白物家電を代表する「洗濯機」。従来からある縦型は洗浄力が高く、メンテナンスが容易なモデルや静音性に配慮した製品などが人気です。一方で、ドラム式は乾燥性能に優れているのが特徴。特に温水で洗う機能を搭載したモデルは評判が高く、注目を集めています。

今回は洗濯機のおすすめモデルを、縦型とドラム式に分けてご紹介。選び方のポイントや購入する際に注意したいことについても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

洗濯機の種類

縦型洗濯機

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は上部から洗濯物を出し入れする従来型のタイプです。しっかりと洗剤を泡立てて多くの水で揉み洗いすることにより頑固な汚れも落ちやすくなっています。スポーツや部活動などで毎日のように汚れ物を洗濯する必要がある家庭におすすめです。

縦に長い分だけ横幅を抑えられるのもポイント。設置場所のスペースが限られている場合に重宝します。弱点としては、洗濯物が絡みやすいほか、薄手の衣類を洗濯する際に設定を間違ってしまうと、衣類にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要。

最近では乾燥機能を搭載したモデルも販売されているため、機能性を重視する方にもおすすめのタイプです。

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機は洗濯物の投入口が前面にあり、内部のドラムが横向き、もしくは斜めに位置していて奥行きがある洗濯機です。ドラムを回転させて洗濯物を上から下へ落とす「たたき洗い」が最大の特徴。水の量が少なく済み、衣類同士の擦れも少ないため生地を傷めずに洗濯できます。

また、乾燥したときの仕上がりのよさもポイントです。衣類が回りながら上から下に落ちていくタイミングで温風が当たるため、ふわっとした仕上がりに。タオルなどをしっかりと乾燥させてふわふわにしたい場合におすすめです。

なお、ドラム式洗濯機は扉を前方に引いて開けるため、50cmほどスペースの余裕が必要。また、左右・奥行きと大きめのモデルが多いので購入の際は寸法に注意しましょう。

洗濯機の選び方

洗濯機の容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

洗濯機の容量も重要なチェックポイントのひとつです。1人当たりの1日の洗濯物の平均量は1.5kg。例えば4人家族の場合、4×1.5=6kgが必須容量と計算できます。ここにタオルや布巾などの容量も考慮して、1kgプラスした容量を選びましょう。

ただし、小さい子供がいる方や、スポーツをする家族がいる方は、必要最低限の容量に2~3kg足したものを選ぶことをおすすめします。また、まとめ洗いをする方や、自宅で毛布を洗うという方は、プラス3kg以上のものを選びましょう。

乾燥機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

部屋干しのカビや匂いが気になる方は、乾燥機能の有無もチェックしましょう。洗濯機に搭載している乾燥機能は、主にヒートポンプ・ヒーター・送風の3種類がラインナップされています。

ヒートポンプ式は、低温の乾燥した風で衣類を乾かす低温乾燥方式。低温で乾燥することで、衣類の傷みを軽減できるほか、電気代も安いのが特徴です。しかし、低温で乾かす分、カラっとした状態にはなりにくいというデメリットもあります。

一方、ヒーター式はヒートポンプ式よりも高温の風を当てて乾かすため、仕上がりがカラっとしています。その分、電気代が高いため、頻繁に乾燥機能を使う方は注意が必要です。

送風乾燥式とは、回転により槽内に空気の流れを作り、衣類の水分を飛ばすというもの。さらに、布ほぐしを加えることで、化学繊維の衣類を乾かせます。ただし化学繊維以外の衣類の場合、二度干しが必要です。完全に乾かなくとも干す時間を短縮できるため、洗濯物が乾きにくい梅雨時期に活躍します。

静音性をチェック

洗濯機の稼働音に配慮したい方は静音性の高いモノを選びましょう。特に「インバーター」を搭載している洗濯機がおすすめです。

インバーターとは洗濯機のモーターの回転速度を制御する装置で、稼働中の洗濯機の揺れをコントロールするのが特徴。インバーターを搭載している洗濯機は静音性が高いだけでなく、電気代や水道代も節約ができるので省エネ性を重視される方におすすめです。

なお、インバーターは主に洗濯容量8kg以上の全自動洗濯機に搭載されています。容量6kg以下の洗濯機には搭載されていないモデルが多いので、購入する際は留意しておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

糸くずや洗剤のカスが付くと洗浄のクオリティが落ちてしまいます。そのため洗濯機を使い続けていくうえで、定期的に手入れをすることが大切です。

洗濯槽に汚れがつきにくいモデルや、糸くずポケットが掃除しやすいモデルであれば、比較的手入れしやすいのでおすすめ。なお、掃除に手間を感じるという方は自動掃除機能付きの洗濯機が便利です。

その他機能をチェック

By: amazon.co.jp

多機能化の進む洗濯機のなかでも、注目したいのがAI機能です。AIが自動で洗濯の全てを管理するため、洗濯の手間をより省くことができます。

また、パナソニックや日立などの一部メーカーで採用している洗剤や柔軟剤の自動投入機能も見逃せない機能。洗濯機の専用タンクに、あらかじめ洗剤や柔軟剤を入れておくと、その日の洗濯物の量に応じた洗剤や柔軟材を自動で投入してくれます。そのため毎回、洗剤を入れる必要がないので便利です。

洗濯機を買う前の注意点

洗濯機のサイズに注意

By: panasonic.jp

洗濯機を選ぶときはサイズにも注意しましょう。室内に設置する場合は床への漏水を防ぐために「防水パン」へ置くことになります。この防水パンのサイズは「幅640×奥行き640mm」「幅740×奥行き640mm」「幅800×奥行き640mm」の3種類が主流なので、部屋にある防水パンのサイズを事前に確認しておくことが重要です。

また、設置に関する搬入経路も確認すべきポイント。玄関に入るかはもちろん、マンションやアパート住まいであればエレベーターに乗せられるかなども確認しておきましょう。搬入時には洗濯機の各サイズにプラス10cm程度の余裕をもっておくのがおすすめです。

扉の開閉方式に注意

By: panasonic.jp

洗濯機を設置する際には、扉の開閉方式にも注意しましょう。縦型の洗濯機の場合、高さ方向に開閉するため、上部の収納に干渉しないかどうかをチェックする必要があります。

また、ドラム式洗濯機の場合は扉が開く方向と置き場所に配慮しましょう。それぞれ扉の向きと壁が沿っていれば快適に使えるため、左開きであれば左に壁がくるように、右開きであれば右に壁がくるように設置することをおすすめします。

洗濯機のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の洗濯機は、縦型の「ビートウォッシュ」とドラム式の「ビッグドラム」シリーズが展開されています。ビートウォッシュシリーズは押し洗い・たたき洗い・もみ洗いを組み合わせて効率よく汚れを落とす「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載しているのが特徴です。ビッグドラムシリーズは強力な風と温度コントロールで、シワを伸ばしながら乾燥する「風アイロン」機能が搭載されています。

また、洗濯槽の自動洗浄機能を搭載したモデルがあるのもポイント。洗濯槽の裏側なども清潔に保てるので、長く使える洗濯機を探している方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの洗濯機は「泡洗浄」が魅力です。循環ポンプによって洗剤液をしっかり泡立ててくれるので、頑固な汚れもしっかりと洗い落とします。洗濯時間が短縮できる「即効泡洗浄」や、黄ばみやニオイの原因菌を抑制する効果が期待できる「温水泡洗浄」を搭載したモデルも人気です。

また、除菌や消臭効果が期待できる「ナノイー」を多くのモデルに採用しています。さらに、洗濯から乾燥までトータル約98分で仕上げる「ヒートポンプ乾燥」のほか、「自動お手入れ」や「温水機能」などの優れた機能が揃っているのもポイントです。デザイン性が高いモデルもリリースしているので、インテリア性にこだわりたい方もぜひチェックしておきましょう。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの洗濯機は「プラズマクラスター」を搭載しているのが特徴です。カビ菌の繁殖の抑制や水で洗えないモノの消臭効果が期待できます。

また、「マイクロ高圧洗浄」機能を搭載しているモデルでは、毎秒約100万個以上の微細な水滴を噴射することで、頑固な汚れを弾き出すとうたわれているのがポイント。開閉ドアの裏側にひまわりの種の配列を応用した「ひまわりガラス」を採用しているモデルは、凹凸を利用した「こすり洗い」によって、より高い洗浄力を有しています。

さらに、ヒートポンプとサポートヒーターのハイブリッド乾燥方式である「ぽかぽか・おひさま乾燥」によって、洗濯物をふんわりと乾燥させられます。なお、洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を採用しているのもポイント。洗濯槽の外側に黒カビなどが発生するのを抑制する効果が期待できるだけでなく、少ない水で効率よく洗濯することが可能です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の洗濯機は独自の洗浄技術を搭載したモデルが多いのが特徴。小さな泡を発生させて繊維の奥まで洗う「ウルトラファインバブル洗浄」や繊維の奥に洗剤液を浸透させる「浸透ザブーン洗浄」などが代表的です。

また、静音性も高いので、集合住宅や夜間に洗濯物を干したい方にもおすすめ。騒音を引き起こすギアやベルトがないS-DDモーターを搭載している製品なら、振動や音を気にせず洗濯できます。

ハイアール(Haier)

By: amazon.co.jp

ハイアールは中国の家電メーカーです。洗濯機に関しては、ハイアールブランドとともに「AQUA」ブランドを展開しています。

ラインナップされている洗濯機は総じてシンプルで使いやすいのが特徴。洗濯容量は大きくて7kg、小さくて3kgとラインナップも豊富で、価格がリーズナブルなのも魅力です。比較的小型なモデルが揃っているため、一人暮らし用の洗濯機を探している方はぜひチェックしておきましょう。

洗濯機のおすすめモデル|縦型

パナソニック(Panasonic) 洗濯乾燥機 NA-FW90K7-T

パナソニック(Panasonic) 洗濯乾燥機 NA-FW90K7-T

「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」を搭載した縦型洗濯機です。液体洗剤と柔軟剤をあらかじめ入れておけるタンクを搭載。洗濯をするたびに衣類の量に応じて適量を自動投入してくれるので、手間を省けるとともに入れすぎを防止できて経済的です。

泡立ちのよい濃密な泡と立体水流で汚れを強力に落としてくれるのもポイント。独自の「ジェットバブルシステム」によって、約3秒で洗剤を注入して繊維の奥まで浸透させます。

さらに大きな3枚のパルセーターによる「パワフル立体水流」でしっかりとかくはんして衣類をムラなく洗浄。手間なくしっかりと頑固な汚れを落としてくれる洗濯機を探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) 洗濯乾燥機 ES-PU11C-S

シャープ(SHARP) 洗濯乾燥機 ES-PU11C-S
洗濯容量11kg、乾燥容量6kgの縦型洗濯機。最大の特徴がシャープならではの「穴なし水槽」です。洗濯槽に穴がないため、裏側についた黒カビや汚れが槽内に入り込みません。常に清潔な水で洗い・すすぎができるので、洗濯槽の汚れが気になる方におすすめです。

また、洗濯槽に穴がないため余分な水を使用しないのもポイント。一般的な穴のある洗濯機と比較して、1回あたり2Lペットボトル約17本分もの節水ができるので家計にもやさしいモデルです。

さらに、「プラズマクラスター槽クリーンコース」を搭載。洗濯槽を水で洗い流したあとに送風しながらプラズマクラスターを放出させることで、カビ菌の繁殖を抑えられて洗濯後のお手入れも簡単です。

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX120C-W

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX120C-W

洗濯容量12kg、乾燥容量6kgの縦型洗濯機。大型タイプなので、大人数のファミリーにおすすめのモデルです。AIを搭載しており、洗い方や時間を自動的に判断。汚れが多ければ時間を延長、化学繊維の割合が多い衣類は少ない水で注ぐなど、細かい設定の手間を省いてくれます。

また、自動的に洗剤の種類を判別して洗い方を変えてくれるのも特徴。液体洗剤では回転数を上げ衣類を動かして洗い、粉末洗剤では洗剤をしっかりと溶かして洗うため、頑固な汚れをしっかりと落とせます。

液体洗剤を使用する場合は柔軟剤と合わせて自動投入してくれるので便利。計量や投入の手間を省け、洗濯に不慣れな方でも簡単に使用できる洗濯機です。

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80E

日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80E

洗濯容量8kgの縦型タイプ洗濯機。5人以上の家庭でも十分使用できる大きさです。便利な洗濯コースが用意されており、「デリケート」コースでは薄手の衣類をたっぷりの水を使って弱水流で洗濯。「おしゃれ着」コースでは遠心力を利用した押し洗いをおこない、服の型崩れを防ぎます。

乾燥機能が充実していることもポイント。「低温乾燥」コースでは約65℃の低温で衣類を乾燥させることにより、縮みを抑えてやさしい仕上がりを実現しています。また、「ダニ対策」コースでは温風で繊維中のダニを加熱して死滅させる効果が期待できるので衛生面も安心。

くわえて、気になる花粉を送風で落とせるなど、小さなお子さんのいる家庭やアレルギー体質で困っている方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 洗濯乾燥機 AW-10SV8-T-KJ

東芝(TOSHIBA) 洗濯乾燥機 AW-10SV8-T-KJ

驚異的な洗浄技術で特許を取得している「ウルトラファインバブル」技術を搭載した縦型タイプの洗濯機です。肉眼では確認できないほど小さなナノサイズの泡を生成。繊維の奥までしっかりと洗剤が浸透して汚れを強力に落としてくれます。

また、衣類と洗剤液を温風で温めて洗剤の効果を高める「温か洗いコース」も搭載。ひどい汚れも落としやすいので、スポーツや子供の部活動などで毎日汚れ物を洗濯しなければならない場合に適しています。

本製品は東芝独自のDDモーターの採用により低振動・低騒音設計なのもおすすめポイント。早朝や深夜、マンションなど騒音や振動が気になるケースで重宝します。

東芝(TOSHIBA) DDインバーター洗濯機 AW-12XD8-T

東芝(TOSHIBA) DDインバーター洗濯機 AW-12XD8-T
洗濯容量12kgのインバーター式縦型洗濯機です。大型タイプなので大人数に対応しており、一度に多くの洗濯物が洗えるのが特徴。約4kgのカゴ2つ分にくわえて、バスタオル8枚・タオル8枚・シーツ2枚が同時に洗濯できます。一度にまとめて洗えるので、コストも減らせて経済的です。

ナノレベルの泡「ウルトラファインバブル」で洗濯、すすぎをおこなうことで繊維の奥までしっかりと洗浄。すすぎの回数や水の量を減らせます。脱水後にはパルセーターを細かく動かして洗濯槽から衣類をはがしてくれるのも便利。取り出しやすいので、絡まった衣類にイライラすることもありません。

また、自動お掃除モードを搭載しており、お手入れも簡単。最終すすぎの水を利用し、高速回転による強力な遠心力で洗濯槽汚れを掃除して、黒カビの発生を抑えます。お手入れに手間をかけることなく、常に清潔に使用したい方におすすめのモデルです。

ハイアール(Haier) JW-C55A 5.5kg

ハイアール(Haier) JW-C55A 5.5kg
中国の家電メーカー「ハイアール」の縦型タイプ洗濯機です。容量は5.5kgと小さめなので、一人暮らしにおすすめです。高濃度洗浄機能を搭載しており、少ない洗剤で汚れをしっかりと落とせるのが特徴。衣類の細かい繊維の奥まで高濃度の洗剤液を染み込ませることで、頑固な汚れを落とします。

10分で洗濯が完了する「お急ぎコース」を搭載しているのもポイント。洗濯にかける時間を大幅に短縮できるため、忙しい人に最適です。また、「風乾燥コース」を選択すればさらに時短が可能。脱水時の回転と同時に風を送り、遠心力と風の働きで水分を飛ばして乾燥時間を短縮します。

さらに、アイロンがけの手間を軽減してくれる「しわケアコース」を使えばアイロンがけの時間も短縮。脱水時間と回転数の調整によってシワになりにくくなっています。

ハイセンス(Hisense) 全自動洗濯機 HW-T55C

ハイセンス(Hisense) 全自動洗濯機 HW-T55C
中国の家電ブランド「ハイセンス」の縦型洗濯機。低価格な洗濯機として中国のみならず日本でも売上を伸ばしています。当モデルは5.5kgタイプ。一人暮らしに最適なサイズで、さらに小さい4.5kgタイプもリリースされています。

ステンレス槽は、凸凹設計を採用しているため、回転時に汚れを強力に掻き出します。また、タテ水流とヨコ水流を組み合わせた循環水流により洗濯物を洗浄。頑固な汚れも落とします。低価格ながらも機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ベステック(BESTEK) BTWA01 3.8kg

ベステック(BESTEK) BTWA01 3.8kg

本体サイズ幅47×奥行き50×高さ79cmと、超コンパクト設計の洗濯機。容量は3.8kgなので一人暮らしや寮住まいの人におすすめです。節水効果が高く、「お急ぎコース」では約34Lの水量で洗濯。6段階の水位調整機能を使って微調整しながら洗濯できるので、さらなる節水も可能です。

また、ステンレス層と抗菌パルセーターを採用しているため、黒カビの発生を抑えて常に清潔に使用できるのもおすすめポイントです。

洗濯機のおすすめモデル|ドラム式

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900L

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900L
空気の浄化・脱臭・除菌にくわえて美容にも効果を期待できる「ナノイーX」を搭載したドラム式洗濯機です。本製品では濃度10倍のナノイーXを搭載しており、衣類に付いた花粉や水洗いできない帽子やジャケットなどの除菌・防臭で効力を発揮。頑固な汚れの前処理でも活躍します。

液体洗剤や柔軟剤を自動で計量して投入する機能も搭載。忙しい時のひと手間を減らせる上に、洗剤をこぼして手を汚すこともありません。また、洗剤の使いすぎも防げるので経済的です。

スマートフォンで洗濯の操作ができるのも特徴。スマートフォンアプリと連携して外出先から仕上がり時間の設定や変更、コースの選択もできます。多機能で最新テクノロジーを搭載した、便利なドラム式洗濯機を探している方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG1300L

パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG1300L
洗練されたシンプルなフォルムが印象的なドラム式洗濯機です。細部にまでこだわったデザインは、上質な洗面台などを設置しているサニタリー空間とも調和します。洗濯容量10kgと大型タイプながら幅・奥行きともに約60cmのキューブフォルムが特徴的と言えます。

一般的な外寸64×64cmまでの防水パンにも設置可能なので、縦型からの買い替えや狭いスペースに設置できるドラム式洗濯機を探している人におすすめ。また、ドラム槽の位置を通常タイプより約83cm高く設計しているため衣類の出し入れが楽な姿勢でおこなうことが可能です。

水温や衣類の種類、量を自動的に見分けて洗濯する「エコナビ」も便利。水温が高いときや衣類の量が少ない場合に「おまかせコース」に設定することで、洗濯時間を短くしてくれるため、節電にもなり経済的です。

シャープ(SHARP) ES-U111 11kg

シャープ(SHARP) ES-U111 11kg
一般的なドラム式洗濯機と比較して若干縦長のスマートなフォルムが特徴です。毎秒約100万個以上の細かい水滴を衣類に噴射する「高圧シャワーノズル」を装備。細かい水滴が衣類の繊維を広げず奥まで入り込むことで、汚れをはじき出してしっかりとすすぎもおこないます。

超音波ウォッシャーが付属しているのも大きな特徴です。ひどく汚れた部分にあらかじめ超音波ウォッシャーを当てて汚れをある程度除去する効果が期待されます。それから時短コースで洗濯をすれば、わずか10分で汚れ物の洗濯を完了できます。

また、乾燥機能も抜群です。ヒートポンプとサポートヒーターを組み合わせたハイブリッド乾燥方式により、縮みや乾きムラの少ない仕上がりを実現。天日干しよりもしっかりと乾燥できるので、部屋干し中心の家庭におすすめです。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120CR

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120CR

洗い方や時間を自動で判断して洗濯するAI搭載のドラム式洗濯機です。洗濯容量は12kg。小型の洗濯機からの買い替えであれば、洗濯の回数が減らせるのでランニングコストを大幅に軽減できます。スマートフォンと連携して洗濯をサポートしてくれる「ビッグドラムアプリ」を搭載しているのもポイント。

スマートフォンの画面で生活シーンや衣類の種類を選択して、そのままスマートフォンから運転をスタート可能です。また、ソフトウェアのアップデートにも対応しており、それまでなかった選択コースを追加できます。

さらに、外出先からのリモート操作や運転状況の確認、お手入れ時期を通知してくれるなど、まさにお洗濯のコンシェルジュとして活躍してくれるおすすめモデルです。

日立(HITACHI)ドラム式洗濯乾燥機 BD-SV110CL

日立(HITACHI)ドラム式洗濯乾燥機 BD-SV110CL
洗濯容量11kgのドラム式洗濯機です。高濃度の洗浄力が高い「ナイアガラ洗浄」を搭載。頑固な汚れをしっかりと落とし、予備洗いも不要なので洗濯の手間を省けます。また、洗剤の種類を自動的に検知。洗剤に合わせた溶かし方や洗い方によって回転数の調整をおこないます。

また、乾燥機能も充実。高速の風でシワを伸ばしてアイロンがけの手間を減らす「風アイロン」機能を搭載しており、ドラム内で衣類を大きく舞い上げながら、時速約300kmもの高速の風を吹きかけてシワを伸ばします。

さらには、簡単にシワ取りと脱臭ができる「スチームアイロン」コースも便利。ドラム内を高湿にした状態で高速の風を吹きかけることでシワを伸ばして臭いも取ってくれるので、外出前のアイロンがけの手間をさらに省きます。忙しい方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA)ドラム式洗濯乾燥機 TW-127X7L-T

東芝(TOSHIBA)ドラム式洗濯乾燥機 TW-127X7L-T

洗濯容量12kgの大型タイプドラム式洗濯機。大人数の家庭や部活動の汚れ物を毎日たくさん洗濯しなければならない場合におすすめのモデルです。見やすく操作のしやすい「7インチ大型カラータッチパネル」を装備しており、すべての操作はメニューのアイコンを選択してタッチするだけ。

スマートフォンを操作するような感覚で直感的に操作が可能です。お手入れが簡単なのも本製品の特徴。乾燥フィルターはワンプッシュで取り外しできるので、誰でも簡単にお手入れできます。

さらに、糸くずのたまりやすい乾燥ダクトも自動でお手入れ。つまりやすい乾燥ダクトにたまった糸くずを水で洗い流してくれるので便利です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FL71-W/W 7.5kg

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FL71-W/W 7.5kg
ドラム式洗濯機の中ではリーズナブルながら、機能の充実しているモデルです。さまざまな生活用品を手がけているアイリスオーヤマらしく、炊飯器や電子レンジ、冷蔵庫などとセットになったお得なコースも用意されています。

2種類の温水洗浄コースを可能にした温水ヒーターを搭載しているのがポイントです。頑固な汚れを落として除菌の効果ができる「約60℃コース」、繊維の奥の皮脂汚れを強力に落とす「約40℃コース」を衣類によって使い分けることにより、汚れや臭いの原因菌を抑制します。

乾燥機能は搭載していませんが、温水すすぎで部屋干しの乾燥時間を通常の約3分の2に短縮する「部屋干しコース」を用意。温水ですすぐことにより洗濯物が温まるため、乾きやすく時間を短縮できる機能です。