最近ではリアルタイムでテレビを視聴する方は減少傾向にあるといわれています。要因のひとつに挙げられるのが視聴スタイルの変化です。好きなテレビ番組を1週間分まとめて録画しておき、週末などを使って一気に見る方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、録画機能付きテレビのおすすめモデルをご紹介。高画質の4K対応モデルに加え、リーズナブルな価格帯のHD対応モデルもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

録画機能付きテレビのメリット

面倒な接続が少ない

テレビを購入した際に悩ましいのがセッティング。ケーブルを正しく接続しなければ視聴できないので、手間がかかります。

録画機能付きテレビは録画機能が内蔵されているため、面倒な配線が比較的少ないのがメリット。テレビ環境にこだわりをもたない方や、AV機器のセッティングに慣れていない方などにおすすめです。

省スペース

By: amazon.co.jp

録画機能付きテレビの場合、別途録画機器を用意する必要がないため省スペースに設置できるのがメリット。テレビ本体だけなので置き場所の自由度が増すほか、引っ越しや部屋の模様替えの際も簡単に移動できます。セッティングのストレスや手間が少ないのもポイントです。

コストパフォーマンスがよい

録画機能付きテレビは、コストパフォーマンスに優れているのもメリット。テレビと録画機器を別々に購入するよりも、録画機能付きテレビ単体を購入したほうがお得な場合があります。

もちろん、なかには高価なモデルもありますが、録画ができるテレビが欲しいのであれば候補のひとつとして考えてみるのもおすすめです。

リモコンがひとつで済む

By: amazon.co.jp

最近はリモコン付きの家電が多く販売されているため、管理が面倒になることもあります。録画機能付きテレビは、視聴機能と録画機能をひとつでカバーできるのがメリット。複数のリモコンを使い分ける必要がないので、より楽に管理が可能です。

録画機能がシンプル

高性能な録画機器には、キーワードを登録したら関連する番組を自動録画する機能や、録画した番組を編集できる機能など、さまざまな機能が搭載されています。多機能は便利さに繋がる一方、使いこなせなければオーバースペックになりかねません。

録画機能付きテレビなら、シンプルな機能のモノが多いのが特徴。使い勝手に優れていながら、録画にはしっかりと対応しています。シンプルな機能で十分な場合は、録画機能付きテレビがおすすめです。

録画機能付きテレビのデメリット

編集機能が限定的

独立した録画機器には、録画した番組を編集できる機能が搭載されたモデルが多くあります。番組を再生してチャプターを付与したり、CMを削除できたりと、さまざまな編集が可能です。

しかし、録画機能付きテレビは最小限の編集機能を搭載したモデルが多く、用途が限られている場合がほとんど。録画番組を編集してDVDやブルーレイにコピーしたい場合は、編集機能をチェックしてみてください。

故障時の修理が大変

レコーダーとテレビが別々の場合は、片方が故障してしまっても故障した機器だけを修理に出せます。しかし、録画機能付きテレビの場合は、録画機能とテレビの機能のどちらかに不具合が発生すると本体を丸ごと修理に出さなければなりません。

修理に出している間は視聴に加えて番組の録画もできないので注意が必要。毎日テレビを見る方は、リスクを分散すべきかよく考えてから購入しましょう。

録画機能付きテレビの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

録画機能付きテレビで迫力のあるきれいな映像を楽しむなら、視聴可能な距離に合わせてサイズを選ぶことが大切です。

例えば、4Kテレビは、画面の高さ×約1.5倍が適した視聴距離。解像度が高いため、部屋に対してテレビが大きい場合でも美麗で迫力ある映像が楽しめるのが特徴です。フルハイビジョンテレビは、画面の高さの約3倍だと画面がきれいに見えます。

ハードディスク内蔵の有無で選ぶ

録画機能付きテレビは大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはハードディスク内蔵タイプ、もうひとつが外付けハードディスクタイプです。

ハードディスクが内蔵されていれば、追加で外付けハードディスクを用意する必要がありません。録画機能付きテレビを購入するだけで番組の録画ができるので便利です。

外付けハードディスクタイプの場合は、追加でハードディスクを用意すれば番組の録画が可能。ただし、ハードディスクを購入するときは「テレビ録画対応」のモデルを選ぶ必要があります。また、テレビ録画用のハードディスクでも、すべての録画機能付きテレビに対応しているわけではないため注意しておきましょう。

壁掛けに対応しているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

壁掛けに対応した録画機能付きテレビは、設置場所を制限されにくいのがメリット。テレビ台を使わず置けるため、部屋をすっきりと整えられます。

なお、選ぶ際はテレビ本体の厚さや重さをチェックしておくことが重要。より薄くて軽いほうが壁掛けに適しています。また、設置時に使用するユニットの仕様も要チェック。スタンド部分を動かせるモデルや、壁に対して垂直に設置できるモデルなどがあります。

ほかの機能で選ぶ

DVDやブルーレイの再生に対応したモノであれば、さまざまなコンテンツが鑑賞可能。DVDを多数所有している方や、レンタルして映画を鑑賞したい方におすすめです。

また、高画質の4Kに対応した録画機能付きテレビもラインナップされています。映像にこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

録画機能付きテレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ブラビア(BRAVIA)」というブランドでテレビ事業を展開しているソニー。「Android TV」機能を搭載したモデルでは、リモコンのボタンを押して話しかけると録画予約ができます。4K画質に対応したモデルなど、豊富な製品ラインナップを揃えているおすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝は、「レグザ(REGZA)」というブランドでテレビ事業を展開。予約操作なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」などを搭載しているのが特徴です。

なお、テレビ事業を担当する東芝映像ソリューションは、2018年に中国の電機メーカーであるハイセンスへ譲渡したものの、同ブランドの自社開発・販売・修理は継続されています。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機は、「リアル(REAL)」というブランドでテレビ事業を展開しています。ブルーレイレコーダーやハードディスクを搭載した録画機能付きテレビを展開しているのが特徴です。テレビ1台で番組録画からディスクの再生まで可能なので、ディスクに録画された映像も楽しみたい方はチェックしてみてください。

録画機能付きテレビのおすすめモデル|外付けUSBハードディスク接続タイプ

ソニー(SONY) BRAVIA 4K有機ELテレビ 55V型 XRJ-55A80J


高画質・高音質を実現した55インチの録画機能付きテレビです。チューナーは地デジ・BS/CS・BS/CS4Kをそれぞれ3基搭載しており、番組を視聴しながら裏の2番組同時録画も可能。また、さまざまな動画配信サービスやAndroid向けアプリを利用できるGoogle TV機能も便利です。

独自開発の認知特性プロセッサー「XR」を搭載しているのも特徴。有機ELパネル特性と映像信号を分析・処理し、リアル感のある高画質映像を楽しめます。被写体に合わせて超解像度処理を施し、細部にまでリアルな質感を表現できるのも魅力です。

画面そのものから音が出て映像と音の一体感を実現できる「アコースティックサーフェス オーディオ プラス」を搭載しているのもポイント。3次元のリアルな立体音響を実現する「Dolby Atmos」にも対応しています。前後左右に加えて高さの音表現も可能で、テレビだけで手軽に立体的なサウンドを楽しめます。

東芝(TOSHIBA) REGZA 録画機能付きテレビ 40V型 40V34


ネット動画も高画質で楽しめる

シルバーの卓上スタンドが付いたおしゃれなデザインの録画機能付きテレビ。USBハードディスクとの接続に対応しています。地上デジタル・BS・CSチューナーを搭載しているため、テレビを視聴中に別番組の録画が可能です。インターネット環境があれば、おすすめの番組が自動で録画される便利機能を利用できます。

リモコンには、Amazon Prime Videoをはじめとする各種ネット動画のダイレクトボタンを配しており、操作性は良好。ノイズを抑えながら精細感をアップさせる高画質処理機能により、ネット動画も高画質で楽しめます。

東芝(TOSHIBA) REGZA 4K液晶テレビ 50V型 50Z740XS


独自の「タイムシフトマシン」機能を搭載した50インチの4K液晶テレビです。別売のHDDと接続すれば、最大6番組約80時間分の録画が可能。録画した番組で過去番組表が作成されるので、見逃した番組もあとから楽しめます。

地デジを美しく表現できる「地デジAIビューティPRO II」と、ネット動画を美しく表現できる「ネット動画ビューティPRO II」を搭載しているのも特徴。また、ライブ会場にいるかのような臨場感を実現する「重低音バズーカオーディオシステムPRO II」を搭載しているため、サウンド面も良好です。

録画機能と音質に優れた録画機能付きテレビを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) VIERA 地上 BS 110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32V型 TH-32H300


映像の細部まで美しく表示できる

32V型でさまざまな部屋に設置しやすい録画機能付きテレビです。テレビスタンド含む本体サイズは、幅73.3×高さ47.8×奥行18.4cm。外付けハードディスクと接続させることで、手軽に番組を録画可能です。地上・BS・CSチューナーが2つずつ付いているため、裏番組の録画にも対応しています。

優れた色再現技術により、映像の細部まで美しく表示できるのが特徴。LAN環境で使用可能な「お部屋ジャンプリンク」機能を駆使すれば、別室の機器に録画された番組なども視聴できます。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K液晶テレビ C1ライン 40V型 4T-C40CL1

高精細かつ色鮮やかな映像を楽しめる

4K画質で映像を楽しめるハイグレードな録画機能付きテレビです。新4K衛星放送を楽しめる4Kチューナーを2基、地上デジタルチューナーとBS/110°CSデジタルチューナーを3基ずつ内蔵しているのが特徴。4K衛星放送を見ながらでも、地上・BS・CSデジタル放送の2番組同時の裏録画が可能です。

4K画像処理エンジン「Medalist S1」を採用しているのも魅力。高精細かつ色鮮やかな映像を視聴できます。また、「4K Master アップコンバートプロ」も搭載。解像度や映像レベルを判別して高精細処理を行い、さまざまな映像を臨場感豊かに再現できます。

オーディオには聞き取りやすさを高める「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」を採用。音声を前方に導く構造を採用しているため、音抜けのよいクリアなサウンドを楽しめます。画質と音質にこだわって映像を楽しみたい方におすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 液晶テレビ 32A30G


美しい映像を楽しめる、32インチの録画機能付きフルハイビジョンテレビです。高画質処理技術「NEOエンジン2K」を搭載。さまざまなコンテンツをきれいな映像で視聴できます。

ノイズの少ないクリアな映像を視聴できる「エリア別クリア復元」を備えているのも魅力。また、広視野角のADSパネルを採用しているため、斜めから見てもハイコントラストな映像を楽しめます。

地上・BS・110°CSデジタルチューナーをそれぞれ2基内蔵しており、裏番組の録画も可能です。チャプター機能やマイフォルダ、簡単連続録画予約などの便利な機能が充実しているのもメリット。さらに、低遅延で快適にゲームを楽しめる「ゲームモード」を備えています。壁掛けに対応しているのもおすすめのポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) AI機能音声操作対応4Kチューナー内蔵液晶テレビ 55V型 55XUC38VC


AIオート機能搭載でシーンに合わせた映像や音楽が楽しめる

4Kチューナーを内蔵した、55インチの録画機能付きテレビ。複数のチューナーを内蔵しており、BSや地デジを視聴しながら、2番組を同時録画できます。

操作性に優れた専用リモコンのほか、「音声操作リモコン」が付属。テレビの電源を入れる、チャンネルを切り換えるなどの操作を音声でできるのが特徴です。

また、「AIオート機能」を採用しており、視聴している映像コンテンツをAIが分析。画質や音質を調節するのもポイントです。ほかにも、映像の色彩や濃淡をはっきりさせたり、音声を明瞭にしたりする「はっきり機能」も搭載。リモコンのボタン1つで簡単にON・OFF操作ができます。

高品位でリアルなサウンドを再現できる「Dolby Audio」にも対応。画質と音質ともに重視したい方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS 2T-C19DE


音抜けのよいサウンドを実現する19インチの録画機能付きテレビです。スピーカーの開口部に「リフレクター構造」を採用しており、音を前面に届けることが可能。また、リモコンの「くっきりボタン」を押すことで、人の声をより明瞭に聞き取れます。

さらに、地上・BS・110°CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載。番組を視聴しながら裏番組の録画が可能です。自動でチャプターマークを記録する「おまかせオートチャプター機能」や、ワンタッチで録画できる「録画ボタン」なども便利です。

部屋の明るさに合わせてバックライトの明るさを自動調節し、省エネにもなる「明るさセンサー」を搭載しているのもポイント。本体の価格が安く電気代も抑えやすいので、予算に余裕がない方にもおすすめのテレビです。

山善(YAMAZEN) ハイビジョン 液晶テレビ 24V型 QRT-24W2K


テレビを見ながらでも裏番組の録画ができる

外付けハードディスクとの接続に対応した録画機能付きテレビ。BSチューナーを1つ、地上デジタル・100°CSデジタルチューナーを2つずつ搭載しているため、テレビを見ながらでも裏番組の録画ができます。シンプルな設計のリモコンが付いており、スムーズに操作できるのが特徴です。

コンパクトな24V型で省スペースに設置できるのも魅力。輝度を高めるLEDバックライトが全面に配置されており、色彩豊かに表現された映像を楽しめます。価格設定はリーズナブルで、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

録画機能付きテレビのおすすめモデル|ハードディスク内蔵タイプ

パナソニック(Panasonic) VIERA 4K液晶テレビ 43V型 TH-43GR770


4Kレコーダー機能が搭載された録画機能付きテレビです。アンテナの環境が整っていれば、1台で新4K衛星放送の視聴や録画が可能。高輝度IPS液晶が採用されており、正面や斜めなど、さまざまな場所から見やすく快適に視聴できるのも魅力です。

また、USBハードディスクへの接続に対応するのもポイント。録画番組をブルーレイディスクにコピーできます。

パナソニック(Panasonic) VIERA レイアウトフリーテレビ 43V型 TH-43LF1


好きな場所へ動かして使用できる録画機能付きテレビ。チューナーとモニターが分かれており、4K放送をワイヤレスで伝送できます。リビングはもちろん、キッチンや寝室など好きな場所にモニターを移動させてテレビを視聴可能です。

モニターのスタンドには、キャスターを搭載。押すだけで簡単に動かせます。専用のアプリを使用すると、スマートフォン内の写真や動画を映して視聴可能です。

4Kチューナーを2基、地上・BS・110°CS放送のチューナーは3基搭載。2TBのハードディスクを内蔵しており、裏番組録画も可能です。また、HDMI入力端子も搭載されているため、映像プレーヤーやゲーム機も接続できます。

フナイ(FUNAI) 液晶テレビ 24V型 FL-24H2010


500GBのHDDを内蔵した録画機能付きテレビです。約65時間の番組録画ができるため、好きな番組を存分に録画可能。テレビ本体だけでは録画容量が足りない場合は、外付けハードディスクを接続して録画容量を増やせます。

また、地上・BS・110°CS放送のチューナーを2基搭載しており、裏番組録画も可能。「ぴったり音量」機能を使えば、CMや番組が切り替わるタイミングの音量の変化を自動的に調節して聞きやすくすることが可能です。

HDMI入力を3つ搭載しているので、ゲーム機やパソコン、映像プレーヤーなどHDMI機器を複数台接続して楽しめるのもメリットです。

フナイ(FUNAI) 2040シリーズ 液晶テレビ 40型 FL-40H2040


500GBのハードディスクを内蔵している録画機能付きテレビ。地上デジタル放送(HD放送)を約65時間録画できます。地上/BS・110°CSデジタル放送チューナーを2基搭載しており、好きなテレビ番組を見ながらほかの番組を録画できるので便利です。

ミュージックモードやシネマモードなどの音声モードを搭載。それぞれに合った臨場感ある音でコンテンツを楽しめます。価格も比較的安いので、コストパフォーマンスのよいモノを使いたい方におすすめです。

フナイ(FUNAI) Q540シリーズ 4K量子ドットテレビ 49V型 FL-49UQ540


従来の液晶テレビよりリアルなカラーを再現できる「量子ドットパネル」を採用した録画機能付きテレビ。表示できる色の数である「色域」を従来より向上させることで、肌色などの中間色の自然な再現力を高めています。

本体には1TBのハードディスクを内蔵。4K放送なら約65時間、地デジなら約127時間の録画が可能です。本体のハードディスク残量がなくなっても、USB接続型のHDDを増設することで録画時間を増やせます。

また、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応したハイトスピーカーを搭載しているのも特徴。低音を増強する大容量ウーファーの採用も相まって、包み込まれるような立体感あふれるサウンドを楽しめます。

動画配信サービスや各種アプリに対応したAndroid TV機能や、音声検索・操作が可能なGoogleアシスタント機能が使えるのもポイント。画質・音質・利便性が揃ったおすすめの録画機能付きテレビです。

フナイ(FUNAI) 8040シリーズ 4K有機ELテレビ 65型 FE-65U8040


録画予約をしなくても地デジ6チャンネルを録画できる録画機能付きテレビです。好きなテレビ番組を逃さずに録画できるのがポイント。内蔵ハードディスクの容量は2TBで、さまざまなテレビ番組をたっぷり録画できるのも魅力です。

フナイが独自開発した新高画質エンジンを搭載し、映像が繊細で美しいのがポイント。映像の明るい部分と暗い部分を綿密に映し出せます。また、背面上部にあるハイトスピーカーにより音が立体的に広がるため、映画や音楽番組を臨場感ある音で視聴可能です。

インターネット接続により、Android TVやGoogleアシスタント機能を使用できます。音声で見たいドラマや映画を探したり、再生したりできるのも便利です。圧迫感のないシンプルなデザインも魅力のひとつ。大型テレビでコストパフォーマンスのよいモノを探している方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL 液晶テレビ 32V型 LCD-A32BHR11


1TBのハードディスクを内蔵しており、製品周辺がすっきりとまとまる録画機能付きテレビ。前面に取り付けられたスピーカーから音がダイレクトに伝わるため、人の声を聞き取りやすいのが特徴です。

ブルーレイレコーダー付きで、ソフトの再生やコピーにも対応。また、編集機能も充実しており、テレビ単体で細かな編集が可能です。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL 液晶テレビ 58型 LCD-A58RA2000


本体内蔵のハードディスクに録画したテレビ番組を、スマホやタブレットで視聴できる便利な録画機能付きです。移動中の電車やバスの中で撮り溜めした番組を見られるので、時間を有効に使えます。仕事が忙しくて録画番組を見る時間がない方におすすめです。

ハードディスクの容量は2TBで、新4K衛星放送を最大約126時間録画できます。ハードディスクの容量が不足しても、外付けハードディスクで容量を増やせるのがポイント。Ultra HD ブルーレイの再生と4Kダビングに対応したブルーレイレコーダーも内蔵しています。

フルハイビジョン放送やブルーレイディスクの映像を、4K高画質にアップコンバートする高性能エンジンを搭載。地デジ放送も美しく鮮やかな映像で楽しめます。高音質なDIATONEスピーカー搭載で、サウンドのクオリティが高いのも魅力です。