アンテナ接続が不要で、豊富なネット動画を楽しめる「チューナーレステレビ」。設置時の面倒な初期設定がなく、ネット環境と電源があればすぐに使える手軽さから人気を集めています。

一般的なテレビと同じく、チューナーレステレビにも多くのモデルがあり、特徴や機能性もさまざま。そこで今回は、チューナーレステレビのおすすめ製品をご紹介します。選び方のポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

チューナーレステレビとは?

チューナーレステレビとは、その名前の通り、チューナーが内蔵されていないテレビを指します。チューナーがないため地上波放送やBS・CS放送は視聴できないものの、代わりにネット動画の視聴に特化した設計が特徴です。

チューナーレステレビはAndroid TVなどのスマートテレビ機能を搭載。最初にネット接続をしておけば、以降はリモコンひとつで手軽にネット動画を視聴できます。地上波よりも、ネットコンテンツをメインで楽しみたい方におすすめです。

チューナーレステレビの選び方

サイズで選ぶ

チューナーレステレビはサイズのバリエーションが豊富なので、使用人数や部屋の広さをもとに、自分の生活シーンに合ったモノを選びましょう。

一人暮らしなら、24V~32V型の小型タイプがおすすめ。部屋のスペースを取らずコスパもよいため、初めてのチューナーレステレビにもぴったりです。大画面でネット動画を楽しみたい方には、40V~50V型の中・大型タイプがおすすめ。家族や友人と一緒でも画面が見やすく、広い部屋にも適しています。

液晶テレビには、適切な視聴距離があることも確認しておきたいポイント。液晶テレビの視聴距離の目安は、画面の高さの約3倍とされています。たとえば、32V型で約39cmの場合の視聴距離は約1.2mが適正、40V型で約50cmの場合は約1.5mが適正になります。基本的には、サイズが大きくなるほど視聴距離を取ることが必要です。

解像度をチェック

美しい画質でネット動画を楽しみたいなら、チューナーレステレビの解像度もチェックしましょう。解像度が高くなるほど、より細部まで鮮やかな映像が映し出されるのが特徴です。

チューナーレステレビの解像度の種類には、解像度1366×768のハイビジョン、解像度1920×1080のフルHD、解像度3840×2160の4Kがあります。

画素数で表すとハイビジョンで約100万画素、フルHDで約200万画素、4Kで約800万画素となり、それぞれ大きな違いがあるのが特徴。チューナーレステレビはフルハイビジョンが主流でしたが、近年は4Kのモデルも多く発売されているので、とくに画質にこだわりたい方におすすめです。

対応する動画配信サービスをチェック

チューナーレステレビは、対応している動画配信サービスの種類が非常に豊富です。「Netflix」や「Prime Video」「YouTube」など、自分の利用したい動画配信サービスに対応しているか事前に必ず確認するようにしましょう。

地上波で放送された番組を視聴できる動画配信サービスも多いので、テレビは録画で見ることが多いという方も要チェック。なお、動画配信サービスを利用する際は、チューナーレステレビを購入するだけでなく、各サービスに加入している必要があるのでご注意ください。

搭載端子の種類と数をチェック

チューナーレステレビに搭載されたHDMI端子やUSB端子を使えば、ネット動画の視聴に限らず、ゲームやテレワークのモニターとしても活用できます。購入前に、搭載端子の種類と数もチェックしておきましょう。

端子の種類には、HDMI端子やUSB端子をはじめ、ネットワーク通信に用いるLAN端子や、オーディオ用の光デジタル端子などがあります。

端子の数はモデルによって異なるのがポイント。上位モデルにはHDMI端子を4ポート搭載した製品もあり、ゲーム機やパソコンなどをまとめて接続しておきたい方におすすめです。なお、基本的には下位モデルや小型モデルになると端子の数は少なくなるので注意しましょう。

チューナーレステレビのおすすめモデル

オリオン電機 チューナーレス スマートテレビ 32V型 SAFH321

ネット動画の視聴に特化したチューナーレステレビ。フルHDの高画質で、好みのコンテンツを楽しめます。「Netflix」や「Prime Video」など、定番の動画配信サービスはプリインストールされており、ほかのアプリはGoogle Playからダウンロードが可能です。

専用のリモコンは、必要なボタンだけを残したシンプルで使いやすい設計。ボタンひとつで、プリインストールアプリに手軽にアクセスできます。マイクボタンも搭載しており、音声での製品の操作やコンテンツ検索も可能です。

HDMI端子を3ポート、USB端子を2ポート搭載。チューナーレステレビをゲーム機やパソコンのモニターとして活用したい方にもおすすめです。

オリオン電機 チューナーレス スマートテレビ 50V型 SAUD501

50V型の大画面で、さまざまなインターネットコンテンツを楽しめるチューナーレステレビ。4Kに対応したモデルなので、美しい映像が楽しめます。「Dolby Vision」形式のHDR信号に対応。近年配信が拡大している、4K HDRの高画質コンテンツの再生も可能です。

高い映像処理技術を持つ、HDMI2.1規格の端子を4ポート搭載しているので、ゲーム機やパソコンとの接続にもおすすめ。自動低遅延モードにより、次世代ゲーム機でも快適にプレイできます。

音質面では、迫力ある音質が特徴の「Dolby Audio」に加えて、「Dolby Atmos」のデジタル出力にも対応。市販のスピーカーシステムやサウンドバーに接続すれば、より臨場感あふれるオーディオ環境を構築できます。

ドン・キホーテ チューナーレス スマートテレビ 43V型 TSM-4301U4K

4K対応モデルながら、コスパのよさが魅力のチューナーレステレビです。Android TV向けのAndroid OSを搭載しているため、リモコン操作ひとつで豊富なネット動画や、Androidアプリを楽しめます。

Chromecast機能を搭載。スマホに入った動画や写真を、そのままワイヤレスで画面に表示できるのもポイントです。機能性に優れたチューナーレステレビを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ドン・キホーテ チューナーレス スマートテレビ 24V型 TSM-2403F2K

小型サイズの製品ながらフルHDパネルを採用しているチューナーレステレビ。美しい映像でネット動画を視聴できます。

プリインストールされた動画配信サービスのほか、Android TVに対応したアプリもリモコン操作だけでダウンロード可能。好みのネット動画を気軽に楽しめます。リーズナブルで入手しやすいため、初めてのチューナーレステレビにもおすすめです。

Roommate チューナーレス スマートテレビ 50V型 TDP-d021-TDP5014k

迫力の大画面で、美しい4K映像を楽しめるチューナーレステレビです。「Dolby Vision」形式のHDR信号に対応しており、高輝度の映像をよりリアルに表現。色味を忠実に再現した高コントラストの映像美が魅力です。

美しい映像に加え、優れた音質面も特徴。「Dolby Audio」を搭載しているので、力強いサウンドを体感できます。また、コンテンツに合わせた設定も可能です。

Chromecast機能を搭載しているため、スマホの動画や画像などを映したいときにもぴったり。50V型なので広い部屋に設置したい方や、家族で使いたい方にもおすすめです。

ASTEX チューナーレス スマートテレビ 32V型 AI-S32

使いやすい便利な機能が充実したチューナーレステレビ。解像度はハイビジョンですが、HDRに対応しているためリアルなコントラストを表現できます。

さまざまな動画配信サービスのほか、Googleアシスタント機能による音声認識も可能。リモコンのボタンを押して話しかけるだけで、コンテンツを簡単に検索できます。

HDMI端子とUSB端子はそれぞれ2ポート搭載されており、ほかにもLAN端子や光デジタル端子、AV入力端子やヘッドホン端子などポートが豊富。スマホのミラーリング機能や、Bluetooth 5.0にも対応しているので、さまざまな機器と接続したい方におすすめです。

チューナーレステレビの売れ筋ランキングをチェック

チューナーレステレビのランキングをチェックしたい方はこちら。