液晶テレビには大小さまざまな画面サイズがありますが、一人暮らしの方には「32型テレビ」がおすすめ。大きすぎないので、部屋にレイアウトしやすく、圧迫感を感じにくいサイズです。また、映画鑑賞やスポーツ中継でも迫力ある映像を楽しめます。

そこで今回は、豊富なラインナップのなかから32型テレビのおすすめモデルをご紹介。ぜひ参考にして、ぴったりの1台を選んでみてください。

32型テレビは一人暮らしにぴったり

一人暮らしの方がテレビを購入する際は、32型のサイズがおすすめです。予算内で少しでも大きいテレビを購入したいところですが、一般的な一人暮らしの間取りには合わない場合があるため、要注意。なんとか設置しても、テレビが大きすぎるとほかの家具のレイアウトも難しくなります。

また、液晶テレビを視聴する最適な距離は、画面の高さの3倍程度が目安です。32型テレビは画面の高さが約40cmなので、適切な視聴距離は約120cm。32型なら、一人暮らしの部屋でも、視聴距離に合った無理のない場所に設置できます。

32型テレビの選び方

画質で選ぶ

画面サイズが同じでも、製品の解像度によって画質は異なります。現在発売されている液晶テレビの主な解像度は「ハイビジョン(1366×768)」「フルハイビジョン(1920×1080)」「4K(3840×2160)」で、32型テレビの場合はハイビジョンが一般的。ブルーレイやBS・CS放送で映画などを鑑賞するなら、フルハイビジョン対応のモデルがおすすめです。

録画機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

録画機能は、時間にしばられずテレビを視聴できる便利な機能です。多くのテレビは外付けハードディスクに対応しており、USBポートに接続すれば番組を録画できます。

録画機能を使いたい方は、テレビに搭載されたチューナーの数もチェックしておくのがおすすめ。2つ以上チューナーが備わっていれば、テレビを見ながら裏番組を同時に録画できるため、見たい番組が重なったときに便利です。

また、ラインナップは多くありませんが、ハードディスクやブルーレイレコーダーを内蔵したモデルも存在します。追加で機器を購入することなく、テレビ本体だけで録画が可能です。

インターネット機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットの動画配信サービスをよく視聴する方は、インターネット機能の有無も確認しておきましょう。インターネット機能が搭載されていれば、テレビの画面でネットの動画を楽しめます。

リモコンのボタンでYouTubeやNetflixなどにアクセスできるモデルもあり、チャンネルを選ぶ感覚で動画の選択が可能です。

32型テレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手総合家電メーカーのパナソニックは、VIERA(ビエラ)ブランドの液晶テレビを展開しています。お風呂でも見られる10V型のポータブルテレビから、高画質で大画面の65V型4K有機ELテレビまで、ラインナップが豊富です。

パナソニックの製品は、操作性や使いやすさにこだわって作られているのがポイント。テレビにおいても、インターネットでの動画視聴や、レコーダーとの連携がスムーズに対応できるモデルが多く発売されています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、液晶テレビやスマートフォンなどの映像関連機器で、AQUOS(アクオス)の統一ブランドを展開。世界初の8K対応液晶テレビを発売するなど、液晶に強みを持っています。

また、2000年にAQUOS第1号モデルを発表。「液晶といえばシャープ」のイメージを前面に出し、高い人気を集めています。クオリティの高い製品を生み出す「亀山工場」でも知られており、長年にわたって液晶技術を蓄積してきたメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズを展開するソニーは、海外でも人気のメーカーです。コンパクトな24V型から、大画面の85V型まで幅広くラインナップ。ソニー独自の高画質プロセッサーを搭載し、映像をリアルに再現します。画質だけでなくデザイン性も高いため、部屋のインテリアとしても人気です。

ハイセンス(Hisense)

By: amazon.co.jp

ハイセンスは、世界的に広く知られている中国の大手メーカー。低価格な製品が多いのが特徴で、日本でも注目が集まっています。横から見てもキレイに見えるIPSパネルや、重低音を補完して増幅させるスーパーパスなど、機能性に優れたテレビを数多くラインナップ。高性能なモノも手ごろな価格で手に入れられるため、コストパフォーマンス重視の方におすすめです。

32型テレビのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-32F300

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-32F300

インターネット接続に対応している32型テレビ。「アクトビラ」などのインターネットサービスにアクセスして、映画やドラマの視聴が可能です。また、視聴中の番組を別売りのUSBハードディスクに録画できるため、容量を手軽に増やせます。

「お部屋ジャンプリンク」機能に対応しているのもポイント。対応機器をLANに繋げば、内蔵ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組を、別の部屋にあるビエラなどの端末で楽しむことも可能です。

HDMI端子が2つ搭載されており、1つは高音質のARCに対応しているので、音質重視の方にもおすすめ。別売りのARCホームシアターと繋げば、映画やライブ映像を迫力のある音で楽しめます。さらに、斜めから見てもキレイに見えるIPSパネルを採用しているため、寝ころびながらの視聴にもぴったり。大人数で視聴するときにも便利です。

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-32E300

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-32E300

チューナーを2つ搭載した32型テレビ。録画しながら別番組を視聴できます。アクトビラに対応しており、映画やドラマを好きな時間に視聴可能。「お部屋ジャンプリンク」機能を搭載しているので、放送中の番組を転送して、別室の対応端末でも再生できます。

画面には、斜めから見てもキレイに映るIPSパネルを採用。立って見下ろしても見やすく、寝ころびながらでもクリアな映像を視聴可能です。また、「明るさオート」「無信号自動オフ」「ECOスタンバイ」「こまめにオフ」など便利な機能を搭載しているのも魅力。省エネ性能に優れているため、電気代を抑えたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS 2T-C32AE1

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS  2T-C32AE1

アクオスのなかでもシンプルな機能で、価格が抑えられた32型テレビです。ディスプレイには直下型LEDバックライトを搭載。液晶パネルの直下からLEDライトで明るく照らすことにより、鮮やかでクリアな映像を実現しています。

「タイムシフト機能」に対応しているのもポイント。アクオスのブルーレイと接続すれば、リモコンで放送中の番組を一時停止できる「ちょっと待っテレビ」、もう一度見たいシーンをさかのぼって視聴できる「ちょっと戻っテレビ」など、便利な機能が使えます。

高画質でコスパに優れたモデルですが、VODサービスには非対応なので、YouTubeやNetflixなどを利用したい方は要注意。地上デジタルやBSなどのテレビ番組を中心に見る方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) BRAVIA フルハイビジョン液晶テレビ KJ-32W730E

ソニー(SONY) BRAVIA フルハイビジョン液晶テレビ KJ-32W730E

フルHDパネルとソニー独自のエンジン「X-Reality PRO」を搭載した、高画質な32型テレビです。高精細な映像を再生できるほか、番組視聴中も外付けハードディスクに別番組を録画できます。

視聴時間を短縮できる「1.3倍早見再生」や、番組を自動で区切る「オートチャプター」など、便利な機能も充実。チャンネルを押すだけで電源が入るので、観たい番組をすぐに視聴できます。また、クリアボイス機能を搭載しており、ニュース音声なども聞き取りやすくおすすめです。

無線LANを内蔵しているため、インターネットへの接続も可能。YouTubeやNetflixの動画サービスをテレビで楽しめます。

ソニー(SONY) ハイビジョン液晶テレビ KJ-32W500E

ソニー(SONY) ハイビジョン液晶テレビ KJ-32W500E

高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を採用した32型テレビです。自然なグラデーションでクリアな映像を再生でき、クリアボイス機能で音声も聞き取りやすく再生できます。

また、外付けハードディスクへの直接録画に対応しているため、テレビ視聴中も裏番組を録画可能です。自動で場組を区切る「オートチャプター」や「1.3倍早見再生」などにも対応しており、観たいシーンだけを手軽に再生できます。

さらに、「オンタイマー」「スリープタイマー」「無操作電源オフ」などの節電機能も搭載。高画質で、操作性と省エネ性能を兼ね備えた製品です。

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン LED液晶テレビ 32型 32K30

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン LED液晶テレビ 32型 32K30

観たいシーンを手軽に再生できる、操作性のよさが魅力の32型テレビ。チューナーを2つ搭載しており、番組の視聴中に裏番組の録画が可能です。外付けハードディスクにも対応可能で、録画容量を簡単に増やせます。

画面には発色が豊かな直下型LEDライトと、斜めからでもキレイに見えるIPSパネルを採用。寝ころびながらの視聴にも適しています。また、低音域のデータを補完する「スーパーパス」機能を採用しているため、音質も良好。映画や音楽番組を、より迫力のあるサウンドで楽しみたい方にもおすすめです。

そのほか、「30秒スキップ」「10秒バック」「ジャンル別番組検索」などの便利な機能も搭載。画質・音質・操作性に優れながら、コストパフォーマンスがよい製品です。

三菱電機(MITSUBISHI) ハイビジョン液晶テレビ REAL LCD-A32BHR11

三菱電機(MITSUBISHI) ハイビジョン液晶テレビ REAL LCD-A32BHR11

1TBのハードディスクとブルーレイレコーダーが内蔵された32型テレビです。録画・ダビング・再生が1台でできるのが魅力。外付けハードディスクにも対応しており、長時間録画したい方にもおすすめです。

ディスプレイには、光沢処理を施した「DIAMOND Panel」を採用。外光の反射を抑えつつ、パネル内部からの光をストレートに通すため、深みのある鮮やかな色を再現できます。

また、サウンドにこだわっているのもポイント。ステレオ音声をサラウンドのように再現する「DIATONE サラウンド2.0」や、迫力ある重低音サウンドを響かせる「DIATONE BASS」など、さまざまな音響技術を搭載しています。

東芝(TOSHIBA) 液晶テレビ REGZA 32V31

東芝(TOSHIBA) 液晶テレビ REGZA 32V31

地デジや動画コンテンツを高画質で楽しめる32型テレビ。高性能な映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」と、映像のノイズを低減する「地デジビューティ」を搭載しており、高画質な映像を楽しめます。

サウンド面では、テレビ前面にスピーカーを配置した「クリアダイレクトスピーカー」を採用。画面から聞こえてくるような、迫力あるサウンドが楽しめます。また、壁への設置時に音質のバランスを調節する、「壁掛けモード」に対応しているのもポイントです。

さらに、インターネットに繋げば、動画配信サービスを視聴することも可能。YouTubeやNetflixはもちろん、dTV、U-NEXTなど、さまざまな動画コンテンツを楽しめます。テレビ番組はもちろん、VODサービスの映画やドラマを満喫したい方にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) 液晶テレビ Qriom QRT-32W2K

山善(YAMAZEN) 液晶テレビ Qriom QRT-32W2K

地デジ・BS・110°CSのチューナーをそれぞれ2つ搭載した、32型の液晶テレビ。外付けハードディスクを接続して、裏番組を含む約3000件の番組を録画できます。最大64件まで録画予約が可能なため、1ヶ月分の番組をまとめて予約できて便利です。

モニターには、直下型LEDバックライトを採用。また、178°と視野角が広いので、上下左右さまざまな角度から鮮やかな映像を楽しめます。

USBポートを2つ搭載しているため、外部機器を同時に2台接続可能。日本製のエンジンを搭載しながら、安い価格で購入できるのも魅力のひとつです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 液晶テレビ 32WB10P

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 液晶テレビ 32WB10P

VA方式の液晶パネルを採用した、32型の液晶テレビ。高コントラストで、奥行きのある映像を楽しむことが可能です。メーカー独自のチューニングにより、自然な色合いをリアルに再現しています。

光角型ジャックやステレオミニジャック、LANなど、豊富な接続端子を搭載しているのもポイント。オーディオ機器やヘッドホンに接続して、音声を聴いたり、双方向データ放送を楽しんだりできます。HDMI端子が2つあり、ブルーレイプレーヤーなどに接続することも可能。外付けハードディスクへの直接録画にも対応しているため、レコーダーなしで番組を録画できます。

マクスゼン(maxzen) デジタルハイビジョン対応液晶テレビ J32SK03

マクスゼン(maxzen) デジタルハイビジョン対応液晶テレビ J32SK03

地上・BS・110°CSデジタルチューナーを搭載した、ハイビジョンの32型テレビです。高画質で視聴することに特化したモデルで、モニターには直下型LEDバックライトとVAパネルを採用。コントラスト比や輝度が高いため、明るくキレイな映像を楽しめます。

シンプルで、子供やお年寄りでも使いやすい設計もポイント。リモコンに必要最低限のボタンを配置しており、簡単に操作できます。チューナーの数が1つなので、裏番組の録画はできませんが、外付けハードディスクを接続すれば留守中などにも番組を録画可能です。

また、スピーカーが前面に設置されているため、臨場感のあるサウンドを楽しめます。壁掛けも可能で、狭い部屋でも設置しやすいテレビです。