大小さまざまな画面サイズの液晶テレビが販売されていますが、一人暮らしの方へのおすすめは32型テレビ。サイズが大きすぎないので部屋にレイアウトしやすく、圧迫感がありません。それでいて、映画鑑賞やスポーツ中継でも迫力ある映像を再現できるバランスがよい画面サイズです。

そこで今回は、豊富なラインナップの中からおすすめの32型テレビをご紹介。一人暮らしの方はぜひ参考にして、生活スタイルに合った1台を選んでください。

32型テレビは一人暮らしに最適

一人暮らしの方がテレビを購入する際は、32型のサイズがおすすめ。予算内で少しでも大きな画面のテレビを購入したくなりますが、一般的な一人暮らしの方向けの間取りには合わない場合が多い点に注意が必要です。なんとか設置できたとしても、テレビが大きすぎるとほかの家具とのレイアウトも難しくなります。

また、液晶テレビを視聴する最適な距離は、画面の高さの3倍程度が目安です。32型テレビは画面の高さが約40cmなので、適切な視聴距離は約120cm。これなら、一人暮らしの部屋でも視聴距離に合った無理のない場所に設置できます。

32型テレビの選び方

画質で選ぶ

画面サイズが同じでも、解像度の違いによって画質は大きく左右します。現在販売されている液晶テレビの主な解像度は「ハイビジョン(1366×768)」「フルハイビジョン(1920×1080)」「4K(3840×2160)」で、32型テレビはハイビジョンが一般的。映画をブルーレイやBS/CS放送で鑑賞するなら、画質のよいフルハイビジョン対応がおすすめです。

音質で選ぶ

テレビでライブ中継や映画を楽しむなら音質も重要。本体が薄い液晶テレビはブラウン管テレビと比べて大きなスピーカーを搭載しにくいので配置する方向や使用する素材など、各社が工夫を凝らしています。液晶テレビで音質にこだわるなら、クリアな音質かどうか、正面に音が響くように設計されているかをチェックしておきましょう。

録画機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

忙しい方にとって、時間にしばられずにテレビを視聴できる録画機能はあると便利な機能です。多くのテレビは外付けハードディスクに対応し、USBポートに接続すれば番組を録画できます。そこで押さえるべきポイントは、テレビに搭載されたチューナー数。2チューナー以上が備わっていれば、テレビを見ながら裏番組を同時に録画できます。見たい番組が重なったときに便利です。

また、ラインナップは少ないですが、ハードディスクやブルーレイレコーダーを内蔵したテレビも発売されています。追加で機器を購入することなく、テレビ本体だけで手軽に番組録画ができます。

インターネット機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットの動画配信サービスをよく視聴する方はインターネット関連機能も選び方のポイント。テレビにインターネット機能が搭載されていれば、気軽に動画を楽しめます。リモコンのボタンにYouTubeやNetflixなどの主要サービスが設定されているテレビもあり、チャンネルを選ぶ感覚で動画の選択が可能。大画面で動画を楽しみたい方はインターネット機能を搭載したテレビがおすすめです。

32型テレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックはVIERA(ビエラ)ブランドで液晶テレビを展開。お風呂でも見られる10V型のポータブルテレビから、高画質で大画面の65V型4K有機ELテレビまで、幅広いラインナップが特徴です。

パナソニックは大手総合家電メーカーとしてさまざまな製品を販売しており、操作性や使いやすさにこだわった製品づくりがポイント。テレビにおいてもインターネットでの動画視聴やレコーダーとの連携がスムーズに対応できるモデルを多く展開しています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

液晶テレビやスマートフォンをはじめとする映像関連機器でAQUOS(アクオス)の統一ブランドを展開。世界初の「8K対応液晶テレビ」を販売するなど、液晶に強みを持ったブランドです。2000年にAQUOS第1号モデルを発表して以来「液晶はシャープ」というイメージを前面に出し、液晶テレビでトップの国内シェアを誇ります。高品質な製品を生み出す「亀山工場」で知られており、長年にわたって液晶技術を蓄積してきたメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: toshiba.co.jp

REGZA(レグザ)のブランド名で液晶テレビやレコーダーなどの映像機器関連を展開。日本初の「4K対応液晶テレビ」を販売し、映像処理エンジン「レグザエンジン」で高画質な映像を実現しています。大画面テレビだけでなく、32V型や19V型といった小型モデルにも力を入れているメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズを展開するソニーは海外でも人気を集めています。画面サイズが85V型の大画面から、コンパクトな24V型まで幅広くラインナップ。ソニー独自の高画質プロセッサーを搭載し、映像をリアリティー豊かに再現します。画質のよさだけでなく、デザイン性の高さは部屋のインテリアとしても人気です。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

REAL(リアル)のブランドで液晶テレビを展開しています。テレビ本体にブルーレイレコーダーやハードディスクを内蔵したモデルがラインナップされているのが特徴。別の機器を接続しなくても番組を手軽に録画できるので録画を中心にテレビを視聴するという方におすすめのメーカーです。

32型テレビのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 32V型液晶テレビ VIERA TH-32F300

「VIERA」シリーズのスタンダードモデルで、視野角が広い「LED IPSパネル」を採用した32V型テレビです。視聴ポジションがテレビの正面からだけでなく、斜めの位置からでも鮮明な発色の映像を楽しめます。バックライトは映像全体のコントラストを上げる直下型を採用しており、輝度が高いのも特徴です。

録画機能はUSB接続の外付けハードディスクに対応しています。地上デジタル、BS/110度CSデジタル用チューナーをそれぞれ2基ずつ搭載しているので、見たい番組の放送時間が重なっても録画可能。高機能でコストパフォーマンスに優れたおすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ REGZA 32V31

指定のキーワードを元に興味のある番組を探し出す「みるコレ」機能を搭載した32V型テレビです。好きなタレントやジャンルを追加するだけで、関連した番組やネット動画を検索して画面にリスト化。ピックアップした番組はすべて自動で録画してくれます。放送が終わった後に見たかった番組に気づいて後悔することもなくなるので、録画する番組のピックアップが面倒な方におすすめです。

外付けハードディスク録画にももちろん対応。地デジとBSをそれぞれ3チューナー搭載しているので、見たい番組が重なっても安心です。

画質面では、ブロックノイズやモスキートノイズを低減する「地デジノイズクリア」備えており、映像や文字をクッキリと再現して画面の文字情報も見やすくなっています。

ソニー(SONY) 32V型 フルハイビジョン液晶テレビ ブラビア KJ-32W730E

高精細なフルハイビジョンパネルを搭載した32V型テレビ。1920×1080ドットの解像度がフルハイビジョンの映像をそのまま再現するのでブルーレイディスクをよく視聴する方におすすめです。

録画機能は外付けハードディスクに対応し、地デジとBS/110度CSのチューナーを2基ずつ搭載しているので、テレビの視聴と裏番組の録画も同時に可能。番組を自動で区切る「オートチャプター」や「1.3倍早見再生」などの機能を搭載しており、番組の視聴が効率的に行えるのも魅力です。

インターネット機能は、有線LANポートと無線LANで対応。YouTubeなどのネット動画を大画面のフルハイビジョンで再生できます。32V型テレビでも高精細な映像を楽しめるモデルです。

シャープ(SHARP) 32V型ハイビジョン液晶テレビAQUOS LC-32W5

有線LANポートと無線LANを搭載し、ネットワーク機能が充実した32V型テレビです。リモコンには「YouTube」や「NETFLIX」ボタンがあり、放送局を選ぶ感覚でネット動画にアクセス可能。シャープが独自で提供する「AQUOS City」では、ゲームや生活情報などのネットサービスを利用できるのが魅力です。

チューナーは地上デジタル、BS/110度CSデジタル放送用をそれぞれ2基ずつ搭載。外付けハードディスクをUSB端子に接続すれば、番組を視聴しながら裏番組の録画が可能です。

画質は1366×768ドットのHD液晶パネルを搭載し、「リッチカラーテクノロジー」によって自然な発色を実現。臨場感あふれる映像を楽しめます。音質についても「フロントサウンドシステム」が音抜けのよい迫力あるサウンドを再現しており、スポーツ中継や音楽番組の視聴におすすめのモデルです。

オリオン電機 32V型 ハイビジョン液晶テレビ NHC-321B

地デジチューナー1基だけを搭載し、価格を抑えたモデル。BS/110度CSデジタル放送を視聴せずシンプルな機能のテレビを探している方におすすめです。

画面にブルーライトガード機能を搭載しているのも魅力のひとつ。リモコンボタンでブルーライトを最大50%カットできるので目の負担を和らげます。また、スピーカーには和紙素材を採用し、クリアな音質を実現しています。

三菱電機(MITSUBISHI) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ REAL LCD-32BT3

ブルーレイディスクを内蔵した32V型テレビ。追加で機器を購入しなくても映画やブルーレイソフトを楽しめます。さらに、500GBのハードディスクを内蔵しているので、テレビ本体だけで番組の録画が可能。チューナーは地上デジタル、BS/110度CSデジタル放送用をそれぞれ3基ずつ搭載しており、番組を視聴しながら2つの裏番組を同時に録画できるのも魅力です。

スピーカーは正面に音が響くように設計されているので、クリアな音質が特徴。一人暮らしの部屋で音量を小さくしても、低音・高音の帯域を広げて聞き取りやすくしてくれます。視聴スタイルが録画中心の方や、あまり大きな音で視聴できない一人暮らしの方におすすめのモデルです。

日立(HITACHI) 32V型 デジタルハイビジョン液晶テレビ Wooo L32-GP35A

1TBの大容量ハードディスクを内蔵しており、本体だけで最大約1080時間の番組録画が可能な32V型テレビ。デジタルチューナー3基搭載しているので、番組を視聴しながら2番組同時に録画できるのも魅力。ほかにも録画中の番組を再生する「追いかけ再生」や「スロー&逆スロー再生」にも対応しています。

ハードディスクと一体型なのでリモコン操作が簡単なのも魅力のひとつ。録画することの多い方や効率的に視聴したい方におすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 32V型 ハイビジョン液晶テレビ 32A50

中国発のメーカー「ハイセンス」の比較的安価なモデルです。地デジとBS/110度CS放送を視聴可能ながら、3万円以下の低価格で購入できます。チューナーはそれぞれ2基搭載しているので、外付けのUSBハードディスクを接続すればテレビの視聴と裏番組を同時に録画できるのも特徴。さらに、「追いかけ再生」や「30秒スキップ」などの便利な機能を搭載しているので効率よく視聴できます。

液晶にはIPSパネルを採用し、斜めからでも画面が鮮明に見られるので部屋が狭くてもテレビの置き場所に困りません。ベゼルの狭いデザインは価格以上の高級感があります。