毎年新しい機能を搭載した製品が各メーカーから発表されている「洗濯機」。スタンダードな縦型はもちろん、ドラム式や乾燥機つきなど、多彩なモデルが各メーカーから発売されています。

生活に欠かせない家電のひとつである洗濯機ですが、いざ購入するとなると、どれを買っていいのか迷いがち。そこで今回はおすすめの洗濯機をご紹介します。同居人数ごとにおすすめのモデルをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

洗濯機の種類

縦型洗濯機

By: amazon.co.jp

最もスタンダードな形状の「縦型洗濯機」は、洗浄力の高さが特徴。洗濯槽の下にある羽根で水をかき混ぜ、水流によって洗濯物同士をこすり合わせるので、洗濯物が多くても汚れが落ちやすいのが魅力です。

また、コンパクトなモデルが多いので一人暮らしや同居人数が少ない場合にも便利。洗濯槽全体に水が入るので、洗剤がいきわたりやすいメリットもあります。ドラム式洗濯機と比べると、リーズナブルな価格の製品が多い点もおすすめです。

縦型洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

ドラム式洗濯機

By: hitachi.co.jp

斜めや横向きに扉が開く「ドラム式洗濯機」。縦型や2槽式に比べると洗浄力で劣る場合が多いですが、乾燥機能を搭載している製品が多く、デザイン性にも優れています。横向きの洗濯槽が回転し、洗濯物を持ち上げて落とす「叩き洗い」は、デリケートな衣類を洗う場合におすすめです。

また、回転させながら温風を当てる乾燥機能により、洗濯物がふっくらと柔らかく仕上がる点も魅力。最近ではコンパクトなドラム式洗濯機が増えてきましたが、扉が開く際のスペースには注意が必要です。

洗濯槽全体に水を溜める縦型洗濯機に比べると、使用する水の量が少ないのもポイント。乾燥機能や節水、デザイン性にこだわる方におすすめです。

ドラム式洗濯機について詳しく知りたい方はこちら

人数別洗濯容量の目安

一人暮らしなら「5〜6kg」

By: rakuten.co.jp

1日に出る洗濯物の量は約1.5kgといわれています。一人暮らしで毎日洗濯する方なら、容量が少なめのモデルでもかまいませんが、2~3日分の洗濯をまとめてする場合や毛布やシーツなどを洗う場合に備えて、容量に余裕のあるモデルを購入しましょう。

一人暮らしの方であれば、一般的に5~6kgのモデルがおすすめ。また、仕事や学業が忙しく週に1~2回しか洗濯できない場合には、7~8kgの容量に対応しているモデルが便利です。

二人暮らしなら「7kg前後」

By: rakuten.co.jp

二人暮らしの場合には、1日に出る洗濯物の量が約3kgになります。毎日洗濯する場合には、5~6kgのモデルでも対応できますが、2~3日分の洗濯物をまとめて洗う場合に備えて、余裕のあるモデルを購入するのがおすすめです。

また、個別のバスタオルを使ったり、夏にタオルなどを頻繁に使ったりする場合には洗濯量も増加するので注意が必要。毛布やシーツなどの大きな洗濯物を洗うことも想定しておきましょう。

4人家族なら「9kg前後」

By: rakuten.co.jp

4人家族の場合には9kg前後の容量に対応した洗濯機がおすすめ。1日に出る洗濯物の量も約6kgになるので、比較的大きめの洗濯機を選びましょう。特に子供がいる家庭の場合は、洗濯物が多くなりがち。

ただし、タオルや下着などをほかの洗濯物と分けたり、家族ごとに分けて洗濯したりする場合には9kg以下のモデルでも対応できます。また、バスタオルやフェイスタオルの交換頻度にもよるので、家庭の洗濯頻度や洗濯物の量にあわせて購入しましょう。

5人以上ならそれ以上のモデルを

By: rakuten.co.jp

5人以上の場合には9kgを超える大容量のモデルがおすすめ。家族が多いと、毎日出る洗濯物の量も増加し、バスタオルやフェイスタオルの交換頻度も増える傾向があります。大容量モデルになれば価格も高くなりますが、1回で洗濯できる量が多いので水道代の節約にもなります。

また、容量に余裕のあるモデルを購入しておけば、洗濯量が多い季節や、シーツや毛布などを洗う場合にも便利です。

洗濯機の選び方

設置スペースをチェック

By: jp.sharp

洗濯機を購入する場合には設置スペースの確認が必要。自宅の設置予定場所のサイズを計測し、設置可能な製品を選びましょう。

設置スペースにぴったりおさまる洗濯機を購入した場合には、洗濯中の振動で本体が壁にあたる可能性があるので注意。防水パンが設置してある場合は、その上に脚がおさまるサイズの製品を選ぶ必要があります。

また、設置スペースだけでなく、搬入経路もチェックしておくのがおすすめ。ドアや廊下だけでなく、マンションやアパートの場合は、エレベーターや階段なども確認しておきましょう。

乾燥機能の有無と方式をチェック

By: jp.sharp

洗い終わった洗濯機をそのまま乾かす「乾燥機能」。天候の悪い日が続いて洗濯物が乾きにくい場合はもちろん、仕事や学校が忙しく、干す時間がない場合にもおすすめです。また、乾燥機能には、「ヒートポンプ乾燥」「ヒーター乾燥」「送風乾燥」といった種類があります。

水を排出する際に発生する温風を利用したヒートポンプ乾燥は、衣類の傷みや縮みが少ないのがメリット。ヒーターであたためた風を利用するヒーター乾燥は、縦型洗濯機に採用されている場合が多く、温度の高い風で洗濯物を乾かします。

送風乾燥は、熱を利用したヒートポンプ乾燥やヒーター乾燥とは異なり、風を当てて洗濯物を乾かすタイプ。完全に乾燥させる機能ではないので、衣類が渇くまでの時間は短縮できますが、使用後に洗濯物を干す必要があるので注意しましょう。

騒音が気になるなら静音モデルを

By: jp.sharp

夜間に洗濯機を回す場合には静音設計の洗濯機が便利です。また、ワンルームなど家事をする空間と生活する空間が近い場合にも、静かなモノのほうが騒音が気になりにくいのでおすすめ。

縦型洗濯機を購入する場合には駆動方式の確認も必要。ベルトドライブ式よりも、モーターの回転数や水量が調節できるインバーター式の方が静音性に優れています。

メーカーの独自機能にも注目

By: hitachi.co.jp

洗濯機を購入する際は、基本的な機能に加えてメーカー独自の機能もチェックするのがおすすめ。たとえば、パナソニックの洗濯機は、循環ポンプで洗剤の入った水を泡立てて洗浄力を高める「泡洗浄機能」を搭載しているモデルが人気です。

シャープの洗濯機は消臭と除菌に有効とされる「プラズマクラスター」を搭載。東芝の洗濯には、細かな泡で洗濯物の奥まで汚れを落とせる「ウルトラファインバブル洗浄」を搭載しているモデルがあります。

あると便利な機能

洗剤・柔軟剤の自動投入機能

By: panasonic.jp

洗剤や柔軟剤の自動投入機能とは、洗剤や柔軟剤を自動で投入する機能です。製品によっては、洗濯物の量にあわせて洗剤や柔軟剤の量を自動で調節可能。

あらかじめ決められたタンクに洗剤や柔軟剤を入れておけば、洗濯時の手間を省けます。洗剤を入れすぎたり、誤ってこぼしたりするトラブルを予防できる点もおすすめです。

スマホ連携

By: jp.sharp

洗濯機によっては、スマホと接続して使える製品もあります。外出先から洗濯の開始時間や運転コースが設定できるので、衣類を入れておけば留守の間でも洗濯が可能。機種によっては、天気予報と連動し、洗濯コースをアドバイスしてくれる製品もあります。

仕事が忙しく帰宅が遅い場合でも、自宅に着く前に洗濯を完了できるのでおすすめです。

温水洗浄

By: panasonic.jp

「温水洗浄機能」とは、洗濯の際に使う水の温度を高め、洗濯物の頑固な汚れを落としやすくする機能です。除菌や黄ばみ予防にも効果的で、気になる臭いも落としやすくなるのがメリット。ドラム式洗濯機に搭載されている傾向が高いですが、一部の縦型洗濯機にも搭載されています。

また、洗いだけでなく、すすぎも温水で行う製品であれば、洗濯物の乾燥時間を短縮できて便利です。

洗濯機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー「パナソニック」。洗剤を泡立ててから洗う「泡洗浄」や、黄ばみや嫌な臭いを予防できる「温水泡洗浄W」など洗浄力を高める機能が搭載されています。洗剤や柔軟剤の自動投入機能を搭載している製品が多いのもポイントです。

乾燥機能については、ヒートポンプ乾燥を採用しているモデルが人気。また、「約30℃槽洗浄コース」や「約60℃カビクリーンコース」など、洗濯槽を清潔に保つ機能を搭載した製品もあります。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

世界有数の総合電機メーカー「日立」。外出先から洗濯機の設定ができる「スマホ連携」や、洗い方や時間を自動で判断するAIを搭載したモデルが人気です。洗濯は大流量で洗う「ナイアガラ ビート洗浄」が有名で、高い洗浄力を誇ります。

また、大切な衣服を自宅で丁寧に洗える「デリケートコース」や「おしゃれ着コース」など、洗濯物に優しい機能を搭載している点もおすすめです。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

大阪府堺市に拠点を置く電機メーカー「シャープ」。「プラズマクラスター」と呼ばれるマイナスイオンを発生し、空気を浄化する独自技術で知られています。また、「穴なし槽」が有名。縦型洗濯機の洗濯槽と外の槽の間に水が入り込みにくいので、節水や黒カビを予防する効果が期待できます。

ドラム式洗濯機は、衣類に優しく繊維の奥の汚れまで落とせる「マイクロ高圧洗浄機能」やヒートポンプとヒーターを併用した「ハイブリッド乾燥方式」を搭載しているモデルが好評です。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

日本の大手電機メーカーである「東芝」。東芝の洗濯機がもつ最大の特徴は、独自に開発された「ウルトラファインバブル洗浄機能」。繊維のすき間よりも小さな泡で細かな汚れも効率よく落とせるのが魅力です。また、低騒音・低振動な製品が多い点でも人気。

特に「アクティブS-DDモーター」が搭載されているモデルは、ギアやベルトのないダイレクトドライブ方式を採用しており、騒音の軽減を実現しています。集合住宅に住んでいる方や小さな子供がいる家庭にも最適です。

一人暮らし向け洗濯機のおすすめランキング

第1位 シャープ(SHARP) 全自動洗濯機 ES-GE6D 6kg

節水や黒カビの予防に効果的な縦型洗濯機です。「穴なし槽」を採用しており、洗濯1回あたり2Lペットボトル約13本分の節水が可能。洗濯槽の樹脂部分に抗菌加工が施されているのもポイントです。

洗濯コースは衣類の傷みや縮みをおさえる「おしゃれ着コース」のほか、黒ずみや頑固な汚れも落とせる「ガンコ汚れコース」、忙しい場合に最適な「時短コース」などを搭載しています。

脱水の最後に洗濯機の羽根(パルセーター)をゆっくりと動かして、洗濯物の絡みをほぐす機能が搭載されているのも魅力です。洗濯物の量が多い場合でも取りだしやすくなるのでおすすめ。また、投入口の高さが約82cmと低めに設計されており、洗濯槽の底にある衣類も取りだしやすくなっているのもメリットです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 全自動洗濯機 IAW-T501 5kg

比較的手ごろな価格ながら、基本的な機能や性能をしっかりとおさえた縦型洗濯機です。洗濯コースは、すすぎ回数が2回の「標準コース」に加えて、つけ置き後に標準コースを実行する「つけおき」、シャワーすすぎ1回とためすすぎ1回を行う「すすぎ1回」、短時間で洗濯できる「お急ぎ」などがあります。

また、デリケートな衣類の洗濯に最適な「ドライ」や2kgまでの毛布が洗えるコースも搭載。6分間の脱水後に約60分間洗濯槽で乾燥させる「部屋干しモード」や1時間単位で設定できる「洗濯予約」など、便利な機能もついています。

投入口奥にはクリップを配置。ワイシャツの襟を挟んで洗剤の直塗りができる仕様です。また、槽洗浄や槽乾燥などの機能もあるので、洗濯槽を清潔に保ちたい場合にも最適。洗いとすすぎのボタンを同時に押すとチャイルドロックされ、上蓋が開かないようにできる機能もおすすめです。

第3位 ハイアール(Haier) 全自動洗濯機 JW-C55D 5.5kg

リーズナブルな価格が魅力的な一人暮らし向けの縦型洗濯機です。約10分で洗濯が完了する「お急ぎ」コースを搭載。短時間で洗濯できるので、仕事が忙しい方や家事の負担を軽減したい方におすすめです。

脱水の時間や回転数を自動で調節し、衣類のしわをおさえる「しわケア」も搭載。アイロンがけにかかる時間や手間を短縮できるのがポイントです。

洗濯槽には均一に開けられた穴と凹凸状の表面をもつ「チェッカードタンク」を採用。「新型・3Dウィングパルセーター」と呼ばれる羽根とあわせて、らせん状の水流を起こし洗濯物をしっかりと洗浄します。

低価格ながら「送風乾燥機能」も搭載されており、洗濯物を干す時間の短縮が図れる点もおすすめ。給水が完了する前から洗濯運転が開始され、洗剤を衣類にしっかりと浸透させられるのも魅力です。

二人暮らし向け洗濯機のおすすめランキング

第1位 東芝(TOSHIBA) 全自動洗濯機 AW-7G8 7kg

便利な2種類のセンサーを搭載した縦型洗濯機です。衣類の絡み具合をチェックし、ほぐし時間を自動でコントロールする「からみまセンサー」を搭載。洗濯完了後に衣類を洗濯槽から出しやすくなるのがメリットです。

室温の検知から水温を予測して洗濯時間を自動で調節する機能もついています。また、少ない水で高濃度な洗浄液を作って、繊維の奥まで洗剤を浸透させる「浸透パワフル洗浄機能」も搭載。

パワフルな水流でしっかりと洗えるので、襟や袖口の頑固な汚れにも効果的です。脱水時間を長くして、送風で水分を飛ばす「部屋干しモード」は、洗濯物を干す時間の短縮が図れます。

第2位 シャープ(SHARP) ドラム式洗濯機 ES-S7D 7kg

コンパクトなサイズが魅力的なドラム式洗濯機です。本体サイズは約64×103.9×60cmなので、マンションの洗濯機スペースにも置きやすいのが特徴。一般的な防水パンに設置できるスリムな設計が人気です。

洗濯コースには、衣類の傷みや縮みをおさえる「おしゃれ着コース」や、忙しい方に最適な「時短コース」を搭載。スピーディに洗濯できるのもポイントです。

サイズはコンパクトながら、ヒーターによる温風で衣類を乾かす機能も搭載。衣類の乾き具合をセンサーが感知するので、効率のよい運転が可能です。また、洗濯時の給水を利用して乾燥ダクトに付着した洗剤成分を自動で洗い流せるのもメリット。

温度・水位・振動・重量のセンサーも搭載されており、洗濯状況にあわせて自動で運転パターンを選ぶのも魅力的です。また、シャープ特有の機能である「プラズマクラスター」も搭載しています。除菌や消臭に効果的なだけでなく、静電気対策にもなるのでおすすめです。

第3位 ハイセンス(Hisense) 全自動洗濯機 HW-DG75A 7.5kg

比較的手ごろな価格ながら、高いデザイン性を誇る縦型洗濯機です。ガラストップの美しく清潔感ただようデザインが魅力です。最短10分で洗濯を完了できる「おいそぎ」コースが使えるので、時間のない方にもおすすめ。

「つけおき」や「念入り」などのコースが選択できるのもポイントです。また、洗い・すすぎ・脱水・風乾燥の運転時間をそれぞれ個別で設定し、服の素材にあわせたオリジナルコースが作れるのも魅力です。

洗濯槽下にある羽根(パルセーター)には、独自の形状を採用。洗浄力をアップさせるだけでなく、衣類が絡みにくくなる効果もあります。また、ステンレス製の洗濯槽も洗濯板のような凹凸のある独自の形状を採用。洗浄力を上げる役割を担っています。

横幅約53cmとスリムなデザインなので、設置場所が狭い場合にもおすすめです。

4人家族向け洗濯機のおすすめランキング

第1位 日立(HITACHI) ビートウォッシュ 日立全自動洗濯機 BW-V80F 8kg

本体の幅がスリムな縦型洗濯機です。60.8×61×100cmとコンパクトなサイズながら、8kgの洗濯・脱水容量を誇ります。大流量かつ高濃度で洗う「ナイアガラ ビート洗浄」を搭載しているので、洗剤を入れる本洗い前の予洗いが省けるのもポイント。ワイシャツの襟や袖汚れも効果的に落とせます。

衣類の形くずれをおさえる「おしゃれ着コース」や水をたっぷり使って弱水流で洗う「デリケートコース」も搭載。洗濯物が少ない場合に有効な「おいそぎコース」も便利です。

洗濯槽の見えない汚れを洗い流せる「自動おそうじ」機能は、「高濃度つけおきボタン」の3秒押しで設定可能。半透明でゴミが見やすい糸くずフィルターを備えているのもおすすめのポイントです。

第2位 パナソニック(Panasonic) 洗濯機 NA-FA80H7 8kg

大きめの洗濯投入口を採用した縦型洗濯機です。濃密な泡で洗う「泡洗浄」と「パワフル立体水流」により、繊維の奥の汚れもしっかりと落とせます。洗濯槽の手前が低い設計なので、大きい洗濯物の取り出しも簡単。

食べこぼしやドロ汚れ、襟や袖などの頑固な汚れも落とす「パワフル滝洗いコース」や「パワフル滝すすぎコース」を搭載しているのもポイントです。

洗濯するたびに自動でお手入れする「自動槽洗浄機能」や、内槽の脱水穴から噴射される水を利用して外槽の内側を洗浄する「カビクリーンタンク」も搭載されており、黒カビが気になる方にもおすすめ。インバーター式なので、静音性を重視する場合にも適しています。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドラム式洗濯機 FL81R 8kg

手ごろな価格で購入できるドラム式の洗濯機です。洗濯容量は8kg。洗浄液をあたためて酵素の力を高める「温水ヒーター」が搭載されているので、黄ばみや嫌な臭いも効果的に落とせます。

温水を利用したコースは肌着・白物向け、普段着・おしゃれ着向け、黄ばみが気になる洗濯物向けの3つから選択可能。肌着や白物衣類を除菌しながらパワフルに洗浄できる約60℃(除菌)のコースは、しっかりと洗いたい場合におすすめ。

普段着・おしゃれ着に適した約40℃のコースは、繊維の奥に潜んだ皮脂汚れもキレイに落とせます。また、黄ばみが気になる場合には約40℃コース+つけ置き30分が最適です。すすぎも温水で行うので、洗濯物が乾きやすい点もメリット。

コスパ重視でドラム式洗濯機を探している方におすすめのモデルです。

5人以上の家族向け洗濯機のおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX800AL 11kg

液体洗剤と柔軟剤の自動投入機能を搭載したハイスペックなドラム式洗濯機です。洗濯容量は11kg。衣服の黄ばみに効果的な「約40℃つけおき」コースは、普段着用とおしゃれ着用の2種類のコースを選択可能。洗剤に含まれる酵素が活性化する温度まで洗剤液をあたためるので、繊維の奥についた黄ばみや臭いの原因菌まで軽減できると謳われています。

また、7本の大水流シャワーで洗う「パワフル滝(洗い・すすぎ)コース」を選択すれば頑固な汚れもすっきりと落とせます。すすぎの回数や時間が増えるので、敏感肌の方や小さな子供の衣類、寝具にもおすすめです。

乾燥機能にはヒートポンプ乾燥を採用。洗濯物の傷みや縮みをおさえ、ふんわりと仕上げられます。また、「今治タオル IKEUCHI ORGANIC」監修のタオル専用のコースがもポイント。気持ちのよい肌触りのタオルに仕上がるのでおすすめです。

第2位 日立(HITACHI) ビッグドラム ドラム式洗濯機 BD-SX110EL 11kg

「AIお洗濯」を搭載したドラム式洗濯機です。汚れの量や水の硬度、温度などにあわせて、自動で最適な方法を選択します。洗濯物の汚れが多い場合には、時間をかけてしっかりと洗い、化繊の割合が多い場合には少ない水ですすぎを実行。

水の硬度が低く水温が高い場合には、洗剤量を少なく表示して洗濯時間も短縮します。また、液体洗剤と粉末洗剤を見分けて、適切に洗うのもポイントです。

スマホとの連携ができるので、外出先から洗濯を開始可能。運転終了や手入れ時期などをプッシュ通知で知らせるだけでなく、洗濯物が乾きやすい時間のアドバイスや、洗剤や柔軟剤の銘柄ごとに投入量やすすぎ回数を自動設定する機能なども搭載されています。

また、大容積の洗濯槽の中で衣類を大きく舞い上げながら乾燥させ、時速約300kmの高速風を吹きつけてシワを伸ばす「風アイロン」もおすすめです。

第3位 東芝(TOSHIBA) ドラム式洗濯機 ZABOON TW-127X8 12kg

洗濯容量12kgのドラム式洗濯機です。「温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」を搭載。約40℃にあたためた洗剤液に洗濯物を浸し、保温しながらつけおきして洗います。衣類や寝具についてしまった黄ばみもすっきり落とせるのがメリットです。

また、除菌効果が期待できる約60℃の温水で洗うコースや、油汚れもしっかりと落とせる約50℃の温水で洗うコースも利用可能。デリケートな衣類を洗う場合には、約30℃の水温を保ち水流も優しくなる「おしゃれ着コース」が便利です。

液体洗剤や柔軟剤の自動投入機能も搭載しており、洗濯のたびに入れる手間が省けます。スマホとの連携にも対応しているので、外出先からも洗濯機の操作が可能。騒音の少ない「アクティブS-DDモーター」を採用し、振動吸収クッションも搭載されているので、静音性を重視する場合にもおすすめです。