液晶テレビには大小さまざまな画面サイズがありますが、一人暮らしの方には「32型テレビ」がおすすめ。大きすぎず、部屋のレイアウトに合わせやすいため、圧迫感を覚えにくいサイズです。また、映画鑑賞やスポーツ中継でも迫力ある映像を楽しめます。

そこで今回は、豊富なラインナップのなかから32型テレビのおすすめモデルをご紹介。ぜひ参考にして、ぴったりの1台を選んでみてください。

32型テレビは一人暮らしにぴったり

一人暮らしの方がテレビを購入する際は、32型のサイズがおすすめです。予算内で少しでも大きいテレビを購入したいところですが、一般的な一人暮らしの間取りには合わない場合があるため、要注意。なんとか設置しても、テレビが大きすぎるとほかの家具のレイアウトも難しくなります。

また、液晶テレビを視聴する最適な距離は、画面の高さの3倍程度が目安です。32型テレビは画面の高さが約40cmなので、適切な視聴距離は約120cm。32型なら、一人暮らしの部屋でも視聴距離に合った無理のない場所に設置できます。

32型テレビの選び方

画質で選ぶ

By: mitsubishielectric.co.jp

アナログ放送からデジタル放送へ移行して以来、地上デジタル放送の映像規格に合わせてハイビジョン画質以上のテレビが製造されています。

テレビの画面は、画素と呼ばれる小さな素子が水平と垂直方向に整列して並んだ構造で、ひとつひとつの素子が発色することで映像を再現する仕組みです。画素数が多いほど、より細かい色彩表現が可能。また、輪郭などの線もよりクリアに映し出せるので、映像の臨場感が向上します。画質にこだわりたい方は、画素数の多いテレビがおすすめです。

現行の32型テレビでは、1280×720画素のハイビジョン画質と、1920×1080画素のフルハイビジョン画質の2種類が展開されています。地上デジタル放送の映像規格は1440×1080画素なので、フルハイビジョンモデルであればより臨場感あふれる映像を楽しむことが可能です。

録画機能で選ぶ

休日などにゆっくりとお気に入りの番組を楽しみたい方は、録画機能を搭載したテレビがおすすめです。最近の32型テレビでは、別途ブルーレイディスクレコーダーなどを取り付けなくても、手軽に録画できるモデルが増えています。

最も一般的なのが、外付けハードディスク(HDD)をUSBケーブルで接続するタイプです。テレビ自体に録画機能が付いており、簡単な操作で登録したHDDへ番組を録画できます。また、一人暮らしでスペースを節約したい方は、HDD内蔵タイプがおすすめ。さらに、レコーダー内蔵モデルなら、録画番組をダビングできて便利です。

内蔵チューナーの数にも注目。2基以上のチューナーを内蔵していれば、裏番組を録画できます。見たい番組が重なることが多い方は、ダブルチューナーモデルをチェックしてみてください。

DVDやブルーレイを再生できるかどうかで選ぶ

32型テレビでDVDやブルーレイを再生するには、ディスクのタイプに対応したプレーヤーが必要。ブルーレイプレーヤーであれば、DVDもブルーレイも再生できるので便利です。

しかし、プレーヤーを外付けするとテレビ周りのスペースが圧迫されてしまうのが難点。配線も複雑になりがちです。ワンルームなどの一人暮らしでスペースを節約したい方は、プレーヤーを内蔵したモデルがおすすめです。

インターネット機能で選ぶ

ネットの動画配信サービスをよく視聴する方は、インターネット機能の有無も確認しておきましょう。インターネット機能が搭載されていれば、テレビの画面でネットの動画を楽しめます。

リモコンのボタンで「YouTube」や「Netflix」などにアクセスできるモデルもあり、チャンネルを選ぶ感覚で動画の選択が可能です。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

画面サイズが同じ32型でも、テレビ本体のサイズはモデルによって異なります。画面周囲のフレームが広いモデルやスタンドが大きいモデルの場合は、その分広いスペースが必要なので、事前によく確認しておきましょう。

平面的なサイズだけではなく、奥行きにも注意が必要。デスクやテレビ台への設置を考えている場合は、スタンド部分の奥行きを含めたサイズの把握をしておくとスムーズに設置できます。

壁掛けや天吊りで使う場合は重さをチェック

壁掛けや天吊りでテレビを設置する場合は、スタンドを除いたモニター部分の重さも大切な要素。壁掛け用の金具の耐荷重はモデルによってさまざまです。

モニター部分の重さが金具の耐荷重を上回ってしまうと、テレビが落下したり、壁に傷を付けたりしてしまう恐れがあるので、できるだけ耐荷重に余裕のある金具を選択するのがおすすめです。

32型テレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

大手総合家電メーカーのパナソニックは、VIERA(ビエラ)ブランドの液晶テレビを展開しています。お風呂でも見られる10V型のポータブルテレビから、高画質で大画面の65V型4K有機ELテレビまで、ラインナップが豊富です。

同社の製品は、操作性や使いやすさにこだわって作られているのがポイント。テレビにおいても、インターネットでの動画視聴や、レコーダーとの連携がスムーズに対応できるモデルが多く発売されています。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープは、液晶テレビやスマホなどの映像関連機器メーカーで、テレビはAQUOS(アクオス)ブランドで展開。8K対応液晶テレビを発売するなど、液晶に強みを持っています。

2000年にAQUOS第1号モデルを発表して以来、高い人気を集めているのが特徴。長年にわたって液晶技術を蓄積してきたメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

家電やPCなどを取り扱う東芝は、テレビではREGZA(レグザ)シリーズが有名。映像処理エンジンに独自の「レグザエンジン」を搭載し、映像を高画質化しながら番組表の起動を高速化することで、快適な操作感を実現します。

デジタル放送で目立ちやすいノイズを低減し、高精細で見やすい映像を届ける「地デジビューティHD」機能など、画質にこだわった機能が搭載されていることも特徴です。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズを展開するソニーは、海外でも人気のメーカーです。コンパクトな24V型から、大画面の85V型まで幅広くラインナップしています。

「X-Reality PRO」を搭載したことにより、圧縮や伝送で失われた映像データを復元し、より細やかな質感まで再現できるモデルもおすすめ。画質だけでなくデザイン性も高いため、部屋のインテリアに合わせやすいのも人気の理由です。

32型テレビのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) VIERA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-32H300

ARCに対応し、同規格のホームシアターをHDMIケーブル1本で接続できるハイビジョン32型テレビ。映画やスポーツ番組をホームシアターの臨場感あふれるサウンドで楽しみたい方におすすめです。狭い場所でも配線しやすく、ワンルームなどの一人暮らしに適しています。

また、「あざやか色再現回路」により、あらゆる映像を色鮮やかに美しく再現できるのもポイントです。部屋が明るくても細部まで鮮明な映像でテレビを楽しめます。地上デジタル・BS・110度CS放送のダブルチューナーを内蔵。別売のUSBハードディスクを外付けすれば、番組を視聴しながら裏番組の録画も可能です。

さらに、「オフタイマー」を搭載し、就寝前の消し忘れを防げるのもメリット。「オンタイマー」を活用すれば、目覚まし時計のように使える便利なテレビです。

シャープ(SHARP) AQUOS テレビ 2T-C32AE1

リーズナブルな価格ながら、充実した機能が特徴のハイビジョン32型テレビです。2画面表示機能を使えば、番組を視聴しながら、気になるスポーツ中継の経過もチェックできます。地上デジタル・BS・110度CS放送のダブルチューナーを内蔵。別売の外付けHDDへの予約録画や裏番組録画が可能です。

また、ニュースやドラマの人の声を聞き取りやすくする「くっきりボタン」や、目覚まし時計のように使える「おはようタイマー」など、便利な機能も搭載しています。幅約36cmのスリムなスタンドを搭載し、画面の浮遊感を楽しめるデザインも魅力のおすすめ製品です。

東芝(TOSHIBA) ハイビジョン液晶レグザ 32V34

さまざまなネット動画アプリを搭載し、好みの動画や映画を高精細な映像で楽しめるフルハイビジョン32型テレビです。

「Prime Video」「Netflix」「Hulu」「U-NEXT」など、有料のVODサービスに加え、基本的に無料で楽しめる「YouTube」「ABEMA」も搭載。いつもはスマホなどで見ているお気に入りのネット動画を、テレビの大きな画面で視聴できます。

また、画像処理速度が速い「レグザエンジン Power Drive」や「ネット動画ビューティHD」を搭載。ネット動画をより高精細で色鮮やかに映し出せるのもメリットです。さらに、「地デジビューティHD」により、地上デジタル放送も高画質な映像で楽しめます。さまざまな機能が付いた一人暮らし用のテレビを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA フルハイビジョン液晶テレビ KJ-32W730E

独自の映像処理技術により、臨場感あふれる高画質な映像でテレビ番組やネット動画を楽しめるフルハイビジョン32型テレビです。圧縮や伝送で失われた映像データまで復元し、細かな質感まで忠実に再現する超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載。映画などがよりオリジナルに近い高精細な映像で楽しめます。

自宅にインターネット環境があれば、テレビで「YouTube」「YouTube KIDS」「Netflix」のネット動画が楽しめるのもメリット。無線LANに対応し、ワイヤレスで接続できるのもおすすめポイントです。

また、地上デジタル・BS・100度CS放送のチューナーを各2基内蔵。別売の外付けHDDへの録画ができます。一人暮らしで忙しく、見たい番組を見逃してしまいがちな方にもおすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA ハイビジョン液晶テレビ KJ-32W500E

奥行き感のある高画質な映像を楽しめるほか、便利な機能も充実したハイビジョン32型テレビです。高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」により、映像のノイズを低減。自然な色合いときれいな映像でテレビ番組を楽しめます。

リモコンには「クリアボイス」ボタンを搭載。ニュースキャスターや俳優の声を聞き取りやすくする機能で、ボタンひとつでオンオフを切り替え可能です。ニュースの内容に集中したい場合などに活躍します。また、リモコンのチャンネルボタンを押すだけで、テレビの電源をオンにできる「チャンネルポン」も便利。リモコン操作の回数を減らせるほか、見たい番組をすぐに視聴できます。

別売の外付けHDDへの録画にも対応。地上デジタル・BS・100度CS放送のダブルチューナーを内蔵し、番組を視聴しながら裏番組の録画も可能です。さらに、ジャンルを指定して番組を検索できる機能も搭載し、好みの番組を簡単に探せます。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL ハイビジョン液晶テレビ LCD-A32BHR10

HDD内蔵タイプのハイビジョン32型テレビです。地上デジタル・BS・110度CS放送のチューナーを各3基内蔵し、最大2番組の同時録画にも対応しています。見たい番組の時間帯が重なっても安心です。

リモコンに「一発録画」ボタンを搭載し、視聴中の番組をワンタッチで録画できるのも魅力。また、指定したジャンルの番組を自動検索し録画する「おこのみ自動録画」などの録画機能も充実しています。

ブルーレイレコーダーを内蔵しているため、録画番組のダビングも可能です。ブルーレイの映画を楽しみたい方にもおすすめ。別途プレーヤーを設置するよりもスペースを有効活用できるので、一人暮らしにも適しています。さらに、スタンドに「オートターン」を搭載。テレビの向きをリモコンで調節できる機能で、部屋のどの位置からでも快適にテレビを視聴可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) LUCA ハイビジョンテレビ 32インチ LT-32A320

応答速度が約6.5msと速く、動きが激しいスポーツ選手の動きもクリアに映し出せるハイビジョン32型テレビ。レースやスポーツ番組が好きな方はもちろん、ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

また、高コントラストな映像を映し出せるVAパネルと直下型バックライトを搭載。独自の映像処理技術により、自然な鮮やかさに調節しながら映像の美しさを忠実に再現できるのもメリットです。目にもやさしく、快適にテレビを楽しめます。

さらに、地上デジタル・BS・110度CS放送のダブルチューナーを内蔵し、別売の外付けHDDへの裏番組にも対応しているのも魅力です。基本的な機能が充実していながら価格が安いのもポイント。コスパ重視の方はチェックしてみてください。

マクスゼン(maxzen) 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ J32CH02

低価格ながら、録画機能が充実したハイビジョン32型テレビです。別売の外付けHDDへの録画に対応。地上デジタル・BS・110度CS放送のチューナーを各2基内蔵し、予約番組はもちろん裏番組も録画できます。

HDDの容量が足りなくなると、古い録画データから自動削除する機能も搭載。また、ひとつのHDDから別のHDDへ録画番組を移行できる機能や、USBハブを使って複数のHDDを同時接続できる機能などを搭載しています。ひんぱんにテレビ番組を録画したい方や、録画番組を管理しやすいテレビを探している方にもおすすめです。

市販の壁掛け金具を使えば、スタイリッシュな壁掛けにも対応しています。壁掛けをすればテレビ台を置く必要がなくなり、スペースを広く使えるのもメリットです。

ハイセンス(HISENSE) ハイビジョン SMART LED液晶テレビ 32N20

IPSパネルを搭載し、斜めからでも色鮮やかな映像を楽しめるハイビジョン32型テレビ。部屋のさまざまな位置から映像がきれいに楽しめるのがメリットです。朝に身支度をしながらニュースをチェックしたり、掃除をしながら好きなテレビ番組を見たりと、忙しい一人暮らしの方に適しています。

家にインターネット環境があれば、「YouTube」「U-NEXT」「TSUTAYA TV」などのネット動画アプリも利用可能。リモコンのボタンで簡単にアプリにアクセスできます。

地上デジタル・BS・110度CS放送のダブルチューナーを内蔵し、別売のHDDを外付けすれば予約した番組や裏番組も録画可能。お手頃価格ながら、ネット動画もテレビ番組も存分に楽しめるおすすめのモデルです。

ウィズ(WIS) 32インチ 地上デジタル ハイビジョン液晶テレビ AS-01D3201DTV

DVDプレーヤーを内蔵したハイビジョン32型テレビ。テレビ周辺にDVDプレーヤーなどを置くスペースがない方にもおすすめです。レンタルしたDVDなどを手軽に視聴できます。

地上デジタル放送のチューナーを内蔵。別売の外付けHDDへの録画にも対応し、見たい番組を予約録画することが可能です。機能はシンプルですが、テレビをたまにしか見ない方なら十分。DVDもテレビも楽しめるモデルを探している方はチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ QRT-32W2K

低価格ながら、輝度が鮮やかな「LED直下型バックライト方式」を採用した32型テレビ。視野角度が178°と広く、部屋のさまざまな場所から高画質の映像を楽しめます。さらに、パネルがVA方式なので、コントラスト比に優れたきれいな描写を再現できるのが魅力です。

本製品はUSBポートを2基搭載。別売の外付けHDDを2台同時に接続でき、最大で64件の録画予約を設定できます。地上デジタル・BS・110度CS放送のダブルチューナーを内蔵しているので、テレビを視聴しながら裏番組の録画を同時にでき、見たい番組を逃しません。

本体サイズは幅約73.2×奥行8.7×高さ43.5cmで、重量が約4kg。低価格と高画質を実現した、コストパフォーマンスに優れたおすすめの32型テレビです。

船井電機(FUNAI) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ FL-32H2010W

500GBの大容量HDDを内蔵した32型テレビ。新たにHDDを購入しなくても、テレビ単体で番組を録画できるのが魅力です。USBポートが備わっているので、内蔵HDDの容量が埋まっても市販の外付けHDDを接続すれば録画時間を増やせます。

また、地上デジタル・BS・110度CS放送のダブルチューナーも搭載。視聴しながら同時に裏番組の録画が可能です。

スタンド部分を含んだ本体サイズは幅73.4×奥行き18.1×高さ49.6cmで、重量は約6.4kg。面倒な接続が不要で、購入したらすぐに番組の録画ができるおすすめの32型テレビです。

オリオン(Orion) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ OL32WD100A

パネル周辺の縁が狭く、低価格ながら高級感のある32型テレビ。スタンドを含んだ本体サイズは幅73.2×奥行き22×高さ48.5cmで、重量が約4.5kgと部屋にすっきり置ける大きさです。

本製品には「ブルーライト軽減」機能を搭載。リモコンのボタンひとつで設定でき、安心して長時間視聴できます。

チューナーは地上デジタル・BS・110度CS放送をそれぞれ2つずつ搭載。USBポートに別売の外付けHDDを接続すれば、テレビを見ながら気になる裏番組も同時に録画できます。

サウンドは、4つのモードから選択可能。好みに合わせられるだけでなく、8バンドのイコライザー機能によって音質をカスタマイズできるので、サウンドにこだわりたい方にもおすすめの32型テレビです。