衣類を清潔に保つために欠かせない「洗濯機」。汚れ落ちにこだわったモデルが多く販売されています。メーカーの独自機能により、衣類のニオイや除菌ケアができるモノや、スマホ向けアプリと連携して洗濯機を操作できるモノなど、高機能なモデルも人気です。

そこで今回は、ドラム式・縦型・一人暮らし向けに分けて、洗濯機のおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。選び方も解説するので、お気に入りの1台を探してみてください。

洗濯機の種類

乾燥機能付きで節水もできる「ドラム式洗濯機」

By: panasonic.jp

ドラム式洗濯機は「たたき洗い」と「もみ洗い」を組み合わせた洗濯方法が特徴。特にたたき洗いでは、衣類を上から下に落として水面にたたきつけるように洗うため少ない水量で洗浄できます。また、衣類同士が絡みにくく、生地の傷みを軽減できるのが魅力です。

ほとんどの機種で「ヒートポンプ式」の乾燥機能を搭載。ドラム内で衣類を持ち上げ、広げながら温風を当てて乾燥させるため、ふっくらと仕上げられます。本体価格は高めですが、節水しつつ稼働時間の短縮も可能。ランニングコストを抑えながら、短時間で乾燥まで済ませたい方におすすめです。

ドラム式洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

ラインナップが豊富で選びやすい「縦型洗濯機」

By: amazon.co.jp

縦型洗濯機は、衣類をこすり合わせて汚れを落とす「もみ洗い」が特徴。洗浄力が高く、泥などの固形汚れの洗浄に優れています。ただし、衣類同士が絡みやすく、布が傷みやすい点には注意が必要です。

洗濯から脱水までを行う「全自動洗濯機」と、乾燥機能を備えた「洗濯乾燥機」の2種類から選べるのも魅力。全自動洗濯機はシンプルな機能で使い勝手に優れているため、洗濯物の量が少なく、干すのに手間がかからない一人暮らしの方におすすめです。

乾燥機能には「ヒーター式」を採用しているモデルが大半。梅雨などの洗濯物が乾きにくい時期に急いで乾燥したい場合などに便利です。

縦型洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

脱水性能が高くメンテナンスもしやすい「二層式洗濯機」

By: rakuten.co.jp

二層式洗濯機は、洗濯機能と脱水機能が独立しているのが特徴。洗濯物を入れ替える手間はかかりますが、洗濯槽で衣類を洗いながら脱水槽で洗濯済みの衣類を脱水できるため、大量の洗濯物を扱う際に便利です。

洗濯時間や脱水時間を自分で自由に設定できるのも魅力。洗い終わったあとに自分で脱水槽へ入れ替えるので、汚れが残っていた場合でもすぐに洗い直せます。脱水時間も自分で調節できるため、衣類に合わせた対応が可能です。

また、構造がシンプルで手入れしやすいのもポイント。洗濯槽が二重構造ではないためカビも生えにくく、清潔に使えます。業務用を中心に、家庭用としても人気を集めているタイプです。

洗濯機の選び方

容量は「1.5kg×人数」が目安

By: hitachi.co.jp

洗濯機の容量は、1度に洗濯できる洗濯物の最大量(kg)で表示されます。また、乾燥機能付きモデルでは、洗濯容量と乾燥容量の両方を表示しているのが一般的。乾燥容量は洗濯容量よりも少ないので、毎回乾燥機能を使用する方は乾燥容量をチェックして選ぶのがおすすめです。

洗濯機の容量は、1日分の洗濯量に合わせて選ぶのが基本とされています。1日1人分の洗濯物の量は1.5kgが目安。家族の場合は、「1.5kg×人数」で1日分の洗濯量の目安を計算可能です。

しかし、日によっては大量の洗濯物がでたり、2日分をまとめて洗ったりする場合もあります。生活スタイルに合わせて、なるべく余裕のある容量を選ぶのがポイントです。

なお、毛布などの大物を洗濯機で洗いたい方は、「毛布コース」といった大物専用コースの容量も要チェック。所持している大物衣類が洗えるかどうかも考慮して、適切な容量を選んでみてください。

騒音が気になるなら45db以下のモデルがおすすめ

By: toshiba-lifestyle.co.jp

集合住宅や寝室やリビングに近い場所に洗濯機を設置する場合は、騒音が気になりにくい朝9時〜夜20時の時間帯に洗濯機を回すのが理想的です。しかし、仕事などで帰宅時間が遅い方は、やむをえず夜中や早朝に洗濯機を回す場合もあります。

ワンルームマンションなど、部屋のすぐそばで洗濯機が回っている場合も、騒音が気になりがちです。近所迷惑や自室まで聞こえる騒音が気になる方は、静音性がなるべく高いモデルを選びましょう。

環境省では、住居における夜間の騒音値は45dB以下を推奨しています。なお、洗濯機は、洗濯・脱水・乾燥に分けて騒音値が表示されているのが一般的。静音性を重視する方は、全ての騒音値が45dB以下のモノを検討してみてください。

また、「インバーター」を搭載したモデルもおすすめです。必要に応じてモーターを細かく制御するため、音を最小限に抑えられます。静音性の高いモデルが多いので、ぜひチェックしてみてください。

乾燥機能の有無をチェック

By: panasonic.jp

雨や花粉などで外干ししにくい時期や仕事の繁忙期など、なかなか洗濯物を干せない場合には「乾燥機能」を搭載した洗濯機がおすすめ。乾燥機能は、ドラム式であればほとんどすべてのモデルに搭載されています。

縦型の場合は乾燥機能を備えた「洗濯乾燥機」と、乾燥機能非搭載の「簡易乾燥機能付き洗濯機」の2種類がある点に注意が必要。乾燥機能非搭載の場合でも、乾き切らなかった洗濯物の乾燥に役立つ「送風機能」は備えているため、自分に必要な機能を確認して選ぶようにしましょう。

乾燥方式の違いと特徴

ヒートポンプ式

ヒートポンプ式は消費電力を抑えながら素早く衣類を乾燥できるのが特徴。ドラム内の湿気を含んだ空気を送風機でヒートポンプユニットに送って除湿し、乾いた温風をドラムに戻して当てることで衣類を乾燥させます。

50~60℃程度の温風で乾燥させるため、衣類を傷めにくいのも魅力。熱による衣類の縮みも軽減できます。乾燥機能を使う機会が多く、衣類のダメージを抑えたい場合にはヒートポンプ式の乾燥機能を備えた製品がおすすめです。

ヒーター式

By: rakuten.co.jp

ヒーター式は、衣類をドライヤーで乾かすようなイメージで、ヒーターであたためた温風を吹きかけて乾燥させるのが特徴。乾燥時に発生する水蒸気を機外に排出する際に、水で冷やす「水冷除湿タイプ」と、空気で冷やす「空冷除湿タイプ」の2種類があります。

水冷除湿タイプは、湿気を含んだ温風を冷却水で冷やして除湿。乾燥中も水道水を使用するため使用水量は増えますが、空冷除湿に比べて短時間で乾燥できます。空冷除湿タイプは温風を空気で冷やして除湿するため、乾燥に時間はかかりますが給水は不要です。

どちらのタイプも高温の熱風で乾かすため電気代がかかりやすく、衣類の傷みや縮みを引き起こしやすい点には注意が必要。頻繁に使用するのではなく、洗濯物が乾きにくい時期などスポット的に乾燥機能を使用するのがおすすめです。

送風式

By: rakuten.co.jp

送風式は、扇風機で衣類を乾燥させるようなイメージで、送風のみで乾燥させるのが特徴。洗濯槽を高速で回転させることによって空気の流れを作り、脱水後も衣類に含まれている水分を飛ばします。

完全な乾燥はできませんが、洗濯物を干した際に乾くまでの時間を短縮できるのが魅力。干す時間を短くして手早く取り込みたい方におすすめです。

洗剤自動投入機能が便利

By: amazon.co.jp

「洗剤自動投入機能」は、洗濯量や洗濯コースに合わせて適量の液体洗剤を自動投入する機能です。計量カップなどで液体洗剤を量る手間が省けるうえ、計量ミスも防げます。計量カップで手を汚したくない方や、洗濯機に不慣れな方などにおすすめです。

また、自動投入タンクに液体洗剤を入れておけるので、洗剤容器を置いておくスペースも不要。洗濯機周りをすっきり片付けられます。

そのほか、自動投入タンクと手動投入口の両方を搭載したモデルも便利です。必要なときに、衣類に合わせて洗剤を使い分けられます。

スマホ連携機能があれば外出先から操作が可能

By: hitachi.co.jp

最近では、メーカー独自のスマホ向けアプリと連携することで、便利に使える洗濯機が増えています。アプリでできる操作はメーカーによってさまざま。とくに、洗濯機の遠隔操作、運転状況の確認、洗濯コースのダウンロードなどが人気です。

スマホから遠隔操作できるモデルなら、外出先から好きな時間に洗濯機の運転を開始できて便利。早朝から外出する方でも、騒音が気にならない昼間の時間帯に洗濯機を回せます。

天気予報や衣類の種類に合わせて洗濯方法をアドバイスする機能も魅力。適切な洗い方でしっかり汚れを落としたい方や、洗濯に不慣れな方におすすめの機能です。気になる方はチェックしてみてください。

フィルター構造やお手入れのしやすさをチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

洗濯機は、衣類から洗い落としたホコリや糸くずをゴミ取りネット・排水フィルター・乾燥フィルターなどで集める仕組みを採用しています。ネットやフィルターはゴミがたまりやすいので、洗濯機を回す度にお手入れが必要です。

放っておくと目詰まりし、エラーや故障の原因になるため要注意。カビも発生しやすくなります。

取り外しが簡単で構造もシンプルなフィルターなら、お手入れが簡単です。また、乾燥フィルターにたまったホコリを自動的に掃除するモデルもラインナップされています。お手入れの手間を軽減できる乾燥機能付き洗濯機が欲しい方におすすめです。

メーカーの独自機能にも注目

By: hitachi.co.jp

洗濯機を選ぶ際に注目したいのがメーカーの独自機能です。洗濯槽の構造や洗濯方法は、メーカーによってさまざま。メーカーによって汚れの落とし方が違うため、どんな汚れに強いかも異なります。落としたい汚れや衣類の種類に合わせてメーカーを選ぶのもおすすめです。

また、水で洗えない衣類や小物を消臭・除菌・除電ケアする機能やAIを搭載した自動洗濯機能、節電または節水機能、自動掃除機能など、メーカーごとに独自の便利機能も充実。生活スタイルに合わせて、ぴったりのモノを探してみてください。

洗濯機を購入する前の注意点

搬入経路を確保する

洗濯機は大きさと重量のある家電なので、搬入時には注意が必要です。コンパクトな縦型洗濯機でも、横幅と奥行は60cm程度で、高さは90cm程度あります。また、小容量タイプのドラム式洗濯機でも、同等以上のモノがほとんどです。

とくに、容量が大きい洗濯機はサイズも大きいため、狭い通路や玄関のドアなどを通り抜けられない場合があります。購入する前に、搬入経路を通り抜けられるかどうか確認しておきましょう。マンションなどの高層階に住んでいる方は、マンションの通路・階段・エレベーターのサイズもチェックしておくと安心です。

設置スペースに収まるモデルを選ぶ

By: panasonic.jp

モデルによってはサイズが大きく、設置したい場所に収まらない場合もあります。仕様表の寸法図をしっかり確認して、設置できるかどうかチェックしておくことが大切です。

縦型洗濯機を選ぶ際は、フタを開けた状態の高さも重要。蛇口や洗濯機ラックの棚が低いと、フタを開けにくいことがあります。

また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機よりもサイズが大きい傾向にあるので、設置場所に収まるか必ず確認しておきましょう。前方に開くドアを搭載しているため、前に十分なスペースを確保できるかも要チェック。なお、ドアには右開きタイプと左開きタイプがあるので、壁の位置や導線を考慮して使いやすいタイプを選んでみてください。

防水パンの有無とスペースもチェック

By: amazon.co.jp

洗濯機から万が一水漏れしても、床が濡れるのを防ぐ「防水パン」。マンションでは、洗濯機の専用設置場所に防水パンが備え付けられているのが一般的です。持ち家などでは、市販の防水パンを取り付けられます。

マンションに住んでいる方は、備え付けの防水パンに収まる洗濯機を選ぶのが基本です。また、防水パンに収まっても、防水パンが壁で囲まれている場合は要注意。縦型洗濯機はフラットな形状で設置しやすい傾向にありますが、ドラム式洗濯機は側面に凹凸のあるモノが多く、壁にあたってしまうこともあります。

防水パンと防水パン周辺のスペースを確認し、無理なく設置できるモデルを選びましょう。

蛇口や排水溝の位置を確認しよう

防水パン以外にチェックしておきたいのが、蛇口や排水口の位置です。蛇口には、洗濯機に給水するためのホースを取り付けます。そのため、洗濯機よりも高い位置に蛇口が必要。製品によって必要な高さはさまざまですが、10cm以上必要な場合が多くあります。

排水口とは、防水パンに空いている穴のこと。左右のどちらかに排水口がある場合と、真ん中にある場合があります。左右どちらかの場合は比較的スムーズに排水ホースを取り付けられますが、真ん中の場合は別途部品が必要な場合もあることに留意しておきましょう。

洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、ドラム式洗濯機も縦型洗濯機もラインナップが豊富。生活スタイルや使いやすさに合わせて理想的なモノを見つけやすいのが魅力です。

ドラム式では、フラットな形状でマンションにも設置しやすい「Cuble」シリーズと、省エネなヒートポンプ乾燥方式を採用した「VX」シリーズを展開。独自機能「ナノイーX」を搭載したモデルなら、衣類に付着した花粉やニオイの対策もできます。

洗剤を泡立てることで繊維の奥の汚れをしっかり洗い落とす「泡洗浄」搭載モデルも人気。縦型の小容量モデルでは、低水位でも汚れをしっかり落とす「ビッグウェーブ洗浄」を採用しています。一人暮らしで洗濯物が少ない方は、ぜひチェックしてみてください。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の洗濯機は、洗濯をサポートする機能が充実したモデルが多いのが特徴です。「AIお洗濯」を搭載したモデルなら、衣類の量や汚れに合わせて洗濯方法を自動で最適化。洗剤量や洗濯時間を自動で設定するので、洗濯に不慣れな方でも簡単に汚れを落とせます。

独自のスマホ向けアプリ「洗濯コンシェルジュ」と連携すれば、衣類の種類や汚れなどから適切な洗い方を検索できるほか、新しい洗濯コースをダウンロードできて便利です。

油汚れや泥汚れをしっかり落とす「ナイアガラビート洗浄」機能を搭載したモデルも人気。低水位で高濃度の洗浄液を衣類に浸透させ、大流量のシャワーで汚れを洗い落とします。節水しながらムラなく洗えるのが魅力です。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープの洗濯機は、独自技術や独自機能を豊富に搭載したモデルが多く、家電メーカーならではの使い勝手のよさが魅力です。

縦型洗濯機では、独自の「穴なし槽」を採用しています。外槽に水をためないので節水性が高いほか、外槽の汚れが内槽に侵入しにくく、より清潔な水で衣類を洗えるのがメリットです。

独自の乾燥機能では、ハンガーにかけたまま槽内で衣類を乾燥できる「ハンガー乾燥」、ヒートポンプ式とヒーター式を組み合わせた「ハイブリッド乾燥」などを搭載。水で洗えない衣類の除菌・消臭・除電ケアに役立つ「プラズマクラスター」も人気があります。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝は、インバーター搭載の静音モデルを豊富にラインナップしているのが魅力。一人暮らしで夜中や早朝に洗濯機を回す機会が多い方や、洗濯機を回している時間を快適に過ごしたい方におすすめです。

独自の「ウルトラファインバブル洗浄」を搭載したモデルも豊富に展開。マイクロレベルの小さな泡が、洗浄成分を繊維の奥まで届けて汚れをはがし落とします。ニオイの原因になるタンパク質汚れも落としやすく、汗などのニオイをすっきり落としたい方にもぴったりです。

また、「Ag+抗菌水ユニット」搭載モデルは、衣類の雑菌繁殖を抑えたい方に適しています。部屋干し臭などが気になる場合は、ぜひチェックしてみてください。

洗濯機のおすすめモデル|ドラム式

第1位 パナソニック(Panasonic) Cubleシリーズ ドラム式洗濯乾燥機

マンションなどのサニタリー空間にもすっきりと収まるコンパクト設計のドラム式洗濯乾燥機。水平・垂直を活かしたキュービックフォルムのシンプルデザインが特徴です。

洗濯物の投入口が約420mmと広いのも魅力。ドラム槽の位置が高めなので、楽な姿勢で衣類を出し入れできます。また、ドラム槽は斜めに配置されており、節水性や使いやすさに配慮されているのもポイントです。

乾燥機能としては、「低温風パワフル乾燥」を採用。600Wのヒーターを搭載しており、室温プラス約15℃の大風量で衣類を乾燥させます。衣類の縮みやシワを抑えた仕上がりを実現しているので、洗濯に時間をかけたくない場合も安心です。

NA-VG2500とNA-VG1500には「スマホで洗濯」「液体洗剤・柔軟剤自動投入」「ナノイーX」など、さまざまな機能を搭載。洗濯の手間を減らせて便利です。NA-VG750は機能や容量は少なくなりますが、よりコンパクトに設置が可能。ライフスタイルにあわせて選択できます。

洗濯容量10kg / 乾燥容量5kg 静電タッチパネル搭載 NA-VG2500

洗濯容量10kg / 乾燥容量5kg 洗剤自動投入搭載 NA-VG1500

洗濯容量7kg / 乾燥容量3.5kg スタンダードモデル NA-VG750

第2位 日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SX110F

「AIお洗濯」機能と「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能を搭載したドラム式の洗濯乾燥機。洗剤の種類や布の材質、汚れの量などに合わせて洗い方や運転時間を自動で調節するのが特徴です。また、スマホと連携を行えば自分好みの洗いあがりを記録できたり、洗剤の補充タイミングの通知を入れられたりと快適に使えます。

予洗いの手間を減らせる高い洗浄力が魅力。温水洗浄にも対応しているため、黄ばみやニオイが気になる場合にもおすすめです。洗いムラを抑えながらしっかりと洗い上げます。また、「洗剤直ぬりコース」を使えば、頑固な汚れも落としやすく、便利です。

さらに、「風アイロン」に対応した乾燥機能を備えているのもポイント。高速の風でしわを伸ばし、アイロンがけの手間を軽減できます。洗濯・脱水利用料は11kg、乾燥容量は6kgと大型で、洗濯にかかる時間を大幅に削減できるおすすめのモデルです。

第3位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯乾燥機 ES-W113

無線LANを搭載しており、スマホアプリからさまざまな便利機能を利用できるドラム式洗濯乾燥機。洗濯機の運転状況を確認したり、衣類に合った洗い方のナビゲーションを確認したりと便利に使えます。液体洗剤・柔軟剤自動投入機能と合わせれば、アプリに登録した洗剤類の銘柄に合わせて動作。補充時期も通知されるため、洗濯まわりの手間を削減できます。

ヒートポンプ&サポートヒーターのハイブリッド乾燥方式を採用。省エネながらもふんわりとあたたかな仕上がりを実現します。また、プラズマクラスターを搭載しているため、乾燥時の静電気対策も行えるのが魅力です。

お手入れが簡単なのもポイント。「乾燥フィルター自動お掃除」機能を搭載しており、乾燥の度に手入れが必要な乾燥フィルターのホコリを自動で掃除します。洗剤タンクも取り外しやすく持ちやすいため、素早い清掃が可能。手間を最小限にしつつ洗濯を行いたい方におすすめです。

第4位 東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON TW-127X9

洗濯12kg・乾燥7kgの大容量で、洗乾スピード約108分の短時間運転が可能なドラム式洗濯乾燥機。大物の洗濯物でもまとめて洗えるのが魅力です。低振動・低騒音設計で稼働音が静かなため、深夜や早朝の集合住宅でも気兼ねなく洗濯できます。

「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」を採用しているのが特徴。繊維のすき間よりも小さいナノサイズの泡と洗剤を効率よく混ぜ合わせて洗浄効果を高めています。温水での洗浄にも対応しているため、食油汚れや白物衣類の除菌も行えて便利です。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能も搭載。アプリから洗剤などの銘柄や、投入量の設定が可能です。自動2度洗いコースも搭載しており、泥汚れなどにも対応できます。

大きな洗濯槽と大風量でスピーディーに仕上げる「ふんわリッチ乾燥」もポイント。ヒートポンプ式で、約65℃の低温風で除湿しながらやさしく乾かすため、傷みや縮みも抑えられます。静音性を保ちつ洗濯・乾燥をしたい方におすすめです。

第5位 パナソニック(Panasonic) VXシリーズ ドラム式洗濯乾燥機

省エネかつスピーディーなヒートポンプ乾燥を搭載したドラム式の洗濯乾燥機。泡洗浄Wによって繊維の奥の汚れまですっきり洗い、ヒートポンプ乾燥でふんわりと仕上げられるのが特徴です。皮脂汚れや泥汚れもすっきりと落とせます。

槽を綺麗に保つ便利機能を多数備えているのも魅力。洗うたびに自動で洗濯槽をケアする機能や、洗濯前に槽をすすぐコースを搭載しているため、清潔に使えます。また、熱交換器自動洗浄や、乾燥時に出る糸くずをキャッチする乾燥フィルターも搭載。簡単に手入れができて便利です。

エコナビを搭載しているのもポイント。衣類の量と質を見分けて節電・時短運転を行います。また、VX900BとVX800Bは水温も検知。洗濯時間も時短できます。通常使用でも、洗濯乾燥の所要時間が約98分と短く、短時間での洗濯が可能です。

VX700Bは基本機能を充実させたベーシックモデル。VX800Bは液体洗剤・柔軟剤自動お投入に対応したハイスペックモデルで、VX900BはナノイーXも搭載した最上位モデルです。搭載されている機能が一つひとつ異なるため、ライフスタイルにあわせて適切な製品を選択できます。

洗濯容量11kg / 乾燥容量6kg ナノイーX搭載モデル NA-VX900B

洗濯容量11kg / 乾燥容量6kg 洗剤自動投入モデル NA-VX800B

洗濯容量10kg / 乾燥容量6kg スタンダードモデル NA-VX700B

洗濯機のおすすめモデル|縦型・乾燥機能付き

第1位 パナソニック(Panasonic) FWシリーズ 洗濯乾燥機 インバーター制御

水冷除湿タイプの乾燥機能を搭載した縦型洗濯乾燥機。ヒーター式ですが、低温乾燥を選択すれば衣類の縮みを抑えながらやさしく乾燥させられるのが特徴です。洗濯前に高温加熱してダニを洗い流す「ダニバスターコース」も搭載しており、寝具類を洗うときにも活躍します。

NA-FW120V5を除き、「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」を備えているのも魅力。洗濯のたびに自動で適量の洗剤と柔軟剤を投入するため、洗濯の手間を大幅に軽減できます。一方、NA-FW120V5にはナノイーコースを搭載。水や熱を使わずに服についたたばこのにおいなどを取り除けるため便利です。

エコナビを搭載しているのもポイント。水温と衣類の質をセンサーで見分け、自動でエコ運転を行います。電気代や水道代が気になる方も安心です。

洗濯槽の自動洗浄をはじめ、洗濯機本体の手入れに使えるコースも多数搭載。手を汚さずに糸くずを捨てられる「楽ぽいフィルター」も備えています。本体もフラットデザインで拭き取りやすく、簡単に手入れが行えるおすすめのモデルです。

洗濯容量12kg / 乾燥容量6kg 大容量タイプ NA-FW120V5

洗濯容量10kg / 乾燥容量5kg 「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」搭載タイプ NA-FW100K9

洗濯容量9kg / 乾燥容量4.5kg 「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」搭載タイプ NA-FW90K9

洗濯容量8kg / 乾燥容量4.5kg 「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」搭載タイプ NA-FW80K9

第2位 日立(HITACHI) タテ型洗濯乾燥機 BW-DKX120F

アイロンの手間を省ける「風アイロンコース」を搭載した縦型洗濯乾燥機。大きな洗濯槽で時速約500kmの風を衣類に吹きかけ、しわを伸ばしながら乾燥させられるのが魅力です。約65℃の低温乾燥により縮みを抑えながら、ふんわりと仕上げられます。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入に対応しているのも特徴。スマホと連携して「洗濯コンシェルジュ」機能を使うことにより、自分好みの洗い方や洗剤・柔軟剤の銘柄指定など細かな設定も行えます。「AIお洗濯」機能も搭載しており、自分自身で設定しなくても状況に合わせた洗濯ができるため、便利です。

大流量で洗う「ナイアガラビート洗浄」もポイント。高い洗浄力 によって予洗いの手間を減らします。また、温水洗浄にも対応。高濃度の洗剤液を浸透させた衣類に温風と水道水のミストを吹き付ける「温風ミスト」でより効率的に選択できます。

洗剤自動投入機能やしわを抑えた乾燥機能など、少しでも作業の手間を軽減したい方におすすめのモデルです。

第3位 東芝(TOSHIBA) タテ型洗濯乾燥機 ZABOON SVシリーズ

銀イオンによる抗菌効果が期待できる縦型洗濯乾燥機。ナノサイズの泡による高い洗浄効果で黄ばみの原因となる皮脂汚れまで洗浄できるのが特徴です。衣類と洗剤液をあたためて洗う「温か抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」も搭載しており、頑固な汚れにも対応できます。

おしゃれ着トレーが付属しているのも魅力。パルセーターと衣服がこすれるの防ぐため、傷みや崩れを抑えられます。また、洗濯槽についた衣類を剥がしてほぐす「ほぐせる脱水」にも対応。衣類の絡みが少なく、素早く取り出せるため便利です。

乾燥機能には空冷除湿タイプのホットサイクル乾燥を搭載。除菌・消臭コースも備えているため、タバコ臭などのニオイが気になる衣類を洗う際も安心です。洗濯槽の自動お掃除モードやカビプロテクト機能なども搭載。清潔に使いたい方におすすめです。

また、インバーター制御のS-DDモーターを採用しているのもポイント。低騒音設計のため、集合住宅や深夜・早朝の洗濯でも気兼ねなく使えます。

洗濯容量10kg / 乾燥容量5kg AW-10SV9

洗濯容量9kg / 乾燥容量5kg AW-9SV9

第4位 シャープ(SHARP) 縦型洗濯乾燥機 ES-PW11F

独自の穴なし槽を採用した縦型洗濯乾燥機。穴なし槽とダイヤカット形状の内壁で水流を加速する「穴なしサイクロン洗浄」が特徴です。もみ洗いとこすり洗いで節水しながらでも汚れをしっかりと落とせます。

AIoTに対応しているのも魅力。洗濯の運転状況や衣類に合った洗い方などを確認できる「COCORO WASH」サービスを利用できます。スマホから洗濯物の種類に合わせた専用コースをダウンロードできたり、好みに合った洗い上がりを学習させられたりと便利に使えるためおすすめです。

ヒーターセンサー乾燥機能を搭載しているのもポイント。衣類の乾き具合をセンサーで感知し、効率よく乾燥させます。干した後の仕上げ乾燥にも使えるため、長雨が続く時期なども安心です。

また、超音波ウォッシャーを搭載しているのも魅力。ワイシャツの襟汚れなど、気になるピンポイントの汚れを素早くお手入れできます。水で洗えないモノもプラズマクラスターで消臭・除菌できるため、さまざまなアイテムのお手入れに使いたい方におすすめです。

第5位 アクア(AQUA) タテ型洗濯乾燥機 GTWシリーズ

独自のツインパルセーターを採用した縦型洗濯乾燥機。パルセーターの回転方向によってメリハリのある水流を起こせるのが特徴です。また、ドラム表面の凸凹形状に丸みをつけて脱水穴を小さくしたスクラブドラムも採用。布傷みを抑えながらしっかりともみ洗いができます。

高い洗浄力と衣類へのダメージ軽減を両立しているのも魅力。洗浄効果を高める「高濃度クリーン浸透」や、布がらみを抑える「W反転水流」、遠心力とシャワーで仕上げる「スパイラルシャワー」を搭載しています。多彩な洗浄コースも備えているため、衣類の素材や汚れに合わせて適切な洗い方を選べて便利です。

乾燥には「ふわふわクイック乾燥」を採用。広い槽内で衣類を浮かせて入れ替えながら効率的に風を当て、スピーディーに乾燥させます。型崩れが気になるニットやぬいぐるみなどに便利な静止乾燥コースも搭載。乾燥させにくいアイテムでも安心して乾燥させられます。

洗濯機自体の清潔さを保ちやすいのもポイント。抗菌加工部品をつかっているほか、「槽自動おそうじ機能」も備えているため、手入れの手間を軽減できます。使い勝手に優れた縦型の洗濯乾燥機を探している方におすすめです。

洗濯・脱水容量11kg/乾燥容量5.5kg AQW-GTW110J

洗濯・脱水容量10kg/乾燥容量5kg AQW-GTW100J

洗濯・脱水容量9kg/乾燥容量4.5kg AQW-GTW90J

洗濯機のおすすめモデル|縦型・送風機能のみ

第1位 日立(HITACHI) ビートウォッシュ 全自動洗濯機 Xシリーズ

効率的かつ効果的に洗濯物の汚れを落とせる全自動洗濯機。投入量を好みに合わせて調節できる、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を備えているのが特徴です。自立式で扱いやすいタンクは分解にも対応しており、簡単に手入れができます。

大流量の水と高濃度の洗剤液で衣類をしっかりと洗う「ナイアガラビート洗浄」が魅力。低水位で高濃度の洗剤液につける「つけおきナイアガラビート洗浄」にも対応しており、衣類の黄ばみまですっきり落とします。また、漂白剤を使うつけおきの場合にも「つけおきプラス」機能で対応できるため、しっかりと汚れを落としたい方におすすめです。

洗濯機本体の扱いやすさもポイント。大物も出し入れしやすい広々とした投入口と、手前が低く洗濯物を取り出しやすいデザインを採用しています。衣類がするっとほぐれる「ほぐし脱水」機能も備えているため、洗濯物を手早く干せて便利です。

ゴミが見やすい糸くずフィルターや、見えない部分の汚れを落とす「自動おそうじ」機能など、洗濯槽を清潔に保つ機能も搭載。BW-X120GならばAIお洗濯機能も備えています。使い方や洗濯容量に合わせて選びすいおすすめの洗濯機です。

洗濯容量12kg AIお洗濯対応 BW-X120G

洗濯容量10kg BW-X100G

洗濯容量9kg BW-X90G

第2位 パナソニック(Panasonic)FAシリーズ 10~7 kgタイプ 全自動洗濯機

洗剤をしっかりと泡立てる「泡洗浄」で繊維の奥の汚れまで洗い上げる全自動洗濯機。給水と同時に槽内の衣類へ泡水を振りかけて泡を素早く浸透させるのが特徴です。たっぷりの泡で衣類を包み込み、繊維の奥の汚れまでしっかりとアプローチします。

短時間で布地の傷みを抑えながら洗う「おしゃれ着コース」と、遠心力水流でやさしく押し洗う「おうちクリーニングコース」を搭載しているのも魅力。やさしく脱水する「ソフト脱水」機能も備えており、生地へのダメージを抑えられるため、おしゃれ着の多い方も安心です。

すすぎ後に自動で槽の洗浄も行う「自動槽洗浄」機能を備えているのもポイント。黒カビ発生の原因となる洗剤カスの付着を抑制し、清潔さを保てます。槽内を乾燥させる「槽・風乾燥コース」も搭載。洗濯後に層内を乾燥させたり、衣類の簡易乾燥をしたりと便利に使えます。

エコナビ機能も搭載。水温を自動で検知し、洗濯時間を自動で調節します。脱水時の運転音が小さいため、集合住宅など音を響かせたくない環境にもおすすめです。

洗濯容量10kg NA-FA100H9

洗濯容量9kg NA-FA90H9

洗濯容量8kg NA-FA80H9

洗濯容量7kg 槽洗浄サイン非搭載 NA-FA70H9

第3位 シャープ(SHARP) 全自動洗濯機GVシリーズ

多彩なコースを搭載した全自動洗濯機。軽い汚れをスピーディーに落とす「10分洗濯コース」から、頑固な汚れまでしっかり洗える「ガンコつけおきコース」まで、洗濯物の種類に合わせて洗濯できます。ガンコつけおきコースではペット用衣類にも対応できるため、ペットを飼っている家庭にもおすすめです。

シャープ独自の穴なし槽を採用しているのが特徴。巻き上げ水流によるもみ洗いとこすり洗いのW洗浄効果で、節水しつつ頑固な汚れをしっかりと落とせます。手洗いの手間を省く「サッと予洗いコース」にも対応。赤ちゃんのスタイなど、汚れの気になるアイテムも簡単に洗えます。

扱いやすい本体構造も魅力。投入口が広いため、毛布やカーテンなどの大きな洗濯物もスムーズに出し入れできます。また、大きな洗剤ケースを搭載。洗剤や柔軟剤を手前から楽に注げて便利です。

エコセンサーとして重量と水量の2つのセンサーを搭載。衣類の量や布質を見分けて洗濯時間を調整できます。節水しながらしっかりと洗濯したい方におすすめのシリーズです。

洗濯容量10kg ES-GV10E

洗濯容量9kg ES-GV9E

洗濯容量8kg ES-GV8E

洗濯容量7kg ES-GV7E

第4位 東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 ZABOON DPシリーズ

Ag+抗菌水ユニットを搭載した全自動洗濯機。抗菌ウルトラファインバブル洗浄Wによる高い洗浄力が魅力です。繊維の隙間よりも小さなナノサイズの泡により、皮脂汚れが溜まりやすい襟元の汚れまでしっかりと洗浄します。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を備えているのが特徴。蓋裏にパッキンのついた密閉タンクを採用しているため、蒸発を防いで効率的に使えます。軽量や投入の手間が減るだけでなく、洗剤や柔軟剤を置く場所が不要なので、サニタリーをすっきりと保つことも可能です。

洗剤自動投入ならではの「自動2度洗いコース」も搭載しています。頑固な汚れも2度洗いでしっかりと落とせるため、長時間のつけ置きや手洗いの手間を省けて便利です。また、食べこぼしや泥汚れが他の衣類に移るのを防ぐ「よごれ移り防止モード」も搭載。分け洗いができないときも一度に洗濯ができます。

使いやすさにこだわった設計もポイント毛布やシーツなどの大物も出し入れしやすいワイド投入口や、槽の底まで手が届きやすい浅めの洗濯槽など、毎日の洗濯をラクにする工夫が施されています。しっかり洗えて使いやすい洗濯機を探している方におすすめです。

洗濯容量12kg AW-12DP1

洗濯容量10kg AW-10DP1

第5位 アクア(AQUA) 全自動洗濯機 Prette GVXシリーズ

超音波洗浄機能「らくらくSONIC」でスピーディーに汚れを落とせる全自動洗濯機。襟や袖など、汚れの気になる部分を超音波ホーンに軽く押しあてるだけで素早く部分洗いできるのが特徴です。手洗いよりも布が傷みにくいため、おしゃれ着にも安心して使えます。

パワフルな洗浄力を備えているのが魅力。しっかりと泡立てた洗剤液で繊維の奥の汚れまで捉える「パワフル泡浸透」と、立体水流で大きくかくはんし、しっかりともみ洗いをおこう「3Dパワフル洗浄」を搭載しています。好みに合わせて選べる多彩な洗浄コースも備えているため、洗い上がりにこだわりたい方も安心です。

液体洗剤と柔軟剤の自動投入に対応。好みによって投入量を変更できます。残量が少なくなるとLEDが点滅するため、一目で補充時期の確認が可能です。

手入れしやすい構造もポイント。汚れが溜まりやすいパルセーターと糸くずフィルターには抗菌加工も施されています。衣類へのダメージを抑えながらしっかりと清潔に洗濯したい方におすすめのシリーズです。

洗濯容量14kg AQW-GVX140J

洗濯容量12kg AQW-GVX120J

洗濯容量9kg AQW-GVX90J

洗濯機のおすすめモデル|一人暮らし向け

第1位 パナソニック(Panasonic) 全自動洗濯機Fシリーズ

シンプルながらもしっかりと洗浄できる一人暮らし向けの全自動洗濯機。立体水流により、槽内の水位が低いときでもしっかりともみ洗い出来る「ビッグウェーブ洗浄」が特徴です。

ガンコな汚れにも対応できる「つけおきコース」を搭載。洗剤液に衣類を浸す「つけおき」と「かくはん洗い」を4回繰り返して洗浄します。ほかにも多彩なコースを搭載。F70PB14とF60PB14には「わたし流」コースも備えているため、自分好みの調節が可能です。

3枚のビッグウイングと3個の突起を持つビッグウイングパルセーターも魅力。立体的な水流を生み出せるだけでなく、脱水後に自動で回転することにより衣類の絡みを軽減できます。素早く洗濯物を干したいときに便利です。

お手入れが簡単にできるのもポイント。槽洗浄コースや槽カビ予約コースなどお手入れ用のコースを備えており、清潔さをキープできます。また、大容量かつ手を汚さずに糸くずを捨てられる「楽ポイフィルター」も搭載。安い価格で購入できる、使い勝手のよいモデルを探している方におすすめです。

洗濯容量7kg NA-F70PB14

洗濯容量6kg NA-F60PB14

洗濯容量6kg NA-F60B14

洗濯容量5kg NA-F50B14

第2位 日立(HITACHI) ビートウォッシュ 全自動洗濯機 Vシリーズ

ボディ幅57cmとスリムで、コンパクトに設置できる全自動洗濯機。多忙な一人暮らしでも扱いやすいデザインを採用しているのが特徴です。底まで手が届きやすい高めの槽や、大物も出し入れしやすい広々とした投入口を備えており、洗い終えた洗濯物を素早く干せます。

高濃度の洗剤液を衣類にしっかりと浸透させてから押し洗い・たたき洗い・もみ洗いを行う「ナイアガラビート洗浄」が魅力。たっぷりの水を循環させて汚れや繊維に残った洗剤も洗い流せる「ナイアガラすすぎ」にも対応しており、洗いムラのないすっきりとした洗い上がりを実現しています。

おしゃれ着に適した「デリケートコース」や「ドライコース」も搭載。少量の洗濯物を素早く洗える「お急ぎコース」なども備えており、洗濯物の種類や量に合わせて使い分けられます。遠心力で衣類の水分を飛ばす「エアジェット」を使えば干し時間も短縮できるので、洗濯物を長時間干せない場合も安心です。

洗濯容量12kg BW-X120G

洗濯容量10kg BW-X100G

洗濯容量9kg BW-X90G

第3位 シャープ(SHARP) 全自動洗濯機GEシリーズ

スタンダードな機能を備えた、一人暮らしに適している全自動洗濯機。シャープ独自の穴なし槽を採用した「ES-GE7E」「ES-GE6E」と、穴あり槽を採用した「ES-GE5E」「ES-GE4E」の4種類から必要な容量に合わせて選べるのが特徴です。

4種類の洗浄コースを備えているのが魅力。ガンコな汚れを落とせる「ガンコ汚れコース」から、縮みや傷みを抑えながら洗う「おしゃれ着コース」まで、洗濯物の種類に合わせて洗濯できます。シワの少ない洗い上がりでアイロンの手間を省ける「シワ抑えコース」も搭載しているため、忙しい一人暮らしの方も安心です。

ほぐし運転に対応しているのもポイント。脱水の最後に洗濯物の絡みをほぐせるため取り出しやすく、素早く衣類をハンガーにかけられます。ボディ幅520mmとコンパクトサイズなので、洗濯機に広いスペースをとりにくいワンルーム住まいの方にもおすすめです。

洗濯容量7kg ES-GE7E

洗濯容量6kg ES-GE6E

洗濯容量5.5kg ES-GE5E

洗濯容量4.5kg ES-GE4E

第4位 東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 Gシリーズ

浸透パワフル洗浄機能を搭載した全自動洗濯機。少ない水で高濃度の洗剤液を作り、繊維の奥まで洗剤を浸透させるのが特徴です。パワフルな水流とスタークリスタルドラムによってしっかりともみ洗うため、高い洗浄力が期待できます。

Wセンサーを搭載しているのも魅力。衣類の絡み具合をチェックする「からみまセンサー」と、室温から水温を予測する「温度センサー」により、効率よく洗濯できます。量の多い洗濯や寒い時期の洗濯でも安心して使えるため便利です。

部屋干しモードを備えているのもポイント。脱水時間を長くし、風乾燥によって水分を飛ばすため、洗濯物を外に干しにくい時期でも快適に使えます。AW-7G9 とAW-6G9ではふろ水ポンプも付属しており、節水運転も可能。シンプルで低価格ながらも使い勝手に優れたおすすめのシリーズです。

洗濯容量7kg AW-7G9

洗濯容量6kg AW-6G9

洗濯容量5kg AW-5G9

第5位 アクア(AQUA) ドラム式全自動洗濯機 AQW-FV800E

乾燥機能非搭載のドラム式全自動洗濯機。多彩な自動洗浄コースを搭載しており、目的や衣類に応じた洗い分けが可能です。温水洗浄にも対応しているため、気になる皮脂汚れや黄ばみも洗い流せます。

手洗い感覚で汚れを落とせる「3ステップ洗浄」に対応。泥などの移りやすい汚れを先に洗い落とす予洗いコースも搭載しています。また、ダウンジャケットも洗えるため、冬場にアウトドアレジャーを楽しみたい方もクリーニングに出す手間を省けて便利です。

脱水の仕上がりを5段階から設定できるのもポイント。好みに応じて脱水回転数を変更できるため、衣類や天候に合わせた運転が可能です。節水しながら効率的に洗濯したい方におすすめです。

洗濯機のおすすめモデル|二層式

第1位 日立(HITACHI) 青空 日立2層式洗濯機 ASシリーズ

つけおき洗いが簡単にできる二層式洗濯機。つけおきタイマーを搭載しており、20分のつけおき洗いのあと自動的に本洗いを始めてしっかりと汚れを落とせるのが魅力です。水流を「標準」「ソフト」で切り換えられるため、洗濯物の種類に合わせて使えます。

おしらせブザーを搭載しているのも魅力。「洗い」と「すすぎ」の終了をブザーで通知するため、洗い上がった洗濯物を放置してしまうリスクを軽減できます。音量調節にも対応しているため、洗濯中に離れた場所で作業をする場合も安心です。

洗濯層には抗菌パルセーター、脱水槽にはステンレス槽を採用。カビやサビが発生しにくく、清潔に使えます。糸くずフィルター搭載でお手入れもしやすいため、長く使い続けたい方におすすめです。

洗濯容量6.5kg PS-65AS2

洗濯容量5.5kg PS-55AS2

第2位 ハイアール(Haier) 二層式洗濯機 JW-W

ガンコな汚れもしっかりと落とせる二層式洗濯機。洗濯前に脱水槽でのすすぎ洗いが行えるため、汚れのひどい衣類も効率よく洗えます。洗い時間や水流の調節にも対応しているため、汚れの度合いや素材の種類に合わせて洗い分けられます。

文字が大きく、切り替えやすいつまみのデザインが特徴。水流や排水の切り替え、タイマーも簡単に設定できるため、機械の扱いに不慣れな方も安心です。また、粉せっけんをしっかり溶かして洗えるのも魅力。種類を問わず自分好みの洗剤を選んで使えます。

洗濯容量によって異なる特徴を備えているのもポイント。JW-W55Eならば黒カビの発生しにくいステンレス槽、JW-W80Eならばらせん状水流を起こせるスパイラルパルセーターを採用しています。好みや使い方に合わせて選べるおすすめのモデルです。

洗濯容量8kg JW-W80E

洗濯容量5.5kg JW-W55E

洗濯容量4.5kg JW-W45E

第3位 マクスゼン(maxzen) 二槽式洗濯機 KSシリーズ

8kgと6kgの大容量を洗濯・脱水できる二層式洗濯機。コンパクトな洗濯槽を採用しており、モーターのかくはん力が水に伝わりやすいため、パワフルに衣類を洗濯できます。粉洗剤も溶けやすく、頑固な汚れも落としやすいのが特徴です。

水量・洗濯時間・すすぎの回数を細かく設定できるのが魅力。衣類や汚れに合わせた洗濯が可能です。節水しながら洗濯できるので、少量の洗濯物でも気兼ねなく使えます。

つまみを回すだけの簡単操作で使えるのもポイント。つけおき洗いやソフト洗いにも対応しています。シンプルな構造のため頑丈で、長く使えるおすすめのモデルです。

JW60KS01ではステンレス脱水槽を採用。かびにくく、清潔さを保ちやすいので、長く清潔に使える二層式洗濯機を探している方も安心です。

洗濯容量8kg JW80KS01

洗濯容量6kg JW60KS01

第4位 アクア(AQUA) 二層式洗濯機 Nシリーズ

抗菌ビッグパルセーターを搭載した二層式洗濯機。高い洗浄力で汚れをしっかりと洗い落とせるのが魅力です。AQW-N40とAQW-N50ならばソフト洗い、AQW-N60ならばソフト洗いとつけおき洗いに対応しているため、衣類に合わせて選択できます。

ふろ水ポンプのホースを固定できる「風呂水専用給水口」を備えているのが特徴。残り湯を使えるため、節水しながら洗濯できます。糸くずフィルターも搭載しているため、連続で洗濯しても糸くずが残りにくく、便利です。

扱いやすい操作パネルも魅力。洗濯時間や水流などを素早く調節できます。洗い・すすぎの終了ブザーや脱水タイマーも備えているため、洗濯物を放置するリスクも軽減可能。比較的安い価格で購入できるおすすめのモデルです。

洗濯容量6kg AQW-N60

洗濯容量5kg AQW-N50

洗濯容量4kg AQW-N40

番外編|2台目におすすめの洗濯機

シービージャパン(CB JAPAN) マイセカンドランドリー ハイパー TOM-05h

ペットの衣類や子供のユニフォームなど、分けて洗いたい洗濯物に適した二層式洗濯機。洗濯容量3.6kg、脱水容量2.0kgと容量は少なめですが、洗濯タイマーや脱水タイマーも備えた使い勝手のよいモデルです。

丈夫なステンレス脱水槽を採用しているのが特徴。サビやカビに強いため、長く使い続けられます。洗濯槽にはゴミ取りネットも搭載。洗濯時に出たゴミをキャッチするため、衣類に再付着するゴミを軽減できます。

本体重量11kgの軽さも魅力。さらにコンパクトサイズなので、力に自信のない方でも持ち上げやすく、不要時には押し入れなどに収納できます。メインの洗濯機では避けたい洗濯物がある家庭におすすめです。