大小さまざまな画面サイズの液晶テレビが販売されていますが、一人暮らしの方におすすめなのが「32型テレビ」。サイズが大きすぎないので部屋にレイアウトしやすく、圧迫感がありません。また、映画鑑賞やスポーツ中継でも迫力ある映像を楽しめます。

そこで今回は、豊富なラインナップの中から32型テレビのおすすめモデルをご紹介。一人暮らしの方はぜひ参考にして、生活スタイルに合った1台を選んでください。

32型テレビは一人暮らしに最適

一人暮らしの方がテレビを購入する際は、32型のサイズがおすすめ。予算内で少しでも大きな画面のテレビを購入したくなりますが、一般的な一人暮らし向けの間取りには合わない場合が多い点に注意が必要です。なんとか設置できたとしても、テレビが大きすぎるとほかの家具とのレイアウトも難しくなります。

また、液晶テレビを視聴する最適な距離は、画面の高さの3倍程度が目安です。32型テレビは画面の高さが約40cmなので、適切な視聴距離は約120cm。これなら、一人暮らしの部屋でも視聴距離に合った無理のない場所に設置できます。

32型テレビの選び方

画質で選ぶ

画面サイズが同じでも、解像度の違いによって画質は大きく左右します。現在販売されている液晶テレビの主な解像度は「ハイビジョン(1366×768)」「フルハイビジョン(1920×1080)」「4K(3840×2160)」で、32型テレビはハイビジョンが一般的。映画をブルーレイやBS/CS放送で鑑賞するなら、画質のよいフルハイビジョン対応がおすすめです。

スピーカー性能で選ぶ

映画やライブ映像を鑑賞する方は音質にもこだわりましょう。音声をクリアに再生できるモノや、スピーカーを前向きに設置しより迫力のある音を再生できるモノなどがおすすめです。

また、ゲームをする方は、バーチャルサラウンド技術やゲームモードに対応している製品がおすすめ。低音増幅機能を搭載したモノなら重低音もしっかりと再生できるため、より迫力のある映像を楽しめます。

録画機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

録画機能は、時間にしばられずテレビを視聴できる便利な機能です。多くのテレビは外付けハードディスクに対応し、USBポートに接続すれば番組を録画できます。

そこで押さえるべきポイントは、テレビに搭載されたチューナー数。2チューナー以上が備わっていれば、テレビを見ながら裏番組を同時に録画できるため、見たい番組が重なったときに便利です。

また、ラインナップは少ないですが、ハードディスクやブルーレイレコーダーを内蔵したテレビも発売されています。追加で機器を購入することなく、テレビ本体だけで手軽に録画ができます。

インターネット機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットの動画配信サービスをよく視聴する方は、インターネット関連機能も選び方のポイント。テレビにインターネット機能が搭載されていれば、気軽に動画を楽しめます。

リモコンのボタン操作でYouTubeやNetflixなどの主要サービスにアクセスできるモデルもあり、チャンネルを選ぶ感覚で動画の選択が可能。大画面で動画を楽しみたい方は、インターネット機能を搭載したテレビがおすすめです。

32型テレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、 VIERA(ビエラ)ブランドで液晶テレビを展開。お風呂でも見られる10V型のポータブルテレビから、高画質で大画面の65V型4K有機ELテレビまで、幅広いラインナップが特徴です。

パナソニックは、大手総合家電メーカーとしてさまざまな製品を販売しており、操作性や使いやすさにこだわっているのがポイント。テレビにおいてもインターネットでの動画視聴やレコーダーとの連携がスムーズに対応できるモデルを多く展開しています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

液晶テレビやスマートフォンをはじめとする、映像関連機器でAQUOS(アクオス)の統一ブランドを展開。世界初の「8K対応液晶テレビ」を販売するなど、液晶に強みを持ったブランドです。

2000年にAQUOS第1号モデルを発表して以来「液晶はシャープ」というイメージを前面に出し、液晶テレビでトップの国内シェアを誇ります。高品質な製品を生み出す「亀山工場」で知られており、長年にわたって液晶技術を蓄積してきたメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズを展開するソニーは海外でも人気を集めています。画面サイズが85V型の大画面から、コンパクトな24V型まで幅広くラインナップ。ソニー独自の高画質プロセッサーを搭載し、映像をリアリティー豊かに再現します。画質のよさだけでなく、デザイン性の高さは部屋のインテリアとしても人気です。

ハイセンス(HISENSE)

By: rakuten.co.jp

ハイセンスは、日本であまり知られていませんが、世界的には広く知られている中国の大手メーカーです。特に中国国内での人気が高く、14年連続シェア1位に輝いています。

横から見てもキレイに見えるIPSパネルや重低音を補完し増幅させるスーパーパスなど、優れた機能性を持ったテレビを数多くラインナップ。機能が充実しているモノも手ごろな価格で手に入れられるためコストパフォーマンス重視の方におすすめです。

32型テレビのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-32F300

パナソニック(Panasonic) VIERA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ VIERA TH-32F300

インターネット接続に対応している32型テレビです。アクトビラにアクセスして映画やドラマを楽しみたい方におすすめ。視聴中の番組を別売りのUSBハードディスクに録画できるため容量も手軽に増やせます。

また、本製品は「お部屋ジャンプリンク」機能に対応。対応機器をLANにつなげば、内蔵ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組を別の部屋にあるビエラなどの端末で楽しむこともできます。

装備しているHDMI端子は2つあり、内1つは高音質のARCに対応しているため音質重視の方にもおすすめです。別売りのARCホームシアターと繋ぐと映画やライブ映像を迫力のある音で楽しめます。

斜めから見てもキレイに見えるIPE LEDパネルを採用しているため、寝ころびながら観たい方にもおすすめ。大人数でテレビを視聴する時にも便利です。

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン LED液晶テレビ 32型 32K30

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン LED液晶テレビ 32型 32K30

手軽に観たいシーンを再生できる操作性のよさが魅力の32型テレビです。2チューナー搭載で番組の視聴中に裏番組の録画が可能。外付けハードディスクにも対応しており、簡単に録画容量を増やせます。

画面には明暗部の色ムラが少なく発色が豊かな直下型LEDライトと、斜めからでもキレイに見える広視野角が魅力的なIPSパネルを採用。寝ころびながら見たい方にもおすすめです。

また、低音域のデータを補完するスーパーパス機能を採用しているため音質も優秀。映画や音楽番組をより迫力のあるサウンドで楽しみたい方にもおすすめです。

そのほか、30秒スキップ・10秒バック・ジャンル別番組検索などに対応しており利便性に優れています。画質・音質・操作性に優れていながらも30000円以下とコストパフォーマンスがよく人気がある製品です。

三菱電機(MITSUBISHI) ハイビジョン液晶テレビ REAL LCD-A32BHR9

三菱電機(MITSUBISHI) ハイビジョン液晶テレビ REAL LCD-A32BHR9

約1080時間の録画が可能な1TBのハードディスクとブルーレイレコーダーを内蔵している32型テレビです。録画・ダビング・再生が本製品のみでできるのが魅力。外付けハードディスクにも対応しており、長時間録画したい方にもおすすめです。

チューナーが3つ搭載されており、2番組を同時に録画しながら別番組を視聴できます。キーワード・ジャンル・出演者で好みの番組を検索可能。専用アプリをダウンロードすれば、iPhoneやAndroid端末で録画予約ができるため好きな番組を録り逃しません。

また、広視野角パネルと独自の高画質エンジンを搭載しているため、画質も滑らかで鮮明です。スピーカーを前面にレイアウトしているため小さな音もクリアに再生できます。DIATONEの高音質技術を採用しており、映画や音楽鑑賞にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-32E300

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ VIERA TH-32E300

録画しながら別番組を視聴できる2チューナー搭載の32型テレビです。アクトビラに対応しており、好きな映画やドラマを視聴できます。「お部屋ジャンプリンク」機能を採用しているため、放送中の番組を転送して別室にあるディーガなどでも再生可能です。

画面には、斜めから見てもキレイに映るIPSパネルを採用しています。立って見下ろしながらでも見やすく、見上げる形で寝ころびながらでもクリアな映像を視聴可能です。

また、明るさオート・無信号自動オフ・ECOスタンバイ・こまめにオフ機能を搭載。省エネ性能が優れているため、電気代を抑えたい方にもおすすめです。

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン smart LED液晶テレビ 32型 32N20

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン smart LED液晶テレビ 32型 32N20

5つのビデオ・オン・デマンドサービスに対応している32型テレビです。YouTube・アクトビラ・U-NEXT・TSUTAYA-TV・クランクイン!ビデオを利用できます。

画面には、直下型LEDバックライトとIPSパネルを採用しており、滑らかで鮮明な発色を広視野角で視聴可能。低音域を補完するスーパーバス機能も搭載しているためサウンドに迫力があり、映画や音楽番組の視聴におすすめです。

また、番組の視聴中に裏番組を録画できます。外付けハードディスクの接続にも対応しているため、録画容量を手軽に増やせるのも特徴。スマートフォンのミラーリングに対応しているため、テレビでの操作を省きたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS E40ライン LC-32E40

シャープ(SHARP) AQUOS E40ライン LC-32E40

外付けハードディスクに直接番組を録画できる32型テレビです。録画中はチャンネルを切り替えられないため、外出中や見返したい番組の録画に適しています。

本製品は、自動でチャプターマークを記録し、録画番組のCMなどをカットして再生できるのが魅力。CMに切り替わった際にボリュームを自動で下げるため常に聞き取りやすい音量で再生できます。

また、画面全体を均一に照らし出せるLEDバックライトを採用しており、鮮明な映像再生が可能です。事前にジャンルやキーワードを登録しておけば、番組表上で色分け表示されるため、目当ての番組をすぐに見つけられます。

ソニー(SONY) BRAVIA フルハイビジョン液晶テレビ KJ-32W730E

ソニー(SONY) BRAVIA フルハイビジョン液晶テレビ W730Eシリーズ KJ-32W730E

フルHDパネルとソニー独自のエンジン「X-Reality PRO」を搭載している32型テレビです。より高精細な映像を再生でき、番組視聴中も外付けハードディスクに別番組を録画できます。

また、短時間で視聴できる「1.3倍早見再生」や、番組を自動で区切る「オートチャプター」など便利な機能も充実しています。チャンネルを押すだけで電源が入るため観たい番組をすぐに視聴可能。クリアボイス機能を採用しており、ニュース音声などもクリアです。

さらに、無線LANを内蔵しているため、インターネットへの接続ができます。YouTubeやNetflixの動画サービスをテレビで楽しみたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ハイビジョン液晶テレビ KJ-32W500E

ソニー(SONY) ハイビジョン液晶テレビ W500Eシリーズ KJ-32W500E

高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を採用している32型テレビです。自然なグラデーションでクリアな映像を再生でき、クリアボイス機能で音声もクリアに再生できます。

また、外付けハードディスクへの直接録画に対応しているため、テレビ視聴中も裏番組を録画可能です。さらに、自動で場組を区切る「オートチャプター」や「1.3倍早見再生」などにも対応しており、手軽に観たいシーンだけ再生できます。

そのほか、オンタイマー・スリープタイマー・無操作電源オフなどの節電機能を搭載。高画質で優れた操作性・省エネ性能を兼ね備えている製品です。