衣類の洗濯に便利な「ドラム式洗濯機」。縦型洗濯機よりも水の使用量が少なく、コストを節約しやすいのが特徴です。比較的リーズナブルに購入できる製品も多数展開されています。

そこで今回は、おすすめの安いドラム式洗濯機をご紹介。メリットやデメリット、選び方についても解説していきます。ドラム式洗濯機の購入を迷っている方や、低価格のモデルを探している方はぜひ参考にしてみてください。

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

メリット

By: rakuten.co.jp

ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機よりも水の使用量が少なく、長期的に比較すると水道代が安くなるのがメリット。節水を心がけたい方におすすめです。

また、水の量が少ないため、高濃度の洗剤で洗えます。衣類に付着した皮脂や細かな汚れを落としやすいのが利点です。

さらに、ドラムの回転による「たたき洗い」を採用しており、衣類同士の摩擦を軽減できるのもポイント。衣類が傷みにくく、やさしくキレイに洗えます。

デメリット

ドラム式洗濯機を購入するうえで注意しておくべきなのが、価格。ドラム式洗濯機の価格の相場は16~30万程度といわれており、縦型の洗濯機と比較すると約2~3倍にあたります。

また、扉が横開きのため、設置場所に注意しないと使いにくくなる可能性も。さらに、脱水の際に遠心力がかかり、洗濯物がゴワつきやすいのも注意点。乾燥機能を使用したり干し方を工夫したりする必要があります。

安いドラム式洗濯機の特徴

By: irisohyama.co.jp

安いドラム式洗濯機には「乾燥機能」が備わっていない機種が多数展開されています。乾燥機能に必要なヒーターが搭載されていないため、その分コストが削減され、リーズナブルな価格を実現している仕組みです。

また、洗剤が自動で投入される機能やスマホでの遠隔操作など、ドラム式洗濯機ならではの機能が未搭載のモデルも。乾燥機能が必要ない方や、シンプルな操作で稼働できるドラム式洗濯機を探している方に適しています。

安いドラム式洗濯機の選び方

搬入経路と設置スペースに合ったサイズをチェック

By: rakuten.co.jp

ドラム式洗濯機は、縦型の洗濯機と比較してサイズが大型。そのため、玄関のドアや階段、部屋の廊下の幅など、搬入経路の幅を調べておく必要があります。まずは、どの経路から搬入するかを事前に決めておくのがおすすめです。

また、設置スペースの確保も重要。洗濯機の幅や奥行き、高さだけではなく、横開きの扉を開けた際のスペースも考えましょう。

洗濯容量をチェック

By: irisohyama.co.jp

ドラム式洗濯機を購入する際には、一度に洗濯できる容量も忘れずに確認しておきましょう。一般的に、洗濯容量は「1人1日約1.5kg×家族分」が目安といわれています。

1~2人暮らしの場合は6~7kg、家族暮らしの場合は8kg以上の製品がおすすめ。冬物の厚手の衣類やバスタオルなどを同時に洗濯する場合を考慮して、少し余裕のある容量を選びましょう。

また、ドラム式洗濯機の乾燥容量は洗濯容量の約半分。乾燥容量に対して洗濯物が多いと、乾き残しが出る可能性があります。購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

機能をチェック

By: rakuten.co.jp

安いドラム式洗濯機は、乾燥機能が搭載されていない製品がほとんどですが、最低限の乾燥機能を備えたモデルならあります。ただし。縦型洗濯機の乾燥方法と同じ「ヒーター式」を採用しているため、衣類が傷んだり縮んだりしやすい点には留意しておきましょう。

また、Ag+のパワーで除菌効果を高める「Ag+除菌システム」の機能も便利。ニオイや黄ばみを除去しやすい「温水洗浄」や、脱水後に80%乾燥させてから部屋干しできる「ふんわりシワ取りコース」などの機能もおすすめです。

ドアを自動でロックする「チャイルドロックモード」など、安全性に配慮した機能にも注目。製品によってさまざまな機能が搭載されているのでチェックしてみてください。

安いドラム式洗濯機のおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 HD81AR

快適に部屋干しができる、容量8kgのドラム式洗濯機です。温水洗浄にAg+のパワーが加わった「Ag+除菌システム」が採用されており、部屋干しのニオイを軽減可能。繊維の奥から除菌ができると謳われています。

洗濯槽の裏側や樹脂部分まで除菌効果が期待でき、キレイな洗濯機を保ちやすいのもポイント。ヒーターで水を温める「温水コース」では、洗剤の洗浄効果を最大限に引き出せるため、ニオイや皮脂汚れを効率よく落としやすく黄ばみも洗い流せます。

「部屋干しコース」では最後のすすぎを温水で行うので、部屋干しでも乾きやすく、衣類にシワが付きにくいのもメリット。生地が柔らかくなり、ドラム内から取り出しやすくなります。

さらに、回転洗い・たたき洗い・ソフト洗いなど、14のコースで洗浄効果を高められるのも利点。機能性に優れた温水洗浄のドラム式洗濯機を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 HD71

一人暮らしや少数家族に適した、容量7.5kgのドラム式洗濯機。「予約タイマー機能」が搭載されており、生活スタイルに合わせて使用できます。

標準・すすぎ1回・お急ぎ・大物・念入り・羽毛・手洗いなど、12種類のコースが選択可能。標準コースや念入りコースなどでは「つけ置き洗い」ができ、落ちにくい頑固な汚れにも対応できます。

また、最終すすぎの水を温めて乾燥時間を短縮できる「部屋干しモード」を搭載。40℃で洗剤の化学効果を高めて皮脂汚れを効率よく落としたり、60℃でニオイの原因菌を抑えて衣類の除菌効果を高めたりと、用途に合わせて細かな温度設定ができます。

洗濯槽には、黒カビが発生しにくい「ステンレス槽」を採用。ドアをロックできる「チャイルドロックモード」が搭載されており、小さな子供がいる家庭にもおすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FLK832

時短干ししながら衣類のシワを防ぎやすい、容量8kgのドラム式洗濯機。洗濯と脱水後に80%乾燥させる「ふんわりシワ取りコース」が搭載されており、衣類のシワを軽減しながら部屋干しの時間を短縮できます。

また、少ない水量でも嫌なニオイや黄ばみを落とせる「温水洗浄」を採用。ニオイの除去効果が期待できる「60℃コース」、皮脂汚れやニオイ対策に効果的な「40℃コース」、染みついた黄ばみに便利な「40℃コース」と、用途に応じて水温を調節可能です。

生活スタイルに合わせられる「予約タイマー機能」を搭載しているもメリット。ドアがロックできる「安心チャイルドロック」も備わってり、安全性に配慮されています。

好みに合わせて洗い方を設定し、呼び出して運転できる「おこのみ設定」も便利。回転洗い・叩き洗い・ソフト洗いの3パターンで、洗い方の組み合わせを変更できます。操作性と実用性を兼ね備えたおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 CDK832

コンパクトで省スペースに置きやすい容量8kgのドラム式洗濯機。奥行67.2×幅59.5×高さ93.8cmで、圧迫感が少なく設置できます。乾燥は3kgまで可能。脱水後に80%乾燥させてから部屋干しできる「ふんわりシワ取りコース」が搭載されているため、干す時間を短縮しながら衣類のシワを軽減できます。

「外気の取り入れ」と「センサーでの抑制」によって、衣類に優しい温風温度で乾燥可能。タオルがふっくらと乾かせるだけではなく、シャツのアイロンがけもほとんど必要ありません。

用途によって水温を変えられる「水温洗浄」で、気になるニオイや黄ばみも除去する効果が期待できます。よだれかけの汚れにも効果的なため、小さい子供がいる家庭にもおすすめです。

「槽クリーンコース」で定期的に菌や黒カビから洗濯槽を守れるのもメリット。洗剤投入ケースは外して丸洗いできるので、清潔さを保ちやすい製品です。

アクア(AQUA) ドラム式全自動洗濯機 左開き AQW-FV800E

By: aqua-has.com

シンプルで使いやすい容量8kgのドラム式洗濯機です。洗剤を温めて酵素の力を活性化させる「お湯洗いコース」を搭載。繊維の奥の汚れや黄ばみまですっきりと洗い流せます。除菌は60℃、洗浄は30℃など、目的や衣類に応じてさまざまな温度で洗い分けできるのも特徴です。

リフレッシュ浸透洗い・パワフルたたき洗い・ローリングもみ洗いの3ステップ洗浄を採用。遠心力で洗剤を浸透させながら、手洗いのように汚れを落とします。脱水は、衣類や天気に合わせて5段階で設定可能です。

「泥んこ予洗いコース」では、予洗いで洗濯物の泥汚れを洗い落としてから、排水後の本洗いで洗剤を追加してよりキレイに洗濯可能。手洗い・洗濯機対応のダウンジャケットやコートを、丸ごとセルフクリーニングできる「ダウンコース」も搭載されています。

パネルは「LEDディスプレイ」で、操作性に優れているのも魅力の製品です。