衣類を爽やかに洗い上げる高性能な日立の洗濯機。日立独自の洗浄方法「ナイアガラ洗浄」や、最近では「AIお洗濯」と呼ばれる機能も搭載し、毎日の洗濯がよりきれいかつ楽にできるようになりました。

容量や機能も家族向けから一人暮らし向けまでバリエーション豊富で、ライフスタイルや住環境に合わせてチョイスが可能。そこで今回は、日立の洗濯機のおすすめモデルと選び方をご紹介します。

日立の洗濯機の特徴

ナイアガラ洗浄

By: hitachi.co.jp

ナイアガラ洗浄とは襟・袖の落ちにくい汚れや泥汚れを落とす日立独自の洗浄方式です。衣類に高濃度の洗剤液を浸透させながら、押し洗い・たたき洗い・もみ洗いの3通りの動きと「ナイアガラ循環シャワー」で洗濯。襟元についたファンデーション汚れやユニフォームの泥汚れなどの頑固な汚れにも徹底的にアプローチします。

また、ナイアガラ洗浄にはいくつかのモードが設定可能です。「温水ナイアガラ洗浄」に設定すると衣類に温水のミストをかけることで洗剤の酵素成分を活性化させ、衣類の黄ばみやニオイなどを抑制。また、「ナイアガラすすぎ」を設定すると、汚れや洗剤などを綺麗に落とします。

液体洗剤・柔軟剤 自動投入

洗剤・柔軟剤の自動投入が設定できるモデルでは、洗濯のたびに適切な量の洗剤を自動で投入します。毎回洗剤を計量する手間が省け、洗濯機を使い慣れない方でも使いやすいことが魅力。また、複数の洗剤を洗濯機のそばに置いておく必要もなくなるので、こぼしてしまう心配もなく、周囲をすっきりと整理できます。

洗濯機に配置されている洗剤タンクは取り外して補充が可能。タンクのほかに手動投入部もあり、おしゃれ着用洗剤や漂白剤も使用できます。

AIお洗濯

By: hitachi.co.jp

「ビッグドラム」や「ビートウォッシュ」の一部機種には「AIお洗濯」が搭載されています。洗濯物の量や布質、汚れの量をセンサーで判断し、洗い方や運転時間を自動でコントロール。水の硬度や温度、液体・粉末洗剤の種類など9種類をセンシングするので、洗濯物に合わせて適切な洗い方ができることが魅力です。

日立の洗濯機の選び方

種類で選ぶ

ドラム式

By: rakuten.co.jp

ドラム式は横向きに設置された洗濯槽が回転するタイプの洗濯機。「ナイアガラ洗浄」では衣類を持ち上げ、押し洗い・たたき洗い・もみ洗いをしながら汚れを落とします。

洗剤液を循環させながら衣類を動かすので、少ない水で洗えることがメリット。タテ型洗濯機に比べて衣類が絡みにくく、お気に入りの衣類を家で洗濯することが多い方にもおすすめです。

ドラム式はタテ型洗濯機と比較すると値段が高いので、予算と相談しながら選びましょう。

タテ型

By: amazon.co.jp

タテ型の洗濯機は従来からある一般的なタイプの洗濯機です。タテ型洗濯機は洗濯槽の底部分にある羽根を回転させて洗濯します。衣類同士をこすり合わせるような洗い方をするため、洗浄力が高いことが魅力です。

タテ型はサイズのバリエーションが豊富なため、一人暮らしにもちょうどよいコンパクトなモノから大家族にも便利な大容量のモノまでニーズに応じて選べます。また、リーズナブルなモデルもあり、予算に合わせて洗濯可能です。

洗浄力が高い分、衣類にかかる負担が高くなることに注意して選びましょう。

洗濯容量で選ぶ

洗濯機の容量はおおまかに4.5〜12kgまでのバリエーションがあります。容量は家族の人数や洗濯をする頻度によって選びましょう。

1人が1日で出す洗濯物の容量はおよそ1.5kgといわれています。例えば、4人家族で毎日洗濯する場合は4人分×1.5kg=6kgの容量が必要。とはいえ、天気やスケジュールによって毎日洗濯できるわけではないので、まとめ洗いするときや布団やシーツなどの大物を洗う場合も考えて大きめを選ぶのがおすすめです。

本体サイズで選ぶ

By: hitachi.co.jp

洗濯機を選ぶ際はまず、洗濯機を置くために設置されている防水パンのサイズに合うモデルを選ぶ必要があります。併せて給水栓の位置や排水溝の高さも確認しておきましょう。

また、洗濯機を防水パンまで搬入する経路も大事なポイントです。エレベーターや廊下など運び込む経路を確認し、狭くなっている場所がないか見ておきましょう。洗濯機本体の大きさに加えて、10cmほどの余裕があると安心です。

また、ドラム式の場合は扉の開閉方向にも注意が必要。また、タテ型洗濯機の場合は扉を開けるのに十分な高さがあるかどうかもチェックしておくべきポイントです。

乾燥機能の有無で選ぶ

By: hitachi.co.jp

梅雨の時期や干す場所がない方は乾燥機能がついたモデルが便利です。乾燥機能付きの洗濯機は大きく分けて2種類あり、干す時間を短縮できる簡易乾燥タイプと、洗濯乾燥機と呼ばれるヒーターを使って乾かすタイプがあります。

ヒーターを使って乾かす洗濯乾燥機は洗濯物を干す手間を省けるので便利。ヒーターを使用する分、電気代がかかる点に注意して選びましょう。

日立の洗濯機おすすめモデル

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-NX120CL

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-NX120CL

「AIお洗濯」を搭載し、洗い方や時間などを自動で判断するドラム式洗濯機。複数のセンサーが洗濯物の量・汚れ・布質などを判断し、布の動きやすすぎ具合を都度変えて洗います。容量は12kgとドラム式としては最大クラス。家族が多い方や家族の洗濯物を数日分まとめて洗う場合にもおすすめです。

「ナイアガラ洗浄」を搭載していることも魅力。高濃度洗剤液と大容量の水を使って洗うので頑固な汚れも落ちやすく、予洗いの手間を減らせます。また、「ダニ対策」コースや「消臭・除菌」コースなども備わっており、自宅では洗いにくいスーツや布団なども洗うことが可能です。

専用アプリをダウンロードすれば、運転するコースを迷ったときのコンシェルジュ機能やリモートでの運転確認機能を使えてより便利。毎日の洗濯をより楽にこなしたい方におすすめの高機能なモデルです。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SX110CL

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム  BD-SX110CL

「AIお掃除」に加え、「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能を搭載した容量11kgのドラム式洗濯乾燥機。AIが洗濯物の洗い方や運転時間を自動で判断してくれるので、細かな設定まで任せられることが魅力です。

また、洗濯のたびに洗剤の量を判断し、自動で適量を投入します。毎回軽量する手間が省けるほか、補充時以外は洗剤を出す必要がないため、洗濯機の周囲をすっきりと整理しておきたい方にもおすすめ。洗剤を入れるタンクは液体洗剤なら約1000ml、柔軟剤は約700ml入れることが可能です。

「風アイロン」も搭載しており、時速およそ300kmの風を吹きかけてシワを伸ばしながら乾燥します。衣類の量や素材によってもシワの伸び具合は変わるので、調節しながら使いましょう。また、少量の乾いた衣類のシワを伸ばせる「スチームアイロン」コースも忙しい朝に便利です。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SV110CL

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SV110CL

「風アイロン」を搭載した容量11kgのドラム式洗濯乾燥機です。湿度がコントロールされた大容積のドラムのなかで衣類を大きく舞い上げながら時速約300kmの高速風を当てて、シワを軽減します。

洗浄方法は日立独自の「ナイアガラ洗浄」。高濃度の洗剤液を衣類に浸透させながら大容量の「ナイアガラ循環シャワー」で汚れを落とします。洗濯物も柔らかに仕上げたい場合は、たたき洗いの時間を短縮することで肌触りを調整可能です。

「センサーシステム」ボタンを3秒長押しすると洗濯槽の見えない部分の汚れを落とせる「自動おそうじ」機能を設定できます。1回の設定で毎回洗濯機を使うたびに槽掃除をしてくれるので、カビなどが気になる季節におすすめです。

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SG100CL

日立(HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SG100CL

容量10kg、幅60cmの比較的コンパクトなドラム式洗濯乾燥機です。センサーにより衣類の重さなどを感知し、ドラムのなかでたたき洗いを行う「センサービッグドラム洗浄」を搭載。重い衣類の場合は回転数をアップし、軽い場合は回転数を減らしてたたき洗いを行い、汚れを落とします。

また、高速の風を吹きかける「風邪アイロン」機能もついているので、乾燥しながら衣服のシワを軽減することが可能。3.5kgまでの衣類であればドラム内の湿度を調節して衣類を蒸らしながらよりシワを減らせます。

「自動おそうじ」を設定すれば洗濯槽の外側・外槽内側などについた洗剤カスや皮脂汚れなどを自動で洗浄。設定しておけば毎使用後に槽を掃除するので、除菌や黒カビ抑制などの効果が期待できるうえ、槽洗浄コースを使ったお手入れの頻度を減らせます。

日立(HITACHI) 縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX120C

日立(HITACHI) 縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX120C

「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能を備えた洗濯乾燥機。容量は業界最大クラスの12kgと家族が多い家庭やまとめ洗いをすることが多い場合にもおすすめのモデルです。

AIを搭載しており、洗濯物の量や汚れはもちろん、洗濯のさまざまな状況を9つのセンシングを利用して判断します。細かな設定を全て自動で行うため、洗うモノに合わせてワンタッチで適切な洗濯が行えることが魅力です。

ナイアガラ洗浄で袖や襟の汚れを落としやすいこともポイント。また、忙しいときに便利な「おいそぎ」コースや洗濯槽の汚れや菌を掃除する「自動おそうじ」などの機能も充実しています。

日立(HITACHI) タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80C

日立(HITACHI) タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80C

本体幅57cmのコンパクトな洗濯乾燥機。洗濯から脱水までであれば8kg、洗濯から乾燥までであれば4.5kgの容量に対応しています。投入口は幅約38cmと、洗濯物が多いときや毛布など大物の洗濯をするときも便利です。

「ナイアガラビート洗浄」で衣類の汚れがしっかり落ちることが魅力。さまざまな洗い方で汚れにアプローチする「ビートウィングX」と大容量シャワーで手ごわい汚れを落とします。さらに、「温水ナイアガラビート洗浄」に設定すると、洗剤の酵素パワーを引き出し、洋服の黄ばみや部屋干し臭などを軽減することも可能です。

一人分の目安である1.5kg程度の汚れの少ない洗濯物であれば、約98分で洗濯から乾燥まで行えます。頻繁に洗濯したい子供の体育着や給食着なども気付いたときにすぐ洗えて便利。また、洗濯槽のカビなどを抑える「自動おそうじ」機能も搭載しており、清潔に使えることもおすすめのポイントです。

日立(HITACHI) 全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-V100C

日立(HITACHI) 全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-V100C

本体の幅が57cmとスリムながら、容量10kgの大容量洗濯乾燥機。「ナイアガラビート洗浄」を採用しており、高濃度の洗剤液を浸透させつつ、大容量の水で洗います。洗剤の種類に合わせてコースを選べ、適した方法で運転。「つけおきナイアガラビート洗浄」に設定すれば、衣類の黄ばみもつけおき洗いでやさしく落とすことが可能です。

投入口の幅はおよそ38cmと広く、毛布やタオルケットなどの出し入れも楽。本体の扉にはガラストップを採用し、キズがつきにくくきれいな状態が長持ちすることもポイントです。

お手入れのしやすさも魅力。洗濯槽の外側などについた見えない汚れも水道水で洗い流し、菌やカビを抑制する効果が期待できます。槽洗浄と併用して、より清潔に使い続けることが可能。また、内側にある糸くずフィルターはゴミに触れずに傾けるだけで捨てられます。衣類の汚れが落ちることはもちろん、お手入れのしやすさも重視したい方におすすめです。

日立(HITACHI) 全自動洗濯機 白い約束 NW-50C

日立(HITACHI) 全自動洗濯機 白い約束 NW-50C

容量5kgの全自動洗濯機。本体幅は50cmと比較的狭い場所にも設置しやすいコンパクトさが魅力です。「2ステップウォッシュ」を採用しており、少ない水で溶かした高濃度の洗剤液で洗ったあとに水位を上げて2段階で汚れを落とします。

1kgほどの少量の衣類なら約10分で洗濯でき、急ぎで必要な衣類などを洗えて便利。また、高速回転して化繊衣類の水分を飛ばす「風脱水」機能が付いており、セーターや靴下などを乾かす時間を短縮できます。衣類の量や湿度などによっても水分の残り具合が変わるので、都度運転時間を調整して使用しましょう。

洗濯物から出たゴミが溜まる「ケース状糸くずフィルター」はフタが180°開くので、お手入れも簡単。一人暮らしの方や時短を重視したい方におすすめの安価なモデルです。