液晶テレビには大小さまざまな画面サイズがありますが、一人暮らしの方には「32型テレビ」がおすすめ。大きすぎないので部屋にレイアウトしやすく、圧迫感を覚えにくいサイズです。また、映画鑑賞やスポーツ中継でも迫力ある映像を楽しめます。

そこで今回は、豊富なラインナップのなかから32型テレビのおすすめモデルをご紹介。ぜひ参考にして、ぴったりの1台を選んでみてください。

32型テレビは一人暮らしにぴったり

一人暮らしの方がテレビを購入する際は、32型のサイズがおすすめです。予算内で少しでも大きいテレビを購入したいところですが、一般的な一人暮らしの間取りには合わない場合があるため、要注意。なんとか設置しても、テレビが大きすぎるとほかの家具のレイアウトも難しくなります。

また、液晶テレビを視聴する最適な距離は、画面の高さの3倍程度が目安です。32型テレビは画面の高さが約40cmなので、適切な視聴距離は約120cm。32型なら、一人暮らしの部屋でも視聴距離に合った無理のない場所に設置できます。

32型テレビの選び方

画質で選ぶ

画面サイズが同じでも、製品の解像度によって画質は異なります。現在発売されている液晶テレビの主な解像度は「ハイビジョン(1366×768)」「フルハイビジョン(1920×1080)」「4K(3840×2160)」で、32型テレビの場合はハイビジョンが一般的。ブルーレイやBS・CS放送で映画などを鑑賞するなら、フルハイビジョン対応のモデルがおすすめです。

録画機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

録画機能は、時間にしばられずテレビを視聴できる便利な機能です。多くのテレビは外付けハードディスクに対応しており、USBポートに接続すれば番組を録画できます。

録画機能を使いたい方は、テレビに搭載されたチューナーの数もチェックしておくのがおすすめ。2つ以上チューナーが備わっていれば、テレビを見ながら裏番組を同時に録画できるため、見たい番組が重なったときに便利です。

DVDやブルーレイを再生できるかどうかで選ぶ

By: mitsubishielectric.co.jp

ブルーレイレコーダーと接続可能なHDMI端子を搭載した32型テレビであれば、DVDやブルーレイで録画番組や映画などを鑑賞できます。なかには、テレビにブルーレイドライブを内蔵したモデルもラインナップ。別途ブルーレイレコーダーを用意する必要がなく、コスパに優れているのであわせてチェックしてみてください。

インターネット機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットの動画配信サービスをよく視聴する方は、インターネット機能の有無も確認しておきましょう。インターネット機能が搭載されていれば、テレビの画面でネットの動画を楽しめます。

リモコンのボタンでYouTubeやNetflixなどにアクセスできるモデルもあり、チャンネルを選ぶ感覚で動画の選択が可能です。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

画面サイズが同じ32型でも、テレビ本体のサイズはモデルによって異なります。画面周囲のフレームが広いモデルやスタンドが大きいモデルの場合は、その分広いスペースが必要なので、事前によく確認しておきましょう。

平面的なサイズだけではなく、奥行にも注意が必要。デスクやテレビ台への設置を考えている場合は、スタンド部分の奥行を含めたサイズを把握しておくとスムーズに設置できます。

壁掛けや天吊りで使う場合は重さで選ぶ

壁掛けや天吊りでテレビを設置する場合は、スタンドを除いたモニター部分の重さも大切な要素。壁掛け用の金具は、VESA規格に準拠したタイプが多いですが、耐荷重はモデルによってさまざまです。

モニター部分の重さが金具の耐荷重を上回ってしまうと、テレビが落下したり、壁に傷を付けたりしてしまう恐れがあるので、できるだけ耐荷重に余裕のある金具を選択するのがおすすめです。

32型テレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手総合家電メーカーのパナソニックは、VIERA(ビエラ)ブランドの液晶テレビを展開しています。お風呂でも見られる10V型のポータブルテレビから、高画質で大画面の65V型4K有機ELテレビまで、ラインナップが豊富です。

パナソニックの製品は、操作性や使いやすさにこだわって作られているのがポイント。テレビにおいても、インターネットでの動画視聴や、レコーダーとの連携がスムーズに対応できるモデルが多く発売されています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、液晶テレビやスマホなどの映像関連機器メーカーで、AQUOS(アクオス)の統一ブランドを展開。世界初の8K対応液晶テレビを発売するなど、液晶に強みを持っています。

また、2000年にAQUOS第1号モデルを発表。「液晶といえばシャープ」のイメージを前面に出し、高い人気を集めています。クオリティの高い製品を生み出す「亀山工場」でも知られており、長年にわたって液晶技術を蓄積してきたメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

家電やPCなどを取り扱う東芝は、テレビではREGZA(レグザ)シリーズが有名。映像処理エンジンに独自のレグザエンジンファインを搭載し、映像を高画質化しながら番組表の起動を高速化することで、快適な操作感を実現します。

デジタル放送で目立ちやすいノイズを低減し、高精細で見やすい映像を届ける地デジビューティー機能や、より立体感のある映像を実現する質感リアライザーなど、画質にこだわった機能が搭載されていることも特徴のひとつです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズを展開するソニーは、海外でも人気のメーカーです。コンパクトな24V型から、大画面の85V型まで幅広くラインナップ。ソニー独自の高画質プロセッサーを搭載し、映像をリアルに再現します。画質だけでなくデザイン性も高いため、部屋のインテリアとしても人気です。

32型テレビのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョン液晶テレビ VIERA TH-32G300

2つのチューナーを搭載し、放送中の番組を見ながら別の番組を録画できる32型テレビ。別売りのUSBハードディスクを接続すると、裏番組でも手軽に録画ができます。一覧表示できる番組表から選び、リモコンの録画ボタンを押すだけの簡単操作も魅力です。

映像を鮮やかに再現し、細部までハッキリと表示する「あざやか色補正回路」を搭載しているのもポイント。リモコンのボタンを押すと表示されるアイコンを選ぶだけで、「ジャンル検索」「予約一覧」といった機能がすぐに使えるのも魅力です。

HDMI端子が搭載されているため、ケーブルを接続すればブルーレイプレーヤーなどが利用可能。細いフレームを採用したシンプルなデザインで、インテリアに馴染みやすいおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS 2T-C32AE1

リモコンに番組検索ボタンを搭載していた32型ハイビジョンテレビ。人名検索や番組カテゴリ検索、関連番組検索など複数の検索機能が用意されており、簡単に目当ての番組を探せます。

地上・BS・110°CSデジタルチューナーを2つ搭載しているのもポイント。裏番組録画が可能なので、録画の自由度が高まります。視聴中の番組は、リモコンの録画ボタンを押すだけで録画可能です。

おまかせオートチャプター機能を搭載しているのも魅力。シーンの切り換わり部分に自動でチャプターマークを記録できるため、録画番組を快適に見返せます。液晶パネル直下にLEDライトが配置されているので、鮮やかな映像を楽しめるおすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32V31

動画配信サービスも楽しめる32型テレビです。YouTubeやNetflixなど定番の動画配信サービスが視聴可能。また、好きなタレントやジャンルの動画を、テレビに限らず、ネット動画やCMから見つけて楽しめる「みるコレ」にも対応しています。

AIレコメンドシステムを搭載しているのもポイント。視聴履歴から、自分好みの番組を自動で表示します。さらに、レグザサーバーに接続すると過去の番組をさかのぼって視聴できるのも魅力です。

本体サイズは73.5×50.7×15.8cm。また、地デジビューティー機能を備えているのも特徴のひとつです。デジタル放送で目立ちやすいノイズを低減し、くっきりとした映像を楽しめます。機能性に優れたおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) 液晶テレビ ブラビア KJ-32W730E

高画質な32型テレビ。ソニー独自の超解像エンジンを搭載し、鮮明な映像を楽しめるのが特徴。解像度は、1920×1080のフルハイビジョンを採用しています。

録画番組に区切りを設定する「オートチャプター」や、1.3倍速で再生できる「早見再生」に対応しているのもポイント。録画番組が溜まっている場合も、快適に消化できます。

また、YouTubeとNetflixの動画を視聴できるのも魅力。さらに、地上・BS・110°CSデジタルチューナーを2つ搭載しているので、別売りのハードディスクを活用すればテレビを見ながら裏番組を録画できます。

ハイセンス(Hisense) SMART LED液晶テレビ 32N20

5つの動画配信サービスに対応した32型テレビ。YouTubeやTSUTAYA TV、U-NEXTなどに対応しており、リモコンには動画配信サービスに直接アクセスできるボタンが搭載されています。

別売りのUSBハードディスクに接続すると、番組の視聴中に裏番組の録画が可能。Androidやタブレットなどをワイヤレスで接続し、コンテンツをテレビの大画面で視聴する機能も搭載されています。

直下型LEDバックライトを採用し、色ムラが少ない鮮やかな映像を実現。また、IPSパネルを搭載しているため、寝転びながらの視聴や複数人で囲んでの視聴にもおすすめです。さらに、低域成分を補う「スーパーバス」により、薄型ながら迫力ある音も楽しめます。

ハイセンス(Hisense) ハイビジョン液晶テレビ 32E50

スタイリッシュなデザインの32型ハイビジョンテレビ。高性能映像処理エンジンを搭載しており、高精細で立体感のある映像を視聴可能。コンテンツに合わせて、ダイナミックモード・スタンダードモード・映画モード・ゲームモードの4つのモードに切り替えられるのも魅力です。

本体サイズは73.4×48.9×19.3cm。また、外付けハードディスクに接続すれば、裏番組の録画も可能です。さらに、USBメモリなどに保存したJPG形式の写真が見られるキャラリーモードも搭載しています。

山善(YAMAZEN) 液晶テレビ QRT-32W2K

地デジ、BS・100°CSデジタルチューナーを2つ搭載した、32型ハイビジョンテレビ。ディスプレイは直下型LEDバックライトを採用しており、画面全体を明るく照らします。178°の広視野角に対応しているため、正面以外からでも綺麗な映像を視聴可能です。

USBポートを2つ搭載しているのもポイント。USBハードディスクのほか、レコーダーやゲーム機なども同時に接続できます。コスパに優れたおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 液晶テレビ LT-32A320

アイリスオーヤマ独自のチューニングにより、見たままの自然な色合いを再現できる32型テレビ。VAパネルを採用しており、コントラストを忠実に再現。クッキリとした映像が楽しめます。

USB端子を2つ搭載し、最大4TBの外付けハードディスクに対応。大量の番組を録画し保存できるので、見たい番組がたくさんあるテレビ好きな方におすすめです。また、2つのHDMI端子やヘッドホン出力、光デジタル接続端子など、インターフェースも充実しています。

東京Deco 液晶テレビ w012

ブルーレイプレーヤーを内蔵した32型テレビ。ブルーレイまたはDVDを本体に直接挿入可能です。外付けのUSBハードディスクに接続すれば、録画にも対応しています。

本体サイズは73.2×47.3×20cm。また、背面にはVESA規格に対応したネジ穴が用意されているため、壁掛けできるのも魅力です。視野角は約178°と広く、さまざまな場所からキレイな映像を楽しめます。

ティーシーエル(TCL) スマートテレビ 32S515

Androidシステムを搭載した32型テレビ。YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixなど、豊富な動画配信サービスに対応しています。一部の動画配信サービスはリモコンにボタンが用意されており、直接アクセス可能です。

スマホに表示している映像やゲームなどを、ワイヤレスでテレビに映せるクロームキャスト機能を内蔵。Googleアシスタントにも対応しており、リモコンのボタンを押して話しかけることで見たい映像を簡単に検索できるおすすめのモデルです。

マクスゼン(maxzen) デジタルハイビジョン液晶テレビ J32CH02

コスパに優れた32型テレビです。高コントラストのVAパネルや、色ムラが少ないLED直下型バックライトなどを採用しているのが特徴。クッキリとした映像を楽しみたい方におすすめです。

Wチューナーを採用しており、裏番組の録画にも対応。ハードディスクの容量がオーバーした場合は、古い番組から自動で削除し、新しい番組の録り逃しを防止します。また、ゲームモードも搭載されているため、FPSやアクションゲームを頻繁にプレイする方もぜひチェックしてみてください。