洗濯槽と脱水槽を搭載した「二層式洗濯機」。汚れや仕上がりに合わせて洗濯・すすぎ・脱水の回数や時間を調節できるため、自分好みの洗濯ができます。ツマミ式や半自動式など、ラインナップが豊富なので品定めに迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、二層式洗濯機のおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

二層式洗濯機とは?

By: thanko.co.jp

二層式洗濯機とは、洗濯槽と脱水槽の2つが搭載されたモデルです。例えば、全自動洗濯機の場合、スイッチを入れるだけで洗濯・すすぎ・脱水ができます。製品によっては、洗濯から乾燥まで可能です。

一方、二層式洗濯機は洗濯・すすぎが終わった後に洗濯物を脱水槽に移し替えて脱水する必要があります。縦型洗濯機やドラム式洗濯機を比べると手間はかかるものの、脱水しながら次の洗濯を始められるのが特徴です。

洗濯物を少量ずつ分けることで衣類同士の絡まりを防げるのもポイント。汚れを落としやすく、繊維が痛みにくい仕様の洗濯機です。

二層式洗濯機のメリット・デメリット

メリット

By: cb-j.com

二層式洗濯機のメリットはいくつかあります。洗浄力と節水効果の高さに加え、全自動洗濯機に比べてリーズナブルなこと、脱水しながら洗濯ができることなどもポイントです。

また、全自動洗濯機に比べて小さな洗濯槽を採用しているのも特徴。モーターの振動が伝わりやすく、少量の洗剤でもしっかりと泡立てながら洗濯できます。さらに、1回洗濯に使用した残り水を再利用できるのも魅力。汚れの少ない順から洗えば、節水効果も期待できます。

二層式洗濯機の多くは、洗濯と脱水のタイマー機能を搭載。衣類の仕上がりに合わせて回数や時間を調節できます。あらかじめ脱水しておけば乾燥するまでの時間を短縮できるため、衣類の生乾きを抑えることも可能です。

デメリット

二層式洗濯機のデメリットは、主に2点。洗濯物を洗濯槽から脱水槽に移し替える手間がかかることに加え、運転音が大きいことが挙げられます。

洗濯が終わるたびに作業をする必要があるので、冬場は冷たい水に触れることも。ゴム手袋を使うなどの対策がおすすめです。

全自動洗濯機に比べて運転音が大きいため、マンションやアパートなどの集合住宅で早朝や深夜に洗濯機を回すと騒音が気になる場合もあります。また、脱水槽は洗濯槽に比べて高速回転する仕様なので、蓋が閉まっていないとガタガタ大きな音が鳴る点には要注意。しっかりと取り付けられているかを確認しておきましょう。

二層式洗濯機の選び方

稼働タイプをチェック

ツマミ式

By: thanko.co.jp

二層式洗濯機の運転時間や水量を細かく調節したいなら、ツマミ式がおすすめです。洗濯物が少ないときは、少量の水を入れ短時間運転に設定するなどの調節が可能。余計な水を使わなくて済むので、節水効果も期待できます。

操作パネルに表示している洗濯と脱水の目盛りに合わせてツマミを動かすだけの簡単な操作で、初めての方でも直感的な操作が可能。仕上がり具合に合わせて何度でも時間を変更できます。

半自動式とは異なり、洗濯からすすぎを手動で切り替える作業が必要です。洗濯するときは、あらかじめ家事の時間を確保しておきましょう。

半自動式

By: amazon.co.jp

半自動式とは、洗濯からすすぎまでの工程を自動でおこなうタイプです。給水やすすぎの段階で洗濯機を見に行く手間が省けるので、手が空いた時間にほかの家事をおこなえます。時間を有効活用できるのが魅力です。

なかには、給水と排水を自動化できる製品も。水量を間違えたり排水するのを忘れたりする心配がなく、使いやすいのが特徴です。また、洗濯終了時にアラーム音でお知らせする製品も販売されています。

容量をチェック

By: thanko.co.jp

二層式洗濯機は洗濯槽と脱水槽が分かれているため、全自動洗濯機と比べて一度に多くの洗濯ができません。なるべく少ない回数で家事を終わらせるなら、用途に合わせた容量を選びましょう。

パナソニックが公表しているデータによると、1日1人分の洗濯物は約1.5kg。毎日洗濯するなら「1.5kg×家族の人数」の容量を目安にしてください。また、洗濯物によって大きさや重量が異なります。シーツや毛布を洗濯するときは、乾いた状態の目安よりもやや大きめの容量が必要です。

1〜2人暮らしなら、容量は4.5kg以上。容量が大きければ、家族分の洗濯物をまとめ洗いすることも可能です。家事にかける時間を短縮したい方はチェックしてみてください。

機能性をチェック

静音性

二層式洗濯機は、全自動洗濯機に比べると運転音が大きいのがデメリット。マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、なるべく静音性に優れた製品を選びましょう。

音の大きさの単位はデシベル(dB)で、数値が低いほど静音性に優れています。二層式洗濯機は、脱水時に音が大きくなりやすいのが特徴。静音性を重視するなら、50dB以下の製品を選びましょう。

ステンレス槽

By: maxzen.jp

二層式洗濯機は長年使い続けていると、徐々に洗濯槽に傷が付いたり、カビが発生しやすくなったりします。

衛生的によくない状態で使い続けると、洗濯槽や脱水槽がより汚れるだけでなく洗濯物にもカビが付着するため、衛生的とはいえません。そのため、洗濯機を清潔に保ちたいなら、耐久性があり傷も付きにくいステンレス槽がおすすめです。

二層式洗濯機のおすすめ

日立(HITACHI) 二層式洗濯機 青空 PA-T45K5-CP

洗濯容量4.5kg、脱水容量5.0kgの二層式洗濯機です。洗濯槽よりも脱水槽を大きく設計しているので、洗濯物が入らないや洗濯物を押し込まないといけないなどのトラブルを解消できます。

半自動式で、洗濯からすすぎまでの自動化が可能。給水も手作業不要で行えるため、水量を誤ったり水を止め忘れたりすることを防止できます。

日立(HITACHI) 二層式洗濯機 PS-H45L

洗濯容量4.5kg、脱水容量5.0kgの二層式洗濯機です。脱水槽を少し大きく設計しているのが特徴。幅75×高さ89.3×42.5cmと、やや大きめのサイズを採用しています。質量は約23kgなので、設置場所を変えての使用にはやや不向きです。

水流は2段階で切り替え可能。また、フラットなデザインも魅力的です。お知らせブザーを搭載しているため、ほかの家事をしながら洗濯物の様子を確認する必要なく使えます。

日立(HITACHI) 二層式洗濯機 PS-65AS2W

洗濯・脱水容量ともに6.5kgの二層式洗濯機です。ステンレス脱水槽を採用。プラスチック槽に比べて傷が付きにくく、カビも発生しにくいのが魅力です。

つけおきタイマー機能を搭載しており、土汚れや黄ばみが目立つ衣類をしっかりとケアしたいときに便利。また、洗濯が終了したときにはブザーでお知らせするため、わざわざ何度も洗濯機を確認する必要はありません。

日立(HITACHI) 二層式洗濯機 PS-80S

洗濯槽・脱水槽ともに8.0kgの容量を備えた二層式洗濯機です。大容量なので、一度にたくさんの衣類などを洗濯可能。家庭向けの二層式洗濯機としておすすめです。

つけおきタイマーを搭載しており、時間をかけて頑固な汚れを落としたいときにも便利。水流切り替えは、標準・ソフトで切り替えができます。洗濯するモノにより使い分けられるのも魅力です。

日立(HITACHI) 2槽式洗濯機 PS-120A

洗濯容量・脱水容量ともに12.0kgの二層式洗濯機です。大容量で一度にたっぷり洗濯できるため、家事の時間を短縮できます。

脱水運転中は、「センサーロックシステム」が作動。脱水槽の内蓋が外れてガタガタと騒音が鳴りにくい仕様です。また、つけおきタイマーを搭載しているのも特徴。あらかじめつけおきしておけば、汚れをしっかりと落としたい場合に重宝します。

アルミス(Alumis) 二層式小型自動洗濯機 AHB-02

洗濯容量2.6kg、脱水容量2.0kgの二層式洗濯機です。ペットの服や雑巾、汚れの強い衣類などを分別して洗いたいときに便利なサイズ感。洗濯と脱水を同時におこなえるので、効率的な家事を実現できます。

洗濯タイマーと脱水タイマーは、ダイヤルで時間を設定可能。直感的に操作できます。また、洗濯槽にはゴミ取りフィルターを配置。ホコリや糸くずなどをキャッチできるため、洗濯槽の内部が汚れにくいのがメリットです。脱水槽には内蓋が付属しています。

アルミス(Alumis) 二層式洗濯機 新晴晴 AHB-03

洗濯容量2.8kg、脱水容量1.8kgの二層式洗濯機です。64.5×34.5×56.5cmのコンパクトな設計なので、省スペースに設置できます。容量が小さく、一人暮らしはもちろん、衣類を小分けにして洗濯したい方におすすめです。

約11kgと、力のある方なら持ち上げて移動できるくらいの重量。また、二層式洗濯機のなかでもリーズナブルなのもポイントです。小型タイプのエントリーモデルとしても適しています。

シービージャパン(CB JAPAN) マイセカンドランドリー ハイパー TOM-05h

コンパクトかつ軽量設計が特徴の二層式洗濯機です。洗濯容量は約3.6kg、脱水容量は約2.0kg。一人暮らしの方や少しずつ分けて洗濯したい方におすすめです。ワンルームなど、間取りが広くない部屋にも適しています。

洗濯・脱水ともにダイヤルによるタイマー設定が可能。衣類の繊維や量に合わせて時間を調節できます。洗濯はうずまき式(瞬時反転方式)を採用。洗濯槽にはゴミ取りネットを備えており、衣類から落ちた汚れをキャッチ可能です。

シービージャパン(CB JAPAN) 二層式洗濯機 ウォッシュマン TOM-05

洗濯容量約3.6kg、脱水容量約2.0kgの二層式洗濯機です。1人の肌着や靴下程度なら、3日分をまとめて洗濯可能。比較的コンパクトなサイズなので、省スペースにも設置できます。

洗濯は、うずまき式(反転方式)、脱水は遠心脱水式を採用。セットには、糸くずフィルターが含まれており、洗濯時に出たゴミを絡め取れます。サブの洗濯機として使いたい方はぜひチェックしてみてください。

SUGGEST 二層式洗濯機 RC-200

洗濯容量3.0kg、脱水容量2.0kgの二層式洗濯機です。本体サイズは、幅55.5×高さ59×奥行37.5kgのコンパクト設計。衣類を小分けにして洗濯したい方や、洗濯機をかぎられたスペースに設置したい方におすすめです。

操作はツマミ式を採用。洗濯・すすぎ・脱水の時間を細かく設定できます。洗濯方法は標準とソフトの2種類。汚れや生地に合わせた洗濯が可能です。

また、耐久性が高いステンレス脱水槽を採用しており、傷が付きにくくカビが発生しにくいのも特徴。洗濯槽には糸くずフィルターを搭載しているので、衣類から出るホコリや汚れをキャッチできます。

ウェイモール(WEIMALL) 二層式洗濯機 NAW002

洗濯容量3.6kg、脱水容量2.0kgの二層式洗濯機です。汚れた衣類やペット用品を分けて洗濯したいときに便利。メインの洗濯機のほかに、サブで使える製品を探している方にもおすすめです。

瞬間反転方式でパワフルな洗濯が可能。少量の水と洗剤でも汚れを落とせます。操作パネルには、洗いタイマー・洗いコース・脱水タイマーを搭載。衣類の生地に合わせてコースを選べるのも魅力です。また、本体サイズは、55×36×59cm。コンパクト設計なので、省スペースにも設置できます。

エスケイジャパン 二層式洗濯機 SW-A252

洗濯容量3.6kgの二層式洗濯機です。大容量ではないので、少量洗いや別洗い用として使用可能。洗浄にはうず巻き方式を採用しています。

洗濯や脱水のツマミを回すだけで、簡単に設定が可能。二層式洗濯機を初めて使う方でも直感的に操作できます。本体サイズは、幅55×奥行36×高さ57cm。比較的コンパクトなので、限られたスペースにも設置できます。

サンコー(THANKO) 小型二層式洗濯機 別洗いしま専科 3 STTWAMN3

洗濯容量3.6kg、脱水容量2.0kgの二層式洗濯機です。汚れた衣類を小分けにして洗濯するときに便利。一人暮らしのメイン洗濯機にするのはもちろん、ご家庭では別洗い専用の洗濯機としても活用できます。

操作パネルは、洗いタイマー・コース選択・脱水タイマーのツマミを搭載。それぞれのツマミを回して時間とコースを選択するだけなので、操作も簡単です。

パナソニック(Panasonic) 二層式洗濯機 NA-W40G2-W

洗濯・脱水容量ともに4.0kgの容量を備えた二層式洗濯機です。そのほか、水位調節機能や脱水給水機能を搭載。水を無駄に使わない設計なので、節水につながります。

1.4kg以下であれば、毛布の洗濯も可能。洗濯槽には糸くずフィルターが搭載しているので、衣類から出るホコリや汚れを絡めとります。

運転時は43dB、脱水時は47dBと運転音が小さいのも魅力。早朝や深夜でも使いやすいモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

MAXZEN 6.0kg 二層式洗濯機 JW60KS01

ステンレス脱水槽を採用した二層式洗濯機です。洗濯槽・脱水槽ともに容量は6.0kgなので、毎日たっぷりと洗濯したい場合におすすめ。洗濯と脱水を同時に行えば、洗濯にかかる時間を短縮できます。

つけおき洗い用の洗濯タイマーを搭載。操作パネルはわかりやすく表示されているので、手軽に洗濯と脱水の設定ができます。洗濯はうず巻き式。パワフルに洗濯可能な製品です。

アクア(AQUA) 二層式洗濯機 AQW-N60

洗濯・脱水容量ともに6.0kgの二層式洗濯機です。抗菌ビッグパルセーター機能を採用。しつこい汚れをしっかりと落とせます。

風呂水専用給水口を搭載しているのが特徴。風呂の残り湯を使って洗濯ができるため、節水に繋がります。水流は標準とソフトの2種類を用意。デリケートな衣類はソフト設定にするなど、洗い方にこだわれるのも魅力です。

二層式洗濯機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

二層式洗濯機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。