなくサウンドを楽しめます。

9mmのドライバーユニットを搭載しているのも魅力。低音域から高音域まで、バランスのよいサウンドを鳴らします。カラーバリエーションも全10種類と豊富なので、見た目にもこだわりたい方もチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型イヤホン ATH-CK330MWH

オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型イヤホン ATH-CK330MWH

オーディオテクニカが展開しているカナル型イヤホンです。遮音性の高さに優れており、周りを気にすることなく音楽が楽しめるのが特徴。また、コードの表面に凹凸をつけることで、カナル型のデメリットでもあるタッチノイズも防ぎます。

コンパクトながら大口径ドライバーを搭載しており、音質面に配慮されているのもポイント。さらに、イヤーピースが4種類ついているので、装着感が気になる方にもおすすめです。クリアなサウンドを楽しみたい方はチェックしてみてください。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン HA-FX23

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン HA-FX23

世界累計販売台数1億台を突破した「Gumy」シリーズのワイヤレスイヤホンです。優れた遮音性と高音質を両立したアイテム。高磁力ネオジウムマグネットを採用しており、低音域から高音域まで、バランスよくサウンドを鳴らします。

本体にソフトな素材を採用しているのもポイント。装着感を重視したい方にもおすすめです。重量は約12gと軽量設計。また、内蔵バッテリーを搭載しており、連続で4.5時間の連続再生が可能です。使い勝手のよいイヤホンを探している方はチェックしてみてください。

POLVCDG G3イヤホン

ダブルダイナミック設計を採用し、高音質なサウンドを実現したイヤホン。原音の再現性が高いハイレゾ音源にも対応するハイレゾ認証済みモデルです。低音域から中高音域まで、幅広い音域を忠実に再生し、臨場感ある音を楽しめます。

耳穴にしっかりとフィットして遮音性を高めるカナル型であることもポイント。音漏れが気になる方にもおすすめです。また、耳に入れる部分は人間工学に基づいて設計されており、長時間着用していても疲れにくい仕様。快適な装着感と音質のよさが魅力のイヤホンです。

ケーゼット(KZ) ハイブリッドドライバイヤホン

ケーゼット(KZ) ハイブリッドドライバイヤホン

中国の人気メーカー「KZ」のカナル型イヤホンです。迫力のある重低音再生が得意なダイナミックドライバーと、繊細な高域再生が得意なバランスド・アーマチュア型ドライバーの両方を搭載したハイブリッド構成。2000円以下とは思えない音質のよさが特徴です。

また、人間工学に基づいた設計になっているのもポイント。長時間使用しても疲れにくいおすすめのモデルです。

シャオミ(Xiaomi) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01

シャオミ(Xiaomi) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01

シャオミのカナル型イヤホン。人間工学に基づいて作られており、外れにくく疲れにくいのが特徴です。密着度が高く音漏れしにくいため、通勤・通学時でも安心して使用できます。

本体には軽くて傷のつきにくいアルミニウム合金を採用しており、耐食性・耐摩耗性に配慮されているのもポイント。また、シックで洗練されたデザインも魅力です。カラーバリエーションは全部で5種類。見た目と機能性のどちらにもこだわりたい方におすすめです。

クリエイティブ(Creative) インナーイヤーイヤフォン EP-630

クリエイティブ(Creative) インナーイヤーイヤフォン EP-630

9mmネオジウムマグネットドライバーを搭載したモデルで、重低音の効いたメリハリのあるサウンドが特徴です。音楽以外にも映画やゲームなど臨場感あるサウンドを鳴らします。

イヤーピースは、遮音性に優れたシリコン素材を採用。マイクも内蔵しているので、ハンズフリー通話も行えます。通勤や通学など普段使いにおすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) カナル型イヤホン RH1000

エレコム(ELECOM) カナル型イヤホン RH1000

ホワイトとゴールドの組み合わせが上品な印象の本モデル。音楽CDの3倍以上のサンプリング周波数と量子化ビット数を持つ音楽ファイル「ハイレゾ音源」に対応しているため、従来の音源よりも音の輪郭が際立ち、クリアな音質を楽しめます。

さらに、10mmのダイナミックドライバーとチタンコートが施された高剛性振動版を採用しているので、明るい高域と豊かな低域を楽しめるのが特徴。耳にしっかりフィットして、遮音性も高いカナル型で、周囲の音を気にすることなく音楽に没頭できるイヤホンです。